Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(274) >>

【東方】『東方蘇りし闇夜』【戦闘】

 ( なりきり掲示板(フリー) )
- アクセス(433) - ●メイン記事(274) / サブ記事 (162) - いいね!(0)

語り手 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa


物語の舞台となるのは、東方星蓮船解決後から一週間後の幻想郷。

かつて、スペルカードが制定される前、まだ先代巫女がいた頃。

幻想郷では外の世界から強大な闇の力と幾万もの妖魔の軍勢を率いて幻想郷の大半を瞬く間に支配下に置いた吸血鬼の王にして、レミリアとフランドールの実父。

ヴァルター・D・スカーレット
が存在していた。

彼は当時の博麗の巫女がその命を代償として打ち倒され、地獄へ送り込まれ、幻想郷に攻め入った魔物の軍勢も瓦解し、幻想郷の住人達によってバラバラに各個撃破され、全滅した。

だが、幻想郷の外にある世界では彼が残した闇の軍勢『ノスフェラトゥ』が残っていた。

ヴァルターが残した悪しき軍勢が今、幻想郷を再び脅かそうとしていた……


━━━━━━━━━━━━━
【ルール&注意】

1.本編内で顔文字の使用禁止
2.オリキャラの場合はプロフの投稿をお願いします
3.荒らしや中傷は完全無視
4.ロルは二行以上
5.オリジナル要素強め
6.死ネタやシリアス有り
7.キャラ崩壊有り

メモ2018/12/23 11:14 : 語り手 @mundus★Android-L5vGTYVGqa
この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。
切替: メイン記事(274) サブ記事 (162) ページ: 1 2 3 4

 
 
↑前のページ (224件) | 最新ページ

博麗霊夢 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

辞世の句、ねぇ・・・・・聞いた?紫・・・・・こいつらどこまでも笑わせてくれるわよ!

(霊夢はどこまで耐え切れるかわからないこの状況の中、余裕の表情を未だに浮かべている・・・・・
そして、相手の言葉を聞き、突然「紫」と呟く・・・・・敵からすれば、目の前にいる敵は霊夢のみ
であることから、居場所を特定するのは不可能に近いだろう・・・・・)

《・・・・・ごめんなさいね・・・・・疑ったりして・・・・・》

(力の差があまりにも大き過ぎるズィーベンは、咲夜からすれば化け物と言っても過言ではないほど
の吸血鬼だった・・・・・だが、ズィーベンの妹達を守りたいという純粋な気持ちを、まるで自身
の子供が嘘を言っていないかどうかを目を見て見極める母親のように接し、嘘ではないと判断し、
受け入れてくれた・・・・・咲夜はレミリアやフランドールや紅魔館の住人達だけを守る為では
なく、幻想郷、そしてズィーベンも守る為に勝てない敵に立ち向かっていったのだ・・・・・闇の
世界で長い間光を知ることなく生きてきたズィーベンを、受け入れてくれる者が光のある世界で
生きてきた者の中にはいたのだ・・・・・咲夜が本当にズィーベンのことを受け入れ、疑ったことを
謝った時のことが、走馬灯のようにズィーベンの頭の中を過ぎる・・・・・)

6日前 No.225

悪の子供 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

ズィーベン
「うるさい……うるさいうるさい!!
ぼ……我は悪だ!!闇から生まれた我は悪にしかなれないんだ!!!」
《ギュオッ》
白亜の空間そのものに黒い亀裂が生じ始めるほどの強大な魔力が集束する中、咲夜の言葉が走馬灯のように甦る中で、自分は誰も救えない、誰も守れない、悪にしかなれないのだと、その声を拒絶し、集束させた魔力を一気に濃縮し、直径30mにも及ぶ巨大な魔力の塊に変化させ、この空間そのものを消滅させる事が出来るほどの力を生成する。

6日前 No.226

最高幹部の下僕達 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

クリューガー
「…………?何を言って……」
《グオンッ》

《ドゴオォォォォォォォォォッ》
クリューガー
「ぐがッ……!?ごオッ…………!!!」
《ボッ》
デリンガーが霊夢目掛けて放たった衝撃波が、霊夢の"紫"という言葉に応じるように、彼女を守る結界に触れる直前で横に避けた巨大な裂け目に呑み込まれた次の瞬間、同じくクリューガーの右横から同じスキマが開き、そこから呑み込まれた衝撃波が現れ、クリューガーの体が衝撃波に巻き込まれ、バラバラに引き裂かれて黒い塵となって空中で四散し消滅する。



デリンガー
「…………!!?」
《ガッ》

「……少し遅れてしまったわ。ごめんなさいね?」
《バキバキバキバキバキバキッ》
霊夢に目掛けて放った衝撃波が霊夢の頭上で霊夢の動きを封じるために攻撃していたクリューガーに直撃し、バラバラに引き裂かれて絶命するという、あまりにも突然の出来事を前に動きが止まったデリンガーの頭を、彼の背後から現れた紫が赤鬼のような屈強な姿をしたデリンガーの頭を掴み、その強靭な握力によって彼の頭を握り潰し、あれだけ手強かった二体の者達が瞬く間に葬って見せる。

6日前 No.227

十六夜咲夜 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

《・・・・・十六夜咲夜よ、宜しく・・・・・》

(目の前には力尽きた妹達、頭の中にはズィーベンを優しく受け入れてくれた咲夜・・・・・そして
歪みから生まれる暴走を止められずに更に加速するズィーベン・・・・・咲夜はズィーベンはきっと
本来は優しい子だと確信して受け入れた・・・・・そして、初めて優しく接してくれた人間も、恐らく
咲夜が初めてだろう・・・・・その咲夜が、今のズィーベンを見たら何を思うだろうか・・・・・)

6日前 No.228

鬼と鍛冶屋と外来人 @0016zero ★iPhone=FaltxfUX3P

零無「おー痛え! ……チェンジだ勇儀ィ!」
勇儀「よしきた!」
そこからの行動は早かった。 零無が岩の大剣を生成し、勇儀と場所を入れ替わるように走り抜けると、勇儀は右の拳に妖力を込めてアイヒマンの顔面目掛けて振り下ろし、零無はエッガースの毒液を大剣で受け止めてから霊力を込めた尖った岩をエッガースへと撃ち放つ!

この異変で初めて逢った割には外来人と鬼とで素晴らしいコンビネーション力を敵味方問わず見せつけた



深广「何!? ブラームス……!」
ドライの鎌により首を切断されて殺害されたブラームスを見て、次いでドライへと怒りの形相で睨み付けながら大槌を構えた
深广「アンタが原因か……ならば此処でアンタを叩きのめして、川魚の餌にしてやろうか!?」
深广は構えた大槌を上段に構え、ドライの頭部へと怒り任せに大槌を振り下ろした

6日前 No.229

博麗霊夢 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

でも遅れた分の仕事はやってくれたようね?

(非情な敵が無数にいるこの戦場において、紫と霊夢は敵を瞬く間に二体も倒しておきながら、平然と
いつもの雰囲気で会話をしている・・・・・だが、二人の間には確かに敵を倒したことによる喜び
の感情があり、それはお互い同じだった・・・・・・)

6日前 No.230

最高幹部の下僕達 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

エッガース
「…………!?
ぐげッ………!!!」
《ドズッ》
勇儀を追い詰めているため、零無に対してまるで警戒していなかったのか、エッガースは零無が生成した岩石剣によって毒液が防がれ、その後直ぐ様彼の放った霊力を込めた尖岩がエッガースの腹部を、体を覆う外骨格もろとも貫かれ、心臓を貫かれた事でクリューガーやデリンガーと同じように黒い塵となって崩れ、消滅していく。



アイヒマン
「…………!!!」
《ゴシャッ》
右手を潰されたことで零無に対する反応が遅れ、勇儀と入れ替わる事を阻止できず、勇儀の放った妖力を込めた右拳がアイヒマンの顔面を捉え、全身からナイフのような刃を生やし伏せごうとするものの、刃が全て粉砕されるとそのままアイヒマンの頭が消し飛ばされ、エッガースと同じく黒い塵となってバラバラに消滅していく……

6日前 No.231

死神 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

死神 ドライ
「クックックッ………」
《ドゴオォォォォォォォォォッ》
ドライと名乗る細身の男は、まるで避ける素振りが無く、目の前でブラームスが葬られた事で深广が振り下ろした半鬼の豪腕と大槌による一撃が直撃する……だが、ドライの顔面には怒りを込めた深广の一撃でさえ容易く無力化させるほどの恐るべき硬度を有した魔力装甲によって受け止める。



死神 ドライ
「面白い事を言うなァ?
オレは死神だぜ?」
《ググググググ……》
あろうことか、そこから更に深广の振るった大槌を大鎌を持っていない左手でゆっくりと大槌を押し始める……魔力装甲の硬度、腕力の両方においてこれまで深广の戦ったあらゆる敵対者を遥かに凌駕した途方もない実力を有しているのだと言うことが推し測れる……
彼は"死神"、無慈悲な殺戮を繰り返す死の象徴。
故にそんな自分を叩きのめすと言う深广に対して冷笑を含んだ言葉を告げる。

6日前 No.232

悪の子供 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

ズィーベン
「…………これで終わりだ。
何もかも無駄に終わるんだ………」

集束させた、この空間全域をまとめて消滅させる事が出来るほどの巨大な破壊エネルギーの塊を放とうとするものの、再び咲夜の声が脳内に蘇るものの、彼はその声を振り払うように、これで全てが終わるのだと呟く……

6日前 No.233

博麗霊夢 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

・・・・・どうやら、あっちも終わったようね・・・・・

(勇儀達の方も敵を葬り去って片付いたことを知る・・・・・そして「別の場所から感じれる気配、
一つは敵、もう一つは深广・・・・・早い内にそっちの方も片付けた方が良さそうね、これ以上
犠牲者を出したくないし・・・・・」と言い、その後に「紫だけ先に深广の援護に行ってくれる?
私はここで勇儀達からちょっと聞きたい話があるの・・・・・」と言う・・・・・)

5日前 No.234

闇への愛情 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

《ごめんなさい・・・・・》

ぎゅっ・・・・・

(ズィーベンが自分を巻き込んで全てを終わらせようとした次の瞬間、幻覚か否か、半透明の咲夜の
姿が目の前に現れて、ズィーベンに優しく抱きつく・・・・・誰からも愛されず、誰からも親しく
されず、闇の世界で光を知らず、ヴァルターの子供としてレミリアやフランドールとは全く異なる
環境で生まれ育ち、愛情とは無縁の孤独も同然な生き方をしてきたズィーベンに、まるで愛情を
注ぐかのように、ごめんなさいと呟いた・・・・・温もりがある、決してそれは、返り血を浴びた
時に感じる生暖かさではなく、愛情から感じられる温もり、抱かれた時に感じられる温もり、その
温もりはズィーベンを攻めることなく、優しく包み込む・・・・・ズィーベンは何も悪くない、
少しだけ闇の世界にい過ぎただけ、日常が暗闇に覆われていただけ、ならばそこに一筋でもいい、
光を注いであげればいい、ただそれだけの話だった・・・・・)

5日前 No.235

Nosferatu最高幹部 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

5日前 No.236

悪の子供 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

ズィーベン
「ぐっ………う…………うぅぅぅ…………!」

後は集束させた破壊エネルギーの塊を地面に叩き付ける、或いは少しでも衝撃を加えるだけで、レミリアとフラン、そして自分を、この空間もろとも跡形もなく消滅させる事が出来るようになっている……

だが、ズィーベンの後悔と罪悪が生み出した幻覚や幻惑か……咲夜の声と温もりを感じた事で、まるで闇から生まれた闇の存在、悪の道しか進めぬ筈の自分を赦し、まだ光の道を目指せるのだと示すかのように聞こえると、ズィーベンの両目から涙が止めどなく溢れてくる……

特に悲しいわけじゃない。
自分でもどうして涙が止まらないのか、その意味も理由もわからない……左腕で涙を拭い取ろうとするものの、幾ら拭っても拭っても止まらない……それはまるで長い年月をかけて作り出された心の氷が溶けているかのように……

5日前 No.237

博麗霊夢 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

・・・・・最速で倒すべき敵達に気を取られて、肝心な奴を忘れていたわ・・・・・こんなところは
まだまだ私も、博麗の巫女である以前に人間なのね・・・・・

(そう言うと、霊夢はバルタザールへ「私達は負けるわけにはいかないのよ、厄介なアンタ達虫けら
を一匹残らずに完全排除してやるわ・・・・・幻想郷で好き勝手暴れ回った代償はアンタが思って
いる以上に大きいわよ・・・・・?」と言い、戦闘態勢に入る・・・・・)

5日前 No.238

闇への愛情 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

《貴方は自分でも気付かない内に自分を責めている・・・・・今までずっと頑張って生きてきたの
だから、もう自分を責めなくてもいいんじゃない・・・・・?時間はかかるかもしれないけれど、
私達は貴方を家族として迎え入れるわ・・・・・だからもう、自分を責めないで・・・・・貴方は
死ぬことで楽になれると思っているかもしれないけれど、貴方を必要としている家族はここにいる
から・・・・・》

(どれだけ力に差があろうと、ズィーベンは咲夜に勝てないだろう・・・・・それは戦闘能力等の
問題ではない、闇に光を注ぐことができる咲夜と、今まさに長年の闇から開放されようとしている
ズィーベン・・・・・気付かされたズィーベンは、咲夜には勝てないのだ・・・・・ズィーベン
自身も見つけられずに掴めなかった光を、咲夜は与えた・・・・・それだけでもう力の差以前に
咲夜は強い、人間は強いのだと思い知らされただろう・・・・・きっと、レミリアが言っていた
ことは、こういうことなのだろう・・・・・力の差をわかっていても諦めずに戦うところは、人間
の悪い部分でもあるが強い部分でもある・・・・・そういうことなのだ・・・・・)

5日前 No.239

鬼と鍛冶屋と外来人 @0016zero ★iPhone=FaltxfUX3P

零無「……テメェがどれだけの実力があるか知らねえが、鬼に大妖怪に博麗の巫女までいて、瀕死だが時止めとかいう馬鹿みたいに強い能力持ちのメイドもいて随分と余裕だな?」
4人の配下が倒されて尚もバルタザールが笑っているのを見て、割と呆れたようにバルタザールにそう言いながらいつでも放てるようスペリオルカノンの準備をしておいた



深广「な、何……!? 半分いえどあっしは鬼だぞ……!?」
まさか己の怪力さえ物ともせず、剰え押し返すドライに内心焦りながらもなんとかしようと妖力を更に高めて押し潰そうと躍起になった

5日前 No.240

最高幹部 バルタザール @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

5日前 No.241

死神 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

死神 ドライ
「おいおい、これで本気かァ?
なら……もう楽しめなさそうだな?」
《スッ》
ドライは深广をも上回る、尋常ならざる怪力により、左腕一本で深广の振るった大槌を受け止め、あろうことかその大槌を掴んで大槌の動きを封じ込めながら、右腕に持った巨大な大鎌をまるで深广に誇示するかのように大きく振り上げる……

5日前 No.242

博麗霊夢 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

・・・・・想像以上ね、厄介だわ、本当に・・・・・

(霊夢はバルタザールの攻撃から身を守る為、仲間達の身を結界で守ると同時に、もしものことを考え
紫のことも紫が攻撃できるタイミングを見計らって結界を解除する為に貼る・・・・・霊夢は、弾幕
を放つ準備をする・・・・・)

4日前 No.243

悪の子供 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

ズィーベン
「…………………………。」
《グオンッ》

自分をズィーベンは咲夜の声を聞いて、例えこれが自分の幻聴に過ぎないのだとしても、これは自分のレミリアとフランを傷付けてしまった後悔と罪悪感が生み出したものに過ぎないのだとしても、これもまた自分が望む一つの考え、つまり意思であるのだと確信する。それなら……より自分にとって悔いの残らない選択をしたい。

人間の、幻想郷の可能性を信じ、集束させていた莫大な魔力を変換させた破壊エネルギーの塊である薄紫色に輝く光球を自身の魔力に戻し消し無言のまま佇む……

4日前 No.244

鬼と鍛冶屋と外来人 @0016zero ★iPhone=FaltxfUX3P

零無「……!? スペルカード発動! 「圧殺『スペリオルカノン』」!」
魔法陣から巨大な剣を取り出したバルタザールの潜在能力に気付いたのか、スペルカードを発動し、バルタザールへと霊力で作り上げた小石を軸として放たれた斥力場による『見えざる波動砲』を撃ち出した

発動する際手間を掛けるが、威力は魔理沙のマスタースパークをも上回り、幽香の元祖・マスタースパークでやっと相打ちになる程の威力を込めたスペリオルカノンを初手に切る程に、彼に対して僅かな手加減も出来ないと理解していた



深广「何……だと……!?」
此方の大槌を軽々と受け止め、更にブラームスの首を切り落とした大鎌を持ち上げるドライに対して深广は驚愕し、慌てて大槌を残したまま遥か後方に飛んで何処かに身を隠して隙を伺おうとした

3日前 No.245

死神 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

《ザンッ》
ドライが大鎌を振り上げたのを見て、直ぐ様危険を察知し、大槌を残したまま後方に飛んで回避する事を選んだ深广であったものの、ドライが振り下ろした大鎌から放たれた滅紫色の斬撃は深广の真横を掠るようにして通過し、彼の50mもの後方にあった大木が綺麗に縦に切り裂かれ、中心部分を抉れるようにして切り裂かれた事で左右のバランスを失った大木が音を立てて倒れる……



死神 ドライ
「おいおい、武器を置いていくなんざ正気かァ?」

わざと大鎌を余計に高く、見せつけるように振り上げ、回避するための隙を作っていたにも関わらず、狙い通り深广が下がったのを見て、ドライはまるでからかうように自分の武器を置いて避ける事を優先した相手に言う。
だが、彼が終始ニヤニヤと不適な笑みを浮かべている様子から、わざと斬撃を深广に当てずにいたのだと言う事が判明する。

3日前 No.246

Nosferatu最高幹部 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

最高幹部 バルタザール
「いいぞ、その心意気や良し!!」
《バサッ》
霊夢、紫、零無、咲夜と幻想郷屈指の実力者に加えて荒くれ者の多い地底の中でも最強レベルの実力を有する面々に囲まれ、零無の放った魔理沙が模倣したマスタースパークを凌駕する威力の光線が迫る中、バルタザールはまるで今の状況をゲームか何かを楽しむように笑うと、彼の身に付けたマントを大きく翻す……



《ギュオォォォォォォォォォ……》
すると、バルタザールの翻したマントに零無の放った霊力と斥力が込められた投擲にかけられた霊力と斥力といったエネルギーを吸収し、その力を吸収してしまう……
だが、よく見ると、投げ込まれた小石はマントに阻まれ、威力も勢いもほぼ皆無の状態になっているものの、マントに当たり、跳ね返されている。



最高幹部 バルタザール
「どれ……褒美をくれてやろう!!!」
《ゴガアッ》
バルタザールはマントを広げて右手に持った巨大な剣を大きく横に凪ぎ払うようにして振るい、その振るった衝撃が無数の斬撃を伴い、荒れ狂う暴風の如く周囲に広がり、紅魔館の裏庭中の地面や、塀を切り裂き、至るところに小型の竜巻まで生成している。
ゾルガーの技に似ているものの、その威力も規模もまるでレベルが違い、まともに受ければ人間の体どころか妖怪の体でさえ無惨に切り刻まれ、吹き飛ばされてしまうほど……
そして、何よりも恐ろしいのが、これだけの広域攻撃をしたにも関わらず、これは技や能力によるものでは無く、バルタザールにとって、ただ剣を横に振るっただけであるといった、デタラメなパワーを見せる……

3日前 No.247

十六夜咲夜 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

《・・・・・優しいお兄ちゃんね・・・・・》

(そう言うと、咲夜の姿はフワッと消える・・・・・ズィーベンが自分自身のことをどう思っている
かは断言できるほどわからないものの、咲夜がズィーベンに対して抱いている認識は、ズィーベン
は優しいお兄ちゃんというモノだった・・・・・これからズィーベンは、妹達を守る為に巨悪との
戦いを強いられることになるだろう・・・・・だが、今回ズィーベンは勇気付けられたはずである、
きっと、諦めずに立ち向かうだろう・・・・・)

3日前 No.248

博麗霊夢 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

・・・・・っ!!!!!本っっっっっっっ当に厄介極まりないわね!!!!!博麗の巫女の前でここ
まで大暴れしたからには、絶対に地獄に落としてやるわよ!!!!!

ドゴッ!!!!!

(確かにバルタザールは強い・・・・・しかも、敵はバルタザール一人ではなく、無数にいて幻想郷を
襲撃している・・・・・だからなのか、早く相手を始末せねばという焦りが霊夢に徐々に見え始め、
放った弾幕も乱れているように見える・・・・・いつもは冷静な霊夢が見せるこの焦りは、先代巫女
とは違うところであり、博麗の巫女としてのプレッシャーなのだろう・・・・・)

3日前 No.249

鬼と鍛冶屋と外来人 @0016zero ★iPhone=FaltxfUX3P

深广「嘗めやがって……ふん! そんなガラクタまた造れば問題ないし、それにあっしは刀鍛冶も営んでいる! そこまで辿り着けば此方のもんでさあ!」
後方の木が倒れ、それを避けながらドライに聞こえるような大声で叫ぶように言いながら自分の鍛冶場の方角へと走り



零無「ば……馬鹿な!? 畜生!」
スペリオルカノンをいとも容易く受け止められた挙句、とんでもない竜巻を前に零無は霊力を最大限まで使って厚い壁を生成するも、すぐに突破されて紅魔館の正門側の方へと吹き飛ばされた
勇儀「な!? 零無が飛ばされちまった!」
竜巻を何とか避けつつも、アイヒマンと互角かそれ以上に上回る実力で対処していた強者と思われる零無が飛ばされたのを見て驚愕した

2日前 No.250

死神 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

死神 ドライ
「ククク……何をしても無駄だぜェ?
なにせ……この俺は"死神"だ。
死は誰にでも訪れる。人間にも妖怪にもなァ!!」
《ザッ》
里にある自分の加治屋の元にまで走り出した深广を見て、左手で受け止めていた彼の大槌を傍に放り出す。すると、大槌が地面に落ちるとその大槌が持つ質量から、周囲に地鳴りのような衝撃が走り、微かに地面が揺れる。そしてそれを合図とするかのように、ドライは一瞬にして深广の目の前にまで移動して見せる……
深广の頭二つ分ほどの長身である事からドライの姿はまるで眼前に立ち塞がる、紛れもない"死そのもの"であるようにさえ見える……
そして彼の目の前にまで移動すると手にした大鎌を大きく振り上げ、今度は逃がさない、回避もさせない。確実に彼を切り刻むべく大鎌を振るおうとしたその瞬間………



《ドガガガガガガガガッ》
突如、ドライの右横の方から色とりどりの無数の弾幕が迫り、不意を突かれたドライに直撃すると、彼の体が揺らぎ、微かに隙が生まれる。

1日前 No.251

最高幹部 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

最高幹部 バルタザール
「ハハハハハハハッ!!良いぞ良いぞ、直ぐには逃げ出さないその勇気、素晴らしい!最高だな!!」
バルタザールの放った、たった一振りで周囲の大気すら掻き乱す強烈な斬撃によって零無を正面門に向けて伸ばした弾き飛ばすと、バルタザールは高らかに笑いながら、精神的負担から、命中精度が低下しながらも弾幕を放ち続ける霊夢の弾幕を霊力吸収効果を持ったマントを左手で端を摘まみ、翻す事によって全て吸収していく。
零無の放ったスペリオルカノンでさえ容易く吸収した事から、外部から霊力や魔力を使った攻撃や技は通用しないのだと言うことが明白になる……
そんな中、右手に持った剣を大きく振り上げ、館目掛けて振り下ろす。



最高幹部 バルタザール
「だが、この館は邪魔だな!」
《ガラガラガラガラガラ……》
バルタザールが振り下ろした斬撃は飛行するなかで減衰するどころか、逆に巨大化し、館の一角を綺麗に切断すると、そのまま遥かに空の彼方にまで飛んで行く……
切り裂かれた館の一角が瓦礫の山となって崩れ、その中にいた妖精メイド達が館の倒壊に巻き込まれ、数々の備品と共に押し潰されていく……
妖精達の中では手足や体の一部を押し潰されただけで、辛うじて生きている者達がいて、その妖精達の苦痛の叫びと呻き声が悲しく周囲に響いている……

何の躊躇いもなく殆ど関係の無い館の者達に対しても、ただ戦闘の邪魔になると言うだけで、破壊し、大勢の者達に恐怖と苦痛を与えている事からバルタザールは明るく笑ったり、楽しそうに話してはいるものの、彼の心は根本からねじ曲がっており、虐殺や破壊さえ手段の一つに過ぎないのだと言うことがわかる………

1日前 No.252

博麗霊夢 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

人は誰しも、目の前で悲惨な光景を目にすることは人生で必ずあるだろう・・・・・それは、博麗の
巫女と言えでも例外ではない・・・・・いや、寧ろ博麗の巫女だからこそ、悲惨な光景を目の当たり
にすることが多いだろう・・・・・そして人間は、何も出来ない自分を責めるのだ・・・・・それは
博麗の巫女ならば、尚更・・・・・

《・・・・・どうして何もしていない者達が、ここまで傷付けられなければならないのか・・・・・
何故私は今の攻撃を何とか防ぐことが出来なかった・・・・・?少し考えれば、紅魔館をこいつが
攻撃することくらいすぐわかったのに・・・・・妖精メイド達がここまで傷付くことは無かった
はずなのに・・・・・》

プチンッ・・・・・

後悔の念から、霊夢の何かが切れた・・・・・

ドオォッ!!!!!

(霊夢はバルタザールの目の前に猛スピードで移動すると、顔面目掛けて人間とは思えないほどに
かけ離れすぎている尋常ではない力で殴りかかり、もう片方の手で弾幕を撃つ・・・・・霊夢の
目はもはや相手をただ殺すことしか考えていないのか、殺気しか感じられない・・・・・)

1日前 No.253

最高幹部 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa


「結界の展開が間に合わなかった……
…………霊夢!?」

紫は先程の一撃によって発生した竜巻を相殺し、防御を展開していち早くバルタザールの初撃を防いでいたものの、やはり周りを助けたり守るまでには手が回らず、館が破壊され、大勢の妖精メイド達が死亡してしまった事に悔しそうに歯軋りをするものの、まるで弾丸の如く弾かれたかのように飛び出した霊夢を見て、無策でツッコンデモ勝てないと、慌てて制止しようとするものの、止めきれずにいる。



最高幹部 バルタザール
「ハハハハハハハッ!!
霊力を伴った攻撃など俺には通じ……
………………ごはッ!!?」

霊夢が自分の方に向かってくるのを見て、マントを翻し、弾幕を吸い取り無力化させているものの、接近してきた霊夢が纏っているのは、霊力でも魔力でも無い、また別のエネルギーであり、それを吸収する事が出来ずに霊夢の二倍以上はあるバルタザールの巨体に霊夢の拳がめり込み、バルタザールの体が大きく揺れるが、また倒れるほどのダメージにはなっていない。

1日前 No.254

博麗霊夢 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

そのまま立ってなさい、まだ倒れてもらっちゃ困るわ・・・・・

ゴッ!!!!!

(バルタザールが攻撃を受けて体が大きく揺れたその瞬間・・・・・そのわずかな隙を突いて再び
強い一撃を入れる・・・・・そして、さらにもう一段階攻撃として発火付を貼る・・・・・霊夢は
バルタザールが許せない、だがそれ以上に目の前の沢山の生命を救えなかった自分自身が許せない、
霊夢はまるで体が勝手に動いているかのようにバルタザールを絶対に殺す勢いでいる・・・・・
さっきまでは何人も相手にしていたからか、敵の行動を先読みしても他の敵にその隙を突かれて
攻撃される確率が高かった・・・・・だが相手が一人ならば、比較的簡単になる・・・・・霊夢の
眼に迷いは無かった・・・・・)

1日前 No.255

鬼と鍛冶屋と外来人 @0016zero ★iPhone=FaltxfUX3P

勇儀「れ、霊夢の奴は一体どうしちまったんだい……? あの男をあそこまで殴り続けるなんて……」
巫女であっても唯の人間が、怪物並に強い男を一方的に攻撃し続ける様子に勇儀は唖然としていた……



紅魔館の正門まで飛ばされた零無は全身を竜巻によって切り刻まれるも、庭の方で残っていた霊力を利用して上手く着地した
零無「くっ……霊力装甲を満足に展開出来ねえ……どうやら彼奴のマントに何か細工がされてんだな……?」

霊力を枯渇して尚もその場から立ち上がると、バルタザールの攻撃により倒壊する紅魔館を見て拙いと感じたのか、倒壊する紅魔館の中へ能力を使用して一直線に飛び、途中瓦礫に潰されそうになった2匹の妖精メイドを見かけて咄嗟に小脇に抱えて通過、再び霊夢達の元へと合流するものの……

零無「……どういう状況だ? 説明しろスキマ」
先程猛威を振るったバルタザールを霊夢が殴りつける。 その光景に思わず紫に聞いていた



深广「くっ……あっしの天命、最早これまでか……!」
鍛冶場まであと少しの所で突如ドライが目の前に現れ、大鎌を振り上げる姿を見て半端諦めかけた時……ドライの右側から弾幕が放たれ、ドライが怯んだ隙を見て彼の体を両腕で掴むと力任せに自分の後方へと投げ飛ばした
深广「誰だか知らないが助かった……! 今のうちだ!」

1日前 No.256

最高幹部 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

最高幹部 バルタザール
「…………ぐ……お………」
《シャッ》
バルタザールは霊夢からの連撃を受け、発火符が貼られる中でもバルタザールは右手に持った剣を横に払うようにして振り、反撃しようとする。霊夢は連撃を加えてダメージを与え続けているものの、バルタザールの攻撃の威力自体は変わっておらず、まともに受ければ霊夢の体など豆腐を切るかのように容易く切り裂かれてしまうだろう……

1日前 No.257

スキマ妖怪 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa


「この力はまさか……」

鬼気迫る様子でバルタザールへ次々と連撃を加え、ダメージを与え続けるその様子を見る中で、感情の変化と同時に急激に力が上がったその様子から、かつて先代巫女がヴァルターを追い詰めているときに見せたあの時の様子と重なって見えている。




「……私の予測だとあれは代々博麗の巫女にのみ伝わる秘技"夢想転生"だと考えているわ。」

そんな中で、正面門から妖精メイド二人を助け出して駆け付けた零無を見て、霊夢の様子と、博麗の巫女の血を継ぐ者にしか使うことが出来ない秘技、"夢想転生"であると推測して応える。だが、その正体については紫にもよくわかっていないため、あくまで推測でしか無い……

1日前 No.258

死神と現人神 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

早苗
「そこの貴方!とーっても運が良いですね!
守矢神社が風祝であるこの私が助けに来たからもう安心ですよ!」

弾幕を放ったのは妖怪の山の山頂に外の世界から湖や神社ごと転移してきた現人神である早苗。彼女はドライの実力について全く知らないためか、勝ち誇った笑みを浮かべながら、幻想郷中が混乱に包まれている中で自分の名前と所属を強調するように言う。
こんな状況である事を活かしてこの異変解決後に知名度を上げようとしているものの、異変そのものの危険度や脅威について正しくわかっていないようにも見える。



死神 ドライ
「ヒヒヒ……また死体が増えちまうなァ?」

ドライの方には早苗の弾幕直撃によるダメージがまるで無く、深广に投げ飛ばされた時も即座に空中で体勢を立て直して着地しており、細身で長身な体を猫背に、ユラリと二人に向かって振り返り、耳元まで避けているかのように口を曲げた事でその口内にあるズラリと並んだナイフのように鋭い牙が覗いている………

1日前 No.259

博麗霊夢 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

まだ反撃できるほどの元気はあるようね・・・・・

ドガッ!!!!!

(反撃できるのであれば、その反撃できる力も消してやろうと言わんばかりに霊夢はバルタザールの
右手に凄まじく強い力で蹴りを入れる・・・・・本来人間ならば足の骨が折れてもおかしくないと
思われるが、今の霊夢はまるで人間とは別次元の生物のように力が跳ね上がっている・・・・・
バルタザールの剣を持つ右手に入れた蹴りは、今までの攻撃と同様に人間では到底出せるはずが
無い力で入れていた・・・・・更には相手の胸、首、顔と、次々と普通ならば急所である場所への
集中攻撃を絶やさない・・・・・バルタザールは、怒らせてはならない人間を怒らせてしまった、
最も怒らせてはならない人間を・・・・・)

1日前 No.260

最高幹部 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1日前 No.261

博麗霊夢 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1日前 No.262

鬼と鍛冶屋と外来人 @0016zero ★iPhone=FaltxfUX3P

零無「夢想封印は前に見てたから知ってるが、夢想転生なんてのもあったのか……」
零無が今の霊夢の怒涛の攻めに感心してる中、勇儀はふと疑問に思った事を紫に聞いてみた

勇儀「あんだけ凄い技があるなら、どうして色んな異変の時に使わなかったんだい? 出し惜しみする余裕なんて無かっただろう?」
勇儀の疑問も分からなくもない。 それだけ強い技であるならば、使える時に使う方が良いのではと零無も思ってしまったのだ……



深广は早苗の明るい声を聞くと其方の方に向き、早苗の姿を視認すると言った
深广「有難いな早苗さん、だが気をつけた方が良い……」
空中で体勢を立て直すドライを見ながらも、ドライが立て直す間に鍛冶場から取ってきた刀を鞘から抜いて下段に構えた

深广「彼奴……あっしよりも遥かに強いんでさあ……二人掛かりでなんとかするしかないと思うぞ」

1日前 No.263

最高幹部 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

最高幹部 バルタザール
「………………これが博麗の巫女の力……か。」
《ドゴオッ》

怒りと後悔に突き動かされ、バルタザールに猛攻を加えて大ダメージを与え、トドメとして放たれた霊夢の踵落としがバルタザールの心臓部分に向けて直撃し、周囲には生物の体の衝突とは思えないほどの轟音が響き渡る……



《グググググ……》
最高幹部 バルタザール
「最高だな!まさに予想以上だ!!
切り刻む前に受けてみようと思ったが、予想以上にダメージを受けてしまったな!」

だが……あれだけの猛攻が直撃したにも関わらず、踵落としを放った霊夢の右脚をバルタザールは掴み、ゆっくりと体をお越しながら立ち上がる……
彼はあれだけの霊夢の猛攻を受けながらも、ほとんどまともにダメージを受けておらず、内臓や体内へのダメージが繰り返されたにも関わらず平然としている。
彼の種族は不明であるものの、再生したり、回復した様子はまるで無かったものの、元々不死身とも思える生命力や耐久力でも有していたのか吐血さえしていない事から、彼を殺しきることは愚か、致命傷さえ与えるに至っていない………



最高幹部 バルタザール
「楽しませてもらった礼をしよう!
これはほんの俺からの気持ちだ!是非受け取ってくれ!」
【変歪「トランスファメェィシャン」】
《ズズズズズズズ……》
バルタザールが手にした剣が次第に無数の棘を兼ね備えた棍棒に変形し始める……そして、霊夢の右足首を掴んでいるバルタザールの握力と腕力は今の霊夢の力さえも完全に上回っているため、純粋に力付くで振り切ることは不可能、かと言って弾幕を放てばマントに全て吸収されてしまうと言う、あまりにも絶望的な状況に追い詰められている。
霊夢の足首を掴んでいる力から察するに、今バルタザールの一撃をまともに受けてしまえば、半ば覚醒状態にある霊夢でさえ一撃で絶命してしまうほどのパワーを有していると思われる……

1日前 No.264

死神と現人神 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

早苗
「嘘……ヤバいそうな奴だと思ったから結構本気で撃ったのに無傷だなんて……」

深广がドライに面と向かって加治場から回収した刀を構える中、ドライと深广の二人から20mほど離れた場所にいる早苗は、完全な不意討ちでさえまともにダメージを与えられなかったドライの強靭さに驚き、思わず言葉が淀んでしまう……



早苗
「…………だけど私は負けませんよ!
力を借りなくても大丈夫です!安心して下さい!
何と言っても私は守矢神社の風はh……」
《ゴオッ》
一番弱そうだと判断したのか、それとも直感的に早苗が特殊な性質の能力を持っていることに気が付いたからなのか、出鼻を挫かれたものの、自信満々に自分の名前と所属を露骨にアピールしようとしている早苗の背後に一瞬にして回り込んだドライの大鎌が早苗の首を跳ねようと振るい、その凶刃が早苗の首筋に迫る。

1日前 No.265

鬼と鍛冶屋と外来人 @0016zero ★iPhone=FaltxfUX3P

零無「ヤベェ……!? スペルカード……は、間に合わねえ! だったらこれだァ!」
一度スペルカードを取り出して宣言しようとする素振りを見せたが、直ぐにスペルカードを手放し、能力でその場からバルタザールの方へと勢いよく弾け飛び、渾身の飛び膝蹴りをバルタザールの顔面を狙って放つ



深广「甘いぞ! あっしもいる事を忘れるな!」
ドライの大鎌が早苗の首を狙って振るわれるものの、その凶刃を霊力を流した刀が受け止めてガキィッ! と火花を散らして鍔迫り合いを起こし
深广「自らの所属を名乗るのも結構だが、相手はまるで死そのものみたいなもんだから気を抜きなさんな!」

1日前 No.266

死神と現人神 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

死神 ドライ
「ヒヒヒ……い〜い反応だなァ?
死を前に足掻く奴の最期の輝きと言うのは俺ァ好きだぜェ?」

早苗の首を跳ねるべく振るわれたドライの大鎌と早苗を守るために振るった深广の刀が激しい火花を飛び散らせながら鍔迫り合いをしていく中、こうして真っ向から向き合って改めて、ドライからはまるで何の力のオーラも感じられないものの、彼が有している魔力は紛れもない化物クラスであり、二人がかりで戦っても勝てるどころか、逃げ切ることでさえ困難なまでの理不尽なまでに強大な力が刃を通じて伝わって来る………



早苗
「すみません……あ、ありがとうございます……
死そのもの!?し、死神って奴ですか!?」

慌てて感謝のドライから離れるものの、逃げる中で聞いたドライを"死そのもの"と形容した深广に、体内で霊力を練りながら再び回り込まれないようにドライを見据えながら、彼の黒で統一された服装や武器、桁違いなまでに強大なその力から、死神なのかと問いかける……

1日前 No.267

博麗霊夢 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

・・・・・!

(とても人間とは思えないほどの猛攻を繰り返し、少しは希望が見え始め、夢想転生について勇儀達
が紫に聞き始めた次の瞬間・・・・・霊夢はバルタザールに足を掴まれ、更にはこのまま攻撃を
まともに受けてしまうことが約束されたも同然な絶体絶命の状態に追い込まれる・・・・・だが、
霊夢はここで諦めるような人間ではない、それは先代巫女だってそうだった・・・・・・己の死を
恐れずに力の差がある者へと立ち向かう勇気、それが先代巫女や霊夢が持つ人間の強さの一つ、
だが先代巫女はその強さを持ったが故に消滅してしまったのもまた事実・・・・・だが、今回の
異変がこの少人数程度で終わるものではないとわかっている霊夢はここで死ぬわけにはいかない、
幻想郷を守る博麗の巫女として使命を果たすまでは、死んでも死にきれないだろう・・・・・霊夢
は何を思ったのか、弾幕と見た目はあまり変わらないが、弾幕よりも色が透き通るように白く、
それでいて白いオーラを纏ったような、どこか神秘的な弾を右手で作り出す・・・・・)

7時間前 No.268

最高幹部 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

《ドガッ》
最高幹部 バルタザール
「ハハハハハハハッ!!最高だな!
だが、そう慌てるものじゃないぞ?この巫女の後で遊んでやるから安心しているがいい!」

バルタザールは零無が繰り出した渾身の飛び膝蹴りがバルタザールの顔面に直撃するものの、まるで石を蹴ったかのように、蹴った零無側の膝に激しい痛みが走り、バルタザールの体を覆うようにして魔力装甲が展開されており、見事なまでに防がれてしまっている……



最高幹部 バルタザール
「効かないなぁ?どれ、これで終いに……」
《ギィンッ》

「させる訳……無いでしょうが!!!」

バルタザールは霊夢の放つ純白の弾幕を受けても尚、零無の膝蹴りを防いだ優れた魔力装甲を用いているためか、火力不足か、純粋にバルタザールの魔力装甲が衝撃と威力を打ち消し、まるでダメージが通っていない……だが、霊夢の放った弾幕は吸収されずにいる。そんな中で紫は霊夢の頭部付近に防御魔法陣を展開して防ぐ……
だが、バルタザールの一撃による破壊力は尋常なものではなく、紫が展開した防御魔法陣には早くも亀裂が生じ始めている……

6時間前 No.269

鬼と鍛冶屋と外来人 @0016zero ★iPhone=FaltxfUX3P

深广「そうかい、あっしも好きだね……アンタとは真逆の意味でな!」
鍔迫り合いの中ドライの腹部を蹴って距離を置いて早苗の隣に飛ぶと、隙を見せない構えを取った

深广「恐らくは……死神の類かもしれないな……」
死神の相手などした事が無い深广は、膨大な魔力しか感じ取れないドライに下手すると実態が無いに等しいかもしれないとも思い……



零無「ぐあぁ……っ!? ……っは、いい大人は子供の戯れにも付き合うもんだぜ?」
脂汗をかきながら膝を抑え、バルタザールから距離を取って強がりを見せ
勇儀「こうなったら私もやらせてもらうよ!」
零無の飛び膝蹴りが効かなかったのを見ていながらも、勇儀は鬼の膂力を込めた渾身の右ストレートを零無が飛び膝蹴りを叩き込んだ顔面を狙って放ち

6時間前 No.270

死神と現人神 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

早苗
「死神……こんな邪悪な神様なんて神様と呼ばない!
神様は人間も妖怪も正しく導く存在!
命を奪うだけの奴を神様とは呼ばないんですよ!!」
【秘術「グレイソーマタージ」】
素早く手にした星の形に印を切り、印を切った事で空中に描かれた青白い光が無数の青白く輝く弾幕となってドライに向かって行く。
早苗達は一般的な倫理や常識から外れた事ばかりをしているものの、その行動の基礎にあるのは人々を導く存在としての責任と使命から来ているものであり、神としての責任も使命も持たず、暴力的な力によって破壊と殺戮を繰り返すだけのドライを例え死神としてでも、神と認めるわけには行かず、ドライは死神どころか神としても呼ばないと断言する。

5時間前 No.271

最高幹部 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

最高幹部 バルタザール
「無駄な足掻きを続けるのを見るのも一興だな!
…………ッ!!」
《ビリビリビリビリビリッ》
勇儀の振るった拳に対してもバルタザールは防ぎきれると思い魔力装甲を展開するものの、勇儀の拳がバルタザールを守る魔力装甲と激突すると大気が激しく振るえ、それと同時に周囲に電気が発生し、飛び散る。
勇儀の鬼の中でも最高レベルのパワーを有する存在の拳はバルタザールの魔力装甲を持ってしても完全には防ぎきれず、顔面が吹き飛ぶ事こそ無いものの、バルタザールの体が霊夢から離れる。



最高幹部 バルタザール
「……仕方がない……そんなに遊んでほしいのなら……望み通りにしよう!だが、片手間……だがな!!」
【歪質「ラーゼン・クーゼル」】
《ガカカカカカカカッ》
バルタザールは鼻が折れ、鼻血が出ると右手の人差し指と親指で折れた鼻を力付くで元の形に戻し、折れた鼻を戻す片手間、つまり武器を持っていない左腕の指先に魔力を集中させ、空中で乱反射を繰り返し、鉄板や並みの結界をも容易く貫く威力を有したピンポン玉程の大きさの超密度の魔弾を投げつけ、四人をまとめて貫き葬り去ろうとする……




「……………ッ!!」
《ザッ》
バルタザールの棍棒による強打にも耐えた防御魔法陣でさえ紙切れのように簡単に貫かれると、霊夢を守るためスキマを通じて右手を伸ばし、霊夢を自身の傍にまで引き寄せるものの、その際に紫の右手を乱反射する無数の魔弾の一つが掠り、紫の二の腕が抉れるようにして消し飛ぶ……

5時間前 No.272

博麗霊夢 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

・・・・・はぁ・・・・・はぁ・・・・・!

(霊夢は博麗の巫女であり、常人と比べれば戦闘能力は人間とは思えないほどに、信じられないほど
高い・・・・・だが、それでもやはり人間の体・・・・・突然覚醒した眠っていた力には、当然の
ことながら完全についてはいけない・・・・・しかも肝心の猛攻もバルタザールに致命傷を与える
までには至らず、霊夢は息が切れ始める・・・・・先代巫女も、覚醒した力を完全に使っていた
時はヴァルターとの戦いの終盤であった・・・・・霊夢が最初から完全に使いこなせるような力
ではないのだ・・・・・今度こそ、絶体絶命かもしれない・・・・・霊夢の体力も、段々と通常時
よりも下がり始める・・・・・)

4時間前 No.273

博麗霊夢 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

あぁぁあああぁあああああぁぁっ!!!!!

(幻想郷の為に必死に戦っている仲間達が無残に暴力でねじ伏せられるのが霊夢の眠っていた力を更に
引き出そうとする・・・・・零無、勇儀、紫・・・・・誰もがかなりダメージを負っているのに
必死に戦っている・・・・・ここでもう一度覚醒しなければ、道は途絶える・・・・・だが、これ
以上無理やり力を引き出せば霊夢の体は危ない・・・・・だが、自身の体よりも今は目の前の敵を
完全に消して仲間達を救う、ただそれのみ・・・・・霊夢は、振り切れた・・・・・)

4時間前 No.274
切替: メイン記事(274) サブ記事 (162) ページ: 1 2 3 4

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。