Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>

ペルソナ Irregular piece of masquerade

 ( なりきり掲示板(ストーリー) )
- アクセス(118) - ●メイン記事(0) / サブ記事 (3) - いいね!(0)

ストーリーテーラー ★yn2VSqT4q9_Wsk


〜目の前に不気味に青い扉が現れる。が、たちまちその扉に赤が混ざり紫へと変わる。

 そして、目の前の扉がゆっくりと開くと銀髪のおかっぱにおもちゃの王冠を被ったの青年がソファに足を抱えて座っている。

 「えぇと?よぉーこぉそ、べ・・・るべっとるーむへ。・・・でいいんだっけ?」

 紙切れの端を摘み上げそこに書いてある事を声に出して読む青年と、口の右端から舌をペロッと出して頭を掻いた。

 恐る恐る扉の内へと足を進めると、傍らに座っている女性の姿が見えた。少し不服そうに紙を奪い取ると、それを置いてこちらを睨んだ。

 「ここは先までの世界で、ベルベットルームと呼ばれた場所でした。しかし主であったイゴール様は最後の使命を果たし消滅されました。

  故に、ココの主は先ほどまで不在でした。が、ココを乗っ取ってしまった者がいました。そう、彼です。ですが、ここで不思議な事に

  ベルベットルームが、彼を受け入れて変容してしまいました。それなのに、二人のお姉さまもお兄さまも私に仕事を押し付けてどこかへ・・・」

 図書館司書風の彼女は、長い髪を片方上げた髪型、銀縁の眼鏡、そして大きな辞典(?)らしきものを持って。

 一方、紹介された青年はというと傍らにあった飴玉を口へと放り込んで話し始めていた。

 「んー、僕は別に部外者ってわけじゃないんだよ。少しイゴールのやり方があわなかったってだけで、僕だって君と同じくそこに座ってた人間さ。

  ただ、次の物語には僕の力が必要だって、あのおっさんが言うから来ただけ。じゃ、早速だけど、君に問おうか。その前に仕切りなおそう・・・」

 そう言うと、青年は再度ソファの中心で足を抱えた体制で改めて話し始めた。



 『僕の名前は、クラウン。…お初にお目にかかるはずです。ココは夢と現実、精神と物質の狭間にある場所…

  本来は、何かの形で“契約”を果たされた方のみが訪れる部屋ですが…

  貴方も、近くそうした未来が待ち受けているかも知れませんね。

  どれ、貴方の未来について、少し覗いてみると致しましょう…。“占い”は、信用されますか?

  (カードを並べる)

  常に同じにカードを操っているはずが、まみえる結果は、そのつど変わる…

  フフ、まさに人生っていった感じですかね。

  (カードを返す)

  ほう…近い未来を示すのは“塔”の正位置。どうやら大きな“災難”を被られるようですねぇ。

  そして、その先の未来を示すのは…

  (カードを返す)

  “月”の正位置。“迷い”そして“謎”を示すカード…実に興味深い。

  貴方は、これから向かう地にて災いを被り、大きな“謎”を解く事を課せられるようですね。

  近く、貴方は何らか“契約”を果たされ、再びこちらへおいでになる事でしょう。

  まあ、僕はあくまで中立ですがね。

  (カードを掴むと、束が二つに分ける)

  貴方にはここで選択をしていただきましょう。“光”か“影”なのかを、ね。

  ご紹介が遅れましたが、彼女はメアリー。同じくココの住人で僕の監視役のようです。

  まあ、詳しくは追々に致しましょうか。ではその時まで、ごきげんよう…』


【オリジナルペルソナです。詳しい詳細はサブ記事に書いていきますので・・・

 続きをチェケラァ!!】

2年前 No.0
切替: メイン記事(0) サブ記事 (3) ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。