Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(56) >>

【ALL】End of Souls【冒険/バトロワ】

 ( なりきり設定・相談・募集 )
- アクセス(1056) - いいね!(4)

絶望を焚べよ @wakame3☆FYUOhnBVGmk ★2RykzmoSz4_iR4



 ――  人の時代が終わる時、すべての地は最果てに吹き溜まる。
   王の国も、乞食の地も、変わりなく ――



 その日、人々は天に黒い環を見出した。
 暗く翳る、無明の黒い穴。
 そこからすべてのデーモンは湧き出
 そこからすべての悲劇は始まった。

 かつて繁栄を誇った王国ポーレタリアは、一夜にして終末の道を辿った。
 黒い環を見出した王国は、まず濃霧に包まれ外界から遮断された。
 次にデーモンたちが出現し、虫食いのように領地を霧で侵食していった。
 世界の外側から来たデーモンたちは、遍く国に霧を撒く。霧は世界を歪ませて、己の世界に塗り替えていく。
 白亜の塔が立ち並ぶ、遥か時空のかなたの都市。
 見も知らぬ歴史をたどった太古の遺跡。
 人々から忘れ去られた、うろ底の谷。
 あらゆる世界がそこへ流れ着き、王国を蝕んでいく。
 やがて荒廃したポーレタリアは、数多の霧に蝕まれた混沌の亡国となり果てた。

 人々は願った。神に祈るように、この世界が救われることを。
 人々は願った。己一人でも生き残りたいと。
 或いはそれは、別の形で叶うこととなる。

 濃霧の影響か、或いは天に浮かぶ黒い環の影響か。異なる世界を受け入れたポーレタリアは、いつしか異なる世界との交信を可能としていた。
 神殿の要人たちは、長い時間と技術の研鑽、そして数多の犠牲を基に『異なる世界で死したものの魂』をこちら側に呼び出すことに成功する。
 楔の神殿に繋ぎ止め、この世界の守護者として呼び出すことで、諸悪の根源たるデーモンと、その元となる黒い環を祓わせようというのだ。

 神殿に舞い降りた霊たちに、要人は告げる。

『流れ着いた者よ。かつて世を救いしものの魂よ。
 デモンズソウルを求めよ。どうかこの世を救い給え。
 さすれば、汝らに一度きりの復活の機を授けよう』

 それは或いは、等価交換の一つでもあった。異なる世界で死した魂を、復活の機を与える代わりに世界を救わせる。
 己が生を勝ち取るための、最も過酷な戦いが課せられたのだ。
 望もうと、望むまいと。この世に呼び出された者たちは、その使命を背負うこととなる。
 此処に死者たちの、流れ着いた異空をめぐる巡礼の旅が始まろうとしていた。

 ――ああ、だが旅人たちはやがて知るだろう。
   『絶望を焚べよ』。その神託が意味することを。




 ―― 世界とは悲劇なのか。今、魂が試されようとしている ――




【クリックありがとうございます、当スレは募集スレです。興味がおありでしたらば、まずは一読くださると幸いです】
【募集開始の合図が出るまでレス投稿はお控えください】

ページ: 1 2


 
 
↑前のページ (6件) | 最新ページ

農業王 @aries ★DQNK0CuQfY_iR4

【一般参加者】

「きっと私たちは、また立ち上がれるはずです!」
「畑を耕すっていう『日常』を大事にしたいの」

名前:白鳥歌野
読み:しらとりうたの
年齢:13
性別:女
容姿:身長は158cm(測ったのが前の為、これより少し伸びてるらしい)。戦闘時は金糸梅の髪飾りに、黄と白を基調とした装束を着用。
   普段は茶のジャージに農業王とでかでかとプリントされたTシャツを着ているが、基本は勇者服。
性格:陽気であり自信家。気が強く、何事にも物怖じをせず、リーダーシップに適した性格。
   ただしその影響か、自分の譲れないものはとことん譲らない頑固な一面も。
作品:白鳥歌野は勇者である
誓約:同盟者
初期レベル:3
備考:
 西暦の時代に、諏訪湖周辺を守護していた、ただ一人の勇者。
 一人称は「私」。二人称は「あなた」。親しければちゃん・さん、呼び捨て等。
 英語交じりでの言動が目立つが、若葉との勇者通信では「勇者の公式な仕事だから」「電話とか手紙だと何となくそうなる」という理由で敬語を使用する。
 農業が大好きで、野菜を作ることに幸せを感じており、諏訪の巫女である水都にも農業を共にやらないかと誘っていた。

 将来の夢は農業王になること。具体的に言えば沢山の人に自分の作った野菜を食べて欲しいとのこと。ただし農業王の上には農業大王、更にその上には農業神がいるらしく、行きつく先がどうなっているのかは水都にも想像がつかない。農業道は奥深くエンドレス。
 元々は畑作業を手伝う程度でそこまで農業に熱心ではなかったが、バーテックス襲来をきっかけに諏訪の食糧事情が悪化した事で農業を本格的に始める事を思いついた。故に食べ物は希望と称する。
 逆に言うならば食べられない物を育てるということは興味が無いようで、ラベンダー畑の話が出た時には、それまでの興味津々な表情から「食べられないじゃない!」と一蹴してしまった。

 また上述の通り譲らないことがしばしばあり、花結いの煌きでは、年末に年越しうどんを食べる四国の勇者相手に終始蕎麦を主張し続け、農業王Tシャツに呆れた雪花がコーディネートしようとした際も、農作業があるからと頑なに断っていた。
 ただしそれは自分の中に確固たる優先順位が存在するからであり、農作業を終えたらコーディネートの順であれば全く問題が無かった。
 農業と同様に蕎麦への愛着も凄まじく、蕎麦の話は先ずソバの実から、食べさせるにしてもソバの実から、極めつけにうどん玉から信州蕎麦を創り出すという錬金術染みた芸当も披露する。なお水都がうどんを作ると蕎麦派から寝返ったとショックを受ける。
 自分の戦ってきた環境からか、精神面も凄まじくタフであり、ほんとは諏訪での戦いに毎日怯えていると指摘された際も、認めた上でそれをどうするかが大事だと平然と言い切り、精神介入を受けた勇者の中でも経過時間最速で抜け出した。

 モチーフとなる花は「金糸梅」。戦闘時の武器は、諏訪大社の祭神である建御名方神の持っていた、藤蔓と同じ力を有する鞭を使用する。
 歌野の勇者システムは一言で表せばアナログで、勇者アプリの端末は存在せず、諏訪大社に祀られている勇者装束を手動で直接着替えて変身する。その勇者装束も土地神の加護があるとはいえ攻撃・防御の両面において脆弱で、仲間や精霊のサポートも一切ない。
 しかしながら、その状態で3年間、バーテックスの大群から諏訪の住人を守り続け、最期の戦いに至るまで1人の犠牲者も出さなかった。
 また、花結いの煌きではその面が解消されており、勇者システムの端末による変身を可能とした。そしてそれに伴い精霊の覚を連れている。
 なお、自分達諏訪の勢力が、四国の勇者達が戦う準備を整えるまでの時間稼ぎの囮にすぎないことは薄々察していた模様。、
 しかし最後の最期まで勇者として人々を安心させようと、諏訪でのいつも通りの日常を貫き、傷を負いながらも、若葉との最後の定時通信を終えた上で最期の戦いに赴いていった。

 スレ内では花結いの煌き同様、勇者システムの端末を使用しての変身、身体能力の向上もこれに準拠する。

ソウル:農業王のソウル
 断じてふざけてはいない歌野のソウル。
 金糸梅の花言葉は「悲しみをとめる」「太陽の輝き」。
 彼女はその言葉に相応しく、過酷な運命を背負いつつも、閉じた理不尽な世界でお役目を全うした。
 勇気のバトンの最初の1本であり、文字通り、後に続く勇者の物語の土壌を作り上げた魂とも言える。

OS技
【パイナポーボム】
OSレベル:3
 彼女が本来存在した時空と異なる世界で披露した必殺技。
 「肥料になるのが、貴方たちのデステニ―!」と叫びながら鞭を振るい、命中時パイナップルのエフェクトが現れるある意味彼女らしい技。
 どのような理屈でダメージが上昇しているのかは不明ではあるが、初期から一撃に16倍は乗る辺り、確実に強くはなっている。
 また攻撃範囲が、自分を中心に円状に広く伸びている為、長い間一対多を強いられてきた彼女の特性ともとれる。

【畑を捧げry人間性を捧げよ。ということでうたのん事歌野ちゃんでの参加をしたく……審査の程お願い致します。
 そしてNPC枠で同作品の藤森水都を、神殿での会話キャラとして参加希望です。】

2ヶ月前 No.7

参加希望者☆4H2CCC.TU8ct ★Android=bH29VCQuKA

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2ヶ月前 No.8

シュピーネさん @aroundight☆SdjaOljKHtOm ★msJh1WzJ3A_8gk

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2ヶ月前 No.9

スレ主 @wakame3☆FYUOhnBVGmk ★2RykzmoSz4_iR4

【特にプロフに問題ありません、参加許可します。NPCキャラの審査もオッケーです。
 開始までしばしお待ちください】
>農業王様

【これは元ネタのゲーム的にスゴそうな能力持ちが……(
 「自在天眼・六韜看破」については、許可制で合意を得られた上でならば、相手の位置を強制変更しても問題ありません。過密回避にも使えそうですしね。
 敢えて制限を付けるなら、OSレベル以上の敵には通用しないとか、そういった制限をかけてくださると。
 他には特に問題ありませんので、開始までごゆるりとお待ちください】
>参加希望者様


【質問への回答ですが、『デーモンごとに個別のロケーションを新しく作成して、大ロケーション上に配置してください』という意味でそう記述しました。そのため、在るシーンを再現したい場合はその時代のその舞台を持ってきていただいても問題ありませんし、元ネタの再現のためにステージギミックが必要な場合はそういったロケーションを作ってしまって問題ありません。
 純粋なレベル差のみならず、こういった地の利もデーモンを脅威たらしめる原因というわけです】
【三キャラについて特に問題はありません。開始まで今しばらくお待ちください】
>シュピーネ様

【一先ず本編開始はだいたい4/30から5/1辺りを予定しています。ついては、本編のサブ記事の場をなりきり練習兼本編の展開の相談場にすることにしました。いわゆるなりきりチャットのようなものです。
 開始までの間、こちらでなりきりの練習などに利用していただけると幸いです。またシステム上色々と立ち回りに困ることもあると思いますので、そういったときに参加者様同士での相談の場としても利用してもらいたいです】
>ALL

2ヶ月前 No.10

参加希望者☆4H2CCC.TU8ct ★Android=bH29VCQuKA

>スレ主様
【了解しました!では主さんが提示してくださったように、OSレベル以上の敵には効果を発揮できないという制限で参加させていただこうと思います。ご回答と許可ありがとうございました】

2ヶ月前 No.11

謎の生物 @vtyjf ★4gCE4td3c0_iR4

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2ヶ月前 No.12

参加希望 @mistnack ★4m7sbU3c8n_ACu

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2ヶ月前 No.13

アルゴル @evil☆wlNTvj.bQ62 ★Android=c1E0DIQTEq

「王の戦いを教えてやる」

名前:アルゴル
読み:
性別:男
容姿:白髪の長髪をオールバックにしており顔の左肩に大きな傷痕がある。身長はかなり高く逞しい体つき。服装は軽装の鎧にマントを羽織る。
性格:厳格かつ冷徹。また、強者と戦い倒すことを生き甲斐としている。
作品:ソウルキャリバーW
誓約:旅人
初期レベル:3
備考:
作中の物語が始まる前の時代、『邪剣』ソウルエッジを使いこなして乱世を平定した英雄王。
しかしその偉大さに嫉妬した彼の息子がソウルエッジを扱おうとするも、ソウルエッジに支配され、アルゴルはソウルエッジを破壊するも同時に息子の命まで奪ってしまい、ソウルエッジもまた行方をくらます。
そして彼はソウルエッジに対抗しうる霊剣『ソウルキャリバー』を作り出そうと試みるも失敗し、彼は命を落としてしまう。
この時生まれたのはソウルエッジに酷似した剣であったがその剣の中にアルゴルの魂は宿り、眠っていた。
そして彼の臣下達はその剣を浄化し、霊剣『ソウルキャリバー』を作り出す。
その後、長い歴史のソウルエッジとソウルキャリバーは何度も激突し、ソウルエッジとソウルキャリバーが初めて精神的な接触を果たした時、彼の眠っていた魂は目覚めた。
そしてアルゴルはソウルエッジとソウルキャリバーの力の一部を奪い取り、現世への復活を果たすのである。

戦闘においては体内に取り込んだソウルキャリバーとソウルエッジを自身の身体に形成し、太古の昔に『英雄王』と称された程の戦闘技能を駆使して戦う。
また、背中から刃を生やしたり、腕を大砲のように変化させて砲撃を行うことも可能。

当スレにおいては王でもなんでもない、ただの旅人の誓約を結んだだけの存在として参加。ソウルを集め、彼が何を成すのかは物語の中で明らかになるだろう。
ソウル:
『巨星の英雄王のソウル』
戦いに明け暮れ、強さを証明し続ける日々を望む英雄王のソウル。彼にとっては、文字通り戦いこそが糧なのである。勝利を重ねるたび、アルゴルはより強靱になっていくのだ。

OS技
【ワサト アルメイサム】
 OSレベル:4
アルゴルの持つ奥義。己が内の力を全解放し腕を大砲に変えての連続砲撃から上空に玉座を出現させてそれに座りつつ落下、敵対者を叩き潰す。

「骨まで焼き尽くしても治まらぬ…お前の影すらこの大地に残さん。
未来永劫、冥府で苛まれるがいい!!」

名前:ワーグナー
読み:
性別:男(もしくはオス?)
容姿:前を向いた二本の角を持ち、紫と暗い赤に近い色合いの身体を持つ飛竜。
性格:プライドが高く、猛々しく激昂しやすい。しかしながら凶暴一辺倒なわけでなく同族想いであり仲間が傷付けられれば逆襲にかかり、どんなに憎んだ者であっても借りを作れば行動を持ってそれに答える義侠心も持ち合わせている。

作品:オーディンスフィア レイヴスラシル
役割;デーモン
レベル:4
備考:
作中に登場する竜族の中でも最も強大な力を持つとされる竜。
かつて『魔王』と呼ばれるラグナネイブルの国王オーダインと戦い引き分けその武勇を称え自らの血を分け与えた。それは逆に今後オーダインがワーグナーに牙を剥かないようにするための戒めでもあったようでありオーダインもまたワーグナーに正面から挑もうとはしない。
竜という種族に強い誇りを持ち、魔素とも呼ばれるエネルギー体『フォゾン』や魂を吸収してその能力を上げる生きた宝石にして武器に搭載する事で竜をも殺める強大な力を発揮する『サイファー』の武器や、それを造る者、操る者を憎んでいる。

戦いの際はその肉体そのものを生かした力の他、口からは火炎を吐き、翼の羽ばたきは多数の竜巻を巻き起こす
支配領域:『ウィンターホルン山の頂』
常に雪が積もり、何の用意もなく踏み入る者は凍え、跋扈する獣達に蹂躙される山。本来はワーグナーの友である賢竜ハインデルが住んでいたがハインデルは魔剣士オズワルドに殺され現在はワーグナーが棲み着き、竜に仇為す者、特にオズワルドを自らの手で殺める事を切望する危険な地となった。
設置場所:嵐の祭祀場
デモンズソウル:
『空の暴竜のソウル』
空の覇者たる飛竜、ワーグナーのソウル。
火と暴風を奮う最強の飛竜は猛々しくも高い知性と威厳を持ち、仲間のために火と暴風を奮った。
彼は竜を殺める魔の武器を憎み、竜のために戦った。

人間性を捧げよ


【参加希望です。
デーモン枠のワーグナーのプロフにいささか不安がありますが審査願います】

2ヶ月前 No.14

Doubt @casebycase☆0c9nqQGSPbs ★0w2hUnjmki_mgE

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2ヶ月前 No.15

スレ主 @wakame3☆FYUOhnBVGmk ★2RykzmoSz4_iR4

【問題ありません。参加許可します
 開始まで今しばらくお待ちください】
>謎の生物様

【もはや人間性も限界と見える人は当方大歓迎でございます。
 別の意味で人間性が限界そうな人もセットな辺り印象的ですな……
 とまれ、プロフに別段問題はございません。参加許可します、開始まで今しばらくお待ちください】
>参加希望様

【プロフ特に問題ございません。
 ワーグナーの設定も特に問題ございません。本スレにて参戦準備ができましたら追加されるステージを記事メモのロケーション欄に書き加えておいてください】
>アルゴル様

【ベイ中尉とはまた、しかもこのロケーションは……
 もちろん問題ありません。一応本来の能力通りでもありますし、ブーストが掛かってないなら相応の補正だと思います。準備ができましたら追加されるステージを記事メモのロケーション欄に書き加えておいてください】
>Doubt様

2ヶ月前 No.16

スレ主 @wakame3☆FYUOhnBVGmk ★2RykzmoSz4_iR4

●一般参加者

「それが……弱き人間が、強き貴様らに勝てる理由だ!」

名前:乃木若葉
読み:のぎ わかば
性別:女性
容姿:身長163p 金髪長髪を結い纏めた少女。基本的には学生服を着ている。
 戦闘時の勇者衣装は桔梗がモチーフの、青を基調としたカラーリングの服装。
性格:超がつくほど真面目で堅物な性格で、常に鍛錬を欠かさない。しかし、その真面目さ故にかえってチームの不和を招いてしまうこともあり、自分にリーダーの資質があるのか思い悩むこともある。
 「恩義や情けには報いを。攻撃されたら報復を」を旨とし、大勢の罪なき人々を殺したバーテックスに必ずや報いを受けさせんという強い意志を持っている。
 いい意味でも悪い意味でも頑固という欠点はあるものの精神的にも肉体的にもタフ。
作品:乃木若葉は勇者である
誓約:旅人
初期レベル:2
備考:
 「乃木若葉は勇者である」の主人公。西暦時代の勇者であり、その世界における最初の勇者。
 西暦2015年7月30日、修学旅行でひなたと共に島根県を訪れていた時、地震によって避難していた神社でバーテックスの襲撃を受ける。
 社殿の奥へと吹き飛ばされた時に、偶然そこで「生大刀」を手にしたことで勇者の力に目覚めた。

 普段は厳格な立ち振る舞いをしているが、ひなたの前では甘えん坊になることもしばしばで、友奈の件を経て勇者たちと打ち解けた後は、ひなた以外の前でも少しずつではあるがその片鱗を覗かせる。凛々しい外見でファンも多いが、単純な嘘に引っかかるなど天然な一面も持つ。

 勇者衣装のモチーフは桔梗。地の神の王に縁のある神器「生大刀」の霊力を宿した日本刀を専用武器とする。その実力は勇者たちの中でも群を抜いており、初陣においては敵の3分の2を一人で殲滅してしまったほどである。
 初代勇者唯一の生き残りであり、ひなたと共に人類の再興を誓い、勇者システムを強化し未来の勇者達へと託すこと決意した。なお、『鷲尾須美は勇者である』や『結城友奈は勇者である』に登場する乃木園子は若葉の子孫にあたる。

●精霊
 西暦の勇者たちが持つ切り札。勇者本人が意識を集中させることで、神樹内にある概念データに接続して戦況に合わせ自ら選び出して具現化する。
 精霊は人間の魂や妖怪などで、その特徴を必殺技のように使える。身体的に過重な負荷をかけるため、大社から使用を極力控えるよう命じられている。
 杏が遺したノートによって、使用者に不信感や他者への憎悪など、精神的な悪影響を及ぼすことが判明し、それが後に悲劇へと繋がる。一方で友奈は、自らの精神力の強さでそれらをはね除けた。

 死に際した記憶がないが、『乃木若葉は勇者である』の作中で起きたことはすべて記憶している様子。
 召喚されて間もなく、蘇生することを摂理に反することとして聊かの抵抗を感じているが、人々を苦しめるデーモンという存在に相応しき報いを与えることを一先ずの行動指針として固めている。

OS技『精霊・源義経』
 OSレベル3
 精霊を使った「切り札」の一つ。
 著しく戦闘スピードが上昇し、八艘飛びに準えた高速戦闘を可能とする。
 ただし精霊の力を直接身に下すのは人の身に余るものであり、使用すれば精神面の不安定化や肉体の損傷などフィードバックが来る。
 ソウルで構築された体でもそれは同様だが、己のレベルがOSレベルと同レベルの場合は完全に御することが可能となる。

OS技『精霊・大天狗』
 OSレベル4
 精霊を使用した「切り札」の一つ。
 基礎戦闘力の大幅な向上に加え、自身に翼を宿すことで滑空し、高速な空中戦闘を可能にする。
 さらに大天狗の伝承における、天を一夜にして焼き尽くした業火を再現し、それを解き放つ大技を有する。その規模は四国を覆う神樹の結界に広がる程の火力を誇り、星座クラスのバーテックスを一瞬で葬る程。
 他の精霊と比しても桁違いの出力を誇るが、同時にその反動は義経の比ではなく、精神的な悪影響は勿論体組織の反動も凄まじく、作中では一度しか発動されていない。
 まさしく奥の手である。
 ソウルで再現された場合の反動は、使用者とのレベル差に応じて変化し、同レベルの場合は完全に御することが可能。

ソウル:【勇者のソウル】
 神世紀の始まりにあった勇者のソウル。
 最初の勇者として名を馳せた彼女は、しかし超人の体を持つわけでも人間離れした精神性を持つわけでもなかった。
 そして、だからこそ少女は『勇者』と呼ばれ、その遺志は後世へ受け継がれることとなった。

【スレ主の参加キャラを追加します】

2ヶ月前 No.17

チェイス @ask2 ★iPhone=P9oxZSYDmV

【プロフィールフォーマット】
●一般参加者

「人間が未来へと紡いでいくその絆こそが……愛だ」
「胸が……キュン……?」
「耳の裏を見せろ」

名前:チェイス
読み:――
性別:男性
容姿:紫と黒のライダースジャケットを着た、端整な面立ちの青年。/変身後は銀を基本カラーとしたボディに紫のラインが入った姿になる。鮮やかなオレンジの複眼と放射状に並ぶ4本のアンテナが特徴。
性格:寡黙かつ秩序を重んじる性格。一見すると無感情だが、他者を気遣い尊重し、人間の感情や絆に強い関心を持つ。
作品:仮面ライダードライブ
誓約:同盟者
初期レベル:3
備考:原典作品において最初に「仮面ライダー」の名を冠した戦士であり、『000』のナンバーを持つ試作体ロイミュード。一人称は「俺」。普段は「チェイス」を名乗り、コピー元である「狩野洸一」を模した人間態をとっている。
ロイミュードの中で唯一「人間を守れ」という人類奉仕の基幹プログラムが強力にインストールされており、他の機械生命体とは一線を画す存在であり、グローバルフリーズ時は試作型ドライブシステムを装着して多くのロイミュードを交戦の末にコアへと還元した仮面ライダープロトドライブとして畏怖の対象となった。しかし当時のプロトドライブシステムにロイミュードのコアを破壊する機能がなかったこともあり、ハートロイミュードに敗北したことで機能停止に追い込まれる。その後、ハートに同じロイミュードである「友」として迎えられ、ブレンによるプログラムの上書きと記憶消去による改造・修復を受け、魔進チェイサーとして生まれ変わらされていた。
その後、真実を知ってからは人間とロイミュードの狭間で自身の行くべき道を定められないことで迷い苦しむ。ソードロイミュードに襲われた霧子を救出し「人間を救うのは自分の本能なのかもしれない」と自問自答し、もう一度やり直すことを決意。りんなが開発したマッハドライバー炎とシグナルチェイサーを用いて仮面ライダーチェイサーに変身し、ソードロイミュードを撃破する。
仮面ライダーチェイサーに変身して以降は、特状課に顔を出したり、単独で事件関係者との接触を図るなど、進ノ介らの調査に積極的に協力しているが、その一方で「誰にも聞かれなかったから」という理由で、001(フリーズ)の能力の詳細を話さなかったりするなど、やや不器用な一面がある。しかし、進ノ介・剛・霧子の言動から「『家族』は大切なものだから、それが関わると、心が乱れてしまう」ということを学び、また彼らを気遣い守ろうという思いを強くしていく。

トルネードの一件で特例四輪免許取得のため教習中であることが明らかになり、解決前に無事に免許を取得した。エンジェルの一件で「恋人」の存在を学び、その影響か霧子に対する恋愛感情の芽生えを自覚することになるが、進ノ介と霧子が互いに思いを寄せていることを知ったことで初めて「失恋」を経験し涙を流すが、その一方でこの胸の痛みがむしろ誇らしい、『人間』に近づけたような気がすると喜びを感じていた。

最終決戦で剛と共にゴルドドライブに立ち向かうもその力に圧倒され、マッハドライバー炎も破壊された中で再び魔進チェイサーに変身し、剛を庇う形で深手を負う。もはや変身もかなわなくなったチェイスは「霧子が愛する者たちを守れるなら本望だ」と残された力を振り絞って生身でゴルドドライブを巻き添えに自爆し、今度こそコアが砕け散った。

【仮面ライダーチェイサー】
チェイスが自身専用のマッハドライバー炎にシグナルチェイサーを装填して変身する仮面ライダー。基本カラーは銀と紫。
超重加速も起こせる新型の超駆動機関・コア・ドライビア-ONEが搭載されており、上半身のパワーと防御力に特化したスペックを誇る。ブレイクガンナーによる銃撃・打撃戦のほか、専用武器であるシンゴウアックスを駆使した豪快かつ威力の高い攻撃を得意とする。

【仮面ライダーチェイサー ハヤーイ】
マッハドライバー炎にシフトスピードプロトタイプを装填して変身する派生形態。「タイヤコウカン!ハヤーイ!」のコールとともに加速状態に入り、高速で行動できる。

【ブレイクガンナー】
魔進チェイサー時から引き続き、遠近距離用の武器として使用される。銃身部分が極端に短く、バイクのハンドルグリップのような形状をしている。形状は変化しないが、ガンモードとブレイクモードの2モードを持ち、変身中にマズルを押すことでモードを切り替える。

【シンゴウアックス】
りんなが開発した、歩行者用信号機がモデルのチェイサー専用大型戦斧。普段はライドチェイサーに収納されており、チェイサーの意識に応えて自動的に召喚される。刃先にエネルギーを充填させることで威力の高い斬撃を繰り出す。
必殺技発動時には、頭部分のスロットにシグナルバイクを装填した後にグリップ下部のボタンを押すことでエネルギーチャージが開始され、チャージ中は「マッテローヨ!」の音声と共に信号機を模したレッドランプが発光する。チャージが完了すると「イッテイーヨ!」の音声と共にグリーンランプが発光し、グリップ下部のトリガーを引いて必殺技「アクロスブレイカー」を発動する。その際、「カッコー」というSEが流れる。

【ライドチェイサー】
専用バイク。ブレイクガンナー同様に魔進チェイサー時から引き続き使用。変身前のチェイス及び仮面ライダーチェイサーも愛車として使用する。基本カラーは黒・紫で、フェアリングには髑髏のモジュールが浮かび、黒をベースに紫の炎が燃え上がる毒々しいデザインとなっている。フロントカウルから発生するシールドエネルギーによって、ステルス状態を造り出す。

【ライドブースターブルー】
チェイサー用のライドブースター。その名の通り青のカラーリングが特徴で、ブースタートライドロン時にはトライドロンの左側に合体する。
単体でも飛行でき、ライダーを乗せての空中戦も可能。シートに座って操縦するのみならず立ち乗りで操ることもできるほか、無人走行も可能。
前部からはニードル状の光弾を発射でき、上空からでも重加速粒子を検知可能な改良型複合センサーを搭載している。

【重加速】
動力源とAI的判断力が合一化されている光式駆動機関コア・ドライビアによって引き起こされる、相対速度の低下によって周囲の人間や物体の動きが遅くなる現象。発生している間、有効範囲にいる生物は意識は明瞭なまま体だけが鈍重になるような感覚に陥るがコア・ドライビアを持つ者なら影響を受けない。一般市民には「どんより」という名称で知られ、重加速の発生状況を通知するアプリケーションも配信されている。
チェイスはメディックの強化改造によって通常よりも強力な重加速現象をもたらす超重加速を発生させ、仮面ライダーや通常のロイミュードでさえも完全に動きを停止させる。デッドヒートならある程度は緩和可能で、発生させた本人やドライブ タイプフォーミュラは影響なく自由に動ける。
(基本的に使用不可。許可を取るか、無効にされる前提でのみ発動するものとします)

同盟者の誓約のもと、人間を救うために行動する。

ソウル:「守護者のソウル」
人類の守護者として戦い、時に死神として立ちはだかり、
愛ゆえに散った誇り高き戦士のソウル。

人ならざる鋼鉄の身体に宿った心は、確かに正義のそれだった。
賞賛の声も人々の愛も求めない。ただ愛する者たちのために戦い続け、ゆえに彼は真の守護者であった。

OS技 「チェイサーエンド」レベル4
前方宙返りを繰り返して勢いを付け、紫色のエネルギーを右脚に纏いながら急降下して跳び蹴りを叩き込む。

人間性を捧げよ

【参加希望につき審査お願いします】

2ヶ月前 No.18

雲魔物 @cloudian ★y43mW80rWT_ELH

●デーモン用
「すいかが食べたい」

「メロンが食べたい」

「マンゴーが食べたい」

名前:西瓜太郎
読み:すいかたろう
性別:男
容姿:公式身長は不明だが、平均的な成人男性と同等と仮定する。西瓜の皮の模様を模したハンチングに近い帽子。赤いシャツにサスペンダー。緑のズボンに黒い靴という完全にスイカをイメージした服装。
性格:劇中で確認できるセリフは上記の三つのみ。一応「はい」と「いいえ」の選択場面があることから、意思表示はできるようだ。しかし、どんな会話を振られても基本的に「〇〇が食べたい」としか喋ることができない。行動原理は目的のものを食べることであり、それに対する執念は凄まじく、常人にはエグいと思える行為も平然と行う。
作品:すいかが食べたい
役割;デーモン
レベル:4
備考:突然現れた旅人で、すいかを求めて旅を始める。すいかを食べたいと思う気持ちは凄まじく、とある町で行われた気持ちを図るフィーリングオークションにおいて、オーラを放ちつつ金色に輝き始める。挙げ句の果てにはそのオーラが三日間に渡って町中で暴走し続け、町の住人全員をすいか狂いにしてしまったという、人間離れした行為を見せる。(ちなみに初物大王という王様も巨大変身しつつ同等のオーラを出していた)また、ついさっきまで一緒に行動していた仲間がすいかになってしまっても、迷わずそれを食べようとするなど、すいかを食べるためには文字通りなんでもしてしまうという思考原理が良く見える。(後に変化の指輪を使ってある城中の人間をすいかにしてしまうというエグい行為も平然と行なっている)原作ではすいかを腹一杯食べることに成功した後、「メロンが食べたい」と喋り出したため、メロンを求めて宇宙に存在するメロン魔王を倒し、メロン帝国のメロンを食べすぎた結果お腹が爆発した。その際残した言葉は「マンゴーが食べたい」
ゲーム内では「すいかの民の中から、千年に一度、食欲によって『スーパースイカ人』が誕生する」といわれている。ラスボスのメロン魔王戦においてすいか夫人が「無限のスイカ」という技を使うことによって、西瓜太郎が『スーパースイカ人』を覚醒させたのだが、この世界における西瓜太郎は、すいかを求めようともすいかを得られず、すいかを求めるあまりに常時『スーパースイカ人』として暴走してしまった状態で参戦。『スーパースイカ人』の状態では体が緑色に輝くと同時に身体能力は大幅に上がり、ゲーム内では防ぐ手段が他にないと言われる石化をも無効にでき、さらに攻撃後にすいかの棘を大量に出現させる全体攻撃も行えるようになる。それ以外にもこの世界においては西瓜太郎は「剣士の勾玉」「剣豪の勾玉」「剣士の勾玉」「すいか様の勾玉」「勇者の勾玉」などを習得している。剣技やすいかの召喚魔法を用いて戦うことができる。
支配領域:宇宙第9層・すいか帝国
彼の支配領域は、彼が最後に爆発四散した場所、宇宙に存在するメロン帝国である。白い足場と背景に連なる星々と黒い空間はまさしく宇宙。しかし、本来の宇宙第9層とは何かが違っている。床に散らばり、時折雨のごとく降り注ぐのは大量のすいか。そう、本来のメロン帝国の空間は西瓜太郎の常軌を逸した欲望によって書き換えられ、すいか帝国へと変化を遂げているのであった。降りゆくすいかと転がるすいか。それは侵入者を見定めるや否や『すいか兵』『踊るすいか』『すかにあ』など、西瓜太郎という『魔王』を守る兵士として襲いかかる。『腐れ谷』の『谷合の廃村』に広がるすいか帝国。寂れた『死』とすいかによる初々しい『生』との対比は、見る者の心を揺さぶる。

デモンズソウル:すいかソウル。
すいかを求める原動力、そして西瓜太郎の存在意義そのものである。
本来なら誰でも持ち得る小さな欲望は、大きすぎるが故に悪魔の魂として昇華を遂げた。



すいかを求め、人間性を捧げよ




【参加希望です。何分相当久し振りなため、趣旨を履き違えていたり、不備がある可能性があります。お手数ですが間違いありましたらご指摘ください。もしこれで審査が通過しましたら、もう少し一般参加者を追加したいと思います。】

2ヶ月前 No.19

参加希望者 @antinomie☆yzl4MFL1dRLB ★sLdIAtRTAq_zRF

●一般参加者

「今の俺は……負ける気がしねえ!」

名前:万丈 龍我
読み:ばんじょう りゅうが
性別:男
容姿:頭頂から後頭部にかけての編み上げがある(エビフライ頭と形容されたこともある)茶髪に、竜の刺繍が入ったスカジャン。腰にはチェック柄のシャツを巻き、動きやすそうなズボンを履いている。
性格:直情型熱血筋肉バカであり、喜怒哀楽が激しく、裏表のない素直な男である。
作品:仮面ライダービルド
誓約:旅人
初期レベル:3
備考:
 科学者、葛城巧を殺害した容疑者として警察に追われ逮捕されていた元格闘家の男。
投獄された先で、悪の組織「ファウスト」の息が掛かった警官により基地へと輸送され、人体実験を受ける。
その最中に命からがら脱走し、脱獄犯として東都から追われる存在になるも、桐生戦兎の手によって保護され、彼と共に自身の冤罪を晴らすためにファウストに立ち向かうことになる。
葛城巧殺人事件の真実を追う最中でファウストの手によって恋人の香澄をスマッシュに変えられ、元々病弱だった彼女は成分を抜き取りスマッシュ化を解除しても助からない、と宣告される。
自我を失いながらも自分を傷つけまいとする香澄を前に、戦兎に「せめて元の姿に戻してやってほしい」と懇願。戦兎の奮闘もあって無事スマッシュの成分を抜き取るも、やはり彼女は助からなかった。
香澄が息絶え、消滅してしまったことで一度は絶望に陥るも、戦兎の叱咤により立ち直り、香澄が改造させられていたスマッシュの成分から創られた<ドラゴンフルボトル>を託される。
それ以後はフルボトルの力でスマッシュとも戦えるようになったため、戦兎側の戦力の一人となった。生身でスマッシュを倒したことも。

葛城巧殺人事件の犯人はブラッドスタークであり、彼の手により冤罪を着せられたことを知った万丈はブラッドスタークの正体を暴くために躍起になる。
ブラッドスタークの正体を暴くために仮面ライダーに変身し立ち向かおうとするが、自分本位の意志では変身することが出来ないと戦兎に叱咤される。
どうすれば良いか分からなくなった万丈は、香澄の墓へと赴く。そこに供えられた香澄の遺書に励まされることで考えを改め、仮面ライダーへと変身できるようになった。

その後は現在に至るまで、戦兎の良き相方として時に励まし、時に励まされながら東都、北都、西都を取り巻く戦火に巻き込まれ続けている。
の、だが……どうやら、『人間ではない』ことが発覚した。紗羽の推理では、23年前に無人探査機に異星人(火星人)が潜んで地球にやって来た後、母親の体に入り込んでお腹の龍我に乗り移った、としているが、真実は未だ不明。
しかし、人間であろうがそうでなかろうが、万丈が己を取り巻く世界から『ラブ&ピースのために戦う』ということを学んだ事実は変えようがない。

●仮面ライダークローズ
 ドラゴンフルボトルをセットしたクローズドラゴンをビルドドライバーに装填することで変身する、万丈の仮面ライダーとしての姿。
金色のファイヤーパターンが刻まれた装甲の下に深い青をしたアーマーを着ており、複眼は竜の横顔のように見える。
万丈が元格闘家ということもあってか接近戦を得意としており、身体能力も高く、初登場時点ではビルドのスペックを上回っていた。
純粋な格闘のみならず、戦兎が彼のために用意した武器<ビートクローザー>や、<クローズマグマナックル>を使うことで更なる強化を見込める。

●仮面ライダークローズマグマ
 <クローズマグマナックル>に、ドラゴンスクラッシュゼリーが変化したフルボトルであるドラゴンマグマフルボトルをセット、ビルドドライバーに装填することで変身する、クローズの強化形態。
マグマの名前通りに、溶岩を思わせる赤と黒のコントラストをしており、変身時には辺りにマグマがぶちまけられる。本人も熱いらしい。
背部に取り付けられた飛行用の機構「ソレスタルパイロウィング」以外はクローズの完全上位互換であり、それに加えてスクラッシュゼリーを用いていたときの「ハザードレベルに応じてスペックが上昇する」という能力まで引き継いでいる、現時点での万丈の最強の形態である。

→<ビートクローザー>
 万丈のために戦兎が開発した直剣型の武器。剣身にはイコライザーのようなメーターがついており、出力に応じてそのゲージが上下する。
グリップエンドを引っ張ると「ヒッパレー!」の音声が鳴り、操作回数に応じた技を発動する。また、鍔の中央にフルボトルをセットし、其処からグリップエンドを引っ張ることで技を発動することが可能。
長らくクローズの専用武器と思われていたが、便宜上別の仮面ライダーであるはずのクローズチャージでもごく普通に使用していたため、ライダーの専用武器というよりは万丈の専用武器なのかもしれない。

→<クローズマグマナックル>
 クローズチャージに変身できなくなった万丈のために戦兎が用意した新兵器。満を持しての格闘武器であり、変身アイテムとしての側面も持ち合わせる。
グリップ部には動作学習機能が組み込まれており、相手の挙動や使用者の癖を分析・記録することで挙動の最適化が常に行われる。
また、ナックル表面部の中央部にあるボタン「ドラゴニックイグナイター」を押し込むことで特殊反応高炉が作動しエネルギーを急速生成・圧縮。パンチ攻撃の命中と共に大爆発を引き起こす。

ソウル:『竜拳士のソウル』
 愛と平和のために戦う竜の戦士のソウル。

どのような苦難が押し寄せようとも、男が戦う理由は一つだった。
自分が信じた、ラブ&ピースを謳う仮面ライダーのように。

OS技【ボルケニックアタック】
レベル:4
 マグマの中から八体の赤竜を召喚、それらを足元に収束させてライダーキックを放つ通常必殺技。

OS技【ボルケニックナックル】
レベル:4
 ボトルをセットした<クローズマグマナックル>の「ドラゴニックイグナイター」を長押しすることで発動する、ボトルの成分を引き出しながら放つ必殺技。
爆発を伴い、フルボトルの成分が織り交ぜられた超強力なパンチを叩き込む。


●一般参加者

「楽して助かる命が無いのは、何処も一緒だな!」
「俺は欲しかった!欲しかったはずなのに諦めて蓋して、目の前のことだけを……どんなに遠くても届く俺の腕!力!もっと、もっと……!」

名前:火野 映司
読み:ひの えいじ
性別:男
容姿:やや跳ねッ気のある黒髪に、配色の多い派手めでゆったりとした服を好んで着用している。
性格:飄々とした態度でマイペースに振る舞う為、周囲からは能天気な馬鹿と思われがちだが、命に関わることや他人の欲に関わることになると素早く動き、何より天然に見せて実は計算づくで行動を行っている節もあったりとしたたかで喰えない性格をしている。
作品:仮面ライダーオーズ
誓約:同盟者
初期レベル:4
備考:
 欲望のかたまりである「オーズ」の器に選ばれた無欲な男。
世界中を旅する旅人だが、旅費を稼ぐために日本に帰ってきたときに偶然、メダルを巡る闘争に巻き込まれて、そのまま渦中へと飛び込んでいく。
その後、腕だけの怪人アンクと出会い、彼の「自分の欲望を叶えるために映司にメダルを集めさせる」に対して「人の命よりもメダルを優先させない」「他者を助けるために力を使う」という条件で相互に利用し合う関係を築いた。
祖父の「男は何時死ぬか分からないから、パンツだけは常に一張羅を履いておけ」という言葉に強い感銘を受けており、その言葉を守るように常に派手めのパンツを(財布代わりにしつつ)持ち歩いている。

とある政治家の息子であり、それなりに裕福な家庭で育っている。
生来の人の好さも相まって人助けを行ったり、実際に自らの足で海外に出て紛争地帯の難民の支援をするなど精力的に活動していた。
が、ある日、世話になっていた紛争地帯で戦闘に遭遇。村で親しくなった少女を救うことが出来ず失い、更に村単位で人質に使われた際には自分の実が身代金を支払われて解放されてしまう。
また、自身の行動を父親の政治家としての美談に利用されたこと、自分が良かれと思って行っていた募金などが望まぬ方向で利用されていたことなど、様々な現実に耐え切れず、父親との縁を切り、母方の姓を名乗り現在の生活に至っている。

今スレでは、本編最終盤。ドクター真木によって終末へと向かい始めた世界から呼び出されることになる。
そのため、現在無償で使えるメダルはプテラ*2、トリケラ*2、ティラノ*3、渡された『10枚目』の3枚のみだが……。

●仮面ライダーオーズ
 火野映司が変身する、上中下三色の仮面ライダー。
ベルトのバックル部に相当する台座に三枚の<コアメダル>を装填し、<オースキャナー>でスキャンすることで変身する。
装填する三枚はそれぞれ頭部、腕部、脚部に対応しており、同色のメダルを装填すれば『コンボ』と呼ばれる強力な形態に変わることが出来る。

●グリード化
 体内に潜り込んだ紫色のコアメダルの影響で映司の身体に発生している現象。
人を越えた力に、欲望に関連することへの感知能力、怪人への形態変化などが可能。
その代償は、人間がグリードに変わる……すなわち、“欲望”以外を持たない怪物へと変わること。五感の全てが希薄になり、視界は色を感じられなくなる。
そのような状況を放置しているのは、単に他に優先すべきことがあるからに他ならない。

ソウル:『欲望の器のソウル』
 欲望を巡る戦いの中、自身の欲望を自覚した器のソウル。

欲望とは生きるための活力であり、今日という日を明日にすることさえ欲望だ。

旅人が求めたのは、何処までも届く腕。一切合切を失わないための力。
例えそれが都合のいい神様としての生き方であったとしても、止めることなどしないのだろう。

OS技【コンボチェンジ】
レベル:4
 カウント・ザ・メダルズ!現在オーズが使えるメダルは?

かつてオーズが所持したことがありながら、現在は持っていない数十種類の<コアメダル>を魂の力で再現、利用する。
手元に存在しないものを魂を使って生み出す、という手順のため一応自身のレベルと変わらないOS技として記載。

OS技【ロストブレイズ】
レベル:5
 アンクの魂が宿る、三枚の赤いメダルを使って発動する奇跡のタジャドル・コンボとその必殺技。
スキャン時に出るメダルのエフェクトのうちタカメダルが赤黄緑のグラデーションへと変わり、変身完了後に通常のタジャドル変身時には無い六枚の金の翼が出現する。
また、攻撃時にアンクの幻が同時に攻撃を加えるなどと言った他のコンボでは見られない現象が発生する。
必殺技としては、変身者である火野映司の体内にある7枚の恐竜コアメダルをタジャスピナーに装填し、そのエネルギーを放って幻のアンクが放った火球と共に相手にぶつける、というもの。

OS技【グランド・オブ・レイジ】
レベル:5
 体内に貯め込んだ無数のメダルを解放し、<セルメダル>を取り込めば取り込むほど威力を発揮する武器<メダガブリュー>に装填。
全エネルギーを解放し、文字通りに敵を両断、爆砕する無の一撃。
発動と同時に映司の体内にある<セルメダル>が消滅するため、使用後は「(その時点でのレベル)-1」になるものとして扱う。


人間性を捧げよ。

【参加希望です、審査をよろしくお願いします】

2ヶ月前 No.20

THE DOCTOR @tukuyomi07☆2nDyzvx51us ★3aNoMW8gGM_iR4

●一般参加者

「治療の時間だ!」

名前:THE DOCTOR/ハーマン・カーター
読み:ザ・ドクター
性別:男性
容姿:
 白衣を纏い、表皮が剥がされたような外見の大男。
 痛ましく、吐き気を催すような形で目と口がこじ開けられており頭には装置が取り付けられている。

性格:
「狩り」「狂気」「殺人」等、様々な理由からエンティティに見初められる殺人鬼の中では「実験」に執着している。
 人間の精神に興味を持ち、「脳」のような力強いモノを分析、解体することに興味を抱いていた。
 基本的には人間に対する慈悲などはなく、作中の殺人鬼の定義と照らし合わせれば自分を満たす贄以外のものではない模様。

作品:Dead by Daylight
誓約:狂戦士
初期レベル:3
備考:
「Dead by Daylight」においてエンティティに使役されていると思われる「The Killers」の一人。
 電気ショックによる「治療」と懲罰用の棒による「懲罰」を切り替えて生存者を追い詰める戦法を得意とする。

 世界を掌握し、海の向こう側の「敵」を討ち倒すには「脳」の力が欠かせない。
 CIAはその事を理解し、それゆえ尋問・諜報を最優先事項とした。
 必要としていたのはカーターのような優秀な人材であった。

 カーターを含む一流の人材は、キャンパスから離れ「レリー記念研究所」として知られるイリノイ州の秘密軍事施設に移された。
 弟子には導師が必要だ。施設の責任者であるスタンパー氏は「情報が全てで知識は力である」とカーターに教えた。
 カーターは入用の医療器具と指導の手を与えられ、大抵の場合は求める物はなんであれ得る事ができた。
 彼は自分に太陽の光が欠乏しつつあると気づく事はなかった。彼自身、暗闇に取り込まれていたのだ。
 そして、忌まわしき「実験」と銘打った「恐ろしく奇妙な拷問」を繰り返していき、やがて――。

 >>当スレにおいて
 既に死したハーマン・カーターは、生存者を肉フックに吊る生贄のゲームに参加していた。
 しかし、どういうわけか次の儀式というときにこの世界に紛れ込む。

 エンティティの影はこの世界にはない。
 此処では何もかもが許される。
 何れ「蘇生」してあのゲームに戻されるのだ。

 ならば――邪神に届けるソウル<魂>を少しでも持ち帰ろう。
 そして脳を暴くために、実験を繰り返そう。醜悪な顔は、不気味に歪んでいた。

 【Stick】
 懲罰時にカーターが振るう「鉄の棒」。
 壊れず、扱いやすく、傷つけやすい事から実験体を効率的に痛めつけられる得物だ。

 【Carter's Spark】
 治療時に発生させる武装。右腕より電流を流して感覚を共有化する事で対象の正気を奪う。
 周囲に電流を帯電させる事で心音範囲内の生存者を徐々に狂気状態に陥れる。
 また、障害物を貫通する電流を自分の足元前方に流す事で狂気状態を加速させる事も可能。

 固有パーク(能力)などによれば、正気を奪うのみならず電気系統の設備を容易く破壊するなど非常に幅広く使用可能。
 カーターはほとんどの場合「治療」に用いるが、電流を直撃させれば人体も破壊することが可能。
 当スレにおいては狂気状態などの扱いが難しいロールを避けるため、「物理的な損傷」と「精神的な損傷」のどちらも用いる。

OS技:
〇→メリット
●→デメリット

【 観察&虐待 】 OSレベル:3

「治療の時間だ!」

 THE DOCTORのOS技。
 相手を観察している間の存在感を薄れさせ、対象を虐待している間の存在感を過剰に相手に知らしめる。
 同一レベルのため魂<ソウル>を消費することはほとんどないが、劇的な効果を発生させることもない。
 〇このOS技はソウルを所持している限り発生する。
 〇[THE DOCTOR]が交戦していない場合、[同一ロケーション内にいるキャラクター]からは視認しない限り気付かれない。
  この効果は[交戦開始]と同時に解除されるため、実質的な先制攻撃専用。
 ●[THE DOCTOR]が交戦している相手が撤退した場合、[THE DOCTOR]の位置(小ロケ)を[1レス]の間相手に通知する(判明する)。

【 圧倒的存在感 】 OSレベル:4

「くそっ!ガーゼを落としてしまった!」

 THE DOCTORのOS技。
 狂気に携わる彼の悪名は瞬く間に広がり、存在するだけで己と相手との格の差を知らしめる。
 その圧倒的存在感、大幅に広がる威圧――ソウルの力によって物理的力をも生み出した。
 〇ソウルレベルを[4]に引き上げる(3レスの間)
 〇相手が装備している武器、魔力、道具、あるいは発動に必要な力の消耗度を[二倍]に引き上げる(〃レスの間)
  (※この記述に関しては絡んでくださっている参加者に任せます)
 ●存在する大ロケーション全体に、「THE DOCTOR/ハーマン・カーター」が存在していることを通知する(即時)。

【 オーバーチャージ 】 OSレベル:5

 過充電を敵対者に叩き込む。
 落雷とほぼ変わりのない出力で撃ち込まれる電流は、直撃すれば常人は炭と化すには相応しい火力だ。
 本来は生存者が起動させる発電機破壊に対して撃ち込むものであるあたり、人間に撃つものではないことは明らかだろう。
 〇一時的に、[Carter's Spark]の攻撃力を[OSレベル:5]相当とする(1レス)。

ソウル:
【科学者のソウル】
 仄かに稲光が走るソウル。
 見つめていると、男の狂笑と犠牲者の叫びが聞こえてくるような気がする。

 人の精神という深淵の分野に挑んだ科学者。
 彼はその学問を極めていくほどに、人に必要な太陽が欠乏した。

 精神を分析し、解体する者の精神が終わっているなどとはどういった皮肉だろうか。
 何れにせよ分かることは、彼はもう戻れないということだけだ。

 人間性を捧げよ――

【参加希望です。追加するかもしれませんが、審査お願いします】

2ヶ月前 No.21

謎の生物 @vtyjf ★4gCE4td3c0_zRF

【スレの再投稿制限に引っかかってしまったようなので代理投稿です、プロフィール審査お願いいたします】

●一般参加者

「治療の時間だ!」

名前:THE DOCTOR/ハーマン・カーター
読み:ザ・ドクター
性別:男性
容姿:
 白衣を纏い、表皮が剥がされたような外見の大男。
 痛ましく、吐き気を催すような形で目と口がこじ開けられており頭には装置が取り付けられている。

性格:
「狩り」「狂気」「殺人」等、様々な理由からエンティティに見初められる殺人鬼の中では「実験」に執着している。
 人間の精神に興味を持ち、「脳」のような力強いモノを分析、解体することに興味を抱いていた。
 基本的には人間に対する慈悲などはなく、作中の殺人鬼の定義と照らし合わせれば自分を満たす贄以外のものではない模様。

作品:Dead by Daylight
誓約:破壊者
初期レベル:2
備考:
「Dead by Daylight」においてエンティティに使役されていると思われる「The Killers」の一人。
 電気ショックによる「治療」と懲罰用の棒による「懲罰」を切り替えて生存者を追い詰める戦法を得意とする。

 世界を掌握し、海の向こう側の「敵」を討ち倒すには「脳」の力が欠かせない。
 CIAはその事を理解し、それゆえ尋問・諜報を最優先事項とした。
 必要としていたのはカーターのような優秀な人材であった。

 カーターを含む一流の人材は、キャンパスから離れ「レリー記念研究所」として知られるイリノイ州の秘密軍事施設に移された。
 弟子には導師が必要だ。施設の責任者であるスタンパー氏は「情報が全てで知識は力である」とカーターに教えた。
 カーターは入用の医療器具と指導の手を与えられ、大抵の場合は求める物はなんであれ得る事ができた。
 彼は自分に太陽の光が欠乏しつつあると気づく事はなかった。彼自身、暗闇に取り込まれていたのだ。
 そして、忌まわしき「実験」と銘打った「恐ろしく奇妙な拷問」を繰り返していき、やがて――。

 >>当スレにおいて
 既に死したハーマン・カーターは、生存者を肉フックに吊る生贄のゲームに参加していた。
 しかし、どういうわけか次の儀式というときにこの世界に紛れ込む。

 エンティティの影はこの世界にはない。
 此処では何もかもが許される。
 何れ「蘇生」してあのゲームに戻されるのだ。

 ならば――邪神に届けるソウル<魂>を少しでも持ち帰ろう。
 そして脳を暴くために、実験を繰り返そう。醜悪な顔は、不気味に歪んでいた。

 【Stick】
 懲罰時にカーターが振るう「鉄の棒」。
 壊れず、扱いやすく、傷つけやすい事から実験体を効率的に痛めつけられる得物だ。

 【Carter's Spark】
 治療時に発生させる武装。右腕より電流を流して感覚を共有化する事で対象の正気を奪う。
 周囲に電流を帯電させる事で心音範囲内の生存者を徐々に狂気状態に陥れる。
 また、障害物を貫通する電流を自分の足元前方に流す事で狂気状態を加速させる事も可能。

 固有パーク(能力)などによれば、正気を奪うのみならず電気系統の設備を容易く破壊するなど非常に幅広く使用可能。
 カーターはほとんどの場合「治療」に用いるが、電流を直撃させれば人体も破壊することが可能。
 当スレにおいては狂気状態などの扱いが難しいロールを避けるため、「物理的な損傷」と「精神的な損傷」のどちらも用いる。

OS技:
〇→メリット
●→デメリット

【 観察&虐待 】 OSレベル:2

「治療の時間だ!」

 THE DOCTORのOS技。
 相手を観察している間の存在感を薄れさせ、対象を虐待している間の存在感を過剰に相手に知らしめる。
 同一レベルのため魂<ソウル>を消費することはほとんどないが、劇的な効果を発生させることもない。
 〇このOS技はソウルを所持している限り発生する。
 〇[THE DOCTOR]が交戦していない場合、[同一ロケーション内にいるキャラクター]からは視認しない限り気付かれない。
  この効果は[交戦開始]と同時に解除されるため、実質的な先制攻撃専用。
 ●[THE DOCTOR]が交戦している相手が撤退した場合、[THE DOCTOR]の位置(小ロケ)を[1レス]の間相手に通知する(判明する)。

【 圧倒的存在感 】 OSレベル:3

「くそっ!ガーゼを落としてしまった!」

 THE DOCTORのOS技。
 狂気に携わる彼の悪名は瞬く間に広がり、存在するだけで己と相手との格の差を知らしめる。
 その圧倒的存在感、大幅に広がる威圧――ソウルの力によって物理的力をも生み出した。
 〇ソウルレベルを[3]に引き上げる(3レスの間)
 〇相手が装備している武器、魔力、道具、あるいは発動に必要な力の消耗度を[二倍]に引き上げる(〃レスの間)
  (※この記述に関しては絡んでくださっている参加者に任せます)
 ●存在する大ロケーション全体に、「THE DOCTOR/ハーマン・カーター」が存在していることを通知する(即時)。

【 オーバーチャージ 】 OSレベル:4

 過充電を敵対者に叩き込む。
 落雷とほぼ変わりのない出力で撃ち込まれる電流は、直撃すれば常人は炭と化すには相応しい火力だ。
 本来は生存者が起動させる発電機破壊に対して撃ち込むものであるあたり、人間に撃つものではないことは明らかだろう。
 〇一時的に、[Carter's Spark]の攻撃力を[OSレベル:4]相当とする(即時)。

ソウル:
【科学者のソウル】
 仄かに稲光が走るソウル。
 見つめていると、男の狂笑と犠牲者の叫びが聞こえてくるような気がする。

 人の精神という深淵の分野に挑んだ科学者。
 彼はその学問を極めていくほどに、人に必要な太陽が欠乏した。

 精神を分析し、解体する者の精神が終わっているなどとはどういった皮肉だろうか。
 何れにせよ分かることは、彼はもう戻れないということだけだ。

 人間性を捧げよ――

2ヶ月前 No.22

代理投稿者 @vtyjf ★4gCE4td3c0_zRF

【スレ主様がリアルの事情により、現在投稿しにくい環境におられるため代理投稿という形を取らせていただきます。また、その関係によりスレ開始日も3日以降に延期させていただきます。今少しお待ちくださいませ。
>>スレ参加者様ALL】

【支配領域に関してですが、上記のロケーションの内の一つの中にあるというわけではなく、ご自分で新たなロケーションを作っていただくという形になります。そのため、現在とは違う形にしていただきたいです。
また、出典元の作品がギャグパロディ主体の作品のように見受けられ、スレとの世界観と著しく乖離しているように思われます。出来ればもう少しスレの世界観に則ったキャラクターでお願いすることは出来るでしょうか?
>>雲魔物様】

【特に問題はございませんので本編開始をお待ち下さい。
>>チェイス様、参加希望者様、THE DOCTOR様】

2ヶ月前 No.23

雲魔物 @cloudian ★y43mW80rWT_ELH

【了解しました。それではこのキャラの参加希望は取り消させて頂きます。差し出がましいのですが、質問がございます。名前、容姿、能力などのみが公開されており、性格やセリフなどが公式で発表されておらず、今後発表の可能性が皆無なキャラなどの参加についての見解をお尋ねしたいです。こうしたキャラクターを参戦させる場合、性格やセリフなどにオリジナル要素を含む必要性が出てきてしまいます】


>>スレ主様

2ヶ月前 No.24

代理投稿者 @vtyjf ★4gCE4td3c0_zRF

【そこまでオリジナル要素が強くなると少しオリジナルキャラ側に寄ってしまうと思われますが……なにはともあれ、まずはその作品とキャラクターを教えていただかないことには判断しかねますので、作品とキャラクター名をお願いします>>雲魔物様】

2ヶ月前 No.25

雲魔物 @cloudian ★y43mW80rWT_ELH

【回答ありがとうございます。ここまでお手数をかけさせて誠に恐縮なのですが、やはり自分にはこのスレで上手くなりきれるキャラを持っていないことを強く実感しましたので、参加は辞退します。非常に設定が凝っていて素晴らしいスレだと思うので、陰ながら応援させていただきます。どうか、頑張ってください】

>>スレ主様

2ヶ月前 No.26

THE DOCTOR @tukuyomi07☆2nDyzvx51us ★3aNoMW8gGM_iR4

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2ヶ月前 No.27

代理投稿者 @vtyjf ★4gCE4td3c0_zRF

【非常に残念ですが、またご縁があればぜひ奮ってご参加ください>>雲魔物様】

【プロフィールに問題は見当たりませんので、本スレ開始をお待ち下さい>>THE DOCTOR様】


【OS技とソウル消費についてあやふやな表記部分が存在していたため、注釈を入れさせていただきます】

・複数osを使用する場合について。
利用できるソウルがなくなった場合でも、自分のOS技ならばソウルのない時のos技行使と同様に大きな反動を負う代わりにos技を使用できる。また、基礎レベルと同じOS技はソウル消費なしで発動できる。
(例)
基礎レベル3
所持:自分のソウル
OS1(レベル3)
OS2(レベル4)
OS3(レベル4)

OS1、OS2、OS3の順で一戦闘で使った場合
OS1(基礎レベルと同じ為消費なし)
OS2(ソウルを使用して発動。一戦闘、つまり今行っている戦闘で再使用不可)
OS3(ソウルを使用した後でリキャストが終わっていないので、一戦闘+1=この戦闘と次の戦闘では使用不可)
消費がない場合については、ソウル使用のリキャストが終わっていない場合でも自分のOS技、他人のOS技問わず発動できる。


・自分の基本レベルをosレベルの下限として、それを下回る場合にはそのPLが使う限りにおいて自動的に引き上げられる

基礎レベル3
所持:誰かのソウル
OS1(レベル2)
OS2(レベル3)
OS3(レベル4)

OS1、OS2、OS3を使用した場合
OS1(レベル3のOS技として発動する。消費なし)
OS2(レベル3のOS技として発動する。消費なし)
OS3(ソウルを消費してレベル4のOS技として発動する。一戦闘、つまり今行っている戦闘で再使用不可)
ソウルのリキャストが終わっておらず、使用できるソウルが存在しない場合OS3は使用不可。

【また、この注釈を受けましてプロフィールに変更点などございましたら気兼ねなくお申し付けください。勘違いをさせてしまうような表記をしてしまい誠に申し訳ございませんでした>>参加者ALL様】

2ヶ月前 No.28

青ニート @wakame3☆FYUOhnBVGmk ★2RykzmoSz4_iR4

【予定より遅れてしまって申し訳ございません。
 只今を以て本スレを解禁しました。以下のリンクから本スレへどうぞ。皆様の多彩なRPを楽しみにしております。
http://mb2.jp/_ni2/19739.html
>ALL

2ヶ月前 No.29

謎の生物 @vtyjf ★4gCE4td3c0_zRF

【キャラクター追加希望です。審査お願いします】


 私が帰ってきた。苦痛より歩み出た赤い霧。
 I have returned, red mist that has walked out from pain.
        」

名前:ゲブラー
読み:
性別:女
容姿:腰まで届く赤髪と、左目と右頬に走る傷が特徴的な長身の女性。グラマスな体型をしており、ボディスーツのような福の上に臍上あたりまでの竹のジャケットを羽織っている。また目は瞳が紅い三白眼である。戦闘時はフルフェイスの兜のようなものを被り、戦闘が進むごとに兜の中心に存在するモノアイが紅く光、そこを起点に蜂方向に紅い線が走り、その線に沿うように兜が展開する、というように形態が変化していく。
性格:かつては厳しく、たまに粗暴でありながらも守りたいものを守るために何が相手であろうと恐れずに戦う優しく勇敢な戦士だったが、死亡する際に守りたかったものを全て守れず死んでしまったために強い怒りを抱き続けている。文字通り怒り、狂っていると評されており、常に怒りをぶつける先を探している。
作品:Lobotomy Corporation
役割;デーモン
レベル:5
備考:作中に登場する会社が管理する化物や超常現象を引き起こす道具(以下アブノーマリティとする)が、収容違反を起こした際に武力でもって鎮圧する懲戒チームのリーダー務めている女性。
その実力は会社の中でも随一だが、それでもかつての英雄とすら讃えられていた頃と比べて天と地ほどの実力差があるようである。

主人公が見る彼女の姿は上記の通り、紅い髪の女性であるが、実はこの姿は認識のフィルター越しに見ている光景であるため本当の姿は別のものである。その真の姿は四角いボディに紅い単眼、細いロボットアームの手足を取り付けた機械であり、もはや人間とはかけ離れた姿をしている。

かつて、会社前身である研究機関の発足者の一人である女性に勧誘されて研究機関の防衛、警備を担当することとなった研究機関の中心人物九人の中の一人。
未来に於いてSF技術を有する様々な会社「翼」達と、その翼を統括する「頭」、翼を監視する「目」を中心として都市が形成された未来都市の中でも、都市の恩恵を受けられないスラムのような場所で育つ。劣悪な環境の中生き残るために力を付け、赤い霧として異名を持つほどにまで強くなった頃、前述の女性に誘われて研究機関へと所属するようになる。

その際に、研究機関の仲間や、そこで暮らす子供達を「守るもの」として、襲撃者やアブノーマリティと戦うことに生きる意味を見出していき、守護者としての生き方を選ぶようになった。
しかし、研究機関の最期、「頭」の意向に背く研究をしていた研究施設であったために「頭」から派遣された者たちに研究所を襲撃される。その際に全てのアブノーマリティの収容を解除され、未来の特異点技術で完全武装した「爪」と呼ばれる処刑人、襲撃のリーダーである女性によって引き起こされた惨劇で守りたかったものを殆ど全て失う。
どうあがいても彼女一人では救いきれない地獄を前に、しかし「爪」を鎮圧し、アブノーマリティを全て無力化した上で襲撃の首謀者までたどり着き、片腕を切り落とされながらも襲撃の首謀者と戦闘、相討ちという形で襲撃者とアブノーマリティを殲滅している。その死体よりもなお凄惨な夥しい数の傷を負っていたという。

その後、死体を利用した魂を持つ機械として蘇生された姿が本編での姿であり、かつてのように戦えないことに怒りを覚えている節も存在する。

かつての彼女を知る者からは、怒りに取り憑かれ、怒り、狂ったガラクタ、怒りを向ける先すら間違い、空を切り続けるなまくらと称されており、死の際に抱いた強い怒りに振り回されていることが伺える。
その行動原理は怒り。どれだけ被害が出ようともアブノーマリティを苦しませ、殺すことこそを優先し行動する。怒りに囚われ、守りたいものすら忘れてしまった彼女の行先はゲーム本編にて語られている。

戦闘方法はアブノーマリティから抽出された武器、E.G.O.と呼ばれる武器を使用して戦う。
曰く、E.G.O.本当の力を引き出せるのはゲブラーだけであり、人類の集合的無意識から抽出されたアブノーマリティとそのアブノーマリティから生まれたE.G.O.を使いこなすということは、他社の自我を完璧に自分のものにしているということだという。


今回のスレではゲーム内で行われる所謂ボス戦時の、かつての姿を一時的に取り戻したゲブラーとして扱う。
ボス戦の際の危険レベル設定はALEPH(作中で最も危険)であり、他のALEPHと比べても群を抜いた戦闘力を持つ。実際に他のALEPH数体がかりでさえ相手にならず、ALEPHから抽出した武器と防具を装備した職員を複数人用意しても真正面からの殴り合いで勝つことはまず不可能で、しっかりと戦ってもなお勝つのは至難。特に最終形態に至ってはすれ違うだけでも一撃で文字通り赤い霧に変えられてしまうため、きちんと作戦を組んで戦う必要がある。


支配領域:Lobotomy Corporation
配置場所:ソドム
かつて怪物たちを数多く生み出し、収容してきた未来の特異点技術を有する会社。地下へと伸びるその構造は入るものを拒み、そして決して内なるものを外へと逃さない構造となっている。
牢獄じみた頑健で重苦しい通路と、時折存在する隔壁じみた扉の収容室がかつてのその異様を想起させる。
『翼』の一つにまで数えられ、世界中に栄華を誇った会社、その一つ。だが、かつての栄光は消え失せ、今は怪物も職員もいない寂れた地下収容施設と成り果てている。

デモンズソウル:赤い霧のデモンズソウル
かつて赤い霧と呼ばれ、ただ独りで全てを守ろうとした英雄は、しかしその最期に全てを取りこぼした。
残った深い怒りは守りたかったものすら見失わせ、最後には守りたかったものすら怒りの犠牲として破壊しようとした英雄の成れの果てのデーモン。怒り、狂い、なまくらと成り果てた英雄は、ただこの地下の監獄で腐り落ちていくの。
あるいは、それこそが何も救えなかった彼女への罰なのだろう。

2ヶ月前 No.30

参加希望【魂】 @kaizelkai ★pkikHqe3nq_mgE

●一般参加者
「 魂は…永遠に不滅だ! 」

名前:天空寺 タケル
読み:てんくうじ
性別:男
容姿:茶髪の好青年。年齢は18歳。花柄の着物風ジャケットに黒いデニム生地のズボン、ブーツを着用。
性格:基本的には心優しく温厚な性格だが、自身が死を経験している為に「命」に関わる事柄については真剣に向き合っている。その為、目的達成の為なら人の命を平気で弄ぶ者や自分の命を簡単に捨てようとする人間に対しては怒りを露わにしている。加えて、自分の命に関わる事でも、他人を犠牲にしない事を第一にしている。
作品:仮面ライダーゴースト
誓約:同盟者
初期レベル:レベル4
備考:18歳になった誕生日に郵便配達人の小野寺から、父の贈り物として「眼魂」と呼ばれる謎のアイテムを手に入れる。 その直後に眼魂を求めて現れた「眼魔」に襲われ、そのうちの一人である刀眼魔からアカリと御成を守る際に、彼らを庇って死亡してしまう。 しかしあの世へ行きかけていたところを仙人を名乗る謎の老人に助けられる。 仙人から眼魂や眼魔のことを聞かされたタケルは、己の運命に立ち向かうことを決意する。 それを聞いた仙人は彼にゴーストドライバーを授け、仮初めの命を与えた上で現世に復活させる。 「99日以内に15個の英雄の眼魂を集めれば復活できる」と伝えて、復活したタケルはドライバーと眼魂を用いてゴーストに変身。苦戦の末2体の眼魔を撃破する。
以降は完全に生き返るために、そして眼魔の野望を打ち砕くために、99日以内に15個の英雄の眼魂を集めるべく闘いに身を投じていく。


【仮面ライダーゴースト】
天空寺タケルが変身する人魂の尻尾を模した一本角の仮面ライダー。ゴーストドライバーと眼魂(アイコン)を使用する。基本形態の【仮面ライダーゴースト オレ魂】から英雄眼魂を使用することで、フォームチェンジが可能。基本武器のガンガンセイバーは両刃剣、二刀流、銃、ナギナタと四つのモードに切り替える事が可能で、更にゴーストガジェットと合体することで派生形態の専用武器に変形させることができる。


【闘魂ブーストゴースト眼魂】
天空寺タケルが死後の世界で亡き父・龍から授かった眼魂。ゴーストドライバーを使用することで仮面ライダーゴースト 闘魂ブースト魂に変身する。。赤と黒の闘魂ブーストゴーストを纏った強化形態。顔全体が複眼状になっている点はオレ魂と変わらないが、黒い模様は炎をかたどっている。襟の先端にも炎のようなパーツが付き、さらに額の一本角も火炎の意匠となっている。
専用武器のサングラスラッシャーは銃と剣の二形態の武器であり、眼魂を二つをセットすると、必殺技が発動する。また、破壊されてもゴーストドライバーから何度でも呼び出せる。各種の英雄眼魂を使ってのフォームチェンジは可能、オレ魂よりも強化された形態の姿となる。


【アイコンドライバーG】
仮面ライダーゴースト グレイトフル魂への変身に使用されるゴースト眼魂型の変身ベルト。重厚で黒く、金のラインが入っており、複眼の色も金色、頭部のデザインは15人の英雄の装飾があり、全身の鎧には15のマスクの図柄が表示されている。全て窓のマークを英雄の図柄に切り替えてボタンを押すことで図柄に応じた英雄のパーカーゴーストを召喚でき、再びボタンを押すと召喚されたパーカーゴーストに応じてオメガフォーメーションを発動する。上記の武器をそのまま使用が可能。


【ムゲンゴースト眼魂】
仮面ライダーゴースト ムゲン魂へ変身する眼魂。アカリ・御成・マコト・アラン・シブヤ・ナリタ・カノンの強い想いを受けて蘇ったタケルが生み出した奇跡の眼魂。白銀を基調した外見に変化し、全身の装甲に∞が描かれる。頭部に現れる、複眼を半分隠すほどのラメ入り透明バイザーはゴーストドライバー同様に布のしわをイメージした段差が設けられている。また、より大きくなった一角は半透明の虹色に染まっている。
専用武器は存在せず、ガンガンセイバー単体による戦闘を行う。また、ガンガンセイバーはゴーストチェンジを介さずに全モードが任意で変形・使用が可能。七つの感情から力を得ることで繰り出される必殺技が使用が可能。

同盟者の誓約のもと、人間を救うために行動する。




ソウル:【無限の可能性のソウル】
人間の無限の可能性を秘めたソウル。

自身の命を落す事から始まった物語は、やがて未来へと紡いでいく。青年は偉大な眼に願った、普通の人間として生き返りたいと。そして、ついに仲間と一緒に食事をする事が出来た。

OS技【合体霊獣イグアナゴーストライカー】レベル4
ゴーストの支援バイク【マシンゴーストライカー】と2本脚が付いた巨大な幽霊船【キャプテンゴースト】を召喚、二つを合体させる事で巨大なイグアナ型ユニットになる。他の支援マシンと同様に自律行動を可能としている他、壁を垂直によじ登れるほどの脚力や厚さ30cmの金属装甲をも粉々に噛み砕く鋭い牙と強力な顎、と言った優れた戦闘能力を有している。またモチーフ元のイグアナ同様4足歩行で活動しており、鳴き声を発する。


OS技【オメガドライブ】レベル5

・ドライバーのレバーを1回引いてから押し込み、の音声と共に発動する。フォームによってそれぞれの必殺技が発動する。


人間性を捧げよ


【参加希望です。審査の方をよろしくお願い致します。】

2ヶ月前 No.31

青ニート @wakame3☆FYUOhnBVGmk ★2RykzmoSz4_zRF

【キャラ追加問題ありません。追加許可します】
>謎の生物様、

【プロフ等問題ございません、参加許可します】
>参加希望【魂】様

2ヶ月前 No.32

デトロイトのボブ @wakame3☆FYUOhnBVGmk ★2RykzmoSz4_zRF

●一般参加者
「惨たらしく絶命しろ」
名前:エミヤ[オルタ]
読み:
性別:男
容姿:黒い肌と白い髪、囚人の手錠のような腕輪を嵌めた男。黒い肌の隅々には罅割れ痕のような傷跡を負っており、元の人間の面影は欠片もうかがえない。
性格:理想も思想もなく、悪に加担しようが善で抗おうが、最終的に帳尻を合わせる。
 それ故に効率の良さを可能な限り優先しており、自身も「機械と同じ」などと嘯き、皮肉な言動も同名の守護者よりもやや辛辣となっている。
 様々な意味合いに置いて根本の部分で腐り果てており、戦闘に用いられない感覚などはほとんど切り捨てられている。そのため正義の味方でありながら悪行を良しとし、目的遂行のためには情け容赦ない殺戮を執行し、遊びも同情も挟まず、ただ処理すべきものを処理すべきように殺す。
 己が反転しようが好ましくなかろうが、傭兵である以上は仕事を全うし、それ以外の全ては些事でしかないと割り切る。
作品:Fate/Grand Order
誓約:狂戦士
初期レベル:3
備考:
『Fate/Grand Order』亜種特異点T『悪性隔絶魔境 新宿』では西暦1999年の新宿において召喚された。
 ある人物から魔神柱バアルの討伐を依頼されたが、召喚先ではほぼ味方がいなかったため、自身を召喚した悪のモリアーティ扮するバアルに与することになる。
 最終盤でバアルが正体を現したことを察した彼は反旗を翻し、同じくバアルと敵対する主人公たちに共闘を持ちかけた。
 バアルの撃破に成功するものの、七発目の魔弾、宇宙から放たれた隕石を迎撃するためにアルトリア・オルタと共に戦列を離れた。全てが終わったあと、主人公やジャンヌ・オルタに皮肉をぶつけながら退去した。
 その後、期間限定イベント『BBちゃんの逆襲/電子の海で会いましょう!』において、主人公と共にカルデアから同伴したサーヴァントとして再登場。
 目的が主人公陣営の中で一人だけ異質なため度々疑いの目を向けられつつもセラフィックスでの戦いを続けていくが、事態の黒幕にして生前よりの因縁の相手に思わぬ場面で襲われ敗北。
 操られて主人公たちの前に敵として立ちはだかる事態となるが……?

 社会が生み出した無銘でなく、自ら名を捨て失墜した無心の執行者。
 記憶も過去も喪った反英雄は道徳を見切り、親愛を蔑み、生きる屍となった己を嗤い続ける。
 無論、一人の人間の人生がこうまで変貌するには理由がある。
 剣の如き強靭な男の魂を失墜させたのは、聖母の如き慈愛を持つ一人の女だったと言われている。
 様々な国の権力者、科学者などは、あるいは心に傷を負っており、あるいはその異才から世間に交ざれなかったという心の闇を抱えていた。
 ある世界のある国に起きた新興宗教は、教主の女がそんな彼らを救うために――――否、単に気まぐれで創立させたにすぎない。
 世界を変えるだけの知識と技術を持った才人が集まったために多くの先進国が危険視したが、その組織には悪の理念もなく、教主の女を除いてただの一人も悪人はいなかった。
 世界でただ一人、その女の末路と人類悪になりうる素質に気が付いた男は、自分の信念を曲げてでも必ず殺すことを決意した。
 男はこの魔性を追い詰めるために、その過程で多くの信者たちを手にかけたが、その女は自らビルの屋上から飛び降りてしまう。
 悪逆の報いを受けさせることも叶わず、ただ『無辜の民を殺した』のみの存在となってしまった男は、彼らの命に殉じるように魔道に落ちたという。

 武器は投影魔術によって生成した宝具『干将・莫耶』という陰陽二振りの短剣。
 これを根底から改造し、刃のついた二丁の拳銃として銃撃・斬撃に使用している他、双剣に戻し柄の部分を連結させて使用することもある。
 なお本人としては効率よく殺害を実行できるから愛用しているにすぎず、エミヤが重視していた作り手の心意気や担い手の誇りなどクソ食らえと言い切り、拘りなどまったく持っていない。

 当スレでは早々の段階でデーモンを根絶することは不可能と判断し、ソウルを収集することを最優先に行動する。
 世界を維持する最適解のために、彼は手段を択ばない。

 OS技
 『無限の剣製(アンリミテッド・ロストワークス)』
  OSレベル:4
 『無限の剣製』は剣を鍛える事に特化した魔術師が生涯をかけて辿り着いたひとつの極地である。
 この固有結界には彼が見た「剣」の概念を持つ兵器、そのすべてが蓄積されている。
 ……が、この男の『無限の剣製』は何と相手の体内に生じる。放たれた弾丸を基点とした極小の固有結界は、着弾した相手の体内で凄まじい威力となって相手を破裂させる。


ソウル:消えかけのソウル
 故も知らぬ消えかけのソウル。
 名もない亡者(ロストマン)の経歴など、敢えて語ることもあるまい。

 OS技は『無限の剣製』。

【キャラ追加します】

2ヶ月前 No.33

楽聖 @akuta ★Android=8Sr3SxYeQ0

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2ヶ月前 No.34

スレ主 @wakame3☆FYUOhnBVGmk ★2RykzmoSz4_zRF

【プロフィールのOS技欄に不備があるので、もう一度読み直して練り直してください】
>楽聖様

2ヶ月前 No.35

楽聖 @akuta ★Android=8Sr3SxYeQ0

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2ヶ月前 No.36

乃木若葉 @wakame3☆FYUOhnBVGmk ★2RykzmoSz4_zRF

【問題ありません。参加を許可します。どうぞお楽しみください】
>楽聖様

2ヶ月前 No.37

シュピーネさん @aroundight☆SdjaOljKHtOm ★msJh1WzJ3A_8gk

「シグマは誤った! 世界を変える力を持つのはお前じゃない!」
「この俺だ! VAVAだ!」

名前
 VAVA

読み
 ヴァヴァ

性別
 男性

容姿
 紫を基調にしたボディを持つ「レプリロイド」と呼ばれるヒューマノイド型のロボット。
 特徴的なのは肩のキャノン。

性格
 執念深く、異常なまでに好戦的。ゼロ曰く『イレギュラーと紙一重』。
 その好戦ぶりは『犯罪を起こす・人間に危害を加えるような行為を起こすレプリロイドを捕縛・破壊する』ことを目的としたイレギュラーハンターでありながら、その行動を問題視されて拘束されていたほど。
 エックスに対する強い執着心を持っているが、それは『ロックマン』という伝説を破壊するため。
 ひいては―――

