Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1438) >>

チラシの裏のぼやきた

 ( 詩人掲示板 )
- アクセス(13626) - いいね!(22)

ユリコ ★8sIjW.fwz4o

詩を書いていて思ったこと、疑問に思ったこと、多々あるでしょう。
しかしスレを立てるほどでもないし、それに値するスレもない。
そんなとき、ちょっとここに書き込んでみませんか。



***

最近、プロ詩に関する意見のスレが多い。
自分も書き込むことがあるけれど、書き込めば書き込むほど、わからなくなってくる。

自分は批評できてるの?自分は「詩」を書けているの?そもそも「詩」にたいしてどれだけ本気で、どれだけきちんと向き合っているのか?

分からないままペンをとったり、キーボードを打ったりしている。
最近は、「詩」より「絵」のほうに気持が移っている(私は「詩」を書きたい時期と「絵」を描きたい時期が周期的にくる。もともと、「詩」より「絵」のほうが得意。)。
そんな中で、いくつか投稿したが、どれも糞だ。
色々な場所で偉そうに言うわりには、自分が全然できていない。馬鹿野郎だ。

私が書きたいように書けば、
それはまるでスクラップ工場の鉄クズみたいな詩になるだろう。いや詩ですらないかもしれない。そしてそれは「愚作」となる。
一時期そういうのをバンバン投稿していたけれど、
今読み返すと、なんだかなあ……と思う。

2006/12/28 12:54 No.0
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15


 
 
↑前のページ (1388件) | 最新ページ

るるりら @tokoro10☆lvBAXJMdEOfl ★VNKHgCHA6l_mgE

にわかさん、負けるな。にわかさんの人生の主人公は いつだって にわかさんなのだー。
えいえいをー。

2年前 No.1389

澤あづさ☆odYS5WitSpQ ★AsFHwFtSUb_cPe

>>1383  いすちゃんへ再び

どうも >>1385 には誤解を招きやすい表現が多々あるといま気づいたぞ。
こんなことだからヒヒョー家はヒヒョーで語るべきなんだ。もうさっそく検討する。

***

>>1386  にわかさんへ。

>某社団法人の経理に抜擢されるかどうかの瀬戸際で、簿記一級の試験月末


すでに月末じゃないですかΣ(´Д`;)
ご子息の未来のため、抜擢されてからご再臨ください!

***

>>1388 (おなまえはだすまい)

>名前ださないでよw


知られてるに決まってるし隠す意味ないと思ってΣ(゚д゚lll)
────ハッ!? よもやそれで作品投稿しない派ッッッ

_| ̄|○ il||li ←反省 < 投稿が来ないかもしれないので落胆

>ま、気にしないけどw


なにがあれでそれだったあかつきには、ちゃわがはらをかっさばきます。
さっそく削除を! にわかさーん! あっ簿記一級が月末なんだった!

***

●はかいしさん『語る死す』
http://mb2.jp/_prs/6901.html-0#a

朝から仕事合間のたび再読してて、もう楽しくて一日中読んでいたいが仕事中だ。なんて精度なんだ。【あそこに芽があった】と出てきたとたん、冒頭の【夜道、ひっそりと息吹く新芽のこと】まで戻らずにいられない。なるほどあたしは【繊細なのだ。いつだって、死体と友達でいたい】どういう予言なんだ!(※この発言の意味がわからない人は、詩の題名をお読みください。)

まったく完璧なスタイル(斬新ではないのかも知れんが知らん。)で、瑕疵すら一箇所くらいしか見当たらない。その一箇所すら「花びらのビラビラは、若干、」とあたしが思うということは、ほかの人にはむしろ効果的なのかもしれない代物で、つまり非の打ち所はなかった。

●引用────────────
「糞、糞、糞、どいつもこいつも、俺の言いたいことをみんな言ってやがる」
「俺の言いたいことをみんな言ってやがるということを言ってみやがれ!」
「糞が更に増える」
────────引用ここまで●

この詩はあたしの言いたい(が、あたしの頭では思いつかない)ことをみんな言ってやがる。
この詩があたしの言いたい(が、あたしの頭では思いつかない)ことをみんな言ってやがるということを、せめてヒヒョーで言ってみやがれ!

2年前 No.1390

るるりら ★Android=7dpVyEtP9M

ぐっちいさんへ。
生意気だったなら、すみませんでした。


カイトさんへ
詩ヌマデのスレッドは、いっそ。
待ち人が、帰ってこられる場所にして、新しい公園を 作ったらどうなのかなあ。と、思います。

2年前 No.1391

るるりら ★Android=7dpVyEtP9M

スレッド間違えました。
お邪魔しました。返信は
いらないです。

2年前 No.1392

蛾兆 ★SOFTBANK=1EUZJOYJie

黒髪さんのラップ、圧倒的ですね。かっこいい( ̄▽ ̄)b

2年前 No.1393

僻猫 @migraine ★iPhone=ioS36K14w6

明日明後日、連休だから『海を飛ぶ夢』をレンタルして観てみようかな、、、

2年前 No.1394

黒髪 @kurokami00☆goIK5PGZO9Y ★rqS6psGcx6_her

蛾兆さん、ラップをほめてくださりありがとうございます。話はずれるのですが、対象とのかかわり方については、自分の中で醸成することが必要
である場合も多いのですよね。老人が無口であるように。でも、しっかりしていないと、「理屈と膏薬はどこにでも付く」ということが悪く成就
して、批判のための批判を受けることも多いのですね。そういう用心はしたほうがいいと、だいぶ昔の事から引きずっている自分のかかわった一部について、
思っています。自分が絶対正しいなんてことを言える場面はなく、そういうことを言いたいわけでもなく、自分の時間を過ごすための、
必要な入れ物、居場所みたいなものがあって、それには上等や下等といった価値基準の判断が、されずにはいられないといった、
わがままも思うのですが、積極的に動くことで、自分の事を考えるための、アイデンティティや、自己主張スキルを持つことを、
めんどくさがるほどの余裕もなく、ただ、日々頑張っているだけです。頑張れる自分ってとても大事だな、と思います。
だって、頑張るには、自分が何をどのようにやるか、ということについて、「主張」や「やり方」がないと、そういうこと、できないと思うからです。
料理を作るには、レシピを実行して、包丁が扱えて、火を扱うことが出来る、これくらいのやり方を身につけていないと、
どうしようもないわけですから。頑張って料理を身につける、そんなことがめんどくさいでは、あまりに愚かだ。
そういうところにいた自分について、良く自分を持ち直すことで、頑張れる自分を、一つ作り上げてみるかという
感じです。自分も他人も大事にしないとしたら、そういう気持ちを抱くような原因には何種類くらいあるのかな。
右手で靴下を履きながら、左手で脱ごうとするという、あまりにばかばかしいエラーの自分が、だんだんに穏やかになっていける、
そんな、昔に見た大きな太陽や、真っ赤な月のような、穏やかさを、心の自由として、感じられるのは、僕があきらめることをせずに、
ラッキーでもあったということなのですが。

2年前 No.1395

蛾兆 ★SOFTBANK=1EUZJOYJie

黒髪さん

今、僕は、西尾維新の掟上今日子さんこと『最速の探偵』シリーズを楽しんでいるのですが、あなたはもしかしたら、最速の詩人なのかもしれないですね(^-^)
お見事でした。

>対象とのかかわり方については、自分の中で醸成することが必要

そうね。じっくりゆっくり、マイペースで行きましょう。
いつか機会があったら、僕とも一戦お願いします。
詩的感動、つまり広さとか深さとか個性みたいなことで即興バトルできたら、愉しいよね。

>頑張れる自分ってとても大事だな、と思います。

>「主張」や「やり方」がないと、そういうこと、できないと思うからです。

黒髪さんのファイト、スピリット、メソッド(根性、魂、技術)を観させてもらったYO!
(* ^ー゜)ノ

2年前 No.1396

蛾兆 ★SOFTBANK=1EUZJOYJie

いや、みせてもらった、が正しいですね。
愉しく鑑賞しました。ありがとう。

2年前 No.1397

黒髪 @kurokami00☆goIK5PGZO9Y ★rqS6psGcx6_her

蛾兆さん

試合して十分な歯ごたえのある相手となるように、研鑽しておきますよ。僕が一番好きな剣士は、柳生兵庫助です。
広さ、深さ、個性、こんなバトルは、詩においてはあまりなかったことでしょう。ボードレールVSランボー、
ブルトンVSロートレアモン、とか適当に今作りましたが、またよろしくお願いします。詩人となってみて、
結構自分には詩があっていたんだなあ、と、こうして本と詩作と批評の中にいることが、楽しくて仕方ありません。
ますます、ネット詩が新たな展開を開けるように、僕もその可能性に、自分をかけてみて、ずっと行きたいな、
と思います。

2年前 No.1398

山人 @ookumo1310 ★z80q9lxKhR_jwI

蛾兆さんの作品を読もうとしたら記事が無かった。

2年前 No.1399

蛾兆 ★SOFTBANK=1EUZJOYJie

山人さん

ご指摘ありがとうございます。
『自分の作品について』というスレに説明を書きました。

2年前 No.1400

ぐっちい @gecogeco☆CbO7L0K.rMzj ★Android=5v7wPlYpWu

【詩】ってさ、誰の為のものだと思いますか?

(純粋に質問しています。出来れば小難しい言い回しは無しに皆さんの意見が聞きたい)

2年前 No.1401

るるりら ★Android=7dpVyEtP9M

あなたは、どう思うのですか

2年前 No.1402

るるりら ★Android=7dpVyEtP9M

私自身は、私自身の助けになり続けてくれているものです。

2年前 No.1403

ぐっちい @gecogeco☆CbO7L0K.rMzj ★Android=5v7wPlYpWu

別スレの流れとは別に。

返信ありがとうございます。
るるりらさんの場合は、ご自身の為って事でしょうか?

2年前 No.1404

るるりら ★Android=7dpVyEtP9M

はい。そうです。

尊敬する まどみちお の
ぞうさんの歌を 聴いた 幼いときも
そうでした。

2年前 No.1405

ぐっちい @gecogeco☆CbO7L0K.rMzj ★Android=5v7wPlYpWu

るるりらさん

幼い頃のエピソードも教えて頂きありがとうございます。
私の考えはまた後で。
勿体ぶってる訳ではないのですが、すみません。

2年前 No.1406

僻猫 @migraine ★iPhone=ioS36K14w6

>>1401

ぼくは、かつてのぼく(のため)にかいています。

http://mb2.jp/_aria/68.html-207

2年前 No.1407

蛾兆 ★SOFTBANK=1EUZJOYJie

僕はその答えを見つけるために詩を書いています。

2年前 No.1408

るるりら ★Android=7dpVyEtP9M

私は、政治的な詩作も ときどきするのだけど、詩は 未来への指差しみたいな側面も、あるのかも

2年前 No.1409

蛾兆 ★SOFTBANK=1EUZJOYJie

>>1408 蛾兆 は、掟上今日子さんの台詞のパクリですが、本心です。

僕は誰のために詩を書いてるんだろう?
それはわかりません。
むしろ、それを知るために僕は詩を書いています。

るるりらさん
政治的な詩は、投げ瓶通信かもしれないな。予知詩ならなおさら。
『指差し』って、詩論としてイイネ(^^

自作のある特定の詩で、自分の指はどこを指したんだろう。自分の胸か、地面か、空か、未来か。
って思いました。

ぐっちいさん
読者って言わせたいの?

そうならないですよ。
誰のために詩を書くか、と問えば、それは創作の姿勢の話になります。
そうじゃなく、発表のマナーの話なら、オーディエンスに敬意を、ってのは創作者の掟だと僕も思います。

2年前 No.1410

蛾兆 ★SOFTBANK=1EUZJOYJie

例えば、ですね。

読者になんかおもねらない。受けなんか狙わない。
書きたいことを書きぬく、ってのは、読者に対して最低限払うべき敬意のひとつだと思うな。

2年前 No.1411

ぐっちい @gecogeco☆CbO7L0K.rMzj ★Android=5v7wPlYpWu

皆さん
返信ありがとうございます。

今日は晩酌していますので簡単に。

誰の為か?とだけ問うているのです。

書くのか、読むのか、はたまたどちらもせず全くの第三者の立場なのか…etcは書かれていないのです。

そこをどうお考えになるかは?皆さんにお任せします。
そこには この答え、返信は間違えだ なんて言うのは存在しないと私は思うのです。(私の中の感覚と違う感性があって楽しんでいますが)
もう少し色んな方のお話しが聞きたいと思います。

2年前 No.1412

ぐっちい @gecogeco☆CbO7L0K.rMzj ★Android=5v7wPlYpWu

すみません。
酔った勢いでひとつ。

質問者の意図(真意)を確認したくなるのは人のサガなんだと思うけど。
詩板の方の癖なのかな?
答え合わせ的に真意を確かめる感じがするのって。
あんまり裏のウラ覗こうとしないで答えて頂けたらなぁーと思います。m(__)m

2年前 No.1413

るるりら ★Android=7dpVyEtP9M

避猫さんのご意見は、過去の自分立ったから、未来への詩の話をしたのだけど、

書き手としてではなく、読者としてなら 一遍一遍の詩のたびに、whoを、かぎとろうとするとおもいます。

ただ、詩は who宛でも無いことがあります。ここの勉強会で『だれのものでもない薔薇』という作品だって、やりましたもの。

人間に向けてのみ、人が思いを馳せるとは、限らないです。動物や無機物のためにだって人は、詩を書きます。

2年前 No.1414

るるりら ★Android=7dpVyEtP9M

ねえ、みなさん?

酔っぱらいは、相手に
しないことが、一番ですよね。

2年前 No.1415

くら @goburin ★iPhone=xMtA2CYZuX

誰の為のもの……?描く動機じゃなくて描き上がった詩が誰のものになるかということでいえば、それは読み手のものだと思いますが、描く動機は多様すぎて一つにはなりません。ですが、描き上がった詩を私が描き手であり読み手でもある人間として読んだときには、えせ職人根性と自己陶酔で大変なことになりますね。しかし、(真摯なのか必要性なのか)で描いた詩が私から出てきたものである以上、それは私のための詩であることを免れないですね。考えれば考えるほど答えることが溢れ出てきそうです。

2年前 No.1416

瑪鴉 @nightbird ★Android=RJFRGU5Hqm

まあ、詩を綴る事を止めた私が言うのも何かと思いますが、少しばかり覗いたので、話の流れ的に記しておこうかなと思います。

私はサイトの方々ではなく、友人や知人に認めてもらいたいから詩を綴っていたのだと気付きました。その詩をサイトに投稿していただけです。

私は勘違いしていました。私の詩が優れている訳がないのだと。ただ、言葉を飾って美しくみせているだけのものだと。

詩とは如何に言葉を巧くみせるかという方もいるかもしれません。私は、あたかも出来ているかのようにみせていたのです。

誇りという鎧を身にまとった人間が綴っていた詩です。そんな気持ちでは詩を綴れないと思ったので、詩を綴る事を止めました。

純粋に詩を楽しんでいた初心の気持ちに戻れたら、詩を綴る事を、また一から始めるかもしれません。それまでは詩から離れます。

これが私の本心です。

2年前 No.1417

ねことバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

自分のためであれ、他人のためであれ、友達のためであれ、物のためであれ、「誰か」のために書いてるんではないかい。

2年前 No.1418

黒髪 @kurokami00☆goIK5PGZO9Y ★rqS6psGcx6_her

小学校のころは、結果はどうでもいいから、努力することに意味があるという教育を洗脳された。
班ごとに努力目標を決めて、それが一番達成できなかった班は、ダメボロ班とよびましょう、ということだった。
会社の営業目標をモデルにしたりしていたのかな?

あれからずいぶん経つけど、「努力」という言葉に、またはそれにあたる考え方に、反発を覚えざるを得ない。
「努力」が人を救うこともあるが、人を殺すこともあるということを、たぶん知っているし、知っていたんだろう。

自分が何のために何かをするか、ということを、全て自分の努力のため、と言い換えることで、何かを救ったような気持ちになっていたのかな、あの先生は。
努力できない僕がいる。いた。でも、今もかわらず、ただ脳裏に浮かぶ、努力に関する連想を必死に認めない僕しかいない。自分のために努力するということの、
下賤さを僕は知ったのではないか?人のために努力することが、本当にしたかったことではないか?あの先生は大した人間ではないかもしれないが、
せめて人の気持ちを考えてほしかった。人にやらせて意味を見るのではなくて。自分は大切にしない、人とは争う、では、いったい何の意味が残るのか。
自分の向上、自分の達成、そんなところか。努力の意味を考えることもなかった僕。裏で糸を引いている人間がいるということを知らないのか?
黒幕の正体を突き止めるくらいの賢明さはないのか?

「愚か者は
 愚か者は
 愚か者は
 人を愛するな」(「青い花」中島らも詩集より)

これは、人を身勝手に愛するなということだと思っている。人を愛するというなら、そうするだけの対象と、権利を、自分が作っているかどうかということを、
考えなければならない。一目ぼれにだって理由がある。嘘の愛を誓うような唇は、しおれてなくなってしまえ。

だから、青春とか、今一時といったことは、後々への見通しが違って来たら、成り立たないものなのだと思う。
憧れはいいだろう。夢もいいだろう。だが、その瞬間性は、それ自体にしか意味を持たない。つまり、対立し、共有されない。
それでもやるということを知っていないと、途中で終わり、若いなら若気の至りと隠すことになってしまう。

理論と実際の間で悩むことは多いが、集団ヒステリーはもう十分だ。ヒステリックに愛するなら、不幸を目的として愛するようなものではないか。

食べたいものがないから餓死することを選ぶ。(カフカ『断食芸人』)

こういった心性がどこから来たのか、誰でも知ることになるのに。先生が自分が正しいことに意味を持たせたいのなら、
人間に意味を与えられるだけの思索を深めるべきだ。何も知らずに正しさを主張することに従うには、非常に苦労することになる。
「努力したくないから努力しないんだ」こう言う人間が、努力するように納得させられるというのか。

誇りも自信も、愛も道理も、全て失くしてしまった。それができる事のようだ、ということを教えられた気がする。そのように、生きることには意味がないにしても、
間違いを教えないということくらいは、良心なのだと知っていないといけないと思う。
論理の行けるところには、誰かが行くことになるだろう。それが可能である、というだけの理由によって。あらゆる山が踏破されるように、全ての論理は物事を
完全に構成する。それを知ることが、悲しく咲いた青い花に、目を向けて愛することだ、と自分で想う以外には、自分の気持ちの説明が出来ない。

不幸世界の住人として、自分の周りの雰囲気を記述するだけでこんな感じになった。誰にも知られない青い花。

僕は、ほんとうに人を許したことがない。そんな経験を持ってはいない。ほんとうはそうしたかったし、そうしなければならなかったというのに。

「雑草がひとつ生えて
 咲かせるだろう
 青い花
 青い花
 青い花
 秋の深い空のように
 青い花
 青い花
 青い花
 青い花」(「青い花」中島らも)

考えることをたてつくことだと、目を吊り上げる先生の声が、聞こえてくるようだ。そんな風にして生きた自分の、頭がまともでないことを、
自分で許すしか、ほかに方法はないのだろう……。ふっと吹けば埃が宙に舞って飛んでいく……。
だれかのためではなく、自分のために。これは動かしがたいことであると、否定できないことだと、思う。
誰かのためにすることが愛で、自分のためにすることが誇り。簡単だな、つまらないこと、よくあること……。

2年前 No.1419

黒髪 @kurokami00☆goIK5PGZO9Y ★rqS6psGcx6_her

2以上の数を数えられない。勘で当てようとする。意見も持てない。結局黙っている。早くよくなれ。帰り居眠り運転で、昨日危険だった。ぼややん。

2年前 No.1420

澤あづさ☆odYS5WitSpQ ★AsFHwFtSUb_cPe

プロ詩でいすちゃんが、「男性詩人が用いる【少女】という記号」の事例として、リルケの『Von den Maedchen T』に言及している。あたしも以前AVEのヒヒョーで、リルケのそれをまさにその趣旨のために引用したんだが。今回まるで思い出さなかったな。

これはいかん。自分の書いたことくらい覚えとかんと。

***

▼続・はかいしさん『語る死す』
http://mb2.jp/_prs/6901.html-0#a

この詩はぜひソンタグのいう様式(スタイル)を絶賛したいと思ってたが、なにを重視したってやっぱりはかいしさんの詩だから、結局バルトを免れやしないというところまでヒヒョーを構築した。バルトの陥穽(真の問題はそんなとこに陥る者の現国偏差値だと思うが、)については、はかいしさん本人の記事『誤読をどう受け止めるか(作者の死の憂鬱の中で)』を紹介するとする。

が、やはりどうも、この完璧なスタイルを適切に説明したという確信を持てない。スタイルの完璧さのゆえこの詩に「わからないところなどいっこもあり得ない」ということ、ことさら鮮烈な下記引用部分の寓喩について。あたしの感動を、理解されるように説明できているのか、はなはだ不安だ。

●引用────────────
映画が始まる。皿、皿、皿、と並べられる。続けて添えられる、サラダ、サラダ、サラダ。格闘家が手刀でかち割り、破片ごと喉に流し込む。格闘家の首は皿の破片で膨れ上がり、血を飛ばしながら炸裂する。「桜だ。桜」君は言う。飛び散った皿に血糊がついて、レタスとアボカドの混ざった濃い緑で、君は死体の首に接吻しながら、「私のほうが、ずっと美しく啜れる」。いつの間にやら花開く、君は。

(……見れば、いつの間にやら「桜だ。桜」という一文を挿入している。僕が呼びたかっただけだ。冷たくなっていただけだ。あの惨禍を、華と、花と、鼻と、……味わいたかった。そしてハイエナは肉を漁る。)
────────引用ここまで●

こんなのもうあたしが書きたい。が無理だからはかいしさんに期待するしかない。それくらい過剰な偏愛をもって、あたしのヒヒョーは書かれるんである。ひとまずワイルドと梶井について、論文の一本や二本読んどくか。

***

しかし、なんつうかこう、論文読むとね。みんな似たようなこと言ってんなー、ワイルドもデリダも大差ないなーって思っちゃうのよね。自分の所知障集約癖がそういう印象を形成してるだけで、まったく的はずれな曲解である蓋然性のほうが、はるかに高いのは言うまでもない。

「煩悩障」は語弊がありそうだから「我執」のほうがいいと思う。
「法執」も語弊がありそうだから「所知障」のほうがいいと思う。
「我執と所知障」字づらの釣り合いが取れない。それはそれで語弊なのかなー。

とかいう煩悶が修辞だ。主張はおよそ修辞で成立してる気がする。そしてバルトの陥穽だ。

***

先日はかいしさんに「あなたの『ハンドジャンプ』は、某所で優良だったが、あたしなら優良までは与えない。」といった話をした。理由は、「場面の想像」というド基本を大変楽しんでたあたしの喜びに、ネタバレで水を差された気がした、というものだ。

しかし考え直したら、そんな理由で『ハンドジャンプ』の評価を減点するのはおかしい。あの文脈においてあの明示が瑕疵となるか否かも意見が割れるだろう。そしてそれが瑕疵であろうがあるまいが────むしろ、瑕疵があろうがあるまいが────話がおもしろいことは変わらない。美点への評価から「推測にすぎない瑕疵」を減点するような審査は、非現実的だ。「瑕疵があろうがあるまいが、話はおもしろい。」という事実に即していない。

批評は「真贋の見定め」なりと、ある批評で読んだ。そう人様の良否とか善悪とかを判断する前に、自分の判断の「真贋」を疑わんと。その程度もできない人間に、批評やる資格があるわけねーだろってこったね。もちろんここでいう「批評」は、知性ある社会人を訴求対象とする、一般的な批評を指す。

2年前 No.1421

僻猫 @migraine ★iPhone=ioS36K14w6

>>1409 >>1414
るるりらさん、読んでくれてありがとう。
僕ももう少し長く書こうと思ったけれど、一行で済ませて良かったです。
>『未来への指差し』
「どれが未来なのか」というのが指を差そうとする時には問題だと思いました。

ありがとうございました。

m(_ _)m

2年前 No.1422

るるりら ★Android=7dpVyEtP9M

避猫さん ありがとうございます。

指差しって、勇気かもしれないなあ。と、たったいま おもいました。というのは、
前を向こうとしたとたんに
実は、辛くなっていました。

でも、おかげで

前を向いてみます。

2年前 No.1423

しぇりー @usahana10 ★SADiw0BcDe_M0e

>>1421  あづにゃんへ

ぬわ〜んと!
あたしなんぞは今や、リルケの『Von den Madchen』には
もれなくアノ真珠貝の画像がついてくるのに(笑。

はかいしさんの『語る死す』、教えてくれてありがとう!
バランスがよくって、とても楽しめたお(^^

2年前 No.1424

澤あづさ☆odYS5WitSpQ ★AsFHwFtSUb_cPe

>>1424 いすちゃへ。

覚えててくれたのね。゚+.(・∀・)゚+.゚
あの真珠貝は、われながら相当クリティカルだったと思う、
(まあ、いすちゃんのレス読むまで忘れてたんだが、)

その真珠貝が、ミイカさんのほうから降ってきた後光だったせいなのか。
そうだなーリルケは男性だったなーって。いすちゃんのレスを読んで思い出したっつうか、なんか開眼したのよ。

※それというのも既存の文人は(男性優位社会のゆえ当然)ほとんど男性だから、詩人が男性であることって、あんまり気に留まらないのよね。あたしの場合ね。特にリルケは、中也に「あやつには血がないのだ。」言われたほどアポロン的なせいなのか、男という魅力を感じたことないんだよな。象徴的にアポロンったら男性性の塊のはずだが、あたしのなかで「男性的な詩」とはなんなんだろう、と急に考えはじめた。そういう気づき大事。

***

カニエ・ナハさんの詩に関しては、むしろ藤一紀さんの折口学徒ぶりが印象に残っている。
あの文脈で折口なんて、そう思いつかないよ、そのうえあの貴重な提供資料。当時Amazonで三万円だったんだぜあの底本、(※きりがないので感動は割愛する。)

***

『語る死す』は、(いい詩ですよあれは、) >>1421 に引用した皿とサラダと桜のとこを、「ワイルド『サロメ』のパロディが、梶井『櫻の樹の下には』のせいで台無しになりました。」という具合にどう装飾しよっかなー♪と浮き足立ってるものの、ブログを書けない(ちなみに読めすらしない)状況だ。

_| ̄|○ il||li

2年前 No.1425

しぇりー @usahana10 ★SADiw0BcDe_M0e

るるりらさん、創作カテに戻っておいでよ

ご無沙汰のしぇりーが言うのも何なんだけど・・
すごいよね、詩人板でも、るるりらさんは
勉強会がんばって進行させて、ちゃんと結果のこしてるんだもの

今回は突っ走っちゃったのかなかな
流れ追えてないので、ボヤキタ







>>1425  あづにゃんへ

ぐひょ〜!3万円(。◇ °)

あの折口学への展開はほんとエキサイティングだったお。
5年前にコラボした時に、彼女、「瘡蓋」という言葉をつかってて
文脈からというわけではない、日本の神話の時間間隔が照らし出されてる詩だなと感じたの。
そっかぁ、折口学で読んだら面白いだろうな、あの詩も。

彼女の詩をそっちから評してる人は、他にいる?

2年前 No.1426

しぇりー @usahana10 ★SADiw0BcDe_M0e

あづにゃん、DM送ったお。

2年前 No.1427

澤あづさ☆odYS5WitSpQ ★AsFHwFtSUb_cPe

▼いすちゃんへ。

仔細はDした通り。続きもDでやろう。
ああ。泣きたい。もう泣いてしまいたい。われながらきもっっっ。


▼ご覧でしたら、るるりらさんへ。

>>1426 のいすちゃんと同意見です。

2年前 No.1428

るるりら @tokoro10☆lvBAXJMdEOfl ★VNKHgCHA6l_mgE

澤あづささんと しぇりーさんへ

おひさしぶりです。わたしの尊敬する美女に声をかけていただいて
お礼もできないようでは なさけなさすぎるので、
率直に お礼を言いに来ました。「どうもありがとうございます。 」

せっかくの言葉かけをしていただいたので 前言を訂正して
では ROMさせていだたいています。と、いうことで よろしくです。

2年前 No.1429

パンドラ ★XdJhQVrGI7_ZdE

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2年前 No.1430

平沢マリネ @ngtuju ★PJ6AJBRnPW_G6E

親愛なるアレな箱さん


あー、なるほど。了解しました。
もちろん渦中にも「自分の役が今回は違う」と感じていましたが、そういう事か……、なるほどなるほど。
ありがとうございます。

皆さんの暴言とか削除しながら、遡って検討しますよ。

自分の役割が違うと分かっているからこそチョット毒っぽい言い方してみたりとか弾けて(笑)みたんですが、慣れない事はするもんじゃないですね☆テヘッ


そうだなぁ……、彼は人の心の動きを見れる人間であり、心理的戦略に長けているのが良くわかります。
言葉の端に、見える見える。私からのプレゼントもスルッとかわしたから結構すごい。

澤さんに「こういう時はもっと感情からめてゴネなくちゃ」とアドバイスした時なんかも。
ビックリしました。心理戦略的には完全回答。
ただ、
澤さんは
感情からめると暴言吐きまくるから理に徹しているのに、アドバイス真に受けたらココまで成長してきた努力がパアだなと思った(苦笑。

具合悪くなってきたのでまたもう一回くらいレスします。

2年前 No.1431

平沢マリネ @ngtuju ★PJ6AJBRnPW_G6E

続きです。


悪魔召喚ですか?
  ウソですよ、そんなの。現代日本であるわけないじゃないですかー(棒読み。

未来予知ですか?
  ウソですよ、そんなの。書きこんでいる人間達の情報を集積すればある程度予想つくじゃないですかー(棒読み。

20日ですか?
  ありませんよ、そんなの。他のサイトさんじゃないですか? ここは当分、静かの海です。これは確定事項です(ニッコリ。

***

以下だらだらぼやん。

「私」への印象は、別にどう変化しても構いません。

私を悪く思いたい人間により強く「悪だ」と書かれたものを信用して、
今まで私が良くしてあげた諸々を忘れたとしても、それは
しょうがない。

人って、
良くしてもらった事より悪くされた事の方が記憶に残りますしね。
そして
悪い事を「した」記憶より、悪い事を「された」記憶のほうが残る……。


私はそうはなりたくないので、たまに昔のログを読み返したりします。
自分が良い事をしたのか悪いことをしたのか、今でも判断つきかねる事案は多いです。
でも、私の迷いに寄り添える人はいません。誰も私を人間にはしてくれない(中二病っぽいな!

***

管理人という存在が形骸化し、何を書いても何をやっても放置するサイト/SNSが多すぎる。

許可ではない。
放置。

私は散々、皆様に、メビウスでは他のサイトでの愚痴とか悪口とか書かないで、と言ってきました。
そんなのは、インターネット黎明期を経験した人間であれば誰でも一度は見聞きした「ネチケット」と同じことを言っているだけです。

メビウス内ではそれを守ってきた人たちが、
他のサイトでメビウスの愚痴とか私の悪口とか書いているのを見かけると、胸が苦しくなります。

***


ここも自分本位な発言ばかりになって、誰も削除依頼せず、ああいう場所と同じになるのかと思うと本当に去り難いが
4月からは基本放置の予定です。

2年前 No.1432

ぐっちい @gecogeco☆CbO7L0K.rMzj ★Android=5v7wPlYpWu

>>1432

お疲れさまです。


>未来予知ですか?

>ウソですよ、そんなの。書きこんでいる人間達の情報を集積すればある程度予想つくじゃないですかー(棒読み。


だとしても、メビの事だからとここで言われてしまうのは私は面白くないなぁ。わざと言ってるのかも知れないけどさ。

>私は散々、皆様に、メビウスでは他のサイトでの愚痴とか悪口とか書かないで、と言ってきました。

>そんなのは、インターネット黎明期を経験した人間であれば誰でも一度は見聞きした「ネチケット」と同じことを言っているだけです。


でもさ、愚痴と悪口と批判てパッと見一緒じゃん。
(こういう事書くとまた批判されそうだけど、苦笑)
ちゃんと読めば批判は分かるけどさ、そこに愚痴や悪口的な要素の排除て難しくない?してるつもりなくても第三者から見たら違って見える訳でそ?

誰だって愚痴は言いたいでしょう。言うな。とは言わないけども。
せめて全閲覧型のサイトは利用しないで欲しいかな。
後はメビでのハンネとかサイトが分かるような書き方とかも。
メンバー限定の場所とかお互いのメールでなり、場所は選んで欲しいかなーとは思う。

2年前 No.1433

蛾兆 ★SOFTBANK=1EUZJOYJie

>>1432 平沢マリネ さん

>私は散々、皆様に、メビウスでは他のサイトでの愚痴とか悪口とか書かないで、と言ってきました。

>そんなのは、インターネット黎明期を経験した人間であれば誰でも一度は見聞きした「ネチケット」と同じことを言っているだけです。


僕はこれ、とても賛成ですね。非常に優れた方針だと思いますし、他サイトの管理者さんもこの考えを採用して欲しいです。
平沢さんはネチケットの観点からそう書いてますけど、僕は武士道の観点から、そう思うな。

詩は真剣勝負ですよ。
真剣なんだから、その場限り。その場限りが理解できないひとは、士道不覚悟。
真剣での勝負なんだから、負けたときは、自分の首と胴は離れてると思わないとね。

あと僕は戦国の武士なので、もとより相手が誰でも、斬るときは斬る覚悟なのです。
でもだからこそ、エチケットは大事。本来の戦場(詩作と批評)以外では、刀は抜きたくないものです。抜けば名を落とすばかりだし。

2年前 No.1434

山人 @ookumo13 ★bDJoqEzcCB_KxC

レトリックの技術がすぐれている詩が評価される傾向にあるが、それは正解でもあると思うし、違うかもしれないと思ったりする。
私個人的には、暗喩の技術がないタイプで直喩が多い。というよりも、直喩しかないと言ってもイイ。
いわゆる、詩の「読み」を面白いとか面白くなかったとかで評価されるのが最近の現代詩かと思う。
ただ、暗喩であっても古いタイプとか、手垢に塗れているパターンなどもあり、一概にすべてのメタファーが一番偉いというものでもないと思う。

一つの事をつたえるために、直接言わず、たとえば私たちの会話の中でも「暗に」言うという行為を通常位誰もがしているわけだが、これは、その会話そのものを濃く保とうという魂胆で行われることが多い。それにより、人間同士の結びつきを潤すという目的でもあろう。

