Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(33) >>

はんなら

 ( プロ詩投稿城 )
- アクセス(241) - いいね!(0)

沙織 ★Tablet=xhvTUuQ3LZ

はんなら さながら、しにかけの、はんらな 自意識のみ ほのかに ともすように
さきみだれる、喧騒に、わらう、が 、ほうけた 湯水の
とめどなく、さけ、ひく、咽奥を切り裂く、喧騒に
はんなら、はんなら わらう、が、喧騒に
もえていく 、魂の、喧騒に、われ、
なぜ、はぎとれん、なぜ、くち ぬ
ももいろの うちがわ、頬骨、さき、わらう
あたり を 、さまよう 、はんらな 、かわぼね

メモ2018/03/19 21:35 : 沙織★Tablet-xhvTUuQ3LZ

ページ: 1


 
 

沙織 ★Tablet=xhvTUuQ3LZ

【改稿】『はんなら』

はんなら さながら、しにかけの、はんらな 自意識のみ ほのかに ともすように あやす 喧騒のこえ はんなら、はんなら わらう、が、喧騒に もえていく 、魂の、喧騒に、われ、さきみだれる、喧騒に、わらう、が 、ほうけた 湯水の なぜ、はぎとれん、なぜ、くち ぬ とめどなく、さけ、ひく、咽奥を切り裂く、喧騒にあたり を 、さまよう 、はんらな 、かわぼね ももいろの うちがわ、頬骨、さき、わらう ともる、ひを、くちに うる まつりばやしが わらう はやしたて 客視に さえずり め おろかに あわれな 簒奪と喧騒の め すべらかな あしあと ふぞろいのゆびさきがなき くち さくぜつぼうに、わらう いつまたみのさかな が はねよう まるめた頭に わらおう えみをやわらかに すがり かなしく わらおう 欲はつきぬ たちきえぬ においたつよな はだにはなに さえぎる かざばしら さえずる うめきごえとちんもくに えみ、を ちんもくは、わらい かざはね はうたう あめが ふり ぬれたせすじに とこまでも むきだしにして ふっきるように かろう くちもとはわらう わらえ わらえ なけ わらえ そめあげられた こうえつに なきさけび ぜつぼうしよう ぬめるような 肌を まい おどる
なければならない かせつなど おしまいにして ただちんもくのゆりかごにゆれる ほおぼねは つきおとされるように われ 鬼灯はあかごが むしゃぶりつこう
わらえ わらう かざはねをこぼし もやす 自らを疑い続ける 白い太陽にのまれて いっぽも踏み出せなくなったとしても

ひとつはひとつでなく ひとつはひとつでない
どこまでいってもそれはひとつにすぎず どこまでいってもそれは
トろけおちろ

しんせいは、わらい こうぜつは、呵責をくりかえす あらゆるおぞけのはしるものを、ひとつに ひたし、まとめる わらえ わらえ くりかえすくすりは、かざおき道つきぬけゃや つきぬけゃや さいえい 、さいえい、んらえ わらえ を ぜつぼうのふちで こうしばが なこうと ふりおとすが やめてほしいと かざいおとすがあかにつきょうゃ あかにつきょうゃ

ほかそ、 か

こ うしなおうと たれも なかんゃ
こ うしなおうと たれも なかんゃ

わらえ わらえ こうくうほ しかんへ なこうよか め やろな か なこわ し、
なかんね

すべてをさらすことが すくいとなることもあり
すべてをかくすことが すくいとなることもある

ひかりのうずにゆびをひたし あかいうずにのまれよう すべては む のままに あおにきえよう とけて ぬけよう

1ヶ月前 No.1

ねことバス @nekoneko10 ★Android=celtmxvFRt

これってどんな詩情が含まれているかわからないけどさ、別な表現はできなかったの?
この方法でしか表現できない詩情なの?

1ヶ月前 No.2

ねことバス @nekoneko10 ★Android=celtmxvFRt

戦争の話っぽいよね。
特攻隊とそれを見送る家族。
無理やりつくった笑顔。

1ヶ月前 No.3

ねことバス @nekoneko10 ★Android=celtmxvFRt

息子を笑顔で死地に送る家族。
それを当たり前だと、誉れだと

狂っていたんだろうね。

1ヶ月前 No.4

沙織 ★Tablet=xhvTUuQ3LZ

ねことバスさん、有難う御座います。
……そう、ですね、戦争、というより、弔いの、詩、です、……まさか、読み取られる方がいらっしゃるとは思えず……、すみません、言葉がでてこない、

……以前、直接的な表現を詩で書いたところ、……戦争の惨めさを理解しているのか、と、血を吐くようにご指摘を別の場所で、受け、

……それ以降は、このような形で、時折、表現させて頂いております……。

拙い、表現でしたら、……申し訳御座いません……。

1ヶ月前 No.5

ねことバス @nekoneko10 ★Android=celtmxvFRt

一応伝わるわけだから拙いわけではないよ。
ただ、僕が気に入らないのが、この表現はリアリティを出すためにこんな形になったのだろうとおもうのだけど、

読みづらい。
二重、三重の意味で読みづらい。

ただでさえ現代詩風で読みにくい。
文章の構成で読みにくい。
言葉が方言混じりで読みにくい。

方言混じりはありだと思うよ。
そっちの方がリアリティーとフィクション(ファンタジック)性という相反したものが一挙に得られるから。

で、構成だよね。
スペースで間を取ったり、濁点で間を取ったり。
特にこだわりがないのなら、どちらかにまとめた方が読みやすい。
ひらがなの多様も読みにくさに繋がってる。
これも特に効果が出てないようであるなら、漢字に直しても構わないと思うし、その代わりに、昔の漢字や「ゐ」や「ゑ」を使えば雰囲気はより高まるのでは?

読みやすさは大事だよ。
特に大事なことを伝えたいのなら、読み手のことも考えないとね。
だからといって、自分が表現したい詩情を大きく変える必要はないよ。
表現方法により読みやすい、理解しやすい表現方法があるなら、そちらを採用するってだけの話だから。

1ヶ月前 No.6

ねことバス @nekoneko10 ★Android=celtmxvFRt

濁点じゃねぇ(笑)
句読点だ。
ごめんごめん。

1ヶ月前 No.7

沙織 ★Tablet=xhvTUuQ3LZ

やす さん、見ているか、わからねぇが、詩の世界では、このように(自分の表現を守らなければならない場面が、)多々出てくる。……で、多分だけどな、ちょびさんが、よくいう、吠えろ って、言葉、あなたも聞いたことあるよな?

こういう時に、使うんだと思うぜ。俺、思うんだよな。……詩、勉強するのはさ、詩作向上のためじゃねぇぜ。……こういうときに、自らの表現を守るための屁理屈のために、学ぶ。

俺は、そう思っているし、……詩、くらいなんだよな。こんな風に、言われる創作って。俺、今、小説も書いてるけど、特に言われねぇからさ。ま、ヘボだからってのもあるかもだけど。

1ヶ月前 No.8

沙織 ★Tablet=xhvTUuQ3LZ

>>6

ねことバスさんが、納得してくれるか、解らねぇけど、一応、俺の今回の詩作のテーマは、実存だったわけ。

で、わたし、というものを徹底的にうすくひろげた上で、外側の殻の部分から、実存を探ってみたんだよな。
上手くいってるかは微妙でもそれがテーマだった。

この着想は、一応、ちょびさんが言っていた、「違う方向を見る」という解釈を俺なりに曲げて解釈してやってみた。

軸にしたのは、人間のわらうって行為。

んで、それを喧騒につなげて、柔らかく、実存を見ようとした。

あなたが頭に思い描いたレトリックじゃ、俺がしようとしたテーマから微妙にそれるわけ。俺は、そんな表現をしようと考えて、この詩書いたわけじゃねぇんだ。



1ヶ月前 No.9

沙織 ★Tablet=xhvTUuQ3LZ

>>6

現状、ねことバスさんが言った方向性で、詩、書くときもあるけど、それは、俺が、そういった方法で表現したいものがあったからだ。俺的な必然性がそこにはあるんだよ。

それは、俺がしたい表現で、ねことバスさんがしたい表現じゃねぇ。現状、俺は、この詩作の方向性をもう少し練り上げようかな?って、構想をもってるけど、それは、ねことバスさんがくれた助言の方向性じゃねえ。だから、申し訳ないが、今回は、あなたの助言を受け入れられない。

すまない。助言を有難う御座います。

1ヶ月前 No.10

沙織 ★Tablet=xhvTUuQ3LZ

やす さん、もう、やたら、気になっちまって、仕方ねえから、一応、俺が、思ったこと言うとさ、
ちょびさんは、あなたに、吠えろって言いたかったんだと思うぜ。隠れてるメッセージ的なものは多分、「そんなんじゃ、あなたのしたい表現、駆逐されちまって、したい表現も出来なくて、息苦しくなっちまうのに、良いのかよ?あなたの表現だろ?」って、そんな感じじゃねぇのかな?俺、ちょびさんのことよく知らねえけど、そんな感じするし、……それは、さ、人間性が悪いから、とか、意地悪したいから、っていう、そういう理由からじゃなくて、ただ、単純に、『あなたのこと期待してるから出た言葉なんじゃねぇの?』成長見られてるんだと思うぜ。

正直、詩作の場で、そんなこと教えて貰ったこと、俺ねぇし、そんな存在があってくれるのって、嬉しいことだと思うけど、ま、俺は、あなたじゃねぇし、ちょびさんでもねぇし、結局、気持ちなんてわかんねぇわ。

……読まれているわけは、ないか。悪かった。強く言い過ぎました。すまない。

たとえ、届かなくとも、謝りたかった。

1ヶ月前 No.11

沙織 ★Tablet=xhvTUuQ3LZ

……指摘を受け、……怒られた。
……苦手だから、つい突っぱねたが、反省し、答え直します。

>>6

ねことバスさん、有難う御座います。

>一応伝わるわけだから拙いわけではないよ。
ただ、僕が気に入らないのが、この表現はリアリティを出すためにこんな形になったのだろうとおもうのだけど、

先でも答えたが、実存が、テーマだった。

わたし、というものを徹底的にうすくひろげた上で、外側の殻の部分から、実存を探ってみた。
軸にしたのは、人間のわらうって行為。この表現は、必然性だった。

>読みづらい。
>二重、三重の意味で読みづらい。

>ただでさえ現代詩風で読みにくい。
>文章の構成で読みにくい。
>言葉が方言混じりで読みにくい。

読みづらいのは、指摘されるだろうと覚悟してた。デリケートな話題になると、結構、指摘が多くて、疲れるから。隠す意味で。
後は、単純に、仮名文字が好きなんだよね。やわらかい印象があって。漢字は、硬いイメージが嫌いなんだ。

現代詩風って、何を指すのかな?そこは、何を指されてるのか解らなかった。
文章の構成は、一度してみたかったから。面白くて好きなんだ。こんな風に文字が埋め尽くされる様子。ひらがなだと、なお、面白い。
もう少し、読みやすく出来るように工夫してみます。
方言、っていうか、造語もたくさん放り込んでるよ。読ませる工夫は、あまり、していない。……そこは、反省します。

続きは、次のレスで。

1ヶ月前 No.12

沙織 ★Tablet=xhvTUuQ3LZ

>>6

>方言混じりはありだと思うよ。
>そっちの方がリアリティーとフィクション(ファンタジック)性という相反したものが一挙に得られるから。

 方言混じりは、好意的にとられるっていうのは、少し意外だった。
>リアリティーとフィクション(ファンタジック)性という相反したものが一挙に得られる

っていう、指摘は、面白く思った。確かに、そうかもなーって。俺は、好みで使っちゃうけど、ファンタジック性があるからなのか?いや、俺は、単純に、生きた言葉が好きなんだ。動いてるのが、好き。だから、不思議なとこで音程が動くのが面白く思ってしまうんだよね。ファンタジック性って一言で収まることかな?わからない。


>で、構成だよね。
>スペースで間を取ったり、句読点で間を取ったり。
>特にこだわりがないのなら、どちらかにまとめた方が読みやすい。
>ひらがなの多様も読みにくさに繋がってる。
>これも特に効果が出てないようであるなら、漢字に直しても構わないと思うし、その代わりに、昔の漢字や「ゐ」や「ゑ」を使えば雰囲気はより高まるのでは?

これは、単純に、旧仮名づかいが、嫌いなんだよね……。昔の漢字も好きじゃない。特に戦時中なんて、カタカナばっかりで……苦手。カタカナは、いつか詩作にも登場させたいけど、そういった意味で大分、先になるかなぁ。……好みがなにか、の話だと、拙かったら言ってほしい。

>読みやすさは大事だよ。
>特に大事なことを伝えたいのなら、読み手のことも考えないとね。
>だからといって、自分が表現したい詩情を大きく変える必要はないよ。
>表現方法により読みやすい、理解しやすい表現方法があるなら、そちらを採用するってだけの話だから。

……一番、苦手な部分の指摘だな……。他者の目、意識すると、表現の幅が狭まる気がして、すごく苦手なんだ。窮屈に感じる。
……取り組めるか解らないけれど、やってはみます。

ねことバスさん、御批評、有難う御座いました。

1ヶ月前 No.13

ねことバス @nekoneko10 ★Android=celtmxvFRt

今、頭がきちんと働いてないんだけど、実存ってなに?

1ヶ月前 No.14

ねことバス @nekoneko10 ★Android=celtmxvFRt

あー、助言はするけど、それは選択肢を提示したに過ぎないから、決めるのはいつだって作者だよ。

1ヶ月前 No.15

沙織 ★Tablet=4rvjoG2EaI

>>14
……こういう風に言われるのがいやだから言いたくなかった……

カミュの異邦人的な実存主義の方じゃなくて、サルトルの「実存は本質に先立つ」

……でも、影響を受けてるのは、キルケゴールや、ニーチェ、ハイデッガー。まだ、しっかり、消化仕切れてるとはいえないけど。キルケゴールは、「死に至る病」を勧められて自分で読んだきりだし、

ニーチェで説明されるニヒリズムすら、まだ消化仕切れてるとはいえない。

ハイデッガーの現存在の考え方は、自分の中にもあったから、今回は、ハイデッガーから影響を受けた詩になるのかな、……うまくは書けなかったけど。

因みに俺の浅い理解を嗤った奴なら山ほど居る。ほっとけ。という気持ち。自分のために知ろうとしている哲学を他人にあれこれ言われるいわれはない。

>>15

それなら、出来るだけ、創作の根幹に土足で入って来ないでくれ。そういうの、本当に嫌いなんだ。

1ヶ月前 No.16

ねことバス @nekoneko10 ★Android=celtmxvFRt

いいや。
最近疲れてるから無駄な徒労もしたくない。
悪かったです。

では、さようなら。
お元気で。

1ヶ月前 No.17

沙織 ★Tablet=4rvjoG2EaI

>>17

俺は、俺のために創作をしている。

それは、いつまでだって変わらんし、それが、あなたにとって面倒臭い姿勢なら、そう思えばよい。

俺の内心は、全く傷まない。

ああ、さようなら。有難う。

1ヶ月前 No.18

ちょび ★QL78yfwE6T_ubH

これ、何かを流用してねぇか?

句読点の打ち方の次元が違う。

どういうことだ?

1ヶ月前 No.19

沙織 ★Tablet=yDWy53yXRD

ちょびさん、有難う御座います。
……えっと、な、馬鹿にしてるのか、持ち上げつつ馬鹿にしてるのか、どちらだ?

斬新すぎて、目が、ぽかん、と、なったぞ。←見ろ、いつもより、更に言ってることがおかしくなってるじゃねぇか……。

流用って、どっから、こんなもん、流用するんだよ?オカルトか?オカルトでアイディアセンターという話があってだな、アイディアが降りてくるって表現するだろ?アイディアはそこから降りてくるっていう話が確かあって、降りてくるときに、未来予想図が透明なのにぼんやり浮かんで見えてくるらしいぞ。因みに、そのアイディアは、早い者勝ちなんだそうだ。(ボツにすると、使われなかったアイディアは、別の誰かに降りるっつー与太話だ)←

まぁ、褒め言葉、なのか?だと、好意的に解釈して、濁点の位置、褒めてくれて有難う御座います。なるほど、指摘されて見てみると、確かについてなかったり、ついてたり、だな。

すまない。俺は、説明出来ない。そんなん、感覚でつけた、以外に答えられねぇし、書くときなんて、(この作品は久々にトリップしそうになるくらい)真面目に取り組んだから、濁点も、言葉も感覚で取捨選択してて、殆ど頭で考えて無え。勿論、テーマや内容は追ってたけど、そんなん、入り込んだら、寄り添ってるものに過ぎねえし。

……と、いうより、真面目に取り組んだものに限って酷評されたり、評価低かったり、理解されなかったり、で、凹むんだよな……。

今回もそうだったか、って感じだわ。結構、自分的には良かったと思ってて、すぐにでもこの方向性で深めようと考えていたのに、そんな気もなくなってな。

真面目に小説書きに戻ろうかな、と、してたとこ。

小説も面白いからさ。信頼出来ない語り手のレトリック使って一本書いてみたいんだけど、その他にも書きたい視点いっぱいあって追いつかねえの。

創作って楽しいよな。

ちょびさん、声かけてくれて、有難う御座います。きちんと、説明出来なくて、すまない。

1ヶ月前 No.20

沙織 ★Tablet=YL6YIfCTgL

濁点ではなく、句読点の誤り。失礼いたしました。

1ヶ月前 No.21

ちょび ★QL78yfwE6T_ubH

誉め言葉だが、疑っていたんですよ。
以前、盗作を平気で載せるような人がいて、ただ、沙織さんてそーいうタイプでないしなぁ、と。
でも、沙織さんの他と比べて、句読点の次元が違うなと。
どーいうことだろ、とね。

一見するとぎこちないが、読むほどに打つべきところにある。
意味は実は分からない。
ねことバスさんの言うように何か政治的というか、心情的癇癪を起こさせるものがあるのかもしれない。
しかし美しい文体には違いない。
なにが美しいか。
それは単純に日本語に流れており、話者にとっての心地良さなのだと思う。
お経的、と批判されるかもしれない、しかしその、お経を見つめ、真っ直ぐに批判出来る人なぞいないのだから、
これで良い。

1ヶ月前 No.22

沙織 ★Tablet=AjXcvxR17v

 ちょびさん、有難う御座います。

 句読点の位置、ね。俺、あれから、この詩を書き終えた時の感覚を思い出してたんだけどさ、ぴったりくる詩、だったんだよな。……ぴったりくる詩の時は、涙が出るんだわ。

 で、高確率で、涙が出るような詩は、酷評されやすい。

 皮肉かって思うほどに、的中する。まぁ、そういった時の非難も似たような言葉の羅列なわけ。

 で、俺は、この詩の時と同じように、詩の言葉を守ろうとするわけ。

 成長の過程で起きる変化ごとにぴったりくる詩は書いているように思うわ。

 でもさー、過去の俺は、今ほどにすら、反論出来なくてさ、それでも守りたくて絶対に自分の表現は間違っていないという確信だけがあって、認めないわけ。非難の言葉をさ。

 この詩は、これが正しいって思えてならないんだよな。

 この、ぴったりくる詩は、俺にとってそういう位置づけなわけ。

 俺のこれが正解だと思う感覚を説明仕切る俺の言葉、(知識か?)それが足りねえから、句読点の位置を感覚としか説明出来ねえ。

 それが一番悔しいのは、俺自身なんだよ。

 だから、うまく言葉にできなくて、ちょびさんには、ごめんな、としか言えねえ。

 ただ、ちょびさんが、お経と言ってくれたのは、嬉しかったんだ。

 これは、……内容が読める人なら解る、弔いの詩だから


 これで良いと言って頂けてこの詩を認めてもらえたように思えて嬉しかった。

 有難う御座います。

1ヶ月前 No.23

ちょび ★QL78yfwE6T_ubH

んー、ねことバスさんとのやり取りを見て、
これは他の人にも言えるけど、詩そのものを酷評されてるわけじゃないんですよね。

ねことバスさんはおそらく、実体験か心情的に気にくわないものがあって、
酷評、攻撃しているように見えるが、現実は詩そのもについて述べることは希薄であって、
要は個人の問題に終始してるんです。

だから真に受けて答えると話が詩から逸れてしまう。
個人間の問題になって、あさっての方角へと感情だけで飛んでいく。

批評する人というのは勝手です。
だから作者自身が、これはこうで、こう優れているのだと胸を張る強さが必要だと思います。
人に誉められて意見を変えるより、書けたと思うのなら尚更、それを示すべきですよ。

これをしない人が多くいるから、詩板というのは個人間の殴り合いに没するんじゃないでしょか。

僕はこの句読点の打ち方は優れていると感じました。
そして作者自身がそのトリックを打ち明けられたなら、なにが良いかを皆で議論できるのに、していませんよね。
これらコメントひとつにしても、それを誰かが見ているという意識、薄くないすか?

1ヶ月前 No.24

沙織 ★Tablet=AjXcvxR17v

ちょびさん、有難う御座います。

開陳する必要があると仰るのですね。

テキストの仕掛けは、合評の場で共有するべきだと。


それで、納得してあなたは引いてくれますね。


たとえば、あなたは、犬の遠吠えに規則性を感じ取れますか?もしくは、泣き声に規則性を感じ取れますか?

私は、大抵の方は、感じ取れると思っています。

この作品は、笑うというイメージを人の喧騒に結びつけました。

ここまでは、先で言及しています。それは、実存を追うためでした。わたしは、実存をみるために、死をみます。それは、この詩のテーマです。

そして、あなたは、私に教えて下さった、違う方向をみる。シュルレアリスム を私は消化しきれているとは言えないけれど、私は、それを、作者自身ですら解釈を要する作品だと捉えています。

私は、私の作品を解釈し、整えましたが、この作品は、実は、まだ未完です。正確には潜りきれずに霧散してしまいました。

句読点の位置についてですが、

敢えて、音を不規則にしているのですよ。この作品で、平仮名ばかり使っているのは、視覚の効果→視覚的な不安感を煽っているともいえますが、そのほかに意味があります。それは、音を私自身が追いやすくするためでした。私は、音が不安定になるように敢えてたるみをつくりたかったのです。それは、全て実験でしたので過程が記録されるメモ機能を使用しました。この機能は、とても良いですね。私は、気に入っています。

意味、イメージ、音、テーマ、全体的な不安定感と不安感を笑うというイメージで前半をくくり、残りは、意味的なものを膨らませました。

ちょびさんは、ご存じだと思います。句読点の効果、これは、読みのリズムのコントロールを意味します。これが、句点ならば、ほんのすこし、長く文を止めますし、文は、続かない。句読点なら一拍文を止めてそのまま文を続けることが出来る。

例えば、

ねこなくねこなくねこなく→こう、言うのと、

ねこ、なく、ね、 こなくね、こ、なく→こう、言うのとでは、音の波(緩急や、変化)言葉の持つ意味も変化します。

あ、使ってしまいましたが、スペースも効果があります。スペースの効果は、弱く文を切り(分断)、意味とイメージを柔らかく感情を入れられる

後は、作品内でわた

1ヶ月前 No.25

沙織 ★Tablet=AjXcvxR17v

>>25

手が当たり、途中で送信してしまいました。すみません。

上の作品の場合は、音の緩急でしたけれど、

ちょびさんも知ってらっしゃるとおり、句読点を全て無くすと、文の読むスピードは、はやくなります。

私は、漢字、カタカナ、ひらがな それぞれにも、読むスピードは、違うと考えていますけどね。

例えば、

かたかたかたかた→音としての意味で、区切らずに使った場合

かた。かた。かた、かたかたかたかたかたかた→音としての意味で、区切った場合

上記の作品で使っている仕掛けは、こんなところです。

私は、こんな風に解釈して、ある意味職人的に感覚的に詩を書いています。

んー、ちょびさんが、違う意味で、俺に

>そして作者自身がそのトリックを打ち明けられたなら、なにが良いかを皆で議論できるのに、していませんよね。
>これらコメントひとつにしても、それを誰かが見ているという意識、薄くないすか?

っていう意味に、沿ってなかったら、指摘してくれると有難いです。

>これらコメントひとつにしても、それを誰かが見ているという意識、薄くないすか?

どうだろ?そこは、自身の胸に聞いてみます。


言葉、有難う御座いました。

途中ミスって文章分けてしまって、申し訳ない。

失礼致しました。

1ヶ月前 No.26

沙織 ★Tablet=AjXcvxR17v

今、私は、私が詩で使う技巧を自らの為に、纏めている最中ですけれど……、それは、自分の為にやっていることなのですよね。

私は、別の作品の場で詩の作品の説明をする必要性を感じなくなった、と自ら話していますけれど、今は、そういった気持ちなのです。

上記の私が技巧と思っている説明も簡単に読み飛ばすような方が居る場では開陳したくありませんし。

価値は、私が知っていれば良い話ですし、かすだと人の技巧を読み飛ばす方が多く居る場で開陳する必要性も感じません。

私は、私自身の技巧や詩論や、詩の表現を、声を塞ごうとするような方が居る場で態々披露したく無いのですよね。無意味ですから。

それは、人の揚げ足をとり人の言葉や表現を利用しようとされるからです。

私は、詩の表現をしたくてこちらに置かせて頂いているに過ぎず、それは、全て、自らの為です。

つまり、自らの為にならないと判断すれば、表現させて頂く場を変えます。



>>24

ちょびさん、私は、自らの表現を説明仕切る知識をまだ持ちません。そして、こういった合評の場でそういった自らの技巧を開陳されない方ばかりなのは、
合評の場そのものが、くだらない揚げ足取りや、足の引っ張り合い、ろくに固まっても居ない独善的な思想の押し付けが横行しているからではないかと私は思います。

詩の表現ひとつとっても様々あるのは詩を知っている筈の方なら解る筈なのに、ひどい場になると表現する声すら奪おうとし、表現をする場すら奪おうとする。
そのような同調圧力が横行する場で自己主張などすれば色物扱いされるだけ。そのようなことを思えば黙ってしまう、もしくは、詩の説明をする意味もないと思えてしまうということなのだと思います。

私が今、していることは、自らの詩を批評する作品を一本個人的に書くことと、自らの技巧を、纏める作業です。詩論は執筆中なので、それと平行して纏めています。
他人を非難するのは馬鹿らしいですし。私は、私の為にそういった作業をしています。

ちょびさんとお話出来たことは、嬉しいですし、言葉も交わせて楽しかったです。

この辺りで引いていただけると大変有難いです。

私からは、以上です。

有難う御座いました。

失礼致します。

29日前 No.27

沙織 ★Tablet=AjXcvxR17v

ああ、気づかなかった。

誤字です。申し訳ない。

平行して→×
並行して→○

申し訳御座いません。失礼致しました。

29日前 No.28

山嵐 ★Android=2h0ayPn0mi

語彙が悪い

28日前 No.29

沙織 ★Tablet=AjXcvxR17v

 山嵐 様、ご感想、有難う御座います。

 初めまして。今晩は。おはようございます。でしょうか。

 >語彙が悪い

 なんでしょう、何故でしょう。すこし、わかったように思います。


 それは、めぐりめぐってくるということ。

 山嵐 様の作品拝見させて頂きました。

 ……私には読み解く知識が足りませんが、読み取れた分のみで、言葉、書きますね。


 頂いたお言葉のお礼になればよいのですけれど……それは、難しいでしょうね、実力のなさは悔しさしか運んできませんね、

 有難う御座いました。

 失礼致します。

28日前 No.30

沙織 ★Tablet=AjXcvxR17v

……申し訳御座いません、

 上記の私の言葉を、

 ご感想→×
 ご批評→○

 と、訂正をお願い致します。

 失礼を、申し訳御座いません。

 失礼致しました。

28日前 No.31

ちょび ★QL78yfwE6T_ubH

「語彙が悪い」

こんな単純な批判に頭を下げるなっていうこと

アンタの言う語彙ってなんだよ?
俺はその語を上等な句読点を交えて綴っているが、お前にそれが解るのか?

って訊いてやれよ。

自分を認める人じゃなく、自分を認めようとしない人を、殴ること。

この、「山嵐」みたいな人を黙らせることが最初のステップじゃねぇのかな。
ねことバス、もそうだな。

批判者を黙らせて、足蹴にする。
批判者なんてのはな、せいぜい数人にしか過ぎない。
怒れるオトコ
単純な連中だよ。そいつらを黙らせて、それ以上を云う。

怒れるオトコ
いっつも怒ってるんだよ

27日前 No.32

沙織 ★Tablet=fTOaHgm10k

 ちょび様、有難う御座います。

 上記は、批判ではなく、ご批評ですよ。

 あなた様のお言葉も、ご批評です。

 私は、他者の詩作の根幹に踏み込まない。

 それは、今の私では、踏み込んでも、相手の方に得るものが無いからです。

 それは、……きっと、山嵐様も解ってらっしゃる。だから、あのようなご批評なのだと思います。知識量の差がありすぎて、私では、話を壊してしまいます。

 片方ばかり得るものがある話など、(私のみ得るものがある話など、よくないから)

 ちょび様に少しだけ、反論のようなものを、行ったのは、そのような反応をちょび様が望まれているように思えたからです。

 ……本来なら、私程度では、ちょび様の話を壊してしまい、私側のみ得るものがある話になってしまうことがよくないことを考え、しないのですが、

 あの時は、してしまいました。……今、すこし、反省しています。私程度が言える話では無かった、と、思えて……あの時は、失礼を、申し訳御座いません。

 あなた様のご批評のお言葉に、いつも目を開かされる思いです。

 有難う御座います。

 失礼致します。

26日前 No.33
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる