Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(182) >>

【ALL+オリ】未来都市、新たなる物語。

 ( なりきり掲示板(フリー) )
- アクセス(1252) - ●メイン記事(182) / サブ記事 (70) - いいね!(4)

@tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★nneHxsx1su_Ony

西暦xxxx年。某月某日。ある晴れた日の朝。
これはちょっと未来のお話。魔法や科学、能力などが信じられるようになってきた頃。
とある研究所にて――


「今日も新しい能力者や魔法使いが来たな」

「最近、カコというところから移住者が多いですね…」

「カコに何があったと言うのだ」

「移住者も此処数日でかなり増えてます」

「何事もないと良いのだが」


これはそんなちょっとした物語。
運命をあなたは信じますか?


【駄目文すみません;;スレ立て久しぶりな主です。詳しいことはサブ記事にて説明致します】


レス禁

切替: メイン記事(182) サブ記事 (70) ページ: 1 2 3


 
 
↑前のページ (132件) | 最新ページ

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★dtBLEfr4ZX_BRw

【孫悟飯/図書館】


「んー、どうしましょう。とりあえず喫茶店とかでご飯食べませんか?」

良いところが浮かばず腕を組みつつも考えた結果喫茶店という提案になった。案内というより先ずはお腹を満たしてからの方が良いと考えたからだ。食生活を知ってもらう良い経験にもなると思ったためだ。


>卓、いろはたち

【小原鞠莉、黒澤ダイヤ/デパート】

鞠莉「シンプルにお蕎麦とかどうでしょうか」


ダイヤ「わたくしは温かい蕎麦にしますわ」

鞠莉の提案にダイヤも賛成し温かい蕎麦に決定した。鞠莉もざるそばにするらしい。


>ヴィクトーリア

1ヶ月前 No.133

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=Z7SNTwZYqm

【ユーリ・ローウェル/憩いの間】

「お、初めてにしちゃやるじゃねえか…」

俺は手際よくホットケーキを焼くティに対しそう褒めた。そして、俺もさっさとホットケーキを焼くことにした。
と、そこに新たに誰かが入ってくるのに気づいた。

「…ん?なあ、いちか…だったか?こっちに誰かが…」

>>美琴、いちか達、ティ、シュルク、仁


【コックリさん、アレン・アヴァドニア/住宅街】

アレン「ほらー、なのさんすっかり縮こまっちゃったじゃないですか…」

コックリさん「えっ!?俺のせい!?ご、ごめん…」

と、慌ててなのさんに謝るコックリさん。隣では麻衣さんがなにやら呪文を唱えていた。彼女は魔道士か何かだろうか?と考えたがそれはありえないな…

コックリさん「…で、麻衣って奴はなにやってんだ?」

>>なの、麻衣、ALL


【アルル・ナジャ/公園】

「…え?僕の夢?…うーんそうだなぁ…考えたことなかったよ…」

はるかはどうやらプリンセスになることが夢らしい。僕の夢は、と聞かれたが、よくわからなかった…

「ところではるか、ここはどこなの?」

僕は首を傾げてそう問いかけた。

>はるか、ALL


【遅くなって申し訳ありません…】

1ヶ月前 No.134

幻現世の旅人 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★siB5HwVanD_EP8

【図書館/的場卓】

「とは言ってもなぁ…」

現状知っているのはこの図書館、学校、警察署、ホテルくらいなものである。
これで案内と言えるのか

「じゃあ喫茶店から行きましょうか、俺も場所知らないんですよね」

今まではホテルあるいは学校の食堂で食べていたので問題なかったが
喫茶店があるらしく提案した悟飯に乗ることにした。
足早に図書館から出る準備をして

>1146番(いちほ)、0816番(いろは)、孫悟飯、all

1ヶ月前 No.135

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★dtBLEfr4ZX_BRw

【他レスは後程返信があり次第返します】


【宇佐見いちか、白井黒子、御坂妹/憩いの間】

いちか「えっ…?!」


ユーリの一言により振り向いてみては入り口に誰かが「ビール」と言いながら入ってくる。此処には今ほとんど未成年しかいないため案の定お酒はないのだが部屋中に広がる甘い香りならある。


黒子「あの、何ですの?いきなり」

御坂妹「ミサカは驚いただけです、とミサカは理由を述べます」


黒子も御坂妹もきょとんとしており状況に理解不能だった。そのため黒子は何故こうなったのかを突然入ってきた人に告げていた。御坂妹は驚いただけと棒読みみたいな口調で告げていた。そうこうしているうちにホットケーキも何枚か焼き上がっていく。いちかと黒子と御坂妹は仕上げに突入しようとしていた。


>ティ、ユーリ、仁、ALL

【東雲なの、水上麻衣/住宅街】


なの「あなたのせいではありませんよ…!」

麻衣「復活の、呪文」


あわあわとしながらもコックリさんのせいではないと否定するなの。「元気出してください」と少しニコリとしながら告げる。麻衣は無口なためあんまり話さないけれど、一言復活の呪文と説明していた。どうやらゲームの真似をしているらしい。ゲームの場合、呪文が合えば復活出来るシステムだから現実でも通用するかも知れないと考えていた。


>コックリさんたち


【春野はるか/公園】

「えっとね、公園って言って遊び場かなー。」


此処が何処か訪ねられてははるかは公園だと答える。もし違う意味だったら恥ずかしいけれどその時はその時である。そして、別の場所へ移動を提案する。


「お腹空いたなぁ…この近くに何かお店ないかな…」

すると目の前にはファーストフード店があり、アルルに「あそこで何か食べない?」と提案する。


>アルル

1ヶ月前 No.136

白い生き物 @forte10☆NeDCG1Klls. ★LVOUeLULjf_eQU

【1146番(一歩)(「」)0816番(いろは)(『』)/図書館】

「喫茶店…?」

縦横無尽に体内を駆け巡り、外敵を駆除していた二人はそんな休息の場など知るわけもなく、二人して顔を見合わせる。
食事と言うのも一般細胞の栄養摂取のようなものととらえているのかピンとこない様子。

『悟飯…ご飯…?え?同音異義語…だよな?…まぁ、それは良いとして…』

いろはに至っては悟飯とご飯が発音が同じなので混乱している様子だったが、
ふと黙り込み、まるで飢えた獣のように瞳をぎらつかせ始めて

『…どっかに雑菌でも何でもいいから外敵いねぇかな…。
さっきからなんでもいいから食えるもんを貪りつくしたくてたまんねぇ…。
せ…じゃなくて一歩、お前はどうなってる?俺と同じ感覚があるか?』

そう、いろははここで初めて空腹感と言うものを感じているのだ。
その言葉を聞いた一歩の方もそういえば…と言ったような表情でいろはの方を見つめている。
彼も空腹感を感じているようで二人は喫茶店がこの欲求を満たせる場所なのだろうと憶測を立てる。

「悟飯、卓、その喫茶店とやらで飲み食いができるなら是非とも行きたい。」

二人は喫茶店で食事をすれば新しく覚えたこの空腹感と言う欲求も満たせると理解しているようだ。

>孫悟飯 卓

1ヶ月前 No.137

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★dtBLEfr4ZX_BRw

【孫悟飯/図書館→喫茶店】

「では行きましょうか」


皆の意見が一致したところで喫茶店へ行く準備をして整ったところで声をかける。


>卓、いろはたち

1ヶ月前 No.138

ヴィクトーリア・ダールグリュン @infernity☆ABoQ4DiOf0I ★PSVita=A5xQU6QAJN

『デパート/ヴィクトーリア・ダールグリュン』

鞠莉はシンプルに蕎麦にしようと提案し、ダイヤはそれに賛成する。
ダイヤと鞠莉の二人はそれぞれ、温かい蕎麦とざるそばを選んだ。

「では私も蕎麦にさせていただきますわ」

ヴィクトーリアは少し考えたあと、ダイヤと同じく温かい蕎麦を選択した。

>>黒澤ダイヤ、小原鞠莉

1ヶ月前 No.139

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★dtBLEfr4ZX_BRw

【黒澤ダイヤ、小原鞠莉/デパート(和風レストラン)】

ダイヤ「品が来るまで何か話しませんか?」

鞠莉「賛成!」


それぞれ注文を終えたあと何か話さないかと提案する。話題は特に決めてないが鞠莉は賛成していた。


>ヴィクトーリア

1ヶ月前 No.140

幻現世の旅人 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★siB5HwVanD_EP8

【図書館/的場卓】

(此処は突っ込むべきか)

いろはの悟飯と飯についてかけた反応を見て
何か言うべきかは悩んだか結局は何も言わず

「栄養源を摂取するのは実地で体験するからすぐに理解出来るでしょ」

二人とも丁度お腹が空いた様なので、いいタイミングなのかもしれない。

「そういえば俺も喫茶店って行った事ないなぁ」

一先ず荷物を纏めて、というより鞄だけしか持ってきていなかったが
出口に向かいながらそんな事を呟いた。

>1146番(いちほ)、0816番(いろは)、孫悟飯、all

1ヶ月前 No.141

ヴィクトーリア・ダールグリュン @infernity☆ABoQ4DiOf0I ★PSVita=A5xQU6QAJN

『デパート/ヴィクトーリア・ダールグリュン』

「それは良いですね。私もお二人とはお話がしたいと思っていたところですわ」

三人は蕎麦を注文し、注文した蕎麦が来るまでの間何か話そうとダイヤは提案する。
その事について鞠莉も賛成した。
ちょうどヴィクトーリアも二人とはゆっくりと話がしたいと思っていた。

>>黒澤ダイヤ、小原鞠莉

1ヶ月前 No.142

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★dtBLEfr4ZX_BRw

【図書館側のレスは返レスがあり次第返します】


【黒澤ダイヤ、小原鞠莉/デパート】

ダイヤ「では先ず自己紹介から。名前は述べたので他のことを。わたくしは浦の星女学院(高校)三年生で生徒会長をやってますわ。鞠莉さんとは幼なじみですの」

鞠莉「わたしは同じく浦の星女学院(高校)三年生で理事長をしてるわ!帰国子女ってやつね。幼なじみはあと果南もいるわ」


それぞれ自己紹介をヴィクトーリアにする。名前は先ほど告げたのでそれ以外のことを告げ。


>ヴィクトーリア

1ヶ月前 No.143

白い生き物 @forte10☆NeDCG1Klls. ★LVOUeLULjf_eQU

【1146番(一歩)(「」)0816番(いろは)(『』)/図書館→喫茶店】

『もう何でもいいから食えるもん…』

飢えた獣のように目をギラギラさせながら準備の整った悟飯と卓の声を聴いて
共に喫茶店へと向かういろはと一歩。少しでも気を抜いたら唸り声でも発しそうないろはを見つめる一歩は…

「はっぴゃ…いろは、抑えろ…。マクロファージみたいな殺気を出すな。はっきり言って怖いぞ…」

彼も空腹感は感じているのだが、いろはほど顕著に態度には出していない。
しかし、それでも少し苦痛に感じているのか、一歩も時折腹部の胃のあたりをさすっている。

『んなこと言ったってよぉ〜…何か食いたくて食いたくてたまんねぇんだって…!』

しかし、この二人はまだ人間の世界においての重要なことを知らない。
そう、“お金”を全く持っていないし、お金の概念を知らないのだ。

>孫悟飯 卓

1ヶ月前 No.144

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★dtBLEfr4ZX_BRw

【孫悟飯/図書館→喫茶店】

「喫茶店は見えてます。あのビルの地下にあります」

此処に来るときに喫茶店の看板を見つけ帰りに寄る予定だったため変わらない。指差した先には大きなビルがあった。


>卓、いろはたち

1ヶ月前 No.145

幻現世の旅人 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★siB5HwVanD_EP8

【図書館→喫茶店/的場卓】

「漫画とか置いてあるんだろうか?」

喫茶店=漫画喫茶という考えが卓の中に思い浮かぶ。
本格的な喫茶店などは卓は行った事が無い。
単純に行く機会が無かった、というのもあるがお金が無い学生の身である為コーヒー一杯で高い店などとてもではないが手が出せない。
行った事があるのは漫画喫茶ぐらいなものだ。

「へぇ、ここが」

悟飯に案内されいろはと一歩と共にやってきた場所には大きなビルがあった。
確かに看板があり、そこには喫茶店と書いてある。


>1146番(いちほ)、0816番(いろは)、孫悟飯、all

1ヶ月前 No.146

リレイラ @rireiramus ★iPad=IpCS7spAkq

【またまた遅れてしまい申し訳ございませんm(_ _)m
これからはもっとレス返信頻度を上げたいです!】

【ティ/憩いの間】

「ありがとう!えっと、君も……やってみるか?」
少女に褒められたため素直に喜ぶティ。
その表情は、満面の笑みである。
女の子(御坂妹)もやりたい、と言っていたから、やってみてと言った。
この子なら上手に焼き上げてくれるのだろう。

見ると、男性(ユーリ)もホットケーキを上手く焼き上げていた。
「わあ、すごいな……」
自分よりも上手に焼き上げていた男性を素直に褒める。
どんどん焼き上げていって、ホットケーキ作りも終盤に差し掛かってきた。

……と、その時。
「だっ、誰だ!?」
男性の一言、少女の声に振り返ると、
そこにはご機嫌な男性が一人。
しかも「ビール」と言っていて……。
何故入ってきたのか、そして「ビール」の意味も
さっぱり分からなかったティは、珍しく慌てていた。
「あ、あの、君……その、どうしたん……だ?」
状況が理解出来ず、ホットケーキはそっちのけで
その人に聞いたティなのであった。


>>憩いの間All

30日前 No.147

白い生き物 @forte10☆NeDCG1Klls. ★LVOUeLULjf_eQU

【1146番(一歩)(「」)0816番(いろは)(『』)/図書館→喫茶店】

『でっけぇ建物…しかも地下ってことはこれの下に更に空間があるってことか?』

空腹感ばかりに気が行っていたいろはも初めて見るビルに目を見開いている。
そして喫茶店の看板を見て目を輝かせる。これでこの焼けつくような空腹感を満たせると思っているようだ。

「……随分と大きい建物だな…」

一歩に至ってはもう言葉が見つからない様子だ。だが、二人とも図書館にいた時のような不安の色はなく、
初めて見る色々なものにワクワクしている様子だ。しかし、まずは食事をしたいのが本音である。

>孫悟飯 卓

30日前 No.148

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★dtBLEfr4ZX_BRw

【孫悟飯/喫茶店】


「このビルの地下一階にあります」


目の前には地下へと続く階段が見えている。皆が驚くなか悟飯は冷静だった。
たまにだがクリリンのところへ訪れたとき、大都会が広がっていたため慣れていたようだ。悟飯の住んでたところはやや田舎町に近いけれど。
そんなこんなで地下一階にある喫茶店へと到着する。こじんまりとしたお店だ。喫茶「三日月」と書かれた看板の下には扉があり、扉を開けようとしたとき、卓からの質問。
漫画があるかどうか。見た目はごくごく普通の喫茶店のため悟飯はちょっと不安そうに首を傾げていた。
卓の期待に添えられるかわからないからだ。外見からだと漫画喫茶ではない様子だ。


「多分普通の喫茶店だと思いますね…。僕も何せ初めて立ち寄るお店なので」


普段通り過ぎるだけのお店なため、中には入ったことがない。そのため予め理解して貰おうと卓に一言告げ。


>卓、いろはたち


【宇佐見いちか、御坂妹、白井黒子/憩いの間】

御坂妹「では、お言葉に甘えて…」


御坂妹は手順通りに作業をこなしていき、初めてながらも結構うまくホットケーキを焼き上げる。
それを見た黒子も思わず声をあげる。やはり、皆が挑戦しているため自身も挑戦したいと思ったのだろう。


黒子「次はわたくしもお手伝いしますわ」

いちか「皆で作れば楽しいよっ」


周囲には甘いバニラの香りで包まれ気付けば大量のホットケーキが仕上がり。


>ティ、ALL

30日前 No.149

ヴィクトーリア・ダールグリュン @infernity☆ABoQ4DiOf0I ★PSVita=A5xQU6QAJN

『デパート/ヴィクトーリア・ダールグリュン』

「あら、あなた方も幼なじみでしたのね」

ダイヤと鞠莉の二人は幼なじみであり、尚且つ同じ学校に通っているようだ。
学校での二人の役職はダイヤが生徒会長で鞠莉が理事長であるそうだ。
そして、この場には居ないものの、果南という人物も幼なじみらしい。
果南という人物も人物も含めてダイヤと鞠莉が幼なじみだったのは少々驚いたが、
ヴィクトーリアにも幼なじみがいるので何とも不思議な縁である。
彼女達が高校生と言うことは彼女達とヴィクトーリアはほぼ同い年と言うことである。
彼女達は名前以外自分達の事を話す。
ヴィクトーリアも相手と同じく既に名前を名乗っているので、
それは省略し、ヴィクトーリアも自分の事を話す。

「私はインターミドルチャンピオンシップという大きな大会の参加選手の一人ですわ。
最高戦績は都市本戦準決勝三位入賞ですわ」

>>黒澤ダイヤ、小原鞠莉

30日前 No.150

幻現世の旅人 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★siB5HwVanD_EP8

【喫茶店/的場卓】

「あっ、いや悟飯さんに聞いたわけじゃなくて…」

誰に対して聞いた訳ではなく、ふと思って呟いた事を悟飯が自分に聞いたと思ったらしい。
普通の喫茶店だと思うと来た事の無い悟飯が答えてくれたので、慌てて違うと説明する。

「俺も本格的な喫茶店って来た事無いんですよね…」

いざと言う時の好きな女の子を誘う場所として見落としていたというのもある。
今度は入れてみてもいいのかもしれない、とふと思った。

「じゃあ、とりあえず入ってみましょう」

扉を開けて喫茶店三日月に入ると、ドアが開くと同時にカランカランとベルがなる音がした。

>1146番(いちほ)、0816番(いろは)、孫悟飯、all

29日前 No.151

白い生き物 @forte10☆NeDCG1Klls. ★LVOUeLULjf_eQU

【1146番(一歩)(「」)0816番(いろは)(『』)/喫茶店】

『へぇ…雰囲気良いじゃん。』

喫茶店に足を踏み入れたいろはは感心したような声を上げる。

「くつろぐにはうってつけだな。」

一歩も同意見のようで珍しそうにあたりを見回している。
そして、二人の腹から同時に「ぐるぅぅぅ…」と空腹を示す音が聞こえてきた。

「…」

一歩は何となく気恥ずかしい気持ちになり、頬を赤らめてうつむいてしまう。
一方いろははもう我慢できないと言わんばかりに

『ああああ…なんか食うもの…なんでもいいから…』

と、ややぐったりした声色で呟いてうなだれた。
だが、この二人が文無しなのは言うまでもないのだが…

>孫悟飯 卓

27日前 No.152

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★dtBLEfr4ZX_BRw

【黒澤ダイヤ、小原鞠莉/デパート】

ダイヤ「凄いですわね」

鞠莉「三位でも立派です」

三位という立派な経歴を持つヴィクトーリア。二人も凄いと褒める。大会とかあまり無縁な二人にとっても少し新鮮に感じていた。暫くして注文していた蕎麦が来る。


>ヴィクトーリア


【孫悟飯/喫茶店】


「落ち着いた雰囲気の店ですね」

薄暗い店内にぼんやりとした淡い明かり。隠れ家レストラン(喫茶店)みたいな雰囲気だ。店員に席に案内されては椅子に腰をかけてメニューを渡され一目見る。喫茶店なためもちろんコーヒーや紅茶、クリームソーダなどある。フードはナポリタン、オムライス、グラタン、カレー等々洋風メニューが中心である。日替わりランチも500円というリーズナブルな値段である。悩んだ結果悟飯は注文する。


「すみません。カレーセットお願いします。ドリンクはコーヒーで」


普段カレーとかあまり食べないためこういうところならではのメニューが気になったのだ。ちなみにセットメニューはドリンクとサラダ付きである。


>卓、いろはたち

27日前 No.153

幻現世の旅人 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★siB5HwVanD_EP8

【喫茶店/的場卓】

「喫茶店の雰囲気ってこんな感じなんですね」

漫画喫茶とは違い、悟飯の言う通りに落ち着いたような雰囲気である。

「何か落ち着かないな…あんまりこういったところには来ないからか」

慣れていないためか卓は少し落ち着かない。
こんな状態で女の子を誘うなんて出来ないなと思いつつ
いろはやいちほ、そして悟飯たちのような気を使わないで済む人達で良かったと思っていた。

「好きなのを食べるといいよ。お金なら心配しないで」

いちほといろはに対して食べたい物を食べると良いとメニューを差し出す。
幻現世界で相当稼いだので此処でもその通貨が通じるようで
暫くは生きていけるくらいのお金を持っていたのと、これから稼ぎに行くので
多少は奢っても良いだろうという考えのようだ。

「迷うなぁ…じゃあ俺は大盛りのラザニアとミルクセーキであとはチーズタルトもお願いします」

メニューを見ておいしそうだと思った物を選ぶ。
ただどれも美味しそうなのでとても迷ったが。

>1146番(いちほ)、0816番(いろは)、孫悟飯、all

27日前 No.154

白い生き物 @forte10☆NeDCG1Klls. ★LVOUeLULjf_eQU

【1146番(一歩)(「」)0816番(いろは)(『』)/喫茶店】

二人は席に着くとメニューを見てどれにしようかと悩んでいる様子。

『じゃあ俺も悟飯と同じカレーセットで。ドリンクは…ミルクティー!』

早く何か食べたくて仕方ないいろはは悟飯と同じカレーセットを注文し、ドリンクはミルクティーにした様子。

「俺は……このチョコクリームパフェとやらを。飲み物はカフェオレとか言うもので。」

一歩はパフェに興味を示したらしく、カフェオレとチョコクリームパフェを注文した。
二人とも店の雰囲気が気に入ったのか先程よりは落ち着いた様子。
しかし、空腹感には勝てないのか食事をしている他の客たちにチラチラと視線を向けては
ため息をついたり、貧乏ゆすりをしてなんとか二人は空腹を紛らわそうとしていた。

>孫悟飯 卓

23日前 No.155

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★dtBLEfr4ZX_BRw

【孫悟飯/喫茶店】


「やっぱり喫茶店と言ったらコーヒーとか甘い物ですよね」

やはり喫茶店には女性が多く、男性が多いこのメンツは女性客からもチラチラと視線を感じる。女性目線ということもありデザートや野菜中心メニューも数多い。数分後、注文したメニューが彼らの前に運ばれる。

『お待たせしましたー』

「ありがとうございます」

悟飯はペコリと頭を下げては注文した品が全部きたのを確認して「食べましょうか」と告げる。


>卓、いろはたち

23日前 No.156

幻現世の旅人 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★siB5HwVanD_EP8

【喫茶店/的場卓】

「コーヒーとかはあんまり飲まないんでわからないですけど、甘い物はよく置いてありますね」

悟飯の言葉に対して、余りコーヒーは飲まないのだがケーキと言った他にも小倉トーストなどの
卓自身は食べた事が無い甘い物は沢山あるように見えたのでそう答えた。
そんなやりとりやいちほやいろはの様子を見ていたがふと視線を感じると周囲には女性が多い。
好奇な視線もあれば黄色い視線もある。
割合的に美男美女が多いからもあるんだろうが、途端に自分は此処は場違いじゃないんだろうかと思うことと
それによる自分でも分からない黒い感情が湧き上がっていた。
いや敢えて気づかないふりをしていた、それが劣等感や羨望や嫉妬といった物に。

(此処に来るべきじゃなかったのかもしれないな)

そんな事を思ったがすぐに思い直す、そんな感情を抱いてはいけないのだと。
恥ずかしい、とそんな中頼んでいた注文が来る。

「どうも」

そんな考えを中断し、持ってきた人に礼を言う卓。

「そうですね、いただきしょう」

食べましょうかと言われたのでスプーンを取り出して

「他の国は知らないけど俺は食べる時は頂きますと言って食べるんだ。
少なくても親からその親の親からずっと言われて来て教えてもらったことなんだ」

いろはといちほに対してまず食べる前に手を合わせて
頂きますと言ってから食べる事を教えた。
これは日本人である卓からすれば当たり前だが他の国はそもそもあるのかさえ分からない。
教えても正しいかはわからないが、教えておいたほうがいいだろう。

>1146番(いちほ)、0816番(いろは)、孫悟飯、all

23日前 No.157

白い生き物 @forte10☆NeDCG1Klls. ★LVOUeLULjf_eQU

【1146番(一歩)(「」)0816番(いろは)(『』)/喫茶店】

「……?」

なんとなく卓の様子が気になったのか一歩が不思議そうに卓を見つめていた。
そう言えば、なんとなく周りから変な視線を感じるような…

『早く食いてぇ…』

いろははジッと空腹に耐え忍んでおり、注文したメニューが来た途端に目を輝かせた。
そのまま出てきたカレーを食べようといろはがスプーンを掴みかけたところで

“他の国は知らないけど俺は食べる時は頂きますと言って食べるんだ。
少なくても親からその親の親からずっと言われて来て教えてもらったことなんだ”

と、卓から食べる前にはいただきますという言葉を言うことを教えられる。
そして悟飯の“食べましょうか”と言う言葉に二人は頷き、

「『いただきます』」

と声をそろえて言うとそれぞれスプーンをもって食べ始める。

『うめぇ!この辛みがたまらん!何杯でも入るぞこれは!』

と、運動部の学生さながらにカレーにがっつくいろは。女性としてはやや品がない食べ方ではあるが…

「こっちは甘くて冷たくて…この甘酸っぱいものも味が引き立っていて美味しいな…」

と、一歩はチョコクリームパフェにご満悦の様子。果物のことも知らないようだが、それも美味しいと喜んでいる。
二人は初めての人間としての食事に舌鼓を打ちながら夢中になっている。
空腹が満たされていく満足感と食事の旨みにもう食べることに夢中で一歩もいろはも周囲の黄色い視線もとうに忘れている。

>孫悟飯 卓

21日前 No.158

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★9H8uJj6IHs_BRw

【孫悟飯/喫茶店】

「頂きます」


こちらも両手を合わせてはスプーンを取り食べ始める。そして「美味しい」と言う。悟飯も少し周囲を気にしていたが卓の雰囲気で何となく察してはいた。


「美味しいですねっ。好き嫌いとかアレルギーとか大丈夫ですか?」


稀にアレルギー反応する人もいるため今更ながら確認する。好き嫌いも一応確認し。


>卓、いろはたち

20日前 No.159

幻現世の旅人 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★siB5HwVanD_EP8

【喫茶店/的場卓】

いろはといちほの食べる姿を確認してからラザニアを口に入れる。

「!」

おいしい。
本格的な喫茶店だと此処まで美味しいのか。
此処しか知らないから比べようが無いものの
卓は悟飯と同じ意見だった。

「俺は特に好き嫌いもアレルギーは無いんで大丈夫です」

悟飯の好き嫌いやアレルギーに関して聞かれたので
特に無いと答える。
二口、三口とラザニアが進んでいく。

「いちほといろはに関してはどうなんですかね、好き嫌いとかアレルギーってこれから見つかっていくのでは?」

この二人は生まれたばかりということはそもそも好き嫌いなどは現時点ではないのではないだろうか
そもそも何が好きなのかも現時点ではわからない。
だから二人に聞いても理解しているのか、ミルクセーキを飲みながら悟飯に言ってみる。

>1146番(いちほ)、0816番(いろは)、孫悟飯、all

20日前 No.160

ヴィクトーリア・ダールグリュン @infernity☆ABoQ4DiOf0I ★PSVita=A5xQU6QAJN

『デパート/ヴィクトーリア・ダールグリュン』

「ありがとうございます。
でも私には、どうしても倒したい人と超えたい人がいますので、これからですわ」

第3位であっても十分凄いと褒めるダイヤと鞠莉。
ヴィクトーリアはお礼を述べる。
しかしそれでも倒したい人は居るという事を伝える。
ダイヤと鞠莉の二人と話していると、注文していた蕎麦が運ばれてきた。

「それではいただきましょうか」

三人分の蕎麦が届いたところでヴィクトーリアはそう言い、
自分の蕎麦をヴィクトーリアは食べようとした。

>>黒澤ダイヤ、小原鞠莉

【お待たせして申し訳ありません】

19日前 No.161

白い生き物 @forte10☆NeDCG1Klls. ★LVOUeLULjf_eQU

【1146番(一歩)(「」)0816番(いろは)(『』)/喫茶店】

『アレルギー?アレルゲンならいつも俺達が戦ってた…もうそんなこともないか。
ん〜俺は食えるものならなんでも食うけど?これからこれだけは嫌だっての出てくんのかねぇ?』

モグモグと口に入れた米とカレールーを咀嚼しながらアレルギーも好き嫌いもなさそうないろはが
これからそう言うのが分かってくるのではと呟いた。

「……これを苦手と感じるのはその好き嫌いとかいう奴か?」

そう言いながらいろはの隣でチョコクリームパフェに乗っかっているラズベリーを
やや嫌そうな表情で口に入れる一歩。どうやら彼にはラズベリーが苦手なものになっている様子。

>孫悟飯 卓

15日前 No.162

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★9H8uJj6IHs_BRw

【孫悟飯/喫茶店】

「卓さんは大丈夫みたいですね。ここのカレーは甘口みたいですね。やはり女性目線なのでしょうか」


スプーンにすくい一口二口食べ進めると甘口だということがわかってくる。仄かにフルーツの甘みも漂う。カレーは野菜中心であり、色んな野菜がある。サラダにかかってるのはシーザードレッシングである。
あとからメニューを確認してみるとご飯は雑穀ご飯と白米と玄米と三種類選べるらしい。ちなみに悟飯たちは白米である。


「そうです。それが苦手な食べ物です。アレルギー反応は食べたりすると皮膚が痒くなったり食べる前に見るだけで痒くなったりする人も居ます」


ラズベリーを嫌々口に運ぶ姿を見てそれと言いながら頷く。逆に好きな食べ物も出てくるだろう、そう考えた悟飯。ラズベリーは酸っぱいのなが苦手なのかなと思った。一つ一つ、新しい発見が出てくるだろう。
それもまた悟飯は楽しみにしていた。そして暫くしてサラダとカレーを食べ終えるとコーヒーを飲んでいた。コーヒーを飲む前に「ごちそうさまでした」と両手をあわせていた。


>卓、いろはたち


【黒澤ダイヤ、小原鞠莉/デパート(和食屋)】

ダイヤ「わたくしたちも今越えたい人がいますわ。その人たちを目標にスクールアイドルをしていますの」


鞠莉「ダイヤはこう見えて頑固なお・ば・さ・んなんですよっ」


ダイヤは妹がスクールアイドルをやりたいと言っても絶対にうんとは言わなかった。頑固(プライド)が強いのである。そして鞠莉はニコニコと笑顔でおばさんと告げていた。


ダイヤ「せめてプライドが高いと言って欲しいですわ。それと一文字抜けてますわよ……!」


呆れつつも怒りがダイヤから感じる。おばさんと言っても同い年なため鞠莉も同じになってしまう。
そしてヴィクトーリアが食べようと言ったところで鞠莉は元気良く答える。


鞠莉「I'mhungry!いただきます。」


相当お腹空いてたらしく告げると丁寧に両手をあわせる。


>ヴィクトーリア

15日前 No.163

幻現世の旅人 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★siB5HwVanD_EP8

【喫茶店/的場卓】

「そうだね、食べているうちに苦手な物とかは自然と出てくるものだよ」

言っている内に一歩は早速苦手な物ができたようだ。
チョコクリームパフェにあったラズベリーみたいだが
意外にもそう言った物を覚えるのも早かった。

「本当は食べ物の好き嫌いは無い方が越した事はないんだ、何でも食べられるし」

いろはが今の所は嫌いな物は見つかってないようなのでそれはそれで良いことだとも説明する。
苦手な物が入っているからと言って美味しい物も食べられないなんて損をしていると卓は考えていたが。

「アレルギーは悟飯の言うとおり体質の問題だから難しいんだ。本人の意志に関係ないから」

だからアレルギーがあって食べたいものが食べられないのも大変だとも思う。
この二人は今の所はないようだがその内好きな物と同じく出てくる可能性もある。

「あとは子供向けですかね、甘口なら小さい子でも食べられるでしょうし」

ラザニアを食べながら、悟飯の話に対して女性向けだけでなく子供向けでもあるのではと答えた。
辛さの調節が出来無いなら自然と客層も限られるのかもなんてことも内心思っていた。
大盛りのラザニアをゆっくりとだが食べ終わり、チーズタルトも食べるがこれも美味しい。
これも食べ終わると、

「ふぅ、ごちそうさま」

食べ終わったのでご馳走様と言った後ミルクセーキを飲む。

>1146番(いちほ)、0816番(いろは)、孫悟飯、all

15日前 No.164

ヴィクトーリア・ダールグリュン @infernity☆ABoQ4DiOf0I ★PSVita=A5xQU6QAJN

『デパート/ヴィクトーリア・ダールグリュン』

ダイヤ達にも越えたい人が居るようで、
その人達を目標にスクールアイドルというものをしているようである。

「!?」

鞠莉が笑顔でダイヤの事をおばさん呼ばわりし始めたのは流石に衝撃的だった。
直ぐにダイヤは一文字抜けてると怒りを見せながら言い。

「ま、まあ間違いはありますものね」

ダイヤの事をおばさん呼ばわりしたのはビックリしたが、
知り合ったばかりなのもあるためかヴィクトーリアは強くは言わず、何とか冷静にそう言い。

「気をとりなおして、いただきます」

ヴィクトーリアは改めてそう言って運ばれてきた蕎麦を食べ始める。

>>黒澤ダイヤ、小原鞠莉

13日前 No.165

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★9H8uJj6IHs_BRw

【孫悟飯/喫茶店】


「一応、辛さは10倍まであるらしいですが何も頼まない場合自然に甘口になるらしいです」

見落としていたらしくメニュー表を確認すると、※のあとに悟飯が告げたことが書いてあり。


「確かに、苦手なものは克服するのに時間もかかりますしね」


無理に苦手を克服しなくても大人になったら自然と克服する人も多々いるため、そう答える。


>卓、いろは


【黒澤ダイヤ、小原鞠莉/デパート】

鞠莉「アメリカンジョークです!」

ダイヤ「……鞠莉さん、とりあえず別の話題にしましょうか」


ダイヤから少し怒りのオーラが沸いてるが鞠莉は気にせずアメリカンジョークで誤魔化していた。けれどダイヤは鞠莉と幼なじみなので理解している。そのため少し抑えている。


>ヴィクトーリア

12日前 No.166

白い生き物 @forte10☆NeDCG1Klls. ★LVOUeLULjf_eQU

【1146番(一歩)(「」)0816番(いろは)(『』)/喫茶店】

『まあ…食いたくないなら食わなきゃいいだけじゃね?』

と、すっかりカレーを食べつくしてミルクティーを啜りながら
好き嫌いについては嫌いだと思ったのなら食わなきゃいいと安直な答えを出す。
そして、嫌々ラズベリーを口に運ぶ一歩のパフェに乗っかっているラズベリーをひょいと横取りして食べるいろは。

「あ…勝手に…!…まあ、いいが…」

勝手に人のものを食べるなと一歩は言いかけるが嫌いなものを食べてくれたのでそのまま押し黙った。

『んー…結構酸っぱいなこれ。でも俺は嫌いじゃないぞ。嫌だったら俺が食ってやるから安心しな。』

と、なんとも男勝りというか男前な発言と行動をするいろはに一歩はやれやれと言ったような笑みを浮かべた。

「これは好きだと思った食い物はやらないからな。」

と、一歩はラズベリーをちゃっかりいろはのティーカップの皿の上に全部よけながらつぶやく。
パフェに残っている他の果物は嫌いではなさそうだ。だが、アレルギーに関してはこれから出てくるものもあるかもしれない。

>孫悟飯 卓

11日前 No.167

幻現世の旅人 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★siB5HwVanD_EP8

【喫茶店/的場卓】

「十倍……頼む人がいるのかそれ…」

辛口の十倍カレーとはどんなものなのだろうか気になったが
悟飯のいう通りにカレーに興味はあるが卓は頼む勇気は今出ない。
出来たとしても一倍から二倍くらいだ

「好き嫌いが無くなったら大人って事で良いのかもしれないね」

二人のやり取りを見て、まだ外見的には大人びて見えても実際は赤ん坊と変わらない。
意思疎通があるいは言葉を交わせる点だけが違うものの
焦る必要はないのかもしれない。

「とりあえず飯も食い終わりましたし、この後は何処に行きます?」

腹を満たしたので、次に向かいたい所について話を切り出した。

>1146番(いちほ)、0816番(いろは)、孫悟飯、all

9日前 No.168

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★4bZT0XJcQI_BRw

【孫悟飯/喫茶店】


「いろはさん男前ですね…」


二人のやり取りを見て微笑ましく思い、クスッと小さく笑う。そして卓が頼む人がいるのかと聞いて腕を組み眉を下げて悩む。


「うーん…よほどのチャレンジャーじゃないと頼まないと思います」


苦笑してはそう答えると次どこへ行くか訪ねられきょとんとする。


「そうですね…。とりあえず、海とかどうでしょうか」

とりあえず思い付いたところを提案し許可を待つ。


>卓、いろはたち

9日前 No.169

ヴィクトーリア・ダールグリュン @infernity☆ABoQ4DiOf0I ★PSVita=A5xQU6QAJN

『デパート/ヴィクトーリア・ダールグリュン』

「ダイヤさんも大変ですわね・・・」

ダイヤは少しばかり怒りのオーラを出しつつも、抑えている様だ。
一方で鞠莉はあまり気にしていないのかジョークだと言って誤魔化す。
そしてダイヤは別の話題にしましょうと言い。

>>黒澤ダイヤ、小原鞠莉

8日前 No.170

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★4bZT0XJcQI_BRw

【黒澤ダイヤ、小原鞠莉/デパート】


ダイヤ「ヴィクトーリアさんの幼なじみの話しを聞きたいですわ」

鞠莉「わたしもっ」


ダイヤの提案によりヴィクトーリアの幼なじみについて聞きたいと申し出る。鞠莉も頷いては賛成と告げる。


>ヴィクトーリア

8日前 No.171

ヴィクトーリア・ダールグリュン @infernity☆ABoQ4DiOf0I ★PSVita=A5xQU6QAJN

『デパート/ヴィクトーリア・ダールグリュン』

「私の幼なじみについて?ええ、良いですわよ」

ダイヤがヴィクトーリアの幼なじみについて聞かせてほしいと申し出た。
鞠莉もダイヤの提案に頷いて賛成した。
ヴィクトーリアはその提案について良いと答える。

「私の幼なじみの子の名前はジークリンデ・エレミア。普段はジークと呼んでいます」

ヴィクトーリアはまず名前を教え、
その後に普段は略称でもあり愛称でもあるジークと呼んでいると相手に伝え、
ヴィクトーリアは語り始める。

「ジークは私より1歳年下ですが私と同じ大会の参加選手であり、
先ほど私が申した2人の内、越えたい人とはそのジークの事ですわ」

>>黒澤ダイヤ、小原鞠莉

7日前 No.172

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★4bZT0XJcQI_BRw

【黒澤ダイヤ、小原鞠莉/デパート】

ダイヤ「その大会とはどのような大会でしょうか?」

鞠莉「ライバル関係ですね!」


ダイヤは疑問に思ったことを告げると鞠莉は二人の関係に興味津々で話しを聞く。


>ヴィクトーリア

6日前 No.173

ヴィクトーリア・ダールグリュン @infernity☆ABoQ4DiOf0I ★PSVita=A5xQU6QAJN

『デパート/ヴィクトーリア・ダールグリュン』

「ええ、ジークは幼なじみとしてだけでなく、ライバルであり目標でもありますわ」

鞠莉がヴィクトーリアとジークの関係に興味を示したようで、そう伝える。

「正式名称、ディメンションスポーツアクティビティアソシエイション(DSAA)総合魔法戦競技会。
10歳〜19歳までの魔導師たちが参加可能で、限りなく実戦に近いルールのもとで行われる魔法戦の大会ですわ」

ダイヤがどの様な大会であるのかを聞いてきた。
少々長くなるためかヴィクトーリアは手を止め、持っていた箸を置く。
ダイヤと鞠莉の二人は驚くかもしれないが、ヴィクトーリアは相手にそう答える。
ヴィクトーリアがその大会の参加選手ということは、ヴィクトーリアは魔法を使える人物ということである。

>>黒澤ダイヤ、小原鞠莉

5日前 No.174

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★4bZT0XJcQI_BRw

【黒澤ダイヤ、小原鞠莉/デパート】

ダイヤ「つまり…魔法使いによるスポーツ大会とうことでしょうか?」

鞠莉「わおっ!!魔法!わたしも興味あるわ」


ダイヤは整理しようとヴィクトーリアに訪ねると鞠莉は予想通り驚いた顔を見せるものの興味あるとキラキラした瞳で見つめる。


>ヴィクトーリア

5日前 No.175

ヴィクトーリア・ダールグリュン @infernity☆ABoQ4DiOf0I ★PSVita=A5xQU6QAJN

『デパート/ヴィクトーリア・ダールグリュン』

「そうですね・・・種類の違う魔法を扱う魔導師たちが集まって己の覇を競いあいますから、大体その認識で良いですわ」

ダイヤは整理しようとヴィクトーリアに訪ね、ヴィクトーリアは彼女にそう返す。

「私のは雷の魔法を使いますが、さすがにここでの使用は遠慮させてもらいますわ」

鞠莉は驚きの表情を見せたものの、興味があるようでキラキラと眼を輝かせる。
ヴィクトーリアは鞠莉にそう伝える。

>>黒澤ダイヤ、小原鞠莉

5日前 No.176

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★4bZT0XJcQI_BRw

【黒澤ダイヤ、小原鞠莉/デパート】

ダイヤ「なるほど…。流石に雷魔法はここでは使えませんわね」

鞠莉「残念です!ヴィクトーリアにわたしたちのAqoursの歌を聞いて欲しいね、ダイヤ」

ダイヤ「それは名案ですわ。それとわたしたちの憧れてるμ'sも…」


ダイヤのかばんからはパソコンが取り出して画面を開くと動画を再生してヴィクトーリアに見せる。曲は皆の気持ちが一つになった「想いよひとつになれ」である。


>ヴィクトーリア

4日前 No.177

白い生き物 @forte10☆NeDCG1Klls. ★LVOUeLULjf_eQU

【1146番(一歩)(「」)0816番(いろは)(『』)/喫茶店】

『あ〜美味かった!えっと、ごちそうさまって言えばいいのか?』

カレーを完食し、ミルクティーも飲み干したいろはは見よう見まねでごちそうさまと言いつつ手を合わせる。

「…ごちそうさま?」

それを見た一歩もすでに完食しているため、いろはの真似をしながらごちそうさまと言うと
二人はこの後どこに行くかという卓の問いかけに首を傾げて悩んだ。
行きたいところと言われても何も知らないし、色々な場所が見たいし、どこがいいとかもわからない。
すると、そこで悟飯が“海とかどうでしょうか”と提案を出す。

「『海?』」

二人は声を揃えて聞き返す。もちろん、二人は海なんてものは知らない。

>孫悟飯 卓

4日前 No.178

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★4bZT0XJcQI_BRw

【孫悟飯/喫茶店】


「海は大きな水溜まりみたいなものです」


悟飯は口を揃えて問う二人に対して簡易に説明する。大きな水溜まりだけで分かるかは二人の想像力次第である。


>いろはたち、卓

3日前 No.179

幻現世の旅人 @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★siB5HwVanD_EP8

【喫茶店/的場卓】

「でしょうね、もしくはテレビの取材とかか」

十倍の辛さのカレーなど普通は頼まないだろう。
余程辛い物が好きなのか、あるいはテレビで特集を組まれれば紹介する為に頼む可能性はある。

「海ですか…そこも何処にあるか知らないな」

一歩といろはは首を傾げているが、卓としては意味合いは理解している。
ただこの都市に置いてそんな物があるとは思ってはいなかった。

「海ってのはしょっぱい水で広く覆われている所…かな?」

悟飯も説明しているが、卓も分かりやすくとは自分でも疑問だが
自分なりに説明をする。

>1146番(いちほ)、0816番(いろは)、孫悟飯、all

2日前 No.180

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★4bZT0XJcQI_BRw

【孫悟飯/喫茶店】


「確かこの先を真っ直ぐ行くと海岸通りに出るはずなので目の前です」


海がある方向を指差してはそう告げる。
海岸通りに出れば海は目の前である。


>卓、いろはたち

2日前 No.181

ヴィクトーリア・ダールグリュン @infernity☆ABoQ4DiOf0I ★PSVita=A5xQU6QAJN

『デパート/ヴィクトーリア・ダールグリュン』

鞠莉の方から自分たちの歌を聴いてほしいと申し出た。
そして自分たちが憧れているμ'sというグループのも。
カバンからパソコンを取り出し、画面を開いて動画を再生してヴィクトーリアに向けて見せてきた。
曲名は「想いよひとつになれ」と言うらしい。

「中々いい歌ですわ。歌っている皆さんから気持ちが伝ってきます」

>>黒澤ダイヤ、小原鞠莉

1日前 No.182
切替: メイン記事(182) サブ記事 (70) ページ: 1 2 3

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。