Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(2) >>

スモッグ

 ( プロ詩投稿城 )
- アクセス(173) - いいね!(1)

くら @goburin ★iPhone=xMtA2CYZuX

散逸する昼の欠けら。
ビーズ玉を咥える犬たちが
木目によりそっている。
反射する閃光のさくれつ。
夜から覗いた住宅が、
こんなに眩ゆい。

あこれ(が)に託され
津々浦々の絵筆を束ねす
走りまわりの稚児。
銀杏の緑に笑みかけ、
ひとさしゆびと中指の、
熟れた水かきに託して
塩素の名残に飛びくんだ。

砂つぶの煌めきのあと、だから。

きゅりきゅりと舌が雑音をとらえて
宝石たちを奥歯で砕いてた、
あれ、は、私の午後。

関連リンク: 私のために。 
ページ: 1


 
 

二川湯ん太郎 @nikawateta ★cnc8MaZhsV_AB7

二連目で脱構築が行われて居るように思えました。
「あこれ(が)に託され
これは「あこがれ」を並べ替えて「あごれ(が)」としているように思えました。
「塩素の名残に飛びくんだ。」。ここも「飛び込んだ」を「飛びくんだ」となっていますね。

あとは
「きゅりきゅりと舌が雑音をとらえて
宝石たちを奥歯で砕いてた、
あれ、は、私の午後。」
こんなところはあの西脇順三郎「アムバルワリア」のあの有名な詩、
ドルフィンが出て来る詩を想起させられました。でも
天気

(覆された宝石)のやうな朝
何人か戸口にて誰かとさゝやく
それは神の生誕の日。

この詩で、ドルフィンの詩はもっとべつにありました。

太陽

カルモヂインの田舎は大理石の産地で
其処で私は夏をすごしたことがあった。
ヒバリもゐないし 蛇も出ない。
ただ青いスモヽの藪から太陽が出て
またスモヽの藪へ沈む。
少年は小川でドルフィンを捉へて笑つた。

この詩でした。

2ヶ月前 No.1

くら @goburin ★iPhone=xMtA2CYZuX

こんばんは。

脱構築。脱構築ですか。詩における脱構築は不勉強です。ふむ。あこがれや飛びくんだは、語感優先と、少しの違和感と、ただの言葉を詰まらせる遊びみたいなもので、くだらないときはくだらなくみえると思います。本作の狙いはそういうところにもあります。なぜこれが感じられるのか、なぜこれが感じられないのか、なぜこんなものを詩と呼びたくなるときがあるのか。問いかけるには些か雑なところもありましょうが。

ドルフィンの詩、温かみと冷えたところが混ざっててドキッとしますね。教えてくださりありがとうございます。

2ヶ月前 No.2
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる