Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(62) >>

能力学園S

 ( オリジナルなりきり )
- アクセス(876) - ●メイン記事(62) / サブ記事 (61) - いいね!(9)

異能/学園モノ @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

この学園に通うものは8割が、何らかの異能持ち。である人残りの2割が威力の関係でカウントされない。という人。上位の者はSクラスに在籍できるというメリットがある。Sクラスというのは、進学校でいう特別進級クラスみたいなとこ。大体の在籍生徒が普通科同等のA〜Dクラスの何処かには入るのだが、Sクラスは、進級クラスのため、7名しかうけつけていないそう。
そこに平々凡々な生徒らが、異能の差などきにせず学園ライフを送れるのか!?

メモ2017/09/13 12:20 : 中里結衣 @railgun230★iPhone-z0FNsBzA5m
切替: メイン記事(62) サブ記事 (61) ページ: 1 2


 
 
↑前のページ (12件) | 最新ページ

上里結衣 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【上里結衣/特別特訓場】
「いやいや、そんなことないって血液って鉄の成分もあるじゃん?そのなかのわずかなものを凝縮させるような、感じでやってるけど。」
血液成分の鉄とかを寄せ集めるイメージではやってはいるけどと回答する。そして、0.001ミリのときは先ほどの応用みたいな感じでやってはいるのでそう答えれば見せて欲しいと言うので、「これを機に仲良くなれればいっか」と思いその「鉄を寄せ集めるイメージ」を実践して見せてはこんな感じかな?と笑みそういって→藤沢さん

2ヶ月前 No.13

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★gJ7Ejg3gix_BRw

【藤沢珠梨/特別特訓場】


「なるほどっ!ありがとう!」


実践と解説をしてもらいお礼を言うと結衣の心中が暖かく珠梨に伝わり仄かに笑みを浮かべる。


「結衣さんとはあたしもこれを機に友達になりたいと思って...っ!!」


不味い不味いと思い口元を手で隠す。自身の能力は秘密にしておきたい主義なのでバレてしまうところだった。辺りをキョロキョロしては結衣の腕を掴みそそくさとその場から逃げ込む形で物陰に隠れ人が居ないことを確認する。


>結衣

2ヶ月前 No.14

柚希 @maguromogu ★Android=Som717SoYg

【柚希/4階Aクラス教室】

「ふあ…」
教室で寝ていた柚希が目を覚ます。眠たそうに目を擦りなから「あれ…誰もいないんだ…」と独り言を漏らし、そういえば5階がなんだか騒がしいな、と思い誰かと話せるかなという期待を抱きながら教室をでて、階段を登り5階の特別訓練所へと向かっていった。

「そういえば…特別訓練所ってAクラスの人入れたっけ」
とふと不安になり扉の前で立ち往生している

>>all様


【お初です。絡んでくれたらうれしいです、よろしくお願いします】

2ヶ月前 No.15

湯野瑞香 @maaya115 ★vZhiyCrw2S_PHR

【湯野瑞香/保健室→訓練所】

保健室の冷却安置に入ってから少しして能力の暴走も収まってきた頃。
寝起きさながらの低血圧を起こしていた。
いわゆる、ふらつきや目まいと云った症状である。

「うぅ…気持ち…悪い。」

冷却安置と云うにも、湯野瑞香専用冷却装置を作ったはいいものどこに置くべきかと思ったのだが。
保険医曰く、二つの返事で許可してくれたので保健室で医療装置として置かせて貰った。
ちなみに、冷却装置を作ったのは言うまでもなく湯野瑞香本人だと言うことは学校では伏せてある。

「では…訓練所…行ってきます。」

ついでに、能力向上をするために力を付けておきたいところでもあった。
足元がおぼつかない状態で廊下に出てしまったことに後悔をしたことに気づいたのは、5階の階段に着いた時だった。

「……憂鬱。」

若干、自分にボヤキながらも訓練所に着いた頃には、人がたくさんいたことに気づいたのもあるのだが。
ある事にも気づいたのだ。

―――――自分、下着の格好をしている姿だった。

>>訓練所ALL

2ヶ月前 No.16

黒鉄 武尊 @sibamura ★o0W3VsenYO_Y9V

【黒鉄 武尊/特別訓練所】

こちらの問いかけに上里結衣は肯定の答えを返す。まぁ、訓練室に来ているのだから訓練するのは当然なのだが、

「そうか、感心だな。なに、俺の場合は能力が能力だからな、運動不足で動けましたじゃ洒落にならないだけさ」

 そう上里に答えると、武尊は最初のストレッチを開始した。屈伸やアキレス腱伸ばし、身体を動かせるための準備運動は非常に大切だ。人間でも機械でも、いきなり最初から全力全開で始めてしまってはどこかに無理が来てしまう。
 そうして彼が体を温めていると、Aクラスの霊崎幽が特別訓練所へと入って来る。おどけた様子で挨拶をすると、人数分の飲み物を差し出してくれた。身体を動かしながらそちらを一瞥すると、武尊は返事を返す

「あ、あぁ、ありがとう。だが、あいにく運動中なので今は大丈夫だよ」

 必要に以上に明るい、あるいは穿った見方をすればへりくだった相手の態度に戸惑いながら武尊はそういって運動を終える。そして、いよいよ本格的にトレーニングに入ろうとするとき

「ん?」

 扉の向こうに気配を感じてそちらへと行くと扉を開ける。
 するとそこには、Aクラスの柚希がいて

「どうしたんだ? 遠慮せずに入って来いよ」

 そう彼女に声を掛けると、武尊は踵を返してトレーニング器具の方へ向かっていく。ウェイトリフティングの器具へ座ると、力を込めてバーベルを持ち上げる

「ん、くくっ」

 ちなみに彼は今、能力を使用していない。能力を使ってしまってはこの程度のバーベルではトレーニングにならないからだ

>>ALLさま

2ヶ月前 No.17

文堵柚希 @maguromogu ★Android=Som717SoYg

【柚希/5階特別訓練所】

「わっ、ありがとうございます、失礼します」
いきなり扉が開いたと思うと自分より20cmほど背が高い男の人が目の前におり、びっくりした柚希だか、入っても良いと言われ、目の前にいた男が親切な人だと分かる。あれ、今あの人僕のこと女だと思ってなかった…?僕は男ですよ、と訂正しようと思ったが彼はもうトレーニングを始めてしまったようなので後でいいか、と思うのであった。

「あれ、こんにちは…って、わっ…!!ふふふふ服…!服忘れてます…!」
特別訓練所に入って瑞香を見て挨拶をするが、彼女の下着姿を見て顔を真っ赤にして手で顔を覆ってしまった

>>瑞香、武尊、all

2ヶ月前 No.18

削除済み @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【記事主より削除】 ( 2017/09/09 21:27 )

2ヶ月前 No.19

中里結衣 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【中里結衣/特別特訓場】
「ううん?いいのいいの。」
能力見せてくれてありがとうという藤沢さんに、それくらいお礼の言われるほどのことではないと、言っては彼女の口から友達になりたい。そんな言葉が出て来てたので彼女自身も藤沢さんと仲良くなりたかったし相手の方からそれを言って来てくれるのは嬉しいことで→藤沢さん、特訓場all
練習場に見かけない女の子が、下着姿できていたのをみかけて、その子はどうやら顔色は決していいとは言えない上フラフラとしていたので心配になって
「ねえ、君、何クラ?その格好寒くない?顔色悪いけど大丈夫?」
フラフラで今にも倒れてしまいそうな湯野瑞香を見るなり同クラの人にしかあまり興味を示さなかった彼女も流石に心配した。というか、心配しない人なんているだろうかいや、いないだろう。そしてまだ名前も知らないある、女の子湯野瑞香にある事を冷静に訪ねる
「なんで、そんなふらついてんの?もし、体調悪いのにこのSクラのとこまで無理して来てたってんなら私ゃ心配でなんないよ。」自分の体なんだから大切にしたら?と、彼女の頭をポンポンとし、
→湯野さん、特訓場all
【自キャラなのに名前間違えるっていうね。上里×中里◯です。】

2ヶ月前 No.20

湯野瑞香 @maaya115 ★vZhiyCrw2S_PHR

【湯野瑞香/特別訓練室入り口前】

下着姿に気づくのに若干、時間が空いた。
気づいておきながら感覚がずれてしまっていた。
ふらふらしている上に目まいを起こしているわけなので思考が可笑しくなってしまっていたのだ。

「…??」

きょとる湯野瑞香は、下着姿で特別訓練の部屋の前で立っていた。
だが、頭を軽く叩いている人の手に伝わるかのように頭に触れた処が、冷気帯びた。

「あ、凍る…手。」

忠告を教えようとする湯野瑞香は、またしても足元がくずれるようにふらついてしまった。
扉の縁に掴まって維持し直したおかげで倒れずに済んだ。

「…Dクラス…湯野瑞香…特別訓練の機材、調整しに来た……失礼します。」

ゆっくりと下着姿のままで入室すると機材の調整をし始めようとする。
決して寝ぼけている状況ではない事だけを近づいていた人たちに残して。

>>特別訓練室ALL

2ヶ月前 No.21

文堵柚希 @maguromogu ★Android=Som717SoYg

【柚希/5階特別訓練所】

「…?」
恥じらう様子もなく、ヨロヨロと機材の調整に行ってしまった彼女を不思議に思う反面、Dクラスと聞きもしかしたら能力の制御が出来ないのかな、と考え黙って彼女を数秒見つめた。そういえば彼女が訓練所に入ってきてからやたら寒い気がするが、それも彼女の能力に関係するのだろうか

「僕も訓練しよっと」
と言ってみるものの自分の能力は身体的なものではなく、機材を使って体を鍛える必要は無いのだ。しかしこの訓練所は他よりも能力がよく働く気がする。どこに行こうと彷徨った挙句彼は休憩所のような椅子に座り、壁に貼られた予定表の紙を少しちぎり、ブツブツと文房具の名を唱え紙を文房具に変えていった。10分ほど繰り返していると彼の周りの床には大量の文房具が散らばってしまったが、彼はそんなことにも気づかないかのように一心不乱に周りの物を文房具に変えていくのだった。

>>all

2ヶ月前 No.22

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【斑鳩煌勢/特別特訓場】

その近くに来たとき、彼は言い知れない快感に襲われた。
匂い、それも強烈な匂いが、脳髄を裂くが如く頭に雪崩れ込み、瞬間的に彼は笑顔になった。
「嗚呼…。染み付いている…!能力が幾千、幾万も使用され、数多の戦が繰り広げられた場所…!素晴らしい、素晴らしいぞここは!」
ひとりごちる斑鳩。
その間も恍惚な笑みを浮かべながら扉へ向かっていった。

中へ入ると、そこには数人の男女がいた。
同じSクラスの黒金武尊と中里結衣を始めに、何人もの能力者がいる。

「ここは面白い」

彼はそう呟いて、鍛練をするでも、帰るでもなく、両手をポケットに入れ、手すりにもたれてその様子を観察していた。

>>ALL

【絡もうと思ったんですが色々と状況把握ができなくなりまして…絡んでくれたら幸いです!】

2ヶ月前 No.23

文堵柚希 @maguromogu ★Android=Som717SoYg

【柚希/5階特別訓練所】

彼は相変わらず文房具を出し続けている。この能力は何度も練習することで精度の高い文房具が出せるようになるのだ。文房具とはいえど鋭利なものは人を攻撃することも出来る。なのでこうして練習することは必要なのであった。

「スティックのり…あ、」
彼が紙切れをスティックのりに変えた途端、筒状のスティックのりがコロコロと床を転がってしまった。それは煌勢の足に当たると動きを止めた。

「あっ…あれに滑って転んだりなんかしたら大変だ、取りに行かなきゃ…。うわ、文房具が溢れすぎてて動けない…」
彼は紙切れを文房具に変えすぎてしまったようで、彼の周りには異常なまでの文房具が転がっておりもはや身動きが取れなくなっていた。

「あ…予定表の紙、ほとんどちぎっちゃった…また貼っとかなきゃ」とぼやきながら

>>斑鳩煌勢

2ヶ月前 No.24

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【斑鳩煌勢/特別訓練所】

目の前で、紙切れを文房具に変え続ける少女がいた。
いや、正確には少女というより少年であると言った方が正しいのだろうが、やはり少女としか見えないのは、その容姿のせいだろうか?
煌勢はそんなことを考えながらその様子を見ていたが、いきなり靴になにかが当たったのを感じた。
足元を見ると、そこにはスティックのりが転がっており、それがその少年_____Aクラスの文緒柚希が能力で出した物であることは疑いなかった。
世の中には数多の能力があるが、これほど奇妙な能力は見たことない_____彼はそう思いながら、目の前にいる柚希に視線を戻すと、彼はこちらに来ようとしていたが、多分それは煌勢の足元にあるスティックのりを拾おうとしているのであろう。

だが、文房具が多い。
彼の周りに転がる文房具は、山の如く積み重なり、雲霞の如く床に広がっている。
これでは拾いに来れない、来れるはずがない。

仕方がないので、煌勢はそのスティックのりを拾い、柚希の元へ歩いていき、彼にそのスティックのりを差し出した。
「能力の過剰使用はあらゆる意味で危険です。ほどほどにするのが一番良いよ」、と口添えして。

>>柚希様

>>訓練所ALL


【絡んでくれてありがとうございます!】

2ヶ月前 No.25

零たん @ganma24 ★Android=dTmbFSG7bS

【霊崎幽/特別訓練所】
 ありがたい言葉を貰ったが、霊崎は「あくまでも媚を売りに来ただけで、特訓しに来た訳では無い」と思い、「いえいえ!Sclass未満の奴が一緒に特訓だなんて恐れ多いですよ!」
と手を過剰に振りながら断った。
 藤沢さんの方から声がかかり「はい!」と元気よく返事をし勢いよく振り返った。
「……他人が作った食べ物は食べられない……感じですか?」
 ゆっくりと首を傾げる。
 相手は自分の媚を売る姿勢を気にしたのだろう「気楽に話していいよ」と優しき言葉を掛けてきた。「恐れ多いです」と手を振る。
「僕はSclassとは住む世界が違うんです!
 王族には敬語を使わなければならないのと一緒ですよ!」
 言い終えると、武尊さんの方を向いた。
「あぁ……すいません!すいません……運動中と気付かず……
自分の注意不足でした……すいません!!」
 腰を垂直に曲げ、相手に対して謝罪の言葉を述べた。彼は、外に出るべく荷物をまとめ始めた。袋の中に余った物を入れ、周りを見回す。
 同クラス生とDクラスの人が居るのを見つけ歩み寄っていく。
「やぁ!君達!AHA!Dclassの子じゃないかい
 服も着ずにどうしたんだい?そう言う特殊性癖でもあるのかな?AHAHAHAHAHA!!」
 相手に対して煽る様なセリフと特殊な笑い方を上げた。彼は「んー」と言いながら、下駄を僅かにからんころんと鳴らしながら歩き、同じAクラスの人の元へ向かう。
「そして……えーっと柚希……くん?だよね。どうしたんだい?こんな所に来て」
 さっきとは打って変わって、偉そうではあるものの柔らかめの言葉をかけた。>中里、武尊、藤沢、柚希、瑞香

2ヶ月前 No.26

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★gJ7Ejg3gix_BRw

【藤沢珠梨/特別特訓場】

「あたしのことは気軽に呼び捨てで珠梨で良いよ!結衣さんのことも結衣って呼んで良いかな?結衣さんにだけは話すけれど、あたしの能力ってテレパシーなんだ。つまり、人の心を読み取れる。その分代償というか負担が大きくてね、体調崩しやすいんだよ...!!だからあたし今まで他の能力者も含めて変な目で見られがちなんだけれど、結衣さんはあたしの能力変と思う?」


普段能力を発動しないため他の能力者や大人たちは不思議に思っていた。何故なら能力と言ったら何かしら行動が出来たりするため心理的能力の彼女はほんとに能力者かと疑われてきた。体調崩すまで気付かれないパターンであったためそれが悩みであった。だからそんな大人たちの気持ちが珠梨を困惑させていた。
すると、幽からの言葉に首を横に大きく振って否定する。


「そんなことないよ!いただきますっ」


パクっと一口食べては「美味しい」と笑顔で答える。なんだか気持ち的にもリフレッシュした気分だった。そんな矢先に一人の少女が入り口にいた。その少女は―――なんと、下着姿でうろうろ(ふらふら?)していた。何故こうなったのかは珠梨はわからないが兎に角、彼女をほっておくわけにはいかない。
何処か着替えが出来るところまで案内しなければ。


「端香さん、だっけ?とりあえず着替えが出来るところまで一緒に行こう?女子更衣室が良いかな。そのあと保健室まで送るよ」


なるべく人目につかないところへと思ったが彼女の体調を考えて保健室の方が良いかなと思ったがとりあえず着替えてから保健室に送るという提案した。


>結衣、幽、端香

2ヶ月前 No.27

中里結衣 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【中里結衣/特別特訓場】
「機材の点検お疲れ様」
機材の点検をしてくれた湯野さんには、お疲れ様。ありがとね!と、伝えては、その後に先ほど、凍る手という発言をしてた瑞香の言葉に少し引っかかったのか手が凍るていうこと?それともDクラスと言っていたし能力の制御ができなくて手を凍らせてしまうってこと?と、先程の発言が彼女のどこかで引っかかったのか凍る手。がどういうことなのかと勘ぐりどう言うことなのかなと思って
→湯野さん
「どうせならしてけばいいのに」せっかくきたのだからさ炊けばいいのにと思ってそう言ってみたが、
霊崎さんは、少し遠慮気味に一緒に練習することに住む世界が違うからいいやというような感じの言い方で、そう言っていた。確かに授業面ではSとAでは圧倒的な差はある。だけどだからと言って自分は彼等のことは見下してなんかいないため自分らしくやってったら良いんじゃない?と、一言返してみては、幽が差し入れに持っていてくれたスポドリと、レモンの蜂蜜漬けを頂いては
「別にそんなことはないよ。というか、二つとも美味しくできてるね!どうやったらこんな美味しくできるの?」
レモンの蜂蜜漬けが、彼が作ったからか、練習後だからかはわからないが妙に美味しく感じた。
自分も、少し前にレモンの蜂蜜漬けをここで訓練の途中食べようと思って持って来てたのだが、失敗して持ってかれなかったということがあって何かコツはないのかな?と思い、レモンの蜂蜜漬けを美味しく作るコツを伝授してもらおうと思い聞いてみては
→霊崎さん、その場All

2ヶ月前 No.28

文堵柚希 @maguromogu ★Android=Som717SoYg

【柚希/5階特別訓練所】

「ありがとうございます、えへへ、そうですね…ちょっと出しすぎたかも…少し休憩しようかな」
ふにゃりと笑いながら煌勢からスティックのりを受け取り、お礼を言う。たしかにいくら精度を高める訓練とはいえ、今日は能力を使いすぎたかもしれない。
「うーん、出しすぎちゃったな、どうしよう」と呟きながら

>>斑鳩煌勢



「ん?同じクラスの霊崎くんかな?今日は5階に人がたくさんいそうだったから5階のここで能力の訓練に来てるの」
にこ、と霊崎に笑いかける。身体的な能力ではないが、訓練は必要なようだ
「君は何をしに来たの?」と問いかけながら
>>霊崎幽

2ヶ月前 No.29

湯野瑞香 @maaya115 ★vZhiyCrw2S_PHR

【湯野瑞香/特別訓練室メンテ中】

「……??」

特別訓練室の機材を調整しながら話しかけられることになった瑞香は、傾げていた。
中には、また保健室へ行こうと言われていた。
だが、自分の下着姿に劣情を催す人が居るのかどうかを考えられなかった。

>>特別訓練室内ALL


「……手、見れば…分かります。」

中里という名前を扉越しで聞こえていたのでしっかりと教えた。
彼女の手の指先が青白いように霜が噴出していることを付け加えて。

>>中里結衣


「…服、後回し……すぐに、終わります。」

服を着て欲しいのかと思っていたのだが。
特別訓練の機材の調子が可笑しいと管理顧問から言われていたので優先順位を繰り上げてしまったのだ。

「…さっき、保健室…行った……そして、ふらつき…収まった。」

相手を安心させるように言ってはみたのだが、返してくる言葉は容易に理解しているつもりだった。
だが、不意に自分の名前のことで違和感を感じた。

“端香さん”

改めて紹介するべきかと思って相手にしっかりと教えることにした。

「…瑞香…です。」


>>藤沢珠梨


“特殊性癖”

聞き捨てにならないと言うべき言葉には、そうは感じられなかった。
理由は、いたってシンプルなことだ。
関わると嫌な予感がする…そんな感覚を瞬時に把握した。

「…うん、そういう…性癖……かもしれない…メンテナンス、します。」

瑞香は、そういう返答をしてそそくさと特別訓練室の機材をメンテナンスを続けて調整を直していた。
機械系科学者らしく、“身なりが無頓着な子”と思われても良いかなという返事と口から合わせるように伝えた。

>>霊崎幽


「……絶対零度…それが、能力……湯野瑞香…特別訓練室の機材、メンテナンス者…宜しくです。」

もう一度の自己紹介を話して特別訓練室の機材に触れてメンテナンスを始める瑞香。
その行為とも言うても、ただ調整をするだけというメンテナンスなため直ぐに終わらせることにした。
機材を冷却させ続けて能力者によって記録してある能力値とそのレベルを上げさせただけのことを施した。

「…もう、壊れない……大事に、使ってください。」

瑞香は、お辞儀をしてから文堵柚希の近くにあった機材から他の機材へと移動をした。
メンテナンスが終わり次第でクラスに戻って着替えるつもりなのである。

絶対零度専用の服はというと、クラスにあるため女子更衣室に置いてあるとしても夏服だけだから意味が果たさないのである。
このことを単語的に説明をしたかったのだが、長文になるので割愛をする他なかったのだ。

>>文堵柚希



瑞香は、“お見苦しい格好ですみません”と言わんばかりに頭を深く深く下げた。
機材のメンテが終わり次第で出て行くことを伝えたのであった。

>>特別訓練室ALL

2ヶ月前 No.30

文堵柚希 @maguromogu ★Android=Som717SoYg

【柚希/5階特別訓練所】

「あ、うん、ばいばい…ありがとう、またね」
瑞香の冷気に能力を使いすぎた柚希の蒸気した頬が冷やされる。聞きたいこと言いたいことは沢山あったが、メンテナンスが終わると彼女はすぐに去ってしまった。また今度会えたらいいな、と淡い期待を抱きながら先ほど彼女が言っていた絶対零度の能力について思考を巡らせる。名の通り自身の体が冷たい能力なのだろうか、あれだけ冷たければ制御が効かなくてDクラスにいる、と言われても納得できる。たぶんあの格好も彼女の能力に関係しているのだろうなと思いながら頭を下げている瑞香を見つめた。

>>湯野瑞香

2ヶ月前 No.31

中里結衣 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【中里結衣/特別特訓場】
「手、ねえ。このこと?もしかしなくても氷操れるの?」
手を見てみると手が凍っており、それは遠目から見てもすぐにわかった。「あーそういうことか。」と、納得して、彼女は氷を操ることができるのだろうか?という疑問が生まれ氷操れるの?と、ストレートに尋ねてみ、
→湯野瑞香
そして、続いて柚希をみるなり「Aクラスに文房具好きな子が居る」という風の噂を聞いたことがあったのでいかにも特徴的な子だと、思い、柚希に
「ねえ、君ってあの噂の文房具の子だよね?名前は?」
と、文房具好きな子であってるよね?と聞いて見て、能力は、知ってても名前はまだ知らなかったので聞いてみて→柚希

2ヶ月前 No.32

文堵柚希 @maguromogu ★Android=Som717SoYg

【柚希/5階特別訓練所】

生み出してしまったたくさんの文房具の回収方法に悩んでいると、ふいに結衣に声を掛けれた。

「う、噂…?文房具の子…はたぶん僕のことであってると思いますけど、噂になってるんだ…」
噂の文房具の子、と言われそういえば文房具を扱う能力者は自分しかいないのかな、という思いと同時に自分が噂されていることを知り、少し困惑したが名前を聞かれたので
「文堵柚希、といいます。男です」
と、最近は柚希の事を女子生徒と勘違いする人が多いので自分は男だと一言つけ加えつつ自己紹介する。

>>中里結衣

2ヶ月前 No.33

中里結衣 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【中里結衣/特別特訓場】
「そ、そうだよ。なんか、文房具をこよなく愛してるみたいだね?そういうものを大切にするってことでいい意味で私の耳に入ったのかもしれないね」
噂と聞くと、悪いイメージを思い浮かべるのが普通。噂をされて嬉しいやつなんているだろうか。よほどのドMか、変態でない限りは嬉しくなんかないだろう。そう思い、『貴方は物を大切にするいい子だからじゃない?特に文房具を』と、一言言ったのち柚希が名乗りを上げてきたので
「私は、中里結衣。Sクラス在籍で、クラスも違うけどよろしくね。というか、あなた男の子だったのね。女の子かと」
てっきし女の人かと勘違いをしていたようで男の子だったんだと少し珍しそうに言うが、よくよく見てみれば男の子だねと
→柚希、特別訓練場all

2ヶ月前 No.34

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★gJ7Ejg3gix_BRw

【藤沢珠梨/特別訓練室】

名前を間違えてしまったことには深く謝罪しており悪気がないことも示し、訂正されて改めて名前を告げることに。


「ごめんっ!!瑞香さん!後で何かおごるからっ」


両手をパチンっと顔の前で合わせて相手の表情を伺う。怒ってるかなと恐る恐るチラ見していた。


>瑞香


【名前ミス、ごめんなさい!!;;】>瑞香本体様

2ヶ月前 No.35

文堵柚希 @maguromogu ★Android=Som717SoYg

【柚希/5階特別訓練所】

良い意味で広がった噂、と言われると柚希は嬉しそうに笑い「文房具大好きなんです」と言った。

「結衣さん、Sクラスなのですね。よろしくおねがいします」とお辞儀し、自分が男であるという旨を伝えておいてよかったな、と、一安心した。

と、ふいに自分の周りにある大量の文房具に目をやり、「地道に持って帰るか…」と思いながら

>>中里結衣、all

2ヶ月前 No.36

湯野瑞香 @maaya115 ★vZhiyCrw2S_PHR

【湯野瑞香/特別特訓場】

「…絶対零度…それが、能力名。」

身体が摂氏を有する人物と言うのも日本の古典妖怪で良く呼ばれているのがある。
俗称“雪女”と由縁のある妖怪は、北国や寒い地域で見られるのが伝承記として残っている。
だが、身体が冷たいからと言って人に対する態度が冷たいと言う訳ではない。

「…Dクラス…能力、暴走…もしくは、能力無発動者…在籍。」

つまりは、能力の暴走によくありがちな“常に能力が発動中”というパターン。
そしてもう一つあるのが、“発動条件が既に出ている”というパターン。
この二つのどちらかと言うことである。
湯野瑞香は、その二つ目のパターンに適しているということなのだ。

「調整…終了……使用、可能。」

相手にお辞儀をしてすべての機材の調整も終わり特別訓練室から出て行こうとする。
身体の冷却体質が部屋のクーラーより効いてしまわないためにと言うのも大きな理由。

そして、湯野瑞香は―――――。

古典妖怪と云った雪女のように、入り口の扉に水滴を残して廊下を歩いて行った。

>>中里結衣

2ヶ月前 No.37

湯野瑞香 @maaya115 ★vZhiyCrw2S_PHR

【湯野瑞香/特別特訓場】

何かをおごると言われた。
物欲の無い湯野瑞香にとっては、困っていた。

「…それなら…身体、冷やさないこと……体調、崩すこと…良くない。」

気を遣わせるつもりは無かったのだけど、人の身体といった健康に関しては言わなかった湯野瑞香。
それだけを残して特別訓練室から出て行く湯野瑞香は、雪女のように姿を消した。

ただ、扉のところの水滴を残して。

>>藤沢珠梨

2ヶ月前 No.38

ウォルフガング=カイエン @sibamura ★o0W3VsenYO_Y9V

【黒鉄 武尊/特別訓練所】

 自分がトレーニングをしている間に色々あったらしく、先ほどまでいた何人かが去っていた。近くを見やると、中里結衣と文堵柚希が会話しているのが見えたので、自分もそちらへと向かう

「ん、あぁ、すまない。俺も間違えた。俺は黒鉄武尊、Sクラスだ。よろしく頼む」

 文堵柚希の性別を間違えたことを詫びると、自分も紹介をした。ついで、こちらに謝って立ち去ろうとする霊崎幽へと

「いや。別に謝らなくても……まぁ、自分のペースでやればいいさ」

 と言っておいた。
 また、同じクラスの斑鳩煌勢がいたので

「よぉ、君も訓練か? もし良ければ今度組手でもしよう」

 自分と同じ身体系の能力である彼にも声を掛けた。


>>中里様 文堵様 霊崎様 斑鳩様

2ヶ月前 No.39

中里結衣 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【中里結衣/特別特訓場】
「うん。そうそ。よろしくお願いね。」
「よろしくと言われると、『柚希君だっけ?よろしく!』と、一言いうと、その文房具を地道に持ち帰る。と言ってたので
「運ぶの手伝おうか?」
1人でこの量の文房具を持ち帰るのは大変なのではないかと思い、手伝おうか?と声掛け→柚希
絶対零度が能力名だと、Dクラスの、湯野瑞香は言ってたので自身の能力よりも実用性ありそう。と、思う。いや、あるのだろう。その凍った氷。それでカキ氷なんてものもつくれそう。つくれたらいいだろうなと思って
「絶対零度、ねえ。いい能力なんじゃない?」
かっこいい。いや、鉄を操るよりもあれの方が絶対そっちの方が良い。確かにそれで鉄の成分の入ってる“モノ”は作れるがなんか地味だ。と、思ってたら、調整が終わったとゆうことなので
「調整、お疲れ様。」
と、どこかの電気会社の人にいうように「お疲れ様」と、→湯野瑞香
「だよね。彼、可愛いから間違えちゃうよね。」
柚希の性別を間違えたと黒鉄さんがいうと、やっぱ可愛いから間違えちゃうのかも。と、『彼が可愛いから。』と、言ってみては
→黒鉄さん、特別訓練場all

2ヶ月前 No.40

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【斑鳩煌勢/特別訓練所】

また適当にフラフラしながら、他生徒のトレーニングを見ていると、黒鉄武尊に『よぉ、君も訓練か? もし良ければ今度組手でもしよう』と声をかけられた。
「いいや、僕はただ見てるだけですよ。…組手か、僕でよければいつでも付き合いますよ」
いつものスマイルで応じた煌勢は、内心で大喜びしていた…。
「ところでここへは初めて来たんですが、なかなか面白い能力を持った人たちが結構いますね。文房具なんてのを見たときには、もう面白くて笑いそうでしたよ」

いつも笑ってるやろ!とツッコミが来そうな発言だが、これが彼であるから仕方がない。
というか、ここに来ていつもよりテンションが高めなので、若干矛盾した発言があるのもある種のご愛嬌といったところだろうか。

何はともあれ、彼はとにかく喜んでいた。

2ヶ月前 No.41

文堵柚希 @maguromogu ★Android=Som717SoYg

【柚希/5階特別訓練所】

「武尊さん、よろしくおねがいします」
ぺこりと頭を下げ、よかった、誤解が解けたとひと安心する。改めて近くで見ると体格の差に感心してしまう。

>>黒鉄武尊


「わわわ、ありがとうございます。あ、よければその、この精度が良いペンもらってください。あ、でもこっちはシャーペンの軸が他と違って…
これが噂の文房具男。という感じである。たしかに今日は能力の調子が良く、おそらく一番出来が良いものは店に売っている文房具よりも遥かに性能が良いだろう。
>>中里結衣

2ヶ月前 No.42

黒鉄 武尊 @sibamura ★o0W3VsenYO_Y9V

【黒鉄 武尊/特別訓練所】

「いや、こちらことよろしく頼む」

こちらの頭を下げてくる柚希の姿を見て、そして中里の言葉を聞き、確かにこんな華奢なら女性と間違えてしますと考えて。
すると、斑鳩煌勢がこちらに言葉を返してきた
この男と直接対決したことはないが、かなりの実力者なのはわかるので、やるなら全力になるだろう

「あぁ、その時はよろしく頼む」

そういって、獰猛な笑みを浮かべた

>> 訓練所ALl様

2ヶ月前 No.43

中里結衣 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【中里結衣/特別特訓場】
「えっいいの?もらっちゃって。ありがとうね。」
精度の良いペンを本当にもらっていいのか。と思い荷物持ちしただけなのに本当に良いの?と聞き返しながらも多分相手はいいからわたしてるのだから、うけとっておき、「今度何か奢るよ」と、言って
→柚希

2ヶ月前 No.44

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【斑鳩煌勢/特別訓練所】

黒鉄の浮かべた笑みは、まさしく煌勢の笑みとはまた別種のもので、それは考えていることが違うことを意味していた。
しかし根本に根差しているのは「闘争」であるから、表面上の意味が違くとも、掘り下げて言えば全く同種でもあった。
「ここへ来て良かった、楽しめそうだ」
口角を吊り上げ、歯を見せて笑う煌勢。
その瞳は暗く、紅く輝いていた。

>>黒鉄武尊様 >>特別訓練所ALL様

2ヶ月前 No.45

中里結衣 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【中里結衣/特別特訓場】
「そ、そう?なら、楽しんでって」
楽しめそうだ。そう言う相手にそれならば良かった。というか、楽しんで特訓できた方が力もつくし、一石二鳥なのではないか。と、本当に楽しそうでなにより。と、思ってはうまくやってこう。そう思い→斑鳩さん、特別訓練所all

2ヶ月前 No.46

文堵柚希 @maguromogu ★Android=Som717SoYg

【文堵柚希/5階特別訓練所】

「えへへ、これ、一番上手くできたペンです」
ありがとうという言葉を聞くと嬉しそうに笑い、柚希が返事をする。心の片隅ではひっそり文房具仲間が増えるのを心待ちにしているのである。

「わ、悪いですよそんなの!」
と顔を赤くして少しびっくりしたように返事をする。もとはただの紙切れである文房具をあげただけなのになにかを奢ってもらう、というのは悪い気がしたのだ。

>>中里結衣

2ヶ月前 No.47

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【斑鳩煌勢/特別訓練所】

『そ、そう?なら、楽しんでって』
と、不意に煌勢に声を掛けたのは、同級生の中里結衣であった。
そうか、そういえば同じくこの場にいたのだった____忘れていたとはいえ、挨拶もないのは彼の表が許さない。
「これはこれは中里さん。挨拶が遅れて申し訳ございません。初めて来た者で、ここの勝手がわからないもので…」
まるで執事の如く、平手にした右手の平を胸の前にかざし、腰を曲げる。
すぐに元の態勢に戻り、「ええ、存分に楽しませてもらいますよ。ここ、気に入りましたので」、と彼は言った。

>>中里結衣

2ヶ月前 No.48

中里結衣 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【中里結衣/特別特訓場】
「じゃあ、お言葉に甘えて大切に使わせてもらうわ?」
上手くできたペンだと言う柚希にニコリと微笑んだ後、「ありがとうね」と、一言言ってみる。そして、奢ろうかと言った自分の言葉に遠慮してそう言う柚希。
そう?いいの?」
いいですよという柚希にそんな遠慮しなくてもいいのにと、思いながらに
→柚希
「いやいや大丈夫。斑鳩さん、こちらも挨拶遅れましたのでそれは気にしなくてもいいですよ。初めてここ使ったんですね。そりゃわからないか。楽しかったのなら良かったです。」
斑鳩さんは、ここが初めてだったと言う。初めてだと勝手がわからないのも頷ける。そのため、「そうだったんですか」と、なるほどと、
「気に入ったのなら良かったです。」
ここが気に入ったという斑鳩さんにホッとした様子で微笑んでは
→斑鳩さん

2ヶ月前 No.49

黒鉄 武尊 @sibamura ★o0W3VsenYO_Y9V

【黒鉄 武尊/特別訓練所】

こちらの獰猛な笑みに対して斑鳩が見せたのはまた別種の、しかし本質は同じ笑み

「そうだな、少なくとも退屈はさせないと思うぞ」

その笑顔にコチラも闘気を剥きだしにして一歩進む、が

『「そ、そう?なら、楽しんでって」』

その二人の間に中里が入って、邪気のない声を斑鳩にかける。続く言葉も、屈託のないもので

「ふっ、確かに。はじめてなら分からないのも仕方ない。最初から飛ばしすぎてもなんだし、時間はたっぷりある。今日はゆっくりしていったらどうだ。」

まさか、彼女の出すこの雰囲気を壊してまで戦うほど戦闘狂ではないので、苦笑しつつ闘気を緩めると斑鳩へと手を差し出し握手を求めた。

>>斑鳩様 中里様

2ヶ月前 No.50

中里結衣 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【中里結衣/特別特訓場】
「まあ、徐々に慣らしてけばいいしんーそうしてこうかな。けどゆっくりしすぎもあかんし最初は短時間という決まりを作って徐々に長くしてく。それで良いね。」
どうしてこうかなとムムゥと考えたら、少しずつ伸ばしてくという答えに行き着き、始めから2時間なんて思ってたが1.5時間から徐々に2時間にしてこうと思い→黒鉄さん

2ヶ月前 No.51

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【斑鳩煌勢/特別訓練所】

今日はゆっくりしていけばいい、という黒鉄の言葉で、煌勢は闘争をやめることにした。
彼は割って入った中里の意を汲んで、闘争を行う事を中断したのだろう。
煌勢にとっつは少々残念だが、しかし望まれない闘争を起こすのもなんだか面白くない。
ここは大人しくするべきだ、と判断した。
「んじゃあ、なにかトレーニング道具でも貸してください。そう、例えば…15キロの鉄アレイとか」

>>中里結衣

>>黒鉄武尊

>>特別訓練所ALL


【返信遅れて申し訳ございません】

2ヶ月前 No.52

中里結衣 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【中里結衣/特別特訓場】
トレーニングをしたいからトレーニング道具を貸してくれという風に言われたのでそこは、「いいですよ」と、回答。
そして、15キロの鉄アレイとか。と、言われたので
「はい。使いたいものをやるもいいですね。」と、使いたいものをやれるだけやるというものもいいかもと思い
自身の場合は、エアロバイク(負荷7くらい)でとか、まずはエアロバイク負荷七で20分間漕ぐことでまずは体をならすつもりでいて→斑鳩さん、特別訓練所all

2ヶ月前 No.53

黒鉄 武尊 @sibamura ★o0W3VsenYO_Y9V

【黒鉄 武尊/特別特訓場】

こちらが闘志を収めれば、あちらも無理にはかかってこないようで、武尊は自身のトレーニングに戻ろうとする。
と、

『「んじゃあ、なにかトレーニング道具でも貸してください。そう、例えば…15キロの鉄アレイとか」』

相手の声が聞こえたので、自身の近くにあった15キロのバーベルを持ち上げると斑鳩へと手渡す。

「ほら、使うといい」

相手にバーベルを手渡すと、自身はまたウェイトリフティングへと戻っていった。


>>斑鳩様 中里さま

2ヶ月前 No.54

中里結衣 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【中里結衣/特別特訓場】
「おおっ力持ちじゃん。あんた。私もそれくらいできるようにならないとだよ」
ウェイトリフティングをする相手を見るなり、「凄い、凄い」と、拍手し、頑張ってるねーと、エアロバイクをこぎながら言ってみては
→黒鉄さん

2ヶ月前 No.55

ウォルフガング=カイエン @sibamura ★o0W3VsenYO_Y9V

【黒鉄 武尊/特別特訓場】

「ありがとう。まぁ、俺の能力は体が資本だからな。」

中里に褒められてことに礼を言いつつ、黒鉄がトレーニングを続ける。
ぎりぎりまで上げて、ぎりぎりまで下げる。それを数回繰り返すと、ウェイトを棚に戻して立ち上がった。

「君の能力は、電磁力操作だったか? 俺のように過度のトレーニングは必要ないさ。人には何事も得意不得意があるからな。」

そういうと、さきほど霊崎がおいてくれたドリンクを一息に飲み干す

「うん、旨いありがとう」

そして霊崎へ礼をいった。


>> 中里様 霊崎様

2ヶ月前 No.56

中里結衣 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【中里結衣/特別特訓場】
「そ、そうだけど。なんか地味な感じがしちゃってもっと上を目指したいわっていうかなんというか」
電磁力操作は、ある意味便利と言えば便利なのだが、先程であった氷を操れる少女のような感じではない。使おうと思った時すぐ使えるようなものではない。そのため、「もっと上を目指さなくては!」と
→黒鉄さん、訓練所all

1ヶ月前 No.57

湯野瑞香 @maaya115 ★vZhiyCrw2S_PHR

【湯野瑞香/保健室】

冷気を調整する携帯器具を取りに戻った。
まだ、少しの時間が経っていないのか冷気もそれほど冷えてない。
日が昇っていて温かさが残っている感覚だろうか?

「…厚着…しなくても、良かった?」

保健室で制服を着ながらコートまで着なくても大丈夫かなと脱いだ状態で居ることにした。
さほど、肌寒い感覚で保険医の先生が声をかけてくれた。

『身体には、気を付けてね…健康には気を付けましょうか。』

しばし考えてみることにした。
教室に向かう途中、廊下の窓から外を眺める。

「……良い…陽気……陰鬱。」

少し、日差しが強く感じてしまったせいなのか気落ちする。
度し難い天気だと思ってしまう湯野瑞香だった。

>>周辺ALL

1ヶ月前 No.58

黒鉄 武尊 @sibamura ★o0W3VsenYO_Y9V

【黒鉄 武尊/特別特訓場】

「そうだな。上を目指すことは大切だ。重要なのは自分にあった努力をすることだ。」

 たとえば、彼のような身体能力系の能力者は体術や運動量を、彼女のような能力者は自分の能力を伸ばすことが一番だろう。

「さて、俺は一息いれるとしよう」

 そういって黒鉄は汗を流すためにシャワールームへ消えた。着替えを終えた後は、食堂へ行って夕食でも取るつもりなのだった。

>>中里様 ALL様

1ヶ月前 No.59

中里結衣 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【中里結衣/特別特訓場】
「自分にあった努力、か。なかなかいいこと言うじゃん?クラスじゃああんま話したりしない方なのに」
自身の見た感じ彼がクラスで話してるとこなんぞ見たことない。むしろ、その逆で大人しいほうだと思っていたのか言うときは案外言うんだなと。思い。相手の言うことは最もだとは思う。しかし、時と場合にはそれ以上のことをしなければならない時もあるだろうと思って休憩を入れる相手に「そりゃあんだけすれば疲れるでしょ」と、言っては
→黒鉄さん

1ヶ月前 No.60

黒鉄 武尊 @sibamura ★o0W3VsenYO_Y9V

【黒鉄 武尊/特別特訓場】

「確かに、それほど言葉数が多い方ではないな」

中里の言葉に汗をタオルで吹きながら苦笑すると黒鉄はそういった。

「あぁ、あまり無理をしても筋肉に悪いからな。少し汗を流してこよう」

そういって、黒鉄は手を振るとシャワールームへと消えていく


>> 中里様

1ヶ月前 No.61

中里結衣 @railgun230 ★iPhone=z0FNsBzA5m

【中里結衣/特別特訓場】
「だろうね。そうだったよね。」
クラスではあんま話さない方だと言うのは何と無くわかってはいたので自身も話すほうか話さないほうかと言われると話しかけられたら話すけど、自分からは積極的にはいかない。そのためそう言ったら相手は汗を流しに行くと言ってたため
「わかった。ゆっくり流してらっしゃいね。」
手を振りシャワールームへと行く黒鉄を、みおくりながらに
→黒鉄さん

1ヶ月前 No.62
切替: メイン記事(62) サブ記事 (61) ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。