Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(8) >>

おスシ

 ( プロ詩投稿城 )
- アクセス(226) - いいね!(1)

ちょび ★QL78yfwE6T_ubH

 寿司を食いねえ
 魚をくいねえ
 ハタが漁港にあがってねえ
 子供さんらはサーモン
 くいねえ
 味が沁みてる、アラを食いねえ
 味噌汁、いっぱいくいねえ
 安い酒にゃあ毒があるんで
 良い魚、良いうお
 くいねえ
 鮎もいいねえ
 クエもいいねえ
 寿司の粋ってのが、あるんだねえ
 お客さんがた、ちっと寄ってき
 いーい寿司ってのがあるんだよ
 いいかぇ?
 良い寿司ってのはなあ
 旨い寿司でさあ
 舌だよ舌
 舌で味わえるってのはなあ
 幸福なんだよ
 だからさ
 寿司、食いねえ
 良いハタでも刺身にしてさ
 ホレ、一丁
 グッと呑んで
 味わい、ねえ

ページ: 1


 
 

くら @goburin ★iPhone=xMtA2CYZuX

おはようございます。
拝読いたしました。

恐れ入りますが、最後の

味わい、ねぇ

の部分はなにか故あっての締めなのか、もし隠されるおつもりでなければご教示いただきたく存じます。不躾な質問ですみません。

4ヶ月前 No.1

一輪車 ★I1wpISAuQ2_YD6

ちょびさん、こんにちは。

今回はいつものようなイメージの拡散がみられず
ことばが「寿司」に集中しているので
ちょびさんの持ち味である詩的な放埒さは消えていますが、
その代わり威勢のいいリズムは感じられました。

4ヶ月前 No.2

山嵐 ★Android=rqVzOIr2xQ

詩にする必要がない

4ヶ月前 No.3

ちょび ★QL78yfwE6T_ubH

>>くらさん


ねえの連語、或いは「、」を挟んだこと?
はたまた、旨い寿司の含有する意味?

三つがあるので答え辛いが、少なくとも「、」は必要だと感じた。
音を濁らせる、急に止めるという濁りみたいなの。
技術だよ。

>>一輪車はん


むしろこーいうの書くのが放埓だと思うよ。
詩を書くことを楽しんだんだから。
詩で自分を上等だと示すのでなく、なんか遊ぶことが出来るって楽しんだよね。
ま、ヘヘ、そーいうのって、難しいと思うけどー、出来ると楽しいよ。

>>山嵐はん


ハハ、またなんか怒ってる。
詩は政治でも権力でも自由でもプロパガンダでもねぇよ。
ただ人の脳を刺激する、そ、美だ。
だから僕はアンタみたいな、たぶんアンタ左翼とか? そーいうの大嫌いなの。

4ヶ月前 No.4

沙織 ★Tablet=f7AKAsWFNJ

滲むものがありますね
それ、は、たとえるなら、笑ったときに出来るカラスの足跡、のような、それ。でしょうか

しみていくようなそんなもの 味わいと言い換えても良い

そういったおち、沈み、沈殿してもなお、味わえるもの、

それ、を、思いました。 うまい酒を飲みたい、と思いましたね。

この寿司を握ってくれる大将のもとに集まる気の良い方々とうまい酒と肴で
そういったことを思いました。

美しい作品を読ませて下さり、有難う御座います。

失礼致しました。

4ヶ月前 No.5

くら @goburin ★iPhone=xMtA2CYZuX

こんばんは。

>ねえの連語、或いは「、」を挟んだこと?
>はたまた、旨い寿司の含有する意味?

「、」ですね!
それと、旨い寿司よりは「味わい」のほうですね!

>三つがあるので答え辛いが、少なくとも「、」は必要だと感じた。
>音を濁らせる、急に止めるという濁りみたいなの。
>技術だよ。

そう、わざと濁らされたのは分かるのですが、この濁りの効果が分からなかったのです。

味わ、いねぇ
味わい、ねぇ

(味わ、わんかい)
味わわ、んかい
味わわん、かい

味わ、えや
味、わえや

味わ、いな
味、わいな

どれにするかというところで、僕は少し悩んでしまったわけですが、ゆっくり考えると、

味噌汁、
良い魚、
寿司、

というのを受けると、
味わい、
になるのかもしれんなと思いました。

>味わい、ねぇ
味わいの含有する意味も謎ではあります。
味わいとは浸ること、沁み入りを甘受することだと僕は思っているので、そう読みましたが。

4ヶ月前 No.6

ちょび ★QL78yfwE6T_ubH

この場合意味はさほど重要でないと思います、ねえ。
くらさんも経験おありかもしれませんが、
書いている過程で「が」「は」「に」「お」といった細かなことが気になる。
何にするのか迷ってしまう。
同様に、この「、」はそうした迷いに対する閃きだと思います。

たった一文字、何を選択して良いのか迷う時に、
これぞというモノを選択できる。
そーいう楽しさが良いんですよね。

4ヶ月前 No.7

ひよ @hiyojirou ★iPhone=Au6fHXrXYR

美味しいお寿司を食べに行きたい。

この詩の中の寿司屋の大将の発する語感の良さが、ここ絶対美味しい!と予感させてくれる。

鮮度の良さを言葉の粋さで表現出来るって楽しいですね。
この詩は、大将が自分の寿司屋を誇りに思ってるのがダイレクトに伝わってきて、書き手が詩を楽しんでるのが伝わってきて、とても好きです。

読ませていただき、ありがとうございます♪

1ヶ月前 No.8
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる