Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(365) >>

運命ブレイカーズ

 ( オリジナルなりきり )
- アクセス(1225) - ●メイン記事(365) / サブ記事 (156) - いいね!(17)

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_pzR

「先に言わせてもらうが、俺は『運命』という言葉が嫌いなんだよ。『運命の出会い』とか『運命が決めた』とかな。俺はそんなものに左右されるなら自分で自分の道を作るね」

そう言いながらとある青年が皆を守っている。
そこには普通の武器とは違うであろうを持っていた。
そしてその青年の肩には『コモドドラゴン』のような生き物が乗っていた。

「それとこいつらは俺が守ってやるよ。これは『運命』じゃねー。俺が『やるべき事』だからな」

そう言いながら『コモドドラゴン』のような生き物は皆の前に行き『光の壁』を作り出していた。

「さあ始めようか。『駆除』をな」

そう言いながら剣にも見える武器とハンドガンにも見える武器を構えながら化け物に向かっていく


【どうも、神狼我です。学園&バトル物です。まあ化け物とですが、気になった人はサブ記事を見てください。ではお待ちしております】

メモ2019/11/13 17:51 : 神狼我 @jinrouga53★t8nMSzBLkR_pzR

【お知らせ】

サブ記事解禁しておりますので参加希望の皆さんは確認お願いします

メンバーが揃いましたのでメイン開放します。これから良き学園生活を

ということで『VSディースハウンド戦』終了しました。皆さまお疲れ様でした


【名簿】

生徒

・錦小路一廓

・弥勒 空

・俟蒼燗百

・涼宮 沙耶

・氷樹怜悧


教師

・加賀創兵

・乙坂 翠玉

切替: メイン記事(365) サブ記事 (156) ページ: 1 2 3 4 5


 
 
↑前のページ (315件) | 最新ページ

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_pzR

〜『パーフェクトクリエイトフィールド』空の方のディースハウンド〜
『(流石の速さだな、だが!)』

一応貫通攻撃が弱点だが、まだ体力もまだ余裕な状態の為1枚の刃を盾にしながらバックステップで回避する。
だが、貫通系統の攻撃の為刃は砕け散る。

『(流石の一言だな)』

そう思いながら今度は『すべてを燃やす太陽の熱波動』を発動させる。理由は攻撃を回避しやすくするためである。

>>空

27日前 No.316

漆黒の魔剣士 @andouken ★Android=A5tgjwj8il

【パーフェクトクリエイトフィールド:弥勒空】

デビルズは空から距離をとったが、先ほどの攻撃は一定のダメージを与えたようだ。
どう転んでも倒しようが無い敵と言うわけではないと呼吸を整え次の攻撃に出ようとした瞬間
先ほどの吹雪とうってかわって炎熱攻撃を仕掛けてくくるデビルズを前に静かに白華護刀を正眼に構え気を集中させる。

「牽制程度の飛び道具は駄目なのだ……斬撃に合わせて……」

これまでは、あくまでも飛び道具として使ってきた白華護刀の花びらを刀身に纏わせるように放出する。
これまでやったことがない使用法故に安定性が悪いが……
懸命にそれを維持しながら突進し熱波動をギリギリで交わしながら距離を詰めるも波動がかすった右肩に鈍い痛みを覚えながらも渾身の一撃を放つ花びらの刃を纏ったチェンソーの如き白華護刀による右片平突きを放つ


>>デビルズ

27日前 No.317

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_pzR

〜『パーフェクトクリエイトフィールド』空の方のディースハウンド〜
彼自身まさか突撃してくるとは思ってもいなかったらしく大きくえぐれるように肉体が削られ倒れ込む。
流石にダメージがでかすぎる為熱波張りを中止する。というよりしないと自分のダメージがえらいことになるからだ。

『(流石に食らい過ぎたな)』

息を整ええぐられた部分は氷で修復。但し完全には修復できていない。
その代わりにバランスを崩すという意味合いで地震を起こしつつ地割れも発生させる。正直に言うなら後のエネルギーは回復に回すため出来るのはこれで精一杯と言ったところだ

>>空

27日前 No.318

友禅 @yuuzenn☆fXqsD0VZIxk ★mbC91aBHcA_nBN

【 沙耶のパーフェクトクリエイトフィールド / 錦小路一廓 】

 沙耶の返事を待っているのは一廓だけで、当然デビルズにそうしなければならぬ理由など無い。
 彼奴はこちらの牽制と機動力の削減を兼ねて辺り一面に地割れを引き起こし、足場をお年寄りならもはや身動きさえままならないであろう不自由な代物へと変貌させてしまった。いや、けっこう溝が深いのでお年寄りだけでなく子供や運動の苦手な成人も危ないかもしれない。もちろん一廓は超人で達人の類なのでこのフィールドでも戦うのに問題は無いけれど、だからといって完全な足場の場合からほんの少しも機動力が落ちないかと問われればそうではない。そしてその僅かな機動力の落差を突けるだけの身体能力が向こうにもある。
 よって相手の攻撃の選択肢としてコレは賢い部類だ。でも、正直なところ息を止めて目を瞑ってシバリングに体力を消費する三重苦を背負わねばならなかった絶対零度のほうがキツかった。……あれをしてこないということは、気軽にやっているように見えた絶対零度攻撃は意外とデビルズ側にとっても体力をめちゃくちゃ喰うできれば使いたくない技なのやもしれない。あるいは一度破られた技は無駄であると二度と使わない主義なのか。

 何にせよ、今回の戦いは2VS1。一人ならば壁や天井を駆使してピンボールのように跳ねて回ることでいっそ足場を使わない攻撃を仕掛け続ける、という手法で攻めるが、せかっく沙耶が居るのだから彼女の手を借りてコンビネーションの向上を図るのも良いだろう。
 一廓はさっと視線を沙耶に向け、デビルズには確認できない角度、かつ口パクで彼女に「わっちが走り出して敵に接近した頃合で、デビルズの周囲にだけ小さいサイズの盾を散らして足場をセッティングして下しゃんせ」と伝えてみる。相手が『足場の不自由な場合での一廓の速さ』に慣れたところで『足場が不自由でない場合の一廓の速さ』に咄嗟に戻ることで隙を突く狙いだ。
 それからデビルズに不信感を抱かれぬよう、沙耶の返事も聞かぬままに双眸をデビルズへと戻し『リッパー』片手に駆けだした。もしかしたら沙耶が“唇の動きを読む”という行為を苦手分野に感じていて伝わっていない可能性もある。そのパターンはいきなり突拍子の無い口パクをしたこちらに非があるので、沙耶を攻めずに一人で頑張って戦う方向に切り替えよう。つまりはピンボール作戦だ。いつも通りに孤軍奮闘、『弁柄』さえ足場として利用しつつ単騎で機動力を活かし相手を襲うべし。

「それでは、参りんす」

 いっそ野蛮とさえ言える笑みには挑みかかるような圧があった。この女の唇は今まで食い殺した獣の血で赤いのではないか。そんな怖気さえ走らせるアマゾネスめいた好戦の形相。それでいて艶やかでさえあり、これはこれで妖婦としての一つの形だ。残念ながら普段の無表情以上に男にモテなさそうな笑顔ではあるけれど。だってこんな笑顔の女に迂闊に近付いたらたぶん気付くとあの世に引っ越している。実際にはやらなくてもそう思わせる表情なのだ。
 ふくらはぎにエンジンの搭載を疑われかねない速度で床を踏み切り、先の絶対零度の影響でまだひやひやとした肉体がすぐ空気摩擦でぽかぽかになる程のスピードでデビルズに急接近。それでも足場のひび割れの分、素人目には分からぬゼロコンマ数秒の劣りがあった。承知の上だ。
 手中でくるりと回した『リッパー』を下段に構えデビルズの懐に潜り込まんと流麗な足捌きを繰り返す。さて、口パクが上手く伝達されていればそろそろ沙耶が足場として盾を作ってくれる頃合だが。果たして意思疎通は出来ていただろうか。

>涼宮沙耶様&ALL様

【次のお返事も丸一日ほどお待ちして様子見しようと思います。あればなるべくすぐに返します!】

27日前 No.319

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_pzR

〜『パーフェクトクリエイトフィールド』沙耶(&一廓)の方のディースハウンド〜
正直に言うならこの地形の方が彼は戦いやすいのだ。平地の方がやりにくいほどでもある。だからこそ彼の本領発揮でもある
足捌きを本来のスピード、光よりも劣るがそれほどの速さで回避する。そして今度は『太陽張りの灼熱の熱波』を走りながら発動させる。

『(あの女にはまだこの技は見せていない。ダイアモンドダストが効かないならこれはどうする?)』

言ってしまえば『牽制と観察』というものを実行しているようなものである。
そして飛んだり飛び越えたりを繰り返しながら走る。この方が体力の消耗が少ないらしい。

>>一廓、沙耶

【了解しました】

>>友禅様

27日前 No.320

漆黒の魔剣士 @andouken ★BxGXTrkAtu_UHY

【パーフェクトクリエイトフィールド:弥勒空】

特攻攻撃に出るとはデビルズも思っていなかったのか捨て身の攻撃が、その体を大きくエグリ大ダメージを与える
絶好の好機をだが、熱波動がかすめた右肩に痛みが走るが

「熱いし痛いけど………今はそれは忘れる!!戦闘中の今痛みはいらないあるが、効かない」

 もちろん効いていないわけがないやせ我慢をしているだけだが、本人は感じてはいない
いわゆる精神が身体を凌駕していると言うやつだ。
 デビルズは氷で体を保ってはいるが、完全ではない一気に仕留めようとするも炎熱、凍結に続く第三の攻撃を見せる
地震んと言う手段だ間合いを詰めようとしていた空は体勢を崩され転びそうになるも、その襟首を力強く引っ張られる
 その正体は吹雪で体が冷え丸くなっていた白虎だった白虎は熱多動で暖かくなった事で目を覚まし窮地の空を救うとその背に乗せる
白虎に騎乗状態になった空と白虎は体勢を立て直しデビルズに迫り『枝分かれ』を発動させ二刀になった白華護刀を敵の両目めがけて突きを放った



>>デビルズ

26日前 No.321

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_pzR

〜『パーフェクトクリエイトフィールド』空の方のディースハウンド〜
正直に言うならなんという根性だとおかしいと笑うほどだ。だがそれでこそ戦士とも思えるのだった。
そして彼は正直避けることが出来ずに敢えて食らった。

『戦士よ・・・・・・強くあれ』

そう言い残してディースハウンドである彼は倒れた。そして結界も消え去り元の場所に戻される。
最後のディースハウンドの顔は穏やかだった。

>>空

【ということで『VSディースハウンド戦』空視点終了になります】

>>漆黒の魔剣士様

26日前 No.322

友禅 @yuuzenn☆fXqsD0VZIxk ★mbC91aBHcA_nBN

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

25日前 No.323

漆黒の魔剣士 @andouken ★BxGXTrkAtu_UHY

【パーフェクトクリエイトフィールド⇒特殊戦闘ルーム:弥勒空】

 デビルズへの攻撃が眼球にヒットすると結界も消滅し元居た場所に戻っていた

「いたったたた」

 戦闘中は忘れていた痛みが戻って来たのだその上袖口から右脇にかけがボロボロに
そんな傷口を押さえつつ歩を進めると空と同じ様に戻ってきている者が居た
 炎の人と氷の人………他の人はとキョロキョロするも見当たらない。
 あの鋏の人あたり入ると思ったが、その前のテストを思い出し何処かにフォローにでも言ったかと
考えるもその場にゴロンと大の字に疲れを癒す事にした空はそっと目を閉じた



>>特殊戦闘ルームall

24日前 No.324

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_pzR

〜『パーフェクトクリエイトフィールド』沙耶(&一廓)の方のディースハウンド〜
『蜃気楼』という言葉がある。俗に言う『目の錯覚』に近い物と思えばいい。この熱波で平気で動けるのはさっき戦った炎の男かこのディースハウンドの2体ぐらいだろう。
たださっき戦った男は突撃&遠距離タイプ、ディースハウンドの場合はそれ+熱を放つ。しかもそれが太陽張りの熱波である。そう彼は『蜃気楼』を利用して攻撃を回避した。ただなんとなくだがこの手も何かしらの方法で回避するだろうと考える。

『(さてどうするか)』

そう思いながら今度は『蜃気楼』を利用して分身を作る。但しあくまで『蜃気楼』なので目に映るのに多少也とタイムラグがあるが逆にそれが翻弄しやすくなる。
そして今回は攻撃ではなく『生きるための回避』に専念する。
ちなみにこの沙耶の所にいるディースハウンドが本物です。だからどれよりも『生』に執着しております。

>>沙耶&一廓

【了解しました】

>>友禅様

〜『特殊戦闘ルーム』加賀創兵〜
これで4人目が終了した。
ボロボロなので仕方なく自分のスレイヤーで一廓に使った『着衣弾』と『回復弾』を撃った。勿論着弾はせずに手前で止まり服を新調させるのとあくまで『傷』を回復させる。あくまで傷だけで体力の回復は寝ていたら出来るだろうと思った。

「戻ってきた早々寝るなよ」

そう言いながらも次の『本物』について考える。

>>空

24日前 No.325

友禅 @yuuzenn☆fXqsD0VZIxk ★mbC91aBHcA_nBN

【 沙耶のパーフェクトクリエイトフィールド / 錦小路一廓 】

 蜃気楼に気配は無い。
 蜃気楼に意志は無い。
 蜃気楼に呼吸は無い。
 蜃気楼に頭脳は無い。
 蜃気楼に体臭は無い。
 蜃気楼に音色は無い。

 所詮はただ“在る”ように見えるだけのちゃちな幻。
 ならば武の玄人足り得、端から隻眼と視覚頼りの戦いはしていない錦小路一廓にそれが通用するか否か。
 ――誰にでも分かる。しないに決まっている。

 そもそも蜃気楼によって生み出される目の錯覚なぞ素人にだって偽物の本物の判断を付けられる。それをデビルズが理解していないとは思えないのに、何故今さらそのような手を用いたのか。それだけ追い詰められているということか。
 あるいは、これはそこに居るように見せかけるだけの幻でなく実在する物に触れられるタイプの幻という線も有り得よう。そうなってくるともはや蜃気楼ではなく分身の術の類だが。一応はそちらのパターンも警戒して蜃気楼の偽物にも意識は割いておく。
 ――点穴への連撃は、咄嗟に蜃気楼がどういった系統のものかを判別付けるための観察を重視した為に避けられてしまったけれど。次は外さない。

 小皿に盛られた紅を指先で刷いたような真紅の唇。普段より色味が増して見えるのは、それだけ彼女の体温が上がっているから。頬も朱を帯び瞳は潤む。オーラによる防御があってなお感じるロウリュ並の暑さの中で動き続けたならば、発熱しているような身体状況に追いやられるのも已む無しだ。
 それでも一廓は立ち止まらない。倒れない。挫けない。熱された蒸気のような代物であっても息は吸って吐けるのだ、現在のシチュエーションだってやはり絶対零度よりはマシである。熱に脆弱な瞳だって圧縮したオーラをコンタクトみたいに嵌める感覚で守れば使用可能。大丈夫。さあさ人助けを続けろ罪人。いつか死に果てるその時に、少しでも己を好きになれるように。
 眼前に斃すべき強大な敵対者。背後に守るべき可憐な聖乙女。これ程のシチュエーションは中々にあるまい。物語の騎士を気取るに御誂え向きのステージじゃあないか。

「――――」

 喋れば無駄に水分を奪われるから、踏み切りだってあくまで無言。
 空中三角跳びの傍ら、一廓は巧みなる気のコントロール――この場合の気はブレイカーズ特有のファンタジーな気ではなく武術界隈の気だ――で蜃気楼よりも巧みな分身を生み出した。
 実際に一廓が何体にも増えた訳ではない。でもそう錯覚させる。メカニズムはこうだ。
 まず残像が何十体も発生するほどの圧倒的なスピードで部屋中を跳び回り、次にその残像の一つ一つに実体のような存在感を与えられるよう、あえて“気を残す”のである。

 頭を狙って攻撃しようという意思を持って見る残像。
 脚部を目掛けて刃を振るうという意思を持って見える残像。
 心臓を穿って抉り出してみせんという意思を持って見える残像。
 背後に回り込んで頸椎を一突きしてやろうという意思を持って見える残像。

 ありとあらゆる残像に、その時その時に特定の強烈な意志、即ち気を注いでおくことであたかも自我のある本体のように見せかける。
 これを複数体分、しかも一瞬で行うというのだから技量の程が恐ろしいほど良く分かる。
 さらには気当たり、殺意や闘気を遠距離に飛ばすことで威嚇やフェイントに使うという達人の気の運用さえも駆使し、本当は残像でしかない分身モドキらにブレイカーズへの敵意が備わっているかのようにも見せかけた。

 これでほんの刹那でもデビルズに意識に空白を生ませることが出来れば。
 口には出さず脳内でそんなことを考えつつ、音を超える速度で振るわれることで金属音も風を斬る音もさせない、あまりにも静かな一突きをデビルズの頭上後方から脳天目掛けて振り下ろす。
 本物の一廓は天井を足場に跳躍し、まるで自ら進んで落下するような体勢からデビルズの急所を狙っていた。

 そんな主を気取られないよう、攪乱目的の残像らに混じって『弁柄』も横合いからデビルズの肉体に急接近。リッパーとほぼ同等の性能を誇るハサミを一閃させて攻撃に参加している。一人と一匹と、ついでに一人が技量のみで大量に作り上げた何十人分ものまやかし。それらのコンビネーションによる常軌を逸した襲撃。
 届くか。届かざるか。

>涼宮沙耶様&デビルズ様&ALL様

【他の戦いが終わってまた1日〜2日のペースで待っていたらだいぶ取り残されそうなので、今回はちょっと速めに返しますね。すみません沙耶さん……】

24日前 No.326

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_pzR

〜『パーフェクトクリエイトフィールド』沙耶(&一廓)の方のディースハウンド〜
戦闘能力で言うならもう誰がなんと言おうとこの鋏を持った女が一番だろうと思った。ただ彼とて戦闘してきた、死線を超えてきた。
だが彼は2つほど『ミス』をした。1つ目は『地形』だ。あまりにも凸凹にし過ぎたせいか逃げ場が潰れたのだ。
2つ目に『彼女の気迫に負けたところがある』のだ。知恵に力にとそれでもすごいのに気迫まで凄いので逃げられそうにないのだ。
だから死ぬなら自分の刃をくれてやると言わんばかりに自ら4枚の刃を斬り捨て、貫かれた。
刃は宙を舞い地面に突き刺さる。そして結界も消えるのだった。

〜『特殊戦闘ルーム』加賀創兵〜
「お疲れ様、まあとりあえずは休め」

そう言いながら創兵は出てきた2人に話す。そしてそのまま自ら斬り捨てた刃を回収しながら話す。

「先代ブレイカーとしてと教師として一言ずつ言っておく。先代ブレイカーとしては『甘い』の一言だ。仲間を助けるのはいいことだがそこじゃない。『倒すまでの時間が遅い』んだよ。他の先代ブレイカーは大体『1分』で肩を付けている。教師としては『勝って兜の緒を締めよ』だ。特に燗百な。まあついでに次の実技の時に戦うデビルズのヒントを1つ教えておく」

そう言いながら創兵は回収した刃を片付けながら話す。そして片付け終えたのでヒントを教える。

「『気を持たない相手』ってことだ。まあなんとなくだが理解は出来るだろう。まあ何か聞きたいなら言ってくれよ」

そう言いながら創兵は書類の作成に戻る。

>>特殊戦闘ルームALL

【ということで『VSディースハウンド戦』完全終了しました。ついでに次の実技の奴も言ってますが実際本当に予定しておりますのでお待ちください。まあその前に少しだけ座学挟みますが】

>>ALL

24日前 No.327

白風 @lunatic10 ★iPhone=fSg2xgXoe2

〜特殊戦闘ルーム 燗百〜
「いいじゃないゆっくり戦いを楽しんだってさ。」
全てのデビルズが消滅し、伴って全ての結界も無くなった。全員勝つ事が出来た様だ。
燗百は戦いは勿論『勝ち』を前提として戦うが、その戦いに愉悦を味わいたい気持ちも高い。
少しくらいゆっくり楽しむのも一興では無いか。例えその戦いが死線であろうと信念を曲げる事は有り得ない。これが、彼のポリシーなのだ。
「ていうか『気』が無いとか生きてんのそれ。機械かなんかか?後やろうと思えば1分で終わらせる事も出来たかもよ?やろうと思って無いだけで。」
とまあ、また強気な発言を繰り出す。
言葉の意味としては他生徒や教師に舐められたく無いという趣旨。でも一番速く勝ったから舐められる確率は低いか。

>>ALL

24日前 No.328

友禅 @yuuzenn☆fXqsD0VZIxk ★mbC91aBHcA_nBN

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

24日前 No.329

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_pzR

〜『特殊戦闘ルーム』加賀創兵〜
「まあそこまでこだわりはしないが、お前自身ギリギリの状態になったらそれすらも言ってられないけどな」

そう言いながら創兵はパソコンの画面を見ながら返事する。

「まあ半分生きてるようなものなのか?あれは。俺もそこら辺はっきりしないからな、研究途中だし。もろ正解だ、機械だが正直さっき戦った奴よりは圧倒的に強いぞ。そこら辺は断言できる。ふ〜ん、で?どうせ舐められたくないからだろ?そこは何も言わなかったらバレずに済んだのによ、バレバレだからな」

そう言いながら創兵はカタカタキーボードを叩きながら話す。

>>ALL

24日前 No.330

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_pzR

〜『特殊戦闘ルーム』加賀創兵〜
「どういたしまして、ついでだ。ほらよ」

そう言いながら創兵はまた同じ着衣弾を一廓に撃つ。また同じように手前で停止してまた同じように新品が着替えられる。

「2つほど追加で言っておく。1つ目は分からない奴がいるだろうから言うがこの気は『命』を差す。まあ燗百は分かったがな。2つ目にお前らはそのまま今日の授業は終了だ。まあこんな状態で授業しても入らないだろうしそもそも『特別クラス』なんだそこら辺の格差は存在する。但し他のクラスはまだ授業中だそこら辺は気を付けろよ」

そう言いながら創兵はまたキーボードをカチカチ音を立てながらプリントを作成する

>>ALL

24日前 No.331

友禅 @yuuzenn☆fXqsD0VZIxk ★mbC91aBHcA_nBN

【 特殊戦闘ルーム / 錦小路一廓 】

 なるほど。機械ということは、次のデビルズ戦は本物のデビルズではなくデビルズを科学の力で再現した戦闘マシンとの戦い、と予想して良さそうだ。大穴で『デビルズを機械に改造できるようなスレイヤーズ持ちブレイカーズが作り出した機械のデビルズ』なんてぶっ飛んだ存在が御登場するパターンも頭の隅っこには用意しておく。スレイヤーズ抜きでデビルズにメスを入れて傀儡にできる技術が完成しているのであれば人類はもっと戦いに対して有利に立てている筈なので、そのパターンだけは無いだろう。そんな技術が確立したとはニュースでも発表されていないしネットでも噂さえ出回っていない。

「何度も何度も申し訳ござりんせん」

 また教師が気を効かせて服を新しいものに変えてくれたので、ぺこりと頭を下げてお礼の代わりに謝っておく。やっぱり衣服は衛生的であるべきだ。汗びっしょりの濡れそぼった着物が乾いた新品になるだけで精神的にもリフレッシュできる。加えてこれで今日の授業は終了とまで言われれば、常在戦場の意識が強い一廓でもお腹が減ったなーなどの生理的な欲求が浮かんできた。
 この際だ、クラスメイトを誘ってお昼ごはんを食堂にご馳走になりに行くのも良い手ではないだろうか。なにせお互いの名前さえ充分に把握し合っていない現状。機会があれば積極的に交流せねばいつまでたっても「なんか眼帯の女」「なんか炎を操る男」「なんか氷を使う女」「なんか刀持ってる女」「なんか盾出す女」などのとてつもなく曖昧な呼称しか永遠に使えない。それはあまりにも寂しすぎる。いきなりあだ名呼びは無理でも苗字くらいは頭に叩き込んでおくべきだ。

「そういえば、未だ自己紹介をしておりんせんなぁ。わっちは錦小路一廓。こちらは『弁柄』。こうして共に学ぶ間柄と相成った以上、わっちは皆さん方と親睦を深めたいと思うてござりんす。なので食堂での昼食を一緒に、と誘いをかけても善御座か?」

 まず礼儀として己とキルメラの名を明かした後、本題であるランチの誘いを周りのクラスメイトらに振る。十中八九あの蒼炎使いの少年は乗って来ないだろが、だからといって最初から少年だけ誘わないのはマナー違反なので彼にも視線は送った。氷使いの少女も乗ってくれるかは少し怪しいかもしれない。セーラー服の少女と沙耶は乗ってくれると信じたい。
 ……誰も乗ってくれなかったら? 一人で寂しく、孤独を筆で塗りたくったような顔をしてもそもそとパンでも齧ろう。大丈夫。『弁柄』を傍らに置いておけばギリギリぼっち飯ではないから。通りがかりの一般生徒に「あのデッケェ蟹も昼に喰うのかな?」とか思われるかもしれないが。

>ALL様

24日前 No.332

リナ @rina777 ★ClRpeYVRnB_g5X

【特殊戦闘ルーム/ 氷樹怜悧 】

「命を持たない相手…ね」

次の実践の相手を知らされ、しかも先ほどのデビルズよりも数段強いと言われて少し驚きながら
実際怜悧の身体は傷だらけになっている。この学校は保健室はあるんだろうかと考えながら

「さて、それじゃあ自分の部屋に帰っていいってこと?」

>>創兵

24日前 No.333

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_pzR

〜『特殊戦闘ルーム』加賀創兵〜
「言っておくが気がないと言っても別にそれが『本物じゃない』とは言ってないからな。ついでだ。教えておいてやる。デビルズには大きく分けて4種いるが2種類目に当たる『無機物種』も存在するぞ。さっき戦ったのが『有機物種』だがな、階級は別だが。一々礼は必要ないぞ。当たり前のことだからな」

そう言いながら創兵はまたカチカチ音を立ててプリントを作成する。

「別に戻っても構わないぞ。明日は普通に座学だからな」

そう言いながら創兵は粗方終わったので伸びをする

>>ALL

24日前 No.334

漆黒の魔剣士 @andouken ★Android=A5tgjwj8il

【特殊戦闘ルーム:弥勒空】

戦闘を終えて気持ちよく眠っていた空だが、やはり体特に右側がズキズキと痛むが急にその痛みが楽になり目を覚ます。

「ふぁ〜おろ?体が全然痛くないのだ。それに服もピカピカなのだ」

体の傷から服の破損まで綺麗に治り睡眠をとった事で疲労も無くなり飛び上がると宙でクルクルと回転し立ち上がった。
そうして改めて周りを見ると生徒が揃っていることに納得をする
そうしたなかデビルズとはそんな話になっているが、空はあまり興味を持たなかった。
デビルズが何かなど関係ない敵は倒すそれだけだから
そうした話で戦いを楽しむと言うのは特に理解しがたかった。

「楽しむ?デビルズなんやし殺せる時にさっさと殺した方がいいのだ。敵は殺れる時に殺るそれが、一番確実で簡単なのだ」

あまり過程に重きを置かず結果を重視する空らしい発言をしていると、さっきのお姉さんが自己紹介をすると供に周りにも求める。

「一廓さんやな。僕は空なのだで、こっちが白虎やで」

相手と同じ様に自身と相棒の名を告げると錦小路一廓の方にトコトコ近づくと、その周りをこれとあった意味もなく周り始めた。

「ご飯は良いけど……それっておごりなの?」

周りを回っていた空は正面で止まると身長差もあって見上げながら聞いてみた。

>>錦小路一廓、燗百、特殊戦闘ルームALL

24日前 No.335

白風 @otahayato ★3DS=XnFD4dgQOR

〜特殊戦闘ルーム 燗百〜
眼帯ハサミにメシのお誘いを受けた。
答えは当然否。

と言いたい所だがこの昼食で何か良い情報が手に入るかも知れないしおごりかも知れないし、行く価値は無い訳でも無い。
燗百とて上手い食べ物は好きだ。と言うか食べる事じたい好き。
そんな人間的な一面も持っているのだが、問題は何処で食うかだ。
まあ、その話はともかく、自己紹介の雰囲気になっているので一応それくらいは人間としてやっておこう。
此処で完全スルーで部屋に戻ったら常識性が極度に欠如していて、超甚だしい奴だと思われる。それは…ちょっぴり心に来る。

「ええっと?自己紹介。一応俺もしとくね。名前は俟蒼燗百。スレイヤーズは解る通り炎。好きな事は『戦い』だ。あと上手い飯を食うのも好きだね。という事で俺もその飯の話、俺も承諾するね。よろしく。」

馴れ馴れしく自己紹介をしていく。
普通常識感がある人は自己紹介なんて敬語が当然。でも此処は特別クラス。そういう常識は斜め上を進む。だからそれくらい問題無いか。
しかし燗百も燗百だ。常識が無くて甚だしい奴って思われたくないなら自己紹介ぐらい敬語を使えばいいのに。

>>一廓 ALL

24日前 No.336

友禅 @yuuzenn☆fXqsD0VZIxk ★mbC91aBHcA_nBN

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

24日前 No.337

漆黒の魔剣士 @andouken ★BxGXTrkAtu_UHY

【特殊戦闘ルーム:弥勒 空】


戦闘後に一同に自己紹介を促す一廓に答えた空そして続いて俟蒼燗百だったが、他の反応は寂しい物だったが
人それぞれと思う空だったが一廓からの嬉しい言葉に目を輝かせると喜びのあまり飛び上がった。

「やった〜うんうんよろしゅう〜な一廓。別に空でもいいのだ僕も一廓って呼ぶし」

 これから背中を預けて一緒に戦う事もあるだろうし呼び捨てで構わないと言うも、一廓にも一廓の流儀があるだろうし
無理強いをする気は無いのだが一廓の視線が気になりそちらを見ると氷と盾の二人
 一廓はみんなに参加して欲しいのだろうと察するクラスを上手く纏めてくれそうなだなと勝手に思っている
しかし空の思考は、ご飯の方にすでに向かっていて味噌、塩、豚骨とブツブツと言っている同時にグゥ〜お腹が盛大な音を出す

「まぁまぁ一廓〜無理強いは駄目なのだ。先に始めていたら来てくれるかもしれないのだ」

 無理強いは駄目と言いつつも、早く食べたいと言う本音が駄々洩れになっていて
ウルウルとした視線を一廓に向けていた


>>特殊戦闘ルームall

23日前 No.338

白風 @otahayato ★3DS=XnFD4dgQOR

〜特殊戦闘ルーム 燗百〜

確かに空とやらの言う通りだ。
来たく無い奴は来なくていいだろ。
と考える。

そして期待通り『奢り』だ。

『奢り』という言葉は全人類共通の好きな言葉だろう。この世界に生きていて欲ある者は『奢り』は大好きな筈。
幾ら戦闘狂の部類に属する彼だって『奢り』は聞いていて心地いい。

そしてそれに伴って高まる『食欲』。
食欲こそも全人類共通の必須項目。
食欲を捨てたら生物を辞める事と同義であろう。
当然、奢りと言及された以上は腹が玉砕できる位まで、自らの限界まで食い散らかしてやろうと考える。これも人間的な感情として当然か。

「来るなら来るで速くしてくれない?此方も速く食いたいんだよ。」

燗百もここずっと暴れていた為腹が減った。相当。よく考えてみれば1Rはぶっ倒れるまで戦って、2Rの後半は壁を蹴り続け、3Rこそ大きなダメージは受けなかったが、一番速く勝ったのだし他の奴等より体力は食っているだろう。

だからさっさと昼を済ませてしまいたい。

>>ALL

23日前 No.339

友禅 @yuuzenn☆fXqsD0VZIxk ★mbC91aBHcA_wgD

【 特殊戦闘ルーム→廊下 / 錦小路一廓 】

 動きの一つ一つが幼げで大袈裟な空は見ていてとても癒される。お願いごとだって何でも聞いてやりたくなるけれど、性別が女である以上、呼び方が「××の姐さん」で固定されるのは許して欲しい。強く根付いた癖なのだ。お婆ちゃんっ子すぎて祖母からの口調の遺伝っぷりは条件反射レベルに達している。きっと無理に呼び方を変えても「空の姐さ……空」みたいな遠回りで文字数の増える呼び方になるだけだろうから。
 さて。お腹を鳴らした涙目の可愛い子ちゃんからせがまれているし、燗百も空腹なご様子だし、いつまでも氷使いの少女と沙耶の返事を待っていてはこちらの二人も痺れを切らして一緒に来てくれなくなってしまうかもしれない。ここは断腸の思いで氷使いの少女と沙耶とのランチを諦め、まずは空と燗百とコミュニケーションをとることにしよう。それに空の言う通り、先に行っておけば後から来てくれる可能性もあるのだし。

「すぐに答えを求めるのも野暮な真似でありんしょう、わっちらは先に食堂に参りんす故、気が向いたらおいでになって下しゃんせ」

 そう氷使いの少女と沙耶に言い残し、軽く一礼すると、熱々の眼差しを一瞬で平時の温度に戻してさらりと外す。この切り替えの速さは戦場でもよく役に立った。

「お待たせ致しいした。それでは参りんしょう」

 真っ先に話に乗ってくれた空と燗百に声を掛け、食堂に向かうべくまずは特殊戦闘ルームから廊下に出る。周りはまだ授業中なのか、通路に人影は無い。正確な時刻はいつ頃なのだろう。でもこんなにお腹が減っているならきっとお昼だ。
 『弁柄』は特殊戦闘ルームに残して来てしまったが、呼び寄せた時と同じように教師が外に戻しておいてくれる筈なので一安心。万が一、今度は教師が何もしてくれていなくても『弁柄』ならまあ仕方ないよねとばかりに壁を切り裂いて一匹で勝手に寮の傍に移動するくらいは出来る。そういう性格をしていてそういう性能がある奴だ。喋れないけどたぶん喋ったら適度に曲者に違いない。

「空の姐さんに燗百の旦那様は、何かお好きな食べ物などおありかえ? わっちは何でもイける口でありんすが、最近は和風パスタにハマっておりんして」

 食堂まで移動する間に無言なのは頂けない。
 だから話の取っ掛りとして、まずは誰でも話しやすい食べ物の話題について触れてみる。ちなみに和風パスタにハマっているのは本当のことだ。フェットチーネにバターに醤油にほうれん草にベーコンに舞茸に――と好きなものを色々とぶち込んだ結果、口の中でアメリカと日本とイタリアの和洋折衷な美味しさが爆発して一気に好物として火が付いたのは記憶に新しい。
 他にも生ハムおにぎりや白玉パフェなんかも好物の中の好物なので、たぶん己は和風と他の要素が混じり合った食べ物を特に好む傾向にあるのだろう。最近流行のタピオカだってミルクティーより抹茶やほうじ茶にINされている商品のほうが美味しく感じた。

>氷樹怜悧様&涼宮沙耶様&弥勒空様&俟蒼燗百様&ALL様

23日前 No.340

漆黒の魔剣士 @andouken ★BxGXTrkAtu_UHY

【 特殊戦闘ルーム→廊下:弥勒空】

 一廓に呼び捨てでいいと言うも、どうも様子が芳しくはない事からきっと無理だなと
もちろん無理時するつもりは最初から無かったが一刀両断に断ろうとしない一廓の様子を見て一瞬プーと頬を膨らませ

「駄目だと言うのなら僕も、一廓の事を格さんと呼ぶのだ!!」

 とどこぞのご老体の従者の様に呼ぶことにすると言うもすぐにペロリと小さく舌を出し冗談だと分かりそうな表情を見せ
おどけているいると炎使いの俟蒼燗百も空と同じ様に早く食べたいと言い二人に急かされる形になり
 氷使いと娘と沙耶と一廓が呼んだ子を後に廊下に向かう一角に着いて特殊戦闘ルームを出ると
食べ物の話になり和風パスタなる物の事を聞き興味津々の様子で鼻を膨らませ興奮気味に聞き自分はと

「僕はラーメンが大好きなのだ。でも嫌いな物はこれと言ってないから何でも食べるでピーマンとグリンピース入って無ければやけど」

 自分が好きなのが、ラーメンだと話すも何でも食べると言うながらも、条件的に駄目なものがある事をポロッと口を滑らせてしまい
アワワワと慌てた顔を見せてしまう空だった



>>俟蒼燗百様、錦小路一廓様(氷樹怜悧様、涼宮沙耶様)

22日前 No.341

白風 @otahayato ★3DS=XnFD4dgQOR

〜廊下 燗百〜
早々に食堂に向かうべく、巨大な戦闘場、特殊戦闘ルームを一行は後にする。
廊下で歩く中、燗百は一廓と戦ってみたい、なんて事を思考していた。
一応序盤2つの実技は総合で10点負けているのだし、彼の性格上強さ云々の事が頭に上がる。

いつも通りの考察をしている内、無言のまま食堂へ向かうのは如何な物かと思ったのか一廓が食についての話題を振ってきた。
もう一人のちっちゃい女子、空はラーメンだそう。
ラーメンは味噌が好きだ。いつもラーメンを食べる時はにんにくやら唐辛子やらを多量ぶち混んで味を補強している。
「俺の好きな食い物はミートソースのスパゲティだね。ラーメンも良いけどさ。味覚的な面だと濃い味が好き。嫌いな食べ物は納豆だ。納豆が付近に存在するだけで吐く。匂い、見た目、存在全てが嫌い。」
彼の好きな食べ物はスパゲティだ、ミートソースが一番好きだがカルボナーラとかペペロンチーノも好きだ。

そして納豆が彼は大嫌い。納豆の悪口なら四六時中垂れる事も出来る。そのぐらい嫌い。因縁深い食べ物だ。

食堂にはまだ何があるか把握出来ないからミートソーススパゲティがあることと、納豆が無いことを心から期待する。

>>ALL

22日前 No.342

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_pzR

〜『特殊戦闘ルーム→厨房』加賀創兵〜
時は生徒がまだ特殊戦闘ルームにいて話していた時まで遡る。
創兵はプリントのデータをセーブしてからパソコンの電源を落としてから閉じて足音も気配も気も漏れないようにしながら特殊戦闘ルームを誰よりも早く出る。ついでに『全員部屋から出たら消灯されオートロックする』という機能に変更してから教室にダッシュで移動する。
そして一度教室にパソコンを置いてから窓から飛び降りる。
ちなみにこの時点で話していた3人が特殊戦闘ルームから出てきた辺りになる。ついでに一廓のキルメラを外に出しておいた。勿論創兵のキルメラの『グレイ』が。他のメンバーのキルメラは本人が連れていくだろうから放置。そして翠玉を『グレイ』が廊下に出しておいた。そのことには3人は知らない。
同時進行で創兵は着地→見事なまでの受け身と同時にダッシュ→寮の鍵を開けるを終わらせる。そしてそのまますぐに食堂と繋がっている厨房に移動する。

「よろしくお願いします!」
『は〜い』

そう言いながら厨房で準備していたのだろうおばちゃんやお姉さん達が一斉に下拵えに入る。創兵も料理用の三角巾、エプロンを付けて『一般生徒用』の料理の準備をする。しかも一番奥で。
まあ見たら嫌うだろうという理由ではなく単純に『一般生徒』の人数の方が多い為人手不足になって創兵も寮の管理人である為手伝っている。まあ見つかるかどうかは奥過ぎて分からないレベルである。
正直あのメンツの相手は自分よりおばちゃんやお姉さんの方がいいので奥で自分のできることをする。
もちろんだがこのことは生徒どころか副担任も知らないのである。そして現在の創兵はとんでもないほどにバテバテである。
そして疲れているが『一般生徒用』の準備を続ける。

>>食堂ALL

【ということでまあ辻褄と会話に参加していなかった理由、そして寮の管理人としての仕事を全て終わらせて食堂の仕事の手伝いをさせる事にしました。そして食堂ではまあ気づく気付かないは皆さんに任せます。そして食堂ではNPCであるおばちゃんやお姉さんが相手をします。勿論スレ主が操作します。まあ暫くは創兵は返事しないと覚えておいてもらえれば大丈夫です】

>>ALL

22日前 No.343

友禅 @yuuzenn☆fXqsD0VZIxk ★mbC91aBHcA_wgD

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

22日前 No.344

漆黒の魔剣士 @andouken ★BxGXTrkAtu_UHY

【 廊下→食堂 :弥勒空】

 どう言うわけか試験が個人戦だった事もありあまり交流が静と動しでなっかった中で
一廓と燗百とだけだが、距離を縮める事が出来たと心をほころばせる。
 一廓の話に答えると燗百も話も聞けるも偶然か合わせくれたか多少の違いはあれど麺好きばかりと言う
 そう大した事でわ無いと言ってしまえばそれまでだが、ちょっとした共通点がある事を今は嬉しくも思える
廓の字に絡めた冗談も軽やかに受け止めてくれて楽しくなるも一同は食堂に到着する。
 もう少し話していたかったが、食堂は目的地であってここでお別れと言うわけでは無いし食べならでも
いろいろ聞いてみたい何故ここに来たのかとか

「うわぁ〜凄い熱気なのだ。活気があって………それに凄いいい匂いなんやけど」

 食堂内を見渡しその活気に驚きつつも、美味しそうな匂いにはしゃいでいると。気配り上手な一廓が席を確保し
二人の席を引いてくれているので、そこに腰を下ろすも匂いを楽しんでいた時に感じた違和感について口を開く

「なぁなぁ二人はなんか変な感じせえかった?一瞬やけど奥の方からドス黒い嫌な気配を感じたような気がしたのだ」

 別に空自身にも確証があるわけでもないし否定しくれるならそれでいいのだが、まるで一条の光も届かない深い闇の様な気配
他の生徒も食堂のお姉さんも気にとめていない様だが気のせいだろうか………



>>錦小路一廓様、俟蒼燗百様&ALL様

21日前 No.345

白風 @lunatic10 ★iPhone=fSg2xgXoe2

【 食堂/ 燗百 】
食の話で、中でも麺類の事で少し盛り上がる中、香ばしい匂い、そして香ばしい音のする場所に到着する。こんな場どんな奴でも否が応でも食欲を唆られる。

そして食堂に入り、匂いで食べ物の詮索をしている途中、空が何か言っている。

彼曰く、何かドス黒い気配を察知したとの事。
今は戦闘モードじゃ無くても食事モードだからそんな事言われても解せない。
燗百の気の察知は普段いつでも展開しているわけではない、戦闘の時にしか使うことは無い。
だから今殺し屋かなんかが燗百を狙っていても気づく事は無いだろう。
今は油断している。何せメシ屋で敵と対峙した事が無いからだ。普通は無い筈。
しかし今この食堂にはその気がある様だ。
そうと分かるなら油断は禁物、気のサーチを張り巡らせる。
しかし見つけた気は、空から聞く程黒く悪の気という程では無く、何処か知っている様な気だ。

>>ALL

21日前 No.346

友禅 @yuuzenn☆fXqsD0VZIxk ★mbC91aBHcA_wgD

【 食堂 / 錦小路一廓 】

 椅子に二人が座ったのを見届けた後、己も着席してぱらぱらとメニュー表を捲る。
 まずは飲み物から決めよう。戦闘中の著しい寒暖差の影響で翌日風邪を引かないよう、ホットしょうが紅茶あたりの身体に良さげなものを選んでセルフメンテナンスしておいたほうが自分の為になりそうだ。紅茶には利尿作用があるので、水分不足にならぬよう二杯目からはノンカフェインのものを選ぶとして。一杯目くらいなら好きなもの飲もう。砂糖はデザートで取るので無しで。
 次に食事のほうだ。幸いにも和風味噌のクリームパスタというドンピシャの好物を発見した。添付されている写真はブラックペッパーと粉チーズがよく効いていて如何にも美味そう。これにしよう。これだけだと野菜が足りないので追加でトマトとアボカドのシーザーサラダにも目を付けておく。
 最後にデザート。最近はコンビニスイーツなどでも大人気のバスクチーズケーキか、栗の乗っかったクリーム白玉ぜんざいか、はたまたさつま芋を生地に練り込んだタルトレットか。色々と目移りしてしまったが、結果的には『生キャラメルだんご』なるあまり聞いたことのないお団子を注文することにした。たぶんみたらしの代わりに生キャラメルのソースがかかっているか、だんごの中身に生キャラメルがぎっしり詰まっているに違いない。どちらにしても食欲は刺激される。

 一廓が自分の注文する内容を着席から五秒で決める傍ら、空は厨房の奥からドス黒い気配を感じたといって落ち着かない様子で視線を動かしていた。
 確かに無数の『食堂のおばちゃん』に混じって凄まじく強そうな誰かの気配はするな、と思っていたが、別にドス黒いとまでは思わなかったのでひょっとして別の気配がまだあるのかと探り直してみる。……やはり強そうな気配は自分達を除けば一人分だけだ。空が言っているのはコレのことだろうか。

「……まあ、ブレイカーズを集めて育てているような変わり種の学園でありんす故。厨房の奥で熊かイノシシでも飼っているのでは?」

 いやこれ“凄まじく強そうな誰かさん”というかさっきまで一緒にいた教師の気配じゃね……?
 と、頭の中で至りかけてしまった事実を隠蔽するかのようにしれっとそんな戯言を吐き、何食わぬ顔で食堂のおばちゃんに向かい手を挙げる。ひとまず自分の分のメニューは注文し終えた。
 奥に引っ込んでいるということは、たぶんあの教師としても忙しいか何かでなるべく生徒に話しかけられたくはないと見える。ならばこちらも存在に気付かないフリをするのが正解の筈だ。それに厨房にあの男性教師がいると知れば燗百が嬉々として煽りに行ってしまうかもしれない。そうなった時に男性教師がこめかみをヒクつかせる程度で済ましてくれれば御の字だが、もし軽い争いに発展すれば仲裁に時間を割かれてごはんを食べるのが遅くなってしまう。それを避けたい。

 頑張れ、頑張れ錦小路一廓。
 辿り着いた真実から目を逸らして何食わぬ顔で昼飯にありつけ!

>弥勒空様&俟蒼燗百様&ALL様

21日前 No.347

漆黒の魔剣士 @andouken ★BxGXTrkAtu_UHY

【食堂:弥勒空】

 食堂のオバさん達とは違う異質な気配を感じたような気がして二人に話をふるも
燗百は戦闘時ほど鋭くないと言うかオンオフがハッキリしているらしい空の言葉で改めて探りを入れる
 しかし変わった様子を見せない何もなかったのだろうか?そう思った時
一廓も同じように空の言ったような気配がないか探りを入れくれその上で、その様な物は無いと言った上で冗談交じり
なのだろうか勘違いの元になったであろう物を話すとは言え熊か猪と言われ軽く吹き出すもおかげで不安も和らぎ

「猪って………それホンマにおるんやろか?」

 一廓の言葉に笑みを見せ空は改めてメニューに目を通すと、もはや先程の気配の事は頭から消えていた。
 元々が一度に多くの事をと言うか二つの事を考えられない単細………一点集中型な思考の空は小型なボディーにそぐわない
量を注文し始めるちょうど一廓が呼んでいたおばちゃんがいたので助かった。

「うんとね僕はこの味噌ラーメン大盛を三杯にジャンボ餃子10人前あとあと豚骨も同じで三杯なのだ。なにこれ漫画みたいなの?これ一つもらってもいい」

 自身の好きなラーメンのページから選んで注文をしていた空だったがパラパラと何気なく見た所にあった漫画に出も出てそうな太い骨に肉が付いた
謎のメニューを追加すると後はお米お米と炒飯を大盛で頼み終えるとデザートデザートとはしゃぎながらも見ているページはなぜかガッツリ肉料理であった
 これは奢りとか関係なく通常の空の食事なのだが、なぜか縦にも奥行にも大きくならないのだからある種の不思議でもある


>>錦小路一廓様、俟蒼燗百様&ALL様

21日前 No.348

白風 @otahayato ★3DS=XnFD4dgQOR

【 食堂 / 燗百 】
妙な気の解析は完全に済んだ。
正体は創兵だ。まちがいない。
確定したところで別に何かするわけでは無いが、一廓がそれをイノシシや熊等の獣の類いだと勘違いしているようだ。だからその間違いを正してやろうと、デリカシーも糞も無い燗百は。一廓達に気の正体を教えようとする。

「こんな解りやすい気が獣だと本当に思っているのか?その正体はさっきまで特殊戦闘ルームにいた創兵だぞ!」

と最後の方だけ少し大きな声で教える。
この声が創兵本人の耳に入るかは別として燗百もメニューを手に取る。

結構備えの良い食堂だ。

15の子供が喜びそうな食べ物は大体置いてある。ファミレスみたいに自分の好きな食べ物はほぼあった。
そしてこの中で燗百が選ぶのは勿論、
好物のミートソーススパゲティだ。
大盛りにしつつフライドポテトと飲み物としてコーラを頼んだ。
飲み物は実を言えば日本酒が良いのだが当然この食堂のメニューには無い。
万が一貯蔵されていても三流以下の駄目酒しか無いだろう。だから部屋に戻るまでアルコールは我慢する事にした。
空の奴は小柄なのにその体の上を行くような位を頼んでいた。まあ奢りだし食えるだけ食うのは当然だがいくらなんでも食べ過ぎだ。俺がやったら肥満を通り越して死んでしまう。
空の食費だけで恐ろしく金が飛んでいきそうなので、自分は対して掛からない位にしてあげた。まあ、これから同じ授業を受ける中、お金的な借りをつけられたくないというのもあり、平凡な15が食べそうな位の量にする。

>>ALL

20日前 No.349

友禅 @yuuzenn☆fXqsD0VZIxk ★mbC91aBHcA_wgD

【 食堂 / 錦小路一廓 】

 先生も生徒に気取られずゆっくり(?)したいよね……気付いてない振りしておこう……。
 という一心から吹いた適当なホラは、極々普通に気の正体を感じ取った燗百によってあっさりと無駄になってしまった。うん。その通りだ。厨房の奥にいるのはあの教師だ。白々しい演技の甲斐なく気付かれてしまったけれど、予想に反して燗百はあの教師が傍にいると知っても突っかかりには行かない様子なので良しとする。後はお腹が満ちた後の燗百がよぉよぉ先公みたいなノリで厨房に乗り込まないのを祈るばかりだ。

「失敬。ちょいと冗談を口にしとうなりんして。燗百の旦那様の言う通り、厨房に教師の旦那様はいらしても熊と猪の姿はござりんせん」

 空と燗百の発言に微かな笑顔を含みそう返す。
 ここまで噂されては、あの教師も今頃くしゃみの一つは発している頃合かもしれない。

 大食い選手権の出場選手並のボリュームを平らげる気で注文する空と、多いけれど育ち盛りの男子である以上は常識的な量を注文する燗百。
 奢る身としては遠慮されるよりも好きなだけ食べてニコニコしてくれたほうが一廓も嬉しいので、そのどちらをも嬉しそうな目で眺めて机の上に頬杖をつく。
 財布の中身? 大丈夫。自分の金を自分の自由に使用したって誰にも怒られないし、誰にも迷惑をかけないし、足りなくなって後で節約しなきゃいけなくなる人間がいるとすればそれだって自分だ。自己完結するならば多少の出費は構うものか。今月分の祖母への仕送りも月始めに済ませてある。ノープロブレム。残りの日数で怪しい営業マンに引っ掛かって高額商品を買わされたりしなければ普通に生活できる。

「空の姐さん、お飲物は大丈夫かえ?」

 食べ物ばかり頼んでドリンク類を頼まない空に対し、メニュー表のソフトドリンクばかりが並んだ欄を指して小首を傾げる。こんなにたくさんのラーメンを食べるのだ、水分をとらないと彼女がスープを飲み干す派ならば塩分過多で大変なことになってしまう。
 一説によるとラーメンはたった一杯で一日分の塩分を摂取してしまうという。それを何杯も平らげるのだ、健康のためには飲み物が必須。それもジュースよりは水やお茶のほうが良いだろう。ブレイカーズが高血圧は格好がつかない。何よりクラスメイトには健康か不健康なら健康でいて欲しいのが人情。そのためならば追加の飲み物代くらいは払う気概を見せよう。経済力に火を吹かせる場面は今だ。

>弥勒空様&俟蒼燗百様&ALL様

【明日は日曜日ですがまたまた早番ですので書き込みは夕方以降になりそうです】

19日前 No.350

漆黒の魔剣士 @andouken ★BxGXTrkAtu_UHY

【食堂:弥勒空】

 一通りの注文を終え気になる気配についても解決し食事が届くのを今か今かと楽しみにして
ワクワクが顔ににじみ出ていると一廓が獣と言った気配の正体を燗百が種明かし
 それに加え燗百の言葉を聞いて誤魔化す事を諦め燗百の言葉を肯定するのを聞き完全に信じ切っていた
空は気恥ずかしくなっているが、視線をスッと厨房に向けてため息を吐く。
 まぁ食事中に何化してくる事は無いだろうと気を取り直すも飲み物を頼んでいない事を一廓に指摘されると
えっと驚くとキョトンとした顔を見せる飲み物なら餃子の後に豚骨をちゃんと頼んだのにと
 そう空にとっては汁と言うか液体が入ったモノは飲み物と言う感覚でカレーすらら飲むモノと思っていた
自分は間違っているのかと不安になり回りを見回し、やっとその言葉の意味を理解すると

「そやった………うっかり忘れていたのだ。それな〜ええと僕は僕はねぇ〜」

 忘れてたと言わんばかりに一廓が指さす欄に目を通しドリンクを選び出しふかひれスープ………これもちゃうな
とまたもドリンクでは無いモノを見て別の物を探そうとするも良く知らない者が並んでいて水にするしかないかと思った時
知っているモノを見つけてそれを頼む事にする。

「それやったら僕は、うん梅昆布茶をもらおうのだ」

 お言葉に甘えて追加で梅昆布茶を注文すると、ここで二人にさっきの模擬戦、鬼ごっこ、デビルズとの戦闘
その試験を受けてみての感想や今後の事を聞いてみた





 >>錦小路一廓様、俟蒼燗百様&ALL様

19日前 No.351

白風 @otahayato ★3DS=XnFD4dgQOR

【 食堂 / 燗百 】
空に試験の感想を問われた。

なんといえば良いのか、まず一回目の対創兵は、自分の力だけじゃ越え難いレベルの雲泥の差を知った。世界3位、学園に入っていきなり世界3位と戦えるとは思ってもいなかった。今後戦える機会が更に設けられると嬉しい。

鬼ごっこに関しては、ちょっと最後の方はカオスになり過ぎて寧ろ逃げやすかった。以外とスレイヤーズ無しでもなんとかなると思った。しかし、心残りが一つ、5t、着けたかったなぁ。

対ディースハウンドは散々格上だの負けるだの創兵の野郎に罵られたが、案外大きなダメージも負わず勝てた。
大体創兵の野郎は俺を見くびり過ぎ何だよ!世界3位だが神殺しだの知らねーが調子乗りすぎ、上から目線でうざったらしい。
ディースハウンド自体は面白い奴だった。珍しい多重属性攻撃をするし、極端な弱点を知っとけば瞬殺できるし。
今まで戦ってきたデビルズにも同じ様な弱点あったのかな。あったとしても知らずに普通に殴って焼いて殺してた。別に弱点何て無い方が戦いは楽しめる。出来る事なら弱点は突きたく無かったが、致し方無い、今後会えた時は弱点を突かずに蒼炎状態で勝ちたい。

そして燗百の中から出でた感想を言語に修める。

「試験の感想は、1つ目は、創兵が結構強かった。今度はタイマンで戦いたい。2つ目は、今度は5tを着けて鬼ごっこしたい。3つ目は、彼奴(ディースハウンド)より俺の方が格上。今度は弱点を突かないで倒したい。」

相変わらず強気な感想だ。だが創兵の強さ自体は彼も認めた様だ。

>>ALL

19日前 No.352

友禅 @yuuzenn☆fXqsD0VZIxk ★mbC91aBHcA_wgD

【 食堂 / 錦小路一廓 】

 梅昆布茶はこれまた塩分多めで決してラーメンのお供には適さないドリンクなのだが、空はそれが良いと言っているのだし……と己を納得させて頷く一廓。大体ブレイカーズなんて鍛えれば鍛えるほど体の外側だけでなく内側も頑丈になっていく不可思議存在なのだ。きっと空は胃腸や腎臓が凄まじく発達していてどれだけ食べても消化と分解の機能が衰えない体質に違いない。彼女を信じよう。

 注文を受けた食堂のおばちゃん達がせっせと料理を用意してくれている間、どう時間を潰そうかと思案していたがそれは空の質問によって考える手間が省けた。
 試験の感想。今後の事。そのどちらも昼食が運ばれてくるまでの時間を費やすに相応しい話題だ。

 真っ先に答えた燗百も脳内では色々と思考しているのだろうに、口に出す言葉が簡潔かつ強気なものだから彼らしいなと苦笑する。
 最初の内は彼の態度に嫌悪感じみたものさえ抱いていたものの、ここまでその態度を崩さない姿を見てしまうと、彼はもうコレで良いんじゃないかと思えるようになってきた。勿論、いつかはこれじゃあどうにもならなくて性格の一部だけでも変えないといけない場面が来るかもしれないが、それは少なくとも今日や明日ではなさそうだ。
 彼の両耳を掴んで引っ張り上げて説教して、それから平手打ちの一発でもかました流れで喧嘩に発展しても彼を打ちのめせるような人間でも現れればそれが人生の転機になるかもしれない。

「そうでありんすなぁ。一回目の試験は最初に言われた試験時間を前提にして動いておりんした故、いきなり残り一分と試験時間を大幅に変更された事で十全の活躍は致せんした。二回目の試験は得意な分野なのでそれなりに出来んした。個人戦だと念押しされていた以上、クラスメイトの手助けをしたのを理由に減点されたことにも不満はござりんせん。三回目の試験……いえ、教師の旦那様はアレは試験ではないと仰いんしたね。件の実戦は、達成感と今後の課題の両方を見つけられる中々充実した内容でありんしたよ。総じて『精進あるのみ』、と言ったところでござりんす」

 言って、先に届いた皆の分の飲み物の中から自分のホットしょうが紅茶を手に取り静々と啜る。
 テストの成績なら一番だった。でもまだ初日のテスト結果が出ただけだ。それに満足していては、床から五寸も十寸も足が離れているような浮ついた気持ちになっていては、己の強さがそこで打ち止めになってしまう。
 卑屈にならず。けれど傲慢にならず。自分は強いという意識と、自分より強い人からすると自分もまだまだ弱いだろうという意識、それ故にまだまだ自分には伸びしろが沢山あってもっと強くなれるのだという意識、それらを良い塩梅で抱えて修行と実戦に邁進すれば途中で死なない限りは成長できる。

「空の姐さんはどう思いんしたか?」

 そういえば本人の感想はまだ聞けていないな、と彼女にも話を振ってみた。彼女もこの話題について閉口したくなるほど悪い点数は付けられていなかった筈。感想大会に巻き込んでも問題なかろう。

>弥勒空様&俟蒼燗百様&ALL様

18日前 No.353

漆黒の魔剣士 @andouken ★BxGXTrkAtu_UHY

【食堂:弥勒空】

 梅昆布茶を頼み二人に、さっきの試験の話を振るも微妙な表情を一廓から見受けられたが先んじて燗百が口を開く
 一つ一つ言葉短く答えるも強い意志を感じさせるが、その前の態度から担任に対する思いが感じられた
嫌悪感と言ってもいいだろうそう感じたのは空自身の中にも同様の想いがあるかなのかもしれない
 自身に対しての物から燗百や他社に対する物も含めテンプレでヘイト発言をするあたり人にモノを教える者とは思えなず
出来る事なら副担と代わってもらいたいとすら思っている空であった。
 逆に一廓は一つ一つを的確に分析し意見を述べるも個人戦が故の減点にも納得をしているあたり出来た人だと空は思う
正直な所あの個人戦の念押しは引っかけだと思っていた最初から協力しろと、あえて言わず助ければ減点と言われた状況下でも協調できるのか
それを見定める試験では勘ぐっていたが本当に他人と言うか今後は背中を預けるかもしれない仲間を庇う事が減点対象になるのに驚いたのだが
 そんな時に二人の感想を聞きいっていたら空は?と自身が言った話に対する考えを聞かれ試験を思い出し考え

「アイツがムカついたのだ嫌いなのだ」

 最後に頼むも皆の飲み物と纏めて出て来た塩昆布茶を手に取り開口一番に出た言葉がこれだった
もちろんアイツが指すのは一廓でも燗百でも他の生徒では無い事は、二人にも伝わっているだろうと言葉を続ける

「まぁ実際強かったし最初の模擬戦も当たんなかったし格上の相手との勝負で、どうにかしようとして幅が広がったから感はあるけど。鬼ごっこは普通に楽しかった後デビルズのと勝負も」

 根が素直な空は裏表なく思った事は思った事を隠すことなくマンマ発言するも自他の実力も素直に認めてはいる
罰則もほぼ死刑に近かった事も思い出すと刑務所かよとすら思える事に大きくため息をつくも飲み物類に続き数品のメニューが届く
 その中には空の味噌ラーメンもあり完全に地についていない足振って大喜びをすると、さっそく割り箸を割り食べようとする

「一廓や燗百のもきたのだ。まぁいろいろあったけどお疲れさまって事で食べよ食べよ」

 二人にも食事を始めようと声をかけるも、それはいただきますでは無かった


>>錦小路一廓様、俟蒼燗百様&ALL様

18日前 No.354

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_pzR

〜『食堂』おばちゃんやお姉さん(&創兵)〜
3人の会話はまあ普通に聞こえる。が敢えてスルーしている。理由はそれどころじゃないからだ。右へ左へ走らされたり手が足りない所の手伝い、雑用等々彼がやれることは全部こなさなければならないため彼は3人に構っている余裕がないのだ。
そして前もって渡しておいたメモに気付くおばちゃん。

「3人とも済まないね、これあの先生から」

そう言いながらメモを机に置いてからそのまま厨房へ戻るおばちゃん。
メモの内容↓

『一応言っておくがお前らはこの学校では特別クラスでもあり、俗に言う『特待生』でもあるから食堂で掛かる金に関しては払わなくていいい。ブレイカー本部の経費で落ちるから。だからといって食べ過ぎるなよ by加賀創兵』

と言った内容だった。

>>ALL

【というわけで金に関しては気にするなということです。と同時に復活しました】

>>ALL

17日前 No.355

白風 @lunatic10 ★iPhone=fSg2xgXoe2

【 食堂 / 燗百 】
全員が感想を言い終えたタイミングで注文した品が出てきた。そしてコーラを飲みつつポテトを頬張るさながら、創兵からの手紙の驚愕の中身に歓喜する。
まさかの全無料である。
サービスが良すぎる。何か闇でも抱えているのかという位サービスが良い。

食金が本部の負担なら本部が破産する程注文をしてしまえば、その気にさえなれば面白い潰し方が出来そう。
しかしこんな感じで全ての特待生の金を支給しているとなるならいくらなんでも金がありすぎでは無いか?
でもそれもそうか。だってブレイカーズは命を掛けて人間を守る事を生業としている。

これは特別な力を持つ者しか出来ないから出来るだけ自らの本部に新入生を引き入れたい筈。
貧乏ブレイカーズに、金が無いから入れないなんて言われたら元も子もない。
そうやってブレイカーズを増やせば収入だって比例する。
その見解を立てて燗百は勝手に納得した。

そのまま無言でポテトやスパゲティを口に入れる。

>>ALL



[3日も待たせてしまい申し訳ありません!]

14日前 No.356

友禅 @yuuzenn☆fXqsD0VZIxk ★mbC91aBHcA_wgD

【 食堂 / 錦小路一廓 】

 注文品が届くのも佳境にさしかかり、飲み物だけでなく食べ物も続々とテーブル上に並べられる。特に空のは圧巻の量だ。頭にハチマキでも巻いて気合を入れたフードファイターが「行くぞオラァ!!」と真剣に喰ってかからねば、とてもじゃないが平らげることなぞ出来なさそうな皿の数。それらを彼女はきっと平然と完食してしまうのだろう。天晴。いっぱい食べる子はよく育つ。

「そうでありんすなぁ。それでは頂きんしょう」

 お行儀良く手を合わせてからフォークを手に取り、まずは野菜から胃袋に摂取してゆく。確かそのほうが太りにくいらしい。正直なところ何から食べても太り様が無いほど毎日運動もとい修行しているから意味を感じられない行為なのだが、まあ血糖値の上昇はなるだけ緩やかであればあるほど身体にも良いだろう。根拠は無い。あったかもしれないがうろ覚えの適当な健康法だ。
 食事する傍ら、お支払は先に済ませておこうかと道中財布を探しがま口バッグに手を突っ込む。が、一廓の指先が財布を探り当てる前に食堂のおばちゃんがすすと寄って来る。一枚のメモをこちらに手渡し彼女はすぐに去って行った。メモには要約するとブレイカーズ生徒なら此処での支払いは無料であるという旨が書かれており、この瞬間に一廓は奢るという己の宣言を果たせぬことが決定付けられた。残念であるような。有り難いような。多分どっちもである。
 ……食べ過ぎるなよ、に関しては言うのが一足遅かった。既に空が大食い動画みたいな光景を卓上に作り上げてしまっている。でも連絡が遅かったことに非があるので空は悪くない、彼女が怒られることがあれば全力で庇おう。
 燗百が何やら不穏なことでも考えていそうな表情でポテトを食すのと、空が美味しそうにラーメンやお肉を頬張るのを見守りつつ、一廓もやっとサラダから和風パスタにフォークを移す。フェットチーネがモチモチしていて舌触りと歯応えが最高だ。

「食べ終えた後は、お二人ともご予定などおありかえ? わっちは寮の浴場に直行いたしんす。布団に潜って休もうにも、まずは血と汗を流さねば始まりんせん故」

 トークの一環として今度は二人にこれからの予定の話なぞ振ってみる。燗百は異性なので無理だが、空も入浴してサッパリするつもりなら一緒に入りに行くのもアリだ。……いや、知らないだけで寮には水着を着用すれば男女両方OKな混浴風呂なんかがあったりするのだろうか。普通の教育機関なら無いと断言できてもこの学園となると何でも有り得る気がしてくるから困る。

>弥勒空様&俟蒼燗百様&ALL様

【お気になさらず、私も明日(日付が変わっているから実質今日)はたぶん一度も書き込めませんので!】

14日前 No.357

漆黒の魔剣士 @andouken ★BxGXTrkAtu_UHY

【食堂:弥勒空】

 やはり試験の事を思い出しプンプンの空だったが、料理が並べばご機嫌な様子二人にも食べよと促すも
おばちゃんが何か置いて行ったようだが特に気にもとめなかったが燗百が何か喜んでいる様子だ。
 紙を見た後なにかを考えていた様だが以降は無口でモクモクと食べる燗百に、なにやら順序立てて行儀良さそうに食べる一廓
食事一つとっても人なりが見え隠れするその様子を楽しげに見る空だった。
 しかし量が量だけに、のんびり眺めて食べていらら二人を待たせてしまう結果になるのは明白であるが
早食いが如く大急ぎで食べる素振りを見せず寧ろ一定のペースで食べるのだが気付くとカラの丼ぶり皿が積み上げられていた。

「ここのラーメン……凄く美味しいのだ。それにカツ丼も麻婆丼に刺身盛り合わせも最高なのだ」

 いつの間にかすべてを完食し味噌、豚骨合わせて六皿が塔を作り空いた餃子皿に上には肉が無くなった後の骨がピカピカに輝いて置いてある
その上追加注文されたモノも風前の灯火で食べ終わりも見え二人を待たせる事だけはせずに済みそうだが恐ろし暴食を済ませていた。

「えっ予定?特にないし……そうやなお風呂。食堂がこれやしお風呂も期待できそうなのだグッバイ五右衛門風呂なのだ」

 いろいろと設備の良い食堂を見て利用して、まだ見ぬお風呂に期待を膨らませてる空だが言葉の中にそれまでの暮らしが出ている
 全てを食べ終えて満足気な笑顔を見せながら食後にと頼んでおいたホットミルクのコップを両手で持ちの身ながら答える。
そして紙をただ一人だけ見ていなかった空は一廓にお礼を言う。

「おかげ様でお腹も八分まで無事に満たせましたのだ。お礼に背中をゴシゴシしてあげるのだ」

 楽しい事に目が無い空の頭はすでに、お風呂の事でいっぱいになりお礼と背中を流す事を申し出るのであった



>>錦小路一廓様、俟蒼燗百様&ALL様

【友禅さまも言われている通り気にしないでください。お互い様ですので】

14日前 No.358

白風 @lunatic10 ★iPhone=fSg2xgXoe2

【 食堂 / 燗百 】
「じゃあ俺は一抜けさせて貰うわー」
と言って燗百は席を立つ。
既に食事は食べ終えた。
当然風呂に着いて行く訳もない。異性なのだから普通である。
まあさっさと部屋に帰ってしまいたい気持ちは鬼ごっこの辺りから出ていたため、やっと一人になるのだと思うとゆとりを持てる。
情報収集がてらに食事に着いて行った筈だがただ食べて感想を述べる事しか無かったから収穫無し。
まだ信用ならない人間が多く蔓延る学園の食堂であっても油断は禁物。帰るまでが遠足だ。

食事を終え席を立ち、特に挨拶も無くスタコラサッサと寮へ戻る。

>>ALL

13日前 No.359

友禅 @yuuzenn☆fXqsD0VZIxk ★mbC91aBHcA_9EL

【 食堂 / 錦小路一廓 】

 雑談を振ってはみたものの、燗百はそれに応じることなく食事を終えるとご馳走様も無しに立ち去って行った。一廓も呼び止めはしない。ここでやいやい付き合いが悪いぞと酔っ払いじみた絡みを仕掛けたところで雰囲気が悪くなるだけだし、そもそも食事にさえ乗ってくれないと思っていた彼がランチ中は大人しく席に着いていてくれただけで御の字だ。快く見送ろう。
 空のほうは凄まじい量を恐ろしい勢いで食べてゆくため、こちらも遅れをとらぬよう人並のボリュームの料理をせっせと飲み食いしてゆく。一分や二分なら兎角、五分も十分も相手を待たせるのは食事の席においてやや気まずい。それにしても燗百は食べるのが滅茶苦茶に早かった。大食い勝負なら空の勝ちでも早食い勝負なら良い線行くかもしれない。一廓はどちらの分野も然程だ。やらなければいけない場面が訪れようものなら気合と根性で無理やり頑張るが。できることならそのような場面は来て欲しくない。永遠に。

「五右衛門風呂とは、また古風な家に住んでらっしゃったのでありんすね。わっちの宅でも給湯器は付いておりんしたのに」

 空の呟きから相手の生活内容を察し、驚きとも哀れみともつかぬ眼差しを送る。一廓が祖母と二人暮らししていた家だってコンロはIHではなかったし電気もLEDではなかったし屋根に太陽光発電用ソーラーパネルも付いてはいなかったけれど、それでも昭和の暮らしよえりは上の文明が在った。テレビだって辛うじてデジタルテレビだった。……洗濯機はまあ、古めかしい二槽式で全自動のぜの字も無かったが。それでも電気で動くから五右衛門風呂よりは時代の進んだ文明の産物と言える筈。
 空の家庭環境をちっとも知りやしないが、ひょっとして彼女の自宅は物凄い山奥のド田舎にあって電気や水道も未だ末通だったりするのかもしれない。そんな辺鄙な場所でこれだけ大喰らいの娘を健やかに育て切るとは、親御さんの苦労と努力が偲ばれる。お会いする機会があれば敬意を込めて握手させて貰おう。

「あらまあ。ありがとうござりんす。そんならわっちは、空の姐さんの髪でも乾かさせて頂きんす。仕上げに椿油に浸けた柘植櫛で梳かすとサラサラになりんすよ」

 これだけ食べてまだ腹八分という発言に空恐ろしさを感じつつ、背中を流してくれるという申し出は素直に嬉しいので受け取る。そしてこちらもお返しに髪を乾かすことを宣言した。櫛はプラスチック製だと静電気防止加工をしていても髪に悪く梳かしすぎがダメージとなるけれど、これが柘植櫛だと殆ど静電気を発しない上に染み込んだ椿油が髪に馴染んで程良い艶を出してくれるのだ。一廓はいつもこの柘植櫛でブラッシングすることで、戦闘ばかりの生活でもサラサラヘアを何とかキープしている。後はトリートメントやヘアパックも必須だ。
 空に少し遅れて食事を終え、ご馳走様でした、と恭しく挨拶をしてからフォークを置く。最後に飲み物で喉を潤して。さあ、これから女同士、水入らずでの入浴タイムだ。裸の付き合いは親睦を深めるのに一番。日本だと昔からそう言われている。たぶん。

>弥勒空様&(俟蒼燗百様)&ALL様

【次のロルくらいで移動を開始して下さると有り難いですが、面倒な場合は私のほうのロルで動かします。あと明日と明後日は遅番→早番コースなのでお返事が遅れます……!】

13日前 No.360

漆黒の魔剣士 @andouken ★BxGXTrkAtu_UHY

【食堂⇒廊下:弥勒空】

お腹も膨らみ次はお風呂とウキウキし始めるも、ただ一人男性である燗百は一人席を立ってしまう
少し残念に思うも止める間もなく寮に帰ってしまう。
 一廓は一廓で五右衛門風呂と言うのの驚きの声を上げられるも、空にとって自然の事などで
どう反応していいいかと迷っていると背中流しの返礼に髪お世話をしてくれると聞き喜ぶも
 言っている事はよく分からずにいるいるが、きっと凄い事をしてくれるのだろう
一廓の様になサラサラななるかと思いをはせるが自身がサラサラになった想像が出来ずにいた
 しかしお風呂に行けば分かるだろうと、はやる気持ちを隠すことなく寮の大浴場を目指すも失念している事に気付く
それは試験から食堂に直接来たために、ないも持っていない事である。

「僕もうっかりしていたのだ。タオルも着替えもタオルも無いのだ」

 そうして着替えを取りに行くから大浴場の所で待ていて欲しいと告げると寮の自室に向かった
ウッカリ者の空は返事も聞かずに一目散にかけていった


>>錦小路一廓様、俟蒼燗百様&ALL様

【お待たせしました。入浴に入るのなら到着した空は、ほおりこんでください。】

11日前 No.361

友禅 @yuuzenn☆fXqsD0VZIxk ★mbC91aBHcA_9EL

【 食堂→廊下→寮の自室→大浴場前 / 錦小路一廓 】

 空と同じく一廓も着替えセットなど準備していない為、廊下で一旦彼女とお別れしてそれぞれ自室に戻ることになった。
 ふわふわでもっちりとした泡が作れる愛用の洗顔ネットに、絹100%のボディタオルに、アミノ酸系洗浄成分配合のシャンプーとトリートメントに、頭皮クレンジングに、かまわぬの手ぬぐい数枚に、マジックソープバーに、ホットクレンジングバームに、導入型美容液に、化粧水に、乳液に、クリームに、綿棒に、替えのショーツに、ナイトブラに、パジャマ代わりの浴衣に、浴衣のための小物類一式に、風呂上りのための炭酸水に――。
 戦士とはいえ年頃の少女。いざ入浴ともなれば持って行くべきアイテム数は男よりも遥かに多い。日によっては湯船に浸かりながらフェイスパックを顔に貼ったり蒟蒻パフで全身を軽くピーリングしたり、といった作業も増えるが、そういうのは一気にまとめてやらずに週に一度か二度のペースを振り分けてやるべきなので割愛する。
 そうだ、空の髪を乾かすと約束したから高性能のドライヤーにアウトバストリートメントも持参していこう。後はトリートメントの成分が髪に浸透し易いようにアルミのヘアキャップも。そこまでするならトリートメントは普段使いのものからランクを上げて、とっておきのヘアマスクだって持って行きたい。
 そんな風にあれやこれやと詰め込む内に、お風呂セットの入った大判の風呂敷はぎゅうぎゅうになった。これから出稽古の度にでも向かうような荷物だ。しかしブレイカーズは力持ちなので問題無し。片手の小指だけでひょいと持ち上げられる。便利。筋肉万歳。

「それでは『弁柄』。行って参りんす」

 窓の外で相変わらずデカい図体をしている『弁柄』に挨拶を住ませ部屋を出る。
 かなりの荷物量ではあったものの、動きそのものは戦闘中と良い勝負になるくらいスピーディーだったので空を待たせず彼女より先に到着することができた。
 先に入っていても良いが、それだと向こうも一廓が遅れていると思い大浴場の前で待機してしまう可能性がある。なので一廓は此処で待っておこう。

 大浴場前で手持ち無沙汰にスマートフォンを触りつつ時間を潰す。スマホカバーは表札風の少し変わったデザインで大きく『錦小路』と記されている。これで固定という訳でなく、ころころスマホカバーを付け替えるので明日には畳風になっていたり螺鈿風になっていたりするかもしれない。二日前までは矢絣模様のカバーだったし。


>弥勒空様&ALL様

【とりあえず浴場前でお風呂セットを抱えて待機させておきます】

11日前 No.362

白風 @otahayato ★3DS=XnFD4dgQOR

【 廊下 → 自室 燗百 】
昼を済ませ、メインディッシュをいただく為に速攻で寮に帰る燗百。メインディッシュとは…まぁ、未成年が呑んじゃ駄目な奴の事である。
寮の自室に着いたら直ぐ、手を洗う前に持ち込んでいた酒、「勝山」の栓を抜く。地酒だ。地元にはここ最近、いや3〜4年帰れていない。地元の事を思い出す酒だ。
そしてわざわざ持ってきた升一杯に注いで、いっきにグイッと。
この御時世升で酒を呑む奴はいるのだろうか。いや、いないだろう。なのに彼はいつも酒を呑む時は愛用の升を欠かさない。本人は面倒くさがり屋の割りに面倒くさいこだわりがある物だ。
こんな真っ昼間から酒に酔って、それも15歳が。例え常識から外れたブレイカーズの中でさえ異端だろう。

未成年で酒を呑むと脳の発達が劣化したりアルコール中毒になりやすいとかよく言われるが、その通りだ。燗百は9歳位から酒を初めていて、もう既にアル中だ。ストレス解消が『戦闘』か『アルコール』となってしまっている。でも『戦闘』があるだけましか。
中々な量が入っていた酒の瓶の中を空っぽにして、燗百は満足げに、

「やっぱし飲み物は酒に限るなぁ〜」

とまるで中年の酔っぱらいの様な感想を述べる。
呑み終わるとそのまま寝る。
ベットの上にうつ伏せになって。
流石に疲れたか、それとも新たなる脅威、『加賀創兵』への鬱憤を忘れる為か。
ベットに乗るが数秒、そのまま夢へと落ちる。

>>ALL

11日前 No.363

漆黒の魔剣士 @andouken ★BxGXTrkAtu_UHY

【自室⇒大浴場:弥勒空】

 いったん一廓と別れ自室に戻ると、持ち込むタオルと拭くタオルそしてヘチマ
それらに加え着替えの寝間着を持つと一廓を待たせない様に大急ぎで大浴場を目指す
 実に簡素な品揃えだ。シャンプー等も浴場備え付けで充分と言う発想と言うか考えていない
それがまた空らしいと言ってしまえばそれまでなのだが……
 少ない手荷物を、包んだバスタオルを持って到着すると先に着いた一廓がスマホをいじっているのを見て
これは長らく待たせてしまったかと思い込んでパッチンと手を合わせ頭を下げると

「これは申しわけないのだ。何分?何分!」

 一見して非常識な所もあるが、非は非として認められる空は謝罪をするも
言葉足らずと言わざるを得ない謝罪だが、それだけ慌てていると言う事らしい

>>錦小路一廓様、all

11日前 No.364

友禅 @yuuzenn☆fXqsD0VZIxk ★mbC91aBHcA_9EL

【 大浴場前→女湯の脱衣所 / 錦小路一廓 】

 スマートフォンでお堅いニュースサイトを開き文字ばかり目で追っている内、入浴の準備を済ませた空がパタパタと駆け足でやって来た。荷物は少ない。彼女はシャンプー類に拘りの無いタイプと見える。それもまた良し。
 待ち合わせしていると言えど時間指定は無かったので、多少こちらのほうが早かったからといって謝られるのも忍びない。腰を折る彼女の顔を上げさせようと背中をぽんぽん軽く叩き、それから心なし薄い微笑みを――本当に薄すぎて視力が平均以上ないと視認できなさそうな微細な変化である――浮かべた。

「大丈夫でござりんす。わっちもつい先程、到着したばかりでありんす故」

 これは気遣いではなく本当のことだ。待ったのは精々二分そこいら。これだけの時間消費で謝罪など分捕ってはお里が知れる。そんな育ててくれた祖母に顔向けできぬような真似をして堪るか。お婆ちゃんっ子の肩書が廃る。
 さて。せっかくこうして二人が揃った以上、いつまでも大浴場の前で問答しているのは勿体無い。すぐそこに風呂がある。ならば浸かるべきだ。ほかほかの柔らかなお湯が私達を待っている。露天風呂とか薬草風呂とか、種類がいっぱいあったら制覇して回ろう。サウナやジェットバスまであればもっと嬉しい。

「ささ、行きんしょう空の姐さん。お風呂がわっちらを待っておりんすよ」

 ちょいちょいと空を手招きしては先に「ゆ」とプリントされた赤い暖簾をくぐり、一足先に女性用の大浴場に入ってゆく一廓。
 中に入ってすぐに脱衣所があるという訳ではなく、外から覗かれても着替えが見えぬよう曲がり角を備えた廊下が配置されている。短いそこを進んで抜けるとやっとフローリングの床がピカピカと眩しく磨き抜かれた脱衣所に到着した。木製の棚と脱いだ衣服を入れるための籠は至る所に並んでおり、奥のほうの洗面所にはドライヤーも置いてある。遠目の確認しかしていないが一廓が持って来たのと同じメーカーのドライヤーは採用されていないようなので、これを持って来た行為が無駄にはならなかったことにまず安心。他にも竹のベンチやマッサージチェアなど色々と置いてあって、正直な感想を言うと都会のスーパー銭湯に見劣りしない光景である。これが寮の女湯だというのだから金がかかっている事この上ない。適度にレトロで適度にオシャレなのが視界においてもリラクゼーション効果ばっちりだ。
 これは風呂のほうにもかなり期待ができる。

>弥勒空様&ALL様

【勝手に浴場の内部を描写しておりますが、スレ主様のイメージと異なる部分があれば修正いたしますのでご指摘をよろしくお願い致します】

9日前 No.365
切替: メイン記事(365) サブ記事 (156) ページ: 1 2 3 4 5

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。