Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(11) >>

世紀のこと

 ( プロ詩投稿城 )
- アクセス(218) - いいね!(3)

ちょび ★QL78yfwE6T_sgc

 私が私でないとしても
 ほんのちょっとした嘘をかぶってね
 電話口で汗を掻いたら
 或いは汗を掻いたようになって
 たとえ私が私でなかったとしても
 嘘を被れば可愛らしくて
 うろんな人から囁いてくれるんだ
「にこにこ」
 みたいに愛されるんだ
 私は、私のことは、どうして
 私は自分が愛されているのか分からない
 きっとこのあたりに断絶があるんだ
 地球が割れる
 そ、地球ってのは割れるわけ
 誰か一人が愛すると、地球が割れる
 音がして
 私を、誰かを叩く声がする

関連リンク: お義母さま 鼻試合の場 
ページ: 1


 
 

二川湯ん太郎 @nikawateta ★cnc8MaZhsV_7sc

ああ、丁度、樽井将太と言う人の詩の解説を読んで居て、「にこにこ」と言うフレーズが使われて居ました。この詩では

嘘を被れば可愛らしくて
 うろんな人から囁いてくれるんだ
「にこにこ」
 みたいに愛されるんだ

こんなところですね。確実に詩心をつかみ、詩神(ミューズ?でしょうか)を呼び寄せる様な気がしました。

4ヶ月前 No.1

ちょび ★QL78yfwE6T_sgc

どーも、二川湯ん太郎はん

単純であどけない言葉を流されるまま、
抑揚をつけて使うというのは一つのトリックだと感じますねぇ。

出来れば、あなたがそうした柔らかさで書いてくれたら、もっと良いんですがねぇ。

荒い将が乗せられて
天竺まで攻め上った

この二行だけで、固い、ってわかっちゃいますよ

説明口調の音はどうしても読者に見透かされます。
なのでほんの少し音を変えると良いですよ。

荒い将が乗せられて
天竺まで攻めのぼる

後ろが少しもたつく感じがするけど、それが良いんです。
余白を生みますので。

4ヶ月前 No.2

一輪車 ★I1wpISAuQ2_D9v

  誰か一人が愛すると、地球が割れる

この一行がリアルに感じられました。
これはほんとうに人間の素晴らしいところのひとつです。

4ヶ月前 No.3

沙織 ★Tablet=xhvTUuQ3LZ

すまない、自分が汚れているらしい
この作品からあどけなさを読み取れん

ちょびさんの作品は、面白いが、皮肉を感じて、読み込みすぎるとつらい気がする

しかし、それも味があり、癖にはなっている

「にこにこ」叩く 割れる

 その辺りが、強く哀しいワードに見えた

3ヶ月前 No.4

炭酸 ★GxpuG4VYgB_8gk

うきききき。こんばんわ。

 私が私でないとしても
 嘘を被っても
 電話口で汗が滲んでも
 或いは汗が偽物だとしても
 たとえ私が私でなくても
 嘘を被れば可愛らしくて
 うろんな人が囁いてくれるんだ
「にこにこ」
 みたいに愛されるんだ
 私は、どうして
 私は、どうして自分が愛されているのか分からない
 きっとこのあたりに亀裂があるんだ
 地球が割れる
 そ、地球ってのは割れるわけ
 誰か一人が愛すると、地球が割れる
 音がして
 私をノックする音がする

失礼しました。

3ヶ月前 No.5

ちょび ★QL78yfwE6T_sgc

あははは、炭酸さん、お久しぶり

そしてその改変は難易度を下げてるだけなんだよ。

難易度を下げるとね、脳ミソを退屈させる。
たとえ文法上、形式上、良いものだとしても、説明を上手にすると、退屈なわけ。
これを予防する冗長性って考えない?

読む脳内でどのような理解が成されていて、どのように受け応えているか。
それを予め追跡して書くということ。

炭酸さんの書いたものは、その結果なんですよ。
自分がこれをどう受け止めて、どう感じて、それをどうするのかという、
僕はそれを「反射」と呼びますよ。

3ヶ月前 No.6

炭酸 ★FsFH4IMuxP_8gk

ポコ、ポコ、ポコ、ポコ(ドラミング)
それでも思うんです。
難解でなくとも、退屈ではない詩が作れたら幸せだと。

3ヶ月前 No.7

ちょび ★QL78yfwE6T_sgc

そーいう負け犬根性止めろってのに。

書くときたらな、自分で書いたものを賞賛して貰うより、
自分で書いたものを自分で読んで、スゲェって感じるほうが、極上なんだよ。

3ヶ月前 No.8

やす @axitu ★iPhone=rY5tPqkDOE

そういうのをチラ裏って言うんじゃない?
もう死語だったり

3ヶ月前 No.9

やす @axitu ★iPhone=rY5tPqkDOE

ジョルジュシフラというピアニストがいるんだけど、
彼は天才的なピアニストでリストの再来とも呼ばれていた人だった。
そんな人が、ある日息子を亡くしたのがきっかけで一切ピアノを弾けなくなった。

何が言いたいかというと、芸術とか言葉っていうのは誰かに感銘されるからこそ後世に残るし、人を感動させるようなものだからこそ、自分の心が傷ついたら蓋を閉じてしまう。

心がこもってなければ、チラシの裏に書いててどうぞ。って話なんだよね。
ちょびさんのは詩ではなくて言葉遊びだよね。自分で満足するのが極上とか笑える

3ヶ月前 No.10

沙織 ★Tablet=xhvTUuQ3LZ

やす という人へ
http://mb2.jp/_poem/309.html-52#a

3ヶ月前 No.11
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる