Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(45) >>

全キャラ戦線

 ( なりきり掲示板(フリー) )
- アクセス(676) - ●メイン記事(45) / サブ記事 (31) - いいね!(3)

アリア @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

誰しも、時に壁にぶち当たることがある・・・・・

【全キャラOKのなり切りスレです!

プロフィール投稿はサブ記事にてお願い致します!】

メモ2019/10/07 21:28 : そらうろ☆1NVM.VpSQe81 @miximixyuu★jSAZnx9Ote_vvH

できればこのようにしてくれると分かりやすいと思います

手本

OOO(キャラクターの名前)「XXX(キャラクターのセリフ」

セリフはなりきりなので言い方を同じようにしてください

テーマならオリジナルでもOKですが基本は戦闘系です

ルールやマナーは違反しないようにしてください。

*<ちょっとした看板>*________________

そらうろくんの夢の日記。暇なときに、どぞw

http://sns.mb2.jp/miximixyuu/d-3

(新しい出来事があったときなどで書き込んでいきますw)

切替: メイン記事(45) サブ記事 (31) ページ: 1


 
 

アリア @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

【基本的にキャラは覚えていられる限り、何人でもOKです!

オリキャラもOKですが、原作ありのキャラと両立して頂きたいです!】

1ヶ月前 No.1

そらうろ @miximixyuu☆1NVM.VpSQe81 ★jSAZnx9Ote_vvH

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1ヶ月前 No.2

SORAURO(*U▽ @miximixyuu☆9T/pQs21D0Zu ★jSAZnx9Ote_vvH

信玄「見直せい!!幸村ァ!」
幸村「くぅっ...くらいませぬ........」
武田軍「まーた怒られてるよ......」
佐助「.............」
(ぐぅっ親方様ァ....この幸村....熱く燃えし蹌踉.....
  いつかこの幸村殿が親方様の為になって見せますぞぉぉぉぉおお!)
<幸村、熱く燃えたぎれ!wwww前編>(BASARA4の設定でw)
....................
幸村「ぐぅう....親方様ァ.....この幸村めも......
  いつか親方様の為にぃぃぃぃぃいいい!!!」
武田軍「もっと修行したら?このままじゃ親方様に怒られるだけだぞ」
幸村「いや....そうでは.......はッ!!
  この幸村ァ!親方様のォ!為にィィィィイイイ!!!」
佐助「あっムチャは無理だって大将ーーーーーーーー!」
武田軍「幸村!行っちゃいましたよ親方様....
  俺らも行った方がいいかな?」
信玄「よせ................」
武田軍「親方様.........あっはいッ!
しかし大丈夫かなあいつ.....................」
................................
(この幸村が大阪城を落とせば親方様に..........
 う.......うぉおやってみせますざぁぁぁぁああああ!!!!)
<大阪城にて>
幸村「うぉぉぉおおおおおおりゃぁぁぁぁあああああああ!!!!!!!
親方様ぁぁぁぁああああ!!ぬぅぅぅううううわああああああ!!!!」
豊臣・石田軍「なんなんだアイツ!!!ぼっちのくせに!!一人残さず殺すつもりかよ!?」
石田軍「一人残さずってことは........三成様まで!?」
(幸村が大阪城を荒らしまくる)
左近「うぉおあれすげぇな!三成さん...じゃなくて三成様!」
三成「......殺せ...」
左近「了解っす!三成様の為に!」
(前編はここまでっちwww)

※警告に同意して書きこまれました (個人情報)
1ヶ月前 No.3

W∀・´)SORAURO @miximixyuu☆9T/pQs21D0Zu ★jSAZnx9Ote_vvH

ドッドッドッドッ......
幸村「ぬっ....この気配や、もしや........!」
ギィィィイイッン!
左近「...へへっ」
<幸村、熱く燃えたぎれ!中編>
幸村「............!!」
左近「さっきからあんたの戦い振りずーっと見てたぜ!
すごいわーまじ....でも俺も負けてらんないッスね!」
石田軍「そうだぃ!左近様はヤル男なんだぜ!」
幸村「うぅ.....親方様こそ........
 うぅお負けてられぬわぁぁぁああああ!!!!」
(幸村が左近を襲う)
幸村「ぬぅうおぉりゃぁぁぁああああ!!!!」
左近「よっと!」
幸村「ぐぅうぬぬぅ....!」
左近「うっひょー!マジで燃えてるっすね....
 そんなに三成様倒したいって訳ッスか!いやそれはヤバ過ぎだわ...」
幸村「燃えるも倒すも当然ぞ!!!
 全ては親方様の為!」
石田軍「あいつのー....親方様って確か武田信玄じゃなかったっけ...?」
(石田軍が引き、幸村と左近の一発勝負を見守る)
幸村「うぉぉぉぉおおおお!ぉぉぉぉぉぉおおおお!!!」
左近「はぁぁぁあああああぁっ!!!」
(幸村の槍は左近の左肩に、左近の剣は幸村の腹部に)
幸村・左近「ぐはぁっ....!」
石田軍「!!?」
....(左近が泣きなから左手に持っていた剣を落とし左肩を右手で押さえる)
左近「くっ....うぅ...」
幸村「っ.....フゥ....」
(左近がしゃがむ)
石田軍「ウソだろ..........?」
幸村「親....方.....さまぁ......!
 ぐぅうぬぬぅ.....うぅおりゃぁぁぁああああ!!!!」
(幸村が左近を襲う)
???「止めろ!」
(中編はここまでなのぉ〜)

1ヶ月前 No.4

幕間の淵の底で @izuma☆VNvX9naPtFo ★XdmdoCx531_45n


――冷たい驟雨が降り注ぐ路地裏で、十字を模した黒い鍵を何本も打ち込まれて、崩壊し掛けの肉体を…波打つ血だまりの中で震わせがくりと膝を折った一人の少女。

彼女の周囲には距離を置いてフードを被り法衣を着た影の様な者達(代行者)が包囲し確実に仕留め得る場所まで追い詰めていたが…その必要はほぼ無かった。ボロボロのその体躯は、日の光に晒されたが如く崩れ――

最早視えなくなったその双眸を、その空へと向けながら…まるで何かを求める様に片手を上げながら崩れていく。

彼女は完全に(滅せ)られた。

その筈であった。


【薄暗い何処か/雛川 加奈江(気絶→目覚め)】

じわり…と(傷口)から流れ出るのは己の血潮―――鼻腔に広がる鉄くさい匂い。仰向けに倒れぐっしょりと血塗れの少女は何処ともしれない薄暗い場所で目覚めた。意識は相変わらず惚けているかの如く現実感の無いモノだが…それも徐々に解消されているらしい。自分の四肢に力が入るのと指先の感覚まで取り戻すまでに随分と長い時間が其処から更に掛かり…

漸く言う事を聞く様になった左腕を持ち上げ、自分の顔の前へ持ってゆくと、その手のひらを閉じたり開いたりする。

そんな動作を、4、5回度繰り返した後、彼女は上体を起こす。


―此処は何処だろう?


未だ手足の痺れた様な感触を気にしてつい手元に目を移す…其処には…乾いて黒っぽくなった(血)が染み付いている。それも手元だけではなく、まるで血飛沫を浴びた様にブレザーの内側の白の制服にも赤黒く――そしてこれらが(自分)の(血)では無い事を彼女ははっきりと覚えていた。

――奇妙に冴え渡った“視界”と、驚いた表情をしたサラリーマン、恐怖と何故?という表情を浮かべる級友、何が起きたか分からないような顔をしたOL、泣きじゃくり助けを求める少年……それは自分が(手に掛けた人々)の死ぬ間際の顔…其処だけが記憶に残り、あとは酷く(満たされた)…充足感に満ちた心地よい感覚しか残っていない。だが彼ら(彼女ら)に自分が(した事)は紛れもなく覚えている。

加奈江「わたし、わたしは」

“この人たち”を(殺し)て…その(血)を―――

巻き起こったフラッシュバックに少女はこの何処かも分からない薄暗闇の広がる空間でただ一人、茫然としていた。


≫対象無し

1ヶ月前 No.5

W∀・´)SORAURO @miximixyuu☆9T/pQs21D0Zu ★jSAZnx9Ote_vvH

左近「くぅ....いた.....ぁ...」
幸村「親....方.....様ァァァァアアアアアア!!!」
(幸村が左近を襲う)
政宗「止めろ!」
<幸村よ、熱く燃えたぎれ!!!実は中編の続き>
幸村「はっ..........?」
政宗「随分ギタギタにやられてるじゃないか....幸村、どけ....」
左近「..........オマエ........」
幸村「はっ政宗殿!しかしそなたは何故此処に?」
政宗「ちょっとコイツと話し合い........だ....」
(政宗が左近に近寄る)
左近「お前...何でここにいるんだよ...?」
政宗「ただの通りすがりだ....お前に用が有ってな....」
左近「何で.........」
(政宗が左近を補助しながら立たせる)
左近「何でこうなるんだよ..........」
政宗「...........」
(政宗が左近を立たせながら幸村から数十歩離れ、政宗が左近に暴力を振るい座られる)
左近「くっ............!?」
ーーーーーーーーーーーーーー
幸村「政宗殿?」
左近「お前何でこんな事をするんだよ!?
 別にお前とは関わってないしそもそも友達じゃないんだよ!
 大嫌いだよ...........!
  結局人って....裏切られるハメになるだけなんだよ....」
(左近が泣き叫ぶ)
政宗「黙れ!」
(政宗がまた左近に暴力を振るう)
左近「痛........死ぬ........っ」
石田軍「左近!!!!?」
(左近が幸村の方を見て倒れる)
左近「幸村.......君が好.....!?」
幸村・石田軍「あっ!?」
石田軍「そ.....そんな死ぬなよ.....
 死ぬな!死ぬなアアアアアアアアアアアア!!!」
政宗「...........」
(政宗が幸村を見つめる)
幸村「政宗.....?」
(中編ここまでぃー(泣))

1ヶ月前 No.6

アリア @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

どうやら、早速迷い込んだ奴がいるようだな・・・・・どうだ?弱くて力もない者達を殺す気分は?

(薄暗い謎の空間・・・・・何が起きたのか理解出来ずにいるその少女の背後に、気配も無く突如と
しと「それ」は現れた・・・・・

全身がまるで闇か影のように真っ黒で、そしてそのシルエットはまるで蜃気楼のように歪で、
眼と思われるモノが、それには似合わない青くて綺麗な光を帯びながら光っている・・・・・

一つだけわかることは、それは明らかに人間ではないことだった・・・・・)

1ヶ月前 No.7

幕間の淵の底で @izuma☆VNvX9naPtFo ★XdmdoCx531_45n

【薄暗い何処か/雛川 加奈江】

声がした。

自分以外、気配の欠片も無かった筈のこの何処とも知れない薄暗がりの空間で殆ど前触れ無しに聞こえた其の声が耳に届き、侮蔑とも憐憫とも取れる様なその内容を頭で理解する遥か以前にまるで動かなかった己の肉体が嘘だったが如く、彼女は起き上がり際のバックステップから距離を置いての瞬時の臨戦態勢へと移行していた。

加奈江「…誰?」

彼女自身が意識してか無意識なのかは分からないが、その双眸は反射光の如く炯々とした紅く、そして何処か暗い光を放つ

その両の手は見るも凶暴兇悪な形状――化け物染みた何かに変わっていた。

――そうして一触即発、得体の知れない奇妙な“影”蜃気楼めいた掴みどころの無い“それ”と、覚醒と途絶を繰り返す(先祖還り)の(死徒)の少女は対峙する。


≫??? >>7

1ヶ月前 No.8

アリア @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

そう慌てるな・・・・・いきなり殺したりはしねぇからさ・・・・・

(そう言うと、影は少女に向けてゆっくりと歩き始める・・・・・

影が放ったその言葉は、じわじわと命を奪っていくことを前提とした言葉であるのは明らかで、
そして影は非常に落ち着いていた・・・・・

「で、どうだった?人間達の死に様は・・・・・♪」

影はまるで子供のように無邪気な言い方で聞く・・・・・)

1ヶ月前 No.9

鋼鉄の男 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

【オーバールックホテル/異空間コロラド・一階のラウンジ/鋼鉄の男】

『去れ、招かれざる客よ』

『東洋の異邦人お前には関係の無いこと』

そのホテルは意思を持っていた、輝きの力を。
しかしそれは明確な悪意を示し白人達に牙を剥く呪いという形で。
今までに血塗られた歴史がありそれにより自らの中に取り込む。
ここに管理人として雇われて来たある三人の家族もその毒牙に掛かりそのホテルは本物になろうとしていたが
突如現れた一人の男に阻まれる。

「関係ない?いやあるね」

目の前で呪われたパーティーを続けながら問うてくる意思に真っ向から否定する。

「人は弱い‥それでも立ち直ろうとする人間の弱みに付け込むのが許せなくてね」

「特に何の罪も無い小さな少年を食い物にしようとするその所業が気に入らん」

ホテルの意思ですら取り込めず寧ろ下手をすれば取り込まれる力とその力に屈しない精神
正しく黄金というべき心の力を持つ男は言い放った。

「憎しみの連鎖は誰かが止めなくちゃいけないだから―」

男の目が左目は人ならざる殺意に満ち溢れた赤い眼光に変わり拳を突き出す。

「小さき命を守るため虐げられた貴方達を再び力で否定するという罪業をこの拳と共に背負おう」

だが右目は哀しみに満ちた非常に一人の人間としての感情を露にしながらもラウンジ全体が暗転する。
次の瞬間に戻るとその場にいた生者を除く全員が倒れ、ラウンジにある全ての物が跡形も無く破壊される。
男は背中に天と浮かび上がり、その光景を背後で偶然見ていた三人家族の内父親は圧倒されていた。
狂気に侵された彼―ジャック・トランスは男に襲い掛かったものの叱咤と共に振るわれた虎の男が見える拳を受け
正気に戻ったジャックは後の著書でその神秘的な光景と漢の背中が非常に印象に残り、これまで書き続けるヒロイックサーガの元となったと
書き残している。

1ヶ月前 No.10

鋼鉄の男 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

そしてラウンジ全体に倒れていた者達は取り込まれた魂たちは消えていく。
ラウンジ自体も霊核を放たれた瞬獄殺で破壊されており、まるで無かったように空間自体が消滅し
何事も無くいつものホテルの光景に戻っていく。

その後は冬季の間の管理人として雇われた家族が無事な姿を確認し
しばらく過ごすと別れを告げて相棒のメカ沢バイクに乗って去っていく。

目的は此処が何処なのか明確な事を調べるため、まずは近くのゴッサムシティに向かう事にした。

>対象無し

1ヶ月前 No.11

幕間の淵の底で―遭遇― @izuma☆VNvX9naPtFo ★TD5Gr3B2kL_khR

【薄暗い何処か/雛川 加奈江、暁巌、トライデント傭兵×4】

加奈江「そんなモノ、知らない。」

凶行に至った彼女を突き動かすは“餓え”底知れない(血)への渇望、――人が血の詰まった肉袋に思えるほど、否
そもそも彼女は“ソレら”が(人間)であったのかすら億劫なほど(その時)は印象にすら残らずただ(渇き)を癒していた。

だからこそ、フラッシュバックで蘇るソレらの残像や記憶に対して、恐慌を覚えるのだ。

故に目の前の“影”の面白半分で無邪気な問い掛けに答えることも無かった。

そもそも答えてやる気にもなれない――そして“影”がそれ以前に口にしていた言葉(いきなり殺したりしない)に対して思い出した様に

加奈江「…そう、(貴方も)そんな事を言うのね。――そう…そう。」

――かたかたと振動する何もない筈の(空間)

その大気を震わせる程の異様に収束した高密度な(魔力)の気配

最早警戒心を通り越して殺し殺される状況である事を覚悟している様な様相だ。

それは即ち目の前の“影”を敵として認識しつつある証左である。



―――



トライデント傭兵A≪現在地は未だ不明、CP、応答せよ。…くそっ繋がりもしねぇ≫

トライデント傭兵B「暁隊長、我々は完全に本隊と逸れた様です。」

通信機のノイズ混じりの音声…数人分の声と、軍用のフラッシュライトらしき強い光源が100m以内の距離で見えてくる。――ベレー帽を被って物々しい戦闘服に銃火器を携行した兵士らしい(人間)が五名確認出来る。どうやら彼らもこの奇妙な(空間)に迷い込んだ手合いらしい。

≫???  >>9

30日前 No.12

アリア @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

・・・・・どうやら、正義感というただただ無意味な感情に操られていることにすら気づけない
奴がいるようだ・・・・・

(影はゴッサムシティへと向かう鋼鉄の男の行動や言葉をまるで全て見ていたかのように、ニヤリ
と不気味な笑みを浮かべて口ずさむ・・・・・

その場にいなくても何が起きたのかを見通せる何かしらの能力を持っているのだろう・・・・・)

>>鋼鉄の男さん

自分の感情に素直になったらどうかな?化け物は化け物でしかないんだし・・・・・♪

(不気味な影は、少女を化け物と一言で片付けて不気味に笑う・・・・・

罵ることや見下すことが大好きな非常に下劣な性格をしているだろうと思われる・・・・・

そして感じられるのは、底の見えない悪意・・・・・)

>>加奈江さん

30日前 No.13

幕間の淵の底で @izuma☆VNvX9naPtFo ★TD5Gr3B2kL_o53

【薄暗い何処か/雛川 加奈江、暁巌、トライデント傭兵×4】

加奈江「…言ったでしょう“知らない”わ。」

恐慌が落ち着いて、妙に冴え冴えとした気持ちになる。

双眸を炯々と紅く輝かせながら、相変わらずな様子の“それ”に対して素っ気なく返事をした。
化け物であれ何であれ(無意識)と(故意)は異なるのだ。――“影”が求める様なありきたりな問い掛け等に
彼女が答えられる筈も無かった。

―(復元呪詛)そのものは変わらず凄まじい勢いで働いている様で。

此処に来るまでに彼女が負っていた致命傷を含む怪我が(元に還って)行く。


――その一方

チャッ…

トライデント傭兵A「接敵、正面、80m――また化け物やら何やらか?」

トライデント傭兵B「視認した――血塗れの女と、変な“もや”」

暁巌「まだ撃つな。…随分と濃い血の匂いだな。」

5m間隔ほどで互いに距離を取りライフルや短機関銃の銃口を向ける傭兵たちと、彼らを率いる吸いかけの煙草を手にした東洋人の傭兵は
薄暗闇の中で捕捉したその奇妙な両者を視認しつつ、こちらも警戒態勢へと移行していた。


≫??? >>13

【次回から戦闘開始予定】

29日前 No.14

アリア @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

まぁいい、すぐに知ることになる・・・・・

(影は意味深な言葉を呟くと、そのままいきなり兵士達の方を向き、小さく手を振る・・・・・

これほど離れている距離から気づくのは本来ならばまずありえないほどだとは思うが、この影は
人ならざる者・・・・・

それすらも容易いことなのだろう・・・・・)

29日前 No.15

鋼鉄の男 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

【ガソリンスタンド/鋼鉄の男&メカ沢新一バイクモード】

ゴッサムシティに向かう途中、彼はガソリンスタンドに寄っていた。
欲しいものもあり何よりも気になることがあった。

メカ沢バイクを停車してオーバールックホテルで手に入れておいたガソリンタンクに燃料を入れるがこれはメカ沢に使うものではない。
既に彼の電気学や様々な科学技術で改造を受けている超電磁バイクであり、永久機関で動いているからである。
但し不測の事態や野宿などがあれば使用する為に手に入れるため。
入れ終わった後は店内に入り、店員がこちらをちらりと見た後は気にもせず店内のテレビに視線を戻す。

スナック菓子やパイだけでなく食べ物と旅に必要になるだろう物はすべて籠の中に入れて
購入する者はもうないと思った矢先店員の近くに最も探してあるのが置いてあった。

新聞である。

それも手に入れ、会計を済ませて外に出て新聞を広げる。


>all

19日前 No.16

迫る暗黒 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

《新聞・・・・・紙切れで得られる情報がお前は正しいと思うか・・・・・?》

(突然謎の声が、相手に囁き始める・・・・・

どこから声が聞こえてくるのか、どんな姿をしているのか・・・・・

それは定かではない・・・・・)

17日前 No.17

鋼鉄の男 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

【ガソリンスタンド/鋼鉄の男&メカ沢新一バイクモード】

「ええそうですね、マスコミにも印象操作や情報統制そして報道協定なんてものがありますから全てが正しいとは言えないでしょう」

新聞を広げながら、囁く声に対して別に驚く事も無く友人に話しかけるように言葉を紡ぐ。

「今はインターネットがありますからね、そこでも調べることは出来る以上精査も上げられますし
いろんな人の新聞には載らない不都合な真実も書いてあることもある以上新聞に拘る必要は無い」

ただしと付け加え

「うそはうそであると見抜ける人でないと掲示板を使うのは難しいという名言もありますからね
ネットに載っている事も全ては真実ではないので結局は本当に知りたければ自分の目で見極めるしかないのですよ」

匿名掲示板・2ちゃんねるの開設者西村 博之氏の言葉を引合いに出し
ネットも新聞もどこかに嘘があることには対して変わらないので自分の目で確かめるしかないという結論を口にする。

「だから何が正しいか正しくないかは自分で見て決める、それだけだ」

今までもそしてこれからも変わらず死ぬまで貫き続けるそんな強き意志が言葉の端々から込められる。

「それで見ていたのは貴方ですよね?ようやく出てきたみたいですが」

気になっていた物―そうこの視線だ、彼は来た時から気付いていたようだ。
その本人が直接声を掛けてくるがこんな早くに話しかけてくるとは
聞きたい事は山ほどあるが出てきた第一声はこれだった。

>all

>all

17日前 No.18

迫る暗黒 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

《確かに俺はお前を見ていたが、果たしてそれは本当に真実かな・・・・・?》

(聞こえてくる声の主は、まるでおちょくるように嘲笑う・・・・・

男が言ったことが果たして真実か否か、この言葉には一体どんな意味があるのか・・・・・

そして、闇は姿を現す・・・・・)

お前が考えている世界はどれほどの広さだ?

(姿を現した「それ」は、正に闇を人の形に変えたような感じだった・・・・・)

16日前 No.19

鋼鉄の男 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

【ガソリンスタンド/鋼鉄の男&メカ沢新一バイクモード】

自身の見ていた存在に対する問いに答え、肯定するがそれが真実かという嘲るような言葉と共に突然現れる。
それは暗黒のような暗闇の闇それが人の形を具現化させたようなそんな形。
これが果たして喋りかけてきた者の明確な姿なのか定かではない
どのような意図でその姿なのかは今現在では分からないが、彼個人は本当の意味で人を見た目で判断しない。
目に見える姿形に意味は無い、重要なのはその本質だ。

「なら僕が見ているのは幻覚か僕自身が頭がおかしくなったということですね」

相手の言っている言葉に対してこちらも冗談めかして応える無論本気ではないが
闇を人の形に変えたようなそれは彼に対して質問をしてくる。
彼個人の考える世界の広さについて尋ねられ

「難しい質問です…正確に把握や観測できていない未熟者ではお答えできるものではありませんね」

そんな漠然とした質問は答えられないと明確に述べた上で
僭越ながらそんな未熟者で答える事が許されるのであればとしたら

「無限でしょう。一つの世界ですら未だ未知なる深海から地球の外には広大な宇宙が存在しとてつもなく広い。
平行世界や異世界も含めればそれこそ無数にある、世界とは無限の可能性のそのもの」

それが彼の答えだった。

>??? all

16日前 No.20

迫る暗黒 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

そうか・・・・・なら、この世界はお前にはどう見える・・・・・?

ズズッ・・・・・

(人の形をした闇は、ニタァと不気味に笑うと、さっきまでいた場所からまったく別の場所に急に
飛ばされる・・・・・

そして、闇はこう言った・・・・・)

この世界はあってないようなもの・・・・・この世界でお前達がどれだけ生きていられるか、俺に
見せてくれ・・・・・

(不気味に微笑みながら、闇は空間の闇へと姿を同化させるようにして、消えてゆく・・・・・)

16日前 No.21

鋼鉄の男 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

【ガソリンスタンド→???/鋼鉄の男&メカ沢新一バイクモード】

世界の広さは無限、彼なりの答えを話した直後に目の前の闇が人の形がしたそれはニタリと笑う。
同時に先ほどまでガソリンスタンドに居た筈が見も知らぬ暗い光景の場所否世界というべきかに変わるが
鋼鉄の男はそれでも動揺している様子も無い。ミラーグラスの奥の表情は遮られ判らないが本当に平静そのもので
慣れているのか最早この程度では動じないのか

「ほう、こんな芸当ができるのか」

幻覚ではなく本当に空間が変わり飛ばされた事を肌で感じ、目の前の存在が明らかに只者ではないことを明確に確認する。
そして闇はどれだけ生きていられるのか見せてくれと吐き捨てて闇と同化して消えていった。

「まさしく陽炎か…面白い」

あってないようなものと言ったこの世界を率直な感想で陽炎という言葉が頭の中に思い浮かべる。

メカ沢:相棒、また厄介な事に巻き込まれちまったな

バイク形態で近くに寄って来るメカ沢はヤレヤレと言った様子
この二人ともこのような訳の分からぬ場所に連れてこられても対して驚いていない。
銀河の果てで宇宙怪獣とも超越的存在と戦ってきたのだから当然といえば当然なのだが。

「外見的には真理の扉に出てくるアレみたいだったが、人の不幸や苦しみを見て愉悦を感じる邪神の類だろうかね」

あの言動から手馴れた様子で何れにしろこういった事の常習者である可能性は高い。
他にも被害者が要れば放っては置けまい

メカ沢:ならどうする相棒?

「決まってるだろう?メカ沢くん、答えは一つだ」

メカ沢バイクに迷わず乗り込むとキーを回してテスラコイルを稼動させ、フルスロットルで飛ばし闇の中を駆ける。
新たな世界此処で彼らは何を見つけるのか漢達の新たな戦いが始まる。

>??? all

15日前 No.22

目覚めるモノ @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

・・・・・

(闇の中を走り始めたバイクと鋼鉄の男・・・・・だが、少しして暗闇の中にぽつんと謎の黒い球体
があるのが見えてくる・・・・・

闇の中に謎の黒い球体・・・・・

ただのオブジェか、それとも・・・・・)

14日前 No.23

鋼鉄の男 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

【???/鋼鉄の男&メカ沢新一バイクモード】

メカ沢バイクに乗って少しすると目前に黒い球体が現れる。

メカ沢:なんだあれは?

「第一村人発見、とはいかなさそうだね」

村人ではなく物体だが、こんな真っ暗闇の中にある以上やはり気になるので近づいて
メカ沢バイクを球体の近くまで来てゆっくりと停車。
座席から降りる鋼鉄の男。

「どうしてこんなところにこんなものがあるんだろうね?」

メカ沢:あの闇野朗が作って放置したとか?

何れにしろ怪しすぎるし、何かしらの初歩的な罠という可能性も捨て切れない中
鋼鉄の男は黒い球体が間近で触れられる場所まで来て観察する。

「これ材質何で出来てるんだろうね?」

球体周辺を回りつつ不思議な好奇心が湧いてそんなことを呟きながら

「何か使用用途があるんだろうか?触ってみようか?」

メカ沢:大丈夫なのかよ相棒

「恐れていては何も始まらないしね、いざという時は覚悟を決めるよ」

そう言って黒い球体は一体何なのかを調べるため、球体に触れてみた。

>all

14日前 No.24

目覚めるモノ @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

次の瞬間・・・・・

プシュウゥウウウゥゥゥゥゥ・・・・・!

(いきなり黒い球体から煙が吹き出て、ガチャガチャのカプセルのように開き始める・・・・・

何かが封印されていたのか、それとも・・・・・)

14日前 No.25

鋼鉄の男 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

【???/鋼鉄の男&メカ沢新一バイクモード】

鋼鉄の男が球体を触った瞬間、突如煙が噴出。

メカ沢:毒ガスか!?もしかして玉手箱か?

「いや違う…」

咄嗟に口を塞ごうとするが、ミラーグラスにある解析装置には危険な反応は無いと即座に表示され
球体自体が開いているように見える。

「鬼が出るか蛇が出るか…」

開き始めた球体に対して最早見守る事しか出来ず、そんな言葉を呟いた。

>all

13日前 No.26

目覚めるモノ @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

・・・・・ん・・・・・んん・・・・・

(黒い球体は開き終わると、煙の噴出が止まり、中の様子が露になる・・・・・

そして、中に入っていたのは・・・・・

ピンク色の猫耳を付けた、小さな子供だった・・・・・

それも、ベッドですやすやと眠るように寝ている・・・・・)

13日前 No.27

鋼鉄の男 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

12日前 No.28

目覚めるモノ @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

・・・・・うぅん・・・・・ふぇ・・・・・?

(眠っていた少女はゆっくりと目を開けるが、寝起きで寝ぼけているのか、まだ半開きで少しだけ
よだれが出ている・・・・・

そして、30秒ほどしてから、ようやく視界がハッキリとしたのか

「・・・・・っ!?こ、ここどこ!?お兄ちゃんだれ!?」

と、慌てながら混乱した様子で言う・・・・・)

12日前 No.29

鋼鉄の男 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

【???/鋼鉄の男&メカ沢新一バイクモード】

鋼鉄の男が呼びかけると少女は起きる。
数十秒後寝ぼけていた頭から今の状況を把握したようで慌てて二人に対し、尋ねてくる
これで自分から此処に居たのではないと証であり、それならば問われるのはある種当然の事。

「オーケー、まずは君の質問に答えようこっちは」

メカ沢:俺はメカ沢進一、こんなバイクのナリをしているがコイツの相棒だ

「僕はスティール、鋼鉄の男(マン・オブ・スティール)だ昔はヒーローをしていた。今は流離の宇宙探検家…かな?」

疑問系なのはこの少女に地球連邦軍という組織とαナンバーズという部隊を言っても判らない可能性があり
スパロボでもやってない限り知らないと判断し簡単に今の立場を告げるが本来であれば彼は軍属の人間。
かと言って正式な軍人であるかと言えばそうでもない、あくまでも半官半民の中での協力者に過ぎず
正式な軍属になれば柔軟に動けなくなるのでそういう形で今も所属していると言うだけの話。

「そして此処がどこかという質問に関しては返答が難しい」

メカ沢:なぜなら俺達もいきなり連れてこられたから答えられねぇんだ

この場所が何処なのかに関してはありのままを答えた。
自分達も探索している最中なので答えられないのだから仕方ない

「こちらも質問していいかな?君の名前は?どうしてこんな所へ居たの?」

すべての質問に答え逆にこちらから見知らぬ少女へと質問をした。

>寝ている女の子、all

11日前 No.30

アリア @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

・・・・・?

(ここがどこかは答えられないという返答は理解出来たようだが、それ以外は完全に理解できては
いないような表情でいる・・・・・

それほどまでに幼いのだろう・・・・・

そして、名前を聞かれると・・・・・

「名前・・・・・あれ・・・・・?」

少女は名前を言おうとしたが、記憶が欠けているのか、言えずにいる・・・・・)

11日前 No.31

鋼鉄の男 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

10日前 No.32

アリア @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

えっと・・・・・その・・・・・

(いつからか眠っていたかもわからず、起きると見知らぬ男性とバイクに話しかけられるが、実際
驚いたものの眠っているところを起こしてくれた、と少女は理解する・・・・・

だが記憶の混乱は理解出来ず、なぜ自分がこのような状態なのかはわからない・・・・・)

10日前 No.33

鋼鉄の男 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

【???/鋼鉄の男&メカ沢新一バイクモード】

鋼鉄の男の記憶がないのではないかという問いに関しても要領を得ない。
だが雰囲気的には彼らを警戒されている訳でもなさそうだ
本当に答えたくても答えられないのかもしれない。

「…思い出せないならしょうがないね、だったらこれ以上は今聞かないよ」

メカ沢:そうだな小さい女の子を無理して問い詰めるのもどうかと思うしな

二人はそれ以上少女から聞く事を止める事にした。

「記憶に関しては時間が経てば思い出せるかもしれないし、ゆっくり思い出せば良い気楽に考えよう」

少女に対して目線を合わせてしゃがみ、不安に思わないようにあるい気負わない様に微笑み掛ける。

メカ沢:でもよぉ名前も分からないなら困るだろう?名無しの権兵衛なんて呼ぶ訳にもいかねぇ

「確かに、そうだよねぇ…」

ただ目の前の少女に関して何時までも名前も無しで呼び続けるのもどうかと思い
二人は二人で悩み始めた。

>寝ていた女の子、all

10日前 No.34

アリア @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

その時・・・・・

クシャ・・・・・

・・・・・?

(今まで混乱していて気づかなかったが、少女は自分が眠っていた黒い球体の中、自分のお尻の下
辺りから何か音がしたので見てみると、紙があった・・・・・

少女は紙を手にするが、どう読むのかわからないらしく・・・・・)

お兄ちゃん、これなんて読むの・・・・・?

(少しくしゃくしゃになった状態の紙を相手に渡す・・・・・

紙には「aria」と書いてあった・・・・・)

9日前 No.35

鋼鉄の男 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

【???/鋼鉄の男&メカ沢新一バイクモード】

二人して唸っていると
すると少女は突然紙をこちらに差し出してきて、読み方を訪ねてくる。

「うん?見せてごらん」

メカ沢:どれ俺にも見せてみな

メカ沢も混ざりながら渡された紙を見ると英語でariaと書かれていた。

「これはアリアって書いてあるのさ。だけど」

メカ沢:お嬢ちゃんこれ何処で見つけたんだ?

差し出してきた紙についてどうしたのか二人とも気になり
何処で見つけたのか聞く。

>寝ていた女の子、all

9日前 No.36

アリア @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

お尻の下にあったの・・・・・最初からここにあったのかな・・・・・?

(恐らく少女がこの黒い球体の中に寝かされる時に置かれた紙だと思われる・・・・・

何の意図があって置かれたのかはまだわからないが、恐らくはこの少女の名前を示唆する紙だと
思われる・・・・・

となると、この少女の名前は「アリア」となるわけだが・・・・・)

9日前 No.37

鋼鉄の男 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

【???/鋼鉄の男&メカ沢新一バイクモード】

メカ沢:お嬢ちゃんの名前かね?

「どうだろう…でも名前をこれで決めなくて良いさ」

少女の方に向き直り、改めて目線を合わせてしゃがみ

「これから君の名前をアリアと呼ぼうと思うけどどうかな?」

少女の目を真っ直ぐ見据えたままで彼女の返答を待つ。

>アリア、all

8日前 No.38

アリア @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

うん、いいよ・・・・・

(少女は若干まだ緊張気味な様子だが、アリアと呼ばれることを受け入れる・・・・・

これで呼び名に関する問題はクリアしたものの、現状まだまだ解き明かさなければならない謎は
数多くある・・・・・

アリアはなぜここにいたのか、元はどこにいたのか、あの闇がアリアに手を出したのは何の目的が
あってなのか・・・・・)

8日前 No.39

鋼鉄の男 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

【???/鋼鉄の男&メカ沢新一バイクモード】

「じゃあよろしくね、アリア」

メカ沢:よろしくだ、アリアのお嬢ちゃん

鋼鉄の男はアリアの肩に手を
メカ沢はバイク本体の何処からかアームが出現し、アリアの頭をワシャワシャと撫でる。

「でもこの紙以外には何かないのかな?」

謎はまだまだたくさんあるがふと気になったことがある。
彼は渡された紙以外にももしかしたらアリアに繋がる物が他にもあるのではないかと思い
次は装置本体と周辺全てを調べ始めた。

>アリア、all

5日前 No.40

アリア @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

よろしくお願いします・・・・・

(少し緊張が解けたのか、ふにゃりと柔らかい笑みをこぼして上記を言う・・・・・

そして、アリアが眠っていた装置だが、ARIAと書かれていた紙以外には、特に目立った物は
見当たらない・・・・・

まずそもそも、この装置自体は眠る為だけの装置なのかどうかすら、不明である・・・・・)

5日前 No.41

鋼鉄の男 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

【???/鋼鉄の男&メカ沢新一バイクモード】

メカ沢:おっかわいいじゃねぇか、気に入ったぜ

メカ沢は笑顔のアリアのことを気に入った様子。
そして鋼鉄の男は

「この笑顔守護らねば…」

と呟き、邪な欲望を向ける輩から守る決意をした。
そして装置を探索したが期待したような何かが出てくる事はなかった。

「何も無いかとなると」

少なくても彼女に関する所持品は装置自体にはないようだ。
鋼鉄の男自身は機械に対して異常なほどの親和性や適応性を持っているため
装置自体を自らの持つ端末を通して調べてみるかとも考え、自らの娘的存在である
電子の神を呼び出す事べきか悩む。

「この装置自体を更に詳しく調べるならどれくらい掛かるのだろうか?」

この空間自体得体の知れない未知そのものでありどんな存在が潜んでいるのかが判らない。
長時間此処に留まれば何が起こるかも不明でアリアに危険が及ぶのではないかとも思った。
もちろん自身やメカ沢も入れば指一本触れさせるつもりも無いが、それでももしものことがある。

「安全な場所を探すべき…なんだろうな」

少なくてもあの装置に居る内は安全だったのかもしれないが今はそうではない
安全な場所が本当にあるのかは定かではないが探索も含めて歩みを止めるべきではないのか
この場で幼き命が目前にある以上決断する。

メカ沢:どうした?

「この装置を調べたいけど一旦移動しようか?此処も安全か分からないし、寝泊りする場所も探さなきゃね」

ただこの場所は気になるので追跡用のビーコンを装置に付けて場所の位置を把握しておく事に決めたようだ。

>アリア、all

4日前 No.42

アリア @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

お家とかあるのかな・・・・・?

(雰囲気から、恐らくこれからどこかへ行こうとしているのだと理解して、アリアは呟く・・・・・

お家というのは、アリアからすれば眠ったりご飯を食べたりする場所全般を言う感じなのだと
思われる・・・・・

この奇妙な空間のどこかに、安全な場所がまずあるのかどうか・・・・・)

3日前 No.43

鋼鉄の男 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

【???/鋼鉄の男&メカ沢新一バイクモード】

メカ沢:俺は機械の事はさっぱりだし、確かにこんな突っ立っていてもしょうがねぇがいいのか?

「今端末にデータを取ってあるから取れるだけ取って後で解析してからまた此処に来ても良い。
今はアリアの安全とこの空間からの出るための調査を優先するべきだと思う」

スマートフォンのようなデバイスを装置に繋げ、データを取り込んでいる様子を見せた後
その解析を終えた後に必要があればこの装置の元に来ても良いし、そこまで重要じゃないと分かれば
アリアと共にこの空間の探索をすれば良い。
とにかくアリアの安全とこの空間から最終的に脱出を目的とすべきだろうとも伝えた。

「どうだろうね…探してみれば分かるさ」

メカ沢:俺達はともかくアリアさえ休める場所があるといいな

鋼鉄の男は安易にあるとは言わない。無責任な言葉を子供相手でも言うつもりは無く
メカ沢はやせ我慢でもなんでもなく自分達は野宿だろうと何処でも寝られるが
この幼い少女をさせるには余りにも酷というもの、故にそんな場所があることを願う。
いざとなればこの二人がなんとかするだろうが。

>アリア、all

3日前 No.44

アリア @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

鋼鉄の男とメカ沢がアリアの休める場所があればと話していたその時・・・・・

あ、あれ何・・・・・?

(アリアが今にも泣きそうな表情で鋼鉄の男に抱きつき、怯え始める・・・・・

アリアはどこかを指さしており、その指さす方向には・・・・・)

よぉ、目が覚めたみたいだな・・・・・安心したぜ・・・・・?

(鋼鉄の男とメカ沢をもといた世界からこの怪しい空間に取り込んだあの闇がいた・・・・・

闇はアリアと面識があるような話し方だが、アリアの怯え方からして、アリアは闇のことを
知らないようである・・・・・)

2日前 No.45
切替: メイン記事(45) サブ記事 (31) ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。