Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
切替: メイン記事(1216) サブ記事 (266) ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13


 
 
【ALL】Chrono Crisis【戦闘/シリアス】No.1128 だけを表示しています。

ブリッツガール @sable ★8O0rjcH5GN_8gk

【大統領官邸/シチュエーションルーム/アルカディア・クアドリフォリオ】

軽率極まりない行為に一度は取り乱したアルカディアだが、すぐに我に返って両頬をポンポンと叩く。
顔は火照っているのに手は冷たく、間も無く冷静さを取り戻すことが出来た。すぐにフォルトゥナに目を向け、彼女の言葉に耳を傾ける。
行方不明だった彼女が、歴史是正機構に属していたこと。会話を聞く限り、実の姉であるユーフォリアとの間にも、深い溝が出来てしまっていること。
一家に平和の明かりが灯る日を夢見ていた無垢な少女にとって、打ち付ける雨のような現実はあまりに非情だった。
そしてそれ以上に、フォルトゥナの口から紡ぎだされる言葉が辛かった。不完全な冷酷さの裏に見え隠れする人情。
しかし何故ヴァイスハイトがその対象なのかがわからない。そもそもわからないことばかりなのだが、二人の過去に何かあったと見てよさそうだ。
それを探るべく、対峙する二人の顔を順に見比べる――が、突然の衝撃。腹の中の空気を全て絞り出される。
空気を求めて喘ぎながら、まるで荒波に揉まれたかのように地面を転がる。波動の主はフォルトゥナその人。彼女の瞬歩に伴うインパクトが、小柄な少女をおが屑のように吹き飛ばした。
よろめき立ち上がり、従姉妹を見つめる瞳に浮かぶのは深い悲しみの色。視界を切り裂く剛腕剛撃、拳打の先には傷ついたヴァイスハイト。
明確な原因こそ掴めないままだが、聡明な面を併せ持つアルカディアには理解できた。

ある時を境に、フォルトゥナは孤独の闇に取り残されてきたのだと。

あれは一度安らぎを知ったからこその激情だ。裏切られ、失望し、天を呪った者のみに巣食う魔獣の慟哭だ。
初めから何も持っていなければああはならない。かつては手にしていたからこそ。そしてそれを失い、心の奥底からも消し去ろうと足掻くからこその嘆き。
肉体を切り刻まれるよりも苦痛に違いない。灼熱の中に身を沈めるが如く。凍てついた鋼に舌をあてるが如く。

――しかし、なぜ?

何が彼女をそうさせた?確かに世間が向ける目は厳しく、思慮の欠片もないものだったに違いない。汚職官僚の娘。いつか卑劣な行為に手を染める。
きっと親類ですら肩を持とうとはしなかっただろう。そんな彼女に一時の平穏をもたらし、心の拠り所となった人物がいたとすれば…

「お兄……ちゃん……?」

彼女が勘づくのと、ヴァイスハイトの告白はほぼ同時だった。点でしかなかった疑問と推測の欠片が、急速に結び付けられていく。
語られるは罪の記憶。誰にも打ち明けられなかったが故の重責。肉親の身を案じ、人生を投げ打ってまで義を通した彼の、清廉潔白な人生に潜む影。
いつか償いの日が、向き合うべき時が来るにせよ、これ程までに最悪の形になるとは誰が予想出来ただろうか。
如何なる理由があろうとこれだけは揺るがない。ヴァイスハイトはフォルトゥナを"置き去りにした"。
たった一つの太陽であったというのに、月を照らすことをやめ、永遠に姿を隠してしまった。在りし日のオアシスは枯れ果て、絶望と孤独が支配する荒れ地となった。
そこにただ一人取り残された少女の悲しみと怒りは計り知れない。部外者も同然の身でそれを推し量ろうなど烏滸がましいが、アルカディアは必死にフォルトゥナの気持ちに沿おうとする。
頬を伝う涙は純心の結晶。真に他人の不幸に心を痛めていることの証。思えば、今まで彼女のために温かい涙を流す者などいなかったに違いない。
しかしこれからは違う。彼女は一人ではなくなった。蟠りさえ解けてしまえば、家族と一緒に幸せに暮らす日々が待っている。
ただその解消こそが一番の難題なのだが、血の繋がった者同士であたれば不可能ではないはず。
銃をそっと地面に置き、涙を拭いながら姉の下へと歩み寄る。心の中では伝えたいことが山ほどあるというのに、肝心の言葉にはならない。
涙は堰を切ったように溢れてくるというのに、言葉はこれっぽちも出てこない。何度もしゃくりあげた後に、やっと口を開くも――

「お姉ちゃん、もう――」

途切れる。途中まで紡がれた言葉も雲散霧消、意味を成さない。張り付いた表情は琥珀に閉じ込められたが如く。
ヴァイスハイトは言った。お前を忘れたことはないと。いつか迎えに行くつもりだったと。幸福に導くつもりだったと。字面だけなら至って感動的だ。
しかしこの状況下ではどうだろうか。まだユーフォリアとフォルトゥナの和解も済んでおらず、虚しい言い訳にしかなっていない。
恐る恐る振り向き、この場に集った全員の顔を見る。アルカディアには、どうもこの発言が地雷を踏み抜いたようにしか思えなかった。

>>ユーフォリア・インテグラーレ、フォルトゥナ・インテグラーレ、ヴァイスハイト・インテグラーレ、ダグラス・マクファーデン

2018/04/08 17:14 No.1128

【ALL】Chrono Crisis【戦闘/シリアス】No.1128 だけを表示しています。
切替: メイン記事(1216) サブ記事 (266) ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。