Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(985) >>

【東方】『東方蘇りし闇夜』【戦闘】

 ( なりきり掲示板(フリー) )
- アクセス(1979) - ●メイン記事(985) / サブ記事 (772) - いいね!(0)

語り手 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa


物語の舞台となるのは、東方星蓮船解決後から一週間後の幻想郷。

かつて、スペルカードが制定される前、まだ先代巫女がいた頃。

幻想郷では外の世界から強大な闇の力と幾万もの妖魔の軍勢を率いて幻想郷の大半を瞬く間に支配下に置いた吸血鬼の王にして、レミリアとフランドールの実父。

ヴァルター・D・スカーレット
が存在していた。

彼は当時の博麗の巫女がその命を代償として打ち倒され、地獄へ送り込まれ、幻想郷に攻め入った魔物の軍勢も瓦解し、幻想郷の住人達によってバラバラに各個撃破され、全滅した。

だが、幻想郷の外にある世界では彼が残した闇の軍勢『ノスフェラトゥ』が残っていた。

ヴァルターが残した悪しき軍勢が今、幻想郷を再び脅かそうとしていた……


━━━━━━━━━━━━━
【ルール&注意】

1.本編内で顔文字の使用禁止
2.オリキャラの場合はプロフの投稿をお願いします
3.荒らしや中傷は完全無視
4.ロルは二行以上
5.オリジナル要素強め
6.死ネタやシリアス有り
7.キャラ崩壊有り

メモ2019/05/26 11:28 : 語り手 @mundus★Android-L5vGTYVGqa
この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。
切替: メイン記事(985) サブ記事 (772) ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

 
 
↑前のページ (935件) | 最新ページ

死神 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【博麗神社 境内】


死神ドライ
「き………さまァ………!!!」

ドライの精神の鎖が引きちぎれ、ドライの魂に深刻なダメージを与えた末に、分離に成功し、肉体から強引に引き剥がされたドライの魂は空中でバラバラになって消滅していく……その反面、霊夢の手には多少のダメージを受けてはいるもののちゃんと魔理沙の魂がある。



死神ドライ
『ぎ……ぎイィィィィィィィィィ!!!!』
《ドガガガガガガガガガガガッ》
《ズガガガガガガガガガガガッ》
魂の大半を失った事で理性や知性と言ったものが薄れ、獣のように奇声を発しながら、左手にも大鎌を生成し、両腕でそれぞれ持った大鎌を周囲一帯目掛けて滅茶苦茶に振り回し、その一撃一撃が地面を砕き、下手すれば幻想郷を維持している大結界に更なるダメージを与え破壊しうる程の凄まじい破壊力を持った攻撃を繰り出す……

8日前 No.936

魔眼王と??? @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【異空間】


ズィーベン
『ごめんな……もう……このぐらいの事しかしてやれそうにないんだ……』

ズィーベン
『……兄さんはもう充分に苦しんだ……これで……兄さんを解放してあげてくれ……』

ズィーベンはレミリアとフランの二人を見て優しく微笑んだ後、ゼクトの放つ無数のレーザー群を、銀色に輝く綺麗な球状のバリアで防ぎ、二人の傷と怪我を全快させた上で、ズィーベンの残った全ての魔力を二人へ託し、二人の……いや、三人の力をもって、憎悪と嫉妬に支配された哀れな魂を救って欲しいと言う……
これが、兄ズィーベンとの最初で最後の共闘。
悲しみしか生まない、兄妹同士のこの戦いに、遂に終止符を打つときが来た……!!

8日前 No.937

蘇る巫女 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

・・・・・もはや理性すら失ったただの化け物のようね・・・・・

スッ・・・・・

(霊夢は、自分から魂を取り込んだ結果が、自分をここまで追い詰める形となった哀れで愚かな
死神を見ながら呟くと、霊夢は魔理沙の魂を魔理沙の体に戻し、そして萃香のところへ急いで
行くと「魔理沙のこと、頼んだわ・・・・・決着を着けてくる・・・・・」と言う・・・・・)

レミリア「・・・・・わかったわ・・・・・」

フランドール「・・・・・」

(レミリアは、いきなりこの場に現れたこと、死ぬ寸前の兄ゼクトをまるで迎えに来たような行動を
していること・・・・・このことから、霊夢はズィーベンがどうなったのかを悟るものの、未だ
フランドールは状況がよくわからないでいる・・・・・だが、言葉は届いたようで、フランドール
は攻撃の手を止めている・・・・・)

8日前 No.938

死神 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【博麗神社 境内】


死神ドライ
『ギキキキギィィィィィィィ!!!』
《バキバキバキバキバキバキッ》
失った魂の欠損を埋めようと、背中からも新たに、本来の二本の腕の二倍の長さもある四本の腕を新たに生やし、鋭いナイフのような牙が無数に並んだ口を耳許が裂けるほど大きく開き、吊り上がった両目は瞳が無くなり、不気味な赤い光を放つようになっている。
金切り声のようなものを上げながら、森の木々に潜む無数の動植物達の魂を無差別に奪い回ることで魂の欠損を回復しようとしているその姿はまさに存在そのものが死をもたらす荒ぶる神とも、邪悪な悪魔とも、どちらとでも呼べるおぞましい姿になっている………



萃香
「………わかった、此処は私に任せて、あの化物に引導を渡してやって!」

これまで散々自分がしてきた、魂を傷付け、奪うと言う行為をいざ自分がされると途端にその激痛に耐えられず、理性を失いながらも、無差別に魂を求めて暴れまわるドライ。
彼をここで放っておいても改心する事はない。今のドライは覚醒時の圧倒的な暴力を振るってはいるものの、彼の無敵である由縁だった能力そのものが使えなくなっている。
決着を付けるのならば今しかない、魔理沙の方や、神社の御神木を守ることに専念すると決めた萃香は、霊夢にドライとの決着を託す。

8日前 No.939

託す者と失った者 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【異空間】



魔眼王ゼクト
『憎い……憎い……お前達の全てが憎い……!!!』

フランの放った炎をまるで自身の体の一部のように纏い、もはや骸骨となったゼクトの残骸が、レミリアとフランの二人がズィーベンから託された力と共に、トドメの一撃を放つ事に合わせるように、口内に巨大な目を生み出し、そこへ莫大な闇の魔力を集束させ、同じく最大の一撃を放とうとしている。
次の一撃によって全てが決まる……それが互いに無意識の内に知っているからか、自ずと力を込めている箇所へ魔力が集中していく。



魔眼王ゼクト
『消え……ろオォォォォォォォォォォ!!!』
《ギュオアッ》
ゼクトは口内に集束させた莫大な闇の魔力を巨大な赤黒い光線に変えて二人をまとめて呑み込み、塵一つ残さずに跡形もなく消し飛ばそうとする……

8日前 No.940

蘇る巫女 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

えぇ・・・・・そっちも、気を付けて・・・・・

ダッ!!!!!

(霊夢は理性を失い、特有の能力を使うことさえもできなくなりさっきまでと比べれば戦いやすく
なったドライへと、猛スピードで迫る・・・・・やらなければならないことは二つ・・・・・
一つは、ドライを完全に倒すこと・・・・・そして二つ目は、奪われた動物や植物達の魂や今まで
奪われた魂達をドライを倒すことで前者は開放、後者は安らぎを与えること・・・・・)

レミリア、フランドール「・・・・・」

コオオォォォォォォォ・・・・・!!!!!

ドッ!!!!!

(レミリアとフランドールは、今放つことが出来る最大級の攻撃を、ズィーベンから託された想い
を胸に、放った・・・・・呑み込まれても、放った攻撃が闇を浄化するかの如くゼクトの攻撃を
完全消滅させ、一瞬でゼクトの体を呑み込み、巨大な光となって広がり始める・・・・・)

8日前 No.941

語り手 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【博麗神社 境内】


死神ドライ
『ギイィィィ!!!』
《ヒュオッ》
接近してくる霊夢に対して、背中から生えた長大な腕の一本が手にした大鎌を霊夢目掛けて勢いよく振るい、そのまま霊夢の体を切り裂き、迎えうとする。
霊夢の体に宿った力はそう長くは持たないようで、魔理沙の魂を解放した後から、微かにだが少しずつその力は消えていっている……
ドライの取り込んだ魂を全て解放して撃破するのが先か、それとも霊夢の体に宿った虹色の力が全て消えるのが先か……一刻の猶予も無い展開となっている。

8日前 No.942

託す者と失った者 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【異空間】



魔眼王ゼクト
『………ぐ……あ………がッ………』

ゼクト
「くそ……!こんなところで死ぬのか!?嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ!まだ死にたくない!こんなところで、何も得られないまま死にたくな……」

ズィーベン
「兄さん……もういい……もういいんだ。」

ゼクト
「お前は……ドライ兄さんに殺された筈じゃ……!?」

ズィーベン
「兄さんを迎えに来たんだよ……アハト……いや、レミリアとフランの二人が兄さんの力を削ってくれたお陰でこうして現れることができた。
フンフ姉さんやフィーア兄さんも"向こう"で待っている。一緒に行こう……」

ゼクト
「…………………………………………。
………………もう………戦わなくても……いい………のか………」

レミリアとフランの二人が放った二人の魔力弾がゼクトの放った禍々しい閃光を撃ち破り、ゼクトをその魔力弾から放たれた光によって包み込まれると、そのまま周囲の異空間そのものが光に満たされ、完全に跡形もなく消し飛び、残った魂はズィーベンと共に、フィーアとフンフの二人が待つ、同じ地獄へと落ちていく……
天国に行くにはあまりにも多くの命を奪いすぎた……だからせめて、姉や兄弟と一緒に同じ地獄に落ちて、一緒に罪を償おうとしている。
死して漸く、ゼクトの心は憎悪と嫉妬から解放され、二人一緒に地獄の炎の中へ消えていく………



《パキパキパキパキパキ……》

この異空間の支配者であるゼクトが死亡した事で無数の黒い亀裂が生じ、幻想郷へ戻るための道が見える。

8日前 No.943

蘇る巫女 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

8日前 No.944

死神 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【博麗神社 境内】



死神ドライ
『ギイィィィィィィィ!!!』
《ゴオッ》
幸いにも、ドライの放った一撃は霊夢の体を守るオーラが鎧のような効果を発揮した事でその直撃を受けても人間である霊夢の体がバラバラになると言う事は無く、ただ弾き飛ばされるだけで済む……
ドライは計六本の腕を無差別に振り回し、萃香が防御している御神木を除いた神社の木々を薙ぎ倒し、逃げ惑う動物達をその鋭い牙で噛みつき、或いは切り裂き、その魂を取り込んで行っている……
肉体を失えば、魂は帰る場所を失い、蘇生することが出来なくなる……それを知っていてドライは片っ端から襲いかかっているようだ……

7日前 No.945

抗えぬ絶望 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【紅魔館 中庭】


謎の少年
「おかえり、アハト、ノイン。」

ゼクトとの死闘の果てに、ズィーベンの助力もあってようやく打ち倒し、紅魔館に帰還したレミリアとフランの前に広がるのは、多数の館の住人や、従者達が血を流して辺り一面に倒れ伏す中で、不気味に微笑む白髪赤瞳の少年が一人、館の屋根の上で座って二人を見下ろしている。
周りを見渡すと、何ヵ所か館が切断されたり、切り裂かれた後がある事から、切断系の力が使われた後であるとわかる……
絶望はいつ、どこで現れるのかわからないか故に、避けることが出来ぬもの……今、二人の前には紛れもない"絶望"が存在している。

7日前 No.946

蘇る巫女 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

どうやら理性を失っても吐き気がするような悪意全開の考え方は変わらないようね・・・・・

カッ!!!!!

ドゴッ!!!!!

(霊夢は、これ以上の被害を防ぐ為に辺りの木々や動物達の周りに結界を一気に複数展開し、守り
ながらの戦いを始める・・・・・が、時間は待ってはくれない・・・・・この力がいつ限界を
迎えて消えてしまうかわからない今、早く決着を着けなければ全ての努力が水の泡となって
しまう・・・・・霊夢は、ドライの頭へ踵落としをし、地面へ叩き付ける・・・・・今の霊夢の
力も合わさり、魂を吸収しなければ回復できない状態のドライへはかなり効果的かつ強力な一撃
になる・・・・・)

レミリア「・・・・・っ!!!!!」

フランドール「・・・・・な・・・・・にこ・・・・・れ・・・・・?」

(現実は、時に想像を遥かに上回る残酷さを見せつける・・・・・それが「今この時」なのだと、
二人は実感した・・・・・いや、正しくは「これから実感する」かもしれない・・・・・目の前
に立ちはだかるは、終わりの見えない恐怖、絶望、闇・・・・・これら全てを足したとしても
まだ足りないくらいに思えるほどの奈落・・・・・怒りよりも、これからどうなるのかという
気持ちの方が勝ってしまう・・・・・)

7日前 No.947

死神 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【博麗神社 境内】


死神ドライ
『ギキキキ……ギヒャヒャヒャヒャヒャ!!!』
《シャッ》
霊夢の放った踵落としが直撃して地面に勢いよく激突するものの、首の関節を無視して強引に霊夢の方へ振り向くと、これまた背中から生えた四本の腕達の肘の関節や手首の関節を無理矢理ねじ曲げて霊夢の体を切り裂こうとする……
吸血鬼は再生するとは言え、その痛みは確かに存在している。複数の関節を無理矢理ねじ曲げるなど、常人であれば、いや、高位吸血鬼であっても簡単には出来ない事であるにも関わらず、ドライはそんな事をお構い無しに反撃を仕掛ける。その様子はまさに"化物"と呼ぶに相応しい形相となっている……

7日前 No.948

抗えぬ絶望 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【紅魔館 中庭】


アインス
「ゼクトを殺したんだね?おめでとう。
これで君達は無事に"第一段階"に達成した訳だ!」

ふと、いつの間にか地上に立って周りの惨劇を見ているレミリアとフランから何十mも離れた屋根の上にいたアインスが一瞬にして二人の間に移動し、二人がその動きが察知する事すら許さないスピードで二人の肩に手を置いて"第一段階"に達成したと謎の言葉を告げる。

もし、彼がその気になっていれば、今この一瞬で二人を消し去ることも出来たと思われるものの、それをしないのは、やはり相応の理由があるからなのか……

7日前 No.949

蘇る巫女 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

本当に懲りない奴ね!!!!!

ドガガガガガガガッ!!!!!

(ドライの攻撃は確かに恐ろしい・・・・・関節を無理矢理だが自由自在に曲げては戦闘本能の
赴くままに攻撃を繰り出してくる・・・・・だが、さっきまでの理性を失う前・・・・・魔理沙
の魂をその体内に宿していた時以上に殺意を向けてきていることは明白な為、ある程度の行動は
わかる・・・・・

自身の回復と、霊夢への攻撃・・・・・基本はこの二つ・・・・・)

レミリア「・・・・・第一・・・・・段階・・・・・?」

フランドール「・・・・・」

(レミリアは、アインスのその言葉を不思議そうに呟くが、フランドールは、未だ目の前の惨事が
信じられないのか、唖然としたまま立ち尽くしているだけであり、アインスの話が耳に入って
いるかどうかは定かではない・・・・・)

7日前 No.950

死神 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【博麗神社 境内】


《ザザザザザザザザザザザッ》
死神ドライ
『ギキャキャキャキャ!!』
《ダンッ》
《ヒュオッ》
背中から生えた四本の腕とは別に、元からあった二本の両腕を、まるで脚のように使って、まるで獣ののように地面を勢いよく駆け回り、関節をゴキゴキと鳴らしながら振り回し、凄まじいスピードで霊夢に接近し、背中から生えた長大な腕が持った大鎌を無茶苦茶に振り回して霊夢への追撃を仕掛けようとする。



【投稿箇所を間違えてしまいました!すみません!!】

6日前 No.951

蘇る巫女 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

くっ・・・・・そっちがそう来るならこっちは・・・・・

ドォッ!!!!!

(鎌が近くまで迫ってきていたその時・・・・・霊夢は、自身の力を刃物のような形にして具現化
させると、ドライの持つ鎌へ向けて放つ・・・・・鎌が砕ければ、今より少しは戦いやすくなる
だろう・・・・・)

【大丈夫ですよ!】

6日前 No.952

抗えぬ絶望 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【紅魔館 中庭】



アインス
「自己紹介が遅れたね、僕の名前はアインス。
ヴァルターが生み出した最初の子供……と言えばわかるかな?」

2人の肩に手を置いたまま感情の読めない笑みを浮かべて、まだ周りの状況を呑み込めていないフランと、自身への警戒をしているレミリアの二人に対して、自分の名前と、ヴァルターによって生み出された最初の子供であると言う。
アインスからはこうして零距離でいるにも関わらず、ドライと同じように、自身の気配を完全に消す技術を身に付けているようで、何の邪気も魔力も感じられない……
周りの惨劇にたいして、自分は何も関係無いと言わんばかりに、何の興味も感心も抱いているように見えない。

6日前 No.953

覚醒の姉妹 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

レミリア「なるほど・・・・・長男様自らがお出ましってわけね・・・・・で、どうする気?私達
をそっち側に引き入れようって魂胆・・・・・?」

フランドール「・・・・・」

(アインスの正体がわかったところで、レミリアは自分達をどうするつもりなのかを聞く・・・・・
「第一段階」という言葉からするに、自分達姉妹が秘めたるその力を更に覚醒させる為の手順だと
思われるが・・・・・)

6日前 No.954

死神 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【博麗神社 境内】



《ギイィィィィィィィィィィンッ》
ドライが振るった大鎌が霊夢の霊力から生み出された刃によって防がれるものの、大鎌は一本だけではなく、三本の腕それぞれが持っており、その三本の鎌が一斉に霊夢目掛けて振るわれる……
まだ大鎌の一本も破壊できていないため、鎌を砕いて戦力を低下させると言う目的もまだ果たせておらず、このまま行けば八つ裂きにされてしまうだろう……

6日前 No.955

蘇る巫女 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

ガッ!!!!!

何の防御もしないとでも思った・・・・・?

(霊夢は、普段よりも更に数倍強力な結界を作り出し、ドライの猛攻を防ぐ・・・・・いつこの力が
尽きてしまうかわからない中での賭けとも言えるような力を駆使した攻撃と防御・・・・・しかも
理性を失っても残虐性はそのままの死神を相手に戦うのはかなりの苦戦を強いられる・・・・・)

6日前 No.956

抗えぬ絶望 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【紅魔館 中庭】


アインス
「……引き入れる?惜しいね、少し違うよ。」
《ゾクッ》
アインスの薄ら笑いの下から、ほんの微かにだが彼の本心である悪意と邪念の片鱗が強烈な悪寒となって二人の体を駆け抜ける……
その瞬間、アインスの手が乗せられている二人の肩が何の前触れもなく削り取られ、悪寒の走る二人の体を、激しい痛みと共に発生した焼けるような熱が襲い掛かる……
その一瞬、感じられたアインスの魔力は、覚醒し、不死の怨霊となりつつあったゼクトや、あの強敵バルタザールですら比較になら無いほどの力が感じられた……

6日前 No.957

アハトとノイン @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

レミリア「なっ・・・・・!?」

フランドール「あっ・・・・・」

(レミリアは、突然の不意打ちとも言えるような出来事に対して対処できずに、そのまま痛みに
耐え切れずに地面に膝をつく・・・・・

が、フランドールは違った・・・・・攻撃を受けた場所を、少し声は出たもののただただ見つめ、
まるで痛みや熱を感じていないかのような謎の反応・・・・・

フランドールは時々、自分自身でさえもわからない何かに乗っ取られたかのように、その狂気を
露にすることがある・・・・・

これも、その狂気の一つなのかもしれない・・・・・)

6日前 No.958

抗えぬ絶望 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【紅魔館 中庭】



アインス
「僕は父さんとは少し違う価値を君達に見出だしたんだ、このまま一緒に来てもらおうか?」

アインスは薄笑いを浮かべたまま指を鳴らす。その次の瞬間、二人の体を漆黒の鎖が拘束し、二人の身動きを封じ、自分を含めた三人の前を軽く指でなぞるような動きを見せる。すると次の瞬間、何も無い筈の空間に縦に亀裂が生じ、縦に開いたスキマのように開き、その中からは何処までも漆黒の闇が広がる異空間がその姿を現す。

6日前 No.959

アハトとノイン @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

レミリア「どこまでも愚かね・・・・・私達は連れ去られても、絶対にアンタ達の思い通りになる
と思ったら大間違いよ・・・・・」

フランドール「・・・・・」

(無口になったフランドールとは対照的に、レミリアは例え連れ去られても、アインス達の思い通り
にはならないと断言する・・・・・だが、断言は絶対的な決定事項ではない・・・・・ただ言葉
に出しただけの悪足掻きに過ぎない・・・・・)

5日前 No.960

抗えぬ絶望 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【紅魔館 中庭】



アインス
「いやに強気じゃないか?
うーん、確かに向こうで下手に暴れられても困るしなぁ。それなら、ついでにもう一つ教えてあげるよ。」

アインス
「これが誰だか見覚えはあるかい?」
《ズズズズズズズズッ》
アインスはこうして漆黒の空間へ引き摺り込み始めたにも関わらず、まるで相変わらずニコニコと作り笑みを張り付けたまま、両手を合掌させて少し力を念じると、暗紫色の小さな水晶のようなものを生成し、二人の方に向かって飛ばす。
すると、その水晶の奥には、美鈴や咲夜など、この館にいた者達が、何処か暗い洞窟のような場所で黒い十字架に黒い鎖で張り付けられており、その下には無数の黒い骸骨達が気を失った館の住人達に向かって這い上ろうと蠢いている……



アインス
「これから……少しでも抵抗するようなら、一人ずつ君達の目の前で殺していく。それでも別にいいと言うのなら放っておいても構わないけど、この亡者達に喰われた者は魂さえ残らない事を忘れないでおいてくれよ?」

アインスはこの紅魔館を壊滅させた際に、レミリア達と特に親好のある者達を選んで拘束し、人質にしていたのだと言うことが判明する……どこに拘束されているのかはわからないものの、もしアインスがズィーベンやゼクトのように固有空間を生成する事が出来るのであれば、もはや此方から助けに行くことは不可能……
純粋な力でも二人を一瞬で消し去れる力がありながら、こうして人質と言う手段を使う辺り、彼がヴァルターの子供である事がまざまざと思い知らされる……

5日前 No.961

死神 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【博麗神社 境内】


死神ドライ
『ギキャキャキャキャ!!!』
《キュオッ》
《バリバリバリバリバリバリバリッ》
霊夢の展開した結界が三本の鎌を防ぐものの、ドライは大きく口を開き、その口内から赤黒い電撃を放ち、霊夢の展開した結界の全方向から強烈な衝撃を加えると共に、霊夢が回避しようと下手に結界を解けばその瞬間全方位からの電撃を受けるようにまで逆に追い詰めている。
磨耗した精神と魂が受けたダメージによって理性を失えど、余分な要素を除き、純粋な殺意の化身となった事でその戦いはいっそう激しいものへと変化している……

5日前 No.962

アハトとノイン @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

レミリア「っ・・・・・!!!!!どこまでも卑怯ね・・・・・わかったわ、抵抗はしない、アンタ
の言う通りにする・・・・・」

フランドール「・・・・・」

(下手に相手を挑発するようなことを言えば、それも言葉の抵抗とみなされ大切な家族が消されて
しまうかもしれない・・・・・この上なく恐ろしい不安感に駆り立てられるものの、レミリアは
抵抗はしないことと、アインスの言う通りにすることを約束する・・・・・

これで家族を身の危険から少しでも遠ざけられるのであれば、どんな拷問でも受け入れる、拷問
ならば過去にヴァルターから死ぬほどされた経験がある・・・・・良くも悪くも、過去の拷問経験
がここで耐性として役立つかもしれないチャンスという、何とも複雑な話である・・・・・)

霊夢「私は何も考えずにただ防御をするような巫女じゃないのよ!!!!!」

ゴァッ!!!!!

(霊夢は、結界へ流れてくる強力な電撃を逆に利用することで、自身の力を相手への攻撃として
逆流させる・・・・・物凄い勢いで流れてくる力は、徐々にドライの体の所々を焼き尽くして
ゆく・・・・・)

5日前 No.963

抗えぬ絶望 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【紅魔館 中庭】


アインス
「……うーん、ちょっと刺激が足りないみたいだね?それなら……"見せしめ"が必要だね?」
《パンッ》

妖精メイド
「………!!?
あ……あぁぁぁぁぁあああぁッ!!!」
《ゴリッ ガリッ バリバリバリッ》
人質があるにも関わらず、レミリアとフランの二人の反応が思ったよりもつまらないと言う理由でゆっくりと両手を合わせると、水晶が5m以上もの巨大なシャボン玉のように膨れ上がると、その中では拘束された妖精メイドの一人を縛る黒い鎖が消えて、無数の亡者の群れの中へ落とされ、耳にこびりつくような激しい断末魔をあげながら、レミリア達の目の前で無惨にも食い散らかされて行く……




アインス
「あっはははははッ!
見てよほら、妖精にも痛覚ってあったんだね!
ちゃんと意識を奪っておいた筈なのに一瞬で目を覚まして苦しんでいるよ!
………あ、」

アインス
「あー、楽しかったからあと五、六人ぐらい落とそうか!」
《パンッ》
アインスは妖精メイドの断末魔を聞いて、腹をかかえて大笑いすると、次々と拘束された妖精メイド達を亡者の群れの中へ落とし、二人の目の前で彼女の従者達を次々と惨殺していく……
あのままでも充分に連行する事が出来たにも関わらず、ほんの気紛れで他者の命を奪い続けるその姿はまさに、あのヴァルターを想起させるに充分な要素になっている………

4日前 No.964

死神 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【博麗神社 境内】



《バチバチバチバチバチッ》
霊夢には相手の技を跳ね返すような力や技は無い……得意の結界術によって辛うじて防げてはいるものの、時間と共に失われ行く霊夢の力では結界を突破されるのも時間の問題となってしまっている………



博麗幻影
『チマチマ守っていても仕方がないだろ?こう言う時は……一気に吹き飛ばせばいいんだ!!ほらアタシの力も貸してあげるよ。』
《ゴオォォォォォォォォォッ》
霊夢の傍で腰まで伸びた紫色の髪をして、霊夢の付けているものと似た赤いリボンを付け、巫女服を着た女性……顔はよく見えないものの、その女性は霊夢の右肩に左手を乗せると、霊夢へドライの放つ電撃を一瞬にして消し飛ばして更にダメージを与えることが出来るほどの強力な霊力を貸し出す。

4日前 No.965

アハトとノイン @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

レミリア「っ!!!!!・・・ぁ・・・・・ああ・・・・・確かさっき・・・・・魂すら・・・・・
残ら・・・・・ないって・・・・・」

(レミリアは、永い間忘れかけていた闇の支配や絶望を、本格的に思い出し始める・・・・・そう、
こんなだった・・・・・全てを闇で覆い尽くす絶望は・・・・・

アインスが言っていた「亡者は魂すら残さずに全て喰らい尽くす」ことは、嘘ではないのだと
わかる・・・・・

何故なら、アインスからはあの男・・・・・ヴァルターと同じモノを感じる・・・・・相手を
絶望に突き落とすならば絶対に容赦はしないあの男と同じモノを・・・・・

レミリアの体は震えるが、それは自分ももしかしたらこうなるかもしれないという恐怖から来る
震えではない・・・・・

元々は根本的な元凶はスカーレットの血を引く自分自身にある・・・・・今までフランドールを
ずっと守れなかったりしたのも、今回の異変も・・・・・咲夜達は従者ではあるが、こんな無差別
かつ残虐極まりないことに巻き込まれる必要は無い・・・・・そう、本来ならば赤の他人、この
惨劇に巻き込まれていいはずがない・・・・・

問題は全て自分自身にあるのだと、確信する・・・・・

この震えは、自分達に関わらなければ命を落とすことが無かったのだという、自分自身を責め、
無力さを怒り、悲しむ震えだった・・・・・)

霊夢「・・・・・誰かはわからないけど、感謝するわ・・・・・」

(霊夢は一瞬、何が起きたのかわからなくなるものの、大体の予想はできた・・・・・これは恐らく
さっきドライに魂を食われた時同様、誰かが味方してくれているのだろうということ・・・・・
霊夢は感謝の気持ちを述べるものの、心の中はもっと感謝の気持ちを述べたい感情で溢れていた、
だがその気持ちを表す一番の行動は、今目の前にいる死神を授かったこの力で打ち倒すことだと
悟ると、霊夢は攻撃に出る・・・・・)

バァンッ!!!!!

(突如として、ドライの攻撃を凄まじい光が消し去ると同時に、体全体に拳の跡が付くほどの
強烈なパンチを入れる・・・・・

しかもそれは、わずか一瞬の出来事であり、ドライをそのパンチの威力で数メートル後ろまで
飛ばす・・・・・)

4日前 No.966

抗えぬ絶望 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【紅魔館 中庭】



アインス
「あははははは!いいね!その顔!
プライスレスな絶望顔!最高だよ!!」

アインス
「そう、例え妖精でもアレに喰われたら魂の一欠片も残らない。君達のせいで、ああなったんだ。さぁ……帰ろうか。光の無い深き闇の底へ………」

"誰かが助けに来てくれるかもしれない"、"自分が捕らわれれば他の者には害が及ばない"、"隙を見て反撃のチャンスが出来るかもしれない"と言った希望をまとめて踏み潰し、レミリアの微かな希望を一瞬にして奪い去って行く………

亡者達に喰われてしまった妖精達はいずれも、妖精メイド達の中でも特にレミリアやフランと交流があり、一緒に話したことや、誰も来なくて暇な時に一緒に少し遊んだり、色々な事を話した仲が良い妖精達であった……
もう彼女達がレミリアとフランの前に現れる事は無い……死の間際に、もしかしたらレミリア達が助けに来てくれると信じていたのかもしれない、だが……今となってはもう、亡者の海へ消え、その姿すら見えなくなっている。

そんな絶望の中、アインスは漆黒の闇の中へと消え、レミリアとフランの二人も一緒に闇の中へ引き込んでいく……

4日前 No.967

死神と??? @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【博麗神社 境内】


死神ドライ
『ごがッ……ギギ………!!』
《ドゴオッ》

死神ドライ
『グギギギギギ………!!!』
【惨鎌「生命を狩り取りし黒刃の嵐」】
《オォォォォォォォォォォォォォォォォォォォッ》

ドライは理性や知性が欠如し始めているにも関わらず、まだ技を使えるようで、霊夢によって殴り飛ばされた箇所の再生を始めながら、六本の腕が持った大鎌を頭上高く放り投げ、空中に浮いた大鎌が増殖と分裂を繰り返しながら、空中を変幻自在に動き回り、幾千もの黒い旋風となり、周囲一帯にある全ての生命を切り刻む黒い嵐となり、霊夢と萃香どころか、神社の周囲一帯にある全ての生命を殲滅する事が出来る圧倒的な攻撃範囲と刃の数を持って全ての命を奪おうとする。



博麗幻影
『はぁ……ちゃんと一芸で決めなさいよ。仕方がないから今回だけは私の力も貸してあげるわ。悪意に満ちた攻撃なら、ソイツで全部まとめて消し飛ばせる筈よ。』

放たれたドライの生命を奪う大技が繰り出されると、今度は先程のドライの電撃を打ち消した時に力を貸した者とはまた別の巫女の声が霊夢の後ろから聞こえ、その次の瞬間、霊夢の中に、ドライの放った数千もの……いや、未だに増殖と分裂を繰り返し、もはや数えることですら億劫になるレベルの莫大な数になったドライの"大鎌達だけ"を跡形もなく消滅させる事が出来る、新たな力を霊夢に貸し与える。

4日前 No.968

アハトとノイン @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

レミリア「・・・な・・・さい・・・・・ご・・・・・め・・・・・なさい・・・・・」

フランドール「・・・・・」

(レミリアは、目が虚ろになり、涙を流しながら若干俯いて、助けられなかった妖精メイド達に
決して届くことのない謝罪を繰り返す・・・・・

フランドールは顔に影がかかり、同じく目が虚ろになっている・・・・・

二人とも、まるで人形のように抵抗すらしなくなった・・・・・)

霊夢「・・・・・かなりの圧だけど・・・・・わかったわ・・・・・」

(自身が背負っているのは、今の幻想郷の未来だけではない・・・・・先代の博麗の巫女達の想いも
背負っているのだと実感する・・・・・

霊夢は、自分が今放つことが出来る最大級の一撃を、ドライへと放った・・・・・)

カッ!!!!!

(辺り一体が、眩いばかりの白い光に包まれて、強大な闇を打ち消そうとする・・・・・ドライの
持つ鎌の全ては、光に呑まれると跡形も無く消し飛んでゆく・・・・・)

4日前 No.969

死神と??? @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【博麗神社 境内】



死神ドライ
『!!?!?』

霊夢達を仕留められなくとも、周囲の生命から命をかき集めれば充分に魂を回復できる事から、薄れた理性と知性とは対照的に増大した悪意に基づき、霊夢達に向かった刃だけでなく、神社一帯の森そのものを更地に変え、近辺にいる配下の魔物や、動植物を皆殺しにしようとしていたところに、霊夢の放った光によって神社一帯の森も綺麗な橙色の光に包まれ、ドライの放った技が跡形もなく消える。




博麗幻影
『ほら……今ならアイツを倒せる筈よ。
……今度こそしっかりと決めてきなさいよ?』
《オォォォォォォォォォォォォォォォォ……》
あの二人とはまた違う巫女の声が霊夢の耳に届き、その声が共に、今度はドライと、ドライに捕らわれた魂を全て浄化する博麗の巫女の力が与えられる。
そして、その声が届くと同時に、ドライとの戦いで疲労していた霊夢の体中の傷や、覚醒によって無理矢理抑え込んでいたダメージや疲労も全て回復し、万全のコンディションとなる。これで死神との戦いも終わりを迎えるだろう……

3日前 No.970

蘇る巫女 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

・・・・・感謝してもし切れないわ・・・・・ありがとう・・・・・

(自分は守る立場であるものの、今はこうして先代達によって逆に守られている・・・・・ここまで
強大な悪を前にしても、もう恐怖や絶望は無い・・・・・

どれだけ今この時、先代達によって勇気づけられたことか・・・・・)

戦いはもう終わりよ、アンタは今まで罪も無い多くの命を無差別に奪ってきた・・・・・そろそろ
今までの「ツケ」を払ってもらうわよ・・・・・?

ゴォッ!!!!!

(今の霊夢自身の力、先代達から借りた力、全てが合わさる・・・・・そしてそれは、死神を倒す
ことだけを目的としていなく、ドライによって囚われた魂達全てを開放させることも含まれて
いる・・・・・

巨大な力の塊が、球体の形となってドライの方へ猛スピードで飛んでくる・・・・・)

3日前 No.971

死神との決着 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【博麗神社 境内】


死神ドライ
『ギイィィイィィィィイィィ!!!』
《シャッ》
ドライは向かってくる球状の力の塊を見て、回避は出来ないと悟り、最後の悪足掻きとして六本の腕それぞれに新たに魔力によって大鎌を形成し、奇声を発しながら、霊夢の放った力の塊を切り裂き、迎撃しようとする。
数多の命を奪い、多くの悲劇を生み出した死神に終わりをもたらす時が訪れた。今こそ死神が死をもって贖う時が来たのだろう……

3日前 No.972

蘇る巫女 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

ズズズズズズズズ・・・・・!!!!!

(永い年月の中、多くの命を無差別に奪い続けてきた死神の最後の攻撃を、力が凝縮されたその球は
受けるも傷一つとしてつかず、逆にドライを押し潰そうと一気にのしかかる・・・・・

今度は、死神が死の恐怖を味わう番なのだ・・・・・)

3日前 No.973

死神との決着 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【博麗神社 境内】


死神ドライ
『グゲギキキ……ギキィィ!!!
ギギャアァァァァァァァァァァッ!!!』
《ジュワッ》
ドライは自身の振るった鎌が力の塊に触れた途端、跡形もなく浄化されると、六本の腕でなんとかその光球を抑えて押し返そうとするものの、その力に込められているのは霊夢一人だけのものじゃない……初代を除いた、全ての博麗の巫女達の力が合わさったものであり、何処まで行っても一人だけのドライではとても対抗できる筈もなく、霊夢の放った光球に成す術もなく押し潰され、浄化される事で断末魔をあげながら、光に呑み込まれていく。
闇に閉ざされた幻想郷の中で唯一、博麗神社周囲だけが一時だけとはいえ、虹色の綺麗な光に包まれ、ドライの中に捕らわれていた魂達が浄化して解放され、静かに幻想郷の空へ登り、消えていく………



【これにて、vs死神ドライも終了しました!】

2日前 No.974

蘇る巫女 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2日前 No.975

@mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【博麗神社 境内】



萃香
「今の力はまさか………」

萃香
「……そう、彼女達もこの幻想郷を滅茶苦茶にされるのは気にくわなかったみたいね……?」

ドライの放った赤い雷撃を打ち消し、無数の凶刃だけを消滅させ、捕らわれた魂を浄化して解放する力に、こうして幻想郷の自然や結界を再生させる力……このいずれも、萃香は遠い昔に知り合った歴代の博麗の巫女達の力を想起させるものばかりで、驚いていたものの、ドライが幻想郷を本気で破壊しようと暴れ回っていた事から、眠っていられなくなり、霊夢の体を通してその力を行使していたのだと気付き、気を失ったままの魔理沙の深く切り裂かれていた首の切り傷を回復させる中、そう呟く。

霊夢の体は完全に回復してあるものの、ドライの魂が赤黒い渦に吸い込まれるようにして地獄へ落ちていく中、役目を果たした歴代の巫女達の力も薄れていく。
あとは"霊夢一人に任せる"と言うことだろうか……

1日前 No.976

蘇る巫女 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

そりゃあそうでしょ・・・・・あんな自分の好き勝手に命を奪いまくる奴等なんかに、幻想郷を
荒らされたら・・・・・

(霊夢も、自身がドライを倒した時に持っていた力がどんどん薄れ、本来の自分の力に戻りつつある
ことに気づいていた・・・・・あとは、霊夢自身が仲間達と未来を切り開く・・・・・今の幻想郷
を守るのは今の幻想郷の住人達・・・・・

いつまでも、力を貸してもらうわけにはいかない、さっきの力は、もういない者達から一時的に
借りた力なのだから・・・・・)

1日前 No.977

@mundus ★Android=L5vGTYVGqa

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1日前 No.978

博麗霊夢 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

・・・・・とうとう、今まで以上に本格的に動き出したようね・・・・・あれごと簡単にぶっ潰せる
ような力があれば、誰も傷つかないで済むのに・・・・・

(力というものは、ハッキリ言って簡単に使いこなせるものではない・・・・・力を持っていても
気づかない者もいれば、力を制御し切れずに自滅する者もいる・・・・・霊夢だってそう、自身の
限界をも超えた力が諸刃の剣となることを想定しながら最終決戦に備えている・・・・・そして
その時は今・・・・・遂にやって来た・・・・・

力についてはよく知っている博麗の巫女だからこそ、敵を簡単に潰せる力が手には入らないことを
わかっていることを言葉に出したのだろう・・・・・)

1日前 No.979

破壊を司りし巨兵 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【博麗神社 境内】



《バリバリバリバリバリ……》
《ズガアァァァァァァァァァッ》
《バキバキバキバキバキバキバキッ》
上空に悠然と浮かぶ巨大な魔城ゲヘナを見上げる霊夢の後ろ、幻想郷の一角の山々へ闇の天幕の一角から紫色の雷が落ち、激しい地響きと共に山々が一斉に一ヶ所に集まり、融合し始め、上半身だけしか無いものの、それでも雲を貫き、見上げるように巨大な黒い岩石の巨人に変化していく……
姿を顕すは、全長数千mを超える巨大な黒い岩石の巨人であり、その巨大な魔像からは万全時のドライや、あのバルタザールにも相当する力……"最高幹部"クラスの途方もない力が感じられる。

放たれし第一の矢は巨大な黒い岩石の巨人。
そこからは、特には索敵などに注力していなくとも、放っておけばそのまま幻想郷が滅ぼされてしまうであろう途方もない闇の魔力を充分に感じ取ることが出来る……

1日前 No.980

博麗霊夢 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

いきなりここまでの奴を相手に戦うのは・・・・・気が遠くなりそうね・・・・・

(感じられる力や、その信じられないほどの巨体・・・・・何より、敵の本拠地を前にしてこの
巨神兵をまずは倒さなければならない絶望感・・・・・

紫から聞いた話通り、敵は攻撃の手を緩めるつもりは無いようだ・・・・・)

1日前 No.981

破壊を司りし巨兵 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【幻想郷 東端の地】


《ゴオォォォォォォォォォォォッ》
《ドゴオォォォォォォォォォォォォォッ》
巨人は遥か古来より、神の敵とされる存在だった……
見上げるように巨大な巨兵、彼はまさにその神の敵である事を象徴するかのように、拳だけでも数百mはある腕を大きく振り上げ、博麗神社目掛けて凄まじい勢いを伴って振り下ろす……
大気の摩擦によって、凄まじい熱量を纏い、まるで巨大な隕石が落ちて来たかのように、表面が赤々と溶岩のようになり、一直線に神社目掛けて落ちてくる……

今の萃香は傷や怪我は治ってはいるものの、慣れない魔理沙の回復もしている事から、体力と妖力を大きく消耗しており、とても戦闘に参加できるような状態ではなく、魔理沙も気を失ったままである事から、この神社内では霊夢以外にまともに戦うことが出来る者はいなくなっている。

20時間前 No.982

博麗霊夢 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

くっ・・・・・!本当に・・・・・厄介極まりないわね!!!!!

カッ!!!!!

(巨大な拳を避けようにも、萃香と魔理沙の二人を連れて避けることはかなり難しい・・・・・
ならばと霊夢は、自身の今もっている力を最大限に発揮して巨大な結界を展開させる・・・・・

もはや、この戦いに至っては運が左右するかもしれない・・・・・)

16時間前 No.983

破壊を司りし巨兵 @mundus ★Android=L5vGTYVGqa

【幻想郷 東端の地】


《ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……》

凄まじい質量を伴った隕石のような巨拳を霊夢はありったけの力を込めた結界でなんとか防いではいるものの、その途方もない重量から、早くも結界に無数の亀裂が生じ始めてしまっている……
このまま行けば、結界が破壊され、その下にいる三人はまとめて押し潰されてしまうだろう。かと言って、下手に反撃や回避に移ろうとすれば、霊力の源である集中力が散漫になり、結界の硬度が低下してしまうだろう……

15時間前 No.984

博麗霊夢 @aria1224 ★Tablet=JsLaq4aYP0

ぐっ・・・・・このっ・・・・・!!!!!

(霊夢の表情には、早くも焦りが見られ始める・・・・・それもそうだろう・・・・・今までの敵達
は、戦いやすくはなくてもここまで途方も無いほどの巨体ではなかった・・・・・

だが、今回は今までとは比べ物にならないほどに、戦いづらい状況に追い込まれている・・・・・

防御だけでも精一杯なのに、ここから更に反撃に出ないと全員潰される・・・・・それは十分
わかっているが、とても反撃に出れるような状況ではない・・・・・

奈落の闇は、すぐそこまで来ていた・・・・・)

3時間前 No.985
切替: メイン記事(985) サブ記事 (772) ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。