Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(205) >>

【リメイク版】異能学園III

 ( オリジナルなりきり )
- アクセス(2068) - ●メイン記事(205) / サブ記事 (156) - いいね!(13)

異能/学園もの @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

この学園に通うものは8割が、何らかの異能持ち。である人。残りの2割が威力の関係でカウントされない。という人。上位の者はSクラスに在籍できるというメリットがある。Sクラスというのは、進学校でいう特別進級クラスみたいなとこ。大体の在籍生徒が普通科同等のA〜Dクラスの何処かには入るのだが、Sクラスは、特進級クラスのため、7名しかうけつけていないそう。
そこに平々凡々な生徒らが、異能の差などきにせず学園ライフを送れるのか!?
彼等はいかにして異能の差を埋めてくのか?!
【本スレは何ヶ月か前に建てた異能学園Sのリメイク版です。】

切替: メイン記事(205) サブ記事 (156) ページ: 1 2 3


 
 
↑前のページ (155件) | 最新ページ

植田菊咲 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【Sクラス/植田菊咲】
「こんにちはって妹さんだよね。というかいきなり勝負話持ち掛けてくるたぁ、ま、いいよ。神恋やってきたら?私は見てるから。」
案外見た感じでしかないがこの2人以外に実力はあるのかも。と、思い、また、こういう妹がいたら楽しいかも、とも。上にも下にもいないため、内心『いいなぁ、中良さそう』と思い自身は2人の仲のいい微笑ましい光景を見てようかなとそういうのは見てるだけで楽しいともいうからとも思い
→神恋、魔結架

6ヶ月前 No.156

むぅた @muuuuuuta ★Tablet=wSLgPvBKrV

【Aクラス教室:カーラ】

「うんうん! 途中で誰かに会うかもだし、ね!!」

僕はそう言うと、椅子から立ち上がりつつ大きく伸びをしてゆっくりと歩き始める。 廊下に出ると教室のあの温もりは一瞬の内に消え、周りは寒さに包まれた。

「うぅ…寒いねぇ……」

その言葉が廊下に響いていった…本当に誰もいないのではないか、ということも考えられるほどしん…としている。

…いや、上から微かに話し声が聞こえる。誰かいるのだろうか?
好奇心が脳を、体をぐるぐると駆け回るような不思議な感覚が僕を支配する


「ねぇ、上行ってみようよ…っていうか、上はなんの教室があるのかな?」

そう言った瞬間にはもう体は階段へと向かっていた…だろう。

>>日滝

6ヶ月前 No.157

篝火 @hijirisaya☆zk2IQ04u3Kaf ★iPhone=baYv60AZuX

【4F・廊下/薙佐 日滝】

「上は確かSクラスの教室だったかな。かなりの能力の強さと特権を持つとかいう……」

廊下の寒さに身震いしながら、日滝はパンフレットに書いてあった方を思い出しながら答えた。
自分の能力しか見たことがない日滝にとって、能力に強さ弱さや上下があることがあまり想像できないが、クラスが分けられていると言う事はそこには大きな隔たりがあるのだろう。

カーラは日滝の答えを聞く前に駆け出していた。
こんな異常な状況なのに元気がいい。その天真爛漫さには先程から救われている。それに先行する人がいる方が、しっかりと周りに注意を払える。
ふわふわと階段を駆け上がるカーラの髪が揺れるのを見ながら、日滝はその背中を追って階段を登った。

>>カーラ

6ヶ月前 No.158

むぅた @muuuuuuta ★Tablet=wSLgPvBKrV

【カーラ・4階廊下】

階段をトントンと軽やかなステップで駆け上がりながら僕は首をひねった

「能力の強さ?へーえ…じゃつまり強い人程ウェルカムってことかぁ…でもさぁ強さって何基準なんだろね?」

踊り場に着いたところでくるりと向きを変え、日滝のほうに体をターンさせ、まだ階段を上っている彼の方を向く。

「ふっ…なーんて思っちゃったりして、ね! あっSクラスの人どんな事してるかみにいこーよ!!お友達になれるかもしれないし!」

僕はまた階段をトントンとテンポよく上がり始める。

そういえば日滝はどんな能力を持っているのだろうか?こんなことを聞くのは野暮…かな。

>>日滝

5ヶ月前 No.159

篝火 @hijirisaya☆zk2IQ04u3Kaf ★iPhone=wGTtUmwUpW

【薙佐日滝/4階廊下】

「仲良く、ねぇ……。なれれば良いけど」

カーラの後に続き、ようやく階段を登り切る。
さっき出会ったセイストンもそうだったが、戦うことを楽しんでいる、能力を見せることに積極的な姿勢があった。
別に悪いことではないとは思うが、それに危険が伴うとしたら、仲良くなれるかどうかは難しい。
何しろ日滝はあまり体育会系ではない。努力友情勝利よりも、のらりくらりと躱しながらそれなりの位置でそれなりの人間関係を得る。それが理想であり、人と近づき過ぎるのも、痛いのも苦手だ。

くるりとあたりを見回す。
Aクラスの階と造り自体はさほど変わっていないように思える。
何をもって強さとするか。
カーラの投げかけた疑問が、日滝の頭の中に残る。
そもそも誰が何のためにそんな区分をつけたのか。
自分はただ、この能力をうまく制御できるように教えてもらいたいだけだ。
もう二度と暴走して、あんな事故が起こらないように。
もしそれができないならその時は、この学園のSクラスとかいうやつらに殺して貰えばいいかな。
そんなことを呑気に考える。

「とりあえず、訓練所は危なそうだから教室から入ってみよう」

手前のドアをスルーし、教室へと向かった。


>>カーラ

5ヶ月前 No.160

月夜詠夢 @tukuyoeimu ★Android=l3zHThVp6Y

【1F/下駄箱】

「やっと着いた・・・」
月夜詠夢は、ため息を付きながら
辺りを見回す

「ここが月読命様の言ってた学校ねぇ・・・
あの人は、何を考えてるか分からないけど
ここに居ろって言われたからしょうがないかぁ・・・」

再びため息を付く

「とりあえず、僕のクラス聞かないと・・・
職員室、行こう・・・」

そういうと彼女は職員室へ向かって歩いていった

【次はクラス決めかな?】

5ヶ月前 No.161

月夜詠夢 @tukuyoeimu ★Android=l3zHThVp6Y

【1F/職員室前】
「Sクラスか・・・まぁ、こんな能力持ってたら当たり前か・・・」
「Sクラスは確か5Fだったかな?」
彼女は5Fまで一気に駆け上がって行った

【5F】
「ここがトイレで・・・、ここが特別訓練所か・・・
ここがクラスか・・・」
ひと通り場所を確認すると廊下の窓の前に立ち
風に当たることにした

【絡むなら5F廊下かな?】

5ヶ月前 No.162

キャンデス・ノエル @yazma0014 ★iPad=rNe6DlGRZY

【1F/下駄箱】
「ここが下駄箱ね。」
そう呟きながら早速学園の地図を見て4F方面へ向かっていく
ノエルは意外と方向音痴なので地図は必要なものである

【4F/Aクラス教室】
「ここを曲がって…と」
少々地図とにらめっこしながらAクラスの教室へ到着した
「教室に着いたのはいいけれど、誰か人はいるかしら?」
と言って教室内へ一言
「どなたかいらっしゃいます?」

5ヶ月前 No.163

ハムスター飼い @andouken ★BxGXTrkAtu_UHY

【古金空、古金零二:1階・廊下】

 Aクラスの能力者である双子、古金姉弟が両手を広げて廊下を走っている

零「なぁなぁ空〜なんか面白いモンあるやろか?」

空「……あるかも、ないかも」

廊下を走っているとまばらと生徒達がいるのを見る一階だしDの人達かな眺めて走っていた


>>一階・廊下周辺all


【長らく空いてスイマセン。再スタートという事で一階廊下に来ました】

5ヶ月前 No.164

キャンデス・ノエル @yazma0014 ★iPad=rNe6DlGRZY

【4F/Aクラス教室】
『どかなかいらっしゃいます?』
そう言ったノエルだが、教室内はもぬけの殻だった
「誰も居ないし、Sクラスの方へでも行ってみようかしら。」
そうしてノエルは教室を後にした

【5F/廊下】
「綺麗な学園ね。」
そう呟きながら階段を登っていた
階段を登りきって廊下を見てみると、一人いたので声を掛けてみることに
「こんにちは、私は今日Aクラスに転入してきました、キャンデス・ノエルです。」

>>詠夢

5ヶ月前 No.165

月夜詠夢 @tukuyoeimu ★Android=l3zHThVp6Y

【5F/廊下】
「・・・貴方は僕が怖くないのか?」
急に話しかけられて少し驚いているが
その驚きを隠しつつ返答し
自己紹介を始める
「僕の名は『つくよえいむ』月の夜に詠う影と書く」
手早く済ませると再び口を開き質問する
「・・・それで、僕に何か用?」

>>キャンデス・ノエル

5ヶ月前 No.166

キャンデス・ノエル @yazma0014 ★iPad=rNe6DlGRZY

【5F/廊下】
「いえ、特にこれといって用は無かったのですけど折角なら挨拶でも、と思いまして。」
「ここで会ったのも何かの縁なので、名前くらいは覚えていてほしいですね。」
と、吐き捨てて階段へ向かっていった

【 5F~4F/階段】
「あまりフレンドリーじゃないのね、月夜さん。まあいいわ、教室で誰か待ちましょう」
「しかしまあタイミング悪くAクラスの生徒が居なかったわね、ホント」
自分が5階へ行く前に誰か登ってる気はしたが、些細な事だろう

>>5 F・all

5ヶ月前 No.167

月夜詠夢 @tukuyoeimu ★Android=l3zHThVp6Y

【5F/Sクラス前 廊下】
「キャンデス・ノエル、少し気になる・・・
幻影に後を追わせてみるか・・・」
詠夢は廊下で幻影を2体作り出し
ノエルの方に向かわせた
その後、詠夢はクラスに戻り本を読み始めた

幻影【5F〜4F/階段】
光のせいで身体能力は劣るものの
校舎の中で動くには充分だったらしく
数秒でノエルの背後に追いつき観察を始めた

5ヶ月前 No.168

キャンデス・ノエル @yazma0014 ★iPad=rNe6DlGRZY

【4F/廊下】
「何か気配がするわね…でもちょっと放ってくかな。」
背後の気配に気づいたノエルだが
おそらく月夜詠夢の仕業とは分かっている
「放っておこうと思ったけどやっぱり鬱陶しいし影にでも潜んでおこうかしらね。」
ノエルは能力で影の中を移動することなどができるので
少々目を欺くために階段の影に潜む事に
「多分このへんで大丈夫でしょうね、気配から察するにかなり早かったけれど。」

5ヶ月前 No.169

月夜詠夢 @tukuyoeimu ★Android=l3zHThVp6Y

【4F/廊下】
幻影はノエルが階段の影に隠れるのをほんのちょっとだが捉え、その後霧散して消えた

月夜詠夢【5F/S教室】
「成程、影に関する能力か・・・
どおりで違和感を感じる訳だ
短時間だが知らぬ間に無効化していた様だ」
ノエルに興味を示しつつも
教室内で本を読み進めていた

5ヶ月前 No.170

塚原碧偉/植田菊咲 @railguns03 ★iPhone=fZHfklgTyv

【塚原碧偉/一階廊下】
暇つぶしに一階廊下をうろうろとしてたらば、自身の友人とも言える零二と空が何やら話してたのでなんか面白そうなことすんのかなーと思いながらに見てたが自身も話の輪に入りたいなと思ったためか、
「あるんかないんかどっちやねん!まあ、話に混ぜてよ」
そう、軽くツッコミを入れてはどちにしても話に混ぜてもらいたいなと思いこう言っては→古金兄弟、All
【植田菊咲/Sクラス教室】
「おっす、月夜だっけ?何の本読んでんの?」
なんかやることもないし暇だなと思って教室で比較的大人しく本を読んでいる詠夢に興味を持って、どんな系統の本を読んでるのかなと、聞いて見ては、また自身も比較的本は好きな方であるため「私も本、好きなんだよねー」と、一言言っては
→詠夢、Sクラスall

5ヶ月前 No.171

月夜詠夢 @tukuyoeimu ★Android=l3zHThVp6Y

【Sクラス教室】
「・・・記紀神話、日本書紀と古事記をまとめたもの」
話しかけてきた菊咲に対して答えるが
眼は本から離れなかった
「・・・貴方、名前は?」
そう言ってから菊咲に顔を向けた

>>植田菊咲


【記紀神話は実在します、是非調べてみてください】

5ヶ月前 No.172

がし @yazma0014 ★iPad=rNe6DlGRZY

【1F/玄関】
「よし、学園には着いたな、どうせなんかあるだろうし職員室でクラス聞いてくるか。」
と言ってる彼女は片喰桐、いつもやろうと思ったことには全力だ
「校則をちゃんと見てねえが窓から入っても問題はねえだろ。」
クラスを尋ねた後に学園の外からクラスに入ることに

【5F/Sクラス教室】
「よっと、5Fとうちゃーく、やっぱこんな程度だったら余裕だな。」
そんなこんなで5階に着いた桐、早速クラスへ挨拶
「よう、お前ら。俺は片喰桐って名前だ、桐って呼び捨ててくれてもいいぜ。
同じSクラスなんだ、よろしくな!」

>>Sクラスall


【4F/廊下】
「さっきの気配は消えたようね…ん?こんなところに手紙があるわ。」
手紙には『ノエルさん よろしく』と書いてあった
「友好的じゃないなあって思ったけれど、私の能力が関係してそうね」
「でもよろしくって言ってくれてるんだし、この手紙は捨てないでいましょう。」

【4F/Aクラス教室】
「一人でいるのはあまり慣れないけど、適当に影の中ででも休んでようかな。」
ノエルは一人でいる時は今まであまり無かったので、少し新鮮な気持ちになっていた

5ヶ月前 No.173

月夜詠夢 @tukuyoeimu ★Android=l3zHThVp6Y

【5F/Sクラス教室】
(あの窓ガラス、あの程度で割れるのか・・・)
片喰桐の行動を見て、そう思った彼女は
(僕も破壊して見ようかな)と思ったが
(廊下で居合切りなんかしたら僕の場合、
ソニックブームで窓ガラス全部割れそう)と思いやめた

平和だなぁ・・・

5ヶ月前 No.174

がし @yazma0014 ★iPad=rNe6DlGRZY

【5F/Sクラス教室】
「窓ガラス割っちまったし一応掃除はしておくか。」
一応清潔好きな桐はさっさと割ったガラスを掃除した
「お騒がせしてすまねえな、いつもこんなもんだから慣れてくれ。」
「そんな話は置いといて、あんたはなんて名前だ?」
冷静にガラス割った話を済ませて、自分を見ていた詠夢にそう言葉を投げかけた

>>詠夢

5ヶ月前 No.175

月夜詠夢 @tukuyoeimu ★Android=l3zHThVp6Y

【5F/S教室】
「・・・つくよえいむ、月の夜に詠う夢と書くの」
少しも片喰桐に興味を抱かなかった月夜は
再び本を読み進める

>>片喰桐

>>166 の紹介文が普通に間違ってた件・・・】

5ヶ月前 No.176

がし @yazma0014 ★iPad=rNe6DlGRZY

【5F/Sクラス教室】
「月夜詠夢か…少なくとも月読命には関係あるんだろうな?」
能力の事に少し感づきながら質問し、そのあと桐はこう言った
「能力がどこまでのものかは知らんが、機会があったら戦ってみようぜ。」
「こっちから声かけるかもな、じゃよろしくー」
桐のペースで話が進んでいき、それを閉じるのも桐だった

5ヶ月前 No.177

ハムスター飼い @andouken ★BxGXTrkAtu_UHY

【古金空、古金零二:1階・廊下】

暇を持て余していた古金姉弟は一階に居る生徒たちを眺めていると

『あるんかないんかどっちやねん!まあ、話に混ぜてよ』

あまり知った顔も居なく退屈をしていた所に知った顔が
二人とはクラスは違うものの友達の碧偉を持付けてパッと明るい表情を見せる

「それがなんもあらへんのや碧偉の方は?」

「……碧偉………こんにちはなの」

面白い事が無いと告げる零二と碧偉に挨拶する空だったが、突然あたりが暗くなっていた
恐らくは何かの能力で誰かがふざけているのだろうが

「真っ暗なの………でもこれで平気だよ」

空は壁から自身の能力で懐中電灯を創造し点灯し二人に光を当てると零二は

「ちょっとした照明でどないかなるし範囲も狭いし高位のモンちゃむな」

そう感想をのべた


>>碧偉さん、一階all

【碧偉さん:周りを暗くしたのはモブですので、あまりキャラ付は無いです。やんちゃな子かな?】

5ヶ月前 No.178

塚原碧偉/植田菊咲 @railguns03 ★iPhone=fZHfklgTyv

【植田菊咲/Sクラス教室】
「あ、そうそう。私、植田菊咲!よろしくねー成る程ねえ。こういうの、好きなんだ。他にどんな本、興味あるの?なんかそういうのに興味持つとか珍しいねえ」
自身が読むとしたらミステリー小説だとかノンフィクションの動物ものの映画化されたような小説と言ったのを好んで読んだりはするものの、いかにも難しそうなの読んでるんだな。と思い→詠夢
「片喰桐、か。私、植田菊咲ってゆーんだけどそれよかあんたなんちゅーとこから入ってんの?まあ、怪我とかなかったからいいものの、なんかあったら大怪我だったんじゃない?」
普通に教室に入ればいいものをどうしてこんな入り方すっかなぁ、と、また、こういうことやらかすの何人かに一人はいるんじゃないかなあとも思い→桐
【塚原碧偉/一階廊下】
「実いうとこっちもなんもないんだよね。なさすぎてこれから何しようかと思ってさ」
確かにやることはないし、今暇を持て余してたので他に何かないかと思ったりしており、先程からなんか暗いなあと思ってたが空の能力で作った懐中電灯でなんとかなる程度のものであり、まあなんとかなるか。と、思いながら
【はい。そうなんですね。了解です。】→古金兄弟

5ヶ月前 No.179

月夜詠夢 @tukuyoeimu ★Android=l3zHThVp6Y

【S教室内】
少し迫って来た菊咲に困惑しながらも
「他に?、・・・どんな本があるの?」
疑問符を浮べながら続けて答える
「興味と言ったら天体観測とか、月を見上げることかな」
ほのかに笑いながら答えた

→菊咲
【菊咲の名前が覚えられなくてすみません・・・
実は「きくさき」で変換して探してます・・・】

5ヶ月前 No.180

ハムスター飼い @andouken ★BxGXTrkAtu_UHY

【古金空、古金零二:1階・廊下】

 二人が碧偉と話していると突如として暗闇に包まれる
碧偉も何も面白いものは無いと言った矢先に起きた事だったが懐中電灯で視界が確保されている

「あっアイツやアイツやで!!ほら喧嘩しとう奴や」

 零二が指さす方向に赤い液状の物の武器を振りかざす騒ぐ少年とその背後に回り込んで消火器を振りかぶる少女
その姿が目に入る恐らくは、あの娘が暗闇を作って

「どっちがどっちか分からんけど あんなモンで死んでまうが」

 零二は保有する碧偉の能力カードを発動させて水を撃ち出し消火器を叩き落とす

「………ギリギリセーフなの」

 空は零二は撃ち落した消火器をギリギリのところでキャッチするのであった



>>碧偉さん

5ヶ月前 No.181

がし @yazma0014 ★iPad=rNe6DlGRZY

【5F/Sクラス教室】
「事故った時に比べりゃこんなもん大丈夫だって、窓割ったのはすまないと思ってるけどな。」
菊咲の気遣いが少し嬉しかったのか桐はこう言った
「それにしても菊咲は優しいんだな?、俺も優しくないことはないけど菊咲のが心がこもってるし。」
そんな会話を終わったあたりで、桐は昼寝をしようと席についた

>>菊咲


【つけ忘れだけど基本的に個人の名前は呼び捨てになってます】

5ヶ月前 No.182

塚原碧偉/植田菊咲 @railguns03 ★iPhone=fZHfklgTyv

【植田菊咲/Sクラス教室】
「どんなって、ミステリー小説とか、動物の、ノンフィクション感動ものの本だとか?そっち系、かな?」
こういった感じのものは読まないからやっぱわからないかな?、と、思いながらも、少しずつ読む本のジャンル増やしたら?とは言って→月夜詠夢
「そっか、そっか。なんともないなら良かったしって、事故ったてあんたねえ」
事故った時と比べればまだいいと、言われると事故という単語に、少しハッとしたようにそういうが5歳年下の弟の存在を思い出してまさかそれはない、か。と自分の中で解決させ、寝ようとする桐をみてはまあ、いっか。と、思って【はい。了解です!こっちはこっちであんた呼ばわりになるかもというかなってますが】→桐
【塚原碧偉/一階廊下】
「何が原因でこうなったかは知らんが消火器で人殴るたあ、問題ありありだったっぽいなあ。まあ、今回はなんとかなったけど、ね?」
一体全体どういう経緯で消火器で人を殴る行為まで至ったんだよ!と思い、バットで人殴るは聞いたことはあったがそれは、と思って→古金兄弟

5ヶ月前 No.183

@くん @akitagawa ★WiiU=fmANEEbXwW

【年齢書くの忘れたぜ(笑)、湖東集真の年齢は27ゼナ、あと三年で三十路だね(白目)。】

【Cクラス教室】

「ふ〜読み終わった。」
僕はCクラス教室で読書をしている。読んでいる本は『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』っだ。読んだことがない人でも題名を知っている人は少なかろうと多かろうといると思う。
集真は微笑しながら窓の外を見る。
「そう言えば、ここは能力を競い会うこともあるらしいけど、何処にあるのだろうか?。」
僕は少し前に来たばかりだからそれを知らない。興味があるから観戦して見たかったんだけど、探してみよう。読書ばかりでも駄目だからね。
集真はCクラス教室の扉を開ける。そして廊下を歩き→ALL

【絡んでくれて構いません。】

5ヶ月前 No.184

ハムスター飼い @andouken ★BxGXTrkAtu_UHY

【古金空、古金零二:1階・廊下】

事情はよく分からないが、能力者同士の喧嘩を止めると二人は連行されていった

『何が原因でこうなったかは知らんが消火器で人殴るたあ、問題ありありだったっぽいなあ。まあ、今回はなんとかなったけど、ね?』

「ほんまやな〜何があったんやろな?」

事情も分からないまま止めに入ってしまったが特に気にとめるでもな
他人事の様に考えている零二と消火器を持ったままの空

「………人も集まって来たし………移動するの」

そう空が提案した

>>碧偉さん

5ヶ月前 No.185

湖東集真・浅野衣梨 ★WiiU=fsMXaUMM5S

窓の外を見ながら一階の廊下を歩く女性がいる。
浅野衣梨だ、年齢は24歳だ。
浅野衣梨は左手に『未来の二つの顔』と『星を継ぐもの』っと言った題名が書かれた小説を持っている。その小説は独特な絵柄をした表紙だ。
「何でここに来たんだっけ。」
私は疑問符を浮かべて言うが、答えが帰ってくることもなく、静寂だけが待っていた。意識的にここがどのような場所かは分かる。だけど来た原因が分からない。まあ別に良いか。

湖東集真は誰とも会うことなく、一階の廊下に行った。
「あ、ここに来て初めて人を見たね。」
集真は嬉しそうに微笑すると、何かブツブツ言っている衣梨に背後から話しかけた。

「やあ、君もここに来たばかりかい?。」
私は背後からの声に少し驚いた。誰だろうか?。だが、先に問いに答えた。
「ええ、来たばかり、貴方も同じ?」
衣梨は無表情でそう聞き返した。
「うん、僕もさっき来たばかりだよ。あ、名前聞くの忘れてたね、何て言うんだい?。」
話の切り方上手いな。別にどうだって良いけど。
「浅野衣梨、浅いの浅に、野良の野、衣替えの衣に食べ物の梨って書いて浅野衣梨。」
私は適当に答えた。
「うん、覚えたよ。僕の名前は湖東集真、地底湖の湖に、東南アジアの東、収集の集に、真実の真っと書いて湖東集真だよ。」
明らかにわざと言ってる。だって言ってる本人は何か言ってほしそうにニヤニヤしてるから。多分変人だな。
「説明の仕方変じゃない?。」
「ありがとう。」
どうやら意思汲みが出来たようだ。どうしてかって?、本人が満足げにしてるから。

僕は満足げに頬を上げる。
「ありがとう。」
ボケに突っ込んでくれたからそう言った。中々理解してくれる人がいないからね、嬉しいよ。僕はふと、彼女の左手を見た。
「あ、SFかい?、その作品は面白いよね。ただ、『星を継ぐもの』の次回作は物足りなさを感じたよね。」
「知ってるの?。」
「うん、僕はその小説大好きだからね。『星を継ぐもの』の最初は理解できないけど先に進むと段々理解できるとことか、謎で訳が分からないけど不思議と引き込まれる内容、まさにSF超大作だね。」
彼女は目を若干見開く。
「あと『未来の二つの顔』、哲学的で未来の世界観を想像させるようなのも良いよね。ゲームで言うところのSOMAに近い作品かもしれないね。」
彼女は口角を若干上げる。
「分かってるじゃないか。最初は只の変人かと思ったけど。どうやら只のっっではないらしいね。」
「人は一人一人個性があると言う言葉がある中で、変人が存在するかって言ったら実際どうなんだろうね。」
僕はそう言った。
「そう来たか、だが、そこに『一般的な』っが入れば大分変わると思う。ようは人個人の捉え方次第さ。」
「それを主観で納める人も存在するけどね。」
口で笑みを作り、目を細めて問いかけてきた。
「人の言っていることを否定するのが好きなのか?。」
っと。
「さあ、それは君の言ったように、『人個人の捉え方次第』なんじゃないかな?。」
彼女は無表情になり、僕を見つめる。僕は微笑したまま見つめ返す。先に彼女が言葉を発した。
「お前とは仲良くなれそうだ。」
集真は微笑から慈愛に溢れた優しい笑みで言った。
「奇遇だね、僕もそう思うよ。」

【こうして、湖東たちは仲良くなりましたとさッチャンチャン。よっしゃああまず最初に自キャラ同士仲良くさせる計画達成!!。(俺何やってんだ(白目)。】

5ヶ月前 No.186

塚原碧偉 @railguns03 ★iPhone=fZHfklgTyv

【塚原碧偉/1階廊下】
「なんもしてないのにいきなりとかならマジありえんけどむこうから喧嘩ふっかけられた、ならあるいは勝手に絡んできたみたいな奴ならたち悪いよね。とりあえず小腹減ったし食堂かどっかにいく?」
移動っても、どこ行こうか、と少し考えたら、ゆっくり話せそうなとこは食堂だな。と、少し考えて食堂にする?と、聞き→古金兄弟

5ヶ月前 No.187

月夜詠夢 @tukuyoeimu ★Android=l3zHThVp6Y

【Sクラス教室】
「読むジャンルかぁ・・・、興味あったら増やして見るよ」
菊咲と雑談してた時、机の下から魔法陣が浮かび
蒼御天照「やっほ、詠夢ちゃん」
月夜詠夢「うわっ!・・・」
急に出てきた天照に対し、詠夢は少し驚いた
しかし、彼女たちのコミュニケーションは
これがいつも通りだった
詠夢「・・・またアマテさんは凄い所から出てくるね
で、用は何?」
少々呆れながら聞いてみた
天照「月読命様から伝達、やっぱり会えないと寂しいっていうのと、ここは月夜詠夢にとって成長になるからって言ってたよ、じゃぁね□」
急に現れて急に消えた天照に対して呆れつつも
月読命と同じことを思っていた月夜詠夢は
少し嬉しそうだった

【天照は空間転移魔法陣で上半身だけ出てた感じです】

5ヶ月前 No.188

ハムスター飼い @andouken ★BxGXTrkAtu_UHY

【古金空、古金零二:1階・廊下】

喧嘩に遭遇した二人と碧偉だったが無事に収まりキャッチした消火器を元の場所に置き
暴れていた生徒達は連行されテイクを見送っていると碧偉から食堂に誘われ

「メシ?メシか!ええなぁ行こ行こ」

碧偉の誘いに二つ返事で答える零二とその後ろで無言でウンウンと頷く様子から
空もまた零二同様に賛成の様である


>>碧偉さん

5ヶ月前 No.189

塚原碧偉 @railguns03 ★iPhone=fZHfklgTyv

【塚原碧偉/1階・廊下→食堂】
「うん!お腹減ったし、なんか食べたいなと思ってさ?」
とりあえず腹が減ってたら戦はできぬという言葉があるから、というのだけが理由でなく、これからどうするのかということも相談したかったというのもあり→古金兄弟
【植田菊咲/食堂】
何となくコーヒーが好きだから、食堂にいたいから!みたいなコーヒーのために食堂へと来、某東京に田舎から出る人の曲をスマホで流しつつ思い出に浸っては
「あいつも、今頃はここに来るべき存在だったんだよな」
そう、あいつとは、実の弟のことで可能ならきて欲しかったなと、思いスマホの壁紙みては→all

5ヶ月前 No.190

ハムスター飼い @andouken ★BxGXTrkAtu_UHY

【古金空、古金零二:1階・廊下】

 空も零二も碧偉と食堂に行く事にした

『うん!お腹減ったし、なんか食べたいなと思ってさ?』」

 そう聞き三人で食堂に入るとさっそく二人は職権を購入すると唐揚げ定食を受け取り席に着くも
零二は外を飛ぶ鳥を見て涎を垂らしていたが空は何かに気が付いた様子

「………あれってSクラスの人なの………」

 食堂の中で上位のクラスの者を見つけて二人に教える空に対して

「そら食堂やさかい他のクラスのもおるよ」

そう言う零二だった


>>碧偉、植田

5ヶ月前 No.191

塚原碧偉 @railguns03 ★iPhone=fZHfklgTyv

【塚原碧偉「」植田菊咲『』/食堂】
「ん、まあそうだね。下のクラスだからああだとかはあんまそういうの気にしてはないけど、な。」
自身はクラスを気にしないタチ故、Sの人がいようがなんだろうが自らの生活に困らないしといったとこで、
その噂の渦中の人物、植田のほうはというと、二人の会話に気付き私?と、ジェスチャーしたのちに
『そのSクラが誰かは知らないけどさ、まあ、人多いよね。ま、食堂だから人は多いと思うけどね。』
自身はと言えば群れを嫌うタチで、同じクラスの人とは来ていないため、何となく会話の流れを察するに自分?と思ったりし
→古金兄弟、all

5ヶ月前 No.192

湖東集真・浅野衣梨 @akitagawa ★WiiU=fsMXaUMM5S

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

4ヶ月前 No.193

ハムスター飼い @andouken ★BxGXTrkAtu_UHY

【古金空、古金零二:1階・廊下】

Sクラスの人を眺めていたが食事を始めると、そちらしか目に入らない二人

『ん、まあそうだね。下のクラスだからああだとかはあんまそういうの気にしてはないけど、な』

 碧偉の言葉にウンウンと頷く二人だが二人にはそこまで考えてはいなかった
そうしている間に食べ終えた零二は

「ほな外へ行こか!!」

そう提案した


>>碧偉さん

4ヶ月前 No.194

塚原碧偉 @railguns03 ★iPhone=fZHfklgTyv

『塚原碧偉/一階廊下】
食べるものも食べたし、ここでの目的は一応果たしたので零二の、外に行く案には大賛成であるご様子。
「うん!っちゅーことで行こう!楽しみだなあ」
と、頭の中はお花畑な碧偉。外に行ったら楽しい事沢山出来るし、みたいな感じで
→古金兄弟

4ヶ月前 No.195

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=ptUsq2kgJI

【食堂】

「 んー…美味い。 」mgmg

よほど腹減ってたかのよう、嬉しそうに食事を取る飛燕。ちなみに先程屋上で仰向けになって野鳥観察したり、そのまま眠ったりしていたがそれだけで腹が空いてしまっている。更に言うなら、常に瞬時に発動できるように薄くそよ風程度の風とはいえ、能力で操った風で飛燕を纏っているため、常人よりもエネルギーを食ってしまっているからである。そして、飯を一人で食いながらあちこちで聞こえる話し声に聞き耳を立てて情報収集していたり、抜け目がない。

>>古金兄弟、塚原碧偉たち、食堂all

3ヶ月前 No.196

塚原碧偉 @railguns03 ★iPhone=gXeY8DTIMi

【塚原碧偉/食堂】
「美味いか。それなら良かった。というかなに食べてんですか?」

美味しいと幸せそうにそれを食す飛燕にこれはなんですか?美味しい?と、言うと、こちらはこちらで菓子パンの中でも勝つの意味を込めてかカツサンドを食べ
【植田菊咲/食堂】

「うっす!お久!つか、ここに居たんだね。屋上にでもいると思ったよ」

お久!といい、隣、いい?と、コーヒーを持ちながら来ては飛燕が美味しそうにそれを食べてるのを見るとお口にあって何より。と、思い→渡空飛燕

3ヶ月前 No.197

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=ptUsq2kgJI

【食堂】

自分なりに静かに黙々といなり寿司を食べていたが、会話を聞いていた者達の二人がこちらへ近づいてきており、一人は自分の隣の席に座ろうとしている。

「稲荷寿司だ。普通は誰にも作ってもらえないが、材料調達で無理言って作ってもらった。」ごく、

二人相手にステレオで質問が来たため、まず碧偉へ視線を向け、すでに口に含んでいたいなり寿司を飲み込めば、そう説明する。普通の生徒ならこんな自分勝手な提案は受け入れてくれないだろう。

「 そうか、…まあ、腹が減ったからな。座っていいぞ。 」

そして、隣に座ろうとしていた菊咲にしせんをむけて、屋上へいない理由を説明。手元にあるコーヒーを見れば、「相変わらず珈琲好きだな。」と軽く笑みを浮かべてそういい。


>>菊咲たち

3ヶ月前 No.198

塚原碧偉 @railguns03 ★iPhone=gXeY8DTIMi

【塚原碧偉/食堂】
「稲荷寿司か。私も稲荷寿司は寿司屋行った時毎回頼むよ。良かったね。」
無理言って作ってもらったと聞くと、本当に良かったな。と、思う。また、その手作りの稲荷寿司、結構人気だったろ?と、話を振って見て
【植田菊咲/食堂】
「そっか。じゃあ、隣、失礼するね。」
そういいながらにコーヒーを机の上に置いて座っては

「私、コーヒー1日3、4回は飲むから。そんくらいすきなんだー」

あの苦みが癖でな。と、付け足しながら→渡空飛燕

3ヶ月前 No.199

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=ptUsq2kgJI

【食堂】

「ああ、あんたも食うんだな…なんか嬉しいな。」ニッ

まさか碧偉も食うとは思わなかったのか、軽く驚いた後すぐさま軽く笑みを浮かべて「嬉しい」とそう伝える。

「まあな、人気になる…と思うが、オレしか頼まねえからな。すでに材料が食堂に揃ってりゃ誰でも頼めると思うが。味は保証する。」

こく、と頷き

>>碧偉


「そんなに飲むのか、苦いのが好きみたいだな。」mgmg

そして、「オレは2回ぐらいしか飲まねえが珈琲は好きだ。ただし、無糖か微糖に限る」と付け足してそういうと、稲荷寿司を軽く頬張りもぐもぐと食べる。ちなみにコーヒーに入れるガムシロップやクリームやミルクは苦手な様子。

>>菊咲

3ヶ月前 No.200

塚原碧偉 @railguns03 ★iPhone=gXeY8DTIMi

【塚原碧偉/食堂】
「うん!よく食べる寿司屋のネタだったら一番好きだからさ。飛燕もよく食べるんだね。共通点あるってなんかうれしな。」

飛燕と同じだからというより、稲荷寿司をよく食べるというとえーという冷やかな反応をする人がいるもんで、これまではそうやって稲荷寿司好きという仲間がいなかった故、嬉しいよ!と
【植田菊咲/食堂】
「三食コーヒーでも私は飽きないかもね。苦けりゃなんでもいいとかいうのじゃなく、コーヒーに限るかな。」
食事などしなくともコーヒーさえありゃ生きてけるよ。と、いうと、やっぱ私は無糖だね。といい
→飛燕

3ヶ月前 No.201

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=ptUsq2kgJI

【食堂】

「こっちも嬉しい。そうか…碧偉もいなり寿司を食うんだな…意外なこともあるし、それよりも嬉しさだな…!」

すでに食べ終えてあるいなり寿司の乗っていた皿を見て、そうとても嬉しそうに呟く。

>>碧偉


「そうか、菊咲は珈琲大好きなんだな。」

3色共にコーヒーとか、凄いなと思いながらも彼女の珈琲への愛情に笑みは崩れず、

「美味しそうだなその珈琲。オレも淹れてもらおかな。缶でもカップでも良いや、同じやつが無性に飲みてえ」ハハハ

むしろ、「珈琲の話してたら珈琲飲みたくなったな、」と軽く笑みを浮かべながら、隣に座っている菊咲の手元の珈琲をじっと見つめそう言い。

>>菊咲

3ヶ月前 No.202

塚原碧偉 @railguns03 ★iPhone=gXeY8DTIMi

【塚原碧偉/食堂】
「私もうれしいな!仲間がいて。」
稲荷寿司大好き仲間がいてよかった。と、安堵しながら言えば、味を保証するとまで言ってたため、
「それじゃあ今度来たとき頼んでみようかな。飛燕さん、いい情報ありがとうございます。」
稲荷寿司大好きな飛燕が保証するんだ。なら、本当に頼んでみようと思い

【植田菊咲/食堂】
「うん。凄い飲んでたりするときは一日中飲んでるよ。」

お酒の飲む会ではないが、飲み会の席とかでおちょこで飲むようなそぶりを少し見せつつやっぱコーヒー最高だわ。と、言っては
→飛燕

3ヶ月前 No.203

渡空飛燕 @luckytumo☆IwylAz1LldTn ★Android=ptUsq2kgJI

【食堂】

「良い仲間が近くに居てオレは幸せ者だな。」ケラケラ

嬉しい、と言ってくれる相手に対してケラケラ笑いながら「幸せ者だな」と相手の存在の嬉しさを伝える

「おう、まあ食べたいときに食べればいい…。食べるとすれば、その方が一番良い。」

そして、癖なのか、かわいい後輩相手に対する愛情なのか、はたまたからかっているだけなのかはさておき、彼女の頭をそっと撫でた。


「そうか。まあ珈琲でも何でも飲み過ぎんなよ。」

酒か?と思わせる相手の飲み方に「本当に珈琲が大好きなんだな」と思いながら、飲み過ぎるなよ。と注意すれば、飲みたくなったのか席を立ち上がり食堂内にある自動販売機へ向かえば珈琲を選び


【返し忘れてたから一応返しておきます。返事不要。無視可。以後レスはしませんので】

3ヶ月前 No.204

蒼海&月夜 @tukuyoeimu ★Android=l3zHThVp6Y

【蒼海&月夜/食堂】
昼の食堂へと足を運ぶ
何となく、稲荷寿司が食べたい気分だった月夜は
稲荷寿司を注文し、受け取った。

─その瞬間、天井から少女が月夜の目の前に落ちてきた。
うつ伏せになってる少女を見て月夜には心当たりがあった

>>食堂all

────────
お久しぶりです、キャラがまとまったので再開します
天井から少女とか、皆注目するに決まってる。笑

2ヶ月前 No.205
切替: メイン記事(205) サブ記事 (156) ページ: 1 2 3

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。