Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(229) >>

バトル・ハザード・ゾンビワールドへようこそ

 ( オリジナルなりきり )
- アクセス(1902) - ●メイン記事(229) / サブ記事 (52) - いいね!(1)

タカさん @takahisa19☆VVSVrycCqOc ★WY6J4FJ045_01r

特殊部隊の活躍ストーリーへ ようこそ

東南アジア 某都市
バイオ企業が引き締めき合う街
そこで、ある研究施設からウイルスが流出し
感染した者は、突如 凶暴化
被害は、瞬く間に広がり町は隔離された

軍がバリケードを張り巡らし、感染していない人までもが、軟禁状態
住民の人々がほとんど感染し、町はほとんど死にかかっている

・特殊部隊の君らが・誰も言う事は信じるな・街へ先入してくれ
「ターゲット(目的は)は・・・娘を救い出せ 」
街に入れば、安全だ・・・ところが


特殊部隊へようこそ

皆さんが特殊部隊の隊員となり
街へ潜入し、ターゲットとなる 娘を見つけ出し、救出する シナリオです

人食いゾンビと戦え!地獄へようこそ!

音を立てるとゾンビが襲って来る素早いゾンビの群れ
大勢のゾンビが・・・襲い食い付くゾンビ
多数いた隊員達も 次から次へとゾンビの餌食になってゆく

生き残った人達は仲間となり、戦車や爆弾を用意していた
生き残った少佐達は、生き残った仲間達と力を合わせ・・・
生き残った仲間達の中にターゲットの娘が・・・
ゾンビに噛まれた隊員が襲って来る

・ゾンビは銃弾だ倒れる・ゾンビはパンチ ケりで倒れる・ゾンビはナイフで倒せる

3年前 No.0
メモ2019/07/05 11:20 : 崇☆irRGOksXjy6 @takahisa19★fCwzxTl5Sg_01r

★観覧者へ告げます★


・表現方法に、えげつない言葉、きわどい言葉を

使用することがありますのでご承知 ご理解をしてくださいませ


・自分の構想でゾンビ&モンスターを作り

ストーリーに描いて進めて行きましょう


☆参加希望者へ☆


・何時でも気軽にどうぞ

・まずは、サブへ来れたし


以上です。


記載日

2019(令和元)年 7月5日金曜日にて。

切替: メイン記事(229) サブ記事 (52) ページ: 1 2 3


 
 
↑前のページ (179件) | 最新ページ

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★xjiTMUUR4M_01r

D地区・空軍基地より。

空軍基地へ新兵がきた。
ローズ(姉)とマリー(妹)の双子の姉妹。
二人とも操縦士。

倉沢
我が軍隊では女性のパイロットは初めてだ
女性だからと差別はせずに、平等にする。

ローズとマリー
了解です。
自分もそのようにしていただくとやりやすく光栄であります。

倉沢
了解した。
訓練は厚木基地か?

ローズとマリー
ローズ
自分は主に海上訓練でした。
マリー
自分は空母より陸と海上の訓練を得ました。

倉沢
二人は海軍で練習をしてきたのだな。

ローズ&マリー
そうであります。
不信な点がありますか。

倉沢
いや、ない。
経歴を見て。
完璧すぎるほど・・・だが。
完璧がいざという時になると・・・?

ローズ&マリー
敵はゾンビだとうかがっておりますが。

倉沢
そうだ、ゾンビが相手だ。生きている敵だ。
訓練とは違うぞ。

ローズ&マリー

こちらへ来る前に、既に退治してきましたので
不信になる恐れはないと思いますが。

倉沢
そうであったか
これは初対面の人へ失礼しました。
これまでに、何にもの自信過剰者が犠牲になってきたので。
ただ言いたいのは
命は粗末にするなよ。
挨拶、ご苦労
以上だ。

ローズとマリー
はい!
期待に応えられるように致します。
二人は笑顔を浮かべた。

倉沢
さがってよし。

ローズ&マリー
は・は /)`;ω;´)
二人は敬礼し
退室した。

10日前 No.180

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★xjiTMUUR4M_01r

空軍基地

ローズとマリーを案内した。

ここでは
戦闘機のみを配備しています。

まず
こちらのブースに並んでいますのが
・F−2A ハイパーゼロです。

そちらのブースには基本性能を重視した
・F−15Jであります。

あちらのブースには
・F−4EJ ファントムUとなります。

投機
・F−2・F−15・F−4
の4機種になります。

そして
格納庫にあるのが
打撃戦闘機・F−35A ライトニングU
この機は、陸軍部と共同使用となります。

E地区の陸軍基地と駐屯地の操縦士のため
当基地に配備をしています。
使用許可は既に得ていますので、使用は自由です。

当基地に配備されている戦闘機なら
好きな機種をお使いいただけます。

ローズ
それは、ありがたいです。
マリー
臨機応変にその時の状況にて、判断して決めます。

了解。

マリー
想像していたよりも、敷地が広いわね。
ローズ
そうね
D地区は3等分ですからね。
マリー
1つは民間機専用の空港
2つめは避難スペースと仮設住宅ですか。

はい
それがD地区です
二人の会話に割り込んでしまいまして、失礼しました。

ローズ&マリー
いえいえ
案内してくださり、ありがとうございます。
では
失礼します。

10日前 No.181

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★xjiTMUUR4M_01r

E地区・陸軍基地より。

観測ヘリコプター
OH−1(ニンジャ)

多用途ヘリコプター
UH−60JA(ブラックホーク)

この攻撃ヘリ2種を新たに導入した。
導入する際
ブラックホークにはサイドドア部分に
12・7mm重機関銃と5・56mm機関銃を搭載し、ガンシップヘリとして使用可能とした。

NBC偵察車
核兵器や化学兵器などの特殊武器に対応する。
ことなどから、導入をしました。

ユリアと意見が一致し、
大いに喜び
大いに期待する隊員たち。

10日前 No.182

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★xjiTMUUR4M_01r

アリサからの。

アリサはアキの上達をチェックした。
アリサ
この板を蹴りで割れるかしら?

アキ
この板を割ればいいの?
アキは回し蹴りで板を割って見せた。

アリサ

ハイキックではどうかしら。

アキは簡単に割った。

アリサ
アキ、短い期間ないで、上達しましたね
これからは、己で鍛錬を積むことです
私からの教えは終わりました。
その証に、これを差し上げますわ。

武器をアキへ渡した。
アキ
これをくれるの。
アリサ
そうよ、最後のとどめか、戦う時に使えばいいのよ。
あと
その靴とはお別れした方がいいわね。

アキの靴はボロボロだった。
アリサはブーツをくれた。

アキ
ありがとうございます
嬉しいです。

アリサは微笑みを浮かばせ立ち去った

ユキが片隅で、黙々と背ぶりをしていた。
アリサが近づき。
それは
武道かしら?
はい、昔剣道を少し。
では
この武器を使うといいわ。
ユキは棒きれを手にしていた。
ユキは渡された武器を手に取ると、フィットします。
アリサ
なら、よかったわ
こちらもどうぞ
ずいぶんとへたれていますわね
ユキへ靴を渡した。

ユキは照れながら、ありがとうございます、大切にしますね。

アリサは含み笑いを浮かばせ立ち去った。

アキが駐屯地へ戻り。
ユキ
アキ毎日大変ね
アキ
今日で終わった
でね、ブーツとこの武器をクレタの。
ユキ
私もアリサから武器と靴をいただいたの。

お互いの武器を見せた。
妹は腰に付けていた武器を取り出して姉に渡した。
と、ユキが片手で持とうとしたら・・・え・重い、両手で持たないとダメだわ。
アキ
なに?冗談でしょう、ホラこんなに軽いよ。
お姉ちゃんは疲れているんだね
で、お姉ちゃんの武器は?
ユキが差し出して見せた。
これ、刀みたいね
アキが持とうとしたら、チョーやばい、重くてムリ。
ユキ
アキも冗談を言って、ホラ、こんなにも軽いのよ。

アキのナイフとユキのカタナは不思議なパワーを潜んでいたのです。
本人しか使用できない武器だったのです。

9日前 No.183

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★xjiTMUUR4M_01r

アリサからの武器。

本人しか使用できない武器。

解除ボタンの仕組み。

通常はゾンビに対してのみ、斬れるナイフとカタナ。
安全装置が働き(人に対しては斬れない)仕組み。

ボタンを入れるとゾンビ・モンスターへの攻撃が可能となる。
(切れ味が最高になる)

非常ボタンを入れると、あらゆる生物と物体を切り裂くことが可能となる。
(鋭い牙が飛び出してマックスの状態になる)ただしパワーが必要になる。

自動パワーモード
武器が自動に相手の弱点へ誘導し攻撃が可能となる。
(体力消耗となる)本来の重みを感じてしまう。
体力が戻らない限り、元の状態にはならない。

説明はこれにて。

9日前 No.184

時獄の咎人 @yosinon447 ★kdmU70SYuP_keJ

暗号名を聞いて兵士は、、、

兵士1及びブルー7が同時に「攻撃体制よせ」との号令に
隊員は銃口を下に向けた。ふぅ……なんとか納得して貰えて良かった。

兵士2がナイフを納めたのを見て、アリスも剣を鞘に納め、兵士2の言葉に対して

アリス「いえ、そう言う事なら致し方ない」

と応えると、ブルー7から指令所へ参ろうと声に「はい」と言って彼等と行動を共にし…

道中、兵士二人の言葉に

アリス「それはありがたいですが、自分の身は自分で守れるので結構と言いたい所ですが、ここはお言葉に甘えさせて、護衛の方お願いします」
とペコリとお辞儀をして暗殺部隊の二人に護衛のお願いをする。

そうして共に移動中、急いで指令所へ向かう事に
夜になれば此方が不利、向こうは夜目が利くが此方にはないのが大きいからだ。

指令所へ着き暗殺部隊が少なくなっていることに気づいた兵士1が。
中佐へ私を連れて来た事を報告すると

中佐はウソの報告を告げた。

何故嘘の報告をしたか、は相手にも事情があっての事だと詮索はしないように留めたアリスは
暗殺部隊のお二人と別れる際、グッドラックとの返事に私の肩に手を置いて敬礼をするブルー7、同様
私も敬礼をし「ご健闘をお祈りいたします」と返した

アリス(悲しい事に仕方がない事ですが…人命より任務を最優先する事は此方も同じなのですね…栓亡き事。)
(その為にもこの世から一刻も早く異形共を駆逐しないと…)

とアリスもまた心の声でそう呟き、
改めてこの世界からゾンビを一掃する事を胸に誓った。

9日前 No.185

時獄の咎人 @yosinon447 ★kdmU70SYuP_keJ

アリスの剣について

全身が月桂樹と特殊な鋼を素材を元に作られた金色に輝く剣。
神から与えられたと伝承のある。天界十剣の内の一振りとされる剣で、
名を「ミカエル」と言い。その刃には聖なる力が込められていて、
邪悪なる者を退ける効果があるらしい。

9日前 No.186

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★nJoLBtZhF8_01r

E地区・陸軍基地より。

観測ヘリ ニンジャ
がA地区へと
ホバリングしながら低空飛行を続けていた。

ニンジャ
シルバー聞こえますか。

シルバー
聞こえます。

ニンジャ
緊急の報告をします。
調査を始めて、低空飛行を行い出したら
地面(地表)をうごめく生物と物体を確認しました。
詳しい説明は戻り次第報告をします。

シルバー
了解した。

ニンジャは隅々まで調査をした。

燃料が・・・
仕方がない
戻るとしよう。

ニンジャヘリはA地区から離れ、E地区へ
陸軍基地へと着陸した。

ニンジャヘリからの報告は
駐屯地へ
D地区の空軍基地へ
通告された。

9日前 No.187

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★nJoLBtZhF8_01r

別の場所にて。

多用途ヘリ
ブラックホークはウシガエルと戦闘を繰り返していた。

ホーク・1
なんだ
このカエルの化け物は・・・
機銃をしても効果がない

ホーク・2
ホーク1
上空へ

ホーク・1
了解。

ホーク・2はホーク・1が上空へとを確認された。
ホーク・2はウシガエルの後方へ回り
ロケットランチャーを発射した。
1発はかすめて川へ。水しぶきが舞い上がった。
2発目は命中した。
すると
ウシガエルの腹から溶けかけた人体が出てきた。
その人体を回収するとE地区の基地へと向かった。

基地では
溶けた人体を解剖検査した。
すでに
判別不可能な状態であった。
唯一
判別することに成功したのが、軍服。
軍服にはレインボー部隊と刺しゅうされているのがわずかに判別できた。

人体からは異臭が・・・
すぐに焼却された。

9日前 No.188

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★nJoLBtZhF8_01r

駐屯地。

アリスが駐屯地に着くと
グリーン部隊が拍手で迎い入れた。

軍曹
アリス殿
お帰りなさい。

その奥で
ユキとアキが武器を手にして
自己訓練をしていた。

アリスの姿を見ると
会釈すると
訓練を続けた。

軍曹がアリスへ
あの二人は民間人のユキとアキです。
と紹介した。

指令室の入り口にリル伍長が敬礼をして待っていた。

9日前 No.189

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★nJoLBtZhF8_01r

ユキとアキが持つ武器から金色に輝く光を放っていた。

軍曹
あの武器は珍しいでしょう
アリサさんから頂いたらしいです。
アリス殿の武器と同じく金色ですね。

リル伍長がアリスのもとへ近づき。
リル
先程話されたアリスさんですね。
無事に戻られてよかったです。
疲れたでしょうから、休んでから大佐へ報告をしてはいかがでしょう。

と話された。

9日前 No.190

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★nJoLBtZhF8_01r

ブラック部隊が所有する武器。

メンバーが持つ武器は牛刀を改良した刀である。
黒光りしたカタナ銃刀である
肉は簡単に切り裂き
骨も切断する

少尉が持つ武器は日本刀(村雨)を改良したカタナ。
銀色に輝く波紋が特徴
首を切り落としてしまう
胴体を切り裂くには鍛錬が必要となる

少尉を先頭に立ち
暗殺部隊が整列して
稽古をしていた。

9日前 No.191

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★nJoLBtZhF8_01r

レンジャー部隊の武器。
(イエロー)

小刀を武器とする
機銃を武器にする
R−3・4 (プラチック爆弾)を保有している


ネイビーシールズ部隊の武器。
(ブルー)

刀ナイフを武器とする
機関銃を武器とする
格闘技で戦う
間接技を得意とする
首折を得意とする

少佐・中佐
短銃を所持している
シュルケンで脳天(額)をぶち抜く技が得意とする
格闘技はマスターしている?

辞令
中佐へ

レンジャー部隊(イエロー)の指揮(指揮官)とする
中佐
了解しました。

本日より
指令所を主に任務場所とする
駐屯地を訓練場、休息場とする

指令室は・・・変わりなく。
大佐・・・なぬ!

9日前 No.192

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★nJoLBtZhF8_01r

グリーン部隊は守衛任務とする

軍曹
私は駐屯地から命令を下す
よいか
指令所の守衛は厳重にせよ。

中尉
ところで
私は???

中尉は射撃の名人であります
また
愛犬家であり、犬からも信用され愛されています。

中尉
これは
どうも(照れ顔)
(n*´ω`*n)

私のことは?

大佐は・・・?
あ、ありました。
決断力に優れています
武道家でもあります

以上。

大佐
少ないけど、、、いいとしますか!?

9日前 No.193

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★nJoLBtZhF8_01r

D地区・空軍基地

陸軍基地より
要請がありました。

倉沢
よし
了解した。

陸軍基地へ
承諾の旨を伝えよ。

了解。

ライトニングへ
焼夷弾を詰め込め
準備ができたら出動せよ。

こちら管制塔。
A・Bへの侵入許可する。

ライトニング
了解。
準備よし。

出撃せよ。

( ̄▽ ̄)ゞラジャ

空軍基地より飛び立った編隊は一路A地区へ

ライトニング・1
ゴールドへ
目的地点に入りました。
これより全機で攻撃を行います。

ゴールド
了解。

A地区は再び、焼夷弾の攻撃により炎上した。

アリジゴクのほとんどが消滅した?
モグラゾンビとミミズゾンビは地中深く潜り生き延びた。
モグラゾンビはD地区の谷へ向っかた。
そこには
まだ、アリジゴクがいるからだ。

モグラゾンビは主にアリジゴクを餌にしている。
ミミズゾンビはモグラを丸のみにするが、モグラの餌食にもなる。
モグラゾンビの餌が少なくなると、人間を襲う可能性があるかも知れない?

サイクルが狂えば、最悪の事態へとなるだろう。

ライトニング
攻撃は完了した。
全機は基地へ帰還する。

ゴールド・管制塔
任務、了解。
順次、帰還せよ。

ライトニング
( ̄▽ ̄)ゞラジャ
クーガー!

9日前 No.194

時獄の咎人 @yosinon447 ★kdmU70SYuP_keJ

そうしてアリスは駐屯地に移送され…

無事、駐屯地に着くと
グリーン部隊の面々が拍手でお出迎えに

アリス「ありがとうございます…。私めの為にこのようなお出迎えは勿体ないですがね…」

御礼を言うアリスだが、内心、正直、こういったお出迎えされる身分ではない為、戸惑っており、ちょっぴり恥ずかしくもあったが、
嬉しくない訳ではなく、嬉しい様子。

軍曹殿も私にお帰りなさいと声に、ただいま帰投しました。と敬礼して答えていると、
ふと見ればその奥で、新人の兵士が入ったのかそれとも徴兵を受けたかは、定かではないが、
新入りの女兵士、二人が真面目に武器を手にして鍛錬に取り組んでいるの見て、アリスは…

心の声で、まだ粗削りですがそのまま鍛錬を重ねればすぐに上達するでしょう。
お二人共、筋は良さそうですからと思い自分勝手に悦に入っていた。

すると二人は此方に気付いたか会釈してきたのに対し、此方も会釈を返すと
訓練に戻る彼女等にお疲れ様です。と労いの言葉をかけた。

直後、軍曹が二人の兵士について、説明してくれて、
彼女等は民間人の出で、姉妹のユキとアキと言うらしい。
と紹介した。

更に指令室の入り口にリル伍長が敬礼をして待っていたのを見て、
伍長にも同じく敬礼を返す。

ユキ殿とアキ殿の手にしている武器は金色に輝いていたのに

軍曹殿が捕捉を入れてくれて、あの武器はアリサと言う兵士の方から頂いたものらしい。
一応捕捉しておくと、アリスの持つ剣「ミカエル」は一振りだけ作られた伝説級の剣で
同じく他の天界十剣の九振りも一振りしか存在しない剣で、「メタトロン」「ラジエル」「ザフキエル」「ザドキエル」「カマエル」
「ハニエル」「ラファエル」「ガブリエル」「サンダルフォン」の九振りである

すると、、、先程まで敬礼していたリル伍長が私のもとへ、、、


挨拶に「ただいま帰投致しました。お初にかかります。アリスと申します」と名乗ると、続けて
「ええ、そう致します」と答え

アリスは一旦、兵舎に戻り、シャワールームを使わせてもらい、束の間の休息を取ると
大佐の居る部屋に礼儀正しく入り、大佐の前で敬礼をし、その体制のまま

アリス「ただいまアリス帰投致しました。それと共に行動していたリーダーことレインボー部隊所属冴島隊員についてですが、
    冴島隊員は帰投する道中、我々の同胞のヘリが墜落したのを耳にし、私にこの事を報告するよう命じて、貴官は、
    その同胞に救援に向かう為向かったのことです」

と大佐に報告を告げた。

9日前 No.195

時獄の咎人 @yosinon447 ★kdmU70SYuP_keJ

一方、B地区

其処は新種のゾンビ達が栄えている街であり、どういう訳か…
現在、軍のミサイル攻撃によって荒野と成れ果てたA地区とは大違いに
B地区にはいつの間にか各街に繋がる通路のバリケードが撤廃され、代りにB地区の街を守るように、
高く、頑丈な鋼の防壁によって囲まれているのだとか…

この防壁は高さは4m、壁の強度は戦車やヘリからの砲撃を受けてもビクともしないばかりか、
壁の内部には特殊な物体から放たれる電磁波で、軍から撃たれたミサイルと核を逆に誘導して放った元へと返って来るとトンデモナイ仕様が加わったとか、

更に、、、各防壁の前には二台の戦車及び、黒い防護服と機関銃を持った兵士達が警戒中。しかもその警戒している兵士…
噂によれば、ゾンビではなく、人間らしいこと…

9日前 No.196

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★nJoLBtZhF8_01r

駐屯地

大佐
アリスさん
よくぞ戻られた。

アリスから報告を受けて。

言いにくいことだが、、、・
冴島隊員のことですが、、、名誉の戦死なされた。

とアリスへ告げた。



観測調査より。

A地区の地表から大量の水が穴より吹き出ています。
このままだとA地区は湖になりかねません。

地中
モグラが作ったトンネルを通じてわき水が流れていた。
そこへ
爆弾の刺激で、地下水が地表へ溢れ出したのである。
みるみるうちに
地表は水に覆われていった。
唯一
森が小島のように残った。

A地区の大量の水はB地区へ迫る勢いで、、、
しかし
4mの防壁が洪水を防いだ。

C地区へも
低い地域に水が流れ込んだ。
ゾンビの群れを呑み込んでしまった。
エロゾンビは高台へ非難した。

自然の驚異にはゾンビも逃げるのか・・・?

8日前 No.197

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★nJoLBtZhF8_01r

A地区の状況を受けた本部は・・・立ち上げた。

それは・・・なんと
A地区の唯一残ることができた森の中に海軍基地を立ち上げたのである。
森の半分以上を占める海軍基地を建設した。

森の中にはミミズゾンビが逃げ込んでいた。

海軍基地へ
ブルー部隊が配属された。
海軍基地の司令官に少佐が任命された。

本部から海軍基地へ
海兵隊員・特殊部隊を配属された。


駐屯地

大佐
ホワイトファングから司令官になれたことは光栄のことですな。
少佐
大佐の元から離れることはいささか・・・。
ですが
前進するのみですね。
大佐
その通りです
司令官になられた以上
部下の事を第一に考慮してもらいたい。

基地名・・・プラチナファングと命名された。

A地区の海軍基地が誕生した。

8日前 No.198

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★esIAGLVoqt_01r

A地区からC地区へ流れ込んだ水流は
D地区の谷へと流れ込み
A地区からD地区へと川ができた。

それによって
D地区のアリジゴクは消滅したのである。
モグラはC地区の地中へと逃げ込んでいった。

それにより
C地区ではエロゾンビ対モグラゾンビの死闘が始まった。
モグラは地底から現れるとエロゾンビの子を襲い食べ始めた。
モグラは地中へ逃げ込み
エロゾンビは手も足も出せずにいたのである。

モグラが捕まえて食べているとミミズゾンビが獲物を横取り始めた。
モグラは地底からエロゾンビの足に食らいつき地中へと引きずり込んでいき
(´〜`)モグモグと食すのだ。
ミミズはモグラの食べかすを食していた。

モグラとミミズの共存ですかね?

8日前 No.199

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★jV6zBkv0Nx_01r

A地区
湖にナマズゾンビが誕生した。

通常は普通のナマズ〜゜・_・゜〜
刺激を感じると電気を放電する
刺激を与えると電気で攻撃して関電させる
そして、しびれさせて動けなくして食べてしまうのです。
湖のギャングですね。

海軍基地 森の周辺に浅瀬ができた。
A地区の森から森山へと続く浅瀬道が出現した。
これにより
指令所への道へ、E地区の陸軍基地へとつながりが可能となった。
ただし
森の中にはミミズゾンビがいることを忘れずに。

D地区の川のほとりにアマガエルの群れが現れた。

アマガエルはまだゾンビではありません。
ただ
親カエルの存在がいることも忘れてはならない。

一難去ってまた一難
でしょうか?

8日前 No.200

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★3lIOXwBvMC_01r

本部より。

駐屯地へ
輸送ヘリコプター
CH−47JA チークを配備する。

指令所を拡張し
新たに駐屯基地とする
部隊名はプラチナファングと改名する。

機動戦闘車MCV
99式自走155mmりゅう弾砲15HSP
87式自走高射機関砲87AW

3機種を配備した

駐屯基地司令官は中佐を任命する

海軍基地

白竜=ホワイトドラゴン
と改名する

基地の森を整備しヘリのロータリーを建設する
掃海・輸送ヘリコプター
MCH−101
哨戒ヘリコプター
SH−60K

2機種を配備する

以上。

7日前 No.201

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★3lIOXwBvMC_01r

森山。

森山は街を囲んでいる。

その森山にハチモンスター&ヘビモンスターが出現した。

ハチモンスターのスズメバチは攻撃を主体とし、アシナガ蜂は狩りを主体とする。
ハチモンスターの連合集団。

スズメバチが襲い、アシナガ蜂が巣へ運び、幼虫の餌にする。
連係プレーを行います。

ヘビモンスター~>゜)〜〜〜は森山に侵入した者を襲う。
敵と見なすとあらゆる角度から襲う。
ただし
むやみに襲うことはしない。
森山の番人。
森山のヌシである。

7日前 No.202

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★3lIOXwBvMC_01r

空中と地中からの攻撃に対処できるでしょうか・・・?

空軍基地
作戦を練り、作戦を展開しようと模索していた。

海軍基地
海兵隊員が森山へ入ると
ミミズゾンビに狙われ、時にはヘビモンスターに狙われた。
その結果
森山への侵入することを断念する結論に達した。

A地区海軍基地から駐屯基地へ向かうルートを
両方から新たに設置、開発を始めた。

駐屯基地からA地区への道を海軍基地へと繋がるように
橋を建設した。

それにより
駐屯基地からのルートは
海軍基地へと森山へと続く2本のルートになった。

B地区へは
川を進む以外に入ることができない。
川には、カエルモンスターのゾンビが存在する。

7日前 No.203

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★sB2EE18P68_01r

アリサは単独で森山へ

しばらく歩いていると
目の前にヘビのモンスターが現れた。

アリサと蛇は向かい合い
何かを語り合うかのように見つめていると
蛇は敵意はないと判断すると、振り返り森山の奥へ去り、消えた。

アリサは何を語ったのでしょうか?
アリサは平然と駐屯基地へと戻られた。

監視塔から
空に群がる黒い物体を確認した。

それは
ハチモンスターの群れであった。

7日前 No.204

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★sB2EE18P68_01r

ハチモンスター

空軍基地より飛び立った
2機の戦闘機イーグルがハチの群れに遭遇した。

スズメバチは攻撃モードに入り、攻撃してきた。

イーグル・1
なんだ、あの群れは?
至近距離になり。
ハチの化け物だ!
と認識した時である

スズメバチの針が機体をぶち抜くと針の先端から毒素が放たれた。
操縦士は気絶し機体は墜落した。

イーグル・1がスズメバチに襲われ、墜落を見て
イーグル・2は機銃掃射で攻撃を始めた。

すると
ハチの群れは、森山へと消えた。

イーグル・1の操縦士は殉職した。
イーグル・2は突然の襲撃に対応するのに手間取ってしまった。

基地では、対応策が練られた。

7日前 No.205

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★OTq6DQ9VGC_01r

C地区

街にいたエロゾンビは
なにを血迷ったのか?
A地点へ向かい始めた。

それには
広大な湖を泳いで渡ることになる。

エロゾンビは湖へと
だが
湖にはナマズモンスターがおり
エロゾンビを食い始めたではありませんか。

エロゾンビはA地区へ行くことを断念した。
エロゾンビは減少したのである。

エロベイビーも
モグラゾンビにより絶滅へと追い込まれた。

エロゾンビ
「女体を・・・俺様の子供を産むのじゃ」
だが
女体のゾンビの数も少なくなりつつ。
混乱しだしたのである。

7日前 No.206

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★SouOgdFGUN_01r

B地区の隣にF地区が誕生した。

F地区
B地区から流れる川が谷へ
滝となり、川は途切れる。

A地区の森山へ
G地区の開墾が始まり
それに怒り出した白蛇モンスターが暴れだした。

アリサは怒りを鎮めいようと毎晩、祈りを捧げた。

7日前 No.207

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★foxCqnPShb_01r

G地区

森が開拓されると
岩山があらわになった。

人間は自然を壊す生き物だ
人間こそ獲物にしてやろうか

白蛇の心の叫びが
アリサの胸に響いた。

アリサは涙を流して
祈りを続けていた。

7日前 No.208

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★r8i6PdTeiX_01r

G地区

広大な土地が完成した。

斜面を削り
平らにした平地となった。

その決果
A地区とも繋がり
駐屯基地へも繋がった。

A地区は元々低い地形でしたので
今回のように
湖になりました。

モグラゾンビとミミズゾンビは地中深く潜り生き延びた。
白蛇モンスターは山へと。

6日前 No.209

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★r8i6PdTeiX_01r

F地区

万緑
地平線まで続く万緑

林の後ろには山がそびえ立つ

自然が広がる台地


この地区で
争いはおこるのか・・・?

6日前 No.210

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★j2e4iPrPx5_01r

陸軍基地から
数名の偵察隊がC街へと・・・。

偵察隊より
シルバーへ
街にはゾンビの姿は確認されません。
おそらく、建物に潜んでいると思われます。
以上。

シルバー
了解した。
任務は終了する。

偵察隊
了解。

その頃
本部では、人体実研究をしていた。
ゾンビの血を人間に投与したのだ。

失敗の連続の果てに
あきらめてた時、、、成功を遂げたのである。
その部隊をハーフゾンビ命名され、C地区へ放たれた。
隊長となるのが初めて成功した女性隊員「ミサ」である。
副隊長には「ミゲル」である。

その事を本部は秘密にしたのであった。

ミサとミゲルの血を培養して
多くのハーフゾンビが誕生したのである。

C地区へ放たれたミサは美沙と名乗ることにした。
ミゲルに部隊を任すと美沙は女性ハーフゾンビ部隊を引き連れて駐屯基地へ向かい始めた。
ミゲルは町中のゾンビを殺しに入った。
残りの数名のハーフゾンビの群れはE地区の陸軍基地へと歩んでいた。

ミゲルは能力発揮し
数名のエロゾンビを残すのみとなった。
「雑魚はじゃまだ」
ただのゾンビには興味を示さないミゲルであった。

5日前 No.211

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★j2e4iPrPx5_01r

駐屯基地へ向かわれたミサの部隊を
監視塔から見ていたアリサ

中佐が指令室から
あなたたちは何者か?
ミサ
本部より命令されきたのです
中佐
そうですか
では
どうぞ

有彩(アリサ)
中佐
信用してはいけませんよ
と忠告した。

中佐
本部によると隊員を補給すると通達がありましたので
ご安心ください。

有彩
なら
いいのですが。
アリサはミサの赤色の目が気になっていた。


その頃
E地区の陸軍基地では、ハーフゾンビと争いが始まっていた。

ハーフゾンビ
なぜだ
俺たちを攻撃してくる
どうしてだ?

ハーフゾンビの群れは
ミゲルの元へ

ミゲル
なんだと
我々がゾンビを倒しているのにムムムムム
ミゲルは怒りを爆発した。
なら
俺たちの力を見せてくれる。

ミゲルは数人のエロゾンビを引き連れて
C街を占領した。

エロゾンビ
ミゲルさま
ありがたき。
我々はミゲルさまを守ります。

ゾンビの群れはミゲルをたたえたのである。

C地区は新たにミゲルを主に勢力を拡大したのであった。

5日前 No.212

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★j2e4iPrPx5_01r

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

5日前 No.213

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★j2e4iPrPx5_01r

大佐より。

ミサの貢献を称え
これより
ミサの軍隊をグレー(チーム)とする。

隊長にはアリサとする。

アリサへ
グレー部隊を引き連れて
E地区・陸軍基地へと配属されたし。

アリサ
わかりましたわ。
では
皆様ごきげんよう。

有紗とグレー部隊は輸送ヘリに乗り込み
駐屯基地を離れてE地区の陸軍基地へと向かわれた。

陸軍基地では
ミサが鋭い視線でアリサを迎えた。
隊長 よろしくお願いいたします。

アリサ
こちらこそよろしく。

メアリー司令官は二人を暖かく迎えた。

5日前 No.214

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★j2e4iPrPx5_01r

本部は責任を問うて責任者、関係者を首にした。
司令部は本部長を降格させた。

本部より
E地区の陸軍基地へ

・機動戦闘車
99式自走と87式自走を導入した。

また
・シルバーバック部隊を派遣させた。

陸軍基地では
偵察車とニンジャへり、ブラックホークを残すことができた。
そこへ
本部から導入されたことで防御ができるようになった。

アリサは駐屯基地を離れる際
アリスへ伝言を残した。

ユキとアキは力になるので、後をよろしく頼みます。
それと
白蛇は味方になりますので、、、。

と残していた。

5日前 No.215

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★j2e4iPrPx5_01r

E地区

ユリアは森山へ行っていたので
難を逃れていた。

ユリアは森山深く歩いていると
目の前に大蛇が現れてお告げをいただいた。

ユリアが基地へ戻ると
ミサの殺意を感じ
有彩へ
私は貴方の補佐として行動させていただきます。

アリサ
私はかまいませんよ。

するとユリアはミサとアリサの間に割り込んだ。
ミサが睨むとユリアの体から後光の光が放たれた。
ミサはユリアにひざまつき
「これよりあなたを主宰と致します」と。

ユリアは驚くとアリサが
あなたには、蛇のパワーがありますね。
と呟いた。

蛇のモンスターはアリサとユリアの守護神となり、パワーを授けたのである。

5日前 No.216

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★j2e4iPrPx5_01r

E地区の森からC地区の街へ
ハチモンスターが飛来して
エロゾンビとミゲルと部下を襲いかかり
アシナガ蜂が森へと連れ去った。
もちろんのこと
巣へ運ばれたゾンビは幼虫の餌となりました。

白蛇の赤い目の光が・・・収まった。
大蛇の胃袋にミゲルが収まった。
ゆっくり消化されるミゲルであった。

生き残った
エロゾンビは「馬鹿者が町を優雅に歩けば・・・。」
残されたハーフゾンビは1体のエロゾンビの配下になった。

エロゾンビ
そこらへんのゾンビは役に立たない
俺らの血を継ぐゾンビを増やさなけらば。

C地区の街はエロゾンビ率いるハーフゾンビ軍団とゾンビの群れ
となる。

5日前 No.217

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★j2e4iPrPx5_01r

陸軍基地において。

辞令

メアリー司令官を本部へ移動。

新たな司令官は准将となる。
補佐に田中大佐が就く。

4日前 No.218

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★j2e4iPrPx5_01r

A地区

湖に半魚人ゾンビが現れた。
半魚人は日中は湖の底に潜んでるらしいです
夜になると行動するらしいです。

それと
ミサひきつれるグレー部隊は
目が赤いので昼間はサングラスを使用しないと
視力が低迷して、戦闘能力が失われる。

なので
エロゾンビの仲間になられた
ハーフゾンビも同様です。

E地区

准将
君たちはサングラスをしているのかね

グレー
あ・はい
昼間はまぶしいので。

准将
そうなのか
サングラス部隊だな
ガハハハ

4日前 No.219

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★j2e4iPrPx5_01r

G地区

A地区からG地区へ
海軍基地を移転させた。

これにより
A地区の湖は、ナマズモンスターと半魚人の住処になった。

元海軍基地は雑草に覆われた、
敷地はジャングル状態になられた。
深夜になると半魚人の憩いの場となった。

3日前 No.220

時獄の咎人 @yosinon447 ★kdmU70SYuP_keJ

アリス「そんな……。そ…うです…か…」

大佐殿から直々に冴島さんが名誉の死を成された事を聞いて、
一瞬、目を丸くさせ驚愕したアリスだったが、何かが抜けたように自然と肩の力が抜け、
錯乱する事なく、その事実を受け入れた。多分感覚が麻痺してしまったんだろう…上官、部下、同胞達が死ぬ姿をこれまで嫌と言う程見て来た
だからだろう、どんなに受け入れたくない事でも嫌でも受け入れるって習慣が身体に身についてしまっているんだろう。
でもそうしないと生きていてない、そういった人間の性なのだ。

それからアリスは一旦、兵舎にて暫く待機している…と、
二人組の女兵士がアリスの元に訪れ「アリスさんですね?我々の支部長が御呼びです。御同行よろしいでしょうか」との声に
ほぉと一間考え込むと「了解」と言って二人組の兵士に連行され着いた場所は、

荒れ果てた村の果てにあるポツンと立った黒い建物の中へ入り、そこの5Fまで階段を昇り、
ちなみにエレベーターはあるが女兵士の一人から「今は故障中ですので…」言われた。
そうやって5Fまで昇り切り、目の前にある「支部長室」とタグがついた黒いドアを女兵士の一人が
コンコンとノックしながら「支部長。アリス様を連れて参りました」の声をかけると中から、「わかった。入ると良い」と返事に
兵士は失礼しますと言ってドアノブを回し中へ入ると、そこにはデスクに両肘を乗せ両手を組んで此方を見つめる金髪の白いスーツを着た若い支部長が…

「突然、御呼びして申し訳ない。アリスちゃん。今回、君を呼んだ訳だけど、今日から君は我々スカイファイナンスの一員として移って貰う事となった僕はこのスカイファイナンスのメンバーであり、支部長でもあるシュン・アキヤマと言う気軽に支部長でもなんでも呼んでくれ。アリスちゃん。」

アリス「は、はぁ…移動ですか、了解しました。よろしくお願いします。支部長」

彼はシュン・アキヤマと言いこの支部…部隊…スカイファイナンスを取りまとめる支部長で、
どうやらアリスは此処に移動になった模様。ついでに支部長からちゃん呼びされた事には慣れないせいもあって驚いたが
何にせよアリスはスカイファイナンスの一員として動く事となった。

3日前 No.221

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★S9gKNL8ifO_01r

C地区

突如と我に変えったハーフゾンビたちは
寝ているエロゾンビの手足を縛りだすと
森へ運び、そのまま放置した。

エロゾンビは何が何だか分からず
あたふたしていると
カラスの群れが
目や頭をつつき
目玉をえぐり、食べていた。

次に猛獣がエロゾンビを食い始めた。
エロゾンビは息絶えた。

ハーフゾンビは
ミミズゾンビの餌食になった。

森にて
エロゾンビとハーフゾンビが絶滅した。

ミサは夜な夜なC地区へ
しばらくするとゾンビの群れが町を徘徊しだした。

アリサはミサの事を・・・。
ゾンビたちを指揮する能力があるのか?
敵に回したら、大変なことになるかもしれない?
と思案していた。

2日前 No.222

時獄の咎人 @yosinon447 ★kdmU70SYuP_keJ

一方…死んだとされる冴島だが実は生きていた。
彼は、ウシカエルゾンビと仲間の弔い合戦として戦うも、無念ながら、結局自分はその実力差を前に生き恥を晒し撤退を過ぎなくされた。
その際、自分が着ていた軍服の上着は囮にして逃げる為に使った為、現在、制服の下に筋肉ムッキムキのボディを晒した状態にあり、
彼は何故か森に居た筈なのに、何処かホテルのワンルームの様な小部屋のベットに寝ていた。

冴島「…某は…、死んだのではなかったのか、しかしこのような豪華な部屋?一体?」

冴島「ぬ!?おい、どうした、起きよ!」

目を覚まし、最初に見た光景が新品のような真っ白い天井だった。
それからごく当然にホテルの一室にある物の他にベットは、今自分が居るこのベットを数えて二つ。
それも二つのベットの上には上下黒い薄地のインナーウェアを着た黒髪をひっつめた武人肌の男に、
アッシュブロンドのウェーブロングのドイツ人と思われる少女の姿が…

これは一体…ひょっとしたら親切な御仁に命を救ってもらったのだろうと思うのがこの場で最もな考え方、
その線からいって、だとすればこの二人もまた森で潜伏していた所を助けられたのか…

兎も角…このまま一人考えていては埒があかない、冴島は二人組の内、男の方の身体を揺さぶり起そうと揺さぶると…


シン「んー、んー、ん?此処は…そうだ!エリーゼ嬢、ラル殿無事か…!」

エリーゼ「ん〜、シンさ…ん?」

シン「誰だ誰だ!!!」

冴島「うお…っ!」

シン「ザ、ザフキエルは…、手元…にないだと…仕方あるまい」

冴島「ま、待て落ち着け…!」

男は二名の知人の名を口にして目覚め、同じく某の声で起きてしまったのか、少女の方も目覚め瞼を擦りながら起き上がる。

しかし起こす時に揺さぶったのが悪かった。
男は目の前の某が敵と思って警戒したのか、某の腕を掴みそのまま背負い投げを繰り出されて投げられてしまう。
とは言ってもなんとか受け身を取り無事だったのだが、
地面を転がり起き上がろうとすると、男は周りを一瞥し、自分の手持ちの武器を探すも見当たらず、
どうやらないご様子。仕方なく男は某に対しファイティングポーズを取り某は落ち着きを正すよう促すと、

エリーゼ「シンさん…落ち着いて…」
シン「ハッ…すまない、」

冴島「いや…落ち着いてもらえただけで一先ず結構。所で失礼ながら其方方の名前と幾つか質問を伺って良いか…」

彼の名だろうかシンさんと少女の呼び止めに対し、血気盛になっていたシンと御仁は落ち着きを払い此方に謝罪すると、
某は彼、彼女等について名前や幾つか尋ねてみた所、名前は青年の方はシン・ブリューナク、少女の方はエリーゼ・エルロン
と言うらしく、彼等はC地区にてゾンビに襲われて、戦いを強いられていた所、ラルと名の婦人に助けられ、その後、
突如としてA地区の方から津波が押し寄せてきたのに高台までは間に合わず、非常事態で、エリーゼ殿を抱え、ラル殿と共にその辺の板や木などにしがみついて流されないようにしていたらしいが、目覚めた時には某と同じ状況で、此処にいたと、、、
そしてラル殿が居なかったと話だそう、…考えられるのは、流されてしまったか、或は見つけられなかったか、

何にせよ、今はできる事をと、お互い自己紹介し、その他諸々、置かれた状況などについて交換しあい、分かった事は
エリーゼ殿はどうやら話を聞く限り研究所に拉致されていた疑いが話から取れ、シン殿の方は、まぁ前例がある為左程驚きはせぬが、それでも
アリス殿と同胞と言う事が分かり、その事を話すと彼は「アリスが…そうか、生きていたのか」と彼女の命がまだあり、その身柄がウチで預かりで無事ということに安堵を示していた。

互いに話し終えた丁度その時、コンコンとノックの音がした。

2日前 No.223

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★S9gKNL8ifO_01r

ミサはC地区の街へ行き
腐りかけたゾンビをA地区の湖に誘い
半魚人へ渡す。

半魚人は新生な肉よりも
腐りかけた肉を好むらしい

頭部はナマズにおすそ分けするらしい
ミサは半魚人を手なずけているらしい

半魚人はミサには攻撃しなくなった。
ミサのやり方は一石二鳥となる。

ミサの行動はユリアは確認されており
見て見ぬふりをしていた。

2日前 No.224

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★S9gKNL8ifO_01r

森の山中

ヘビのモンスターは卵を産むが
たいていは
モグラとミミズに食べられてしまうが
生き残った卵からはヘビゾンビが誕生する。

目は金色に輝き
顔は蛇、胴体は人間
オスは手足までもがヘビ
メスは手足も人間
である。

山中ではヘビゾンビの群れが・・・。
街へと忍び寄る。

2日前 No.225

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★S9gKNL8ifO_01r

ヘビゾンビの攻撃は・・・

頭部に食らいつき
鋭い歯で、首を切断する。
顔に毒液を振りかける。

成長を遂げると
胴体も蛇に進化して
とぐろを巻いて攻撃をする。
とぐろを巻いうと頭から丸のみしてしまう。
銃弾もペロリ。

普段はおとなしいが
いざ
暴れると、手に負えない。

2日前 No.226

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★S9gKNL8ifO_01r

ヘビゾンビ

通常は山中にいるが
時々
街へと出向く時がある。

町では
よつんばいで進むが
急ぐ必要がある時や、逃げる時には
二足歩行となる。

すぐに
山中へ戻る。

主食となるのは
木の実
或いは
モグラゾンビとなる。
攻撃モードになると
あらゆる者を食する。

ヘビゾンビの果ての姿は・・・
大蛇へとなる。

2日前 No.227

時獄の咎人 @yosinon447 ★kdmU70SYuP_keJ

その後に、扉が開き、

「調子は大事ないか」と聞き覚えのある声と共に
入ってきたのはラル。
その背後に綺麗なクリーム色の髪をサイドテールにしたワンピースのような構造をした和服を着た女性も
「お体の御加減よろしいですか」と微笑みを浮かべ入って来た。

エリーゼとシンは彼女(ラル)の声、姿を見るなり「ラルさん!」「ラル殿、其方も無事で御あせられたのだな。」
と安堵し、シンとエリーゼ二人共背後の女性は一体?と疑問を浮かべる一方で、冴島はと言うと、

冴島「このご婦人がラル殿……!下がれエリーゼ殿、シン殿、この者と背後の者はもう…!」

と当然の事ながら入って来た二人を見て敵視した。
そう二人共、完全にゾンビ化はしてないものの、半分は既にゾンビ化していると見たからだ。
ラルはご存知の通り右目に、そして背後の女性は左目が赤とゾンビである兆候の証拠が何よりの証。
そう言って、冴島はシンとエリーゼの前に出て構えを取る。
先程自分を投げ飛ばした事もあってシン殿の方はゾンビと戦える実力を持っているだろうが、エリーゼ殿の方は傍から見ても一般人。
ここは銃はないが、軍人であり、ゾンビを打倒す術の心得がある自分が出るべきだと二人をどうにか逃がす為前へ出た。

その行動に反応して、ラルは背後の女性を庇うべく、女性と冴島の間に割って立つと、
シンとエリーゼもまた、

「待て」「待って下さい」と冴島を呼び止め、シンの方はがしっと冴島の肩を掴む。
それに対し冴島は

冴島「な、何を言っている。正気か、シン殿、エリーゼ殿、今某が言ったばかり彼女等はゾンビなのだぞ…」

シン「あ、ああ、その事実なら知っている。しかし俺とエリーゼ嬢はラル殿に一度、命を救われた恩がある。だから此処は俺に免じて」

冴島「ゾンビが命を助けた…?にわかに信じられぬが、ゾンビになってないお主等が言うのなら確証はあるやもしれんが…
   それはラル殿がその時は正気だけだっただけに過ぎぬ、それにお主等…」

シン「冴島殿…」

信じられない…と表情で応える。まぁ命を救われたからと言うのはわかるが、
相手はゾンビ、例えその時が正気だったとしてもいつ正気じゃなくなるかわからない何故そんな輩を庇おうとできる?と
シンとエリーゼにも疑心の目を向ける冴島。ひょっとしたら某の認識が甘く、彼等もこの輩とグルかと考えが浮かぶ

とそこで「お止めなさい、人同士で喧嘩をしてどうなるのですか?」と一喝が入った。
それも入れた本人は…ラル殿が庇った婦人ゾンビ。言葉を続けて

「確かに貴方(冴島)がそう思うのは無理もありません。我々はハーフゾンビよりゾンビの血の薄いクォーターゾンビなのですから、
 けれど…我々の敵は他でもないゾンビです。人間ではありません。」

冴島「クォーターゾンビ…!?だからと言って何なのだ。そんな輩の話…!」

「そんな輩の話聞けませんか…ええその通り、ですがどうか…この場だけでも納めてください。」

我々クォーターゾンビと名乗る彼女のその後の説得もむなしく、わかっていた事なのだが
冴島は聞く耳持たず敵対心を募らせる一方で、ここで突如…

ZGAAAAANNNNN!!!!

激しい砲撃音と共にこのホテル?のような一室に振動が置き、
それぞれ「!?」驚愕する。今のは一体?軍による砲撃かそれともゾンビ軍隊による襲撃か…はたまた自然災害なのか…
すると続いてこの室内のスピーカー…から「艦長、艦長、至急!操縦棟へ、繰り返し…」とアナウンスが流れ、
操縦棟と言うからには此処は、飛行艇か、船の中となのだろうか、それよりも艦長と言う事はクォーターゾンビの連中は船を支配しているのかと
思惑を巡らせるシンとそして戦慄する冴島。その二人を余所に

「…フローレンスさん、そう言う事ですので、貴女はこの方々の避難手助けを終えたら、甲板に敵の警戒と識別を、もし敵対行動が見られた場合
 迎撃をお願いします、と言う訳で後はお任せ致します。」

ラル「了解した。クライン艦長。」

クリーム髪のクォーターゾンビの彼女はアナウンスに応じて動いた事から、此処を取りまとめるクライン艦長と言う事がわかり、
彼女はラルに自分達の安全と謎の敵への警戒・識別の命を指示し操縦棟なる場所へ向かって駆けだすと

冴島「ま、待て…」

ラル「こういう状況に陥っても貴様は…!!!今は我々がどうとか言ってる暇はないだろうが!!!」

シン「冴島殿!此処は…!」

冴島「……くっ!止む得まい、わかった大人しく従おう…ただこの時だけだ」

冴島は艦長を呼び止めようとするとこの状況に陥ってもゾンビがどうこうと考えの冴島に叱咤し、
冴島は渋々ながらも従う事にし、ラルの「こっちだ」声にそれぞれ応答の言葉を発し、
避難所へ移動する道すがら、シンは…

シン「ラル殿…その、ザ…槍は知らぬか…?できれば俺もラル殿に助太刀したい」

冴島「……。仕方ない某も手を貸そう」

ラルに自分が持っていた武器や装備の事を尋ね、冴島もまた助力すると申し入れると、ラルは一考した後
「気持ちはありがたいが…待ってろ」と言った後、無線を何処かにつなげそれから

ラル「此方、フローレンス。現在、救護者を避難所へ移送中。そこで救護者の二人から此方への助力の懇願があった、どうする?艦長」

クライン「此方、クライン。応答了解。ではお願いしますとお二人にお伝え下さい。」

ラル「了解。…と言う訳だ艦長から汝等の助力の許可を貰えた。お願いします。と言う事だ。」

先程の艦長と無線を終え、冴島とシンの二人に伝えると続けて二人の装備の場所とその行先を教えると彼女はエリーゼを送る為、此処で一旦別れると言って一旦各々行動を別れて後にした。

向かって来た敵は一体なんなのか
冴島にとって味方か敵か…
シン、エリーゼ、ラル達にとっての味方か敵なのか…

2日前 No.228

@takahisa19☆irRGOksXjy6 ★S9gKNL8ifO_01r

ユリアは大佐へ報告をした。

C街の現状は落ち着いています。
ただし
街へ、1歩入り込むとゾンビの群れが襲いかかります。
普段は、建物に潜んでいるようです。
それと
ゾンビにアドバイス、指揮を執る者がいるらしいです。

大佐
わかった。
さがってよし。

ユリアは退室した。
ユリアとすれ違いにアリサが呼ばれた。

アリサ
何か。
大佐
君にシルバーバックの隊長になって欲しいのだが。
アリサ
私はかまいませんが。
大佐
なら、承諾したということだね。
アリサ
はい、ゴリラ部隊ですね。
大佐
ゴリラ?
ゴリラ部隊ですか、、、いい部隊名ですね。
では
ゴリラ部隊を任せます。
アリサ
わかりましたわ。
飼育に励みますわ。
大佐
以上。

1日前 No.229
切替: メイン記事(229) サブ記事 (52) ページ: 1 2 3

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。