Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(4) >>

フィード・バック

 ( プロ詩投稿城 )
- アクセス(225) - いいね!(1)

GROWW ★IH4fnBzURP_cxU

みんな熱を持ってる
みんな動くしくみを内蔵している
充電アダプターやスーフィー教徒
死にかけのヤスデでさえも
回転体は回転体を内蔵している
回路のなかの回路では行き止まりがない
だから「永遠」があるように勘違いする
でも区別したり認識するということは切り分けることだから
きっちりと句読点がつけられてみんな混みあってるというわけ
意味は微熱をおびて ときたま
鏡写しになった無限の壁に向かって並んだりするけど
だれしもが時空のそとがわにさわれるわけではない
そこで ふと高校数学の微分について思い出すこと
時間の回し車を存在のとげとげにひっかけて
ミクロとマクロの空間の切りくちに投げかけた
連続する声の模様を読み解くこと
そういうことを考えて ママチャリでコンビニに寄って
たばこの煙の粒子が秋の曇り空に分解する瞬間
世界をてのひらで微分するとはこういうことか?
と ふとひらめいた
そう 極限に向かって行列をつくること
すきまなく 行列のあいだに行列を積みかさね
その行列の間にも行列をつくり、積みかさね……
もういい 目をとじて残光の疵を追うと
アスファルトを踏みしめて熱をつくるみんなが
自分自身のなかの密度に還っていく
収束と反発 指先ではじけるビッグバン
濡れた路上をタイヤがこする音
そののちの静寂の縞模様
最初の雨粒が触れるときに
日常に引き戻していく
速度

ページ: 1


 
 

二川湯ん太郎 @nikawateta ★cnc8MaZhsV_xmq

みんな熱を持って居る、こんな始まり。微分や行列などの、数学用語。

充電アダプターやスーフィー教徒
死にかけのヤスデでさえも
回転体は回転体を内蔵している
回路のなかの回路では行き止まりがない
だから「永遠」があるように勘違いする

こんな五行。など、いろんなアプローチからこの詩は分析できると思いました。

4ヶ月前 No.1

GROWW ★IH4fnBzURP_cxU

二川湯ん太郎さん
ありがとうございます。

思考の流れを詩にしてみました

3ヶ月前 No.2

にくやま ★Android=rT8b0klBnL

何がいいかというと、リズムが整えられていて読みやすいです。
一度読んだだけで内容が頭に入ります。
きっと文章を書いてこられたのでしょう。

最初は、語り手はとても生命満ち溢れる言葉を選んでいますが、途中から徐々に投げやりになっていきます。
前半に比べて後半のぶつ切りにも見える箇所は、勢いをつけるための策なのかもしれませんが、わたしには失速してみえました。

細かいことですが、「ふと」が二回出てきているのが気になりました。

では。

3ヶ月前 No.3

GROWW ★IH4fnBzURP_cxU

にくやまさん、ありがとうございます。

リズムは意識しました。
ご指摘の通り、前半はしっかりと印象を意識して書いたのですが、後半はなかなかスッと書くことができず、着地失敗してしまいました。
精進していきたいとおもいます。

3ヶ月前 No.4
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる