Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>

Rings of Overlord【リメイク】

 ( オリジナルなりきり )
- アクセス(477) - ●メイン記事(0) / サブ記事 (26) - いいね!(5)

指輪を巡る物語 @alexduno ★Android=W2tzw3VSSy

 ポタリ、ポタリと赤い滴がきらびやかな絨毯を染め上げていく。苦しげな呼吸音。膝を折り、片腕で倒れそうになる体を支え、もう片方は貫かれた腹部を抑えていた。しかし、溢れ出す赤い液体は止まることを知らない。恨めしげに睨みつける男の口からは一筋の赤いものが流れていた。体を支えている手の指には獅子を象った指輪が鈍く煌めいている。


 男は腹部からの激痛を堪えるように荒い呼吸を繰り返し、滴り落ちる血の量から反撃をする力すら奪われていた。しきりに男が睨むその先には、冷ややかな視線を送る人影。触れれば折れてしまいそうなほどに細い体躯をし、太股まである長い髪は燃えるように赤く、癖が強い。睨む男を見下ろすその双眸は、まるで宝石のように透き通った翡翠の色。感情の見えない瞳の女の左腕は、見事に肘から下が赤く染まり、指先から滴を滴らせていた。


『な、なぜ……だ……っ。リサラっ……』


 男には理解できなかった。自分が置かれている状況を。目の前に立つ女は、つい今しがたまで男の傍を離れず従っていた。しかし、男は女の手によって致命傷と言っても過言ではないほどの深手を負っている。止血をしなければ、確実に待っているのは『死』だ。男の死へのカウントダウンは始まりつつある。


『もう一度、問う……っ。なぜ、だ!』


 いつまでも返答をしない女に、男は声を張り上げた。激痛と出血で意識が朦朧としていくなか、それでも微動だにしない女に答えを望む。どうしてこうなったのか。なにか理由があるに違いないと、裏切りを見せた女をそれでも信じようとしていた。


『まるで私が貴方を裏切ったかのような言い回しだね』


 女は淡々と口にする。ゆっくりと男に近づいて視線を合わすようにしゃがみこんだ。そうして首を傾げると不可解そうな表情を浮かべる。


『おかしいな。裏切ったのは私ではなく、貴方自身ではないか。私は貴方に力を与え、そして望む地位も与えた。なのに、貴方は道を示すことを怠った。非があるとするならば、貴方自身だ。これは自業自得というものだよ』


 女の細く白い指先が、スッと男の手に伸びる。女が触れたのは男のもつ獅子を象った指輪だ。


『だから返してもらうことにした。残念だけど、これが私の意思だよ』


 そう口にすると女は、スルリと男の指から指輪を抜き取った。瞬間、男の身体が不自然に発火し、あっという間にその炎は男を包む。悲鳴をあげることができても、のたうち回る体力を持たぬ男は、そのまま身体を折るように絶命した。その光景を感情のない瞳で見つめていた女は、興味を無くしたかのように抜き取った指輪を自身の細い指に通す。


『やはり人間には過ぎた代物のようだ』


 女は指輪に軽く口づけをして、手を翳した。窓から差し込む陽の光に照らされて、指輪がキラリと煌めく。くすみがかった指輪は、価値の知らぬ者が見れば単なるガラクタだ。それでも欲する者が存在する限り、この指輪に価値はあるのだろう。翳した手を戻すと女は、何事もなかったようにその場から空気に溶けるように姿を消した。男の焼死体を残したまま……。





【クリックありがとうございます。よく分からない駄文ですいません。前に作ったもの新しい気持ちに切り替えて始めようとリメイクとして建てました。前と殆ど差異はありませんが、細かな設定などはサブ記事にしますので、興味を抱いた奇特な方はサブ記事のほうへ移動してください。そして解放まではレスは禁止します。参加意思に関してはメモ記事にてよろしくお願いします】

メモ2017/07/31 20:57 : 指輪を巡る物語 @alexduno★Android-W2tzw3VSSy

現在の募集状況


『野心家たち』……無制限

それぞれの指輪を狙う不届きものたち。狙う目的はさまざまで、そのためならばプライドも捨てる。


『その他』……無制限

指輪をめぐって出会う人々。協力的な者から不届き者までさまざま。ギルドパーティを作っている冒険者もこちらに含まれます。希望があれば精霊もこちらに含めます。

切替: メイン記事(0) サブ記事 (26) ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。