Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(3) >>

船場

 ( プロ詩投稿城 )
- アクセス(193) - いいね!(3)

一輪車 ★I1wpISAuQ2_D9v

三味線の音に
追い立てられて
テラの岬のへ先まで

谷町筋の尾根を
ころげ落ちぬように歩いている

みぎわはさんずいに満たされて
しぶきの名残りが
かしこに打ち捨てられる

なかもず はなてん とがみきた
ひらかた じゅうそう てんがちゃや

大江神社のしで越しに
通天閣が火を灯し
動物園
遊郭
貧民窟が
没んでいる

うみ底にゆれる町に
指を浸して字を書く人がいて
なにをしているのかと問うと
歌を、人生を、
と答えるしりから字は消えてゆく

南の筋に鯨をひく男たちが騒ぎ
東の通りに宇宙船を降りた土人たちがかしずく
大坂の
商人たちの船場は
海の底

関連リンク: 思った 
ページ: 1


 
 

二川湯ん太郎 @nikawateta ★cnc8MaZhsV_Swk

せんばですね、船場。

なかもず はなてん とがみきた
ひらかた じゅうそう てんがちゃや

調べたら概ね、大阪市、堺市などの地名。枚方市などですね。

「汀」のさんずいなど。

「東の通りに宇宙船を降りた土人たちがかしずく」

この話題は東大阪市の中小企業が寄り集まって、人工衛星を作ろうと言う話がニュースと成って居たのを思い出しました。

「三味線の音に
追い立てられて
テラの岬のへ先まで」

こんな始まりですが、「テラ」と言うとものすごく大きな数字の単位か、「地球」「大地」と言う意味なのかと思いました。

大江神社も興味深いですね、聖徳太子の時代までさかのぼる。四天王寺の外を護ると説明されて居ました。

大江神社のしで越しに
通天閣が火を灯し
動物園
遊郭
貧民窟が
没んでいる

この様な連も詩表現として例えば「紙垂」とか「紙垂越しに」ですね、大変イメージを増幅して、詩に臨む姿勢、詩読者を意識して居られると感受出来ました。

1ヶ月前 No.1

一輪車 ★I1wpISAuQ2_cjE

二川湯ん太郎さん
お読み下さりありがとうございました。

びっくりしたのは「テラ」ですね。
なるほど、数字の単位ですか。
それを知っていたら、ちょっとおもしろい展開の
詩が書けたかもと、いま、くやしい思いをしています。
テラは単純に「寺」ですが、この詩を書いたときは、
古代には谷町台地の岬の突端に建っていたという天王寺のことを
そうぞうしていましたので、ただの寺とは書きたく
なかったということがありました。
いつも丁寧な感想を下さり、感謝しております。

1ヶ月前 No.2

黒髪 @kurokami00☆goIK5PGZO9Y ★HKukP6WvZP_gUY

なんだか不思議な詩ですね。
音が鳴り、光景も物事も水にたゆたいます。
街が特別な筆書きで書き表されているようです。
非常に練られた詩だと思います。
独創性もあります。
視点の遠さ近さ、自在に操られ、やっぱり書くべきことを書き得ている感じです。
書くべきこととは、船場の人への親しみ、愛と言ったことだと思いました。

29日前 No.3
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる