Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(10) >>

マギでなりきり

 ( なりきり掲示板(フリー) )
- アクセス(246) - ●メイン記事(10) / サブ記事 (37) - いいね!(0)

ますたあ @ritonetto ★N6ZPthUNsx_nHx

閲覧感謝です。
ここはタイトルのとおり、マギでなりきりをするスレです。
マギ(主人公アラジン)か、シンドバッドの冒険で悩んだのですが
シンドバッドの冒険だと、アラジンやアリババなどのキャラクターなどを使うことができなくなってしまうので、マギ(主人公アラジン)のほうを舞台とさせていただきました。

さて、ここで軽くルールの説明というか箇条書きさせていただきます。

1、荒らしなどの迷惑行為はおやめください。(見つけ次第削除依頼させていただきます)

2、オリキャラの使用OKです。ただし、オリジナルのマギは禁止、金属器使いも増えすぎた場合はこちらで制限をかけるかもしれません。
オリキャラの最強設定も禁止にしようと思ったのですが、何分、チートの多い作品なので、いくつかの条件のもとで最強設定を許可しようと思います。
(条件その1:かならず弱点をつけること。 条件その2:魔力量がマギレベルはNG。条件その3:金属器を所持は2つまで)
その他、これはさすがに・・・と思う場合は、こちらから声掛けさせていただきます。

3、確定ロル、強制ロルはご遠慮ください。どうしてもという場合は、絡んでいる相手の方と相談したうえでお願いします。

4、キャラリセは基本したくありませんが、進行状況が悪くなるのは避けたいので
本編キャラは3週間 オリキャラは4週間 を目途にキャラリセさせていただく可能性があります。もし、どうしても来られない事情などができましたら、その時は前もってご連絡ください。


5、キャラ同士の恋愛、喧嘩、戦闘、大いに結構です。ただし恋愛の行き過ぎはNG。喧嘩戦闘は相手を殺さないようにお願いします。モブキャラやダンジョン生物などはバンバンやっちゃってください。

6、本体同士の喧嘩恋愛、出会い厨はご法度です。




以上です。
様子見でこれから追加されていくかもしれませんが、なにとぞよろしくお願いします。

それでは、後の詳しいことはサブ記事に書こうと思いますので、
参加したいかた、もしくは閲覧してくださる方は、サブ記事のほうへどうぞ

3年前 No.0
切替: メイン記事(10) サブ記事 (37) ページ: 1


 
 

ますたあ @ritonetto ★N6ZPthUNsx_nHx

【アラジン:シンドリア王宮】

アラジンは一人、魔法の勉学に励んでいた。

アラジン「これと、これの命令式を組み合わせれば…」
難しい魔導書を読みながら、命令式を組み合わせていく。
マグノシュタットで教わった知識をフル活用して、様々な魔法を覚えていく。

>>ALL

【ベル:シンドリア上空>シンドリアの市場】

ベルル「はあ、なんで僕がこんなことしないといけないんだよ。飯食べにくるのくらい自分で買いに来いよ…」
と、シンドリアの上空を飛びながらブツブツと愚痴をいう。

そして、シンドリアの市場に降り立ち
僕の名前はベルル、大峡谷の守り人にして創成の魔法使いマギ…のユナンの弟子。
そのユナンの使いで、シンドバッドが納める国、シンドリアへきたのだ。

ベルル「…うわー、おいしそうな食べ物いっぱいだなー…どれがいいかな。これとかいいかな。ねえ、きれいなお姉さん、これ頂戴!」
と、市場で買い物をすませる。
ふと思い出した、ユナンが言っていたことを、シンドリアには、マギがいて彼はとても面白いから会ってみるといいと

ベル「ついでに見に行ってみるかー」

と、王宮までテクテクとあるいていく

>>ALL

3年前 No.1

ももか @nzuki1 ★Android=H9A23AchK2



 ※ キャラ崩壊ごめんなさい







 【 モルジアナ / シンドリア王宮 】




 「 アラジン 」

 広い部屋に声が響き渡った。
 モルジアナだ。

 「 もう、ずっと本を読んでいるのだから、休んでください 」

 心配そうに言う。
 少し威圧感があるように言う



 >ますたあ様


 【 シンドリア市場 / サラン 】

 「 あれ?貴方 .. 誰?見たことないわ 」

 驚いた様子でベルの元へ駆け寄る

 「 貴方 .. 名前は? 」

 まるで探るように名前を聞く

 >ますたあ様


 【 惶帝国宮廷 / 練紅寔 】

 「 やあっ! 」

 かん高い声が響き渡る。
 惶帝国の皇女であり、将軍でもある、練紅寔の声だ。
 ジンのやどる短剣を手に、剣術の稽古をしている

 >all様

3年前 No.2

ますたあ @ritonetto ★N6ZPthUNsx_nHx

【アラジン:シンドリア王宮】

アラジン「やあ、モルさん。そうだね、僕もそろそろお腹すいてちゃった。」
 読んでいた魔導書の巻物をまき直し、よっと立ち上がる。

アラジン「ところで、モルさん、アリババくんを見ていないかい?」
とモルジアナにアリババのことを聞いてみる。

>>モルさん

【ベルル:シンドリア市場】

ベルル「へ?やあこんにちはお姉さん。ボクの名前はベルル。ちょっとある人の使いでこの国にきた魔導士さ。よろしくね」
 話しかけてきたお姉さんに自己紹介をする。

ベルル「やっぱり、ボクの格好っておかしいかな。師匠がこの服は流行の流行ファッションだからって言うから着てるんだけど…」
 見たことがないと、言われたので自分の服装をみて苦笑いしている。
あのひと、世間とちょっと、いやかなりずれてるからなぁ…

ベルル「あ、そうだお姉さん、ボク、この国にいるアラジンっていう人に会ってみたいんだけど、どこにいるか知らない?」
この土地の人間かどうかもわからないけど、とりあえず聞いてみるのが一番だと思い尋ねる。

>>サラン

3年前 No.3

ももか @nzuki1 ★Android=H9A23AchK2



 【 シンドリア王宮 / モルジアナ 】

 「 それが良いです 」

 真顔で見つめる

 「 アリババさんですか?確か、修行をしていたような気がしますが? 」

 Questionマークのような顔で見つめる


 >>アラジン


 【 シンドリア市場 / サラン 】

 「 ベルルと言うのね、魔導士なんて珍しいわね、私も魔導士なの。しかも王宮のね 」

 にやりと微笑み

 「 アラジン、ってマギのアラジン様よね?アラジン様はお優しいから敬語でなくても良いというけれど、やっぱり伝説のマギ様でヤムライハ様の恩人とあって呼び捨ては気まずいのよね 」

 ベルルに意味のわかることのない事を淡々という

 「 で、貴方は何者?何者か分からぬ以上、アラジン様にお目通りは許しがたいのだけれど .. 」

 流し目で言った

3年前 No.4

ますたあ @ritonetto ★N6ZPthUNsx_nHx

【アラジン:シンドリア王宮】

アラジン「そう、まああとで来るだろうし、シャルルカンお兄さんが連れてきてくれるよね、僕たちはさきに食卓へいこう。」

そういい、みんながご飯をたべに集まるであろう場所へと歩いていく。
それにしても、

アラジン「ねえ、モルさん。何かあった?」
なんだかいつも以上に顔が硬いような気がするんだけど、と付け加え

>>モルさん(うわー、モルさんになんてことをー!!)

【ベルル:シンドリア市場】

ベルル「そっか、この国じゃ魔導士って珍しい物なんだね。…」
 じゃあ飛んできたのはまずかったかな、驚かせてしまったかな。と少し困り顔をする。
珍しいのならば、空を飛ぶ人なんてもあんまり見慣れてないだろうし…と、少し深く考え込んでしまう。

ベルル「そう、その…マグノシュタット学院で就籍になれるほどの天才だったが、そのときレームのマギ、シェヘラザードの命令でマグノシュタットを探りに来ていたティトスアレキウスに惜しくも負けてしまったが、決闘の末、そのティトスとも仲良くなり、ともにマグノシュタットの闇を払おうと奮闘し、レームとマグノシュッタットの戦いを誰も殺さずに止め、あの黒く堕天した依代となったマタルモガメット学長をその不思議な力で救い、かつての天才魔導士ヤムライハの心のうちにあった闇を払ったマギ、アラジンに会いたいんだ」

アラジンについての最近の情報をスラスラと相手の前でいっていく。
まあ、師匠であるユナンがすべてあの地獄耳で聞いていたことや、実際に見ていたことを私が聞いて覚えていただけなのだけど

ベルル「ええ、ごめんね。えっとその…ボクは大峡谷の守り人、マギのユナンの弟子みたいなもので。
そのユナンさんの使いで、ここのおいしい物を買いにきただけだったんだけど。前から師匠が一目おくアラジンっていうもう一人のマギに会ってみたいと思ってね」

ベルルが嘘をついていないかどうかは、ベルルのまわりのルフを見ればわかることで
周りのルフはとても素直な様子だ。


≫サラン(すいません、こんな長セリフで。なんというかすっごい弾丸トークしてしまってすいません。こういう性格なんです。はい)

3年前 No.5

ももか @nzuki1 ★Android=H9A23AchK2



 【 シンドリア王宮 / モルジアナ 】


 「 ええ、食堂で待っていましょう 」

 モルジアナは歩き、何も喋らない
 むすーん、とした顔で

 「 何もありませんでしたよ? 」

 目が戦闘時と同じ目をしていた


 >>アラジン ( 続けるの下手ですみません! )




 【 シンドリア市場 / サラン 】

 「 珍しい .. というか魔法そのものの概念があまりない国だから、まあ虐げられる事はないけれど、ちょっと驚かれるくらいなのかな?王宮には大魔導士のマギ様とマグノシュタット首席卒のヤムライハ様がいるのだから、他の国と比べたら全然大丈夫なんですけどね 」


 魔導士情報について語った。サランにしては楽しい話だが、当のサランは真顔のままであった。


 「 まあ、アラジン様のマグノシュタットでの活躍は知っているわ。 」


 踵を返すように言う。


 「 ユナンさん .. ? 」


 きょとんとして見つめる


 「 あのユナン様!?マギの!? 」


 凄く驚いて言う


 「 じゃあ、案内してあげる。この時間だとアラジン様は広間か食堂ね 」


 ふわりと宙に浮かび


 「 飛んでいくわよ、歩いてたら遅いから 」



 >>ベルル

3年前 No.6

ますたあ @ritonetto ★N6ZPthUNsx_nHx

【アラジン:シンドリア王宮】

アラジン「そうかい?何かあったら、僕やアリババくん、ほかにもいろんな人がいるから
一人で抱えないで相談しておくれよ?」

戦闘モードの目をしているモルさんを心配していう。
モルさんは悩みを人に打ち明けず一人で抱えてしまうところがあるから
たまにはモルさんの悩みとか聞いてみたいな

アラジン「もしかして、この前あったファナリス兵団のなかで気になる人でもできたとか!ムーお兄さんとかかっこいいもんね!」
と、ニマニマしながらモルさんに聞いてみる

>>モルさん

【ベルル:シンドリア市場】

ベルル「そっか、じゃあ僕がおかしいわけじゃないんだね!よかった!」
 この国の魔導士事情を聴いてほっとする。
そして、相手がユナンのことに驚いているのをみて首をかしげる

ベルル「え?そんなに驚くことかな?っていうかユナン様って…確かに師匠は創成の魔法使いマギだし
大峡谷のこちら側とあちら側を見守る守り人だけど…そんなに大した師匠じゃないよ?なんかみんなに嫌われてるみたいだし」
 と、自分の師匠のことをさんざんいいまくる自称弟子。本当にすごい人と一緒にいるのに、そのせいでほかとは少し感覚が狂っている。

ベルル「ありがとう!はやく師匠が言ってたアラジンに会ってみたいものだよ!」
そういうと、自分の杖に乗ってふわりと浮いて、サランについていく


≫サラン

3年前 No.7

にのまえ @arinn1111☆0KTbw4aL25Q ★Android=l39bFfvGfY

【 ハンパリアル / シンドリア 】

「 もうっ、煌帝国なんて退屈だわ……! 」

ふふ、と笑って、スキップをするように王宮へ向かう――煌帝国預かりの金属器使い、ハンパリアル。前にも何度かシンドリアには煌帝国から抜け出して遊びに来ていた為か、城下街からはハンパリアルを呼ぶ声が良く聞こえる。ハンパリアルはその声に笑ったり、返答したりして避ける訳だが。

「 おばちゃん、久しぶり。……そうだ! 林檎を頂いても良いかな? 」

「 勿論さねえ。ハンちゃんなら半額でも大丈夫だよ 」

「ありがとう」と笑って林檎を貰うと、もう一度王宮へ向かって歩き出した。

【 ハンパリアル:アリババ / 王宮 】

「 ハン! 」

眩しい金髪の光る青年、アリババ。どうやらハンパリアルの姿を偶然見かけたらしく、門まで迎えに来てくれた……らしい。

「 こんにちは、アリババ。……今の君の仲間に、会わせてくれる? 」

少なからず愛弟子の一人であったアリババの仲間を一目見たい……それと、シンドバッドへの謁見を求めていたハンパリアルはアリババの手を引いて食堂に向かった。

>アラジン、モルジアナ

【 ユナン / シンドリア城下町 】

「 僕を呼んだかい? ベルル。 」

ユナンの愛弟子・ベルル。ただ単にユナンは王宮に向っていたのだが、愛弟子に自分の名前を呼ばれた事で――愛弟子の方向へ向かったようだった。ふふ、と微笑んで、吹いた風に攫われそうになった帽子を手で抑えた。

「 ――あれ? 君は…… 」

と、愛弟子の隣にいた女性の方を向いて首を傾げるとニコリと笑って自己紹介を始める。

「 僕はユナン。ベルルの……師匠って所かな? 」

>ベルル、サラン

3年前 No.8

ますたあ @ritonetto ★N6ZPthUNsx_nHx

【ベルル:シンドリア城下町】

ベルル「し、師匠!!…って結局自分できちゃったんだね。ならわざわざ僕に使いなんてする必要ないじゃないか」
後ろから聞きなれた声がしたので振り返ると、そこには自分の師匠ユナンがいた。
すの姿をみて、あきれながらためいきをはく。

ベルル「僕はただ、魔導士としてはすごいのに、どこかだらしなく人からあまり好かれていない師匠のことを
 このさっき知り合ったばかりの…あれ?そういえばお姉さんの名前聞いてなかったね。お姉さん、名前はなんていうんだい?」
と、さっき親切にもアラジンのいるところまで案内してくれようとしていたお姉さんの名前を知らないことに気づいて、首をかしげて尋ねる。

≫ユナン、サラン

3年前 No.9

うらら @sunnyday ★iPhone=TmSJmRgN96

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

3年前 No.10
切替: メイン記事(10) サブ記事 (37) ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。