Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(173) >>

純文学の日々

 ( 日記投稿城 )
- アクセス(1437) - ●メイン記事(173) / サブ記事 (179) - いいね!(7)

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

基本的に、私の毎日の読書記録を書いていく掲示板です。
読書感想というよりは、何の本を、何ページ読んだ。
等の、自分をだれさせないための掲示板。という感じです。

ただ、雑談もまったくダメというわけではありませんので、
もし私と掲示板上で話してみたい。という方や、
同じ本を読んで、私はこう思った。
等の感想を書き込んでいただいても問題ありません。

あと、メビウス掲示板内の他の場所で小説の創作をしているのですが、
もしかしたらそちらには書き込めないようなスレチ記事は、
こちらに書き込んでいただくことになるかも知れません。

@基本的には私の個人的な、読書記録の掲示板です。
A掲示板上で私と話してみたい方は、こちらにどうぞ。
B私的な連絡事項に若干使用する可能性があります。

という感じで。
公共の場であることを十分理解されておられる方の利用ならば、
どなたでも歓迎いたします。

それでは、よろしくお願いいたします☆

1年前 No.0
切替: メイン記事(173) サブ記事 (179) ページ: 1 2 3


 
 
↑前のページ (123件) | 最新ページ

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

タグの「発達障害」ってなんだよwwワシはうつ病だから、精神障害ではあるけど、発達障害じゃねええYO!ww
空気一応読んどるじゃろが…ww頼んますよww

今日は図書館に行った☆
しかし、この2週間、ずっと体調が悪く、多少良くなったと思った矢先に、授業とラインとツイッターのトラブル。
それでうつ状態に落ちてしまって、結局2週間、読書らしい読書、勉強らしい勉強ができずに終わる。。

どうも、自分なりに頑張って居る割に、授業とか読書が進まないなあ、と思っていたのだけど、
ツイッター上で毎日の動きをツイートしているうちに判明したのが、
そもそも体調がよく、1日動けましたよ。って日が、極めて少ない。
今回の2週間は特に酷くて、ほとんど何もできないで終わってしまった感じ。

自分なりに、やりたいことはたくさんたくさんあるし、そのやりたいことを越えた先に、未来がある。
と思っているので、自分の体が動かないのは、非常に悔しい。

授業でも壊れるけれど、それ以外の対人ストレスでも、今回と同じように壊れてしまうので、
仕事を始めても、仕事にならない。

「諦める」というと、過剰な反応をする人も居るけれど、「諦める」のは悪い事ばかりじゃないのです。
自分の症状を、まず受け入れない事には、始まらない。
自分ができる事は何なのか。できない事は何なのか。見極めることが、大切。
見極めて、できない事は、後ろ向きに言うと「諦める」前向きに言うと「受け入れる」
事が大事。
受け入れた上で、その自分の症状の中で、できる事は何なのか。
というのを、探すことが、精神疾患を持つ人が生きるのに、大切な要素だと思っています。

1年前 No.124

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

今日は教科書を5時間。やっと本来の調子が戻って来た気がする。
その矢先にけたぐりかますのは勘弁してくださいよ…。。

まあ、またひと晩寝て、明日はレポートを書かないといけないから、むしろありがたい。
忙しければ、悩み事なんて考えている暇自体が無くなるから。

SNSは、サブ日記にも書いたけれど、切るのが楽すぎるところがまずい。
タップすればさようならだから、相手がこれをやったらどう思うかな?
なんて事を考える前に切ってしまっている人も多数現れちゃう。

でもね、文学の砦にひたすら籠って、全く人と関わらない状態がいいとも思えない訳ですよ。
病院の看護師さんが、2週間に1度くらい来てくれることになるから、
そちらでも話せるとは思うけれど、それ以外の人間とも、関りは必要だと思う訳です。
色んな人間が居るけれど、色んな人間が居る事を知らない事には、純文学は語れない。
フラフラになっても、何とかツイッターは見続けたいな、と。
人間を知るため。純文学を成すため。

そういえば今日、メンクリに行ったら、先生に、
「リーさんはひと仕事できる人だと私は思っていますよ」
とのことでw
これは、乗るでしょうww
人間関係でボロボロになるけれど、ある意味ではそれだけ感受性が強いとも言える訳で、
この感受性を、どうやって創造的な方向に向かわせるか。
この体調の中で、いかに仕事に結び付けられるか。
多分、長い戦いになると思うけれど、それでも、進んでみたい。

1年前 No.125

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

本当に目いっぱいやっちゃった奴wさすがに疲れているww
レポート明日までなんだけれど、何も2500文字も書くこと無いんだよw
放送大学は、本当に色んな学力の学生さんが居るから、
それこそ最低限の学力の人だったら、400文字の原稿用紙も埋められないだろうし、
それでも単位になるんだから、ここまでやる事もないんだが…ww
しかし、そこを全力でやっちゃうのが私なのだ…w

色んな面で裏目に出るんだけどね〜。
どこかで、自分を抑える強さを身につけないといけない。
自分で、頭がカッカしてるな…。って思った時なんかは、意識的に止めるようにしないと。
今日の収穫は、レポートよりも、むしろそっちだろうか…?
色々とやっていると、本来文章を書く、とか、ツイートをする、以上の収穫が得られる。
ただしダメージを受けたり、辛い事も多いけれど…。

まあ、これでも生きていくための練習だと思って、精進精進。

文章は、医者にも止められていないというか、むしろ推奨されている感じ。
「私はリーさんはひと仕事できる人だと思っています」
とか言われたら、これは男一代、やってやろう!って気になるでしょうw

正直、症状も色々抱えながらだから、他にできる事が無いってのもあるんだけど、
それでも1つでも、できる事が残っている。というのは希望になる。
特に、症状が激しい時は、これが命綱になるかも知れない。

苦しい事もあるけれど、何とか今やっていることを、伸ばして行きたい。

1年前 No.126

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

昨日今日は放送大学で面接授業。
あんまし眠れない状態で行ったので、明日は起きられる気がしません。。
ツイッターではフォロワーさんもたくさん居るから、暗い感じでは書いていないけど、
困るのは、困る。
2日やると、結構目いっぱいな感じにはなってしまう。
ま、ともかくやるだけ!

昨日の先生はすさまじい先生だった。
東大卒。早稲田教授。指揮者としてウィーンの舞台に立つ。
理系なのにカント哲学を語る。授業中にヴァイオリンとピアノの演奏をする。
クラシックをテーマにした小説を発売。
人格者。ファッションもおしゃれ。

何という、おじいちゃんなのだ…?!
東大卒、すさまじい。
てか東大卒が純文学を書いたという話をあまり聞かないけれど、
東大卒が純文学を書きだしたら、今の作家一掃されちゃうんじゃないか??
正直、この先生には勝てぬ…!と思いました。

まあ、元々普通に戦ったら、お前勉強しまくれば東大入れるのかよ!?
って話な訳で、当然答えは、NO!
もう、普通の学問の知識ではなくて、芸術性で勝負するしかない。
しかし昨日の先生は、何か22世紀が舞台で、月面上の第九の演奏会から始まるラブストーリーを書いているww
これは…ww
いやいや、それでも何とかどこかの一点で、ぶち破らないと。
総合力では一生かかっても勝てないのは明らかで、どこか、自分の武器を伸ばすしかないな、と思った。
あがく!

1年前 No.127

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.128

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

サブ日記のルリさんがお忙しいようなので、メインを動かしておきます☆

と言っても、今日は純文学は読んでいないんだけどね。
教科書を読んでいました。
「死生学入門」ですとか「仏教と儒教」という、抹香臭い教科書ですw
しかし、これですべての教科書を読了したので、
今後はひたすら授業を受けまくるのみ!頑張ります☆

死生学とか、福祉系の科目を勉強する意味があるのか、と言われそうですが、
これも私の純文学にとっては、なくてはならない要素。
私の文学の1つの主題に、精神疾患を抱えている者の現実を伝える。
というものがあるのではないかと感じているのです。

精神疾患を持っていると、世の中の事が分からなくなってしまって、
精神科施設の中でしか通用しないような論理を振りかざす人物がすごく多くて、
個人的には辟易しているのです。
スタッフも精神科看護の流れでしか物事を見ていない気がするし。

精神疾患があっても、世の中とどうやって折り合いをつけるのか。
世の中の方も、どうやったら精神疾患の人と折り合いを付けられるのか。

精神疾患患者と、健常者。
その間にある大きな溝。これを少しでも埋められないだろうか。
というのが、私の今の文学の1つの問いになっています。

1年前 No.129

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

発達障害…大人のADHD…。違うっちゅうねん!ww
精神科に通っていて、各種検査は受けてますが、発達はNOです☆
病名はうつ病、適応障害、パニック障害。おk??

今日はブラームスの教科書を読みました。
今週末の授業に使う教科書。
クラシックを中心に勉強していますが、これも、純文学の為にやっています。

どういうことか、多分分からなくて発達だの何だの言い出す人が居るのでしょうが…。。

あのですね、学問というのは、全て繋がっているのです。
純文学を学ぼうと思ったら、文学だけをやって居ればいいと言うものではない。
哲学も、歴史も、美術も、社会も、地理も、言語も、あるいは数学でさえ、文学と繋がっているのです。
分からない人にはいくら言っても分からないでしょうが、
純文学とは、その不可能への挑戦なのです。

世の中の、全ての事が純文学に繋がっている。
とすれば、それら全てを知ることが不可能である以上、純文学もまた、不可能と言える。
その不可能に向けて、いかにあがくか。
という事が、純文学という営みだと、私は信じているのです。

そういうわけで、クラシックもまた、純文学へとつながる。
ブラームスはだいぶ19世紀後半にあっても、保守的な人物だったみたいで。
20世紀クラシックが、多くの人に意味不明なものになってしまったことを考えると、
ある意味で、保守的な姿勢は、正しかったのかも。
ただ、「長い19世紀」にこだわる保守ならば、万人に受け入れられたのかも知れません。

1年前 No.130

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

夕べはついに朝まで寝付けず。
困っちゃうなあ、という感じです。
明日は学校の面接授業があるので、眠れないと体が持たないです。
しかし何としても単位にしたいので、どうかみなさま、眠れることを祈っておいてください。

今日読んだのは、まさにその授業で受けるブラームスの教科書。
タイトルもそのまま「ブラームス」
クラシックですが、これも私にとっては、文学の修行。
昨日も書いたように、世の中のあらゆる事柄が純文学に通じる以上、
ありとあらゆる人間の営みを知っていかなければ、純文学は描けないのです。

何度も言っていますが、それは不可能だろうと。
人間80年。どんなに頑張って勉強したとしても、完全なる勉強なんて不可能。
神成さざる身は、全てを知ることなどできない訳です。

しかしながら、その人間には不可能である「全てを知る」という、
とんでもない事に向かって突き進むのが、純文学という営みです。
一生をかけた、大博打ですね…(笑)

明日の授業に関しては、教科書はすでに読了しているので、
これからYouTubeを使って、ブラームスの作品を実際に聴いてみたいと思います☆
交響曲も何曲か。あとは小品をいくつも。

ともかく最近寝付けないので、眠らんことには授業に行けませんから、
何とか眠れるように、願っていてください☆

1年前 No.131

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

ブラームスを聞いた。
なんだ、ブラームス、交響曲が良くなって来るの、3番以降じゃないか。
1番と2番は、3番の完成度と比較したら、話にならないレベルの作品だと思うのだけど。

私は日曜日の夜に、Eテレの「クラシック音楽館」という番組で、
毎週N響のコンサートの映像を見ているのだけれど、
なぜか完成度が高いはずの3番4番は演奏されず、
出来としては完成途上のはずの、1番2番ばかり演奏されているのは何なのだろう…??

小澤征爾にしても、演奏会でよく演奏するのは、1番か2番。
私の耳が悪いのだろうか…??
それとも、あえて評判の良くない1番2番の良さを引き出すことに、
プロとしての使命感に燃えているということなのだろうか…?

しかし、私のようなクラシックに入ってから3年くらいの、3年坊主としては、
毎回毎回1番か2番ばかり演奏されてしまうと、いい曲なのは1番2番だと思ってしまうではないかw

これは、Eテレ任せにしておくと、良くない。
本当にいい音楽を知るためにも、自分からアクションを起こさなくては。
今は幸い、YouTubeがあるし、演奏会の画像も、たくさんアップされている。
もう、有名どころの交響曲は全部聞くくらいの気持ちで、端から見てみるのもいいかも知れない。

少しでも、美しい音、美しい文、美しい芸術を描き出すために、努力をさらに重ねたい。

1年前 No.132

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

授業、行きまくりましたよ〜☆
てか、4週連続の週末授業は、うつ病患者には堪えます。。
疲労困憊。。
毎週、土日頑張って2日間授業を受けると、もう月曜日動けないどころではなくて、
水曜日あたりまで寝込む始末。。
木曜日になって布団から這い出すと、もうすぐ週末だよ〜…。
みたいな感じで、ちっとも学習も読書も進みませんでした…。。

まあ、でもとりあえず、今回の面接授業を受けまくったことによって、
卒業に必要な単位はゲットできました☆
これで、もう卒業するための勉強はしないで済むので、
あとは自分の文学の為になる学習だけをしていけばいいのかな、と。

来年の春からは、とりあえず放送大学で、コースを変えて所属だけはしておこうかと。
もちろん、2度大学を卒業しても仕方ないし、今度はいよいよ、純文学の為の学習。という感じになりそう。
「生活と福祉」というコースが放送大学にはあるのですが、ここに所属し、
私が今まで障害者施設などで経験してきた、障害者福祉の問題点や、障害者自身の問題点。
社会の障害者に対する行動でいいところ、悪い所。
等々を踏まえて、自分なりの文学が書けないだろうか…??
と、今は模索しているところです。

1度卒業すると、2度目の在学は最大6年。
恐らく、ここが私にとって、勝負の6年になると思います。
純文学者のデビューは遅い事が多いですが、それでも来春から6年経つと、私も40歳。
この6年で、果たしてどれだけ学び、どれだけ書くもののレベルを上げられるかに、人生がかかっていると思います。
ひたすら、精進するのみ!頑張ります。

1年前 No.133

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

レポートの期間。今月末までに出さないと行けなくて、結構大変。
ま、あと20日あるし、今まで間に合わせてきた自負もある。
何とかなると思われます。

そんな訳で、今は教科書の読み込みがメインになっているのだけど、
「世界の中の日本」という教科書。なかなか興味深い。
スウェーデンとかフィンランドとか、北欧諸国から世界を見て行こうというスタンスで、
北極海の話から、エネルギー問題や、北極の領有権をめぐる、世界外交を見てみたり。
高橋和夫先生という、放送大学でも最も興味深い授業をやってくれる先生の講義で、見ていて飽きないです。

ただ、学問には非常に厳しい先生なので、今までどんなレポートを書いたとしても、
決してS評価をもらえない…。
常にAで、じゃあアクロバティックな事をしてみたらどうだろう?
と思って、風変わりな文章を書いてみたら、評価がBに落ちたw
いけませんね。正攻法で来い!という事みたいです。

今書いているレポートは、フィンランドとソ連の国際関係について述べなさい。
というレポート。
教科書に書いてある部分だけだと、第2次大戦中の話がメインになっているので、
これだけを書いたのでは、「フィンランドとソ連の関係」を述べるのに、不十分と感じました。
戦前や、戦後の歴史についても述べなくては、2国間関係を語れない気がします。
「フィンランドの歴史」とかの本を、近いうちに借りてくるかも。
明日はちょっと予定があるので、あさってあたりにでもね。
いいレポート、書きたいです。

1年前 No.134

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.135

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

今日は図書館に行って、「フィンランドの歴史」という一冊を借りてきました☆
これは大きいです。
まさに、私が求めていた本が、ずばりストライクあった感じ☆☆

まあ、国としてフィンランドが独立したのは20世紀に入ってからだから、
そもそも歴史が浅い国ではあるのだけれど。
レポートとして書くためには、独立した時、そもそもソ連から独立を果たしているので、
そのあたりの事からまず書き始めて、
その後授業で習った、第2次大戦中のソ連とフィンランドの関係…、
というか、授業を受ける限りでは、戦争の展開について述べて、
その後、そういう領土をめぐる犠牲を払った歴史を越えて、
戦後の領土分割では平和的な外交によって問題を解決して行っている。
というあたりを書けば、一応合格点はもらえるのかな、と。

あとはとにかく、今日借りてきた本を読んで、何かレポートに付け加えられそうな事があったら、
それを追加していく感じかな。

あと、図書館で恋愛映画の「カサブランカ」というものを借りてきました。
もうちょっと、感情を大きく揺さぶられる展開では無かったような印象を、正直受けたけれど、
まあ、名作は名作なんでしょう。
恋愛映画として見るよりも、思想的にどうなのか、という感じで見た方が、
もしかしたら、この作品は、より深く見ることができる作品かも知れないです。

1年前 No.136

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

今日は久々に「純文学の日々」というタイトルの掲示板にふさわしい読書ができたかな。
純文学じゃないのだけどww
「フィンランドの歴史」という本、約400ページを、7時間ほどかけて読みまくりました☆
さすがに疲れたけれど、レポートを今月いっぱいに提出しないといけないし、
頑張って読んでみました☆

というか、読んでいる最中はそんなに疲れを感じていなくて、
朝読み始めて、お昼ご飯以外の時間、ずっと読んでいたら、読了した時、日が西に傾いていてびっくりしたw
そして、読み終わったあとで疲れがどっと出たww

フィンランドの歴史、の内容に関しては、そのままずばり、「フィンランドの歴史」についてですww
ソ連から独立して、独立国家になったのが、20世紀に入ってからで、まだ100年ほどしか、
近代国家としての歴史が無いので、ここ200年くらいの、帝政ロシアの支配下だった時代からの歴史がメイン。
それ以前の話は、研究者でもそんなに書くことが無いのか、100ページくらいで収まってしまっていました。

ただ読んでみて良かったな、と思う点は、放送大学の教授の言っている事と、
この本の著者の意見が、かなり対立しているということ。
放送大学の高橋教授のお話では、カレリア地方は、フィンランドへの愛国心のある地域で、
その地方をソ連が分捕ろうとしたんだ。それに唯々諾々と従っていいのか。
というお話しだったのだけれど、今日の本では、カレリア地方は、むしろフィンランドよりもソ連に近い文化を持っており、
それをフィンランドが単一国家として見ているのがそもそもおかしいのである。という論調。
全く対立していますね。

大学の学問になると、そうそう、簡単に真実は何か、などと言えない事象も多く出てくるので、
これはますます、自分の学問を深めないと、そして、多角的に物事を見ないといけないな、と感じました。

1年前 No.137

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

そういえば、金貨が1600枚を突破して、金貨の獲得順位も、800位台に突入しています。
なんか、周りの人の獲得金貨があんまり増えていなくて、正直こちらの掲示板群自体が下火なのか…?
という印象は受けなくもないけれど…。
まあ、素直に喜んでおくところなのかな…??

あと、低年齢化がちょっと気になるかなあ。。
どこのスレッドに飛んでも、高校生ならまだいい方で、小学生、中学生もかなり書き込んでしまっている。。
我々が子供の頃は、そもそもインターネットなんてなかったから、今の子供たちの感覚がわからないけれど、
正直、インターネットの基本的な使い方が分かっていないケースも多々見られるので、
これは、親ももっと積極的に、インターネットの使い方については、介入してもいいんじゃないかと。

個人情報を載せちゃってる小学生、中学生、たくさん見受けられます。
こちらの掲示板では明らかに個人情報にひっかかる要素が書き込まれた場合、
丁寧に警告まで出してくれているのに、それすら無視して書き込んじゃったり。。

やっぱり、掲示板は社会的な場所であるのだから、せめて高校生くらいになって、
自らの発言に自ら責任が取れる年齢になるまでは、掲示板への書き込みは抑制的であった方がいいような気はしています。

私もうつ病であるとか、そういう情報は出しているけれど、これは、自らの判断で出していい情報だと判断したものだし、
これによって、個人が特定される事はあり得ない。
という計算も働いているから、出しているのです。
小学生中学生には、そういう判断はできないと思われ。

やっぱり、ある程度大人にならないと、できない事もあるんだ。というのは、大人が教えてしかるべきなのではないかと感じています。

1年前 No.138

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

やれやれ、ツイッター上の発言も気を付けないといけない。。
特に思想的な話になると、ツイッター上でやるな、他でやれ。
みたいな事を言ってこられる方もいらっしゃるので、差し当たりここで文学については語りたいと思います。

しかし、文学を語るなと言ってこられても、私普段の生活、文学の為に費やしている時間が多いです。
放送大学にしても、なんで放送大学やってるかって言ったら、文学を強化するために勉強しているのです。
あとは読書の時間も結構取って、読みまくってます。

時間ができたら、今度は思索を練るのです。
この事象はこうだから、これはおかしいのではないか?
国民とは、国家とは、こういう風に変わって行った方がいいのではないか…??とか。

いや…普通じゃないですよね。こんな事を常に考えている奴って。
だからこそ、その思想をあんまりツイートみたいに、簡単に流してしまうと、問題になるのだと思います。

ちょっとね、文学だけの生活というのも、ある意味偏狭に陥りかねない、と感じています。
そういう意味で、サブ日記のルリさんに漫画をいただいているので、ぼちぼち読んでいます☆
他にも、ちょっとレンタルビデオ屋に行って、漫画も借りてみようかと。

これも、象徴的な話で、意味不明かも知れないですが、文学文学、だけの生活だけじゃなくて、
同世代の事も分かるようになるために、漫画、という1つのメディアが欲しいかな、という感じ。
本来の、上昇するだけの文学とは少し違ってくるのですが、これもまた修行だと思って、
少し方向転換してみようかと思っています。

1年前 No.139

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.140

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

ちゅうか、文学的な内容は他でやれって言ってきた人、政治の話も他でやれ。
って言ってきたんけど、一体私がいつ政治の話を…??

確かに放送大学で「政治外交史」という講義を取ったことがあって、
その復習のツイートはしたけど、あくまで授業の内容を書いただけで、
政治活動をツイッターでやった訳がないのですが。。

書いた事って言ったら、
「大政治家や大文豪に漫画やアニメ好きは居ない」
って書いただけで。
これ、学問を受けた感想を書いただけですよ…??
事実として、大文豪や大政治家に漫画やアニメ好きは居ないわけだし…。。

漫画やアニメが好きなのかも知れないけど、スルーすりゃ良くない…?
単なるツイートなんだし。
気に食わないなら無視。無視できないならミュートかブロックでいいじゃないですか…。。

この程度の発言も許されないのだろうか…?
ちょっと危なくて、思想的な発言が一切ツイッターではできない。

何も私も目の前に居る人の趣味を否定したり暴言を吐いたりすることは一切ない訳で、
不特定多数に流している情報に、いちいち噛みついて来なくても。。
「純文学なんてつまらない」とか書かれても、スルーするかブロックしちゃえば終わりなんだから。
よっぽどアニメを人生の糧に生きている人なのだろうか。

1年前 No.141

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

やはり納得はできんわなあ。
なんだって政治学のツイートすら封じられなきゃならんの?
文学のツイートにしても、ここでやっている本格的な読解の作業のレベルではなくて、
ほんの感想、それも140文字で書けるような、ごくごく触りの部分を書いただけであの反応。

アニメ好きがキレてきたのももうちょっと余裕をもって反応してよ、と思うのだけど、
その翌日、アニメ好きがさらにボルテージを上げる中、自称火消しの積りなのか、
第3者が入って来て、
「文学や政治の話はツイッターでやるのはやめましょう!」とか言い出すし。

文学の話も本当に触りの話を書いただけで、あの程度がタブー視されちゃうんじゃ、
本当に「何もつぶやけない」というのが現実だと思う。
政治の話に関してはちょっと前にも書き込んだように、政治活動の話なんて一切してませんから!

私が言ったのは、あくまで「政治学」についてのツイートであって、
特定の政党を応援した訳でもない。特定の政党を批判した訳でもない。
政府の批判でも何でもない。自分の支持政党を明らかにした訳でもない。何もしていない!
あくまで政治学の学問としてのつぶやきをしただけですよ。
なんで発言を封じられないといけないのか、全く理解できない。

その横やりを入れてきた人の話では、「うつの人が居るから苦しくなる」
とかって話だったけど、だからダメなんですよ。はっきり言って。
政治学や文学の話を聞いただけで辛い。とか言ってるから、病気の人の多くが世間の事を分からなくなっちゃう。

もうしょうがないから文学についてはブログでも作るか…?とも考えています。

1年前 No.142

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

久々に文学っぽい話も。
てか現代文学も読まないといけないなあ、と思っています。
かなり溜まっているので、本当に時間がいくらあっても足りない。
ちょっと前の自分だったら、漫画とかゲームを削っているのだけれど、
そのあたりも人と関わる際には必要になってくるツールではあると思うし…。
人の一生は短いので、本当にやりたいことを早く見つけて、それに専念することでしょう。

私の場合は純文学とすでに決まっているのだから、それをやればいいのだけれど、
しかし、その為に周りの人間関係を完全に破綻させるわけにも行かないし。
会話で、文学が〜、美術が〜、哲学が〜、だけでは、なかなか、ね。
1人だけでやっているならいいけれど、そうでなければ、やはり調和も考えないと…。
調和を無視してもいいのだったら、ひたすら純文学だけやり続けるんですけどね。

前置きが長くなりましたが、今読んでいるのは「日本霊異記」という、
民話と神話の中間のような内容の古典文学。
仏教を民衆に根付かせるために、奈良時代の為政者や聖職者は、苦労したのでしょう。
こういった、民話と神話の中間のようなお話を作って、仏教の思想を、民衆に伝えています。

今100ページくらい読んだところなのですが、「古事記」とか「日本書紀」に比べると、
伝えたい対象が貴族身分の人ではなく、大衆であることから、
非常に面白おかしく、仏教の思想が分かるような仕組みになっていて、
現代の私が読んでも、話がすっと頭に入りやすい感じです。
古典が苦手な人でも、これなら読めるのでは。

1年前 No.143

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

ちなみに漫画も読んでいるけれど、本当にこれでいいのか?という思いは強いです。
純文学を志望していて、アニメだの漫画だのやっていていいのか、と。

…という記述をツイッターでやったらキレてこられて居るから、文学的思想的なつぶやきができない。。
別に漫画やアニメが好きなら勝手に読んでくれればいいですよ。
ただ純文学を目指そうとするならば、漫画やアニメじゃなくて、他にやることあるでしょ、と。

これもツイッターには絶対に書けない事だけど、結局漫画のアニメのばかりしかやってない人は、
人間性も浅いし、思想的にも浅いと感じています。
これが私の正直な感想だけれど、こんな事を言おうものなら、ツイッター上ではとんでもないことになる…w

本当はね、日本は国民主権なのです。
つまり、どのような文化を選ぶのかは、国民自身が決めないといけない。
ということ。
しかし、その国民が、端からアニメのゲームのAKBの言っているのが、
残念ながら、現在の日本という国の文化水準だと思います。

私は、国民のレベルを高める事でしか、日本の文化を変える事はできないし、
国民のレベルを高める事によって、真の民主主義国家が完成する。と信じておるのです。
今の国民のレベルでは、不安です。
ツイッターでも、漫画ばかり読んでいる人は語彙が少なかったり、他人に対しての思いやりが無かったり。
国民全体で、文化水準を高め、人間性を高め、真の民主主義国家を日本に作らねば。
というのが、私の思想。
ツイッターで言ったら大炎上しましたがね。。。

1年前 No.144

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

めちゃくちゃ久しぶりの更新ですね。
みなさんお元気だったでしょうか。

こちらは試験等に追われて、1月は読書の時間も余り取れず、
とにかく忙しい日々を送っていました。

何とか試験もおわったので、ここから、本業の純文学に戻りたいと思います。

私にとって、純文学こそがメインなのであって、放送大学は従なのです。
ここを勘違いしてはいけない。
純文学の為の学問なのであって、学問の為の純文学ではない。という事です。

とは言え試験を受ける以上、成績を残さなければ学問をする意味自体が無いと思うので、
試験前は必死に勉強していました。

それもここでひと段落。
ここからは、本当に純文学を中心とした生活が始まると思います。
放送大学に籍を置いておける期間があと6年ですから、
その6年の内に、自分の純文学を、どこまで育てられるか。
勝負の6年だと思っています。

差し当たり、今日は純文学誌の新潮、2016年5月号の2回目を読了。
これから、バリバリ純文学を読み、育てて行きたいと思っています。
頑張ります!

10ヶ月前 No.145

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

「竹取物語」読了。
古典ですね。
小学校の頃に教わった、現代語訳としての竹取物語、
以外と古典で読んでみても、ほぼ同じストーリーでびっくり。
もうちょっと、小学生向けに、適当な改変がなされてしまっているのではないかと思っていたのですが、
古典を読んでみたら、意外と原典と同じような内容を、
小学校でも教えてくれていたのだな、と、小学校教育を、少し見直しました。

竹取物語において、月の世界は穢れ無き世界。
そこには美しいものだけがあり、もしかしたら「死」すらないかも知れない世界。
欲望や、人間の負の感情も、もしかしたら、月の世界には無いのかも知れない。

しかしながら、必ずしも、月の美しい世界だけを肯定するストーリーでは無いのではないかと思いました。
人間の住むこの地球。
必ずしも綺麗なものばかりではありません。
そこには死があり、嘘があり、欲望があり、嫉妬がある世界。
けれど、このお話を読んで行くと、それらの感情のみが美しいとは言っていないと思うのです。

月の、穢れの無いだけの世界は確かに美しい。
けれど、人間の、どうしようもない負の感情をも、肯定する事はできないでしょうか。
かぐや姫を失い、翁は老耄し、帝は不死山の頂上で不死の薬を焼いた。
人間は、そんな美しい感情をも持った存在なのです。

現世も、必ずしも、否定されるものではないのではないでしょうか。

10ヶ月前 No.146

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

うーむ。。
こちらの掲示板の創作を見ているけれど、ちょっとみんな、勘違いしてないかい…?
何か、どこの創作作品を見ても、既視感溢れるシチュエーションだったり、セリフだったりが満載。
それで、本当に小説になると思っているのでしょうか。

とりあえず、一旦アニメや漫画やゲームやライトノベルの知識を、放棄する事です。
こんな事を言うと、現代日本では袋叩きになるのは間違いなくこっちなのだけれど、
でも、本当にいい小説を書こうと思ったら、
他人の真似をしていても駄目ですよ…。。

特にアニメや漫画やゲームやライトノベルを元に、更にそれを縮小大量生産品にしたって、
元のものよりも、更に小粒な作品ができるだけで、一向に文学として、進歩しないです。

あと、自称知識のある人、ってのも、かなり怪しい所。
私に知識がある。
などと言いたい訳ではありません。
むしろ私には全く知識が足りていないと感じているからこそ、
わざわざ通信制の大学に通い、文学を深めているのです。
むしろ自分の知識を誇るような人こそ、欺瞞に陥って、
その書いている小説が、ライトノベルの縮小大量生産品である事に気づかない人が本当に多い。

もうとりあえずアニメと漫画とゲームとライトノベルを一旦読むのを止め、
純文学か、あるいはエンタメ系文学ならば、直木賞を取るレベルの、芸術性の高い作品を読まないと。
そして、専門書を読むのです。
ひたすら。10年くらい。
そうじゃないと、小説なんて、早々書けるものではないのです。
文学は、そんなに甘くないです。

とにかく、まずは知識的土壌。10年かける積りで、あらゆる知識を吸収するのです。
その上で、自分にしか書けない、と思う事こそを、文学に込めるのです。

こんな事は言いたくないけれど、余りにも他の小説の一節を真似しただけのような作品が多いと指摘せざるを得ない。
自力で気づいて欲しいけれど、誰も気づかないし、指摘する人も居ない。
これが、こちらの掲示板の創作の現実だと、私は思っています。

20代30代でマトモな小説を書ける訳が無いのだから、
ともかく「自らが文学に対して、不足した人間である」という事に気づいてもらえないと、
はっきり言って、一生本当の「小説」は書けないままで終わると思います。
本当は自力で気づいて欲しいけれど、誰も指摘する者が居ないので、私が指摘しておきます。

9ヶ月前 No.147

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

文学を書きたいなら、まずは、
「自分にしか書けないもの」
「書かなければ居ても立ってもいられないもの」
を見つけなきゃいけない。

それは決して、アニメや漫画やゲームやライトノベルの焼き増しではいけない。
みなさんは、焼き増しのフィルムになりたいのですか…?

そんな訳ないですよね。
人間として、人間の営みを小説という芸術によって、表現したいはずです。
であれば、他の多数の人と同じ事を言っていたのでは、
これでは文学にならないという事に気づいていただきたい。

…と、いくら言ってもたぶんほとんどの人は見ても聞いても居ないでしょうから、
私は勝手に、自分の道を行きたいと思っています。

一応最近書いたもののURLを、記入しておきます。
http://ameblo.jp/readordieonmyown/entry-12254310703.html

これが、私の言う、「自分にしか書けないもの」
…などでは断じてありません。

私は幸か不幸か、文学に時間を費やせる状態にあります。
その時間を、文学の為の、土壌を作る作業に注ぎ込んでいるのです。
それでも、現時点で、上記アドレスの如き駄文しか書けないのです。

文学を書くためには、覚悟が必要です。
半端な気持で描くどころか、他人の言葉を増殖させて文学だと言い放つのだけは、どうかやめていただきたい。
私の文は駄文ですが、私が書かなければ、他の人間は書かないであろう事、については、書きたいと思っています。
そして、見事に失敗しています。

どうかみなさんも、「小説を書けている」などという幻想を一刻も早く捨て、
小説を書くことが一生できないかも知れない、という窮地の中でこそ、
文を書いて欲しいし、文を書くための学習を積んでいただきたい。

文学を志す者からの、せめてものお願いです。

9ヶ月前 No.148

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

美の壺、及び日曜美術館の撮りだめしていたものを見ていました。
これも文学とは全然関係ないようだけれど、自分にとっては文学の一部です。

文学というのは、何も小説を書いたり読んだりする事だけが修行ではないです。
世の中で起きている事を理解する事。
学問を深めていく事。
実際にあちこちを歩いてみる事。
アルバイトや社会経験。
全て文学に繋がっていきます。

純文学の場合は、とにかく作者がいかなる人生を歩んできたのか、
全人生、全人格を持って書くことになるので、
人生において、あらゆる経験を積んでいく事が大事です。

それならば、漫画やアニメやゲームでもいいんじゃないの?
という反論があるかも知れませんが、
個人的には、純文学とそれらは、相性が非常に悪いな、という印象。
すでにデビューしているプロの作家でも、漫画やアニメやゲームの影響を強く受けすぎて、
文学的なレベルとしてはどうなんだろう…?
という作家さんもたくさん居ます。
特に若い世代の作家には、こういうタイプが非常に多い。

何を好んで、何を遠ざけるのか、という事なのだと思うのですが、
個人的には、アニメや漫画やゲームは、純文学を書く上では、おススメできないです。
純文学は、澄んだ文学である必要があると思うのです。
どうしても、上記のサブカルチャーにあまり傾倒してしまうと、
純文学に不純物が混入してしまう感じで、
どことなく、エンタテイメント性を求めたような、
純文学作品としては、少々問題を孕んだ作品を書く事に繋がってしまうと思うのです。

9ヶ月前 No.149

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

ちゅうか風邪が治りませぬ。。
先週の月曜日に熱が出て、もう5日も経つのに、また熱がぶり返して来た…。。
37度2分だから、大したことは無いのだけれどね。

もう、これは完全に治るまで、寝倒す積りで横になって居ようかと思っています。
あんまり風邪が長引いて、肺炎でも起こすとまずいのでね。

出かけたい所はたくさんあるのだけど、やむを得ない所。
問題は文学の部分だけかなあ〜。

自分の場合、多少状態が悪かったとしても、無理をしてやっちゃうところがあるのです。
今のこの文章を書く作業にしても、本来ならばやめて寝ておいた方がいいのかも知れないけれど、
文学を高めるためには、どんな状態であれ、どんな日であれ、
ほんの少しでもいいから、文章を書かなければならない!
みたいな、義務感というか、自分を高めに行かないといけない。
という、欲望のようなものに、憑りつかれているようなものです。

看護師さんなんかには、具合の悪い時は無理をしない事を薦められているのですが、
自分としては、文学だけでは、何とかものにしたい。
と思って、かなり、普段の生活から、文学を意識して、行動している感じなのです。

まあ、ただ肺炎起こして倒れてしまっては文学もくそもないので、
ともかく風邪を早い所治して、本気で文学活動ができるように、また体調を整えたいです。

9ヶ月前 No.150

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

マティスとルオー展に行って来ました。
てか、そのせいで風邪を若干こじらせ気味なので、
もう今度は風邪が完治するまでは、動かないで起きたいと思います。

マティスとルオー展に関しては、汐留にある、パナソニック汐留美術館でやっています。
マティスはまだいいのです。
20世紀の、前衛化した芸術とは言え、世界を肯定的にも否定的にも、
どちらの面で捉える事もできているから。

問題は、ルオー。
あまりにも、世界の否定的な側面ばかり、強調しすぎては居ないでしょうか。
本人はもしかしたら、否定的な面を強調しているつもりはないのかもしれません。
しかしながら、見る者が見ると、その絵画はやたら人物や建物や、
ありとあらゆる物体が、黒い線で囲われてしまっています。

本人の言葉では「黒は色だ」との事で、それはそれでいいのですが。
生涯、黒い線が強調されたその画風からは、世界や、人間に対する、
根本的で、根強く、変わりようのないような、強い不信感が感じられます。

「生涯変わらなかった」という所が一番残念な所。
生涯社会に対する不信感ばかり、海外に書き留めていた訳ですからね…。
もちろん、社会には否定的な側面は、厳として存在します。
存在しますが、何も全てが否定的な側面ばかりではないので、
それだけをひらすら書き続け、絵画の手法的にも一生涯それにこだわり続けた姿勢は、
一切の肯定的な変化を全く拒み続ける、という意味において、
絵画としてどうなんだろうな、という印象を受けました。

9ヶ月前 No.151

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

「クラシック音楽館」で、オペラ「カルメン」を見ていました。

ちょっと…これは…。
舞台でオペラを公演する事の、難しさを見たような気がします。
まずクラシックのコンサートとして聴く事が出来るかと言われると、
俳優さんが出て来て、オペラの音楽を歌いまくるから、
N響の演奏を集中して聴く事が出来るかと言われると、全くそういう訳にはいかない。

一方で、じゃあオペラとしてのカルメンを見たという感じがあるかと言われると、
これもまた、無い。

俳優さんも、ほとんど演技らしい演技ができない訳ですよ。
普通のクラシックの舞台上ではね。
オペラの音楽を歌うのが精いっぱいという感じで、演技にはなっていない。

その上で、更に舞台装置も無い、脇役以下の俳優さんも居ない状態では、
これは、少なくともオペラとしては成立していないし、
そもそもカルメンを見るのが初めて。
という人には、ストーリーの筋も、今一つ分からないまま終わるんじゃないかと思われます。

個人的には、やっぱりオペラはオペラ、クラシックはクラシックで、
分けて考えた方がいいのではないかと。
無理にクラシックのコンサートとしてオペラを上演してしまうと、
オペラとしての良さも、クラシックとしての良さも出ないまま終わってしまったような気がしています。

9ヶ月前 No.152

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

「ムンク」読了。
何度言っても分かってもらえない人には分かってもらえなさそうだから、
何度でも繰り返して言っておきますが、
純文学を書くためには、純文学だけを読んでいればいいと言うものではありません。
世界の、あらゆる事柄を描いていかなければならない芸術ですから、
純文学だけ読んでいたのでは、おそらく純文書きにはなれないでしょう。

そういう理由で、私は純文学を目指しつつも、純文学だけではなくて、
哲学書だったり、美術書だったり、専門書に当たっています。

専門書も大きいですよ。純文学をやるとしたら。
現代日本は、これも何度もの繰り返しになりますが、
あまりにもアニメのゲームのAKBのばかりで、
読んでいるものも、圧倒的にエンタメ性を重視したものばかり読んでいます。

エンタメ系の小説ならばまだしも、どうしようもない、
「楽しみ」としてのみにしか通用しないような、
人間の文化的レベルを高めるような読書は、ほとんどされていないのが現状。

まずいと思います。
ともかく、純文学、それに、純文学を高めるための、専門書の読書。
純文学を書こうと思ったら、このあたりはどんどんやっていかないと。

とりあえず、風邪も良くなってきたので、今日はこの後さらに、
「フッサール・現象学の理念」という本を読もうと思っています。
哲学書です。
私の純文学は、まだまだこれから。
もっともっと、純文学を高めて行きます。

9ヶ月前 No.153

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

フッサール、途中まで読みました。
難解!です。
一応、授業ですでに、現象学は学び、単位にもしているのですが、
それでもやはりそこは哲学。
哲学者の原典に当たると、そうそう簡単ではありません。

もう、言っている事の筋すら見失いそうな状態で、
なかなか本当にこの本が読めている。という段階にはとても達していないのですが、
もうこれは、修行だと思って読んで行くしかないです。

こちらの掲示板で話したかどうか忘れてしまったのですが、
物事を理解したり、自分のものにするためには、
どんな事であったとしても、10年はかかる。
10年経って、ようやく本当の意味での学びが始まるのだ。

というのが、私の持論です。
なので、哲学は学び始めてまだ4、5年という状況。
これから、更に哲学書を中心に、読んで行かないと。
特に哲学に関しては、古典だけでも、一生かかっても読み切れないのではないか?
という量の本があるため、心して読まなくてはいけない。

あくまで将来の純文学の為の稽古ですが、
それでも哲学書を全く理解できないまま純文学という分野に入ってしまうのは、
私としてはちょっと問題だ、と感じています。

とにかく、今は時間があるのですから、全力で、全身全霊で、
純文学と、哲学書、読み続けて行きたいです。

9ヶ月前 No.154

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

純文学と、体調との兼ね合い、という問題は、あります。
純文学至上主義に陥って、他のものを消していく作業。

本当に純文書きになろうと思ったら、そのくらいはしていかないと物書きにはなれないのですが、
しかし、あまりにも趣味を無視して、純文学のための読書ばかりに力を入れ過ぎると、
これは、体調を崩す原因になってきます。

というか、純文学を目指しているから、純文学や専門書しか読まないのか、
それとも、単純に、うつの状態が悪くて、何も楽しめなくなって、
エンタメ系の文学や、漫画が全く楽しいと思えないから純文学のみを読んでいるのか、
若干疑わしくなる時がしばしば…。

まあ純文学を目指すのであれば、これでいいとも言えなくもないのだけれど、
対人関係には大きな問題を残す事にはなりますね。
やはり、普段から純文学が〜。哲学の専門書が〜。しか言わないのだと。

後は、体調的に何も楽しめない。という状態が余りにも長く続いてしまうと、
もう文を書くからうつに落ちているんじゃないのか…??
というような、訳の分からない状態に落ちる事も無いでもない。

恐らく純文書きを目指すのであれば、現在の路線、間違っていないと思うのだけど、
問題はそれでうつを悪化させてしまうケース。
いくら文学的経験を積んでも、体調がこれ以上悪化してしまったら、
書ける文学も書けなくなってしまいますから…。

いかにして、純文学を深めつつ、これ以上体調を悪化させないかも、私の課題なのだと思います。

9ヶ月前 No.155

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

とりあえず上記理由で最近更新が不安定な感じではあるのだけれど、
何とかひとつ、この週末あたりで、更新しまくってみたい。
本当は毎日2つテーマを見つけて、それを600文字という文字数で書く練習をしたいから、
毎日書いて行ってナンボだと思うのだけど、ここ2、3日かなりうつうつで…。

話題を決めて、更に決められた文字数で書く、って言うのは、
実は大学の文章を書くトレーニングにも取り入れられているくらい、有為な行為。
だからこそ、こちらの掲示板の管理人さんは、金貨制度も設けて、
なるべく文章を600文字にまとめる練習も兼ねて、文字を書いて欲しい。
って事なんだと思うのだけれど、自分の掲示板部分以外を見ていると、
必ずしも600文字にこだわって書いている人、多くないかも知れない…。

将来文章を扱う職業に就きたいと思っている人は、
騙されたと思って、毎日600文字という文字数を守って文章を書いてみるといいと思う。
物事を成すためには、どんな事であれ、10年くらいはかかるものとは言え、
単純に、文章力を高める。
という一事であれば、毎日600文字の練習、1年やっただけでも、
相当文章力が鍛えられると思われます。

差し当たり、他人の事はともかく、自分としてはこちらの掲示板で、文章力も鍛えて行きたいな、
と思っているので、なるべく毎日。600文字に近づけて文章を書く練習をしてみようと思っています。

体調の問題はあるけれど、週末あたり、体調に問題が無ければ、
読んだ本の話題等で、普段より多めに更新してみるかも知れません。

9ヶ月前 No.156

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

大学図書館に行って来ました。
正直体調がかなり悪くて、気分が沈みまくる中なので、
かなり大変でした。
お昼の段階で、まだ起きる事が出来ず、横になっていて、
起き上がるのに、3時間近くかかるという有様。
夕方近くになってようやく起き出し、何とか時間内ギリギリに、
大学図書館に到着!という感じでした。

ここ2週間くらい風邪の症状もあって、全く動けなかったのが、
悪循環を起こしているのかも知れません。
動けないから、ますますうつに落ちて、更に動けなくなる、という。

外出して、一時的に気持ちが上がっていたのですが、
しばらく時間を置いて、再び落ちて来ているので、どうなっているんだろう…?
という感じではあります。

やはりうつの波が来ているのかな…?
という気がしないでもない…。
一旦波が来てしまうと、そのままずっと落ち続けるような展開もあり得るだけに、
何とか、このまま崩れて行ってしまわないようには気を付けたい所。
気持ちを上げるために、何かやりたいけれど、
しかし落ちてきている時は、普段に増して、何もやりたくないという…。

本を読むことはこの状態でも可能なんだけど、読書で気持ちが上向くかどうか…。
まあ、できるだけの事は、やってみたいと思います。

9ヶ月前 No.157

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

何か結局週末ほとんど更新できないで終わってしまった訳だけれども…w
ネタは大量にあるだけに、とにかく毎日続けて更新し続ける気力、根気の問題。
物を書く事を一応今でも目標に掲げているのだから、
もう、何が何でも更新する。という気持ちを忘れてはいけない。

どうもいかん。
ここで文章を書く事も、600文字に文章をまとめる練習になるのだから、
これをどこまでも繰り返して行く事が確実に文章力を高めると分かっているのに…。。

もうとにかく気力というか、何がなんでもパソコンの前に座る。
という動作自体を、自分の身にしみこませなければいけないと思う。
やったりやらなかったりの練習では、これは力になって行かないのだから。

ともかく、毎日書くだけ!
基本的には、毎日2回、600文字を目指した記事を、更新する事を目標としたい。
明日は体調が良ければ外出する積りなのだけれど、
それでも、そういう日だからこそ、万難を排して文字を書かなくては。

小説を書く、という作業は、そんなに甘く無いだけに、
まだまだ自分の中に甘さがあるな、生活に悪癖があるな。と思った次第。

とにかく、どんな時でもここを毎日2回更新し続ける事を、
こちらの掲示板での目標にしたいです。
毎日の稽古。それに尽きると思います。

9ヶ月前 No.158

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

躁転しているww
これは、書けるwww
書けるのは分かっては居るけど、あんまり書くと後でうつに落ちるからなあ〜。
加減しながら行きますか。

いや、元々は今日お彼岸の中日という事で、親戚が来たんです。
その親戚たちに、かつてもっともっとうつが酷くて、寝たきりに近い状態だった時に、
「甘えている」だの「海外に出れば治る!」だの、
今思い返すととんでもない事を言われていたのが、
今になって怒りになって出てくるようになってしまって、
今日、親戚の声を聞いていたら、抑えられないレベルの怒りが出て来て、
その後、怒りから躁転している感じなのです。

とりあえず親戚の事を書くと、ちょっとね。
余りにも酷いと言うか、その親戚にああだこうだ言われていた時期は、
まだうつ病の人が通うような施設に行った事が無かったので、
「ああ、世の中こんなもんなのかなあ」
くらいに思っていたのですが、病気の人たちや、病気を持った人を支援する人たちと接してきて、
改めて親戚の発言を思い出すと、これ、もうハラスメントですよね?暴力ですよね。

うつ病で、寝たきりのような状態になっていて、親戚来たからはい出て来た奴に対して、
「甘えている」「海外出れば治る」とか…。。
海外出て、うつ病の治療はどうするのですか?
甘えているって、死ぬ思いで仕事はじめて壊されて、寝た切りになっている奴にかける言葉がそれですか??

ちょっと、言っていい限界を超えていると思う。
そして、親戚たちは自分たちはいい事をしたと思っているのだから救われない。
当時はうつが酷くて怒る事もできなかったけれど、躁転する時期が出るようになって、
今思い返すと、激しい怒りの感情が沸き上がって来る…。。

ちょっと、しばらく家でおとなしくしていようかな。
躁転しているから、脳が暴走状態で、書き物はいくらでもできそうだけど…。

もしかしたら、しばらく暴走したまま、こちらへの書き込みが増えるかもです。

8ヶ月前 No.159

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

とりあえずそんな事があったので、家に居ると体が壊れそうだったので、
今日はそのまま池袋に。
グッドモーニングカフェ、というカフェで、お昼を食べてきました。

いいですよ!ここ!
ステーキが、1600円で、サラダとパンとスープのセットでいただけてしまいます☆☆
ステーキのお肉もいいものですし、これで1600円は、安いかも…?
もちろんそれなりの値段なのですが、
ファミレスに行って、高めのメニューを頼むくらいだったら、
こちらのカフェのお肉の方が、ファミレスとは比べ物にならないくらいいいお肉ですし、
それ以外のトッピングも、ファミレスよりずっとおしゃれです。

それを考えると、決して高くはない!と思うのです。
あとこの場だけの話にしておいて欲しいのですが、
友達と回転ずしとか行くと、お金がどんどん飛んでしまって…。。
回転寿司で満腹になろうとすると、2000円近く飛ぶんですよ。

で、回っているネタは、しょせん回転寿司レベルのネタ。。
どう考えてもお金の無駄遣いだとしか思えないです。

けど、付き合いだからね…。。
友達関係で、「回転寿司行こうぜ〜!」ってなっているのに、
1人だけ、「いや、自分は喫茶店のおしゃれなものしか食べない!」
って言っていたら、交友関係が崩壊してしまうので。。

お金の使い方を間違えなければ、1000円台でも、すごくいいもの、食べられるんですよ〜。

8ヶ月前 No.160

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

若干躁状態に回っていたので、しばらく休んでいました。
少しづつ、落ち着いているようです。
ただ、夕べは親戚が、夜の7時に、連絡も何もなく、いきなり来られて、
しかも「久しぶりだからみんなの顔がみたい」
とか言い出して、家族全員茶の間に呼び出され、そこで2時間にわたってどうでもいい話を…。。

お彼岸だからってさ、人の迷惑は考えないと。
そのおじさん、もううちには何十年と来ていなくて、
30年40年ぶりに夜に来て、茶の間を占拠とか。

もう大人としての、最低限の礼儀が出来ていないと思います。
まあ…経歴を聞いても、やっぱり、妙な事をする人は、妙な経歴を辿っているな、と。

世の中全ての人と仲良くできるのが理想かも知れないけれど、
世の中には、分かり合えない人も居るのですよ。
僕の場合は、こういう常識知らずの人間は、ちょっと許せない。

うちの家族も割と、そういう昔からの礼儀作法を重視する一家なので、
そのおじさんが茶の間を占拠する事2時間、夜9時になった時点で、
父親がぶち切れて、追い出しました。

最低限の礼儀ができない人間とは、個人的にはあまり関わりたくないかな。
最近の風潮は、その最低限ができない人が増えてしまっているから、
個人的には、非常に危惧しているところです。

8ヶ月前 No.161

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

8ヶ月前 No.162

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

まあ…全ての人間と仲良くできるのは、理想ではあるけれど、
世の中、そうはできていないよねえ、とは思います。

例えば、自分が仲良くしたいと思う相手が居たとしても、
その相手が、自分と仲良くしたいと思うとは限らないし、
それでも好意的に振る舞う事はもちろん可能なんだけれど、
相手としてはこの人とは距離を置きたい、と思う可能性もある訳ですよ。

自分がこう思う!
というのがあったとしても、相手が居る事では、相手の感情も考えないといけない。
なかなか、理想通りには、世の中動いて居ないと、私は思うのだけれど。

思想で言ったら、Aという思想と、Bという思想があったとして、
本人がAという思想を持っていて、他の人がBという思想を持っていたとしたら、
これは、本当に全員と仲良くしようと思ったら、相手によって、
自分のAという思想自体を変えないといけなくなっちゃう。

Aもいいし、Bもいいよ!って言う考え方をする人も居るみたいなのだけど、
それだと、もはやそれは思想の体を成して居ないと思われます。
本人にとって、どうしても譲れないものが思想だし、
そして、全ての人間は別々の思想を持っていて、それらが対立する事があるのは、
これは世の中の厳然たる事実であってね。

「みんな違ってみんないい!」というのでは、
これは私は文学にも、哲学にもならないんじゃないかと思っています。

8ヶ月前 No.163

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

「バカの壁」を読了しました。
かなり、右寄りの内容、という印象。
いや、右に偏っていたとしても、右過ぎる、イコール悪、では無いと思うけれど、
この人の言っている内容はちょっと、余りにも他者に対する思いやりに欠けると言うか…。

一例を上げて説明すると、ホームレスの人に対して、
「かつて日本は、働かなくても食べられる社会を目指していた、
今日本にはホームレスが居る。彼らは働かないでも飢え死にするでもなく生きている、
これはある意味、かつての理想の世界が出来上がった訳だ」

という感じの論調だったりします。
一応作者の中では、ホームレス批判というよりは、
ホームレスのような生活を理想としてきた社会に対する批判、
という論調にはなっているのだけれど、
しかし、それにしてもあまりにもホームレスの人に対する侮蔑意識が強すぎると思うのです。

作者の言葉に「ホームレスは働かなくても食える。糖尿病まで居る状態だ」
というような一節があったけれど、
ホームレスの人が糖尿病になるのは、どんなに体に悪いものであっても、
生き抜くために食べられそうなものは食べられるときに何でも食べなきゃいけないからであって、
楽して食事にありついている。という論調は、無茶苦茶だと思う。

作者の言うように、ホームレスが楽をしていると思うのであれば、
作者自身が、路上で生活してみればいい。
それこそ、他人の食べ残した残飯を、糖尿病になるまで、一生、ゴミ箱をあさって食べ続けるのですよ?
作者がそれに耐えられる、というのならば、作者のホームレス批判も、正当性があるのかな、という気もしています。
恐らく東大教授のこの人物がそんな状態に陥る事は無い訳で、安全な所からホームレスに石を投げているだけでは?
という印象を受けました。

本全体が、そういう論調で、一貫していたので、非人道的主張の数々があり、残念でした。

8ヶ月前 No.164

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

とりあえずね、場所の制約は外れた、のかな…?
以前行っていた場所に行くとなると、やっぱり使わせてもらうのであれば、
その場所の雰囲気だとか、ルールだとか、暗黙の了解だとか、
そういったものに、合わせていかないといけないと思うんですよ。自分は。

ただ、そこの論理にあんまり合わせてしまうと、自分の文学とか、哲学がピンチだな、
とは、通っている時から思っていたのです。
とにかく、みんな違ってみんないい、だから、文学的、哲学的に白黒つけるやり方はご法度だったから。

場合によっては、自分が受け入れられないような事だったり、
明らかに相手が間違っているでしょ?
と思った場合であっても、荒立てずに、自分の意見を殺して、
とにかく場を保つこと、を最優先に考えていたから、
文学をやる上で必要な、「角」みたいなものが、どんどん削れて行っている。
というのを、通っているうちから、強く感じていたのです。

今は、箍が外れてね、ひたすら、自分の文学、自分の方法に進めているのかな、という感じ。

心配なのは、行政の下請け機関だから、話している内容が、どこまで役場に上げられているのか。
利用しているうちは、確実に話した内容なんか、役場に上げられてしまっていたと思うのだけど、
利用しなくなった今でも、何か個人情報を役場に上げられているんじゃないか?
という、不安というか、不信感を持って見ています。

今話し合っている人には、そちらの機関は、自分の担当から外れて欲しい旨、伝えてあるけれど、
正式に抹消した訳ではないので、未だに関りを持たれて居そうで、
なるべく自分にはもう関わらないで欲しいな、と思っている次第です。

8ヶ月前 No.165

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

大相撲大阪場所、今日で千秋楽でした。
報道等で大々的にやられているので、もうご存知の方も多いかと思いますが、
稀勢の里が、負傷を抱えながらの逆転優勝を遂げました。

13日目の日馬富士戦で、利き腕の肩、というか、胸?
を、強引な投げを打った結果、故障。
土俵下で一時動けなくなるような、程度としてはかなり悪い怪我をしてしまいました。
休場も止む無しか、と言われる中の強行出場で、優勝まではとてもとても…。
という雰囲気の中、千秋楽、何と照ノ富士を2番続けて撃破。
逆転優勝を果たしました。

この状態、もう15年くらい前になるでしょうか。
貴乃花が、膝を故障し、出場は無理だろうと言われる中、強行出場。
そして痛みの中優勝!
「鬼の形相」として、大相撲界ではレジェンドとして伝わる1戦があります。
その1戦を思い出させるような、1番であったと思います。

稀勢の里も、相当苦労の中であったと見え、相撲内容も鬼気迫るものでしたし、
相撲が終わった後の、花道から、土俵に向かう段階で、
すでに涙が止まらなくなっている状態の絵も素晴らしかったですし、
これはもう、上記の貴乃花の優勝に匹敵するような、
相撲界の新たなレジェンドの誕生では無かったか、と個人的には見ています。

素晴らしい相撲でした。
大相撲史に残る場面に、立ち会ったような気持ちです。

8ヶ月前 No.166

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

日曜討論、去年の9月のものを、今になってみている状態。
やはりこれ、民進党代表選、明らかに前原さんが抜けている候補に見えるけれど…。
なんで蓮舫選んじゃったの…??

見た目はいいし、選挙の時の客寄せパンタにはなれるだろうけれど、
2大政党の1翼を担うとしたら、あまりにも力不足なのは明らかなのでは…?

日曜討論で、民進党の同僚と討論しているレベルで、
明らかに前原さんに圧倒されている状態では、
敵、巨大与党の熟達の議員相手に、とても勝てる訳が無いのは、明らかでしょう。

今半年経って、実際蓮舫が国会でかなり「軽い」答弁を繰り返して、
与党に対して攻撃力も無ければ、民進党の政策の発信もままならない状態なのを知っているから、
こういう事が言えるんだ、という面もあるけれど、
しかし、やはり人気投票で代表を選んだらいけませんよ…。。

討論を聞いている限り、前原さんを選んでいれば、相当違ってきたのではないかと思っています。

もうこの夏の都議会議員選挙で民進党が惨敗したら、蓮舫降ろしてしまうのも一考では?
細野豪志とか、玄葉光一郎とか、あのあたりが党首に立って、
ともかく民進党の政策を発信して行かない事には、党勢の回復は覚束ないと思います。

現在自民党がスキャンダルでこけているのに、その受け皿として、民進党が機能していないのは、
各新聞社の世論調査からも、明らかだと思います。
頭を変えて、党を一新し、次の衆議院選挙を迎えるのが得策だと思います。
はっきり言って、蓮舫に、野党第1党の党首の力量は、無いと思います。

8ヶ月前 No.167

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

躁状態で苦労しています。
元々うつ病の診断だけだったのだけど、最近になって、双極T型の診断名が増えました。
性格的に、動ける時に余りにも無理をし過ぎて、結果的にまた酷いうつに落ちる。
というパターンが多く、なかなか困っています。

ちょっと前までは、なるべく病気があっても関係なく、広く交友関係も作ろうかと思っていたのだけれど、
最近は、自分の身を守るのがいちばんだなあ、なんて思っています。
あんまり他人と関わっても、いい事が無い。
特に私の症状の場合、対人関係から一気に最悪のうつ状態まで持っていかれる事が多いので、
ある意味では、対人関係は敵ですらあり得る。
個人的には、もうそんなに人間関係を広げず、狭い範囲でやっていればいいな、という所に至りました。

元々居た施設では、なかなか世間の常識が通用しない事が多くて、辟易していました。実は。
でも、そこを利用するためには、そんな事を言っていたら利用できなくなってしまうので、
場の空気を保つことを第一に考えていたので、ちょっと個人的にはしんどかったです。

もう、そこには通常の利用としては9か月。
1度だけ、退任されるスタッフさんに餞別を渡しに行ったのを含めても、もう6か月行っていないので、
このまま自然に縁が切れるといいなあ、と思っています。

とにかく利用者の言う事が他の場所では通用しないような発言ばかりだし、
スタッフもそれを守りに行くから、普通の感覚が維持できなくなってしまいそうで…。
先ほど書いた記事に政治の話題がありましたが、私は「不信任」という言葉を軽く使う積りはないです。
むしろ、スタッフ含めて、あの場の誰よりも、その言葉の重みを知っている人間だと思います。
それでもあえて、最後は「不信任」を突き付けました。

不信任が通らない、という事であれば、突き付けた方は「ハラキリ」です。
全く行かなくなったのは「ハラキリ」という意味がある事を、あの場のスタッフは分かっているのか。

言葉は重いです。
あの場の、意味不明な発言の山には、もうほとほと疲れました。
私は、私の道を行きます。

8ヶ月前 No.168

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

昨日上野公園内の、都立美術館に行ったら、興奮状態が酷く、夕べは一睡もできない状況。
美術館の話も書いてもいいし、行き帰りの電車内で純文学も読んだから、
書くネタには困らないのだけれど、それよりもまずは体調が酷い感じ。

お彼岸に親戚が来て、声を聞いただけで怒りが爆発。
それ以来激しい興奮状態というか、躁状態というか、酷い状態に。
特に昨日は、美術館に外出したら、普段よりますます激しい興奮状態になって、
横になっても全く眠気が来ない。
睡眠薬も処方されているのだけれど、飲んでも効かないという、激しい興奮状態。

参っちゃうよね…。。
そもそも親戚には、数年前、もっとうつの症状が酷い時、
それこそ、ほとんど寝たきりに近い状態の時に、
「甘えている」だの「海外出れば治る」だの、無責任な事を、
うつに対する知識も何にも無いのに、平気で言って来られてしまってから、
かなり怒りだったり恐怖だったりを感じる状態になってしまっているのです。

それが、先週お彼岸だっていうので、家に次から次に来られちゃったものだから、
精神的にかき乱された感じ。
もう当日からおかしいのは分かっていたのだけど、
その日だけで収まらず、すでに1週間以上経つ今になっても、
躁状態というか、興奮状態が収まらず、夜も眠れない。という状況。

あんまり上がり過ぎると、結局いつかは激しいうつに落ちる事になるから、
どうにか落としたいのだけど、どうやっても興奮状態のまま、変わらない。。
しばらく大人しくしているしか無いのだろうか…?

8ヶ月前 No.169

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

昨日は東京都立美術館に行き、「ティツィアーノのヴェネチア展」を見てきました。
良かった点は、ティツィアーノの傑作の1つである、「フローラ」の絵画を見られたこと。
やはり、同時代の絵画とは、1人だけ描くものが違っている印象を受けました。
それまでのゴシックの様式から離れて、ルネサンスの表現方法を取り入れ、
そこにティティアーノにしか出せないような光を差し込ませ、
特に裸体画に表されるような、美しい人体表現を確立しているように見てました。

フローラは特に、数ある作品の中でも、美しさが際立っている印象。
女性の持つ官能性を、ルネサンス前期のこの時点で、ここまで表現できるのは、
ヴェネチア絵画でもトップを走る人物だからこそ、できた表現でしょう。

残念だったのは、そのトップを走っている、ティツィアーノの絵画が、5枚くらいしか来ていない点。
展覧会のタイトルに「ティツィアーノ」の名前を入れているからには、
もう少し多くの作品を持ってこなければ、正直お客さんを呼ぶために画家の名前を拝借している…?
という印象を、受けないでも無かったです。

あとは全体的に元となった美術館から、必ずしも全面的な協力を得ていないのか、
全体の作品数も60点ほどと、普段の展覧会で並べられる作品の、半分くらいの作品数しかなかった事。
やはり向こうの美術館が改装工事でもやらない限りは、作品の多くを日本までは輸送してくれないようで、
全体として作品数の数からみても、ティツィアーノの本当の代表作が来ていないなど、
若干の不満点は残りました。

ただそれでも「フローラ」を見るためだけでも、行って損は無い展覧会ではあるとは思われます。

8ヶ月前 No.170

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

しばらくあいてしましまいた。
無事、大学から卒業証書が届き、大卒確定です。
ただ、目標としているのは大学卒業という資格では無くて、
あくまでも純文学を高めるための手段として、放送大学を使っていたという事。
なので、まだまだ、自分の純文学は、始まったばかりだと思っています。

純文学の強度を高めるために、一般教養が必要。という事。
世の中の事を分かって居なくては、そもそも純文学を書くための知識や、
それにもまして、そもそも芸術は、世界の再現ですから、
再現されるべき世界自体を知らないままでは、純文学を書く事はできないのです。

そういう訳で、一応、これがひとつの関門ではあるけれど、
これでゴールにたどり着いた訳では全くなく、
これでようやく純文学を学ぶため、書くための基盤部分が整った。
という風に、私自身は考えています。

大学には一応籍は置いておきますが、これは授業を受ける為ではなくて、
図書館の資料を使わせていただくための手段という部分が大きいです。
ここからは、大学の勉強というよりは、実際に純文学を読み込んで行く事。
それから、こちらの掲示板で、600文字で文章を書く練習。
それに、毎日少しでも、原稿用紙に向かう時間を作って行く事かな。
なんて思っています。

卒業しても、これで終わりではなく、まだ本当に始まったばかり。
ここから、どこまでも飛躍していかなくてはいけません。

8ヶ月前 No.171

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

先日放送大学の学友と、東京の文京キャンパスでお話ししてきました。
なかなかお話ししやすい人で、あっという間に3時間が過ぎていました。

その人は割とおしゃれな人なので、多分私の趣味の、喫茶店に連れて行っても大丈夫そうな感じ。
そもそもその人、学生時代に神保町に何回も行っていたらしく、
私にとっても神保町は庭ですから、
おいしい喫茶店を、何件も知っています。
今回会ってみて、話せそうな人かどうか、お互いに探る感じだったと思うのですが、
おそらくお互いに、悪い印象は受けなかったと思われます。

帰り際に、また季節が変わる頃にでもお会いしましょう!
という話をして別れたので、多分、夏ごろまたお会いする事になりそうです。

今回は万全を期して、放送大学のキャンパス内を利用させていただいたけれど、
これだったら、多分神保町に行こうが、どこに行こうが、問題なさそうです。

まあ、結局人ですね。
私は対人関係のストレスから、猛烈なうつ状態を発症してしまう人間なのですが、
その人と話していて、圧迫感は全く感じなかったです。とてもいい人。

多くの人との場合、自分の場合はうつの起動スイッチみたいなものなので、
あんまり人と関わりたくない。
って言うのがあるのですが、本当に、人によっては問題なく話せる人も居るんだなあ、と。
以前居た施設の教養のある方とも、とても楽しくお話ができましたし。

人次第では、必ずしもうつの起動スイッチでは無い可能性もあるのだなあ、なんて思いました。

8ヶ月前 No.172

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_yFt

なるほどなあ…こちらの掲示板の状況を見て来たけれど、
子供しか居ない。
小学生中学生が多いのは理解していたけれど、
大人でも「中二病」の人が、余りにも多すぎる。
少なくとも、マトモに純文学を語れる人物は恐らく皆無に等しい事が、
しばらくこちらの掲示板にお世話になって、分かった事です。

そもそもアニメやゲームやライトノベルの知識「だけ」を元に小説を書く、なんてできないです。
学術的なバックボーンも無いのに小説を書こうとするのは、
小説に対する冒涜だとすら思います。

金貨システムがどうしてあるのかも理解しないばかりか、
そもそも考えようともしない。
自分が書きたいと思ったことを、だらだらと何千文字と吐き出して、
それで小説だと言い張る人物すら居る始末。

恐らくこちらの掲示板には、これ以上書き込まないと思います。
今後は、アメーバでやっているブログと、ツイッターをメインに活動する予定です。

短い間でしたが、お世話になりました。
一応、アメーバブログのURLを残し、こちらの掲示板からは、去りたいと思います。
ありがとうございました。

アメーバブログ「一瞬の火花」
http://ameblo.jp/readordieonmyown/

7ヶ月前 No.173
切替: メイン記事(173) サブ記事 (179) ページ: 1 2 3

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。