Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(128) >>

友枝町へようこそ!

 ( なりきり掲示板(フリー) )
- アクセス(757) - ●メイン記事(128) / サブ記事 (51) - いいね!(2)

マカット @makatto ★js9CLsIFfi_g5r

木之本桜は、私立学校の友枝小学校に通う小学4年生。
父・藤隆と兄・桃矢と3人暮らしで、兄の親友・雪兎に憧れている。
ある日、藤隆の書庫で不思議な本を発見する。
すると、その本から封印の獣ケルベロス(ケロちゃん)が現れた。
その本は、魔術師クロウ・リードが作った
魔法のカード「クロウ・カード」が入っていた。
全てのカードがさくらの住む町にばらまかれてしまい、
封印が解かれるとこの世に「災い」が訪れるという
クロウカードを回収するため、
さくらはケルベロスによって「カードキャプター」にされ、
ケルベロスや親友・大道寺知世、クロウの血縁の少年・李小狼と共に
、クロウカードの起こした事件を解決しながら、カード集めに奮闘する。

そしてクロウ・カードが全て集まった時、ケルベロスに対する
もう1人の守護者にして審判者「月」(ユエ)現れる。
それは雪兎の真の姿であった。
さくらは正式なカードの主となるため、「最後の審判」に挑む。
最後の審判とは、封印したクロウカードを使って月と対決するというものだった。
さくらが月に負ければ、「この世の災い」が起こるという。
この世の災いとは、クロウカードとクロウカードに関わった者
全てから一番大切な者の記憶が消えるというものだった。
容赦のない月に対して、月を傷つけたくないさくらはなかなか反撃できない。
しかし、そんな中で観月歌帆は、さくらに月の鈴を渡す。
実は、月の鈴はクロウ・リードが新しい主となるさくらを助けるために作ったものだったのだ。
鈴の力で、封印の杖を星の杖に変えたさくらは、月を傷つけることなく月の力に打ち勝ち
クロウカードの新たな主として、認められた。

さくらがクロウ・カードの正式な主となってしばらくたったある日、転校生柊沢エリオルが現れる。
それと前後して、奇妙な事件が起こるようになっていた。
さくらはクロウ・カードを使用したものの、これまでの呪文やカードは使えなかった。
さくらは自身の魔力でクロウカードをさくらカードに変え、事件を解決していく。

実はエリオルはクロウ・リードの生まれ変わりであり、さくらの魔力が星の力だったことにより、
闇の力で作られたクロウ・カードがただのカードになるのを防ぐため、
従者のスピネル・サンや秋月奈久留/ルビー・ムーンと共に事件を起こしていた。

しかし、エリオルにはそれとは別の目的があった…。



ここはアニメ『カードキャプターさくら』の
なりきりスレです。


参加希望登録はサブ記事に
記入してください。

参加登録日から1週間、
最終発言日から1ヶ月
経っても発言がなければ
強制的に退会となります。

お気を付け下さいませ。



主は木之本桜を
やらせていただいてます。

1人何役でもOKです。
オリキャラもOKです。


木之本桜@主
ケルベロス(仮の姿)@
ケルベロス(真の姿)@
大道寺知世@
李小狼@

木之本桃矢@
木之本藤隆@
木之本撫子@

月城雪兎@
月(ユエ)@

李苺鈴@

観月歌帆@

柊沢エリオル@
スピネル・サン@
ルビー・ムーン/秋月奈久瑠@

クロウ・リード@

大道寺園美@
雨宮真嬉@

佐々木利佳@
柳沢奈緒子@
三原千春@
山崎貴史@

寺田良幸@

松本真樹@

偉望(ウェイ・ワン)@

1年前 No.0
メモ2017/04/10 17:10 : マカット @makatto★Z60ekH7Us2_pns

【ルール】

・メビウスの基礎ルールは厳守する事

・連続投稿はNG

・意図的に喧嘩を仕向けるのもNG

・ロールをきちんと回す事

・平仮名の意味不明な小文字(ゎなど)はNG

・初めの投稿から1ヶ月投稿ない場合は強制的に退場

・数回の投稿から1週間投稿ない場合は強制的に退場

・病気や諸事情がある場合、必ずサブ記事に記入する事


残念ながら知世を演じていた

コーデリア様ですが、

最終コメ1ヶ月からコメントしていないため

強制的退場となりました。


木之本桜@主

ケルベロス(仮の姿)@

ケルベロス(真の姿)@

大道寺知世@

李小狼@主


木之本桃矢@主

木之本藤隆@主

木之本撫子@主


月城雪兎@しずく様

月(ユエ)@しずく様


李苺鈴@しずく様


…続きを読む(20行)

切替: メイン記事(128) サブ記事 (51) ページ: 1 2

 
 
↑前のページ (78件) | 最新ページ

李苺鈴たち @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=x9sKUNPvoY

【雪兎さん追加していいですか?】>主様


苺鈴「それなら良かった!もし小狼が怪我したらわたしが看病するからっ」


ニコニコと嬉しそうにそう言う。苺鈴は小狼のことがそれだけ好きなのである。

>小狼

エリオル「ふふっ。さくらさんを見つめていたのですか?」


クスッと笑いながら微笑ましいと思うエリオルであった。

>小狼

友枝小の体育館の近く


桃矢「……」

授業が半日で終わり、友人の雪兎とさくらの授業の見学に来ていた。


>ALL

1年前 No.79

木之本桜&李小狼 @makatto ★VSl3yQe1D7_ff3

さくら「そう?」

ほぇ?という顔で知世の顔を見る。
>知世


小狼「ケガはしてはいないぞ…。
大丈夫だ。」

笑顔で大丈夫なこと伝える。
>苺鈴


小狼「ち、違う!!
見とれてなんか…!!」

恥ずかしそうに言う。
>エリオル
(雪兎さん、大歓迎です!!)

1年前 No.80

李苺鈴たち @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★x9sKUNPvoY_Ony

苺鈴「小狼に何かあったらわたし心配よ!」

抱きつきながら心配そうに見上げる。その横でエリオルはクスッと笑っていた。

エリオル「そういうことにしときますね♪あの方は…」

エリオルの視線の先には桜の兄の桃矢と隣には雪兎がいた。

雪兎「桜ちゃーん」

大きく桜に向かって雪兎は手を振る。

>桜、小狼、知世

1年前 No.81

木之本桜&李小狼 @makatto ★VSl3yQe1D7_ff3

小狼「何もないから、安心しろ。」

苺鈴から離れて
雪兎を見てついつい赤面してしまう。



「柊沢、試合に戻るぞ!!」


赤面しながらも試合中だと集中する。
>苺鈴、雪兎、エリオル

さくら「あ、雪兎さんだ!!」

雪兎さ〜ん!!と笑顔で手を振る。

1年前 No.82

削除済み ★Android=Om5DYoGgL6

【この投稿は”ポンデリング”削除されました】 削除者: あうら☆マスター ( 2017/01/13 22:25 )  削除理由: その他の違反

9ヶ月前 No.83

マカット @makatto ★Z60ekH7Us2_Hej

原作の方でクリア・カード編が
開始されたので原作を元に
なりきっていきたいです。

主は原作本、1巻しか読んでませんが、
宜しくお願い致します。

9ヶ月前 No.84

マカット @makatto ★Android=BX5NCIrTTN

クリアカード編
友枝中学校に進学したさくらは、
初登校の途中、知世と
友枝町に戻ってきた小狼に再会。

小狼が同じ中学校に編入することを知る。

小学校時代の同級生とも合流し、
中学校生活に期待しつつ眠った夜、
透明なカードがバラバラに砕け、
フードをかぶった謎の人物と対峙する。という
奇妙な夢を立て続けに見てしまう。
さくらが目を覚ますと
夢の中に出てきた新たな封印の鍵を握りしめており、
さくらカードは透明なクリアカードに変化し
効果を失っていた。

さくらがクロウカードの関係者に相談して回る中、
小狼だけはイギリスにいるエリオルと
連絡を取り合い、何かを決意するのだった。
再び魔法のような不思議な現象に遭遇するが、
さくらは新たな「杖」を使い、
現象をクリアカードへ「固着」することに成功する。
それも何者かに仕組まれていたかのように…。

9ヶ月前 No.85

月城雪兎 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★7Ycvj5rkCR_Ony

とある朝。月城家では雪兎がほうきで庭を掃除していた。あれから数年の月日が過ぎ、雪兎も大学生になりこれから大学へと行く支度をしようとしていた。欠伸を一つ、眠たそうに吐いては清々しい朝を感じていた。さくらが小学校を卒業し、中学初登校の日。密かにお祝いのプレゼントも用意していたのだ。雪兎と桃矢も高校を卒業し、大学生となった。なので制服から私服へと変わっていた。


「眠いなぁ……」


あの時に比べたらかなり良くなってきた。さくらの魔力でユエ(雪兎)は活動出来るため魔力が低いと雪兎は眠気に襲われる。けれど今は朝だから魔力とは関係無しにただ眠いだけらしい。さくらは4月生まれのため、誕生日プレゼントもかねていたのだ。きっと喜んでくれるだろうと期待しながら。


【こんな感じでいいでしょうか?雪兎も大学一年生の設定です^^初登校=4月とか春をイメージしたのでこんな文章になりました;;】


>さくら

9ヶ月前 No.86

大道寺知世 @banri10☆zWcjTWeBB72 ★gDeLPFgOSD_mgE

「ふぅ……早いものでもう私も中学生ですわね…。
あら? あれは……」

道を歩いていると欠伸をしている雪兎を見かけて、「懐かしいですわ…」と思いながら、
背後に回る。(ぇ>雪兎さん

9ヶ月前 No.87

削除済み @makatto ★Z60ekH7Us2_Hej

【記事主より削除】 ( 2017/01/20 18:08 )

9ヶ月前 No.88

木之本桜&李小狼 @makatto ★Z60ekH7Us2_Hej

友枝中学校の入学式。
木之本家にピンポーン!とチャイムが鳴ると
さくらがドタバタと玄関に向かうと迎えに来た
小狼が立っていた。



さくら「小狼君!おはよ!
いつ、日本に戻ってきたの?」

笑顔で元気よく嬉しそうに挨拶する。
>小狼



小狼「あぁ、おはよう、さくら。
昨日日本に戻ってきた。
香港での手続きが終わったんだ、
これでずっとこの友枝町に居られる、
それにさくらと同じ友枝中学校にも通えるんだ。」

小狼も笑顔で挨拶し、これでずっとさくらと
一緒に居られることを説明する。



さくら「そんなんだ!嬉し!!
それじゃ、学校に行こっ!」

笑顔のままで言いながら2人で手をつなぎながら
友枝中学校に向かう。
その途中に雪兎の姿を見付けた二人は
駆け寄り雪兎に挨拶する。


さくら&小狼「おはようございます!」


欠伸をしている姿を見てさくらが
さくらが少し心配そうに言う。

さくら「雪兎さん…、なんだか眠そうですね、
大丈夫ですか?」
>雪兎
(雪兎の魔力はさくらからではなく
桃矢からもらった魔力ですよ(*'ω'*))



雪兎の後ろにいる知世を見付けると
少し不思議そうに小狼が問う。

小狼「大道寺、そんなところで何をしているんだ?」
>知世


(何だか文章がおかしくてすみません…)

9ヶ月前 No.89

月城雪兎 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=7Ycvj5rkCR

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

9ヶ月前 No.90

木之本桜&李小狼 @makatto ★Z60ekH7Us2_Hej

さくら&小狼「ありがとうございます。」

笑顔で進学のお祝いの言葉のお礼を言う。
そして、さくらからも雪兎へのお祝いの言葉を言い、
お祝いの品を手に取り改めてお礼を言う。

さくら「雪兎さんも大学、進学おめでとうございます。
お祝いのプレゼント、ありがとうございます。
大事に使いますね!」


寝不足だと聞き、魔力によるものではないと知ると安心して
小狼から笑顔で言葉をもらう。

小狼「あまり、夜更かしはしないできちんと睡眠取ってください。
倒れたら元もこうもありませんから…。」

友枝中?と聞かれ2人そろって元気に返事する。

さくら&小狼「はい!」
>雪兎

9ヶ月前 No.91

大道寺知世 @banri10☆zWcjTWeBB72 ★gDeLPFgOSD_mgE

「まぁ、私にもですか? 有難うございます!」

飴を受け取ってニッコリ微笑む。>雪兎さん

「さくらちゃん、小狼君、記念に一回どうですか?」

ビデオカメラを構えて言う。>さくら&小狼

9ヶ月前 No.92

月城雪兎 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★7Ycvj5rkCR_Ony

「喜んで貰えて良かった!ありがとう…心配かけちゃったね」


ニコッとしてさくらに喜んで貰えて良かったと告げると眉を下げて小狼に「心配かけてごめんね」と一言添える。


「いえいえ。そういえば香港から来た女の子(苺鈴)は一緒じゃないの?」

たまにしか会わないけれど小狼が一緒ということは苺鈴も一緒なのかなと思った。けれど姿がないため不思議に思っていた。


>さくらたち、知世

9ヶ月前 No.93

大道寺知世 @banri10☆zWcjTWeBB72 ★gDeLPFgOSD_mgE

「大丈夫ですわ、雪兎さん。
苺鈴さんですか?…私は見ていませんが……」

ニッコリ笑うと、苺鈴のことを訊ねられ知らないと答える。>雪兎さん

8ヶ月前 No.94

木之本桜&李小狼 @makatto ★Z60ekH7Us2_Hej

苺鈴ちゃんは?と問われ小狼が笑顔のままで答える。

小狼「苺鈴は人足遅く、明日香港から来ます。
苺鈴のことも気にかけてくれてありがとうございます。」
>雪兎

【勝手に苺鈴の設定を決めてしまい、すみません…】




それを聞いてさくらが嬉しそうに小狼の方を見て言う。

さくら「苺鈴ちゃんも日本に戻ってくるの!?
明日からまた会えるんだ!!
友枝中かな?」
>小狼


小狼「あぁ、明日には会えるさ。
それにまた同じマンションに偉望(ウェイ・ワン)と暮らすんだ。
きっと、学校も同じ友枝中だと思う…。」

小狼もさくらの方を見て笑顔で答える。
>さくら


知世に記念にと言われ照れながらカメラに向かって
微笑む2人。

さくら&小狼「知世ちゃん・大道寺も相変わらずだね(だな)。」
>知世

8ヶ月前 No.95

木之本藤隆&撫子 @makatto ★Z60ekH7Us2_Hej

【木之本家にて】

父親である藤隆が新聞を読んでいると
ふわりと撫子が現れた。

撫子「藤隆さん、お久し振りに来たわ。
とうとう桃矢君は大学生に、さくらちゃんは中学生になったのね
まだ子供だと思っていたのに早いわね…。」

撫子がふわりと笑顔で言うとそれに答えるように「
藤隆が笑顔で言った。

藤隆「撫子さん…。お久しぶりです。
そうですね…、早いもので2人も大きくなりました。
桃矢君はいつもさくらさんも見守っていますし、
さくらさんにはとってもお似合いなボーイフレンドができたんですよ?」


それを聞いて撫子が嬉しそうな笑顔で答える。

撫子「そうね、藤隆さんはいいお父さんだわ。
2人をここまでいい子に育ってくれたんだもの。
ありがとう…、それではまた来ます…。」

そういって藤隆の頬にキスするとスーッと消える。


藤隆「撫子さんも良い母親でしたよ…、
こちらこそ有難うございます…。」


【こんな感じでたまにこの二人の会話が現れますので宜しくお願い致します。】

8ヶ月前 No.96

大道寺知世 @banri10☆zWcjTWeBB72 ★gDeLPFgOSD_mgE

「まぁ、それは当然褒め言葉でしょう?
行きますよー、はい笑ってー。3、2、1…」

そこで録画スタートのボタンが押される。>さくら&李君

8ヶ月前 No.97

木之本桜&李小狼 @makatto ★Z60ekH7Us2_Hej

褒め言葉かと言われると少し呆れた顔で2人は答える。

さくら「もちろん、そうだよ。アハハハ…」


小狼「大道寺らしくていいんじゃないか…?」

>知世

8ヶ月前 No.98

月城雪兎 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★7Ycvj5rkCR_Ony

【苺鈴ちゃんを登場させます(】


雪兎「そっかぁ…じゃぁ宜しく伝えてね」

にこりとさくらたちに伝える。すると背後から私服姿の苺鈴が。


苺鈴「小ー狼ーっ!もう置いてかないでよーっ」

急遽準備のために1日早めて帰国した苺鈴。早々に小狼に抱き付く。雪兎も口をぽかんと開けて苦笑い。


>さくらたち、知世

8ヶ月前 No.99

木之本桜&李小狼 @makatto ★Z60ekH7Us2_Hej

雪兎に宜しくと言われ、笑顔で答える。


小狼「はい!!」
>雪兎




後ろから走ってきた苺鈴がいきなり抱き着いてきた

小狼「苺鈴!! いつも言ってるがいきなり抱き着くな!!
雪兎さんに見られているだろう!?」

雪兎に苦笑いされているのを見て恥ずかしく思える。

【実のところ、小狼って雪兎さんの事、
名前を呼んだことないんですよね( ^ω^)・・・】


苺鈴の姿を見てわぁという喜びの笑顔で
私服であることにあれと思いつつ桜が言う。

さくら「苺鈴ちゃん!! 日本に戻ってきたんだね!!
…あれ?私服だけど、友枝中じゃないの?」

小狼が苺鈴に抱き着かれながら
さくらが焼もち焼かない様子を見て、不思議そうにいう。

小狼「さくら、いいのか…? 苺鈴がおれに抱き着いていても…。」


さくら「もちろん、焼きもちは焼いちゃう…。
でも、苺鈴ちゃんは私たちを応援してくれてるからいいの…。」

さくらの胸にチクリとしたものがあったものの
苺鈴は知世に続いての親友のため、我慢してしまう。

8ヶ月前 No.100

月城雪兎 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=7Ycvj5rkCR

雪兎「久しぶり。あはは、大丈夫だよ」

苺鈴「小狼の意地悪ー。お久しぶりです。木之本さん、大道寺さん久しぶり!今日は帰国したばかりだから準備と見学なんだ。先生方に挨拶も兼ねてね。明日から登校するわ!」


苺鈴は抱きついたままさくらと知世に向いて説明する。雪兎は苦笑しながらも大丈夫と笑顔で告げ、苺鈴に久しぶりと挨拶する。苺鈴も雪兎に久しぶりと答える。


【確かに、小狼君は雪兎さんに対してあの人と呼んでましたし、雪兎も小狼に君とかで呼んでましたし;;わたしもその辺りどうしようと思ってました。普通にお互い下の名前で呼びますか?】


>さくらたち、知世

8ヶ月前 No.101

大道寺知世 @banri10☆zWcjTWeBB72 ★gDeLPFgOSD_mgE

「まぁまぁ、さくらちゃんも李君も言ってくれますわね。
その姿もビデオに収めておきますわ〜」

目を輝かせて二人を撮っている。>さくら&李君

「お久しぶりですわ、苺鈴ちゃん。
一緒の学校に通えて嬉しいですわ!」

ニッコリ笑って言う。>苺鈴ちゃん

8ヶ月前 No.102

木之本桜&李小狼 @makatto ★Z60ekH7Us2_Hej

大丈夫だと言われ、尚、情けなく感じる。

小狼「本当にすみません!!
意地悪で言ってるのではない!!
おれが恥ずかしいんだ!!」

>雪兎&苺鈴

苺鈴は恥ずかしくないだろう、
でも自分は恥ずかしいと思う事を伝える。


そんな小狼たちをいいなという目で見て
苺鈴に挨拶する。


さくら「小狼君たち、ほんとに仲がいいだね…。
あ、苺鈴ちゃんお久しぶり!!
そんなんだ、でもまた同じ学校に通えるんだね!!
楽しみだね!!」

>小狼&苺鈴


【そうですね、いつまでも他人行儀だと変ですしね、下の名前でよびましょう。
ところでカードキャプターさくらの映画は2本とも観ましたか?
2本目では小狼が苺鈴にさくらが一番に好きな人と告げて婚約解消し、
苺鈴はそれからさくらに誰とは言わないですが、早く告白しちゃえみたいな応援してましたよ。】



さくら&小狼「そ、そう(か)?」
>知世

8ヶ月前 No.103

月城雪兎 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★7Ycvj5rkCR_Ony

雪兎「小狼君、喧嘩は良くないよ?さくらちゃんも心配してるし…」

苺鈴「雪兎さんの言う通りよっ。朝から小狼は元気ねー」


雪兎は眉を下げさくらのことを気にしていたらしく良くないと注意した後さくらに優し気な微笑みをかける。苺鈴は一旦小狼から抱きつくのを辞め、雪兎の意見に賛成し、朝から元気と開き直っていた。


苺鈴「そうなのっ!わたしも楽しみよ。木之本さんや大道寺さんとまた話せたり出来るもの」


さくらと知世に向かってニコッと嬉しそうに微笑みながら言う。


【一昨目は見た記憶はあります。確か香港旅行編でしたよね!二作目はまだ見ていません。その内容は本編で拝見しました(*^O^*)】

>さくらたち、知世

8ヶ月前 No.104

木之本桜&李小狼 @makatto ★Z60ekH7Us2_Hej

喧嘩はよくない、桜が心配していると言われ、反省する。

小狼「はい、すみませんでした。
…苺鈴、すまなかった…。
さくらもごめんな…。」

雪兎&苺鈴&さくら




苺鈴に朝から元気と言わると首をかしげる。

小狼「元気なのか?」

>苺鈴


小狼に謝れ一瞬心配そうにするが
笑顔になる。

さくら「喧嘩してない…?
そうなら、大丈夫だよ!!小狼君。

うん、わたしも早く苺鈴ちゃんと同じ学校でお話ししたな!!」

>小狼&苺鈴

8ヶ月前 No.105

月城雪兎 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★7Ycvj5rkCR_Ony

雪兎「ううん。さくらちゃんが困ってたからね…」

さくらが困っていたからこの中では最年長なため何かできないかなと思い止めたのだ。苺鈴も反省しているようで「ごめんなさい」と「大丈夫よ」と小狼に告げていた。

苺鈴「朝からこんなにはしゃいでるなら元気な証拠よ!」


嬉しそうにニコッと微笑んでいた。

>さくらたち

8ヶ月前 No.106

木之本桜&李小狼 @makatto ★Z60ekH7Us2_Hej

小狼「本当にすみませんでした…。

はしゃいでいたのか?おれは…。」


雪兎に申し訳なさそうに謝り、
苺鈴には相変わらず不思議そうにする。
>雪兎&苺鈴


さくら「小狼君、大事な友達と喧嘩しないでね?」

さくらがまだ心配そうにしている。
>小狼

8ヶ月前 No.107

月城雪兎 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=y74rYP4TPO

雪兎「気にしないでもう忘れよ?それより時間、大丈夫?」


きょとんとしては「ねっ?」と再度小狼を説得する。そして時計を確認すれば時刻は8時を回っていたため皆を気にしていた。苺鈴は目を丸くしていた。


苺鈴「え、えぇ…それより遅刻するわよーっ」

雪兎に大きく手をふると駆け足で一足先に学校へ向かう。


>さくらたち

8ヶ月前 No.108

大道寺知世 @banri10☆zWcjTWeBB72 ★gDeLPFgOSD_mgE

「私もですわ、苺鈴ちゃん。
また一緒にお喋りしたりしましょうね」

ニッコリ笑って言った。>苺鈴ちゃん

8ヶ月前 No.109

木之本桜&李小狼 @makatto ★Z60ekH7Us2_Hej

8時だよ?と言われ慌てる。

さくら「ほぇ〜!! 小狼君、知世ちゃん急ごっ!!
入学式から遅刻してたらシャレにならないよぅ!!
雪兎さん、それじゃまた!!」


と言い、苺鈴に待って〜!!と追いかけるように走り出す。


小狼「飴玉ありがとうございました。
それでは、また」

と雪兎にお辞儀をして桜たちを追いかける。
>雪兎

8ヶ月前 No.110

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=y74rYP4TPO

【返信遅れてすみません;;】

雪兎「行ってらっしゃい!」


皆に軽く手を振り、小狼からお礼を言われると「どういたしまして」と笑顔で告げ、見送ると自身も大学へ行く準備をして大学へと向かう。


>さくらたち、知世


苺鈴「早くー」

学校が見えてきて、チャイム音と共にギリギリセーフだったらしく、入学式の準備は整えてあり苺鈴は大丈夫だが皆は大丈夫だろうかと思い振り向いてみて。


苺鈴「えぇ、大道寺さんとまたお喋りしたいわ!」

知世に話しかけられたため返事をし、さくらたちの様子を見る。後ろから「待って」というさくらの声に反応しては立ち止まる。


苺鈴「木之本さん早く早く!小狼も遅刻するわよっ。」


学校に到着すると、苺鈴は「わたしあとで職員室に寄るわね」とさくらたちに告げる。一応転入生としての手続きは慣れているため職員室へ行くと話したのだ。

>さくらたち

7ヶ月前 No.111

木之本桜@小狼 @makatto ★Android=BX5NCIrTTN

さくら「苺鈴ちゃん、待って〜□
小狼くんも早く〜□」

走りながら二人を呼ぶ。
>苺鈴&小狼

小狼「あぁ、今行く。」
そう言って、さくらと苺鈴を
追いかける。
>苺鈴&さくら

7ヶ月前 No.112

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★y74rYP4TPO_Ony

苺鈴「おはようございます〜。じゃあわたしは職員室に行ってくるわね」

挨拶をするとさくらたちに手をひらりとさせて「あとでね」と言い残し職員室へ向かい。


>さくらたち、知世

7ヶ月前 No.113

マカット @makatto ★Z60ekH7Us2_6h7

猛ダッシュして友枝中学校に着く。

さくら「ま、間に合った〜…。
うん、いってらっしゃい。」

息を切らせながらいう。
>苺鈴

小狼「間に合って良かったな。
さ、早く教室行こう。」
>さくら

7ヶ月前 No.114

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★nneHxsx1su_Ony

職員室にて


苺鈴「失礼しまーす。おはようございます!明日から転校する李苺鈴と申します。手続きとか準備があるので入学式には参加出来ませんが…」

先生「良く来たな李。わたしが担任になる、よろしくな」

苺鈴「はい。これからよろしくお願いします。小狼とは幼なじみみたいな関係です。」

先生「李と名前が同じか。確か李と同じクラスだったな。あとは木之本も大道寺も居るし大丈夫だろう。
先生は苺鈴と呼ぶな。李とかぶったら紛らわしいだろ?」

苺鈴「そうしてもらえると有難いです!手続きの書類持ってきました。昨日帰国したばかりで今日中には片付くと思います」

先生「ありがとな。じゃあまた明日、職員室に朝来てくれ」

苺鈴「はーい。失礼しましたー」


苺鈴は先生と話して職員室をあとにして手紙を書き残し小狼の靴箱に「先にかえって明日の準備と引っ越しの片付けしてるから夕飯までにはかえってきてね。わたしが夕飯作るから木之本さんとデートしてきていいわよ」と書き残して自宅へ帰宅する。明日からここに通うことになると思うとわくわくしていた。他のクラスメート(りかやなおこやちはる山崎など)も一緒らしいから尚更楽しみだ。

>さくらたち

【先生を登場させました;;担任の名前はお任せします←】

7ヶ月前 No.115

マカット @makatto ★Z60ekH7Us2_6h7

入学式を終えて、帰宅しようと下駄箱に
向かう、さくらと小狼。
小狼が自分の下駄箱に苺鈴からの置手紙を見付ける。
デートと書かれていたのでさくらに桜道を歩くか誘う。


小狼「さくら、少し桜道を歩いて行かないか?」


小狼に誘われて嬉しそうに答える。

さくら「桜道? うん! 歩きたい!!」


【先生ですか、原作ではまだ担任の先生が登場してないので
名前は今後原作で出てくるまで名無しの先生で…(笑)】

7ヶ月前 No.116

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=nneHxsx1su

帰宅途中、買い物を済ませて自宅のマンションに戻る。

「ただいまー」

買ったものを冷蔵庫に入れてはベッドに横になり(今頃小狼たちは楽しんでるかな)と思っていた。明日の準備を思い出しては勉強道具、制服などを準備し。

【了解です】

>さくらたち

7ヶ月前 No.117

マカット @makatto ★Z60ekH7Us2_6h7

桜道を歩いて30分ぐらい経っていた、
そろそろ肌寒くなる。

小狼「さくら、そろそろ帰ろうか?」

さくら「うん…、少し寒くなってきたし、
わたし、今日夕食作る当番だった。
帰ろう!!」

2人は手をつないでさくら宅に向かう。

さくら「小狼くん、送ってもらってありがとね、
また、明日ね!!

苺鈴ちゃんにもよろしく!!」

小狼「あぁ、また明日。」


さくらが家に入るまで見送る。

そして自分が住んでいるマンションに着く。


小狼「ただいま。
苺鈴、帰っているのか?」

>苺鈴

6ヶ月前 No.118

マカット @makatto ★Z60ekH7Us2_6h7

残念ながら知世を演じていた
コーデリア様ですが、
最終コメ1ヶ月からコメントしていないため
強制的退場となりました。

6ヶ月前 No.119

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★byHpSkPUAy_BRw

苺鈴「お帰りー!夕飯出来てるわよ!」

部屋からひょっこりと玄関に向かい顔出すと夕飯の支度は出来てると一言かけ。

>小狼

6ヶ月前 No.120

削除済み @makatto ★Z60ekH7Us2_pns

【記事主より削除】 ( 2017/04/10 17:46 )

6ヶ月前 No.121

マカット @makatto ★Z60ekH7Us2_pns

【桃矢もやらして頂きます。】

【小狼たちのマンション】

小狼「ただいま、気を聞かせてくれてありがとうな。」

苺鈴にデートしてきていいという置手紙のお礼を言う。
>苺鈴

【木之本家】

さくら「ただいまー。って、誰もいないんだった。
さて、夕食の支度しよーと!!」

フンフン♪と鼻歌を歌いながらカレーを作り出す。
そうしてるうちに兄・桃矢が帰宅する。

桃矢「ただいま〜。 なんだ?さくら、なんかご機嫌だな。
何かあったのか?」


機嫌がいい妹を見ると頭にはてなマークを付けて質問する、


さくら「あ、お兄ちゃんおかえりー。
え…お兄ちゃん機嫌悪くなるもん。」

桃矢が思い当たるのは小狼のことだった。

桃矢「…あのガキと帰ってきやがったな〜!!」


さくら「ほら、機嫌悪くなった。
小狼くん、いい子だよ?」

と小狼を褒めると桃矢はますます不機嫌になる
そして桃矢と一緒にいる雪兎に気づく。


さくら「雪兎さん!! こんばんは!!」

【勝手に雪兎さん登場させてしまいました。
すみませーん。】

6ヶ月前 No.122

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★dtBLEfr4ZX_BRw

苺鈴「いえいえ!ちゃんと木之本さんをエスコートしてきた?」


夕飯を作りながら小狼と話す。小狼に不安を抱いていた苺鈴は訪ね。


>小狼

雪兎「こんばんは、桜ちゃん。お邪魔します」


桜の目線に合わせてはニコリと笑顔で挨拶し。

>桜

【大丈夫ですよー】>桜たち

6ヶ月前 No.123

マカット @makatto ★Z60ekH7Us2_pns

【小狼たちのマンション】

さくらをエスコートできたか聞かれ照れながら答える。

小狼「あ、あぁ。できたぞ…。」

>苺鈴

【木之本家】

小狼の褒め言葉を聞くとさらに不機嫌になる。

桃矢「俺にはいい奴には思えないんだよ!!
なぁ? ゆき?」

なぜか雪兎に振る。


雪兎が桜に挨拶するとはにゃ〜んとなり返事する。

さくら「はい、こんばんは。 ゆ、雪兎さん
カレー好きですか?」

>雪兎

6ヶ月前 No.124

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★dtBLEfr4ZX_BRw

苺鈴「木之本さん、喜んでた?泣かせたらわたしが許さないからねっ!」


できたと言われてクスッと笑う苺鈴。一安心するものの泣かせたりしたら許さないと忠告を入れ。

>小狼

雪兎「桃矢はほんとに妹想いだねっ。でも小狼君、良い子だと思うよ」


妹想いな桃矢にクスッと笑うと桜にカレーは好きか聞かれて頷く。

雪兎「カレーは大好きだよ!」


>桜たち

6ヶ月前 No.125

マカット @makatto ★Z60ekH7Us2_pns

【小狼たちのマンション】

泣かせたら…と言われ、思わず真っ赤になる。

小狼「あぁ、すごい喜んでいたぞ。
だ、大丈夫だ、泣かしたりしない…。」

>苺鈴


【木之本家】

雪兎に妹想いだと言われ思わず
照れ隠しにいつもの意地悪を言う。

桃矢「ゆき、こいつが妹だ? 怪獣だぞ?」

>雪兎、桜

さくら「お兄ちゃん!! 雪兎さんの前で
何てこというの!! 雪兎さん、すみません…。」

>桃矢、雪兎

6ヶ月前 No.126

マカット @makatto ★6wmCD59u0o_Vx8

キャラを集めてます□

2ヶ月前 No.127

マカット @makatto ★6wmCD59u0o_zRM

さくら「最近、誰も来ないなぁ」

18日前 No.128
切替: メイン記事(128) サブ記事 (51) ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。