私事ではあるが、そういうメタファーバリバリの作品を見るといささか疲れてしまう。脳味噌がぴちぴち潤っている読み手にとっては、それは挑戦状にように思え、よし、読み解いてやろうじゃないか!とハッスルするのだろうか。
他サイト名を出して恐縮だが、私には現代詩フォーラムやこちらのサイトがあっていると続く思う。
書きたいものを書いて投稿すればいいし、完成度としての評価よりも、フェイスブックのような、イイねクリックで共感を得ることが出来るからだ。

私は最近詩を書くことに疲れているというか、マンネリ化しているし、使い古された語彙に塗れ、書こうと思えばネガティブなものばかりで嫌になるし、まさに八方塞がりではある。その打開策として、最近、紙媒体への投稿を改めて考え始め、いままでSNSに全く書いていない新ネタを書き始めている。
その締め切りが、今月いっぱいだからあまり猶予はない。ざっと下書きはあるものの、どう見ても20万円の最優秀賞をもらえる代物ではないと判断している。

1年前 No.1435

僻猫 @migraine ★Android=ZZ8Kg1RYlu

蛾兆さんという方に少しだけ謝りたい事が有った気がする。
結局、僕は「真剣」とか言う方が心の底"から"気に食わないのだと思う。
少なくとも、心の底"では"気に食わないのだと思う。
だからそれをやっつけるために僕の真剣を壊そうとしていた。
僕自身の真剣を僕の手で壊す、これを詩作しようとするのも真剣なのかな。

何かをイッショウケンメイ伝えようとしていた。
けれど伝わるものは気にしなくても伝わるし
伝わらないものは伝わらない。
これを壊そうとしたり、詩作しようとしていた。
伝わるものが伝わらないように
伝わらないものが伝わるように

こういうドリョクをレトリックだとか言うのかな。
そしたらそりゃあ真剣のぶつかり合いになるんだろうな。
そこに「つたえたい」があったとしても
そんな事は問題じゃない。
「つたえたくない」があったとしても
あってもいいしなくてもいい。

問題は伝わるか伝わらないか。
しかも
伝わるはずのものがしっかり伝わらないか。
伝わらないはずのものがしっかり伝わるか。

言葉の強度?確かさ?を確かめるのには良い方法だと思うのだけど。
日本語でもなんでもいい。
伝えたくも伝えたくなくもない。
伝えたかったり伝えたくなかったりしてもいい。
それでも書くのは、伝わるか伝わらないかを確かめるため。

いいねでもわるいねでもいい。
反現代詩さんという方が以前いらっしゃって、
わけのわからない羅列をプロ詩へ書いていたけれど、
それが、伝えたいか伝えたくないかだったらどうでもいいはず。
伝わるか伝わらないかだったら、もっと返信があってもおかしくなかった。

「返信」というシステムはだから必要だと考える。

1年前 No.1436

僻猫 @migraine ★Android=5tgMvgy0u5

1年経ってみて考えてもやっぱり「真剣」が理解出来ない。
謝っていた事さえ忘れていたけれど、謝っても仕方無かったと今は思える。
でも気持ちは伝えたくて、これは真剣ではない。本当でもない。
これは気持ちを信じられないとかの問題ではない。
伝わる気がしないとかでもない。
【伝えたいだけで、伝わらなくても良い】という話である。
私にとって「詩」はそういうものなのであって、
伝えたいだけでなく伝わらなければ意味を成さない言葉など「詩」とは考えられない。
こういった考え方を私は真剣だとは決して考えられない。
だから、真剣な詩などというものも到底考えられない。


「真剣な気持ち」についてはどうだろう。
私は「真剣な言葉」などアリエナイと考えるが、
「真剣な気持ち」はありうるのだろうか。
これは誰の気持ちであろうか。
慮り得る気持ちとはキモチなのか。
それは言葉では無いのか。

伝えたい気持ちと呼べるものは瞬く間に言葉へ変換されてしまう。
「ああ!これを届けたい!この気持ちを!」←これは既に言葉である。
真剣な気持ちなどという言葉を信じない。
何故ならそれは既に言葉に過ぎないからだ。
これは言葉を侮辱したり大切にしていない訳では無い。
言葉は信仰から自由であるべきだ。
私の信仰によって縛り付けられるべきでは無い。
自由な言葉に信仰は要らない。
だから言葉を信じない。

気持ちは信じるべきだろうか。
真剣な気持ち」←これを信じるのとは違う、これは既に言葉だ。
気持ち」←これは言葉だろうか。

それは言葉になる前のもの。
言葉の素」←これは決して詩でもなんでもない。
音」←これは詩かも知れないがそうは普通は呼ばない、音は音と呼ぶ、すなわち言葉だ。
つまり「音の素」←これはキモチなのか?

真剣な音の素、真剣な音なんてあるのか?

私には到底そうは思えない。

やっぱり「真剣」は理解できない。

2ヶ月前 No.1437

ユレ)コ ★Android=xShzYkTCsX

このスレまだあったことにわろた

1ヶ月前 No.1438
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる