Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(341) >>

【ALL】CRP雑談inメビウスリング【オリ有】

 ( なりきり設定・相談・募集 )
- アクセス(4960) - いいね!(6)

先遣隊隊長カズマ☆Aao/rdZJ3/w ★lj2SmCQR42_EP8

クリックありがとうございます。
そして興味と関心を持っていただけた事に感謝を。


こんにちは。
始めましての方は初めまして。

このスレはなりきり掲示板(フリー)にスレ建て予定の現在、別の掲示板円板でも建てられている
2005年8月12日に始まった、アニメや漫画、ゲームのみならず映画といった
様々なキャラクターになりきって雑談を行うスレ

CRP雑談の基本ルールを除いた
世界観の独自展開・新規加入者を目指し一新した
名前は同じですが完全独立姉妹スレです。

こちらはその主に版権+オリキャラそして既存・自ら作った兵器の設定や投下をし
またはそれを分かりやすくするために全て纏めて保管をしたり
参加者様の募集・相談を主に行う場所として作りました。

プロフィールの書き方です

・キャラ紹介
**名前
|登場作品|名前|
|CV|名前|

・メカ紹介
**機体名
<解説>
***武装・機能




ルールに関しては本家のスレでのルールそのままです。

参加するに当って必ずお読み下さい。
詳しくは下のホームページでご確認を。

ご意見・ご要望・ご質問があれば受け付けていますので
お気軽にどうぞ

4年前 No.0
メモ2015/06/03 01:08 : 熱血!インテリ派☆Aao/rdZJ3/w @ergou★yC3rWQXIvs_EP8

本家・CRP雑談Wiki


https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=hts&oq=&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4ADFA_jaJP461JP461&q=%EF%BC%A3%EF%BC%B2%EF%BC%B0%E9%9B%91%E8%AB%87Wiki

まずはご確認の証として一度見てもらうようにお願いします。

(一番最初がそれです)


・お知らせ


副スレ主様募集


今は人数が居ないので、自分の独断と偏見のみで決めさせていただきます

ご了承下さい


・相談事項


物語の合理性は無視して、死亡したキャラクターに対して

死亡して最低1スレッド以上経過した際に再び使用可能とするか否か

長期のスレ運用を目指しているので悪役キャラなどに関しての扱いに意見があれば

是非お聞かせ下さい。


・本スレ投下について


未定

ページ: 1 2 3 4


 
 
↑前のページ (291件) | 最新ページ

Sanya V Litvyak @voltexfbk ★1DXVdHzeIP_M0e

【若干の設定更新を忘れずにする】
**吹雪 読み:ふぶき
|登場作品|艦隊これくしょん〜艦これ〜より(設定はほぼストライクウィッチーズ、機動戦士ガンダムOOの要素を含める)|
|CV|上坂すみれ|

性格:基本的にいつも明るく活発。リアクションが大きかったり声が大きかったり、またガールズトークや上下関係の作り方も上手な艦娘である。戦闘時は最初は右も左もわからない新人だったが時がたつに連れて冷静に判断するようになっているが、その分自分が危険な思いをしてしまう、という部分も多い。また、艦娘で2人目のトランザムシステムの起動者でもあるため、トランザムシステムを発動していると必ず一人での戦闘を絶対条件としているため、誰かを巻き込みたくないという想いも見受けられる。

性別:女性

年齢:14歳(外見年齢上および性格の設定を参照して設定)

容姿:黒に近いブラウンのおさげとポニーテール(?)で瞳はブラウン。身長は159cmで顔は幼げであり、全体的に若干細く、白と黒を基調とした通称―――改二制服と呼ばれる服であり、下はスカート。ストライカー使用時の為になのか、丈は少し短い。また、通常時は靴を履いているがストライカーに乗り換えるときの為に靴下は履いていない。

なお、使い魔はロシアンブルーであり、ウィッチとしての能力を発動するときには耳としっぽが生える。


武装及び能力

個人装備

スモークストック/Trailblazer
対象への攻撃時対象の一定範囲に連鎖して電撃がおこる特殊な電撃ピストル。対集団戦に置いて威力をある程度発揮するため侮れない。


固有魔法「広範囲治療」
通称リペアフィールド。魔法力を瞬間的に消費する代わりに一定範囲(10mほど)に治療効果を生じさせ、範囲内の人間に対して治療効果や体力の回復などが作用する。勿論使用した本人にも治療効果が及ぶようになっているが、一定範囲といっても人数は限られるため(魔力の消耗限界などを含める)扱いどころが難しい。

使用ストライカー:日本海軍/F-32F Exsia Mk-V(吹雪専用・ステルスジェットストライカー)

リベリオンのファールド社が開発したF-32v Exsia Mk-Uを吹雪専用に日本海軍が改造したもの。
ガンダリウム合金装甲材を用いている部分は変わらず、新しくナノファイバーを獲得し機体の軽量化に貢献されている。
この機体の最大の特徴は、戦闘の合間で臨時的に修復できるように自己修復プログラムを持ちそれをほかの機体にも使用することで機体の損害をある程度修復できるようになっているほか、狙撃時に機体の挙動を安定させたり回避時に使用する新型のスラスターが使われており全体的にはMk-Uよりも性能は向上している。拡張搭載に関しては若干の制限は生じたが、対陸上兵器に置いても対空戦に置いても長距離支援能力を得たことにより総合的な戦術の幅は大幅に広がった。

全高1.35m
最大速度2700km/h

固定武装

5.5mmレーザーマシンガン

選択兵装

日本海軍/10cm高角連装砲×2(榴弾、徹甲弾それぞれに切り替え可能、弾数20発(それぞれの弾頭10発ずつ)×2、目標に合わせて自動的に砲塔が動く。対地専用。)

ファールド/FLD-特殊長距離ミサイル×2(射程約1km、飛翔速度は非常に速く誘導性もそれなりにある。対空のみに使用可能)

日本海軍/試作水素爆発型対地誘導爆弾×1(目標に対してある程度の誘導性能を持つ。範囲は広く迎撃に対しても耐性があり仮に迎撃しても広範囲の爆発を起こす。)

拡張搭載

機動性能を低下させる代わりに、選択兵装の中から1つかまたは別の兵装を積むことが可能。増装も此方に搭載可能。
なお選択兵装でも10cm高角連装砲は装備不可。理由は、恐らく拡張搭載で可能な積載量をオーバーすることか。


システム

自己修復プログラム
自機または味方機単体に対してプログラムを使用することである程度のリペアを施すことができる。弾数などは回復しないが、一時的にウィッチ本人の魔力を借りる上固有魔法次第なので治療魔法持ち専用。


TRANS-AM
ダブルオー・オービットと性能の向上は同じ。
発動時本人と機体が赤くなる。



備考:日本海軍所属であり横須賀鎮守府に所属。ファールド社との契約者でもありどちらの所属でもある異端者の一人で、ある戦いから艤装を失っている。ダブルオー計画の協力者でもあり一時期エクヴェントを駆り深海棲艦との相手で互角に戦ったと言われる。だがダブルオー・オービットの完成と同時にエクヴェントから降り専属メカニックにもなったうえ、同時期にエクシアMk-Uが日本海軍による改修でMk-Vとなった事を機に特殊単独遊撃部隊として認められる。それを機に太平洋方面への戦闘回数が多くなったが、生活リズムは大丈夫なようだ。
経緯から故かなり異質な艦娘とも呼ばれているため、どうにも彼女とは接し難いと呼ばれてしまうことに苦難しているがウィッチ同士ではそういうことはない模様。彼女はファールド社の支部である日本の横須賀にいるため、何かあれば日本から飛び立つことも難しくはない。
トランザムシステムへの使用意欲はあまりいいとは言えず、一人で戦うときにしか使わない事を絶対条件にしている。

2ヶ月前 No.292

嶽丸 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=SkBYWclB4P

【返事が遅れて大変申し訳ないです。御回答ありがとうございます。


気になって調べましたが、人間ドラマとしても見どころあって面白そうですね。

オル懐かしいです、小説版は覚えてないですが漫画版は記憶にあります。オルは設定的に使い所ありますね。もろ、コールタールめいた例のアレ、ショゴ(ry

懐の深さが凄いですね、改めて見ると。人徳の成せる事でしょうか。さすがに限度はあるのですね。

元人間の姐御は設定が途中ですが、回復役ショゴスとか見た目バフォメット系な苦労人枠の構成員を追加予定です。

ちなみに評議会には既存キャラも参加出来ますか?所謂、IFとかパラレル的な設定で】

>統一性無し様 >>283

2ヶ月前 No.293

セレーネ @sierra09 ★sABIrnM7Q4_04V

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2ヶ月前 No.294

魔導諸国評議会関連 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_uKh

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2ヶ月前 No.295

魔導諸国評議会関連 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_UxJ

>>293

【中々ドロドロした感じが生々しかったり、当たり前な家族愛が裏目に出たり、夢の為に人間辞めて敵に回る人物とかも出て来たりで面白いです(内心そんな事してる場合じゃ無いだろうにとか思ったりしますが、あと実際そういう架空の存在が社会に出てきた際どんな事になるのかっていうシュミレーション的な部分も有ったり、CDCの生物兵器を使った吸血鬼の殲滅作戦とか州軍と市警によるNY封鎖とか検疫諸々とか…ただあの吸血種も真祖が結構老獪且つチートで;)、デインとか確かAだのBだのCだので型番が在って偽装能力とかにも差異が有りましたね(ある意味ショゴスとは造られた存在だったりする辺り境遇は似た者同士では有ります。個人的には天然系がショゴスで理知的で打算がちながらドジなイメージがオル)文庫は一通り読んでるんですが、行商人のトムさんの商品が地味に欲しかったり(水食い虫とか火おこしビーズだのマジックブレッドなんかは魔法云々抜きでどんな原理なのか――仕入れ元は原作でも分からず仕舞いですし)、流石にヒトなり何なり行き過ぎた場合は手を回すし予防策も打って出ます(そういう組織の長だから当たり前では有りますが、基本は事を荒立てたくは無いのが本心だったりで)、ショゴスは兎も角頭痛に悩まされてそうなバフォメットな方とか何となく前途多難そうな悪寒。即存キャラ(IF展開も含め)は寧ろウェルカムですので全然OKですよ。】

≫嶽丸本体様。

2ヶ月前 No.296

生還者(修正) @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_UxJ

【リターニングマンさん一応南米エリアへ参戦する方向で】

**暁 巌 読み:あかつき いわお(恐らく偽名と思われる)
|登場作品|スプリガン
|CV|―|

性格:基本的にシニカル且つ冷静沈着でいながらギリギリの状況下での殺し合いを楽しむなど何処かアドレナリンジャンキー染みた描写が多く、自分自身の命が危うくなるほど愉快でたまらないと言い切ってしまうような自他ともに認める(そういう業界の)変人or狂人、物事に関しては割り切りがアッサリしていてその場に応じた態度を取るが、割と切れ者でもあり一兵士・一指揮官其々の目線から見た大局的な物の見方などが出来る柔軟な考え方も出来る器の持ち主、個人的な信条としては支払われた分の仕事はきっちりこなす主義でもある良くも悪くも刹那的でビジネスライクな人物。

性別:男性

年齢:30代後半

容姿:髪は短めの黒髪で顔立ちは割と精悍(頬に古傷がある)目つきはとても鋭い、体格は日本人としては大柄な方で研磨され鍛え上げられた体躯の持ち主。
服装はオリーブドラヴの野戦用戦闘服一式(タンカラーのV1タイプのプレートキャリア・タクティカルベスト+チェストリグ・カイデックス製のレッグホルスター装備)またそれらの軍装品の内側からトライデント製のA.Mスーツを着用している。

保有する戦闘技能は長年の理不尽な非常識に溢れた異界やら死地を潜り抜けて来た経験則も踏まえても非常に高度なモノで凄腕の傭兵としての個人単位での近接戦闘・射撃・狙撃から潜入・浸透・爆破工作までソツなくこなす実力を持っている(銃弾を発射後に躱す人外と近接戦闘で渡り合うレベル)、それらの元々有している戦闘能力に加えて、(A.Mスーツ)を着用することで人外レベルの瞬発力・怪力・耐久性を獲得している。また一応は軍人(特殊部隊員)崩れ故に近代戦術や不正規戦闘への理解や造詣は深く小規模な部隊の指揮経験も多い。車両や航空機の操縦も一通り出来るほか、機動兵器も特化では無いが人並みに操縦可能

標準火器(その場で手に入る銃器を選り好みせず使うが彼の個人的なチョイスはステアーAUG系列が多い。サイドアーム他、重火器・爆発物も使用。使える物は何でも使う。)

精神感応金属(オリハルコン)製コンバットナイフ

精神感応金属(オリハルコン)で構成されたランドール系列の大振りのコンバットナイフ、決して刃毀れしないと言う性質(実際はナノ単位で瞬時に修復されている)と、斬る対象に合わせて刃の分子構造が最適化されるという機能を有している特殊なナイフ。精神エネルギー(P.S)供給機構との相性も高く超常存在との近接戦闘では頼れる代物。

A・M(アーマード・マッスル)スーツ

精神感応金属(オリハルコン)ベースの特殊合金で構成された通常の30倍以上に着用者の身体能力を向上させる軍用の着装型パワードスーツでトライデント製(元々は米軍の次期歩兵用強化装備がベースになっているらしい、試作品を暁が試験運用し後に少数ながら量産されとある実験部隊で使用された。)スイッチである襟元を閉めると人工筋肉がパンプアップし、出力増幅を開始する。重機関銃クラスの火器による掃射や近距離での爆発にも対応する防護力、限定的ながら光学兵器に対する防御力も備わっている(その他NBC対策の処置や遮電加工も施されている模様)、また着用者の精神エネルギー(P.S)を外部放出させることで、物理攻撃の通じない超常的な存在との交戦も可能な模様、高出力で頑強だが構造は複雑な機械式なので損傷した際の総合的な耐久性はアーカム財団の電気信号式モデルに比べるとやや低い。その他ギミックとして高密度繊維製のカーボンワイヤーの射出機構や隠し火器(連装式の12ゲージスラッグ・散弾装填の仕込みショットガン)・掌圧連動の電撃(スタン)機能を備えている。通常の衣服・戦闘服や標準的な軍装・個人装備の下から着装可能なので秘匿性にも比較的優れている。原材料の希少性や加工の困難さからコストは高く。量産そのものには余り向いていない為正規軍や軍事組織以外で出回ってる物は比較的珍しい。後期型は運動性・防御性能・操作性重視の各タイプに分かれた派生モデルが作られたりした。この世界に於いては様々な着装型強化外骨格(ウォードレス、SAA等)が普及・出回っている影響からか着用者レベルでの機能差程度しか見出せない歩兵装備には不釣合いに高価な点などから基本的に一部の軍や組織の特殊部隊・エージェントが現用モデルや改修・独自改良モデルを使用している程度である。

どんな過酷な状況でも生き残る生還者(リターニングマン)の異名を持つ日本出身のマーセナリー(傭兵)で世界中の戦場・紛争地で幾多の修羅場を渡り歩いてきた経歴を持つ(幾つかの国の不正規戦部隊やら特殊部隊や外人部隊を転々としていた根無し草)、通常の“仕事”では出会えないような変わり種や猛者と邂逅できる事を利点として好んで特異な団体や勢力下の雇用に応じている。

作中では多国籍軍需複合体である(トライデント)に雇われ現場指揮官として傭兵部隊に所属し、往く先々でアーカム財団・即ち主人公達と(遺物)を巡り度々交戦する関係であった(最終的には彼自身がトライデントから離脱し一時休戦で協力する事になる)

此方の世界でも相変わらずの傭兵稼業をしているが、基本的にフリーランスであり、組織(幾らかのコネがある)から個人までの様々な依頼を引き受けている模様。現状はどちらかと言うと本業帰り宜しく南米での大規模衝突にSAF側の傭兵(現地展開しているPMC名義)としてジャングルでのゲリラ戦及び破壊工作任務の地上部隊に参加している。

2ヶ月前 No.297

PEU(予定)所属W.F @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_UxJ

**シャルンホルスト(D.K.M Scharnhorst)読み:――
|登場作品|艦隊これくしょん-艦これ-よりオリジナル(未実装艦)+その他作品諸々
|CV|―

性格は物静かで口数が少ないが意思表示はしっかりとしている人物、纏った雰囲気の暗さのせいも有るが喜怒哀楽に関してやや希薄な部分があるのもまた特徴である(常識を持ち合せているだけマシとも言うべきか)何処かしら余り自分を省みない危うげな節がある(粛々と終わりに向かって突撃する事を是とする)。時折夢見心地な様子で不可思議で意味深げな言葉(芝居がかっていたり狂言めいたりもする)を時々口にする事が多い他、時折本人も意識しない内に古い民謡や詩を一人口ずさむ事もしばしばある。とはいえ幾多の死線を潜り抜け、その最期もまた壮絶であった歴戦の武勲艦という部分もあるのか生き死にや闘争に対する素の心構えは軍人/武人/兵士そのもの。其れゆえか戦闘時は普段のどんよりとしたソレから打って変わって豹変する。

性別:女性

年齢:不明(外見年齢は10代後半から20代前半)

容姿:髪型は黒髪のセミロングに右目が隠れる形に掛かっている前髪、何処か陰鬱さを併せた憂いを含みながらも整った顔立ちをしている。瞳の色は朱に近く普段はかなり光彩に欠けて(死んだ魚めいている)どんよりした暗い印象を持たれ易い。服装は旧ドイツ海軍の第二種軍装一式(女性士官向け・白ワイシャツに黒ネクタイ、肩章・鷲章に兵科章と金線の袖章※中佐相当が備わったフィールドグレーのブレザー・同色のタイトスカート・古風な軍用編上靴)に黒の革手袋を着用。背丈は比較的高く178cmほどで、スタイルはどちらかといえば細身で控え目な方だが線的な意味で悪くない(奇妙な妖艶さがある)。(純白の戦艦)の文字通り本来ならば白色が中心の配色な筈なのに灰色や黒色中心の配色で占められている理由はついては彼女に付き纏う様々な不吉な噂のイメージによる影響(即ち本来の姿であって本来の姿ではない)

(艤装)に関しての構成は、背部に装着する形に成る電装部分・腰に固定された補助機関ユニット、両肩口に対空高射機関砲が配置され後頭部には髪飾りにしても大型な対空・対水上電探や通信関連の艤装類が施されている。腿から脚部に掛けては鋭角のある甲冑の具足に近いデザインの高速巡航用の増設・高出力航行ユニット及び、併設する形で主砲・副砲・対空兵装類が左右に備えられている他、下部には内蔵展開式で後期装備である三連装水上誘導魚雷発射管を有している。

備考:1935年のヴェルサイユ条約の軍事条項破棄後に建造されたドイツ国防海軍の戦艦、(シャルンホルスト級)のネームシップ(但し起工日、就役日共に二番艦のグナイゼナウの方が先であったことから、グナイゼナウ級と称される場合もある。)艦名はナポレオン占領支配からドイツが独立戦争を起こした際に活躍したプロイセン陸軍の将軍、ゲルハルト・フォン・シャルンホルストに由来する。

その戦歴からドイツ海軍の中では“幸運な艦”として知られていた。

1930年6月30日にヴィルヘルムスハーフェン海軍工廠にて起工後、一時建造中止。1935年6月15日に建造再開、1936年10月3日に進水、1939年1月7日に竣工。その後幾らかの不具合や事故に苛まれながらも戦没までの数年間の間に通商破壊作戦を初めとした各種任務に従事、ノルウェー沖海戦やツェルベルス作戦に於いて正規空母の撃沈(グナイゼナウとともに史上唯一※そしておそらく史上最後、大型空母を砲撃で撃沈した記録)や、白昼堂々のドーバー海峡の突破などの赫々たる戦果を上げている。1943年3月〜7月まで、ノルウェーで戦闘訓練を実施。9月、シチリア(Sizilien)作戦でスピッツベルゲン島を艦砲攻撃。同年12月25日、敵輸送船団JW55B攻撃の為出撃し、翌26日、英艦隊と交戦中、英国戦艦デューク・オブ・ヨークの砲撃を受けて損傷、更に他の英国艦から雷撃を受け、沈没した(北岬沖海戦)。1968名中生存者は僅か36名であった。 海戦後、イギリス艦隊の指揮を執ったブルース・フレーザー少将はデューク・オブ・ヨークの中で将校たちに次のように訓示した。

「紳士諸君、シャルンホルストとの戦いは我々の勝利に終わった。私は君たちの誰かが、戦力が倍以上ちがう相手と戦うことを要求された時、艦をシャルンホルストと同じぐらい立派に指揮することを望む。」

尚、(呪われた艦)という偏ったイメージが戦後流布した理由は諸説あるが、例を挙げると

・建造中に突如船体が横転、技師が60名死亡100名以上負傷
・ボイラーが爆発事故を頻発、死傷者も出る
・艦長になるはずだった士官がいきなり心臓発作起こして死亡
・進水式時、係留されていたはずが勝手に沖へ流されだし、船体に繋がっていた装飾船数隻が乗組員ごと沈没
・実戦において初の主砲発射時、突然の砲門爆発で9名死亡、更に別の砲塔で空調が故障し10名以上が窒息死
・北洋の霧の中に消えたこの新鋭艦を追跡すべく、イギリス軍が出した偵察部隊が任務失敗、しかも半数が霧の中から帰ってこなかった
・ドイツに侵略されたノルウェーに辛うじて辿り着いた空母グローリアス含むイギリス輸送艦隊が、孤立していた陸軍を乗せて脱出を図った途端、霧の中  から音もなく現れこれを撃滅
・大西洋進出後もイギリス軍の執拗な追撃や索敵網の悉くに何故か捕まらず次々と通商船団を撃破、「幽霊戦艦」と呼ばれ畏怖される
・戦況悪化から帰還せざるを得なくなるも、イギリス軍の意表と包囲網の隙を付いて白昼堂々狭いイギリス海峡を抜けて帰国…etc

と、幾らかの事実(事故など)はあるものの大半が誇張されたりデマが一人歩きした結果、このようなオカルトめいた奇妙な噂が付き纏う様になってしまった模様。

戦闘時には(艤装)を発現・着装して戦う。性質上基本的に海上に於ける対水上戦闘に特化しているものの、戦艦(人外)としての機関出力(馬力)と(持久力)を駆使して地上戦に於いても相応の機動力を有している。兵装としても両舷部艤装の砲塔部へ備えられた28.3cm(54.5口径)3連装主砲3基、15cm(55口径)連装副砲6基10.5cm(65口径)連装砲7基肩部や各所に備えられた37mm(83口径)連装高射機関砲8基、20mm(65口径)連装高射機関砲5基、雷装としても53.3cm三連装誘導水上魚雷発射管4基備えている重兵装である。また少数による悪天候・濃霧時の哨戒遭遇近距離戦闘(昼夜問わず)を主任務としている為、火砲を併用した近接格闘戦にも相応に長けている、砲戦に於いても(史実で)世界最長命中記録を保持する精密砲撃技術を有している。夜間戦闘や視界不良な状況(濃霧等)での交戦経験が多く人で言う五感は相当鋭敏である。

兵装に関しては旧来の物からVE-WEBV構造を取り入れた実艦同様の艦載兵装・システム・機関のモジュール換装を用いて追加・変更と言った物を容易に行い易くしており、生体部分のシステム面(生体工学的な分野に入るが)にも手を加えられ易くなっているややサイボーグめいた点が特徴(そもそも欧州方面の艦娘※W.Fに関しては、やや東洋の物とは色々な点で異なる部分が多くその殆どは機密指定を受けてしまっており詳細は不明※深海棲艦そのものを含めた何らかの実験やYrr計画なども関係があるらしい。つまりかなりオカルトが入っていてもおかしくない。)

水上観測機としてAr196艦載水上機を三機搭載しており、天候が許す場合は偵察や着弾観測支援機として運用している。

その他元は艦(人外)なので水上高速航行・艤装ユニット無しでの水上移動・重油を経口摂取したり機関出力由来の怪力持ちだったりの部分(特性)は共通。

此方の世界側に於ける欧州方面の(艦娘/W.F※Water.Fraulien)でありNRF(北大西洋条約機構常設即応艦隊)隷下第一特務巡航群に所属している一隻であり、担当海域特有の濃霧などの悪天候下や夜間照会に於ける奇襲及び漸減任務をこなしているPEUドイツ/ベルカ連邦海軍所属の巡洋戦艦。少数もしくは単艦での作戦行動が多く、史実の艦に劣らぬほどの実戦経験と豊富な戦歴を有している。ただやや精神面にて不安定な部分も有るらしく、掛かり付けのカウンセラーが居る位は病んでしまってる部分もある。個人の趣味は読書、もしくは散歩宜しく海を当ても無く彷徨う事。

2ヶ月前 No.298

光子王 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

**名前 巻島 読み:まきしま
|登場作品|強殖装甲ガイバー
|CV|名前|小杉十郎太
性格:野心家であり、権力や立場、武力と言った物含め絶対的な“力”を手に入れようとする傾向の持ち主。
但しこれは平行世界の巻島顎人及びその役割の人間には当てはまることだと自覚し認めている節がある。
彼個人が力を求めるのはあくまで自身の身の回りの者達(主に敦也)を守り、助ける為に必要な物であり
不思議な愛嬌とおおらかさにより結果的に人々を幸せにする事も多く、所詮実力も無いくせに権力を振るう輩を嫌うノブレッソブリージュの持ち主。
それだけに見合う努力も惜しまないし実力も比例し知略に長け、常人離れした戦闘センスとカリスマ性を持つ正しく王の器に相応しい。
ある意味古見敦也の別ベクトルの仲間思いとも言える。

戦場では常に最前線に身を置いた上で状況と大局を見据えて判断することが多く、曰く真実は高みだけでは見えないとの事。
性別:男
年齢:不明
容姿:リヒャルト・ギュオーの着ているような専用プロテクターに身を包み巻島顎人に似た年齢不詳の青年。
但し場合によってはタキシードやスーツと言った服装に着替えていることもあるが。
武装及び能力:ガイバーIIIのユニットを持ち、専用の換装ポッドを所持し巨人殖装であるギガンティック・ダーク化が可能。
とはいえ巻島顎人とは似て非なる別人であるためまったく同じではなく全てを明かしていないため
どのような力があるのか不明。
備考:1986年公開の劇場版アニメのガイバーIIIでありこちらのガイバーIIIの正体は明らかにされていない。
此処では劇場版アニメに置いての巻島顎人と同一人物及び立場・役割を持っている人物であるが
様々な点が異なっており、また自覚している時点でどれにも当てはまらない特異点とも言える。
名前も自称であり、下の名前は殆ど名乗らない。

古見 敦也には良き好敵手と見ている反面、その理想と実力を認めておりよく助け舟を出したり庇うこともある。
自身が率いる部隊「ゼウスの雷」の隊長であり戦略を見られる面も立場も間違いなく現時点ではこちらが上。
その正体は敦也が尊敬するある人物の前世でありその繋がりかギガンティック・ダークにはその影響が見られるのがとある降臨者の一人だった者の談。

2ヶ月前 No.299

光子王 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

勢力

テイワズ

木星圏を拠点に木星や小惑星地帯の開発を手がけ、地球本土にも影響力を持つ複合商業組織。
企業名の「テイワズ」とは北欧神話の軍神テュールの別名に由来。
製造・建設、卸売・小売、金融、医療、教育、農業、交通などなど多数の部門を有しており
海賊対策の武装もあってほとんど軍隊並みの装備を持つ。

実態はマフィアに近く和装による盃事で義親子・兄弟の契りを結び漢字を当てた名が与えられたり、「若頭」「直参」という組織内の呼称など、独自の習わしの風習があるので事実上の日本のヤクザと同じ。

主な下位組織は物資輸送を主な仕事とする「タービンズ」、重工業部門の「エウロ・エレクトロニクス」、など。木星〜火星〜地球間の独自ルートも開拓している。
巨大艦「歳星」が本拠地と代表のマクマードの住居も兼ね、歳星艦内には大規模なMS工房や冠婚葬祭の行える施設、果ては商店街や歓楽街まである。
厄祭戦時代の兵器データも多く所有し、それを活用してギャラルホルン以外で独自規格のMSフレームを新造している。


主な傘下

タービンズ
名瀬・タービン率いるテイワズの下部組織。運送部門を担当し、武闘派で知られているらしい。
テイワズ屈指の大規模な組織で、構成員は合計5万人を超える。
漢字の充名は「蛇亞瓶守」。リーダーは名瀬・タービン[74]。もともとは名瀬とアミダ・アルカが下層階級の女性労働者を保護する目的で結成した組織であり、テイワズ加入後は「クレーテ回廊」に代表される独自の大輸送網を構築したことで直系組織に昇格している。
員は全員が名瀬の妻という名目で引き取られた身寄りのない女性たちであり、家族のような絆で結ばれている。

JPTトラスト
テイワズの直系企業の一つである商業部門を担当する下部組織。
部門については作中で明かされなかったものの、装甲巡洋艦「黄金のジャスレイ号」を所持しヒューマンデブリ達を含めたモビルスーツ傭兵部隊を傘下に持っている程の財力や、代表のジャスレイ・ドノミコルスがテイワズのナンバー2である事から、タービンズと同じくテイワズにとって重要なポジションだったと思われる。

エウロ・エレクトロニクス
重工業産業部門であるMS工房。
戦力拡大の一環として独自に入手した厄祭戦時代の設計図から百錬や百里といったモビルスーツの開発・生産も行っており、その技術力・工業力はギャラルホルンにも次ぐ。


此処ではきらめき学園のスポンサー及びロボット機動兵器戦術防衛研究部の傘下加盟企業の一つ。
一企業体として振舞っているが海賊対策の武装もあってほとんど軍隊並みの装備を持ち、
非正規作戦や非合法など表向きに出来ないこと綺麗事では済まないことを解決するきらめき学園の暗部の側面も担う。
こちらも各部門に卒業生とOBを多数輩出しておりコロニー再建計画、新型コロニーの研究・開発、宇宙開発を共同で行っている。
こちらではエイハブリアクターを含むアナザーガンダムに置けるMS動力源の主な研究・製造・開発を行っていたり
サナリィ同様技術や物の多くを提供や譲渡、戦術機動兵器の量産・開発を行っている。

2ヶ月前 No.300

光子王 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

**名前 ハッシュ・ミディ読み:
|登場作品|機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ|
|CV|逢坂良太 |
性格:普段は気だるげな態度を見せるが、モビルスーツや阿頼耶識システムに対しては強い執着を持つ。
必要であれば既にナノマシンが定着しない年齢であるにもかかわらず阿頼耶識システムの施術を志願するなど、
リスクを承知で行動しようとする面が目立つ。
しかし後に自身の未熟さと三日月の強さを痛感し背負い過ぎと対抗心で暴走していただけで、根は真面目な性格をしており、後に角が取れて対抗心から仕事へ意識の方向性が定まる事となる。
性別:男
年齢:17歳
容姿:画像検索推奨。
備考:エドモントン戦後に予備隊に配属された、鉄華団に入団した新団員。所属は昭弘・アルトランド率いる実働第二部隊。
過去にCGSに入隊するも阿頼耶識システムの施術に失敗して自殺した兄貴分のビルスに代わり、スラムの仲間たちの希望になるべく入隊
ビルスを通して知った三日月への対抗心からMSパイロットとなるものの戦闘で三日月の実力を目の当たりにし、彼を通じてオルガ・イツカにモビルスーツパイロットへの配置転換を希望し、周囲の後押しもあって以降は三日月の部下として獅電を駆る。
初陣で戦場の空気に呑まれ、三日月との絶対的な才能の差を見せつけられるが、三日月と同じ土俵に立った事が、
結果として彼の三日月に対する普段何もしていない産廃(産業廃棄物。転じて役立たずの意)という印象が評価を改める切っ掛けとなった。
それ以降は、仕事に対して今まで以上に精を出し、訓練やトレーニングにも励むようになる。三日月に対しても舎弟のように振る舞う。

ハシュマル戦後は右半身不随なった三日月の足代わりとして彼を運ぶ役割も担う。
その後、タービンズの形見分けによって鉄華団に配備された辟邪を乗機とし、次第に三日月が背中を預ける程のパイロットに成長していく。

アリアンロッドによる鉄華団総攻撃の際も、三日月・昭弘・アルトランド・ダンテ・モグロと共にクリュセまでの逃亡用地下トンネルが開通するまでの時間稼ぎのために奮闘していた。

しかし、辟邪の地上戦データが不足していたこともあり苦戦を強いられ、敵の攻撃がコックピットに直撃してしまい、瀕死の重傷を負ってしまう。その後三日月がハッシュのもとに駆け付けるも時すでに遅く、最後は三日月に先に行くように促し、眠るように息を引き取った。

この世界ではロボット機動兵器戦術防衛研究部に人身売買される孤児たち及び戦うことしか知らない少年兵を普通の世界で生きていける
ように教育・支援を行うヒューマンデブリ根絶計画によりテイワズから委託されたストリートチルドレンの一人。
歩兵部門同様一定の銃器とロケットウィンチ及び立体駆動装置を使いこなし、正式過程を終えており個人としては
肉体の強化改造を行わない一般兵同等の強さ…なのだが弄ってないにも関わらず肉体はなぜか非常に頑強でありどこぞの異能者といい勝負。
MSパイロットとしては経験不足が目立ち、阿頼耶識システムの持ち主とはとてもではないが現時点では勝負にはならない。
が本来の努力家の面と機動兵器の講師を務めるヤザン・ゲーブルのお気に入りとして特別指導のシゴキにより
オールドタイプ(?)としてはその当人とアナベル・ガトーに匹敵かそれ以上の実力を身に付け本来の潜在能力を開花させつつある。

2ヶ月前 No.301

セレーネ @sierra09 ★sABIrnM7Q4_04V

南米ロケーション情報

ノヴァ・プロスペクト
リコンカスターズが新たにジャブロー地上施設に建設した収容施設。
紛争後大量発生した難民や投降した捕虜をリコンカスターズは全てこの場所に送っている。既に数百万単位の人間がここに送られており
幾ら広大な地下施設があるとはいえ地上部分の規模に比べて、送られる人間の数が余りに多い事。何よりただの一人もこの場から出てきた者が居ない事から
SAFはここを「虐殺場」と考えており国連やAFTAへ「虐殺の阻止」を訴えている。しかし実際に中で何が行われているかを知るのはリコンカスターズ側だけである。
尚施設自体の警備は厳重ではなく、セレーネがここを重要視しているのかどうかも分からない謎が多い施設。

セレーネユニット
セレーネトルーパー
セレーネ共和国は聖地奪還軍。防衛軍問わず標準的多目的戦闘服を着用し一個分隊五名で構成される。MMDを筆頭とした機械化が進んでおり最低でも骨格や頭部は置換されておりスーツの防護機能無しに高い耐久性を持つ。
大きく分けて必要最低限の機械化を行ったノーマル型。更に全身に機械化が進んだ所謂サイブリッド(戦闘用義体化サイボーグ)型と遺伝子操作やウィルス強化によって生体兵器的に肉体を強化したバイオニック型の三種類が存在。
またスーツには「強制労働神話装置」が搭載されており、中の人間が死亡してもスーツが機能停止するまで一定の戦闘活動を続行する事も特徴。
世界主流の.223高速弾はその性質上あまり効果的では無い。308口径でも分隊規模で一人に対して集中射撃を行う事が望ましい。可能なら50口径クラスの対物火器であれば対等に戦えるだろう。
ただしセンサー類も充実しており大抵は偵察ドローンと共に移動している為奇襲は難しく、何よりどの程度破壊すれば完全に機能停止するかはまちまちなので過剰火力によるオーバーキルが要求される。
頭部が弱点である事は普通の人間同様だが、頭部を破壊しても胸部の補助脳やデータリンクである程度カバー出来てしまう。なのでやはり頭部及び胴体をスーツ事完全破壊する事が望ましい。
そしてそう言った火力のぶつかり合いではセレーネ共和国歩兵側に分がある事を忘れない様。全てではないが基本的にレーザー兵器を装備している為アンチレーザースモーク等は有効。

武装
レーザードライフル
紅い熱線を照射する光学兵器。セレーネ共和国では両軍共に歩兵用の一般的な小銃として普及、
採用されており光学兵器としては非常に簡素な構造故整備性と生産性に優れ扱い易い。
その性質上反動が無く非常に高い命中精度を持ち、それはセレーネ人の様々なマシンアシストによって補佐されており、
威力も天候に左右されず常に照射出来8cmチタン合金装甲版を貫く程。狙撃兵用にスコープを装着したモデルも存在。最大射程は約6.000m。

ヴェンジェンスレーザー
機関銃に分類される光学兵器。通常のレーザードライフルに比べ大型で銃身も長く之を排熱保護する為のカバーが取り付けられている。
通常のライフルに比べ高出力で威力も高く発射速度も速い為機関銃としての機能を十分に備える。野営地などに設置する場合の三脚付き。

パーディションヘビーインシネーター
化学反応によって金属を溶解させる程の高熱を起こすゲルを噴射する火炎放射器。直接放射する他火焔弾を放物線上に曲射する事も可能。
水中はおろか真空でも付着した燃料が無くならない限り火は消えず、工兵用装備ではあるもののかなり危険な兵器。

ハンディマイクロウェーブユニット
マイクロウェーブを照射する試作家電製品。電子レンジに入らない大型の食品を加熱したり、電源が取れずレンジが使用できない場所で食品を加熱するために開発された。
高い価格設定とあまりに大きい本体にも関わらず大ヒット商品となったが、人に向けて照射するとものの一秒足らずで人体が爆発してしまうという調理器具として致命的な欠陥が報告されリコールされる事に。
ほぼそのままバッテリー機関をマイクロフュージョンセル化する事で出力の向上や継続使用時間の延長等、全体的な強化が施された物が採用されている。

キロトンラジウムライフル
対象を高濃度放射能汚染させると同時に非常に小さいながらも核爆発を起こす銃弾を電磁加速によって射出する特殊な携行型電磁投射砲。
過去に存在下カリフォルニュウム弾を元に開発されたダーティーウェポンであり何の防護も無い生物なら一瞬で致死性の放射能汚染状態にさせる事が出来、対生物用として配備されている。

ネクロンズベイン
大型のフュージョンパックパックを背負い肩に担いで運用する大型対戦車兵器。レーザードライフルとは比較にならない出力の特殊な熱線を照射し
之を受けると電子機器類に異常が発生、ビークルを停止させるスタン効果を併せ持つ。

メスメトロンユニット
超音波を発生させ人間を強制的に催眠状態に陥れる兵器。催眠状態を免れても頭痛や吐き気等の症状が現れメスメトロン事態に致死性は無いが、戦闘能力を大きく削ぐ事が可能。

グルーキャノン
グリフォーム・ラティス・オーガニズム・オプストラクター…通称グルーを発射するキャノン。高性能なトリモチやボンドに類する物。
発射されたグルーは白く硬化しその用途はターゲットを傷つけず無力化する暴動鎮圧用から火災鎮火、穴の修繕、足場の形成等
非常に多用途に渡り軍民問わず広く普及している。

リサイクラーチャージ
球体状の携行型リサイクラー。スイッチを押して発動させた後投擲し、狭いながらも爆発範囲内にあるリサイクラーが分解可能な物質の分子構造を分解。
分子形成機で使用可能な素材へと変換する。手榴弾に類する武器だが元々は廃品解体用工具。設置して地雷の様にも使う事が可能。
シールド機能の保護下であればリサイクラーによる強制変換を防ぐ事が出来る。

ヌルウェーブボム
投擲後PSIや魔術回路に作用する高出力ヌルウェーブを発信する事で、敵サイオニック、ウィッチ等の特殊なスキルを抑制させる。

メディカルスプレー
ナノ活性剤を含む治療ジェルを噴射するスプレー。之を吹きかければ肉体の損壊部分とスーツの修復を同時に行える便利な医療品。
同じ様な原理で機械自体を簡単に修理するメカニカルスプレーも存在する。

Fー35S「ペレグリー」
米マーディン社と各国で共同開発が成されていた第三世代型戦術機のセレーネ共和国仕様。戦術機と言っても基礎フレーム自体を人工筋肉に交換し小型反応炉を主機として搭載。
更には大幅な小型化(20mクラスから6m程と約14m以上サイズダウンしている)がなされておりもはや戦術機としてカテゴライズして良いのか疑問が残り、この大幅な変更はMSやVFが存在する以上
燃料電池駆動、最大火力120mm、電子戦装備etcあらゆる点で劣る戦術機をそのままのサイズで量産配備する意義が無いとして、戦術機に精通した白銀特佐の監督の元科学技術省が米国系移民の持ちこんだ
F-35をベースに再設計し現在に至るという経緯を持つ。人工筋肉による柔軟でいて非常にスムーズな動作が可能となり、ヴァリアブルナノメタル合金製装甲はその特殊な性質故動作に干渉する事が無く
それ故全体的に装甲を厚く施す事が可能になっており、防御と運動性能を両立を実現。無論装甲外部にはリチャージ式シールドが流されている。
腰部と肩部に搭載された一対の推進機関は反重力駆動装置となっており高速巡航能力は勿論極めて高い三次元機動能力を持ち、無論0G〜1G対応の大気圏内外両用。
レーダー拡散コートや球状フィールド形成等のアクティヴステルス機能と合わせ非常に高い隠密性をも兼ね備えており、従来の小型機動兵器とは一線を画す能力を誇る。
武装はマクミランガンポッドシステムを採用しており、それ故ガンポッドマウントがマニピュレーター四基と合わせ肩部にも存在する他、固定武装として13mmレーザー機銃と胸部内蔵型ランチャーユニット、
ヴァリアヴルナノメタルの変形構造を利用して通常は隠されている機体各部にTCV(高周波振動熱)ブレードが存在。セレーネ共和国としては目新しい技術が殆ど使われず整備性や生産性にも気を使った設計となっており
特に操縦者のMMDと連動した半思考制御式操縦による、神経と同等の伝達速度で稼働する人工筋肉はマン・マシンインターフェイスの傑作とも謳われる程。ハウンドがあくまで戦車でしかなかった事から
リコンカスターズだけでなくセレーネ共和国防衛軍にも正式採用され、セレーネ式戦術機…STSFと言う独自のカテゴライズ機動兵器にまでなった。尚名前のペレグリーはセレーネに持ち込まれた当時はまだこの名前だった為。

全高 6.2m
基本重量 8.0t
装甲材質 ヴァリアヴルナノメタル合金
主機 小型反応炉

固定武装
機体各部固定TCVブレード
頭部内蔵13mmレーザー機銃×2
胸部内蔵マルチランチャー×2

基本武装
MGSマウント×6
TCVナイフ「ムーンエッジ」
TCVブレード「クニツナソード」
35S用戦闘システム「ファルシオン」(30mmバルカン/120mmショートカノン一体化兵器)
88mm電磁投射散弾砲「ソニックパンチャー」
携行型荷電粒子砲
マイクロミサイルユニット
遠隔誘導攻撃端末「スクワイヤー」

1ヶ月前 No.302

光子王 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

宇宙世紀とかに生まれていればハッシュもニュータイプにまだまだ慣れる素質ありますしね
可能性の溢れた世界では尚更


一部訂正



地下理想郷アガルタ

地球空洞説は否定されたが地球の内部に存在する4次元
そして霊界と共に3次元の物理空間などが複雑に入り組んだ秘密の地下都市にして世界。
隠された智慧を護る秘密の賢人たちや超人的な種族が、あるいは恐竜や地上で絶滅した生物が
未知なる知的生物等が存在する。

本来は地球上では何処へでも繋がっており、簡単に地下に向けて穴を掘ればそれが誰でも昔は誰でも行けた。
現在は南極、北極、チベット、ペルー、シャスタ山及びパワースポットでは比較的に出入り口が開きやすい。
しかしある種の神秘の概念世界である為、万有引力の法則など物理法則や科学を信じる所詮数値等表面しか見ない者、夢が無い存在には入れない。
地上では選ばれた純粋な心や想像力がある者が招かれそして位階に達した知識の技術者や到達者が来ることが許される。
次元上昇=進化すること、他者に無条件の愛と調和を持つことにより人類全体や知的生命体全てが祝福され初めて入ることが出来る。

基本的に地上からの侵略などを除き不干渉あるいは干渉してはならないとされているが
過去に悪心を抱く者や罪人が逃亡しナチスドイツに超技術を教えたことで惨劇が起きたことから
この技術の抹消や悪用をする対象の抹殺を理由とした秘密裏の介入を行うこともあるし
地球の危機や地球環境、自然を憂いて地上の支配者や驕り高ぶる者に行動を起こす。
平和主義者や博愛主義者、全知に至り全てを知ってしまったが故生きていることに詰らなくなった者や
力が強大すぎるが故に自らを封印するためにやってきた者達の集まり。

アガルタの人類の霊的指導者世界の王および大師たちが現在、秘密結社鷹の爪団が大のお気に入りのようで
「人に地球に優しい世界征服」
「くだらない国境を取り払い、世界をひとつに結び、疑いやいがみ合いや傷つけ合うことなく、格差をなくし、誰の子供も自分の子供のように愛する世界にするための世界征服」の理念が気に入り総統に地上を統べて貰いたいと考えているご様子。
もしくは次の霊的指導者トリドン人の王子ドニーチロとして選び、よくテレパシーや夢を通してコンタクトしてくる。

そしてなぜかきらめき学園の分校がグンマー同様存在している。

この世界では元から存在し、闘争と暴力の地上支配を否定する。
そして地中から地上を常に監視してきたが平行世界や異世界が重なることによる争乱
外宇宙からくる侵略者による地球の危機に関してもあくまでも地上の危機に関しては静観を保ち中立的な立場である。
支配者の交代に過ぎず自然環境や地球の動植物に悪影響が出なければ問題は無いから。
地下への侵略、地上の全生物の全滅及び悪影響、地球の破壊などは例外だが。

1ヶ月前 No.303

セレーネ @sierra09 ★sABIrnM7Q4_04V

オペレーションキッドナップ
之はセレーネ共和国が独立宣言を行い歴史の表舞台に立つ前、少なくとも地球圏で活動する少し前の話。
セレーネ共和国の軍事を司る最高司令官ヒュペリオンは地球における超自然的な超常現象や異世界からの介入これ等への対抗策を模索していた。
これ等に対抗する一般的な物は魔道師やウィッチであるが、絶対数が少なく個々の能力にバラつきがあり連携を取り辛く、また未成年者が多い事から
指揮系統の乱れが発生する事等は過去ウィッチの統合戦闘航空団や、魔道師を従えた軍に"良く起きた"事である事も認識していた。
ヒュペリオンが求めたのはそんな不確定要素を排し、機動兵器の様に生産可能な鉄の兵士である。
どんな攻撃にも耐えうる魔力の鎧に身を固め、はかり知れぬ力で敵を叩いて砕き、決して倒れる事もなく
死ぬことも無くただひたすら司令官の意のままに戦い続ける鋼鉄の兵士
海であろうが空であろうが戦う場所を選ばない。勝利する事のみを目的とした完全なる兵器
それが「機械化歩兵」。生命のスープから生み出された偽りの魂と鋼鉄の肉体を持ち、異星人由来技術の箒に跨って戦うウィッチならざるもの
しかしセレーネ共和国科学省の英知を結集させても、機械化歩兵を完成させる事が出来なかった。優れた技術者や科学者は大勢居た。
だが肝心な魔術、呪術等超常現象に精通した者が少なく、同時にそう言った存在は科学と折合が悪かったのだ。
どうしても外部から科学技術と魔術に精通した、科学者を誘致する必要性が出てきた。そこでヒュペリオンは魔導諸国評議会と言う存在から
更に時空管理局を。そしてその膨大な情報の中からとある人物をピックアップした。

ジェイル・スカリエッティ博士。人道に反する違法人体実験、医学実験等多数、世界規模のテロ行為首謀者。
同時に生命操作や生体改造、精密機械に通じた天才科学者。管理局最高評議会が作り上げたデザインベイビー。
ヒュペリオンがこの項目に目を通した時点でタスクフォースが招集され、スカリエッティ博士"誘致"の為のプラン立案が始まった。
と言ってもスカリエッティ博士は管理局によって既に逮捕され、無期懲役で服役して居た為、セレーネ共和国が取る道は実質二つしかない。
対話か実力行使か。珍しい事に当初は交渉により管理局へ何らかの益を与える代わりに、恩赦と言う形をとる計画であった。
しかし時空管理局はおろか魔導諸国評議会とすら接点が無い、管理外世界の小さな一自治区とまともに交渉する気等向こうには無かった。
ましては無期懲役とは言え重犯罪者だ。更に言えばスカリエッティ博士とセレーネ科学省の主義思想は似通っていた。
門前払いになった以上、残された道は実力行使しか無い。しかし相手は外宇宙所か違う次元におり更に言えばその戦力はセレーネ共和国の比では無い。

しかし思いがけない幸運が月に微笑む事に。時空管理局の政治形態はかなり遅れた地球で言えば中世レベルの未成熟ともいえるものだった。
義務教育すら無く富める者は更に富み、貧しい者はもっと貧しく。管理世界とは即ち管理局特権階級者を肥え太らせる為の搾取対象でしかない。
故に敵を内外に抱え付け入る隙が大きい。之を利用してスカリエッティ博士が収容されている無人世界を特定。特務部隊を送る偽装貨物船の調達。
それ等全てをスムーズに行えた。そのまま恙無く「オペレーションキッドナップ」は発動された。
第一段階は第9無人世界軌道拘置所周辺へ、偽装貨物船二隻がFT(ファスト・トラベル…光速突破航行)し偽装データを送って拘置所へ接舷。
ハンク、ナンバーセブン両名に率いられたアルファ、ブラボーチームが内部へ突入。拘置所警備の武装局員と交戦しつつアルファは目標の確保
ブラボーは施設の掌握に乗り出す。同時に二隻目の偽装貨物船から白銀特佐の率いるMS三機を出撃させ、軌道拘置所の通信施設や警備艦艇を破壊。
多少の抵抗はあったものの、管理局側は奇襲を想定しておらず作戦は終始優位に進み、目標であるスカリエッティ博士を確保すると即座に撤収。
FT後軌道拘置所を爆破して部隊はセレーネ共和国へ帰還した。そしてスカリエッティ博士は喜んでセレーネ共和国の一員となり
現在の機械化歩兵を完成させ、セレーネ共和国に新しい力を何よりヒュペリオンが望む物をそのまま齎した。

この「次元空間第9無人世界軌道収容所襲撃事件」は収容所自体が完全に爆破された事もあって犯行グループの特定すら出来ず
単に「反管理局勢力によるテロ行為」として管理局の内々で片付けられ魔導諸国評議会へ事件の報告すらしなかった。
尚この事件の管理局の記録によれば軌道収容所に収容された囚人及び管理局職員は全員死亡したとある。

1ヶ月前 No.304

光子王 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

レムリアーズ

技術の抹消や悪用をする対象の抹殺を実行するアガルタ人の祖先に肖って付けられた戦士達の名。
正式名称はアガルタの戦士団レムリアーズ。

アナサジ

宿敵レプティリアンとの地上の監察者であり、元はアガルタ人と同じくレムリア大陸―ムー大陸の祖先を持ち智慧ある賢者の総称。
現在シンジケ−トと名乗る者達とは地上の扱いで袂を分かった立場であり、命を弄ぶ者達として敵対している。


アガルタ人

謎が多い種族で特徴としてATP合成酵素を大量に生み出す特定細胞群を持ち、老いる速度は非常に遅く
通常のホモ・サピエンス・サピエンスとは違いはるかに長生きをする。
一説にはかつて【神】が、己と寸分変わらないレベルで作り上げてしまった原初のヒトに近く
その為目覚めていないジャンクDNAあるいは人間に隠された『スイッチ』が先天性後天性問わず覚醒した者達であり
超能力を含む超人的な特異能力を持つという説が存在する。
根拠としては首都シャンバラ生まれのアガルタ人この傾向が強く霊的指導者と大師に近い親族は必ず超能力や特異能力を持って生まれる。
これが生粋のアガルタ人=真人類という解釈とも取れ、王族と権力者は正しく極めて近いであるとも。
しかしこれは大きな間違い、霊的指導者は世襲制ではなく魂の質―精神の在り方にて選ばれそれが異星人であろうが別次元の者であろうと
人々を導くに相応しい博愛や慈愛そして調和の心と志を持って選ばれ、血筋も種族も国境も生まれも指導者選定の水準にはならない。
それが現霊的指導者の直系の子であっても瑣末に過ぎずそう言った意味では生粋のアガルタ人は存在しない、ということになる。
エイリアン/Vokの作り出そうとした人類にほぼ近い知性と理性に満ちた存在。

レムリアーズ装備

アガルタ・モーター
別名ペルフェクティモーター、あるいは電光機関。
ATP(アデノシン三リン酸)を消費して電力へ強制変換させる無限の電力を生み出す軸8本の車輪。
これにより無尽蔵の電力から生み出されるレーザーは装甲を溶かし、ジャミングも行え
あらゆる電子兵器を無効化する強力なEMPを発生させる。
大前提としてアガルタ人専用装備であり、それ以外の使用者は一切想定していない。
常人が使えば死ぬ程消耗する。

アガルタ・バトル・スーツ
別名「電光被服」。
アガルタ・モーターと組み合わせることによりパワードスーツとして機能し超人的な身体能力や電撃・電熱を操ることができる。
アガルタ製の特徴として光学迷彩、幻覚を見せる、金属製の銃弾の無力化をデフォルト機能。
誘雷用誘導ユニット装備、経絡系を刺激して人体構造の生体エネルギーの活性化・疲労軽減・回復力増加をしているなど。
素材はアショカ・ピラーに使用されている不滅金属も組み込まれている。

三つ目水晶仮面

水晶で出来た三つ目の仮面形状したような防具。
身元がばれないのももちろんだが、姿形が変わり変装出来る為諜報や潜入の際に現在の装備のままで居られる。
防御力も折り紙付き。眼窩に光を集中させて相手の目を照らすと催眠状態に陥る。

エネルゴン・クリスタル爆弾

アガルタにも資源として存在している動植物の成長や土壌の肥沃を助ける環境に全く無害なエネルギー。
しかし不安定な状態のエネルゴンは非常に起爆性が高く、ある程度の衝撃で簡単に爆発する。
これをアガルタは指向性爆弾として兵器転用しており、地球クラスの惑星に全土移植して爆破すれば破壊できるほどの威力を持つ。
もちろんそのままでは危険なのできちんと使用者の安全考慮した上でクレイモア地雷、指向性散弾、手榴弾タイプと加工した物が存在する。

1ヶ月前 No.305

光子王 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

流体磁鉄鉱剣マグネタイトソード

液体金属化させた磁鉄鉱―マグネタイトを剣にした物で普段は柄のみで
戦闘時には液体化させた刀身を長剣や短剣として出現させる。刀身の色は白と黒と様々。
レプティリアン及び無敵兵士と呼ばれる内側のみ異星人へと置き換わった彼等の手先
に類するか近い存在は触れるだけで金属を多く取り込んでいる肉体が容易く引き裂かれる。
アガルタ・モーターとの併用に最低出力で高熱剣化、エネルギーが凝縮し、有害な放射能・小型核ですら浄化させる
ゼロ磁場を発生させる。他にも磁石化させて金属系の武器や物を巻き上げるということすら可能。

アガルタ・トランスメタル・ユニット

腕に装着可能なボール状の小型装置。クォンタム・サージを一時的に自身のみに発生させ
ヴォック因子を持つアガルタ戦士が軽度の憑依状態にしてヴォックと同質の身体構造変化し
トランスメタル2化する。これにより有機的な皮膚に金属部分が入り混じった外見になるが
“エネルギー触手”による自己修復や超感覚、テレキネシスや遠距離知覚、空中浮揚などの超絶的能力を得る。
より戦闘的に適した形態だがヴォック因子を潜在的に持っているあるいは血中に取り込んだもの以外には使えない。

1ヶ月前 No.306

嶽丸 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=SkBYWclB4P

【オリジナル要素が強めなヲ級を追加します。設定は修正するかもしれないです】

新版権&オリキャラ共通プロフ

**名前 読み:空母ヲ級(くうぼーきゅう)

|登場作品|艦隊これくしょん-艦これ-|

|CV|無し|

性格:基本的に無表情だが、漫画版やアニメ版では唸り声をあげたり、怒りの表情を見せる。

また、ファミマのコラボでは艦娘に囲まれて戸惑う個体や、明るい笑顔で流暢な日本語を話す個体がいる等、知能が高い面か見られる。


この個体としての性格は、根は良くも悪くも真面目でツッコミ役、もとい振り回される側の気質がある。しかし、自分が人外という理由もあるが種族の違いによる差別はしない。利害が絡まない限りは、見ず知らずの相手でも、うっかりとか天然というレベルではない変人でも、特に理由が無くとも助ける。

反面、戦う事に疲れ果てながらも強者との戦いに高揚を覚える心を捨てきれない事を自覚している。




性別:女性

年齢:不詳(外見十代半ば)

容姿:短い銀髪、生気の無い青白い肌をした少女。通常個体の瞳は水色。レオタードに似た白い衣装に黒いレザーパンツ。黒い手袋とブーツを着用。左右に砲身が付いた怪物めいた大きな帽子(艤装)を被り、黒いマントを羽織って杖を構えた魔法少女のような格好。


ファミマ限定イベントカードでは、店員の服装で普段より小さめな帽子を被っていた。


武装及び能力:艤装内で生み出した艦載機による航さ


また、自衛火器として左右の砲門を用いる。□lite級以上の個体である為、夜間でも航空機による戦闘が可能。


近接戦闘時や地上では素手や杖による格闘戦を主体とする。



艤装は取り外し可能。身体能力は高く、致命傷を負わない限りは傷を自然治癒出来る。水上の移動は勿論、深海棲艦の名の通り水中や深海での活動及び戦闘が可能。


また、弱体化しているものの近代兵器に対する耐性は有している。

本人の性格上、好まない手段だが水中から忍び寄って引き摺り込むというホラー映画じみた事も出来る。

重油や海底資源を口径摂取したり、艤装の口で取り込む事で補給している。あくまで当個体の特徴であり、他の個体の摂取方法については不明である。


夏の姫クラスの影響か、季節や場所に合わせて水着を着ることもある。


他の深海棲艦とは言葉以外にハンドサインや思念によるコミュニケーションを行う。他の個体が使用できるかは不明。

備考:敵艦隊「深海棲艦」における、正規空母の能力を有する個体。名前の由来はイロハ順の12番目。



ゲーム中での台詞は実装されていないが、 ファミマのイベントによると他の深海棲艦ボスと似たような喋り方をする模様(ただし片仮名ではなく、平仮名表記である)。



また、「ヲ…ヲヲ……」という声を発する。ヴァイスシュヴァルツのファミマ限定イベントカードでは普通に喋る等、知能は高いと思われる。帽子は着脱可能らしい。


ファミマのコラボでは艦娘に囲まれて戸惑ったり、コラボカードで店員姿を披露して明るく振る舞う等、人間味のある面が見られた。


flagshipクラスになると戦艦並の重装甲となり、夜戦でも艦載機を飛ばして来る。


南方海域のExtra海域5-5では「ヲ級改flagship」という片目に水色のオーラを灯した上位個体が登場。性能が向上して姫クラスの強さになっている。後に赤いオーラを纏った新型艦載機を搭載した個体が登場。


とある海域の空母ヲ級の一個体。撃沈されても復活する深海棲艦の性質ゆえに、何度も死を繰り返すうちに目的を見失ってしまった。摩耗しきっても尚、記憶に残っていた姫級の「静かな海」という言葉に求める答えがあると考えて放浪の旅に出る。


元々は通常個体と大差なかったが、経験を積み重ねていく事によって進化して現在に至る。これには沈む度に怨みを増していった影響もあるが、大きな理由は真面目な性分にある。尤も、今は負の感情が薄まりつつあるが。


戦いに疲れている事もあって最盛期より弱体化しているが、再び戦いを重ねる事によって力を取り戻していく。


徒手格闘については通常個体の頃から、人型を得た事を活かす為に身につけた。その後、放浪中にとある出会いを経験して更なる磨きをかけた模様。



深海棲艦特有のエフェクトが僅かに混じった声で片言で言葉を話し、学習していくにつれてエフェクトが解けて普通の喋り方になっていく。例外として、不意に感情が揺れ動いた時はエフェクトが解けて普通に言葉を発する。


特異個体ゆえの特徴か、普段はリミッターをかけて通常個体と同じ姿で過ごし、戦闘時には改flagshipの姿になる。南方海域の個体と同じく、青い光を放つ艦載機を搭載。


新型艦載機を持たない等、深海棲艦としては初期の個体であるらしい。尤も、成長によって更に進化する可能性もあるが。


また、他の個体から得た情報で霧の艦隊やファミマ、すき家といった現代知識を持っている。



趣味は日光浴、空を眺めること。地上、特に食文化には興味がある。正規空母なだけあり、普段は控えているが健啖家。


所謂、穏健派に含まれる個体になっているが普段は一人でいる事が多い。

1ヶ月前 No.307

SAF参加兵員 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_UxJ

―サブキャラクター―

** マルコ・アルバレス読み:――
|登場作品|オリジナル
|CV|――

備考:SAF設立と共に召集された各州軍の内、ボリビア州軍事警察部隊(ユニダッド)から出向しているケチュア族系の初老のベテラン士官で相当数が編成されているSAFの遊撃部隊の一つの現地指揮官をしている。階級は大尉。国内の正規軍並の装備と練度を有する麻薬カルテルの掃討・鎮圧作戦や、色々な手違いか思惑から国内で作戦行動中であった米軍のとある特殊任務部隊とも銃火を交えた経験を有している隠密行動や不正規戦のプロ。各州軍の寄り合い(傭兵まで混じってる)もいい所の小隊の有象無象を掌握するだけの求心力と冷静沈着を持つ経験豊富な指揮官であると同時に元々がボリビア州軍精鋭のガラス部隊戦闘斥候出身の叩き上げである為か年齢とは裏腹に驚異的な山岳・密林行軍技能・タフネスを有していて、補助の強化外骨格の類は(邪魔)の一言で着用していない(その癖、着用している兵員の行軍速度に息も乱さずに随行出来る)

SAF共通基本野戦戦闘服一式にユニダッドの士官用黒ベレー帽(ヘッドセット含む)、人種的に背丈はそう高くは無いが歳を感じさせない鍛え上げられた体躯の持ち主。白髪混じりの短髪・細目がちで人相はそう悪くないもののこめかみ辺りに古い銃創がある。

基本装備

熱光学迷彩外套(ポンチョタイプの第二世代モデル。赤外線探知やサーモグラフィーに対する偽装能力が強化されている。基本的にアンブッシュ・徒歩速度での隠密行動時に使用する。)

SC-2010(近距離用のアンダーバレル12ゲージショットガン・ドットサイト+補助倍率ブースター装着。減音器着脱可)

パンツァーファウストVC

グロック17(サイドアーム)

ウォーマチェット

各種手榴弾


** ルイス・ロゼレード読み:――
|登場作品|オリジナル
|CV|――

備考:ブラジル州陸軍第11軍管区(通称アマゾン軍)隷下の特殊作戦大隊から出向しているアフリカ系の若手一等軍曹で現状の戦区が自州内という事もあり、現地のナビゲーター兼ねて当遊撃小隊の副官を務めている。海外への派遣などや国内での反政府ゲリラ掃討任務から密猟者の摘発などの任務などもやっていたある種何でも屋であった部隊出身の為、厄介な仕事からどうでも良い様な任務まで何でもござれな事ばかりで半ばウンザリしていた中でのセレーネ共和国による南米侵攻という本格的な有事に戸惑いと獰猛な戦場への刺激的な期待が入り混じった奇妙な感慨を抱いている。各種戦闘技能に関しては一流であり、副官を担えるだけの状況認識力と統率力を有している。

SAF共通基本野戦戦闘服一式に(アサルト)エグゾスケルトンの州軍制式モデル(アトラス製※少々型は古い)を着装、特殊戦向けでありブーストによる高機動とオーバードライブ機能を有している。遊撃戦に於ける(囮)をやる際に重宝されているモノでもある。

基本装備

熱光学迷彩外套(ポンチョタイプの第二世代モデル。赤外線探知やサーモグラフィーに対する偽装能力が強化されている。基本的にアンブッシュ・徒歩速度での隠密行動時に使用する。)

50口径突撃銃(重量15kg長さ約1mと言う歩兵用の重機関銃をアサルトライフル化した物。弾倉式で40発のショート、70発のロングマガジンが存在。ルイス軍曹が用いるモノは簡易狙撃用に昼夜共用の光学照準器をマウントしてある)

パンツァーファウストVC×2

ウォーマチェット

タウルスPT92(サイドアーム)

各種手榴弾

1ヶ月前 No.308

SAF参加兵員 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_UxJ

―サブキャラクター―

** ロベルト・モレーノ読み:――
|登場作品|オリジナル
|CV|――

備考:ブラジル州陸軍第11軍管区(通称アマゾン軍)隷下の特殊作戦大隊から出向しているメスティーソ系の若手の伍長でルイス軍曹の後輩に当たる人物。彼ほか数名の同僚と当小隊に所属している。各種戦闘技量は確かではあるが先達程まだまだ肝は据わっておらずこれからが見物と上官からはからかわれがち、スカウトスナイパー(前哨狙撃兵)として類稀な才能を有しており陸軍内でも屈指の好成績を有している。レティアというやや歳の離れた妹がおり兄妹仲は良かった模様。セレーネ共和国による南米侵攻後、彼女が住んでいた地域がセレーネ側の占領地域になっており音信不通になっている。

インヴィジブルSAF(ウォードレス):セプテントリオン製外骨格型パワードスーツ、インヴィジブルのSAF仕様モデル。グラップルユニットによる高所への高速移動やダイバーユニットによる潜水工作など基本的に軽装ながらも作戦地域での運用に最適化されている。ポイントマンとしてのポジションにある彼としては偽装状態からの伸縮偵察用ユニットや、統合末端攻撃統制官(TAC)としての位置情報送信秘匿システムなどを追加で搭載している。(河川砲艦による間接支援砲撃への座標指示・誘導砲弾のレーザー誘導・状況が許せば友軍機による近接航空支援時の目標指示なども行える。)

基本装備

熱光学迷彩外套(ポンチョタイプの第二世代モデル。赤外線探知やサーモグラフィーに対する偽装能力が強化されている。基本的にアンブッシュ・徒歩速度での隠密行動時に使用する。)

15mm対ウォードレスライフル(全長2m以上重量30kg弱もあるアンチマテリアルと言うよりペイロードライフルに近い物。同型のパワードスーツのセンサー外である1km以上先から射撃出来尚且つその装甲を貫通できる為、ヘリ狩りにも用いられる。減音器着脱可)

パイルバンカーユニット(タングステンカーバイトの杭を炸薬を用いて撃ち出す白兵戦装備。これを使うのはある意味危険な状況下と言える)

パンツァーファウストVC×2

ウォーマチェット

タウルスPT92(サイドアーム)

各種手榴弾

1ヶ月前 No.309

欧米におけるネウロイ・深海棲艦情勢 @voltexfbk ★1DXVdHzeIP_M0e

欧州戦線における状況


オペレーション・マルス成功後、カールスラント全土解放戦前まで押し込んではいるが、ネウロイの戦闘に深海棲艦の介入も発生しつつあり、地中海で再び膠着状態にある。ガリアへの補給路は断たれてはいないが、レイレナードの支援によって空輪して補給する方法が主流。
レイレナードは本社をガリアのパ・ド・カレーに移転し、本格的に軍事基地を建造した。
それらは偽造ドッグや開放式の滑走路など近未来的な造りをしているが、前線基地として使われてはおらず現在はレイレナードの非公式部隊が拠点としており、協力者であるファールド社への御礼として本基地から航空歩兵をいくらか派遣しているためレイレナードの部隊はほとんど存在しない。

なお、ネウロイについてはカールスラント国境線付近に置いて人間のように前線基地を作り反撃の機会を窺っているが、ライン川付近の為深海棲艦が度々訪れ、第3勢力のように両者に被害を与えていくことも多いだとか。

1ヶ月前 No.310

セレーネ @sierra09 ★sABIrnM7Q4_04V

ゼブラストーカー(南米戦線型)

Artyficial Neo Mitochondrion Creature 略称「ANMC」と呼ばれる簡単に言えば人造クリーチャー。そもそもANMCとは自然的に発生したNMC…
ネオミトコンドリアクリーチャーの怪奇性を利用し、人体を幼形まで退化(ネオテニー化)させてから再び意図的な方向に進化させる事で生み出される。
生物の基本的ラインから崩さぬ様工夫されているが、急激な変化に耐えられない臓器部分を人工臓器で補うパターンが多く、それ以外でも機械化されている場合も
知能は低めに設定されており、開発したとある組織の意向から例外なく肉食の特性を持ち、人間は勿論互いに捕食する所謂共食いも行う。
様々なタイプが存在するが之はいわゆる「ストーカー」と呼ばれるタイプの個体。クモザル等の四手動物の特徴を持ち壁や天井に張り付いて自由自在に動き回り
最大の特徴は皮膚の体色変化能力を極限まで発達させた環境擬態能力で、周囲の景色に色素細胞を融合させ、完全に姿を消す事が出来る。
姿を完全に消して天井等の死角に身を潜めて獲物をじっと待ち、左腕に備わった鋭い鎌の様な部位を使って致命傷を与える待ち伏せ型の狩りを行う。
このゼブラストーカーは名前が示す通り黄色と黒のストライプ模様の警戒色をしており、2〜3個体によるグループでの狩りをするストーカータイプの量産型。
組織が崩壊した後生体兵器開発に熱心なセレーネ共和国がANMCはおろか残党ごとまとめて接収しており、南米戦線でSAF側の地の利を生かした遊撃戦に悩まされた
リコンカスターズは、急遽このゼブラストーカーをクローニングし、非常に簡単なIFFを組み込んで南米戦線全域に投入。
SAFのゲリラ戦部隊はこの見えない狩人によって行動を大幅に制限されるだけでなく、地元では「暑い季節に現れる見えない悪魔」という伝承があり
その悪魔が現れたのだとSAFの士気を大きく低下させる要因にもなっている。

ただし完全に対処不可能では無くSAF側も撃退に成功した例はある。まず擬態能力は高いがモーションセンサー(動体探知機)等の機械の目はごまかせない為
ストーカーの存在を知った上でそれなりの装備と人数を揃えた部隊であれば歩兵であっても対応は可能である。
またフラッシュバン(閃光手榴弾)等の轟音や強烈な光を発する物に弱く、之を浴びると擬態を解いてしまう。
焼夷弾等でストーカーに火が付くと擬態能力が意味を成さなくなる。これ等は合衆国のNMC対策班「MIST」のアヤ・ブレア捜査官が
実際にストーカータイプと戦って判明した実戦経験に基づく物である。最も戦場で同じ考えに辿りつく事はそう珍しい事でも無い。

セレーネ側も人間が本気になれば敵わないと言う事は分かっていた。あくまで密林に潜伏するSAF遊撃部隊という「狩人」を炙り出す為の狩人
と言うよりは猟犬として使っているのである。実際にSAFはある程度正体を把握した後も、ストーカーの襲撃を防ぐ為に部隊規模を大きくしたため
リコンカスターズ側の部隊に発見される事が多くなり、当初の遊撃戦法に大きく足枷を付ける事となった。

余談だが当初の情報の錯綜にはリコンカスターズ側の被害が出た事も要因となっている。実際に幾つかの歩兵部隊が襲撃を受け全滅している。
仮にストーカーに襲われたとしても、装備の充実したリコンカスターズにとって対処は簡単な筈であり、何故こんな事が起きたかと
セレーネ側も頭を悩ませている。しかも襲われた部隊は非常に高出力のプラズマ弾を撃たれた痕跡があり、
死体の標準的戦闘服には大穴が開いていただけでなく更に幾つかの死体は驚くべきことに、装甲の上から鋭利な槍の様な物で貫かれたり、
頭部を切り落とされ首の無い者、最も酷いものにいたっては皮をはがれた状態で密林内に吊し上げられていた。
無論この様な戦闘能力や性質はストーカータイプのどのものとも合致しない。之に対して現地の士官は「之はゲリラだ!高度に訓練されたただのゲリラだ!」
とコメントしているが少なくともSAF側の部隊ではない様だ。もしかしたら狩人と狩人の争いの熱が、本物の「捕食者」を呼び寄せたのかもしれない。

1ヶ月前 No.311

光子王 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

ブラックロー運送
表向きは運送・廃棄物処理・デブリ回収業会社。
デブリ回収技術での特許と、回収したMS等のレストア(オーバーテクノロジーだの採掘された古代兵器の類も含む)を行う
装備品などの兵器開発を独自に行える程の大企業。
裏では、合法的手段で解決できない問題が発生した際に宇宙海賊として活動する。
此処ではきらめき学園のスポンサー及びロボット機動兵器戦術防衛研究部の傘下加盟企業の一つ。
サナリィと同じくOBや就職している者が多く、事実上サナリィの機動兵器試験・実験部隊及びきらめき学園の特殊部隊でもある。
活動範囲は表・裏同じく地球から何処の惑星や宇宙でも向かうが、宇宙海賊なので宇宙空域が主な任務対象。

1ヶ月前 No.312

SAF参加兵員 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_UxJ

―サブキャラクター―

** ディアス・ギーレ読み:――
|登場作品|オリジナル
|CV|――

備考:ベネズエラ州陸軍の特殊作戦旅団第二大隊から出向している兵士で階級は少尉、相当な場数をこなして来た相当な実力者で生粋の特殊部隊員ながら非合法作戦も含めて色々と暗部の多い部隊に所属していた事もあり詳細な経歴の大部分は不明である。彼自身の人当たりが良いとは言えずどちらかと言えばぶっきら棒・皮肉屋・粗暴なイメージを持たれがちで孤立主義者な面も少なくない(階級的には小隊で二番目ながら副官にならなかったのもそういった部分が影響している)近接格闘・白兵戦に於ける技術に定評が在り、重装強化外骨格を相手に生身で勝利した逸話を持つ。部隊内でのポジションは前衛(ポイントマン)・工兵、外見的には剃ったスキンヘッドと目付きの悪さ、うなじの特徴的な刺青が目印。

SAF共通基本野戦戦闘服一式に(アサルト)エグゾスケルトンの州軍制式モデル(アトラス製※少々型は古い)を着装、特殊戦・出力重視の高機動設定であり彼自身が色々と調整してある模様。グレネード遠投装置・カーボンワイヤー射出機構搭載ブーストによる高い機動力とオーバードライブ機能を有している。遊撃戦に於ける(囮)をやる際に重宝されているモノでもある。

熱光学迷彩外套(ポンチョタイプの第二世代モデル。赤外線探知やサーモグラフィーに対する偽装能力が強化されている。基本的にアンブッシュ・徒歩速度での隠密行動時に使用する。)

AK-103(光学サイト・GP30擲弾発射器装着、AFTA機構加盟後も北の大国との関係が続いているベネズエラ州軍の制式小銃でもある。7.62x39mm弾使用、擲弾は40mm榴弾・焼夷弾・発煙弾などを使用。)

M17ヴィブロマチェット×2(個人発注の二本揃いの高周波震動マチェット、元々はSAA用のTCVブレードがベースに成っているが、サイズを縮小し取り回しを良くした模様。)

ブローニングHP(サイドアーム)

クレイモア(指向性防御地雷、最新世代のモデルであり赤外線感知方式とワイヤー方式を夫々選択・もしくは併用可能。)

遠隔爆破・破壊工作装備(C4爆薬・信管・時限装置その他諸々、色んな意味で戦闘に応用する事もある。)

各種手榴弾

1ヶ月前 No.313

SAFブラジル州海軍@ @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_UxJ


―南米連邦軍(SAF)臨時混成艦隊―

大西洋上で行われていた大規模なAFTA合同軍事演習(フォールン クレッセントV)への参加により、各州母港から離れていた南米諸国各州海軍の参加艦艇とリコンカスターズによる同時攻勢を凌いだ残存戦力から構成されている(元々海軍戦力の損害は陸・空軍に比べると比較的軽微だったのもある)。比較的規模の大きなブラジル州海軍を主力としており規模は本国(アメリカ)のソレに比べるとささやかながらも複数の航空母艦(MSやその他の機動兵器の艦載運用能力も有する)も含め充実した各種作戦遂行能力を有している。尚、演習参加兵力には各州軍の両用戦部隊(海兵隊の類)も含まれており、損害が出続けているSAF陸上戦力の補填に当てられる模様。

(艦船・航空機・機動兵器/空中機動型ユニット)

サン・パウロU(旧キティホーク級航空母艦5番艦ニューポート)

ブラジル州海軍が保有する通常動力型航空母艦でありブラジル艦隊の旗艦を務める主力空母、前身はアメリカ海軍のキティホーク級であり艦齢などで考えても相当な古参艦ながら、整備関係のアフターサービスを含めてアメリカ側から供与(近年の各種脅威の増大と加盟国の外洋作戦能力向上支援計画の一角)という形で無償で入手したという経緯がある。AFTA加盟後は規模的にも予算的にも相応の拡大を果たしたブラジル海軍としては先代サン・パウロ(旧仏クレマンソー級)から一変して非常に飛躍した海上航空戦力投射能力を有した形になり、配備に至っては現代情勢と自国の都合に合わせた大規模な近代化改修と各種補修を数段階に分けて実施。結果原型の面影は残るものの実質的に別物と化している。運用実績に関しては既に配備から数年経過している事も合わせて比較的良好、艦齢の古さからくる不便な点に関しても運用に支障を来たすほどのモノではないとしている。艦載機としてはMSを初めとする18m級の機動兵器に、従来型艦載機及び自州海軍航空隊所属の機械化航空歩兵小隊を運用する(元々艦載能力を有している他州の海軍飛行隊が合同演習や州ごとの演習時に離発着訓練(FCLP)を度々実施しているため、協同運用能力に関しても特に問題は無い)、有事の際は各州軍間の海上拠点としての役割も果たす事が可能。

ちなみに同型艦(旧キティホーク級)の二番艦(サン・パウロ級として)も配備予定だったりする。

改修点としては航空ハンガー・運搬エレベーターの大型・多機能化と多機種対応型蒸気カタパルトの採用など、多用途大型空母として基本的な部分である。

満載排水量:83,301t
全長:323.8m
全幅:40m
吃水:10.9m
動力機関:蒸気タービン4基・ボイラー8缶

兵装

シースパロー8連装発射機 3基
ゴールキーパー30mmCIWS 4基
RAM21連装発射機4基

艦載機

CTOL40機+MS28機+艦載ヘリ8機


アルコ級ミサイル駆逐艦(AFTA加盟国仕様アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦)

ブラジル州海軍及び南アメリカ主要州海軍に配備されているイージスシステム搭載ミサイル駆逐艦、ライセンス建造モデルであり基本的なスペックは本国仕様のそれと変わらないが一部兵装やシステム面にて異なる部分もある(フライトUA相当)。旧式艦やその改良型が数的に未だ主力を占める南米方面州海軍の艦艇内では新鋭と言うべき高性能な汎用艦であり、特に規模は異なれど航空母艦を有する州の海軍からは防空の要として重宝されている。AWSベースラインはバージョン9、限定的ながらBMD対応能力を有している。

満載排水量:9,515
全長:155.3m
全幅:20.27m
吃水:6.68m
動力機関:COGAG方式 ガスタービンエンジン×4基

兵装

Mk.45 5インチ単装砲 1基
Mk.38 25mm単装機関砲 2基
ゴールキーパー 30mmCIWS 2基
Mk.41VLS(32+64セル)
・RIM-162 ESSM
・RIM-156 SM-2ER
・RIM-156 SM-2ERM(単一弾頭からの多弾頭射出型※その性質ゆえ中距離と言うよりはやや射程距離が短め。)
・RUM-139 VLA
・RGM/UGM-109E(誘導システムに関してのインフラは米軍のC4ISRシステムに依存している)
ハープーンSSM4連装発射筒 2基
Mk.32 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機:SH-3シーキング対潜哨戒ヘリ×1


22型フリゲート改

ブラジル州海軍及びチリ州海軍が配備している旧英国製の汎用フリゲート、初期設計・起工が70年代であるとかなりオールドシップに類する代物ながら同型艦が相当数近代化改修を数度に渡って施されながら現役に就いている。何れの艦もバッチW世代に位置しており各種レーダー・ソナー・C4Iシステム共に標準的なAFTA諸国の規格を適応している。

満載排水量:4,280t
全長:148.1m
全幅:14.75m
吃水:6.1m
動力機関:COGAG方式 ガスタービンエンジン×2基

兵装

55口径114mm単装砲 1基
ゴールキーパー 30mmCIWS 1基
85口径20mm機銃 2基
シーウルフGWS.25短SAM 6連装発射機 2基
ハープーンSSM 4連装発射筒 2基
STWS Mk.2 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機:SH-3シーキング対潜哨戒ヘリ×1

1ヶ月前 No.314

セレーネ @sierra09 ★5aJ5lBLy87_04V

スペクター
出典 タイタンフォール2

ハモンド社製のロボット歩兵。年を追うごとに歩兵のコストは増大の一歩を辿っておりこの貴重な人的資源の損失を抑える為開発された。
簡易的なAIを搭載する事によって特に単純かつ危険な物を人間の歩兵に変わって担う事で、軍の人的損失を埋める事が出来る重要な兵力となっている。
代わりに低コストさと整備性を重視している為、複雑な行動は行えず金属製のボディだが殆どフレームがむき出しで耐久性も人間とあまり変わりがない。
「安さ」と言う点以外では知力等あらゆる点で人間に劣る為、スペクターに過度な期待は出来ない。意図的な誤射を防ぎIFFが認識した敵に向かって
マニピュレーターで携行した銃を撃つ位の事は出来る水増し要因。特にマンパワーで劣るセレーネでは重宝されているらしい。
またセレーネでは人間と同等の扱いを受けるアンドロイドが存在するが、スペクターはあくまで銃弾等と同じ消耗品に分類される。

スコーピオンライトタンク
スペクター同様に人的損失の穴埋めを目的として低コストさを重視して開発された陸戦用無人軽戦車。足回りは無限軌道方式を採用。
主砲として90mmリニアキャノンを車載機銃としてヴェンジェンスレーザーを装備。ドローンタイプとAI搭載タイプの二種類が存在。
第二次大戦期の軽戦車程度しかない大きさが最大の特徴であり、無論装甲も薄く対戦車火器によって容易く破壊される。
またスペクターもそうなのだがECMやハッキングに弱いと言う無人兵器特有の弱点に対して、ある程度の防御しか施されていない。
それ等は全て「コストカット」の為であり、大量生産され大量に配備し大量に損失する事を前提としている。本機も「撃って走る」程度の事しか出来ない。
それでもスペクターと組み合わせる事等でコスト分かそれ以上の働きをする事も不可能では無い。特に集団運用による火力は主力戦車とて侮れぬだろう。
またライト(軽戦車)以外にもミディアム(中戦車)ヘヴィ(重戦車)ドレッドノート(弩級戦車)が存在する。

トールボーイギア
セレーネ共和国においてガーランド同様都市部での治安維持部隊用に開発されたウォーカーギア。最大の特徴は名前の通りその巨大な足にある。
搭乗部分は通常のウォーカーギア同様人間が一人跨り、その周りに装甲等が覆われ武装が施されている程度だが
トールボーイはこの巨大な脚部によって全高7〜8m程の高さで地形に左右されず巨大な歩幅で自由自在に動き回れる事が出来るガードポスト的存在。
歩く監視塔のたとえにある様高い位置から人間が監視する事の意味は大きく、治安維持部隊だけでなく軍のパトロール部隊等にも配備されている。
ただし装甲事態は厚く無く防御能力が高いとは言えず、武装もウォーカーギアと同程度の物しか搭載出来ない。

強襲兵員輸送降下艇「マザーグース」
セレーネ共和国がUNSCのD77-TCをベースに開発した大気圏内外両用ドロップシップ。
反重力駆動主機を両翼と後部に2基ずつ搭載する事によって高高度高速飛行と低空飛行時の安定飛行を両立。
部隊支援機能、全天候状況における飛行機能や戦域においての滞空性能、機動性能等
これ等全てをベースとなったD77-TCを上回る機能を持たすべく改良が施されている
その為兵員輸送区画部分だけでなく、機体自体もやや大型化したもののたとえ妨害粒子下であっても、有効な観測偵察機器によって
地上部隊へ円滑な情報、電子支援を行う事が可能となった。
乗員区画に30人以上の兵士と後部ハンガーに4機のガーランドを収容出来、必要であれば中型機動兵器一機または戦車一両に匹敵する重量物を安全にスリング可能。
兵員を宇宙空間の艦艇から迅速に前線に配備出来るという利点だけでなく、偵察や攻撃支援、捜索任務等その汎用性の高さからあらゆる任務に用いられる便利な機体ただしエネルギー変換型装甲ではあるものの、防御能力が高いとは言えず(それでもヘリよりは遥かに強固だが)武装も必要最低限の物しか装備していない。

全長 18.2m
全幅 18.5m
装甲材質 ナノ合金エネルギー変換装甲

固定武装
機首20mm連装レーザー機関砲×2
ガンポッドマウント×2

SAPA「ガーゴイルMk-V」
米国ネオアークシティポリス対テロ特殊部隊用飛行型パワードスーツをベースに、SAAやPAの技術を用いて開発されたセレーネ製0G〜3G対応飛行型特殊強化装甲服。
各装置の高性能・小型軽量化に加えて動力として小型反応炉を搭載。
反重力推進機関は脚部と機体後部に備わっておりコンパクトに纏まっている為地上戦闘時も邪魔にならない。
空中静止能力とVTOL機構を備え、マッハ2を超える超音速飛行が可能となり、従来の戦闘機等を圧倒する機動性、高速性・運動性を持つ。
着用すると空気摩擦や風圧、気圧変化など一定の衝撃、環境変化から守る役目を果たす
特殊なナノスキンジェルによってクラダーが覆われこれには排泄物除去機や生命維持装置機能
更には之は生体同機システムによる円滑な思考の反映等も兼ねている優れモノ。
ヴァリアブルナノ合金製外装甲は特殊加工(10ミクロンの銀色アブレーティブ被覆等)によって
表面下の化合物にダメージを与えず、同時に驚くほどの運動衝撃を吸収する能力を持ち
スウェイキャンセラーによって内部の着用者に衝撃を全く与えない高い防御能力も特徴。
無論リチャージシールド機能やクーラーシステム、治療薬の管理機能も有しており、着用者の生存性を高める努力が随所に見られるセレーネにしては珍しい設計。
精鋭歩兵である機動歩兵部隊に相応しい仕上がりとなっており特に通常の強化外骨格と違い、
砂漠や寒冷地だけでなく、水中や宇宙空間でも運用が可能である程の汎用性の高さが売り。

全高 約2.5m
重量 520kg
装甲材質 ヴァリアブルナノ合金

武装
プラズマピストル
プラズマライフル
ホーミングレイ
フェルミオンキャノン
ショルダーミサイルランチャー

1ヶ月前 No.315

光子王 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

レムリアーズ装備

アガルタの電撃銃

イス人やミ=ゴ等が使うような電撃銃。
アガルタ・モーターが扱えないアガルタ人以外の種族が主に多用する事が多く
アガルタ人が使用する場合は狙撃などのライフルタイプと言ったものが存在する。

精神空白装置

三つ目水晶仮面に組み込まれている記憶を消去する装置。
ピカッと光った後任意部分の記憶を消す。催眠とセットで使われる。

テイザーガントレット

アガルタ・バトル・スーツに任意装備可能のガントレット。
ガントレットに伸縮自在のワイヤー針が装備されておりアガルタ・モーターとの併用により
ワイヤー針を射出、高出力電力を内部に直接流すことを可能とする。

1ヶ月前 No.316

SAFブラジル州海軍A(南米連邦州海軍戦力) @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_UxJ

改スプルーアンス級駆逐艦

ブラジル州海軍及び南アメリカ主要州海軍に配備されている汎用駆逐艦。アメリカ海軍の大型艦として初めてガスタービンエンジンを搭載したほか、船型の拡大や遮浪甲板船型の採用など新機軸が多く、キッド級ミサイル駆逐艦、タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦のベースともなった。優れた対潜艦として活躍したほか、冷戦終結後のマルチハザード化およびグローバル化に伴う任務の多様化を受けて搭載するトマホーク巡航ミサイルによる対地攻撃力が注目され、従来の駆逐艦の枠をこえて攻勢的に用いられた。既に旧式の世代に入るものの元々の拡張性の高さから戦闘システムや兵装をアップデート・近代化改修しつつ運用されている。

ブラジル州海軍が配備している一部の艦はGen1クラスのVE-WEBV(Variable Equipment※Weapon, Engine and Bridge Vessel・所謂スタンダード・フレックス機構の拡大型※可変兵装型艦艇)の適応艦としての改修が施されており、モジュラー化された兵装・艤装の運用試験を行っている(これに伴い機関は増える電力消費にも対応した複合電気推進方式に換装されている。)

満載排水量:9,100t
全長:171.68m
全幅:16.76m
吃水:8.84m
動力機関:COGAG方式 ガスタービンエンジン×4基(VE-WEBVシステム実装艦は複合電気推進方式※ガスタービン・先進ディーゼル機関複合)

兵装(VE-WEBV未実装艦)

Mk 45 5インチ砲 2基
ゴールキーパー 30mmCIWS 2基
Mk.29 8連装ミサイル発射装置 1基(シースパロー 短SAM用)
Mk.41VLS(61セル)
・RUM-139 VLA
・RGM/UGM-109E(誘導システムに関してのインフラは米軍のC4ISRシステムに依存している)
ハープーンSSM4連装発射筒 2基
Mk.32 3連装短魚雷発射管 2基

※配備国によりやや兵装が異なる場合もある。

兵装((VE-WEBV実装艦)

Mk 45 5インチ砲 2基(標準搭載中※変更可能)
ゴールキーパー 30mmCIWS 2基(標準搭載中※変更可能)
・以下選択兵装(モジュール化された通常兵装モジュールからレーザー・指向性エネルギー兵器の類などの特殊兵装モジュールも運用可能)

艦載機:SH-3シーキング対潜哨戒ヘリ×2



オリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲート改

AFTA加盟国(及びその他の国々)に広く配備されているミサイルフリゲート。低コストを目標としながらも多用途ヘリコプター2機と戦術曳航ソナーを搭載し、長射程のスタンダード艦隊防空ミサイルを装備するなど、分相応ながら決して安物ではない戦闘能力を備えている。さらには、過去のスターク被弾事件においては2発のエグゾセ対艦ミサイルを被弾しながらも、応急修理ののち自力でのアメリカ本土帰還に成功するなど、抗堪性も優れている。このため自国のみならず他国海軍でも評価は高くライセンス建造を行い、さらにはアメリカ海軍の退役艦を購入する国も後を絶たない(此方の世界では史実の数倍の艦数が建造されている経緯がある)

満載排水量:4,100t
全長:138.1m
全幅:14.4m
吃水:4.4m
動力機関:COGAG方式 ガスタービンエンジン×2基

兵装

Mk.75 76mm単装速射砲 1基
Mk.38 25mm単装機銃 2基
Mk.15 20mmCIWS 1基
Mk.13 mod4ミサイル単装発射機 1基
・RIM-66 SM-1MR
・ハープーンSSM
Mk.32 3連装短魚雷発射管 2基

※配備国によりやや兵装が異なる場合もある。

艦載機:SH-3シーキング対潜哨戒ヘリ×1

1ヶ月前 No.317

嶽丸 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=SkBYWclB4P

【評議会関係でロケーションを追加します】


(エリア・施設):地球外/別次元エリア:第五伏魔封離領域


ロケーション


特別独房

備考:大規模収容施設たる第五伏魔封離領域に於ける最重要収容対象である□□□□□□の顕現的イレギュラーこと「黒美あいな」を収容する独房。

収容された当初は「□クター博士ごっこがやってみたかった」などとのたまっていたが、評議会に対しては協力的で真摯に対応。収容施設内で少しずつ自由が認められていき現在に至る。


主に小説などの書物や、絵を描くのに必要なスケッチブックやクレヨンなどがある。画力が残念過ぎて見るものの正気度を削る冒涜的な作品が生まれたりする。一応、普通の絵も描ける。



また、道に迷った職員の案内をする正体不明の銀髪の少女が施設内に出没する。明らかに疑わしいが、今のところは黙認されている。



取調室


備考:主にラブカ・コルベウス書記官が尋問を行う部屋。最重要収容対象たる黒美あいなに対して行われる。

面会の際、最重要収容対象には術式が施された呪具を拘束具として着せられている。


ラブカ書記官と初めて面会した際の対応が気に入って以来、余程のことでない限りは取調に対して素直に受け答えをする。

29日前 No.318

嶽丸 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=SkBYWclB4P

【評議会メンバーを追加します。例によって人外組になります】


新版権&オリキャラ共通プロフ

**名前 読み:シズク

|登場作品|クトゥルフ神話のオリジナル|

|イメージCV|能登麻美子|

性格:現代社会に疎いが、基本的に穏やかで多種族に対しても友好的。正気度が下がる行為は控えるように彼(彼女)なりに気遣う。主人の影響もあってか、人間に対しても好意的な感情を抱く。

反面、あいなの「中身」に対しては割と辛辣な面を見せる。それでも生みの親として認め慕っている。


性別:両性具有(基本的に女性)

年齢:5歳(人間時の外見は十代半ば)

容姿:不定形の体。体色は水色。


人間形態は緩いウェーブをかけた透明感のある、腰まで届く水色の長髪。瞳の色は髪と同色。円らな瞳で幼い顔立ち、体つきは小柄ながらも整った体型。肌は雪のように白く、身長は150cm程度。

服装は評議会関係者の標準服。私服は水色の和服。


武装及び能力:不定形の体を自由自在に変える事ができる。水陸両生であり、更に変形して飛行も可能。


食事は皮膚で直接吸収する他、口を形成して経口摂取する方法を学習している。

テレパシーや魔術を使用出来る。


上位種であるショゴス・ロードのように、人語を解する知能と人間への変身能力を産まれながらに有する。


武装及び能力:ショゴスの一個体だけあって、見た目に反して凄まじい怪力と現代兵器に耐える強靭さと柔軟さを併せ持つ硬軟自在の肉体を備える。

酸と熱に弱いが、食用酢や熱々のおでんは平気なことが耐久性チェックにより判明。


また、接触あるいは同化した対象の損傷を修復・再生する回復能力を有する。


備考:大昔に地球に来た「古のもの」が労働力として創造した下級の奉仕種族。

この個体は黒美あいなの「中身」が狂気山脈から回収したサンプルを元に作り出した改造個体。

ショゴスの細胞と回復力に可能性を見出し、治療薬及び再生医療に利用出来ないかと研究した結果、侵食性や精神汚染効果を限り無く薄めて万能細胞としての機能を強化した個体を作り出した。

初期は細胞を投与した対象の正気度が下がる等、精神汚染という欠点があった。現在は改良を重ねて解決してある。


魔導諸国評議会に黒美あいなが捕縛されて以降、評議会預かりの身になる。


あいなが捕縛された件については「(散々、悪事を重ねたから)仕方ないね」とバッサリ。


あいなの待遇を改善する為の交換条件の一つとして、評議会に協力している。


現代社会に疎いが、好奇心ゆえに学習することについては積極的。

25日前 No.319

セレーネ @sierra09 ★5aJ5lBLy87_04V

ロケーション情報

ビッグ・テーブル
セレーネが極秘裏に建造した秘密海底基地。マリアナ海溝の奥底に存在し正確な座標は軍事機密の為不明だがモホロビチッチ不連続面に接触する位の
少なくとも確認されている海底施設の中では最も深海に存在すると思われる人類の活動拠点である。之だけの環境に之だけの基地施設を悟られず
建造出来たのはセレーネの技術力の賜物であると言えよう。といってもかつてAFTA加盟前の米国が長期航行型原子力潜水艦の補給基地として
建造する予定だったプランをそのまま流用している為、基礎設計等は純セレーネ製とは言えない。名前の由来は支柱に支えられた基地がテーブルの様に見えるからと言う非常に単純な理由。「調査エリア」「軍事エリア」「実験エリア」「生活エリア」の主に四つの区画で分れており、移動には基本的に潜水球が用いられ、
エリア同士が直接接続される事は後述の理由から殆ど無い。

当初は太平洋侵攻作戦の拠点とすべく過去の米国が計画したのと同様軍事基地を中心にしたものとなる予定であったが、セレーネでは「海軍不要論」が根強く
結局運用する兵器も現在の所太平洋の国々への侵攻予定も無い為、軍事基地エリアは必要最低限しか建設されなかった。最も深海には人類共通の敵「DDS」事
深海棲艦や他にも底から這い出る存在が居る為、セレーネ魔科学の最先端テクノロジーによる防衛機能が存在し防備自体は非常に堅牢である。
立地条件の関係から用意された兵器も宇宙戦闘機技術転用型小型攻撃潜水艦「グランビア」や旧ブルコス系メンバーからもたらされた機体を改良した
深海多目的戦闘用MS「ディープフィアーフォビドゥン」等セレーネの軍隊に通常配備される物とは系統が全く違う兵器が配備されている。
またとある理由から反応弾や反物質弾等の戦術、戦略兵器を多数保有している事も特徴。

「調査エリア」は深海そしてそこに生息するあらゆる存在等を含め、宇宙以上に謎が多いとされる「海」を解明すべく様々な角度からアプローチを行い
調査してはデータを収集し本国に送る事を役目としており、ビッグ・テーブルの現在の主要な用途となっており、エリア自体の規模も大きい。
勿論海中だけでなく海上もある程度調査が行われているが、軍事的と言うより此方も学術的な調査が主となっている。

「実験エリア」はビッグ・テーブルの暗部ともいえる。セレーネは地上に降りた後、自分達の価値観特に道徳に関する面で地球人との間に
大きな隔たりがある事を実感し、自分達が今まで行って来た地球の価値観で言う所の非人道的な実験等を大っぴらにする事は好ましくないと判断し
かといって今更止める筈も無く、地上で行う場合はこっそりと隠れてやることにした。その点この深海の底の底にあるビッグ・テーブルは申し分ない場所だった。
この実験エリアでは地球降下後にセレーネが新しく入手した人間の手で作られた生体兵器や、異世界由来の生命体、敵性生物等を収容しては
徹底的な解剖から別種同士の掛け合わせ、新しい生体兵器の発明等、人権団体でなくても吐き気や怖気を催す様な実験等が行われており、
特にクレイウィルス、デスワン、トリクシー、寄生虫を産み付けるハチ、突然変異型寄生菌等世界中から集めたゾンビを作る素材も保管されている。
このビッグ・テーブルのエリア同士が直接接続されず、また大量に大量破壊兵器を保有しているのも、この実験エリアの存在に由来しており、収容物の脱走等
万が一の事態が発生した場合は自爆装置の作動等と合わせ完全に滅菌消滅させ何も残さない様にする事が徹底されている。

バノイ島〜パラノイ諸島
どちらもパプアニューギニア領内に存在する島々。特にバノイ島は青い海と白い渚が美しい南国の楽園で「死ぬほど美しい島」等とも呼ばれ
世界中のハイソ達が一夏のアバンチュールを謳歌する為に訪れ、砂の上でステップを刻むトロピカルリゾートアイランド。
豊かな南国の自然とスウィートホテル等お金さえあれば南国の楽園を目一杯楽しめるリゾートエリアと、多過ぎる自然の中に旧日本軍の遺跡が存在し、
原住民と反政府ゲリラが潜むジャングルエリアに大きく二分される。パラノイ諸島も殆ど同じ様な立地条件だが此方は住民が暮らす村や町が多い。
またバノイ島では観光業以外でも、機雷封鎖された孤島の監獄が存在し世界中から犯罪者を収容する事業も行っていた。
歴史的経緯からオーストラリア軍が治安維持を担っており、一応下部組織として独自の軍隊であるBDF「バノイ島防衛軍」が存在(最も司令官は豪州軍人)

色々と複雑な経緯から現在は海上封鎖されており、観光客はおろか住民すら存在しない。更にとある理由からセレーネはこの島に侵攻したが、
南米と違いパプアニューギニアやオーストラリアはおろか、アジア・オセアニア連合が快く譲ってくれた為現在はセレーネ領となっている。
尚セレーネ領になってから封鎖処置が解除されたので、気になる方は渡航申込みすれば簡単に入国する事が可能。ただし「ここでのあらゆる行動は全て自己責任で行う)と言う誓約書にサインをしなければならない。尚現在の所島に行く方法は輸送機からの落下傘降下(ジェットパックアシスト付)かヘリボーンのみ。
また入るのは簡単だが出る場合はセレーネ側の厳しい検疫と殺菌消毒処置を受けなければならない。

25日前 No.320

混沌 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=SkBYWclB4P

【地球外/別次元エリア/第五伏魔封離領域/特別独房/黒美あいな】


ーー此処は異なる次元、とある時空に存在する場所。現在は魔導諸国評議会が所有する収容施設。その地下施設にある特別独房に、一人の少女が収容されている。


それは長い銀色の髪を伸ばし、深紅の瞳を備えた人形めいた少女であった。彼女は黒美あいな。一見すると、どこにでもいる(?)幼子だが、彼女こそ施設の最重要収容対象ーー□□□□□□の顕現的イレギュラーである。


そんな悍ましい経歴とは思えないほど、少女は静かに読書をしていた。

これは評議会に対して模範囚めいた協力的な対応を続けた結果、施設内での待遇が改善された為である。

ーー当初は□クター博士ごっこがしたいとのたまっていたりしたが。


「ーー耳かき、ヘッドマッサージ……□□も、人間のニッチな需要に応えるべきだろうか」

どうやら、何やらカオスな方面に好奇心を働かせている様子。彼女が何を目指しているのかは謎である。深淵より深いーーように見せかけて浅薄な理由だろう。ある意味では業が深いとも言えるが。



そのまま再びページをめくる。紙の感触と摩擦音を楽しみ、満足げに目を細めて微笑む。彼女は紙の本に強い拘りがあるらしく、協力する交換条件にする程であった。また、絵を描く為のスケッチブックやクレヨン等も要望している。

独房の壁には彼女の力作である、冒涜的で禍々しく、それでありながら妙に味のある絵が飾られている。


そんな彼女だか、今は妙に機嫌が良い。何故ならば取調の時間ーーお気に入りの取調官(おじいちゃん)と会えるからだ。

「んふふー、まだかなー、まだかなー?」


いつの間にか読み終えた本を積み上げ、まるで祖父の来訪を待つ孫のように心を弾ませていた。



>評議会ALL

23日前 No.321

SAFブラジル州海軍B(南米連邦州海軍戦力) @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_D9v


VMS-15N シーリアルド

ブラジル州海軍航空隊で採用されているAFTA製汎用量産型可変MS(ユニオンリアルド)の新造艦載型、機体を構成する基礎部品を新型の物に変更し従来の装甲性能を維持しながらベース機からの大幅な軽量化に成功しており簡易的な機動兵器運用改修を施した航空母艦での離発着もスムーズに行える。原型機と同じく機体各部は分解・組み立てが容易なブロック構造を採用しており、コクピット内蔵の腹部ドラムフレームを中心に、四肢やエンジンなどの各パーツを交換・再構築することで多種多様な任務に対応できる(整備や修理も容易)相当数が配備されており、従来型艦載戦闘機と共にブラジル州海軍の有力な戦力として扱われている。

全高 17.7m
重量 45.0t
装甲材質 EカーボンL

固定兵装

20mm機関砲
ディフェンスロッド

標準兵装

リニアライフル
ソニックブレイド

選択兵装(ユニット換装方式)

・機戴型ハープーンASM4連装ユニット×2
・各種誘導爆弾×8
・その他、旧西側/地球連邦/NATO制式航空兵装の大半を運用可能。

22日前 No.322

嶽丸 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=SkBYWclB4P

【魔導諸国評議会絡みのロケーションを追加します。維持費とかリアル事情にツッコミ入りそうな不安がありますが】



魔導諸国評議会ロケーション




・大浴場


備考:読んで字の如く、評議会の入浴施設。評議会には巨人や不定形な奉仕種族も所属している為、大浴場という形になった。大浴場は男女で別に分けている他、性別不明及び不定な種族に合わせて別に用意したりと種族や文化の事情に配慮している。

多種族に合わせて一般的な公共入浴施設よりも種類が豊富。尚、天然温泉も別に存在する模様。


・宴会場

備考:多種族の交流の場として設けられた。大浴場同様に広く設計されている。


尚、無礼講だからと羽目を外し過ぎると背後に評議長の影がーー

22日前 No.323

SAFブラジル州海軍C(南米連邦州海軍戦力) @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_D9v


F/A-18H/Iアドバンスドホーネット

ブラジル州海軍航空隊にて運用されている艦上戦闘攻撃機F/A-18E/F(スーパーホーネット)の大規模改修プラン(アドバンスドホーネット※史実のものとは少々詳細が異なる部分もある)モデルであり、改修内容としてはアビオニクスの近代化(主にゼネラルリソース製のConnection For Flight Interface※神経接続による軍用兵器操縦システムの限定的適用等)、ミサイル・レーザー警戒用のセンサーや機首下へのIRSTの増設など監視・警戒システムの強化、機体背部にコンフォーマル・フューエル・タンクの標準装備化(ドロップタンクよりも低抵抗かつ揚力も発生する形状により戦闘行動半径が10%向上する。)燃焼効率の改善と航続距離の延長。低い加速力・上昇力の改良を目的とした新型エンジンへの換装。ステルスウェポンポッドの搭載。ウェポンポッドの搭載量は搭載兵装により異なるもののステルス性の向上、空気抵抗による加速力の減少を改善などが見込める。このほか、電波吸収材の多用やエアインテークのレーダー探知妨害設計などにより現行のF/A-18E/Fと比較し、全面のRCSは50%未満に低減されている。

兵装

M61A1(20mmバルカン砲)×1

ウェポンポッド搭載(最大3基まで)、ウェポンポッド非使用時は従来のハードポイントの搭載量に準じる。

AIM-120D(長距離AAM・ウェポンポッド1基に付き最大4発)
AIM-9X(短距離AAM・ウェポンポッド1基に付き最大6発)
GH-30Bマイクロミサイル(短距離SAAM・ウェポンポッド1基に付き16発)
AGM-84(ASM・ウェポンポッド1基に付き最大2発)
AGM-88 HARM(ARM・ウェポンポッド1基に付き最大2発)

各種誘導爆弾・無誘導爆弾(500キロクラスなら2発、1000〜2000キロクラスの場合は1発)

・その他、旧西側/地球連邦/NATO制式航空兵装の大半を運用可能。

防御兵装(チャフ・フレア発射機)


ブラジル州海軍航空隊機械化航空歩兵(Brazil Navy Witches)

一国(一州)が有する規模的にも能力的にも南米大陸でトップレベルの勢力を有するブラジル州海軍の機械化航空歩兵部隊。州空軍にも勿論ウィッチ部隊は存在するが海外派遣などでの展開の多さや参加作戦の規模から優先的に海軍航空隊へと人員が集まっている影響で事実上ブラジル州軍での機械化航空歩兵は此方(海軍)が主力である。オーソドックスな欧州のドルイド系列の魔法様式に土着のカンドンブレなどのアニミズム系列の呪術体系がバランス良く混合しており、特に踊る様に激しい空戦機動に優れたやたらと情熱的な気質のウィッチが多い(御国柄とも言える他、魔法的特質は先住民、あるいはその血を引いている程影響を受ける要素も一部には或る。)、ブラジルに於ける重要な対ネウロイ・対怪異の対抗戦力であると同時に式典や航空祭、または記念日に於ける展示飛行のトリを務める位のシンボルマーク的な存在(この国に限った話でも無いが)であり、所属する隊員の士気も高い。また欧州派遣部隊にて一躍名声を上げた二名のウィッチで構成されるEstrelas g□meas(イステリオス・ジュミナス※ポルトガル語で双子星)というエース部隊が存在する。

編成は三個中隊であり、一個中隊18名、6名で一個小隊。ローテーションでの空母航空団勤務の他、地上基地でスクランブル任務を受けている。

使用機材(ジェットストライカーユニット)は空軍と共用のミラージュ2000系列とSu-33Nで構成されており、空戦技量が高い兵員が主にシーフランカーを運用。ミラージュ乗りが間を埋め、フランカーが止めを刺すという能動的な戦術が特徴。

服装や個人装備に関しては下は所謂“ズボン”に素足(やはり国柄)が多く、上が海軍第二種軍装(ALICE装備系の装具)に濃紺の徽章入りベレー帽が標準的なモノで、それに各種戦術情報表示や航法システム・火器管制装置等のインターフェイスとしてヘッドセットタイプの単眼式HMDを装備。

武装

小火器に関しては正規軍故に制式品が厳格に定められている(状況に応じて公然とちょろまかしたり、現場裁量で在る物でやりくりするが)。サーベルやマチェットの類も使用、車載火器も怪力系の強化魔法が使用できる隊員が運用。

ユニットに搭載する各誘導兵器は航空機搭載用(ストライカーユニット向けに小型化などの改修が施され原形に比べると射程が短いなどのデメリットも少なくない)の空対空ミサイルや空対地ミサイル、誘導爆弾やらロケット弾、小口径ガンポッド等を装備可能。

出典作品:ストライクウィッチーズ1991(二次創作)シリーズの設定よりオリジナル

19日前 No.324

snowstorm and nanatuki @voltexfbk ★1DXVdHzeIP_M0e

【超今さらながらガンダム00は数字の00だという事に気付きやらかしたと後悔しました。ほったらかしなのもやばいのでちょっと訂正。セレーネ様のロルに出てきているあの機体については修正は任意です。】>セレーネ様


**七月 読み:ななつき
|登場作品|艦隊これくしょん〜艦これ〜よりオリジナル(一部ストライクウィッチーズ、機動戦士ガンダム00要素あり)|
|CV|中尾衣里(大体トーンはACVDのブルー・マグノリアくらい)|

性格:普段は周りをよく警戒し不用意に話しかけると不満を持つような態度を取ってしまいがち。本人いわくこれでも抑えてるらしいが、それが故周りからは敬遠されがち。このことから葛藤が常に生まれているが、その割には戦闘技量や指揮能力から仲間からの信頼は一定はある。その一定を超えることが出来ない、らしい。主観論などは不相当。

戦闘時は一転単機戦闘、編隊を組んだ戦闘どちらもこなす中冷静に指示を出すため、仲間からの反感を買っていないが時たまに単機突撃をして心配をかけさせるという、一転孤独な面を持っているようにも思える。

性別:女性

年齢:16歳

容姿:全体的に細く幼げなようにも見える。身長162cm、体重は秘密らしい。橙色のポニーテールで短めであり、顔立ちは大人びていて緋色の眼。口や鼻の形は全体的に成長している方であり、幼さは感じられない。体格は細く魔法を用いない場合は戦闘能力は低いが、彼女は日ごろの訓練を積み重ねてもここまでが限界らしいが、体はしなやかな模様。服装は秋月型の制服を着ており、競泳水着に近いボディースーツをまとっていることから下はなにも履いていない。(足の方である)

なお、ウィッチとしては使い魔は豆柴であり、魔法力を使用する場合は耳としっぽが生える。

固有魔法:空力変換
風を操る固有魔法ではあるが、こちらは機体操作の安定化や乱流が生じる際にそれを変換・正常化させる。攻撃には使用できない。

個人装備

マジック・ブレード「Lasin」
魔法力を消耗する代わりに、機動力を向上させながら近接戦闘が可能。ブレードレンジは若干短いが、彼女の近接戦闘の経験がそれをカバーする。星奈の持つ「07-Moonlight-S」とも似ているが、此方は安定性を重視している。なお地上でしか使用しない。

使用ストライカー:ファールド/F-00 Orbit

リベリオンのファールド社が開発した次世代試作ステルスジェットストライカー。ダブルオー・オービットと呼ばれるストライカーであり高機動・高安定という理念に基づき開発されている。(原型は同社の通常供給ステルスジェットストライカー、F-32 Exsia(以下エクシア)。)開発までの経緯としては、カナードが使われていたエクシアを素に、カナード撤去し翼の形状を再設計したうえで、エクシアで使われていたエンジン、GN-240をエクシアで採用される予定だった省スペースなGN-330Eへと換装、その分軽量化された機体をどう構築するかで開発は難航し、耐久性を向上させるために装甲を追加するという形で完成したF-34 Exvent(以下エクヴェント)はテストパイロットから「エクシアの改悪」と呼ばれ開発中止。もう一つの案として武装の拡張性を持たせるという事でウェポンベイに近い格納スペースをつけた本機に白羽の矢が立ち、それを完成系としてつなげ試作機が完成。この試作機が七月に供給されており、そのデータをもとに試作2号機の製造が急がれている。

なお、前線ではいまだにエクシアが現役であり、5機ほど作られていたエクヴェントも少なからず見かけられる。

固定武装

5.2mm固定バルカン

選択兵装

FLD-オービットミサイル×4(1発につき8つに分裂する)

L8-4増設電磁レールガン×2(装弾数10発×2)

61cm誘導型酸素魚雷×2

システム

TRANS-AM

艦娘の艤装に試験的に搭載された魔法力を用いるトランザムシステムを参考にしてストライカーに組み込まれている。同時制御となる艦娘は艦に当てるリソースと艤装のシステムに当てるリソースを制御することでトランザム稼働時間を制御することができたが、ウィッチの場合はトランザム稼働時の魔力消耗をどれだけ当てるかで制御する。
発動中はストライカーに一時的に警告が走り、その後はトランザム稼働状態に移行するため場合によっては専用装備に切り替わる。
発動終了後は極度の疲労感に襲われる諸刃の剣だが、機動力、攻撃力、加速力、最高速が全て3倍近くまで跳ね上がる。(加速などについては身体の安全は保障される模様。)

備考
艦娘でもありウィッチの側面。艤装を捨ててウィッチの道を突き進む彼女ではあるが、れっきとして海軍に所属していた経緯を持つ。海軍からの不満を買った結果追放され一人放浪。その間にブリタニアに渡りレイレナードに入社。専属ウィッチとして星奈と肩を並べる経歴を持つ。しかしレイレナードのストライカーに合わなかった彼女は辞め、リベリオンへ赴く。その後ファールド社へと入社し再びウィッチとして活動を続けている。エクシアの開発に協力したのも彼女であり、同時にストライカーにトランザムシステムを組み込ませて初めて安定稼働に至らせたのも彼女である。現在はリベリオンや南米、アフリカなどを回りながらファールド社の秘匿部隊「Reaper Squard」の一員として活動する。
なお現在(スレ進行形)は南米のリコンカスターズ司令部へと合流、独立部隊としてある程度セレーネ側から活動が認められている模様。


ファールド

リベリオンのストライカーユニット開発企業の1つ。規模は比較的小さめながらその技術力は他を大きく引き離す。
元より日本海軍とのつながりもあったファールド社はトランザムシステムを初めて開発し、艦娘に搭載。それによって戦線を押し返す事にも貢献した企業でもあり、自社のステルスジェットストライカー開発にも力を注いでいる。

軍隊は持っていたものの現在は戦闘への介入はすべて秘匿部隊によって行われる。

出典:Blue Seaシリーズ(艦これ×ストウィ×ガンダム00×エスコン)よりオリジナル(企業の所属地をリベリオンに変更した以外はほとんど同じ)

【数字がアレだったから修正とか何やってんだこいつ……】

18日前 No.325

セレーネ @sierra09 ★5aJ5lBLy87_04V

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

18日前 No.326

snowstorm and nanatuki @voltexfbk ★1DXVdHzeIP_M0e

【そして2人とも銃器の設定を忘れていた……というよりないとどうやって戦ってたのかさっぱりわかりませんよね。すみません。七月の方は下に訂正付けておきますので許して。】

**吹雪 読み:ふぶき
|登場作品|艦隊これくしょん〜艦これ〜より(設定はほぼストライクウィッチーズ、機動戦士ガンダム00の要素を含める)|
|CV|上坂すみれ|

性格:基本的にいつも明るく活発。リアクションが大きかったり声が大きかったり、またガールズトークや上下関係の作り方も上手な艦娘である。戦闘時は最初は右も左もわからない新人だったが時がたつに連れて冷静に判断するようになっているが、その分自分が危険な思いをしてしまう、という部分も多い。また、艦娘で2人目のトランザムシステムの起動者でもあるため、トランザムシステムを発動していると必ず一人での戦闘を絶対条件としているため、誰かを巻き込みたくないという想いも見受けられる。

性別:女性

年齢:14歳(外見年齢上および性格の設定を参照して設定)

容姿:黒に近いブラウンのおさげとポニーテール(?)で瞳はブラウン。身長は159cmで顔は幼げであり、全体的に若干細く、白と黒を基調とした通称―――改二制服と呼ばれる服であり、下はスカート。ストライカー使用時の為になのか、丈は少し短い。また、通常時は靴を履いているがストライカーに乗り換えるときの為に靴下は履いていない。

なお、使い魔はロシアンブルーであり、ウィッチとしての能力を発動するときには耳としっぽが生える。


武装及び能力

個人装備

スモークストック/Trailblazer
対象への攻撃時対象の一定範囲に連鎖して電撃がおこる特殊な電撃ピストル。対集団戦に置いて威力をある程度発揮するため侮れない。

銃器
日本海軍・カールスラント/MG42・改二
カールスラントで量産されているMG42を日本海軍が改良したもの。
従来に比べて連射性能の向上と取り回しの良さをより強め、多少のコストの高さを気にせずに使用できるようにお手頃な金額に収まっている。
現在のレイレナードでもこれを採用するウィッチが少なからず存在する上カールスラントでも改良の動きが出ているようだ。

なお吹雪に支給されているのは高速戦闘に適応できるように更に連射性能を向上、また発射反動を抑えた改二を使用している。
カールスラント本部がMG42・zweiとして先行量産態勢に入る為のテスト装備で、彼女の名前が一か所に刻まれている。


固有魔法「広範囲治療」
通称リペアフィールド。魔法力を瞬間的に消費する代わりに一定範囲(10mほど)に治療効果を生じさせ、範囲内の人間に対して治療効果や体力の回復などが作用する。勿論使用した本人にも治療効果が及ぶようになっているが、一定範囲といっても人数は限られるため(魔力の消耗限界などを含める)扱いどころが難しい。

使用ストライカー:日本海軍/F-32F Exsia Mk-V(吹雪専用・ステルスジェットストライカー)

リベリオンのファールド社が開発したF-32v Exsia Mk-Uを吹雪専用に日本海軍が改造したもの。
ガンダリウム合金装甲材を用いている部分は変わらず、新しくナノファイバーを獲得し機体の軽量化に貢献されている。
この機体の最大の特徴は、戦闘の合間で臨時的に修復できるように自己修復プログラムを持ちそれをほかの機体にも使用することで機体の損害をある程度修復できるようになっているほか、狙撃時に機体の挙動を安定させたり回避時に使用する新型のスラスターが使われており全体的にはMk-Uよりも性能は向上している。拡張搭載に関しては若干の制限は生じたが、対陸上兵器に置いても対空戦に置いても長距離支援能力を得たことにより総合的な戦術の幅は大幅に広がった。

全高1.35m
最大速度2700km/h

固定武装

5.5mmレーザーマシンガン

選択兵装

日本海軍/10cm高角連装砲×2(榴弾、徹甲弾それぞれに切り替え可能、弾数20発(それぞれの弾頭10発ずつ)×2、目標に合わせて自動的に砲塔が動く。対地専用。)

ファールド/FLD-特殊長距離ミサイル×2(射程約1km、飛翔速度は非常に速く誘導性もそれなりにある。対空のみに使用可能)

日本海軍/試作水素爆発型対地誘導爆弾×1(目標に対してある程度の誘導性能を持つ。範囲は広く迎撃に対しても耐性があり仮に迎撃しても広範囲の爆発を起こす。)

拡張搭載

機動性能を低下させる代わりに、選択兵装の中から1つかまたは別の兵装を積むことが可能。増装も此方に搭載可能。
なお選択兵装でも10cm高角連装砲は装備不可。理由は、恐らく拡張搭載で可能な積載量をオーバーすることか。


システム

自己修復プログラム
自機または味方機単体に対してプログラムを使用することである程度のリペアを施すことができる。弾数などは回復しないが、一時的にウィッチ本人の魔力を借りる上固有魔法次第なので治療魔法持ち専用。


TRANS-AM
ダブルオー・オービットと性能の向上は同じ。
発動時本人と機体が赤くなる。



備考:日本海軍所属であり横須賀鎮守府に所属。ファールド社との契約者でもありどちらの所属でもある異端者の一人で、ある戦いから艤装を失っている。ダブルオー計画の協力者でもあり一時期エクヴェントを駆り深海棲艦との相手で互角に戦ったと言われる。だがダブルオー・オービットの完成と同時にエクヴェントから降り専属メカニックにもなったうえ、同時期にエクシアMk-Uが日本海軍による改修でMk-Vとなった事を機に特殊単独遊撃部隊として認められる。それを機に太平洋方面への戦闘回数が多くなったが、生活リズムは大丈夫なようだ。
経緯から故かなり異質な艦娘とも呼ばれているため、どうにも彼女とは接し難いと呼ばれてしまうことに苦難しているがウィッチ同士ではそういうことはない模様。彼女はファールド社の支部である日本の横須賀にいるため、何かあれば日本から飛び立つことも難しくはない。
トランザムシステムへの使用意欲はあまりいいとは言えず、一人で戦うときにしか使わない事を絶対条件にしている。




追記:前書きした七月の銃器(此方の元ネタはSAS Zombie Assalut 4より)

Shotlite/Supermarine・改
欧州ブリタニアの銃器メーカーであるShotlite社が開発した「軽い」機関銃。それもそのはず、今までの機関銃の常識を覆すような軽さを誇っており、威力や攻撃速度もカールスラントのMG42・改に迫る。銃弾フル装填を含めても3.6kgとアサルトライフルに匹敵する軽さだ。
継続戦闘能力ではSupermaineは劣っている上軽さが仇になり被弾すると瞬く間に吹っ飛ぶという欠点も見つかった結果、第4次生産タイプとして改良されている。この銃器をテストしたのが東洋のウィッチ(名称不明だが星奈だという説が有力。)だということから日本海軍で行われている改良した際に改という文字をつけることを初めて欧州の企業が行った。

七月は第4次生産型の先行タイプを使用している。改良された結果誘爆対策はある程度なされている他装填できる弾数が僅かながら増えている。

18日前 No.327

Amazing Mightyyyy!!!! @voltexfbk ★1DXVdHzeIP_M0e

【5-4周回し続けている人間が自分ェ……】

00-Orbit-02「ダブルオー・オービット02」

ダブルオー計画によって生み出されたダブルオー・オービットの試作2号機。
七月機の1号機から判明した欠点やトランザムシステムの燃費の悪さを改善しつつ電子機械を全般的に改良。
形状も1号機とは違いF-22A Raptorに近い形状になっている。
合わせて武装も変わり精密誘導爆弾を搭載できるほか、トランザムシステムによる性能の向上を維持しつつ持続時間の延長を実現している。また軽量化もされており整備のしやすさも実現した。

だが七月以外にテストパイロットがあまりおらず2号機は現在も本社に厳密に保管されている。
設計図についても同様で、現在この機体は試験飛行で1度だけ目撃されて以来人々の記憶にはない鉄の塊となりつつある。

全高1.25m
重量 420kg
最大速度2750km

固定武装

7.7mmバルカン砲

搭載武装

アクアビット/SULTAN×2
エネルギー消耗が大きいものの、高威力に加え弱くもECMを発生させることが出来るプラズマキャノン。弾数は30発。機体のエネルギー管理をしないとバカスカ撃てば制御しにくくなるという欠点を持っている。

日本海軍/精密誘導爆弾×2

拡張搭載

現在のところ精密誘導爆弾のみ搭載可能。


出典:Blue Seaシリーズ(艦これ×ストウィ×ガンダム00×エスコン)よりオリジナル

18日前 No.328

AFTA関連〜米情報軍(US.Informations)□ @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_D9v


アメリカ情報軍(US.Informations)特殊検索群d-4分隊

情報軍の実行部隊である(特殊検索群)内に於けるフィネステックコード順に存在するチームの内(デルタプラトーン)を構成する四番目の分隊。その構成人員や担当任務の性質から(deceased.squad※死亡者分隊)の異名を持つ曰く付きの部隊であり指揮官のジョンソン・ウィラード大佐を筆頭に凄腕ながらも得体の知れない異様な経歴を有する者ばかりで構成されている。「死人で構成されている」「悪魔ですら忌み避ける」「給与等級未登録者」等と囁かれ機密の多い情報軍内でも更に謎めいた部隊である。基本的に部隊の詳細に関しては軍上層部や政府機関のとある上位コマンドのみが関知しアクセスが可能な模様。実は情報軍が設立・編成されるかなり以前からその前身とも言える特殊作戦部隊が陸軍内に存在していたらしく時代と共に単に所属と成り体が変わったのみとも言え、人員数に関しては通常規定の編成どおり8名編成の分隊である。

所属兵員

ジョンソン・ウィラード(指揮官)

ジェイコブ・ヘンドリクス(副官)

M.マンディ(前哨狙撃兵)

[詳細情報へのアクセス拒否](戦闘斥候)

アイザック・ジェレミー(戦闘斥候)

ザイード・マクマホン(戦闘工兵)

サミュエル・D・カーター(衛生兵・BC戦専門)

ジェーン・ドゥ[詳細情報へのアクセス拒否](特技兵・情報戦士官)

16日前 No.329

混沌 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=SkBYWclB4P

【ギャグ担当、もとい憩いの場のおねえさん的なイメージのキャラを追加します】


新版権&オリキャラ共通プロフ

**名前 読み:サウザンド仮面(ーかめん)/
ラルア・ナートホテプ


|登場作品|名前|オリジナル(参考元はクトゥルフ神話)

|イメージCV|なし(未定)|

性格:サウザンド仮面として振る舞う際は悪戯好きで愉快犯気質な自由人。血生臭い事を嫌い、追い詰められた時でも荒事は好まない。

また、妙に義理堅い。


反面、けいおすの女主人としては理不尽な輩と権力には正面から文字通り押し倒すけれど、なんだかんだで情深い人。


性別:女性

年齢:外見二十代半ば(少なくとも島に来て数十年以上は過ごしている)

容姿:腰まで届く艶やかな黒髪、燕尾服の袖口から僅かに覗かせる白い肌。燕尾服姿にマントを羽織り、内側に薄型パワードスーツを着用。

長針と短針が歪な時計の飾りが付いたトップハットを被り、右目が歯車型のモノクルになっている金色の狂笑する仮面で顔を隠している。


居酒屋「混沌(けいおす)」の主人としての姿は、腰まで届く白髪を結い上げた赫い瞳が特徴的な褐色肌の発育が良い体格の女性。



武装及び能力:自由自在に姿形を変える変装術、魔術及び発明品や魔改造した道具による科学の力を使う。

奇術の要素を取り入れてアレンジした魔術を扱う。


ギャグ補正を超越した生命力と悪運の持ち主であり、死にかける度に不死鳥よりも不死身と称される渋とさで復活する。

本来の戦闘スタイルは数十年間の修羅場を生き抜いた肉体、魔術、科学、気合と根性と努力、ハッタリ、ありとあらゆる手段を用いて真っ正面から力技で叩き潰す。

人外の存在であるらしく、魔術に関しては呼吸するように魔力を自然に生み出して使用する。


備考:沙沃島を拠点として活動する男装の麗人。ご当地ヒーローならぬ、ご当地怪人。“奇術のような魔術、魔術のような奇術”を使う愉快犯。趣味は物作りと人間観察。一人称はサウザンド仮面の時は「私」、ラルアの時は「あたし」。



魔術を扱うが科学者でもあり、沙沃島に集まる廃材や怪異の残骸を利用して作成した発明品を武器とする。


その技術力は天才だからではなく、気合と根性と努力の合わせ技一本によるもの。摸倣と魔改造が得意であり、原理について解らないものでも諦めなければ修復出来る。



表の顔は青龍路にある居酒屋「混沌(けいおす)」の女主人。人外のお客様や特別な常連さん向けに「海のアブサン」を提供している。


また、「深い海の常連さん」に知り合いがいるらしく、良い海産物が手に入りやすいとの事。


居酒屋の方に本腰を入れている節があり、数十年かけて地道にやって来て現在に至る。



注文があれば他の区にも出前に現れる。当然ながら開店当時から上手く行かなったものの、数十年かけ、あらゆる手段を用いて、説得して、押し通して、押し倒して、貫き通して商売を認めさせた。




男装している理由については、宿敵が史実で女装していた事への意趣返しである。


その本性は、沙沃島の存在を知って好奇心の赴くままに顕現した□□□□□□の化身。なんだかんだで島の暮らしと住人に関わるのが楽しくなってしまい、そのまま移住して現在に至る。


化身の中では邪悪成分が薄めであり、愉快犯気質が強くて欲望に忠実な非常に人間臭い性格の持ち主。


詐術が苦手で物作りと摸倣しか取り柄なく、


受肉した際に人間レベルまでランクダウンしてしまい、数十年かけて修羅場を生き残る事で現在の強さを手に入れた。

13日前 No.330

セレーネ @sierra09 ★5aJ5lBLy87_04V

沙沃島のシナリオでタイタンフォール(戦術機)スタンバイさせてしまいましたが良かったでしょうか?
問題があったら理由をつけて降ろさ無い様にします。

新生ナイトクロウラーズ
合衆国において政治家等の大物が関与する表沙汰に出来ない厄介事の解決。事件の隠蔽工作等を請け負う特殊傭兵部隊。
その性質上隊員の個人情報は全て機密扱いで、装備は正規軍でも採用されていない様な最新鋭の物ばかり。
装備が最新鋭と言うだけでなく、ATCの計画の副産物を流用していると思われ、隊員の一部はポイント・マン等と同じ常識を脱した凄まじい反射神経と
それに伴う身体能力「スローモー」等の超能力を行使可能。
アーマカムテクノロジーコーポレーション(ATC)でのレプリカ兵騒乱事件の際は、大物上院議員の指示によってトラブルシューターのギャヴィン・モリソンと共に
「同社で行われていた計画の成果の回収」及び「事件の完全な隠蔽」の為叛乱を起こしたレプリカ兵部隊やATC警備部隊更には
F.E.A.R.やデルタフォース等政府部隊をも敵とする第四の勢力として暗躍していた。
当初はATC社員を含む証拠隠滅の為の抹殺等をスムーズに行えていたのだがF.E.A.R.別働部隊と遭遇後
ポイントマンのレプリカと思われるF.E.A.R軍曹の手によって次々と倒されていき
更にトラブルシューターのギャヴェインが離反、指揮官も軍曹に敗れる等事実上部隊は壊滅した。
部隊が壊滅するとかつて自分達がそうしていた様に、始末される運命にあったナイトクロウラーズの敗残兵達はセレーネへと亡命し、
そこでセレーネの手により新生ナイトクロウラーズとして復活する。
表向きは前と同じままの汚れ仕事を請け負う特殊傭兵部隊だが、実態はセレーネの特殊部隊であり
セレーネのテクノロジーで肉体的にも装備的にも更なる強化が施されており戦闘能力が飛躍的に向上している。
元々汚れ仕事ばかりやらさていたせいか、任務には忠実だが口が悪く何の躊躇いもなく民間人を処刑する等残忍さが目立つ。
また隊員の大多数は社会復帰不可能と判断された犯罪者や人間性を完全に喪失した者等で構成されており無論正規軍にはカウントされない。

