Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(2) >>

風のお誘い

 ( プロ詩投稿城 )
- アクセス(185) - いいね!(1)

一輪車 ★SrPO06Y9wy_ouC

おもわぬ風が吹いて
キャップが
飛んだ

ころころころがる
帽子の
あとを追いかけていくと
昔の路地に出た

深い緑の
影のつづく
静かな通路
その先にアーケードの
商店街

商店街は無人だった

あの筋を折れて
塀と塀の隙間をくぐれば
むかし
ドサ回りの劇団の少年と出会った
空き地だ

胸をどきどきさせて
垣間をくぐると
原色の
遊戯センターの
巨大なセメントのかたまりが
空間を埋めていた

いいなあの少年は
かれは
病気か何かで
早々に死んでしまったのだ
わたしは
いったいこの歳まで
どんな夢をみていたのだろう

風よ
もう二度と吹くな
わたしを
こんなところに呼び戻すな
あの日はもう
死んだ人のように
天国に飾られている


関連リンク: 偶々 
ページ: 1


 
 

沙織 ★8tZI2U1YCc_yoD


 なにか、ころころとした、音楽のような

 そんな素敵な詩作品に思えて、


 ひきこまれて、

 いつのまにか、


 最終聯まで、連れていかれて


 そんな触れ合いのような詩作品に思えて


 誘われてではなく、


 まるで、連れていかれて


 そんな作品に思えて


 最終聯がとくに、目が離せず、


 素敵な作品を拝読させて下さり、誠に有難う御座いました。


 失礼致します。

4ヶ月前 No.1

一輪車 ★SrPO06Y9wy_ouC

沙織さん お読みくださりありがとうございます。
これは、じつは書いてから出さなければよかったと唯一悔やんだ雑文です。
でも、消す方法がわからないので仕方ないですね。
こんなものでもコメントをくださりありがとうございます。

4ヶ月前 No.2
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる