Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(10) >>

日記(とにかく続けるだけ

 ( 日記投稿城 )
- アクセス(193) - ●メイン記事(10) / サブ記事 - いいね!(1)

Dayfly ★A6lMqTROfL_oI8

閲覧ありがとうございます。

・短い文でも内容が伝わるように
・日記を続ける(少なくとも週1)

この二点を一応の目標(?)としています。

日記の内容はおそらく日によってまちまちです。
あらかじめ断っておきますが、自己満足のため面白くありません。
(面白い日記かもしれないと思って読むとガッカリします)

ページ: 1


 
 

削除済み ★Android=tYK4HNdUBW

【この投稿は”ポンデリング”削除されました】 削除者: あうら☆マスター ( 2017/12/28 22:18 )  削除理由: その他の違反

6ヶ月前 No.1

Dayfly ★Android=tYK4HNdUBW

12/26

こないだどこかの番組内で千日回峰行について少し紹介していたのを見ました。

残念ながら番組内では触れられていませんでしたが、皇国の限りなき栄を祈るために行われたみたいです。

今日、そんなことをふと思い返して検索したら達成者のインタビュー記事がありました。

修行中は様々な怖い体験をされたそうで

・朝、いつも通り山を歩いていると…
「ガォォォ!!!」背後からツキノワグマが(!)

・夜、眠りながら歩いていたら何者かに足を掴まれ、目を覚ますと数十歩先が崖だった(!)

ということも・・・

(危ないよ!のサインだったんですね。)

他にも色々あるので、気になった方は是非見て下さい。

6ヶ月前 No.2

Dayfly ★Android=tYK4HNdUBW

12/29

もう今年も終わるので多くの番組でダイジェストがやっていますね。ニュース番組の2017ダイジェストで流れた、バラード調の音楽にミサイルの映像は少しシュールでした。

もしもの話ですが

米が指示→北ミサイル→日、米から兵器買う→米、その金の一部を北にまわす

だったら、日本って本当良いカモですね( ̄ー ̄)

これは無いとしても米の金ヅルなのは間違いない・・

6ヶ月前 No.3

Dayfly ★Android=tYK4HNdUBW

1/5

数ヶ月前?に観たアニメ最遊記の話。

1〜4話は家族が観ていたから一緒に観ていた程度で、はまってはいなかったのですが、アニメで外伝の話がやっていた5,6話から一気に好きになりました!(笑)

考えてみると、登場する花が桜だったことが個人的に一番の大きなポイントだったと思います!^^

「花は桜木、人は武士」というように、桜が散っていくさまと、大事なものに気づいた外伝の登場キャラの死に際の潔さがマッチしている。
また、桜が人に持たせるイメージは死(散る)と再生(咲く)なので、転生してまた新しい姿で3人が悟空と再会するっていう漫画の話の流れともマッチしている。

それでついアニメでは飽きたらず漫画を購入してしまったんですよね・・・。

戦いのシーンが上記のような、どこか文学的な話に繋がるようなものでありつつ、それでいて戦いのシーンが終わると三蔵一行がコントのようにリズムよくボケとツッコミをかわしていく・・といった漫画の重要な要素(というかこれがないと漫画ではないか・・)エンタメも持ち合わせた面白い漫画でした。

余談。出版社である一●社の漫画って値段高いんですよね。

ああ・・・お金が・・・・・・。
ご利用は計画的に、ですね・・・・・・。

6ヶ月前 No.4

Dayfly ★Android=tYK4HNdUBW

1/7

ママンあれはぼくの鳥だねママンママンぼくの落とした砂じゃないよね(東 直子)

短歌です。最初よんだとき意味が分からなかったんですけど、段々何回かよんでいく内に少し掴めたのかなぁと思いました。↓

この世で自分以外のものは思い通りにならない、ということに気づく、大人への一歩を踏み出した「ぼく」の不安。
その不安が表れているのが「ママンママン」という母を呼ぶ子供言葉の繰り返し。

「ぼく」は「自分の思い通りになるもの」として掴んだ砂をみた。しかし、砂を落とした時、思い通りになった砂は一瞬にして消えてしまう。

その記憶が、手の届かない空を飛ぶ鳥をみて思い返されたわけですよね。不安でしょうがないわけで、ママンを呼んで不安を消してもらおうとしている。

こうしてみると「なんだくだらない。思い通りになるわけないでしょ」ってなるんですけど、自分以外思い通りにならないこの世の理不尽に気づくということは、大人への一歩であると思うわけです。

好きな人は自分を好きにならず、物事を成し遂げようと頑張って努力をしても追い付かないこともある。大人にとっては当たり前のことですが、子供の「ぼく」がそれに気づいた。

この先生きていて「ぼく」が理不尽を感じたときに浮かぶのはまさにこの光景でしょう。

・・・なんか、「なるほど短歌」ですよね。
ここまで読んでくれた人いるかな?(笑)
いたら、こんな感想に付き合ってくれてありがとう。(笑)

なんにせよ、現代の短歌だと思ってバカにするなかれ。

6ヶ月前 No.5

Dayfly ★Android=tYK4HNdUBW

1/15

キャンパス付近の桜は21世紀にはもう衰退期に入っているらしい。あと何十年かは大丈夫だとしても百何年経ったらもうダメだろう。
木の生長の早いものは、その分寿命も短いってものだな。
でもまあ、あだし野の露消ゆるときなく・・ってやつなんだろう。惜しいけど、ずっと咲いてたらダメだよなぁ。

6ヶ月前 No.6

Dayfly ★Android=tYK4HNdUBW

1/23

最遊記の作者さん、やっぱり純文学を読んでいたんだな。

気づいたきっかけ?はアニメ5話目でキャラクターが死ぬシーン。この作者は純文学を読み自分のモノにしているんだな、とピンときた。読んでないと書けないようなカッチョイイ死だったからなぁ。この作品を好きになったきっかけでもある。

読者と作者のQアンドAをみて確信に変わったよ。
やっぱりそうだったよ。

でなきゃあんな味のあるセリフは出てこないよな・・
はぁ〜。興奮冷めやまぬこの状態で寝るのか私は・・。

ああ・・・

5ヶ月前 No.7

Dayfly ★Android=tYK4HNdUBW

1/28

連投。

さっきのこと(上記)をきっかけに、なんだか色々思い出すことがあって勝手に涙が出てきてしまった。笑

こういう些細な感動に気づけたのも全部、4年前の文学に精通した人との出合いがきっかけなんだなあ、とか、思えばそれを境に環境も考え方も不思議なほどガラッとかわっていったなあ、とか。

不思議なことに本当、それを境に色々なことが変わっていったんですよね。

素晴らしい人と交わる機会が1回でもあるって本当に幸せなことですよね。全く出会わずに人生終わる人もいっぱいいるわけだし。そうなるともう、出会っただけでもうそれは幸せなことなんだよなあ。

この思い出と共鳴するものに出合うたびに嬉しくもあり、また、賛同者も周りにいないから寂しくもある。

あんまり、身の丈に合わないことを言うものではないけど・・。
誰にも言えないからこうして日記でひとりごちるに限る。笑

5ヶ月前 No.8

Dayfly ★Android=tYK4HNdUBW

上記2つ、どんだけ日付ぶれてるんだ・・笑

正しくは 1/24です。

5ヶ月前 No.9

Dayfly ★Android=tYK4HNdUBW

1/28

そういえば、最●記作者さんの人生で一番心に残った言葉が、

井伏鱒二の訳した『勧酒』

「サヨナラ」ダケガ人生ダ(結句の訳)

らしいですが、私もこれに衝撃を受けた内の一人です。

ああ、そうだよな、人間って、出会ったもの全てと別れなくちゃいけないんだよな、それが人間の宿命なんだよな。
としみじみ思う結句の訳。

”人生に別れはつきものだよ”と訳さずに
”「サヨナラ」だけが人生だ”と訳したところがまた良い。

個である以上、生まれて死ぬまで孤独。そういうものだ、悲しみすぎてはいけないよ、そう言われている気がします。

〜〜〜〜〜〜
勧酒 (于武陵)


勧君金屈巵

満酌不須辞

花発多風雨

人生足別離
〜〜〜〜〜〜
訳・井伏鱒二


コノサカヅキヲ受ケテクレ

ドウゾナミナミツガシテオクレ

ハナニアラシノタトヘモアルゾ

「サヨナラ」ダケガ人生ダ

5ヶ月前 No.10
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。