Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(38) >>

暁学園

 ( オリジナルなりきり )
- アクセス(677) - ●メイン記事(38) / サブ記事 (22) - いいね!(0)

学園長(主) ★Android=m423oz7MOu

能力を持つ者以外は入れない、学校
特異なる能力を持つ生徒が波乱万丈の学校生活を繰り広げる!

それが暁学園なのだ!詳しい事はサブ記事に書きます!

切替: メイン記事(38) サブ記事 (22) ページ: 1


 
 

(主) ★Android=m423oz7MOu

【高等部三年二組の教室/森川陽】
始業式が終わり寮へとゾロゾロと生徒たちが戻る中一人、教室で寝ている奴が居た、森川陽だ

>>ALL

6ヶ月前 No.1

御澄美琴 @railguns03 ★iPhone=fZHfklgTyv

【御澄 美琴/中等部2年教室→】
始業式が終わろうがなんであろうが帰宅する気配を見せず単に暇だからとの理由で先程まで寝ていたが、同士(暇という意味で)を探しにでも行こうかな、とふらふらと屋上なりへと行こうかなと思ってたら森川陽をみかけては
「ねーこんなとこでなにしてんの?」
もしかしなくともいま暇人だったり?と、自分がそうだから、恐らく暇つぶしだろう、と思って
→森川陽、all

6ヶ月前 No.2

(主) ★Android=m423oz7MOu

【屋上途中の廊下】
陽「先輩だぞ、一応」
眠たそうな目をこすり後輩の注意をする
陽「美琴、美琴は寮生活?実家通い?」
と何気ない質問をし返答を待つ陽

>>美琴

6ヶ月前 No.3

愛美 @ami1010 ★Android=WRxowlozDn

佐々木愛美

(あれ?森川先輩?)
「先輩?寝てる....」
(少し声をかけて、様子を見て)

>>森川陽&all


佐々木桐矢

(あれ?)
「なー。御澄?何やってんの?」
(おなじ学年で同じ部活の御澄がいたから、声をかけてみて)
>>御澄美琴&all

6ヶ月前 No.4

御澄美琴 @railguns03 ★iPhone=fZHfklgTyv

【御澄美琴/屋上付近 廊下】
「あ、すみません。私は寮、ですかね。森川さんは、どっちなんですか?」
実家なのか寮なのかを聞かれると、家の関係で寮生活希望としてたんだった。、ともしも父方の祖母宅に自身が帰ってたら、父と鉢合わせでもしたら?と、もし、
と考えては、やっぱ自身は寮ですかね。と、やんわりと聞いて見ては敬語使うべきだったな。と、思って→森川陽
「なに、か。暇つぶし、かな。桐くんはなに、してるの?」
桐矢も、もし暇なようなら駄弁るかなんか、しようかな。と、思っては、そういう桐矢は?と、聞き返して→佐々木桐矢

6ヶ月前 No.5

★Android=m423oz7MOu

【屋上付近廊下】
陽「俺は寮だけど…………先輩ってつけろよな」
と美琴に聞かれた事を答え
注意する

>>ALL

6ヶ月前 No.6

愛美 @ami1010 ★Android=WRxowlozDn

佐々木桐矢


「俺も暇潰し。」
(ニコッと笑って、一緒。と呟き)

>>御澄美琴&all



佐々木愛美

「森川先輩。」
(少し小さな声で呼び掛け)
>>森川陽&all

6ヶ月前 No.7

御澄美琴 @railguns03 ★iPhone=fZHfklgTyv

【御澄美琴/屋上付近廊下】
「そうなんですね。ていうことは森川先輩、同じなんですね。」
注意されると、あ、それダメだったんだと思ってこれからは気をつけようと思い、相手も寮通いであるということに少し安心したように→森川陽
「マジか。始業式とか、式、終わった後とか午後からフリーだから暇なんだよね。」
相手も同じく暇であって自身と同じであることに関してはやっぱ式の後はやることないから暇なんだよなぁと少し考えた後に言いながらに微笑み返しては
→佐々木桐矢

6ヶ月前 No.8

幸色、 @mizukirei ★Android=EoD7v9hTEA

【水戸ひかり/教室→廊下】
「暇やなー、」
机に突っ伏し、さっきから同じ言葉をぶつぶつ呟いている。
すると、
「おもろいことないかなー、」
おもむろに席を立ち、廊下へと移動する。
そのまま、廊下をふらふら歩き回る。
→all様

6ヶ月前 No.9

シノア @siratuyu01 ★iPhone=ROVqwRM7iK

【中等部一年の教室/凪風紗彩】

「始業式疲れました。...お友達出来るかな...。」

始業式が終わり、教室に戻っては席に着き、ため息混じりに息を吐いた。その理由は、友達が出来るか出来ないかと言うごく普通の悩みだった。

>>all


(これからよろしくお願いします)>>本体all様

6ヶ月前 No.10

愛美 @yumeka11 ★Android=ygBSdWKAWU

佐々木桐矢


「だよな〜....わかるわかる。」
うんうん。と頷き、一緒に時間つぶさない?と聞いて

>>御澄美琴




佐々木桐矢

廊下
(あれ?女子がいる)
「ねー。もしかして一年生?」

>>水戸ひかり

6ヶ月前 No.11

友禅 @yuuzenn☆fXqsD0VZIxk ★DoaFJQIlTR_GwQ

【 蓮華王芹 / 寮の屋根の上 】

 学校で疲れることがあった日は家まで帰るのが面倒臭いから寮の一室分のお金を払って契約はしてあるけど、基本的には家に帰ってそこから通うことが多い。そんな寮生と実家通いの中間のようなことをしている生徒は、学園に何人ほどいるのだろう。きっとそう多くは無い。その多くは無い面々の一人が芹である。始業式を無事に終えた彼女――とはいえ傍目には『彼』である――は、体育館から出るや否や持ち前のパルクール技術を駆使して寮の屋根にひょいと飛び移り、こうして日向ぼっこなんぞに興じていた。頭上を行き交う雲と小鳥たち。快晴の青空から滲む日差しは目にまぶしく、されど眼球を焼くほどの烈火ではない。暑すぎず、寒すぎず、適度に暖かな良い気候。下では元気の良い生徒たちがけらけらと笑いながら歓談している。これぞ正しく青春の一幕。芹ももう少ししたら、自分たちの今後について談論風発の話し合いをしているあの生徒たちにでも混ざってみるとしようか。いや、寮の草が生い茂った辺りで四葉のクローバーを探している女子生徒を手伝うのも良いかもしれない。あるいは遠くに見える、校舎の屋上でこっそり煙草を吸っている生徒にお節介で声をかけてみるとか。……高い場所というのは、視点が広がり様々なものが見えるようになる。その最上位に君臨する者を人は神様と呼ぶ。芹は人間なので、空の上でなく建物の上くらいが限界だ。

「いやあ……こんなにお天気が良好だと、やっぱり眠気が降りて来ちゃうよねぇ」

 西日の射しこむ縁側で昼寝をする猫のようにごろりと丸まって、気の抜けたあくびを一つこぼす。並の学校であれば、こうして生徒が寮の屋根の上に寝転がって惰眠を貪ろうとするのは大事件として取り上げられるのかもしれないが……ここは暁学園、言うなれば怪奇現象の頻発する魔所。軽率に戦闘の起こり得る局地的世紀末。そんな学園で人に迷惑もかけず目立とうとすれば、空に編隊を組んで鋭角ターンでの飛行を繰り返す光るUFOの群れでも召喚しなくては難しい。あるいはそれ以上の何か。いきなり百万発の花火を打ち上げる、なんてのも有効だろう。芹はどちらも出来ないし、どちらをやる気も無い。そもそも日当たりと風通しの良い場所に来たかっただけで、人目を引きたかったわけではないのだし。

(三十分だけ眠って、起きて……そしたら何するかは、目覚めた時に改めて考えよう……)

 三十分後にアラームをセットしたスマートフォンを枕代わりのスクールバッグの傍に置き、瞼を閉じて完全に眠りの体勢に入る。充電の残量は92%。三十分のアラームごときで電源が落ちる心配は皆無。さあ、安心してお昼寝と洒落込もう。

>ALL様

6ヶ月前 No.12

幸色、 @mizukirei ★Android=EoD7v9hTEA

【水戸 ひかり/廊下】
「ん?」
何か声がする…声がする方へ振り向いて見ると、見慣れない人が。
「せやでー。誰や?」
そう言って、声のする方へかけだす
→佐々木さん

(本体all様へ
至らぬ点もあるかと思いますが、宜しくお願い致します!)

6ヶ月前 No.13

愛美 @yumeka11 ★Android=ygBSdWKAWU

佐々木桐矢

廊下

「やっぱりそうなんだ。俺は、二年。佐々木桐矢。宜しく」(ニコッと笑って手を差し出して)

>>水戸ひかり

6ヶ月前 No.14

御澄美琴 @railguns03 ★iPhone=fZHfklgTyv

【御澄美琴/屋上付近廊下】
「だしょ?うん。もちいいよー」
そういう時、どう暇潰そうか迷うよね。と、大体そういうときは、適当に買い物だとかたまに行ってたりはするがどうなんだろうか。と、思ってたりし
「あ、そいえばさこう買うときって基本的に何しとる?」
自身はその細切れ時間に食事買い出しだとか、宿題あれば宿題はしてるが、相手は何してるだろうか、と思って時と場合によるが寝てたりとか?ときき
→桐矢

6ヶ月前 No.15

シノア @siratuyu01 ★iPhone=ROVqwRM7iK

【中等部一年の教室→廊下移動中/凪風紗彩】

教室でため息混じりの息を吐きながら、荷物をカバンにまとめ、廊下に出ては生徒会室のある方へと歩いて行ったが...

「うーん...中等部の1年生だけど...生徒会の役員になれるのかな?」

考え事しながら歩いているため、人が居ると危ないのだが、紗彩にそれを考える余裕はないようだ。
なぜなら、憧れの生徒会としての活動が出来なかったらショックが大きいからだ。
その事を考えている間に、歩いていた足が止まっていた。

「と、とりあえず...生徒会室に行ってみましょう」

頬を軽くパシパシと叩き、もう一度止まった足を動かし、歩き始めた。

>>廊下all

6ヶ月前 No.16

(主) ★Android=m423oz7MOu

【生徒会室/森川陽】
生徒会希望メンバーが居るかと思い一応生徒会室で希望者を待つ
生徒会には入る条件が有る、それをクリアしなおかつ生徒会長をOKを貰ったら加入完了となる

>>ALL

6ヶ月前 No.17

三条飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=ptUsq2kgJI

【 屋上 】

「 あー、良い天気だな。絶好の日和だ。 」

屋上で一人、仰向けになって寝ている男___三条飛燕は、ヒコーキ雲と澄んだ青空を眺めていた。カラス、スズメなどの鳥たちを主に見ているようで、ツバメがいない事にやや不満そうにしつつもそのいい眺めに心を落ち着かせていた。

>>all

5ヶ月前 No.18

愛美 @yumeka11 ★Android=ygBSdWKAWU

屋上

(暇だな。屋上でも行こう。)
ガチャ
「?....あ。三条先輩?」

5ヶ月前 No.19

シノア @siratuyu01 ★iPhone=ROVqwRM7iK

【廊下→生徒会室/凪風紗彩】

しばらく廊下を歩いていると『生徒会室』が見えてきた。

「ここが生徒会室...。うぅ...緊張してきました。」

緊張しているのか紗彩の表情が少し硬く、ドアをノックする勇気がないのか、入口の前を左右に行ったり来たりと繰り返している。

「すぅ...はぁ...。よしっ!」

深呼吸をして、両手で頬をパシッと1回叩き、ドアをWコンコンWとノックした。

>>生徒会室all

5ヶ月前 No.20

三条飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=ptUsq2kgJI

【 屋上 】

__ガチャ

「 ……zzz…んぁ? 」

雲やら鳥やらを見る為に空を見つめていた最中、自分が操っていた訳ではないが気持ちよいい風に仰向けの状態ですっかり寝ていた飛燕。

そんな中、踊り場から屋上へのドアが開き、その開く音に反応するようにゆっくりと目を開ける。

___三条先輩

「 その声は…嗚呼、お前か。 」

目が完全に開けば、ゆっくりと起き上がり、ふああと軽くあくびをし、眠たそうに片目を手で擦りながら、声のする方へ向き、擦っていない手で軽く手を上げて。

>>愛美、all

5ヶ月前 No.21

★Android=6pVeRz5ZWi

【生徒会室】
ノックの音が聞こえてドアを開ける
陽「君は凪風紗彩か、生徒会希望かな?」
と微笑み聞いてみるが陽の目は何処か探ってる様な眼をしていて笑っていない

5ヶ月前 No.22

シノア @siratuyu01 ★iPhone=ROVqwRM7iK

【生徒会室/凪風紗彩】

「はい!生徒会書記希望の中等部1年...凪風紗彩です。」

現在、生徒会長の陽に生徒会希望か聞かれ、大きな声で「はい!」と返事した。そして、生徒会書記希望ということを言い、自己紹介をした。

しかし、気になっていたことが1つだけあったため、それを聞いてみた。

「あ、あの...中等部のわたしでも生徒会に入れますか?」

気になっていたことは、中等部でも生徒会に入れるのかという事であった。

>>陽

5ヶ月前 No.23

★Android=6pVeRz5ZWi

【生徒会室】
元気に答える凪風紗彩をジッと見つめフンっと笑った

陽「まぁ中等部1年の奴でも入れるが条件付きだ。」
と答え反応を伺う
陽「条件は二つ!一つ目は強者で有ると言う事、二つ目、クラス代表なんだし何事も真面目に取り組みクラスのメンバーを統率する事」
と条件を教えどうするかを待つように小説を読み出す、集中したら話が聞こえないぐらいだが読み出したとこなので聞こえているはず

>>凪風紗彩

5ヶ月前 No.24

愛美 @yuria1010 ★92K6SP3ona_M0e

屋上


「ここ・・たまに来たくなるんです。」

「眺めがよくて落ち着くので。」

三条センパイのところまで歩いてきながら


>>三条センパイ、all

5ヶ月前 No.25

飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=ptUsq2kgJI

【 屋上 】

「 なるほど、そりゃよく分かる…。 」ニッ

眺めが良くて落ち着からたまに来る、という彼女の一言を聞くと視線を相手からそらし、屋上故に高い所から見える多くの建物に向け、ニッと笑みを浮かべる。

「 なんか似てんな…オレら…! 」ハハハ

そして、こちらに向かってくる愛美に再び視線をむければ、自分とほぼ同じ思いを持っていたのに嬉しかったのか、笑みを絶やすことなく「ハハハ」と笑ってみせ。

>>愛美

5ヶ月前 No.26

三条飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=ptUsq2kgJI

【 屋上 → 廊下 】

屋上から廊下へ繋がる扉を開け、そこから出ていき、屋上を後にする飛燕。特に行くアテもなく、行きたい場所もない為「どこへ行こうか」と考えていた。

「 こんなときは本を読むのが一番だな… 」

てなわけで図書室を目指して廊下を歩いていく。知り合いやら自分と馬の合う生徒と出会えたらいいな、などと軽く笑みを浮かべていた。


>>all【レス蹴り。どなたでも絡み可能。必ず返します】

5ヶ月前 No.27

三条飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=ptUsq2kgJI

【 廊下 → 図書室 】

「いつも此処は静かで落ち着くな」ガララ

まるで自分の家に入っていくようなノリで図書室への扉を開ければ入り、すぐに扉を閉める。

「さて、なんの本読もうかな…」

何箇所がある本棚をどんな本があるかを確認するため、室内を一周しようと歩きだして


>>all【レス蹴り。どなたでも絡み可能。必ず返します】

4ヶ月前 No.28

海莉 @yumeka11 ★Android=ygBSdWKAWU

図書室

海莉「□」(本を読んでいる最中に寝ていて)

4ヶ月前 No.29

三条飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=ptUsq2kgJI

【 図書室 】

「さて、読みたい本ばっか持ってきたら結構な量になったな。」

両手に持っている何冊か積み重なった本を近くのテーブルにおいて、自分も席に座ろうとしたが

「そろそろ閉館の時間ですよ…」

そもそもここは図書館でもないし、時間制などないのだが起こす方法として意地悪そうに笑みを浮かべてみれば、海莉のそばへこっそりより、耳元でそう囁く。

>>海莉

4ヶ月前 No.30

飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=ptUsq2kgJI

【 屋上 】

「 あー、良い天気だな。絶好の日和だ。 」

屋上で一人、仰向けになって寝ている男___三条飛燕は、ヒコーキ雲と澄んだ青空を眺めていた。カラス、スズメなどの鳥たちを主に見ているようで、ツバメがいない事にやや不満そうにしつつもそのいい眺めに心を落ち着かせていた。

そして、会いたくもねえ奴と会うかもしれねえ、と密かに思いながら軽く笑みを浮かべていて


>>all

2ヶ月前 No.31

海莉 @yumeka11 ★Android=ygBSdWKAWU

屋上

(がちゃ)

「....先輩?」

何回もたまたまあってるな....と思って驚きと楽しさが混ざった気持ちになり

2ヶ月前 No.32

飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=ptUsq2kgJI


「…ん?よう…!」

屋上へやってくる足音とドアの音を聞けば視線をそちらに向けたあと、立ち上がって軽く手を降って笑みを浮かべれば挨拶する。

>>海莉

2ヶ月前 No.33

夏希 @natuki17 ★Tablet=yGQP61HILh

『放課後の廊下』
「えーーっと……教室は……どこだ?」
挨拶時に手渡された校内図を片手に1人廊下をさまようこと早20分。
完全な方向音痴である私……漣夏希は明日からこの学園に転校する中学二年生だ。
今日は挨拶に来たのだが、せっかくだから、と校内を回らせてもらったのだ。
「階段……上かな、?」
歩き回り疲れたせいで若干足取り重く、階段を登る。
そこは廊下……ではなく、扉がひとつあるだけだった。
「ありゃ……ハズレか」
ボソッと呟きながらも慎重に扉を開ける。
……屋上だ。
「え……やば、誰かいる……?」

>>>ALL(初です)

2ヶ月前 No.34

海莉 @yumeka11 ★Android=ygBSdWKAWU

屋上

(にこっと笑い返して)
「私たち。よく会いますね。」

なんか....私うれしいかもな。と思いながら

>>センパイ





屋上

「?」
(くるっと振り替えって)

2ヶ月前 No.35

夏希 @natuki17 ★Tablet=yGQP61HILh

『屋上』

「あ、ごめんなさい……!!」
初めて人にあった緊張とで思わず思いっきり頭を下げる。
そして、バタン、と1度扉を閉めたあと、あ、
と何かを思い出したようにまた扉を開けた。
「2学年って……教室どこですか……?」

>>>>海莉

2ヶ月前 No.36

海莉 @yumeka11 ★Android=ygBSdWKAWU

屋上

愛美)え。(一回ドアをしめられぽかんとして)

「教えてあげる!ついてきて!」(にこっと笑って)

「あ。私、3年の佐々木愛美。宜しくね?」

「三条センパイはどうしますか?」(こてっとくび傾げて)

2ヶ月前 No.37

夏希 @natuki17 ★Tablet=yGQP61HILh

「先輩!?ありがとうございます!!わざわざすみません……」
慌ててペコッと頭を下げる。

「私、明日から転入する、2年、漣 夏希です。」

〈チラッと先輩方を見ながら挨拶をする〉

「あっ…」
愛美先輩の言葉で、初めて後ろに人がいることに気づき、
もう一度頭を下げる。

「ほんと、お話中にすみませんでした……!」

2ヶ月前 No.38
切替: メイン記事(38) サブ記事 (22) ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。