Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(89) >>

【リメイクのリメイク】異能学園W

 ( オリジナルなりきり )
- アクセス(1056) - ●メイン記事(89) / サブ記事 (71) - いいね!(3)

異能力スレのとある主 @railguns03 ★iPhone=gXeY8DTIMi

この学園に通うものは9割が、何らかの異能持ち。である人。残りの1割が威力の関係でカウントされない。という人。上位の者はSクラスに在籍できるというメリットがある。Sクラスというのは、進学校でいう特別進級クラスみたいなとこ。大体の在籍生徒が普通科同等のA〜D(まだ能力発動してない)クラスか、の何処かには入るのだが、Sクラスは、特進級クラスのため、7名しかうけつけていないそう。
そこに平々凡々な生徒らが、異能の差などきにせず学園ライフを送れるのか!?
彼等はいかにして異能の差を埋めてくのか?!
【本スレは少し前に建てた異能学園Vのリメイク版です。】

切替: メイン記事(89) サブ記事 (71) ページ: 1 2


 
 
↑前のページ (39件) | 最新ページ

削除済み @railguns03 ★iPhone=gXeY8DTIMi

【記事主より削除】 ( 2019/04/14 16:57 )

3ヶ月前 No.40

赤羽凛 @railguns03 ★iPhone=gXeY8DTIMi


【5F廊下/赤羽凛】
「なるほどね。まあ、誰でもそういう事、あるさ。にしても、それは、そうもなるよ。」そこは、グッと耐えればよかったものを暴走させてしまうんだもんなと思い暴走状態だった。にしても、やりすぎだろ。と、思い
「そっか。そうだよね。受け入れてくれる方が珍しいか。」
うちの父親のように受け入れる方が珍しいかと思っては、というより、母の考えがやっぱ普通か。と、思ったりし、奇妙なものを見るような目で見られるなら、彼女は、能力なんかいらないと、なんだ思ったことか。と、考える。けど、それがあったから、白雪と、出会えたのだろう白雪と出会うために彼女はそれを持って生まれたのかもとも思い
【2人目作ったので、とうまくんに絡み合っていいですか?というか、いまとうまくんどこにいます?ドッペルゲンガーさりげなく作っちゃうような感じの子ですが(汗)】→白雪ちゃん、5階廊下all

3ヶ月前 No.41

スサ男くん @kodai4370 ★iPhone=lDnPmqpCDo

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

3ヶ月前 No.42

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_keJ

〜白雪視点、5階廊下〜
「ん?まあそうだね〜だよね〜まあもう既に気にしないけどね〜」

そう言いながら苦笑いをする。

「そういうことだよ。そそ。今はありのままの自分で生きている。やりたいことをやって好きなように生きる。私には両親も弟も凛ちゃんもいるしね!」

そう言いながらニコニコ笑顔になる。そしてポッキーを食べる。そしてクロレッツを食べる。
>>凛さん、ALL
【大丈夫ですよ〜異能測定所にいますよ〜十万は。鈴香さんといますけどね】

3ヶ月前 No.43

赤羽凛 @railguns03 ★iPhone=gXeY8DTIMi

【5F廊下/赤羽凛】
「気にしない。か、そーいうあっさりしてるとこいいなって思う。私なんて、うじうじしちゃうんだもん。白雪ちゃんのそういうとこ欲しいな!」
相手の性格からさらにあっさりしてる。のだろう。そのため、いいなぁと、思いながらに自分にないとこがあるっていいなあと改めて思う。そう思うのも無理はないのだろう。いや、彼女は、気にしてないようにしてるけど案外根に持つタイプ。でも、ありのままに生きる。それはいいな!と思いながらに→白雪、all

【五条美寿/異能測定所】
『面倒くさい。誰か変わって、結果をくれればそれでいいから。』
それが、口癖の彼女は、珍しく気が向いたからという理由で、もう1人の自分を作らずして、異能測定所
で、もっと、もう1人の自分の精度をあげたいとも思ったのかやってやると意気込んでは
「さ、山茶花先輩、鈴香さんもいたんですね。どもです」
十万と、鈴香に、軽く会釈してあ挨拶をしては、そんなことよりも手っ取り早く能力の質を上げたい。と思い
→十万、鈴香、all

3ヶ月前 No.44

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_keJ

〜白雪視点、5階廊下〜
「そそ。ん?ありがとね。うじうじしなさそうに見えるけどね!私からしたら!可愛いし!あはは、なら自分を最後まで諦めないことだよ〜私はそうやって今の私があるからね〜」

そう言いながら凛ちゃんの頬をぷにぷにする。案外柔らかいな〜と思いながら和んだ顔をする。
>>凛さん、ALL

〜十万視点、異能測定所〜
「おっす〜五条か〜相変わらずかわええの〜」

そう言いながら花札を今だに整理している。ある程度整理出来たので美寿に改めて話しかける。

「美寿も自分の能力強化か〜関心関心〜それと、俺の前では分身は意味ないからな〜」

そう言いながら花札の方にまた目を向ける。
>>美寿さん、鈴香さん、ALL

3ヶ月前 No.45

ラル @rarusann ★8ZXzCeKDQA_lfv

『はは…まぁ無理もないよね、初対面だし…ああっ…僕の名前は鳳四電。クラスはC組、無理だったら良いけど覚えてくれれば幸い…かな』

何か可哀想とは思うが、出来ない事は出来ない。まぁノートの片隅位には書いておいて覚えておこうと思う。

『んで二人はどうすんだ?オレは教室に行くつもりだが』

飛燕がそういうのであれば自分も特にやる事がないので付いて行くかと考える

「……まぁ私も飛燕に付いて行くわ。……四電君だっけ?また今度ね。暇があればそっちにも行くから」

Sクラスに誰がいるのか。飛燕の他に誰がいるのかが、気になりながら飛燕に付いて行き、教室へ向かう。

>>渡空飛燕様、鳳四電様、ALL

3ヶ月前 No.46

渡空飛燕 @hirundo058 ★Android=nbOWE0yYj9

【1階廊下】

「ハハハ…鳳四電くん、飛燕、って…オレだけ呼び捨てかよ。」

苦笑いしながらそう言うも嫌がっているわけではなくむしろツッコミを入れるような感覚でそうからかう。が、どこか嬉しいのか少し笑みを浮かべる飛燕。どうやら、彼女は自身と一緒に教室へ行くようで、相手の目的を知らないものの、Sクラスの女子で初めて会話をした相手でもありどこか新鮮な気分である。そして、鳳四電の返事を待って彼も一緒についてくるかどうか期待していたりして。

>>琳華、鳳四電、all

3ヶ月前 No.47

友禅 @yuuzenn☆fXqsD0VZIxk ★YRuDhSwQ0p_3wf

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

3ヶ月前 No.48

天獄の使者 @yosinon447 ★NolTC1MmME_keJ

四電〜1F下駄箱〜

『まあ二人とも仲良くな…!」ニッ

そう僕と加賀美先輩のやり取りを見ていて、放って置けなかったか飛燕先輩がポッケから手を出して二人の肩にポンと一瞬だけ乗せて仲を取り持つようにそう言って笑みを浮かべお兄さん風を吹かせる飛燕先輩に「うん…!」と僕も笑顔で頷く。
最も先程については大しては気にはしてないのだ、と言うか慣れたと言う方が正しいか、S組の人がC組の人を良く思わないの事を知っているからだ。けれどもこうやって分け隔てなく接してくれる方がやっぱり嬉しいものだ。

『んで二人はどうすんだ?オレは教室に行くつもりだが』

そう言って僕と加賀美先輩に乗せた手をパーカーのポッケに入れ直した。
飛燕先輩は今後の身の振り方を尋ねて、それは勿論…S組生徒はS組、C組はC組。

『……まぁ私も飛燕に付いて行くわ。……四電君だっけ?また今度ね。暇があればそっちにも行くから』

「僕は自分の教室に行くよ、って他に行く所なんてないしね…」

と自分の教室(C組)に行く事を伝えた後、そう言って苦笑する。
中学の時なら自分の教室の他に所属していた弓道部の部室に顔を出すとかあったけども、この学園には部活動と言うものがなく、
今は特別な用事とか日直関係、授業に使う用具の持ち運び等がなければ普通に自分の教室に行くのが日課だ。

僕がそう言ってる一方で、加賀美先輩は飛燕先輩に付いて行くようだ…付き…いや当たり前だ。同じS組生徒なのだから、
そして僕の名前を尋ね、そう言われると

「はい!加賀美先輩も飛燕先輩もまた今度!」

笑顔で元気良く返事をすると、「その時はよろしくお願いしますっ!」そう言ってお辞儀をした後、一言二人の先輩に告げて
二人が自分のクラスに行くところまで見届ける、その最中、飛燕先輩が加賀美先輩に俺だけ呼び捨てかよと気楽な感じで突っ込んでいたが、
多分、同年代、同じクラスだからか、それとも彼女自身の趣向なのかと考えながら見届けて、僕は履いていた。オレンジのコンバースから下駄箱の上履きに履き替えて、コンバースを下駄箱に戻し自分のクラスの方へ向かう道中に自分のクラスには確か自分自身に枷を付けていると言う久那君と言う目立ってる人が居たな〜と思い出しながら歩いてようやくクラスへと着いて、クラスのドアを横にスライドしつつ中に入り
いつもの様に仲の良い友人達(モブ)に挨拶を交えながら自分の席へと座る

》渡空飛燕様、加賀美琳華様 ALL

3ヶ月前 No.49

天獄の使者 @yosinon447 ★NolTC1MmME_keJ

蓮野宗玄〜3FBクラス教室〜

ここは3FのBクラス教室。今日もクラスの生徒が登校してきては、いつもの様に
静かに席に座り予鈴がなるまで待つ真面目な生徒もいれば、机の上に立って机と机の間行き来したりと悪ふざけする生徒も
少なくない訳で…

「こ〜るぁぁあああ〜!また君達は!そうやって先輩方が寄贈してくれたありがたい机にに上って、ましてや子供みたいに燥いで、
 この学園のBクラスの生徒であるという事がわかっているのか……以下略」

とこんな感じで悪ふざけする生徒達に一喝しお説教を垂れ流す委員長みたいな生徒も当然いる。…が彼は委員長ではなく
一般の生徒…生徒にしては顔立ちや体格などが老け込み過ぎているが、気にしない。そんな彼の名前は蓮野宗玄。
言われるまでもなく、品行方正、文武両道を絵に描いた真面目しか取り柄のない生徒である。

》ALL

【ようやく遅れながら宗玄のレス投下致しました……】

3ヶ月前 No.50

赤羽凛/五条美寿 @railguns03 ★iPhone=gXeY8DTIMi

【5F廊下/赤羽凛】
「ん。どいたしまして!かわいいのは、白雪ちゃんも同じやん!ていうか、諦めなければどういう形であろうが、結果は必ずついてくるからね!まあそういうことだよね。」
どれもこれも、自分の信念を曲げないでまるで幼子が自由帳に絵を描くかのように自分が思ったことをした結果が、いまの自分がある。ということなのだろうな。と、思いながらにある漫画で、自分の信念を曲げないで思った通りのことをすること。的なことを言っていたのを思い出して確かに自分が思ったことをやるのは大切だよなと思いながらに
→白雪ちゃんall
【五条美寿/異能測定所】
十万にかわええのお。と、言われる。十万に限らず男の人にそう言ってもらえるだけで笑顔になれるものでありそれは、それは女性からすればどうもありがたいと思う一言。ではありニコリとはにかんだのちに相手の花札をみては、
「ほんっと山茶花先輩は、花札がすきですね。いつも花札一回は必ず触ってますよね。」

そう、花札を整理していた相手にこういうと、十万の前ではドッペルか否かはもう見分けがつくからきかない。こう、言われると、
「よくまあ、分身かそうじゃないかわかるよね。だってさ、その人に似た人は3人はいるっていうのに」
十万は、信じるかわからないが、ドッペルのあるある。として、、じぶんに似た人は少なくとも3人は存在してる。なのに、分身と疑わず本物かどうかよくわかるわね。と、思い
→十万、鈴香さん、all

3ヶ月前 No.51

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_keJ

〜白雪視点、5階廊下〜
「そうかな〜?可愛いかな〜?そうだよね〜」

そう言いながら腑抜けた顔になる。理由は今だに凛ちゃんの頬をぷにぷにしているからである。「やっぱり柔らかいわ〜」そう言いながら癒される白雪である。

「さてと、そろそろ来る頃じゃないかな。他のSランクの子が」

そう言いながらすぐに真剣な表情になる。
>>凛さん、ALL

〜十万視点、異能測定所〜
「これか?これは商売道具でもあり武器でもあるからな〜手入れは怠ったらダメだよ〜まあね〜賭博士の目を舐めちゃいかんぜ〜大体分かんだよね〜細かな癖やその人特有の勝負の仕方、視線の送り方とか細かいことでね。そういうのは一朝一夕では治せへんから分かるんだよね〜後は賭博士の勘さ、神頼みはしないけどな〜」

そう言いながらニコニコ笑顔で花札をまた一枚確認する。傷がついていたら商売道具には使えないのだ、だから一つ一つ確認するのだ。
>>美寿さん、鈴香さん、ALL

3ヶ月前 No.52

ラル @rarusann ★8ZXzCeKDQA_lfv

【1F下駄箱/加賀美琳華】

『はい!加賀美先輩も飛燕先輩もまた今度!』

四電に軽く手を振ってから、飛燕の横を歩く。相変わらず大鎌と大宇k-2は持ったままだが。

『ハハハ…鳳四電くん、飛燕、って…オレだけ呼び捨てかよ。』

「別に悪くないじゃん。何かこう言いやすいとかそういうのだから」

そういう話をしながら教室に向かい、ドアの前に立つ。
大鎌を持っているの重いなぁと思い、手を放つ。だがそれは下に落下せず、空中で高さを維持したまま停止している。
そしてドアを開ける。言い放つ。

「はいはい。私の名前は加賀美琳華。こんな制服だけどまぁよろしくね。ついでに隣にいるのは渡空飛燕。私の彼氏ね……まぁそれを信じる馬鹿は流石にいないと思う。まっよろしく」

ヒラヒラのフリルを強調させながらここではキャラが不安定なキャラで行くかと頭の中で考える。

>>渡空飛燕様、赤羽凛様、白雪様、ALL

【渡空飛燕様すみません。邪魔でしたら訂正させて頂きます】

2ヶ月前 No.53

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_keJ

〜白雪視点、5階教室〜
「ん?よろしくね〜私は白雪。まあ簡単だから覚えやすいとは思うけどね。まあ覚えるかは自由だよ、そこはね。流石に信じないわよ、私はね」

そう言いながら少しにこやかに答える、その後すぐにクールな顔になる。そしてクロレッツを食べた後、流石に彼女の件は気にしないしそれに白雪はどうにも服装の方が気になる、滅茶苦茶気になる。

「(やっぱりその服装いいわね〜)」

そう言いながら一瞬だけ目を細める。だけどすぐに元の顔に戻る。

>>琳華さん、凛ちゃん、飛燕さん、ALL

2ヶ月前 No.54

赤羽凛/五条美寿 @railguns03 ★iPhone=gXeY8DTIMi

【5F廊下/赤羽凛】
「噂をすれば来たわね。加賀美琳華さんに渡空飛燕っちか。うん!こちらこそ宜しくね。」
二人の名前を聞けばいい名前してんじゃん。と、おもいながら飛燕を彼氏だと言う相手に、一瞬マジで?と言いそうになるがんなわけあるか。と思いジョークとしてうけとめ、この子、マジで会話のセンスあるかもと思う。それと同時にそんなことが自己紹介出会えることに羨ましさも感じながらに
→白雪、加賀美琳華、飛燕、all

【五条美寿/異能測定所】
「ほんと、マメなんですね。てか、その人のくせとかも逐一見てるとか流石自称儲け博士!」
普通じゃ、気づかないことまで気がついたりするとかある意味すごいな。このお方はと「儲け専門で攻めていったほうがいいかも!と思い彼には自身のあれは見破られてる。まあ、それは当たり前かもと思い→十万、all

2ヶ月前 No.55

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_keJ

〜白雪視点、5階廊下〜
「来たね。まあとりあえずお近づきの印にポッキーあげる」

そう言いながら3人にポッキーの袋を渡す。その間にも3人の格好を見ながらなんのコスプレ衣装が似合うか考えていた。
>>凛さん、琳華ちゃん、飛燕さん、ALL

〜十万視点、異能測定所〜
「そうだよ〜俺は賭博士だ!儲け博士じゃないからな!それと実際に博打で稼いでいるからな俺は!」

そう言いながら全力で否定する。そして一度溜息をついた後今度は花の順に花札を並べ始める。

「・・・・・・・問題なさそうだな」

そう言いながら花札を見る目がさっきとは違い鋭くなる。がすぐにいつもの顔になる。
>>美寿さん、ALL

2ヶ月前 No.56

渡空飛燕 @hirundo058 ★Android=nbOWE0yYj9

【 1階廊下 】


「ああ、またな。四電。」

四電に別れを告げると琳華に「じゃあ行くか」と呼びかけようとしたが、隣に琳華はいない。

って、アイツはっや…!?

もうすでに階段に登り、教室のある5階へ向かっていく琳華に驚きを示すとそう思い、急いで自身も階段を登っていく。

【5階廊下】


「はあはあ…ったく、どんだけ速えんだよ。」

能力を使ってないのにも関わらず飛燕はやや疲れていた。1階から5階までの階段を全速力で駆け上がったため、流石にこれは体力的にきつい。ようやくたどり着くと琳華は他の二人と廊下で会話をしていた。そこで「私の彼氏の…」という声が聞えれば何言ってんだあいつ…!?と内心思い、その現場へ来る。

「うぉい、嘘教えんな…っ!」

琳華に指さしながらそう言うと、

「あ、よう…!凛と白雪だったな。」

二人に軽く手を上げて挨拶。

>>凛、白雪、琳華、all

2ヶ月前 No.57

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_keJ

〜白雪視点、5階廊下〜
「階段全力疾走お疲れ様〜まあこれ食べて落ち着きなよ」

そう言いながら飛燕にクロレッツを渡す、もちろんまだ未開封のを。自分の使っていた方だと思った?残念、普通に未開封のです。

「それにしても3人ともイケメンに美女とまあ凄い組み合わせだね〜」

そう言いながらカメラの形を手で作り3人をファインダーに見立てた枠越しに眺める。
>>凛さん、琳華さん、飛燕さん、ALL

2ヶ月前 No.58

赤羽凛/五条美寿 @railguns03 ★iPhone=gXeY8DTIMi

【5F廊下/赤羽凛】
ん?ポッキーありがとね!白雪ちゃん!私も何かあげるべきなんだろうけどね」
生憎、今は、何も持ち合わせてないのよ。と、また、後日埋め合わせするから。と、言いながらにポッキーというとなんか懐かしい味のような気がし、飛燕が、全力疾走で例の、彼氏という話を否定。そして、こちらの名を確認する
「うん。あってる。赤羽凛だよ。宜しく。渡空飛燕くん!」
琳華さんの紹介にあった。と、思いながらに、そのためこちらの名を知ってるのだ。
→渡空飛燕、白雪、琳華、all

【五条美寿/異能測定所】
「そっか。山茶花先輩ってやっぱりすごいんですね。博打で、稼いじゃうんですから。賭け博士ってさん?」
こういう才能も自身はないから、ある意味羨ましかったりしたのか、相手のことを儲けの、天才さん。という異名?を勝手につけて十万は、花札に夢中で、それに問題ないと分かればいつもの十万になる。彼女は、結構彼が友達として面白いから、好きであるが、そこまでの考えは流石に読めないはず!こう思いながらに。
→十万、異能測定所、all

2ヶ月前 No.59

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_keJ

〜白雪視点、5階廊下〜
「別にいいよ〜持ち合わせはかなりあるから」

そう言いながらそこら中からお菓子が出てくる。どんだけ持ってんだよって程に。そしてやはりこのメンバーがどんなコスプレ衣装を着せるか考えている。

「凛ちゃんは『不思議の国のアリス』で確定で、琳華ちゃんは敢えて『和服』だったり、飛燕には『黒騎士』かな〜やっぱり」

何気に全員の事を観察しての結果だった。
>>凛さん、琳華さん、飛燕さん、ALL

〜十万視点、異能測定所〜
「何が凄いのかよく分からないが、まあありがとな〜そうしないと生きていけなかったからな〜もう呼び名に関しては何も言わないことにしたわ〜まあ敢えて何も考えなかった事にしておくわ〜」

そう言いながら表情をころころ変える。嬉しそうにしていたら悲しそうな顔になったり、呆れた顔にもなった。

「それとこいつらが『俺達のこの嬢ちゃんに説明しろ』ってうるさくてな、説明してもいいか〜?」

そう言いながら美寿の前に花札を置いた。そして一気に全ての札を表に向けて美寿に見えるように見せる。
>>美寿さん、異能測定所ALL

2ヶ月前 No.60

スサ男くん @kodai4370 ★iPhone=lDnPmqpCDo

【久那 瞳蓮 / 4F・廊下】


「…これだけ静まり返っている学級というのも確かにおかしな話しだな。 強いから粋がって不良ぶっているわけでもなさそうだし…。 よし、Cクラスに戻ってもどうせ暇を持て余すだけだ、同行するぜ!」

何故こんなに人がいないのか、というのはまぁそれなりのレベルで疑問を抱いていた。クッキーを頬張っている間にも人っ子一人姿を見せない。もはや怪奇現象の類を疑うぜ。昔だったら神隠しだとか、天狗に連れ去られたとか、莫迦らしい伝承と勘違いするかもしれないが、生憎、現代には文字通り人を消すような力を持つ人間が跋扈している。登校中のAクラスが、早くから来ていた一人を除く全員がやられた、というのがオカルトルートを除けば妥当な線か。流石に無理やりな脳筋全開の考えだったな、これ以上は辞めとくか。でももしも、仮にそうだったらAクラスの連中とやりまくったってのか、羨ましいぜクソッタレ。いや、だから、すぐそっちに持っていくんだな、俺は。


「覚えている限り、Cクラスにはそこそこ人がいたし、まずは一番近いSクラスかBクラスにでも行って探検してみるかぁ?」

えらくノリノリな様子に見えたかもしれないが、初っ端から戦闘狂ということを伝えたことを踏まえれば、いきなりSクラスを提案した理由にもすぐ気づいてくれるだろう、目の前のこの少年、いや青年か、判別し辛いぐらい大人びているが、戦いを好まないという前情報があるし、このまま気づくなというのは些か傲慢か。それでもSクラスには会ってみたい。学園の頂に立つ正真正銘の化け物集団、やべーやつら。両手が使えないから階段を登ることすら命がけなので、この4F自体奥にある特訓所を利用する以外の目的で訪れることもない。だったら当然、あわよくばぶっ潰してやりたいところだと思ってしまうものだが、まぁ、どれほど強くても、この拘束具を外してくれるような心踊るヤツは流石に会えんと思うがな。

ニヤニヤと不気味に笑ってしまったが、ハッと我に返ってマスクを付け直し、手の形を留めていた黒い塊を消滅させ、移動する準備に入る。後はこの男が動くのを待つだけだ。


≫木屋瀬钁様、all様

2ヶ月前 No.61

渡空飛燕 @hirundo058 ★Android=nbOWE0yYj9

【5階廊下】

「ありがとよ」

はあはあと少し息切れをしていた所、白雪からクロレッツを受け取れば袋をやぶってそのまま齧り付いて食べる。少しは休めたのか、息を整えれば白雪の顔を見つめてそうお礼を言う。白雪の顔を見ていて飛燕はどこか違和感を覚えた。

なんかコイツ、他人の気がしねえ…

白雪と凛たちはこれから初めて出会うような相手なのに白雪に対してはどこか不思議な感覚を持っていた飛燕。そんなわけで白雪を見ていてそんなことを思う。

「あ、おう!宜しくな、凛!」

凛の声に( ゚д゚)ハッ! と気がついた飛燕は凛の方へ向けば笑みを浮かべて拳を向けてそう返事する。

>>白雪、凛、all

2ヶ月前 No.62

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_keJ

〜白雪視点、5階廊下〜
「どういたしまして。(どうやら何か気付いたようね、もう少しだけ泳がせようっとすぐに教えてもいいけど面白くないしね)」

そう言いながら普通に微笑む。そして意味深な事を考えている。まあすぐには教えないのが白雪クオリティーである。まあどうせ言わないといけないのだがな。

「こっちも食べる?凛ちゃんもどうぞ〜」

そう言いながらバームクーヘン(未開封)を取り出して飛燕と凛ちゃん、琳華ちゃんに渡す。
>>凛さん、琳華ちゃん、飛燕さん、ALL

2ヶ月前 No.63

渡空飛燕 @hirundo058 ★Android=nbOWE0yYj9

【申し訳ございません。クロレッツをお菓子だと勘違いした…←ググレカス】

>>白雪本体様

2ヶ月前 No.64

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_keJ

【大丈夫ですよ。誰にだって間違いはありますよ】

>>飛燕本体様

2ヶ月前 No.65

赤羽凛/五条美寿 @railguns03 ★iPhone=gXeY8DTIMi

【5F廊下/赤羽凛】
「お、いーの?こんなにもらっちゃって?」
こんなに沢山(と言っても二つなのだが、)もらっても大丈夫だったのかな?と、思いながらにとりあえずもらい、自身が異能が使えなくなった時使えそうだなと思っては、ありがたく受け取っときバームクーヘンは、自身も好きだ。そのため、何か拝むかのようにもらいながら
飛燕に、よろしく!こう言われれば此方はそう言ってもらえて嬉しそうに
「こちらこそ宜しくね!飛燕君!」
こう言いながらに笑顔を向けては彼、さっきの、ジョークとかじゃなくマジで彼女いそうとまで思い。あれ、もしかしたらジョークじゃなかったりしてと、思いながらに
→飛燕、白雪、琳華さん、all

【五条美寿/異能測定所】
「そっかぁ。なんか、先輩らしくていいですね。こういうとこ」何もなかったことにするし、考えてなかったことにするわ。とういわれると先輩らしくて自身は好きだよ。と、おもうとこういうとこは同時にかれらしくて好きだなと思って
花札を並べ説明していいかと問われると、自身は興味はあったのでいいですよ。と。返事をしながら
「そんなうるさかったんです?はい。かまいませんよ。」
こう言いながらに興味津々になりながら
→十万、異能測定所all

2ヶ月前 No.66

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_keJ

〜白雪視点、5階廊下〜
「いいのいいの大丈夫だよ〜」

そう言いながらにこやかに笑う。そして滅茶苦茶嬉しそうな顔をしながら3人を見ている。

「やっぱ全員本当にいい素体だわ〜本当最高!」

そう言いながらまた微笑んでいる。
>>凛さん、琳華ちゃん、飛燕さん、ALL

〜十万視点、異能測定所〜
「あ、ありがとな〜女の子にそう言われると嬉しいわ〜///」

そう言いながら照れている。まあ女性に言われたら嬉しくなるものだ。

「うるさいのは美寿ちゃんじゃなくてこいつら『花札』だよ〜了解」

そう言いながら花札をぽんぽん叩きながら言う。

「まあまずはこいつらは実際は『付喪神』って奴の一種だ。だから俺に話しかけるんだよ。まあ美寿ちゃんが可愛いからこいつらも反応したんだろうね〜」

そう言いながら花札を見せながら話す。そしてこれ(花札)が『付喪神』ということを話す。
>>美寿さん、異能測定所ALL

2ヶ月前 No.67

ラル @rarusann ★8ZXzCeKDQA_lfv

【5階廊下/加賀美琳華】

とりあえず初めから可笑しなキャラで挑んだが、少し変わってる奴だと思っているのか、こういうキャラに慣れているのか、全く動じている感じがしない。

『ん?よろしくね〜私は白雪。まあ簡単だから覚えやすいとは思うけどね。まあ覚えるかは自由だよ、そこはね。流石に信じないわよ、私はね』

『噂をすれば来たわね。加賀美琳華さんに渡空飛燕っちか。うん!こちらこそ宜しくね。』

Sクラスに面白い人物はいないかなぁ……と窓の外を見ている時飛燕がやって来た。彼の様子は疲れており、軽く息切れしている。

『うぉい、嘘教えんな…っ!』

「あ、そうだ私はそういうの興味はあるけど相手はいないからねいつでも歓迎するよ」

飛燕を完全無視する。その間に飛燕は二人に挨拶している。

『あ、よう…!凛と白雪だったな。』

『来たね。まあとりあえずお近づきの印にポッキーあげる』

ありがたくポッキーを貰い、それを食べてから言う。

「あんがとあんがと〜今何にも無いんだよね。ポケットの中にあるのは銃だけだからね」

そう言ってから、大宇k-2とDSR-1とHK416を適当に取り出す。

『それにしても3人ともイケメンに美女とまあ凄い組み合わせだね〜』

彼女自身一応可愛いと思い、制服を改造制服にしているため、こういうのはかなり自信があり、美女と言われ外からは無表情だが、内心はかなり喜んでいる。だが、そう言われたのは初めてのためどう反応すれば良いのか分からず、う〜んと考えるが出て来る気配が無い。だが最低限のマナーというかそういう事を考えると自然と言葉が出てきた。

「あんがとね。この制服も結構自信があってやってるからそう言われるのは嬉しいよ」

>>渡空飛燕様、赤羽凛様、白雪様、ALL

【場所が教室だと間違えていました。すみません】

2ヶ月前 No.68

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_keJ

〜白雪視点、5階廊下〜
「どういたしまして〜いい武器持ってるね〜まあ武器の事は詳しくはないけどね。でもそれが強い物なのはよく分かっているつもりよ」

そう言いながら出された銃を眺める。それがかなり興味深いものだったので次はこういうの作ってもいいかなって思い始めた。

「どういたしましてだよ〜私は服装とかコスプレ衣装を作ってるんだけど本当にいいわね〜こういう制服も最高にいいわね、作りたくなるほど最高の出来ね〜本当最高!」

そう言いながら目をキラキラさせながら琳華ちゃんの着ている制服を眺めている。
>>凛さん、琳華ちゃん、飛燕さん、ALL

2ヶ月前 No.69

友禅 @yuuzenn☆fXqsD0VZIxk ★YRuDhSwQ0p_Oem

【 木屋瀬钁 / 4F・Aクラス教室 】
【 絹綿潮井 / 4F・廊下 】

 同行すると宣言してくれた瞳蓮に相好を崩して喜びを表現する钁。良かった。上のクラスにしろ下のクラスにしろ、一人で訊ねたことはないので少し心細かったのだ。人が付いて来てくれるなら腹が据わる。遅ればせながら彼がCクラスだという情報を得たが、だからといって彼が頼りにならないとはちっとも思わない。むしろ雰囲気と見掛けだけなら自分より圧倒的に強そうだし、好戦的だし、もし彼が他のクラスの面々に喧嘩を売りに行ったら自分がちゃんと止めないとな……とかそっち方面の心配が勝るくらいだ。

「ついて来てくれるんだね、ありがとう。……その二択なら、Bクラスに行こうか」

 彼の様子を見て本心ではSクラスに勝負を吹っ掛けたいんだろうなと察してしまい、咄嗟にBクラスをチョイスした……は良いものの。よくよく考えれば彼がCクラスである以上、彼にとってはBクラスとて格上。弱い者いじめ云々の理由で喧嘩を売らない理由にはならない。どうせ暴力沙汰になる可能性が高いことを見込めば、いっそ自力で対処してくれるであろう面子の多いSクラスに足を運んだほうが結果的に被害者が減る可能性もある。今から「やっぱりSクラスにしよう」と提案し直すべきだろうか。
 脳内でぐるぐると回る『Sクラス』と『Bクラス』の看板。さて最終どちらにすべきかと悩ましな目付きで虚空に視線をやれば、ちょうどそのタイミングで廊下からコツコツというヒールのある靴特有の足音が響いて来た。咄嗟にティーカップを置いて立ち上がり、そちらに意識を集中させる。Aクラスの生徒かもしれないと予測したからだ。が、十数秒後に姿を現した生徒はAクラスで見掛けたことのある者ではなかった。原宿あたりでならよく見かけるゴシックパンク、通称ゴスパンクなテイストの衣装に、これ以上なく赤(あか)くて紅(あか)くて朱(あか)くて緋(あか)くて丹(あか)くて赭(あか)い髪と唇。地獄の鬼が故郷の業火と見間違えて寄って来そうな色彩を有した女は、钁が言えたことではないが学生よりも成人に見える強かに整った顔立ちをしていた。背丈もすらりと伸びやかなのを、下手な定規くらいはあろうかというとんでもない高さのピンヒールが余計に強調している。そして極め付きに白い肌は、彼の脳裏にこの三文字をよぎらせた。――『吸血鬼』。

「――あら、珍しいわね。この時間帯になってもAクラスは貴方たち二人だけ?」

 通り過ぎ様にふと教室を見るだけの予定であったはずの女は、その教室の中にいる人数のあまりの少なさに思わず足を止め、廊下からこちらへ声をかけてきた。瞳蓮をAクラスのメンバーと勘違いしている辺り、十中八九Cクラスの生徒でもあるまい。となると、3Fの女子トイレが埋まっていたからわざわざ4Fまでやって来たBクラスの生徒、逆に5Fの女子トイレが埋まっていたからわざわざ4Fまでやって来たSクラスの生徒、などのパターンが当てはまる確率が高い。この場合のトイレはもちろん適当な例として挙げただけであり、実際女子トイレも男子トイレもそこまで混雑必至の人気スポットと化すことはないが。

「いや、Aクラスの生徒は私だけだよ。こちらの彼はCクラスの久那瞳蓮くん。いつまでたってもクラスメイトが現われないので、今から他のクラスでも同じようなことが起こっていないか聞き込みでも開始しようかと考えていたんだ。彼はそんな私に付き合ってくれる青年さ」

 軽く事情を説明すれば、興味が湧いたのか湧かなかったのか「へえ」と簡素な返事を相槌代わりに漏らす女子生徒。次いで少し考え込む素振りを見せた後に口を開く。

「……関係あるか分からないけど、A組の担任が連絡をミスっただのミスってないだのの話を他の教師と職員室前でやってたわよ。そっちに先に確認とってみたらどうかしら?」

 それだけ言って、彼女はひらりと手を振りA組前の廊下を後にしようとする。結局、彼女はBクラスとSクラスのどちらの生徒なのだろう。聞こうにもわざわざ相手の足を止めるのが申し訳なく、钁はすっかり聞きそびれた。

>久那瞳蓮様&ALL様

【スレ主様から特にご指摘が無かったのでOKだと見做し登場させましたが、普通にプロフィールを見逃していただけとかでしたらすみません……!】

2ヶ月前 No.70

スサ男くん @kodai4370 ★iPhone=lDnPmqpCDo

【久那 瞳蓮 / 4F・廊下】


やっぱり気付くか。ま、あれだけ伏線張りまくって匂わせたのなら誰でも気付くか。あんな美味いお菓子を貰えて満足、それだけで実はもう拘束具が外れそうなのだが、甘い物を食べて暴走なんて流石にキャラに合わない。これだけ強面でヤバそうな見た目なのに、リミッターの解除条件がそんなメルヘンチックなんて思われたくはない。自由になりたい本能を力ずくで否定してくるとは、そんなに自分の見てくれが砕けるのが嫌だったのか、俺は。どちらにせよ、行き先がBクラスなら手頃なヤツがいるだろう。少なくともこのふざけた鎧を戦いで外した、って状況にできるレベルの使い手はいるはずだ。行ったことないから知らんが。

「おい、急にフリーズしたぞ、どうしたんだ?」

行こうとした矢先になんかいきなり虚空を見つめ出したが、何か考え事でもあるのか、その様子をただ傍観していると、どこからか突如聞こえて来たヒールの音。学校に似つかわしい音ではあるまい、俺が言えた義理でもないが。その立ち姿は全身赤色、とにかく赤い、俺の瞳より赤い。
見るからに高圧そうなイメージとは違い、比較的常識的な会話をAクラスの優男と繰り広げた後、こちらが声をかける間も無く廊下を後にして歩き始めた。さっきの会話を聞くとどうやらAクラスの人間ではないようだ、となると所属しているのはBクラスかSクラス。Cにあんなの濃いヤツがいたらとっくに宣戦布告済みのはずだ。見た目だけで判断するならそれほど強そうではない、Bクラス、のオーラじゃねぇな。あれは間違いなく化け物だ、あのレベルがこの学園にウヨウヨいるって思うだけで興奮と鳥肌が止まらねぇぜ。

「にしても連絡をミスったねぇ、教師にあるまじき行為だな、職務怠慢でクビになっちまえばいいのに…じゃあそっちに行ってみるか?」

めんどくさいが一度同行すると決めた以上、彼の意思を聞いておくことにした。内心あまり楽しくないのは事実、そりゃそうだ。確かに化け物共が巣食う学園を運営しているのだ、もっと尋常じゃない力を持つ輩がいてもおかしくはない。だがそれでも興味をそそられない、既に成長して後は退化していくだけの人間に勝った所で、体力の衰えを実感させてやるだけ、生物として俺が満足することは多分、というか絶対にない。ハゲ寸前のオッサンを倒して嬉しいか? そういうことだよ。つーかそんなことしてみろ、1発で退学だ。まぁ、Aクラスの様子が気になるのも事実だし、ここまで来たらやはり知っておいた方がいいだろう。もしかしたら行って戻ってくる途中に誰か来るかもしれないからな。


≫木屋瀬钁様、all様

2ヶ月前 No.71

渡空飛燕 @hirundo058 ★Android=nbOWE0yYj9

【5階廊下】

「ありがとよ。」モグモグ

白雪からバウムクーヘンをもらうなり、それを一口かじって口の中でもぐもぐしながら飲み込む。美味しかったのか少し笑みを浮かべており

「ああ!」

凛の笑顔を見るなりこちらも自然と笑みを浮かべてみる。ちなみに凛の心情は知る由もなく、ちなみに飛燕に彼女はいないため知ったところであまり反応はしないが…

>>凛、白雪たち

2ヶ月前 No.72

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_keJ

〜白雪視点、5階廊下〜
「どういたしまして〜」

そう言いながら白雪は普通にポッキーを食べながらやはり服装が気になるようでじろじろと見てしまう。

「(う〜ん、確かに黒騎士辺りが似合いそうな感じはするけど敢えての和装も似合いそうなのよね。そう考えると忍者も捨てがたいわね。逆に山賊もありかもしれないわね)」

そう考えながら2本目のポッキーを食べながら思うのだった。ちなみに頭の中で色々と衣装の事を考えているのか周りからしたら普通に目つきが鋭く恐ろしくも見えるがどうしても白雪自身が美人なためか逆にそこそこのかっこよさを感じれてしまうのだった。

>>凛さん、琳華ちゃん、飛燕さん、ALL

2ヶ月前 No.73

友禅 @yuuzenn☆fXqsD0VZIxk ★YRuDhSwQ0p_Oem

【 木屋瀬钁 / 4F・Aクラス教室→1F・職員室 】

 結局、吸血鬼っぽい女子生徒はなんのために4Fまで来たのかも明かさぬままこちらの眼前から姿を消した。本当に他の階のトイレが混んでいただけかもしれない。
 閑話休題。とにかく職員室へ赴くことになった。瞳蓮の言葉に「そうしよう」と頷き返してから職員室に到着するまでの所要時間は二分ちょっと。階段を降りて廊下を歩くだけなのでそんなものだ。コンコンコンコンと四回ほどノックして、丁寧に「失礼いたします。Aクラスの木屋瀬です」と室内に声をかけてから相手の反応を待つ。どこのクラスの担任かは分からないが「どうぞー」と許しが出たので一礼して扉を開け、瞳蓮が後から入ってくるだろうからあえて閉めずにそのまま開け放しておく。
 Aクラスの担任は……いた、端っこのほうだ。何やら慌ただしい様子で己のパソコンに付属しているワイヤレスキーボードをかちゃかちゃと叩きまくっている。文章を書いているらしい。さきほどの謎の女子生徒の発言を鑑みれば、連絡ミスを犯したことで上に提出する必要が生じてしまった謝罪文あたりか。テーブル上の珈琲がタイピングの衝撃でちょっとこぼれるくらい鬼気迫る動きをしていたAクラス担任だが、生徒の声が聞こえたことでふと顔を上げ、それが自分のクラスの者だと分かると勢いよく立ち上がり出入り口のほうへ駆け寄ってきた。そして钁らの1m手前で急停止し、ばっと効果音がなるほどの速さで頭を九十度にまで下げる。

「すまん木屋瀬! 昨日酔っ払って『明日は記念日で学校が休み』とかいうジョークメールをAクラス全員に送ったのは俺だ! 訂正と謝罪のメール回し直したのはさっきなのに、もう学校に来てくれたんだな! 本当に迷惑をかけた! 申し訳ない!」

 深々と、誠心誠意の謝罪を受けた。……は良いものの。钁はメールの話が一体なんのことか分からず、きょとんとした顔で小首を傾げるばかり。数秒遅れで己のスマートフォンを取り出しメールをチェックするも、やはり受信メールは0件と出ている。
 よもや自分だけ担任からメールを送られていないのか。意図的にハブられていたならかなりショックな案件だ。傷付いたような顔をして担任を見返せば、担任は「いや俺はAクラスの全員に送ったぞ!?」と主張するように両手を顔の前でぶんぶんと振る。嘘を吐いている気配は無い。

「――あ。そういえば、このスマートフォン先週新調したばかりでアドレスが変わったんでした。それで私にだけそのメールが来なかったのかもしれません」

 ぽんと手を叩いて問題を解決する答えを思い出したことをアピールする。なるほど。どうやらAクラスの生徒が学校に来なかったのは酔っ払った担任が酒のノリで休校メールを送ってしまったからで、そのメールがアドレス変更によって届かなかったことで自分は一人だけAクラスに普通に登校していたらしい。謎は解けるとなんとも単純だ。わざわざ付き添ってもらった瞳蓮に申し訳ないくらいである。

>久那瞳蓮様&ALL様



【 絹綿潮井 / 4F・廊下→5F・Sクラス教室 】

 一方、钁の予想通り本当に5Fの女子トイレが使用中だったから4Fまで降りて来ていただけの絹綿潮井はというと。賑々しく会話をする廊下のクラスメイトたちにひらり手を振って軽い挨拶だけ残した後、そちらには合流することなくさっさと教室の中にまでたどり着いていた。
 教室の中には移動用に使った棺桶が鎮座している。従えた蝙蝠らが先に運び入れてくれていたのだ。それの蓋を開けてよいしょと中にすべりこみ、僅かな日の光を避けるように棺桶の蓋を閉める。授業開始までこうしてお昼寝……否、朝寝? をして時間を潰すのだ。
 クラスには決まって毎日会話するほど仲良しで気心の知れた相手もいないし、と、登校してきてから授業開始までの時間はいつも大体こうして過ごしている。そんな風に過ごしているから余計に友達ができないのでは、という指摘は至極正論だ。誰だって朝っぱらから棺でおやすみしている女に蓋をノックしてまで話しかけてはこない。

>ALL様

2ヶ月前 No.74

渡空飛燕 @hirundo058 ★Android=nbOWE0yYj9

【5階廊下】

「……………」

バウムクーヘンを食べながら白雪をじっと見つめる飛燕。やはりどこか他人の気がしない。が、自分はひとりっ子だし自分の親はすでに死去しているしかと言って恋人も見つけてはいないためやはり気になっていた。

「もしかしてだけどー、もしかしてだけどー、あんたはオレの実の娘なんじゃないのー?」

本当は自分の子どもだったりして、と感を働かせるも突然そんなこと聞いたらあれなのでふざけながら思い切って聞いてみて


>>白雪

2ヶ月前 No.75

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_keJ

〜白雪視点、5階廊下〜
「フフフ、まあね。ただこの世界ではなく別の世界、簡単に言うならパラレルワールドでは貴方の娘よ。でもこの世界では違うけどね」

そう言いながら白雪自身はそのまま笑うだけだった。その後知らん顔でポッキーを食べ始める。
>>飛燕さん

【パソコンの不調でキーボードが使えなくなっているので返信極端に遅れます >>皆様】

2ヶ月前 No.76

渡空飛燕 @hirundo058 ★Android=nbOWE0yYj9

【5階廊下】

「ふーん、やっぱそうなのか…」

ふざけていたとはいえ、○ぶ○っくネタはあっさりと流されたのはさておき、白雪の話を聞くとやはり驚きを隠せないでいるも、すぐに表情を戻して納得する飛燕。

「………あれ、凛達は?」

途中、会話が途切れた凛たちの方へ向き。

>>凛、白雪、all

2ヶ月前 No.77

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_keJ

〜白雪視点、5階廊下〜
「そういうことよ。まあそうね、行きましょうか」

そう言いながら白雪はポッキーを食べながら向かう。ちなみに食べているのはイチゴ味のポッキーだった。

「遅かれ早かれ気づかれるとは思ってたからね。まあ気にはしないけどね」

そう小言を言いながら皆の元へ戻る。
>>凛さん、琳華ちゃん、飛燕さん、ALL

2ヶ月前 No.78

赤羽凛/五条美寿 @railguns03 ★iPhone=gXeY8DTIMi

【5F廊下/赤羽凛】
「ん?なにかよんだ?私の名前聞こえたような気がしたけどさ」
何か自身の噂でもした?といいながらに、じしんとしては、自身もポッキーを食べては、うまい!と、グーっとしながらに
→飛燕、白雪、all

【五条美寿/異能測定所】
「そーなんだ。すごいねこれ!つか、それのことやったんやね。先輩はやっぱり凄いですよね。」
話を聞けば付喪神が、反応したのだとか何とか。そういうことがあるのか。すごいなと思いながらに
→十万、all

2ヶ月前 No.79

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_keJ

〜白雪視点、5階廊下〜
「まあ色々とあったんだよね〜気にしてないけどね〜」

そう言いながら白雪はイチゴ味のポッキーを食べながら戻る。それにやっぱり凛ちゃんには『不思議の国のアリス』だな〜と思いながらふふふと笑う。
>>凛さん、凛ちゃん、飛燕さん、ALL

〜十万視点、異能測定所〜
「そそ〜こいつらも美寿に褒められて嬉しいらしいぞ〜反応したのは俺がやった訳じゃなくてこいつらが単純に美寿が好きなだけだよ〜」

そう言いながら十万はまた花札をぽんぽんと叩く。

「こいつらはたいそう美寿が気に入ったようだな、まあだからってこういう時は触らせられないんだけどな、美寿には〜」

そう言いながら同じ種類同士を揃えるように並べる。
>>美寿さん、異能測定所ALL

2ヶ月前 No.80

渡空飛燕 @hirundo058 ★Android=nbOWE0yYj9

【5F廊下→4F廊下】

「…まあ、それにしてはオレに似てねえな。」

やっぱし別の次元のことだからか、それとも母親似なのかと内心思いながらも白雪の頭を撫でてみればそう言い。

「!…少し用事がある、またな」

ふとひとつ下の階の廊下のほうから興味のあるなにかを察したのか、三人の元から離れて1人4階の廊下へ向かおうと階段に向かって歩きだして


>>白雪、all

2ヶ月前 No.81

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_keJ

〜白雪視点、5階廊下〜
「まあ私は母さん似だからね。それにあまり頭撫でられてないから慣れない///」

そう言いながら白雪は少し照れる。そしてそのままイチゴ味のポッキーを早く食べる。

「行ってらっしゃ〜い」

そして歩き出す飛燕を見送るだけ見送って皆の元に戻る白雪だった。
>>飛燕さん、ALL

2ヶ月前 No.82

渡空飛燕 @hirundo058 ★Android=nbOWE0yYj9

【異能測定所】

ガラ…

此処異能測定所で突然、窓が開く。誰かが空けたわけでもなく勝手に開いたのだ。まるで誰かを入れるように。

先程からそよ風程度の風が外で吹いており、開いた窓から気持ちいい風が入ってくる。

…ひゅう…ひゅう…………ビユウウウウウウウッ!!

が。そんなとき明らかに風が一気に強風にまで強くなり、異能測定所内は風に包まれていく。そして、1人が窓から入ってきて地面に着地した。

ドスン…

「ん……ここか。」

窓から入ってきて着地したのは、Sクラスの風を操る能力者、渡空飛燕だ。両手をパーカーの前ポケットに入れたまま周りを見渡す


>>十万、all

2ヶ月前 No.83

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_keJ

〜十万視点、異能測定所〜
「うおおおおお〜!?」

素直に驚く十万。その時大量の花札が舞う。

「おいおいおい!?最悪じゃね〜か!ほいほいほい!・・・・・・・・・・良かった〜全部あるわ〜」

そう言いながらほっとしている十万。

「あんた何もんや〜?」

そう言いながら十万は窓からやって来た飛燕に話しかける。
>>飛燕さん、美寿さん、異能測定所ALL

2ヶ月前 No.84

渡空飛燕 @hirundo058 ★Android=nbOWE0yYj9

【異能測定所】

「よう、…あれ、あんたらだけか?」

周りを見渡したあと、目に入った十万たちに視線をむければ軽く手を上げてそう挨拶しては問う。「なんか強そうな感じがしたから来たんだが」と理由を説明し

>>十万、all

2ヶ月前 No.85

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_keJ

〜十万視点、異能測定所〜
「そうやけど、それにあんた誰や〜?まああんたがSランクだってのは分かったけどな〜」

そう言いながら寝ている鈴香を端っこに連れて行ってから改めて理由の件に答える。

「言うけどここはBランクとかの人間が来るばしょだぞ〜大体が弱い奴だろ〜?それにあんたが期待するほど強くはないぞ〜?」

そう言いながら十万は呆れている。
>>美寿さん、飛燕さん、鈴香さん、異能測定所ALL

2ヶ月前 No.86

赤羽凛/五条美寿 @railguns03 ★iPhone=gXeY8DTIMi

【赤羽凛/5階廊下】
頭を撫でられることに慣れていない。こう聞けばやはりそういうものなのかなとおもいそれは自分もだ。と、思いながらに
「いいなあお母さん似!うち父親似だからさー」
父親よりは母親に似ていたかったというふうにいうと、やはり、白雪は、こういうのは慣れてはいなかった。頭を撫でられたことがない。ということは学校とかで、勉強できても『褒めてもらえた経験もなかったのか』と、勝手に考えて→白雪、5階all

【五条美寿/異能測定所】
「てか、見覚えない顔だね。彼。てか、十万全部あってよかったね。無くさないだろうとは思うけど確認は、大切だね。」
知らぬ間になくしてたーなんてこともあり得る。だから、その都度こういうのはチェックするものだね!と、十万の肩をポンと、叩いては良かった良かった。と、安心してる様子
→十万、異能測定所all

2ヶ月前 No.87

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_keJ

〜白雪視点、5階廊下〜
「そうなんだよね、あんまり父さんとは似てないんだ、似てるのはせいぜい鬼畜に似た性格という所だよ。それに父さんにはあまり撫でられてないけど母さんにはしつこいぐらい撫でられたよ」

そう言いながら考え込む顔になったり赤くなったりしながら話している。実際父親にはあまり撫でられてないが母親にはかなり撫でられている。
>>凛ちゃん、琳華ちゃん、5階ALL

〜十万視点、異能測定所〜
「美寿ありがとな〜まあ全部あっただけまだましやな〜それにこいつらもちょっと怒っとるしな、今回は勝負してやろうかね〜」

そう言いながら花札の山札を切りながら話す。若干の花の匂いも漂ってきている。
>>美寿さん、飛燕さん、異能測定所ALL

2ヶ月前 No.88

神狼我 @jinrouga53 ★t8nMSzBLkR_keJ

>>88 なんですが見なかった事、なかった事にしてください。お願いします、予定より早くだしてしまったので】
>>スレ主様、皆さん

2ヶ月前 No.89
切替: メイン記事(89) サブ記事 (71) ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。