Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>

deadendless

 ( オリジナルなりきり )
- アクセス(369) - ●メイン記事(0) / サブ記事 (17) - いいね!(1)

狼煙 @isaribi10 ★0gkYBdXyN1_jWF

この世界には生まれながら伝説、或いは架空の生物の形のアザがある人類が存在していた。身体の一つの部分にそれぞれそのアザは存在しており腕や頬、足の裏、背中まで。また大きさもそれぞれ。まるで刺青の様に鮮明で人々によって痣の形、また色も違う事がある。

――そんな彼等を人々はこう呼ぶ。アンデッドと。

この世界では奇妙なアザをした人類は輪廻転生から外れた存在とされており、本来、待っているのは永遠の死。だが、天使のきまぐれか悪魔の罠か。もう一度輪廻転生に戻るチャンスの為、彼等は生前の懺悔を行う事を目的に奇妙なアザを印としてこの世にアンデッドとして蘇る、と世界中に伝えられている。ただし姿は生前と変わらないがアンデッド達は記憶を失っておりどんな罪を犯したのは分かっていない。また風習として政府がアンデッドを強制的に引き取りアンデッドに対して辛く苦しい訓練が行われる。そして彼等は訓練の果てに魔法を手に入れる事が出来る。何故魔法が扱えるのは不明だが懺悔と何か関係しているらしい。そして魔法をコントロール出来た者から外の世界を歩く事を許される。アンデッドはアザのエネルギーを使いアンデッド専用の魔法の武器を操る。懺悔を終えると痣と魔法が消え普通の人間として生きられる。だが懺悔を終えた者はまだ一人もいない。

そしてアンデッドの生きる選択は更生(輪廻転生に戻る為懺悔と向き合う)、反逆(このままアンデッドとして生き、能力を悪事に使う)、中庸(アンデッドと言う存在について考える、人間と同じ生活をしたい、等のその他)に分かれている。

彼等は生前永遠の死を宣告される程の罪を行った者達。記憶を失いもう一度新しい人生を踏み出す為に死者として蘇り、辛く苦しい懺悔の旅へと出る。

彼等に永遠の死(deadendless)では無く永遠の幸せ(happyendless)は訪れるのか。
【駄文で申し訳ございません。少しでも興味を持って頂いた方はサブ記事へ】

切替: メイン記事(0) サブ記事 (17) ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。