Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(9) >>

創世記

 ( プロ詩投稿城 )
- アクセス(195) - いいね!(2)

汲ヒこVSバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4



時が来た
終わりの時が…

叫びは何処までも谺し 絶叫と変わるのだろう
嘆きは何時までも尾を引き 怨嗟と変わるのだろう

時が来た
終わりの時が…

悪魔は何処までも連なり 嘲られ なぶられるのだろう
祈りは何時までも願われ 叶わず 潰えるのだろう


神は殺された
人々はもはや全能ではなく 無力
悪魔だけが残った世界で 人は無力

残った悪魔が滅びの後に創る世界
その世界の知恵ある者達は 悪魔を神と崇めるのだろう。

創造は破壊と同義
破壊は創造と同義
人々が創造した物は大地を 海を 空を 森を そして良心を破壊した
世界を拒絶した人々は 世界から拒絶された


時が来た
終わりの時が…

人は世界にとっての塵となりて 何処までも堕ちるのだろう
神は人にとっての悪魔となりて 何時までも嘲るのだろう

深淵に 深淵に 深淵に呼ばれる
深淵に 深淵に 深淵に喚ばれる

時が来た
滅びの時が…
人という神にとっての悪魔が滅びる時が




日輪が西へ使いの龍を出したのだが、その龍は無惨に引き裂かれて帰ってきた。
それがまるで返答であるように。

やがて沈む日輪を、巨大な黒い骸が覆い隠す。

そして日輪に向けられる銀の槍。
日輪は貫かれ、世界は闇に閉ざされる。

空には、小さな小さな星が、一つだけ、力なく耀いていた。

4年前 No.0
関連リンク: 十一月 現影 天球/霹靂 
ページ: 1


 
 

ちょび @m1j ★mFPhtXjH95_BiB

ええと、ギャグを真剣に書いてるのか?

1.日本人において、神や悪魔の定義が曖昧
2.「叫びは何処までも谺し 絶叫と変わるのだろう」
 3流以下の予言書にはそう、定型文で書いているかもしれないな。
3.
「時が来た
 終わりの時が…」
これも古典的なSF小説的な定型文だな。

で?
ええと、チンケなゲームの駄文を連ねたくて書いたのなら、
コメントすると、あなたには「勇者」が足りてないな。

神は殺された=ニーチェさんかぁ?
創造は破壊と同義=シヴァさんかぁ?

ったく、幼稚な頭脳に古典を吹き込むと、こうも馬鹿な文に熱をあげるって典型だな。

4年前 No.1

汲ヒこVSバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

あー、これ警鐘のようなもんですよ。
意味がわからないならしょうがないです。感覚の違いでしょうし。

古典って読んだことないんですけどね。
古典にはそんなこと書いてあるんですか?

4年前 No.2

汲ヒこVSバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

こてん‐てき【古典的】

[形動]
1 古典とよばれるにふさわしい文化的な価値があるさま。「古典的な名著」
2 古典を重んじ、伝統や形式を尊ぶさま。「古典的な図柄」


あー、これ誉め言葉だったんですね。
確かに僕は旧来から有るものを尊重しますよ。
今だって円空彫りなんか勉強してたりしますもんね。

4年前 No.3

二川湯ん太郎 @nikawateta ★Zg48RlqZUX_PhN

「神は殺された」
ここが「神は死んだ」のニーチェを想起させられますね。
「やがて沈む日輪を、巨大な黒い骸が覆い隠す。

そして日輪に向けられる銀の槍。
日輪は貫かれ、世界は闇に閉ざされる。

空には、小さな小さな星が、一つだけ、力なく耀いていた。」
こう言う終わり方にも深く詠みたくなる誘惑が惹起されます。「巨大な黒い骸が覆い隠す。」
ここですね。「銀の槍」も。そしてラスト一行「空には、小さな小さな星が、一つだけ、力なく耀いていた」ですね。
詩が波動をまとって居る様でした。

4年前 No.4

ちょび @m1j ★mFPhtXjH95_BiB

ごめんなさい。汲ヒこVSバス鰍ウん。
言い過ぎました……

ホントは馬鹿とか思ってません、
あなたはきっと、昨今の出来事について憂いたものだと思います。

で、そこは共通する理解なのですけど、
その表現として他者の言葉、或いは権威を持ち出すのはどうなのか?
とムカついた次第でして、すみませんでした!

でも、そうじゃない答えのほうが、より人を励ますってもんでしょう

4年前 No.5

汲ヒこVSバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

あれま、あれま、二川さん、コメントありがとうございます。

この作品の後半部分は僕が見たビジョンをそのまま文にしました。
だから意味はあるようでないものです(笑)
意味はそれぞれで考えてもらえればと(笑)

日輪は日本。
銀の槍はミサイルと解釈するのもあり。

沈みゆく日輪は経済的に沈む日本と受けとるのもあり。

小さな星は微かな希望とか。
見方はいろいろできると思います。

4年前 No.6

汲ヒこVSバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

ちょびさん。

んー、気持ちはわからなくはないです。
ただ、新しい表現をとか言いますけれど、それで言葉が伝わらない、内容が伝わらないなら、意味はないでしょう。

まず、人に見せる作品ならば、意味が伝わってこその創作だと思いますよ。

4年前 No.7

ちょび @m1j ★mFPhtXjH95_BiB

汲ヒこVSバス

気持ち解って許容できないなら、反対声明出せばいいだろ。
違う、と言えば良いだけだ。

僕ならそうさね、
「イラクのシリアで首を斬る」
「滴る詣でで血をしゃぶる」
とか言うだろな。

じき正月だしなぁ。
てかあなた、日本在住引き篭もりだろ。
アフガンとか行けばいいんじゃねぇのぉ、アフガンとかぁ。

4年前 No.8

ねことバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

おはようございます。
「内容が伝わらないなら意味がない」という反対声明を出してますが、なにか問題でもありますか?

>「イラクのシリアで首を斬る」

>「滴る詣でで血をしゃぶる」

とか言うだろな。

表現が僅かなグロさを含んでいるだけで美しさがありませんし、その二つの文として、言葉の意味をも殺しています。また、その台詞はこの作風には似合わないです。

むしろそれなら、こうでしょう。
「議事堂前で腹を切り、臓腑で首を絞める」

しかしながら、このような表現は全体を見た時に浮いてしまい、バランスを欠く一因にもなりますから、僕としたら古典的に書いても問題ないと思いますが。






4年前 No.9
ページ: 1

 
 
この記事はプロ詩投稿城過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>