Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1) >>
★この記事にはショッキングな内容が含まれます。もし記事に問題がある場合は違反報告してください。

名無し兵士達の鎮魂歌

 ( オリジナルなりきり )
- アクセス(124) - ●メイン記事(1) / サブ記事 (10) - いいね!(2)

語り部 @blize859☆wKMk21AYDk6 ★XfXF0jdJYf_qTF

「必ず生き残って…やる」

豪雪が舞う戦場に1人の兵士が歩みを続けていた。
彼の装備はとてもこの寒さに耐えられるもの代物ではない。
肌に突き刺していく冷たさが容赦なく襲いかかり、徐々に体温は奪われていく。
体の感覚もなくなってきた…視界は真っ白に包まれ自分が今どこに向かって歩いていくのかわからない。「生き残る」という強い意志だけが彼の体を動かす唯一の動力源になっていた。だがそれだけでは寒さに敵うはずもなく、やがて彼は行き倒れた…
その兵士の首元には「666」というタグをかけていた…。

―――――
聖歴1937年 5月。独裁国家「ヴェスパニア」が欧州全土に対して侵攻を開始。後に「ヴェスパニア戦争」が勃発し、短期間で欧州の大部分を占領する。これに対して欧州代表国家の1つである「アースバルク共和国」が小国5カ国共同で「アースバルク連合軍」を組織してヴェスパニア軍に対抗。
聖歴1940年 10月。アースバルク連合軍の活躍により、ヴェスパニア軍によって占領されてきた地域、国家は解放。勢力図は開戦前の状態へと戻りつつであった。そんな中、連合軍の中でとある部隊が組織された。

『第666特殊部隊』。軍規違反者や脱走兵で構成された通称「懲罰部隊」。請け負う任務も記録には残らない特殊なものばかり。正規軍からは捨て駒のような扱いを受け、補給や支援も受けることもできず敵軍から鹵獲した物資のみで彼らは任務を遂行しなければならざるえなかったのであった…。

そして聖歴1941年1月。連合軍は本格的に「ヴェスパニア」本土へと侵攻を開始。第666特殊部隊は過酷ともいえる東部戦線へと送られるのであった…。


【このスレでは第二次世界大戦をモチーフに参加者は第666特殊部隊の部隊員として過酷な戦場を生き抜いていく中で葛藤や絶望、そして生き残りをかけて終戦まで戦いぬいていくスレであります。もし興味を持ってくださった方はサブ記事にて詳細を説明します。】

切替: メイン記事(1) サブ記事 (10) ページ: 1

 
 

削除済み @blize859 ★XfXF0jdJYf_qTF

【記事主より削除】 ( 2018/01/07 22:49 )

12日前 No.1
切替: メイン記事(1) サブ記事 (10) ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。