Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(27) >>

 うつろ

 ( 日記投稿城 )
- アクセス(334) - ●メイン記事(27) / サブ記事 - いいね!(2)

ヨツメ ★nzdhXKEK2f_kE1



好きな映画と好きな音楽と今日みた夢。
夢を日記に毎日書いていると死んじゃうそうです。

ねえ誰かぼくの嘘を
まじめにきいてくれないか。

ページ: 1


 
 

ヨツメ ★nzdhXKEK2f_kE1



@「害虫」 塩田明彦監督

主人公・北サチコ(13歳)は父がおらず母と二人で暮らしていたが、母の自殺未遂や、
母の恋人による性的暴行により家庭に居場所はない。
一方学校では小学校の頃の先生との関係を噂され、不登校に。
そんな中サチコが出会ったのは万引きで生計を立てるタカオという少年と、
精神薄弱のキュウゾウという男。底のない現実から逃げることも葛藤することもなく
ただ時間と共に堕ちていく北サチコを描き出していた。

_


家庭にも学校にも居場所がない設定が自分と同じだったので
みていて面白かった半面辛かった。どこにいても心から笑える状況
ってのがないよなあ。一番身近な大人である親が幸せになれていないところをみて
自分がどういう風に成長していくかに期待なんかできるはずがない。
つまんない同級生とは違って、健康保険に入ってないタカオや意味不明な言葉を発する
キュウゾウという男。少しアブないにおいのする人たちに興味を惹かれ
少し居場所を見つけたように思えた。でもそれは脆弱な関係だったな。
すぐに居場所を失くしてしまった。

夏子に連れられて中学校に登校するようになった北サチコ。
当たり前のような生活が少し物足りないようなきがするし、クラスに馴染もうなんて
微塵も思っていないのに、正義感の強い夏子がみんなと仲良くさせようとする。
なんかうっとうしいよなあ。それが幸せだなんて思えないよな。今更あんなガキどもと
なかよくできないよなあ。最終的にキュウゾウさんと夏子の家に火炎瓶投げちゃうんだけどね。

最後のシーンで心の支えにしていた緒方という元小学校教諭にヒッチハイクしてまで
会いにいったのに、すれちがって、そのことに気付いたけど、無視をするシーン。
なんとなく分かる気がする。こんな自分が幸せになれるはずがない。すべてを諦めて
先生を無視して堕ちていったのだと思う。北サチコ、実在したらきっと幸せになれていないと思う。

この映画をみて、一生幸せを幸せと感じられない人っているんだなと思った。
自分もその一人なのかなっておもった。自分も美少女だったら北サチコみたいに
なってただろうな(笑)



7ヶ月前 No.1

ヨツメ ★nzdhXKEK2f_kE1



今日見た夢の話です。


実家のリビングにいて、
体感だけど震度4くらいの地震がきたから
怖くって部屋をでた。
そしたら廊下にお母さんがいて、泣きながら飛びついたら
お母さんは怖がる私をみて笑って慰めてくれた。

リビングにいたお兄ちゃんは
「俺はタランティーノって曲!知ってるよ!」って私が好きな
坂本移動動物園ってバンドの話をしてくれた。

自分の姿は確認できなかったけどたぶん私が小学校低学年くらいだったのかな。
仲良かったころの家族だったもんな。お兄ちゃんはもう7,8年くらいまともに話していない。
私が一人暮らしをはじめてからというもの家族を支えていたねじが一本外れたみたいに
ばらばらになってしまったな。別に今更無理矢理仲良くするのは不自然だから別にいいんだけど、
お互いに憎みあている家族はとってもとってもさみしいと思う。でもそれを口にだすと子供っぽいからやめる。
来世でもこの家族に生まれて、そして幸せになりたいって思うよ。

7ヶ月前 No.2

ヨツメ ★nzdhXKEK2f_kE1


いつになったら大人になれるのかな。
辛いことにも仕方ないと折り合いをつけて、
楽しいふりをできるようになったらな。

あと半年もしないうちに上京するというのに、
心だけは何にもなれないまま、
家族ともっと会えなくなるまま、旅立つ
どうかどうかどうか幸せになってください、お父さんお母さんお兄ちゃん。

7ヶ月前 No.3

ヨツメ ★nzdhXKEK2f_kE1



今日ははじめてユタカさんと遊んだ。
海に行った。海鮮食べた。とても素敵な人だった。
海の上の足場の悪い岩の上でよろよろ歩いてたら
手つないでくれた。浜辺で立ってたら体ひっつけてきた。
何考えてるんだろう。

毎日見る夢の話や想い出の話をした。
ユタカさんはすぐ夢を忘れちゃうらしい。
占えないじゃないか。
高速道路に乗るとおばあちゃんちに行く道を思い出すらしい。

7ヶ月前 No.4

ヨツメ ★nzdhXKEK2f_kE1



あらゆる悪徳こそが人間的存在の本質であり、善とはただ、
かろうじて悪ではない存在と考えるならば、およそこの世でもっとも真実らしくない。

だってさ、緒方先生が言ってた^-^

7ヶ月前 No.5

ヨツメ ★nzdhXKEK2f_kE1



ナンバーガールのI don't knowって曲、
害虫の撮影についてってつくった曲なんだってね。

あの娘は今日も夕暮れ族で半分空気
笑って走り出す

あの娘の本当を俺は知らない
あの娘のウソも俺は知らない

7ヶ月前 No.6

ヨツメ ★nzdhXKEK2f_kE1



今日おみくじひいて二人でせーのってみせあって
私が小吉でユタカさんが中吉だったから結んできた。
帰るのちょっとさみしかったな…
今度映画観ようっていったけどたぶんいかないんだろうな。

7ヶ月前 No.7

ヨツメ ★nzdhXKEK2f_kE1



今日みた夢は。
ドンキで平成8年製の1円玉を持ってたら景品がもらえるって
ことだったんだけど、ちょうど持ってたからパンダのぬいぐるみと
引き換えてもらった。
そのあとも自転車屋さんのおっちゃんにもパンダもらって、
なんでかわからんけどコナンのぬいぐるみももらって、
三つのぬいぐるみかかえて好きな人に会いに行って、
好きな人と名前をつけた。
ぱんちゃんとぱんすけとるぱん。

7ヶ月前 No.8

ヨツメ ★nzdhXKEK2f_kE1



その辺の美人より私のほうが努力してるんじゃないのか。
アイプチもうまくいかない朝だってあるし、時間かけてやってんのに
バカにされたりしていみわからねえ〜〜〜〜〜。
つけまつげすぐとれるし、、、、、、、

とりあえずはやくクラブにいきたいです。

7ヶ月前 No.9

ヨツメ ★nzdhXKEK2f_kE1


好きな人といる時間が一番幸せだったなぁ。
一緒に一つの部屋でおいしいもの食べたり、テレビ見たり、
散歩したりにやにやしたり。
遠距離なのいやだなあ。

7ヶ月前 No.10

ヨツメ ★nzdhXKEK2f_4ia


先日、名古屋から東京に引っ越してきたわけですが、
名古屋に思い出をすべて置いてきて何事もなかったかのように
毎日過ごしています。

思い出はたくさんあるけれど全部無駄な気がしてる。
名古屋で出会った人のことみんな嫌いになりかけている。
バイトで怒られたこととか、部活で真面目にやらないヤツらが仕切り始めて
偉そうにしてたこととか、私の気が弱すぎて何も言い返せず家で悔やんだこととか。


なにかされたわけじゃないのに。この4年間なかったことになっても
なにも困らない気がする。きっと東京で過ごす日々だってそうだと思う。

ただ死ぬだけなのに、毎日生活するのがめんどくさい。
楽しいことはあるけど生活する子とのリスクが上回って
毎日寝ていたいって思うし、ドキドキすることもない。
セミの抜け殻みたいだな〜〜っておもう

2ヶ月前 No.11

ヨツメ ★nzdhXKEK2f_4ia


自分は道徳的に最低な人間だと思うが、
価値観なんてコロコロ変わるんだから
自分の考え方を改める気なんかないし、
好きな人を傷つけてしまうことに何の感情も
抱かなくなった。

ひっそりと生きているせいで
誰からも文句を言わられることがなく
ひねくれたまままっすぐ進んでいる。

2ヶ月前 No.12

ヨツメ ★nzdhXKEK2f_4ia


東京にきてから2月までバイトしてたところで一緒だった
男の子の夢をよくみる。

そいつは私がバイトやめてからもたまに連絡くれるんだけど
急に返事こなくなったりしてよくわかんないんだけど
夢の中では好きって言ってくれるから好き。現実では
私にアイスを一口もくれないし、私の使ってた腕時計勝手にパクるし、
遊び誘ってくるくせに待ち合わせにたまにこないし、
私のことどうでもいいと思ってるんだろうけど私はたまにそいつの夢を見る。

でも時間が過ぎるごとに夢に出てくる回数も減っていき
そいつを心配する気持ちや変なヤツって偏見やまた会いたいなぁって願望とか
全部薄まっていき、いつかどこかで、偶然すれちがって、そいつに気付いても
「あ」って思いながらペースを落とさず歩いていくんだろうなあって


思う。

2ヶ月前 No.13

ヨツメ ★nzdhXKEK2f_4ia


私みたいななんのとりえもないダメ女から
「君がたまに夢に出てくる」なんて言われてどんな感情抱くだろう?
迷惑以外のなにものでないはずだ。
そんなこと言わない自分が他人に向ける好意は全部
心の奥底にしまいこんで忘れる。

浅野いにおのような世界観を演じれるほど
愚かでないし、かわいくないし、儚くないのよ私は。

2ヶ月前 No.14

ヨツメ ★nzdhXKEK2f_4ia

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2ヶ月前 No.15

ヨツメ @gaichu08 ★nzdhXKEK2f_4ia


名古屋にいたとき、最近夢に出てくる男の子と、
毎週のようにふたりでゲーセンにいったの本当に楽しかったな。
バイト終わりの夜の9時とか10時に二人で集まって
音ゲーしたりメダルしたりして二人でだらだら過ごして
最後にたばこ吸いながら兄弟の名前の由来とか、未来の話をしたりしてた。
帰りに私がちゃりにのってその子の家まで送ってったりしてた。
でも最後に会った日は、私は電車だったんだけど、わざわざ地下鉄の改札まで
見送りにきてくれた。うれしかったけどへらへらしてただけだったなあ私。
そして去り際に「じゃあね〜〜」っていつも通りバイバイしてそれ以降会ってない。


東京きてからもたまーに「あんたにはこっちの汚い空気が合ってたでしょ?」とか
「嫌になったらいつでもこっちに帰ってくるんだよ」とか兄ちゃんみたいなこと言ってくれてたけど
最近連絡とってないなあ。だから夢にでてくんのかな。

勝手にこっちは夢にまで見てほんとくだらないなあって思う。
向こうはもうすぐ私の名前も顔も存在も忘れてしまうだろうに。

2ヶ月前 No.16

ヨツメ @gaichu08 ★nzdhXKEK2f_4ia


ずっとこのままだったらどうしよう
なんかつまんないな。
友達たくさんほしい。

2ヶ月前 No.17

ヨツメ @gaichu08 ★iPhone=knGPxi7DdC


中学の時いじめられていた私は、
平成が終わったって他人の視線に怯えることだろう。
友達からも見下され、みんなから笑われ、授業中物を投げつけられていた私。
誰も知らない。本当は家で毎日泣いてたことを誰も知らない。

それ以降目立たないように生きることにした。
声を出せば、視線が集まるから誰からも話しかけられないように毎日下を向いて歩いた。
外に出ると誰かに会うから人気のない時間に外に出た。友達と騒ぐことも自分には似合わない気がして
家で一人で音楽聴いたり映画を観たりしていた。

家に帰ったら機嫌の悪いお母さんがいた。
帰ってくるなと言われて玄関で私はいつも泣いていた。声を出さずに泣いていた。
ご飯も用意されていなかった。
兄は大事にされていた。兄は可愛いけどお前は憎たらしいうっとおしいと言われていた。
鋭い目つきで私を睨んでいた。

家にも学校にも居場所がなくて自分がどの程度
世間で邪魔者なのかはしっかり理解していたから、お母さんに包丁を喉元に向けられても何の疑問も抱かなかった。

みんなから愛されて暮らしていたらもっと
自分に自信があったのかなあ。人の機嫌を取りに行かなくても
堂々と生きていけたのかな。
毎日毎日自分の価値を探してネットで男の子と会う約束して、生産性のない交わりで正気保つなんてことはなかったのかな。
多分私は性依存症。そういうことしてないと自分が生きてる価値を見失ってしまう。時間が空くと怖い。一週間してないだけで焦る。
誰も理解してくれない。平成が終わってもこのまま。
切り替えることもなくいつも通り下を向いて歩こう。

2ヶ月前 No.18

ヨツメ @gaichu08 ★nzdhXKEK2f_4ia


ミツメのアルバムをきいています。

1曲目の「ディレイ」
この歌詞にそぐわないポップなメロディは
なんなんだろう。
背伸びをしたときに、等身大の自分との差が生まれる。
知らないことも知ったような気になって、いつもと違う高さが見える、
そのせいで足元のことに気付かないことってあるのかもしれない。



3曲目の「ゴーストダンス」
『眩しい日々の亡骸をいくつ数えて
 誰にも言わずに眠ろう そのまま』

大人になるにつれて思い出す回数も減っていく
子どものころの思い出が頭をよぎるとき
なんだかさみしく思うよね。


4曲目「エックス」
船とか砂漠とか非現実的というか、身近ではない単語が
よくでてきていますが、砂漠にいるってことは孤独であるっていうたとえなのかな。
誰も知らない、よくある話。
自分がつらいとき、声を上げずに我慢しちゃうことって多々ある。
言わなきゃ一生誰も助けてくれない、永遠に誰も知らないまま。砂漠にいるみたい。

2ヶ月前 No.19

ヨツメ @gaichu08 ★nzdhXKEK2f_4ia


5曲目「ふたり」
ミツメって日常に垣間見える虚無感とか
ふいに頭を駆け抜けては考える間もなく消えていく懐かしさを
歌っているってイメージがあるんだけど
なんだか珍しくラヴソングなのだろうか。
二人違う環境で育ってきて、違う道を歩んできたのに
ここで一緒になるなんて、不思議。
未来の描写が一切なくて、違う道から同じ一本道を歩く二人、
今この瞬間が素晴らしいって
そう思ったのかなあ。


7曲目「なめらかな日々」
一緒にいるとイライラするけど
いなくなったらさみしくなる人っている。
だから別々の人生を歩みましょうってなる、でもさみしい。
きっと誰かに対する鬱陶しさも煩わしさも
自分の心を豊かにしてくれていた存在であることに
代わりはないのかもしれない。


8曲目「クロール」
私もたまに中学、高校時代に戻れたらなあって思う。
時間が巻き戻ったって
きっと今の人生に大きな影響を与えることなんてしないと思う。
けどあの時感じた空気やにおい、友達の言葉もう一度感じることができたら
どうなってしまうんだろうって思う。
ミツメの歌詞のようにあの日のまま、冷凍保存したみたいに
思い出を引き続き演じることが私にはできるだろうか。


2ヶ月前 No.20

ヨツメ @gaichu08 ★nzdhXKEK2f_4ia



9曲目「タイム」
大人になるにつれて失くしてしまうもの、手放してしまうもの。
たくさんあったと思うなあ。
期待しないことや、その場をうまく回すために適当な嘘を
覚えたりして。好きな人に好きって言えないし、考えないように、
期待しないように、生きられるようになった。
でもそういう言葉をあえて、口に出してみたとき懐かしい気持ちになれるんだろうな。




お父さんからラインがきて急にホームシックになったから
ミツメのアルバム聴くのここでやめよう(笑)
はやく、同居人かえってこないかなああああああ。

2ヶ月前 No.21

ヨツメ @gaichu08 ★nzdhXKEK2f_4ia


ああ〜〜ぼくは〜ぼくは〜〜いつまで経ってもドキドキしてたいんだ!

って歌詞。中学の頃は笑って聞いてたけど、
今本当に心に染みる。
こんなにドキドキしないことになるなんて思わなかった。

あの時、ほんとうに毎日喜怒哀楽がはっきりしていて、
嫌なこと、嬉しいこと雨のように降ってきて忙しかったなあ。


自分のなかにつまらない大人がいて、そいつが
だんだん、だんだん、自分を蝕んでいっている気がする。
楽しそうな人たちを見ないようにしていっている気がする。
人を避けて安心しようとしている気がする。


2ヶ月前 No.22

ヨツメ @gaichu08 ★nzdhXKEK2f_J3h



昔ネットで知り合った人から連絡がきた。
そいつは3個下で頭が悪くて短気でヤリたがりでうざいやつだったが、
私がつらかった時期に毎日遊んでくれて慰めてくれたやつ。
そいつの友達と合わせて三人でヤン車回して
私の家の前まで迎えにきてくれてた。
泣いてばかりで目がパンパンだった時期の私を
「こっちむいて!今日ブスだね!」ってからかってくるような奴だった。
夜の公園で三人で遊具で遊んでて子供用の遊具に私のケツがはまって
でられなくなっておいて行かれたこともあるなあ。楽しかった。


私はもう引っ越してしまって会えなくなっちゃったんだけど
先週久しぶりに「いまなにしてんの?あそぼ」って連絡きた。
ちょうど私が前住んでいた家の近くを車で通ったから遊ぼうって
誘ってくれたみたいなんだけど私はもう名古屋にいないから断った。


そんな日々がまた再開できればいいなあって思いながら、想像する。


性格も性別も年齢も見ず知らずの人といきなり暇つぶしで合って、人生に大切な思い出を残してもらうって
貴重な体験だったなぁって思う。今後その経験が活かせるか活かせないかなんて関係なくなくったって
この先の人生変わらないような経験だけど、ずっと心の中でひっそりとキラキラと輝くような


そんな素敵な体験を目の当たりにしたい。


2ヶ月前 No.23

ヨツメ @gaichu08 ★nzdhXKEK2f_J3h


学校や職場に居場所がない人に、居場所を与えたいなあ。
例えば、私みたいにおとなしくって趣味も一人でできるような、
鑑賞だとか、自発的になにかをやるわけでもなく、
毎日毎日淡々と、黒板の文字と黒のボールペンでぐしゃぐしゃになった
ノートを往復してみているだけの世界から、連れ出してくれる人って
どんだけ素敵だろうか。そこに、学校や仕事をサボる背徳感が
どんな滑走路よりもなめらかに走れるんじゃないかって思う。

(メモ)
不登校生徒集会と一人足りない人


晴れた日、いつも通りの校門の前で連れ去られる。
着いた場所はスタジオ。
今日は一人足りないんだよね〜って言ってオタ芸の練習をさせられる。
最初は照れてるけどちょっと楽しそう。
「ここで名前叫ぶ!」って言われておどおどしている少年。
学校のことなんてすっかり忘れている。
夕方になってライブは始まる。本番。かわいいアイドルたちが
ぞろぞろステージに並ぶ、少年の背中を這う一筋の汗。
ひたすらかわいくキラキラ輝くアイドル、
いつも通り全力でアイドルを応援するオタクとたどたどしく踊る少年。
リフト、人の上に立つ。ペンライトの灯が少年を優しく包む。
あっというまに時間が過ぎていく。


ライブが終わってから、ドクペを飲みながらガードレールにもたれかかって
今日の反省会「セトリ最高だったよなあ〜」「またあの人(ファン)いたよなあ」
うんうんとうなずく少年。

そしてみんなは何事もなかったかのように「じゃあ、また次の現場で」
といって軽く挨拶をして散っていく。

そして少年は次の日、いつも通り下を向きながら校門をくぐる。

2ヶ月前 No.24

ヨツメ @gaichu08 ★nzdhXKEK2f_J3h


明日は学校だからこの企画を提出しよう。
さてさて、漫画読みに行こう。

2ヶ月前 No.25

ヨツメ @gaichu08 ★nzdhXKEK2f_J3h


人生なにがあるかわからんなあ。
中学の時70s以上あっていじめられてて
毎日泣いてた私が、20kgも痩せて今や馬鹿にしてきた
同級生よりも痩せた。

クラスのみんなからコイツよりはマシだって
見下されてたんだろうなあ。



そんな私がメイドカフェでバイトすることになりました。
下着見えそうなくらい短いスカート履いて仕事するよ。
たぶんすぐやめるけど、かわいい制服着たかったんだよなあ。

2ヶ月前 No.26

ヨツメ @gaichu08 ★iPhone=knGPxi7DdC

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

29日前 No.27
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。