作品
 イレギュラーハンターX

誓約
 狂戦士

初期レベル
 3

備考
 元イレギュラーハンター第17精鋭部隊所属。エックスやゼロの元同僚。
 優れた力を持つイレギュラーハンターでありながら、電子頭脳回路に異常がありイレギュラー以上の残忍さを持っており、その圧倒的火力に任せて行動し、周囲の被害も考えず暴れまわる危険人物でもあった。
 任務においても本来最小限に食い止めるべき被害を逆に拡大させてしまうこともたびたびあり、揉め事が絶えなかったために、とうとうハンター本部に留置されることとなる。そしてまもなく反乱を起こしたシグマの手により再び自由を手に入れ、シグマのように「自らイレギュラー化する」道を選んだ。

 ………エックスを倒し、自分こそが世界の脅威であると知らしめるために。
    もしくは、世界に自身の存在を認めさせるために―――。

 上司であるシグマの計画に乗り、ライドアーマーを駆使して破壊行為を行い、エックスたちを追い詰める。 ほぼ全ての作品においてライドアーマーに搭乗して戦いを挑んでくるため、彼との戦いは実質的に二連戦となる。
 実は、当時作業用機械に過ぎなかったライドアーマーを初めて実戦に投入したレプリロイドであり、戦術に革命を起こした存在として、作中世界の戦史で重要なポジションにいたりする。

 腕、足、肩、複数の箇所に無数の武器を搭載しており、動く武器庫もかくやの火力を持つ。
 その火力に見合わない軽快さもまた兼ね備えており、
 イレギュラーハンターであった時代には多くの者から一目置かれていた。その残虐性さえなければ。

 ―――魂無きレプリロイドが、この世界にソウルという形で現れた意味を知ることはない。
    しかし、VAVAは死後に再びこの地に蘇り。
    自らの手で世界に自分の存在を知らしめる手段を手に入れた。


 ………ならば昔と同じだ。
    ・・・・・・・・・ ・・・・
    気に食わないものを、ブッ潰す。


ソウル:『イレギュラーのソウル』
 眼を焼くような紫光を放つ、歪な形状のソウル。

 高度な機能を持つ彼らの、いわば“ツケ”としてその言葉は存在する。
 だからこそ、なのか。そいつは自分から、狂う修羅へと―――鬼に転じた。

 そのソウルが宿す光が片端から自分を焼き払い、燃え尽きるまで瞬き続けるように。
 男もまた、その狂気を鬼と変え、燃え尽きる刹那まで世界に自分を刻み続けるのだ。

OS技
【ライドアーマー】 Lv4
 元々は土木作業用のメカニロイド。4m程度の巨大な兵器。
 その高い戦闘能力から戦場にも出されるようになったが、始めてこれを戦闘用の機体へと改造・運用したのはVAVAである。その機体出力は通常のレプリロイドとは比較にならず、装甲も作中にてトップクラスのイレギュラーハンターであるゼロが自爆してまで、やっと破損させられるほどの圧倒的な堅牢さを兼ね備えていた。
 VAVAの乗機は従来の機体と比べて大きく改造が施されており、搭載されたガトリング砲と強力なアームによる格闘戦………近距離での機動戦に秀でるという特徴を持つ。

 本来はVAVAのエネルギーを用いて使用されるものではないし、此処に実体を持つはずもない。
 ないのだが、そこは彼の魂と呼べるだけの“なにか”に刻まれただけはあり、
 何処からともなく呼び出され、ソウルがある限りは万全の状態で交戦出来る。



―――



「(台詞描写がない)」

名前
 シャレード

性別
 不明

容姿
 赤い巨大な目玉を腹部に埋め込み、外骨格のようなパーツで肉体を構成した人型。
 金色の瘴気と邪気を散らした歪なヒトのかたちを持つだけの化外。

性格
 性格らしきものがあるのかどうかは不明。
 ただしソウルエッジの欠片を求めて彷徨っているということ、ソウルキャリバーUの『ウェポンマスター』では邪悪な意思としてプレイヤーに襲ってきたこと、さらにこの『シャレード』を構築する亡骸は、生前強い執着を欠片に持っていたこと………などから、ソウルエッジの欠片やそれに似た邪気に反応し、貪り食らおうとすることは間違いない。

作品
 ソウルキャリバーU

役割:デーモン
レベル:4

備考
 ある噂曰く、最強の武器。
 ある噂曰く、英雄の剣。
 ある噂曰く、強い霊力を宿した妖剣。
 不老不死への鍵。この上ない秘宝。万病の薬、救国の聖剣、最後の幻想、死者蘇生の礎………。

 その所在、真偽は不明のまま噂だけが様々な伝説・伝承として世界中に広がるソウルエッジ。
 だがその正体は、人の魂を喰らう邪剣であったとされる―――。

 ………生前、ソウルエッジの欠片に強い執着を持っていた冒険家の男が盗賊に殺され、その亡骸をソウルエッジの欠片が吸収した。その結果生まれたのが、このシャレードと呼ばれる存在である。
 他の欠片を求めてさまよっており、出会った者に反応して流派を覚えてきた。
 シャレードが毎回のように違う武器を作り出し、それに沿った適切な武術にて戦闘を行う。それ故に変幻自在、予測不能。殺すだけ強くなる………殺人剣として、皮肉なほどに完成した人外の器である。

 そして、それはこの世界においても変わらない。
 デーモンとして呼び起こされたこの存在は、今もなお、
 強いソウル、強き意思に反応し、それを貪り食らうことで欠片を繋げ、力を強めている。

支配領域:湖畔の闘技場
配置場所:絶境の大聖堂

 四方を水面に囲まれ、中世のコロッセオの如く周囲を観客席が覆い尽くした湖畔の闘技場。
 水面に落ちた場合、リングアウトの結末を引き起こしてしまった場合についての保障はない。

 嘗てその地にて、剣士たちは己の信念をぶつけ、野望を燃え上がらせてきたという。
 一つの剣と伝説を求めた彼らの物語は、同じく剣によって語られてきた物語を持つ聖堂の何処かへと繋がり、静かに誰かを待っている。

 ………来訪する者には、ただ二つの選択権がある。
    死か、生。その二つのみだ。


デモンズソウル:剣士たちのソウル
 静かに脈打ち、あまたに色を変える変幻自在のソウル。
 そのソウルには、いくつもの物語が秘められている。
 かつて語り継がれた伝説の、各々の想いで以て追いかけた剣士たちの物語が。


【追加希望です〜】

2ヶ月前 No.38

乃木若葉 @wakame3☆FYUOhnBVGmk ★2RykzmoSz4_zRF

【追加審査、特に問題ありません。
 追加を許可します】
>シュピーネさん

2ヶ月前 No.39

人生の迷子 @genmwhite ★z1C7w6TMOe_ncl

●一般参加者

「君の煉罪を裁く……!」

名前:アサキム・ドーウィン
読み:───
性別:男
容姿:全身が隠れるクロークに近い黒衣を纏った青年。
   両腕が鎖に繋がれており、左足にも同様の鎖が繋がれている。瞳だけが紅いのが特徴。
性格:冷酷にも温厚にも取れる両極端な性格。
   素の性格はどうやら義理堅く人情味のある人物であるらしいが、立ち寄った世界全てで敵を作って来たらしく、本人も「痛罵には慣れている」と述べているなど完全に開き直ってしまっている。
   また、隠喩や暗喩、遠まわしな表現や独特の名詞を多用した特徴的な台詞回しが特徴的。
作品:スーパーロボット大戦Z
誓約:破壊者
初期レベル:3
備考:
 人型機動兵器のシュロウガを駆る青年。
 「無限獄」と評している状態にあり、「過去に大罪を犯し、死ねない身体となった」人間であると発言している。
 「太極」に到れば、無限獄に囚われた自身の運命を解放することが出来るとのことで、そのために必要な12の鍵「スフィア」を求めて平行世界間の転移を繰り返す中で、Zシリーズの世界にも転移する結果となったことを告白している。
 つまる所彼の目的は、極論すれば「死という終わりを迎える事」、もっと言えば「自身の存在の完全な消滅」であるのだが、それに至るために「死なない存在」という自身の不滅を最大に利用しているのは皮肉としか言いようがない。

 ……と、アサキム自身は思っていたが、その正体は、乗り手を失ったシュロウガがそれを補い、孤独を癒すため、本来のパイロットを模して自ら構築した実体を持つ虚像であり、大罪にまつわる過去などは最初から存在しなかった。
 アサキム自身はシュロウガが撃墜されるたびに消滅しており、復活したシュロウガがその瞬間までの記憶をダウンロードして再構築していた、というのが不死身のカラクリである。随所で見せていた意味深なモノローグや言動は、全てシュロウガの記憶であり、アサキムのものではなかった。

 当スレでも、再現元と同様の「完全な消滅」を目的として行動するが……。

 目的のためであれば手段を選ばないため、旅人や同盟者も平然として狙う。

<シュロウガ>
 アサキム・ドーウィンが駆る漆黒の人型機動兵器。スフィアの一つ「夢見る双魚」を搭載したスフィア搭載機。
 驚異的なスピードや高速形態への変形機構、武装の構成、そして魔術的要素などと、風の魔装機神と呼ばれる存在と様々な要素が酷似しているが、詳細は不明。
 通常時は「黒神形態」、巡航時は「黒鳥形態」と呼称される。
 アサキム本人に戦闘能力が存在しない(そもそも存在からして虚像なので無くて当然だが)ので、当スレッドにおいてはシュロウガを本来の「30.3m」からダウンサイジングし、「2m」程度の大きさを持つアサキムの鎧として扱う。
 当然ながらソウルによって再現されたものであり、シュロウガが破壊されることはアサキムの死を意味する。

 しかし、この状態のシュロウガは不完全な状態である。
 ソウルを集め続けることで、本来の姿へと変わる───かもしれない。

・ラスター・エッジ
 「邪眼の光」。額のクリスタルから光線を放つ。牽制用の武器として運用出来る。

・ディスキャリバー
 正式名称は「魔王剣・ディスキャリバー」。

・トラジック・ジェノサイダー
 誘導兵器。数基の「黒き獄鳥」を飛ばし、黒い光線を発射する。また、この「黒き獄鳥」は相手に突っ込んで直接攻撃することも可能。

ソウル:〈無限獄のソウル〉
 大罪を犯した呪われし放浪者のソウル。
 破界と再世を繰り返し、天の獄に囚われた哀れな放浪者は、此度も”死ぬ”ために、不滅の体を用いてあらゆる手を尽くす。
 その呪いと不滅が、偽りのものとも知らぬまま───。

OS技
 <ランブリング・ディスキャリバー>
 レベル:3
 ディスキャリバーを用いて高速で相手を切り刻み、その軌跡で魔法陣を描き、爆裂させる。
 魔法陣の構成物質はこの手の技お決まりの残像や噴射炎の類ではなくシュロウガの血。ディスキャリバー召喚時に手のひらに傷をつけているようだ。

OS技
 <エンブラス・ジ・インフェルノ>
 レベル:4
 「獄炎の抱擁」。機体から黒い炎を広範囲に放射する。

OS技
 <レイ・バスター>
 レベル:5
 空間に魔法陣を描き、そこに突撃して機体を鳥型の高速巡航モードに変形(転神)し、相手に突貫して虚数空間に引きずり込んで破壊する。
 この時シュロウガが高速巡航モードに変形しているが、中のアサキムがどうなっているかは敢えて言及しないものとする。


 『人間性を捧げよ』

【参加希望です、審査をお願い致します】

2ヶ月前 No.40

乃木若葉 @wakame3☆FYUOhnBVGmk ★iPhone=J0YaY6uldU

【プロフ等とくに問題ありません。参加許可します】

>人生の迷子様

2ヶ月前 No.41

牛若丸☆4H2CCC.TU8ct ★Android=bH29VCQuKA

●デーモン

「(セリフなし)」

名前:ネルギガンテ
読み:ねるぎがんて
性別:?
容姿:全身から無数の黒い棘を生やした大型の龍。彼(彼女?)の攻撃的な習性を吹聴するように獰猛な外見をしている。
性格:とにかく凶暴で好戦的。目に映るものすべてを徹底的に攻撃して破壊する。
作品:モンスターハンターワールド
役割:デーモン
レベル:5
備考:
 新大陸に生息する大型の古龍種。
 その様子から「全てを滅する古龍」と噂され、ハンターズギルドでは“滅尽龍”と呼称している。
 古龍種は普通周囲の環境にも影響を与える特異な能力を持ち、天災級に匹敵するほどの種も存在する。
 が、ネルギガンテについてはそのような外界にまで直接影響を与える能力は確認されていない。
 ただしネルギガンテは驚異的な自己再生能力を持つ。
 ネルギガンテは全身に鋭い棘を持ちそれを武器としているが、その棘はいくら砕けようとも本体が健在な限り何度でも再生する。
 修復直後の棘は白く強度は弱い。しかしある程度経つと黒ずんで硬質化し、破損から数分もすればより攻撃性を増した形に更新される。

 目撃報告は非常に少なく出現も極めて稀で、更にその攻撃性と凶暴性から調査は難航を極め、長らく謎の生物として扱われていた。
 しかし調査が進むにつれて、ネルギガンテは大型の古龍種を積極的に襲って捕食するという生態が突き止められた。
 天災のような力を持つ古龍をねじ伏せる、まさに「全てを滅する」古龍。
 今回のスレでは古龍の中でもひときわ強力な“歴戦の個体”。
 攻撃力も体力も通常種よりずっと上の手強さで旅人たちの前に立ちはだかる。

支配領域:龍結晶の地
配置場所:ファランの森
 地脈を流れる古龍の生体エネルギーが結晶化した“龍結晶”があちらこちらに生えているフィールド。
 結晶には莫大なエネルギーが込もっており、それ由来の養分に引き寄せられて強力なモンスターが集まってくる。

デモンズソウル:『滅尽龍のソウル』
 ネルギガンテのデモンズソウル。
 何度となく戦いを繰り広げ、龍を食らい――討伐される最後の瞬間まで敵を攻撃し続けた熾烈な魂。

“人間性を捧げよ”

【追加のプロフィール提出させていただきます!すべての能力値が段違いに高い歴戦の個体ならレベル5あるかな?と思って設定しましたが。もし問題があれば変更しますね。】

2ヶ月前 No.42

エミヤオルタ @wakame3☆FYUOhnBVGmk ★2RykzmoSz4_zRF

【返信が遅れて申し訳ありません。
 ネルギガンテだ。(驚愕)
 それはともかく、レベル5に位置するデーモンは、殆ど神様やそれに匹敵する者を倒す域の存在でして、モンハンで言うならば古龍の中でも祖龍ミラボレアスやアルバトリオンのような神話級の存在をイメージしてます。
 またスレ序盤ということもあってあんまりレベルの高いボスが氾濫しても厳しいので、スレ主的には1レべル下げて参加していただければありがたいです。
 一応、再生能力などのタフさはレベル4の中でも抜きんでているというように調整していただいて構いません。
 また、あくまでネルギガンテで、レベル5としてどうしても使用したい、という場合ならばあなたの意向を尊重しますが、いかがなさいますか?】
>牛若丸様

2ヶ月前 No.43

牛若丸☆4H2CCC.TU8ct ★Android=bH29VCQuKA

〉スレ主様
【分かりました!元ネタのゲームをプレイしていなかったものでちょっと理解が浅かったです、ごめんなさい。ではレベルをひとつ下げて、レベル4のデーモンとして参加させていただければなと思いますー。】

2ヶ月前 No.44

参加希望Q @cube☆PjfbxfTdjqg ★NOqfHWEYJo_yoD

●一般参加者

「鼻血がなんぼのもんデスか!」
「確かにアタシはお気楽デス! だけど…誰かひとりくらい、何も背負ってないお気楽者がいないと! もしもの時に重荷を肩代わりできないじゃないデスか」

