Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(2) >>

死にゆく君に創り物の花束を

 ( オリジナルなりきり )
- アクセス(611) - ●メイン記事(2) / サブ記事 (18) - いいね!(9)

花言葉で紡ぐ異能力 @karasu1010☆TyGLtXpsS1g ★0gkYBdXyN1_OzI

「折角、人類を越える存在に変わったって言うのに落ちこぼれ扱いされるって酷くない? 」

そう言って少年は狂い人類に対して笑いながら血の色の花畑で暴れ、花を踏み荒らす。

「おや……もしかして君が死んだら本物の花を供えてくれるなんて甘い事を考えてませんか? 」

そう言って青年は狂い全世界に対して無表情を向け何もかも消えて無くなった世界で一輪の花を静かに添える。

「……帰ろうよ、私達の……日常に」

そう言って少女は狂い泣きながら綺麗な花束をゆっくりと抱きしめる。



――この世界は美しくも儚い大輪の花による幻想で溢れていた。そしてその花達は自分に課せられた運命に対してどう足掻くか。


花言葉で紡ぐ異能力を君へ。

【駄文失礼しました。スレ主は至らぬ点や返信が遅れる事がありますが宜しくお願いします】

1年前 No.0
切替: メイン記事(2) サブ記事 (18) ページ: 1

 
 

花言葉が紡ぐ異能力 @karasu1010☆TyGLtXpsS1g ★0gkYBdXyN1_OzI

【???/ハッピーエンドレス社・社長室】

此処はハッピーエンドレス社九十階、社長室。高級そうな机と座り心地が良さそうな黒い椅子以外は何も無い部屋。特徴と言えば90階からの景色が巨大な窓で見渡せる事。

其処に一人、ハッピーエンドレス社の社長が大きな窓から世界を見渡す。
「……」
そしてその世界の影に映るのは異形の花。

歪んだ世界は幻想に犯され、暴走する。この世界に生えた花は人間を喰らい尽す化物か。それともその花を無条件で燃やし続ける人間が化物か。

そんな化物達に押し潰されそうになる落ちこぼれ、負け犬達は望まれなくてもこの世界の未来を選択する事になる。

己を笑い続けた運命に抗う為に。

【それではメイン記事解禁です。参加者の皆様、宜しくお願いします】

1年前 No.1

友禅 @yuuzenn☆fXqsD0VZIxk ★Ywte4t2Nfq_m8y

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.2
切替: メイン記事(2) サブ記事 (18) ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。