デッドマン
出典 SpecOps The Line
CV ノーラン・ノース

本名マーティン・ウォーカー元AFTA合衆国陸軍特殊部隊デルタフォース所属で最終階級は大尉。
未曾有のサンドストームにより砂の廃墟と化したドバイにて、先立って救援に赴き消息を絶った陸軍第33歩兵大隊の救援信号を受信。
部下二名と共に偵察任務へと赴くもそれがウォーカー大尉の悲劇の始まりであった。
既に全滅したと思われていたドバイでは戒厳令を敷き、粛清と虐殺で生存者を支配する第33歩兵大隊と
その事実を隠匿するため現地人のゲリラを設立した中央情報局のエージェントが血で血を洗う凄惨な争いを続けており、それに巻き込まれたウォーカー達は
異国の地で合衆国人同士が殺しあうドバイの砂地獄へと少しずつ嵌って行き、遂には第33歩兵大隊やゲリラだけでなく民間人にまで手をかけてしまう。
この時を境に少しずつ狂い始めたウォーカーは全ての責任を恩師であった筈の、第33歩兵大隊指揮官ジョン・コンラッド大佐へと押し付け
壊れた無線機から自分だけに聞こえる幻聴と幻覚に苛まれながら戦い続けた。
最後は部下二人を失いながら第33歩兵大隊司令部のあるタワーへたどり着くも、そこで全てを知ってしまい精神崩壊を起こす。
(コンラッド大佐はウォーカー達がドバイに来るずっと以前に責任を感じて自決しており、部下の不振な態度は幻聴に踊らされる自分が原因と自覚した)
ようやく砂嵐が晴れ、行方不明となっていた自分達デルタの捜索に来た陸軍小隊を手にかけ「ドバイへようこそ紳士諸君」
と無線機に言い残してタワーの中へと消えていった。
その後の経緯は不明だが現在は新生ナイトクロウラーズの指揮官に就任。そこには使命感に燃えるかつてのデルタ隊員の姿はない。
彼の魂は今もずっと砂嵐が吹き荒れ砂に埋もれた瓦礫のドバイの中にあり本人も自らを「生きていない」と称している。
新生ナイトクロウラーズを率いているのも「第33歩兵大隊の指揮権をコンラッド大佐から委任された」という幻覚によるもので、
それを都合よくセレーネが弄り指揮官として動かして戦わせている。
彼は今日も解離性同一性障害から来る自分だけに見える砂の廃墟ドバイで、第33歩兵大隊(新生ナイトクロウラーズ)を率いて戦っている。。
新生ナイトクロウラーズ用のスーツの上から、ボロボロに擦り切れた合衆国陸軍の制服の上着(コンラッド大佐の物)を纏っており
AA-12やM4カービン等合衆国陸軍の銃火器を用いて戦う。
戦闘時の指揮は支離滅裂な事を言っている為、相手からすれば通信内容を傍受しても意味不明なものばかり。
だが隊員達はそれを最適なものに変換している為戦闘に支障は無い。

ヴァリアント
出典 manhunt
CV スティーブン・ウィルフォング

本名ジェームズ・アール・キャッシュ。合衆国の元死刑囚で死刑執行前にスラッシュムービー作成に没頭する狂人の大富豪スタークウェザーに命を救われ
自由と引き換えにスラッシュムービー作成に協力することに。
廃墟が立ち並ぶ合衆国の一都市カーサーシティを舞台に、チンピラから悪魔崇拝者、戦争犯罪者、精神異常者等で構成される各種ギャング団。
果ては汚職警官やSWATを相手にたった一人で命がけの戦いを繰り広げた。
だがスタークウェザーは途中キャッシュの家族を人質に取り、結局は殺害した上用済みになると
子飼いの傭兵部隊を使いキャッシュの抹殺を図ったが、結果的に失敗。キャッシュの復讐で命を落とす。
この事件は途中キャッシュに協力したとあるニュースキャスターが大スクープとして取り上げる予定だったが、結局の所このキャスターも闇に葬られた様だ。
尚キャッシュ自身は脱出に成功しておりセレーネに逃げ延びた。しかしいくらセレーネとはいえ元死刑囚の殺人鬼がまともな職に就ける筈もなく
結局はその異常なまでの戦闘能力を買われ新生ナイトクロウラーズに所属することとなった。
彼の手にかかればコンビニのレジ袋も残忍な処刑道具に早代わりし銃火器も拳銃から突撃銃まで大抵扱える。
また「影(暗闇)にいる間動かなければ認識出来ない」「歩くと足音や気配が消える」と言った能力を持つ。
影からそっと相手の後ろに忍び寄り、そして隙を突いて残忍な処刑を行う戦い方から、今も彼は頭の片隅に聞こえるスタークウェザーの指示で
誰も見ることが無いスラッシュムービーの撮影を続けているのかもしれない。

ジャケット
出典 Hotline Miami
CV 継ぎ接ぎの録音テープ

合衆国西海岸フロリダ州マイアミに住んでいた寡黙な青年。右翼系愛国団体「50の福音」のニュースレターを購読しており
それがきっかけで留守番電話に残された指示に従いアニマルマスクを被り、ロシアンマフィアを次々と惨殺していく。
時折夢の中にアニマルマスクを被った人物達が現れ意味不明な言葉をかけられたり、
何故か行く先々の店に親友ビアードがおりジャケットを激励しては商品を気前よくタダで提供する等
留守番電話の指示に従っていく内に彼の世界は少しずつ狂気に侵食されていく。
「50の福音」に属する別の殺し屋に命を狙われ、頭を撃たれたがそれでも生き延びて重症の状態で病院を脱走。
自分を撃った犯人が捕まっている警察署を襲撃し犯人ごと署員を皆殺しにする等恐ろしい執念と強さを持つ。
最終的にロシアンマフィアのボスを抹殺し、用済みとばかりに仕事の際常に被っていたマスクを脱ぎ捨て、
テラスで一服している所警察に逮捕される。拘留中何らかの取引でセレーネに送られた様だ。
過去に合衆国本土に侵攻してきたロシア軍を数百人以上葬り大打撃を与えた。
たった四人の隊員で構成される合衆国軍精鋭特殊部隊「Ghost Wolves(ゴースト・ウルヴズ)」に所属。
ハワイでの戦闘時に負傷し除隊。しかしその後の核攻撃によって親友であり命を助けられた恩人のビアードを失う。
それ以外の経歴は一切不明で名前すら分からない。ただ素顔は極普通の大人しそうな白人青年である。
「50の福音」の命令に素直に従いロシアンマフィア惨殺を行っていたのも、親友の命を奪ったロシア人を心底憎んでいた為
無論彼が店で見ていたビアードは全て幻覚である。
その伝説的な殺人劇から後に彼を模倣するコピーキャットが出回る程、裏社会では名の知れた殺人鬼であり
FBIのデータベースには最高ランクの危険人物扱いで「心が病みきった真性のソシオパス」とある。
新生ナイトクロウラーズに所属している今も、任務中は頭にニワトリのアニマルマスクを被っておりその姿は敵だけでなく隊内からも畏怖の象徴となっている。

11日前 No.331

セレーネ @sierra09 ★5aJ5lBLy87_04V

新生ナイトクロウラーズ用装備

ナイトクロウラーズナノスーツ
ナノテクノロジーを用いて改良型ステルススーツMkXを元に開発された新生ナイトクロウラーズ用戦闘服。基本的な能力は改良型ステルススーツMkXと同様。
ただしナノテクノロジーによるナノマシン補助がより強くなっており、着用者の皮膚からナノマシンを浸透させて
身体能力や感覚器官、治癒能力等を強化、促進させる事が可能。
外部から衝撃が加わると軟化と硬質化、ナノスキンの剥離を瞬時に切り替えてスーツの防御機能が働く事で
着用者を銃弾等の運動エネルギーや爆発物の衝撃波等が身を守る。
またスーツにAIが搭載されておらず、着用者は自身のMMDとスーツを連動させる事で自らスーツの機能を変更しなければならない。
またマググローブやフックショットは装備しているがジャンプキットは無い。
その代りにクローキングシステムを標準装備し、他のスーツと比べて霊的対応能力(魔術等への抵抗力)が最も高いのも特徴。
スーツの色はナイトクロウラーズの基本カラーである黒と赤を基調とした物。
外見は米国やKPAがコピーしたナノスーツをナイトクロウラーズ用に改修したモデルにしか見えず
またスーツ着用者が死亡するとイレイサーと呼ばれる自動消滅機能が作動し痕跡を残さない。

武装
大半がいわゆる旧西側と呼ばれる諸勢力が開発または試作した物が殆どであり、セレーネは若干の改良を加えたに過ぎない。
セレーネ正規軍が標準装備している光学兵器等は殆ど存在せず、リフトガンを含めて実弾兵器が大半

MAT-16リフトガンピストル
一見典型的なリベリアン(アメリカン)デザインの拳銃だが無重力空間での使用を想定された無反動銃であり、
弾丸が銃口を離れた瞬間に二次爆発を起こしロケット弾の様に弾が飛ぶ。
之によって反動が起きず、ミサイルの発射(リフトオフ)にちなんでリフトガンと呼ばれる。
旧世紀のジャイロジェットピストルと構造自体はほぼ同様だが、様々な技術革新によってその実用性を確固たる物とした。
反動が無い為精密射撃に向き、更に薬莢やライフルマークが絶対に残らない上発砲時の硝煙も殆ど無い事から「足の残らない銃」とも呼ばれ
新生ナイトクローラーズでも無重力空間での運用というよりもその隠密性を生かした特殊工作、暗殺用として運用している。
弾頭の性能は10mmピストル弾とほぼ同様。

VES2アドバンスドライフル
元々ナイトクロウラーズで使用されていた物を改良した軍用突撃銃。
市街地戦闘等も考慮されている為サブマシンガンサイズとかなり小さくARとPDWの中間の様な銃。
(当時は)最新型と言われた6.8mmx43SPC弾を使用し銃身下にスーツと連動しエアバーストさせる事が可能な
25mmグレネードランチャーと可変式全自動スコープを標準装備。
之により取り回し易いだけでなく、バトルライフルの様に遠距離における精密射撃を一定レベルで行う事が可能となった。

MAG-21汎用機関銃
西ヨーロッパ諸国で長年培われてきた機関銃製造技術を受け継ぎ開発された、無骨なシルエットが特徴の汎用機関銃。
VES2アドバンスドライフルと同じ6.8mmx43SPC弾を使用。
フォアグリップを使い突撃銃の様に立射を行う事や、二脚を広げて標準装備スコープを覗き精密射撃を行う事も可能。C型マグの採用により弾倉交換も容易である。
機関銃に求められるあらゆる要求を高水準でクリアしており、実はウィッチ用のMG42S及び軽量型MG42Vを参考に開発され
欧州連合軍のウィッチ用機関銃としてトライアルに提出される予定であった。

マウザー・タキシードセンスドスナイパーライフル
7.62mm×51APFSDS弾を使用する自動長距離狙撃銃。ポリゴナルライフリング加工された銃身と
各種センサーやプロセッサーとリンクしたデバイス・ドライバーにより極めて高い命中率を誇る。
無論夜間照準装置はこちらから一切光を発しないパッシヴ式。他にも周辺磁場の僅かな歪みを検知して目標物を捕らえる磁気サイトも装備。
これは磁場との干渉を防ぐ為に非磁性素材で作られている。
本銃は従来不可能といわれていた狙撃銃のオートマチック化に近づいた銃といえよう。
何故なら狙撃とは殆どがデータによる解析の不可能な”カン”に頼った部分が大きいからである。
たとえばどんなに熟練した射手でも自分が構えている銃の揺れを抑える事は出来ない。
その微量な揺れは狙撃手の一般的な目標である1km先では何mものずれとなってしまう。
それを目標と自分の銃が重なる本の一瞬を捉えて発射出来るのである。また手元の狂いだけでなく風向、温度をはじめとする各種気象条件
弾丸のバラ付き、相手の動きの予測など射手が考えねばならない要素はそれこそ計り知れないほど多い。
それらをカバーするのは理屈でも何でもなく、数え知れぬ訓練と天性の素質からくるカンである。
無論この銃はただ照準機器がスコープ一つという事は無い。目標位置、距離、相対運動、弾丸初速、気象条件等を
統合的に検出、処理する極めて複雑で高度な照準システムを備え
脈拍と脳波計測によってその時に最も良い狙撃プログラムを射手に提示しどのような条件下でも非常に高い命中率を維持出来る。
名前の通り欧州連合軍が軍用義体(サイブリッド)用の精密狙撃ライフルとして開発した。
銃身の上部に各種センサー類、下部にバイポッドや弾速計等が存在する非常に独特の形状をしている。

ガーディアンマルチランチャー
あらゆる軍用車両、航空機などに対して絶大な威力を発揮する最新鋭130mm携行型誘導弾発射器。
ジャベリン対戦車ミサイルやハンドアロー(携SAM)の性能を一つに集約している点が最大の特徴。
非常に高度なFAF(撃ちっ放し機能)を有すガーディアンマルチランチャーは赤外線や磁気センサー、光学パターン認識システム等が搭載されている
之により発射された弾頭は欺瞞に非常に強いだけでなく当初の目標を正確に記憶し、自動追尾する為射手は発射後すぐ別行動に移れる。
之により運用する兵士の生存性の向上にも一役買っている。
また先手の遮蔽物越しならロックオン後は自動で誘導されて弾頭が飛んで行く。強化セラミックを多用しており従来の多目的ランチャーに比べて軽量であり
発射後は後部の弾薬部分を丸ごと交換すればよい為装填時間の短縮、そして大量の弾薬の運用も可能にしている。
AN-224ライトニングロッド
避雷針の名を持つこのポータブル電子攻撃モジュールは設置後大抵の通信機器を妨害する事が可能なジャミングシステムであり
同時に周囲の信号を読み取って解読する。
之によって敵がたとえば航空支援や砲撃要請を行う際、偽装情報を流して妨害する事やごく一般的となったドローンやオートマトン等の無人兵器を無力化出来る。

11日前 No.332

大西洋の双子星(SAFブラジル州海軍D) @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_0D6

【特に問題は無いですので大丈夫ですよ、ただ沙沃島は色んな国や勢力の目も有るので白銀少佐の懸念どおり要らぬ注目を浴びるかもですが】≫セレーネ本体様

** アレッサンドラ・カルヴァーリョ・コスタ読み:――
|登場作品|ストライクウィッチーズ1991(二次創作)シリーズの設定よりオリジナル
|CV|山田悠希

性格:物腰穏やかで落ち着きながらも凛々しく雄々しさすら感じられる貫禄のある佇まいと、歴戦のエースとしての風格を併せ持った人物であり若年者ながらも驕りの無い社交的で一端の軍人としても一人のウィッチとしても姉妹の姉としても良き年長者としても紛れも無く良識と柔軟さを備えた非の打ち所の無い真っ直ぐとした性根の持ち主、強い責任感と有り触れた話ながら非常に強い郷戸愛を抱いている節がある。後達のウィッチ達の模範たれとも言える様な理想的な振る舞いをほぼ自然に成す辺りから見ても最早限り無く完璧超人に近いナニカである。但し同じく軍務に就いている妹の前だと普段は見せない意外な面を現す事もある。

戦闘時や作戦行動時の動きもまた主観・客観問わない視点での戦術思考をフル回転させていて敵や状況に応じて柔軟且つ変幻自在に戦い方を変える、挙動や動きだけで僚機とピッタリ息を合わせてくる(特に双子の妹との連携は隙がなさ過ぎて不自然に思えるほど)慎重すぎる程に石橋を叩き割ったかと思えば剣山の筵に飛び込む様な危険も必要ならば躊躇無く冒す(命の惜しみ場所と賭け/捨て場所を弁えた)人物、敵に回すと非常に厄介で味方としては恐ろしく頼りになる。

性別:女性

年齢:18

容姿:人種はラテン系(インディオなど先住民族の血も引いている)、日に焼けた健康的な肌色に艶やかな黒髪のロングヘアー、はっきりとしていながらも大人びて穏やかな顔立ちをしている。背丈はスラリと高いスレンダーな感じでありながら中々グラマラスでもある(その分相当鍛錬も行っているらしい)、服装は下は所謂ビキニタイプの“ズボン”に素足上が海軍第二種軍装(標準的なALICE装備系の装具)に濃紺の徽章と国鳥の羽根飾り付きのベレー帽を着用、首にはドッグタグとちょっとした(御守り)である首飾りを掛けている。

尚、魔女(ウィッチ)としては使い魔がトゥカーノ(ブラジルの国鳥でもある嘴の大きな鳥類)である為、魔法力発現時はその翼と尾羽根が顕現する。

戦闘能力に関してはネイビーウィッチとしての各種基礎修了課程と、遠近距離射撃・近接白兵課程を修了(双方とも高水準の技量)。11の頃から潜り抜けた幾多の戦場での死線と出会いが彼女(彼女達)を今の高みに至るまでに叩き上げた。そして(学んで損することは無い)を合言葉に様々な分野の技能・技術を吸収して来ていた。また彼女ら双子が師事したPEUヒスパニア/スペイン空軍のとある元ウィッチの教官曰く(10年に一人の逸材)と言わしめるほど元々の才覚は飛び抜けていたらしい。豊富な実戦経験と驚異的な空間認識能力を初めとした闘争センスにより、ほぼ全ての交戦レンジに於いて不得手が無い万能タイプ。素質に関しても古代の先住文明に於ける巫女の血筋もある事からか後述の固有魔法の他、かなり稀と言える膨大な魔力を保有していて減衰も緩やかと言う有様。(大気中のエーテル※架空元素の摂取効率もかなり高めであり自然回復も相当早い特異性質とも言える)


固有魔法:感知系・広域空間把握&無作為予知

広域空間把握は近隣全方位のあらゆる目標を感知・識別して、その位置や数、目標の種類を分類できるというもの(指揮・統制を行うスコードロンリーダーとしては相応に有用な魔法力ながら、ストライカーユニットの機載レーダー(魔導針の一種の発展型技術)や専用機材により機械化航空歩兵に於けるAEW&C能力自体は付加がある程度容易になっている事から固有で有している点と(身に触れている他者に認識を共有できる点)以外はそう珍しくも無いと言える。

恐ろしいのはこの力と、認識した対象に対する未来予知の併せ技であり、確実性は五分五分ながらも認識対象の位置や軌道、はたまた攻撃の有無などをある程度大まかにビジョンとして識る事が可能と言う点。(予知を見た上での判断は術者本人の意思によるが、これにより飛躍的な対処能力を保有するに至っている。)尚、此方の魔法も(身に触れている他者に共有可能)である。

特性:風読み

血筋からか生まれ持った異質かは不明ながら、風の流れに関して非常に過敏に読み取ることが出来る体質をしている。


装備

FN MAG W(ベルギーFN社製汎用機関銃、ベルト給弾式で7.62x51mmNATO弾を使用、構成素材の変更による軽量化と改良型バレルによる精度向上及び連続射撃能力の改良が施されている航空歩兵向けモデル。マウントレールに中倍率光学照準器を装着し、保持用のサイドグリップも備えている。)

カットラス(儀礼用の一振りで軍人の家系らしい代々伝わっている代物、実戦用に打ち直され魔法力による強化も合わさり強力な近接武装になっている、指揮刀としての意味もある。)

トーラスWMMR/A3(トーラス・レイジングブル10.5インチモデルをベースにペイロードの関係で携行装備が限定されがちな機械化航空歩兵向けに魔法力による弾丸その物の破壊力の強化・射撃時の反動制御の改善という特性を最大限に生かした携行火器として開発された代物、機銃や重火器に比べれば軽量でかさ張らないが、その極端な運用思想から扱える者以外からしてみれば無用の長物とも言える代物であり、かなり運用者を選ぶ。しかし近距離戦闘が多く、強烈な一撃を期待したがる者からしてみるとどうしても弾数に余裕の無い重火器に比べれば多く弾薬を携行でき、尚且つ火力が期待出来るこの銃はピタリと当て嵌まるニーズと言える。※ブラジルやSAF/AFTA諸国のウィッチ以外にも輸出品が幾らかの国で制式採用・もしくは研究用や私用という形で購入されている。使用弾薬は500S&Wマグナム弾のタングステン弾芯のAP弾や炸薬使用の爆裂弾(いずれも装薬量が多い強装弾)を使う。装弾数は6発。直接給弾の他、専用のスピードローダーで再装填が迅速に可能。内蔵式レーザーサイトも標準装備。エングレーブにイペーの花の背景に箒を交差させた様な意匠のメダリオンがはめ込まれている。)

M72E11W(66mmの使い捨て対戦車ロケット弾発射器、航空歩兵向けに更なる軽量化が施され軽便且つ一定以上の火力を有する事から旧式ながら改良型がそこそこ使用されている。地上侵攻型の重装ネウロイ相手にトップアタックで叩き込む様な使い方が主だが、空戦時のトラブルシューティング用の火力としても有用である)×3

使用ストライカー:スホーイ設計局/Su-33シーフランカーN型天候対応戦闘爆撃ジェットストライカー

オラーシャ/ロシアのスホーイ設計局(現OAK※統一航空機製造会社)製の大型ジェットストライカーユニット。元ネタの従来型機と同じく元々は空軍仕様のSu-27系列を艦載仕様にしたものであり、テイルブームの短縮化、新型主翼後縁への換装、機動性向上の為、主翼前には全遊動式のカナード翼(上方7度、下方70度)を新たに装備。航法システムや火器管制システムも更新されている。搭載魔導エンジンはリューリカ製のAW-31FP推力偏向型魔導エンジン。大型機故の出力の高さや兵装の搭載量の多さ・多彩さ。何より優れた航続距離と卓越した運動性能由来の空戦能力の高さが特徴と言える。AFTA諸国ではストライカーユニットに限らず兵器関連の採用に関しては必ずしも本国採用の物ばかりとは限らず、他国製のモノも少なからず使用されている(実戦に於ける他国製兵器のデータ収集を含めてと思われAFTA本国も特に問題にはしていない)、ブラジル海軍機械化航空歩兵部隊でも採用されており、各小隊の小隊長・副官相当の航空歩兵が使用。

全高1.75m

固定兵装

7.62mmガンポッド(標準)

選択兵装(ハードポイントは6箇所)

12連70mmロケット弾ポッド

Kh-29W空対地ミサイル

R-77-1W空対空長距離AAM

R-73W空対空短距離AAM

AIM-9XW空対空短距離AAM

AIM-120W空対空長距離AAM

※西側・東側のストライカーユニット向け兵装の大半を使用可能。

チャフ・フレア受動防御装置

備考:ブラジル州海軍航空隊機械化航空歩兵(Brazil Navy Witches)第一飛行中隊隷下第一小隊指揮官の航空歩兵(ウィッチ)、階級は少佐。双子の妹や部下からの呼称は在り来たりで(少佐、サンドラ姉さん)等々、代々軍人家系の家の生まれであり魔法力の素質を見出される以前から風占いと呼称される遊びで不思議と物事を当てる事で有名だった。10歳で軍の幼年学校へ妹と共に入校、当初は士官を目指していたが当時教鞭を取って指導に当たっていたイスパニアのとある魔女に見初められて双子共々海軍航空歩兵へと進路を変更、頻発するネウロイや怪異に対する(火消し)として多数の実戦を経て三年目にコスタリカに於けるネウロイの地底要塞構造物攻略作戦に参加、頭角を現す。15歳の頃に欧州への対ネウロイ多国籍派遣部隊に参加し、南米方面からの派遣された航空歩兵としては随一の多大な戦果を成し遂げて一躍名声を得る。AFTA本国のH.A.W.X(高々度戦 試験飛行部隊※米軍に置ける航空関連の部隊運用研究のメッカ、航空歩兵部門も存在する。)からの移籍の推薦を受けるが(故郷の為に飛び続けたい)という本人達の申し出により辞退。以後海外派遣の最前線に於いてトップエースとして活躍する傍ら、退役後は教導官を視野に入れて後達の指導に励みたいとの希望を人事部に出している。

6日前 No.333

光子王 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

**名前 ヴァルキュリア 読み:
|登場作品|エヌアイン完全世界|
|CV|太田佳織|
性別:女性
性格:古風な口調をしている。相手を戦士として認めると武人のような一面を見せるが
新世界への選別の際は複製體つまりクローンには資格が初めからないと考えている節がある。
但しテンペルリッターとは違い冷酷非情ではない。
年齢:不明
容姿:羽付き兜に黒い服を着た大柄な女性。眉目秀麗でスタイルも良いが、表情は冷たい。
エヌアイン完全世界のテンペルリッターが黒い服を着た色違いになったもの。
武装及び能力:生身での飛行能力。真空波の刃を放つ。また古代から存在するアガルタ人でありとても強力な超能力や特異能力を持つ。

蛇腹剣:流体磁鉄鉱と三次元空間に時間軸が存在しない素材を織り合わせた複合合金製。触れた瞬間機械を狂わせ、
いかなる方法を持ってしても破壊できない耐久性と切れぬ物は無いほどの切れ味を誇り極めて高い柔軟・伸縮性を持つ。

アガルタ・バトル・スーツ:ヴァルキュリア専用に作られた戦術電光服。デフォルトに加え
精神感応金属オリハルコンと組み合わせたらしく多少の傷は自己修復する機能が追加されている。
また『神の鎧』でもあるため霊的防護も勿論飛行能力含め様々な強化と拡張にも主眼を置かれている。
飛び回るだけでホーミングで襲い掛かる電撃弾や電気を纏ったソニックブームが無数に放たれるなども起こせるようになった。

アガルタ・モーター:無尽蔵の電力から生み出されるレーザーは装甲を溶かし、ジャミングも行え
あらゆる電子兵器を無効化する強力なEMPを発生させる。蛇腹剣を組み合わせると最低出力で高熱剣化、
エネルギーが凝縮し、有害な放射能・小型核ですら浄化するゼロ磁場を発生させる。他にも磁石化させて金属系の武器や物を巻き上げるということすら可能。
これに付随して電撃を乗せることも可能とし全身を覆う物理的電磁障壁も可能とする。

備考:一人称は「拙者」で二人称は「お主」であり、暴走した電光戦車に対して「介錯する」と宣言するなど武士を思わせる。
神と呼ばれた古代人であり、自らを「旧世界に死をもたらす者」と称する人物。
テンペルリッターは彼女のクローンであり完全者はテンペルリッターを「神の似姿」と呼んでいるが、その「神」である彼女の出自については判然としていない。
本編では『新世界(ノイラント)』へ行く資格があるかどうか試すために戦う。


古来より下手をするとアガルタ人の祖先が居たレムリア大陸時代から生きておりその時かあるいはもっと昔から
レムリアーズに参加している最古の戦士にして王族の一人に当たる。
基本的には無用な争いは好まないがパラダイムシフトを迎えたこの世界とも言え地上人を新世界へと迎える期が来たと判断しており
自力でアガルタに来た者や来ようとする者に関しては資格無き者を選別することには積極的であり、戦いを仕掛けてくる事も多い。

5日前 No.334

セレーネ @sierra09 ★5aJ5lBLy87_04V

【回答有難う御座います。もう正体は殆どバレてるでしょうし問題が無ければお披露目しようかと】>>大西洋の双子星本体様

南米戦線の推移 現在の状況

長く膠着状態にあったセレーネ共和国と南米連邦との争いは突如セレーネ側がアマゾン川を境に防衛に徹していた戦術を変更し
全面攻勢をかけ南進を開始した事で一気に状況が動き出した。奇襲に近い攻撃であったものの南米連邦軍(SAF)は粘り強い抵抗を見せた。
特に長きにわたりSAF前線司令部が存在したマナウスが陥落すると、SAFは後退せざるおえず連動する様にマカパ、イキトス方面も陥落。
之によりブラジル、ペルー、ボリビア各州は領土内深くまで戦線を抱え込む事となり、その軍事的、物的、人的、経済的あらゆる被害を蒙る事となった。
数の不足を無人兵器群で補ったセレーネはさらに圧力を強め、特にブラジル州はこのままでは州都ブラジリアの陥落が現実の物となってしまうまでに至った
SAFセレーネ側は戦略変更を行っただけでなく、ジャブロー内の兵器工廠の掌握が進み、宇宙だけでなく地上からも増援を派遣出来る様になった事が
今回の大攻勢を可能にしたものと考えており、SAFは之に対して比較的損害の少ない海軍戦力を主軸とした反攻作戦を計画中である。

消えた捕虜、難民その行方は?

之は開戦初期から言われていた事だがセレーネ側の占領地域には現地人がごくわずかしか存在しない。万単位で生まれたSAFの捕虜やそれを遥かに上回る
戦争難民等がセレーネ領内には存在しないのだ。之によってSAF側も戦争難民問題に直面せず済むと言うのだから皮肉である。
一体これだけの数の人間がどこへ消えたのか?SAFは「ノヴァ・プロスペクト」と呼ばれるセレーネの捕虜収容施設において捕虜や難民が虐殺されていると
国連人権委員会等に提訴しているが、確実な証拠は存在しない上セレーネ側は之を否定も肯定もしていない。ただ多くの人間がこの収容施設へと
送られているのだけは確かだ。因みにノヴァ・プロスペクトはポーランド語であり「新しい将来」を意味する。しかしポーランド文学においては
「強制的な信念の同化」と言う意味も含んでいる。

SAFの反攻作戦
南米連邦主要加盟州であるブラジル離脱の危機に対してSAFは本格的な反攻作戦を計画中である。
それは南米でも有数の海軍戦力を有すブラジル州海軍を中心に、SAF海軍が中心となって行われる予定であるとされている。
特に海軍戦力はSAF全体から見て殆ど被害が無いと言える。之はセレーネ側が海軍を軽視しているからなのか、別の理由があったからなのかは不明だが
兎に角現在まで殆ど攻撃目標とならなかった(一番なっていたのは空軍であり、基地や空港、燃料施設等を含めた被害は甚大と言える)
この反攻作戦は南米連邦加盟外の南米北部の州を含む南米全土から航空戦力を送り込んでセレーネを釘付けにし、
空母機動艦隊(之にはアーカンソー級イージス巡洋艦、フレーザ級イージス駆逐艦、スペングラー級強襲揚陸艦を含む)がセレーネ空中艦隊へ攻撃
之を撃沈あるいは機能停止させ、海兵隊を戦線後方へ上陸させる…と言うのが反攻作戦の大筋である。之はSAFの垣根を越えたAFTAの反撃と言っても良い

尚逼迫した戦況故この反攻作戦にはウィッチ等も投入される事となった。人類共通敵対勢力と戦う際の防衛の要であり今までは人類同士の争いに
本格的に投入される事は無かったものの、SAFは現状鑑みこれもやむなしという決断を下した。

4日前 No.335

混沌 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=SkBYWclB4P

【遅れてしまってすみません。

此度のアマゾンにおける戦線について質問なのですが、現状では魔導諸国評議会から見て介入する予定はありますか?それとも、まだ様子見の状態になるのでしょうか?】

>セレーネ本体様、統一性無し様

3日前 No.336

Amazing Mightyyyy!!!! @voltexfbk ★1DXVdHzeIP_M0e

SAF反攻作戦時の欧州の状況


南米と打って変わって欧州の状況ではあるがやはりこちらもよろしくない。というよりか混迷を極めている。


ブリタニア・ガリア方面ではパ・ド・カレーを拠点とし大規模な艦隊および艦娘が集結、深海棲艦を頻繁に迎撃している。姫クラスともなれば日本より派遣された横須賀特殊艦隊が出動するなど日々出撃に追われており、ネウロイの脅威がないからこその戦術をとりその戦局は徐々に人類へと傾いている。
一方カールスラント戦線は最もややこしい状況でありネウロイ・深海棲艦・人類の三つ巴の状況。
前線に基地を作りつつ徐々に優勢をとりつつあるレイレナードを主体とした人類側に対し、ネウロイは深海棲艦との潰し合いも始めている。
しばしば深海棲艦が基地を襲撃したりネウロイを撃ち落としていたりと人類共通の敵が人類共通の敵をつぶすという何とも言えない空間を生む中、レイレナードが保有するリンクスシステムを新たに採用したストライカーユニットを操る精鋭ウィッチ部隊「第01特殊戦術部隊『シュープリス』」によって戦線を維持するが、優勢をとっていても戦線の維持が結構厳しいことから東洋に派遣している星奈を呼び戻すかで現在でも討論が絶えない。
スオムス・オラーシャ方面は東洋からの派遣ウィッチの活躍によって戦線は抑え込んでいる。


一方、SAFへ大本営は一切の派遣艦隊を出さず、セレーネ側へ吹雪を派遣することにとどまっている。

3日前 No.337

セレーネ @sierra09 ★5aJ5lBLy87_04V

一応私の名前が入っているのでお答えしますが、私は現在魔導諸国評議会に席が無いので此方に関しては何とも言えません。
ですが南米戦線(アマゾン戦線)に介入して良いか?と言う事でしたら全く問題ありません。どうぞ御随意に。

> 混沌本体様

3日前 No.338

大西洋の双子星(SAFブラジル州海軍E) @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_7ig

【了解しました。その流れでPMCSの魔女連中は援護に徹します。――AFTAアメリカ/リベリオン合衆国6軍が想定以上にカオスに成りつつありますが近々投下しますね;(海兵隊とか海岸線を発展型カニAWGSやらMARPAT迷彩のバケツ頭やらT60シリーズが埋め尽くしたり…VF-0の架空の量産モデルが出来上がったりREYが先祖帰りしたり;)】

≫セレーネ本体様

【現状科学側国家・共同体同士の正規紛争/戦争なので何かしら大規模な魔術行使やら禁忌物品(SCP的な物)やその方面の危険人物が関わったりしない限りは大っぴらに動きませんね。(現地の情勢監視で数名のエージェントを送り込んでたりぐらいはしてる描写が出来ますが)】

≫混沌本体様

** ライサ・カルヴァーリョ・コスタ読み:――
|登場作品|ストライクウィッチーズ1991(二次創作)シリーズの設定よりオリジナル
|CV|山田悠希

性格:明朗快活で活発な性格、姉と比べるとややとぼけた様な振る舞いや冗談を含めた悪戯っぽい言動も端に覗かせる部分があるが基本的に歴戦のエースに相応しい風格と凛々しさは微塵も変わらず。姉と同じく後輩の面倒見の良さや強い正義感と有り触れた話ながらやはり姉と同じく非常に強い郷戸愛を抱いている節がある。「私と姉はコインの表と裏」を言葉通りにどこかしら表は姉、裏方は自分と考えていて姉を立てる様なさり気無い心遣いが行動の随所で見て取れる。裏表は無いがやや感情的であるとも言われがちであったりもする.

戦闘時や作戦行動時の動きはどちらかと言えば直感的なモノが多く、エレメントを組む姉の戦術思考に対する選択肢の追加などを提供、敵や状況に応じた柔軟な対応を取るのは同様である。緩急がどちらかといえばハッキリしている姉の機動に比べるとわざと(遊び)のある飛び方をするとの事(容易に機動を読ませない為の工夫)、単独での戦闘機動は非常に情熱的とすら言える不規則で踊り舞う様なモノを見せる。(此方は姉妹揃って師事したヒスパニア/スペイン空軍のとある元ウィッチの教官の影響もあるが、やはり御国柄であると言える。)動きの同調に関しては姉に勝るとも劣らずで些細な挙動や動きだけで僚機とピッタリ息を合わせてくる。

性別:女性

年齢:18

容姿:人種はラテン系(インディオなど先住民族の血も引いている)、日に焼けた健康的な肌色に艶やかな黒髪のロングヘアー、はっきりとしていながらも大人びて穏やかな顔立ちをしている。背丈はスラリと高いスレンダーな感じでありながら中々グラマラスでもある(その分相当鍛錬も行っているらしい)、服装は下は所謂ビキニタイプの“ズボン”に素足上が海軍第二種軍装(標準的なALICE装備系の装具)に濃紺の徽章と国鳥の羽根飾り付きのベレー帽を着用、首にはドッグタグとちょっとした(御守り)である首飾りを掛けている。双子ではあるが(個性あるコピー)とすら言われるほどほぼ瓜二つなほど姉と同じ容姿をしており装具や服装もほぼ一緒である(故に戦友や上官は物腰やしぐさで大体見分けを付ける)

尚、魔女(ウィッチ)としては使い魔がこれまた姉と同じくトゥカーノ(ブラジルの国鳥でもある嘴の大きな鳥類)である為、魔法力発現時はその翼と尾羽根が顕現する。

戦闘能力に関しては姉と同じくネイビーウィッチとしての各種基礎修了課程と、遠近距離射撃・近接白兵課程を修了(双方とも高水準の技量)。11の頃から潜り抜けた幾多の戦場での死線と出会いが彼女(彼女達)を今の高みに至るまでに叩き上げた。そしてやはり(学んで損することは無い)を合言葉に様々な分野の技能・技術を吸収して来ていた。また彼女ら双子が師事したPEUヒスパニア/スペイン空軍のとある元ウィッチの教官曰く(10年に一人の逸材)と言わしめるほど元々の才覚は飛び抜けていたらしい。豊富な実戦経験と驚異的な空間認識能力を初めとした闘争センスにより、ほぼ全ての交戦レンジに於いて不得手が無い万能タイプ。素質に関しても古代の先住文明に於ける巫女の血筋もある事からか後述の固有魔法の他、かなり稀と言える膨大な魔力を保有していて減衰も緩やかと言う有様。(大気中のエーテル※架空元素の摂取効率もかなり高めであり自然回復も相当早い特異性質とも言える)

固有魔法:攻撃系・旋風

気象状態である(大気)への干渉を行う強力な固有魔法、集束させての暴風による直接攻撃/妨害の他、自身や僚機に有利な空戦環境を作り出す。当初は単純な攻撃魔法であったが教官の(その力を更に生かす手を教えたげる)という言葉から始まった特訓により、支援系の魔法への転化にすら成功している。相当な集中力/精神力を要求されるが、上手くやれば実弾攻撃を逸らしたりなども出来なくは無いらしい。

特性:風読み

血筋からか生まれ持った異質かは不明ながら、風の流れに関して非常に過敏に読み取ることが出来る体質をしている。

装備

FN MAG W
カットラス
トーラスWMMR/A3
M72E11W

使用ストライカー:スホーイ設計局/Su-33シーフランカーN型天候対応戦闘爆撃ジェットストライカー

各諸元は同一

備考:ブラジル州海軍航空隊機械化航空歩兵(Brazil Navy Witches)第一飛行中隊隷下第一小隊副指揮官の航空歩兵(ウィッチ)、階級は大尉。双子の姉や部下からの呼称は在り来たりで(ライサ大尉、ライサ)等々、魔法力の発現自体もほぼ姉と同じ時期であり、家系の関係で軍士官を目指していたが、姉共々ヒスパニアのとある魔女に見初められて双子共々海軍航空歩兵へと進路を変更、頻発するネウロイや怪異に対する(火消し)として多数の実戦を経て三年目にコスタリカに於けるネウロイの地底要塞構造物攻略作戦に参加し、最深部のコアの破壊を成し遂げる。その後姉と共に欧州への対ネウロイ多国籍派遣部隊に参加し、南米方面からの派遣された航空歩兵としては随一の多大な戦果を成し遂げて一躍名声を得る。AFTA本国のH.A.W.X(高々度戦 試験飛行部隊※米軍に置ける航空関連の新型装備の開発・戦術/部隊運用研究のメッカ、航空歩兵部門も存在する。)からの移籍の推薦を受けるが(故郷の為に飛び続けたい)という本人達の申し出により辞退。以後海外派遣の最前線に於いてトップエースとして活躍する傍ら、退役後は教導官を視野に入れて後達の指導に励みたいとの希望を人事部に出している。軍務に集中しがちな姉に比べると割かし分かり易い趣味(フラメンコなど)を持ち、料理や裁縫も好きだったりと結構家庭的である。

3日前 No.339

セレーネ @sierra09 ★zlmo5weHhE_sgc

申し訳ありませんではTSFに関してはその様にお願いします。
T60は分かりませんが空のVF-0にクラブAWGS、REYですかAFTA合衆国空軍、海兵隊の本領発揮といった所ですね。刃を交えるのが楽しみです >大西洋の双子星本体様

オペレーション・デイブレイク
南米戦線に集中しているかと思われたセレーネ共和国が突如として始めた地球規模の大規模な軍事侵攻作戦。
軌道上に展開させた艦隊より総数千機以上の新型機械化歩兵を地球へと降下させた。降下地点は主に欧州の対怪異戦線である。

これに先駆けて汎ヨーロッパ連合(PEU)及び扶桑(日本)に対してセレーネ共和国政府は「人類敵対種族の殲滅と国土奪還は地球人類の総意であり、支援は当然の事」と表明。
南米戦線でSAFとの先端が突然開かれた様にこれまた回答を待たない突然の通告後、即座に作戦は実行された。

突如ブリタニア・ガリア戦線、カールスラント戦線、欧州東部(オラーシャ・スオムス)戦線に宇宙から現れたセレーネ新型機械化歩兵部隊はその迅速な機動力と強大な打撃力を持って
ネウロイとDDS(深海棲艦)へ猛攻を開始。元々絶対数が少ないウィッチと違い各戦線数百単位で投入された新型機械化歩兵部隊は、まるで旧世紀の戦列歩兵を思わせる
地上と空に横列を敷き、電磁投射砲と反物質砲を主軸とした火力を敵性生命体達へ押し付けていった。

之は南米戦線に機械化歩兵(レプリカウィッチ)の出番が殆どなく、尚且つ新型機の実戦データを取る事、そして何よりPEUと扶桑(日本)に恩を売る為と思われる。
南米戦線において破竹の快進撃を続けながらも、攻勢限界が見えたセレーネ共和国に対して、SAFにはついにAFTA本国より増援が送られる事がほぼ確実となった。
現在の所AFTA加盟国以外は南米戦線に対して殆ど何も反応を示していないが、ここでオラーシャ(ロシア)を含むPEUとそれを支援するために負担を強いられている扶桑(日本)を
味方につけないまでも中立のままにさせたいというセレーネ共和国の思惑が窺い知れる。

2日前 No.340

Amazing Mightyyyy!!!! @voltexfbk ★1DXVdHzeIP_M0e

【izumaさんが何か起こそうとしているのでキャラ投下、これがレイレナードが何か起こすことを意味しています】

** アレサ読み:――
|登場作品|ARMORED CORE 4系列その他もろもろのクロスオーバー
|CV|――

性格:不明。通常時は堅苦しい電子的な文面しか打たない上戦場にしか現れない。何もかもを焼き尽くす定めがあることは確かである。

性別:女性

年齢:不明

容姿:外見はほぼすべて黒く塗りつぶされた固い何かと脚部は特殊なジェットストライカーに覆われておりその姿をはっきりと認識することはできない。だが数少ない透明な個所を見るからに秋月型防空駆逐艦の2番艦「照月」をベースにしている説が有力。またとある世界(Blue Seaシリーズ)ではこの照月が「最初の1人」であって何かの衝動で同じ個体がコピーされこの世界へ来たという説や、はたまたこの世界オリジナルの「照月」なのかもしれない――――――。

固有魔法:意識接続(使用不可)

相手との意識を接続し、干渉をおこなう。だが機体の特性なのかそれとも対象が限定されているのか使用不可能。

装備

04-MARVE
07-Moonlight
YAKUMO.mdl2
SULTAN

使用ストライカー:レイレナード/00-ARETHA-T

正体不明の「プロトタイプ・ストライカー」。
プロトタイプネクストのように一度装着したウィッチは死ぬまで装着される。レイレナード系列の機体にはない大型なデザインだがその反面とんでもない機動力と推進力を発揮し、機体的にいえばアリーヤのプロトタイプの改造型を使用する星奈には及ばないが、ダブルオー・オービット系列よりも高い。安定性も良好。
だが装備については再現されておらず殆ど正体不明。性能は試験飛行程度でしか判明しておらず、星奈ですら知らない。

備考:レイレナードが「拉致」したのか「拘束」したのかが不明のウィッチ。
名前ですら不明なうえストライカーなどの関係で顔も分からないといわれる。実際に現在の戦場でこの名前を知っているものは誰もいない。だが彼女が初めて投入されたのはオペレーション・デイブレイクでありその時ですら目撃はされていない。

彼女はいったい何者なのか、其れは一切不明だ。

8時間前 No.341
ページ: 1 2 3 4

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる