Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(9) >>

され

 ( プロ詩投稿城 )
- アクセス(210) - いいね!(4)

沙織 ★Tablet=xhvTUuQ3LZ

白いゆきの足裏に染まり、ゆるくさわぎ

指はいたるにゆらぐ
水面は、ゆらぎなだれる

すべりおちるてのひらにおさまるほどの

足裏は冷えこごえ
奥にひからび声すさべ

弾力はうしなう

衝突は散弾しつきふきころぶ秋


こうべは、いたるに さわぎったれ

足裏はひたるめ こうしべの あめ



石膏にかためいたるにさわぐ
障壁をなだめかしわぐ


必要にほる

メモ2018/02/26 03:51 : 沙織★Tablet-xhvTUuQ3LZ

白いゆきの足裏に染まり、ゆるくさわぎ


指はいたるにゆらぐ

水面は、ゆらぎなだれる


すべりおちるてのひらにおさまるほどの


足裏は冷えこごえ

奥にひからび声すさべ


弾力はうしなう


衝突は散弾しつきふきころぶ秋


こうべは、いたるに さわぎっ誰


足裏は浸る 眼 香 蘂の 雨


石膏に片目いたるにさわぐ

障壁をなだめかしわぐ


必要にほる

関連リンク: 鼻試合の場 演歌 あ。 舟入にて 異水 
ページ: 1


 
 

くら @goburin ★iPhone=xMtA2CYZuX

こんばんは
はじめまして
独特の抑揚というか韻というか。
読み方がありそうでなさそうな、
姿を次々と変えてゆく舞い手とか。
どこまで計算づくしかは謎ですが。
句点がない、かつ、変えていく、
ずらされるのは、奇妙な感覚をおぼえます。
異なる世界からきた旅人のような。
言葉の快適な揺らがしかた、
たゆたい方を推し量るところがあります。

選語は秋と散弾が異質なワードで、
かなり強い語なので、
それを中心に世界像を作りたくなります
最終あたりに、石膏と障壁がきますね、
これも強いのでそこに集まりかけますが。
秋と散弾と石膏と障壁をつなぐ、
私の物語を作れるかどうかが読み手の
想像力の試されどころでしょうか。
やや、物語なんかいらない? まさしく。

あまり実のあることが言えませんでしたが、
夜も遅いのでご容赦ください。






6ヶ月前 No.1

沙織 ★Tablet=xhvTUuQ3LZ

おはようございます
はじめまして

句点をひらがなでずらしリズムが馬鹿になる気持ち悪さを
強いワードに引き摺れ読みが馬鹿になる気持ち悪さを
感触の違う気持ち悪さを
軸に置く情景がずれる気持ち悪さを

という気持ち悪い詩を書きました

内容も実は気持ち悪いはずだが、それは胸の内にしまうのは
気持ち悪さに酔って欲しかったからです

異なる世界から来た旅人

美しい言葉を有難う御座います

思わぬ美しい言葉に感謝を

6ヶ月前 No.2

一輪車 ★I1wpISAuQ2_D9v

はじめまして。
おもしろく拝見しました。
テンポがよくて

 衝突は散弾しつきふきころぶ秋

これなんか、なんか臨場感がありました。
自作もたのしみにしております。

6ヶ月前 No.3

一輪車 ★I1wpISAuQ2_D9v

訂正。
失礼しました。

自作→次作。

6ヶ月前 No.4

沙織 ★Tablet=xhvTUuQ3LZ

はじめまして。

ああ、その部分を気に入って頂けたとは

驚いた

こちらこそ、あなたの作品からは美しいものを頂いた

有難う御座います

(10万文字書くよりもエネルギーを失った気がする

詩は楽しいがきついので、自分の次作は期待しないでほしいと思っている)

6ヶ月前 No.5

二川湯ん太郎 @nikawateta ★cnc8MaZhsV_Swk

独特な言葉遣いが印象的でした。

さわぎっ誰などですね。

最後の行「必要にほる」も印象的でした。


「足裏は浸る 眼 香 蘂の 雨」

この行はどう解釈したらいいのでしょう。俳句で「養花天」と言うと桜の開花を促す雨の様です。眼の雨、香の雨、蘂の雨と解体しても「足裏は浸る」、ここが「雨」との類縁性と共に、ミステリーゾーンを形成しているようでした

6ヶ月前 No.6

沙織 @saorikuma ★Tablet=xhvTUuQ3LZ

 二川湯ん太郎さん、有難う御座います。
 初めまして。

 しばらく、来ないつもりで、格好つけて終わったつもりだったんだが、
 あなたの言葉が、あまりにも俺を惹きつけるから、来てしまった。

 どうしてくれる。すげー、恥ずかしいぞ。

 無視できない批評を有難う。凄く、嬉しかった。

 独特な言葉遣いか。まぁ、言葉を入れ替えたり、張り合わせる、
 イメージごとに貝合わせしたような詩だからな。

 ぶっちゃけ、誰でも出来る。がんがん盗んでいいぜ。文体も、表現も。

 そのまま、あなたの詩作の糧にしてくれ。

 ああ、蘂の雨のとこか。おもしれーだろ?

 イメージは、こんな風に、違う領域に広げることも出来る。

 言葉は、おもしれーぞ。偉そうにすまない。嬉しくなってしまうな。

 ああ、必要にほる。の部分は、ほる が、平仮名なのが気に入っている。

 まあ、この詩に解釈の答えなんて無え。意地の悪い詩だからな。

 楽しんで、頂けたことが、凄く、嬉しかった。

 心が弾む言葉を有難う御座います。

6ヶ月前 No.7

ちょび ★QL78yfwE6T_sgc

白いゆきの足裏に染まり、ゆるくさわぎ

これって何て読むの?

しろいゆきの「あしり」「たび」「あしうら」にそまり、ゆるくさわぎ

高等な詩を教えるが、
音は大事だよ。ミュージシャンじゃないの。

なだらかに読めること、スッと胸で飲めること。

古風を謡って誤魔化したところで、そーいう、スッとした配慮ができないのは駄目。

「足底」
このパーツは使えるかと吟味する。
「裏」を「底」に変えて、どれだけ読者に通じるか。

そーいうさ、他者を想うこと、してるの? お前

6ヶ月前 No.8

沙織 ★Tablet=xhvTUuQ3LZ

ちょびさん、有難う御座います。

他者を想うことなど、してる訳ねえだろ。
俺の詩作は、自意識の爆発に近い。俺の詩作には、俺しかねえよ。
根本的な問題を抉ってくれて、有難う。
君は、凄いな。思わず、笑ってしまった。あまりにも、的を射ていたから。

因みに、あしうら って、読んでくれ。

足底か、選択肢には無かったな。練って考えてみるよ。アドバイス、有難う御座います。

6ヶ月前 No.9
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる