Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>

【ALL+オリ】ALLキャラで合宿しよう!

 ( なりきり掲示板(フリー) )
- アクセス(8933) - ●メイン記事(1880) / サブ記事 (632) - いいね!(25)

@tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★S0xWjDBvkX_Ony

「退屈だなー、何か面白い事ないかなー」

平凡で穏やかな日々を送っていたALLキャラたち。すると携帯に一通のメールが届いた。

『おめでとうございます。貴方様は当合宿企画に当選しました。つきましては下記の指示に従ってください』

???


この合宿が出会いを呼び、そして現在へと繋がるのであった――

【観覧ありがとうございます!ALL+オリで合宿スレです。基本ほのぼのした日常スレです
詳しくはサブ記事へ】

レス禁止

1年前 No.0
メモ2017/04/15 15:06 : ノア @siratuyu01★iPhone-ROVqwRM7iK

〜参加者〜

フェイト・テスタロッサ・ハラウオン(魔法少女リリカルなのはA's/主)222

高坂穂乃果(ラブライブ!/主)320

園田海未(ラブライブ!/主)220

西木野真姫(ラブライブ!/主)025

大空あかり(アイカツ!/主)233

千斗いすず(甘城ブリリアントパーク/主)150

黄前久美子(響け!ユーフォニアム/主)001

南みれぃ(プリパラ/主)310

司波深雪(魔法科高校の劣等生/主)

禁書目録(とある魔術の禁書目録/主)

御坂美琴(とある魔術の禁書目録外伝とある科学の超電磁砲/再参加希望)

美樹さやか(魔法少女まどか☆マギカ/主)

江戸川コナン(名探偵コナン/主)346

赤座あかり(ゆるゆり/主)111

日向咲(二人はプリキュアスプラッシュスター/主)

天ノ川きらら(GO!プリンセスプリキュア/主)

古手梨花(ひぐらしのなく頃に/主)

矢澤こころ(ラブライブ!/主)

栗山未来(境界の彼方/主)

星宮いちご(アイカツ!/主)

両津勘吉(こちら葛飾区亀有公園前派出所/主)

秋元麗子(こちら葛飾区亀有公園前派出所/主)

吹雪(艦隊これくしょん‐艦これ‐/主)

綾崎ハヤテ(ハヤテのごとく!/主)

皐月(艦隊これくしょん-艦これ-/ノア)353

文月(艦隊これくしょん-艦これ-/ノア)353

長月(艦隊これくしょん-艦これ-/ノア)353

明坂芹那(CHUNITHM/ノア)316

小仏凪(CHUNITHM/ノア)316

…続きを読む(11行)

切替: メイン記事(1880) サブ記事 (632) ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20


 
 

RAY @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【エドワード・ケンウェイ/酒場】
「………」

手を捻り、何もない場所から例の手紙を出す。詳しいことは知らんが、とにかく魔法使いってのは本当そうだ。
聖書にある多数の奇蹟とは異なるが、教会の連中や王族諸侯のような高貴な連中がこれを見たならば「奇蹟だ」のなんだの、それこそ馬鹿みたいに騒ぎ立てそうだ。

酒瓶のコルクを引き抜き、ラッパ飲みをしつつ
「…とにかく、君も何処かの物好きに呼ばれてきたってわけだ。」

しかし、こんな得体の知れない奴や逮捕されれば即刻絞首台送りか銃殺されるか、首を刎ねられる運命にある犯罪者まで呼んでくれるとは、太っ腹なうえに金持ちによくいる酔狂な奴だってのはよく分かった。
とはいえ、ケンウェイが手紙を入手した経緯は寄港先のハバナにて自分の事を騒ぎ立てる伝令を始末した際に奪い取ったこと。それでいて彼がいたのはここからざっと300年は前の世界。どうやって手紙を出したのか、そも本当に人間なのか。

―――――久々に真面目な考察をしている中で、酔っ払いの女が執拗に絡んでくる。
「あぁ…その様子だと此処に来る前に随分と呑んでるな。
それよりもその…周りを飛んでるヤツを何とかしてくれ。気になって酒に集中できん。」

しかし酒臭い。この様子だと朝から晩まで、しこたま酒を呑んでるな。まぁ、医者じゃあないので健康云々は知らないが。
それでいて、絡み上戸。これもナッソーだとゴロツキ相手にさんざ経験しているので今更どうとうとも思わない。

だが、一番は彼女の周囲を飛び回るモノ。虫にしちゃでか過ぎるし、鳥にしては嘴も無ければ羽根も無い。見た感じは完全に金属で出来ている。しかしあんなものは見たことが無い。ありゃあ何だ?

>>アリシア・隼鷹(エドワード・カーンビ・黒美あいな)・ALL


【東條希/海】
――――海

「真姫ちゃんとにこっち―――――じゃなくて、こころちゃん!」
「…ここにもにこっちとエリチはおらんのやね。どこにいるんやろう?」

案の定真姫は怒っていた…が、そこではない。真姫の隣にいたのは小さいにこ…ではなく、ある一件でにこを追いかけていた際に出会ったにこの妹のこころであった。
そして、にこと絵里は此処にも来ていないらしい。こんな時、一番に騒ぐのは他でもない絵里とにこだというのに…。

それはさておき、海には多数の人が集まっている。ほとんどが初めて会う人たちだ。

「それより真姫ちゃん。近くにいる人たちも参加するん?」
>>周辺ALL

1年前 No.501

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【天ノ川きらら、日向咲/夢ヶ浜】

きらら「じゃ、行ってくるね!」

手を振り撮影へと戻るきらら。咲は咲さんと呼ばれて少し困った様子でアルクレアに告げる。

咲「私も咲でいいよ!さん付けってあんまり慣れてないから…。」

苦笑しながら呼び捨てでいいよと笑顔で話す。そして数分後。撮影を終えたきららが戻ってくる。

きらら「お待たせー!」

【返信遅くなって申し訳ないです!;】

>アルクレア

【西木野真姫、高坂穂乃果、園田海未、矢澤こころ、アミティ/海】


穂乃果「…あなたもこっちにおいでよ!」

穂乃果は人影のある方へ手招きします。海未ちゃんと真姫ちゃんは首を傾げていました。
バーベキューは人数が多いほど楽しいよね。

真姫「えぇ。賑やかな方が楽しめるでしょ。」

こころ「お姉さまはまだ来てないんです。なんかバカンスがどうのこうのって一人で盛り上がってたのですが何処かへ行ってしまいました…。」

真姫ちゃんは嬉しそうに話ています。逆にこころちゃんはにこちゃんがいなくて不安みたい。

>ヲ級、折原たち、成歩堂たち、希、うまる


【江戸川コナン、両津勘吉、秋元麗子/ホテル】

勘吉「なんだかよくわからんが防犯カメラ貸してくれ!」


少女に言われて勘吉はスタッフに防犯カメラを貸して欲しいと告げる。


麗子「ふふっ。元気で何よりね。」

クスッと笑うと元気で何よりと告げる。

勘吉「うーん…写真からは何もわからんが。」

写真を見ながら首を傾げる。手がかりは見つからないようだ。


>リンたち、沖田、哀

【了解しました(* ̄∇ ̄)ノ】>ティーラ様

【大空あかり/雑貨屋】

衣装に着替えるとアドレーヌさんとリボンさんは褒めてくれました。私は嬉しい気持ちで一杯です。

「ありがとうございます!明後日のお祭りで私この衣装で歌うので来てください!」

ニコッと微笑むと来てくださいと宣伝しました。


>アドレーヌたち、桂先輩

【朝比奈みらい、リコ/温泉施設】

みらい「さっきから翔ちゃん翔ちゃんって声が聞こえたんだけど…。」

リコ「気のせいよ。」


私たちは温泉に来ています。何やら翔ちゃんと叫ぶ女の子の声やら救急車の音があり辺りはゴタゴタしていましたが無事に温泉を楽しんでます。すると少年が二人いました。その少年たちに先ほどのことを聞きます。

みらい「こんばんは!さっき翔ちゃんって声が聞こえたんだけど知らないですか?」


>銀河、翔介、パティ、all

1年前 No.502

神楽坂倫花 @recruit ★2wBeFhWWiK_M0e

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.503

ティーラは @akuno1414 ★iPhone=VTT4yieBNY

【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/海】
真宵「わぁ…人いっぱい集まってるね…」
春美「私、少しドキドキしています」
二人は目を丸くしながら言っていた。

>海all


【狩魔冥、鏡音リン、糸鋸圭介/ホテル】
『なんだかよくわからんが防犯カメラ貸してくれ!』
糸鋸「自分も調べるっス!」

『ふふっ。元気で何よりね。』
糸鋸「うぅ…自分、鞭のダメージで元気ではないかもしれないっス…」
と、ため息混じりにつぶやいた。

『うーん…写真からは何もわからんが。』
糸鋸「あ、あれ?そうっスか?」
ぶんせきくんで調べてもわからないようで、糸鋸は戸惑っていた。
リン「うーん、リンもあんまりおかしいところないと思うなぁ…」
冥「役立たずは道具まで役立たずね!」
糸鋸「そこまで言わなくても…」
>コナン達、快斗、総悟

1年前 No.504

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=VTT4yieBNY

【シャドーパティ/温泉施設】
『こんばんは!さっき翔ちゃんって声が聞こえたんだけど知らないですか?』
その質問にため息混じりにこう答えた
「…今固まってる奴のことさ…うちのバカな連れがこいつのこと翔ちゃんってよんでるみたいでさ…」

>みらい、リコ

1年前 No.505

榎田 @light1a ★iPhone=ilrLA3rWXR

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.506

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【折原臨也:バーベキュー会場】

暑苦しい小僧が近づく中で、穂乃果も会場入りしたらしく

『あ!さっきの情報屋さんだ!」

とそして全員では無いもの多くは参加しているらしいが真姫はエレンの存在を教えてくれたが

「うん、そうだね」

そう軽く流したなぜか彼からは面倒な匂いが、したからだが
何より会場を離れさっきに彼に声をかける海未に

「駄目だな主役が会場を離れたら、参加者のほとんどは君等が目当てなんだから……先の君大丈夫かい?きっと誰かが肩を貸してくれるよ」

と良い笑顔で励ましつつも、臨也自身決して肩を貸さなかった
多くの者が集まる中誰が彼に方かすのかを観察していた
アイドル目当ての奴に肉が目当ての奴とそれぞれ目的を持って会場入りをしている中で誰が……
まぁμsに駆け寄って話そうとするものが、大半だろうと彼女達の人気から予想した


>>バーベキュー会場all

1年前 No.507

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【沖田総悟:ホテル】

捜査は平行線をたどる中で、犯人のめぼしは着いているが証拠がない

「防犯カメラね〜もうは貸しちまった方がはやくありやせんか?」

何処から出したのか分からないがギザギザ男の石で出来た座布団とひざ掛け(定番の拷問道具のあれです)持ち出して
悪い顔をしているし冥の鞭をチラチラ見ながら

「コイツの上に座らせて膝の上にコイツを乗せて後は検事の姉さんの鞭があれば謎は解けやすぜ。そうじっちゃんの名に懸けて」

そして写真を見ても答えが分から荷と言う両津に

「両さんだってせっかくの言い馬が走るってのに行きたいんじゃありやせんか?硬いレースがありさすぜぇ」

不真面目&ドS組と言う自分に近い属性持つ者に結託を呼びかけるドS将軍


>>冥達、コナンたち、世良(キッド)


【カズマ:温泉施設】


間抜けな死にざまを迎え異世界に転生したはずのカズマの前に、懐かしい風景が見える
立ち上る湯気、浴衣でタオルを肩にかけた人々それはまさに温泉街そのもののような光景……

「これどう見ても日本だよな?異世界でも死んで、日本に再転生?てか追い出されたのか異世界から?」

異世界に転生したはずの自分がどう見ても剣と魔法の異世界にいるとは思えないてかもろ日本な場所にいる事に頭がついては来てないが
冒険者カードはポケットの中にある。いやそれより不味いのは腰の剣だ!異世界では普通でも日本では銃刀法違反でお縄になるんじゃねーか

「いや大丈夫逆に堂々ともってりゃ玩具と思われるだろうハッハッハってあれはアクア?何やってんだって……」

日本に戻っているが異世界で見に着けたスキルが使えるのかと言う事が気なっていた矢先に試す機会が訪れた

「流石に見ず知らずの人間から者を盗ったら不味いがパーティメンバーなら返せばいい……とりあえず『スティール』」

カズマはアクアに対してスキル・スティールを発動させた


>>アクア、(伊澄)

【同原作キャラなので絡ませていただきました。スキルも知っていると思い】

1年前 No.508

綾禰 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=sBHRIVw1IW

【緋ノ山綾禰】

「ーー食事か。では、今道を空けよう。すまないが、もう少しだけ待ってもらえるだろうか?」

どうやら、彼等は食事に行く予定らしい。そういうことであれば、早めに片付けるとしようか。待たせてしまうことを詫びた後、作業へとりかかる。

もっとも、自分が誘われているとは思ってないが。



何やら蜘蛛髪の男性と茶髪の少女ーー望月とは食べ物絡みの揉め事があったようだ。


「ーーん、お嬢さん達は知り合いだったのか」



望月と水色の髪をした少女ーー響という名前の彼女は知り合いのようだ。というより、同じ所属といった方が正しいか。


鎮守府ーー確か、かつて日本海軍にあった機関の名前だ。艦と称した事といい、少女達は日本海軍の関係者だろうか。

ーー流石に、それを追求するのは無粋だろうか。何より、今の自分は一般人だ。軍属ではない。


「ほう、それは奇妙な事もあるものだ。確かに、何か縁があるのかもしれないな。

ーーさて、話の続きは片付けてからだな」

誘導棒代わりに横断歩道の手旗を借りると、通行人や旅行者の誘導を始めた。

「……大丈夫か、白眼を剥いているぞ?」

誘導をしつつ、彼等の様子を見る。蜘蛛髪の男性の方は白眼を剥いたまま作業している。重さに耐えかねて必死になっているわけではなさそうだが。

纏っていた硝煙の臭いが霞むほど、コメディめいた雰囲気が場に漂う。

「私も手伝うかーー」

望月の方を向いて問いかけると、彼女は標識を引き抜いていた。意外と力があることに少しだけ驚く。何らかの鍛錬を受けたにしては幼すぎる。先ほど艦と称した事から察するに、特殊な力があるのだろうか。


「ーーむ、此方にもあったか。少し待っていてくれ、今どかそう」


誘導していた通行人たちを止めると、ひとまず手旗を置いて瓦礫に向かう。動きやすいようにコートを脱ぐと、鍛え上げられた傷だらけの腕が露わになる。


「さて、どっこらせっーーと!」

盾以外で重いものを持つのは久々なため、腰を屈めて瓦礫を集めて固め、しっかり掴んで立ち上がる。それを肩に担ぐと、安全な道端へと移動する。

盾を持ってくれば地ならしくらいは出来たが、無いものは仕方ない。

ーー会話の流れによると、惨状はどうやら一人の男性によるものらしい。随分と派手に暴れたものだ。



>タツミ達 >>474 、 ゲダツ&望月 >>455 、 響 >>478, (平和島、あかり)、商店街ALL

1年前 No.509

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【高坂穂乃果、園田海未、西木野真姫、矢澤こころ、アミティ/海】

真姫「楽しんでってね!緊張することはないわ。」

彼女たちは緊張していたので緊張をほぐす。すると穂乃果が嬉しそうにバーベキューの串を握る。

穂乃果「いただきまーす!みんなも食べようよ!」

大きな口を開けてほおばる。穂乃果らしいわね。


>成歩堂たち、折原たち、希、うまる、all


【江戸川コナン、両津勘吉、秋元麗子/ホテル】

勘吉「防犯カメラを確認するぞ!」

渡された防犯カメラを確認すると何やら怪しい人影があった。静かなホテルに物音が響く。

コナン「何か変な音がするよ?」

きょとんとしながらコナンは呟く。

麗子「大丈夫?あとでお茶でも淹れるから元気出して!」

柔らかな微笑みで圭介を励ます麗子。元気になって欲しいという思いだった。

>リンたち、快斗、沖田

分けます

1年前 No.510

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【高坂穂乃果、園田海未、西木野真姫、矢澤こころ、アミティ/海】

海未「心配です。私たちを目当てっていうのは嬉しいことなのですが。」

こちらとしては嬉しいが複雑な気分であった。海未は榎田に一言告げる。

海未「肩、貸しましょうか?」

きょとんとしながら問いかける。

穂乃果「情報屋さん、ここらへんで変わったことない?」

穂乃果は情報屋である臨也に変わったことはないかと問う。

真姫「仲間外れはよくないわよ。」

仲間外れだと思った真姫は眉を下げて苦笑しながら臨也に言う。

>榎田、折原

【江戸川コナン、両津勘吉、秋元麗子/ホテル】

勘吉「行きたいぜ!沖田一緒に行くか?あとは頼んだぜ麗子!」

麗子「両ちゃんっ!!また部長さんに怒られるわよ…。もう…。」

呆れた麗子は勘吉と沖田を止めるがそのまま逃がす方向であった。

>沖田、all

【競馬場、パチンコ屋追加します!両さんはそのまま競馬場へ行く流れです←】

1年前 No.511

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★UPFAV0GEPT_nHx

【銀河「」翔介『』/温泉施設】

ー ごめんねー!どいてどいてー!! ー

翔介の、パティからの護衛をどうしようか、と考えているときに。
…どいてほしい、という大声をあげて、人をどけながら突っ込んでくる少女たち…

一人は先ほどの…和服少女(伊澄)と…
…それから、先ほどの…不思議少女(アクア)

…その2名が…直進してきたのだ


「…ふんっ!」


呆然と、抜け殻となっている翔介を。
首根っこをつかんで思い切り引きずって、翔介をどかし、自分もどいた。…ときだった。


ー こんばんは!さっき翔ちゃんって声が聞こえたんだけど知らないですか? −

…また新しい者たちが。
……翔ちゃん、という声が聞こえて気になったらしい…

…どう答えてやろうか、と思ったら。


ー …今固まってる奴のことさ…うちのバカな連れがこいつのこと翔ちゃんってよんでるみたいでさ… ー

…シャドーパティ…シャティが、
説明をしてくれた。

…ついでな情報を付け足すか。


「…ついでに現在こいつは…その「馬鹿な連れ」に逆ナンパされ、強制的にこの温泉施設に引きずられ、露天風呂に一緒に入らないと…と脅迫されたところだ。」

それだけを説明しておいた。
…そういえば……確かシャティは…パティと同種族だったんだっけ?
もしかしたら…

「…なぁシャティ。…もしパティが翔介に変なことやろうとしたらお前がパティを止めるってことは…できないか?」

…わずかな希望をもって。
シャティに、そのような質問をしてみたのだった。

>シャティ、シュテル達、みらい達




【アルクレア/夢が浜】


ー じゃ、行ってくるね! −

「うん、いってらっしゃーい!」

行ってくる、といって手を振り撮影へと戻っていったきらら。
彼女にアルクレアは笑顔で「いってらっしゃい」と告げた。

…そして咲の方へ振り返ったアルクレアが目にしたもの。
それは…なんだか少し困った様子の咲。

アルクレアは「きょとん」としながら、咲の方に話しかけようとした時だった。


ー 私も咲でいいよ!さん付けってあんまり慣れてないから…。 −

「あ、うん。…じゃあ咲って呼ぶね!」

どうも、「さん付け」になれていなかったらしい。
それで困った様子をみせていたのか、と納得したアルクレアは。

「じゃあ咲って呼ぶ!」と元気よく、彼女に呼び捨てをすると宣言したのだった。

そして。

ー お待たせー! ー

ちょうどよく、きららが帰ってきた。
アルクレアは彼女の姿を見ると、さらに明るい笑顔になり。

「大丈夫だよー!そんなに待ってないから!…ね、早くいこ!」

と。
夢が浜の案内を依頼するのだった。



>きらら達

1年前 No.512

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【朝比奈みらい、リコ/温泉施設】

みらい「大変ですね…。」

リコ「脅迫…。最早犯罪じゃない!」

二人は苦笑しながら説明に納得して頷く。脅迫と聞いて犯罪と思ったリコ。何故こうなったかは二人は何も知らないため、何か手伝えることがあればいいなと考えていた。

みらい「私たちにお手伝いできることあるかな?」

リコ「一つだけなら魔法で解決するわ!」

魔法自体成功率は高くないけどリコは一つだけなら魔法でということを告げる。

>シャドーパティ、銀河たち

【天野川きらら、日向咲/夢ヶ浜】

咲「うん。よろしくね!アルクレア君!きららちゃんお帰りー!」

きらら「ただいまー!うん、行こ行こ!」

よろしくねと咲がアルクレアに告げるときららは早速行こうと咲とアルクレアに告げる。きららの案内で町を散策する。

きらら「じゃあ先ずは私のオススメのドーナツ屋さんから!」

ドーナツが好物のきららは自分がオススメするドーナツ屋を紹介する。あげたてで香ばしいにおいがする。

>アルクレア

1年前 No.513

水葬 @forte10☆NeDCG1Klls. ★ge8mulTLE2_nn8

【降魔 漣音/海】

バーベキューに行かないかと2人に問いかけたところ

“……そやな。ウチも怒りで腹減ってもうたし、さっさと食って修行始めるで!!”

と咲夜は快く了承してくれた。まあ、あんだけ叫んだら腹も減るわな。
すると、咲夜が携帯電話を取り出し、誰かと連絡を取る。
“ハル”と言う人物にバーベキューのお誘いをしているようだ。
OKが取れたようで、咲夜は笑顔になっていた。羨ましいな、やっぱり。

エレンの方を見やると、何故かチーズハンバーガーを取り出して…

「行ってもすぐに始まらないかもしれないし食べねーか?仲介してくれた礼にさ。
えっと漣音さんだったよな師匠が呼んでるが聞こえたんだけど?」

そう言ってチーズハンバーガーを自身に差し出してきた。しかし、何でチーズハンバーガーなのか。
どうしよう…受け取った方が良いのか?しかし、腹の音がでかかった割には…そこまで空腹感は感じられない。
いや、彼女の感覚が麻痺しているだけで本当は結構空腹なのだ。じゃなければ腹の虫は鳴らない。

「ああ、話を聞かれていたか。もう知っているだろうが私の名は降魔 漣音だ。さて、チーズハンバーガーだが、
お言葉に甘えて…と、言いたいところだが…本当に良いのか?お前の大好物なら無理に私に差し出さなくても良いんだぞ?」

彼女はなんとなくであるが、チーズハンバーガーはエレンの好物なのではと考えた。
好物と言うものは持ち歩くか、頻繁に食べられる場所に通ったりして食べるものだ。
もしかしたら…と思うと、ちょっとだけ遠慮してしまう。

「まー…私も肉が焼けるまで待ちきれないほど子供ではないからな。
腹の音はでかかったが、ハラペコだ!とまでは感じていないから大丈夫だろう。」

彼女は感覚が麻痺したまま行くぞと2人に言いながらバーベキュー会場に向かって歩き出した。

>愛沢咲夜 エレン・イェーガー(西木野真姫)海ALL

1年前 No.514

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【エレン・イェーガー:海】

チーズハンバーガーを渡そうとしたが

『ああ、話を聞かれていたか。もう知っているだろうが私の名は降魔 漣音だ。さて、チーズハンバーガーだが、
お言葉に甘えて…と、言いたいところだが…本当に良いのか?お前の大好物なら無理に私に差し出さなくても良いんだぞ?』

そう言って断って来たが遠慮しているのか?それとも本当に思ったほど腹がすいていないのか?それとも俺の好物と見抜いたのか
ニヤリと笑いその言葉を肯定する

「俺の好物を見抜くとは流石だが心配は無用だぜリュックに多量にあるから遠慮は無用だぜ」

と背中に背負ったリュックサック中身を見せる合宿に参加するのに着替えも何も先ずにリュックサックの中にはチーズハンバーガーだけがギッシリとは言ってた
荷物は大き目のリュックにチーズハンバーガーと財布そして腰につけた立体起動装置それに整備品が入った手提げのみでの参加であった

『まー…私も肉が焼けるまで待ちきれないほど子供ではないからな。
腹の音はでかかったが、ハラペコだ!とまでは感じていないから大丈夫だろう』

そこまで遠慮されては無理強いは出来ないとチーズハンバーガーを引っ込めるが、一応は言っておいた方がいいと

「なぁ漣音なんかアイドルグループが主催みたいだから最初にライブでバーベキューはその後の可能性もあるから……我慢が効かなくなったら言ってくれよ」

アイドルが主催となれば彼女達の宣伝などのイベントがメインで進みその後に食事と言う流れも予想できたので、腹が減れば言ってくれと言っておいたが
情報屋は何故か俺の事を避けているようにも見えたが気には止めなかった





>>降魔 漣音、愛沢咲夜

1年前 No.515

ティーラは @akuno1414 ★iPhone=VTT4yieBNY

【リボン、アドレーヌ/商店街】
リボン「はい!楽しみにしてますね!」
アド「応援してます!」
と、笑顔で応援する二人。

>あかり、ヒナギク


【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/海】
真宵「は、はい!」
緊張することないと言われ、笑顔で答える真宵。
龍一「そ、それじゃあ、いただきます」
と、龍一は串を一本とり、かぶりつき、真宵もたくさん串をとって頬張り、春美は野菜しか食べていなかった

>真姫、臨也、all


【狩魔冥、鏡音リン、糸鋸圭介/ホテル】
糸鋸「おぉ!ありがとっス!やっぱり麗子さんは優しいっス!」

糸鋸「ん?何スカ?この人影…」
両津と防犯カメラを調べていると、怪しい人影がうつった。
そしてどこから取り出したかわからないが、石の座布団と掛け布団を取り出し、後は冥の鞭があれば大丈夫だという総悟に
冥「悪くはない考えね…」
と少し微笑みながら言った。

リン「ほんとだ、何の音だろ?」
変な音がするというコナンに、何の音だろうと首をかしげるリン。

『行きたいぜ!沖田一緒に行くか?あとは頼んだぜ麗子!』
『両ちゃんっ!!また部長さんに怒られるわよ…。もう…。』
冥「あのバカコンビ…後でおぼえてなさい。あ、後、秋元麗子だったかしら?後で両津勘吉の給料を下げるように、彼の上司に言いなさいな」
と、総悟と勘吉を睨みつけ、麗子にそう言った。
>勘吉達、総悟、all


【シャドーパティ(人間)./温泉施設】
「あー…それは無理だ。私、あの状態のパティに弱いし…」
と、銀河に申し訳なさそうに答えた。
そして、彼女らの方を向いて、
「ありがたい、じゃあ、よければ私達に協力してくれ…」
>翔介、銀河、みらい、リコ

1年前 No.516

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【沖田総悟:ホテル】

沖田は同じドS属性の冥に拷問で吐かせようと、そして不真面目属性の両さんにサボろうと
誘った結果両さんが

『行きたいぜ!沖田一緒に行くか?あとは頼んだぜ麗子』

乗って来たのでこれに便乗する事にしようとするも麗子が部長が起こると言っているので

「さぼっれるとか誤解はしないでもらえやせんか?操作の基本は足でさァ聞き込み、聞き込みな?両さん」

ホテルを出る事を正当化して堂々とサボる気でいる総悟だが冥の

『あのバカコンビ…後でおぼえてなさい。あ、後、秋元麗子だったかしら?後で両津勘吉の給料を下げるように、彼の上司に言いなさいな』

って上司ってまさかマヨネーズ筆頭にでも言う気か?……まぁ構わないかと気にせず逃亡したが、ホテル内は警官が多い事から

「じゃあ事件目撃者がいると言う競馬場に聞き込みに行きますか?」

現場を離れる二人に不審な目を向ける警官に聞こえる様に話しながら歩いた


>>両さん、競馬場all

1年前 No.517

不揃いの果実 @tatumi88☆ChU7Z6/SpEs ★DOCOMO=0VZiHrRZuv

【星光の殲滅者(シュテル・ザ・デストラクター)、雷刃の襲撃者(レヴィ・ザ・スラッシャー)、闇統べる王(ロード・ディアーチェ)、元砕け得ぬ闇(ユーリ・エーベルヴァイン)、アミティエ・フローリアン&キリエ・フローリアンside/温泉施設(廊下)】


どうやら、シャドーパティと名乗ったこの目の前の者は、あの少々エキセントリックな感性の持ち主のパティとやらと同種族のような存在らしい。拒否権はないと告げられ、現実逃避を始める翔介。さらにシャドーパティはパティを止められないらしい。そこで、ある人物が名乗りをあげる。


ディアーチェ「利かん坊を拘束したいのならば、旨いスイーツを条件に我も力を貸してやろうぞ。ありがたく思うのだな」
パティを止める手立てにディアーチェが名乗りをあげたのだった。ディアーチェは相手を拘束魔法(バインド)で動きを封じさせる戦法を得意とする。パティが何かいかがわしいことをすれば、バインドを用いて拘束しようということだ。ちなみに、ディアーチェやシュテルのバインドは強力でレヴィ並の怪力でもなければ容易には引きちぎれない。
だが、ディアーチェは協力への見返りに美味しいスイーツをおごる事を条件として提示したのだった。


レヴィ「むぅ!王さまばっかりズルい!ボクも美味しいもの食べたいのにィ!!ボクもやるよ!さっきのヤツをぶちのめせば―――あいたッッ!!」


キリエ「そーゆー暴力沙汰はこっちからは起こさないって、皆で約束したでしょ!」
レヴィはディアーチェだけが美味しいスイーツを食べることが気に食わなかったようで、頬を焼けた餅のように膨らませて、だったら今すぐにパティをぶっ飛ばそうと、バルニフィカスを構えて特攻しようとするが、キリエが即座にツッコミを入れて制止させた。どうやらレヴィが何か変なことをしないようにと、余程のことがない限り、こちらから武力行使を行わないようにと事前に約束していたらしい。"スイーツだったら、あとで私が食べさせてあげるから、ここは王さまに任せましょ"とレヴィに告げると、レヴィはようやく渋々、了解したようだった。


>>銀河達、シャドーパティ、その場ALL



【大森タツミ、香月ナナ、エリナ・デア=フォーゲルヴァイデ、南成佳鉈side/商店街】


エリナ「あっ、ロシア語……!アリサさんと同じ……?」


タツミ「おいおい、マジかよ……」
エリナは響のロシア語を聞き、極東支部のメンバーであるアリサが、かつてロシア支部に所属していたというのを思い出したようだった。響もロシアと何か繋がりがあるのだろうか?それよりもタツミやナナは緋ノ山や響、ゲダツ、望月が大破した自動車を動かしたり、標識を引き抜いて元の場所へと戻して行く光景に驚きを隠せないような表情を浮かべる。厳密にいえばタツミ、ナナ、エリナもアラガミの細胞組織である偏喰因子を投与して神機使いになったので普通の人間ではないが、大破した自動車を動かせるほどの腕力はさすがにない。特に響や望月はどう見ても自分達より幼いはずだ。普通の人間ではないのだろうか?


佳鉈「いやはや、正直驚いたが、キミ達に感謝する。―――――私は南成佳鉈、ちょっとした研究をしている者だ」
緋ノ山、ゲダツ、響、望月の活躍で、大破した自動車は道路脇に、標識は元の場所へと戻されて人の往来は可能となった。佳鉈も先ほどの光景には驚いていたようで、緋ノ山、ゲダツ達、響に口元に笑みを浮かべてお礼を告げると、"後で警察の方には私が連絡しておこう"と告げて、佳鉈は通信端末を取り出してどこかに連絡を入れている。連絡は10分ほどで終了すると、緋ノ山やタツミ達にはまだ名乗っていなかったので、ちょっとした研究をしている者だと簡単に自己紹介を済ませる。


タツミ「おぅ!俺は極東支部の大森タツミだ!」

ナナ「私は香月ナナ!よろしくー!」

エリナ「え、えっと、エリナ・デア=フォーゲルヴァイデです……。よ、よろしくお願いします……」
佳鉈に続いて、タツミ達も次々に自己紹介を始める。にこやかに笑みを浮かべているタツミとナナに比べてエリナは少し緊張気味に自己紹介をしているようだった。


>>緋ノ山、ゲダツ達、響、(御坂)、商店街ALL



【遅れてすみません;;】

1年前 No.518

杏里 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【西木野真姫、高坂穂乃果、園田海未、矢澤こころ、アミティ/海】

真姫「まだまだあるから遠慮しないでね!」

遠慮しないでねと告げると自分はオレンジジュースを飲む。海には満月が映し出されて星がキラキラ輝いている。

穂乃果「お肉お肉!!」

穂乃果は肉オンリーの串を食べていた。海未は横でバランスのよい野菜と肉の交互の串を食べていた。


【肉オンリーは夏色笑顔で1、2jumpのドラマCDに出てきたのを参考にしました(確か希と凛が肉を投げ合いしてましたが←)】


>成歩堂たち、折原たち、希、うまる

【江戸川コナン、秋元麗子/ホテル】

麗子「この事件が解決したらね!!」

とりあえずこの事件が解決してからの話になるが。そしてリンたちは何か見つけたらしい。

コナン「…この人影…。間違いない。アイツのだ。決定的な証拠さえ掴めれば。」

コナンはぶつぶつと思ったことを口に出していた。すると給料を下げるようにと言われた麗子は苦笑しながら言う。

麗子「えぇ…。分かったわ。」

>リンたち

【大空あかり/商店街】

「ありがとうございます!このカード、桂先輩とリボンさんとアドレーヌさんに記念にあげます!」

それぞれコーデされている洋服たち。カードを三人に配ると笑顔で記念に差し上げます。

>アドレーヌたち、桂先輩


【朝比奈みらい、リコ/温泉施設】

みらい「何をお手伝いすればいいですか?」

リコ「何でもお任せよ!」

二人はやる気満々でお手伝いする気持ちだった。とりあえず今はパティと翔介を何とかしないといけない。

>シャドーパティ、銀河たち

【両津勘吉/ホテル→競馬場】

「だな!聞き込み開始!」

聞き込みという名のサボりであるが聞き込みだと沖田と同じく大きい声でホテルの中に居る人たちに聞こえるように言う。

「あー、もしもしそこのおじいちゃん!この辺で怪しいヤツ見ませんでしたか?」

『怪しい人なら見かけたよ。でかい着ぐるみを来て海あたりをフラフラしていたよ。しかもそのぬいぐるみはしゃべってたねぇ…。』

「ぬいぐるみ…?!イベントでもやってたんじゃねえのか?」

聞き込みは順調に進んでいく。


>沖田

1年前 No.519

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【沖田総悟:競馬場に続く道】

両さんと聞き込み(サボり)に励んでいた時に通行人から

『怪しい人なら見かけたよ。でかい着ぐるみを来て海あたりをフラフラしていたよ。しかもそのぬいぐるみはしゃべってたねぇ…。』

その証言を良していて地図を出して両さんに言った

「なぁ両さん ホテルと海そして俺の聞き込みで聞いた温泉施設……これを繋ぐと線の先は競馬場せさァ勤務中に不謹慎だけど行くしかありやせんぜェ」

まるで行きたくないけど仕方なくと言った体裁をとって両さんに話を振るりさらに

「もし、もしもですぜぇ犯人を見たのが受付とか競馬場関係者で「客じゃない奴に話す事はない」とか言われたら馬券を買うしかないな情報収集の為にしかたなく」

>>両さん

1年前 No.520

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.521

RAY @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【響/商店街】
響も望月も確かに見た目は幼いが、艦娘である以上毎日のように艤装を背負い海を駆ける。駆逐艦という特性上、流石に戦艦や重巡のようなバカでかい偽装を背負うことは出来ないが、それでも普通の人間に比べたら怪力の持ち主であることに間違いはないだろう。

―――そして、新たに現れた女性の助けもあってボロボロになった商店街の一角は元に戻った。後のことは警察に任せておけばいいだろう。
―――――――
「…私は暁型二番艦、響だよ。」

いつもの冷静さを取り戻し、自己紹介する。―――と、ここで三人組がロシア語を聞くや反応を示す。
知り合いにソビエト…ではなく、ロシアと関わりのある人物でもいるのだろう。

「…私はソ…ロシアとの繋がりは無いよ―――――多分ね。」
「それよりも、早く夕飯を食べに行こう。そろそろ店が閉まり始める頃合いだよ。」

正直なところ、日本で「造られた」自分が何故縁も所縁もないロシアの言葉を喋れるのだろうか。こればかりはどう頭を捻った所で分かりようもない。
…しかし、彼女のどこかには今と異なる全く異なる自分の姿が存在しているような気がする。妙な気分だ。
そう思いながらふと時計を見ると20時を過ぎている。

>>大森タツミ・香月ナナ・エリナ・デア=フォーゲルヴァイデ・南成佳鉈 望月・ゲダツ 緋ノ山綾禰 ALL


【青山ブルーマウンテン/キャンプ】
薄暗いのでよく分からないが、水が流れる音がする。と少女は言う。川が流れているようだ。
でも、釣りの道具は持ってきていない。そのまま川に飛び込むわけにもいかない。きょろきょろと周辺を見渡すと、釣り具の貸し出しなんてのもあり、三人分を借りに行こうと思っていると、バスで知り合った少女レトが得意だから任せてと言い、リュックから釣り糸と釣り針、そして餌となる何かの肉を取り出す。…一体どうしてそんなものを持っているのかは食料を集めてから訊こう。

そしてここに来て初めて知り合った倫花もまた、どういうわけかリュックに釣り具が入っていた。結局釣りの道具を持っていないのは自分だけ。だけどこの中では一番の年上…ということになる自分だけ何もしないのも申し訳ない。

「私は釣り具を借りに…それと、お米も売っているみたいなので買ってきますね。」

近くにある釣り具貸し出し、よく見ると食べ物を売っている。どうやらこういうケースに陥った人に向けて最低限の食料を売っているようだ。
とりあえず今日の夕食は何とかなりそう。二人に一声かけると、店へと向かっていった。
>>神楽坂倫花 レト・ルババ ALL


【東條希/海】
「前に真姫ちゃんの別荘がある沖縄に行った時みたいやね。」

このバーベキュー、以前PV撮影のために沖縄に行った際の事を思い出す。あの時は穂乃果の「肉だけの串」という注文で、この場にいない凛と共に作り、肉を投げ合っていた。と思い返しつつ

「こころちゃんとうまるちゃんも遠慮しなくてもええんやで。」

穂乃果はがっついているが、特に気にしてくてもいいよ。と言い、肉を頬張る。
>>周辺ALL

1年前 No.522

ティーラは @akuno1414 ★iPhone=VTT4yieBNY

【狩魔冥、鏡音リン、糸鋸圭介/ホテル】
リン「…ねぇ、リン思ったんだけど…なんであの人達わざわざ2人で仕事してる写真なんて撮ってたのかな?」
と、リンは疑問に思ったことを口にしてみた。

>コナン達


【シャドーパティ/温泉施設】
シャティ「…それでいこう。悪いな、うちのバカが…後でしばいとくから…」
と、銀河の提案に賛成し、パティのことを皆に謝罪した。
>温泉施設all


【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/海】
真宵「はあい!遠慮しないでどんどん食べまーす!」
龍一「真宵ちゃんは少し遠慮する方がちょうどいいんだよ…」
こちらも肉オンリーであり、龍一はオレンジジュースを飲みながらつっこんだ。
>海all


【リボン、アドレーヌ/商店街】
アド、リボン「わあ、ありがとうございます!」
カードを受け取りニコリと笑う二人
>あかり、ヒナギク

1年前 No.523

空母ヲ級 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=sBHRIVw1IW

【空母ヲ級/海】

「ヲヲ……?」

ーー予想外の反応だった。この姿で驚かれたり、警戒されるのを覚悟していた。

だが、海辺の彼女は恐れるどころか、一緒に食事をと手招きしてきた。思わず戸惑ってしまう。

人の形として生まれ落ちて以来、こんなことは初めてだったので動揺を隠せない。


「ヲヲ……」

ーー昏くて冷たかった水底から出て、やって来た海の上で出迎えてくれたのは、温かな人の笑顔だった。


「ヲヲ……ウン!ワタシ、モ、イッショ、ニ……!」

口元に淡い笑みを浮かべ、バーベキューをしている彼女たちの元へと向かう。


>穂乃果たち >>502 、折原たち、成歩堂たち、希、うまる、海ALL

1年前 No.524

榎田 @light1a ★iPhone=ilrLA3rWXR

【榎田 耀/バーベキュー会場】

「肩、貸しましょうか?」

そんなにきょとんとした顔で僕を見ないで、海未ちゃん。ドキがムネムネしちゃうじゃないか。

だが、僕は単純で現金な少年だ。可愛い女の子に心配されて、頑張ったらご褒美の肉が待ってるなんて最高のシチュエーションだ。僕、頑張っちゃうぞ♪

だけどちょっと待って、今から単純で現金な少年になるからさ・・・・・・よし。

「いや、僕は今砂まみれだから。自分で起き上がるよ。」

ちょっとキメて言ったら、もう海未ちゃんはバーベキューを楽しんでいた。悲しいからもう普通に立ち上がった。
―――足は子鹿みたいに震えてたけどね―――
さて、僕もバーベキューを肉を食べるか。

>>主様、折原様、ALL様

1年前 No.525

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.526

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【両津勘吉/競馬場に続く道】

「おう。わしも"仕事"として買うしかないな!」

仕事としてと言い訳するもののやる気に満ち溢れていた。更に聞き込みを進める。

『やけに着ぐるみが多いけど今日は祭りかい?』

「今日は何もないぜばーさん。海でバーベキューがあるくれーだな」

流石この辺りのイベントに詳しい。お年寄りにバーベキューは通じるかわからないがとりあえず言う。

『バー…ベキュー?なんだい年寄りをバカにしないどくれ!わしゃばーさんじゃないわ!』

>沖田

【天ノ川きらら、日向咲/夢ヶ浜】

「うーん。全部と言いたいけどチョコとイチゴかな!」

全部オススメだけどチョコとイチゴと告げるときららはそれぞれ3つずつ注文する。きららのおごりらしい。

咲「美味しそう!」

>アルクレア

【朝比奈みらい、リコ/温泉施設】

みらい「了解!」

リコ「お礼はメロンパンでいいわ」

二人も了承しリコはメロンパンを求めた。すると改たに少女たちが協力するらしい。心強いと二人は思う。そして周囲に自己紹介する。

みらい「初めまして!私は朝比奈みらい。今年から中学二年生です!」

リコ「私はリコよ。よろしくねっ!」

>銀河たち、ディアーチェたち

1年前 No.527

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【高坂穂乃果、園田海未、西木野真姫、矢澤こころ、アミティ/海】

穂乃果「懐かしいねー!また撮影したいなぁ。」

穂乃果は肉を頬張りながら言う。こころは少し遠慮していたため希に言われて嬉しそうに笑顔で答える。

こころ「はい!いただきますっ。」

穂乃果「こっちこっち!みんな!新しい子だよ!えっと名前は?」


海辺から上がってきた少女の手を握りみんなの元へ連れてくると名前を問う。

海未「お待たせしました。はい、どうぞ!一緒に食べましょ?」

野菜と肉の交互の串を二本持ってきては笑顔で一本差し出す。

アミティ「私も遠慮しませーん!」

こちらも少し遠慮したほうが良いみたいだ。

>希、うまる、ヲ級、榎田、成歩堂たち、折原たち、all

1年前 No.528

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【江戸川コナン、秋元麗子/ホテル】

麗子「そうよね。一人でもいいはずなのに。」

リンの疑問に答える麗子。すると受付員が答える。

B「なんだっていいじゃないか!;」

>リンたち、all


【大空あかり/商店街】

「大切にしてくださいね!私たちの友達記念です。」

私は喜んで貰えて凄く嬉しかったです。大切に使ってもらえるなら嬉しいなぁ。

>アドレーヌたち、ヒナギク

1年前 No.529

湯花 @syokugeki ★WiiU=qbwPqPWLmc

 【田所恵、吉野悠姫、榊涼子/ホテル】

悠姫「 やっとついたぁ! 」
涼子「 だいぶ時間かかっちゃったわね。 」
恵「 でも、綺麗なホテル.... 」
涼子「 遠月離宮に対抗できる広さね。 」
駄弁りながら足を踏み入れたのは遠月茶寮料理学園の極星寮一年生の女子メンバーだ。
悠姫「 ひゃっほー!あ、ねえ商店街行こうよ!お腹すいちゃった。 」
涼子「 自分で作りなさいよ、料理研修なんだから。というか、来たばっかでしょ!! 」
悠姫「 そんなこと言わないで!行こ! 」
恵「 私も、行きたいかな。 」
悠姫「 よし、これで一対二!榊涼子にかちめなし! 」
涼子「 はぁ....仕方ないわね。行こうか。 」
恵&悠姫「 やったー!! 」
*******

>ALL.

1年前 No.530

アキ @mikusaikou ★Android=IjrN9kbzxq

【幸平創真、小泉花陽/海】

創真「あー。客こねー。」

愚痴を呟きながら、屋台で調理をしていた。すると。

花陽 「この匂い。温かいご飯の匂いだ。」

穂乃果と合流する途中。屋台から漂ってきた匂いにつられて、屋台へと引き寄せられるように行く。

創真 「おっ!早速!・・・え!?」

客が来たと思って準備をしてたら、来た客がスクールアイドルの一人だということに驚く。

>ALL


【忙しくてすみません】

1年前 No.531

湯花 @syokugeki ★WiiU=qbwPqPWLmc

 【田所恵、吉野悠姫、榊涼子/商店街】

悠姫「 はー、肉うっま!! 」
悠姫は商店街で、ばかでかい漫画肉を頬張っていた。
悠姫「 あ、そうだ涼子。今日と明日のスケジュール教えてくんない? 」
涼子「 スケジュール?えっと、今日は自由時間で、夜はバーベキュー。明日は海へ行こうと思ってるの。で、午後からは本題の料理研修よ。 」
恵「 今日はバーベキューなの!?やった!あ、でもいっぱいALLさん達がいるんだよね....大丈夫かなぁ 」
涼子「 恵は心配性ね。大丈夫よ! 」
恵「 そうかなぁ。 」
悠姫「 だいほお...ガツガツぶが..ガツガツ 」
涼子「 こら悠姫!口の中無くなってからしゃべりなさい! 」

1年前 No.532

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【西木野真姫、高坂穂乃果、園田海未、矢澤こころ、アミティ/海】

穂乃果「あ!花陽ちゃ…。」

花陽を見つけるものの何処かへ行ってしまった。ご飯につられたらしい。

真姫「花陽、私も一緒にいいかしら?」


花陽の隣に真姫がいてニコッとしながら聞く。穂乃果が呼んでも気づかなかったため呼びに来たのだ。花陽のためとか寂しいとかじゃないと心の中で思ってた。

>花陽たち、all

【大空あかり、星宮いちご、吹雪/商店街】

あかり視点


アドレーヌさんたちと話ていると賑やかな声が聞こえました。バーベキューがどうのこうのという会話です。バーベキュー会場は確か海だったよね。するといちご先輩ともう一人の女性もこちらに話かけてきます。

いちご「あかりちゃん!あかりちゃんも来てたんだ!」

あかり「星宮先輩!お疲れ様です!!」

いちご「この人たちはあかりちゃんのお友達?」

あかり「はい!アドレーヌさんとリボンさんとヒナギクさんです。」

吹雪「こんばんは。吹雪です。」

いちご「こんばんはー!私は星宮いちご、よろしくね!」

いちご先輩と吹雪さんはそれぞれ挨拶していました。私は彼女たちを見て挨拶します。

あかり「こんばんは!大空あかりです。バーベキューに行くんですか?私たちも一緒にいいですか?」

初めて会う人たちばかりで最初はちょっぴり怖かったけどこうして友達も増えて楽しい合宿になりそうです。

>凉子たち、ヒナギク、アドレーヌたち

1年前 No.533

ティーラは @akuno1414 ★iPhone=4hiDJqs5yG

【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/海】
真宵「お、新しい子?」
新しい子と聞いて真宵は少しワクワクしていた。

龍一「君も少しは遠慮しなよ…」
と、遠慮しないというアミティにそうつっこんだ。

>海all


【狩魔冥、鏡音リン、糸鋸圭介/ホテル】
リン「それにさ、さっきから気になってるんだけど、誰が撮ったのこれ?」
と、どんどん気になっていることを聞くリン。
>麗子、all


【リボン、アドレーヌ/商店街】
アド視点
アド「はいっ!大切にします!」
ん?誰かきた。あかりさんの先輩らしい。
アド「あ、アドレーヌです!よろしく!」
リボン「リボンです!よろしくお願いします!」
>あかり、いちご、吹雪

1年前 No.534

アキ @mikusaikou ★Android=IjrN9kbzxq

【幸平創真、小泉花陽/海】

花陽 「あ。真姫ちゃん。いいよ。」

一緒にいいと聞いてきた真姫に一緒に食べよと言う。

創真 「いらっしゃい!メニューを見て、好きなもの注文しな!」

花陽 「白米・・・。(あ、これ美味しそう。」

花陽の目に止まったのは「ゆきひらの日替り定食」。白い米もあったので。

花陽 「ゆきひらの日替り定食を二つお願いします!」

創真 「おうよ!ゆきひらの日替り定食二つな!」

注文をメモした後、早速調理に入る。釣ってきた川魚をハイスピードで捌いた後、捌いた魚をかき混ぜた卵に漬け、卵に漬けた魚を細かく砕いた柿の種を衣として漬ける。

花陽 「すごい・・・。カッコいい。」

花陽は注文したメニューを調理をしている創真を見て眼を輝かしている。ちなみに創真は真姫、花陽と同学年である。

>真姫、海ALL

1年前 No.535

榎田 @light1a ★iPhone=ilrLA3rWXR

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.536

欠けた茶碗 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_6Gk

【望月、ゲダツ/商店街】【酒場組は少々待機中】


身に覚えの無い筈なのに響の言葉に混ざるロシア語――

―端的に言えば、それはある種の自分達(艦娘)の、かつての“記憶”の残余の様なモノかもしれない。それが時として鮮明且つ不意にフラッシュバックしたり、言動や行動に本人も意識せずに出て来る。かく言う望月も極偶に“夢”を見る事が有る。波間に漂う誰かの視点――ささやかな対空砲火を掻い潜り急降下して迫る米海兵隊のSB2C(ヘルダイバー偵察爆撃機)の編隊が投下した複数の1000ポンド爆弾の直撃で爆発・破砕された艦橋構造物、退艦した乗員を乗せて遠退いて行く救命艇、炎上しながら誘爆・真っ二つになって“沈む”自分の姿…

良く解かるが故に、出来る事なら思い出したくも解りたくもない――最期。

―――



ぽんっと響の肩に手を当てて、何処と無く気にし過ぎなさんな。と要らぬ気遣いながらも望月は声を掛けた…本人は大して意識していないかも知れないが何となく心配になったからだ。

ゲダツ「はっ…うっかり、ほう?貴様も小娘らも中々力がある様だな…大したモノよ。」

望月「伊達に普段重いモノ着けて"動き回ったり"色々と"運んだり"してないからねぇ…これくらいは楽なモンっしょ」

白髪の女性からの言葉に白目から我に返りながらも何やら感心した様な様子でふむふむと頷きながら、蜘蛛頭の黒衣の巨漢は三人を賞賛する様な言葉を述べる。それ以前に重さを度外視した様に重機を用いる必要がある様な瓦礫を持ち上げて除けている白髪の彼女(緋ノ山)や子供が持ち運べる様なモノではない標識やら何やらを動かして移動させている望月や響を見て、この蜘蛛頭があんまり驚いていないのは単に常識知らずなだけなのと、大体(鍛えれ)ば出来るであろうと言う妙な偏見から来てるモノである。(ゲダツ自身はこんなナリだが一応“真っ当”な人間で、腕力は鍛え上げたその体躯から来るモノ)

ゲダツ「おれは(青海番頭)ゲダツ、この度は馳走になる。」

望月「睦月型11番艦 駆逐艦の望月でーす。お昼を色々あって抜いてて腹ペコでねぇ…ほんと助かるよ。」

青年から順にタツミ、猫耳の少女はナナ、白ベレーの少女はエリナと其々自己紹介する。そうして続いた響の後に、ゲダツと望月もそれぞれ自己紹介をした。――心なしか望月はゲダツを軽く睨んでいたが…

望月「それじゃ、取り敢えずタツミのオニイサン達の行くとこに付いて行くとしようか…響の言うとおり、そろそろ時間も迫って来てるしさ。」

≫大森タツミ、香月ナナ、エリナ・デア=フォーゲルヴァイデ、響、緋ノ山綾禰、南成佳鉈、御坂美琴、商店街ALL


【少々分けます】

1年前 No.537

ヒナ @linnvo ★iPhone=kvbrPeUbuJ

【桂ヒナギク/商店街】

みんな揃ったところで、ドリーミークラウンの説明をしてくれる。行程を一通り終えた大空あかりは、まるで絵本に出てきそうなお花いっぱいメルヘン系の服装をまとっていた。

「うん、すごく可愛いと思う!」

とても女の子らしいっていうか、自分にはなかなか真似できない可愛すぎるおしゃれだ。やっぱり可愛い子が着るとよく似合うなぁ……。
どうやら、明後日のお祭りで出演する時に着る衣装らしい。あかりちゃんって、もしかして芸能人?

「私も楽しみにしてる!見に行くわ!」

すると、友達の記念としてカードを一枚ずつくれた。とてもおしゃれにコーディネートされている。もしこんな服着たら……私だって、ちゃんと女のコとして見てもらえたりするのかな……。
合宿で初めて出来た友達の証。大切にしよう。

「……可愛い服ね。本当に、ありがとう!」

にっこり笑って言った。あかりちゃん達には感謝の気持ちでいっぱいだ。

その時、あかりちゃんの知り合いらしき二人が話しかけてくる。星宮いちごと吹雪というようだ。

「はじめまして、私は桂ヒナギク。よろしくね」

ヒナギクも改めて自己紹介をした。
どうやら、これからバーベキューに行くみたい。

「へー、合宿らしくていいわね!私は賛成!もうお腹すいちゃったし」

>大空あかり、アドレーヌ、リボン、星宮いちご達


【鷺ノ宮伊澄/温泉施設/外→廊下】

「!?」

気がつくと伊澄は女子におぶられ、驚いているうちに物凄いスピードを感じた。振り落とされないよう彼女の肩に掴まる。そして、何故かまたあの要塞の中へ……。

「あのっ……一体どこへ……?」

スピードに煽られ喋りにくい中、伊澄は彼女に尋ねる。飲み物を飲むのに一体どこへ向かう必要があるのだろう……と気になりながら大人しくおぶられていた。




…………が。

ーーピーン

すちゃっ……。

伊澄は何らかの紙を、そっと女子の背中に貼り付ける。中央に目立つのは『悪霊退散』の縦書き文字。

(何者かに狙われている気がする……。他の方が、この方と私に触れたら痺れる呪いをかけておきましょう)

>アクア、カズマ、周辺ALL

1年前 No.538

不揃いの果実 @tatumi88☆ChU7Z6/SpEs ★DOCOMO=0VZiHrRZuv

【大森タツミ、香月ナナ、エリナ・デア=フォーゲルヴァイデ、南成佳鉈/商店街→焼肉&ステーキ専門店】


ナナ「よろしくね!望月ちゃん、響ちゃん!――番頭?ゲダツさんって銭湯やってるの!?」

エリナ「もうこんな時間ですけど、どこに食べに行くんです?タツミ隊長」
ナナは望月と響に笑みを浮かべてよろしくと挨拶する。"番頭"というゲダツの言葉を聞いて、銭湯で働いているのかと問い掛ける。フライアや極東支部にも風呂はあるが、ナナは温泉はあまり見たことがないので、少し気になったようだった。エリナにどこに行くのかと問われたタツミは"それなら、良い場所があるぜ!着いてきてくれ"と何やら決め顔を浮かべて案内を始める。十数分ほど歩くと、焼肉やステーキの専門店へと辿り着いた。


佳鉈「……肉か。随分とヘビーなチョイスだな」

タツミ「うちには大食いがいるから、普通のファミレスじゃ足りないんだ……。しかもこの店、5名以上の団体は、サラダバーとドリンクバーが無料になるんだ」
佳鉈はまさか、焼肉やステーキの専門店だったとは思いもよらなかったようで、珍しく少々、困惑していると、タツミは何故かナナの方を見ながら、大食いがいるから普通のファミレスじゃ足りないと告げる。それにこの店は5名以上の団体はサラダバーとドリンクバーが無料になるサービスもやっていて、営業時間は昼11時から深夜2時までやっているらしい。


>>ゲダツ達、響、緋ノ山、(御坂)、その場ALL



【星光の殲滅者(シュテル・ザ・デストラクター)、雷刃の襲撃者(レヴィ・ザ・スラッシャー)、闇統べる王(ロード・ディアーチェ)、元砕け得ぬ闇(ユーリ・エーベルヴァイン)、アミティエ・フローリアン&キリエ・フローリアン/温泉施設(廊下)】


ディアーチェ「ふん、我が名は闇統べる王(ロード・ディアーチェ)……。この者達は我が誇るべき臣下、星光の殲滅者(シュテル・ザ・デストラクター)、雷刃の襲撃者(レヴィ・ザ・スラッシャー)……。―――ここで出会ったのも何かの縁、貴様らは特別に我の事を"ディアーチェ様"と呼ぶことを許可する。ありがたく思うが良い」


黒髪の少女(リコ)と明るい茶髪の少女(みらい)はそれぞれ、自己紹介を始める。すると、ディアーチェも自分と臣下であるシュテルとレヴィの分も自己紹介を始めるのだった。ディアーチェの見た目は明らかに子供なのだが、かなり尊大な物言いなのはディアーチェが"王"のカテゴリーを司る紫天のマテリアルなので、人と接する時は、こういった接し方しか出来ないのだが。
シュテルは"王にご紹介を賜りました、星光の殲滅者(シュテル・ザ・デストラクター)……。シュテルとお呼びください"と西洋の貴婦人のようにスカートをつまんでお辞儀をする。レヴィは"ボクはスゴくて強くてカッコイイ斬り込み隊長のレヴィだよ!よろしくー!"と笑みを浮かべてブンブンと手を振って元気に挨拶をする。

アミタ「私はアミティエ・フローリアン!キリエのお姉ちゃんです!それとこの子はユーリ!王さまやシュテル達とは家族みたいなものです」
ディアーチェ達に続いてアミタもキリエやユーリの分まで自己紹介を始める。王さま(ディアーチェ)やシュテル達とは家族のような関係だと笑みを浮かべて告げて"私のことはアミタって呼んでください!"と付け加える。


>>銀河達、リコ達、シャドーパティ、温泉施設ALL



【すみません、お待たせしました;】


>>絡んでくださっている皆様



【焼肉&ステーキ専門店ですが、付け加えてしまって大丈夫でしょうか?】


>>主様

1年前 No.539

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【西木野真姫、高坂穂乃果、園田海未、矢澤こころ、アミティ/海】

真姫「ありがとう!穂乃果たちが待ってるから後で行きましょ。」

花陽に穂乃果たちが待ってると真姫は告げると料理風景を見ている。手さばきは完璧そのもの。うちで働いて欲しいくらいなどと思っていた。つい見とれてしまい暫くボーっとしていた。

アミティ「たまにはいーじゃん!なるほど君も遠慮しないで!はい、あーんっ」

肉だけの串を成歩堂に向けてニコニコしている。なるほど君は遠慮しすぎ!と逆に突っ込みする。

>花陽たち、成歩堂たち、榎田、折原たち、all

【大空あかり、星宮いちご、吹雪/商店街→海】

いちご「よろしくね!私もお腹空いたー!」

吹雪「私もお腹ペコペコ…甘いものも食べたいな。」

二人はお腹空いているようだ。吹雪は甘いものも食べたいと提案してみる。

あかり「甘いものかぁ…バーベキューのあと喫茶店に行きませんか?」

いちご「いいね!私は特大いちごパフェ!」

吹雪「私は特大あんみつで。」

吹雪は少し控えめながらも特大といちごに乗った。けど先ずはメインのバーベキューからだ。海へと続く道を歩き進める。

>アドレーヌたち、ヒナギク

分けます

1年前 No.540

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【江戸川コナン、秋元麗子/ホテル】

A「監視カメラよ。」

ごとごとく否定するA。麗子も首を傾げる。Aが仄かにニヤリと微笑む。

【ある程度進めたいので眠りの小五郎はいないため麗子で解決します。そろそろ解決編へと進めたいです。とりあえずいる人だけで解決しちゃおうと思います。】

>リンたち、all

【朝比奈みらい、リコ、綾崎ハヤテ/温泉施設】

リコ「よろしくディアーチェとみんな!」

みらい「よろしくね!ディアーチェさんたちも合宿で此処に?」

決して二人はディアーチェ様とは呼ばずそれぞれ自分なりの呼び方で呼ぶ。更にレヴィ、アミタたちにもよろしくねとニコニコとしながら告げる。合宿の参加者だろうかと疑問に思ったので聞いてみた。


【追加いいですよ!】

>ディアーチェたち、(パティ、銀河たち)

ハヤテside

「ナギお嬢様ー!」


ナギの執事である綾崎ハヤテは温泉施設の廊下を走っていた。決してよいこは真似しては行けないがハヤテは余程慌てていたらしくナギを探しまくっていた。すると伊澄の姿を見かけて声をかける。この時ハヤテにふりかかる不幸は彼はまだ知らない。

「伊澄さーん!」

伊澄を呼び掛け大きく手を振るハヤテ。するとおぶられていることに首を傾げるもののまっすぐ伊澄へと向かう。


>伊澄、アクア、カズマ

1年前 No.541

参加希望 @rana1234 ★JcRVH3VPXs_yoD

【リリト/港】

海と言うのは素敵な場所である。食うも良し見るも良し、なかなか一言では語りつくせない。
ただ海には表情がある。そして四季折々に色々な風情を見せてくれる。一度海の良さを知ればそれもわかるだろう。
今ここに居るリリトもそうだ。もともとは異世界"ネザー"と言う場所に住んでいた。その世界に海は無い。
初めて人間の居る世界に来た時は驚いたらしい。大きな水たまりがあると。

「このしょっぱい風が何とも言えないんだよね〜」

とググッと背伸びをして見せる。一応だが彼も合宿の参加者である。ネザーでは作れなかった人間の友達が欲しいらしい。
友達を作るというのも大変な事だ。一言二言してなれる物ではない。長い時間をかけて作るもの。リリトもそれはわかっている。
ただ今のところ1人とも喋っていない。しばらくここの港に来ている。海ばっかり見ているのだ。海と友達にでもなるつもりなのだろうか?

「あ! 魚!」

海を見ていると2〜3匹の魚が泳いでいくのが見えた。すると彼の首襟の部分から小さい黒色の生物が顔を見せる。
彼?はリリトの友達である。妖精のアクゥ。この世界に来たときに出逢ったらしい。そのアクゥは魚を見てムミュ?と声を出す。

「あれは魚だよ? 食べると美味しいんだよ〜」

とリリトはアクゥにニッと笑って見せるとアクゥもニコっと笑う。だがいつまでもこんなことはしていられない。
早くどこかへ行かないとダメだろう。ずっと港に居ても、始まる事は一つもないのだから。


>>ALL様

1年前 No.542

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.543

参加希望 @rana1234 ★JcRVH3VPXs_yoD

【リリト/港】

アクゥと魚を見ているとふと話しかけられた。その方へ向くと、月明りに照らされて見える青い髪の少女が立っていた。
その少女の髪留めが月明りで時々輝く。リリトは不思議な子が来たなと思い相手を見る。アクゥは突然の人に驚いたのかすぐに隠れてしまった。
そして少女は「はじめまして!合宿の参加者かな?」と問うてきた。

「うん。……と言うと君もかな? ボクはリリト。よろしくね〜」

とニコッと微笑んで見せる。人に喋りかけられたら自己紹介するというのはこの世界の本に書いてあったらしくその通りにする。
「この魚はアジかな!」と海を見つめる少女の顔を見てリリトは何となくだが少女が普通の人間ではないと感じる。なぜかはわからない。
ただ彼が人間世界に来て多くの人を見てきた。その中のどれとも違う気がしたのだ。

「えっと、君は何で合宿に?」

「君も海が好き?」と言う質問の後にリリトはそう聞いてみる。まずは質問だろう。仲良くなるには会話が必要だ。それをリリトは知っている。
故に無難なところから質問しようと考えたみたいだ。……それで時々地雷をスキップで踏む時があるのだが。




>>美樹さやか

1年前 No.544

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.545

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.546

アキ @mikusaikou ★Android=IjrN9kbzxq

【幸平創真、小泉花陽/海】

花陽 「は、はやい。」

調理を進める速さに驚いている。まさに、料理の出来る男子はモテやすいともいう。

創真 「もうすぐ完成するから、楽しみに待ってろよ!」

最後は茶碗に素早く白米を盛り付け。

創真 「ゆきひらの日替り定食!おあがりよ!」

花陽 「ありがとうございます。美味しそう・・・。」

完成した品を差し出す。「ゆきひらの日替り定食」は日によって違う。今日は「川魚とゼンマイのおかき揚げ」、取れたての烏賊を使った「炙りゲソのピーナッツバターあえ」、ほうれん草のおひたし、豆腐とワカメの味噌汁と炊きたての白米である。しかも、花陽は特別に白米大盛りだ。

花陽 「いただきますっ!」

さっそく、川魚のおかき揚げを創真特製のソースに浸けて、白米と一緒に食べてみる。

花陽 「美味しい!魚の歯応えもよくて、ご飯に合ってる。」

次に炙りゲソのピーナッツバターあえを白米と一緒に食べ。

花陽 「ピーナッツバターの絡んだ烏賊も美味です・・・。」

>海ALL

1年前 No.547

参加希望 @rana1234 ★JcRVH3VPXs_yoD

【リリト/港】

少女の名は美樹さやかというらしい。可愛らしい名前である。
自己紹介を受けてリリトは「よろしくね」と言ってニコッと微笑む。
すると彼女は「夜のお散歩っていいよねー。ねぇ、あそこに座って話さない?ジュースでもおごるからさ!」と言ってきた。
リリトはこの後の予定はない。相手のお話しを承諾する。

「旅行ね〜。僕もそれに近いかな?」

異世界"ネザー"からの旅行と言えば旅行かもしれない。ネザーでは味わえない物がこの世界にはたくさんある。
美味しい物も綺麗な物も。素敵な物がいっぱいある。逆に、醜い物や真っ暗でどす黒い闇も、この世界にはいっぱいある。
ただ、この世界に来る価値は十分にあるだろう。

「さやかちゃんもよく夜のお散歩するの?」

と問う。


>>美樹さやか

1年前 No.548

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【古手梨花/展望台】

何処からともなく声がしたため振り向けば金髪の自分より年上だと思われる少女の姿が。会話を聞かれていたらしいけれど梨花は冷静に答える。なのはという人物は初めて聞く為きょとんとしていたが特に触れることなく。

「簡単に言えばそうなのですよ。けれど羽入は優しいお友達なのです!」

羽入が見えないのは当たり前なのだからそうとしか言えずニコリと微笑みながら告げる。

【声優が同じですからね(-o-;)】


>ナギ

【西木野真姫/海】

「いただきます。」

はしを持ち丁寧にいただきますと言うとメインの魚を一口食べる。美味しいの一言しかでないくらいの絶品だった。

「美味しいわね…。って花陽は大盛り…。」

隣を見ればピカピカ輝く白米を大盛りで食べてる花陽にビックリしていた。川魚のふんわりした食感とおかきのサクサク感。やみつきになりそう。サイドメニューの炙りゲソのピーナッツ和えも食べる。仄かに香るピーナッツが香ばしい。この人料理の腕前はプロ並みね。

「あなた、料理は何処で習ってるの?やっぱり料亭?」

こんなにも美味しくて人を感動出来るのだからすごい才能の持ち主である。真姫はそう確信して聞いたのだ。

>花陽たち

【美樹さやか/港】

「そっかー!じゃああたしと同じだね。飲み物は何がいい?」

近くにあった自販機へ行き、お金を入れると何がいい?とリリトに聞く。すると夜の散歩はよくするの?と聞かれて「え?!」と問い返してしまうが質問に答える。

「う、うん。わりとするかな!リリトは?」

ホントは毎晩してるなどと言ったら不良と思われるかも知れないと思ったので控えめにわりとすると告げる。

>リリト

1年前 No.549

参加希望 @rana1234 ★JcRVH3VPXs_yoD

【リリト/港】

「ボクはオレンジジュースが良いかな」

と相手に答える。ネザーにもオレンジと言う物はある。ただ味が全然違う。
基本ネザーの食べ物は美味しい物ではない。お腹に入ればいい程度くらいだ。故にネザーの住民は人間の居る世界に来る。
そして食べ物だけ持って帰るという行為が流行っているらしい。それくらい違うのだ。リリトはそのオレンジで感動している人らしい。
先ほどリリトが「さやかちゃんもよく夜のお散歩するの?」という質問に対して相手は驚いた感じで反応した。

「ボク? ボクはそうだなぁ。ほぼ毎日だね」

と答える。夜の散歩と言うのは楽しい。日がある時とはまた別世界に感じるらしい。日が出ていると出ない生き物もいる。
人間もそうだ。悪い事をするときは日が出ていない時が多い。人間の本能だろうか。お天道様に見られない場所で悪い事をするというのは。
一緒に居る妖精アクゥは朝が好きらしい。

「暗い場所は落ち着くんだよね」

と月を見ながらそう呟いて。


>>美樹さやか

1年前 No.550

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★UPFAV0GEPT_nHx

【銀河「」翔介『』/温泉施設→露天風呂】

ー 了解! −

ー お礼はメロンパンでいいわ −

「…では決まり、だな。…だがメロンパンくらいでいいのか?…もっと高価な菓子でもいいのに…」

ディアーチェと同様。一人の少女も報酬を求めてきたのだが…
…求められたのは…メロンパン。

さすがに、ちょっと安すぎないだろうか?と思い。
思わず、「もっと高価な菓子でもいいのに」という声を上げたのだった。

…さて。
ディアーチェ達の協力が得られることになって。

自己紹介タイムに。


ー 初めまして!私は朝比奈みらい。今年から中学二年生です! −

ー 私はリコよ。よろしくねっ! −


ディアーチェ達のあとからやってきた少女二人は。
朝比奈みらい、そしてリコ。

そして。



ー ふん、我が名は闇統べる王(ロード・ディアーチェ)……。この者達は我が誇るべき臣下、星光の殲滅者(シュテル・ザ・デストラクター)、雷刃の襲撃者(レヴィ・ザ・スラッシャー)……。―――ここで出会ったのも何かの縁、貴様らは特別に我の事を"ディアーチェ様"と呼ぶことを許可する。ありがたく思うが良い −

高圧的な物言いの少女の名前が「ロード・ディアーチェ」

そして、茶髪のショートヘアの少女が「シュテル・ザ・デストラクター」

青髪の、フェイトにそっくりな少女が「レヴィ・ザ・スラッシャー」

という名前らしい。
…名前からして外国人っぽいが……
銀河には少し、あることが気になっていた。

…もっとも、これは彼女たちにあまり聞いてはならないことだろうと思い、この疑問は心の中にしまっておくことにするが。

ー 王にご紹介を賜りました、星光の殲滅者(シュテル・ザ・デストラクター)……。シュテルとお呼びください −

西洋の貴婦人のようにスカートをつまんでお辞儀をするシュテル。
上品な少女だ。…それこそ外見年齢とは全く逆でかなり大人びている。

ー ボクはスゴくて強くてカッコイイ斬り込み隊長のレヴィだよ!よろしくー! −

笑みを浮かべてブンブンと手を振って元気に挨拶をするレヴィ。
世間でいう「僕っ子」という奴だろうか。…普通の男の子よりも元気がある感じがする。

ー 私はアミティエ・フローリアン!キリエのお姉ちゃんです!それとこの子はユーリ!王さまやシュテル達とは家族みたいなものです −

赤髪の、自分たちより年上の少女は…ピンク髪の少女(キリエ)の姉らしい。
そして名前は「アミティエ・フローリアン」…だったらキリエは「キリエ・フローリアン」だろう。

そして…一番最初に自分たちに事情を聴いてきた金髪の少女の名前は「ユーリ」という名前。


彼女たちの名前を聞いていて、こちらが自己紹介をしないのは…駄目だろう。


「…俺たちも名乗らせてもらうか。…俺は夜空銀河。…ある司法組織に所属している。……こっちは…まぁこいつが話題になっているんだから…わかっているだろうが一応。
…こいつは「彩道 翔介」……俺の部下だ。」

『銀河隊長にご紹介を賜りました…「彩道 翔介」です!…えっと…今回の件…それから今後ともよろしくお願いします。』


簡単に。
銀河は翔介と自分がとある司法組織に所属している人間だということを明かし。
自分の名前を自己紹介していく。

翔介は、「今回の件、それから今後もよろしくお願いします」と声を上げていた。

…さて。


「…いつまでもパティを待たせると本当に何をやらかすかわからないからな。…一応俺と翔介は先に露天風呂に行ってる。…あとから来てくれ」

『……え、えっと…ほ、本当に。よろしくお願いします!』


いつまでもパティを待たせていると本当に、彼女はやばい行動に出るのではないか、と危惧した銀河は。
先に露天風呂に行っている、と告げ。

翔介を連れて男子更衣室に向かってった。






(→露天風呂)


てきぱきと。
更衣室で係員から水着をレンタルし。

男女混浴の露天風呂の中に、入っていった。

…翔介は、湯船につかっているというのに。………ガタブルと震えている。

…先ほど、少女たちの協力申請が受理されたというのに…
…そこまでパティが怖いのだろうか…

『…ぎ、銀河隊長…お願いです…せめて彼女たちが来るまでパティから守ってくださいね…』

「…善処はするが……」


>みらい達、ディアーチェ達、シャドーパティ達


【アルクレア/夢が浜(ドーナツ屋)】


ー うーん。全部と言いたいけどチョコとイチゴかな! −

ここのおすすめは全部、と言われるほど。
ここのドーナツはおいしいらしい。…けれど、その中でお勧めとなると…チョコとイチゴらしい。

「へぇー…!…ここの一番のおすすめは…チョコとイチゴと…」

青い法衣のポケットから取り出したメモ帳に、同じくポケットから取り出したボールペンで。
ここの、特におすすめはチョコドーナツとイチゴドーナツだと、メモをする。

…うん、今度ここに来たときは迷わずそれを購入することにしよう。

と、そのとき。
きららは、それぞれのドーナツを三つずつ注文し始めたのだ。
…おごってくれるの?

「え、お、奢ってくれるの?」

まさか、出会ってからまだちょっぴりしか経ってないのに、僕にドーナツをおごってくれるというのか?
…それに戸惑いの声を上げてしまった。


>きらら達

1年前 No.551

アキ @mikusaikou ★Android=IjrN9kbzxq

【幸平創真、小泉花陽/海】

花陽 「ふぅ・・・。ご馳走さまでした。」

創真 「お粗末!」

花陽が食べ終わると、食器を片付ける。すると真姫が料理はどこで習っているのかを聞いてきたので。

創真 「そうだな。俺の実家は定食屋なんだが、今は遠月(とおつき)学園っつーとこで料理の勉強している。」

花陽 「と、遠月学園?どんな学校なんですか?」

創真 「親父がいうには、超難関の料理の名門校だな。」

花陽がどんな学校か聞いてきたので、遠月は厳しい料理専門校であることを話す。

創真 「けど俺はそこの高等部から編入する前、親父のもとで料理修行する傍ら、親父とよく料理勝負したもんだ。」

笑いながら、遠月学園の高等部に編入するまでの経緯を話した後。

創真 「自己紹介がまだだったな。俺は遠月学園高等部1年。幸平創真。」

花陽 「音ノ木坂学園高等学校1年。小泉花陽です。よろしくお願いします。幸平くん。」

創真 「おう!よろしくな。」

>海ALL

1年前 No.552

ヒナ @linnvo☆eQLF5/fJvizN ★6O1STZoCNm_M0e

【愛沢咲夜(春風千桜/ハル)/海】

「おーい、ハルさーん!!こっちやこっち!」

咲夜は大きく手を振って呼びかける。新たにバーベキュー会場へやってきたのは、

『お待たせしました、咲夜さん』

咲夜のメイド、ハルだった。普段は眼鏡をして、髪を一つに纏めて真面目そうな雰囲気だが、メイドの時は眼鏡を外して髪を下ろし、メイド服を着た姿になる。普段の時とは雰囲気がガラッと変わるから、パッと見じゃ気付かへん人の方が多そうや。そして、いつも思うがなかなかの美人やと思う。面白いし、咲夜の自慢のメイドさん。

『うわー、いい匂いですね!もう頂いてよろしいんでしょうか?』

「そやな!そろそろ食べよか。あ、ちょっと待った」

『え?』

「漣音さーん!!」

ハルと合流した咲夜は降魔漣音を呼びながら近づいていく。食べる前に紹介しておきたかったのだ。あの弟子(?)もまだ近くにおるけど……。ハルも咲夜について来た。

「漣音さん、紹介するで。ウチのメイドのハルさんや。んでハルさん、この人は合宿で知り合った降魔漣音さん!」

『ハルです。よろしくお願いします』

漣音に向かってペコリと頭を下げるハル。そのにこやかな表情はどこか嬉しそうにも見えた。

>降魔漣音、(エレン・イェーガー)、海ALL


【桂ヒナギク/商店街→海】

“甘いものかぁ…バーベキューのあと喫茶店に行きませんか?”

とあかりが提案すると、いちごと吹雪も賛成している。

「それもいいわね!私、あのホテルの近くの喫茶店気になってたのよ。……って、みんな特大ってすごいわね」

あの喫茶店で、ヒナギクの友人がバイトしていることを聞いていたので、近いうちに行ってみようと思っていたのだ。
あと二人とも特大いちごパフェに特大あんみつって……バーベキューの後でそんなに食べれるの?と驚いてしまう。でも、そんなヒナギクも結構よく食べてしまうタイプである。

海へ続く道を歩いていると、だんだんと海が見えてきた。

「うわぁー!やっぱりこの海、いつ見ても綺麗ねー。あっ、もしかしてアレじゃないかしら?バーベキュー会場!」

ヒナギクは思わず興奮して海を眺める。すると、煙がモクモクたっている所を発見したヒナギクは、バーベキュー会場じゃないか?と指差した。

>大空あかり、星宮いちご、吹雪、アドレーヌ、リボン

【伊澄はアクアさんかカズマさんの後に書きます!】

1年前 No.553

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=4hiDJqs5yG

【シャドーパティ、パティ/温泉施設】
シャティ視点
「…改めて、シャドーパティだ。シャティでいい。」
それにしても…なんか個性的なメンバーだな…
「…わかった。じゃ、また後でな」
先に入る翔介と銀河に手を振った。

パティ視点
うー、翔ちゃんおそいなー、のぼせちゃうよーあ、きたきた。
「もう、翔ちゃんたら遅い!!待ちくたびれたよー」
あたしは頬を膨らませ、翔ちゃんに抱きついた。

>all


【リボン、アドレーヌ/商店街】
リボン「バーベキューに喫茶店…いいですねー」
と、リボンは嬉しそうに微笑む。
アド「と、特大!?」
一方、アドレーヌは二人が特大パフェや特大あんみつを食べたいと言って、思わず驚いた。
>あかり達、ヒナギク


【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/海】
龍一「え…」
アミティに肉オンリーの串を差し出され、成歩堂は戸惑った。
龍一「あ、あのさ、肉多すぎじゃないかな?」
真宵「もう、ナルホドくんったら、こういうところでは思いっきり食べなきゃ!」
春美「そうですよ!」
龍一「わかったよ…」
二人にそう説得され、肉にかぶりついた。」
>アミティたち


【狩魔冥、鏡音リン、糸鋸圭介/ホテル】
糸鋸「?監視カメラにそんな映像映ってたっスかね?」
圭介はうーんと悩んでいた。
>麗子

1年前 No.554

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【美樹さやか/港】

「そうなんだ…。暗いところも悪くはないわね。」

良かった同じような人がいてという安心感と何処かモヤモヤ感がある。するとオレンジジュースと言ったリリト。オレンジジュースのボタンを押すとカランッという音と共にジュースの缶が出てきて差し出す。

「あたしもかなぁ…。夜の世界もゆっくり流れてく感じがいいと思う。」

胸元に両手を当てて瞳を閉じるとじんわりと暖かさを感じていた。するとさやかは「あたしはメロンソーダにしよっと」と言いメロンソーダのボタンを押す。


>リリト


【分けます】

1年前 No.555

参加希望 @rana1234 ★JcRVH3VPXs_yoD

【リリト/港のベンチ】

「ありがとう!」

そう言ってオレンジジュースを持つとベンチに先に座って夜の海を前にする。
波の音が耳を刺激し、月は空に浮かび黒い海に写る。その月明りが海を照らして水平線の先と空が、まるで繋がっているように見える。
リリトはオレンジジュースを飲みながらそんな海をじっと見ていた。

「そうだね。ボクもそう思うよ」

相手が「あたしもかなぁ…。夜の世界もゆっくり流れてく感じがいいと思う。」と言い、リリトもそう思ったみたいだ。
朝に比べて夜と言うのはゆっくりに感じる。リリトは思う。朝になると人間は何かに追われているように動き出す。
止まる事のない人の波。そういうのを見ていると人間ってなんて面倒な事をする生き物なのだろうと感じる。

「夜の海は落ち着くよね。けど、忘れたい気持ちを思い出しそうになる……とか。違う?」

と、リリトは相手の顔をふと見てそんな言葉を言った。



>>美樹さやか

1年前 No.556

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【朝比奈みらい、リコ、綾崎ハヤテ/温泉施設】

みらい「私はみんなとお友達になりたいな!」

みらいは銀河たちに友達になりたいと告げる。リコはメロンパンでいいのかと聞かれて首を縦に振る。

リコ「えぇ。メロンパンでかまわないわ!」

そして二人も銀河たちの自己紹介を受けたあと女子更衣室へ移動する。

女子更衣室にて

みらい「ねぇリコちゃん…翔介君を守れるかな?」

リコ「何言ってるの!私たち"プリキュア"でしょう。二人できっちり見張るわよ。」

みらい「うん…。」

レンタル水着に着替えると二人は温泉へ到着し、二人の監視を始める。

リコ「きもちーい!」

みらい「うん!」

二人はそれぞればれないようにはしゃいでいた。チラリと時々パティたちを見つめながら。

>銀河たち、パティ、ディアーチェたち

1年前 No.557

水葬 @forte10☆NeDCG1Klls. ★ge8mulTLE2_nn8

【降魔 漣音/海→海(バーベキュー会場)】

“俺の好物を見抜くとは流石だが心配は無用だぜリュックに多量にあるから遠慮は無用だぜ”

やっぱりこのチーズハンバーガーはエレンの好物だったらしい。食べなくてよかった…と思ったのも束の間。
エレンにリュックにぎっしり詰ったチーズハンバーガーを見せられてしまう。どんだけ好きなのこの子。
と言うか…着替えとかどうしてるんだ。まさか、着替えもなしにチーズハンバーガーと最低の見回り品だけ…?
いや、ちゃんと着替えもあるだろう。そこまで無鉄砲な行動は流石にしないだろう…と思っておく。

“なぁ漣音なんかアイドルグループが主催みたいだから
最初にライブでバーベキューはその後の可能性もあるから……我慢が効かなくなったら言ってくれよ”

以外にも、こちらに気遣いを見せてくれるエレン。こういった相手の厚意は中々向けられていなかったため、
彼女は咲夜の対応と同じく少し赤面して照れ隠しと言わんばかりに眉間に皺を寄せ…

「わ…わかった…。限界が来たときは…頼む。」

と、やや視線を泳がせながらエレンに言う。すると、その横で

“おーい、ハルさーん!!こっちやこっち!”

誰かに向かって手を振る咲夜。そちらへ顔を向けてみれば1人の少女の姿が。

“漣音さーん!!”

先ほど携帯電話で連絡を取っていた人物と思われる少女と合流した咲夜が自分の名を呼んだ。
彼女は小さく相槌を打つと咲夜のほうへ早歩きで歩み寄る。

“漣音さん、紹介するで。ウチのメイドのハルさんや。んでハルさん、この人は合宿で知り合った降魔漣音さん!”

“ハルです。よろしくお願いします。”

「ああ…これからよろしく頼むぞ、ハル。私のことは苗字でも名前でも好きに呼んでくれ。
……しかし…メイドとは凄いな。咲夜はセレブなんだな。」

自分に向かってお辞儀をするハルに、なるべく柔らかい表情で挨拶をする。そして…

「さあ、人数も集まったし…会場に行こう。人の声も多く聞こえるから、だいぶ人数が集まっているはずだ。」

本音を言うと、この美味しそうな肉を焼く匂いに耐えられなくて早く食べたいと思っているのだが、
食い意地が張っていると見られそうで言い出すことは出来ない。第一恥ずかしい。
咲夜とハルとエレンと共にバーベキュー会場に行けば、そこそこな人数がバーベキューを楽しんでいる。

「おおおお!美味そう…こういう場所はやっぱりヴォトカ…ってまだ飲めないんだった…。」

彼女はこういった肉を焼くイベントにはヴォトカ(ウォッカ)が合うと言いたかったようだが、
未成年なので、飲むことは出来ない。あと1年歳を食っていればロシアなら飲めるのに…と愚痴る。
と言うのも、彼女がヴォトカに固執するのは実家で母が飲んでいたヴォトカを
おやつを咽喉に詰まらせた彼女が水と勘違いして一気飲みしてしまったことから始まる。
そのときのヴォトカのクリアな味わいが忘れられないのだ。今は耐えるしかないが。

>愛沢咲夜 エレン・イェーガー ハル(西木野真姫)海ALL

1年前 No.558

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【西木野真姫/海】

「ごちそうさま…美味しかったわ。ありがとうね!代金はいくらかしら?」

ふと真姫は財布を取りだそうとカバンの中から探す。すると料理は実家が定食屋ということもあったらしくて流石だなと思っていた。

「有名な学園で勉強してるのね。通りで…。私は西木野真姫、音ノ木坂学院一年よ。私は作曲が出来るわ。」

簡単に挨拶を交わすと納得したらしい真姫は通りでと呟く。作曲が出来ると幸平に告げる。

>花陽たち

1年前 No.559

アキ @mikusaikou ★Android=IjrN9kbzxq

【幸平創真、小泉花陽/海】

創真 「1食500円だ。」

代金は1食500円と教え。

花陽 「幸平くん。ご飯美味しかったよ。ありがとう。」

そういうと財布から500円玉を取り出し、創真に渡す。

創真 「作曲かぁ。すごいなぁ!そだ。別の場所に俺と同じ寮で生活している場所に田所達がいる。会ったら俺に会ったと声をかけてみてくれよ。」

>海ALL

1年前 No.560

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【三千院ナギ:展望台】

『簡単に言えばそうなのですよ。けれど羽入は優しいお友達なのです!』

そう言われても誰も居ないにだが……怪し奴めも思いながらもニパ―を見せられては表情も緩む
しかしこんな寂しい場所に一人かいるのか気になったナギは

「お前は何をしているのだ?こんな所で」

と訪ねてみた


>>古手梨花

【ハイそんな感じです。ハヤテの如くってよくあるイメージが……最後まで死ななかった歌姫には私達の気持ちは分からないとか原作でもガンダムネタありましたし】

1年前 No.561

RAY @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【響&真島吾郎/商店街→焼肉&ステーキ専門店】
頭の中に過ぎったものは、艦娘たちの現実にして、もとあるべき姿。あれを生き残った船の末路…本来ならば何の縁も無いロシア語を話すことが出来るのも彼女があれを生き残った後の、思い出せぬ記憶故か。

そして時間は20時を回り、そろそろ夕食…特に、色々あって食べ損ねた望月は我慢できないだろう。何処にするか迷っているとタツミが付いて来てくれと言い、響もまた付いていく。それから数十分経ち、やって来た場所は焼肉とステーキ専門店。昼は魚だったので特に問題は無いが。

響「普通の店じゃ足りない…まるで赤城のようだね。」

曰く、普通のファミレスでは足りないほどの大食らいがいるらしい。それを聞き、同じ鎮守府にいるある正規空母の事を思い出した。
彼女もまた見た目とは想像できぬほどの大食らい。彼女がここにいれば店の食べ物全てを食べきってしまいそうだ。

――――――――店内
真島「おう姉ちゃん、カルビ追加や!」

店内には先客が。その客は左右の髪を刈り上げたテクノカットで、素肌に直接羽織った蛇柄のジャケットに黒い革ズボン…そして何よりも左眼に着用した蛇のマークが描かれた眼帯が特徴的な中年の男。
その風貌はその辺の人間とは異なるものだった。

真島「はぁ…ワシもすっかり年取ったなあ…。白飯に肉ちょっとでも胃がもたれるわ。」

確か、自分が住む街の焼肉屋で兄弟分に対して嘆いていたな。と思いつつ再び食欲の減退を嘆く。20年前はこれだけで何食も食べられたものだが…体術こそかつてよりも上がったが、こればっかりは年には勝てない。
――――と。来客の一団が。チビに青年・大柄の男と随分とバラエティに富んだ集団が自分の近くの席に座った。

>>森タツミ・香月ナナ・エリナ・デア=フォーゲルヴァイデ・南成佳鉈 望月・ゲダツ ALL

1年前 No.562

欠けた茶碗 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_6Gk

【レト・ルババ/キャンプ場(川辺)】

少なくとも、旅をする上で不必要な知識なんて物はそうそう無い、無学で無知のまま…取り敢えず食べて、生きて、自分が(やると決めた事)を確実に遂行する為に覚えて行った。安全な水源の探し方やろ過の方法、食べられる植物といざと言うときに役立つ植物の知識、自分が得た(魔法)への理解と応用、仕留めた獲物の捌き方・調理法、日差しや砂塵の上手い凌ぎ方――当然、極稀ながらも運よく食べられる魚類が生息している川や湖を見つけた時に、折角の食料にみすみす手を出さない手も無く…試行錯誤の上で我流な糸釣りを覚えた訳である。

「うん、分かったアオヤマさん、それじゃあワタシとカリンさんで食べられそうなサカナを釣ってくるヨ。」

ある程度の(食べ物)は販売しているらしく、其方にアオヤマはライスやその他の物を調達しに向かったらしい。――頷いて了解の意を示しながらそれでは早速釣りを始めようと盲目にも関わらず意気揚々と張り切って彼女は走り出した。――まるで足場の地形に追従するように、でこぼこや石だらけの川辺を器用に進んで――沿って中流を目指してみる。とは言えそれほど離れているわけでもないのでアオヤマの目に留まる位置ではあるだろう。――川で糸釣りは基本的に難易度が高い、しかも夜釣りとなると更に難しさは上がる訳で…

多少深みがある川岸へ移動、其処からそこ等の石を一つまみして…軽く川の水面に放る。

とぷんっ!

「……位置は分かっタ。」

投げた石の(震動)、そして反応して動いた(魚群)―川魚のソレを(視)て…凡その居場所を確認すると、今度はそっとほぐした干し肉の肉片を釣り針先に付けた糸を数本、器用に川へと放った。

ちゃぷん!

「掛かると良イけど」

今晩の夕飯が掛かっているし、自分は兎も角一緒にいる二人にひもじい思いをさせたくない。何処かしら気負った様子で盲目の(魔法少女)はじっと糸を持つ手に集中している。


≫青山ブルーマウンテン、神楽坂倫花


【少々分けます】

1年前 No.563

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★UPFAV0GEPT_nHx

【銀河「」翔介『』/露天風呂】

露天風呂に入りながら。
…銀河は、みらい達が話していたことを思い返していた。

ー 私はみんなとお友達になりたいな! −

「……ああいう子だけだったらいいのにな…」

みんなと友達になりたがる。
この世の中の人間すべてが、そうだったらいいのに、と考えていた。
…絶対にかなわないことだと思っているけれど。


その時だった。

ー もう、翔ちゃんたら遅い!!待ちくたびれたよー −

待ちくたびれたといって。
翔介に抱き着く、パティ。

それに対して翔介は。


『ひえっ……!!』


最初の出会いからそれほど経ってないのに「マイエンジェルしょーちゃん」なんて呼ばれ、おまけに露天風呂に拒否権なしで引きずられるように連れてこられ、抱き着かれても。

…恐怖しかない。

そのため、小さく悲鳴を上げて、翔介はパティを自身の体から離れさせ。
銀河の後ろに隠れるのだった。


…ゆっくりしているリコ達には悪いが、もしかしたらすぐに仕事にかかってもらうかもしれない。

>パティ達、リコ達、ディアーチェ達

1年前 No.564

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【星宮いちご、大空あかり、吹雪/海】

あかりside

あかり「星宮先輩の食べっぷりはすごいですよ!吹雪さんもすごいです。」

吹雪「すごくないよ。」

いちご「みんなは何頼むの?」

いちご先輩は食べっぷりはいつ見てもすごいです。私は普通サイズのホットケーキにしようかな。バーベキュー会場が見えてきて煙が見えてきた。

あかり「楽しみー!」

>ヒナギク、アドレーヌたち

【江戸川コナン、秋元麗子/ホテル】

麗子「そうよね…。他に怪しいところあるかしら?」

麗子はリンたちに問う。怪しいところを幾つか確認していく。

>リンたち、all

1年前 No.565

四鎌童子 @hagaren10 ★iPhone=Lf78aa4Oge

【百夜優一郎、柊シノア、磯貝悠馬、天宝院遊騎、土御門夏目/ホテル入り口】

優達はホテルの入り口に着いた。

シノア「やっと着きましたねぇ。」

悠馬「まずは部屋に荷物を置かないとな。」

夏目「そうですね。私も賛成です。」

優&遊騎「えー。」

優「海に行くんじゃねぇのかよ。」

シノア「優さん。遊騎さん。文句は言わないで下さい。」

悠馬「そうだぞ。二人とも。部屋に荷物を置くのが先だ。」

遊騎「わかったわー。」

優「おう。じゃあ、受付けに行くか。」

優たちは受付けに行った。

>ALL

1年前 No.566

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【美樹さやか/港のベンチ】

お礼を言われると嬉しそうにいいよと告げる。


「忘れたい気持ち…あるよ。あたしにも…。」

ぷしゅっと缶のふたを開けて一口飲めば自分にもあると告げる。そしてそのことをリリトに話す。

「あたしさ、好きな人がいてね…けど友達もその人を好きみたいでさ。あたし"普通"とは違う生き方をしているから…好きになる資格が無いんだよね。」

さやかはQべえと契約した魔法少女である。俯いて瞳を閉じて今にも一つ涙が零れ落ちそうな雰囲気で語る。忘れたいけど忘れられない気持ちがさやかにはあった。その人を助けるために魔法少女になった筈なのに憎しみや後悔しか生まれなかった。此で本当に良かったのだろうかと思う。

>リリト

【西木野真姫/海】

「500円ね!ご飯美味しかったわ。ありがとう。」

500円玉を幸平に差し出すとニコッと微笑んでありがとうと告げる。幸平が知り合いがいたら声かけて欲しいと言っていたので真姫は頷く。

「詩があれば歌にするわよ。えぇ、分かったわ。」

>花陽たち


【古手梨花/展望台】

「この辺りのことはまだ分からなくてお散歩してたのです!あなたは何してたのですか?」


笑顔で散歩と答え逆にナギに質問する。彼女の名前はわからないためあなたと呼ぶ。

【本体はハヤテのごとくはアニメのみの知識なので原作は知らないです;】

>ナギ

分けます

1年前 No.567

参加者 @rana1234 ★JcRVH3VPXs_yoD

【リリト/港のベンチ】

「よくわかるよ。けどその気持ちは時期に消える」

そう言って相手の肩に手を置いて目を見る。

「人生って言うのは"迷い"だ。迷わない人生はない。死ぬまで迷い続ける。自分のしてきた事が本当に正しかったのか。
 自分の選択した事がそれでよかったのか。迷い続ける。けどそれでいいんだ。大事なのは、後悔や迷い全てを最期に良かったと思える人生を送る事」

彼も迷う事はある。後悔する事もある。人間に限らない。生き物だってそう思うだろう。
だが逆に言えば後悔しない人生はない。迷わない人生も無い。ならその全てを受け入れ、良かったと思えるようにすればいい。
リリトはそう思っている。人生は片道切符の電車だ。後戻りは出来ない。なら尚更の事だ。

「……まぁ難しいだろうけどね。僕はそうしてるよ」

と相手を安心させるようにニコッと微笑んで見せて



>>美樹さやか

1年前 No.568

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【天ノ川きらら、日向咲/夢ヶ浜】

きらら「うん!あたしからのおごりだよー。」

咲「ありがとうー!」


きららはアルクレアにドーナツをおごると言うと咲もきららにお礼を言う。

>アルクレア

【朝比奈みらい、リコ/温泉施設】

みらい「……早速だよ。」

リコ「見て見ないフリよ…!!」

二人は苦笑しながらこそこそと見て見ないフリをすると話していた。監視してることがばれないように。


>銀河たち、ディアーチェたち、パティ

【美樹さやか/港のベンチ】

「そうだよね…。終わりが良ければ全て良しだよね。」

リリトの目を見ながら全てをまとめる形で告げる。迷いも後悔も全てが最後には良い方向へと導けばいいと思う。それを知ったさやかは安心した様子だった。

「ありがとう。ずっと悩んでたんだ。どうしたらいいのかなって…。けどもう迷わないよ。」

>リリト

1年前 No.569

参加者 @rana1234 ★JcRVH3VPXs_yoD

【リリト/港のベンチ】

「僕で良ければ、いつでも力になるよ?」

とニコッと微笑む。彼女が何者かはわからない。だが彼は人と違うし人とは違う事が出来る。
神様みたいに恋を叶えたり、願いを聞く事はできない。けど彼女自身を守る事は出来る。
そう言う"意志"がどこかにあるからこそ、プリキュアに変身できるのだろう。彼自身は気づいていないが。

「あぁ、ごめんね! 悪い夜のお散歩になっちゃったね」

リリトは暗い話をしてしまった事にごめんねと謝る。そして「さやかちゃんに出逢えた事にカンパイ〜」
と言って缶をコツっと当てて笑って見せる。

「美味しいね」



>>美樹さやか

1年前 No.570

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=4hiDJqs5yG

【シャドーパティ(人間)、パティ(人間)/温泉施設】

パティ視点

パティ「もう、なんで逃げるのーかわいいけど」

あたしは翔介君の方に顔をのぞかせた。

シャティ視点

シャティ「…はあ…」

私はレンタル水着を借りて、湯船に浸かった。今はとりあえず、遠くから眺めている。
やれやれ、あいつナニしてんだよ、あのバカ野郎が…
しかし…うっ、不覚にも翔介にときめいてしまった…

>翔介、銀河

1年前 No.571

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=4hiDJqs5yG

【リボン、アドレーヌ/海】

アド「ま、まあ、うちのカーくんの食べっぷりもすごいんですよ!」

カーくんというのは、カービィのこと。カーくんの食べっぷりは恐ろしいくらいだ…

アド「私は…うぅん…何がいいかな〜」

迷うな…食べたいものがありすぎて。

リボン「私、イチゴケーキにします!」


リボン「あ!バーベキュー場です!」

アド「わあ、楽しみ〜」

>あかり達、ヒナギク、all


【狩魔冥、糸鋸圭介、鏡音リン/ホテル】

リン「後は…よくわかんないや」

うーん、怪しいところって何かなぁ…

圭介「自分、再度この監視カメラを調べてみるっス!」

冥「私は、ガラスケースについて調べてくるわ」

>麗子達と

1年前 No.572

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【美樹さやか/港のベンチ】

「あたしこそごめん…。ありがとう!」

あわててこちらも謝る。そして乾杯と言われてジュースの缶をコンッと当てる。相談に乗ってもらえて嬉しかったし気持ちも楽になった。

「あたしもリリトに出逢えて良かった!」

ニコッと笑みを見せるとグッとメロンソーダを飲む。そしてぷはぁーっと勢い良く言う。

>リリト

【星宮いちご、大空あかり、吹雪/海】

吹雪「どれも美味しそうー!」

いちご「うんっ。」

どれも美味しそうで迷っているとバーベキュー会場に着いた。先ずは挨拶からしようと思いあかりは挨拶する。

あかり「こんばんは。お邪魔します!」

>リボンたち、ヒナギク

【江戸川コナン、秋元麗子/ホテル】

コナン「僕たちは聞き込みしてくるよ。」

コナンと麗子はホテルの人たちに聞き込みすると告げる。もう少し調べたほうがよさそうだ。

>リンたち、all

1年前 No.573

白い悪魔☆Ibq7BGr7nio ★5IF1MipBrq_waw

【遅くなってすみませんTT】


【ホテル/世良真純(キッド)】

(暇になったな)

柄の悪い警察はゴリラみたいな警察官と共に外出、名探偵は女警察官と聞き込み。
検事や他の警察も各々と捜査を始めている。窓を見ると既に真っ暗闇となっていた。
恐らく今、俺が変装している女も名探偵と一緒に捜査の手伝いをしていただろうな。

(まぁ中身は俺だからそんな事する必要はねーけどな)

とはいえ、何もしてないのも怪しまれそうだし捜査のフリをしてお宝を探しに行くか。

「それじゃ、コナンくん。何か分かったら僕にも教えてね」

名探偵にそう告げると俺はホテルの食堂へと向かった。

>コナン、all


【温泉施設(廊下)→混浴風呂/アクア】

なんか背中が痒いけど気のせいかしら。まぁ、私女神だし仮に呪いとか来ても浄化しちゃうけどね。

「ふふふ、それはここよ!」

スパーン!と浴室のドアを開けて混浴風呂の一角へと向かう。誰か居るけど関係ないわ。
そして私は温泉を両手で掬う。すると温泉はあっというまに浄化されて真水へと変化した。

「水の女神の加護がついた天然水よ。これで貴女の身体も……ってあれ?」

コップで救おうとしたがいつの間にかコップが消えていた。なんで!?どうして!私、今日はまだ芸を疲労してないのに!
ちょっと待って。あんなことできるのって………うん、カズマのしわざね。きっとスティールを使ったんだわ。

「カーズーマーーーーッ!!」

私は踵を返して再び外へと走りだす。途中、幸薄そうな男いた気がするけどこのまま突っ切るわよ!

>伊澄、カズマ、ハヤテ、all


【海/うまる】

「お肉おいしーい!」

みんなから少し離れた所でうまるはバーベキューの肉だけついた串を取って食べる。
お兄ちゃんがいたら絶対野菜を食べろとか言うからね。やっぱりお肉が一番だね。

それにしても海には人がいっぱいで驚いた。みんなミューズが好きなんだね〜。

「ライブが終わったら帰ろうかな」

これから始まるであろうμsのライブを聞いてからホテルに帰ることにした。

>all

1年前 No.574

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【江戸川コナン、秋元麗子/ホテル】

コナン「分かった!」

世良(キッド)が何かわかったら教えてと言ってたのでわかったと告げると、聞き込みを開始する。

麗子「このあたりで怪しい人見ませんでしたか?」

通行人に麗子は声かける。

>世良、リンたち、ホテルall

【綾崎ハヤテ/温泉施設(廊下)】

「あのー…!」

コップを片手にしていて女性に声をかけようとしたものの気づいて貰えるかわからない。呆然とハヤテは立っていた。

>アクア、伊澄、カズマ、all

【高坂穂乃果/海】

「うまるちゃんもお肉だけ?穂乃果もだよー。」

嬉しそうに肉だけの串を食べながらうまるに声をかける。海未からは野菜もきちんとと言われても無視していた。

>うまる、all

【大丈夫ですよー】

1年前 No.575

アキ @mikusaikou ★Android=IjrN9kbzxq

【幸平創真、小泉花陽/海】

創真 「おう!お粗末!」

そういうと真姫から500円を受けとる。

花陽 「ありがとう。幸平くん。今度は皆で食べにくるね。」

そういいながら、手を振って離れ、穂乃果達と合流し始める。

創真 「俺の作った料理の食った経験を元にした歌詞を頼むわ。」

>真姫


【ここで絡みを切ります。】

1年前 No.576

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河「」翔介『』/露天風呂】

ー もう、なんで逃げるのーかわいいけど −

『−−−ちょ、やめて…!』

逃げて、銀河の後ろに隠れても。
パティは、自分の顔を覗き込んでくる。

それに対して、翔介はさらに覚えて銀河の後ろで縮こまっていた。


そして、盾(?)にされている銀河は。


「(…みらい達に…それにシャティの気配もあるな。……早速だが助けを…)」


とりあえず、シャティとみらい達。どっちかに助けを求めようとした時だった。
みらい達はお互いで、なにかを話し合っている。

…銀河は、耳を澄ましてその会話の内容を聞いてみると。


ー 見て見ないフリよ…!! −


あろうことか、見てみないふりをしようとしていた。


「…」

見て見ぬ振りは…まだ、今は許そう。
…まだ…まだ…パティは翔介にいかがわしいことをしていないから。

…あいつが翔介にいかがわしいことをやろうとして、見て見ぬ振りをすることは許さん…


…銀河は、翔介の前から立ち上がって、離れ始めた。

『あ、ちょっ!!銀河隊長!!?どこいくんですか!?離れちゃいや!!ちょっとぉ!!』

…翔介の悲鳴が聞こえたが。…それをあえて無視して。
みらい達の隣に座りこんだ。





「…みらい。…それからリコ。…今はまだ、見て見ぬ振りをしていい。…けれど、翔介に、パティがやらかそうとしたら…速攻とり抑えてくれよ?」

念押しするように。
…パティに聞こえないようにひそひそ声で、二人の少女に告げたのだった。


>みらい達、パティ達、(ディアーチェ達)、露天風呂ALL




【アルクレア/夢が浜】


ー うん!あたしからのおごりだよー。 −

「わぁ…ありがとう!きらら、いい人♪」

おごってくれる、と聞いて。
アルクレアは、思わずきららに、純粋な笑みを浮かべて「きらら、いい人」と歓喜の声を上げたのだった。
…早く、ドーナツが食べたい。

きららの、おすすめのドーナツが食べたいと。

アルクレアの表情は、食欲に満ちたものになっていた。

>きらら達

1年前 No.577

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【エレン・イェーガー:海】

『ハルです。よろしくお願いします』

その声を聞き情報屋に聞いていた師匠のメイドさんかと

「この人が師匠付きのメイドさんなんですね?でも師匠とあまり歳は変わらないですよね?」

メイドと言うとわりに咲夜や自分と変わらないように見えた
まるでメイド喫茶で働いている人にどちらかと言えば近いが

「白皇学院ってバイトOKなんですね」


>>咲夜、ハル、漣音


【黒子テツヤ:イナホの部屋】

イナホ達の部屋に入った黒子は、入ったはいいが目的が無い事に気付く

「どうやら捜査の方は進展がなさそうですね?」

まったくないわけでは無いのだが、騒動の現場のホテルに宿泊してる身としては
解決したかしてないかどうかなので、まだ出入りに制限がかかっている事に

「二人とも見てくださいイベントはもう始まったようですね」

もう参加は無理かと諦めかけた


>>イナホ達

1年前 No.578

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【カズマ:温泉施設(廊下)】

『水の女神の加護がついた天然水よ。これで貴女の身体も……ってあれ?』

そんなアクアの声が聞こえたと思えば自分の手の中に、水の入ったコップがある
つまりはスキルは健在かと確認していると

『カーズーマーーーーッ!!』

そう言ってアクアが詰め寄って来たので、ばれた様だが
スティールがいつもの調子で発動しなかったのはせめてもの幸いだ
場所が場所だけのお縄になるのは明白だが、今はアクアをどうにかしないと

「いや待てっていきなり日本にいるみたいだからスキルが使えるか確認してただけだって ホラ返すから」

そう言って水の入ったコップを返そうとするもつまずいてアクアの方に投げてしまった


>>アクア、(伊澄、ハヤテ)

1年前 No.579

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【朝比奈みらい、リコ/温泉施設】


みらい「了解であります!銀河隊長!」

リコ「分かったわ。今は様子見してるけれどいかがわしいことがあったら取り押さえるわ!」

みらいは敬礼をして了解と告げるとリコも銀河の言う通りに指示に従い首を縦に振る。


>銀河たち、シャティ、all

【天野川きらら、日向咲/夢ヶ浜】

きらら「うん、早く食べよう!」

早く食べようときららもアルクレアに告げると何処かいいところがないかなとキョロキョロしながら探していた。

>アルクレア

1年前 No.580

スキッピー @amazonn ★FeCRhdtUHv_nHx

【サイモン・グレイス/ホテル前→ホテル】
「やっと着いた・・」
と言いながら入口に向かうサイモン。ここまで来るのがとても大変だったので、ここであっているかどうか確かめるため、普段は全く使わない携帯電話を出し、メール画面を出す。あっていることが分かり、中に入ろうとすると中で何かやっていることに気づく。(事件のこと)
「あれ?どうしたんだろう・・。(中に入って)どうしたんですか?」
と中にいた人に声をかける。
>コナン 麗子 ALL

1年前 No.581

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=4hiDJqs5yG

【シャドーパティ(人間)、パティ(人間)/温泉施設】

パティ「しょーちゃーん〜!」

シャティ「……」

私は思わずバシャッと水面を叩いた。ウザい。パティがウザい…
なんかうらやま…いや、憎い

あいつ、翔介に頬ずりしてるし…

私は桶をパティに向かって投げた。

パティ「…あでっ」

桶はパティの頭に命中した。

>翔介達、リコ達


【狩魔冥、糸鋸圭介、鏡音リン/ホテル】

リン「あ、あのね、なんかものが盗まれたんだって」

入ってきた少年がどうしたんですかと言っていたので近づいて声をかけた。

>サイモン、コナン達

1年前 No.582

スキッピー @amazonn ★FeCRhdtUHv_nHx

【サイモン・グレイス/ホテル】
「え、盗まれた?!そうだったら、なんかすることあります?」
僕よりちょっと年上ぐらいの少女が事件があったと教えてくれた。それで、僕にできることがあったらやりたいなと思って、聞いてみた。でも、自己紹介をしてなかった。
「僕はサイモン・グレイスって言います。よろしくお願いします!」
と少女に言う。後で周りの人にも言わなくちゃ。
>リン達、コナン達

1年前 No.583

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【朝比奈みらい、リコ/温泉施設】

リコ「ナイスシャティ!行くわよ、みらい!」

みらい「オッケー!」

そろそろ止めた方がいいと思った瞬間、シャティが手助けしてくれて二人はゆっくりとパティに近づく。

みらい「捕まえたあああっ!!」

リコ「逃がさないわよ!大人しくしなさい!」

二人は遂にパティを取り押さえることに成功したのだ。リコとみらいは必死にパティの腕を掴む。

>シャティたち、銀河たち、all

【江戸川コナン、秋元麗子/ホテル】


コナン「うん。それで僕たちは捜査してるんだ。」

軽く事情を説明すると「この辺で怪しい人見なかった?」と少年(サイモン)に聞く。

>リンたち、サイモン、all

1年前 No.584

あいな @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=sBHRIVw1IW

【返信が遅れてすみません、レスを分けて返します】



【黒美あいな/酒場】

本性こそ邪悪な神性の化身だが、同時に人間以上に人間臭い精神構造をした人外でもある。あいなの場合、家族という繋がりへの羨望が、その狂気に満ちた精神を蝕んでしまうほどに強い。

更に、無邪気な幼子としての人格と混ざり合っており、そちら側が支配率を上回っている。故に、その言動に嘘はなく、現時点において害はない。

「ん……わかった、じゃあ、おじさんで。」

男性の言葉に、人差し指の腹を唇に当てて考え込んだ後、おじさん呼びをすることに決めた。

「うん、わかった。からだにきをつけて、のみすぎは、めっ、だよ?」

半ばやけくそ気味な態度を向ける男性を見上げながら頷くと、相手のことを気遣って女性の方へと向かう。本性を知るものが見たら嘲笑するような振る舞いだが、これもまた彼女の持つ一面である。


「すごい、すごい、まほうみたいだね!」

手品のように招待状を取り出す女性を見て無邪気に目を輝かせる。外見相応とはいえ、本性を考えると幼児退行とも受け取れる振る舞いだ。


「はい、はーい!ぼくも、もってるよーっ!

ーーえっと……これの事だよね、お姉さん?」

そう言って手を挙げた後に、胸元から例の招待状を取り出して女性に見せる。どうやって取り出したかは謎だが、遊び心で手品を使ったか、あるいは人外らしい手段を用いたかもしれない。


「わあ、すごい!かっこいいっ!!」

酔っ払いそのものな女性だが、艦載機をアクロバットに操る姿を見て目を輝かせる。




「ーー確かに、“僕みたいなもの”まで招待するなんて、相当な物好きみたいだね。……最初は勘ぐったりもしたんだけど、本当に、ただ一緒に楽しみたいだけかもしれないね」

酒をラッパ飲みしていた男性の言葉に同意を示した後、取り出した招待状を見ながら答える。

まるで微睡みから覚めたように、先ほどまでの妖しさを帯びた微笑を浮かべながら推測を述べた。


>カーンビたち >>491 、ケンウェイ >>501 、酒場ALL

1年前 No.585

スキッピー @amazonn ★FeCRhdtUHv_nHx

【サイモン・グレイス/ホテル】
「怪しい人・・。いや、見てないですね。すいません。」
と謝った。
「僕も手伝いましょうか?怪しいものじゃないです。さっき聞いてたかもしれませんが、サイモン・グレイスです。」
と名乗りながら手伝いしましょうか?と言った。
>コナン達、リン達

1年前 No.586

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【江戸川コナン、秋元麗子/ホテル】

コナン「僕は江戸川コナン。」

麗子「私は秋元麗子。協力してくれるの?助かるわ。」

二人はサイモンに自己紹介する。麗子はニコッとしながら助かるわと告げる。


>サイモン、リンたち

1年前 No.587

空母ヲ級 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=sBHRIVw1IW



「ヲ、ヲヲ……空母ヲ級、ト、ヨバレテイタ。個体名ハ、ナイ」

ーー名前を問われて、困惑した表情を浮かべた後に答える。空母ヲ級、という艦娘側からの呼ばれて来た名前を。

だが、あくまで“空母ヲ級”と呼称される“群”の一個体に過ぎない。“個”としての名前はない。

自分を見る少女や青年たちの反応をうかがっていると、視線に映った“ある少女”の姿を見て目を見開いた。

「ーー艦、娘……!?」

信じられない、という驚愕の表情を浮かべて明らかに動揺している。

ーーと、此処で食いしばって思考を働かせる。深海側にいる自分にまで招待状が届いたのだ、敵側である艦娘にも届く可能性はあると理性を呼び戻す。

「……ソチラニモ、コレ、ガ、トドイタノ?」

招待状を再び取り出すと、恐る恐る艦娘に向かって見せる。

本来なら相容れない両者の遭遇。

さて、彼女の反応は如何にーー

>穂乃果たち、折原たち、吹雪、海ALL

1年前 No.588

欠けた茶碗 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_6Gk

【望月、ゲダツ/商店街→焼肉&ステーキ専門店】

ゲダツ「いかにも、“温泉島”の“うっかり湯”にて番頭をしてい…む?これは――うっかり、思い出した。」

ナナと名乗った少女からの意外そうな質問に極々当然の様に己の(仕事)に関してしっかり答えようとしたゲダツであったが――よく考えるとこれもまた(忘れて)いた事であった。案外ふとした切っ掛けで色々と思い出す事が出来そうである。しかし己の(職)を思い出した次の段階、何の拍子に(招待状)を得たのか?という点に関してはまだ思い出せないらしい。そのまま何処へ行くのか、タツミに着いていく形で此方も後に続く、商店街の通りを十数分ほど歩いた先に、彼(タツミ)の言うお勧めの店が建っていた。

望月「んー、ぁあ…成る程ね、腹ペコにはうってつけだ。――肉の食い出が良さそうだねぇ。」

ゲダツ「うむ、確かにそれは酌が進む、それに肉は大好きだ。」

タツミと響の言葉に何となく脳裏に浮かび上がる某正規空母の尋常ではないフードファイターめいた大食いっぷり(タツミの視線がナナに向いていたのも何となく察して)…それも然ることながら、何時に無く空腹な望月は店内から漂ってくるジュウジュウと焼けた肉の匂いに思わず生唾を飲み込み、蜘蛛頭の方は早くも焼肉だかステーキの品目やら呑む酒の事を考え始めていた。

そうしてまるで匂いに誘われるが如く、皆に続いて店内へと入店して―――明らかに堅気ではなく只者では無さそうな雰囲気の、良い意味でも悪い意味でも一目見たら忘れられない貫禄を漂わせる眼帯の人物(真島吾郎)の座る席の近くを確保して早々に各々椅子に座る。


望月「んんーこの匂い、たまんないねぇ〜」


≫響、真島吾郎、大森タツミ、香月ナナ、エリナ・デア=フォーゲルヴァイデ、南成佳鉈、緋ノ山、店内ALL

【またまた分けます、小刻みにしか返信出来なくて申し訳有りません】

1年前 No.589

綾禰 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=sBHRIVw1IW



【緋ノ山綾禰/商店街】


響と望月のやりとりを見ると、何かあったような雰囲気を感じる。事情は知らないが、どうも過去にありそうだーー恐らく戦争絡みで。あくまで勘だが。


「ああ、私も似たようなものさ。食って鍛えて寝てを繰り返して身についた」

瓦礫を片付けて額の汗を拭い、穏やかな笑みを浮かべながら答える。

異能を得たものの、綾禰の力は真っ当な人間だった頃から続けていた鍛錬の積み重ねによるものだ。

「……私も言葉に甘えようか。私は綾禰、緋ノ山綾禰だ。馳走になるぞ」

どうやら、この場の皆も含まれていたようであり、馳走になることを決めた。周りに続いて自己紹介する。

「ふむ、では急ぐとしようか。此処の後始末の邪魔にもなるからな。

ーーああ、片付けたとはいえ道路が荒れているから焦って怪我しないようにな」

時間が迫っているという言葉に同意を示した後、怪我には気をつけるように付け加える。

>ゲダツ、望月、タツミ達、(真島)、商店街ALL

1年前 No.590

綾禰 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=sBHRIVw1IW

【すみません、入れ違いになってしまいました。 >>590 の続きになりますが、短文で申し訳ないです】

>ALL本体様

【緋ノ山綾禰/商店街→焼肉&ステーキ専門店】


「ーーおお、肉か。それはいいな」

肉と聞いて嬉しそうに声を弾ませる。真っ当な人間だった頃より健啖になったせいもあるが、もとより肉は綾禰の好物だ。

皆に続いて店へ入ると、肉を焼く臭いが鼻と脳髄を刺激して食欲をそそる。口内に唾が溜まり、喉を鳴らす。年甲斐なく心が湧くのを感じる。

ーー肉に魅了されていると、雰囲気の中で何かを感じとる。戦場に身を置いていたものにも似た、血の臭いを纏ったもののそれを。

とは言っても、今のところ敵意は感じないが。


>タクミ達、響、ゲダツ達、(真島)、焼肉&ステーキ専門店ALL

1年前 No.591

スキッピー @amazonn ★FeCRhdtUHv_nHx

【サイモン・グレイス/ホテル】
「ありがとうございます!コナンさんと、麗子さんですね。よろしくお願いします!」
と、助かると言ってくれたのでお礼をいい、相手の名前を確認した。
「とは言っても・・、チェックインして、部屋に荷物置いてきますね。重いですし。」
と、荷物を持ち上げながら言い、受付に行ってチェックインした。
>コナン達、リン達

1年前 No.592

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【高坂穂乃果、園田海未、西木野真姫、矢澤こころ、吹雪、アミティ、星宮いちご、大空あかり/海】

吹雪「私にも届きました!」

自身の携帯電話をヲ級に見せると「もしかして皆さんも?」と少し周囲を疑うような視線で見る。すると先ず口を開いたのはいちごである。いちごの携帯、アイカツフォンを吹雪に見せる。

いちご「うん。私にも来たよ!」

吹雪「やっぱり…。」

穂乃果「これって運命だね!」

みんながメールを受け取っていてこの合宿に目的があって参加していることに一番驚いたのは穂乃果である。穂乃果はことりや海未と楽しむための旅行兼ねダンスの腕を上げるために合宿に訪れたわけだが、みんなもそれぞれやることがあるのだろうかと思う。そういえばみんなじろじろと穂乃果たちを見ている。やはり有名なμ'sだからだろうか。ライブを期待しているに違いない。けど此処にいるのは穂乃果、海未、真姫、花陽…。三年生の三人はいないし、ことりや凛もいない。曲を決めるにしても難しいだろう。けれど期待に答えなくちゃ。今までだって出来ないことを何度も乗り越えてきた。穂乃果は真姫と海未と花陽を呼び止め話し合いを始める。

穂乃果「ねぇ、ライブやろうよ!」

海未「ですが…絵里たちは居ませんし…。」


真姫「そうよ…このメンバーで歌える曲なんてないわよ…。」

>ヲ級、海all


【江戸川コナン、秋元麗子/ホテル】

コナン「じゃあ後で合流しよう。」

麗子「その方がいいわね。」

二人はサイモンに後で合流すればいいと提案した。今のところは特に大きな変化はないし、少し離れていても大丈夫であろう。そしてコナンは虫眼鏡を持って調査へと入る。


>サイモン、リンたち

1年前 No.593

ティーラ(参加者大募集) @akuno1414 ★iPhone=4hiDJqs5yG

【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美、アドレーヌ、リボン/海】

龍一「ああ、僕にも来たよ」

アドレーヌ「私にも来ましたよ!」

二人は携帯を見せて、自分たちにも招待状が来たと言う。

真宵「それにしても、本当にすごいよねー、こんなに合宿に参加する人がいるなんてー、それに!あのアイドルのμ'sや、あかりちゃん、吹雪ちゃん、いちごちゃんもいるんだよ!」

龍一「は、はあ…そんなに有名なんだ…」

真宵は有名人がいることに興奮していた。

>海all


【パティ(人間時)→(球体時)、シャティ(人間時)/温泉施設】

パティ「おわああぁっ!!何あなた達!」

二人の少女に腕を掴まれ、パティはかなり驚いていた。

シャティ「…見事だ、二人共、さあ…観念しな、パティ!」

パティ「シャ、シャティ!?なんであなたが…えぇいっ!」

パティは球体の姿となり、二人の間をすり抜けた。

>リコ達、銀河達、

1年前 No.594

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=4hiDJqs5yG

【鏡音リン、狩魔冥、糸鋸圭介/ホテル】

リン「あたしはリン!よろしくー」

にっこりライン笑い、サイモンにあいさつがしていた。

リン「また後でねー」

>コナン達


【未空イナホ、USAピョン/イナホ自室】

イナホ「えぇ!?もうですか!?」

USAピョン「困ったダニね…」

もうイベントが始まったときいて、二人は慌てていた。

>黒子

1年前 No.595

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【高坂穂乃果、園田海未、西木野真姫、矢澤こころ、アミティ、吹雪、星宮いちご、大空あかり/海】

吹雪「穂乃果さんたちは兎も角私は有名じゃないですよー…。」

吹雪は苦笑しながらも少し照れていて有名じゃないことを否定する。μ'sは今は国民的アイドルであるから分かるけれどごく普通の艦娘である吹雪。赤城先輩や金剛さんや夕立みたいに強いとか何か特別な能力があるわけでもないけれど、やっぱり嬉しい気持ちは隠せなかった。少し前は海に出れない時期があった吹雪だったし、これも努力の成果かな?と少しだけ認めることにした。また赤城先輩にきっと頭を撫でられて誉められるだろうという期待に胸を膨らませながら。
そして合宿の案内のメールが成歩堂たちの携帯にも入っていたことに驚く一同。やはりこの合宿には何か意味があるのかと考え始める。

いちご「うーん…。私たちが選ばれたのって何でだろう…。」

あかり「私たちの共通点……。」

あかりといちごは暫く腕を組んで考えていたが結局結論は出ず、いちごは開き直る。共通点、合宿の意味。今はまだわからなくてもいつかは分かる時が来るだろう。この合宿で得た物の大切さを。今はこの時間を楽しめばいいと二人は考えていた。

いちご「難しいことは考えるのやめてお肉食べよっ!」

いちごはお肉の串を一つ取ると「うーん美味しい」と頬に片手を当てて満足そうに笑顔で食べていた。するといちごは穂乃果たちの方に目を向けると何やらライブがどうのこうのと話ている様子が伺えた。いちごはあかりに向かいボソッと呟く。その横顔を見てあかりも答える。

いちご「私たちもライブやった方がいいのかな。」

あかり「けど、私と星宮先輩しかいないし…。」

いちご「セイラちゃんとかいればライブ出来るかな。」

ドリームアカデミーのライバルである音城セイラ。彼女とは何度か共演しており、良きライバルであり友達である。彼女となら最高のライブが出来るといちごは思っていた。


>成歩堂たち、海all

【朝比奈みらい、リコ/温泉施設】

リコ「観念しなさい……!!あっ!シャティ、みらいそっちに行ったわ!!」

みらい「りょーかいっ!捕まえたっ!!」


逃げられてリコはシャティとみらいに指示するとリコは呪文を唱える。


リコ「キュアップラパパ!パティを捕まえなさい!!」

誰にも気づかれないように呪文を唱えると檻が出てきてパティを囲う。いつも失敗するリコの魔法だが今回はうまくいったはず。リコは思わず「よしっ」と声に出してしまう。するとみらいは何か異変に気付く。

みらい「ねぇ…何か温泉が変だよ!」

リコ「え…?!これ…ただの天然水じゃない!」

リコが両手で水をすくうとにおいをかいだり一口飲んで見るとただの天然水と判明した。「いつの間に…」と眉を下げながら呟く。確か廊下の方でバタバタしていて一瞬人が温泉に来たような気がした。同じ魔法使いだろうかと首を傾げる。

>シャティたち、銀河たち、温泉施設all

1年前 No.596

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【江戸川コナン、秋元麗子/ホテル】

麗子「ところでリンちゃん、何か分かったかしら?」

コナン「僕たちの方はまだ特にわからないよ。怪しい人は見掛けたっていう人いたけれど。」

特に有力になるような情報はわからない。けれど怪しい人は見たという目撃情報はあった。リンたちの方はどうなんだろうと気になったのだ。麗子はその人(通行人)をリンたちに連れてくる。

通行人「また警察か…。今日は警察の人が多いねぇ…。」

はあっと通行人はため息混じりで苦笑していた。「また」という言葉に引っ掛かる。

>リンたち、サイモン

1年前 No.597

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【金剛、禁書目録、赤座あかり、松島みちる/飲食店通り/ステーキ屋】

金剛「ステーキ美味しいネ!」

禁書目録「お代わりー!」

ステーキ屋にて大食いシスターと艦娘である金剛と普通の中学生(前後)の二人が食事していた。ふと視線を向けると金剛の目に映ったのは望月と響であった。金剛は片手を振って望月たちに大声で声をかける。


金剛「おーい!望月ちゃーんっ!」

あかりたちは少し恥ずかしそうに顔を真っ赤にして縮こまっていた。狭い店内に金剛の声が響いていた。

【絡みます】

>望月たち、ステーキ屋all

1年前 No.598

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_UHY

【黒子テツヤ:イナホの部屋】

テツヤの言葉に二人は

『えぇ!?もうですか!?』


『困ったダニね…』

とガッカリしているみたいだが、それは自分も同じなのだが

「しかたがありませんね……」


【沖田総悟:競馬所】

競馬場にいた沖田はちゃっかり競馬に興じていた

「両さんはどうだいさっきのレースは取ったかいっとさっきの情報を一応言っておくか」

そう言いながら携帯を取り出して馬券売り場の姉ちゃんに聞いた話を伝えておく事にした

「今外で聞き込みしている沖田でさァ〜目暮警部。とりあえず聞き込みで、そのホテルにサイモン・グレイスが向かったって情報を得たんでえ気をつけて捜査してくだせェ」

それだけを話して両さんも何か言うかいと聞いた


>>両さん、目暮警部周囲

1年前 No.599

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【両津勘吉/競馬場】

「外したぜ…。」


トホホと俯いて外したと沖田に告げる。溜め息しか出ない。すると沖田は警部に連絡を取っているようだ。何か伝えとくことはと言われて特にないため答える。

「わしは今のところ大丈夫だ。」

少しかっこつけて言う。そして勘吉は仕事へと渋々ながら戻る。

>沖田

1年前 No.600


切替: メイン記事(1880) サブ記事 (632) ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

 
 
レスが1880件あります。2000件を越えると記事が終了します。
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。