Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>

【ALL+オリ】ALLキャラで合宿しよう!

 ( なりきり掲示板(フリー) )
- アクセス(9572) - ●メイン記事(2000) / サブ記事 (652) - いいね!(25)

@tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★S0xWjDBvkX_Ony

「退屈だなー、何か面白い事ないかなー」

平凡で穏やかな日々を送っていたALLキャラたち。すると携帯に一通のメールが届いた。

『おめでとうございます。貴方様は当合宿企画に当選しました。つきましては下記の指示に従ってください』

???


この合宿が出会いを呼び、そして現在へと繋がるのであった――

【観覧ありがとうございます!ALL+オリで合宿スレです。基本ほのぼのした日常スレです
詳しくはサブ記事へ】

レス禁止

1年前 No.0
メモ2017/04/15 15:06 : ノア @siratuyu01★iPhone-ROVqwRM7iK

〜参加者〜

フェイト・テスタロッサ・ハラウオン(魔法少女リリカルなのはA's/主)222

高坂穂乃果(ラブライブ!/主)320

園田海未(ラブライブ!/主)220

西木野真姫(ラブライブ!/主)025

大空あかり(アイカツ!/主)233

千斗いすず(甘城ブリリアントパーク/主)150

黄前久美子(響け!ユーフォニアム/主)001

南みれぃ(プリパラ/主)310

司波深雪(魔法科高校の劣等生/主)

禁書目録(とある魔術の禁書目録/主)

御坂美琴(とある魔術の禁書目録外伝とある科学の超電磁砲/再参加希望)

美樹さやか(魔法少女まどか☆マギカ/主)

江戸川コナン(名探偵コナン/主)346

赤座あかり(ゆるゆり/主)111

日向咲(二人はプリキュアスプラッシュスター/主)

天ノ川きらら(GO!プリンセスプリキュア/主)

古手梨花(ひぐらしのなく頃に/主)

矢澤こころ(ラブライブ!/主)

栗山未来(境界の彼方/主)

星宮いちご(アイカツ!/主)

両津勘吉(こちら葛飾区亀有公園前派出所/主)

秋元麗子(こちら葛飾区亀有公園前派出所/主)

吹雪(艦隊これくしょん‐艦これ‐/主)

綾崎ハヤテ(ハヤテのごとく!/主)

皐月(艦隊これくしょん-艦これ-/ノア)353

文月(艦隊これくしょん-艦これ-/ノア)353

長月(艦隊これくしょん-艦これ-/ノア)353

明坂芹那(CHUNITHM/ノア)316

小仏凪(CHUNITHM/ノア)316

…続きを読む(11行)

切替: メイン記事(2000) サブ記事 (652) ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21


 
 

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

【南みれぃ/体育館】

「ホテルに行くぷり!」

とりあえずホテルに行くことは賛成したがパトカーの音に少し首を傾げる。

「なるほどぷり。みれぃも腕時計つけてないのに見えるのは不思議ぷり。」

妖怪ウォッチがないのに見えるのは不思議だと思い首を傾げる。


>黒子、イナホたち、西ノ谷

【江戸川コナン/ホテル】

目暮警部『それは構わんが君は…?』

まだ名前がわからない相手に名前を訪ねる。協力するのは有難いけどまだ相手のことは何も知らない。


>冥、哀

【アミティ/市場】

「ゴーゴーっ!!うーん、いいにおい。」


嬉しそうにはしゃぐと焼きそばの屋台が見えてくる。ソースのいいにおいがしてきた。

>成歩堂たち


【高坂穂乃果、園田海未/図書館】

〜穂乃果視点〜

穂乃果「市場とか温泉施設にならあったよ!」

海未「そうですね。」


うろ覚えだけど確かあったような気がしました。それを女の子に伝えました。穂乃果はこの辺のことはあんまりわからないけど教えました。


>うまる、希


【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/露天風呂】

次々と起こる出来事に困惑しながらも整理していき落ち着いた…と思ったとたん、なのはがふわりと倒れた。

「なのはっ!!」

フェイトはなのはの元へ駆け寄るとなのはを支える。のぼせたのだろうか、フェイトは不安そうな表情をしていた。


>銀河たち、なのは、パティ、伊澄

1年前 No.301

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【沖田総悟:商店街・神社】


『もうそんな時間…。私はホテルに帰るつもりです』

その言葉を聞きベンチがら起き上がると神社の出入り口の方に向かって歩き出すと

「じゃ俺も戻りやすぜ……しかしなんだ随分とサイレンがうるせーなオイ」

どうもきな臭い一応自分も警官だし何よりこの合宿所には名目上は警備で来て以来無視するわけにはいかなかった

>>黄前久美子、目暮警部、ホテルall

【ホテルの事件に絡ませてもらいますね。真選組はサットのみたいな感じで扱ってください】


【エレン・イェーガー:海】

夕暮れの海に学ランを着た中学生がいた強い意志を秘めた少年だが腰の部分に珍しい機具をつけている
それは壁美化部の備品である立体起動装置だエレンはこの合宿で今以上に立体起動装置を使いこなし巨人を一匹残らずこの世から駆逐する
その為の力を手に入れるつもりでいた。その為にも合わなければならない人物がいた
リヴァイ先輩に匹敵するハリセン使いだあるあの人に会わなければ……

『漣音さん!あれバーベキューや!バーベキューパーティーするかもしれへんよ?』

その声のする方を見るとそこに居た人こそハリセンマスターと噂される愛沢咲夜さんその人であった
どう声をかけたものか……調査団に入った時のこと思い出し

「あっあなたが愛沢咲夜さんですよね?俺は進撃中所属エレン・イェーガー!!巨人の様な異形をこの世から一匹残らず駆逐するために合宿に来ました」

噂に名高い人を見て興奮気味に話しかけた

>>愛沢咲夜、海all

1年前 No.302

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

【黄前久美子/商店街→ホテル】

「何があったんだろう…。」


パトカーのサイレンが鳴り響いてました。周囲はざわついていましたが私と沖田さんはホテルに帰ることになりました。音はホテルに向かって歩いてゆくほどに大きくなります。

「もしかしたらホテルで何かあったとか…。」

思ったことを呟きます。この道の奥に確かホテルがあったはず。怖いと少しだけ思いました。

【了解です!】


>沖田

1年前 No.303

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【沖田総悟:ホテル】

ホテルに近づくにつれて物々しさが激しくなる中で

『何があったんだろう…。』

久美子も事態が普通でない事に気付き始めている様だ
ここは合宿所だし学生同士の喧嘩……とは限らないだろうな
どうも合宿所とは思えない珍妙な奴らをたびたび目撃していただけに
ホテル間近まで来たときに久美子がつぶやいた言葉

『もしかしたらホテルで何かあったとか…』

これを否定する事は出来なかったが、ホテルが現場としてもテロリストやモンスターがいるわけでも無し
先ずは話を聞くのが先かと思った矢先にホテルに見知った刑事がいる事に気付き

「久美子ちゃんちょうど知っている刑事がいる事だし話を聞いてくっからよ部屋に入れるなら部屋で休むといい」

そう言って小走りに目暮警部たちの方に近づくと

「ひょっとして何か事件でも?部署は違いはまぁ置いといて手、かしやそおうかい」

断られたらそれを口実にサボろうと考えながら情報収集と社交辞令的に聞いてみた


>>目暮警部、(コナン、哀、冥、久美子)

1年前 No.304

黄昏症候群 @forte10☆NeDCG1Klls. ★ge8mulTLE2_nn8

【降魔 漣音/海】

他人とのスキンシップになれず、どもって赤面すると…

“?なんや急に……はっは〜ん、もしかして自分、ウチに誘われたのが嬉しかったんやろー?
慣れへんガキんちょにこないな扱いされて、緊張してしもたんとちゃうかぁ?”

と冷やかすように言われ、相手は陽気に笑う。まるで心を読まれたみたいで、気恥ずかしい。

「……わ…私は…人と接する事に慣れていない……。ずっと…避けられていたから…。
だから……こんな風に接されて…どう返して良いのかわからない…。でも…
こんな私に…優しくしてくれて……その…なんて言うんだ…あ、ありがとう…。」

半ば照れくさそうにそう返すと、再び歩き始める。自分が名乗ると、相手も名乗ってくれた。

“ウチは愛沢咲夜や。よろしゅーな、漣音さん。で、ほんまに海で何かやらへんのかなー……って、あれちゃうん?”

「なら、咲夜と呼ばせてもらおう…。改めて、よろしくな……ん?」

咲夜が何か発見したようだ。少し俯き気味だった顔を上げれば、大規模なバーベキューの準備風景が視界に入る。

“漣音さん!あれバーベキューや!バーベキューパーティーするかもしれへんよ?”

「らしいな…。」

なんだかテンションの上がっている咲夜を連れながら、準備場所に歩みを進めた。
すると、腰の部分に珍しい機具をつけている学ランを着た中学生が目の前に現れ、いきなりこう言い出した。

“あっあなたが愛沢咲夜さんですよね?俺は進撃中所属エレン・イェーガー!!
巨人の様な異形をこの世から一匹残らず駆逐するために合宿に来ました”

その言葉に、彼女はあからさまに嫌悪感を露にした。なんだコイツは。
異形全てが、常ならざるもの達全てが人間の敵で殺すべきものだとでも思っているのか?

「……咲夜、お呼びが掛かってみたいだな。私なんかよりも、相手しやすいだろう。
それと、そこの少年。異形全てを殺したいならこの合宿は向いていない。
“異形全て”が、人類全てに仇名すとは限らない。自分の物差しだけで世界を見ないことだ…。」

吐き捨てるように冷たい声で言い放つと、
彼女は咲夜の腕を振り払い、踵を返してもと来た道を辿り始めた。
異形をこの世から一匹残らず駆逐する?じゃあ、超能力を持った人間も、霊能力者も、
人とは違う力を持った“人間”も、“心”を持った人工物も…全て“殺したい”のか?
人を人として見ず、“化け物”と罵って、動物のように…否、虫のように殺すのか?
私はこんな所で死にたくはない。弟のためにも、生きなければならないから。

>愛沢咲夜 エレン・イェーガー(西木野真姫)(シャドーパティ) 海ALL

1年前 No.305

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=8MZ6bEmvBW

【パティ(人間)/露天風呂】
「!?」
私は急に女の子が倒れたことに驚いた。大丈夫かな…

>なのは、all


【USAピョン、未空イナホ/グラウンド】
イナホ「おろ?パトカー?何か事件があったんですかねー?」
と、不思議そうにいうイナホ。
USAピョン「まあ、妖怪がみえる人間にも、中にはいるって聞いたことあるダニが、まさかこんなにいるとは…」
と、少し驚いているUSAピョン
>みれぃ、テツヤ、ユウ


【狩魔冥/ホテル】
「私は狩魔冥。天才検事よ」
彼女は、40年間無敗の検事、狩魔豪の娘なのである。豪は有罪判決のためなら、証拠の捏造などをやるという。彼女はその二代目で、アメリカで13歳の時に検事になったという天才検事なのである。
>目暮警部、all


【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/市場】
真宵「ほんとー」
龍一「あの、すいません、焼きそば一つ。」
僕は、屋台のおじさんにそう言った。
>アミティ

1年前 No.306

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【黒子テツヤ:ホテル】

グラウンドを後にしてホテルに戻って来た黒子だったがホテルの周りにはパトカーが止まっており
南さんもその異様な空気に気付いているしイナホちゃんも

『おろ?パトカー?何か事件があったんですかねー?』

事件なのだろうか?何もないのに警察が来ることなどないだろうし

「どうしたんでしょう?僕達はホテルに入れるのでしょうか?」

一応僕達はこの合宿の招待客なんでけどもしホテルが使用不能にでもなったら野宿?いやネットカフェとか
誠凛のメンバーとしてもスキルアップに来た合宿で体調不良になるわけにはいかない

「僕達ホテルに入れるのでしょうか?」

不安な気持ちから呟いてしまった

>>イナホ達、南さん、西谷さん



【エレン・イェーガー:海】

遂に見つけた伝説のハリセン使い!彼女の教えを受ける事が出来れば俺もリヴァイ先輩の様に巨人を駆逐出来ると
意気込んで愛沢さんに挨拶をしたところエレンが見落としていた同伴者から明らかな嫌悪感を向けられ一瞬困惑している所に

『……咲夜、お呼びが掛かってみたいだな。私なんかよりも、相手しやすいだろう。それと、そこの少年。異形全てを殺したいならこの合宿は向いていない。
“異形全て”が、人類全てに仇名すとは限らない。自分の物差しだけで世界を見ないことだ…。』

何故かあからさまに上から目線でおかしな事を言われ更に困惑を深めるひょっとして巨人がいない地域の人なのか?それともまさかハンジさんと同類なのか?
最近の温暖な気候にあてられたのか?よくわからない人だなと感想はそこまでして何処かに行ってしまった変な人の事など忘れて愛沢さんに教えを乞う事にした

「俺は貴女のハリセンさばきを教わりたくてここに来ました……それとこれをよかったらどうぞ」

ペトラ先輩が合宿に行く際に持たせてくれたお笑いDVDを愛沢さんに頭を深々と下げながら差し出した


>>愛沢咲夜、海all


【黄昏症候群さま:黄昏症候群さまも書かれています通りあくまで「巨人の様な異形」ですし後エレンはエレンでも進撃の巨人では無く進撃!巨人中学なので駆逐はそこまで重くはありませんでの】

1年前 No.307

スピリチュアルな先輩・方士・小説家 @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【青山ブルーマウンテン/バス内】
「走っただけ…ですか?」

きょとんとした表情をしながら、ゆっくりと背中から降りる。身体に異常は無いが、強いて言うなら理解が追い付かないぐらいか。これが何か分かったら小説に使えるかもしれないかと思ったが…これは置いておこう。
バスの扉は閉まったが、二人がどこかの席に座らないと発車できないようだ。

「――――あっ、あの席が空いてますね。」

キョロキョロと辺りを見渡し、後方の一角に二人掛けの座席が空いている。
空席に座ると、バスはキャンプ場に向け出発した。

>>神楽坂倫花・(レト・ルババ)・ALL


【東條希/図書館】
「海未ちゃん、山登りはまた今度な…」

――――――――
「―――どんなものが買いたいかによるけど、穂乃果ちゃんが言った市場か温泉施設か土産屋…あと、デパートもあるみたいやね。」

この近辺であれば大きな商店街があるが、売られているのは専ら日用品や衣服といったもの。食べ物なら市場か土産屋、温泉施設。後はそれなりの広さを持つデパートもあるらしい。

「それなら、ウチも一緒に行こうかな。穂乃果ちゃんと海未ちゃんはどうするん?」

相手は案内をしてほしいという。地図で大体の場所は分かったし、案内がてら見て回るのも悪くない。一緒に行くかどうか穂乃果と海未に問う。
>>高坂穂乃果・園田海未・土間埋・ALL


【左慈/路地裏】
「左様か。――――だが、その「魔女」とはなんなのか、見させてもらっても構わないかね?」

口振りからして、彼女は妖…否、魔女なるものと戦っている。だが、人の子…それも老仙にしてみれば年端も行かぬ幼子を放って行くわけにもゆかない。
せめて見せてもらえるかどうかを聞いた。
>>美樹さやか・ALL

1年前 No.308

地雷屋 @even ★Android=32ofqAtABJ

【平和島静雄/商店街】

蹴り飛ばした自動車を避けた。それだけで目の前の奴に対する苛つきが増して…どうしようもなく腹が立つ気持ちを抑えられない。

「ノミ蟲をぶち殺すのに、いちいち人目を気にする必要はねぇから安心しな…だから」

テメェはとっととくたばれや臨也。

再度遮られ、最後まで言えることのなかった台詞。だが、一度目と違うのは―――

「あぁ?……ッ!?」

その台詞を遮ったのは憎きノミ蟲と、背後から襲いかかる電磁砲と言ったところか。

前者にいたっては話を聞く気すらなかったが、同時に感じた背後からの殺気に。久しく…滅多にない悪寒が静雄を支配する。
体は無意識に行動を起こし、先程まで居た場から右方に無駄のない動きで飛び退く。

するとどうだろうか。その直後に静雄がつい先ほどまで佇んていた場に“電撃の砲弾”が通り過ぎるではありませんか。

直撃は避けたものの、左肩を掠ってしまう事で一瞬だけ痺れる。そう、“痺れるだけの”身体。思うように動くことができずにいる隙に。

「テメェ…臨也ァァァ!!」

ノミ蟲に逃げられる始末。
すぐ様自由になった身体で、追いかけようとするも。
既に点となり、困難となった現状に対し―――

「…あぁぁクソッ!次に会ったら殺す。寧ろ会いに行ってでも殺す、ぜってぇ殺す…!」

…意外にも怒り狂ったりせず、苛つきを表すように一度だけ地団駄を踏むのみだった。

……その踏み鳴らした先にあった地面が凹み、静雄を中心に数メートルクレーターが出来上がったのは言うまでもないが。

【了解です、確かにそちらの方が二人の絡みらしいと思いますしねー。】>>雷帝様


≫望月様、ゲダツ様、折原臨也様、美琴様、南成佳鉈様、大空あかり様、響様、商店街ALL

1年前 No.309

欠けた茶碗 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_uyQ

【セルゲイ・オフロススキー/ホテル(客室)→移動開始】【明らかに怪しまれる行動を最良と判断する謎のロシア人。】

――生活感というモノが病的に欠けた客室、恐らく空き部屋であると何も知らない誰かが聞いても疑う事すらしないだろう窓際の椅子に座り、静かに瞑想をするが如くその双眸を瞑り続ける白髪で強面の偉丈夫、最初から(居なかった)とでも思える様なその“存在感”の希薄さ――それもその筈だろう、男は“生きている”とは必ずしも言えない様な(存在)なのだから。

(映る)視界、――それは微細な電気信号と、既に用を為さなくなった視神経の補助・機能拡張を行う分子機械(ナノマシン)による物…その中に不自然な幾何学模様と注視を促す表示系が立ち上がる。自己診断プログラムの奔る羅列・羅列・羅列、数値やキリルや英語交じりのそれらが流れていき彼は(目覚め)た。

「…………………………」

(行動)、(運用者)側からの(指示)――これは(テスト)だ。数十年前、あの乾いた砂の渓谷で途切れ――再び蘇る(意識)、当の昔に死に絶えて、“在る”事その物が先ず摂理に反しているとも言える彼の(意識)、システム的な実行の強制力と抗議するともしないともどちらとも取れない複雑なソレが混ざり合い今に至る。

(上)は――そもそも想定された(状況外)の環境下に於ける屍兵(ユニソル)の運用試験を(この島)で行う事を決定した、死屍累々のBC兵器が撒き散らされフォールアウト(放射性降下物)が降り積もる戦略・戦術核使用下(つまり核戦争)の最前線に於ける正面戦闘及び各種特殊作戦を遂行し、数の上で優勢な敵勢力を相手に少数、もしくは単独で死を量産し続ける歩兵単位の戦争機械(ウォーマシン)として作られた正真正銘の(兵器)だ。――しかし想定された黙示録めいた最終戦争は起きる事無く冷戦は終結、そうして過去の遺物たる彼らには、前線も後方も無く終わりも見えない泥沼染みた対テロ(非対称戦争)という新たな戦場が与えられた。


