Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>

【ALL+オリ】ALLキャラで合宿しよう!

 ( なりきり掲示板(フリー) )
- アクセス(9397) - ●メイン記事(1994) / サブ記事 (652) - いいね!(25)

@tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★S0xWjDBvkX_Ony

「退屈だなー、何か面白い事ないかなー」

平凡で穏やかな日々を送っていたALLキャラたち。すると携帯に一通のメールが届いた。

『おめでとうございます。貴方様は当合宿企画に当選しました。つきましては下記の指示に従ってください』

???


この合宿が出会いを呼び、そして現在へと繋がるのであった――

【観覧ありがとうございます!ALL+オリで合宿スレです。基本ほのぼのした日常スレです
詳しくはサブ記事へ】

レス禁止

1年前 No.0
メモ2017/04/15 15:06 : ノア @siratuyu01★iPhone-ROVqwRM7iK

〜参加者〜

フェイト・テスタロッサ・ハラウオン(魔法少女リリカルなのはA's/主)222

高坂穂乃果(ラブライブ!/主)320

園田海未(ラブライブ!/主)220

西木野真姫(ラブライブ!/主)025

大空あかり(アイカツ!/主)233

千斗いすず(甘城ブリリアントパーク/主)150

黄前久美子(響け!ユーフォニアム/主)001

南みれぃ(プリパラ/主)310

司波深雪(魔法科高校の劣等生/主)

禁書目録(とある魔術の禁書目録/主)

御坂美琴(とある魔術の禁書目録外伝とある科学の超電磁砲/再参加希望)

美樹さやか(魔法少女まどか☆マギカ/主)

江戸川コナン(名探偵コナン/主)346

赤座あかり(ゆるゆり/主)111

日向咲(二人はプリキュアスプラッシュスター/主)

天ノ川きらら(GO!プリンセスプリキュア/主)

古手梨花(ひぐらしのなく頃に/主)

矢澤こころ(ラブライブ!/主)

栗山未来(境界の彼方/主)

星宮いちご(アイカツ!/主)

両津勘吉(こちら葛飾区亀有公園前派出所/主)

秋元麗子(こちら葛飾区亀有公園前派出所/主)

吹雪(艦隊これくしょん‐艦これ‐/主)

綾崎ハヤテ(ハヤテのごとく!/主)

皐月(艦隊これくしょん-艦これ-/ノア)353

文月(艦隊これくしょん-艦これ-/ノア)353

長月(艦隊これくしょん-艦これ-/ノア)353

明坂芹那(CHUNITHM/ノア)316

小仏凪(CHUNITHM/ノア)316

…続きを読む(11行)

切替: メイン記事(1994) サブ記事 (652) ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21


 
 

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【江戸川コナン/ホテル】

目暮警部「それは勝手に無理だよ、沖田君。」

A「そ…そうよっ!きちんと犯人を捕まえてちょうだい!じゃないと私たちが気がすまないわ。」


受け付け員の一人が沖田に反対意見を言う。少し戸惑っているようだ。

>沖田、冥

【南みれぃ/自室】

「黒子君どうしたの?」

ドアを開ければそこには黒子がいてみれぃは驚いた様子できょとんとする。

>黒子


【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/露天風呂】

(…金髪?私のこと…?)

何処からか念話が聞こえたためキョロキョロとあたりを見渡す。金髪と聞いて自分かなと思った。

(あなた…着ぐるみ?……魔法、使えなくもないわ。)

着ぐるみの方から声が聞こえたためモッフルに応答する。使えなくもないとやや曖昧な返答だ。
そしてなのはがゆっくりと瞳を閉じるのを見てフェイトは言葉が出ないままどうすればいいかわからなくてただただ銀河と翔介を見つめていた。きっと疲れたんだろうと思っていてもやはり瞳が空いた時に誰もいないのは寂しいと思い、銀河にこんなを提案する。暫く固く閉じられていた口がゆっくりと開く。俯いたまま。

「……ねぇ…銀河。このままなのはが目を覚ましたら誰もいないっていうのはきっとなのはも寂しいだろうし、私…なのはの傍にいて看病していいかな…?」


すると一人の女の子が着ぐるみをモンスターと言っていて驚いた様子のフェイト。瞳をパチパチとさせていた。そして苦笑していた。

「も、モンスター…?」


>銀河たち、アクア、モッフル、伊澄、パティ


【高坂穂乃果、園田海未/デパート】

〜穂乃果視点〜


穂乃果「うまるちゃーん!!何処ー??」

穂乃果は姿を消えたうまるちゃんを探します。何処にいるのかな?とキョロキョロしますが見当たりません。どうしよう…。はぐれちゃったのかな…?あれ?海未ちゃんと希ちゃんもいない!穂乃果、迷子になっちゃったよー。

>うまる、all

〜海未視点〜

海未「希、うまる!穂乃果がいません!」

穂乃果は人混みに流されて別の階へ行ってしまったのでしょうか?キョロキョロしてみても穂乃果らしい人物はいません。どうしましょう…。あれほど迷子にならないようにと言ったのに。

>うまる、希

1年前 No.401

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★UPFAV0GEPT_nHx

【銀河「」翔介『』/温泉施設】


ー ……ねぇ…銀河。このままなのはが目を覚ましたら誰もいないっていうのはきっとなのはも寂しいだろうし、私…なのはの傍にいて看病していいかな…? −

…突然、フェイトがそんなことを言い出した。
…なのはの傍にいて看病をしたい、と言い出したのだ。

…それを言われて、少し銀河は考え込んだ。

「(…思えば…目を覚ましたら誰もいないというのは…俺にもよくあったことだよな。
…今はもう慣れたし、ほとんど起きたらトラッシュが傍にいてくれるから…今はそこまでつらいとは感じないが…)」

…それでも、最初はかなり寂しいものだ。
寂しい思いは…させたくないと銀河も思うのだった。

銀河はーーー


「…とりあえずフェイト。…携帯電話持ってたら119番通報。病院に一度見せよう。
…今のなのはを見てみろ。
…汗はすごいし、意識はないんだ。…寂しさとかそういう問題以前にまずは病院になのはを診せるのが最優先じゃないか?」

『…なのはさんの看病をしていいかどうか。それは病院でなのはさんを診てもらってからでいいんじゃないですか?フェイトさん。』

とりあえずその問題は後にすることにした。
…できれば、その質問には今答えてやりたいところだが。
なのはの状態が非常によくないため、まずはなのはを病院に連れていくことを優先したのだ。


>フェイト、(なのは達)、ALL

1年前 No.402

RAY @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【青山ブルーマウンテン/バス】
「―――レトさん、美味しいお菓子をありがとうございました。」

――――
少女は何処かへ向かうためこのバスに乗っているわけではないようだ。

「そうですかー」
「……私たち、これからキャンプ場へ向かうんです。レトさんも一緒にキャンプ場に行きませんか?」

ここで彼女と出会ったのも何かの縁、一緒にキャンプ場に行くかどうかを聞いた

>>神楽坂倫花・レト・ルババ


【東條希/デパート】
「あっ、うまるちゃん!」

上の階に着くやいなや、うまるは一気に走ってゲーム売り場へと向かった。まるで、自分がゲームを欲しいかのように。
それよりも、これだとすぐに人混みに流されてはぐれてしまいそうだ。

「…海未ちゃん、穂乃果ちゃん、うまるちゃんはどこに目当てのゲームがあるか分かってそうやし一旦待ってようか。」

そう言った束の間、海未が穂乃果がいないことに気づき叫ぶ。
あの人混みの中に紛れてしまったのだろうか。

「海未ちゃん、穂乃果ちゃんの携帯に電話をかけてみたら?」
>>園田海未・土間埋・(高坂穂乃果)

1年前 No.403

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/露天風呂→病院】

そこまで考える余裕がなく、銀河に言われて気づく。そうだ。なのはは意識不明で看病で済むレベルではないことをすっかり忘れていた。携帯はあいにく所持しておらず荷物は財布とある程度のものしかなかった。

「携帯は持ってない…。」

俯きながらボソッと呟く。けど公衆電話があったはずと思い出して指差す。

「そういえば公衆電話があるよ!」

>銀河、all

【高坂穂乃果、園田海未/デパート】

〜海未視点〜


海未「電話してみます。」

私は穂乃果に電話します。しかし穂乃果は――

ブルブルブル――

‐只今電波の届かない場所におられるか電源が入ってないため出られません‐

海未「繋がりません…。」

他に方法はないか暫く私は考えます。すると案内アナウンスが流れます。


『本日は来店誠に有り難うございます。当デパートは閉店が20時となっています。ご来店のお客様はお忘れ物を御座いませんようにしてください。』

海未「……忘れ物は穂乃果です。」


>希、うまる

1年前 No.404

雷帝 @andouken ★Android=NxHITw8hsq

【モッフル:温泉施設】

((あなた…着ぐるみ?……魔法、使えなくもない わ。))

念話に対し返答がくる。
やはり彼女も魔法の力を持つ者の様だ

(そうフモかでもよく魔法を我慢したフモあの子は君の大事な友達だろ?なのに不用意に魔法を使わなかった君は偉いフモ))

きっとあの子(なのは)は 大事な友達で、きっと助けになりたかっただろうに
そんな中で不用意魔法を使わなかった事を誉めたその時

「フモ〜」

念話での会話に集中していたモッフルを激痛が襲う子供の鉄拳&蹴りだ
子供とは時として残酷な者だ
その暴行に耐えていると

『…寂しさと かそういう問題以前にまずは病院になのはを診 せるのが最優先じゃないか?』

『携帯は持ってない…。』

そんな声が聞こえモッフルは子供達のボスらしきを子を拳で黙らせると彼女達に近づき

「良かったら僕のを使うフモ。あっでも大丈夫フモよ水分補給をしっかりして涼しい所で休めば大丈夫フモ」

と言葉をかけて携帯を金髪の子に渡した。


>>フェイト、 (銀河たち、なのは、パティ、伊 澄)

1年前 No.405

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★UPFAV0GEPT_nHx

【銀河「」翔介『』/温泉施設】


ー 携帯は持ってない…。 −

残念なことに。
フェイトは携帯電話は持っていない、ということ。

だが、不幸中の幸い。

ー そういえば公衆電話があるよ! −


「…それだ!」

と思った時だった。


ー 良かったら僕のを使うフモ。あっでも大丈夫フモよ水分補給をしっかりして涼しい所で休めば大丈夫フモ −

先ほどの、謎の存在が。
フェイトに携帯電話を、言葉をかけながら差し出したのだ。


「フェイト。その携帯電話を使って119番に通報だ。…それから、確かにそいつの言う通りに水分補給をさせるんだ。
…ただ、少しずつ、ゆっくりだ。…一挙はダメだからな。」


フェイトに、「携帯を使って通報」「モッフルに言われた通り、水分補給をさせる、ただし少しずつゆっくりと」と告げたのだった。


「(……普通の逆上せだったら、涼しいところに連れてって、水分補給をさせるのが一番で救急車を呼ぶほどじゃないんだが…
…ただ、どうも普通の逆上せだけじゃあない気がするしな…。
…おそらく、あの露天風呂に入る前、なのはが自覚はないが熱…もしくは風邪をひいてたとしたら?…それに逆上せと…あの小さな赤い宝石を追いかけるための無理な運動がなのはの体に負担をかけてたとしたら…?)」

『…僕、スポーツドリンク買ってきます!』

「…任せた翔介。」


確かに逆上せだったら。
この妙な者の言う通り、水分補給をして涼しいところで休んでいたら大丈夫だろう。
…ただ、どうも。

「逆上せだけ」とは思えなかったのだ。

翔介がスポーツドリンクを買ってくる、といってきたので。
とりあえず、翔介に「任せた」とだけ言っておいた。


>フェイト、(なのは達)、モッフル、ALL

1年前 No.406

ヒナ @linnvo ★iPhone=kvbrPeUbuJ

【鷺ノ宮伊澄/温泉施設】

少年は様子を伺いに来たようだが、伊澄以上に体調不良になっている少女の方へと行ってしまった。まあ、私は大丈夫。ちょっと無理をしすぎただけで、体が冷めればすぐに動けるはず……。

“ねえ、なにかあったの?あのモンスターを退治したいのに子供がいるからできなくて悩んでるとか?”

「……?」

火照った顔を上げると女子の方がいた。女子はあの少女にチラシを渡している着ぐるみを指差している。

「えっと……あれはモンスターなんですか?あまり邪気は感じませんが……」

只者ではないことはなんとなくわかるが、少女に良からぬことを企んでいるようには見えない。私は一応陰陽師みたいな仕事をしているから、まぁ倒した方がいいのなら倒しにいくけど。……頭がくらくらするので、上手くいく自信はないけどね。

>夜空銀河、アクア、モッフル、フェイト・テスタロッサ・ハラオウン、(高町なのは)、温泉施設ALL

【分けます】

1年前 No.407

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/露天風呂】

「ありがとうございます!」

モッフルが携帯電話を貸してくれるとお礼を告げると受け取り深く深呼吸をすると119とゆっくり押す。

ブルブルブル――

『はい。こちら救急隊。どうなされましたか?』

「あ…あの!温泉施設で友達が逆上せたみたいで、意識がなくて直ぐに来てください!」

『わかりました。あなたのお名前と患者のお名前、施設の何処にいるか教えてください。』

「私はフェイト・テスタロッサ・ハラオウン。患者は高町なのは…場所は露天風呂から離れたところにいます。」

『五分ほどで伺います!』

「よろしくお願いします!」

プープープー――

電話を切ると一安心したのか腰が抜けて座り込むフェイト。

「有り難う…。これでなのはは助かる…。」


>モッフル、銀河たち、all

1年前 No.408

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【モッフル:温泉施設】

僕が渡した携帯を受けて取った金髪の子フェイトと呼ばれていたか
その子に何やら命令をしている少年

『。…それから、確かにそいつの言う通りに水分補給をさせるんだ。
…ただ、少しずつ、ゆっくりだ。…一挙はダメだからな』

いったい彼らはどういう組み合わだろう?友達同士?家族と友人の組み合わせ?
そんな探索をしている内にフェイトは救急隊員と連絡を取りどうやらすぐに来てくれるらしい

『有り難う…。これでなのはは助かる…。』

そうお礼を言われたので、このチャンスを逃すまいと自己紹介をしつつ甘木ブリリアントパークを売り込んでおく事にした

「それは良かったフモ僕はあっちの方にある甘木ブリリアントパークのマスコットのモッフルフモお菓子の妖精フモ」

ぜひとも遊びに来ていただこうと挨拶をしながら念話で気になる点を言葉と同時進行でフェイトに語りかけた

(君がフェイトであっちの倒れてる子がなのはフモね?ところでどうして彼はなのはちゃんを病院にと言うか救急車に乗せる事になぜ固執してるフモ)←念話

実は微妙にそれが気にはなったが本人に直接聞きにくかった事もあり念話でフェイトに聞く事にした
フェイトが看病したいと言った時もかたくなに『……寂しさとかそういう問題以前にまずは病院になのはを診せるのが最優先じゃないか?』とフェイトが看病する事を拒否していたし携帯を渡すと真っ先に「フェイト。その携帯電話を使って119番に通報だ」何かなのはちゃんを救急車に乗せないといけない事情があるのか気になると事だ

(いやたいした意味は無いんだけど君が看病したいと言った時も剣幕に拒否していた事が気になったフモそれに寂しさなどと言う問題では無いとか酷い拒否りかたしてたフモ)

「あと君もさっきのは無いフモよ寂しいとか問題では無いと君は思っているか知れないフモでも病は気からとも言うフモ人間はロボットじゃない心があるんだから身体さえ治せばいいわけじゃ無いフモよ」

どうも冷酷と言うか冷血と言うのだろうか冷徹?いい言葉が思い浮かばないが何か冷たい感じがする少年(銀河)たとえ病院に連れていく事が最優先でも友達を心配するフェイトの気持ちも考えてもらえないかと考えてめて声をかけてみた……きっと無理だろうと思った時に後方にも調子の悪そうな子がいる事に気づいて

「ところであっちの娘(伊澄)はほっといて大丈夫フモか?」

と一同に聞いてみた



>>フェイト、銀河たち、伊澄、(なのは)

1年前 No.409

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河「」翔介『』/温泉施設】


ー あと君もさっきのは無いフモよ寂しいとか問題では無いと君は思っているか知れないフモでも病は気からとも言うフモ人間はロボットじゃない心があるんだから身体さえ治せばいいわけじゃ無いフモよ −

「心のことをどうでもいいと思ったことは一度もない。…あくまで、身体の方を「優先」しただけだ。」

体さえ治せば心のことなどどうでもいいというわけじゃあないことはわかっている。
…時には心の方をいやした方がいいものだってある。

だが、今回はなのはの「体」を優先したのだ。
…あくまで優先であって、心のことなどは考えていない、というわけではない。

さて。フェイトは救急への通報を終えたらしい。
…場所は温泉施設付近なので、渋滞などがない限りすぐに救急車は来るだろう。

『スポーツドリンク買ってきましたー。』

そして、翔介も。
自販機でスポーツドリンクを買って戻ってきたのだった。
それを銀河は手渡されたのだが。

「…フェイト。お前が飲ませてやってくれ。…それから…救急車が来たら、お前も付き添いで乗っていくといい。」

こういうのは長い付き合いの友人がやった方がいいだろう、ということで。
フェイトに翔介から渡されたスポーツドリンクを差し出したのだった。


>フェイト、モッフル、(なのは達)、ALL

1年前 No.410

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【沖田総悟:ホテル】

沖田の発案は常識人である目暮警部により拒否される

「チィこれが万事屋の旦那なら「おっしゃそれいただき」って言ってくれんのによ」

そして納得しないのがホテル関係者達だ

A『そ…そうよっ!きちんと犯人を捕まえてちょうだい!じゃないと私たちが気がすまないわ。』


どうやら面倒になって来たようだし……こうなたら検事の姉さんに頼むか

「なぁ検事の姉さん?何か分かりやしたか?」


>>コナン、冥、目暮喜部

1年前 No.411

ヒナ @linnvo ★iPhone=kvbrPeUbuJ

【桂ヒナギク/商店街/雑貨屋】

「そうね!買っちゃいましょ」

あかりの発言に頷き、ヒナギクは雑貨を選び始める。範囲が絞れればあとは自分の好みで決めるだけ。ちょっとだけおしゃれで可愛気のありそうな物でね。こうなったら決まるのは早い。

「これは……これで。どっちかといえばこっちかな。うん、理想にピッタリ!これで決まりね」

カチューシャは少し柄の入ったものを。そして花を模したキーホルダーに、さりげなくハートが入ったバッジを選んだ。これであまり目立つことなく女の子らしさを上げられる。

「あかりちゃん達も何か買うの?」

>大空あかり、アドレーヌ、リボン

1年前 No.412

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=9Ick0DNMH4

【狩魔冥/ホテル】
『で犯人はどうしやす?海でイベントもあるみたいだし〜アイツが犯人て事にしやせんか?姉さんなら裁判になっても勝てるよな?』
勝手に通行人を犯人にして事件を終わらせようとする桂に対し
「…まあ、あの通行人が犯人だっていう完璧な証拠があれば、不可能ではないわ。」
と言っておいた。
『なぁ検事の姉さん?何か分かりやしたか?』
「そうね、そこの受付員っ!」
と、ムチで風をきった。
「詳しく、事件が起こる前のアリバイを証言してもらえるかしら。」

>目暮警部、桂


【パティ/露天風呂】
「だ、大丈夫!?い、一体…」
と、オロオロとしていた。
>all

1年前 No.413

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=9Ick0DNMH4

【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/市場】
龍一「あ、うん、行こうか」
真宵「わあい!行こう!」
春美「はい!」
と、三人は賛成していた。

>アミティ


【アドレーヌ、リボン/商店街】
アドレーヌ「決まって良かったですね!」
と、笑顔で言っていた。
リボン「私達はなにも決まってなくて…」
>あかり、ヒナギク

1年前 No.414

混沌は這い寄らないーー @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=sBHRIVw1IW

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.415

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【黒子テツヤ:ホテル・南さんの自室前】

扉を開けて出てきた南さんは

『黒子君どうしたの?』

少し驚いたようだが、どうしよう海でイベントの事をどうしよう?
ホテルも警察がいっぱいだし……どうしよう

「いえ その海のイベントどうするのかと思いまいして」

とグラウンドから帰る際に出た話をどうするのか尋ねたが、やっぱりそういう気分には慣れないのかも

>>南さん


【モッフル:温泉施設】

モッフルの言葉に対して

『心のことをどうでもいいと思ったことは一度もない。…あくまで、身体の方を「優先」しただけだ』

そう非情な言葉を聞く事になり少ししょんばりとした表情になる。
まぁ着ぐるみに言われても心に響かないんだろう

「心と言うのはあっちの子(なのは)だけでは無いフモ友達を心配してる金髪っ子の方もだフモ……大事な友達が倒れて心配で看病したと言ってる女の子に「そんな物無意味だまず病院だ」みたいなのは酷い……いや君には分かってはもらえないフモね人の想いなどは」

きっと彼は今は身体が優先と考えている救うと言う結果の前に、その過程など些細な事なのだろう甘木ブリリアントパークのキャストとして
多くのゲストそしてキャストを見てきたモッフルもここまで怜悧、冷血、冷徹の三拍子を兼ね備えた氷の精神を持つ者は初めてだった
あの小僧(可児江 西也)でももう少しは情を感じられた……
そうしている間に先ほど彼の仲間らしき者が飲み物を買いに行ったが、帰って来た
どうやらスポーツドリンクの様だ兎に角これで一安心だが、本当に来るのは病院の救急車か心配だったが、これ以上は僕の手に余ると
とりあえずは救急車が来るまではこの辺りでビラ配りをして彼女の搬送されれば僕も海のイベントの方に行こうと
しばしのビラ配りを始めるも再び子供達の暴行を受ける事になる


>>温泉施設all

1年前 No.416

不揃いの果実 @tatumi88☆ChU7Z6/SpEs ★DOCOMO=0VZiHrRZuv

【星光の殲滅者(シュテル・ザ・デストラクター)、雷刃の襲撃者(レヴィ・ザ・スラッシャー)、闇統べる王(ロード・ディアーチェ)、元砕け得ぬ闇(ユーリ・エーベルヴァイン)、アミティエ・フローリアン&キリエ・フローリアン/温泉施設】


レヴィ「お風呂!お風呂!おっ風呂ー!!」


シュテル「レヴィ、入浴を楽しむのは構いませんが、周囲に迷惑をかけてはいけませんよ」
レヴィは頭にタオルや石鹸の入った風呂桶を乗せて、これから入浴する温泉が楽しみなのか、上機嫌に歌っているが、シュテルは入浴を楽しむのは構わないが、周囲に迷惑をかけてはいけないと忠告する。ディアーチェは"シュテルよ、レヴィが勝手気儘に振る舞えば、一週間便所掃除にしても構わぬ"とシュテルに告げる。するとレヴィは"えぇー!!そんなぁ……"といじけている。


ユーリ「私は温泉って初めてなんですけど、どんな感じなんですかぁ?」


キリエ「ふふぅーん!とっても大きなお風呂で美容と健康にも良いのよ」


>>温泉施設ALL



【南成佳鉈sideは静雄本体様からレスがあり次第、返信します。】

1年前 No.417

杏里 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/露天風呂→病院】

「わ、分かった。」

銀河の指示通りにスポーツドリンクを受け取るとふたを開けてゆっくりとなのはに飲ませる。すると付き添いはフェイトがいいんじゃないかと指名されて首を縦に振るものの何処か不安な気持ちがあった。

「…一人で大丈夫かな…?銀河たちは来る?」


フェイトは銀河たちを見つめていた。


(……そういうことらしいわ。)

モッフルに言う前に銀河自信説明してくれたのでフェイトはただそういうことと簡潔に済ますのだった。

そして五分後――

サイレンを鳴らしながら温泉施設入り口に救急車が来る。バタバタと数人の救急隊が施設の中へ入ると辺りは注目の的だった。

『こちら救急隊です!患者さんの様子は?』

「患者は高町なのは、10歳。意識はありません、応急処置としてスポーツドリンクを飲ませました。呼吸はあります。」

『先に体温と血圧を計りますね。』

先ず体温計で体温をはかると熱は38℃5度あり、血圧は上が90下が40とかなり低めだが呼吸はしている。

『近くの○△×病院へと搬送しますが付き添いのかたは乗ってください。』

なのはを救急車に乗せたあとフェイトはあとから救急車へと乗り込もうとする。ふと後ろを見れば人だかりが出来ていてその中から銀河を見つければ一言告げる。

「…必ずなのはは帰ってくる…信じて!」


そしてバタンっとドアが閉まるとなのはたちを乗せた救急車は病院へと搬送されたのだった。

>銀河たち、なのは、all

分けます

1年前 No.418

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=9Ick0DNMH4

【パティ/露天風呂】
「…あの子大丈夫かな…」
パティは救急車を見送っていた。
「あぁ、慌てて出ちゃったから湯冷めしちゃった!今なら翔ちゃん独り占めできるかな?」
と、翔介の方に向かった
「しょーちゃーんっ!また露天風呂入ろっ!」
と、翔介をひっぱり露天風呂へ向かった。

>翔介、銀河

1年前 No.419

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【江戸川コナン/ホテル】

A「私はこの受けつけでいつも通り働いてたわよ。そしたら悲鳴が聞こえて…。」

目暮警部「それを証明出来る人は?」

B「ぼくと彼女はずっとここにいました!」

コナン「あれれー?おかしいよー?僕たちもここにいたんだけどお姉さんその時いなかったよね?だってそこのお兄さん(B)はいたんだけど…。」

コナンが鋭く突っ込みを入れると首を傾げる。確かいたのはBだけだった筈。


>沖田、冥

【大空あかり/雑貨屋】

「ならお揃いの何か買いませんか?キーホルダーとか!」

私は桂先輩が手にしているキーホルダーを指差してこれをお揃いにしようと提案しました。合宿で出会った記念に。ひなきちゃんやスミレちゃん、じゅりちゃんにもお土産買っていこうかなー。となると後輩である凛ちゃんとまどかちゃんにも買わないとね!


「このティーカップスミレちゃんに買っていこ!あ!このリボンはひなきちゃんにっ!じゅりちゃんはハンカチ!それから凛ちゃんにはおんぷのバッジでまどかちゃんにはカチューシャ!って沢山買いすぎたかな…。」

すっかり自分の世界に入ってしまいました。反省…。肝心の自分のを選んでませんでした。桂先輩とリボンさんとアドレーヌさんは良いって言ってくれるか不安です。


>ヒナギク、アドレーヌたち

【アミティ/市場】

「バーベキューだって!」

今まで食べてきたのにまだ食べる気満々のアミティ。バーベキューは別バラらしい。


>成歩堂たち

【南みれぃ/自室】

「黒子君たちが行くならみれぃも行くけど事件があったから未成年の外出は制限されてるみたいだから…。」


どうやら今回の事件で未成年の外出は制限されているようだ。みれぃは風紀委員長だし手伝おうと思えば手伝えるがそうすると遊べなくなる。やはり年頃の女の子だから遊びたい気持ちのほうが強い。

>黒子

1年前 No.420

白い悪魔 @kuromomo☆Ibq7BGr7nio ★iPhone=j1fgHOXeFb

【温泉施設/アクア】

「え?違うの?なーんだ。アンデットなら浄化してあげたのに」

あの可愛いくない着ぐるみを見ながら残念そうにする。
周りの声に耳を傾けてみると、どうやら病人が出たみたいね。それなら女神である私の出番……ってもういないじゃない!

「まぁ、たぶん大丈夫でしょ。私が見た限りあれは風邪ね、ただ無茶したせいで熱が急激に上がって酷くなったって感じかしら。ゆっくり休んで栄養取れば半日くらいで目を覚ますわね」

そんな一人事を言いながら救急車を見送る。

「貴女も酷く疲れてるみたいね。ヒールかけてあげてあげようか?」

なんとなく辛そうに見えた和服の女の子を見て答える。なんとなくこの子からは不思議な力を感じるのは気のせいかしら?

>伊澄、フェイト、銀河達、パティ、モッフル、ALL


【デパート/うまる】

無事ゲットしたうまるはほくほく顔で戻ろうとしたけど、出入り口は人がいっぱいで動けない。

「また家うまるにならなきゃ駄目かなぁ。でも、絶対踏まれそうだし……」

と、悩んでいると穂乃果さんの姿を見つけた。あれ?けど、希さんと海未さんの姿が見えないよ。もしかして二人ははぐれて迷子になったのかな?

「穂乃果さん!」

とりあえず、穂乃果さんの元まで歩み寄るとちょうど閉店の放送が流れていた。


>穂乃果、希

1年前 No.421

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河「」翔介『』/温泉施設(外)→温泉施設(内)】


ー 心と言うのはあっちの子(なのは)だけでは無いフモ友達を心配してる金髪っ子の方もだフモ……大事な友達が倒れて心配で看病したと言ってる女の子に「そんな物無意味だまず病院だ」みたいなのは酷い……いや君には分かってはもらえないフモね人の想いなどは −

自分のことを冷血だとかいろんなことを思っていそうな怪しい者。
…それに対して、俺は特に何も感じることはない。

化け物に何を期待しているんだか…


「…無意味、無駄とフェイトの言葉を切り捨てた覚えはない。
…まぁ、それについてはお前よりもフェイトがどう捉えたか、だな。」


物事や行動を「無意味」「無駄」と切り捨てること。
そして「その問題以前に」と。別の行動を優先させること。それは全くの別物だと銀河は考えている。

まぁ、特にこの者の言葉は特に心に響くものがない為。
ただ、「無意味」「無駄」と切り捨てた覚えはなく。
この問題については、この怪しいものがどう捉えたかよりもフェイトがどんな風に捉えたかだ。とつぶやいた。


と、そんな時に。
…救急車がやってきた。

左腕に装着されている漆黒のガントレット型端末「古代のハンターVG」の青いクリスタルディスプレイを見てみると。

…ちょうど通報から5分だった。

「…この温泉施設から…大体7km以内に消防がある、ということか…」

救急車が来た今だと、もうどうでもいいことだが。
…大体、現在地から7km以内に消防施設があると銀河は判断したのだった。



付き添いの人は乗ってください、と言われて。
フェイトが乗っていったのを見て。
銀河はここに残ることにした。

救急車は付き添いは大体4人が乗れる。

高規格救急車の場合、定員はだいたい7名です。
その内救急隊員3,4名ほど、傷病者はなのは1名とすると、付き添い可能な人数は大体2,3名だろう。
ただ、救急車というのは病院に搬送、搬送する間に応急処置をするための車であって。傷病者の観察や処置のためスペースは確保しなくてはならない。
…なので…付き添いは一人にした方がいいだろう、と考え。救急車には乗らないことにした野田。


ー …必ずなのはは帰ってくる…信じて! −

「……あぁ。」


扉が絞められ、病院へと向かっていった救急車を見ながら。…正確には救急車に乗って病院に向かっていったフェイトを見ながら銀河はポツリとつぶやいて。

ー ただ無茶したせいで熱が急激に上がって酷くなったって感じかしら。ゆっくり休んで栄養取れば半日くらいで目を覚ますわね −

「……それならいいんだが…」


風邪に逆上せ、それに無茶によるあの意識喪失。
どっちにせよ、逆上せの対処だけではだめだっただろう。

それに、救急隊員の「38度5分」というなのはの体温も少し気になった。

…ただの風邪でもそこまで体温が上がることはあるが…もしかしたら?という考えもあったのだ

…とりあえず。
…ここから先は…昔の貴族のような風貌をしてる少女の方。
…そんな服を着っぱなしであの露天風呂にやってきた少女。…正直見てて暑苦しかった。

だが、本人はもっと暑苦しかっただろう。
蒸し暑さで体力がかなり落とされただろう。


スポーツドリンクでも買って渡してやろうか?と思ったが。

ー 貴女も酷く疲れてるみたいね。ヒールかけてあげてあげようか? −


「…ヒール?…回復魔法、みたいなものか?」

先ほどやってきた水色の女性が、少女(伊澄)にヒールをかけてあげようか?と声をかけていたのだ。
…それは、回復魔法みたいなものだろうか?と思わず声をかけようとした。

時だった。


ー あぁ、慌てて出ちゃったから湯冷めしちゃった!今なら翔ちゃん独り占めできるかな? −


先ほど翔介を「マイエンジェル」とか言っていた謎の球体生命体…今はピンク色の髪の少女が「翔介を独り占めできるかな?」と声を上げた。
…そんな少女(パティ)の言葉を聞いた翔介は体をぞくり、と震わせ。

『い、嫌な予感がする…』

…その嫌な予感は的中。
それは。


ー しょーちゃーんっ!また露天風呂入ろっ −

『うわぁあああああ!!??』

翔介は。
パティに引っ張られていき、また露天風呂に向かわされることに。
…その時に翔介が、銀河の腕を握ったため。


「なっ……!?」

銀河も引っ張られることになった。
…パティの力が、すごい力だったから、ずるずると。翔介と銀河はともに。再び温泉施設の中に入っていった。


>温泉施設ALL、パティ

1年前 No.422

渡空飛燕 @newswallow ★Android=J2l2XHlZwH

【 ツバメ / 商店街 】

「 … 」

商店街のすみ近くにあるあまり人が来ることがないボロボロの老舗のような小さな本屋____その店の内にはこの時代の者とは想いがたい侍に近いような格好をした不良面の青年が顔に似合わず新書コーナーの本棚の前で静かに立ち読みをしていた。

通ってからあまり日が経っていないもののこの店の人はみな彼の立ち読みを見て見ぬふりをしていた。機嫌損ねるようなことをすれば殴りかかってきそうな風格を持っていたからだろうか…(とはいえ、万引きはしたことはなく興味のある本はきちんと購入しているが)

「 … なんか胸騒ぎがしやがるな … 気のせいならいいが。 」

男はちら、と扉に張られたガラス越しに外を確認するがいたって平穏なために勘違いだと確認すれば再び両手に持った本を読み始めた。

> ALL

1年前 No.423

黄昏症候群 @forte10☆NeDCG1Klls. ★ge8mulTLE2_nn8

【降魔 漣音/海】

機嫌が悪そうに舌打ちをする咲夜をジッと見つめた。腑に落ちない。納得がいかない。そんな感じがした。
無理もない。自分が誇りとするものを、野蛮な行為に使われると思ったら、誰だって嫌だろう。

だが、エレンはエレンで巨人に大切なものを奪われたと言う。そのために、巨人を駆逐したいと言う事か。
大切なものを奪われる悲しみ、怒り、憎しみ…それは尋常ではないものだ。
その大切なものが何かまでは分からない。それが己にとってかけがえのないものだったら…許せなくなるだろう。
だけど…だけど、憎しみをぶつける相手に肉体があるのなら、存在があるのならば…まだマシだ。

そう…私も大切なものを…弟を奪われた。実体なき病魔に。奴はまるで死神のように、弟の命を奪い去っていった。
奪われた悲しみを、怒りを、憎しみを…ぶつける場所がなかった。残されたのは、虚無だけ。

「………。」

彼女は再び俯いて、目を伏せた。また、目の奥が熱くなる。しかし、いつまで経っても涙は出ない。
怒りに奮え、涙を浮かべる咲夜とは対照的に、悲しみに打ちひしがれながらも涙を見せぬ漣音。

「……大切なものを奪われる苦しみは…並大抵のものじゃない。
だが……その憎しみを…怒りを…ぶつけるだけの物体があるのならば…まだ……良いほうだ。」

静かに、悲しげに彼女は呟いた。そして、砂を払い落としたDVDを軽く咲夜に差し出しつつ、

「……私にお前の行動を制限する権利はない。
お前が教えたいと思うなら教えれば良いし、嫌ならば断れば良い。どうするかは咲夜の自由だ。」

自分が過干渉することではないだろう。彼らの自由を制限する権利なんてない。
ただ…全く別の話になるが、腹が減ってきた。そういえばもう夜になるのか。

あの真紅に染まった夕日はすっかり沈み、夜の帳が折りきった夜空は小さな光も映し出す魔物と化していた。
彼女はゆっくりと頭を上げて、吸い込まれそうなほどに黒く、そして小さく輝く星を映し出す星空を眺めた。

>愛沢咲夜 エレン・イェーガー(西木野真姫)(シャドーパティ) 海ALL

1年前 No.424

欠けた茶碗 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_0Ml

【エドワード・カーンビ、アリシア、隼鷹/酒場】【ケンウェイさん以外まともな人間が居な(ry】


アリシア「わたしは唯の“魔女”――“魔女のアリシア”、貴方が纏う(空気)が、如何にも浮いてる様に見えてね?少し興味が在ったの…名前は?」

そう笑いながら誘いに乗らず身持ちが割と硬い、(別の時代)を生けし人物(エドワード)に自ら“魔女”と名乗った彼女はそんな風に返す。――異性への誘惑は魔なる女の嗜み、とはいえ当のアリシア自身元々はそんな節操無しのうらぶれた様な性質ではなかったのだが――“永く”生き過ぎると何かとそういう(癖)が出来てしまう。気になったり気に入った相手の事を深く知りたくて――親身になったり、気紛れで情婦になったり、退屈とは割りかし人を変えるモノなのであろう。

酒が入ると御喋りになる、尤もあの(魔女)もまた(酔いにくい)体質なのは間違いないだろう。それだけに飲む量が自然と増えて行く訳だから…

と、

新たな来店と同時に、カウンターでうつ伏せになりかけていた浮浪者めいたワイルドさと虚ろさを同居させた様なアメリカ人私立探偵――が、人が変わった様に席から身構えて両手をコートの懐へと突っ込み姿勢を低く持ち――睨みつける先には、何処かとても(メタな)感じと不自然ながら様になってる様な妖艶さを併せ持った奇妙な少女が一人。

カーンビ「“似てる”が――違うか、どうせ似た様なモンだ。」

百年近く昔――彼があの呪われた邸宅で(遭遇)した“ナニカ”に、その妙に均整の取れた少女が(近しい)感じがする。

チャッ…

自然な動作で懐の片手には色々ヤバ気なモノ(薬品・火薬)がたんまり入った空き瓶、もう片手はショルダーホルスターの9mm口径(S&W M5906)のグリップに指を掛けている。

フードな彼(エドワード)に声を掛けていた“魔女”もまた、(珍しいモノ)を見る様な目で――マスター(というか画面越しの諸氏)にさもありなんな言葉を掛ける、背格好の割りに変な色気のある――、しかしながら生気の欠片も無い双眸の少女(あいな)を見つめているが…現在本業(ドンパチ)は休暇故に取り止めている。何かしら(問題)が起きれば態度は変わるだろうが、無精ひげな私立探偵とは異なり特に構えも見せず――

アリシア「マスター、その子は私の姪っ子なの…保護者同伴なら別に構わないわよね?」

無論嘘だが、態々混沌の火種になり得る様な“ナニカ”を店内に引き入れる様な言葉を掛けた。正気か?と身構えたままの探偵(カーンビ)から咎める視線を向けられるが、“魔女”は何処吹く風と言わんばかりの表情を浮かべている。それはそれで(面白そう)だからだろう。

――一方。

隼鷹「熱燗3本、冷酒2本、氷と水もお願いさん、――アンタもなぁにしけた顔してんのさ、ぱぁーっと行こうぜ、ぱぁーっとなぁ!」

入店時から飲んだくれのツンツン頭の(軽空母)――(招待状)で(休暇)を取り、やって来ている他の(艦娘)達同様――というより夜の街にくりだして、見知らぬ誰かと飲み合いをして酔いつぶしたり、何軒もはしごしたりなんだりで思う存分楽しんでいる模様だ。何やら極一部の誰かが不似合いな警戒心を示しているのに気が付いたのか、注文を店主にしつつやっぱり千鳥足でふらふら立ち上がると、やたら陽気にそんな声を掛けている。彼女のテンションに比例してるのか、その周囲をグルグルと飛び回る艦載機数機も、アクロバット飛行をする様な滅茶苦茶なマニューバで店内を器用に飛び回っている。


≫エドワード・ケンウェイ、黒美あいな、酒場ALL

【レト・ルババ/移動中(バス内)】

干しブドウや干し柿に似た感じの味と食感がする干しナツメヤシ、主に中東から北アフリカ辺りで人里はなれた旅路で長持ちする食糧として安価で揃えられるが、値段の割には糖度が高く、ミネラルも豊富に含んでいる。――勧めた後ながらも、少し心配になった部分もあるが二人とも美味しいと言っているのを見て少々胸をなでおろしつつ…

「ふふ、お口に合ったのならヨカッた。――キャンプ場?……何か面白そうだし、うん、一緒に行くよ。ヨロシク、リンカさんとアオヤマさん。」

これから予定も何もなく、暫くはほっつき歩いていようなんて考えていた矢先のお誘い、勿論そういう体験はしてみたいし、何か手伝える事もあるかも知れない。それに本人は知ってか知らずか、丁度持ち歩いている道具や服装がキャンプそのものに御誂え向きだった。

≫青山ブルーマウンテン、神楽坂倫花


【ゲダツと望月の方は、平和島本体様の返信が揃い次第行います。】

1年前 No.425

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【モッフル:温泉施設】

さてあの子がちゃんと搬送されるのを見たら海に行こうとビラを配っていると
あの冷血漢の少年が何か言っている

『…無意味、無駄とフェイトの言葉を切り捨てた覚えはない。…まぁ、それについてはお前よりもフェイトがどう捉えたか、だな。」

そしてその五分後の事だ救急車が到着しなのはと呼ばれていた少女を乗せて救急車発車していったその時に聞こえた声

『近くの○△×病院へと搬送しますが付き添いのかたは乗ってください。』

その病院って?モッフルは疑問に思ったその病院に行くなら方向が逆ではと……

「これは何かあるフモとりあえずは……またアイツの手を借りるのか?嫌だけど仕方ないフモ同じ魔法の国の人間を見捨てるわけにはいかないフモ」

モッフルは戻ってきていた携帯を使いある人物に連絡を取ると、後は彼に任せてイベントのある海を目指す事にした

「まぁ大丈夫…平気でうそをつく男だけど仕事では嘘をつかない男フモ」

ため息混じりにビラ配りをやめて海に向かった


>>海all


【折原臨也:救急車の中】


何故かホテルにいた臨也は今救急車を運転していたその理由は粟楠会からの情報だった
粟楠会から受けた何もない所に実体化させられるオーバーテクノロジーついての報告を送った際に
聞いた面白げな情報の真偽を確かめるためだ何でも財団Xの下部組織が魔法少女の拉致し魔法と言う未知のエネルギーの研究素体にしようとしてるとか

「あのリアル魔法少女って話は二次オタの妄想じゃ無かったという事か?まぁ本当にいるとは思えないけど……」

そうして路上に停車している救急車と黒服から白衣に着替えようとしている男達の一人を眠らせるとその人になり替わり救急車運転席に座る
そのすぐ後だ無線が入る温泉施設で高町なのは、10歳。意識はありませんとの連絡に

偽救急隊員「どうやら上手くいったな。魔法少女を確保するぞ」

どうやら噂は本当だったらしいコイツ等のターゲット今の高町なのはと言う少女らしい今は彼等に従い温泉施設に救急車をむかわせた
物の五分で無事到着をすると男達に金髪の少女が

『患者は高町なのは、10歳。意識はありません、応急処置としてスポーツドリンクを飲ませました。呼吸はあります』

と受け応えをして対応をしているが男達の言葉を鵜呑みにしている様だ彼等の正体も知らずに、だがなぜ彼女達は病院に行かずに救急車をよんだのか
それが臨也は疑問に思った確かに○△×病院ほど大きくないながらも、この近くには診療所もある急ぐならそこに駆け込むてもあったはずなのに……

『…必ずなのはは帰ってくる…信じて!』

吹き出しそうになった彼女は知らない自分達がどれだけヤバい奴らに囲まれているのかを、この状況で彼女達が、そして男達が何をするのか観察していると
臨也のスマホが鳴るいやマナーモードになっている為回りは気づいてはいないが、馴染みの男からだ
2,3話すと相手からの仕事を受ける事を了承した臨也は

「OKだモッフル卿……彼女達はホテルに届けておくよ」

そう言うと無造作に臨也は助手席の男を刺しそのまま助手席側の扉から偽救急車を蹴り落とすと高笑いしながらも後ろに合図を送り後部の扉を開けると
後ろの医療スペースにいた用心棒の男が他の救急隊員を投げ捨てていき

「やぁ少女達危ない所だったね気付いていないかもしれないけど君達は拉致されかかっていたんだよ。君達が魔法少女だと思い込んでいるイタイ大人にね」

運転を続けながらもバックミラー越しに二人に話しかけながら体温計を加えて38℃5度と出るのを見るどうやら誰が測っても38℃5度と出るようになっていたらしく
38℃5度と出た体温計を見せながら彼女達に問う

「ところでどうする?このまま病院に行くかいそれともホテルに戻るかい?お望みの場所にお届けするけど?」

そう不敵な笑みを浮かべながらも、楽しい人間観察が出来たと喜んでいた


>>フェイト、なのは、救急車内all


【主さま:モッフルに続いて絡ませてもらいました】

1年前 No.426

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【沖田総悟:ホテル】

総悟の問いに冥は

『…まあ、あの通行人が犯人だっていう完璧な証拠があれば、不可能ではないわ』

内心あればじゃないだろ?作るんだろと思いながらも冥に質問され答える受付員の話を聞く事にした
と言うかいちいち鞭をふるってこの姉さんを逮捕した方がいいんじゃないかとも思う

A「私はこの受けつけでいつも通り働いてたわよ。そしたら悲鳴が聞こえて…。」

B「ぼくと彼女はずっとここにいました!」

冥の問いに受付員Aga答えその証明を求めるとBがそれを証明するも少年が

『あれれー?おかしいよー?僕たちもここにいたんだけどお姉さんその時いなかったよね?だってそこのお兄さん(B)はいたんだけど…。』

その言葉に総悟も何かピーンとくるなるほどそう言う事かとニヤリと受付員Aを見る

「そう言う事だったわけですか?」

>>コナン、冥

【黒子テツヤ:ホテル】

南さんの部屋を訪ねるも

『黒子君たちが行くならみれぃも行くけど事件があったから未成年の外出は制限されてるみたいだから…。』

制限がある事に僕は気づいてはいなかった誰からも止められなかったから
やっぱり僕が影が薄いからか

「そうですか僕はUSAピョン達の所も覗いてみます彼等も気づかずに行動してるかもしれませんから」

と一言かけると会釈をして南さんの部屋を後にした


>>南さん

1年前 No.427

RAY @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【エドワード・ケンウェイ/酒場】
呑み干した酒瓶を机に置き

「魔女だって…?教会で異端審問に掛けられたならともかく、こんなに堂々と自分を魔女呼ばわりするとは面白いやつだな。
とはいえ、ここが一体どんな場所か知っていそうだ。…ケンウェイ、エドワード・ケンウェイだ。」

魔女…か。餓鬼の頃には夢見た魔法使いと似たようなもの。だが、魔女や魔法使いは教会に連行された言いがかりに等しいレッテルを貼られた者たちの事だった。だが、これは中世…かの「最強のアサシン」が生きた時代のヨーロッパでの話。それから100年後にはその数も激減していったわけだが。
海賊全盛期の時代では昔話や御伽噺と言った側面が強いだろう。ケンウェイもまた、彼女の魔女という言葉を酒で酔った時によく出るホラ吹き話程度の反応で聞いていた。

――――――と。
また新たな客が入って来た。が、どよめきが走る。そいつはまだ幼い見た目で、酒場には似つかわしくない子供だった。
(――――子供一人だと?おいおい、嘘だろう?)

子供に向け、そんな眼差しを向ける。流石にあの時代でも幼い子供に酒を出すことは無かった。と、魔女を自称する女があの子供を自分の姪っ子とマスターに語る。
当然嘘ばわけだが、面倒事は勘弁してくれ。と言わんばかりにケンウェイはため息を吐いた。

>>アリシア・黒美あいな・(エドワード・カーンビ・隼鷹)・ALL


【東條希/デパート】
電話を掛けるが、穂乃果には繋がらない。そして、閉店のアナウンスが流れ始める。

「これは、すこしマズイかなぁ。―――――そうや!」

このままだと逸れたままここから出ることになる。そんな時、何かを閃く。

「海未ちゃん。一階の案内所に行こっか。」
>>園田海未・(高坂穂乃果・土間埋)

1年前 No.428

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【三千院ナギ:温泉施設】

「めんどくさい事になった……なんで私が合宿なんかに……」

ため息混じりに歩く炎のような赤い髪の少女が温泉施設を歩いていると
レジャー施設という事もありはしゃいでいる者が多い中でひときわ大きな声で騒ぐ一団に目をやると
色とりどりのの派手な髪の少女達いや少女が騒ぎそれを止めようと同伴者がいるのが見えた

『お風呂!お風呂!おっ風呂ー!!』

『レヴィ、入浴を楽しむのは構いませんが、周囲に迷惑をかけてはいけませんよ』

その声に応える様にナギは話しかけた

「迷惑ならもうかかている……それにお前普通の人間じゃないわね誤魔化してもダメフレイムヘイズである私ってぁぁってヒャ〜」

騒いでいる騒いでいる少女を注意をしようとしていたナギは足元にあった石鹸に足をとられて滑って湯船にドボーンと落ちると
湯船には赤い髪の生首いや赤髪のウイッグ湯船にプカプカ浮いていた。
その後に次いで金髪ツインテテールの少女ナギが浮いて来て気絶していた


>>光の殲滅者(シュテル・ザ・デストラクター)、雷刃の襲撃者(レヴィ・ザ・スラッシャー)、温泉施設all


【すいません絡ませたもらいました。「なのは」はそれなり分かりますので、よろしくお願いします】

1年前 No.429

ヒナ @linnvo ★iPhone=kvbrPeUbuJ

【愛沢咲夜/海】

“奴らは俺達から大切な物(チーハン)を奪っていきやがった……でも巨人だけかと言われても、それは答えようがないかな?巨人以外の異形と言うのは良く知りませんから”

“……大切なものを奪われる苦しみは…並大抵のものじゃない。
だが……その憎しみを…怒りを…ぶつけるだけの物体があるのならば…まだ……良いほうだ。”

顔を背けたまま言い分を聞く。何故、巨人というものを憎むのか。についてこの男はそう答えた。大切な物を奪われた……その言葉が、頑ななはずの咲夜の心を揺さぶる。どういうことなのか全くわからないわけじゃない別に、復讐は勝手にやってればいいと思う。今の話のように、大切な物を奪われて怒りを感じているのなら、それが本当に凶悪な悪者だとすれば倒してダメとは言えない。でも、どうして武器にハリセンを使う?大体ハリセンで悪者退治とか聞いたことない話や。

“はい!うちの学校で人類最強と言われている先輩がハリセンで巨人相手に無双で……しかし先輩は合宿には参加していなくて困っていた所に、商店街であった情報屋が伝説的ハリセン使いの話を教えてくれて”

「ほんまかいな……」

実際にハリセンで、むしろ無双状態で倒す人がいるそうで、咲夜はぎょっとした。どこをどうやったらまともな武器にできるまでの威力になるのやら……。
しかし、伝説のハリセン使い……?

その時、漣音が咲夜が砂浜に投げつけたお笑いのDVDを静かに手渡してくる。

“……私にお前の行動を制限する権利はない。
お前が教えたいと思うなら教えれば良いし、嫌ならば断れば良い。どうするかは咲夜の自由だ。”

少し様子が変だが、咲夜は大人しくDVDを受け取る。
ハリセンは何かをやっつけるための道具じゃない。その先輩とやらに憧れてハリセンを覚えようと思ったのなら見当違いだと思う。どうせハリセンを教えるなら、ハリセンの本来の目的を理解させて、本当に戦闘に使える武器なのかを肌で感じてもらおう。

「わかった。気は進まへんが、ハリセンについて1からレクチャーしたる。実際に使えるかどうかは自分でやって確かめてみればええ。その前に、ほんまに武器として使ってええもんなのかどうかもう一度よく考えてもらうで。
でも、ええんか?ウチはただのお笑い好きの大富豪のお嬢様やで?伝説と謳われるほどの実力はない……とウチは思てんねんけど」

咲夜のことを伝説のハリセン使いときいて来たそうだが、そんな話聞いたことないし、ボケを見つけると思わずツッコんでしまう。その程度のもんだ。まーよくハリセンは使うけど、別に才能とか意識してやってない。ただの関西の血としての癖みたいなもの。お笑いもきっと素人だ。それなのに、本当に咲夜が教えて構わないのかどうかを尋ねる。

“どうしんだ?涙なんか流して?腹でも下したのか?”

「ちゃうわアホ!お前のせいや!っちゅーかどっかの誰かさん並みにデリカシーのない奴やな!?」

こいつのせいで少し興奮しすぎて泣きそうになっただけなのに腹が痛いってどこ見て判断しとんねん。あの借金執事みたいでムカつくわ。

>エレン・イェーガー、降魔漣音、海ALL

【分けます】

1年前 No.430

ヒナ @linnvo ★iPhone=kvbrPeUbuJ

【連投失礼します】

【桂ヒナギク/商店街/雑貨屋】

「うん、ありがとう!アドレーヌちゃん達のお陰だよ!」

もう一度3人にお礼を言った。
3人は何か買うのか尋ねると、アドレーヌとリボンは何も決まっていない様子。すると、あかりから良案が出た。

“ならお揃いの何か買いませんか?キーホルダーとか!”

「いいわね!ここで会ったのも何かの縁だしね」

ヒナギクが協力を頼んだ集まりとはいえ、一緒に買い物やおしゃれを楽しもうとしている。せっかくだから記念にお揃いのものを買うのは良いかもしれないと思ったのだ。

“このティーカップスミレちゃんに買っていこ!あ!このリボンはひなきちゃんにっ!じゅりちゃんはハンカチ!それから凛ちゃんにはおんぷのバッジでまどかちゃんにはカチューシャ!って沢山買いすぎたかな…。”

ヒナギクはクスッと笑って、

「友達思いなのはいいけど、お金のことも考えなきゃダメよ。使いすぎないようにね」

と優しく諭した。

>アドレーヌ、リボン、大空あかり


【鷺ノ宮伊澄/温泉施設/外】

体調を崩した少女は救急車で運ばれた様だ。

“まぁ、たぶん大丈夫でしょ。私が見た限りあれは風邪ね、ただ無茶したせいで熱が急激に上がって酷くなったって感じかしら。ゆっくり休んで栄養取れば半日くらいで目を覚ますわね”

「そう……、なら安心ですね」

のぼせた上に風邪までひいてしまうとはお気の毒……だけどゆっくり休めば大丈夫なら、とりあえず一安心ね。少しだけ嫌な予感がしたのは気のせいかしら。

“貴女も酷く疲れてるみたいね。ヒールかけてあげてあげようか?”

その女子は火照りぐったりしている伊澄を見て、こう声をかけてくれる。ヒールというのは……元気になる魔法か何かかしら?ゲームにあったような。でも……。

「……いいえ。大丈夫です。私はまだ動けますから。随分と冷えて調子も戻ってきましたし」

そう言いながら、伊澄は少しふらつきながら立ち上がる。うん、さっきよりも大分マシね。

「でも……お飲み物が欲しいですわ」

さっきの温泉の熱で汗をかきすぎて水分が不足している気がする。そろそろ水分補給しておかないと。

>アクア、付近ALL

1年前 No.431

雷帝 @andouken ★Android=NxHITw8hsq

【エレン・イェーガー:海】

俺が大切なチーハンを奪われた話をすると、咲夜さんと居た男性が自分も大事な物を奪われたと複雑な表情で話してくれた。
そして怒りをぶつける先があるだけましだと

「よくは分かりませんが、あんたも大変なんだな?物体の無い相手か……」

何だろう?テストだろうか?テストで赤点をとってしまい大切なGWを奪われたのかな?
彼の言葉が響いたのかそれとも拾い上げたDVDが効いたのか咲夜さんは

『かった。気は進まへんが、ハリセンについ て1からレクチャーしたる。実際に使えるかど うかは自分でやって確かめてみればええ。その 前に、ほんまに武器として使ってええもんなの かどうかもう一度よく考えてもらうで。 でも、ええんか?ウチはただのお笑い好きの大 富豪のお嬢様やで?伝説と謳われるほどの実力 はない……とウチは思てんねんけど』

と遂に承諾してくれた事に目頭が熱くなる涙があふれる。

「ありがとうございます咲夜さん……いや師匠!!」

お礼を言い口添えをしてくれた彼にも頭をさげて礼をのべた。

「貴方もありがとうございます。おかげでハリセン技術を学べます」

エレンは拳を握りしめ巨人を駆逐する事を改めて誓うがその時に自分の不用意な発言に鋭い突っ込みを受ける

『ちゃうわアホ!お前のせいや!っちゅーかど っかの誰かさん並みにデリカシーのない奴やな !?』

この鋭さ、伝説は伊達じゃないと感心するばかりだ。

>>愛沢咲夜、降魔漣音、海ALL

1年前 No.432

星宮いちご @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【フェイトのレスは少し遅れます。】

【高坂穂乃果、園田海未/デパート】

〜穂乃果視点〜

「うまるちゃんっ!」


うまるちゃんの姿が見えたけど穂乃果はぴょんぴょんと跳ねてうまるちゃんをこっちに引き寄せる。海未ちゃんにまた怒られることは覚悟していた。

「こっちだよ!」

>うまる、希

【江戸川コナン/ホテル】

「おかしいよねー?」

きょとんとしながら沖田に聞く。本人のアリバイとコナンの意見が食い違っているからだ。

>沖田、冥

【南みれぃ/自室】

「分かったぷり!犯人には気をつけてね。」

軽く手を振るとニコニコとほほえむ。

>黒子

分けます

1年前 No.433

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【大空あかり/雑貨屋】

「桂先輩のキーホルダーを四人お揃いにしたいです!」

私は桂先輩が買ったキーホルダーが可愛いと思ったからお揃いにしたいと思った。おしゃれは無限に広がるし仲間も出来るということがわかりました。すると桂先輩から注意を受けた私は少し苦笑しながら返事します。

「はい。気をつけます…。」


>ヒナギク、アドレーヌたち

1年前 No.434

渡空飛燕 @newswallow ★Android=J2l2XHlZwH

【ツバメ/商店街→デパート】

探してくれるひとをまってくれているかのように商店街の隅にポツン、と建てられている店自体古ぼけた小さな本屋。ここへ訪れていたツバメは、この本屋に来てから約数時間ほど本を読んでおり「新書コーナー」と書かれている本棚の42%の割合の数の本を読破していた。

「ここに金置いとくぞ。」

_______ありがとうございました!(店番の人)

誰も人が訪れるような綺麗な本屋ではないため売上の邪魔にはなってはいない。だが、正直長時間売り物を使用していると店の責任者側の立場になればたまったものじゃないだろう。そんな不穏な空気の中にさすがにいづらくなったのか、興味のある本を一冊手に取ればポケットから取り出したいくらかの金を投げるような雑な渡し方で店を後にした。

「____さて、どうすっかな。チルダのやつもいねえし…みた感じ鍵人のいるような所じゃねえみたいだし、オレとしちゃ自由を満喫できるわけだが、なにも無いってのも暇でしかたねえな…ん?」

なにやら退屈ように首コキをすれば本の入った袋をぶらぶらと揺らしつつ「チッ」と舌打ちしながら商店街の往来をすたすたと歩いていると、先程の本屋とは思えないぐらいの大きい建物に驚きを示せば入り口から入っていき。

(/絡んでくれると幸いです…。近くにどなたかいればからみにいきますね。

>デパートALL

1年前 No.435

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=DaUNtac4vH

【シャドーパティ(人間→球体)/海→温泉施設】
ふぅ…そろそろ、海も飽きたな。…温泉いこっかな?なんとなく、そう思った。意味は特にない。

温泉施設についたが…あいつは…パティ?
なにしてんだ?男2人ひきずって?とりあえず、私は球体の姿となり、一番後ろの男(銀河)の足にしがみつき、脱衣所前までついてきた。
パティは後でねと言って女子脱衣所へ入る。
私は足から離れ、パティについていく。
【パティ/温泉施設】
「おろ?」
なんか、もう1人、隊長さんまでついてきちゃった。ま、いっか。
「それじゃ、また露天風呂でねー♪」
と、私はにっこり笑顔で女子脱衣所に入っていった。なんか、灰色ボールいた気がするけど、気のせいだよね?

>翔介、銀河

1年前 No.436

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★UPFAV0GEPT_nHx

【銀河「」翔介『』/温泉施設(廊下)】

ずるずると。
…名前は確か…パティ、だっけか。

今は人間の少女の姿をしているが、その正体は球体型の生命体。…いや、どっちが「正体」になるのかはわからないが…

…もともとのあの球体の姿が力強く、人間の姿になってもそれは引き継がれるのか、銀河と翔介は彼女にずるずると引きずられていた。

「翔介!離せ!」

『や!いやです!銀河隊長も一緒に入ってください!一生のお願いですからぁああああ!!』

「一生の頼みを使われても今回は俺は拒否したい!俺は関わりたくないんだぁあああ…」

パティに引きずられながら。
翔介は『一緒のお願いだから!』と銀河も露天風呂に一緒に入ってほしい、と。
銀河の腕を離さずに引きずられ。

それによってパティに引きずられる翔介に引きずられる銀河は「俺は関わりたくないんだ!」と。
とある6名の少女たち(シュテル達)の隣を、もはや悲鳴のような声を上げながら引きずられていった。



…そんな断末魔の悲鳴を上げながら引きずられて。

…当然だが男女別の脱衣所の前に…着いた。
…ついてしまった…


ー それじゃ、また露天風呂でねー♪ −


そう言いながら、女子用の脱衣所に入っていくパティ。
…そのため、銀河と翔介はようやく引きずりから解放されたのだが…



「『………』」


…銀河と翔介は、絶望しているかのような表情を浮かべていた。

「(…面倒ごとに関わる…)」
『(…あぁ、これ。…嫌な予感しかしない…)』


『(…逃げるのもありかもしれないけれど…たぶん逃げた後に合宿所のホテルで見つかったら、その時がアウトになりそうだし…)』

「(…俺だけ逃げたら…翔介にめちゃくちゃ恨まれそうでさらに面倒になるな…というか恨んでいるときの翔介はめちゃくちゃ怖いしな…)」


「『…どうしよう……』」


…銀河と翔介は「どうしよう…」とその場で立ち尽くしながら声を上げるのだった。


>シュテル達、パティ達

1年前 No.437

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/???】

救急車には一人の男性がいたのは記憶に新しい。けれどその他は何もわからない。気付いたらここは真っ暗なところだった。何か話してるのは聞こえたけれど自分も途中から意識を失い気付いたらここにいたのだ。運転手の男性だろうか。こちらに話かけてくるがフェイトは半信半疑というか何が起こったのか理解出来ずにただきょとんとしていた。確かなのはを病院に送る…なのはっ?!ふと後ろを見れば横になって意識を失っているなのは。そして今までの状況を男性に確認するように声をかける。

「えっと…なのはが救急車に運ばれて私がついて…というか貴方は誰?」

まだ頭の中は恐らくパニック状態だろう。無理もない。いきなり訳のわからないことになったのだから。
そして仲間たちに連絡――そうじゃん携帯電話がない。けれどフェイトには念話があった。繋がるのは…なのはと…えっと…銀河は繋がらないし、モッフルとなら会話出来る!直ぐに今の状態をバレずに相談する。

(モッフル、聞こえる?私、フェイトよ。銀河と翔介に助けてと伝えて欲しいの…翔介は多分女の子とイチャイチャしてると思うけど、銀河にだけでも伝えて。私となのは拉致されたみたい…何が何だか私も分からなくて…。とりあえずなのはは無事だけど早く病院に行かないと死んじゃう!)


混乱状態のフェイトだったので途中でうっすら涙を浮かべながらもモッフルにお願いする。なのはは無事ということだけでも伝えて欲しいと告げる。必ず帰ってくると伝えたのにこのままじゃ銀河たちに申し訳ないよ。


>モッフル、折原、銀河たち、温泉施設all

1年前 No.438

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【折原臨也:救急車⇒病院周辺】

『えっと…なのはが救急車に運ばれて私がついて…というか貴方は誰』

どうやら突然の事で混乱している少女を見てこのままでも構わない
いやこの状況でどう動くのかを、観察してもいいとも思ったが今回はモッフル卿からの依頼だ
また「モフモフモフ」とラッシュ攻撃をモッフルにされてはたまらないと運転を続けながらも名乗る事にした

「俺かい?俺は折原臨也……まぁしがない情報屋さ。君達を拉致しようと目論んだ人物が、君達を救急車に乗り込むように仕向けたとモッフル卿から聞いてね。
俺が助けに来たわけ分かってる?君はその子を看病しようとしただが何者かが、救急車にを呼べと言ったそうだろ?」

モッフルと彼女達は多少なりとも顔見知りになっているらしいので、彼との関係性を明かした
と言ってもすべてでは無いが臨也とモッフルの関係は敵対とも仲間とも言い切れない微妙な関係だが今は伏せておいた
だが金髪の少女はうっすらと涙をうかべて不安な様子だ。どの原因は自分と意識の無い友達の事だろうと
偽善的な優しい声で落ち着かせようとした

「大丈夫だよその子の本当の熱は微熱ぐらいで、コイツは誰が測っても38℃5度と出る様に細工されているだけ。どう転んでも死ぬ事は無いよ」

楽し気に話しながらドライブでも楽しむよに運転を続けて進路を○△×病院に取り直したが臨也も、なのは達を拉致しようとしていた連中同様に
偽救急隊員である以上このまま病院に行くわけには行かないが

「つまりさっき車から蹴り落とした連中は救急隊員の偽物で財団Xの手先だったわけだ。誰の書いたシナリオかは知らないけど警戒した方がいい」

さっきまでのふざけた態度から一転真剣な目をフェイト達に向けてこう言い放つ

「ここは君等が思っているほど温い街じゃない日常と非日常そして科学と魔法が交差する街……ゆめゆめ油断しない事だ」


それだけを告げると臨也は救急車を○△×病院の目と鼻の先の場所に止めるとヒラヒラ手を振って降りて行った胡散臭い空気と共に
それと入れ替わるように看護師がたまたま見ていたのか病院の中まで入らずに手前で止まった事を不審に思い駆け寄った

看護師「大丈夫ですか?それにどうして貴女達だけ?熱があるんですね……37℃2度と大丈夫ですよ早く中へ」

駆け付けた看護師はポケットから取り出した普通の体温計で正しいなのはの体温をフェイトに告げた



>>フェイト、なのは、病院周辺all

1年前 No.439

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【モッフル:温泉施設⇒海(移動中)】

救急車がフェイト達を乗せて病院にしゅぱつした後方向がおかしい事に気付き
嫌々ながらも、あのいけ好かない情報屋に連絡を取り都合よくその救急車に乗っていたと言うキセキに驚きながらも
彼女達の事を任せたものの、やはり信用は出来ず不安を募らせていたモッフルの元に念話が届く

(モッフル、聞こえる?私、フェイトよ。銀河と翔介に助けてと伝えて欲しいの…翔介は多分女の子とイチャイチャしてると思うけど、銀河にだけでも伝えて。私となのは拉致されたみたい…何が何だか私も分からなくて…。とりあえずなのはは無事だけど早く病院に行かないと死んじゃう!)

どうやら情報屋はフェイト達と接触したらしいが、予想通りに不審がられている様だ正しい判断だ僕も情報屋としては一定の信頼を置いているが
人間としての彼を信じた事は一度も無い当の本人すら「俺が君の立場なら折原臨也と言う人間を信用しない」言う始末だが
仕方がないあんな外道の弁護などしたくは無いが、フェイトが混乱したり怯えたりしたら可哀想だと
臨也の為じゃないフェイトの為だと自己暗示をかけて念話を送る

(大丈夫フモ その外道……情報屋は僕がお願いしたフモ救急車が病院と逆方向に向かって行ったから心配で、それに小さな診療所だけど近くにあったのに救急車を呼べと騒いでいたのが気になったフモ)

何で僕があの外道の弁護などをと苛立ちながらも念話を続けたそして止まったモッフルにまたも子供達の暴行が

(人間的には最低の部類の奴だけど仕事の上では信用していいフモ病院に着くはずだから早くあの子(なのは)お医者さんに診せて欲しいフモ)

病院の近くにいる事を伝えると温泉施設を離れる前にフェイトとそっくりな子が温泉施設に入った事を伝える事にした僕はもう温泉施設から離れているし
あの容姿は他人とは思えない双子か違っても兄弟だろうとその根拠として彼女(レヴィ)からフェイトに似た魔力を感じたからだきっと彼女も念話を使えると

(それとゴメンフモ……僕は温泉施設から離れているフモけど君の姉妹らしき子を温泉施設で見たフモ青髪だったけど君ソックリな子!彼女も魔法使いフモ?)

彼女に連絡してはと促してもみた。しい敗するような事は無いとは思うが、むしろ今子供の暴力にさらされている僕の方が危険フモ


>>フェイト、念話可能キャラall

1年前 No.440

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/病院】

「折原…臨也…。」

フェイトは臨也の名前を確認するようにフルネームを呟く。今回の原因はモッフルであることが判明。臨也が助けてくれたということを認識すると「ありがとう。」とお礼を告げる。けど彼は大丈夫なのか?例えこれが任務だとしたら違反するのではないかと余計な心配をする。折原臨也という情報屋、信頼出来るかわからないけれど此処まで無事に届けてくれたのは確かだし、良かったとしか思えない。そして臨也に一つお願いする。

「折原さん。一つ頼みたいことがあるんだけど…仕事としてで構わないから、温泉施設にいる夜空銀河という人に連絡して欲しいです。私…彼の連絡先を知らなくて温泉施設に連絡すれば呼び出してもらえると思う。なのはのことすごく心配していたから。あとそのモッフルとは関わらない方がいいと…。こんな下らないことお願いして申し訳ないんですが。」


なのはの熱は37℃2と言われて少し安心したのか少し落ち着きが戻ってくる。なのはは看護婦に連れられて緊急処置室へと行く。意識はないものの直ぐに解熱剤を打ち込まれて点滴を始める。その間フェイトはなのはのそばにいることにした。看護婦たちには訳あってと告げると直ぐに事件の可能性があるとみて警察を呼ぶ。


「今回の件で警察が来るみたい…多分モッフルが逮捕されかねないわ…。あなたも疑われないように気をつけてね。」

臨也にそう告げるとフェイトは真っ暗闇の病院へと歩き始める。


そして時刻は午後19時を回っていた――


>臨也、なのは

1年前 No.441

白い悪魔 @kuromomo☆Ibq7BGr7nio ★iPhone=j1fgHOXeFb

【病院/なのは】

外では一波乱が起きていた事もつゆ知らず、なのはは未だ瞼を閉じている。額からは再び汗が滲み出ていた。
その後、病院に連れて行かれて治療を受ければ先程よりも熱は下がっていく。

『Don't worry』

そしてフェイトの持つレイジングハートは点滅しながら自分のマスターなら大丈夫だと告げた。

>フェイト、折原、病院ALL


【デパート/うまる】

なんとか穂乃果さんと合流出来たのはいいけど、海未さんと希さんが見つかっていない。
流石にうまる達を置いて帰ったりはしてないと思うから必ずこのデパートの中にいるはずだ。

何か方法はないかなぁ。そういえば、穂乃果さんってμsだったよね。それなら…!

「あの、穂乃果さん、此処で歌って踊ってくれませんか?」

>穂乃果、希、デパートALL

【混浴温泉/アクア】

「そう?遠慮しなくてもいいのよ。私回復系だけは得意だから」

断った女の子に胸を張って伝える。べ、別に恩を売ってアクシズ教徒に入らせたいなんて思ってないからね。

「飲み物ね。それ、水でもいいかしら?」

水の女神である私なら水を出す事なんてお茶の子さいさいよ!カズマの出すひょろいのより凄いの出してあげるわ!

>伊澄

1年前 No.442

渡空飛燕 @newswallow ★Android=J2l2XHlZwH

【 ツバメ / デパート 】

デパートの誰もが行き来する出入り口を通過して入ってくるとその人の多さとデパートの広さを見ればやはり驚く。かつて見てきた建物…というより宿敵の住んでいる城なのだがそれとほぼ互角な面積を誇っているため今まで見てきた建物の中では1、2位を争う大きさだからだ。

「しっかし、広すぎる所だな…オレァ本当に建物の中にいんのか?」

特にいきたいという場所はなく気になったから入っただけだがこの際になにかあるのかと思い、模索を始めていた。
だが、(一階だけだが)フロアを一通り回ってみてもあまり気になった場所はなく体力だけが消費したことに若干苛立ちを覚え、外へ出ようと来た道を戻る途中_____

「____おい、迷子でもいんのかよ?」

女性三人組がなにやら少しぎこちなく、待っている友達がいつまで待っても来ないような心配そうな表情でうろうろしているのを確認する。
仲間たちからにも言われるほどの不良面なため驚いてしまうかもしれないことは本人はわかっておらず、ただ彼女らが困ってる顔をしていたため助けになろうとしていた。

>うまる、デパートALL( 穂乃果、希 )

1年前 No.443

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【折原臨也:病院】

今回もそれなりに楽しい人間観察が出来たしなのはも無事で何より
だが無事をどう喜んでいるのかは誰にも分からないただ純粋に無事を喜んでいるのではない事は確かだ
だがフェイトが何をどう考えたのかは分からないが、そうやら一連の黒幕がモッフルだと思い込んでいるらしく

『折原さん。一つ頼みたいことがあるんだけど…仕事としてで構わないから、温泉施設にいる夜空銀河という人に連絡して欲しいです。私…彼の連絡先を知らなくて温泉施設に連絡すれば呼び出してもらえると思う。なのはのことすごく心配していたから。あとそのモッフルとは関わらない方がいいと…。こんな下らないことお願いして申し訳ないんですが』

臨也の依頼主がモッフルである以上モッフルが犯人では無い事は臨也が一番分かっている事だが、それはそれで面白いとばかりに
その勘違いに乗る事にする敵では無いが味方と言うわkでも無いわざわざ危険を犯してまで無実を証明してやる義理は無いと

「忠告はありがたく受け取っておくよ。ありがとう……だが依頼の方は受けられないね俺は旅行できているが仕事も兼ねていてね彼は調査対象で顔を覚えられるわけにはいかないだCIAと粟楠会それにレビル将軍からの依頼でね現代科学では製作不可能な機動兵器を所持しているらしいからね彼は」

依頼主については適当にぼかしておいたが、彼の持つこの世界にはあり得ない兵器の調査依頼が来ているのは事実であった
それ故に彼女の依頼は断る事にした。

『今回の件で警察が来るみたい…多分モッフルが逮捕されかねないわ…。あなたも疑われないように気をつけてね』

去りゆく臨也にそう声をかけるフェイトにモッフルも報われないなと笑みを浮かべながら時計を見ると19時を回っている
穂乃果達のイベントに出も顔を出しておくかと海の方を見ながら

「そうだね気をつける事にするよ。いっその事撃ち殺され……じゃあね俺は海に行くとする何でもμsのメンバーがバーベキューをやるらしいしね」

うっかり本音が出性になるモッフルが撃ち殺されたら助かると 危ない危ないと冷や汗をかく

>>海all(フェイト、なのは)

1年前 No.444

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【モッフル:海に続く道⇒甘木ブリリアントパーク】

モッフルは念話を終えて海のイベントに集まった人に甘木ブリリアントパークを売り込もうと先を急いでいた
そんな中で周りがサイレン鳴り響くいったい何があったのかと思っていると

警官A「そこの着ぐるみの君ちょっと話を聞かせてもらえるかな」

警官B「君が金髪の少女に「…携帯電話持ってたら119番通報。病院に一度見せよう」と言っていたと情報があってね同行してもらえるかな」

警官2人は笑っているが目が笑っていない何か誤解を受けていると察して一度は同行に応じるふりをして一目散に逃げる
いったいどういう事か僕はむしろ情報屋に彼女達の救助を依頼しただけなのに……

「ヤバい僕がこのまま捕まれば甘木ブリリアントパークの評判も落ちて小僧にも何を言われるあ分からないフモ」

全力疾走で甘木ブリリアントパークを目指すあそこ逃げ込めば安心だ警官にもさっきまでこの着ぐるみを着てた奴と今交代した誤魔化そう
しかしなぜ僕が?救急車を呼べ何で僕は言ってないのに。

「いすず〜なんか不味い事になったフモこの世界の警官に追われてるフモ」

従業員用入口から入ったモッフルはいすずに声をかけた


>>いすず、甘木ブリリアントパークall

1年前 No.445

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=DaUNtac4vH

【狩魔冥/ホテル】
自分の問いに受付員Aは答えた。受付員Bも彼女と一緒にいたと言っている。
しかし、少年はBはみたがAは見ていないという。
「どういうことかしら?あなた、本当にずっと彼女といたのかしら?」
と、受付員Bを見ながら問いかけた。
【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/市場】
真宵「バーベキューだって!」
と、嬉しそうに笑う。
春美「ば、ばあべきゅう?」
一方、バーベキューを知らない春美はきょとんとしていた。
春美「あの、ばあべきゅうというのは霊媒師といかなる関係にあたるのでしょうか?」
龍一「(いかなる関係にもあたらないとおもうけど…)さっきあんなに食べたばっかりだろ?」
龍一は彼女らにそうツッコミをいれた。
真宵「バーベキューは別腹」
龍一「(どんな腹だよ…」

>アミティ

1年前 No.446

神楽坂倫花 @recruit ★2wBeFhWWiK_M0e

【神楽坂倫花/バス内】


>>403,425


「ありがとう、レトちゃん。すごく美味しかったよー。今の、なんていう名前のお菓子かな?」

 少なくともビクニでは見たことのない種類の物だ。
 何処かの国の名産品だったりするのかしら。
 ────満腹丸ちゃんにこんな食べ物があったよって言ったら、多分、嬉々として欲しがるんだろうなあ。

「ホント? やたっ、これで三人だ! えへへ、よろしくね、レトちゃん。」

 旅は道連れ、世は何とやら。
 青山さんからの誘いで、キャンプ場への動向メンバーにまた新しく一人。
 少しずつ賑やかになっていく一行に、表情をほころばせずにはいられないのです。

1年前 No.447

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=DaUNtac4vH

【アドレーヌ、リボン/商店街】
アドレーヌ「いいね、おそろい♪」
リボン「あんまり買いすぎると、好きなものも買えなくなっちゃいますからね」
アドレーヌはニコニコと笑っておそろいに賛成し、リボンは苦笑いしていた。
リボン「私も、友達にお土産買っていこうかな〜」

>あかり、ヒナギク


【シャドーパティ(球体)/温泉施設廊下】
…気になってあの男2人の様子を見に来たが…
やっぱり困ってるらしい。
なんか一緒に入ってとか巻き込まれたくないとか言ってたしなぁ…
にしても、あの黒髪の男…(翔介)なかなかすてきだ…って、なに考えてんだ私っ!

ぐぅ…

あ、腹の虫がなった。そういえばなにも食べてないもんなぁ…
「…あー肉まん食べたい…」
私は思わずそう呟いた。
>翔介、銀河

1年前 No.448

不揃いの果実 @tatumi88☆ChU7Z6/SpEs ★DOCOMO=0VZiHrRZuv

【星光の殲滅者(シュテル・ザ・デストラクター)、雷刃の襲撃者(レヴィ・ザ・スラッシャー)、闇統べる王(ロード・ディアーチェ)、元砕け得ぬ闇(ユーリ・エーベルヴァイン)、アミティエ・フローリアン&キリエ・フローリアンside/温泉施設(廊下)】


温泉へと向かうために紫天のマテリアル達とギアーズ姉妹。すると、何やら声が聞こえてくる。"翔介!離せ!"、"や!いやです!銀河隊長も一緒に入ってください!一生のお願いですからぁああああ!!"、"一生の頼みを使われても今回は俺は拒否したい!俺は関わりたくないんだぁあああ…"と何やら必死の声が次々と聞こえてくるではないか。一体、なんだというのか……。脱衣室の前に二人ほど(銀河&翔介)いるようだが。先ほどの大声と何か関係があるのだろうか。どこかシュールな空気が漂っている気がしてならないのは、気のせいだろうか?


ユーリ「えっと……何かあったんですか?」
ユーリは二人(銀河&翔介)に話し掛けることにしたようだった。


>>銀河達、その場ALL



【個人的に非常に面白かったのですが、シュテル達はまだ入浴していなかったので今回は残念ながら無効票にさせていただきます。ごめんなさい;;】


>>雷帝様



【大森タツミ、香月ナナ、エリナ・デア=フォーゲルヴァイデ、南成佳鉈side/商店街】


タツミ「さて、まずは商店街でも―――って、なんだこれッッ?!!」
商店街を訪れたタツミ達はその惨状に目を丸くしていた。大破した自動車や道に大きなクレーター、折れ曲がった道路標識、まるで戦場だった。ここはアラガミの棲息域ではないはずなのに……。同行しているエリナやナナも驚きを隠せなかった。すると、その場に何人かの人物がいるのに気付く。タツミは彼らに話し掛けてみることにした。


タツミ「なぁ、あんた達……。ここで何かあったのか?」


佳鉈「やれやれ、人が来てしまったか……」


>>ゲダツ達、響、商店街ALL

1年前 No.449

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河「」翔介『』/温泉施設】

はぁ…とため息をついて。
どうしようか…と悩んで悩んで。
悩んだ結果。

…答えが出ない。

いや、本当にどうしよう?と思っている時、だった。



ー えっと……何かあったんですか −


一人の、金髪の少女(ユーリ)が話しかけてきたのだった。
…あぁ、さっきの取り乱したときの大声で、異常事態だと思って話しかけてきたのだろう…


『…えーっと…なんていうのか、その…』

「…説明が難しいな…めちゃくちゃで意味不明な説明になってしまうかもしれないが…
…翔介を…こいつを逆ナンパしたやつがいてな。
そいつに「混浴露天風呂に一緒にはいろう」と強制的にここまで引きずられて今現在「どうしよう」となっているところだ…。
…あぁ、俺は巻き添えだ。…それからここの露天風呂は脱衣所で水着をレンタルすることで入ることができる露天風呂だ…
…逆ナンパした奴は…こいつの事を出会い頭にいきなり「マイ・エンジェル」とか言った変な奴でな……。
…逃げるのはありかもしれないが…もしその後翔介とそいつがばったり出会ったら…その度に物凄く面倒なことが起こりそうな気がするし…かと言って、露天風呂で一緒にしたら…なんていうか、そいつから翔介に変な事されそうだし。…もしそうなって俺が止めて「チカン」とか言われたらたまったものじゃないからな……どうしよう、と…」


金髪の少女(ユーリ)の質問に対して。
自分たちが経験したことのない事態のため。翔介は「えーっと…なんていうか、その…」と言葉を濁し。
銀河は「説明が難しい」「めちゃくちゃで意味不明になってしまうかもしれないが…」と。

翔介が逆ナンパされたこと。
逆ナンパしてきた者に「混浴露天風呂にはいろ」と翔介が言われ、翔介が引きずられ。そして銀河自身は巻き添えで引きずられてここまでやってきて今現在「どうしよう…」と悩んでいることを伝えたのだった。


……と、そんな時。だった。


ー …あー肉まん食べたい… −


…どこからか、場違いな感じの声が響いた。
…どこからだ?とあたりを見回してみると。


…そこには灰色の球体の体に、緑色の丸い足をしている…金髪の少女(ユーリ)に話した逆ナンパをしてきた問題の存在(パティ)と似たような生命体がいた。



『−−−−−−!!!』


先ほど、パティに、露天風呂に一緒に入ろうということで有無を言わさずここまで引きずられてきたことから。
パティに、多少の苦手意識ができた翔介はパティと似ているその存在(シャドーパティ)と、ズザザと後退して距離を取った。


>ユーリ達、シャドーパティ

1年前 No.450

綾禰 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=sBHRIVw1IW

【緋ノ山綾禰/商店街】


ーー仕事がひと段落して懐が温まったので、気晴らしに旅行してみることにした。“家族”や可愛い弟妹たちを誘いたかったが、都合がつかなかったのが残念だ。まあ、これも下見と考えよう。


人々で賑わう商店街へと足を踏み入れる。冬の風に長い白髪がなびいて、傷痕が残る肌を撫でていく。しばらく歩いていると、何やら騒がしい。

「……何だアレは?」

商店街の人だかりを進むと、道にクレーターが出来ているのが見えた。まるで、戦闘でもあったかのような跡だ。怪我人がいなければいいのだが。

ーーどうやら、戦場を離れても厄介事に縁があるらしい。

>ゲダツ達、響、タツミ達、商店街ALL

1年前 No.451

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=DaUNtac4vH

【シャドーパティ(球体)/温泉施設廊下】
うー、あんまんもついたらさいこーだなぁ…こたつでぬくぬくと…
ん?あ、いけね、あの二人のこと忘れるとこだった。なんか人増えてるが…というか、なんであいつ(翔介)後ずさりしてんだ?あ、私がパティに似てるからか…てか、あいつと一緒にしないでくれ…
パティ「先に着替えてるから早く来てよー、マイエンジェルしょーちゃーんっ!」
げっ、脱衣所からあいつ出てきた…でも私には気づいてないか…
あいつ、パティひまた脱衣所の中に入った
「…ごほん、えーと、あんたら確か翔ちゃ…翔介と銀河隊長…だったか?」
さっきそう叫んでたし…
「なんか、うちのバカが迷惑かけて悪い…」

【パティ/脱衣所】
「〜♪」
ん?なんか話し声が聞こえる…まさか、他の女の人?
あたしはドアを開け、
「先に着替えてるから早く来てよー、マイエンジェルしょーちゃーんっ!」
そう呼びかけてからまたドアをしめた。

>翔介、銀河、ユーリ達

1年前 No.452

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★iPhone=lq9a6nupWh

【銀河「」翔介『』/温泉施設】

ー 先に着替えてるから早く来てよー、マイエンジェルしょーちゃーんっ! ー

『』

金髪の少女に事情を説明し。
翔介は、現れた灰色の球体生命体と距離を取り警戒していたところ。

脱衣所から、まだ着替えてはいなかったのかパティが姿を出し。
先に着替えてるから早く来てよと。
…翔介の事を「マイエンジェルしょーちゃん」と。
呼び名を悪化させて、告げたのだ。

逆ナンパ+有無を言わさず連れて来られ+本人からしたらものすごくこっぱずかしい呼び名で呼ばれて。

翔介はフリーズしたが。
すぐに思い出したかのように。

『きょ、拒否権は…』

と言ったところで。
扉がしまってしまった。

ー …ごほん、えーと、あんたら確か翔ちゃ…翔介と銀河隊長…だったか? ー

「…あぁ。」

名前を呼ばれて、銀河は反応したが。
翔介の反応がない。

銀河が翔介の方に顔を向けると。

『』

翔介は固まっていた。
…なんだか、燃え尽きたかのように真っ白になってる気がする。


ー なんか、うちのバカが迷惑かけて悪い… ー

「…こういう時、俺なんて答えりゃいいんだ…」


>パティ達、(ユーリ達)

1年前 No.453

RAY @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【青山ブルーマウンテン/バス→キャンプ場】
―――――そうこうしている内に、目的地のキャンプ場に到着。
バスに乗っている間に陽は完全に落ち、星空に変わっていた。

「お話していて気づきませんでしたが、もう陽が落ちてますね。」

星と月が輝く夜空を見上げ、そう言う。ここには街中ほど目立った灯りが無く、この島の中心街でも見ることが出来なかったろうし、彼女が住む街でもここまでくっきりと光る夜空など見たことが無い。
鮮やかな空を見て、目を輝かせていた…と、ここで思うことが一つ。

「…あのー、ご飯、どうしましょうか……?」

すっかり忘れていたが、今は夕飯時。調理場はあるようだが、食材を持っていない。とはいえ今から街に戻る訳にもいかず…まるで常連の喫茶店のマスターの孫娘とその友達がキャンプに行った時の話そのままの状況だった。
…近くに川があるようだが。

>>神楽坂倫花・レト・ルババ・ALL


【東條希/デパート】
一階の案内状に行こうとした時、ゲーム売り場に今までとは違う形の人だかりが出来ていることに気づく。それに何かが聞こえる。
これは歌だろうか。それにこの声は…

「―――――この声…穂乃果ちゃん?
海未ちゃん。あの人だかりに行ってみよ。」

まさか、歌を歌うことで位置を知らせようとしてるのだろうか。ひとまず行ってみようと海未に伝える。
>>園田海未・(高坂穂乃果・土間埋・ツバメ)

1年前 No.454

欠けた茶碗 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_cPe

【望月、ゲダツ/商店街】


――騒ぎそのものは一応、穏便?に済んだが…やはり派手なやり取りによる(破壊)の跡は随分なモノである、その内騒ぎを聞きつけた治安機関(警察)が駆け付けて来たり、野次馬の群集が集まってくるのは時間の問題(不運な車の持ち主も然り)、そんな中で要らぬ注目を集める前に(移動)を兼ねて元々予定していた(夕食)へ行く件で話していた矢先の話。

新たに三人の若い男女が、やはり荒れた有様のこの場の惨状に驚いた様子で―― その中の黒髪の青年が当然の流れながら此処で何が有ったのかを尋ねて来た。…何処となく見られてしまった事を憂う様な言葉を思わず南成が呟くのが聞こえる。

望月「んーと、まぁちょっと前に自動車蹴っ飛ばしたり、標識を投げたりする“遊び”をしてた人達が居てね。」

ゲダツ「うーむ、実に楽しそうだったぞ?もう少し長引けばおれも是非参…ぐぬぅ!?。」

望月「――あぁーいや、何でもないよ?兎に角色々壊れてこのザマだけど幸い怪我人は出てないねぇ。」

誤解を招く様な事をナチュナルに口走る蜘蛛頭の大男の足をさり気無くギュッと踏み付けて黙らせつつ、一応誰かが大怪我をしたとかそういう人的な被害は起きていないと彼ら(彼女ら)に望月は簡単に説明した。――と、また一人、新たな人影が此方へとやって来つつある。


≫大森タツミ、香月ナナ、エリナ・デア=フォーゲルヴァイデ、響、南成佳鉈、御坂美琴、緋ノ山綾禰、商店街ALL


【レト・ルババ/移動中(バス内)→キャンプ場】


「ウーン、お菓子と言うよりナツメヤシの実を天日干しにしたモノだよ。栄養があるから砂漠とか荒野で長旅をする人がよく持って行く木の実。」

屈託の無い笑顔を浮かべて喜んでいるカリンからの質問に、そういえばこの島に来てからは確かに見掛けていないなと思いつつ、レトはそう答える。
勿論、糖度が高いのでこうやってシンプルに干しただけの実でもとても甘い、そしてその癖の無い味から酒類や菓子やスイーツの材料にも使われたりする。彼女が持っていたのも行商から買ったモノだ。―― 一年中乾燥していて太陽が照りつけている様な地域や国で多く栽培されたり自生してたりするので、場所によっては珍しい食べ物かもしれない。

――

目的地のキャンプ場にバスが到着した頃には辺りはすっかり夜間になっていた。――アオヤマの言葉に(暗く)なっていて、尚且つ澄んだ空気から視える満天の星空と月を見上げつつ頷くレト。

「バンゴハン――んー、食べられそうなモノを探さないとイケないね。…水の音、川がある?」

普段からお金が有る無いに限らず長らく人里を離れて長距離を旅する事も多いレトは、自給自足の術…特に自己調達に関しては長けている方だ。

「川があるならサカナも居るハズ…ワタシ、こういうの得意だからマカセて。」

そう言ってリュックサックから取り出したのは、先に釣り針の付いた糸とほぐしてある干し肉、肉自体も野生動物を狩った際の余りを保存食兼ねて釣り餌として用意していた分だ。…何の肉かはこの際伏せて置く(恐らく訊ねられたら普通に答えるだろうが)


≫青山ブルーマウンテン、神楽坂倫花

1年前 No.455

星宮いちご @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【フェイト・テスタロッサ・ハラウオン/病院】

レイジングハートが大丈夫だと告げてくれるとフェイトはニコッと少し微笑む。なのはなら大丈夫と自分に言い聞かせる。

「なのはなら…大丈夫。負けない強い心があるから。」

なのはの手を握りながら頑張ってと心の中で呟く。

>なのは、all


【高坂穂乃果、園田海未/デパート→海】

〜穂乃果視点〜


「いいよ!」

穂乃果はうまるちゃんに理由も聞かずに歌って踊ります。兎に角今は海未ちゃんと希ちゃんに会いたいから――
それに早く海に行きたいから。

〜〜〜♪♪(演奏中)


別の場所

海未「これは穂乃果?!」

穂乃果の声の方へ走っていきます。心配かけさせてと思いながら。すると穂乃果とうまるの姿が見えました。

穂乃果「海未ちゃああんっ!!」

海未「何やってたんですか!!うまるにも迷惑かけて…。いくらデパートと言っても恐ろしい人も中にはいるんですよ!」

穂乃果「…ごめんなさい。」

穂乃果は海未ちゃんに怒られました。うまるちゃんにもごめんなさいと謝りました。買い物は終わったし海に行かない?とうまるちゃんに提案します。

穂乃果「うまるちゃん、海に行かない?真姫ちゃんがバーベキューに誘ってくれたんだ!」

>うまる、希

分けます

1年前 No.456

渡空飛燕 @newswallow ★Android=J2l2XHlZwH

>高坂本体様。

(/オレも絡んでますが? >>443 )

1年前 No.457

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【大空あかり/雑貨屋】

「ほどほどにしないと…。」

アドレーヌに言われてほどほどにしないとと呟きます。可愛い小物をお揃いにするってわくわくします。カゴに友達へのお土産を入れると桂先輩の持ってるキーホルダーを入れてレジへと向かいます。

『1580円になります。』

「はい…。」

少し買いすぎたかもと反省しつつお金を払います。

>アドレーヌたち、ヒナギク


【江戸川コナン/ホテル】

B「い、いたよ!!その子が間違ってるんだ!」

コナン「証拠は?」

A「証拠ならあるわよっ!」

携帯電話の画像を開くと二人が受付で働いている姿が映ってるが日付が違うことにコナンは気づく。

コナン「…日付が違うよ?」

B「こ、こっちだよ」

デジタルカメラの画像をコナンたちに見せる。それには先ほどと同じ、二人が受付の仕事をしている姿が映ってる。日付は書いてない。

A「証拠でしょ?私たちを疑わないでよ!」

B「やってられないね。僕らは仕事終わりなんだけど帰っていいかな?」


A(所詮こんな写真で騙されるから警察はチョロいわね♪ふふっ。)

B(嗚呼。君が疑われても僕は守るよ。)

二人は何やらヒソヒソと小声で話ていた。

C「では私はお先に失礼します。」

>冥、沖田、all


【アミティ/市場→海】

「バーベキューはお肉やお魚、野菜を焼いて食べるイベントだよ!飲み物も飲み放題だって!」

嬉しそうにチラシを見せる。無料で食べ放題、飲み放題と書いてあった。

>成歩堂たち

1年前 No.458

綾禰 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=sBHRIVw1IW

【緋ノ山綾禰/商店街】

目撃者と思わしい二人の人物がいた。一人は蜘蛛脚のような独特な髪型をした長身の男、もう一人は眼鏡をかけた茶髪の少女である。

他にいた若い男女の中から黒髪の青年が二人へ事情を尋ねた。話の内容を聞くに、随分とやんちゃな“悪餓鬼共”が居たらしい。

ーー何やら蜘蛛髪の男が不穏な発言をしたようだが、少女が黙らせたので追求はしなかった。どうやら、上手く手綱を持っているようだ。

「ーー怪我人は出ていないのか、よかった。……ところで、警察は呼んだのか?後始末をするのに人払いが必要だろう。それに、こうも野次馬が集まっては怪我人が出かねない」



いつからこの国は人外魔鏡になったのだろう、と呟く。


現代の戦場で盾持って戦車を殴り潰した御仁らしからぬ発言である。

「ーー通りがかったのも何かの縁だ。人手が必要なら協力する。道が塞がったままでは通るに不便だろうし、物をどかして交通誘導するくらいなら警察も喧しく言うまい」

>ゲダツ、望月、響、タツミ達、ALL

1年前 No.459

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【沖田総悟:ホテル】

沖田の言葉に同意するように少年も(コナン)も同意するように

『おかしいよねー?』

と言い検事の姉さんも何か気付いたのかカマをかけに入る

『どういうことかしら?あなた、本当にずっと彼女といたのかしら?』

しかし受付員共は一緒にいる画像を出してアリバイは主張し少年の勘違いだと言ってコソコソ話す
どうやらコイツラが犯人で間違いないらしいと一昔前の現在なら懲戒物の捜査に写ろうとドS……沖田がが動く

「そんな事が通ると思ってんのかコラ!!なんなら今晩は無料別荘(留置場)に招待してやってもいいだぜ。叩けばいろいろ出てきそうだしな別件逮捕って奴だ」

正統派の目暮警部と違う武装警官たる沖田の本領発揮だしかもこっちには無敗をかなりグレーなやり方で、維持してる姉さんもいると
まるで蛙を見る蛇の様な視線を受付員達に向けると腰のカタナ(逆刃刀)をカチカチ抜いたり納めてたりをくりかえす



>>冥、コナン(目暮警部)

1年前 No.460

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=DaUNtac4vH

【シャドーパティ(球体)/温泉施設廊下】
すると、翔介の拒否権はの声が聞こえていたらしく、またドア越しからパティの声が聞こえた。
パティ「拒否権ないからねー!もし来なかったら必ず探し出して埋め合わせしてもらうからねー!」
シャティ「…」
私は額に手を抑え、はあ、とため息をついた。
シャティ「あのバカ…後でしばく」

>翔介、銀河


【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/市場→海】
春美「お肉は苦手ですが…お野菜は大好きです!」
春美は嬉しそうにピョンピョンと飛び跳ねた。
真宵「いこいこ!」
龍一「そうだね…なぜかホテルに戻るよりはいいような気がする…」
>アミティ

1年前 No.461

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【黒子テツヤ:南さんの自室⇒USAピョンの自室】

『分かったぷり!犯人には気をつけてね』

そう南さんに言われるも犯人が気をつけてなければ僕に気付かないかもと自虐的な事を考えながら
USAピョンの部屋を目指していると犯人はまだ捕まっていないらしく捜査員が慌ただしく動いている

「USAピョン、イナホちゃん」

そう2人を呼んでノックをした


>>イナホちゃん達

【不揃いの果実 さま:いえいえお気になさらずこちらも脱衣所から入ろうとしている所と迷いましたが……書いた時は他に絡み文がなかった事もあり、入浴済みならそのままで、入浴前なら入ってきてくれるかと淡い期待をしてすいません。後からの絡み文を優先させたのは確かに驚きました気にしないでください。ハヤテネタは分かり辛かったらゴメンなさい】

1年前 No.462

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=DaUNtac4vH

【アドレーヌ、リボン/雑貨屋】
アド「私はフームにこのマグカップ買っていこうかな〜
この鏡はドロシアさんに!」
リボン「チュチュさんにこのリボン買って、あ、エリーヌちゃんにこのカチューシャ、クレイシアさんにはこのハンカチ…」
と、こちらも女友達にお土産を買っていた。

>あかり、ヒナギク


【狩魔冥、鏡音リン/ホテル】
受付員の二人は、画像をみせて少年のいうことは間違いだという。
『そんな事が通ると思ってんのかコラ!!なんなら今晩は無料別荘(留置場)に招待してやってもいいだぜ。叩けばいろいろ出てきそうだしな別件逮捕って奴だ』
一方、総悟は蛙をみる蛇のような目で相手を見て、刀をぬいたり納めたりとカチカチしていた。
冥「その通り、そんな画像、なんとでもごまかせるわ、それに、そこの女が日付けの違う画像を見せたのも怪しい…」
と、一方こちらも鞭で風をきり、相手を睨む。

リン「あれ?どうかした?この騒ぎなに?」
すると、金髪に白いリボンのカチューシャをつけ、セーラー服を着た少女が現れた。
冥「あなたはさっきの…」
それは、先ほど冥が哀に言っていた自分に一緒に踊ろうと誘ってきた少女だった。
リン「あ、さっきのお姉さん!これ、何の騒ぎ?」
冥「…ものが盗まれたの。あなた、今までどこでなにをしていたの?」
リン「リンはね、部屋で歌の練習とか、ダンスの練習やってたよ、で、一緒に誰かと踊りたいなーって思って、他の人を誘ったり…事件があったなんて、リンきづかなかったよ。ヘッドホンで音楽聞いてたからかなー?」
と、リンは説明した。
>コナン、総悟


【USAピョン、未空イナホ/自室】
USAピョン「…バクロ婆にとりついてもらって、犯人を探すっていうのは?」
イナホ「それだと面白くないじゃん、やっぱ推理がねぇ…ん?」
すると、ノックが聞こえた。ドアを開けると、黒子がいた。
イナホ「あ、黒子さーん」
>黒子

1年前 No.463

白い悪魔 @kuromomo☆Ibq7BGr7nio ★iPhone=j1fgHOXeFb

【ホテル/快斗(世良に変装)】

「なんだよ外出禁止って」

メールで合宿の招待券が届いてホテルに泊まっていたが、出掛けようとすると未成年の外出は駄目だと止められていた。
どうやら何か事件があったみたいだ。おいおい、またあの名探偵が絡んでるんじゃねーだろうな。

「ほんとに絡んでるのかよ…」

様子を見に行くと警察関係者の中にあの眼鏡のガキが混ざってた。まぁあいつがいるならすぐ解決するだろうが、伝説のお宝は気になるな。

「やあ、コナンくん。君もこの合宿に来てたのかい?」

とりあえず、あいつの関係者に変装して近づく事にした。というか、あの警察刀で脅すとかあぶねー奴じゃねーかよ。

そんな事思いながらも、受付の携帯に映る画像を見てみる。ああ、そういうことか。

「ねえ、その写真いつ撮ったの?」

>コナン、沖田、冥、ALL

【デパート/うまる】

流石はアイドルというだけあって歌も上手いし踊りも上手だ。理由も聞かずにうまるを信じてくれた穂乃果さんに後でお礼を言わなきゃ。

と、そんな時声掛けられたので振り向くと立っていたのは見るからに怖そうな男の人。

「え、あ、あの……」

穂乃果さんは歌に夢中で気づいてないみたい。どどど、どうしよう。迷子って答えたら連れさらわれるのかな。うまる絶対絶命のピンチだよ!

「海未さん!希さん!」

そんな時、見知った二人の姿が見えて顔が緩む。助かったぁ。
穂乃果さんも歌を止めて合流出来た事を喜ぶ。けど、海かぁ。うまるもまた行きたいなー……と思ってると穂乃果さんから誘われた。バーベキューもやるらしい。

「あ、はい。お邪魔でなければ」

特に断る理由もないので承諾した。バーベキュー楽しみだなぁ。

>穂乃果、ツバメ、希、ALL

【病院/なのは】

病院のベッドで眠るなのはの寝顔は最初の時と比べて穏やかなものに変わっていた。
そしてフェイトに手を握られると自分からも握り返す。わたしは大丈夫だよと伝えるかのように。

>フェイト



そして、うまるが周りを見渡すと見知った二人の女の子の姿が此方に駆け寄って来るのが見えた。

「海未さん!希さん!」

1年前 No.464

渡空飛燕 @newswallow ★Android=J2l2XHlZwH

今日持ちましてやめまーす。

短い間ありがとうございました、っと

1年前 No.465

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【黒子テツヤ:USAピョンの自室前】

『あ、黒子さーん』

そう言って扉を開けてくれたイナホちゃんは明るい表情であまり事件のショックはなさそうだ

「いえさっきμsのイベントに行こうと話してたけどどうも出入りが規制されていると南さんに聞いて」

先ずは砲門理由を二人の述べたそして事件が解決しないとはいる事は出来たが出る事は難しいそうだと
小学生のイナホと「人間には無理な犯行だから妖怪のお前が犯人だ」と因縁をつけられそうなUSAピョンが心配で

「よかったら部屋に入れてもらっていいかな……ちょっと不安で」

2人の体裁を考えこちらが不安だからと言ってお願いした
途中で見た感じ太めの警部さんは常識人ぽかったが刀を持った人と鞭を持った人なんかは
ちょっとヤバい雰囲気をかもしだしていたから



>>イナホちゃん達

1年前 No.466

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【沖田総悟:ホテル】

『その通り、そんな画像、なんとでもごまかせるわ、それに、そこの女が日付けの違う画像を見せたのも怪しい…』

検事の姉さんは総悟のかなり問題のある捜査方法をとがめずに、むしろ乗ってきている同じ匂いがしたが気のせいで無かった
このまま一気に自白をとろうとしるも検事の姉さんはどこからともなく現れた少女と話を始めた

(なるほど姉さんも人が悪いその子に偽の証言でもさせる気でさァ)

冥に近づき目暮警部達に聞こえないように冥に耳打ちを素総悟は、明らかに悪い顔をしていたそこに
少年の知り合いらしき男性が少年に話しかける

『やあ、コナンくん。君もこの合宿に来てたのかい?』『ねえ、その写真いつ撮ったの?』

そんな探偵気取りの男性に総悟は

「なんだ?小僧勝手に入ってくんじゃね〜逮捕されてか?」

さっさと犯人を逮捕したい総悟は男性を追い払おうとした


>>冥、コナン、キッド(世良)、目暮警部

【ティーラさま:プロフは出しているみたいですがリンの許可がまだ下りてませんが大丈夫ですか?】
【主さま:お一人様止められたみたいですが、その方から伝言板に暴言を書かれていますが大丈夫ですか?】
【白い悪魔さま:小僧と呼んでいますが、キッドの変装を見破ったのではなくて原作同様に世良本人として男と勘違いしるだけで変装は見破ってませんので】

1年前 No.467

水葬 @forte10☆NeDCG1Klls. ★ge8mulTLE2_nn8

【降魔 漣音/海】

「……。」

彼女は黙って2人を見つめた。エレンは指導を受けられることに感動し、涙を流している。
咲夜は謙虚な姿勢でありながらも、ハリセンが武器として使って良いものか
もう一度考えてもらう事を前提にエレンにレクチャーする事を決めた。
彼女は感情を素直に出せる2人が羨ましかった。今の自分は、感情と表情が一致しなくなっている。
笑いたくても口角は上手く上がらず、泣きたくても涙は出ず、燻る怒りに眉を顰めたり、声を荒げる事が出来ない。

「あいつがまだいてくれたなら…私も普通の“人間”でいられたんだろうな…。」

誰に言うでもなく、彼女は強い輝きを放つ1等星や4等星に埋もれ、
チラチラと弱々しい光を放つ6等星を見つめて呟いた。そう…弟がいたときは、感情は素直に出せた。
日に日に衰弱していく弟を励まそうと馬鹿やって笑ったり、
発作を起こして苦しみ、いっそ楽になりたいと嘆く弟に共感しながらも
“お前を失ったら私は何を信じたら良いんだ”と弟の弱気な発言に怒りの篭った喝を入れたり、
自分の元を離れて欲しくない。失いたくない。と弟を抱きしめて泣いた時もあった。
全て弟が関係しているようにも見えるが、実質弟がいたからこそ彼女の精神は安定していたわけで、
自身の能力に否定的な両親や世間の対応に彼女の心はどんどん歪んでいった。
そんな自分を、常ならざる力を持つ部分も全て理解して受け入れてくれたのが弟だった。
自分を受け入れて、信じてくれた弟が消えるようにいなくなってしまった今、彼女を癒すものは何もない。

思い耽っていると、エレンのデリカシーのない発言に咲夜がつっこんでいた。
流石にあの言葉はデリカシーなさすぎではなかろうか?と彼女も心の中で思う。
そんなことを考えていたら、ふわりと潮風に乗ってバーベキューの肉を焼くいい匂いがしてきて、鼻腔を擽る。
そろそろ晩飯時かな…。そんなことを考えていると……

―――ぐるぅぅぅぅぅ〜…

彼女の腹が大きな音を立てて鳴った。彼女はいままでにないぐらい目を見開いた。
顔が熱い。恐らく赤面している。こういった感情はまだ正常に動いてくれているようだ。

「此処で話しこむのも良いが…向こうでバーベキューやってるみたいだから食いに行かないか?
腹が減っては戦は出来ぬ…とよく言うだろう?それに、晩飯時でもあるしな。」

年下の合宿参加者2人に腹の音を聞かれ、まるで照れ隠しをするかのようにそっぽを向きながら
エレンと咲夜にバーベキューを食べに行かないかと提案する。

>愛沢咲夜 エレン・イェーガー(西木野真姫)海ALL

【名前変わりましたが元黄昏症候群です。】

1年前 No.468

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=DaUNtac4vH

【USAピョン、未空イナホ/自室】
『いえさっきμsのイベントに行こうと話してたけどどうも出入りが規制されていると南さんに聞いて』
イナホ「えー?せっかくデパート行こうと思ってたのにー」
USAピョン「いや、犯人探しの話は!?」
先ほどまで犯人探しの話をしていたのだが、イナホはデパートに行きたいと言い、その発言にUSAピョンはツッコミをいれた。

『よかったら部屋に入れてもらっていいかな……ちょっと不安で』
イナホ「あーどーぞ」

>黒子

1年前 No.469

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=DaUNtac4vH

【狩魔冥、鏡音リン/ホテル】
(なるほど姉さんも人が悪いその子に偽の証言でもさせる気でさァ)
冥(黙ってなさい、沖田総悟、まだそうしようと決めてるわけではない)
と、悪い笑みで耳打ちしてきた総悟にそう返した。
一方リンはきょとんとしていた。

『やあ、コナンくん。君もこの合宿に来てたのかい?』『ねえ、その写真いつ撮ったの?』
一方、少年の知り合いらしい男性がやってきた。
「何かご用?」

>総悟、コナン、快斗


(いえ、大分前に許可もらったので大丈夫だと思います)
>雷帝様

1年前 No.470

榎田 @light1a ★iPhone=ilrLA3rWXR

【榎田 耀/ビーチ】

長い間発言なしで忘れてるかもしれないけど、僕が榎田耀だぜ。久しぶりの海にはしゃいで沖まで出たら危うく遭難しかけたぜ。

何か明るくなってる方に泳いでいったら見覚えのある砂浜が僕を迎えてくれたところから始まる。

「げぇぃふっ!ごぼっ!ごぼっ!かっ!ごほごほ・・・・・・」

あれだ、夜は海が荒れるんだていうかもう夜だ。シャワー浴びてもう帰ろう。そう思ってビーチをあっちへふらふら、こっちへふらふらして、ようやく自分の荷物を見つけると

「・・・・・・そういや何で明るいんだ?」

とりあえずシャワーだけ浴びて、濡れた身体をタオルで拭き、パーカーを羽織り、自分の荷物を担いで、明るくなってる方へとよろよろと進んだ。

「・・・・・・そういや朝からオレンジジュースしかお腹に入れてないな」


今更言わせてもらうが、腹は鳴るわ眠いわで既に僕の身体には限界がきた。



―――ズシャッ!!―――



何かせっせと準備をしているひとたちの前で、僕は力尽きて倒れてしまった。

>>主様、ALL様


【絡み方雑ですいません。拾ってください。よろしくお願いします。】

1年前 No.471

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【折原臨也:ビーチ】

フェイト達をモッフルの依頼通りに病院に届けてその場を後にした
そして穂乃果達の言っていた海を目指してビーチに来たのだが、これは見た顔を発見する
そう穂乃果達といた茶髪の小柄な少年だ

「これはこれは、あの時の少年だね君もバーベキューに来たのかな」

年頃の少年が美少女ましてや現役アイドルに誘われれば宝飯歩ついて行くだろうと思いながらも声をかけた
もっとも彼等から見れば俺もご同様に見えるだろうが

「失礼君の目的を勝手に決めてしまって……だがあっているなら一緒にどうだい?」

バーベキューに行くなら一緒に違うな見送ろうと誘いをかけてみた


>>榎田 耀

1年前 No.472

星宮いちご @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【江戸川コナン/ホテル】

A『今時の警察は暴力なのね怖いわー。さっき撮ったのよ。』

沖田に喧嘩を売るようなセリフを吐くと世良のフリをしたキッドにさっき撮ったと告げる。

コナン「…まさか、キッド?!」


>快斗、沖田、冥

【高坂穂乃果、園田海未/デパート】


〜穂乃果視点〜

穂乃果「海行こう!」

穂乃果が歌っている間にうまるちゃんはおどおどしていたけれど何があったのかな。誰かと会話していたみたいだけど。相手の人はうまるちゃんのこと気付いてないのかな?

>うまる、希

【うまるちゃんが絡んでますよ。見落としてました。辞めるのなら私は止めません。ありがとうございました。なるべく報告はサブ記事に書いてください。】>ツバメ

分けます

1年前 No.473

不揃いの果実 @tatumi88☆ChU7Z6/SpEs ★DOCOMO=0VZiHrRZuv

【星光の殲滅者(シュテル・ザ・デストラクター)、雷刃の襲撃者(レヴィ・ザ・スラッシャー)、闇統べる王(ロード・ディアーチェ)、元砕け得ぬ闇(ユーリ・エーベルヴァイン)、アミティエ・フローリアン&キリエ・フローリアンside/温泉施設(廊下)】


ディアーチェ「ふむ……。ならば、応えてやれば良かろう。据え膳食わぬは男の恥とも言うらしいからな」


アミタ「王さま……。この翔介って人はムリヤリ連れて来られたんですよ」
どうやら話によると、翔介を逆ナンパしたした者によってここに連れて来られたようで、逃げても良いが、その後で鉢合わせになったら確かに面倒なことになるだろう。だが、混浴させたら変な事をされるかもしれない。それに、先ほど翔介を逆ナンパした本人(パティ)が"マイエンジェルしょーちゃん"等と呼んでいる。少々、エキセントリックな感性の持ち主なのかもしれない。キリエは"マイエンジェルしょーちゃん"という恥ずかしい呼び方に必死に笑いを堪えて悶絶しているようだった。ディアーチェは今応えてやらなければ絶対に面倒なトラブルが発生するのだから、男ならしっかり応えてやるべきだと告げるが、アミタはムリヤリ連れて来られたのだから、拒否権はあっても良いじゃないかと答えるのだった。
すると、そこへ何やら球体のようなもの(シャドーパティ)が二人(銀河&翔介)に話し掛けている。"うちのバカが迷惑かけて悪い"という言葉からさっきの声の主(パティ)の知り合いなのかもしれない。


シュテル「失礼ですが、あなたは先程の方とはどのようなご関係なのですか?」
シュテルは、球体(シャドーパティ)に先程の声の主(パティ)とはどんな関係なのかと問い掛ける。


>>銀河達、シャドーパティ達、その場ALL



【大森タツミ、香月ナナ、エリナ・デア=フォーゲルヴァイデ、南成佳鉈side/商店街】


タツミ「そ、そうだったのか……。怪我人が居ないなら、そりゃあ良かったが……」


エリナ(心:ホントに人の仕業なのかしら……。どう見てもコンゴウやハンニバルが暴れた跡みたいだけど……。うーん……)
どうやらこんな派手な破壊の痕跡はあるものの、死者も怪我人も居ないらしいのだ。それならひとまずは安心しても良いだろうとタツミは胸を撫で下ろしたような表情を浮かべるが、エリナはこんな派手な破壊の痕跡が"人"によるものというのが、やはり信じられなかった。どう見てもコンゴウやハンニバルのようなアラガミが暴れた跡にしか見えないが、もしアラガミが出たのなら、もっと派手に周囲が損壊されているだろうし、こうして自分達に話し掛けている彼等(ゲダツ達)も無事ではなかったかもしれないはずだ、エリナはそんなことを何やら真剣に考えている。


ナナ「うーん……。まぁでも、この人達が無事で良かったよね!」


タツミ「そうだな!――と、そうだ!俺たち今から飯なんだが、良かったらあんた達も来るかい?ご馳走するぜ」
ナナはとりあえず、深く考えるのをやめたようで、周りの人間が巻き込まれなくて良かったと告げると、タツミも笑顔で同意する。どうやらタツミ達はこれから食事に向かう途中だったようで、良かったらご馳走すると声をかける。


佳鉈「私は構わんぞ。――響くんと望月くん達はどうする?」
佳鉈は自分は良いが、響と望月達はどうすると問い掛ける。


>>響、ゲダツ達、(御坂)、(緋ノ山)、商店街ALL

1年前 No.474

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【アミティ/海】


「海だ海だー!」

海を見てアミティははしゃぐ。バーベキューのいいにおいがしてる。

「人だかりが出来てるよ?」

人だかりの方へ歩いてく。

>成歩堂たち、榎田、all


【大空あかり/雑貨屋】

「みんな楽しそうだなー。」

会計を済ませると私はアドレーヌさんとリボンさん、桂先輩を待ちます。

>アドレーヌさんたち、ヒナギク

【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/病院】


「なのは…。」


少し眠気が来てうとうとしていて眠くなってきた。なのはと呟くと眠りに付く。

>なのは

1年前 No.475

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=DaUNtac4vH

【狩魔冥、鏡音リン、糸鋸圭介/ホテル】
糸鋸圭介視点
自分、信じられないっス!連休をもらって携帯の合宿にあたって…しかも、今日はバーベキューがあるらしいっす!でも、その前にちょっとホテルで…おや?
何スカ?まさか、事件っスか!?
自分はすぐにホテルに入ったっス。そこには、別の暑の警部の目暮警部に、新撰組の沖田総悟、アイドルの鏡音リン…そ、それに…
ビシィッ!
圭介「ぎゃああっ!」
冥「ヒゲ!仕事をさぼってこんなところで…」
圭介「か、狩魔検事!?ちゃ、ちゃんと連休もらってるっスよ〜!」
…アメリカにいるはずの狩魔検事までいたっす…楽あれば苦ありとはこのことっスね…
挨拶代わりに鞭で叩かれたっス…
圭介「め、目暮警部殿、沖田殿!ご苦労様っス!」
自分は、二人に敬礼をしたっス。
話を聞くと、どうやら窃盗事件らしいっスね…

>総悟、コナン、快斗


【シャドーパティ/温泉施設廊下】
橙のショートヘアの少女に、私とパティの関係を聞かれた。
「んーと、なんて説明しようか…もう一人の私というか、いや、私がもう一人のあいつだな、まあ、あいつの家族のようなものだと考えてくれればいい」
あんまり説明になってないか?まあいいや
>シュテル達

1年前 No.476

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河「」翔介『』/温泉施設】

ー ふむ……。ならば、応えてやれば良かろう。据え膳食わぬは男の恥とも言うらしいからな −

ー 王さま……。この翔介って人はムリヤリ連れて来られたんですよ −

何やら、年齢に合わないどこかの王っぽく。「応えてやればいいだろう」と言ってくる少女。
それに対して、赤髪の。こちらは…「お姉さん」といったような感じの少女が、無理やり連れてこられたんだから拒否権位あってもいいではないか。と意見を述べた。

翔介は「うんうん」と必死にうなずいている

と、その時。


ー 拒否権ないからねー!もし来なかったら必ず探し出して埋め合わせしてもらうからねー! −


「………」

『わーい、詰んじゃったー♪あははははは♪…あ、でもこれ夢だ!悪い夢なんだ!』

「…現実逃避するな!!」

ドア越しに、拒否権はないとパティに言われ。
…壊れた人間のようになるが、「これは夢だ!悪い夢なんだ!」と現実逃避を始めた翔介。
さすがに、まずいと思ったのか。

翔介の頬を、思い切りつねることで。


『いだだだだだだ!!……夢じゃなかった…』

強制的に。銀河により、翔介は現実へと引き戻された。
……さて。翔介が現実に引き戻されたことで翔介の視界に映ったのは。

キリエが必死に笑いを堪えて悶絶しているところ。


『』

また、翔介がフリーズしてしまった。
…さすがに、これを見て、他人に同情の念などをめったに抱くことのない銀河も。
今回ばかりは翔介に同情した。


…と。
そんな時だった。


灰色の球体生命体が「ウチのバカが申し訳ない」と謝罪をしてきたのだ。
……なんとなくだが…この生命体はあのパティの球体の姿と似ている。


ー 失礼ですが、あなたは先程の方とはどのようなご関係なのですか? −

茶髪の少女が、この球体の生命体に話しかける。
…そしてその質問に対してその生命体は。

ー んーと、なんて説明しようか…もう一人の私というか、いや、私がもう一人のあいつだな、まあ、あいつの家族のようなものだと考えてくれればいい −



「……要は同種族…だな?」


>ディアーチェ達、シャドーパティ達

1年前 No.477

RAY @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【響/商店街】
――――――と。商店街に新たな一団が。

一人は赤い外套を纏った黒髪の男。一人は個性豊かな艦娘の中にもまずいない(猫のような語尾で話す者はいるが)猫の耳のような変わった髪型の女、そして白いベレー帽を被った緑髪の少女。…勿論、一帯の車が拉げ、柱が折れているこの光景を見て激しく驚いている。

「Ужасающий был(恐ろしかった)…でも、誰もケガをしなかったのは不幸中の幸いだったね。」

あの一撃、艦娘は勿論深海棲艦をも一撃二撃で屠ってしまいそうだった…下手をすれば死人の一人出ても不思議ではないが、けが人が一切出なかったというのははっきり言って奇跡に近い幸運だろう。

――――そして、黒髪の男が自分たちを食事に誘い…

「конечно(勿論)、私たちも此処には食事をするためにやって来たんだ。」

結果的にこの騒動に巻き込まれたが、何とか夕食を食べられそうだ。佳鉈からの問いに勿論と言わんばかりに頷き、返事を返す。

>>望月・ゲダツ・大森タツミ達・(緋ノ山綾禰・御坂美琴・平和島静雄)・ALL


【東條希/デパート】
…人ごみに割る様に紛れ、その中心へと向かう。その中心は新作ゲーム
ーーーーではなく、μ'sの高坂穂乃果その人だった。

「穂乃果ちゃんとうまるちゃん!…それと穂乃果ちゃん――――勝手にどこかに行ったらダメやん…次は、ワシワシやで?」

そして、穂乃果に注意をする。傍から見ると、まるでアイドルの仲間同士…というよりは子供を叱る母親のよう…?

―――――
そろそろデパートが閉まる20時。図書館にいた時間が15時前後となると、5時間近く此処にいたことになる。
うまるのお土産探しと穂乃果の迷子騒動ですっかり忘れていたが、砂浜で真姫を待たせている。これだと大分怒っていそうだ。

「穂乃果ちゃん、海未ちゃん。そろそろ砂浜に行ってあげないと、真姫ちゃん、カンカンに怒ってそうやね。」

理由を話せば許してくれるだろうが、準備をしてくれている。早いところ行ってあげないと…と、穂乃果がうまるに夕飯に来ないかを誘っている。

「ええやん!真姫ちゃんも歓迎してくれるよ。」

とはいえ、素直になれないながらも受け入れる真姫の姿が目に浮かぶ。
>>高坂穂乃果・園田海未・土間埋

1年前 No.478

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=DaUNtac4vH

【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/海】
真宵視点
海に来たよ〜!バーベキューのいい匂い!
真宵「あれ?ほんとだ、なんだろ?」
アミティちゃんの言うように、なんか人だかりができていた。あたし達も人だかりの方に歩いていく。

>アミティ、all


【シャドーパティ(人間)/温泉施設廊下】
『わーい、詰んじゃったー♪あははははは♪…あ、でもこれ夢だ!悪い夢なんだ!』
『…現実逃避するな!!』
…銀河は現実逃避をする翔介の頬をつねる。漫才かと思ってしまい、つい笑いをこらえていた。
でも、気の毒だ…
『……要は同種族…だな?』
「…まあ、そんなところだ」
同種族だなと問う銀河にそんなところだと答えた。
私は人間の姿になり、
「…おっと、まだ名乗ってなかったな。私はシャドーパティだ。シャティで良い。」
>翔介、銀河、シュテル達

1年前 No.479

榎田 @light1a ★iPhone=ilrLA3rWXR

【榎田 耀/バーベキュー会場】

「これはこれは、あの時の少年だね君もバーベキューに来たのかな」

何だこいつ、と思ったらいつかの情報屋だった。まぁ、流石にぶっ倒れてる少年にむかっての挨拶がこれなら、僕の方も多少は失礼な対応になってしまってもしょうがないな。

それにしても・・・・・・これからバーベキューをするのか、腹減ってるしここで晩御飯を済ませてもいいかな、そう思うが、少し体力と僕のお財布状況が心配だ。お金はいらないのかな?ただ、既にぶっ倒れてしまってるし、体力はまずいかな?何か人垣ができてきたし。

「失礼君の目的を勝手に決めてしまって……だがあっているなら一緒にどうだい?」

情報屋が提案してきた。僕はこんなヤバそうな人間とのディナーは勘弁願いたいのだが、少しテーブルまでは運んで欲しいものだ

「あぁ、まぁ、そんな感じだ。ちょっと肩貸してくれないか?」

自然の波に揺られたこの身体はもう悲鳴をあげてる。明日は全身筋肉痛かな・・・・・・

>>主様、折原様、ALL様

1年前 No.480

欠けた茶碗 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_cPe

【望月、ゲダツ/商店街】【酒場組は返信が揃い次第投下致します】

望月「良いの?…勿論あたしはいいけど何か悪いねぇ。」

ゲダツ「うむ、我らも夕飯は此処(商店街)で摂るつもりだったのだ。実に有り難いおれも一向に構わん、それよりモチヅキ、貴様何故さっきおれの足を踏んだ?」

望月「んー踏んだりしたっけ?」

やはり思う所はあるらしく、今し方の説明ではこの暴風でも通り去ったような惨状の原因としてはあまりピンと来ない様に白ベレーの少女(エリナ)は何処か思案しているらしい表情を浮かべ、黒髪の青年(タツミ)と猫の耳の被り物をした個性的な少女(ナナ)は一先ず誰も怪我をしていなくて良かった旨を言う。全く以ってその通りだ。実際巻き込まれていればどうなっていたかは分からない。響の(恐ろしかった)という言葉通り自分達の様な(艦娘)だとしても生身は生身、あの一撃をまともに受けていれば再起すら望めなくなる致命傷を受けたとしてもおかしくなかっただろうから…そうして丁度夕飯に行く途中だったという彼ら(彼女ら)に一緒もどうかと誘われる形になった訳である。無論(タダ)なのは良いことだが

と、新たにやって来ていた人物――透き通る様な白髪に無駄のない体付きをした―何処となく硝煙の雰囲気を纏った様な一人の女性(緋ノ山)、流石にこの有様を見かねたらしく―人払いをしたり、事故車を除けたりと人手が必要ならば手を貸すと言ってきた。…確かに、移動以前に通りが塞がっていては仕方が無いだろう。細かい部分は専門(警察・消防・土木関係者)がやるとして、少なくとも脇に車を退かす位は間接的とは言え関わったのだからするべきかと望月は考えて――

望月「んまぁ出来るトコまでなら――」

ゲダツ「ふむ、空きっ腹の夕飯は最高に違いない。折角の(お誘い)を待たせてはならんし早々に一仕事と往こうか…にしても、今日は白髪の者にやたら縁があるな。」

ギギギギィ

ガラガラン…

と、また妙な視点の物言いを呟きながら、蜘蛛頭の大男は白目を剥きながら付近の事故車をむんずっと掴むと力任せに引き摺って、通行の邪魔にならない位置に移動させる。一応生身の人間ではあるが腕力はあるらしい―― 一方の望月も、面倒臭げではあるが刺さった標識を難儀そうに引っ張り抜いて、数本を肩に背負いつつ元あった位置へと運んでいく。これまた傍から見ると妙な光景に思えるかも知れない。


≫緋ノ山綾禰、大森タツミ、香月ナナ、エリナ・デア=フォーゲルヴァイデ、響、南成佳鉈、御坂美琴、商店街ALL

1年前 No.481

あいな @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=sBHRIVw1IW

【お待たせして申し訳ないです。酒場組へ返信いたします】

【黒美あいな/酒場】


「ーーわーい!ありがとう、おねえちゃん!」


メタい言動を続けていたが、女性が発した意外な言葉に動きが一瞬止まる。大人びた表情が幼子のそれへと変わり、女性へと無邪気な笑顔を向けて駆け寄る。


姪っ子ーー親子ではないが、人の繋がりを表す言葉。心の奥底にあった家族というものに対する羨望と飢餓を刺激されて思わず、邪神という仮面の下から幼い少女の素顔が露わになった。


戯れで人の子として生まれ落ちてすぐに、生みの母から掃き溜めに捨てられた自分には縁のなかったもの。

それ故に、気まぐれを起こして女性の嘘に乗ったのだろうか。それはわからない。

ただ、少なくともーー彼女が“家族”として接している限り、この混沌は悪事を働くことはない。


「どうしたの、おじーーおにいさん?」

精神退行したかのように、すっかり外見相応な幼子の表情で自分に疑惑の視線を向ける男性を見上げる。それでも混沌成分が抜けきっていないのか、呼び方に気遣いが見られる。


>カーンビ、アリシア、隼鷹、ケンウェイ、酒場ALL

【ちょろい(確信)】

1年前 No.482

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【江戸川コナン/ホテル】

目暮警部「お疲れ様。」


敬礼するとお疲れ様と圭介に告げる。事件は特に手掛かりはつかめない。


>リンたち、沖田たち、快斗たち

【アミティ、西木野真姫/海】

アミティ「知らない人たちが沢山いる…。」

榎田と折原と真姫に手をふるとおーいと呼び掛ける。

真姫「あら。いらっしゃい。」


彼らににこりと微笑みかけると嬉しそうに準備を進める。

>榎田、折原、成歩堂たち

1年前 No.483

雷帝 @andouken ★Android=NxHITw8hsq

【折原臨也:バーベキュー会場】

倒れている少年の目的は同じらしく

『あぁ、まぁ、そんな感じだ。ちょっと肩貸し てくれないか?』

そう言われては肩を貸すのもやぶさか出はないがあえて

「だが!!断る!」

そう言い放つとこちらに手を振る少女達に笑顔を向けてこちらも手を振り返す

『知らない人たちが沢山いる…。』

そんな少女に、もっと人が来るよと言いながら西木野真姫に


「やぁ君が発起人かな?穂乃果ちゃんに、聞いて来たんだけと構わないかい?」

と笑顔を振りまいた

>>西木野さん、アミティ、榎田くん、成歩堂たち

1年前 No.484

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【高坂穂乃果、園田海未/デパート→海】

〜穂乃果視点〜

穂乃果「ごめんなさーい…。」

希ちゃんが次はワシワシと言ってたのでごめんなさいと謝りました。そういえば真姫ちゃんのところへ行かないと!穂乃果は走り出します。

穂乃果「急げーーっ!真姫ちゃんが待ってる海へ!」

海未「待ってください穂乃果!!」

>希、うまる

【アミティ、西木野真姫、/海】

真姫「えぇ。そうよ。かまわないわ。」

普段素直になれないと思われがちなため初対面の人には笑顔で答えないとね。やっぱり海は最高よね。知らない人たちが沢山いる中準備はメイドたちに任せたわ。


アミティ「こんばんはー!突然お邪魔してごめんなさい。よろしくお願いします!!」

深々と頭を下げる女の子。礼儀正しいわね。

真姫「こんばんは。楽しんでってね?」

周りはワイワイと賑やかくなってきた。


>折原、榎田、成歩堂たち

1年前 No.485

白い悪魔 ★nzsj1ebU2H_xVn

【ホテル/快斗(世良に変装)】

「あはは、怖いお巡りさんだね。それと僕は小僧じゃないよ。世良真純!女子高生探偵さ」

明るく振る舞って自己紹介する。つーかやっぱ周りからも男と勘違いされてんだな。見た目ボーイッシュだし。
俺も最初は男と思ったからな、まさか女だったとは。なんとなくこいつの胸は一生発達しなさそうだと思った。

「用って言うか、コナンくんの姿が見えたから気になってね。窃盗があったみたいだけど、今回はキッドじゃないみたいだね」

検事に答えた後、名探偵の言葉を聞いてすぐに否定する。誘導してるんだか知らねーが俺がこんな盗み方をしねーよ。

「それで、コナンくんは何かわかったのかな?」

>沖田、コナン、冥、all


【わけます】

1年前 No.486

白い悪魔 @kuromomo☆Ibq7BGr7nio ★iPhone=j1fgHOXeFb

【デパート→海/うまる】

「ごめんなさい希さん。あれ?さっきまでいたはずなのに……」

希さんに謝ると気がつけば怖そうな男の人はいなくなっていた。もう帰っちゃたのかな?
とか考えると穂乃果さんが走り出したのでうまるも走り出す。

「待ってくださーい!」

此処で見失うとまた迷子になるかもしれないので全速力で追いかけた。

>穂乃果、希

【なのはは朝まで放置します】

1年前 No.487

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【江戸川コナン、両津勘吉、秋元麗子/ホテル】

コナン「うーん…まだわからないかな?キッドはこんな盗み方しないよ。もっと考えるよね。」

首を傾げて悩んでる様子を世良に見せる。何故かキッドをフォローするコナン。すると警官二人がこちらへやってくる。一人は中年くらいの眉が太い男で一人は金髪でスラリとした女。


勘吉「ちくしょー!競馬負けたー!また部長に怒られるー…。」

麗子「そんなことばかりしてるから怒られるのよ。部長さんは優しいわよ。」

勘吉「そりゃ麗子や中川だからだろ?…ん?ありゃなんだ?」


どうやら事件とは知らずに中へ入った二人。人だかりが出来ていたので近づく。

>世良、冥、哀

【高坂穂乃果、園田海未、西木野真姫、矢澤こころ、アミティ/海】

〜穂乃果視点〜

穂乃果「ついたー!真姫ちゃーん!お待たせ!」

穂乃果は走り過ぎて少し疲れたけど真姫ちゃんにお待たせと言います。真姫ちゃんは少しご機嫌みたい。良かった怒ってない…みたい。(実は怒ってるが寂しいだけ)

真姫「もうっ!!待ちくたびれたわよ。にこちゃんとエリーはいないけどにこちゃんの妹がいるわよ。」

海未「にこの妹…(にこを追いかけてた時を思い出し)」

こころ「にっこにっこにー!お久しぶりです。またお会い出来て嬉しいです。」

こころちゃんは丁寧に挨拶をしてくれました。真姫ちゃんはにこちゃんがいないから寂しいみたい。


>うまる、希、折原、榎田、成歩堂たち

【了解です】>なのは本体様

1年前 No.488

ヒナ @linnvo☆eQLF5/fJvizN ★6O1STZoCNm_M0e

【桂ヒナギク/商店街/雑貨屋】

あかりちゃんの様子……ちょっとまずいと思ったのかな?でも、そう思えただけ十分。気をつけてさえいれば、普通の人は自然と気をつけるものだ。それでも使い方を誤ってしまうなら、誰かが教えてあげればいいだけ。
もしこのままヒナギクが注意していなければ、たぶんそのお値段じゃ済まなかったかもしれない。……お金の使い道は、常に注意深くあってほしい。相手が友人ならば、特にね。

ヒナギクもレジで会計してもらう。そして、待っているあかり達のもとへ。

「お待たせ!じゃっ、早速あの機械の所へ行ってみましょ!」

お買いもの終了ということで、早速あかりちゃんが頼んでくれたおしゃれをするための機械?の所へ行こうと発言した。

>大空あかり、アドレーヌ、リボン


【鷺ノ宮伊澄/温泉施設/外】

「いいえ、結構です。私、こう見えてあなたが思うほどか弱くありませんので」

しかし、伊澄は頑なに譲らない。そう、こう見えて伊澄はかなりの頑固者なのだ……!!
と、改めて語るほどのことでもないが、伊澄は心配をかけてもらうほどの体調不良ではないと思っており、逆にこの程度の体調でわざわざ心配してもらいたくない。だから、そういう魔法みたいな力はいらない。きっと自然にすぐ治るもの。今だってもう治りかけなのに、そんなのしてくれてもきっと無駄だから……。

「ええ、渇きを潤せるものなら何でも構いませんが」

飲み物は水でもいいか、という質問に答える。今は特に飲み物に希望は無い。少し欲を言えば、久しぶりに八女の玉露が飲みたいわね。(※最高級玉露です。)
でもとりあえず水分が欲しい。こだわっているヒマはないと思う。

>アクア


【愛沢咲夜/海】

男は、涙を流しながら咲夜にお礼を言ってきた。別に、咲夜が自身のことを何と言おうと構わない様子だ。コイツの中でウチは絶対伝説。脳内にこじつけられてんのなら、もう何も言えへん。呆れるしかない……。

―――ぐるぅぅぅぅぅ〜…

謎の音が聞こえて、咲夜は「ん?」と振り向くと、そこには赤面状態の漣音さんの姿が……。あー、腹減ったんやな。確かにもうそろそろ晩飯か。

“此処で話しこむのも良いが…向こうでバーベキューやってるみたいだから食いに行かないか?
腹が減っては戦は出来ぬ…とよく言うだろう?それに、晩飯時でもあるしな。”

「……そやな。ウチも怒りで腹減ってもうたし、さっさと食って修行始めるで!!」

そう強気に男に言い放ちながらバーベキュー会場へ向かう。

「あ、せや!」

咲夜は会場へ向かい砂浜を歩きながら携帯で電話番号を叩いた。

『はい。……もしもし』
「あ、ハルさん?あんな、ウチこれからバーベキュー行くんやけど、ハルさんもどや?」
『バーベキュー?それってもしかして、今夜海辺で行われる西木野家主催のバーベキューパーティーですか?』
「海やから多分そうかもしれんが……なんでそないなことまで知っとるん?」
『マスターから聞いたんです。だから、私もバイトが終わったので、これから行こうと思っていました』
「さよか!ほなら、先に行って待っとるわ!」
『わかりました。では、着替えてそちらに向かいますね』
「うん……うん!ほなまたー」

ピッと電話を切った。咲夜の顔には少し嬉しそうな笑顔が浮かんでいた。

>エレン・イェーガー、降魔漣音、海ALL


【春風千桜/喫茶店→ホテル】

ちょうどマスターに上がっていいよと言われ、バイトの制服から私服に着替え、帰り支度が整った頃、携帯が鳴った。着信。相手は……[愛沢咲夜]。

「はい。……もしもし」
『あ、ハルさん?あんな、ウチこれから――』

――電話での会話が終わり、携帯を鞄にしまう。
実は千桜も、バイトが終わったら咲夜をバーベキューに誘おうかと思っていたところだったのだ。またヒナにも声をかけて、スタイルはいつものままで自然体に楽しもうと思っていた。それがなんと、咲夜さんの方から誘ってもらえるとは。千桜は嬉しくなった。
そして、ここはやっぱりメイドとして行くべきだろうと思い直した。これは咲夜さんからのお誘いだ。彼女からの命ならば……使用人の自分でついて行きたい。ヒナも来るかもしれないけど、しょうがない。あの姿だと意外に気付かれにくいみたいだから、ボロを出さなければあまり不安にならなくでも大丈夫かもしれないぞ。ヒナの前で見せるのは、この白鴎学院生徒会書記としてのクールで真面目な顔。少し崩れたとしても、ややオタクな面だけだ!愛沢家メイドのこの普段のイメージとはかけ離れた顔を、『春風千桜』としてヒナに見せてはいけない!なぜなら……恥ずかしいからだ!!
だから、この合宿中でも絶対にヒナには明かさないようにしないと。『春風千桜』と『ハル』は別人物、という解釈で止めさせるんだ。それは、これから関わっていく人達に対しても……だ。

「お先に失礼しまーす」

そう心に決めながら、千桜は喫茶店を出て、メイド服に着替える為にホテルへと向かった。

「……ん?何か事件でも起きたのか?物騒だなー」

千桜はパトカーを横目にホテルに入って行った。

>ホテルALL

1年前 No.489

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=DaUNtac4vH

【狩魔冥、鏡音リン、糸鋸圭介/ホテル】
『あはは、怖いお巡りさんだね。それと僕は小僧じゃないよ。世良真純!女子高生探偵さ』
リン「え!お兄さん女子高生だったの!?」
びっくりっス!だってどこからどうみても…
ぎゃあっ!また叩かれたっス…
冥「ヒゲっ!今不潔なこと考えたわねっ!」
糸鋸「か、考えてないっスー!」
ん?なんか見たことある二人が…
糸鋸「あ!あんた達は葛飾区亀有公園前派出所の両津勘吉に秋元麗子さん!」
なんか、前に会ったことのある二人だったっス。
糸鋸「ところで…受付員さん、あの画像、ちょっとしらべさせてほしいっスが…」

>コナン達、快斗、総悟


【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/海】
龍一視点
龍一「こ、こんばんは…よろしくお願いします」
きれいな娘だな…
僕は頭を下げた。
真宵、春美「よろしくお願いします!」
真宵ちゃんと春美ちゃんも、頭を深く下げ挨拶をしていたっていたぁっ!?
いきなり春美ちゃんは僕にビンタしてきた。
春美「ナルホドくん!真宵様と言う者がありながら!あの女性にデレデレして!」
龍一「で、デレデレなんて…いてぇっ!」
>アミティ、真姫、臨也


【アドレーヌ、リボン/雑貨屋】
アド視点
ふう、会計終わった〜
リボン「こちらも終了です!」
アド「じゃあの機械のところに行きましょ!」
ヒナさん同じく、あかりさんが呼び出したおしゃれができるというきかに行こうと言った
>ヒナギク、あかり

1年前 No.490

欠けた茶碗 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_cPe

【エドワード・カーンビ、アリシア、隼鷹(のんだくれ)/酒場】

“見た目”に騙されて手酷い目に遭ってきたのは何もこういう時ばかりではない――何時ぞやそのせいで派手に半身をすっ飛ばされてその場で自分で縫い合わせる羽目にあった事すらある。表面の見てくれは何処かしら不相応ながらも奇妙に(不自然さ)が無い妖艶さを併せ持った様な幼い?子供の姿をしているが…間違いなく過去の経験から考えて、コイツ(あいな)は確実に“黒”に近い(グレー)だと言い切れる。

だが…この場で此方が下手な動きをすれば、流石に周囲へ誤解を招き兼ねないのは間違いない(例えるなら子供に銃口を向けるとか)

カーンビ「…おじさんで構わない。どうせ俺はもう年寄りの分類に入るだろうからな。」

つい先程までのメタい言動やら如何にも何かしら怪しいというか妖しい雰囲気を漂わせていた銀髪の少女(あいな)が、此方の視線に気付いてどうしたの?――おじ…おにいさんと言い直しているのに対してどっちにせよ歳は喰ってると言う様にそんな言葉を返した。本当に言いたい事はそういう言葉ではないのだが…どうにも、あの(魔女)のペースに乗せられている気がする。

カーンビ「何でもないさ、ほら――あのおねえさんのトコに行って来い、何か甘いものでも貰えるかもしれないぞ。それに…おじさんは疲れてるんだ。」

半ばやけくそで私立探偵はそう言って少女(あいな)を(魔女)の方へと注目させようとする。

一方の(魔女)…もといアリシアは少女(あいな)がこっちへ来る事に配慮して座っていた椅子を一つ分ずらしつつ、冗談だと捉えているフードの男(ケンウェイ)からの質問に、ベルモットの配分量が多めの甘い匂いがするレッド・アイのグラスを傾けながら…

アリシア「端的に言えば…そうね。此処は“色々な経歴”の人が――無造作に集められて来る一種の観光地と言った処かしら。そういえば貴方もこれを?」

スッと空いた片掌を男に見える様に掲げて、マジックか何かの様に手を捻る動作をしてそのまま何も無いところから(封筒)を“出して”その中身の(招待状)を見せる。少なくともどういう形であれこの(島)にやって来た人々は、皆これが手元に届いて居るハズだ。

――と、

隼鷹「うーっす、呑んでる〜?なんかこの店お客さん少ないしさぁ〜飲み合いの相手が欲しくてねぇー」

十分飲んでる上でまだまだ飲み足りないと言わんばかりの様子で、ビールの大ジョッキとバーボンのグラスを手にしてやって来た軽空母、元々人見知りはしないタイプでフレンドリーなのは良い事なのだが、酔うとそれが悪化して誰彼構わず飲み仲間にしてしまうきらいがある。彼女の周囲を飛び回っている艦載機数機のアクロバットな曲芸飛行も、本人の酔う程度にあわせてどんどん過激且つ派手になりつつある。


≫黒美あいな、エドワード・ケンウェイ、酒場ALL

1年前 No.491

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【レン・イェーガー、折原臨也:バーベキュー会場】

エレンside

咲夜の指導が受けられると感動していたエレンだが不意に男性が

『あいつがまだいてくれたなら…私も普通の“人間”でいられたんだろうな…。』

自分にでも咲夜にでも無く呟いだ先ほどから時々そう言った場面が見られたがドリーマーなのだろうかと思っていると
バーベキューのいい匂いがエレンの鼻に届くあっちからだとそちらを向くと

―――ぐるぅぅぅぅぅ〜…

なんだ今のは腹の音かと後ろを見るとさっきの人の腹の音だった

『此処で話しこむのも良いが…向こうでバーベキューやってるみたいだから食いに行かないか?
腹が減っては戦は出来ぬ…とよく言うだろう?それに、晩飯時でもあるしな』

そう誘われてどうしようかと思ったが、彼が仲立ちになってくれなければ咲夜の指導を受ける事も出来なかったし付き合い事にするも

『……そやな。ウチも怒りで腹減ってもうたし、さっさと食って修行始めるで!!』

師匠もやる気になったくれているし俺も続こうとしたがさっきの音からしてかなり腹を減らしているだろうと思い
先ほどの仲介のお礼もかねてチーズハンバーガーを取り出し

「行ってもすぐに始まらないかもしれないし食べねーか?仲介してくれた礼にさ。えっと漣音さんだったよな師匠が呼んでるが聞こえたんだけど?」

直接では無いものの二人の会話が聞えていた事を話し聞き間違えで無いか確認したのだがよもや今自分に差し出されている物がエレンの大事な物とは思うわないだろう
するとバーベキュー会場に咲夜の事を教えてくれた情報屋がいるのを見て

「情報屋さーん」

そう元気に声をかけた


>>愛沢咲夜、降魔漣音、海all


臨也side

『えぇ。そうよ。かまわないわ』

そう言う真姫の言葉に甘えて会場に落ち着いて座るも、あちらではまだ力尽きているようだと眺めていると
ぞくぞくμsのメンバーが集まり出すのを見て

「ひょっとしメンバー全員来てるのかい?」

興味本位でで真姫に尋ねてみたのだがあちらからバーベキュー会場を目指す一団をみる
その中にリヴァイ先輩と似た物を感じるとか言ってしつこくしつこくつきまとってきた中坊の姿があった
余りのうっとしいので俺より伝説のハリセン使いに弟子入りすればいいとネット動画で見た少女を適当に紹介したんだが
その当人と少女がそろってこっちに来る状況は好ましくない人ごみに紛れて逃げようとした時

『情報屋さーん』

ガキが空気も読まずに俺を呼んでいやがった


>>真姫さん、穂乃果さん、咲夜さん、海all

1年前 No.492

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【沖田総悟:ホテル】

どうやら検事の姉さんはまだその気では無いらしいが、全く考えてないわけでも無いらしい

A『今時の警察は暴力なのね怖いわー。さっき撮ったのよ。』

その言葉にカーチン来た総悟は手を出さないが完全に受付員Aガンを飛ばしている
そこに新たな刑事が……誰だっけ確か御剣検事といる人とまでは分かるが誰だか思い出せないが

『ヒゲ!仕事をさぼってこんなところで』

この姉さんの言葉に便乗して髭と呼ぶ事に決定し

「まったくだサボってんじゃねーぞコラ」

検事の姉さんの攻撃に追撃を加えながら受付員の挑発によるストレスを発散させるが、先ほど言葉に

『あはは、怖いお巡りさんだね。それと僕は小僧じゃないよ。世良真純!女子高生探偵さ』

女子高生……ね何か胡散臭い物を見る目で見る事件なんて見て楽しいものでも無かろうにどういうつもりだと

「盗人の仕事なんて見ても妻等ねーでさァ女子高生は女子高生らしくその辺でおっさんでも誘ってな」

とんでもない事を真顔であっさり言ってのけたが、思いもよらに言葉が出る

『用って言うか、コナンくんの姿が見えたから気になってね。窃盗があったみたいだけど、今回はキッドじゃないみたいだね』

キッドか……確かに奴の手口では無いなと思うが一目で見抜くとはコイツは油断ならね〜と
更に警官が増えるたしか両津勘吉とそのさいふ2号

「おいおいお前らそろそろ観念した方がいいんじゃないかオイ警官がドンドン集まって来てるぞオイ」

と数が増えた事を背景に自白を進める沖田は剣のカチカチが早くなっていた


>>冥、コナン、両津達、初音ミク

【ティーラさま:僕が間違えた為以降ずっとリンなっていますよ。申し訳ないです】

1年前 No.493

榎田 @light1a ★iPhone=ilrLA3rWXR

【榎田 耀/バーベキュー会場】

僕はただ肩を貸してほしいと情報屋に頼んだだけだ、だけなのに

「だが!!断る!」

断りやがった。何でやねん。だがって何?どこに逆説してんの?あれか?情報屋は情報屋としてしか動かないとかそういうポリシーがあんのか?

ただもう僕としては動く気力などことりちゃんでも来ない限り復活しないから、このままぶっ倒れておくことにする。

>>主様、折原様、真姫様、咲夜様、ALL様

1年前 No.494

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=DaUNtac4vH

【狩魔冥、鏡音リン、糸鋸圭介/ホテル】
冥視点
『まったくだサボってんじゃねーぞコラ』
糸鋸「ひいっ!だからサボってるわけじゃないっスぅ〜〜〜!!」
先程の受付員の言葉のストレス発散なのだろうか、沖田総悟もヒゲに追撃をした。
『用って言うか、コナンくんの姿が見えたから気になってね。窃盗があったみたいだけど、今回はキッドじゃないみたいだね』
リン「あー、キッド…リン聞いたことある!」
と、テレビで見たことあるらしく、リンもそう言った。キッド…確か世間を騒がせてる怪盗ね…

>コナン達、総悟、快斗


【すいません、最初からリンで話を進めているので、ミクはまだ絡み分投稿しておりません
http://mb2.jp/_subni2/19310.html-104#a

1年前 No.495

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.496

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【西木野真姫、高坂穂乃果、園田海未、アミティ/海】

〜真姫視点〜

真姫「全員ではないけどあとにこちゃんとエリーが来てないわ。」

穂乃果「あ!さっきの情報屋さんだ!」

全員ではないと首を横に振ると穂乃果と男性は知り合いらしいわ。すると男の子も情報屋さんと叫んでる。

真姫「呼んでるわよ?」

逃げたい様子の男性だけどこのまま無視するのもと思って代わりにエレンに声をかける。

真姫「こんばんは。」


海未「榎田さん、大丈夫ですか?」

海未が声をかけてた。私の知らない間にこの人たちは色んな人と出会ってたのね…。誰と誰が知り合いかわからなくなってきたわよ。


>折原たち、成歩堂たち、榎田、all

1年前 No.497

空母ヲ級 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=sBHRIVw1IW

【空母ヲ級/海】


ーー昏い水底より、一つの影が忍び寄る。それは、生物めいた衣装の艤装を纏った人の形をしたナニカであった。

やがて水面が泡立ち、水飛沫を上げながら浮上した。海上へと姿を現した異形の少女は、辺りを見渡しながら水面の上に立つ。

「ヲ……ヲヲ……?」

ぱちくりと瞬きした後、不思議そうな表情を浮かべる。先ほどまでの不気味な雰囲気が霧散して、無垢な幼子のようである。

「ヲヲ……」

ーーガパッ……

被っている艤装の口が開き、手を入れて中をまさぐる。しばらくして手を引き抜くと、あの招待状が握られていた。

>海ALL

1年前 No.498

白い悪魔☆Ibq7BGr7nio ★nzsj1ebU2H_xVn

【ホテル/快斗(世良に変装)】

「うんうん、本物のキッドならもっと用意周到な筈だからね。そもそも予告状だってないみたいだし」

仮に俺が犯人ならまず予告状は送る。その上で警察や探偵を相手に鮮やかに盗むのがこの怪盗キッド様だ。
それに比べて今回の犯行は余りに杜撰すぎる。そこの若い警察や女検事にも犯人に見当がついてるみてーだしな。

「そんな驚かなくても僕は列記とした女だよ。それより警察の人達に聞きたいんだけど、防犯カメラは調べたの?
これだけ大きなホテルならセキリュティ対策はしてあるだろうし、もしかしたら犯人の姿が写ってるんじゃないかな」

新たにやってきた警察も含めて全員に尋ねる。ま、流石にそこまで犯人も馬鹿じゃないだろうから姿が写ってないとは思うが、何かしら手がかりを残してる可能性はある。俺なら絶対に残さねーけど。

>コナン達、沖田、冥達、all

【温泉施設/外→中/アクア】

「わかったわ。それじゃあ、移動するわよ」

そう言って私は女の子をおぶって施設内に走りだす。
まさかこんな時にあれが役立つとは思わなかったわ。

「ごめんねー!どいてどいてー!!」

廊下にいる人だかりに呼びかけながら直進。早くどかないと怪我するわよ……私達が


>伊澄、廊下all

1年前 No.499

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=DaUNtac4vH

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.500


切替: メイン記事(1994) サブ記事 (652) ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

 
 
レスが1994件あります。2000件を越えると記事が終了します。
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。