Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1


 
 
個人的メモNo.1 だけを表示しています。

試験管ベビー ★iPhone=bFtbSvtes3

今更に考えてみると、変わろうとしないのは悪い事じゃないし、変わろうとしてるのが良いことだって一概には言えないのよね

まあ、この 変わろうとする・変わろうとしないも対立語として、二極化して考えるからどちらか一方が良い悪いとそんなふうに見えるのかな

私は、最近「自分は変わろうとしてる」と思い込み自分の非を正当化してるだけで、本当は変わろうとしてなかったんじゃないかとも思えてきて、実のところ、一体変わろうとしてたのかしてなかったのかを考えたけど、そのどちらかだとハッキリと言いきれる結論は出なかったので、二極化する思考は認知を歪めてるんだなと再確認した

まあそれでも自分のその事実はどうであれ変わろうとしてたはずの行動を見ると、自分にも他人にも害が少ない選択だったと思った

似た話を繋げると「相手が改善しようとしてるのかしてないのかによって、相手と話すとき、話が通じているかどうかの感じ方が違う」というような文を見たことがあって、それを確かにそうだなぁと思ってるのだけど、改善しようとしてるのかしてないのかっていうのは本人がどちらか一方と思ってても違ってたりしているので、つまりは、「正しい認識ができている人かどうか」で話が通じるかどうかも決まり、その認識の過程で変わろうとしてるか変わろうとしてないかの選択が重要になっていて、その認識が正しければ「変わろうとしてなくても(諦めていても)悪いとはいえない」になるのかなあ

「理性と本能は必ずしも別々のものじゃない」「論理と感情は同じように必ずしも切り離されてるわけじゃない」ってお話(カントさんやニーチェさんの考えに似ているっぽい)を昨日?の深夜と今日の朝に考えてたので、そっち関連が続いて考えてしまった。

2018/11/08 23:58 No.1

個人的メモNo.1 だけを表示しています。
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。