――人としての情緒や仕草を可能な限り不自然なく行える最新型(第四世代)型ユニソル(屍兵)――本格的な衆人環境下に於ける作戦行動を想定したある二つの大国の軍部による極秘裏の(運用試験)

見た感じはジーパンにブーツ、薄茶色のシャツに機能的な砂色のベストを着た体格のいい短髪の白髪頭なスラヴ系白人の外国人観光客、といったとこだろうか?しかしその無機質な表情に乏しい厳つい顔――しかも(眼)は笑っていない。

―警邏車両と警察関係者の動き、最終更新された周辺の情報を把握した彼は現状ホテルに留まるのは宜しくないと判断、正面から普通に下りて行っては要らぬ注目を浴びる可能性がある。とすれば目立たない様に速やかにこの場から離れるべきかもしれない。一応の(身分)として(フリーのカメラマン)の肩書きを持っている為、携行品とカメラ一式を持ち…そうして何を思ったのか、ベランダへと躊躇無く向かい。そのまま(飛び降りた)

―急速に迫る地面、結構な高さだったのだが…そのまま路面の一角に、なるべく音を立てない様に着地(しかしブーツが地面に減り込んでいる)。窃盗事件でやって来ていた警察要員が居る正面側では無く、ホテルの側面…通りからやや離れた位置。周囲を機械的に伺いつつそっとその場を後にしようとする。

目撃者が居たとすれば、恐らく(空から急に男が降って来て、着地した)とかそんな話が出て来るに違い無い。


≫ホテルALL


【望月、ゲダツ/商店街】

望月「まぁそれが無難だよねぇ――(心※しっかしあの中から誰に話し掛けるか…)」

響もまた状況把握を優先すべきと言う、付近の誰かに話を訊ければ僥倖だが――頷きながらも肩掛け鞄にそっと手を入れる望月、旅行先とは言え猛獣が出るとか何とやらで理由を付けて睦月型の武闘派連中(大体察しは付くだろうが…)がこっそり持ち込んで来ていた12cm単装砲――南部式拳銃にも似たソレの銃把を握りつつ、一応非艤装の響とゲダツの分も含めて自衛の用意をしておく。(そもそも“技術妖精さん”の恩恵で拳銃サイズになってはいるが威力は元々のサイズのソレと変わらない上、艦砲を街中でぶっ放すのは過剰防衛になるかもしれない…)

と、――この妙な因縁の吹っ掛け合いが起きる前から居たらしい白衣姿の女性が、事態を見兼ねたのか何やら手元の道具を操作し…独特な合成音声と共に虚空から果実をモチーフにした様な鎧…というよりは着装式の装甲が現れ、掛け声に合わせて瞬く間に変身してみせた。

ゲダツ「おお!、何も無いところから鎧が!」

望月「…へぇ〜お姉さんひょっとして変身ヒーローってヤツ?、あぃあぃ言われなくとも確かにその方が良さそうだ。」

取り合えず巻き込まれると危ないという事は確かで、変身した彼女(南成佳鉈もとい仮面ライダーフォーゲルCEA)が避難誘導を買って出たと言った処だろう。話していた他の少女達はタイミングよく別の店に移動したらしく姿は見えない。――見たまんま驚愕して白目を剥いている大男(ゲダツ)は元より、割かし落ち着いた様子で望月はそう聞きつつゲダツを引っ張り、響に(取り合えず離れよう)と目配せして付近の店内へと移動しようとするが…どうやら其処までする必要も無かったらしい。

余程バーテンみたいな格好をした怪力な彼(平和島静雄)に恨みでも買っていたのか、自動車がふっ飛んだり物騒な会話を二、三交わした後にもう一方(折原臨也)は、何処かに素早く退いて行った。(彼らの物言いからこういう事は日常茶飯事らしいが…)

その一方で、商店街のもう一角からはどういう原理なのかは不明ながら女子生徒(御坂美琴)が放った何やら電磁波を纏った硬貨が飛来して来て、やたらと怒り心頭な彼(平和島静雄)を掠めて行ったが、怪力に見合う頑強な身体をしているらしく多少痺れているだけで済んだらしい。それどころか地団駄を踏んでアスファルトに踏み砕いた足跡を残している始末である。

――一先ず騒ぎ事態は済みそうかな?と身構えを解きながら…


望月「――嵐が過ぎ去ったみたいだねぇ?、あたしは望月、取り合えず…お姉さんは何者?」


ゲダツ「興味深いカラクリ仕掛け…ふむ、モチヅキ、ヒビキよ。やはり来て正解だったな。珍しいモノが見られた。」


≫南成佳鉈、響、平和島静雄、御坂美琴、商店街ALL


【レト・ルババ/ビーチ→移動中(バス内)】


「――速い!!」

(目)で見る以上に、(音)と(波)で“視”ていた盲目の少女――人を一人背負って、尚且つ陸上選手も真っ青な(普通に走って)は到底出せない驚異的な速度で、相応に距離のあるこのバス停まで文字通り(ひとっとび)で間に合わせて見せた彼女(神楽坂倫花)、背負われていた女の子(青山ブルーマウンテン)も何が起きたのかさっぱりというキョトンとした表情をしている。

――やっぱり、来てヨカッタ…(外)は色んなモノやヒトが居るんだなァ…

不可思議な事もまた、刺激の一つだ。ややバスの発車にラグが起きたが――其々色々な視線で二人を見る目が集中している中で、座席に付く彼女達に極々普通に賞賛する様に、異国の(魔法少女)はパチパチとささやかな拍手を送る。

それでやっぱり此方にも視線が行くのも気にせず。

「Sifa njema(サフィ・ンジェマ)、スゴイ、貴女とても走るの速い。」

少々興奮したのかスワヒリ語で賞賛しながらも――更に興味を覚えたのかそんな声を掛けた。


≫青山ブルーマウンテン、神楽坂倫花、ALL

1年前 No.310

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

【黄前久美子、江戸川コナン/ホテル】


久美子「じゃあお先に失礼します。ありがとうございます。」

ペコリと頭を下げると私は自室へと戻ります。

目暮警部『キミは沖田君じゃないか!キミも合宿に来てたのか。』


驚いた様子で沖田を見つめる。そして何があったのかを告げる。

目暮警部『窃盗じゃよ。』

冷静な様子で告げると相手は狩魔冥と言うらしい。

目暮警部『狩魔さんか。協力感謝します。』

>沖田、哀、冥

【南みれぃ/体育館】

「何があったぷり…。」


不安そうに何があったのかと首を傾げる。そして妖怪が見えることに関してみれぃもビックリしてる。

「みれぃもビックリぷり。」


>イナホたち、黒子、西ノ谷

【高坂穂乃果、園田海未/図書館】

〜穂乃果視点〜

海未「…残念です。」

しゅんとしている様子の海未ちゃん。そして希ちゃんは一緒に行くと言ってたけど海で真姫ちゃんが待ってるしどうしよう。

穂乃果「穂乃果も行くよ!そのあと海未ちゃんと海行くんだ。真姫ちゃんがバーベキューの準備してるみたいなんだ。希ちゃんも来る?」

希ちゃんも誘ってみます。何処に行くかはわからないけれど。

>希、うまる


【美樹さやか/路地裏】

「えーっと、誰にも話さないって約束してくれるならっ!!」


あたしは約束してくれるなら見せてもいいと言います。ばれたらQBに叱られると思う。悪魔で"内緒"でやってるのだから。

>左慈

【アミティ/市場】

「焼きそば!焼きそば!」

『はいよ!400円になります』

「ナルホドさんお願いします!!」

成歩堂に百円渡すとお願いしますと告げる。アミティはわくわくしていた。


>成歩堂たち

1年前 No.311

暁型二番艦・龍驤型一番艦・方士 @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【響/商店街】
標識をいとも簡単に持ち上げてまるで棒や槍のように投げ、それを簡単に避けてみせる男たちの殺し合い。あのギャグ染みた強さは最早自分たちと日々争っている深海棲艦など容易く撃破してしまいそうだ。
―――効くかはともかく、自衛の策を用意せねばなるまい。同じく隠し持っていた10cm単装砲を装備する。―――と、白衣姿の女性がこの状況を見て手元の道具を操作。すると何処からともなく鎧が表れ、身に纏った。

テレビでよく見る、所謂変身ヒーローというやつだ。彼女はあの巴の戦いに参戦するべくではなく、周辺の人間の避難誘導役といったところだろうか。確かに、あの戦いに巻き込まれて中破や大破なんかになるのも考えもの。

―――――そんな中、あの戦いに乱入者が現れた。見た目から何処かの学校の生徒であることは想像できる。
彼女は何か硬貨を弾いたと思えば、その硬貨は電撃を纏い恐ろしい威力で道路に着弾。大爆発を起こす。あんなものを食らえば大破、最悪……しかねない。剛力の男も僅かに掠るが痺れただけで大したダメージは与えていないようだ。
一側触発の三つ巴戦が始まるかと思われたが、直後に黒髪の男が逃走。三つ巴の戦いは回避されたが金髪の男は地団太を踏み、地面には一つの穴が開いた。

――――
「何とか巻き込まれずに済んだね。それと礼を言うよ。Спасибо большое(どうもありがとう)」

巻き込まれずに済んだのは彼女のおかげ。お礼を言う。
それはさて置き、まるでテレビで見る変身ヒーローのようだったが、一体何者だろうか。

>>南成佳鉈・望月・ゲダツ・平和島静雄・御坂美琴・ALL


【龍驤/海】
時刻はイチハチマルマル(午後六時)。陽は落ち、夜空には星が輝き始めている。彼女はそんな夜空を見ていた。

「それにしても、綺麗な海やなぁ。毎日鎮守府で見る海とは違って見えるわ。」

一見すると関西弁を喋る少女だが、彼女もまた、海で日々異形の艦隊たちと戦い続ける艦娘の一人。今日から暫くの間休暇としてこの島にやって来ている。
さて、時間もいい頃合い。そろそろ食事に向かおうとした際、何やら食事の準備をしている一団を見つけた。

「あれは、バーベキューの準備やろうか?…少し覗いてみようかな。」

よく見るとバーベキューの準備をしているようだ。少しだけ覗きに向かってみよう。
>>西木野真姫・シャドーパティ・(愛沢咲夜・エレン・イェーガー・降魔漣音)・ALL


【左慈/路地裏】
少女は条件として口外無用を提示した。なるほどその程度であれば守ろう。

「よかろう。では、件の魔女は何処にいるのかね?」

件の魔女というものは視認できない。だが、この近辺に強い邪気を感じる。見つけ方は彼女に一任すると使しよう。
>>美樹さやか・ALL

1年前 No.312

白い悪魔 @kuromomo☆Ibq7BGr7nio ★iPhone=j1fgHOXeFb

【図書館/うまる】

女の子達は快く受け入れてくれた。これで、うまるが迷子になる事はなくなったね。

「ありがとうございます。あ、私は土間埋です」

暫く一緒に行動する為、名前を名乗っておく。もちろん笑顔も忘れずに。
それで候補は市場、温泉施設、お土産屋、デパートかぁ……

(市場なら食べ物ありそうだし、温泉施設はお土産ついでに温泉に入れそうだし、でもお土産買いに来たんだからやっぱり専門店のお土産屋かな)

うまるの方針がお土産屋に傾けてた時、ふとカレンダーが目に入る。

(今日って新作ゲームの発売日じゃん!)

合宿に夢中ですっかり忘れてた。あれ初回限定版にはオマケが着くから、早めに買わないと売り切れちゃうよ。

「それじゃあ、デパートに案内してもらえませんか?」

あの中でゲームを売ってるのはデパートだけ。デパートならなんでも売ってるからついでにお土産も買えて一石二鳥だからね。ぬふふ、うまる頭いい!

>穂乃果、希

【露天風呂/なのは】

倒れていった背中は途中で柔らかい衝撃によって止められました。どうやら夜空くんに支えられているみたいです。

「にゃはは、大丈夫だよ。ちょっと逆上せただけだから……」

必死な表情を見せる呼び掛ける夜空くんとフェイトちゃんに力なく笑みを浮かべて答えます。
折角の合宿なのに迷惑かけてごめんね。

>フェイトちゃん、夜空くん、パティ、伊澄

1年前 No.313

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河「」翔介『』/露天風呂】

逆上せ、か。
…だがそれは本当に逆上せ、なのだろうか。

逆上せもあるだろうが、それ以外にも。
…喫茶店でのトラッシュの事。今やってきた翔介の事などの次々の展開で考えが追いつかなくなって、こうなったのではないのだろうかと思ってしまう。

…だが、本人は逆上せた、と言っているのだから。
まずはその逆上せの対処をしなければならない。

「なのは。…ベンチがあるから、一回上がってそこに座って休むといい。
それから…頭と顔、足を冷たい水で濡らしたタオルで冷ますのが逆上せには効果的だ。
…いきなり冷水で全身を冷やすのは体に良くないからな。」


露天風呂に、ベンチを見つけたので。
なのはに、そこで座って休むことを進めた。


「…フェイト。…悪いが、タオルを濡らして持ってきてくれないか?」

それから、フェイトに。
濡らしたタオルを一枚、持ってくるように頼んだ。


「…それから。…あんた。…翔介を「マイエンジェル」とかいってたあんた。…あんたにも、あとで手伝ってもらうかもしれん」


後で手伝ってもらうかもしれない。
それだけを、翔介にナンパしていた少女に告げ、再び銀河の顔は力なく笑みを浮かべるなのはの方に向いた。

と。
そんな時。

翔介が逆ナンパをしてきた少女(パティ)から離れて、なのはの方に向かってその顔を覗き込むと。


『…えっと、なのはさん、でしたっけ?…逆上せちゃうことで体内の水分がかなり出ちゃったと思うんで…
あがったら熱で失われやすいビタミンCを含んだ飲料水や、スポーツ飲料を飲むことをお勧めしますよ。』

と、告げるのだった。


>なのは、フェイト、パティ、(伊澄)、ALL

1年前 No.314

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【沖田総悟:ホテル】

ホテルに着いて久美子は自室に戻っていったところを見ると、どうやらホテル自体の出入りはある程度自由らしい

『キミは沖田君じゃないか!キミも合宿に来てたのか。』

そう目暮警部に声をかけられてまぁ一応と招待状を見せて言うと
そうしている内に事件が窃盗事件と分かりしかもすでに検事が乗り込んでいる様だ

「物取りのですか……そういやこの合宿には妙な連中が来てやすから何でも幽体離脱して壁をする抜けて抜けるそうですぜ」

などなど警部や総悟自身の常識から外れた存在がこの合宿所に滞在している事を居合わせた狩魔検事にも話して聞かせた


>>冥、目暮警部、

1年前 No.315

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=WW1tIrtlBt

【USAピョン、未空イナホ/グラウンド】
USAピョン「不安ダニ…」
イナホ「今夜は野宿かな〜」
と、不安そうに呟く2人。

>みれぃ、テツヤ、夕


【狩魔冥/ホテル】
「沖田総悟、だったかしら?あなたは幽霊が窃盗犯だとも言いたいわけ?」
と、少々バカにしたような感じで彼に言った。
>総悟、all


【パティ(人間)/露天風呂】
パティ「え?あたしですか?」
あたしはキョトンとした感じで言った。
>all


【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/市場】
真宵「ナルホドくん!早く早く!」
春美「だめですよもたもたしては」
龍一「はいはい、はい、400円」
僕はアミティちゃんから100円を受け取り、400円を焼きそば屋さんに渡した。真宵ちゃん達はワクワクしていた。
>アミティ

1年前 No.316

御坂美琴 @electrol5 ★iPhone=DgCF3wYpRg

【御坂美琴/商店街】
「アンタ、その臨也ってやつと何かあったわけ?側からみるとただの弱いものいじめとをしてるようにしか見えなかったつか、殺す必要あるわけ?ないでしょ?」
臨也に逃げて欲しくて、隙を作ったわけだがそれが彼、平和島静雄の怒りをヒートアップさせてしまった様ですごい殺気をはなつ彼にいい加減眼を覚ましなさいよと言う意味で相手の胸ぐらつかみ顔面グーパンチをお見舞いして
→平和島
「何者って私は、御坂美琴。望月ちゃんだっけ?よろしくたのむわよ」
なをいえば、ほぼ100パーの確立で有名人となってしまうが、 そこを気にしてたらやってけなくなると思い名を言った後相手の名が名字の様で違和感はあったが気にせず
→望月、商店街all

1年前 No.317

不揃いの果実 @tatumi88☆ChU7Z6/SpEs ★DOCOMO=0VZiHrRZuv

【仮面ライダーフォーゲルCEA→南成佳鉈/商店街】


フォーゲルCEA→佳鉈「やれやれ、何とか収まった、か……」
先ほど話していた青年(臨也)はこの場から逃走。金髪の青年(静雄)は乱入者の閃光を喰らうが、立ち上がり悔しがっている。とりあえず、人命が失われる事なく被害は最小限。まぁまぁ、上出来か……と、佳鉈は考えているようだった。ゲネシスドライバーからクランベリーエナジーロックシードを取り外す。"ロックオフ"の音声と共に変身を解除する。それにしても、ライダーシステムも使わず、かといって改造人間でもないあの金髪の青年、それにあの閃光を放った乱入者は一体何者だろうか?気になるところだが、今はそれよりも―――………


佳鉈「キミ達をあのような小競り合いに巻き込んでしまって申し訳ない……。さしあたっては御詫びに何かご馳走するが、どうだろうか?」
とりあえず、巻き込まれてしまった少女達(望月&ゲダツ、響)の方へと歩みより、頭を下げて謝罪を述べると、巻き込まれてしまった御詫びに何かご馳走するが如何だろうかと声をかけたのだった。


>>ゲダツ達、響、商店街ALL、(静雄、御坂、あかり、ヒナギク、リボン達)

1年前 No.318

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★S0xWjDBvkX_Ony

【高坂穂乃果、園田海未/図書館→デパート】

〜穂乃果視点〜

海未「分かりました。デパートですね!」

穂乃果「デパートかぁ。久しぶりだなー。」


女の子はデパートに行きたいと提案してくれました。穂乃果たちはデパートへ向かいます。子供の頃良く行ったけど久しぶりだなぁと思いました。女の子の名前はうまるちゃん。穂乃果たちも名乗ります。

穂乃果「私は音ノ木坂学院二年、μ'sのリーダー、高坂穂乃果です!!」

海未「同じくμ'sの園田海未です。」


>うまる、希

【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/露天風呂】

「分かった。あと着替え持ってくる。」

そのままの格好は後で余計に悪いだろうと思いなのはの着替えも持ってくると銀河に伝える。タオルを借りて水で濡らして持ってくる。

「お待たせ。」


>銀河、なのは

【江戸川コナン/ホテル】

目暮警部『そうじゃの…。幽霊など科学的根拠でもあるのか?』


うーむと言いながら腕を組んでは首を傾げる警部。この合宿には能力者とか様々な人たちがいるからなと言う。

>沖田、冥

【アミティ/市場】

「焼きそばだー!早く食べよっ!」

お箸を4つ受けとると三人に渡して一つは自分が持つ。食べよ食べよと嬉しそうに言う。

>成穂堂たち


【南みれぃ/体育館】

「ホテルあるぷりよ?」

野宿と聞いてホテルを勧める。みれぃはホテルに泊まるつもりだ。

>イナホたち、黒子、西ノ谷

1年前 No.319

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【沖田総悟:ホテル】

総悟はこの合宿に参加しているのは、まっとうな人間ばかりでは無い事の一例を挙げただけだが

『沖田総悟、だったかしら?あなたは幽霊が窃盗犯だとも言いたいわけ?』

と御立腹の様だが、その手に持つ鞭を凝視してこの姉さん本当に検事かと思っていると
目暮警部もまた同じように

『そうじゃの…。幽霊など科学的根拠でもあるのか?』

なぁ正直自分もここに着いたばかりの時は同じ気持ちだったし分からないでもないと

「まぁそう疑問に思うのも当然んでさァ〜可能性の一つとして覚えて方がいいですぜィ」

そして目暮警部から狩魔検事に視線をうつし

「ところでいい鞭をお持ちで、どうです?いつも打つばかりでは無いくたまには打たれててみては?」

そう声をかけてみた


>>冥、目暮警部(コナン、哀)

1年前 No.320

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【黒子テツヤ:ホテル】


僕の言ったホテルに入れるのでしょうか?と言う言葉にUSAピョン達も

『不安ダニ…』

『今夜は野宿かな〜』

と声を上げている所に南さんがツッコミを入れる

『ホテルあるぷりよ?』


そこに黒子もと言うか説明を入れる

「いえ南さん最悪ホテルへの出入りが規制されるかも……そう心配していたんですよですが、さっき楽器を持った女子が入っていきましたし」

そう言って自分達より少し前にホテル入っていった北宇治高校の制服の女子を指さしてホテルの出入りは規制がされていなさそうな事を示した
しかしUSAピョン達が妖怪とばれると、警察の目を引いてしまいそうな気がした無論の事僕達と一緒にグラウンドを走っていたしアリバイは完璧だが

「USAピョン一応その……しばらく自分が妖怪だと言わない方が良さそうですもし「この犯行は人間には不可能だ」なってた疑われてしまいます」

何らかのトリックで不可能犯罪が行われていたら飛べたり消えたりできる者に疑いがかかるのではないか……そう考えると影の薄く存在感の希薄な自分も
また疑われないようにしないと南さん達に迷惑がかかってしまうな



>>イナホ達、南さん、西谷さん

1年前 No.321

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【モッフル:甘木ブリリアントパーク】


「なに!それは本当フモか?」

いすずに、付いてエドワード達と一緒に園内を回っていたモッフルは体のどこから出したか分からないが
携帯を取り出し誰かから連絡を受けていた。
どうやら海でバーベキューをやるらしいという事とそこにμsが絡んでいてる事から人が集まりそうで
そこで売り込めば明日の来園者増大に繋がる期待も出来るも逆にホテルで事件があったと
正によくあるいい話と悪い話と言う奴だ

「いすず海でイベントがあるフモ……あとホテルで何か事件があったみたいフモよ」

ホテルの方で騒ぎがあった事を伝えた


>>いすず、エドワード

1年前 No.322

RAY @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【エドワード・ケンウェイ/甘城ブリリアントパーク】
アトラクションは大抵見て回った。…だが、今日はもう酒を浴びるように呑んで休みたい気分だ。
そんな時、モッフルが何やら独り言を言っている。いよいよおかしくなったか…いや、よく見ると片手サイズの道具―――ここに来てからよく見た道具に向けて誰かと会話しているようだ。どうやらビーチでイベントがあるらしい。ミュー…なんとかという連中主催らしい。それと、ホテル…あの総督住居のような場所で何やら事件が起こったようだ。

だが、事件という事は警察がいるという事。悪いがこんな訳の場所に流れてきた挙句面倒事に巻き込まれるのは御免被りたいし、ビーチのイベントを主催する連中の素性も知らない。だから信用できない。

「――――――悪いが俺はいい。酒場に行かせてもらう。」

そんなことより今はラム酒を呑みたい。ついでに、ここが何処で俺は未来にでもやって来たのか。それを知らねば。

>>千斗いすず・モッフル・ALL


【響/商店街】
女性はお詫びとしてご馳走をしてくれるという。あれを見ていたので忘れかけていたが、商店街には食事にやって来たのだった。

「食事…それなら食べ放題のチケットが丁度四人分あるよ。」

蜘蛛頭の大男がホテルで受け取った食べ放題のチケット…彼は四人分貰った。元々この三人で食事を摂る予定だったので特に問題も無かった。夕食に関してはこのチケットを使えば大丈夫だろう。それよりも

「…それにしてもこの状況、確実に警察を呼ばれてるね。」

さて、この現場。随分と荒れてしまっている。人だかりが出来、目撃者も大勢いる…が、変わらず何処かの学校の女子生徒は金髪の男に食って掛かっている。

「――――――……ひとまず、落ち着こう。皆が見ているよ。」

この視線だが、彼女は頭に血が上っているのだろうか周りの事が視界に入っていないように思う。少女に対し周りの野次馬たちが見ていると呼びかけ落ち着かせようとする。
>>南成佳鉈・望月・ゲダツ・平和島静雄・御坂美琴・ALL


【東條希/図書館→デパート】
彼女の提案により行き先はデパートに決まった。だが、何故だろう。お土産以外に何か別の目的でここに行くと言っていそうな気がする。あくまで「カン」だが。

「それじゃあ、行こっか。うまるちゃん。」
「ウチは東條希。そこの二人…穂乃果ちゃんと海未ちゃんとはアイドルをやってるんよ。」

――――デパート
穂乃果と海未が言う通り、東京は秋葉原の近くにある音ノ木坂周辺にはデパートというものはないく、それでいてμ'sとしての活動があったので滅多に来ることが無かった。

「ところで海未ちゃん、穂乃果ちゃん。せっかく真姫ちゃんと約束してるのに付いてきてよかったん?」

自分たちと共に付いてきた穂乃果と海未。二人は同じくμ'sのメンバーである真姫によるバーベキューに呼ばれているようだ。それに、もう陽が落ちている時間帯ということもあり付いてきてもよかったのかと質問する。
>>高坂穂乃果・園田海未・土間埋・ALL

1年前 No.323

白い悪魔☆Ibq7BGr7nio ★bQQ5m4SDsy_Iu1

【露天風呂/なのは】

「うん、そうさせてもらうね。にゃはは、ありがとう彩道くん」

夜空くんに言われたので、近くのベンチに移動します。アドバイスしてくれた彩道くんにお礼を言うのも忘れずに。
折角の温泉なのに、なんだかわたしのせいでみんなに迷惑かけて申し訳ないです。少し休んだら早めに上がろうかな。

「あ、わたしは大丈夫だからみんなで温泉を楽しんでいいからね」

特にフェイトちゃんは友達作りの為に合宿に来たので今が絶好のチャンスです。
頭がまだクラクラするけど、心配かけたくないので笑顔でそう伝えました。

>フェイトちゃん、夜空くん達、パティ、all


【デパート/うまる】

「はい、宜しくお願いします。穂乃果さん、海未さん、希さん」

自己紹介してくれた三人に笑顔で返す。名前が分かったからこれで呼ぶ時困らなくなったね。
でも、アイドルかぁ。確かに三人とも綺麗だしアイドルと言われても不思議じゃないかも。

(アイドル名はμ'sかぁ……ミューズ!?)

「あの、μ'sってあのスクールアイドルのμ'sですか?」

思い出した。うまるがいつも見てる動画サイトにアップされているアイドルだよ。
どうしよう、サイン貰おっかなぁ。でも、今のうまるだとそんなキャラじゃないし。

そんなことを考えている内に気がつけばデパートに着いていた。
サインよりもまずはゲームだね。さて、どうやって誘導しようか。

>穂乃果達、希

1年前 No.324

地雷屋 @even ★Android=32ofqAtABJ

【平和島静雄/商店街】

まさか休暇を目的として訪れたこの地で“折原臨也”に会うとは流石の静雄も思わなかったのだろう。

そのせいなのか、いつもならクールダウンしてもおかしくない筈だというのに…静雄の怒りは治まることなく臨也が去った先を睨みつけていた。

……が。

「…あ?…なんだお前。」

目的の人物が消えた事でようやく気づいた。
背後から誰かを叱咤するような声が聞こえた事に。
振り返れば、その叱咤は己に対するものだと知った事で…僅かに怒りの形相に混じり、いきなり声をかけてくる彼女に対して不思議な感情が芽生えた。

「…嬢ちゃん。悪いがアンタにゃ関係のねぇ話…っ…?」

こんな登場の仕方となってしまった静雄だが。
学生や子供に対しては面倒見の良い男として評価されている。
少し屈むことで彼女に目線を合わせ、出来るだけ穏やかに話そうとしたのだが。

途中で…胸ぐらを掴まれ、顔面を殴られるとは誰が思おうか。
痛みは感じなかったものの…突然の事で困惑、驚き…。ポカンと口を開け、流石の静雄も呆けたように暫しの間固まっていた。

だが、怒りは湧いてこなかった。というか…怒るに怒れなかった。何故なら――――

「…あー…。こりゃあ…流石にやり過ぎたか。」

ヒビ割れ。
地面へ突き刺さる標識。
ど真ん中でひっくり返っている自動車。
クレーターだらけの周囲。

辺りを見渡して納得した。
見る限り怪我人はいないようだが、辺りの人達に迷惑をかけていたのは明らか。

あのノミ蟲のせいとは言え、この現状を作ったのは誰でもない自分。気まずそうに頭を掻きながら…どうしたもんだ、と考えていると。

一つのグループから聞こえてくる“食事、お詫び”という単語に…それだ!と…意見を出した一人の女性に対する評価が上がったのはまた別の話。

さて、そうと決まれば行動あるのみだ。

「…待った。どうやらアンタ等に迷惑をかけたのは俺のようだし…ここは俺に奢らせてくれねぇか?」

勿論、好きなもんを好きなだけ何でも頼んでいい。

そう付け足し、ゆっくり彼等/彼女等の元へ歩み寄る彼の表情は、物静かな静雄へと戻っていた。

「…おい、嬢ちゃんも一緒にどうだ?昼飯がまだなら、俺が奢ってやるぞ。」

その提案には…当然彼女、“御坂美琴” も含まれており…目線を彼女に変えながら、一緒にどうだと誘ってみる事にした。

>>望月様、ゲダツ様、佳鉈様、響様、御坂様

>>(大空あかり様、ヒナギク様、リボン様)商店街ALL

1年前 No.325

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河「」翔介『』トラッシュ<<>>/露天風呂】


ー え?あたしですか −

翔介をナンパしていた人物の名前が分からなかったので。
「翔介を「マイエンジェル」と言ったやつ」と言うことで。その女は自分が指名されているのか?と声を上げたのだった。

「…むしろあんた以外に誰がいる。…翔介のような奴にナンパするのなんてお前くらいだろう。」

『…銀河隊長…それってなんか僕、複雑な気分に…』

それに対して、銀河は「翔介をナンパする奴なんてお前くらいだ」と言ったことに。
翔介は複雑な表情を浮かべた。

…と。
そんな時。

ー お待たせ。 −

「…ん。ありがとう。…それからフェイト。…着替えは持ってこなくていい。
…ここで着替えさせるわけにもいかんだろう。」

フェイトは、着替えを持ってくるといったが。
…とりあえず、タオルだけを持ってきたので、まずはタオルを持ってきたことに礼を言い、「着替えは持ってこなくていい」と告げたのだ。

…これは持ってこない方がかえっていいだろう。


ー うん、そうさせてもらうね。にゃはは、ありがとう彩道くん −

…とりあえず、自分の提案。
それから翔介の意見は聞き入れられたみたいで。

なのはは近くのベンチに移動して、休むことにしたみたいだ。

『…できれば、苗字じゃなくて…名前の方で呼んでほしいんですが…」


近くのベンチに座ったなのはの頭に、フェイトからもらった、冷たい水で濡らしてあるタオルをそっと、当てて。
…翔介の、なのはに対する、できればの願いは放っておいて。


「…トラッシュ。」


パートナーであるトラッシュの名前を呼べば。


<<はいはーい。>>

と。
銀河の隣に、まるで最初からいたかのように。トラッシュが現れたのだ。
…ただ、その姿は喫茶店の時のおぞましいものと比べると…機械的ではあるのだが頭身がかなり下げられたデフォルメキャラのような姿になっていた。


ー あ、わたしは大丈夫だからみんなで温泉を楽しんでいいからね −


「……そうさせてもらう。…ただ、なのは。…もし、なにか気持ち悪い、とかあったらすぐにトラッシュに言ってくれ。
……本当はなのは。…まだ頭がくらくらしてるんじゃないか?…基本的に逆上せは正しいやり方で体を冷やしたなら時間が経てば治るが、治る様子がない場合はほかに原因があるかもしれないからな。……まぁとにかく体を休めてくれ。」


それだけ告げて。
銀河は、お湯に再度浸かるのだった。


>パティ、フェイト、なのは、露天風呂ALL

1年前 No.326

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=HSN6G5NOtG

【狩魔冥/ホテル】
『まぁそう疑問に思うのも当然んでさァ〜可能性の一つとして覚えて方がいいですぜィ』
「可能性の一つ…ねぇ、まあ、ありえないわけでもないことね。」
実際に、霊媒があっているわけだし。
『ところでいい鞭をお持ちで、どうです?いつも打つばかりでは無いくたまには打たれててみては?』
ビシィッ!
私は鞭をひとふりして沖田総悟の体に打った。そして睨み、
「笑えない冗談ね、私は打つほうがあっているのよ。」
と、冷たい声で言った。

>総悟


【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/市場】
僕らは箸を受け取った。
龍一「うぅっ…」
すると、ふと寒気がした。
真宵「どしたのナルホドくん」
龍一「いや、なんか寒気が…風邪かな….」
真宵「まあ、とりあえず食べよう、冷めちゃうよ」
春美「そうですよ!」
>アミティ

1年前 No.327

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=HSN6G5NOtG

【USAピョン、未空イナホ/グラウンド】
USAピョン「わ、わかったダニ…」
自分が疑われるなんて冗談じゃないと頷くUSAピョン
イナホ「まあ、なめきちのふりすればいいでしょ」
USAピョン「てめ…」

>みれぃ、テツヤ、夕


【パティ(人間)/露天風呂】
「とりあえず、あの女の人は大丈夫みたい…」
あたしは女性(なのは)の無事にホッとしていたが、実は女性の人に嫉妬もしていた。理由は、男の子(翔介)に構ってもらっていたから
「ほら、その子は無事みたいですから、ゆっくりしましょうよ、あ、あたしはパティです」
と、湯船につからせ、隣に座った
>銀河、翔介、なのは

1年前 No.328

欠けた茶碗 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_uyQ

【望月、ゲダツ/商店街】

望月「いやいや此方こそ――結果としてお姉さん(南成佳鉈)のお陰で妙なゴタゴタに巻き込まれずに済んだんだし――寧ろこっちが御礼をする側だ、“一人分”余ってるなら響の提案が丁度いいかもねぇ」

ゲダツ「ンンンンンンンンンンンンンン、ンンンンン、ンンン(おれも異論は無いし先ほどのカラクリ仕掛けの様に、また面白いものを見せてくれるやもしれん。良いだろう。)」

望月「あぁーおっさん、また下唇と上唇噛んでるよ?」

ゲダツ「はっ…うっかり」

人外魔境と言う訳では無いだろうが、変わり者が多いのは間違いない、そしてそんな事を考えている本人(ゲダツ)もまた他人のことを言えた物ではない位十二分に変人なのは確かである。――何処と無く(揉め事)が大事(大乱闘)になるのも悪くないと考えている節もある様だったのだが…肝心な(記憶)を失っているとは言え結構血の気が多い性質なのかもしれない。一方あのバーテン風の金髪の青年(平和島静雄)に食って掛かっている…恐らくは先程の(一射)を放った少女は割かし一方的に此方へ名を名乗ってきた。曰く(御坂美琴)という名らしい。そんな血気盛んな彼女(御坂美琴)を響が周囲の目を気にさせて促す様に諌めている。

望月「そーそー、…こっから事を荒げる必要なんてないしさぁ〜まぁまったり穏便にやろうよ。ねぇ?」

休暇中まで――そもそも“仕事”じゃ無い(戦闘)なんて真っ平御免だし…まぁ備え有れば憂い無しという考えは響の方も一応(兵装)は用意して来ていたらしい。尤も(使わずに済む)ならそれに越した事は無い。“得物”に手を掛ける形で肩掛け鞄に入れていた手を出しつつ――

唐突ながら、一先ず我に返ったらしいバーテンな彼(平和島静雄)が、取り合えず事態を把握したらしく――寧ろ自分に奢らせてくれ、と意外な提案をして来た。先程までの(豹変)具合は色々と謎ながら、普段は割と常識のある人の良い人物なのかもしれない。

望月「本当に良いのぉ?お兄さん――ま、御好意は受けないと失礼とも言うしねぇ…」

ゲダツ「ンンンンンン、ンンンン(それならそれで、食券が浮くな)」

≫平和島静雄、響、南成佳鉈、御坂美琴、商店街ALL

1年前 No.329

御坂美琴 @electrol5 ★iPhone=DgCF3wYpRg

【御坂美琴/商店街】
「たしかにね?私もやりすぎたかもとは感じたのことをどうこういう資格はないわね。で?話し変えるけどどこ食べに行くの?」
相手のおごりで何処かに食べに行く話しが出ており、相手は案外太っ腹な奴だったのかなと思うのだが、自身にかかれば、カード一枚で会計済ませれそうなのになとおもうが、おごってくれるなら言葉に甘えるのもいいだろうと→平和島
「そうね〜穏便にね。分かったよ」
相手の指摘を受けそこは、いうことを聞くべきだなと改めて思い知らされる。いつも、自身が入って、ことを大きくしてしまうからなあと思い
→望月、ケダツ

1年前 No.330

ヒナ @linnvo☆eQLF5/fJvizN ★6O1STZoCNm_M0e

【桂ヒナギク/商店街/雑貨屋】

“なるほど…先輩は女の子らしくなりたいということですね!任せてください!”

「ま、まあそういうことね!出来ればイメージ変わらないくらいにほんのちょっとさり気なくがいいんだけど……」

大空あかりの発言に同意するも、恥ずかしそうにごにょごにょ……と独り言のように言うヒナギク。決意は強く固めていたつもりだ。多少の恥も覚悟していたはずなのだ。それなのに、現実は手強い。少し気が弱くなったら逃げ出してしまいそう。

“私が好きなブランドはドリーミークラウンというブランドで…。アクセサリーとかもすっごい可愛いんです!!デザインが兎に角可愛いんです!あ…ごめんなさい。雑貨屋に行くんですよね…つい自分の話を…。”

「ああああ!!いいのいいの!へぇー、すっごくいいブランドなのね!ここで買った後でいいから是非とも紹介してくれないかな!?」

そうよ、こんな風に自分の好きな可愛いブランドを胸張って言える子も味方になってくれるのに私がへばってはいけない!おすすめにはとことん乗っていかないと……それでも私は一人の女なの!?

そして、三人とも口々に何を買おうかな等と呟いている中、ヒナギクはまずどういう物を選ぼうか考える。ぬいぐるみ、ストラップ、ペンケース、財布、キーホルダー、シャーペン、ポーチ、アクセサリー……色々あるけれど……。

「私こういう文房具って機能性を重視しちゃうし、あまり買い溜めたくないのよねー。ぬいぐるみとかも、目立つし自分が買うにはちょっと手を出しにくいっていうか……」

ペンを手に取り、棚に飾られたぬいぐるみを見るヒナギク。確かにかわいい……のだけど、目立ちすぎると恥ずかしいし、もし変化ありすぎて自分に好きな人出来たとか勘付かれたりとかしたらと思うと……気が気じゃない。こういう時は、一体どういう物がいいんだろう?

>大空あかり、アドレーヌ、リボン


【愛沢咲夜/海】

咲夜なりのスキンシップで景気をつけようとしたところ、

“……わ…私は…人と接する事に慣れていない……。ずっと…避けられていたから…。
だから……こんな風に接されて…どう返して良いのかわからない…。でも…
こんな私に…優しくしてくれて……その…なんて言うんだ…あ、ありがとう…。”

(…………。)

咲夜は突然ぷいっと顔をそむけた。

「な、なんや突然改まって……。その……これはアレや!大阪の義理人情っちゅーやつや!ウチがたまたま心の広い人間でよかったな、自分」

告げられた感謝の言葉に動揺した咲夜は、必死に照れ隠しで強気に言い放ちながらずんずん進んでいく。まさかここでお礼なんて言われるとは想定外だった……調子狂うわ……。

二人の不思議な時間が始まろうとしていた……その時だった。

“あっあなたが愛沢咲夜さんですよね?俺は進撃中所属エレン・イェーガー!!巨人の様な異形をこの世から一匹残らず駆逐するために合宿に来ました”

「……は?」

いきなりよく分からん学ラン男が目の前に現れ、その発言にほぼ呆れたような目つきで睨むように相手を見る咲夜。名も姿も顔も知らぬ男だ。巨人の様な異形?なんだその、去年の年末に某バラエティー番組で出現したと噂されたアレみたいな……。
あまりに不可解な勧誘(?)だったのでこんな奴無視無視。と思ったのだが。

“……咲夜、お呼びが掛かってみたいだな。私なんかよりも、相手しやすいだろう。”

漣音はそう言って離れて行ってしまう。

「へ……?違う!あんな奴知らんし、うさんくさすぎて呑気にのこのこついて行かへんて!!
やい自分!!つまらん自己紹介しよって、一体ウチに何の目的で――」

“俺は貴女のハリセンさばきを教わりたくてここに来ました……それとこれをよかったらどうぞ”

「は……ハリセン?……」

漣音を説得し男に発言で噛みつくが、予想外の申し出にその勢いは一時停止してしまった。そして、そのまま無意識で差し出されたDVDを受け取る。あ……これウチの好きなやつ……て、そうじゃねえぇぇぇぇ!!!!!
咲夜は思いっきりDVDを咲夜の足元に投げつける。

「ハリセンさばきを教わりたいやて?それで巨人やらなんやらぶっ倒すためのスキルアップに繋げる言うんか?どアホ、こんなん教えるもんちゃうわ!自分はこのハリセンで叩くっちゅーのがどんな意味持っとるんか、知らんねん。お笑いをそないな野蛮なことに利用されるなんてまっぴらごめんや!!とっとと帰れっっ!!」

戦いのためにハリセンツッコミ……お笑いの一部を伝授すること。たぶん漣音のこと。色々と怒りや感情が混じってよくわからない。気付けば男相手に怒鳴り散らしていた。

>降魔漣音、エレン・イェーガー、海ALL


【鷺ノ宮伊澄/温泉施設/→露天風呂】

少年たちと別れ、この温泉の出口へと向かおうとしていた……はずだったのだが。

「……あら?違う温泉に来てしまったわ。ここは……泡が出るお風呂」

どうやら泡風呂に辿りついてしまったようだ。入るつもりはないのでそそくさと退散ー。

「あら?また違うお風呂……これは乳白色をしているのね」

今度はお湯が白い色をした温泉に着いてしまった。興味深いが入っている暇は無い。早く咲夜を探さないと……。

「……あら?やっと出口かと思ったら行き止まり……ここにも温泉がある。見るに堪えない色をしているけれど、薬草風呂というものかしら?」

まるで毒の様な見た目の温泉だが、挑戦する気はないので退散ー。

「どうしよう。何処に行っても行き止まりだわ。まるで要塞ね」

歩を進めながら呟く。一応ここまでずっと和服姿でうろついているため、周囲から目立つ上に、とても蒸し暑い……早く脱出しないと季節外れの熱中症で倒れてしまうかも……。

そんな時だった。

「ここは……元の場所?」

出口を探してうろついていた迷える和服少女は、最初の露天風呂に戻って来てしまった。少年たちは……まだいる。一人の少女をベンチで休ませ、また温泉に戻っている。あの方は恐らくのぼせてしまったのかしら?

「体調……悪そうですね」

少女(なのは)を見つめながら何食わぬ様子で少年の近くで発言する伊澄。……しかし、その顔は火照り汗だくだった。

>夜空銀河、高町なのは、露天風呂ALL

1年前 No.331

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【エレン・イェーガー:海】


巨人を相手に夢想するリヴァイ先輩の姿を見て同じ様にハリセンの使い方をマスターすれば巨人を駆逐出来ると思ったが

『ハリセンさばきを教わりたいやて?それで巨人やらなんやらぶっ倒すためのスキルアップに繋げる言うんか?どアホ、こんなん教えるもんちゃうわ!自分はこのハリセンで叩くっちゅーのがどんな意味持っとるんか、知らんねん。お笑いをそないな野蛮なことに利用されるなんてまっぴらごめんや!!とっとと帰れっっ!!』

ガーンそんな擬音が頭上に浮かぶ。これで巨人に対抗する術を失ってしまったからだ
どうするハリセン無しで巨人と戦うなど否……戦う術がない事が戦わない理由になる物か!!

「帰れと言われて帰るわけには行きません!!」

とは言え帰らないと言われて相手が折れるわけもない。どういえば伝わる……まだ考えが纏まったわけでは無い
考えろ話しながらでも考えるんだチーハンを守るためにも……思いのたけをぶつけるんだ

「この腰抜け共!ぜ…ぜん、全部!俺に投資しろ!」

焦りのあまりいつものセリフを言ってしまった
そもそも巨人は一部地域に視界内ため巨人中学のある地域の人以外は、ほぼ知られてはいないなかおよそ理解は得られないだろう
さっきの男性の様に異形全てが、人類全てに仇名すとは限らないと思いこんでいる者の方が割合的には多い現状では
「ボケー」とハリセンで張り倒される可能性が高いその緊張の中で回答は待った



>>愛沢咲夜、海all

【ヒナ様:やっぱり俺に投資しろが真っ先に浮かんでしまいました・】

1年前 No.332

ヴァルキリー @recruit ★2wBeFhWWiK_M0e

【神楽坂倫花/バス内】


>>308,310


「はい、ちょっと速めにですけど……。──あ、みたいですね。座っちゃいましょう。」

 どうやらバスの出立も私たちの着席待ちみたいのようだし、視線の量も結構なので、とにかく一度座ってしまおう。
 丁度青山さんと二人で座れる分の座席が余っているので、私は其処に腰掛けて。その時だった。

 ぱち、ぱち、ぱちと。
 響く手と手が打ち合う音。
 それが向けられている相手は間違い無く、私たち、というかたぶん、私に向けて。

「あはは、ありがとう。」

 素直に褒められるとなんだかんだ嬉しいものだ。
 最初が何て言ってたのか聞き取れなかったけど、外国の言葉みたいだった。
 小春ちゃんならもしかしたら、何て言っていたのかわかるかもしれないけど──残念な事に今は別行動中だ。

「私、神楽坂倫花。貴女は、この島の人?」

 拍手を送ってくれる少女に柔らかな微笑みを浮かべながら、問いを投げ掛けた。

1年前 No.333

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★S0xWjDBvkX_Ony

【江戸川コナン/ホテル】

目暮警部『沖田君は幽霊を信じるのか?』

警部はきょとんとして幽霊現象を信じるのかと聞く。警部自信は全く信じてないらしい。仮にいたとしても見間違えだろうと思っている。

>沖田、冥、哀


【南みれぃ/体育館】

「USAぴょんが問題ぷりね…。」

黒子の説明により納得するみれぃ。しかしこのままでは野宿になるか犯罪者扱いになるかの二沢になってしまう。此処は様子を見て待つことを決めた。

「なめきち?」

彼らの友達だろうか。みれぃは初めて聞く言葉に首を傾げる。

>黒子、イナホたち、西ノ谷

【千斗いすず/甘城ブリリアントパーク】

「そう…じゃあ詳しいことは明日話すわね。お疲れ様。」

とりあえず詳しいことは明日にしようと提案した時、モッフルが何やらいい知らせと悪い知らせを受け取ったらしい。いい知らせはアイドルグループが主催するイベントで悪い知らせはホテルで事件らしい。事件はあまり関わりたくないと思った。モッフルと一緒に野次馬したらモッフルが犯人扱いされかねないしマイナスなことしかならないから。幾ら着ぐるだとはいえ、怪しいと疑われるにちがいないと予測したいすず。すると選択は一つ。アイドルグループの方に興味を持つことにした。

「イベントねぇ…。興味があるわ。」


>エドワード、モッフル

【高坂穂乃果、園田海未/デパート】

〜穂乃果視点〜

穂乃果「今はうまるちゃんの方が大事だから。後でみんなで行こうよ!希ちゃんも来る?」

海未「真姫には私から連絡します。私は穂乃果が迷子にならないようにしっかり見張ります!」

希ちゃんが真姫ちゃんの約束を気にしていました。穂乃果はうまるちゃんのことが気になったからうまるちゃんを優先します。すると海未ちゃんが連絡してくれるとのことでした。海未ちゃんは穂乃果が迷子にならないように見張ると言ってたけどそこまで子供じゃないよ!

穂乃果「うんっ!今は別のところにいるけどことりちゃんと凛ちゃんと花陽ちゃんと真姫ちゃんもいるよ!」

他メンバーも別行動だけどいるよとうまるちゃんに伝えました。やっぱり、穂乃果たちは有名人なんだね。

>希、うまる

【アミティ/市場】

「冷めないうちに食べよう!」

成歩堂たちに声をかけると割りばしを割って食べ始める。そして寒気がするという成歩堂を心配する。

「大丈夫…?」

>成歩堂たち

【わけます。残りは次レスに返します】

1年前 No.334

不揃いの果実 @tatumi88☆ChU7Z6/SpEs ★DOCOMO=0VZiHrRZuv

【南成佳鉈/商店街】


佳鉈「―――……そうか、別に私も構わんが……」
どうやら、金髪の青年(静雄)がここは自分におごらせてほしいと名乗り出てきたのだ。佳鉈は少し悩んだ末に、少女達(望月&ゲダツ、響)に続いて自分も特に問題はないと告げる。それにしても先ほどのいざこざで閃光を放った乱入者(御坂)だが、青年を掴んで殴るとは……。口には出していないが、まぁ、血気盛んな年頃なのだろうと感じていた。学生時代の親友にも口より先に手が出るタイプが居たことを何となく思い出していた。もう久しく会っていないが、叶わぬ道に尚、一人たつあの子は元気にしているだろうか?


佳鉈「そういえば、まだ名乗っていなかったな。私は南成佳鉈、ただのしがない観光客……と、言いたいところだが、ある所でちょっとした研究をしている者だ」
佳鉈にしては珍しく少し、感傷に浸りかけていたが、まだ何者かと問われて名乗っていなかったことを思い出して、佳鉈は自己紹介をはじめる。"ただのしがない観光客"で通すつもりだったが、変身を披露してしまった以上は最低限の事柄でも告げなければならないと考え、ちょっとした研究をしていると答えることにしたようだった。


佳鉈「では、食事の件はキミに預けたぞ」
佳鉈は金髪の青年(静雄)に視線を送り、食事の件は任せると呟く。


>>ゲダツ達、響、静雄、御坂、商店街ALL



【すみません、お待たせしました;
バイトやスレの掛け持ちでレスが遅れることがあります。申し訳ないです;;】

1年前 No.335

欠けた茶碗 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_uyQ

【レト・ルババ/移動中(バス内)】


「アー…エッとワタシ?――いいえ」

相手からの問いに異国情緒溢れる風貌の、どういう訳か包帯でその両目を覆っているにも関わらず、相手の方へと確かな(視線)を向けている彼女は背負っていたリュックサックを膝の上に乗せて、中をがさごそと探る。そうして取り出したのは何やら封筒に入った紙切れ…もとい(招待状)。

「ワタシもともと、一人旅をしてて…街を歩いてたら通りすがりの人から貰った。」

と、未だに夢でも見ていると言わんばかりの信じられない様な口調でそう話した――南アフリカは西の隣接する国境付近の町、長く長く…ひたすらある目的のために(旅)を続けていた彼女が数ヶ月振りに入った人里にて…すれ違った(誰か)が此方のポケットにこの(招待状)を何時の間にか捻じ込んでいた。という訳である――その内容もまた信じられないもので、直通の航路でこの島へと来る事ができた。

しかしながら“視”るもの聞くもの全てが真新しく、持て余し気味の彼女は取り合えずホテルで仮眠をして休息をとった後に当てもなく島内を散歩している訳だ。

「貴女タチも、(招待)されて来たの?」

リュックの紙袋から干したナツメヤシの実を一つ取り出してそのまま飴か何かの様に口に放りつつ、そんな返事を返しながら良ければイカガ?と二人にも紙袋を勧めた――独特の甘い糖蜜の匂いが車内へほのかに香る。


≫神楽坂倫花、青山ブルーマウンテン

1年前 No.336

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.337

御坂美琴 @electrol5 ★iPhone=DgCF3wYpRg

【御坂美琴/商店街】
南成佳鉈さんですか。研究ってどんな研究してるんですか?しがない観光客ってそうは見えませんが…よろしくお願いしますね?」
自分のことを下げた言い方で言う相手にそう見え無いと一言。それをいうなら自身は、ただの通りすがりの観光客とでも言っておこうかと思いまた、相手の研究とやらが気になり
→南成佳鉈

1年前 No.338

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【沖田総悟:ホテル】

幽霊に関しては可能性の一環としては理解は得られたかもしれないが、鞭についての発言には

『笑えない冗談ね、私は打つほうがあっているのよ』

発言と共に手痛い一撃を食らう事になる。まったくもって物騒な姉さんだ

「せっかく打たれる喜びを教えてあげようと……」

などゲスい事をゲスい表情で述べていると目暮警部から真剣な眼差しで問いかけられる

『沖田君は幽霊を信じるのか』

と冥をからかっていたチャラい空気はなりを潜めて

「俺も信じてやいやせんでしたぜィここに来るまではね流石にこう目撃証言が多いと無視はできないかなってね」

今だに総悟も半信半疑だが、こうも目撃されている以上無視は出来ないと言いった感じだ


>>目暮警部、冥

1年前 No.339

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【モッフル:甘木ブリリアントパーク】


『――――――悪いが俺はいい。酒場に行かせてもらう」

僕の話を聞きそう言うエドワードにいすずも

『そう…じゃあ詳しいことは明日話すわね。お疲れ様』

そう言っているので聞いてみた

「どうフモアイツは使えそうフモか?せっかくの客引きのチャンスに酒場に行きたいなんて……」

少しがっかりした表情でそう言っているといすずは

『イベントねぇ…。興味があるわ』

いすずが興味を持っている事は幸いだこれは行かない手はないと

「だったら覗きに行くフモついでに集まっている連中の脳髄と魂に甘木ブリリアントパークの名を刻み込んでいやるフモ」

そう言うモッフルの手には黄金に輝く約束された勝利の剣(レプリカ)が握られていた
何処に刻み込む気なのやら……

>>いすず、エドワード


【黒子テツヤ:ホテル】

事件が起こっている中で妖怪である事を赤さない方がいいと言ったが

『わ、わかったダニ…』

一応の納得をしてくれたUSAピョンだったがイナホちゃんの一言でUSAピョンはエキサイトしてしまっているし南さんも心配そうに

『USAぴょんが問題ぷりね…。』

そう呟いてはいるが僕達も最初はUSAピョンを着ぐるみと勘違いしていたわけだし

「大丈夫ですよ南さん僕らも最初は着ぐるみと勘違いしていたんだし不通にしていれば……近くに遊園地があったのも幸いです」

自然にしていきましょうと言った感じにホテルの入口を見た。
何よりUSAピョン達の様な妖怪は本来見えない物らしいし警官の視界に写らない可能性もある事を考えていた

>>USAピョン達、南さん、西谷さん

1年前 No.340

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【折原臨也:ホテル】

どうにか静ちゃんをまいてホテルに戻って来たが、どうやら何かの事件が起きているようだが
気にも留めないと言った感じで躊躇いもせずに警察官たちの横を素通りして中に入っていった

「ひょっとして静ちゃんでも追って来たのかと思ったがただの窃盗か……」

さほど興味を引かなかったのかこれと言った行動をとるでもなく部屋に戻ろうとエレベーターの方に向かう臨也の前に子供が二人
捜査の真似事ののような事をしている探偵物の漫画にでも影響されたかと

「やぁ名探偵君?ひょっとして君もこの事件の捜査をしているのかい……ごくどうさまっと失礼噛んでしまった」

うっかり噛んだと言いつつも、もう見抜いてるぜとでも言いたげな視線で射貫くようにコナンを見る目はどこか楽し気だったが
コナンたちのすぐ近くのゴミ箱の脇に一冊の手帳がある事に気づくと拾い上げ中を見る

「電流と引っ掻いたような傷の正体なるほど、これは……イルゼ・ラングナーの戦果だ」

それだけ言うとその手帳をそっと懐に入れた


>>コナン、哀

1年前 No.341

RAY @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【エドワード・ケンウェイ/甘城ブリリアントパーク→酒場】
あの遊園地で働いている間に、他の奴らは何倍も金を稼いでいそうだ。あそこで働くのは考え直した方がいいかもしれない、

――――酒場
「ラム酒を瓶で5本。」

18世紀初頭の西インド諸島…大海原に出れば娯楽の少ないカリブの海賊達にとって酒…とりわけラム酒は心のオアシスと同時に数少ない楽しみの一つ。時には輸送船から略奪することもあった。
…運ばれてきたラム酒のコルクを口に挟み、歯を使って引き抜きそのまま喉へと流し込む。

「ここが何処だかは結局分からずじまいだが、青空と夜空と海、そしてラム酒だけは変わらないな。」

此処に来てからの一日、カルチャーショックの連続だった。
帆が無くとも動く船、安価な店でも飲めるコーヒー、見たことのない形をしたピストル、自分をそっくりそのままに映した紙切れ…だが、だが
それでもなお変わらないものもあった。太陽が照り付けた青空に星が輝き始めている夜空、カリブ海のようなエメラルドグリーンの海にそして今自分が呑んでいるラム酒。それだけだが、多少の気休めにはなった。

>>酒場ALL


【響/商店街】
一触即発の危険は去った。さて、これで食事に向かえそうだ。そんな時に金髪の男が迷惑を掛けたお詫びに食事を奢ってくれるという。地面を容易くへこませる剛力の持ち主で、近寄りがたい見た目をしているが、その本質は案外気前のいい男なのだろう。

「なら、お言葉に甘えよう。チケットを使うのはまた今度だね。」
「そういえば、名前を言い忘れていたね。私は響だよ。」

相変わらず蜘蛛頭の男は唇を噛んでいるが、言いたいことは何となく分かった。チケットに特に期限は無いようなので好きな時に使うとして、どこに食べに行こうか?
>>望月・ゲダツ・南成佳鉈・平和島静雄・御坂美琴・ALL

1年前 No.342

RAY @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【青山ブルーマウンテン/バス(移動中)】
座席に座りバスが動き始めた直後

―――――Sifa njema

何処だかよく分からない言葉と同時にぱちぱちと拍手をしている人が。視線を向けると、アフリカ系の見た目に両目を包帯で巻いた少女―――彼女は知らないが、乗客たちの中で唯一異なる視線を向けた少女が――――拍手をしていた。それにしても、目が見えていないのになんでこうも正確に自分たちの方を向いているのだろう?
そして手紙を持っている辺り彼女もまたここに旅行に来たのだろう…と思っていたが、自分たちとは事情が異なるようで、一人旅を行なっているらしい。彼女が良ければ旅の話を聞きたいものだ。

「はい、私もその手紙が来ました。」

そう言い手紙を取り出そうとすると、少女は何か飴のような、甘い蜜の匂いのするお菓子の入った紙袋を勧めてきた。お礼を言い一つ貰い口に入れる。
とても甘く美味しい。それにしてもこんなものは自分が住んでいた街では食べたことが無い。

「……あのー、貴女もこれから何処かに向かわれるんですか?」

このバスはよく見ると島を一周していて、名所を巡回するバスのよう。少女もバスに乗っているということは恐らくどこかに向かっているということだが…。

>>神楽坂倫花・レト・ルババ


【東條希/デパート】
「…エリチとにこっちは見てないん?」

穂乃果によるとことりや凛、花陽もここにやってきているらしい。あとは絵里とにこだが…ここには来ていないのだろうか?
―――――
「ここがお土産コーナーやね。」

土産コーナーには食べ物・置物…とにかく多くのものが売られている。基本的にはこのエリアでの買い物になるだろう。
…さて、うまるに目を向けると何やらそわそわしたような、他の場所に行きたいような感じだ。

「うまるちゃん、どうしたん?……他に見たいものがあるん?」
>>高坂穂乃果・園田海未・土間埋

1年前 No.343

主@参加者募集中☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【江戸川コナン、南みれぃ/ホテル】

目暮警部『なるほど…確かに此処には色んな人たちがいるからな。』

ふむふむと頷きながら納得するかのように言う。すると入り口から数人(?)が来る。着ぐるみ姿の人がいるがバイト帰りなのだろうか。警部は着ぐるみ(USAピョン)に向かう。


目暮警部『お疲れ様です!』

近くに遊園地があるためそこで働いてるのだろうと勘違いしてるようだ。

みれぃ「勘違いしてるぷりね!」

ニコニコ(というよりニヤニヤ?)としながら黒子に話かける。

コナン「お兄ちゃんも探偵?」

ふと声をかけられたので見上げればそこには男性がいた。メモ帳を取ると何やら推理してるようだ。コナンは首を傾げる。そして噛んだことに苦笑する。


コナン「アハハ…。大人でも噛むんだね。」


コナンなりにフォローしたつもりだが。

>沖田、黒子、イナホたち、西ノ谷、哀、冥、折原


【千斗いすず/甘城ブリリアントパーク】

「私は何とも言えないけどいいと思うわよ。」

どうやらいすずは賛成のようだ。モッフルは微妙な反応をしていた。そしてモッフルの言葉にいすずは突っ込みを入れる。


「相手はお客様なんだからお手柔らかにね。さりげなく勧誘するのよ。」

イベントに迷惑をかけないようにしつつ勧誘しようと提案する。


>モッフル

【高坂穂乃果、園田海未/デパート】


〜穂乃果視点〜

海未ちゃんは携帯で真姫ちゃんに遅れると連絡してました。そして希ちゃんがにこちゃんや絵里ちゃんが来てないのと言ってたので穂乃果は答えます。


穂乃果「うん…。来てないんだよね。」

海未「一番張り切りそうな二人なのですが…。」

海未ちゃんは二人が来ないのを少し残念がっていた。二人が来ればライブもできるし盛り上がると思ってたみたい。するとうまるちゃんの様子が可笑しい。どうしたんだろう?穂乃果も声をかけます。

穂乃果「うまるちゃん、どうしたの?探し物?」


>希、うまる

1年前 No.344

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【天ノ川きらら、日向咲/夢ヶ浜】

〜きらら視点〜

あたしは夢ヶ浜へ仕事へ来ていた。今日はモデルの仕事。いつも通り、ニッコリの笑顔で撮影する。

『きららちゃんいい笑顔だね!』

きらら「ありがとうございます!」

するといつの間にか観客に囲まれていた。そこには歴代のプリキュアの咲さんの姿があった。咲さんは自転車に乗りながら宅配しているようだ。アロマから咲さんたちのことは話は聞いたことあるけど先輩だと思うと緊張するなぁ…。

きらら「お疲れ様でーす。」

咲「可愛いかったよ、きららちゃん!これ差し入れ!」

差し出してくれたのは咲さんの実家のパン屋のパンだ。どっちかというとドーナツが好きなんだけどまあいいや。

きらら「ありがとうございます。」

お礼を告げるとあたしたちはベンチに腰をかけた。


>all

【矢澤こころ、西木野真姫/海】

〜真姫視点〜

海未から連絡あって遅くなるとかイミワカンナイ!希もいるらしいし。三人で何してるのかしら。そんな時にこ…ちゃん…が小さくなったのかと思えばにこちゃんの妹であるこころちゃんが海をぶらぶらしていた。きっとお姉ちゃんのステージがあると思ったから来たのね。けど此処にはにこちゃんはいない。どう説明すればいいかわからないわ。

真姫「こころちゃん?」

こころ「にっこにっこにー!こんばんは!お姉さまを探してたんですが迷子になってしまいました…。」


相変わらずお姉ちゃんの真似をするこころちゃん。どうやらにこちゃんを探してたらしい。まだ着いてないと話たらガッカリするかしら…。

真姫「にこちゃんならまだ着てないのよ。」

こころ「……分かりました。では皆さんが来るのを待ちます。その間お手伝いしても宜しいでしょうか?」

素直に受け止めてくれた上にお手伝いしてくれると話すこころちゃん。にこちゃんの教育(にっこにっこにーはのぞく)がいいのかしら。しっかりしているわね。しっかりしていると言えば雪穂ちゃんや亜里沙ちゃんもだけど。ほとんど支度は済ませてあるから手伝うことはないんだけど…。

真姫「ありがとう。気持ちだけ受けとるわね。」

あとはみんなが来るのを待つだけ。早く来ないかしら。

>all

1年前 No.345

黄昏症候群 @forte10☆NeDCG1Klls. ★ge8mulTLE2_nn8

【降魔 漣音/海】

“へ……?違う!あんな奴知らんし、うさんくさすぎて呑気にのこのこついて行かへんて!!
やい自分!!つまらん自己紹介しよって、一体ウチに何の目的で――”

体も心も異形な自分といるよりも、もっとまともな人間と接した方が良い。
この合宿を…“楽しむ為”に着ているのなら尚更…。

エレンとか言う少年は咲夜にハリセンさばきを教わりたいだのなんだの言っているが…
もし本当に“巨人”なんてものが存在するのならば…ハリセンなんかで殺せないだろうと思う。
色々と呆れた様子でそのまま去ってしまおうと考えるも、何故かホテルの前には数台のパトカーが。

…なんだあれ。事件か何かか?窃盗や酔っ払い騒動ならまだ良いのだが(どっちも良くない)…。
殺人なんてあったらたまったものではない。恐怖で眠れなくなる。
そんなモヤモヤした気持ちでその場に立ち止まっていると…

“ハリセンさばきを教わりたいやて?それで巨人やらなんやらぶっ倒すためのスキルアップに繋げる言うんか?
どアホ、こんなん教えるもんちゃうわ!自分はこのハリセンで叩くっちゅーのがどんな意味持っとるんか、知らんねん。
お笑いをそないな野蛮なことに利用されるなんてまっぴらごめんや!!とっとと帰れっっ!!”

「うぉ!?」

咲夜の怒りの篭った怒号が背後から轟き、思わず身震いして振り向いてしまった。

“帰れと言われて帰るわけには行きません!!”

エレンと言う少年もなかなか頑固なものだ。あんだけ怒鳴られても帰るどころか益々噛み付いている。
前も後ろも面倒ごと…厄介な事になったものだ。ホテルにも帰れないし、こっちに進み続けたら岩で行き止まり。

“この腰抜け共!ぜ…ぜん、全部!俺に投資しろ!”

腰抜け共?この男…咲夜より年下に見える。それなのに…年上に向かって腰抜けとは随分口の悪い奴だ。
ハリセン使いを教えてもらえなかっただけでこのような暴言を吐いてるとなると、マナーを欠いているようにしか見えない。
例えどんな理由があれども、会って間もない人を罵倒することは無礼極まりない。
このままギスギスした空気が続くのは咲夜、エレンにとっても、自分にとってもマイナスの事象になる。
一番年上が逃げてたらいけないな。だめもとで仲裁してみるか…。

彼女はめんどくさそうにため息を吐きながら再び咲夜の方へ向かって行き、エレンと咲夜を見つめると…

「お前ら一旦落ち着け。自身が誇りに思うものを野蛮な事に使われると思った咲夜の怒りはご尤もだろう…。
しかし…だ。エレンにも何かしらの理由があってそれを教わりたいと言うのは態度から溢れ出ているのが解る。」

自分だってそうだ。母から教わった波紋を殺しの道具に使われたりなんてしたらブチキレるのは間違いない。
咲夜もそれと同じ気持ちなのだろう。だが、それでも引き下がらないエレンにも、執着する何かがあるということだ。

「エレン…と言ったな。お前は何ゆえ異形を憎む…。それともその憎悪は“巨人”と言うものだけに注いでいるのか?」

鋭い目付きを益々鋭くさせながらエレンに問いかけた。異形全てが憎いのならば…
目の前にいる自分も憎いはずだ。そう…私は“異形”なんだ。
人ならざる人智を超えた力を持ち、そして人としての何かが欠落している自分は…“もう人ではない”…。

「お前は何故ハリセンを教わりたいのか…教わりたい理由はなんなのか…詳しく話してみろ。
今のお前の発言では、“巨人を倒すためだけ”にハリセンを教わりたいとしか聞こえない。
別の理由もあるのならば、それも話してみるべきだ。誰かに対する憧れか…いや、これ以上は野暮用かな。」

そして、やや愁いの篭った瞳で咲夜の方を見つめなおすと

「咲夜も咲夜だ。自身の持つものを自身の思うものとはかけ離れたものに使われて怒るのは分かる。
だが、もう少し相手がハリセンを習いたい理由と言うものも聞いてみるべきだと私は思う。」

咲夜の足元に叩きつけられたDVDを拾い上げ、付着した白い砂を払いながら
淡々と、冷静な態度のままで彼女は2人に語りかける。

>愛沢咲夜 エレン・イェーガー(西木野真姫)(シャドーパティ) 海ALL

【漣音は通常人が持たない力を持ち、感情の一部が欠落してしまっている事から自分は人ではなくなってしまったと
自己暗示をかけているような状態ですので“異形”“異常”等の言葉に過剰に反応してしまう部分があります。
心身を休めて失った感情を取り戻すのが彼女の合宿理由ですので、不快に思われたようならば申し訳ありません。】>雷帝様

1年前 No.346

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=HSN6G5NOtG

【アドレーヌ、リボン/商店街】
アドレーヌ「あかりさんすごいなぁ…うーん、私はキーホルダーとか?」
と、アドレーヌは意見を言ってみた。
リボン「わあ、すてきなカードですね!」
リボンはあかりのドリーミークラウンのカードを見て目を輝かせていた。

>あかり、ヒナギク


【USAピョン、未空イナホ、狩魔冥/ホテル】
イナホ「あ、なめきちはこれのことです。」
イナホは懐からUSAピョン似のきのこのキャラクターのキーホルダーを取り出した。

ホテル
USAピョン「あ、ああ、どうも、お疲れ様ダニ」
なんとかごまかせたようでホッとしている
イナホ「うまくいきましたね!」
と、ボソッと黒子達に言う。

一方、冥は。
冥「教えていただかなくて結構。あなたこそまじめな捜査というものを教えましょうか?」
と、自分をからかう総悟を睨みつけてそういった。そして警部の方に向き直り、
冥「では、警部、事件の概要について、教えていただけるかしら?」
と、尋ねた。
>all


【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/市場】
龍一「う、うん、大丈夫だよ」
と、アミティに対して笑う。しかし、これは何の殺気だろうか。
真宵「いただきまーす!んー、美味しい!」
春美「ほんとです!」
と、おいしさに感激する二人
>アミティ

1年前 No.347

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【黒子テツヤ、沖田総悟:ホテル】

『なるほど…確かに此処には色んな人たちがいるからな。』

総悟のそう答える目暮警部だがなにやらおかしな集団がホテルに入って来たが警部は普通に挨拶を交わしている
この地域のゆるキャラの類か?不審な視線をウサギに向けていると

『教えていただかなくて結構。あなたこそまじめな捜査というものを教えましょうか?』

さっきの発言がよほど気に入らなかったらしいが

総悟「いや結構でさァ捜査の方はお任せしやすんで、まぁ協力はしますけど」



『あ、ああ、どうも、お疲れ様ダニ』

冥と総悟が言い争っている間にそう言ってホテルに入っていくUSAピョンにイナホと南さんも安心したかのように

『勘違いしてるぷりね!』

『うまくいきましたね』

黒子もまたUSAピョンに余計な容疑がかからなくて一安心だが

黒子「今の声は紫原君?あっいえすいません知っている人の声がしたような気がして……人違いでした。さぁ部屋に入りましょう」

そう言って各自に自室に行こうと話した


>>冥、目暮警部、イナホ達、、南さん、西ノ谷さん

1年前 No.348

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【大空あかり/商店街】

「凄くないですよー!キーホルダーもいいですね!」

アドレーヌさんに褒められちゃった。褒められるとやっぱり嬉しいなあ。リボンさんはカードを見て目を輝かせているらしい。


「可愛いですよねっ!」

私は可愛いと言います。アドレーヌさんたちにもきっと似合う筈と私は思います。

>アドレーヌたち、ヒナギク

【アミティ/市場】

「良かったです!!」

一安心したらしくホッとするアミティ。そしてこちらも美味しいと言う。


「美味しいー!」

>成歩堂たち

わけます

1年前 No.349

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【江戸川コナン、南みれぃ/ホテル】

目暮警部「事件が起きたのは推測だと午後18時。盗まれたのは龍の目というお宝で容疑者候補はこの人たち。まだはっきりと証拠は掴めておらんがな…。」


コナン「で、怪しい電流のあとと引っ掻いたあとがあるんだよね?目暮警部。」


目暮警部「そうじゃ…。」


いつの間にか話に参加しているコナン。警部が冥に話した。そして女の子二人と着ぐるみと高校生くらいの男性は何かヒソヒソ話していた。

みれぃ「そうするぷり。お疲れ様ぷり!」

みれぃは真っ直ぐ自室に向かう。

>黒子、沖田、折原、イナホたち、冥、哀、西ノ谷

1年前 No.350

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【折原臨也:ホテル】

『お兄ちゃんも探偵?』

そう問いかけてくる少年いや工藤新一なかなか小学生がさまになっているじゃないかと見下ろしながら

「そんないい物じゃない 俺はしがない情報屋さ」

そう答えながらも、ご苦労様をご工藤さまと、噛んだフリをして揺さぶりをかけてみたが簡単には尻尾っぽを出さない
そう思っている内に少年は警察関係者らしき中年男性の元にかけより情報提供をしている様だ

「ちょっと警察の方ですよね?これをそこで拾ったんだけど……別件の何かを取材中だったイルゼって奴の手帳だけど目撃情報がかかれているよ」

そう言って臨也は拾った手帳を警察関係者を思われる男に差し出した

総悟(……なんだコイツは?胡散臭い空気をしょっていやがる)

そう思いながら総悟は不信感のこもった眼で臨也を見ていたが……
その視線に気づいているのかいないのか臆することなく総悟の間合いに入ると

「ちょっとお願いしたいんだけど……街にバーテンダーの格好をした危険人物いるのでどうにかしてくださいよ」

と総悟の方を叩いてお願いしておいたまぁ静ちゃんの牽制ぐらいにはなるだろうと思いつつ



>>目暮警部、コナン、冥、

1年前 No.351

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【江戸川コナン/ホテル】

コナン(…!!俺の名前を知ってる…?まさか黒幕…?それはない。情報屋と言っていたし。)


コナン「そーなんだっ!じゃあ色々お話聞かせてよ!」

ニコニコと臨也に小学生のフリをしながら言う。黒幕の一員じゃないかと疑ったが違うらしい。とりあえず一安心したが油断は出来ない。

目暮警部「おぉー、ありがとう。ふむふむ…。」

手帳を受けとるとありがとうとお礼を告げる。すると街にいるバーテンダーの格好をした人がいるからどうにかして欲しいとお願いされてるようだが警部は此方の窃盗事件が優勢のため街の方へは行けない。なので沖田に告げる。


目暮警部「すまないが沖田君、今は此方を優勢しなきゃならないからお願いできるかい?報酬はそれなりにやるつもりだから。」

>沖田、折原、(哀、冥、西ノ谷、イナホたち)


【禁書目録/商店街→ファミレス】


「お腹空いたー!とーまー!!」

修道服を着た中学生くらいの女の子がフラフラと街中を歩いていた。お腹を空かせてるらしくぐぅーっとお腹を鳴らしている。
気付けば辺りは暗くなり、夜空には月灯りとキラキラ光るお店の灯りがある。そんな彼女が向かう先はファミレスだった。


>all、(当麻)


【古手梨花/展望台】

此で何度目だろう。何度やり直しても変えられなかった運命。今度こそは……ということは私は"また"死んだのね。時は昭和58年…いえ、今は平成?!時間軸を間違えたのだろうか――
そして此処は山々が無く都会だった。


???「あうあう…ごめんなさいです梨花。時間軸を間違えてしまいました。今は"合宿"をしているらしくて梨花くらいの子供たちも沢山参加しているしこの機会に友達になってみてはどうでしょうか?」

梨花「……雛見沢でも昭和58年でもない…。まるで異世界だわ…。」

???「きっと楽しいと思いますよ。行ってらっしゃい!」

梨花「死なない程度に頑張るわ…。」


「………。」


この世界に来て、先ずやるべきことは。寝床を探すこと。最悪神社で野宿することを考えていたけれど。此処は展望台みたいね。何処かに泊まれる場所はないかしらと望遠鏡で探すと大きくローマ字でHOTERUと書いてあった。あそこへ行けば何とかなるわ。暮らしてける分のお金は用意してあったのが幸いね。私は展望台をかけ降りるとホテルへと走って行く。

>all

1年前 No.352

上条当麻 @electrol5 ★iPhone=DgCF3wYpRg

【上条当麻/商店街→ファミレス】
「飯にでもすっかーというよりインデックスさん?どこにいくんでせうか?」
食事にしようとあるいていたら、大食いな彼女(インデックス)は、歩いて自身を探しているようだった。インデックスはよく食うからなぁとか思いつつも、一緒にファミレスに行くか?と
→インデックス

1年前 No.353

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.354

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=9Ick0DNMH4

【USAピョン、未空イナホ、狩魔冥/ホテル】
USAピョン「それじゃダニ〜」
イナホ「お疲れ様ですー」
そう言って自室に戻る二人。
自室でこういう会話をしていた。
イナホ「ねーねー、USAピョン、私たちイナウサ探偵事務所もお手伝いできないかなー?」
USAピョン「何言ってるダニ?確かにミー達は成り行きではじめたダニが一応探偵社ダニ。でも、子供に手伝わせてくれるわけないダニ」

一方冥は警部の話を聞いて、ふむと考えていた。
冥「怪しい電流のあとに引っ掻いた後…詳しく調べる必要があるようね…」
そして受付員の話を聞いてみる。
冥「…アリバイは全員ある。逆に怪しいわね。支配人の方にも話を…」
そう思っていると
警部が受け取った手帳をみて、
冥「目撃情報…手がかりにはなりそうね。」
と、つぶやいた。
冥「ところで、さっきから気になっていたけど、その子供(コナン)と沖田総悟とかいう男、何者なの?」

>てつや、みれぃ、コナン、警部、all


【アドレーヌ、リボン/商店街】
アドレーヌ「私おしゃれとかのセンス鈍いですから…」
と、苦笑いをするアドレーヌ。
リボン「はいっ!とてもかわいいです!私もこういうの着てみたいな〜」
リボンはそう言ってみる。
>あかり、ヒナギク


【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/市場】
真宵「いや〜焼きそばおいしいけどみんなで食べるとさらにおいしいね〜!」
春美「はいっ!真宵さま!」
と、焼きそばを食べながら言う二人
龍一「ところでアミティちゃんはここの合宿に?」
ふと思い出したようにそう問いかける
>アミティ


【パティ(人間)/露天風呂】
「翔介くんかぁ…翔ちゃんでいい?」
と、ニコッと笑って翔介と名乗る少年にそう言う。
>翔介

1年前 No.355

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【禁書目録/ファミレス】

夜の街中を歩いてると横から当麻がファミレスに行くかと誘ってくれたのでインデックスは迷わず首を縦に振る。

「ファミレス行くー!!」

暫くするとファミレスへと到着する。インデックスは中へ入ると席に着く。

>当麻

【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/露天風呂】

謝罪すると銀河は優しく声をかけてくれた。シュンとした表情をしていたら笑った方がいいと言っていた。それになのはのために色々してくれようとしていたことをしっかり見ていたのだ。フェイトは気付いていないだろうと思っていたため、嬉しかった。
ゆっくりと瞳を閉じて「うん。ありがとう。」とお礼を告げるとほんのりと笑みを浮かべる。なのはみたいな笑顔にはなれないけれどフェイトは精一杯銀河に微笑みかける。こんな時間がいつまでも続けばいいのにと思っていると先程の女の子が声をかけてきた。

「…なのはのことはそっとしといてあげて下さい。大勢で駆け寄るよりも一人の方が気持ちも落ち着くだろうし…。」


なのはのことを考えていたら女の子にそっとしといて欲しいとお願いした。ガヤガヤ言っていたら余計に体調悪くなるだけだろうから。あとのことはトラッシュに任せようと思ったのだ。ほんの少し寂しいけど、なのはの言う通りみんなで楽しむことにした。早く良くなって合宿を楽しもうねと小声で呟きながら。


>銀河、なのは、伊澄

【天ノ川きらら、日向咲/夢ヶ浜】

〜きらら視点〜

咲「はい!いいですよ!きららちゃんもいいよね?」

きらら「あたしは構いませんよ!途中で撮影に戻らなきゃいけないし…。三人より二人の方が広いですし。」

隣いいですか?と声をかけられた。咲さんは笑顔でいいよと答えたためあたしもいいよと答える。途中で撮影に戻ることも伝える。三人でベンチに座るより二人の方が広く使えるしね。


>アルクレア

分けます

1年前 No.356

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【江戸川コナン/ホテル】

目暮警部「証拠が掴めなくて困ってるんだが…。これから調査する予定だ。沖田君は真撰組として働いてる人だ。」

苦笑しながらこれから調査すると告げる。するとコナンが何者かと聞かれると答える。

コナン「江戸川コナン。探偵さ。」


>冥、沖田

【大空あかり/商店街】

「おしゃれも楽しいですよ!」

おしゃれの楽しさをアドレーヌさんやみんなにも教えてあげたいなぁ。そういえばチラシにイベントがあるって書いてあったよね。そこでステージ出来たら最高なんだけどなぁ。なんて考えていたらリボンさんが着てみたいと言ってました。

「良かったら着てみますか?」

アイカツシステムは何処かにあると思います。学園長にお願いして持ってきてもらおうかな。

>アドレーヌたち、ヒナギク

【アミティ/市場】

「美味しいですねー!でもあっという間になくなっちゃいますね…。」

四人だとあっという間になくなってしまう。気づけば残りわずか。すると成歩堂から合宿について聞かれた。

「はい!ナルホドさんたちも?」

気になったので成歩堂たちに問う。

>成歩堂たち

【栗山未来/コンビニ→ホテル(自室)】

「ホテルのご飯は高いからなぁ。節約しなきゃ。」

財布を覗きながらコンビニで買い物している一人のメガネの女の子。お惣菜やカップラーメンなどを購入していた。するとお金が足りないらしくて諦めかけていた。

>all

1年前 No.357

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河「」翔介『』/露天風呂】

(翔介Side)

ー 翔介くんかぁ…翔ちゃんでいい? −

ニコッと笑って、呼び方を尋ねてくる少女。
…笑顔はとてもかわいらしいものなんだけれど…

『しょ、翔ちゃん…!?』

なんだろう。
先ほどから、自身の事を「マイ・エンジェル」や「イケメン」と呼んできたと思ったら…
名前が分かれば「翔ちゃん」という呼び名をつけてきたのだ。

…個人的にそれは抗議したいあだ名だったのだが…
…所属している組織の研究者「ヨイリー」が、世界の表の英雄「シューティングスターロックマン」のウィザード「ウォーロック」のことを「ウォーロックちゃん」と呼び、ウォーロックがそれに抗議をしたところ「ロックちゃん」と言われている場面を目撃したことを思い出す。

…おそらくここで抗議しても、たぶん余計に変なあだ名で呼ぼうとしてくるだろう。
…それならば。


『…ま、まぁ…もうそれでいいけれど…』

納得いかないところはあるが。パティには「翔ちゃん」呼びを許可するのが一番楽な解決方法だろうと考えたのだ。



(銀河Side)

自分が、「笑った方がいい」と言ったこと。
それと、「フェイトはなのはのためにいろいろしようとしていただろう」という言葉に、フェイトは嬉しそうな表情を浮かべていた。

…自分だと「見られてない」と思っているところは…意外と第三者の目に留まっているものだ。

それは悪行だろうと善行だろうと同じことで。
やっていようがやってまいが、やろうとしたことだろうと同じことで。

フェイトは、なのはの為に行動を起こそうとした。

それは銀河はしっかり見ていたのだ。

「…ほら。…フェイト。…そうだな。…翔介をからかいに行ってきたらどうだ?
「翔ちゃんだってさ」とか、な。」

『…ちょっと銀河隊長!?』


>パティ、フェイト、(なのは)、伊澄、ALL





【アルクレア/夢が浜】

ー はい!いいですよ!きららちゃんもいいよね? −

ー あたしは構いませんよ!途中で撮影に戻らなきゃいけないし…。三人より二人の方が広いですし。 −

「うん、ありがとう。…よいしょ。」

二人の女の子から、許可はもらった。
それを聞いて、軽く笑みを浮かべて。きららの隣に座りこんだ。
…座り込むと、少し両足を前に伸ばし、自分の太ももあたりをきゅっきゅっと法衣越しに指で押して、自分の脚のマッサージを始める。


「ふふ、座らせてくれてありがとう。…僕、お昼からずーっと歩いててね。
…さすがにちょっと足が疲れてきてたところだったんだ。……ねぇ、ここで出会ったのも何かの縁だし…名前、教えてくれないかな?」

ぐっ、ぐっと。
自分の太もものマッサージを続けながら。
ふと、思いついたかのように。

二人の少女に「ここで出会ったのも何かの縁だし、名前を教えてくれないかな?」と声を上げたのだった。



>きらら達

1年前 No.358

白い悪魔 @kuromomo☆Ibq7BGr7nio ★iPhone=j1fgHOXeFb

【露天風呂/なのは】

「うん、ありがとう」

夜空くんに笑顔で答えて見送ると額に手を当てます。にゃはは、さっきより熱くなってる……。
夜空くんが言っていた通り頭がまだクラクラしてて、冷たいタオルで冷やしてもあまり効果がありません。

もう少し頑張ろうと思ったけど、そろそろ限界かな……

「トラッシュくん、わたし先に上がるから後でみんなに外で待ってるって伝えてもらえないかな?」

本当はわたしが直接伝えるべきなんだけど、またフェイトちゃんや夜空くん達に心配かけてしまいそうなので、みんなには温泉を満喫して貰いたいという意味も含めてトラッシュくんに内緒でお願いしました。


>トラッシュくん、露天風呂ALL

【デパート/うまる】

うまるが俯きながらゲーム売り場に着いて考えていると希さんと穂乃果さんに声を掛けられ他ので慌てて顔を上げる。

「え?あ、えっと、探し物というか……」

うう、外用のうまるは華麗で優雅で品行方正な女子高生だから、ゲームを買いに来たなんて言えないよ。
けど、初めて来たデパートだから一人だと迷いそうだしせめてお兄ちゃんがいてくれたら……お兄ちゃん?

「実は兄がゲームが好きで、今日発売のゲームを買って来て欲しいと頼まれたのですけど、私ゲームとかやらないから売り場が分からなくて……」

最初からこうすれば良かったんだ。ゲーム好きな兄から頼まれて仕方なく買ってくる清楚な妹。うん、全然違和感ないね。
ぬへへ、ありがとうお兄ちゃん。ちゃんと普通のお土産も買ってきてあげるから楽しみにしててね。

>穂乃果、希

1年前 No.359

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=9Ick0DNMH4

【USAピョン、未空イナホ、狩魔冥/ホテル】
冥「…そう、完璧な証拠、かならず私がみつけるわ。」
と、自信満々に言う冥。
冥「し、新撰組?こんな時代に?それに…探偵ですって?」
本当に変わった人がいるものだなと心の中で思っていた。

>目暮警部、コナン、ALL

【アドレーヌ、リボン/商店街】
アドレーヌ「私もたまにはおしゃれしようかなぁ…」
アドレーヌはそうつぶやいていた。
リボン「え?できるんですか?」
着てみますかというあかりの意見に目を丸くしていた。
>あかり、ヒナギク

【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/市場】
真宵「それが悲しいよねぇ…」
と、惜しいなと思いながら呟いた。
龍一「ああ、メールであたったみたいだから…」
そう答えた。
>アミティ

【パティ(人間)/露天風呂】
「それじゃ、よろしく、翔ちゃん!」
と、嬉しそうに笑う
>翔介

1年前 No.360

冥月 @summerwars ★TSpmXlxFDM_nHx

冥月「解遁せよ、神に対なす巨竜、新たなる道を拓け、《ケツァルコアトル》《ニーズヘッグ》融合《フュージョン》」
銀の翼が生えた碧の神装機竜が現れた
ルクス「つかれないの?」
冥月「疲れてダウンにちまうから修行してるんだろ」
ルクス「どれくらいもつの?」
冥月「3つまでなら余裕でできるけど4つ以上になると保つどころか融合もできねぇ」
ルクス「ふーん」

1年前 No.361

上条当麻 @electrol5 ★iPhone=DgCF3wYpRg

【上条当麻/ファミレス】
「そうか。でも、お前はただでさえ大食いなんだから食いすぎるなよ?」
別に一緒に行って食べる分には構わないのだが、貧乏学生にその出費はキツいんだぞ?と相手にこう告げてみれば自然とため息がこぼれ
→インデックス

1年前 No.362

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.363

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.364

上条当麻 @electrol5 ★iPhone=DgCF3wYpRg

【上条当麻/ファミレス】
「合宿来たんだし今日くらいならいいが、何処ぞの常盤台の学生でない限りは無理です。お前、アリサと居た時も何枚も領収書がくる始末だったでしょーが!」
アリサとパーティと言う名の食事をしにいったときも、主に食べていたのはインデックスだったなと思い話題に持ちだして食べ過ぎ禁止とケチと言われようがそう言い→インデックス

1年前 No.365

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【禁書目録/ファミレス】

「過去より未来だよ、とーま。そういえば明日ホテルでパーティーがあるらしいよっ!無料で食べほーだいだって!」

目を輝かせながら「いいでしょ?」と当麻にお願いする。先ずは特大ハンバーグセットを注文する。


「特大ハンバーグセット一つお願いします!!」

>当麻

1年前 No.366

上条当麻 @electrol5 ★iPhone=DgCF3wYpRg

【上条当麻/ファミレス】
「そう、だな。食べ放題ってインデックスが好きそうなイベントだな」
確かにインデックスの言うとおりだなと思い納得して、自身はハヤシオムライスを頼んでみては、明日が食べ放題(無料)なら、今日は、贅沢させてやるかなと思ってる刹那注文するインデックスをみては
「あのーインデックスさん?話は最後まで聞いてほしいんですけと」
と苦笑いし
→インデックス

1年前 No.367

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【禁書目録/ファミレス】

「そうそう!分かってくれて嬉しいよ!」

ふむふむと頷いては納得した当麻を見て嬉しいと言う。最後まで聞いて欲しいと言われるときょとんとする。

「どうしたの?とーま。」

>当麻

1年前 No.368

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【沖田総悟、折原臨也:ホテル】

少年と警部と呼ばれる男は多少の信用を得た様だが学ランではない様だが妙な制服の男は俺を不審な思っている様だ
手帳の礼を述べる警部別に拾った物で俺が調べたわけじゃ無い
これはイルゼ・ラングナーの戦果だ……

『すまないが沖田君、今は此方を優先しなきゃならないからお願いできるかい?報酬はそれなりにやるつもりだから。』

そう言う目暮警部の言葉にやれやれと思っている沖田はないしんこの胡散臭い男の言葉を真には受けてはいなかった
仮にそのバーテン服の男が危険人物でも、むしろ潰しあえて……

沖田「分かりやしたぜぃ まぁ見回りがてらに後で見ときやす」

平和な合宿所で起きる学生同士いざこざの仲介程度の楽な仕事をしながらほぼバカンスを楽しむつもりだった総悟はあてが外れたとばかり
ガッガリさちると冥と警部が情報屋からもらった手帳を見て検証している中で

『ところで、さっきから気になっていたけど、その子供(コナン)と沖田総悟とかいう男、何者なの?』

その問いに警部が答えてくれる

『証拠が掴めなくて困ってるんだが…。これから調査する予定だ。沖田君は真撰組として働いてる人だ。』

変わった人もいる者だと言いたげな視線を向けてくる冥に対して

沖田「だから言っただろ?ここにはイロイロいるってさ〜」

ふざけた感じで言葉を返していると目暮警部から

『まぎれもなく彼は真撰組の人じゃよ。沖田君、証拠を見せてあげなさい』

そう促せれてはふざけてばかりもいられずに身分証明書を出して冥に見せる

沖田「俺はこう言うもんでさァ〜あと腰のカタナは逆刃刀なんで……てか武器の携帯はお互い様か?あと似非抜刀斎的なツッコミ不要で頼んます」

いやむしろこの合宿所では逆刃刀を武器と言って良いのか?とも感じる何もない所に実体化する犬型機動兵器やら超電磁砲を持ち込んだ奴がいるとか報告を聞いている
だが総悟は不審な点に気付く先ほど接触してきた自称情報屋の姿がそこにはもうなかった事だ

沖田「いつまにヤロー!なぁ警部に検事の姉ちゃんさっきの情報屋どこに行きやがった?」


当の臨也はエレベーターに乗り込みその場を離れていた

臨也「彼等も忙しそうだし静ちゃんの足止めぐらいになってくれると助かるんだけどな」

笑みを浮かべながらガラス張りのエレベーターの中から海でイベントの用意をする者達を見て穂乃果の言っていたイベントの話を思い出す


>>沖田⇒目暮警部、冥、コナン 臨也⇒自室階層の廊下all

1年前 No.369

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【江戸川コナン/ホテル】

目暮警部「この通りだ。彼は間違い無く真撰組の沖田総悟君だ。」

改めて冥に沖田を紹介する。証拠は身分証明書を提出した。すると彼はお願いに快く引き受けてくれた。それに対し「感謝する。」と一言お礼を告げるといつの間にか臨也が消えていたことに気づいた沖田。警部は話に夢中になっておりわからなかったがコナンが目で追っていたらしく彼らに告げる。

コナン「情報屋のお兄ちゃんならエレベーターに乗って何処かへ行ったよ。多分自分の部屋じゃない?」


>沖田

1年前 No.370

上条当麻 @electrol5 ★iPhone=DgCF3wYpRg

【上条当麻/ファミレス】
「そっか。ていうよりなんできょとんとしてんだ?」
インデックスがきょとんとしてる理由をききらしくねーぞと思い楽しんでくれてるようなので、それで良しとし
→インデックス

1年前 No.371

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【禁書目録/ファミレス】

「話を聞けってとーま言ってたから…。」

正確には"最後まで"と当麻は言っていたがインデックスは何のことか分からずきょとんとしていたのだ。

>当麻

1年前 No.372

上条当麻 @electrol5 ★iPhone=DgCF3wYpRg

【上条当麻/ファミレス】
「注文する前に言って欲しかったなーてのがあってだな。いくら明日が食べ放題と言えど余りに値段が高いものはなーって思ってたからそういっただけだぞ」
要するに値段の問題で、そう言ってただけだからなぁと→インデックス

1年前 No.373

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【禁書目録/ファミレス】

「ごめんなさい…。」

理解したようでごめんなさいと謝る。値段を確認しなかったのは悪かったと思っている。


>当麻

1年前 No.374

ヒナ @linnvo☆eQLF5/fJvizN ★6O1STZoCNm_M0e

【桂ヒナギク/商店街/雑貨屋】

“さりげなく…。ならアクセサリーとかがいいですね!あとは胸元やカバンにバッジを付けたり!あとは髪止めとか。”

「アクセサリー……バッジ……。へぇー、いいわね〜。メモ帳は今気に入ってるのがあるから……でも確かにそうだね。参考になったわ」

シュシュ、カチューシャ、ハートのバッジ。髪留めやカチューシャは必要な時に使えそうだし、バッジは気付かれにくそう。なんとなく女子力を上げるにはピッタリのアイテムかもしれない。

「キーホルダーもいいかも!探せば意外と色々あるものね」

アドレーヌが提案したキーホルダーも、ちょっとどこかに付けるだけでさり気なく女子力を上げられる。ヒナギクは知らなかった。需要があって目立ちにくいものという我儘な願いを叶えてくれる雑貨は、意外と色んな物があるんだということを。この子達にアドバイスを頼んで教えてくれるまでなかなか気付けなかった。やっぱり頼んで正解だった♪

大空あかりはドリーミークラウンのカードなるものを見せてくれる。色んな服がとても可愛くコーディネートされていた。コーディネートされた服が保存されるのかしら……?不思議な時代になったものねー。と思っていたら、

“学園長!アイカツシステムの用意をお願いします。場所は商店街です。”

ピッ――

“オッケーです!それまでショッピングしましょう!”

学園長……?アイカツシステム??

「今……何を頼んだの?アイカツシステムって?」

突然の大空あかりの行動に目を丸くしながら尋ねる。

>大空あかり、アドレーヌ、リボン

【分けます】

※警告に同意して書きこまれました (出会い)
1年前 No.375

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【大空あかり/雑貨屋】


「喜んでもらえて良かったです!」

桂先輩喜んでくれて良かった。私の提案じゃあダメかなあと思ってて不安になったけど。そんな時、?マークを浮かべてる桂先輩をみて説明する。


「アイカツシステムとはこの衣装に着替えるために必要なものです!もう直ぐ届くと思います。」

空中を見上げれば一台の飛行機が。そこからつるさげてくる二台の箱のようなもの。これがアイカツシステムだ。商店街にある広場の隅に置かれた。

「ありがとうございまーす!」

店内から空中に向かい大きく手を振る。良かったこれでおもいっきりアイカツが出来る!


>ヒナギク、アドレーヌたち

1年前 No.376

冥月 ★7S2LlyCSJM_GTn

【冥月&ルクス/0180号室
「Zzzzzzzzzzzzzzz」
「Zzzzzzzzzzzzzzz」
二人とも疲れて昼寝をしている

1年前 No.377

上条当麻 @electrol5 ★iPhone=DgCF3wYpRg

【上条当麻/ファミレス】
「おう。いいぞ。でも、これから気をつけろよー」
謝ってきた相手に素直だなと思い今回の件は、許しなかったことにし
→インデックス

1年前 No.378

ヒナ @linnvo☆eQLF5/fJvizN ★6O1STZoCNm_M0e

【愛沢咲夜/海】

“帰れと言われて帰るわけには行きません!!”

“この腰抜け共!ぜ…ぜん、全部!俺に投資しろ!”

「なんでやーー!!――」

“お前ら一旦落ち着け。”

「っ!?」

男のボケ台詞にハリセンを出してひっぱたこうとするが、漣音が仲裁に入ったことで咲夜は動きを止めた。怒った直後なので、顔が赤く、はぁはぁと呼吸が荒い。

“自身が誇りに思うものを野蛮な事に使われると思った咲夜の怒りはご尤もだろう…。
しかし…だ。エレンにも何かしらの理由があってそれを教わりたいと言うのは態度から溢れ出ているのが解る。”

“お前は何故ハリセンを教わりたいのか…教わりたい理由はなんなのか…詳しく話してみろ。
今のお前の発言では、“巨人を倒すためだけ”にハリセンを教わりたいとしか聞こえない。
別の理由もあるのならば、それも話してみるべきだ。誰かに対する憧れか…いや、これ以上は野暮用かな。”

“咲夜も咲夜だ。自身の持つものを自身の思うものとはかけ離れたものに使われて怒るのは分かる。
だが、もう少し相手がハリセンを習いたい理由と言うものも聞いてみるべきだと私は思う。”

「……ちっ」

咲夜は機嫌悪そうに舌打ちして目をそらす。その目には少し涙を浮かべている。

……せや。他にもっとマシな理由があるなら考えたってもええ。でも、お笑いは感性と才能やさかい。助言とかならいいが、一から教えるとしたら、体に染み込ませるまでみっちりしごかなあかんわな。あとは男のツッコミセンスがいかほどかに寄る。上手いツッコミであればあるほど、自然とハリセンは上達する。せやから、ほんまは指導するもんやないんやけど……ま、どーしてもというんならしゃーないけど……しゃあないけど……。

>エレン・イェーガー、降魔漣音、海ALL


【鷺ノ宮伊澄/温泉施設/露天風呂】

“…さっきの……というかあんたは顔がほてって汗だくだぞ。”

「……ええ。この要塞……どうやら私をいじめるつもりのようなのです」

実際、温泉からの出口がわからず迷子になっていただけなのだが、迷子だということを意地でも認めないのが伊澄の頑固な性格。自分が抜け出せないのを温泉施設のせいにしている。

“…なのはのことはそっとしといてあげて下さい。大勢で駆け寄るよりも一人の方が気持ちも落ち着くだろうし…。”

先程心配して寄って来てくれた少女は言った。

「そうですね。少し心配ですが……安静にしておいてあげましょう」

こういうことに自分ができることは何もない。……お祓い等をする必要はない。安静にさせて、ただ見守るしかできることはないから。

(でも……私もそろそろ体力が……早く抜け出さなければ……)

このままでは蒸し暑さで自分も倒れてしまいそう。まずいわ……。

「あの……すみません、どなたか私を温泉の出口まで連れて行ってもらえませんか?」

>夜空銀河、フェイト・テスタロッサ・ハラオウン、(高町なのは)、露天風呂ALL

1年前 No.379

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.380

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【エレン・イェーガー:海】

エレンの一言に咲夜の怒号が当然の様に響く……またやってしまったリヴァイ先輩の時と同じミスと

『それが人にものを頼む態度か?」(記憶の中のリヴァイ先輩の声)

そんなん記憶の中にいるうちにも『なんでやーー!!――』とこれは不味いと思った所に

『お前ら一旦落ち着け』

さっきの人か?何処かに行ってしまったと思い込んでいた彼が仲裁に入ってきてくれたおかげで咲夜も顔は赤いながらも
落ち着いてくれそうな雰囲気だとホッとしていると

『エレン…と言ったな。お前は何ゆえ異形を憎む…。それともその憎悪は“巨人”と言うものだけに注いでいるのか?』

その問いに目を閉じて考えてみるるが単純には答えが出せないでいたが

「奴らは俺達から大切な物(チーハン)を奪っていきやがった……でも巨人だけかと言われても、それは答えようがないかな?巨人以外の異形と言うのは良く知りませんから」

そう理由と巨人以外の異形については良く知らない事を話したが、奪われた物を大事な物としか発言しなかった為相手がそう受け取るかは分からないし
結局のところ若干あやふやに答える事になったが、ただ同じ様に人ならざる者に苦しんでいる者がいれば相手が巨人では無くとも協力したいという気持ちもあるそして続く問い

『お前は何故ハリセンを教わりたいのか…教わりたい理由はなんなのか…詳しく話してみろ。
今のお前の発言では、“巨人を倒すためだけ”にハリセンを教わりたいとしか聞こえない。
別の理由もあるのならば、それも話してみるべきだ。誰かに対する憧れか…いや、これ以上は野暮用かな』

これにはしっかりと答える事が出来た

「はい!うちの学校で人類最強と言われている先輩がハリセンで巨人相手に無双で……しかし先輩は合宿には参加していなくて困っていた所に、商店街であった情報屋が伝説的ハリセン使いの話を教えてくれて」

と少々興奮気味にリヴァイ先輩の話を交えてここに来た理由を話すも咲夜の目に涙が浮かんでいる事にかが付き

「どうしんだ?涙なんか流して?腹でも下したのか?」

と慌てて聞いてみたが薬などは持ち合わせてはいないしどうしたものか


>>咲夜、漣音、海ALL

1年前 No.381

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【禁書目録/ファミレス】

「ありがとー!とーま大好きっ!」

きらきらとした瞳で当麻を見つめると特大ハンバーグセットと当麻が頼んだ品が届く。さりげなく定員が領収書を置く。追加があれば鳴らしてくださいといい一礼すると立ち去る。

>当麻


【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/露天風呂】

翔ちゃんと言うと翔介はかなり戸惑っているようだ。更にフェイトはクスクスと笑う。反応を見るたびに面白くてからかいがある人だなと思った。

「そんなに照れなくてもいいのに。」

此方は平然と何も無かったかのように言う。すると少女(伊澄)を見ると何やら此方も逆上せてる。銀河が女の子(パティ)に案内したらどう?と話していた。女の子同士というのもあるだろう。その様子を見て不安そうにするフェイト。


「私も行くよ!」

と銀河に提案する。

>翔介、銀河、(なのは、伊澄、パティ)


【天ノ川きらら、日向咲/夢ヶ浜】

咲「私は日向咲!よろしく!」

きらら「あたしは天ノ川きらら。よろしくねっ。」

あたしと咲さんは男の子に自己紹介をする。すると昼から歩いていたと言っていた。流石に疲れるだろう。もう辺りは暗いし、人もほとんどいない。少し苦笑いしながら言う。


きらら「お昼から?!半日くらい歩いてたことになりますよね…。」


>アルクレア

1年前 No.382

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=9Ick0DNMH4

【狩魔冥/ホテル】
「あ、ああ、事務所のこ…」
自ら探偵と名乗っていたので少し驚いていたが、どうやら探偵事務所の子らしい。名刺を受け取る。まあ、天才検事である自分が世話になることはないだろうか、一応もらっておこう。
「そして、どうやら本当に新撰組らしいわね…」
と、本当にここはイロイロいると、思った。

>目暮、総悟、コナン

1年前 No.383

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河「」翔介『』トラッシュ<<>>/露天風呂】

ー そんなに照れなくてもいいのに。 −

『いや、照れるとかそういう問題じゃなくてーー!』

照れるとかそういう問題じゃない!と。
恥ずかしそうに、悶えながら平然としているフェイトに応えた。
…どうも、翔介はからかいがとにかく苦手らしい。

…それはさておき、体調を崩しそうな少女(伊澄)をパティに任せようとすると。


ー 私も行くよ! −

とフェイトは銀河に提案したのだった。


そこで。
銀河は軽く回りを見回してみる。

今いるのは…問題となっている和服少女。
…それから翔介。
それにパティとフェイト。

そして。


<<…銀河。なのは様は先に上がって外で皆様を待つことにしたようです。>>


なのはの所から戻ってきた、デフォルメ姿のトラッシュが。
なのはは先に上がって外で全員を待つことにした、と告げてきた。


「……いっそのこともう、ここらで全員上がらないか?」


それを、フェイト。
それからパティ、翔介に尋ねたのだった。


『…僕はいいですよー…てかちょっと僕も逆上せかけてる状態で…』


>フェイト、パティ、伊澄、(なのは)、ALL




【アルクレア/夢が浜】

「天の川きららちゃんに、日向咲ちゃんだね。よろしく。僕はアルクレア!…あ、男の子だからね?」

自分の「名前を教えてくれないか?」という質問に。
二人の少女は快く応じて教えてくれた。

…特にこの二人の名前で何をするというわけではないが。
応えて、名前を教えてくれたことがうれしくって。

アルクレアは「えへへ」とはにかみながら、自己紹介をするのだった。


ー お昼から?!半日くらい歩いてたことになりますよね…。 −

そんな時に。
きららが、自分がお昼からぶっ通しで歩き続けてたことに驚きの声を上げた。

「あはは。うん。特に目的もないのに歩き続けててさ。気が付いたらこんな時間まで、ね。」


>きらら達

1年前 No.384

白い悪魔 @kuromomo☆Ibq7BGr7nio ★iPhone=j1fgHOXeFb

【露天風呂→移動/なのは】

「ありがとうトラッシュくん。それじゃあお願いね」

トラッシュくんに伝言を終えたわたしは静かに露天風呂を出て行きました。
そして、タオルで身体を拭いてから私服に着替えて外の入り口に向かいます。

(さっきよりは動けるようになったけど、おでこは熱いままかぁ。やっぱりわたし風邪引いたのかな)

体温計があれば図れると思いながら翔介くんに言われた通り外の自販機で飲み物を買おうとポケットのお財布に手を入れましたが……

「あ……」

力が上手く入らずポケットから財布と同時にレイジングハートが零れ落ちます。

「え?あ、待ってレイジングハート!」

わたしは直ぐにレイジングハートを拾おうとしましたが身体がフラつき、その間にレイジングハートは坂道を転がっていったので、わたしは慌てて追いかけて行きました。財布を道端に置いたまま。

>ALL

1年前 No.385

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=9Ick0DNMH4

【アドレーヌ、リボン/商店街】
アドレーヌ「そう言ってもらえてよかったです!」
ヒナギクにそれもいいかもと言われて喜ぶ
アドレーヌ、リボン「ア、アイカツ?」
二人はアイカツシステムというものに、二人は驚いていた。

>あかり、ヒナギク


【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/市場】
真宵「どうしようか?確かどこかでイベントあったよね?」
と、思い出したように言う
>アミティ

1年前 No.386

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=9Ick0DNMH4

【パティ(人間)/露天風呂】
「あははっ!もー翔ちゃんったら照れちゃって〜」
と、あははと笑うパティ。
「そうだねーそろそろ上がろっか」

>ALL

1年前 No.387

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WqKVWCxqdL_Ony

【江戸川コナン/ホテル】

「うんっ!何かあったら連絡してね!」

(まぁおっちゃんは酔ってるだろうけどな…。)

ニコニコとしながら連絡してねと告げるとようやく真撰組だと認めた冥。警部は一安心していた。


>冥、沖田

【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/露天風呂】


「そうなの…?なら、お兄ちゃんはどう?」

修羅場のようなゲームの世界観のような光景が広がっている。フェイトは首を傾げながらお兄ちゃんはどう?と首を傾げる。すると提案があり露天風呂から上がろうと言う知らせだった。フェイトは頷いて賛成する。

(レイジングハートが…!!)

なのはの相棒であるレイジングハートが坂道をコロコロと転がる。なのははふらふらしていて動きずらそうだ。

「銀河、翔介!なのはをお願いっ!」


そのままレイジングハートを追いかけるように走ってゆくものの間に合うか冷や汗を出しながらも。

(間に合って…!!)

と思いながら坂道を下る。坂道の下は崖になっておりレイジングハートがこのまま落下したらなのはは変身出来なくなる。そしたら一緒に戦えなくなる。そんなのは嫌だと思っていた。


>なのは、銀河、翔介、パティ、伊澄

分けます

1年前 No.388

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★UPFAV0GEPT_nHx

【銀河「」翔介『』トラッシュ<<>>/露天風呂→温泉施設外】

…とりあえず。
…全員一致、ということで。

この温泉から出ることになった。

……パティ、フェイトで少女(伊澄)を連れていき。

女子は女子用。
男子は男子用で、更衣室に移動して。

着替えを済ませて、なのはが待つ温泉施設外に向かう。

…ただ、そこにはなのははいない。
…それに、そこには財布が落ちていた。


…どこか女の子が持ってそうな財布。…それは。


「…まさかとは思うが…なのはの財布か?これは。」


…それと同時に、だった。


ー 銀河、翔介!なのはをお願いっ! −


「…あ、おい。フェイト…!…なのは、大丈夫か?」

いきなり駆け出して行ったフェイト。
…何をそこまで急いでいるのだろうか?

レイジングハートが小さいため、銀河はフェイトが何を慌てているのか。わからなかった。

…だが、とりあえず。
銀河はなのはのほうに駆け寄り、大丈夫か?と。
なのはを支える。

その直後。

『…銀河隊長。これ、トラッシュに。』


自分と同じように、なのはの元に駆け寄ってきた翔介から。
一枚のカードを渡された。
…そのカードを渡された銀河は。


「…助かる。翔介。ほかのフォルダのカードはホテルの部屋においてたからな。…トラッシュ。」

<<ガブッ!!>>

隣にふよふよ、と浮かんできたトラッシュの顔の前に、カードを突き出すと。
…なんと、トラッシュはそのカードを「飲み込んだ」のだ。

すると、トラッシュの目が赤く光り輝き。


<<ウォーロックブースト!プレデーション!!>>


そのトラッシュの宣言の直後に。
トラッシュは銀河の隣から高速移動をはじめ、フェイトの隣を追い抜いていき。
…フェイトがなぜそんな慌てているのかを理解する。
それに、もしかしたらその慌てが原因で…この先の崖を飛び出してしまうのではないか、と恐れていた。


<<(……なんでしょうか?あれは?…小さな赤くて丸い…宝石?…いえ、それにしては妙な感じが…)>>


とりあえず、坂道を転がっていくこの赤い「宝石」こそが、フェイトを慌てさせてるものらしい。
…トラッシュはその「宝石(レイジングハート)」を拾い上げたのだった。



>なのは、フェイト、パティ、(伊澄)、ALL

1年前 No.389

RAY @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【東條希/デパート】
「へぇ…お兄ちゃんに買ってあげるんや。」

どうやら…兄にゲームを買ってあげたいらしい。いい妹のようだが、何かありそう。
でも、これ以上踏み込むのも酷というものだろう。

「じゃあまず、ゲーム売り場に行こっか。案内だと上の階みたいやね。」

案内板だと、ここから一階上の場所にゲーム売り場があるらしい。ゲームについてはよく知らないので何とも言えないが、案内程度ならできそうだ。
近くにエスカレーターがあるのでエスカレーターへと向かい始める。

>>高坂穂乃果・園田海未・土間埋

1年前 No.390

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【天野川きらら、日向咲/夢ヶ浜】

〜きらら視点〜

きらら「よろしく、アルクレア君!あたしのことはきららでいいよ!」

咲「よろしくなりー!」

あたしはよろしくと言うと呼び捨てで構わないと言う。すると咲さんもよろしくと彼に言う。すると目的もなく歩いたというアルクレア君に一言呟く。

きらら「良かったらこの街を案内するよ。今撮影中だから終わったらでいい?」

まだ雑誌の撮影中のため先に仕事を済ませたいと予めお願いする。

>アルクレア

【大空あかり/商店街】

アイカツシステムに戸惑ってる二人を見て私は説明します。何処か先生風に。

「アイカツシステムとは、アイドル活動略してアイカツを行うための衣装部屋と言ったところでしょうか。今はカードだけどカードを合わせれば着れることができます!」


>アドレーヌたち、ヒナギク

【アミティ/市場】

「確かあったよね!行ってみよっ。」

ルンルン気分で歩き始めるアミティ。イベントというのはやはり楽しみだ。何のイベントかはよくわかってない。

>成歩堂たち

【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/露天風呂】

「あ…ありがとう。これ、なのはの大事なパートナーだから…。」

銀河たちが受け止めてくれて一安心する。お礼を告げるとその赤い宝石がなのはの大事なパートナーだと伝える。何でかは今は言えないけど。なのはが心配になったフェイトはキョロキョロとする。

「なのはは?!」


>銀河たち、なのは、パティ、伊澄

【高坂穂乃果、園田海未/デパート】

〜穂乃果視点〜


穂乃果「早くいこっ!」

海未「そんなに慌てなくても逃げませんよ。」

穂乃果はわくわくしながら走っていくけど海未ちゃんは呆れた様子で見ていた。

>希、うまる

1年前 No.391

ヒナ @linnvo☆eQLF5/fJvizN ★6O1STZoCNm_M0e

【鷺ノ宮伊澄/温泉施設/露天風呂→外】

誰が私を連れて行ってくれるか……で話し合っていたようだが、

“……いっそのこともう、ここらで全員上がらないか?”

という少年の言葉で、全員温泉から出ることになった。

そして、伊澄もようやく外へ……。

「ふう……ようやく地獄の要塞を抜け出せたわね。風が気持ちいい……」

と、外の涼しげな風に心から浸っていた。
伊澄は少女の二つの落し物に、皆さんがちょっと慌てている頃、おもむろにぐったりとしゃがみ込んでその辺の柱に寄りかかっていた。

「はぁ……。少し無理をしてしまったかしら……もうむやみに秘湯に近付いてはダメね」

>温泉施設ALL


【桂ヒナギク/商店街/雑貨屋】

「みんなありがとう。じゃあ、みんなが薦めてくれた物の中から選ぶことにするわ!」

シュシュ、カチューシャ、バッジ、キーホルダー……これらから今度は自分で選んでいくつか買うことにしよう。

アイカツシステムとは、あかりちゃんが見せてくれたカードに写っていた衣装を着るのに必要なものだと言う。そして空を見上げるので、ヒナギクも空を見上げてみる……と、突如一機の飛行機が二台の箱を吊り下げて現れ、商店街の広場の隅に置いてった。……これ、許可なく勝手に設置しちゃって大丈夫なの?まぁ、なんか面白そうだからいいか。

更に、アイカツシステムについて説明してくれる。

“アイカツシステムとは、アイドル活動略してアイカツを行うための衣装部屋と言ったところでしょうか。今はカードだけどカードを合わせれば着れることができます!”

「へぇー、アイドルっぽい衣装が着れるのかな?使うのが楽しみね」

どんな風に着ることが出来るのか気になる。試すのが楽しみになってきた。

>大空あかり、アドレーヌ、リボン

1年前 No.392

欠けた茶碗 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_0Ml

【エドワード・カーンビ、アリシア、隼鷹/酒場】【ある意味クトゥルー神話系を含めて色々な邪神からシリーズを通して変な呪いを受け過ぎなカーンビ氏】

コトッ

何杯目かも分からない干したグラスを傍に置いて、何処かしら程々に荒れて退廃したアウトローめいた風貌のアメリカ人私立探偵は――今更何度目か知れないが、完全には(酔え)ない己の体質を忌々しく思う。まぁそれ以前に中途半端に(歳)を取れない――味覚も鈍くなる…筋力や体力的な意味では不自然な程、(衰え)を知らないのだが――(感覚)や(五感)は年々衰えつつある。そう、忌々しい(邪神)の戯れで掛けられた“呪詛”により、肉体的な部分には(変わらない)が、(人)として大切なモノそれ自体が失われつつあるのだ。

それでも、大量に呑めば…少なくとも(酔った)気分にはなれる。

アリシア「意外に感傷的ね?」

カーンビ「――フンッ一応まだ“人”で有りたいんでね。…(盗み聞く)のが趣味か何かか?」

アリシア「あらあらそんな大っぴらな情緒を“聴く”なと言う方が難しいと思うけど?(耳)に瞼は無いのだから――それにしても、この店中々、“面白い”わ。」

隣の席で意味ありげな笑みを浮かべながらブラッディ・マリーに舌鼓を打っている艶やかなセミロングの黒髪に血の様に紅々としたワンピーススタイルのドレス姿の女、――姿形が不可逆な幼さと妖艶さを併せ持った佳人だっとしても、その“本質”は知る者が知れば幾分も(おぞましい)モノ…理由は如何あれ(悪魔)にその身(魂)を委ねた古典的な(魔女)相手に…腐れ縁とは言え軽卒な行動は取る気にはなれない。

――そんな魔女(アリシア)が、何処かしら目配せする様に視線を向けた先に居る男――瓶呑みでラム酒を染み入る様に味わっている彼(エドワード)――装束や身に着けた装備品、装飾品、何十年も前に…ある知人の考古学者の邸宅に行った際、彼が趣味で研究していた中世シリアの神秘主義的暗殺教団を何処となく彷彿とさせるイメージ――まぁ場所が場所なだけに伊達や酔狂でそんな格好をしている者も居まい。

アリシア「――苦労した後の一本は格別…元より、“見知らぬ土地”で“見知らぬ誰か”に振り回されたり、首を捻る羽目に遭えば尚更――そうよね?お兄さん」

カーンビ「……………………」

気紛れに物珍しい客(エドワード)にほろ酔い気分(相当飲んでる割には)で絡み出す(魔女)と、そんな彼女を何処かしら呆れた様な目で一瞥しつつ――せっせとジンをグラスに注いで飲み干す作業に戻る物臭な(探偵)…と、


カラカラン!


隼鷹「ひゃっはー!酒だぁ酒場だぁ肴だぁ!」

ドアの鈴を派手に馴らしながら、カップ酒を片手に、派手な色のツンツンヘアーをした妙な東洋の神道の格好(巫女風の装束)の女が――頭上でミニチュア化した様な謎のレシプロ機(零戦21型・九九式艦爆・九七式艦攻)をブンブングルグル飛び回らせながら、既にやや千鳥足な様子で大儀そうにカウンターに着く。入店前からクライマックスな酔っ払いまで入って来て、俄かに騒がしくなって来た…


≫エドワード・ケンウェイ、酒場ALL


【望月、ゲダツ/商店街】


望月「あぁ〜そういえば名乗り忘れてたね、あたしは望月(もちづき)、よろしくカナタお姉さん、バーテンの兄さん、ミサカ」

ゲダツ「おれの名はゲダツ、青海番頭をしてい…んん!?――ぐぬぅ…頭痛が…」

そんな感じで響に続いて、望月とゲダツもまた三人(南成佳鉈、平和島静雄、御坂美琴)に自己紹介をしておく、その中でさらっと自分の(職)に関して言及し掛けた蜘蛛頭な黒衣の大男(ゲダツ)は、いかにもな典型的リアクションで頭痛を訴えるが取り合えず黒のセーラー服の眼鏡小娘…望月はソレをスルーしつつ…何処へ行くのかに関してはこんな意見を出して置いた。

望月「まーあたしらも此処に着いてから色々回るつもりだったんだけどさぁ?…奢って貰えるって言うんだし、此処はバーテンの兄さん(平和島静雄)のお勧め処にしようかなって思うんだけどねぇ。」

ゲダツ「ふむ、おれからも特に指定は無い。貴様らが選ぶ店で構わんぞ?」

と、頭痛から立ち直りつつまたもや偉そうに腕を組んでそう言っているが、腕は組めていない様である。――一方で御坂と名乗った少女は、研究者だという
南成の言葉に何やら反応を示している様である。

取り合えずゲダツや望月としては奢ってくれる本人の行く店に行こう、と言ったスタンスらしい。


≫響、南成佳鉈、平和島静雄、御坂美琴、商店街ALL


【レト・ルババ/移動中(バス内)】


「ンー、実はワタシ…散歩の途中だったんだけど、トクに決まっていくトコロは今の処無いかな。」

特に当てもなく、島内をのんびり散歩して回っていると彼女(青山ブルーマウンテン)からの問いに、少女は答える。こうやって島内を巡回しているバスに乗ったのも気紛れだ。――車両に乗るという機会も早々無いので、移動がてら興味本位で乗り込み。また何処かで適当に下車して歩いて回る。足こそが彼女の移動手段であり、伊達に大陸で旅をしていた訳ではない。そのつもりになれば何キロも離れたホテルに帰るのさえ徒歩でも構わないと言わんばかりである。

干したナツメヤシの身をぽんっと口に放りながら、そういえば自己紹介まだだった、と唐突に思い出した様に盲目の彼女は二人に名を名乗る。

「ワタシはレト・ルババ、――知ってる人からはレトって呼ばれてるよ。」

こうして誰かと話すのも(久し振り)の事だし、一期一会は大事にすると言わんばかりにペコリとお辞儀をして挨拶をした。


≫青山ブルーマウンテン、神楽坂倫花

1年前 No.393

神楽坂倫花 @recruit ★2wBeFhWWiK_M0e

【神楽坂倫花/バス内】


>>336,343


 ────話を聞いてみると、どうやら私や小春ちゃん、青山さんの例に洩れず、彼女もまた他の地から此処に来たようだ。
 少女は背負っていたリュックサックの中から封筒を取り出し、その中から一通の紙を出した。
 あ。と、小さな声が零れた。というのもそれは私や青山さんに送られて来たものと同じく──────この島への招待状だったからだ。

「うん、私も青山さんも同じだよ。あ、青山さんは今私の前にお話してた人でね──」

 何て事を説明しながら、倫花は問いかけに応えた。
 あまりにも流暢だったから気に留めていなかったけれど、この子、両の眼を包帯で覆っている。
 視得ていない、のだろうか。それにしてはリュックの中から取り出したときの手付きも、それ以外の所作も全てが自然だ。

 なんてことを考えていると、甘い香りがしてきて、そっちに目線がいく。
 人間、甘い物への誘惑というのには打ち勝てないもので。

「いいの? ──ありがとう。じゃあ、ひとついただいてもいいかな。」

 勧められたそれを、御礼を言って一口ぱくり。

「〜〜〜〜っ。甘くて美味しい!」

 目の覚めるようなソレに舌鼓を打ちながら、倫花は顔を綻ばせた。

1年前 No.394

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=WqKVWCxqdL

【大空あかり/商店街】

「はいっ!今から楽しみです!」


桂先輩がアクセサリーを選ぶのと試着するのを今から楽しみにしていました。どれを取っても先輩ならきっと似合うと思います。

「先ずは買い物をすませちゃいましょう!」


先ずは買い物をして衣装に着替えることを私は提案しました。お店の中をぐるぐる見ながら何を買うか私も決めます。けどやっぱり迷っちゃいます。


>ヒナギク、アドレーヌたち

1年前 No.395

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【沖田総悟:ホテル】

冥もなっとくしホッとする警部をよそに、周りを見だすもため息をつくと

「で犯人はどうしやす?海でイベントもあるみたいだし〜アイツが犯人て事にしやせんか?姉さんなら裁判になっても勝てるよな?」

そう言って道すがらに歩いている通行人を指さすと、捜査を早々にきり上げて海に行こうと提案したうえ

「証拠の方は検事の姉さんに任せておけばOKでさァ」

と言いだした指さされた通行人はたまったものでは無いのは言うまでもない


>>冥、目暮警部、コナン



【黒子テツヤ:自室⇒南の部屋】

自室のシャワーを浴びてから海のイベントを見に行こうと話をしたメンバーを訪ねようとしたが
さて順番はどうしたものか?少数だとUSAピョンが目立ちそうだな?ただでさえ僕は存在感が薄いし……

「先ずは南さんの所に行こう」

そう決意して自室を出た黒子は南さんの部屋を行く事にした

「すいません 南さん」

そう言ってドアをノックした


>>南さん


【モッフル:甘木ブリリアントパーク⇒温泉施設】


モッフルはいすずと別れて甘木ブリリアントパークの宣伝をする為にイベントで人が集まると言ううみをめざしていた
今回は宣伝という目的があるため(一般人からは普通の人に見える)コインの力を使わずに本来の姿のまま
前後に看板をつけてのサンドイッチスタイルで道を歩いていた
まだ少々時間がある事から遠回り気味に歩いていると自分達とは違う魔法の力を感じた

「今のはなにフモか?魔力……僕達とは違う魔法の力フモ」

回りを見渡すと一人の少女が目につく

『あ…ありがとう。これ、なのはの大事なパートナーだから…。』

あの少女か……ちょっと声をかけてみるかと思ったが、全員から魔法の力を感じるわけで無い事から
声をかけるのではなく念話を送る事にした反応がなければ、そのまま立ち去ればいいと

(ちょっとそこの、金髪っ子ひょっとして君は魔法使いフモか?)←念話

フェイトを砲を見ずに回りに寄って来た子供にチラシをまきながら念話で問いかけた


>>フェイト(銀河たち、なのは、パティ、伊澄)

1年前 No.396

白い悪魔☆Ibq7BGr7nio ★pHwsbpMpI7_Iu1

【デパート/うまる】

(ゲーム!ゲーム!)

エスカレーターに乗りながらもうすぐゲームが手に入ると考えてるだけで気分が高まってくる。
今回うまるが買うゲームは有名なシナリオライターが書いた豪華声優陣が出演するオンラインゲーム。
しかもやりこみ度抜群でレビューも星5。このゲームがあれば10年は生きていけると評論家のお墨付き。

(見えてきた!)

ゲーム売り場が見えるとうまるはすかさずダッシュ!此処からは早いもの勝ちの弱肉強食の世界。
思ってた通り人混みが多い。だが、うまるにはとってきおきの奥義があるのだ。

(ひょこ)

一瞬だけ身体を小さくさせて人の間をすり抜ける。そして商品を手に入れてすかさず元のサイズに戻る。
さぁ、後は会計するだけだ。これにてうまるミッションコンプリート。

>穂乃果達、希,all

【分けます】

1年前 No.397

白い悪魔☆Ibq7BGr7nio ★QyQcZCNaBn_Iu1

【温泉施設/なのは】

ポタポタと額から汗が零れ落ちてくる。身体も少しずつ重くなってきた。
それでも今だけは無理しなきゃいけない。必死に追いかけて、でも届かなくて。

(レイジングハート…!)

その時、わたしの横を何かが駆け抜けた。そして微かに聞こえるフェイトちゃんと夜空くんの声。
そっか。心配してきてくれたんだね。心配かけないつもりだったのにまた心配かけちゃってごめんなさい。
そう口にしようとしたけど声が出せず、夜空くんに支えられたままわたしの意識は静かに閉じていきました。

【sideなのは→アクア】

「もう、なんで私が追い出されなきゃならないのよ!」

合宿に当選してホテルにいるのも退屈だから温泉入りに来ただけなのに、私女神なのよ!
そりゃ、温泉が浄化しちゃってただのお湯になったけど、私の加護がついてるんだから喜ぶべきよ。

もしカズマがいたら馬鹿にされそうだと思いながら温泉施設を出ようとすると人だかりが見えて行ってみる。

「ねえ、なにかあったの?あのモンスターを退治したいのに子供がいるからできなくて悩んでるとか?」

ちょうど目に入った黒髪の女の子に尋ねて遠目に見える子供にチラシをまく着ぐるみを指差した。

>フェイト、銀河、パティ、伊澄、モッフル

1年前 No.398

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河「」翔介『』トラッシュ<<>>/温泉施設】

…とりあえず。
…何とかトラッシュにバトルカード「ウォーロックブースト」を読み込ませたことによる、トラッシュの高速移動により。
…フェイト。それからフェイトが追っていた赤い宝石(レイジングハート)は崖から落ちずに済んだ。

トラッシュはそのまま、フェイトに赤い宝石(レイジングハート)を手渡した。

ー これ、なのはの大事なパートナーだから… −

<<…宝石がパートナー、ですか?>>

どうもこの宝石は何やら特殊な力を。
…いや、パートナー、というあたり。力だけではなく意志を持っているらしい。

そしてなのはとこの宝石がパートナーというのは…


<<…それって、私と銀河のような…>>



そう声を上げた時だった。


「……トラッシュ。…戻ってこい。」

<<……はーい。>>

銀河がトラッシュによって「戻ってこい」と命令され。
しぶしぶ、「はーい」と声を上げると。
トラッシュは瞬時に無数の青い光の四角い粒子に代わり、銀河の左腕の古代のハンターVGの中に戻っていくのだった。


トラッシュが、自分の左腕のハンターVGに戻っていってるときに。
銀河はふと、妙な気配を感じた。

そちらの方向を見ると…


「(…あれは…?)」

『…銀河隊長ー?あの人じっと見てどうしたんですかー?』

銀河の目には、どこか妙な感じがする者。
…だが、翔介には普通の「人」に見えていた。



ー ふう……ようやく地獄の要塞を抜け出せたわね。風が気持ちいい…… −

そんな時に、伊澄の声が聞こえた。
伊澄は少女の二つの落し物に、おもむろにぐったりとしゃがみ込んでその辺の柱に寄りかかっていた。


「おい…あんたも大丈夫か…って…おい、なのは!?」

ふと、なにかを言おうとしてるなのはが。
意識を失っていくのを見て。

…これはまずい、と。
判断した。


ハンターVGで、119通報しようかと思ったが。
…ここら周辺はハンターVGのデータ通信の圏外らしい。

…ほかの通信キャリアを使おう。
…こんな時に限って、NokiaのLumiaは電池切れでホテルの部屋で充電をしているのだ。

「フェイト、携帯を持ってたら119番!」

おそらく、自分の使っている端末とは別の通信キャリアを使ってる携帯電話を、フェイトは持っているだろうと考え。
フェイトに「携帯を持っていたら119番!」と声を上げるのだった。


>なのは、フェイト、温泉施設ALL




【アルクレア/夢が浜】



ー よろしく、アルクレア君!あたしのことはきららでいいよ! −

ー よろしくなりー! −

二人とも元気いっぱいで。
その内きららは、呼び捨てでかまわない、と言ってくれたのだ。

アルクレアはただ、嬉しそうに微笑んで「じゃあ、きららと咲さんで!」と声を上げた。


ー 良かったらこの街を案内するよ。今撮影中だから終わったらでいい? −

…と。
その直後の事だった。
きららが、撮影が終わったらこの街を案内してくれるという、ありがたいことを言ってくれたのだ。
それに対してアルクレアは「えっ!?」と驚いたが。

「じゃあ…お願いしようかな!撮影している間は待ってるから、終わったら案内お願い!」

えへへ、と照れくさそうに笑いながら。
アルクレアはきららに「終わったら案内お願い!」と声を上げたのだった。


>きらら達

1年前 No.399

RAY @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【エドワード・ケンウェイ/酒場】
「なんだ、ここには賭け場は無いのか。」

海賊特有のラッパ呑みでラム酒を一息に飲み干す。こんなよく分からない場所に来たとしても、せめて今くらいは酔っぱらっていたいものだ。
さて…そろそろ賭け事にも興じてみようか。と思ったが、ここには賭け場を設置していないようだ。思えば踊り子もいない。随分と寂しい場所だな。

そう思いながら二本目のラム酒瓶を歯で開け呑もうとした時に、何者かが語り掛ける。その口ぶりはまるで独り言を聞いていたかのようだ。
「――――見知らぬ場所に見知らぬ人か。全くもってその通りだな。…俺に何の用だ?」

フードで顔を隠し、返答をしつつ見返すと妖艶な女が一人。ナッソーの踊り子たちとはまた異なるタイプだが、大抵の男であれば口説きに行くんだろうな。
こんな見た目だが一応妻帯者。自分から泥に突っ込むのも妻の為、口説く気にはならないな。


そんな中で、頭に見たことのない物を乗せた女が隣のカウンター席に座る。見た目は東洋人。いつぞやに暗殺した中国生まれの女海賊を思い出すが中国…にしては衣装の趣向が違う。或いは、海を挟んだ先にある極東の島国、かつて黄金の国と呼ばれた場所辺りだろうか。

(騒がしいな――――。
こいつ、酒臭いし足が縺れてるが大丈夫なのか?)

ここに来るまでに酒を呑んでいたのか、足が縺れている。結構な酒豪なのだろう。

>>エドワード・カーンビ・アリシア・隼鷹・ALL


【響/商店街】
「そうだね。食べられるなら何でも構わないよ。」

望月・ゲダツに続き任せると答える。
ここであれば基本的に食事に困ることも無いだろう。

後は、バーテンダーの男に任せるのみだ。
>>望月・ゲダツ・南成佳鉈・平和島静雄・御坂美琴・ALL

1年前 No.400


切替: メイン記事(2000) サブ記事 (652) ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

 
 
レスが2000件を超えました。
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>