名前:暁切歌
読み:あかつききりか
性別:女性

容姿:身長155cm。金髪の少女。
変身時は魔女の帽子のようなヘッドギアと、肩部プロテクターを兼ねた小型ブースターを装着する。アームドギアは鎌で主に近接戦闘用の斬撃兵器。

性格:歳相応に明るく、快活な性格。
自らを常識人と自称するがその「一般常識」についても一般大衆の抱くそれとは若干のズレがある模様。
加えて語尾に「デス」と付け、困った時もとりあえず「デェス!」と叫ぶその語彙センスは独特。

作品:戦姫絶唱シンフォギアシリーズ
誓約:同盟者
初期レベル:2
備考:第2期より登場。シンフォギアシステム「イガリマ」装者である後天的適合者。元々は武装組織「フィーネ」の一員で、常に調と共に行動をしている。
マリアやセレナ、調らとともに、アメリカの聖遺物研究機関F.I.S.にてフィーネの魂の器を見出す観測対象「レセプターチルドレン」として扱われてきた暗い過去を持つ。
F.I.S.に引き取られる前のことは何も覚えておらず、自分の本当の誕生日も知らないことから、せめて他人の誕生日は大切にしたいと思っている。

▽「SG-i02 Igalima」
 女神ザババの振るいし碧刃で、メインカラーは白と緑。聖詠は「Zeios igalima raizen tron」
 武器となる「アームドギア」は魂を切り刻む翠の大鎌。普段はステッキ状の小振りな鎌であるが、用途に応じて巨大化し、中・近距離戦で威力を発揮する。
 非使用時は肩アーマーに収納されており、両肩から同じものを取り出した二刀展開も可能。 また、両肩のアーマーはアンカーとしての機能を有する他、バーニアを内蔵し、これを駆使することで空中での機動戦を展開する事が可能となっている。
 調の「シュルシャガナ」とは対になっており、同時運用によるユニゾンで性能を引き上げる。また戦闘曲も似た曲調・歌詞となっている。

OS技:「絶唱 鏖裁・號OォT壊eル」
OSレベル:レベル5
 シンフォギアが最大にして最強の攻撃手段。
 本来はエネルギーの運用効率を高めるアームドギアを介して放たれるものであり、その特性はシンフォギアごとに異なる。
 歌唱にて増幅したエネルギーを一気に放出し、対象にクリティカルなダメージを与える事が出来る反面、そのバックファイアはシンフォギアを身に纏った肉体であっても負荷を軽減しきれない程に絶大という、まさに諸刃の剣といえる奥の手である。
 切歌の場合、アームドギアを更に巨大な凶鎌へと変形させ、対象の魂を一閃し、物質的な防御を無力化するというより死神らしい能力を発現する。また、魔法の箒のように跨って空中移動することもできる。

OS技:「イグナイトモジュール」
OSレベル:以下参照
 イグナイトモジュールを抜剣する事で装者の心の闇を増幅させ、意図的にシンフォギアの暴走を引き起こすが、これをモジュールに設けられた三段階のセーフティ、そして装者の強い心と英知を以って制御する事で理性と意識を保ったまま暴走状態と同等の出力を発揮。
 更に状況判断や戦闘技術をそこに付加価値として組み込む事によって単純な数値以上の戦闘能力を向上させている。戦闘で放出されるエネルギーは圧倒的な攻撃力として出力されるのみならず、反作用として装者自身にも跳ね返ってくる為、これを抑える為に防御力、耐久性の向上が行われている。
 設けられたセーフティは段階的にリリースする事ができ、999カウントの使用制限時間は第一抜剣状態であるニグレドからアルベド、ルベドと段階を進める毎に高速で消費されていき、カウントが0になると強制的にギアが解除される仕様となっている。

 第一抜剣の時点でも戦闘力は上昇するが、初期レベルの域はまだ超えられない。
 しかし、第ニ抜剣で「レベル3」、第三抜剣で「レベル4」へと上昇していき、その段階によって使用制限時間も限られていく。

ソウル:《獄鎌のソウル》
 暗い過去を経験しようとも己は輝かしく有り続ける。
 其れは不屈の闘志を胸に、歌い戦い続ける少女の魂。
 仲間との絆を大事にし、遍く全ての弱きを救う。そのためならば彼女は世界を相手に戦うことも辞さない。



●一般参加者

「おれはもう……お前を格下とは思わねェ」

名前:シャーロット・カタクリ
読み:
性別:男性

容姿:身長509cmの長身の整った筋肉質の男。
着用しているジャケットにはシャーロットの文字とドクロの装飾が刻まれている。
常に肩幅ほどもある大きなファーを首に巻き、両手には手袋をはめている。
普段隠している口元は”裂けた頬を縫っており、口からは鬼のような禍々しい牙が生えている”

性格:冷静沈着で感情を表に出すことは極めて少なく、状況を見て自分に出来る最善を尽くす。
本人も周囲からの期待・イメージにこたえて上記のような”地に背をつけることもない完璧な男”でいる様に努めているが――。
素の本人は、母と同様にお菓子が大好きで、普通に“寝そべって”だらけていたいこともあるという一面もある。

作品:ONE PIECE
誓約:滞留者

※当スレでは「滞留者」として、この世界の行く末をひっそりと静観している。
 死んだという認識はあるが、どういう経緯で此処へ至ったのかは分からず、知ろうとも思っていない。
 ただ死という事実を受け入れ、召喚されたこの世界において、己の成すべきものは無いと断じて、滞留している。

 ―――しかし、彼もまた「一人の戦士」であり。
 心の何処かでは己の冷え切った闘志に火を灯すような熱き魂(ソウル)を備えた人物との闘争を望んでいるのかもしれない。

初期レベル:4
備考:
「四皇」シャーロット・リンリン率いるビッグ・マム海賊団の幹部にして、シャーロット家次男。年齢:48歳。懸賞金:10億5700万ベリー
ビッグマム海賊団最高戦力スイート3将星の一人。万国(トットランド)では粉大臣を兼任。 3将星の中でも最強の実力者と称され、カポネ・ベッジも動揺と警戒を露わにする程である。
大海賊団の大幹部という物騒な肩書きとは裏腹に、家族や部下に対して寛容な人格者であり、失態を起こしても軽い叱責のみで済ませたり、弟妹の危機には救助している。

 基本的には覚醒段階にまで至った悪魔の実の能力と強力な武装色・見聞色の覇気を併用した拳や脚技を使った白兵戦をメインとする。
  覚醒を使用しない場合は、見聞色の覇気による未来予知を下地に、三叉槍「土竜」による刺突や餅の身体による手数の多さや膨張を活かした隙を見せない格闘戦を主体とする。

 ▽「悪魔の実:モチモチの実」
 身体が餅になっており、自然系のような原形を留めない性質を有している事から様々な形に変形・分割させられる。
 また、覚醒しているため、周囲の物体を餅に変換する、変換した餅から新たな餅を生成する、変換した餅と同化する芸当も可能。
作中では身体を穴だらけにしたり身体全体を「ドーナツ状の餅」・「流動するドロドロ状の餅」に変化させたりした他、上半身と下半身が分断したり攻撃の為に腕を射出したりしている。
 身体が分断・切断されても実体には影響せず、自然系と同じように分割した身体から自身を再構成する。カタクリはモチモチの実の変形能力と「見聞色の覇気」を併用する事で、相手の攻撃に合わせて体を効率よく変形させ、回避することができる。

OS技:▽「見聞色の覇気」
OSレベル:4
 カタクリは自身が見たものの気配から、その先の言動や行動を「約数秒」程度、無意識に超高度の予測をすることができ、それゆえ予知のレベルで『視る』ことができる。
 しかし、万能というわけではなく、自分がカバーしていない周囲で起きた出来事や見えないところからの不意打ちなどには中々対処できず、それゆえ乱戦・乱入には弱い一面もある。
 加えて長期戦になればなるほど覇気の消耗によって予知の精度が低下する可能性・カタクリ自身が消耗していく点があり、爆弾の爆発といった人の意思・気配が介在しないような出来事も予知はできず、カタクリが冷静さを失ってしまえば未来予知もできなくなる。

OS技:▽「武装色の覇気」
OSレベル:4
 モチモチの実と武装色の覇気”硬化”を組み合わせることで、餅特有の弾力及び粘着力と武装色特有の硬度を併せ持たせられる。
 しかし、硬度を高めた餅と武装色の覇気を併用する場合は硬化により更に硬度を高められる代わりに餅の粘着力が消える場合がある。

OS技:▽「覇王色の覇気」
OSレベル:5
 覇気の中でも特殊な種類の覇気。
 数百万人に1人しか素質を持たないが、世界で名を上げる大物はおおよそこの資質を備えているという。
 “王の資質”を持つとされ、敵を威圧し場合によっては気絶させる事も出来る。なお、物理的破壊力は現時点では明らかではないため、
 当スレでは、MOBクラスの格下の相手に対してのみ効果を発揮するものとする。

ソウル:《超人無敗のソウル》
 生まれてこの方一度も背中を地面につけたことがない超人。
 更に、何十年もの間海賊として活動している中で一度たりとも敗北を喫していない無敗の男。
 「いつも気高く冷静で強くすべてが完璧な人間」と見なされ、シャーロット家の最高傑作と評されている。


「人間性を捧げよ」
【参加希望です。審査の程を宜しくおねがいします】

2ヶ月前 No.45

エミヤオルタ @wakame3☆FYUOhnBVGmk ★2RykzmoSz4_zRF

【審査特に問題はございません
 参加許可します。どうぞお楽しみください】
>参加希望Q様

2ヶ月前 No.46

アサキム・ドーウィン @genmwhite ★z1C7w6TMOe_ncl

●一般参加者
「俺は全てを失った…信じるべき正義も、組織も、愛する者も、何もかも…。
 だから最後に残ったものだけは、失いたくない!信じられる、仲間だけは!!」

名前:橘朔也
読み:タチバナ サクヤ
性別:男性
容姿:
 黒いシャツの上にオリーブグリーン色のジャケットを着ている黒髪の青年。
 仮面ライダーギャレンに変身した際は、基本カラーはワインレッドで、複眼の色は緑、そして銀色のアーマーを纏った姿となる。ノコギリクワガタをイメージしており、ダイヤのマークを二分割することでクワガタの角をイメージしている。

性格:
 生真面目な性格であり自分の身よりも仲間の身を案じるような気の良い人なのだが、不器用で愚直な面もある為、恐怖心に苛まれたり、他人に騙され利用される事などが多い。行動だけを見ればむしろマクロな視点を持っているとも言える。
 言い換えれば他者の意見を尊重する男であり、良くも悪くも自分を貫き通すのみのライダーの中で、周囲への気配りができる存在である。

作品:仮面ライダー剣
誓約:旅人
初期レベル:3
備考:
 人類基盤史研究所、通称「BOARD」のライダーシステムのひとつ、仮面ライダーギャレンに変身する青年。
 主人公・剣崎一真の先輩にあたり優れた戦闘技術を持っているが、元々は一介の研究員でしかなく、事故で本来の戦闘要員が役目を果たせなくなった(その現場に研究員として立ち会っていた為システムの安全性が盤石の物でない事を目の当たりにしている)為に急遽充てがわれた代替要員でありアンデッドとの戦いにおいて潜在的な恐怖心に苛まれ、体の不調を訴える。それをライダーシステムのせいだと考えた橘は、物語序盤にして結果的に剣崎達を裏切る立場になる事に。

 その後、身体を治すためにはアンデッドを封印すればいいと思い込み、ボロボロの体で無謀な戦いを挑んでは敗北してゆく。
さらにその後、烏丸啓からライダーシステムが恐怖心を増幅して肉体に不調を与える事実を知らされ、打ちのめされてしまう。結局、急遽作ったライダーシステムのせいで体がボロボロになったことには変わりはないのだが、そのきっかけが自分の恐怖心にあったという真相は、生真面目な橘にとって己を許せることではなかった。仮面ライダーの資格を返上した橘は伊坂に誘拐され、シュルトケスナー藻の効果によって一時的に回復したかに見えた。だがそれは一時的なものに過ぎず、伊坂にも敗北してしまう。
 しかし、シュルトケスナー藻の真実を知り彼を止めようとしていた、恋人の深沢小夜子を殺された事により、恐怖心を克服。見事ピーコックアンデッドを撃破する。

 小夜子の死により戦いに虚しさを覚え、一時ライダーである事を退くが、ギャレンの最初の適合者であり先輩であった桐生豪が仮面ライダーレンゲルとして暴走したことを知り、彼を止めるため再びギャレンに変身。見事彼を撃破する。
以後、レンゲルの適合者となった上城睦月の成長をサポートしつつ、剣崎達と共にアンデッドと戦い続ける。

 終盤において、相川始=ジョーカーがバトルファイトで勝ち残れば世界が滅びることを知り、始を封印しようと奔走する。
同時に剣崎がアンデッドになりつつある危険を広瀬義人に知らされ、剣崎を止めようとするが、始の件で彼と対立してしまう。その後、広瀬に騙されたことを知り、剣崎と和解。
 その後は始を封印しようとするが、負傷した彼が電話越しに天音に対して優しく話しかける様を見て留意。
彼の想いを信じ、ギラファアンデッドと最後の戦いに挑んだ。この際マスクが割れるほどの猛攻に晒されるも、接射で対抗し、見事にギラファアンデッドを撃破。
 道連れのように共に海に落下して消えていったが、烏丸に救出される。剣崎の真意を聞かされ、彼を止めるためにレッドランバスを走らせて向かうも、既に剣崎はどこかへ去っていた……。

 <仮面ライダーギャレン>
 橘朔也がBOARDの製作したライダーシステム第1号・ギャレンアーマーを装着して変身するダイヤ(◆)のラウズカードを持つ仮面ライダー。
 専用武器・醒銃ギャレンラウザーを用いた銃撃戦の他、徒手空拳による打撃戦も行う。◆6「FIRE」から得られる炎のエネルギーを主軸にして戦う。
 ◆A「CHANGE」のラウズカードを差し込んでから腰に宛がう事で、自動的にベルトが伸びて腰に装着される。
 「変身」の掛け声と共にターンアップハンドルを引く事で、「Turn Up」の電子音声と共にリーダーが回転し、ギャレンアーマーを分解した等身大のカード型エネルギーフィールド・オリハルコンエレメントが装着者の前面に放出され、エレメントを通過する事でギャレンに変身する。
 適合者以外がゲートを通過する事は不可能で、適合者以外が触れたら弾き飛ばされる。その習性を利用することで攻撃にも防御にも応用できる。

 <ジャックフォーム>
 チベットの烏丸所長から宅急便で送られてきた、ジャックフォームの変身時に左腕に装備するパワーアップアイテム・ラウズアブソーバーに、□J「FUSION」を〈スラッシュ・リーダー〉にラウズすることによってフォームチェンジするギャレンの高機動形態。
 マスクとアーマーの各部がディアマンテゴールドに変化し、胸部はダイヤのカテゴリーJの孔雀の紋章が刻印されたハイグレイドシンボルとなる。
 得意の銃撃戦の他に接近戦も行う。全ての能力値が飛躍的に上昇し、さらに背中に装備された翼・オリハルコンウイング・フライトを展開することで空中を飛行可能。

 <使用カード>
 劇中で使用したカードのみ記載する。
 また、カード・コンボを使用する際には設定されたAPを消費して発動する。
 通常フォーム時の初期値は5500。
 ジャックフォームで戦闘を開始した場合は7900。
 通常→ジャックフォームと段階を重ねた場合、その直後のAPは(現在の残AP値+(Jフォームの初期AP-通常フォームの初期AP))で表記する。

 ◆2=バレットアルマジロ:ギャレンラウザーの弾丸の威力を強化する、アルマジロバレットを発動させる。消費AP400。
 ◆3=アッパーフロッグ:腕力が強化され、アッパーカットを繰り出す「フロッグアッパー」を発動する。消費AP600。
 ◆4=ラピッドペッカー:ラウザーから弾丸を連射する「ペッカーラピッド」を発動する。 消費AP800。
 ◆5=ドロップホエール:爪先でのドロップキックを放つ「ホエールドロップ」を発動する。 消費AP1000。
 ◆6=ファイアフライ:ギャレンラウザーから火炎弾を放つ「フライファイア」を発動する。 消費AP1000。
 ◆9=ジェミニゼブラ:己の分身を1体生成するゼブラジェミニを発動させる。 消費AP1400。
 ◆J=フュージョンピーコック:ラウザーのAPを2400チャージするピーコックフュージョンが発動される。
 ◆Q=アブゾーブサーペント:ラウザーのAPを2000チャージするサーペントアブゾーブが発動される。

 <使用コンボ>
 OS技として登録されていないコンボを此方に記載する。

 ファイアバレット:◆2「アルマジロバレット」+6「フライファイア」のコンボ。 銃撃能力を強化するバレットと攻撃に炎を付加するファイアを併用する。AP消費値は1400AP。

 ファイアアッパー:◆3「フロッグアッパー」+6「フライファイア」のコンボ。炎の力を込めた強力なアッパーカットを繰り出す。AP消費値は1600AP。

 バーニングスマッシュ:◆5「ホエールドロップ」+6「フライファイア」のコンボ。ジャンプして宙返りし、相手の頭上から炎の力を込めた二段つま先蹴りを打ち込む。ジャックフォーム時は、天空から急降下し、両足蹴りを放つ。AP消費値は2000AP。


ソウル:輝く炎のソウル
 己の恐怖心と、知り過ぎた事による罠に嵌り、信じるべき正義も、組織も、愛する者も、何もかもを失い、一時はその身を滅ぼしかけた男。
 だが、仲間たちを信じ、彼は再起する。心に剣、輝く勇気を、確かに胸に抱き。

 OS技
 <バーニングショット>
 レベル:3
 ◆2「アルマジロバレット」+4「ペッカーラピッド」+6「フライファイア」のコンボ。
 高空から炎の強化弾を高速連射する。また、ディアマンテエッジで敵を突き刺したまま零距離射撃を叩き込む場合もある。AP消費値は2200AP。
 オリハルコンウイングが大気中の電気を吸収してエネルギーに変えることにより、破壊力が飛躍的に上昇している。
 ジャックフォームに変身している必要がある。

 OS技
 <バーニングディバイド>
 レベル:4
 ◆5「ホエールドロップ」+6「フライファイア」+9「ゼブラジェミニ」のコンボ。 AP消費値は3400AP。
 分身を作り出し同時にバーニングスマッシュを放つ。この分身は幻影ではない実体であり、両方本物で、攻撃を食らった方が幻影扱いで消えるため、両方同時に攻撃しなければ破れない。

 【追加希望です。
  コンボ技の扱いに少々悩み、このような形にしましたが、問題点があればご指摘ください】

2ヶ月前 No.47

エミヤオルタ @wakame3☆FYUOhnBVGmk ★2RykzmoSz4_zRF

【プロフ特に問題ございません。追加許可します】
>アサキム・ドーウィン様

2ヶ月前 No.48

レーヴァテイン @tukuyomi07☆2nDyzvx51us ★3aNoMW8gGM_zRF

【レベルアップ処理のため、記載させていただきます】

※レーヴァテイン/状況※
@デーモンのソウルを使用(経験値+2)
Aレベルアップ(+1)

現在SL:2→3
Next:4

OS技
・終炎剣のソウル(初期/自身)
(変化なしのため省略)

2ヶ月前 No.49

チェイス @ask2 ★iPhone=P9oxZSYDmV

【追加希望につき審査お願いします】

【プロフィールフォーマット】
●一般参加者

「えっ、バナナ!? バナっ、バナナぁ!?」
「俺には守るものがある! 犠牲を超えて、戦う価値がある!」
「見ていてくれ戒斗! 俺は、俺の弱さを確かめるために戦う!」

名前:ザック
読み:
性別:男性
容姿:黒髪の青年。赤いラインが入った黒を基調とした衣装を着用している。/変身後は黒いライドウェアに山吹色の装甲を装着したクルミのアーマードライダーとなる。最大の特徴は前腕から拳にかけてを包む巨大なナックルダスター。
性格:面倒見が良く、正義感を秘めた熱い心の持ち主。根は温和だがいざとなれば汚れ役を買って出る覚悟もある。
作品:仮面ライダー鎧武
誓約:旅人
初期レベル2
備考:チームバロンのナンバー2、後にリーダーとなるビートライダーズ。仮面ライダーナックルへと変身する青年。
戒斗から強い信頼を勝ち得ている副官であり、彼と対等に話せる立場にある。戒斗がチームを抜けた際にリーダーの座と量産型戦極ドライバーを託され、沢芽市を襲うインベスに立ち向かうアーマードライダー・ナックルへと変身する。
彼が戦ったセイリュウインベスは鎧武オレンジアームズとバロンバナナアームズではその皮膚の頑強さ故に初戦では歯が立たなかった強敵であり、バロンの援護もあったとはいえ初戦でしかもC+という低いクラスであるクルミロックシードを使い撃破出来たこと、また複数の初級インベスをパンチ数発で撃破したことは、彼のライダーとしての素質の高さを物語っている。
作中初期はチーム拡大やインベスゲーム勝利のためには手段を選ばない一面が描かれていたが、それは仲間を思う熱い心から来る行動であり、チームバロンのリーダーに就任してからは強い責任感と正義感に目覚め、戦いのなかで『人を守る誇らしさ』を知っていく。
物語中盤までは常に戒斗と行動を共にしていたが、アーマードライダーとなってからは独自に行動を開始。時にユグドラシルに寝返った戒斗を諌めるなど、常に沢芽市民やビートライダーズの味方であり続け、紘汰の良き仲間として活躍した。フェムシンム全滅後にオーバーロードとなった戒斗に寝返るものの、その胸中には彼の掲げる世界破壊に反する正義感が芽生えており、凰蓮に開発を依頼した小型爆弾での奇襲を試みるが失敗。耀子を討ったものの変身した戒斗に敗北し、戦極ドライバーを破壊され戦線から離脱する。事態収束の3か月後には松葉杖をついた状態だが生存しており、復興した沢芽市でビートライダーズのステージを見守る傍ら、同じ戦いを生き抜いた光実を自分たちの輪に呼び戻そうと声をかけている。それから4か月後には全快し、ダンスを踊れるようになり、ビートライダーズ全体のまとめ役となっている。
ナックルの変身者には新規キャラクターを登場させる案も存在したが、脚本を担当した虚淵玄がザックを気に入っていたことから選ばれた。

クルミロックシードを使用して変身するクルミの鎧を装備した基本形態。鎧の色は山吹色。眼の色は黄色。
装着時の音声は「クルミアームズ!ミスターナックルマン!」。
専用アームズウェポン・クルミボンバーを駆使したボクシングスタイルでの格闘戦を得意とする。

【スイカアームズ】
バロンから譲り受けたスイカロックシードを使用して変身するスイカの鎧を装備した巨大重装備形態。鎧の色は緑。複眼の色は赤。
装着時の音声は鎧武・バロン・グリドンと同様の「スイカアームズ! 大玉・ビッグバン!」。劇中ではジャイロモードは使用していない。
ヨロイモード時はスイカを模した拳型のエネルギーが発生する。
巨体によるパワーとリーチを活かし、クルミアームズと同様にボクシングスタイルでの格闘戦を得意とする。

【クルミボンバー】
クルミアームズ専用の手甲型アームズウェポン。ロックシードのエネルギーをパワーに変換するコアの働きで装着者のパンチ力を大幅に増強する。両拳を覆うように装備されるため、ドライバーの操作は拳で弾くようにして行う。掌側に物を接着させて持つことも可能。

必殺技
・キック
ドライバーのブレードを1回倒し、「クルミスカッシュ!」の電子音声と共に発動する。右足にクルミ状のエネルギーを纏い、跳び蹴りを叩き込む。

・パンチ
ドライバーのブレードを2回倒し、「クルミオーレ!」[注 70]の電子音声と共に発動する。クルミボンバーにクルミ状のエネルギーを纏いながら跳び掛かり、パンチを叩き込む。

・エネルギー弾
ドライバーのブレードを2回あるいは3回倒し、「クルミオーレ!」あるいは「クルミスパーキング!」の電子音声と共に発動する。パンチの動作に合わせ、クルミボンバーからクルミ状のエネルギー弾を打ち出して攻撃する。

【ジンバーマロンアームズ】
戦極ドライバーに取り付けたゲネシスコアにマロンエナジーロックシードを装填する変身する強化形態。
変身音声は「ミックス! クルミアームズ! ミスターナックルマン! ジンバーマロン! ハハー!」。
姿は鎧武が変身するジンバーアームズに似ているが、兜の形状やパネルに栗の断面が描かれているなどの相違点がある。鎧武とは異なりソニックアローは使用せず、マロンボンバーを用いたボクシングスタイルでの格闘戦を得意とする。

【マロンボンバー】
ジンバーマロンアームズ専用の手甲型アームズウェポン。毬栗を模した物になっており、表面には突起が付いている。打撃攻撃のみならず、両腕の手甲を合わせることで盾として防御にも使える。内部に一回り小さい栗の実の部分を模した手甲が装備されている。

必殺技
・ジンバーマロンスカッシュ
ドライバーのブレードを1回倒し、「クルミスカッシュ! ジンバーマロンスカッシュ!」の電子音声と共に発動する。空中に跳躍し錐揉み回転しながら、手甲の突起を発射する。必殺技発動後、一回り小さい栗の実を模した手甲が現れる。

・ジンバーマロンオーレ
ドライバーのブレードを2回倒し、「クルミオーレ! ジンバーマロンオーレ!」の電子音声と共に発動する。一回り小さくなった手甲に炎を纏わせて、パンチを叩き込む。

ソウル:小さなソウル
弱者の小さなソウル。
小さく弱いが、ゆえに確かなもの。
弱者であるからこその強さを内に秘め、
強者と並び立った誇りと共に、彼は戦い続けた。
己の弱さを確かめるために。
弱さとは時に強さの可能性でもあったのだ。

このソウルはOS技を持たないが、所有者の防御力を少しだけ高める効果を持つ。

2ヶ月前 No.50

乃木若葉 @wakame3☆FYUOhnBVGmk ★iPhone=J0YaY6uldU

【プロフ特に問題ございません。追加許可します】

>ザック様

2ヶ月前 No.51

参加希望 @trifas ★51ct67nR08_8gk

●一般参加者

「無限の剣を内包する世界 俺にはこの全てが墓標に見えるよ」

名前:衛宮 士郎
読み:エミヤ シロウ
性別:男
容姿:火傷の痕のように一部褐色した肌。やや白髪の混じる赤髪。袖の破れたボロボロのユニクロ衣装。
性格:正義を捨て、たった一人の妹の幸せを願った、衛宮士郎のもう一つの姿。
やや大人びた口調と態度。敵対する者への容赦のない対応は本編とはまるで別物の姿である。
作品:Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ (劇場版 雪華の誓い)
誓約:旅人
初期レベル:2
備考:ある夜、「士郎さんと本当の兄妹になりたい」という妹・美遊の願いを聞いたことで、とある男から引き継いだ理想を捨て、本当の家族になる道を選んだ。
たった一人の為に全てを捨てる”悪”と成り、自分自身を触媒として英霊エミヤの力をその身に宿すこととなる。
妹の幸せを願う――その願いを叶えるべく聖杯は起動。滅びに向かいゆく世界では叶えられないために、彼女が幸福になれる世界への転移を開始した。
原典同様、投影魔術を基盤として戦うが、異なる点は養父・衛宮切嗣からまともな鍛錬の方法を教えられているため、少なくともあちらの本編開始時よりは技量が上。
ただし魔力量は相変わらずへっぽこのままのため、バックアップとなるものを見つけられなければ、数度にわたる戦闘は不可能。固有結界の展開も出来ない。

ソウル:偽りのソウル
一を救う為、全を捨てる、破綻した正義の味方の願いの結晶。

OS技:固有結界『無限の剣製』
レベル:現在使用不可
自分自身の生存どころか、生まれてきた事/存在している事そのものを自ら否定して、
自らが生きている事を否定する自虐にあふれた救いの欠片も無い内容となっている。
結界内の風景は「無数の剣の突き立った、月も星も見えない吹雪の舞う闇夜の雪原。
結界を展開した場合は既に貯蔵されている物(視認した武器/防具)なら魔術を使用せずとも即座に使用が可能。
『ソウル』によるレベルアップ時に解放するスキルとする。

“人間性を捧げよ”


【参加希望の者です。審査お願いします。】

2ヶ月前 No.52

乃木若葉 @wakame3☆FYUOhnBVGmk ★2RykzmoSz4_BXv

【OS技のレベル欄の意図がよくつかめませんでしたので、詳細を教えていただいてよろしいですか?
 一応自身のレベルに応じて解禁される能力という設定は問題ないんですが、発動時にどれぐらいのレベルになるか記載していただかないと審査しづらいです(それに応じて発動に伴う反動なり一戦闘で使える回数が決定するので)】
>参加希望様

2ヶ月前 No.53

参加希望 @trifas ★51ct67nR08_8gk

>主様
【失礼いたしました。現時点でのOS技のレベルは4。持続は5レスの間程度。
使用限度の数はすべての戦闘で一回限りと考えているのですがその場合OS技として機能しますでしょうか。】

2ヶ月前 No.54

乃木若葉 @wakame3☆FYUOhnBVGmk ★iPhone=J0YaY6uldU

【了解しました。それならば参加を許可します
一応その旨を書き加えた改訂版プロフを後で落としていただけると幸いです】

>参加希望様

2ヶ月前 No.55

参加希望 @trifas ★51ct67nR08_8gk

●一般参加者

「無限の剣を内包する世界 俺にはこの全てが墓標に見えるよ」

名前:衛宮 士郎
読み:エミヤ シロウ
性別:男
容姿:火傷の痕のように一部褐色した肌。やや白髪の混じる赤髪。袖の破れたボロボロのユニクロ衣装。
性格:正義を捨て、たった一人の妹の幸せを願った、衛宮士郎のもう一つの姿。
やや大人びた口調と態度。敵対する者への容赦のない対応は本編とはまるで別物の姿である。
作品:Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ (劇場版 雪華の誓い)
誓約:旅人
初期レベル:2
備考:ある夜、「士郎さんと本当の兄妹になりたい」という妹・美遊の願いを聞いたことで、とある男から引き継いだ理想を捨て、本当の家族になる道を選んだ。
たった一人の為に全てを捨てる”悪”と成り、自分自身を触媒として英霊エミヤの力をその身に宿すこととなる。
妹の幸せを願う――その願いを叶えるべく聖杯は起動。滅びに向かいゆく世界では叶えられないために、彼女が幸福になれる世界への転移を開始した。
原典同様、投影魔術を基盤として戦うが、異なる点は養父・衛宮切嗣からまともな鍛錬の方法を教えられているため、少なくともあちらの本編開始時よりは技量が上。
ただし魔力量は相変わらずへっぽこのままのため、バックアップとなるものを見つけられなければ、数度にわたる戦闘は不可能。固有結界の展開も出来ない。

ソウル:偽りのソウル
一を救う為、全を捨てる、破綻した正義の味方の願いの結晶。

OS技:固有結界『無限の剣製』
レベル:4(現在使用不可)
持続:5レスの間
使用限度回数:戦闘で一度のみ
自分自身の生存どころか、生まれてきた事/存在している事そのものを自ら否定して、
自らが生きている事を否定する自虐にあふれた救いの欠片も無い内容となっている。
結界内の風景は「無数の剣の突き立った、月も星も見えない吹雪の舞う闇夜の雪原。
結界を展開した場合は既に貯蔵されている物(視認した武器/防具)なら魔術を使用せずとも即座に使用が可能。
『ソウル』によるレベルアップ時に解放するスキルとする。

“人間性を捧げよ”


【訂正版になります。参加許可ありがとうございます。】

2ヶ月前 No.56
ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる