Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(129) >>

紅夢学園

 ( オリジナルなりきり )
- アクセス(607) - ●メイン記事(129) / サブ記事 (53) - いいね!(4)

風の仮面 ★Tablet=HxljJI0MB7

皆のもの初めまして風の仮面です。ここの理事長だ。
能力者以外は入れないようになっておるので注意してくれたまえ。
サブ記事にプロフを書くので見てかいてからメモに書いてから参加してくれたまえ。サブ記事にプロフの見本を書くので絶対に見てくれ。

切替: メイン記事(129) サブ記事 (53) ページ: 1 2


 
 
↑前のページ (79件) | 最新ページ

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=YsiOVTQyN2

【 寮 】

鍵を渡たし、19時になったら食堂に来ることを告げて寮へ戻った陽に「テキパキしてんなあ…」と内心思いながらも自身も寮に向けて歩きだす。

そして、ついに寮に到着。その周りの風景とその寮を見ると、やはり寮生活も飛燕なりに楽しみにしているのか、まるで子供のように少し笑みを浮かべる。

寮へ入ると、他の人の部屋のドアや周りを見ながら自室へ向けて歩いていき、

「 209号室……ここか、 」ガチャ

着いた。ドアにその鍵をはめ込み回すと、ドアが空いてそこへ入っていく。そして、中へ入りドアを閉めたあと、鍵を閉めずにベッドの方へ向かっていくと倒れるように横になり、そして寝る。


>>ALL

24日前 No.80

上条陽 ★Android=m423oz7MOu

「修業でもするか。亅
そう思い外に出て呪文を唱えた。
『動かぬ人形に命を与えよ。ロフォカーレ』
と少々ダサい呪文を唱えて修業用の人形を出した。
ファイアーボール と心の中で唱えて修業用の藁人形を燃やした。するといきなり襲いかかってきた。
(ぐおおー)とこっちへ向かってきた。
「鉄人形も居るのか。それならちと本気を出さねーとな。亅
と言い池に落としそのまま雷を流し込む。感電するから効率がいい。

24日前 No.81

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=YsiOVTQyN2

【 寮 / 209号室 → 廊下 】

「 ……… 」

自分の部屋のベッドの上で横になり、うつ伏せですやすやと寝ている飛燕。ロボット破壊と罠回収が割と手間取り、また寮までの距離もそれなりに長かったため、疲れているようだ。

「 ……ん、タバコでも吸ってくるか… 」

ベッドから立ち上がり、眠たくなる目を擦りながらもズボンのポケットからタバコの箱とマッチ箱、携帯灰皿をそれぞれ指を挟めて取り出せば、ドアを開けて廊下へと出て

>>ALL

24日前 No.82

月谷理沙 ★Android=m423oz7MOu

歩いていると一人の男に出会った。
「あなたは誰かしら?私は月谷理沙 生徒会副会長よ。亅
と、目の前の相手に挨拶する。
「私とあなたVS陽で戦ってみないかしら?亅
と誘いをかける。

>>飛燕

24日前 No.83

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=YsiOVTQyN2

【 寮 / 廊下 】

廊下へやってくると、飛燕はすぐ近くの窓を開ける。外からは、いい感じに風が吹いており室内へ入ってくるが、煙を外へ出したい飛燕にとっては邪魔で仕方ないため、入ってくる風を操作して外へ出ていく風に切り替える。ちなみに学生鞄は部屋においてきたようで。

「 ( …… ) 」フー

そして、指にはさめていたタバコ箱などを一旦近くの台におき、タバコの箱からはタバコを一本取り出して口に加える。次に、マッチ箱からマッチを一本取り出して箱を擦って火をつければタバコの先に火をつけて、マッチ棒についていた火を消すと、最後に携帯灰皿へ捨てる。

「 渡空飛燕。 」

暇で仕方ない…が、一服していると一人の女子生徒が話しかけてくる。そちらの方へ向き、口に加えているタバコを人差し指と中指にはさめて自己紹介してきた為こちらも自己紹介する。

「 ……月谷、折角だが…オレは今勝負する気分じゃねえんだ… 」フー

窓の方へ体を向けてタバコを口に加えては離して、煙を外へ吐く。

>>月谷

24日前 No.84

月谷理沙 ★Android=m423oz7MOu

かっこいい。そう思ったがふと思い
「未成年喫煙者なの?亅
と聞く。私の姿が消えたと思っているであろう飛燕君。
「私は忍びの家系なんだ、まあ関係ないけどね。これから宜しく。亅
とニッコリ手を差し伸べた。

23日前 No.85

上条陽 ★Android=m423oz7MOu

誰かいる。そう思い声を上げる。
「誰だ!お前は生徒だよな。生徒じゃなかったら殺す。亅
と構える。



>>新入生らしき人物

23日前 No.86

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=YsiOVTQyN2

【 寮 / 廊下 】

後ろを向いたのは彼女がこの場から去ったと思ったからではなく、単に好きなタバコを楽しみたいからである。視線は理沙には向けずに空いた窓から見える青空を見つめ、喫煙をたのしんでいた。

「 … どうだろうな … 想像に任せる 」フフ

未成年者喫煙なのか?と聞かれれば表情を変えずに「どうだろうな」とそう返してみせる。その際、少しだが笑みを浮かべてみせるも相手に顔を見せていないため、彼女からはこれは見えなかった。

「 ……… 」チラ

よろしくね、と言われれば一旦視線と体を理沙の方へ向け(笑みは消えており)、手を差し伸べてくれた手が丁度タバコを持っていない方の手だったためそのまま握手に応じれば、理沙の笑顔を見ても何も思うことなく黙って握手する。

>>理沙、all

23日前 No.87

月谷理沙 ★Android=m423oz7MOu

『へえなかなか面白いじゃん』と思いながら微笑んだ。
「じゃあ飛燕くん、また後で。亅
私はそう言いながら玄関に向かって歩く。
「なんで外に出てるのよ。亅
と私は生徒会会長の陽に聞く。
上条陽
他の奴らを待っていると理沙が来た。
「ったく誰かと思えば理沙かよ。亅
というと
「失礼ね。んで何してんのよ。亅
はいはいめんどくせーな。
「他の生徒たちを待ってるんだ。亅

23日前 No.88

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=YsiOVTQyN2

【 寮 / 廊下 → 食堂 】

握手している手を放せば、「また後で」と微笑みながら玄関へ歩いていった理沙の後ろ姿をしばらく眺めた後、視線と体を空いている窓へ向ける。再び、自分の楽しみである喫煙にありつけるわけだが、タバコはじりじりと短くなっていき、もうほとんど吸い殻しかない状態になっていた。

「 ( ………。 ) 」フー

この最後の一服を満喫すると、窓際の台に置いてある携帯灰皿の蓋を開けてそこへタバコの先をぐりぐりと押し付けて消し、そしてそこへ入れてすてた。

「 さて、そろそろ行くとするか… 」

もう一本吸いたいところだが、上条の言っていた待ち合わせ時間に間にあわなくなるため(彼からすれば別に待ち合わせに間にあわなくても構わないのだが、上条に何言われるかと思うとめんどくさいため)、しぶしぶと台の上に置いてある携帯灰皿の蓋を閉め、タバコ箱とマッチ箱をそれぞれズボンのポケットへしまう(携帯灰皿→左側。他→右側)。そして、ゆっくりと食堂へ向かって歩いていく

>>all

22日前 No.89

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=YsiOVTQyN2

【 寮 / 廊下 → 食堂 】

握手している手を放せば、「また後で」と微笑みながら玄関へ歩いていった理沙の後ろ姿をしばらく眺めた後、視線と体を空いている窓へ向ける。再び、自分の楽しみである喫煙にありつけるわけだが、タバコはじりじりと短くなっていき、もうほとんど吸い殻しかない状態になっていた。

「 ( ………そういや、寮へ来てから弥生を見かけてねえけど…何かあったのか。。 ) 」フー

ふと、そう思いつつ、この最後の一服を満喫すると、窓際の台に置いてある携帯灰皿の蓋を開けてそこへタバコの先をぐりぐりと押し付けて消し、そしてそこへ入れてすてた。

「 さて、そろそろ行くとするか… 」

もう一本吸いたいところだが、上条の言っていた待ち合わせ時間に間にあわなくなるため(彼からすれば別に待ち合わせに間にあわなくても構わないのだが、上条に何言われるかと思うとめんどくさいため)、しぶしぶと台の上に置いてある携帯灰皿の蓋を閉め、タバコ箱とマッチ箱をそれぞれズボンのポケットへしまう(携帯灰皿→左側。他→右側)。そして、ゆっくりと食堂へ向かって歩いていく



【修正します】

>>all

21日前 No.90

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=YsiOVTQyN2

【 寮 / 食堂 】


「 ……。 」

食堂へやって来たが、皆の姿はなくキョロキョロと見渡している。


>>all

20日前 No.91

上条陽 ★Android=m423oz7MOu

食堂前
食堂につくと飛燕が居る。
早いな。あいつ。
「飛燕!遅くなってすまない。他の奴らが来るかと待っていたんだ。亅
と飛燕に謝罪する。
「お前、まさか弥生の事さっき考えてなかったか?なんとなくだが、寮の部屋にいるはずだよ。弥生は。けど姿が見えない、出てくる素振りもないんだ。亅
と心の中を見通して飛燕の疑問に答える。

16日前 No.92

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=YsiOVTQyN2

【食堂】

しばらく待っていると上条が現れる。そちらに視線を向ける飛燕。

「 いや、いい…。 」

特に怒っている様子はなく謝る上条にそうつたえる

「 ……!? 」

弥生の話を聞くといつもの冷静な表情から一変、深刻な顔をすれば食堂を飛び出して寮へ走っていく。

>>上条

16日前 No.93

★Android=m423oz7MOu

「ったくよー やれやれ言わない方が良かったか?だが勝手は許さない、理沙、ここは任せる。皆が集まったら先に始めといてくれ。亅
と、理沙に指図し、飛燕の行った場所へ向かう。
たったったったった、走る足音が聞こえる。
「おい飛燕俺も行く、俺の部屋は玄関に入ってすぐだ、その隣の部屋が弥生の部屋だ。確認するのはいいが、なるべく急ぐぞ。亅
と忠告しながら走る。

16日前 No.94

理沙 ★Android=m423oz7MOu

勝手すぎるのはあんたも同じでしょ、しょうがないか。
ふうーやれやれ、でも弥生が出てこないのは確かに気になる。私も行きたい所だけどあいつら二人に任せるわ。
それよりなかなかみんなが集まらない。
「学園長兼理事長の風の仮面さん、どうすんの。どうせ誰もいないしね。亅

16日前 No.95

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=YsiOVTQyN2

【食堂→玄関】

でない…なんてことがあるか…!

絶対何かことが起きた…!

「 弥生……ッ 」

付いてくる上条には視線を向けず、真正面しか見ておらず、唯一聞いていたのは弥生の部屋のことだけである。食堂を出て玄関へ向かおうとしている足を止めることなく向かっていく。そして、部屋の前にやってくる。

16日前 No.96

上条陽 ★Android=m423oz7MOu

さてとついたか。
「飛燕!ノックしてから開けろよ。...わかってるよな。亅
と言う。黙って飛燕がノックするのを待つ。
やれやれ入学当初にこんな事があったらいけねーよ。
もし弥生が居なかったら一体どうすれば良いんだ。くっそー。

>>飛燕

16日前 No.97

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=YsiOVTQyN2

【玄関】

「(………。)」コンコン

姿が見えない出てくる素振りがないと言っていたからおそらくノックは意味ないと思うが、上条の忠告に弥生の部屋のドアをノックする。

>>上条、弥生

15日前 No.98

★Android=m423oz7MOu

やはりか。どうする。
「出て来ないのならドア開けちゃっても構わないんじゃない。普通は鍵持ってないとだめだけど、ほらコレ、無くした人が使う用に一応スペアはあるから。亅
と弥生の部屋の鍵を渡す。
「後、それも無くしたら意味無くなるから無くさないで戻しに来いよ。亅
と注意する。
さてと俺は戻ろっかな。でもどうなるか見てみたいし。

>>飛燕

15日前 No.99

ツバメ @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=YsiOVTQyN2

【玄関】

「 …スペアがあるのか、てっきりマスターキーでも持ってるのかと思ってた 」

弥生の部屋のカギを受け取り、それを見る。

「 ( ………。 )ああ、分かった 」

もうスペアはないため、使ったら返しに来いと言われれば軽く頷けばそういい。そして、上条が戻っていくのを確認すれば部屋の鍵穴に鍵を差し込んで回す。

ガチャリ

錠が開き、中を見る。

「 弥生、いるか? 」

>>弥生、上条

15日前 No.100

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=YsiOVTQyN2

【名前入れ替えミス】

15日前 No.101

堀弥生 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

「んーよく寝た。ってどうしたの?」
飛燕がドアをノックするとさっきまで疲れからか爆睡してたようで「いるか?」との問いに「いるよ」というがわざわざ部屋に来てくれるとはと思い
→飛燕、上条陽

13日前 No.102

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=YsiOVTQyN2

【玄関】

「……さっき上条に弥生がなかなか出てこないと聞いて駆けつけたんだが、何もなかったようで良かったよ。」

間一髪だったのか、そもそも何もなかったのかは不明だが、とりあえず弥生が無事でただ寝ていただけということにホッと一安心すれば、神経を張り巡らせた上に普段日常で使うはずもない体力をここまで来るのに使ってしまったのか、ベッドに座っている弥生を横切り、ひと休憩と椅子に座り

「食堂にみんな集まるみたいだ。弥生も準備出来たら来いよ?」

勝手に何かあったと決めつけた飛燕も悪いとは思っているようで、とりあえず何もなくてよかったと思うようにし、さっきまで寝ていた弥生にそのことを伝える。

>>弥生

13日前 No.103

堀弥生 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【自室→食堂】
「心配、しててくれたんだ?なんかごめん。後、食堂集合の件、把握だよ。わざわざありがとうね。」
単に疲れて寝てただけでそこまで心配してくれる人が他にいただろうか。いや、いない。彼が初めてだったように思える。実の親ですら気持ち悪がって自身に近づこうともしなかった。そんな事があったからか心配してくれる人がいるだけで嬉しく思っては適度に支度をし、食堂へと向かい
→飛燕、陽

13日前 No.104

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=YsiOVTQyN2

【玄関】

「 あんたはオレが守るから… 」

弥生が部屋を出て食堂に向かうまでの支度の間、椅子から立ち上がり弥生の頭を優しく撫でてそう言ってあげれば、頭から手を退けて先に部屋から去って食堂へ向かった。

>>弥生

13日前 No.105

★Android=m423oz7MOu

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

12日前 No.106

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=YsiOVTQyN2

【弥生の部屋→食堂】

「 (………。) 」

部屋を出ていく際、すれ違った上条の手に弥生の部屋のスペアキーを握らせれば、そのまま横切って食堂の方へ向かっていく飛燕。さきほど通った道を通るだけでしかもそれほど距離も遠くないため一足先に食堂へやってくると席を選んでその席を座り

「 しかし…腹が減ったな。 」

他の生徒の席もあるが結構余ってるな、と思いながらも飛燕は勝手に席を選んでそこへ座っており、またお腹が空いたため「何か食うもんねえのか…」とおっさん臭いことをぼやいて

>>上条、all

12日前 No.107

堀弥生 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【食堂】
「うん。ありがとうね。なんか、そういう事言ってもらった事なかったからさとても嬉しかったよ。」
飛燕の言った一言に安心したのか、嬉しかったのか微笑んではまた、その放送が流れるなり、『そんじゃ早くいぐか?』と、言うとどこかすっきりしたかのように
「あーなんか心配かけちった?なんかごめんねー」
そう、上条に寝てただけだったからと、言っては
→飛燕、陽

12日前 No.108

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=YsiOVTQyN2

【食堂】

「 ……。 」

弥生の「とても嬉しかった」と微笑みながら言った所もチラ見とだが見ており、飛燕も嬉しそうに笑む。飛燕の笑む姿はあまり見られず、目撃しようとしても背中を向けてたりして見えない場合が多い。その弥生の言葉と笑みに心がゆらいだかのように天井を見つめる。

______オレは弥生の事好きなのかもしれねえ…


ふとそう思いながらも初めての感覚に違和感しかなく、とりあえずはこの状態を慣らしたりして克服していくしかないと思っている飛燕。恋などしたこともするつもりもなかったのだが…

>>弥生、上条

11日前 No.109

堀弥生 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【食堂】
「飛燕?黙ってどうかしたの?」
黙ってるそんな様子の飛燕をみると少し心配になったのか、どうしたの?と、聞いてみては食堂に集まり何をするのかなあと、勘ぐるがやっぱり食堂だし食事かなと思って→飛燕

11日前 No.110

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=YsiOVTQyN2

【 食堂 】


恋愛とは縁のない人生を歩んできたつもりが、飛燕も男だからか、恋煩いに侵食されているかのように、ぼーっと天井を見つめて考え事をしていた。考え事は普段しているが、なんだか今までとは違い、その者しか考えられないようなふわふわっとした感じである。

「…!、弥生か…」

しばらく考え事をしながら天井を見つめていると、その対象の本人が話しかけられて思わずびく、と軽く驚いてしまうもそちらの方へ視線を向けて。

「 …なんか、オレにもよく分からねえんだけどよ…オレは弥生の事考えるとドキドキするっつーか……なんだか、弥生の事、好きになっちまったみたいなんだよな。 」

「どうしたの?」と聞かれれば、この際言っちまうかと、弥生に対してそう告白する。


>>弥生

11日前 No.111

堀弥生 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

「んーそう、だよって好きって私が?どしたの唐突に?」
好きだと言われると、誰かに好意を持ってもらったり、そういう事がなかったからか耳を疑い聞き返しては一呼吸置いてから
「実の親にも嫌われているのに、本当に私でいいの?」
実の両親に嫌われてるのにほぼはじめましての飛燕は良いのだろうか。と、思って聞いては
→飛燕

10日前 No.112

ツバメ @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=YsiOVTQyN2

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

10日前 No.113

堀弥生 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【食堂】
「うん。そっか。そう言ってもらえるなら嬉しいよ。実は私も、飛燕と仲良くなりたいなっておもっててさ。これからもよろしくね。」
そういうことを言われるとはおもわず、実いうと嫌われたくないのは自身も同じであり、飛燕に、ニッと微笑んでは、実は初めてあった時から気にはなってたと言っては→飛燕

10日前 No.114

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=YsiOVTQyN2

【 食堂 】

「 そ、そう…なのか、 」

自分とも仲良くなりたいと前から興味を持っていたという弥生にドキ、と胸を打たれて頬を赤く染めてそう答える。好きな人にそう言われると嬉しいに決まっている。それは、飛燕とて例外ではないようで頬を赤らめながらもこちらもニッ、と微笑み。

「 好きだ、弥生…これからもよろしくな。 」ぎゅっ

弥生に近づいていき、こちらから彼女を抱き締めれば、手を弥生の後ろ腰で組んでギュッと抱きしめてあげた。自分からやったのに恥ずかしさはあるが、何よりも弥生のぬくもりを感じてとても心地いい…そう思っていた飛燕は、まるで一生を共にするような愛妻に言うようなセリフを彼女に伝え

>>弥生

9日前 No.115

堀弥生 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【食堂】
「うん。実はそうだったんだ。飛燕を初めて見たときから飛燕となら仲良くやってけそうだなって思ってたから、さ?」
実いうと初めて顔を合わせたあの時から気にはなってたし、彼女の恋愛対象と言う意味でも友達の意味でも仲良くしてきたい。そう思ってたようで
「飛燕、こちらこそ、よろしく!」
ぎゅっとされれば照れ臭さとか一緒にいれて嬉しいと言う感情もあり、あったかいなあと、温もりを感じ気持ちよさそうに
→飛燕

9日前 No.116

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=YsiOVTQyN2

【 食堂 】

「 よろしくな…!まあ仲良くやろうぜ…! 」

弥生の方からも仲良くなりたいと思ってくれていたことに嬉しく思い、ニッと微笑みが絶えなかった。ぎゅっとして彼女の温もりを感じて、照れを覚えながらもしばらくそのままの状態になって、そっと離れる。そして、「仲良くやろう」と彼女に伝える。

「 それと、さっきは否定的な事を言っちまったが…あんたの気持ちなんとなくわかる気がする。 」

「 自分は言いなりだと思ってなくとも、結局、親の敷いたレールの上で動かされてる。自分で決めた道も親の容認範囲内、親の手が届くまでしか遠くへ行けないだというザマだ…もっと言えば、オレは親の操り人形状態なんだよ。 」

腕を組む。

「 認めたくはねえが、それって密かに恐れてるんだよな。自分の道へ進んでいきたいという自律心よりも親へ逆らって返ってくる精神的なダメージが勝っちまう。結局やりたいことはできずじまいだ。…あんたのことは詳しく分からねえけど、オレはこんな感じだよ…まだまだ言おうと思えば言えるけどな? 」

>>弥生。

8日前 No.117

★MkzNhTOXuP_PHR

ふうん、いい感じじゃん。
【話の中の朝までカットします。6時20分に朝ごはんです。そっからクラスに行ってください。あと、PCですが本物です】
紅夢寮 101号室
「ふぁー眠いな。まあ俺は朝ごはん、買って食べたりしてるけどあいつらはダメだもんな。」
とつぶやく。

8日前 No.118

悠華 @05261107 ★0E7jYcHJeq_8gk

ここが紅夢学園、、、。

どこにいけば、、、、。

3日前 No.119

森川陽 ★Android=m423oz7MOu

そろそろ新しいやつが来るとの噂だ。
「行くか!」
と言い校門前に静かにそれでいて速く行く。
「やー話には聞いていたよ。生徒会長の森川だ…宜しく……」
と目の前に居る相手に挨拶する。

3日前 No.120

稲澤悠華 @05261107 ★0E7jYcHJeq_8gk



少しびっくりした。ちゃんとあいさつしなきゃっ!

「はっ初めまして!1年の稲澤悠華です。よろしくお願いします!」

ちゃんと言えたはず、、?

2日前 No.121

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=ptUsq2kgJI

【校門前】

陽が校内へ案内する所に現れた飛燕。

新入生?と思われる少女に話しかける。

「よっ、新入生かい?」

その際、笑みを浮かべ、軽く手を上げている。

【レス蹴りします】

>>悠華、陽

2日前 No.122

稲澤悠華 @05261107 ★0E7jYcHJeq_8gk

「あっ!はい!そうです。今来たばっかで、、。稲澤悠華です。よろしくお願いします!」

2日前 No.123

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=ptUsq2kgJI

「そうか、オレは渡空飛燕だ。よろしくな。」

表情を緩ませて笑みながら

「あんたなんて能力使うんだ?」



>>悠華

2日前 No.124

陽&理沙 @kounsama ★Tablet=HxljJI0MB7

陽「飛燕もいたのか。稲澤さんは、Cクラスなんだけど一年は合同で授業だよ。今日は。」
飛燕がいたことに少々驚いたように稲澤と名乗る生徒に説明をする。
理沙「飛燕、先に言っとくけど許可なく先頭は禁止のはずよ。ま、聞くぐらいは良いと思うけどね。正直いって興味あるし。」
理沙まで、やれやれ(ーдー)
陽「一年は体力テスト、二年は普通に勉強と言うかテスト、三年は各学年の手伝い、だったよな、理沙!」
理沙「合ってる」

2日前 No.125

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=ptUsq2kgJI

「そう固いこと言うなよ」

苦笑い

「一回でいいからさ?頼む(人∀・)」

真剣な表情て

>>理沙たち

2日前 No.126

@kounsama ★Tablet=HxljJI0MB7

陽「今は戦うの禁止だけど一年は体力テスト的なのやるからテストを早く終えたらバトルフィールド、グラウンドが普通ならある場所だから早く来た方がいいよ。もしかしたら…稲澤さんと戦えるかもね。もしくは、掘さんや他の生徒かもしれないけどね。それでも戦いたいなら来ればいい。んで、稲澤さんの能力は?」
と長々と説明し最後に稲澤さんに能力を聞く。

2日前 No.127

稲澤悠華 @05261107 ★0E7jYcHJeq_8gk

「飛燕先輩ですね。私は、自分に来た(魔法、能力)ものを無効にします。だだ自分に害がないもの(心を読む)などのものは効きます。あと、動物の心を操ったり、相手の動きを止めたりすることができます。」

1日前 No.128

森川陽&月谷理沙 ★Android=m423oz7MOu

「飛燕に悠華、そろそろ授業だ。二年は自分の教室でテストを、一年はバトルフィールドで体力テストだ。それぞれ迎え!じゃねーと怒られんの。ここ厳しいからさ。
お前らはもちろん、俺もな。」
と指示を出し『お前らはもちろん、俺も怒られる』と聞き驚いた様な様子を見せる二人。
理沙「ヤッホー三人とも、ちなみにそれは生徒会長としての自覚を持っていないからだってさ。」

21時間前 No.129
切替: メイン記事(129) サブ記事 (53) ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。