Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
切替: メイン記事(22) サブ記事 (51) ページ: 1

 
 
【1章】Catharsisー聖女の方舟ーNo.21 だけを表示しています。

友禅 @yuuzenn☆fXqsD0VZIxk ★DoaFJQIlTR_ouC

【 デボラ・ヴォーン / 4010号室 】

 女は物語の中で様々なものとして描写される。光り輝く宝石に、帰るべき灯台に、空に見える虹に、手の届かぬ天体に、咲き誇る花に、そして時として毒や魔の類に。『女』の柔らかさや美しさを愛する男も、蔑む男も、結局『女』を特別視していることに変わりは無い。それだけ男と女は異なる生き物で――どれだけ巧みな演技により青年従者を装おうデボラであっても、燕尾服を脱ぎ払ってしまえばどこからどう見たとて『女』でしかなかった。
 高級客船らしく広々とした造りの自室備え付けシャワールーム。一糸まとわぬ姿となって、デボラは水を玉弾くきめ細やかな皮膚に石鹸の泡をすべらせた。もこもこと良く泡立てた濃密な泡は、蜂蜜やハーブが練り込まれていてこれまた良いお値段のする匂いをぷんぷん放っている。物理的にも、比喩的な意味でも。たぶん古の寵姫らはこういう石鹸を使って侍女に身体を洗わせていたに違いない。お肌がちっとも突っ張らないのにさっぱりと汚れが落ちた感覚はあって、美容成分でもふんだんに入っているのか洗い上がった傍から仄かに肌色がトーンアップして見える。
 はっきりと香りながら不思議とキツさを感じさせない石鹸は、浴室からリアリティを削ぎ落とし幻想満ちたリラクゼーションへと変貌させていた。旅は現実を忘れさせるためのもの――で、あるならば。やはりこの船の完成度はさすがの一言に尽きる。日々の暮らしが決して苦痛でないデボラを充足させるのだ、生きづらい客はそれはもう非日常的空間をエンジョイしまくっているはずだ。

「入浴剤は――……ああ、ヒマラヤのバスソルトがある。これにしておこう」

 石鹸と同じく刻んだハーブの入った薄いピンクのバスソルトを、用意されていたオーガンジーの小袋にさらさらと流し込み、猫脚のバスタブへ放る。色や匂いからして、混ぜ込まれているハーブはカレンデュラ。デトックス、肌荒れの改善に効果を発揮する。従者ムーヴの裏側でこっそり食べていた高カロリーのご馳走たちが肌に悪影響を及ばさぬよう、このハーブとお塩には頑張ってもらおう。
 シャワーでお湯を流して、とっくの昔にトリートメントまで済ませた髪に手触りの良いタオルを巻く。筋肉と脂肪のバランスがとれたカモシカの脚を、えもいわれる芳香を放つ湯船に入れる。塩とハーブがほぼ半々の割合で入っていたのだ、そりゃあもうこれくらいの香りにはなる。量をケチればこうはいくまい。こういう所もさすがは高級客船。我らが偉大なる女王陛下も、きっと玉座の上で誇らしく微笑んでらっしゃる。嗚呼、英国万歳。

「God save our gracious Queen,Long live our noble Queen,God save the Queen:Send her victorious,Happy and glorious,Long to reign over us,God save the Queen――」

 ふと湧いて来た愛国心に促されるまま、女王陛下を賛美する国家を口ずさむ。バスタブの中で足を組んでへりに首を預けただらしのない姿勢でも、場所が場所なだけによく響き渡った。お風呂で歌えばどんな音痴だって多少はマシに聞こえるもの。それが普通に歌の上手いデボラとなれば、プロもかくやの響きに聞こえた。……もっとも、先程挨拶しあったばかりのクラリッサ・ナイトハルトなどであれば、例え風呂の中でなくったって風呂でのデボラの歌よりよっぽど凄いものを聞かせてくれる。音楽の女神として畏敬の念をこめ崇められる娘に張り合うなんて馬鹿のすることだ。デボラは自分の歌が下手とは思っていない。むしろ誰が聞いたって平均以上と自負している。が、それはあくまで記憶に刻まれる程度の上手さ。対してクラリッサの歌は魂にこそ刻まれる。――とかなんとか考えておきながら、これらは全て友人の受け売りから発展させているだけの感想で、デボラ自身は彼女の生オペラを鑑賞したことはまだ無い。奇跡によって授けられたとまで囁かれる唯一無二の歌声、是非とも一度は堪能してみたいものだが……。そこまでの評価を下される、否『捧げられる』クラリッサの歌をおねだりするのに結構なお金がかかることは想像に難くないので、この旅が終わってから改めて彼女のコンサートを訪れることにしよう。なにせ今のデボラは伯爵令嬢でなく青年従者。世界の歌姫にぽんっと高額ギャランティを支払えてしまうのはさすがに可笑しい。


>ALL様

【晩餐会の終盤には既にヘンリーと共にオープンデッキからおいとまし、就寝準備のために自室でシャワーを浴びているデボラ(なおヘンリーは別の部屋)という状況からスタートしてみます。殺人事件が起こった時にアリバイが無いキャラ枠を目指してみる】

2018/07/04 11:31 No.21

【1章】Catharsisー聖女の方舟ーNo.21 だけを表示しています。
切替: メイン記事(22) サブ記事 (51) ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。