Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>

【ALL+オリ】ALLキャラで合宿しよう!

 ( なりきり掲示板(フリー) )
- アクセス(9397) - ●メイン記事(1994) / サブ記事 (652) - いいね!(25)

@tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★S0xWjDBvkX_Ony

「退屈だなー、何か面白い事ないかなー」

平凡で穏やかな日々を送っていたALLキャラたち。すると携帯に一通のメールが届いた。

『おめでとうございます。貴方様は当合宿企画に当選しました。つきましては下記の指示に従ってください』

???


この合宿が出会いを呼び、そして現在へと繋がるのであった――

【観覧ありがとうございます!ALL+オリで合宿スレです。基本ほのぼのした日常スレです
詳しくはサブ記事へ】

レス禁止

1年前 No.0
メモ2017/04/15 15:06 : ノア @siratuyu01★iPhone-ROVqwRM7iK

〜参加者〜

フェイト・テスタロッサ・ハラウオン(魔法少女リリカルなのはA's/主)222

高坂穂乃果(ラブライブ!/主)320

園田海未(ラブライブ!/主)220

西木野真姫(ラブライブ!/主)025

大空あかり(アイカツ!/主)233

千斗いすず(甘城ブリリアントパーク/主)150

黄前久美子(響け!ユーフォニアム/主)001

南みれぃ(プリパラ/主)310

司波深雪(魔法科高校の劣等生/主)

禁書目録(とある魔術の禁書目録/主)

御坂美琴(とある魔術の禁書目録外伝とある科学の超電磁砲/再参加希望)

美樹さやか(魔法少女まどか☆マギカ/主)

江戸川コナン(名探偵コナン/主)346

赤座あかり(ゆるゆり/主)111

日向咲(二人はプリキュアスプラッシュスター/主)

天ノ川きらら(GO!プリンセスプリキュア/主)

古手梨花(ひぐらしのなく頃に/主)

矢澤こころ(ラブライブ!/主)

栗山未来(境界の彼方/主)

星宮いちご(アイカツ!/主)

両津勘吉(こちら葛飾区亀有公園前派出所/主)

秋元麗子(こちら葛飾区亀有公園前派出所/主)

吹雪(艦隊これくしょん‐艦これ‐/主)

綾崎ハヤテ(ハヤテのごとく!/主)

皐月(艦隊これくしょん-艦これ-/ノア)353

文月(艦隊これくしょん-艦これ-/ノア)353

長月(艦隊これくしょん-艦これ-/ノア)353

明坂芹那(CHUNITHM/ノア)316

小仏凪(CHUNITHM/ノア)316

…続きを読む(11行)

切替: メイン記事(1994) サブ記事 (652) ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21


 
 

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【折原臨也:商店街】

どうやらアドレーヌはまだ俺の事を忘れてはいなかったようだ。
まぁそれもそのはず夕暮れ時になったとは言えまだ一日もたっていないのだから

『あ、さっきの人。』

その言葉と共に胡散臭い物を見る様な視線を向ける普通ならこんな反応を受ければガッカリするか怒るかだが臨也は怒る事をしなかったむしろ

「アドレーヌその反応は間違っていないよ俺が、君と同じ立場なら折原臨也と言う男を信用しないからね」

胡散臭いと思う相手を自ら肯定しどこか楽し気な風だ彼女達は自分達が小さな子と言われた事にご立腹の様だがヒナギクはと言えば
俺が彼女の名を知った経緯をを聞いて「まさか、お姉ちゃんに……!?」この反応からしてやはりあの女性はヒナギクの姉らしい

『あなたさっき……そんな小さい子達に相談しても解決しないって言いましたよね?だったら、あなたには解決できるんですか?』

こちらもこちらでご立腹で見ていてあきない出来る出来ない以前にやる気がないのだがヒナギクと目線を合わせていた視線を少し落とし

「もちろんさ、君の悩みって言うのは、その貧相な物をせめて人並みにする事だろ?牛乳でも飲めばいいんじゃないか?安上がりだろ」

まだまだアドレーヌ達は気にしてなさそうだから解決できないと言ったのだが、視線を落とした先にある貧相な物半笑いの視線を向けたがそう言っている間にアドレーヌ太刀の方に言ってしまうが

『待って!!私はあなた達に協力してもらいたいの!だから、まずは……あのお店に一緒に来てもらえないかな?』

この言葉で全てはピーンときて吹き出しそうになるのを必死に堪えた。
よりによってそう言う相談事を年下の娘に求める所がツボにはまってしまた

『わかりました。相談にのります!あ、これは女の子同士の問題なので、貴方はついてこないでください』

そのアドレーヌの言葉に、これ以上の収穫はなさそうだし喫茶店での目撃情報を引き出して移動する事を考える

「構わないよ別については行かないけど少し喫茶店の話を聞かせてくれないかな?犬型機動兵器を持ち込んだ人がいるって情報の真偽を知りたくてね。君達も胡散臭い男に借りがあるままなのはスッキリしないだろ?それを返す意味でも情報を提供してくれないかな」

つまりはこれで、貸し借り無しにしないかと言った持ちかけだもちろん断られても構わない目撃者は他にもいるだろうし
実は臨也自身もいろいろ物騒な物を用意していたが港の持ち物検査に引っかかりそうだったので海に投下していた
今持っているのは折りたたみ式の武器と呼ぶには頼りないナイフ一本のみあの厳重な警備の中どうやって持ち込んだのか興味があった
まだその噂自体の信憑性は分からにまでも


>>アドレーヌ達、ヒナギク

1年前 No.201

VD @recruit ★2wBeFhWWiK_M0e

【神楽坂倫花/→ビーチ】


>>190


「わあ……本当、綺麗ですね。」

 海面がまるで宝石のような輝きを放って───
 絶景かな、絶景かな。
 是非とも写真に収めたかったけど、そういえば携帯端末は荷物鞄の中だっけ……。

 、 、
「小説?」

 そんな風に景色に目をとられていると、傍らから初耳になる言葉が聞こえた。

「───青山さんって、小説を書いているんですか?」

 視線を海から青山さんに向けて、問い掛ける。

1年前 No.202

欠けた茶碗 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_uyQ

【望月、ゲダツ/移動→ホテル】

ゲダツ「ほう、そう考えるとこの(招待状)の贈り主は相当太っ腹な手合いに違いないな。――確かに、お前達の言う通り焦っても仕方が無いのも事実だが…」

そう頷くゲダツ。

響や望月の姉妹達が何人居るかは知らないが――親兄弟まで指定して招待しているのならば、金額的にはかなりのモノになるんじゃないか?と蜘蛛頭の巨漢は思考する、そういった団体ぐるみでのイベントなのか、もしくは個人でそれだけの事が出来るくらいの資産を有している金持ちの類なのか…まぁ集めるだけ集めて派手に楽しみたいというタイプの人間なのは確かだろう(そもそも“合宿”なんて言葉が合いそうに無い己の様な手合いも居るのだから…)

と考えている内にゲダツは腕を組み始めたが、何故か上手く腕が組めずに失敗してスカスカと交差させる奇妙な動きをしている(腕組みは、肘の内側に
腕を差し込まなければならないが…凡そ逆の事をしている様である。)、そんな様子のゲダツを彼の肩口に猫か何かの様に我が物顔でちょこんと座りながら、やはり呆れというか多少心配が混じった声で望月はこんなコトを訊いた。

望月「てかさぁ、いつもその調子で外出歩いてて本当に今まで大丈夫だったの?」

ゲダツ「んんんん、んんんんんんんんんんん?んんんんん(ふんっ失敬な、まるで俺がまともに移動も出来ないとでも言いたい様だな?貴様は)」

望月「言った傍から…すげぇーありえねぇー…まぁ、とりあえず――下唇と上唇、噛んでるよ。」

ゲダツ「!!…うっかり」

日常生活レベルで支障を来たすに違い無い極度の(うっかり癖)、それは海辺を歩いていて無自覚に入水している様なモノ…何となくながら、望月はこの蜘蛛頭がトラブルに巻き込まれたというよりは、自ずと引き寄せたのではないかと思い始める。

―――



そうしている内にホテルに着いて…

望月「あたしは皆が帰ってないかちょいと部屋を見てくるよ――ついでに着替えるわ。流石にずっとこの格好(寝巻き姿)じゃ締まらないしねぇ、また暫くしたら此処で落ち合うってコトで。」

ヒョイッと身軽にゲダツの肩から床に着地した望月はチェックインを済ませてから鍵を手に、ゲダツと響にそう伝えて一度自室の方へと戻って行く。何時もの彼女ならばそのまま部屋で寝る以外の選択肢がないに違いないが、中途半端に腹を空かせている為かそういう気分では無いらしい…一方その(原因)である蜘蛛頭は――

ゲダツ「たのも――」

道場破りか何かか、受付のスタッフが困惑する様な相変わらずのマイペースさで、(招待状)の(宿泊券)を使いつつ…

ゲダツ「ほう…072号室か、悪くないな。ふはははっ!」

何が(悪くない)のかはさて置き、高そうな(ゲダツの感覚で)ホテルに泊まれるという事からか妙な方向でテンションが上がっているらしい。


≫響、ホテルALL

1年前 No.203

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【黒子テツヤ:体育館】


やはり自分の専門種目では無くランニングにしたのが良かったのか

『ナルホド、確かにその通りダニ』

『えー、私走るの苦手〜』

イナホちゃん達はそう言ってくれたが、USAピョンの方は大丈夫なのか心配になるあのままの格好で走るのだろうか?

「大丈夫せっかくの合宿 苦手を克服しましょう」

走るのが苦手というイナホを励ましていると南さんが場所と距離について

『うーん。とりあえず此処を五周くらい走るぷり』

五周か……USAピョンは大丈夫だろうか?……いまだにUSAピョンを着ぐるみだと思っている黒子は五周大丈夫か多少心配になるも

「そうですね外周だと車もいますしではグラウンドを走ろうか?一応五周は目安だから無理はしなくていいから」

走るのは苦手と言ったイナホもだけど着ぐるみのままのUSAピョンの事も心配になる


>>南さん、イナホ達


【いまだに、USAピョンを着ぐるみと勘違い中です】

1年前 No.204

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【沖田総悟:商店街・神社】

一瞬ゾクリと背中が冷えたような感覚を覚えホテルに帰るなら送ってくと言ったが

『ホテルにはまだ戻らないです』

どうやらさっきの視線に気付いていないらしくきょとんした感じに見える無理にでも返すか?そう考えたが
どこからか感じていた視線の気配が消えた事に気付くと近くにあったベンチにゴロンと横になると

「まぁ無理にとは言いやせんぜ。俺はしばらくこのベンチで寝てるんで気にせず練習をどうぞ」

いつもの目の模様が入ったアイマスクをすると隊士に警備に行けとでも言いたげに手をシッシと振ると寝息を立て始めた


>>黄前久美子、商店街all


【モッフル:甘木ブリリアントパーク】

自己紹介をしたのに続きいすずも僕と言うかパーク内におけるモッフルと言うキャラクターを説明してくれた
そう甘ブリに限らず遊園地は夢の国そこにおいては中の人についてツッコむのは野暮と言う物
だだ甘ブリを含めて数か所については本当に中の人がいない遊園地が存在していた

『口の悪さは昔からでな………ケンウェイだ』

そう言って手を差し出してきた握手のつもりだろういすずにも「バイト候補だからお手柔らかにお願いするわね」と釘を刺されているし

「僕はモッフルフモお菓子の妖精と言う設定だけど甘い物は好まないから僕あてに届いたお菓子は好きに食べてもいいフモよ」

彼が差し出した手に対し握り返すのではなく手を差し返すだけだが握手を拒んでいるわけでは無い指が無いためだ

「どうやらアトラクションは終わったみたいフモだったらティラミーの所にでも言ってみるといいフモ」

お花の囲まれて喜ぶタイプには見えないけどまぁいいかと流した


>>エドワード、いすず

1年前 No.205

暁型2番艦・神出鬼没の小説家 @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【響/ホテル】
「………ハラショー」

――――――――
「……これで野宿しなくても済むね。さて、私も暁たちが部屋にいるか確認して来よう。」

色々と言いたいことがあったが、何とかゲダツの部屋のチェックインが完了した。
望月も他の姉妹たちがいないかと自らの部屋へ戻っていく。そんな自分も他の姉の暁と妹の雷・電が戻っているか確認すべく自分の部屋へと向かった。

―――――
自分の部屋には此処に到着してすぐ逸れた姉妹たちも部屋に戻っていた。ちょっとした口論になったが程なくして解決し、響は姉妹たちを誘ったが休ませてほしいということから再び響一人でフロントへと戻って来た。

「でも、もう遅い。これから何をしよう?」

>>ALL(望月・ゲダツ)


【青山ブルーマウンテン/海】
――――思わず呟いた一言を聞かれていたらしい。だが、隠すことの程でもないだろう。

「はい…実は私、小説家なんです。」

彼女の方を向きニコリと微笑むとそう告げる。とはいえ、基本的には彼女が学生であったころから通い詰めている喫茶店の手伝いを行なったりあちこちを歩き回っている方が多いが。

「――――あぁ!もうバスが来てますよ!」

何かに集中していると、すっかり時間を忘れてしまいがちだ。ふと腕時計に目をやると既にキャンプ場に向かうバスが来ている時間になっていた。
>>神楽坂倫花・ALL

1年前 No.206

ティーラ(参加者大募集) @akuno1414 ★iPhone=nfdG2H07v5

【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/市場】
『買いすぎてお財布が…』
真宵ちゃんが話しかけた少女は、うるうるとした目で僕らをみる。どうやら買いすぎてお金がないらしい。
すると、真宵ちゃんが
真宵「なーんだ、そういうことなら太っ腹なナルホド君が」
と、期待の眼差しで僕を見ながらいう。
龍一「いやいや、真宵ちゃん?勝手に決めないでくれ」
と、僕は小声で言う。
真宵「えー、なんでよ、買ってあげようよー」
龍一「いや、僕だってお金もう少ないんだしさ」
真宵「しっかりしてよーそれでも弁護士ー?」
龍一「関係ないだろっ!そもそも真宵ちゃん達が…」

>アミティ

1年前 No.207

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=nfdG2H07v5

【USAピョン、未空イナホ/体育館】
『探偵ぷりっ?!すごいぷりね』
イナホ「いやー、それほどでもありますよー」
USAピョン「ま、なりゆきで始めたダニがね」
『大丈夫せっかくの合宿 苦手を克服しましょう』
イナホ「はーい…」
イナホはため息をつきながら返事をした。
『そうですね外周だと車もいますしではグラウンドを走ろうか?一応五周は目安だから無理はしなくていいから』
USAピョン「五周ダニか、了解ダニ!」
イナホ「USAピョン、そのままで走ったら熱くない?ヘルメット脱いだ方がいいんじゃない?」
了承するUSAピョンにイナホはそう質問した。
USAピョン「全然大丈夫ダニっ!」

>テツヤ、みれぃ

1年前 No.208

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=nfdG2H07v5

【リボン、アドレーヌ/商店街】
『構わないよ別については行かないけど少し喫茶店の話を聞かせてくれないかな?犬型機動兵器を持ち込んだ人がいるって情報の真偽を知りたくてね。君達も胡散臭い男に借りがあるままなのはスッキリしないだろ?それを返す意味でも情報を提供してくれないかな』
胡散臭いってのは自覚してんだ…えー、できればこんな人に協力したくないなー。
アドレーヌ「私達みたいな小さな子でもよかったら教えますよ。兵器持ち込んでる人なんていませんでした。」
と、また私はわざとイヤミな言い方で言う。ちなみに、これはあの人が私達に小さな子の力じゃ解決できないという意見にイラっと来たから、あえてそういうのである。

>ヒナギク、臨也

1年前 No.209

黄昏症候群 @forte10☆NeDCG1Klls. ★ge8mulTLE2_nn8

【降魔 漣音/海】

――――こっちこっち
―――――まってよおねえちゃん
――――――はやくこっちにおいで
―――――――だからまってよおねえちゃん
――――――――そんなはしりかたしたらころぶよ
―――――――――うわぁ!
――――――――――ほうら、いわんこっちゃない

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

目の前で波にさらわれて、跡形もなく消えてゆく己の足跡を見ながら、彼女は昔の記憶を紡いでいた。
幼い頃…初めて見た海で。波打ち際を姉弟仲よく走って遊んだ。ちょっと意地悪したくなって、弟を置いて走った。
弟は必死になって自分を追いかけてきた。それが楽しくて、更に距離を伸ばして自分を追わせた。
そうしたら、弟は早く走りたいが故に前のめりになって進むもんだから、つんのめって転んだ。
慌てて駆け寄ったら、自分も砂に足をとられて転んだ。お互いに砂まみれのびしょ濡れ。
目に砂が入って痛くて痛くて…必死に涙を流して砂を目から出そうとしてたら、
自分が泣いてると勘違いした弟はもらい泣き。それを見ていた両親が苦笑いしながら迎えに着てくれたっけ。

ねえ、見えてる?この美しい風景。え?私はなんで見ないのかって?
だって、海の向こうでお前があの太陽みたいに笑ってるみたいで…海を見たら…
“スベテ ナゲタシタク ナルカラ”

彼女が感傷に浸っていると、1人の少女の声が静寂を切り裂いた。

“そんなに下向いとったら海見られへんで。せっかく綺麗なのにもったいない”

彼女はゆっくりと振り向き、俯いていた頭を上げて、琥珀色の左目で少女を見つめた。
右目には怪我はしていないようだが眼帯がされていて、その瞳を見ることは出来ない。

「私は海を見れなかったんだ…。見ていたら……呑み込まれたくなるから…。」

いつもより低めの声で彼女は少女の言葉にそう返した。
普段からハスキーボイスである為、このままでは性別が分からないだろうが、知ったことではない。

「……金色に輝く海が、沈みゆく太陽が、まるであいつが笑っているみたいに眩しくて、綺麗で…」

まるで恋煩いのような言葉を静かに呟くその姿は、
はたから見たら恋人と別れたのに未練を引きずっている男か、愛する人を失った片割れに見えるだろう。
事実、最愛の人物を失っているのだが、それが彼女の双子の弟だとは誰が思うだろうか。

「………嗚呼、やめよう…こんな話は。折角この気持ちを振り払う為の合宿の意味がなくなる…。」

そもそも、合宿に来た理由は心身を休めて『感情を取り戻す事』。
いつまでも彼との記憶に縛られていてはいけない。分かっている。分かっているけど…どうしても手放せない。
振り払わないと。ずっと重い気持ちのままなんて、彼は望んでいないだろうから。

「お前も合宿に来たものか?だったら、これから海でなにが行われるのかわかるか?
生憎、昼寝をしていたから海で何かのイベントがあるとか聞いていないからな…。」

話題を180度回転させて、目の前の少女に海で何かイベントでもあるのかと問いかけた。
目の前の少女は、きっと自分の性別がわからないだろう。半分、それを狙ってこの格好をしているのだ。
男と間違われればなんとなく面白いし、女と見破られれば相手の識別する目に脱帽する。
なにせ、弟とはよく衣服を交換しては女装・男装してかつての友人を騙して遊んでいたのだから。
弟の胸に詰め物をして、自分はサラシで胸をつぶして本格的な入れ替わりをしては
当時の友人たちに何も話しかけずに近寄って、ネタばらしをしては笑い合っていた。
狂い、歪んでしまった彼女の心に、かつての無邪気な悪戯心が芽生えつつあった。

>愛沢咲夜 海ALL

【絡みありがとうございます!漣音の性別に関しては男と間違っても良いですし女と見破ってもいいですよ!】>ヒナ様

1年前 No.210

欠けた茶碗 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_uyQ

【望月、ゲダツ/ホテル】

こうして三人が其々客室へと戻って行ってから多少の時間が過ぎた頃――先にホールに戻って来た響に続いて、赤のラインの入った黒のセーラー服と白のスカーフ。そして制服の左襟に睦月型共通の三日月の飾り…といういつもの出で立ちに着替えた望月がやって来た。肩掛け鞄を持っている事から出掛ける準備はしてあるらしい。

望月「皐月達、よっぽどはしゃぎ回ってたみたいでね。今日一日で色々見て回って来たってさ…それで折角の休みなんだし夜遊びしよう、って言ったらなんでか全員から変な目で見られたよ。――結局みんな疲れたから寝る、だって…見た感じあんたもそんな感じみたいだねぇ」

相変わらず気だるげながらも、幾らか目が冴えている様な様子でんっ…と背伸びをしながら、彼女は響にそう言う。何時もならば布団から出て来るのも億劫な望月が意外と活動的だった為、他の姉達から言わせれば(望月にしては珍しい)と言った処だろう。そうして一人で先程告げた通りまたフロントに戻って来たのだが…

望月「そうだねぇ、夜の街に繰り出して見るって言うのも面白そうだと思うけ…ん?」

廊下の向こう側から…何やらプスプスと焦げ臭い匂いが――

ゲダツ「……………………」

望月「……えっとー、今度はどしたの?」

ゲダツ「――心配御無用、服を乾かしただけだ。」

ズンズンと此方へ歩いて来る蜘蛛頭、まるでサウナか何かに入ってきた様な熱気を纏っている、背中や髪辺りから湯気だか煙が立ち昇っている事から…

望月「(心※あぁ〜乾燥機にそのまま入ったのねぇ…)」

幾らなんでもそんな真似をするとは思わなかったが――

ゲダツ「しかしながら少々暑くて叶わん。夜道の散歩でもして涼もうと思うのだが、貴様らは如何する?」


≫響 ホテル(フロント)ALL

1年前 No.211

不揃いの果実 @tatumi88☆ChU7Z6/SpEs ★DOCOMO=0VZiHrRZuv

【南成佳鉈side/商店街】


佳鉈「ふぅ、あれで一応だが一段落だな……。――――ん?」
ドイツ人の祖母譲りの金髪のショートが風で一凪ぎする。海が近いからだろうか。潮風が少しばかり心地よい。ペットボトルの中のスポーツドリンクを飲み、南成佳鉈は商店街をぶらりと散策している。一段落というのは、仕事場の知り合い達へお土産の配送の手続きを済ませた、ということだ。有給休暇を使ってこの地に観光へとやって来て一通りぶらりと散策は終えようとしていた。その時だった。
何やら、こちらから数メートル先に一人の青年と少女達が居るのが見える。何やら若干、緊張感が伺える。この位置からは何を話しているかまでは聞こえないが、逢い引きの類いとは思えない。あの青年による金銭目的の恫喝行為だろうか?
だが、こちらが動くには時期尚早だろう。あの青年からは只者ではない雰囲気は出ているものの、大ショッカーの改造人間、黒の菩提樹の尖兵、財団Xのエージェント、その他の人に有らざる異形の者という可能性は限りなく低いだろう。何故なら、あのような少女達――――脆弱な相手なら、彼らはわざわざ恫喝などという回りくどいことなど行わなくても、力でねじ伏せて従わせるか、この商店街で率先して破壊活動を行うはずなのだ。それに、大ショッカー、黒の菩提樹、財団Xなどの闇の組織が大胆に活動を再開したという報告は今のところない。
あの青年は、こちらで所詮は高評価したとしても"腕のたつチンピラ"という具合だろう。
まぁ、ガチでヤバくなれば自分があの少女達を助けるくらいはできる。"その程度の力"ならばあるのだ。佳鉈はそのままスポーツドリンクを飲みつつ、少し離れた場所から少女達と青年の様子を伺うことにしたようだった。


>>臨也、ヒナギク、リボン達、その場ALL



【僭越ながら絡ませていただきます。
ちなみに大ショッカーとか、黒の菩提樹とか財団Xとか、佳鉈がいろいろ考察してますが、決めつけではなく"単なるキャラとしてのモノローグ"ですので悪しからずです。それにバトルスレとかではないですので私の方からは戦う気はございません(`・ω・´)キリッ

様子を伺う佳鉈に気付くか気付かないかは皆様にお任せいたします。】


>>臨也本体様、ヒナギク本体様、リボン達本体様



【ザックside/体育館】


『―――俺はもっと強くならなければならない。』


それが、今のザックの両の脚を支える志だった。チームバロンを追放されたシュラが発足させたネオ・バロンの反乱から数ヶ月の時が経った。バロンの名を語り、すばらしいリーダーだった駆紋戒斗を汚して悪事を働くシュラを倒した。しかし、これからもチームバロンには更なる試練が待ち受けているかもしれない。そんな時に、今は亡き戒斗の意思を受け継いで新たなチームリーダーとなった自分が皆を助けて、導かなければならないのだ。例え、戒斗のように強くなることは出来なくても、近付く為の努力は怠ってはならないのだ。
その為のチームバロンの強化合宿だ。
早朝からの基礎トレーニングを全て終え、ダンスの練習をするためにこの体育館を訪れた。


ザック「――――………完全に出遅れてたな」
すでに体育館の中には先客がいた。さて、こちらはこちらでボチボチと始めるか。そう考えて、ザックはひとまず、ステップの練習を始めることにしたのだった。


>>体育館ALL



【他のキャラ達は、タイミングをみて投下していきます。「このキャラと絡ませてくれ」などのリクエストがありましたら、気軽にどうぞです(=゜ω゜)ゞ】


>>ALL様

1年前 No.212

矢澤にこ @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/温泉施設】

「私は…炭酸風呂にしようかな。そのあと露天風呂に集合で」

迷いに迷って銀河は泡風呂、なのははミルク風呂に決めた。銀河は色々説明してくれたけどどれもいいお風呂ばかりで迷った。どうせなら二人が選んだ以外のお風呂にしようと決めたのだ。そのあと二人は露天風呂にいくらしくて後程合流する形になった。

>銀河、なのは

【千斗いすず/甘城ブリリアントパーク】

「そうね、それがいいと思うわ。」

モッフルの提案にいすずは首を縦に降った。そしてエドワードを案内する。そしてモッフルに来るかを聞く。


「モッフルも来る?」

>エドワード、モッフル

【わけます。残りは次レスで】

1年前 No.213

@tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★S0xWjDBvkX_Ony

【アミティ/市場】

「喧嘩はやめてっ!!」

喧嘩してるように見えたため、喧嘩を止めようとしていた。どうしようと思いながらキョロキョロしていた。

>成歩堂たち

【黄前久美子/商店街(神社)】

「あ…はい。」

コクリと首を縦に振ると沖田さんは眠ってしまいました。私はそのまま練習を続けることにしました。
低音は何処までも青空に響くような音色でした。

>沖田

【南みれぃ/体育館】

「USAピョンさんは大丈夫ぷり?みれぃはグランドでもオッケーぷり。」


黒子は無理しなくてもいいとイナホたちに告げるもののみれぃは二人を心配する。そして自分は大丈夫と言う。


>黒子、イナホたち

【高坂穂乃果、園田海未/図書館】

穂乃果たちは海をあとにすると図書館へと向かいました。日も暮れ始め、気づけば時刻は午後3時を回っていました。穂乃果と海未ちゃんは図書館で勉強。来年は受験もあるし気は抜けない。しかし穂乃果は睡魔に襲われてうとうとしていました。

穂乃果「…zZZ」


海未「穂乃果!起きてください」

穂乃果「雪穂ーお茶ーzZZ」


>all

1年前 No.214

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【折原臨也:商店街】


喫茶店で見かけた羽の様な物を付けた子撮影し居た事がこんな風に役に立つとは思ってもいなかったが

『私達みたいな小さな子でもよかったら教えますよ。兵器持ち込んでる人なんていませんでした。』

どうやら子ども扱いされた事を根に持っている様だ子供扱い受けて怒る事自体が子供だと言うのに
まぁそれでもいないと分かったのは一つの収穫だ。これで粟楠快から受けた仕事も一先ず完了かな勿論この証言だけで無いと決めつける気は無いが

「十分役に立ったよどーも……それとそこのお姉さん?俺達に何か御用でもあるのかな?」

体の向きはリボン達に向けながらも首を、先ほどからこちらを観察している者の方に向けて話しかけてみた
これまた珍客で観察しがいがある人物の様だが観察されるのは面白くない

「俺達はただ仲良くお話をしているだけで……そう眺めても面白い物じゃないと思うけど」

からかい半分悪意半分だった事を棚に上げて楽しくお話とシャアシャア言ってのけるが、彼女の顔はどこかで見た記憶がある
何処かの研究機関のデータの中で確か……南成 佳鉈だったか?
その真意をぼかす様な不敵な笑みを受けべていた


>>リボン達、南成 佳鉈、ヒナギク

1年前 No.215

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河/温泉施設】

ー じゃあ、わたしはミルク風呂の後に露天風呂にしようかな −

自分の温泉の効能についての話を聞いてたか。
それとも、なんとなくかはわからないけれど。

なのはは、ミルク風呂から露天風呂にする、ということにしたらしい。

「…いいんじゃないか?…ミルク風呂は年齢問わず女性向けのものだしな。
…適当に入ってあがったら…」

またここに集合にするか?と言おうと思った。
…ところが、だ。


ー 私は…炭酸風呂にしようかな。そのあと露天風呂に集合で −

「…それはたぶん無理だと思うぞ?…露天風呂が、水着着用必須の混浴風呂だったらまだわからんが。…まぁ、なのはとフェイトはそれでいけるだろう。」


>なのは、フェイト

1年前 No.216

ジャックドー船長・暁型2番艦 @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【エドワード・ケンウェイ/】
「菓子が嫌いな…設定?―――まあ、砂糖を使った食い物なんてものは滅多に食えないからな。」

設定と言う言葉が気になったが、深くは触れず。

今でこそポピュラーなものだが、ケンウェイが生きた18世紀、砂糖は纏めて略奪して売れば相応の儲けになるほどの高級品であった。砂糖を作る側であったケンウェイ自身、砂糖というものを使った食べ物を食べる機会はほぼなかったわけだ。
――――だが、ここの奴らはそんな貴重なものを誰かに送れるほど所持しているのか。きっと大富豪に違いない。内心ではそう思った。

そして、モッフルは次のアトラクションに対して言及する。今度は花畑のようだ。

「花畑…おい、今度こそまともな場所なんだろうな?」

訳の分からない速度で翻弄されたネズミ狩り、そしてこの微妙な雰囲気であったミュージカル…ここまでくると流石にただ無条件に楽しいだろうと思うほど能天気ではない。若干訝しみながらいすずに質問する。

>>千斗いすず・モッフル・ALL


【響/ホテル】
受付付近の椅子に座って待っていると、パジャマ姿からいつもの姿に着替えた望月がやって来る。皐月たちも暁たちと同じく変な目で見られたようだ。

「普通に考えたら暁や皐月たちの方が正しい反応だよ。私も関係が無かったら一日食堂にいたといった方をおかしいと感じていたな。」

そんなことを話していると、焼け焦げたような臭いが鼻を劈く。何があったのかと思っていると、全身から煙と熱気を纏った蜘蛛頭の男の姿が。何があったのかは察するまでもないだろう。
「……ハラショー」

出会ったときからぶっ飛んだ行動を行ない続けるゲダツに呆れながらも

「部屋に戻っても皆眠ってるから、ゲダツに付いていくよ。この時間帯ならまだ結構な店もやっているだろう。」
>>望月・ゲダツ・ALL

1年前 No.217

雷帝 @andouken ★Android=NxHITw8hsq

【黒子テツヤ:グラウンド】

みんなでアップしてグラウンドを走ることになったが

『五周ダニか、了解ダニ!』

『USAピョン、そのままで走ったら熱く ない?ヘルメット脱いだ方がいいんじゃない? 』

いやメット云々ではない気がしたが

『全然大丈夫ダニっ!』

本人がそう言っているが南さんも

『USAピョンさんは大丈夫ぷり?みれぃはグラ ンドでもオッケーぷり。』

そう言ってるので、二人に聞こえないよう小声で

「イナホちゃんもだけどUSAピョンを気にかけていましょう」

中の人がどんな人か分からないが着ぐるみを来ていてはイナホ以上に不安がある事を伝えて体育館からグラウンドに移動しようとした時に新しく体育館に入って来た人とすれ違ったねで軽く会釈をしてグラウンドに出た

「じゃあ走りましょう」

黒子はランニグを始め走りながら体育館に入って行った人をチラリと見ると
軽快なステップを踏んでいるのが見えた。
彼も南さんと同じ様に、ダンスの合宿に来たのかな?

>>南さん、イナホ達、(ザック)

1年前 No.218

白い悪魔☆Ibq7BGr7nio ★KeATH86P8l_qfd

【温泉施設/なのは】

(あれ?今、夜空くん炭酸風呂って……)

フェイトちゃんは聞き間違えたのか夜空くんが選んだのは泡風呂だと思っているようです。
でも、実際は夜空くんは炭酸風呂だと言ってたので、このままだと二人が炭酸風呂に行ってしまいます。

「そうだね。夜空くんは『泡風呂』みたいだから、その後露天風呂で集合でいいと思うよ」

なので、わたしは笑顔で夜空くんに伝えます。流石に男女二人っきりでお風呂は危ないし夜空くんもわかってくれるよね?
それからミルク風呂へと向かおうとしたところで(脱衣所にて水着レンタル中)と書かれた看板を見つけました。よく見ると混浴用と書かれてたのでお店の人が用意してくれたものかもしれません。

「フェイトちゃん、夜空くん。露天風呂に来るときは水着を着て来てね」

そう告げるとわたしは一足早く脱衣所へと向かいました。

>フェイトちゃん、夜空くん



【ホテル→商店街/うまる(干物妹)】

大きなベッドでごろごろするうまる。なんとうまるは合宿旅行に当選したのだ。
しかもホテルの料理は食べ放題。テレビやゲームやパソコンだってある!
まさにうまるのパラダイス!学校も行かなくていいし、うるさいお兄ちゃんもいない。

「ぬへへ、お兄ちゃん。今頃うまるがいなくて困ってるかも」

帰ってきた時にはうまるの有り難みが身にしみてるだろうね。
そんなこと思いながらゴロゴロすごすが、なんかいつもよりつまらない。
クーラーも効いて快適に過ごせてるのに、ゲームをしても途中で飽きてしまう。
思い浮かぶのは海老名ちゃん、切絵ちゃん、シルフィンさん、それとお兄ちゃん。

「し、仕方ないなぁ。うまるがみんなのお土産を買ってきてあげるよ」

誰に言うでもなく呟くとテレビとクーラーの電源を切ってホテルを出た。
確かこの近くに商店街があったはず。ついでにポテイトとコーラも買ってこようかな。

そう思いながらホテルを出て商店街に向かううまる。だけど、あの時のうまるは動揺してたのかいつものフードを被ったまま外に出て行ってしまったのだ。

>ALL

1年前 No.219

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★UPFAV0GEPT_nHx

【銀河「」トラッシュ『』/温泉施設→泡風呂】

フェイトの「露天風呂で集合」という言葉に、苦言をした後。
…銀河は少し心の中で「……ん?」と思っていた。

フェイトは…露天風呂の前にどの風呂に向かうといっていた?

たしか…たしか…


ー 私は…炭酸風呂にしようかな −

「(…Out…だな…)」

これはアウトだ。
…それに気づいた瞬間、なのはがこちらをみて声を上げた。


ー そうだね。夜空くんは『泡風呂』みたいだから、その後露天風呂で集合でいいと思うよ −


仕方ないため。
泡風呂に向かうことになった。

…まぁ、ここで「俺が炭酸風呂に行きたい」とわがままを言うつもりはない。

そのまま、泡ぶろに向かおうとした時だった。


ー フェイトちゃん、夜空くん。露天風呂に来るときは水着を着て来てね −


「……」

なのはが、声をかけてきて。
…その言葉が気になりながらも、脱衣所に向かうと…


ー 脱衣所にて水着レンタル中 −


「……なるほど。」


その看板には混浴用とも書かれていた。
…なるほど。一度仕事で向かったときの宿泊に利用した旅館の露天ゾーンみたいに。

思わず、なるほど。と呟いてから。

脱衣所に入り、水着をレンタルし。

着替えを済ませて、そのまま泡ぶろに入っていった。



>なのは、フェイト、ALL

1年前 No.220

ヒナ @linnvo☆eQLF5/fJvizN ★6O1STZoCNm_M0e

【桂ヒナギク/商店街】

貧相な物を人並みにって……そういうことよね……?
ビキビキと怒りに顔を強張らせるが……落ち着くのよ私。いくら自分のコンプレックスを小馬鹿にされたとはいえ、こんな人を舐めたように言いたい放題言う奴の口車に乗ってはいけないわ。元々この男に用は無いんだから、関わるだけ時間の無駄!抑えて抑えて……。

「……おほほほ、余計なお世話ですー」

いかにもな作り笑顔で一言だけ返した。

そして、女の子は相談に乗ると言ってくれる。

「ほんと!?ありがとう!!」

よかったー。これで選びやすくなる!やっぱり女の子らしい物が欲しいときは可愛い子に訊くのが一番なのよ!女の子って困ったときはお互い様なんだから!

でも、この二人が話してる、兵器を持ち込んだとか……何の話なのだろう?

それと……この男は喋りかけてるけど、こっち見てる奴がいるわね。
何をするつもりか知らないけど、か弱い女の子共々また変な目に遭わないうちにさっさと離れましょ。

「じゃあ、早速行きましょっか。要件はお店の中で話すわ」

二人の女の子に声をかけ、雑貨屋へ向かおうとする。

>折原臨也、アドレーヌ、リボン、南成佳鉈


【愛沢咲夜/海】

何故寂しそうなのかを尋ねるつもりはなく、ただ慰めようとするわけでもなく、さり気なく話しかけた咲夜。どうしてこの人は、綺麗な海辺で下ばかりを見ているのか。
此方を向いたその人は、右目は眼帯で隠され、琥珀色の左眼だけが見えていた。

“私は海を見れなかったんだ…。見ていたら……呑み込まれたくなるから…。”
“……金色に輝く海が、沈みゆく太陽が、まるであいつが笑っているみたいに眩しくて、綺麗で…”

「ふーん…………」

小さく相槌を打つ。この人、服装男っぽいし声低いしやっぱり男なんやろか?なーんか少し違和感があるが……ま、今んとこどっちでもええけどな。その内だんだん分かってくるやろ。
にしても、この人の台詞からして、最近とても大事な人を失ったのだろう。恋人か、家族か……しかし愛人と別れた。と言うには雰囲気が違う。この病み方は、たぶん死に別れだ。
咲夜は大事な人の死を経験したことはない。でも、愛する家族と死に別れた少女を痛いほど見てきた。その人は咲夜の叔母、一応親戚であり、もう10年くらい昔のことやけど。

“………嗚呼、やめよう…こんな話は。折角この気持ちを振り払う為の合宿の意味がなくなる…。”

ほう。自分が合宿に来たんはそれか。確かに、気分転換にはちょうど良さそうや。その哀しみをたとえ完全に忘れられへんでも、その状態で決意できるってえらいやん。なら、ウチはもしかするとピッタリかもしれへんなぁ……。
胸の中でわくわくさせながら思う咲夜。

“お前も合宿に来たものか?だったら、これから海でなにが行われるのかわかるか?
生憎、昼寝をしていたから海で何かのイベントがあるとか聞いていないからな…。”

「せや!まー実はウチもこの辺のイベントまだ何も知らんのやけど、このまま海で何もせえへんのもつまらんしな。でも、もし今夜何かやるとしたら、今頃どっかで準備しとるかもわからへんで?せやから、ほなっ!……ちょっくら探してみようや?」

明るく返答する。咲夜も合宿場で行われるイベントのことはまだ何も知らない。一発どっかでお笑い劇場でもやってくれればすっ飛んで行くんやけどなあ。
でも、せっかくの海だ。合宿生活の間何にもやらないはずはないだろう。もしかしたら、今夜も何か行われるかもしれない。だから探そう。
咲夜はその性別不明人の腕を取り、笑顔で誘う。見つかれば楽しむ。見つからなくたっていい。探している間に何か面白い事に出会うかもしれない。そうして少しでも……この人の助けをしてやろう。

【どちらかというと男と思ってる感じですが、違和感を感じている風になりました!】

>降魔漣音、海ALL

1年前 No.221

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★S0xWjDBvkX_Ony

【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/温泉施設】

「……じゃあ私は泡風呂にしようかな。」

なのはに言われてふと気付いた。そして泡風呂へと変更したのだ。水着貸し出しがあるみたいなのであとで借りにいこうと思う。


>なのは、銀河

【千斗いすず/甘城ブリリアントパーク】


「勿論楽しいところよ」

棒読みで無表情のままで楽しいところと告げる。いすず自信楽しそうな表情じゃないので楽しいかどうかは本人(エドワード)次第だろう。

>エドワード、モッフル


【南みれぃ/体育館→グランド】

「じゃぁ走るぷりっ」


勢いよく体育館からグランドへと向かうみれぃたち。時々USAピョンが気になるのかキョロキョロ見る。

「黒子君…やっぱりみれぃは気になるぷり…」


中の人が相当気になるのか黒子に声をかける。着ぐるみにはあまり慣れてないみたいだ。

>黒子、イナホたち

1年前 No.222

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=XAxd6I4QSG

【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/市場】
春美「そうですよ!お二人とも、喧嘩はよくありませんよっ!」
少女に続いて、春美も二人を止めた。
龍一「あ、ご、ごめん…」
真宵「けんかしたつもりはないんだけど…」

>アミティ


【USAピョン、未空イナホ/体育館→グラウンド】
イナホ「それじゃ、行きますか!」
USAピョン「待つダニイナホ〜」
彼らは勢いよく体育館を飛び出した。
USAピョン「イナホ、ミー、なんか視線を感じるダニ…」
と、小声でイナホにそう言う。それに対してイナホは
イナホ「なめきちがめずらしいんじゃなーい?」
と、ふざけた調子で言う。
USAピョン「てめーもういい加減にしろ!」
>みれぃ、テツヤ

【リボン、アドレーヌ/商店街】
ふぅ、また誰か来たみたいだけど、とりあえず、まきこまれないうちに行こうか。
アドレーヌ「はい、わかりました。」
私達は雑貨屋に入った。
>ヒナギク、all

1年前 No.223

不揃いの果実 @tatumi88☆ChU7Z6/SpEs ★DOCOMO=0VZiHrRZuv

【南成佳鉈/商店街】


佳鉈「いやなに。お姉さんは、ただのしがない観光客さ……。―――キミこそ、私に興味があるのかな」
堂々と観察していたわけではないが、どうやら向こうからこちらに話し掛けてきた。気付きながらも無視して話を続けることも可能だったはずだがわざわざ声をかけてきたのならば、これなら"好都合"だ。この青年が何者かは知らないし、佳鉈自身も今のところ興味はない。だが、向こうがこうして興味のある趣旨があるようだし、まぁ"退屈しのぎ"にはなるかもしれないと、佳鉈はそう考えているようだった。


佳鉈「それより、喉は渇かないか?―――お姉さんのでよければ、一つあげよう」
佳鉈はこのタイミングでカバンからもう一本のスポーツドリンクの入った"未開封のペットボトル"を取り出した。ペットボトルは本当に未開封で開けた痕跡も、中に何かを混入した形跡も一切合切ない。本当に何の変鉄もない。ただのスポーツドリンクの入った未開封のペットボトルだった。それを青年へと手渡そうとする。このタイミングでなぜ、この名も知らない青年へ飲み物などを渡すのか?佳鉈は何を考えているのだろうか。


>>臨也、(ヒナギク、リボン達)、商店街ALL

1年前 No.224

白い悪魔 @kuromomo☆Ibq7BGr7nio ★iPhone=j1fgHOXeFb


【温泉施設(ミルク風呂)/なのは】

「ほんとに真っ白だなぁ」

フェイトちゃんと夜空くんと一旦別れたわたしは脱衣所で借りた水着を着てミルク風呂に入ってました。
ミルク風呂は名前の通り真っ白でほのかなミルクの香りがします。心なしか肌がツヤツヤになったかも。

「二人も今頃温泉を楽しんでるのかな……」

フェイトちゃんは炭酸風呂、夜空くんは泡風呂に入ってると思うので、後で感想を聞こうと思いました。

>特に宛名なし

【図書館/うまる】

「……あれ?おかしいなぁ。地図にはこっちって書いてあったはずなのに」

商店街に向かっていた筈が知らない通りに出てしまった。周りを見渡してもお店は見当たらない。
もう一度地図を見てみたら、地図じゃなくてゲームの攻略マップだった。

「なーんだこれ攻略マップじゃん。って事はうまる迷子になったの?!」

どうしようどうしよう。このままうまるは路頭に迷って死んじゃうかも。助けておにいちゃーん。
涙目になりながら顔を上げれば目の前に図書館があった。

「そうだ!図書館なら地図あるかも!」

希望が見えて元気になったうまるは図書館の中に入って行ったのだった。

>図書館ALL

1年前 No.225

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【折原臨也:商店街】


『……おほほほ、余計なお世話ですー』

ヒナギクはそう笑顔で言ってるが目に見えて作り笑顔だ。
これだけで三万の価値はあったかと笑いをこらえながらがらヒナギクを観察していたが
一瞬だが別の人物と話している内にヒナギク達は

『じゃあ、早速行きましょっか。要件はお店の中で話すわ』

『はい、わかりました』

短い会話をして雑貨屋に入っていったが犬型機動兵器に関する情報とヒナギクの反応と得る物も得し

『いやなに。お姉さんは、ただのしがない観光客さ……。―――キミこそ、私に興味があるのかな』

そう今の興味は彼女いや彼女の持つロックシードにあった……
雑貨に屋に入ってしまったヒナギク達をよそに距離を詰めていく

「興味と言うほどではないが彼女達は雑貨屋さん入ってしまったし暇つぶしの相手は欲しいかな」

意味深な笑みを浮かべながらも会話をする臨也に何を思ったのか

『それより、喉は渇かないか?―――お姉さんのでよければ、一つあげよう』

だが喉は乾いないし開封はされていないが製造から関わっていれば異物の混入は不可能では無いしかしそんな事は些細な事だそれよりも

「そんな物より俺はロックシードをもらえると嬉しいけどね?君の噂は聞いているよ何でも15の力を秘めた仮面ライダーなんだろ?」

こちらがつかんでいる情報をすべて開示する必要は無いと考え敢えて最後の部分を間違えておいた
上手く彼女と協力関係を作れたら今後の事態に対処する駒が出来るなど考えている様には見えない笑顔で話していた


>>南成佳鉈


【ヒナ様:ハヤテネタに乗っていただき感謝です。ハヤテの手に残る小銭、プラマイ的に損になる事を数万で引き受ける雪路、サクのハリセンツッコみとか好きなので感謝です】

1年前 No.226

VD @recruit ★2wBeFhWWiK_M0e

【神楽坂倫花/ビーチ】


>>206


「そうなんですか!?
 それは、ちょっと意外でした。小説家さんっていうと、難しい感じの人ってイメージがあって。」

 その点青山さんはどちらかというと──むしろその逆の印象。
 港で会った時から、抱いたのは柔らかな人となりと言った感じだ。

「あ、じゃあ普段はどんな小説を書いて……。」

 と。
 質問しようとしたところで、思い出した。
 わたしたちはバスが来るまでの合間を縫ってここにきていたということに。

「わ!ほ、ホントだ!
 どうしよう、急いだほうがいいかな……。
 ううん──よし、青山さん、私の背中に乗ってくれませんか?」

1年前 No.227

欠けた茶碗 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_uyQ

【望月、ゲダツ/ホテル→移動開始】

望月「確かにね…“あんな事”にならなければあたしもとっととあの場(食堂)から引き揚げてただろうし、ほんとう(誰かさん)のお陰だよ。」

フロントからすっかり陽が落ちた屋外へ歩きながらそう望月は響の言葉に相槌を打ちつつ、相変わらず乾燥機に突っ込んだせいで熱気と湯気をもわもわと背中から漂わせている蜘蛛頭の大男(ゲダツ)を少々恨めしげな視線でジト見する。何だかんだでやはり、定食の件は中々忘れられないらしい(尤もそんな視線を向けられている本人はまるで気付いていないが)

一方のゲダツは

ゲダツ「うーむ、やはり夜風は気持ちがいい。――こういう夜はやはり、キリッとトロッとした冷酒をグイッとだな。」

望月「――つまり呑みに行こうって訳?、おっさんは良いだろうけど見ての通り一応あたしらは…というかおっさん一文無しじゃなかったけ?」

ゲダツ「ふっふっふ、実を言うとだな。先程(チェックイン)した際にきゃんぺーんだとかなんとかで、飲み食い放題の券を係の者から頂戴したのだ。」

説明しつつゲダツが何やら得意げに懐から取り出して二人に見せたのは(島内飲食店で使用可能)と記された団体用の食事券、計四枚

望月「へぇ…成る程――そういう事ならいいねぇ。ちょっとやる気わいてきた。」

ゲダツ「む?」

ガラッと掌返し。

(タダ)という言葉は実に魅力的である。昼に食べ損ねた分も含めて頂きつつ――姉達には内緒でちょいと晩酌に付き合ってやっても良いかな?と望月は考えていた。一応建前では自分も響も(未成年)ではあるが、其処は(艦娘)だ。酒をやる事が全く無い訳では無い(寧ろ望月の場合は割と呑む方でもある)――まぁ呑まなくてもソフトドリンクとか美味しい料理辺りをつまむという手もあるし…

望月「まぁあたしの一存だけじゃアレだし最終決定は響が良ければだね〜というか、お酒呑まなくても夕飯を其処で食べれば良いんじゃない?――まだ時間があるからそれまでは散歩しようか。行き先は任せるよ…」

ゲダツ「では先ずは商店街辺りに行ってみようぞ。昼と夜ではまた見方が違って面白いかもしれん。」

望月も響と同じくゲダツの行き先に付いて行く事にした…結果として一行は商店街へ向かう事になった。


≫響 周囲ALL


【エドワード・カーンビ、アリシア/酒場】

カーンビ(心※…少々ベルモットの入れ過ぎだな。)

夕暮れ時――カウンターに座り、ドライ・マティーニのグラスを半分空けつつ(探偵)はふとそんな事を思う。元々辛口を好んでいたのでこのカクテルを注文したが、店によって(割る)ジンの量が違うのは当たり前だ。甘口が気になるのならば前以って分量をセルフオーダーするという手もあったが、バーテン独自の味を探すのもまた酒飲みの一つの楽しみ方である。

―レッド・バードで

自分の隣の席に座る“誰か”他に席が空いているというのにわざわざ此方を選んで来る者――其方へ顔を向ける事無く顔に傷の入った(探偵)は肴のピンチョスを摘んで口に放る。

―お隣、いいかしら?

カーンビ「構わんさ、だが…席なら幾らでも空いてるだろう?」

そう言って(相手)の方へ顔を向け――少々げんなりした表情を浮かべる。そこに座る長い黒髪に血の様な深紅のロングドレス姿の女、何処と無く人間離れした妖艶さを醸し出している――(魔女)、いつもの(得物)といつもの(装束)ではないとは言え魔的なのは変わらない。

アリシア「前々回の“仕事”以来ね?、“傷”の具合はどう?」

カーンビ「本当に配慮しているならお前さんみたいな手合いが近付くのを控えるべきだと思うがな。それで?今週は休暇って訳かい?魔女さん」

(探偵)は(探偵)でも己の場合は“あの時”から真っ当な(仕事)に有り付く事が出来なくなっている…――人とは外れた理(ことわり)に放り込まれ、既に数世紀も(生きて)いるのだから仕方が無い。

アリシア「そうね。仕事ついでにのんびりするつもりだったのは認めるわ。」

注文した血の様に赤いトマトベースのレッド・バードを一口飲んで彼女は何てことないと言う様にそう答えた。

カーンビ「その言い様だとまた面倒事か?勝手にすればいいが間違っても俺を巻き込むなよ?」

アリシア「いいえ“仕事”自体はとっくに終わってるし……今日の貴方、いつもと少し違うわね?やたらとムキになってるというか…」

話した処でロクな結果になりそうに無いのと、借りを作るのが嫌だったので(魔女)の質問に(探偵)はだんまりを決め込んだ。一方の(魔女)の方は何かと興味有りげに彼の様子を伺っている。

≫酒場ALL

1年前 No.228

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【黒子テツヤ:グラウンド】


『じゃぁ走るぷりっ』

『それじゃ、行きますか!』

『待つダニイナホ〜』

そおれぞれにグラウンドを走り出したが南さんから

『黒子君…やっぱりみれぃは気になるぷり…』

そう言われれば何というか

「いえ気になると言っても、健康状態的に……あんな重い物を着たままグランド五周は」

正直中の人が自分なら死んでいるかも知れないと思う部分がある
当のUSAピョンと言えばこちらの視線が気になるみたいだ


【ティーラさま:今だ黒子は妖怪を知らないのもあり着ぐるみと勘違い中ですが着ぐるみでは無い事を言ってもOKですよ飲食とかの行動でも可です】

1年前 No.229

RAY @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【響/ホテル→移動中】
外はすっかり陽が落ち、灯りが燈り始めている。従業員から変なモノを見られるような眼で送り出されたが、当てはない。
そんな中、大男が酒場に行って酒を呑みたいと言った。

「酒場か。私と望月の見た目だと入れさせてはもらえなさそうだね。」

艦娘は見た目相応の年齢かは分からない。だが、響も酒を呑まないわけではない。しかし響も望月も見た目は幼い子供。事情を知る鎮守府近辺であればともかくここは鎮守府から遠く離れた孤島。すんなりと通してくれるとは思えなかった。入店に時間がかかるなら向かわない方が賢明か。
―――そんな彼は思い出したとばかりにチケットを取り出す。どうやらフロントで受け取った物のようで、内容は島内に限り使用できる食べ放題呑み放題。どこぞの正規空母が聞いたらすぐにでも向かおうとするのが目に浮かぶ。

「食べ放題に呑み放題――――実にハラショーだ。」
「それなら、商店街に向かおう。あそこなら食事にも困らない。」

そろそろ夕食時といった時間もあってか、響も目を輝かせる。
とはいえあんなことがあった食堂に再び向かうわけにもいかない。と、なれば商店街。あそこに行けばメジャーな料理であれば大概網羅されている。一路、商店街へ向かうのだった。

>>望月・ゲダツ・ALL


【青山ブルーマウンテン/海】
気が付けばもうバスが視界に入っている。質問にも答えられそうになく、走らないと間に合いそうにない。
そんな時、倫花は自分の背中に乗ってほしいという。乗って一体何をするのだろうか?

「…ええと、背中に乗ればいいのですね?」

彼女が持つ強い好奇心の方が勝り、急いで背中に飛び乗る。焦りながらも、内心ではこれから何が起こるのだろうかとワクワクしていた。
>>神楽坂倫花・ALL

1年前 No.230

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★S0xWjDBvkX_Ony

【アミティ/市場】

「そうなの…?」


確認のため、もう一度聞くと首を傾げる。アミティには喧嘩に見えたらしい。
喧嘩じゃなかったならいいけど。


>成歩堂たち


【南みれぃ/グラウンド】

「視線…??」

USAピョンが視線が気になると言ったのでみれぃも後ろを確認する。特に誰もいない様子だが、気のせいじゃない?と思った。

「確かに…着ぐるみの中って暑いし重いから大丈夫かな…」


中の人を思うと苦笑する。着ぐるみのイメージを考えると暑くて重い。五周は無茶苦茶だったかなと反省する。三周くらいにしとけば良かったかもと思った。


>黒子、イナホたち


【高坂穂乃果、園田海未/図書館】

〜海未視点〜

図書館で勉強をしていると一人の女の子が入ってきました。穂乃果は相変わらず夢の中です。穂乃果はもうほっときます。女の子は少し困っているみたいです。声をかけることにしました。

「こんにちは。どうかしましたか?良ければ私がお手伝いします!」


>うまる、all


【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/温泉施設】

結局炭酸風呂へ向かったフェイト。なのははミルク風呂、銀河は泡風呂。後でこの2つも入ってみようかなと思った。炭酸風呂はシュワシュワとした炭酸があるお風呂。まずは体を洗ってからお風呂へと入る。ぽかぽかとした感じが全身を包む。

「二人は今頃どうしてるのかな…」

数十分後タオルを巻いてその場を後にすると露天風呂へと向かう。


>なのは、銀河

【大空あかり/港→商店街】

私は今商店街へと向かってます。何故かと言えばお祭りがあるらしく、私はお仕事でこのお祭りのことをテレビで紹介したりライブをするからです。今からワクワクです。下見にきました。

「うわー!広いなー!あれ…?」


ふと見るとグループの子たちが居ました。何してるんだろと思ったので「すみませーん」と元気よく声をかける。


>ヒナギク、折原、アドレーヌたち、佳鉈、all

1年前 No.231

不揃いの果実 @tatumi88☆ChU7Z6/SpEs ★DOCOMO=0VZiHrRZuv

【南成佳鉈/商店街】


なるほど。只者ではないとは思っていたが、どうやら目の前の青年は"向こう側"の者で間違いないだろう。ロックシードを欲しているようだが、彼は大きなミスをしている。何故ならロックシードが主に流通しているのは沢芽市。沢芽市では"仮面ライダー"という呼称ではなく"アーマードライダー"という名称で通っている。これで目の前の青年は沢芽市の人間ではないということが分かり、15の偉人の力を使うライダーについては最近、確認されたばかりで佳鉈自身も上手く把握はしていない。上司である室長や主任であれば話は別かもしれないが。まぁ、青年のブラックジョークの可能性が高そうだが。
以上のことを踏まえて、目の前の青年は"向こう側"であると判断したまでだった。いや、何か意図があって敢えてシッポを掴ませたのだろうか?特に佳鉈は表情に出すことなく口を開く。


佳鉈「フフフ、"勉強熱心"なことはとても良いことだ。―――しかし、私からロックシードを貰っても期待外れなだけだぞ。私の持つ物は"第二世代"だからな……」
目の前の青年がドコまで知っているかは知らない。だが、しかし佳鉈は自分からロックシードを貰ったところで期待外れなだけだとフッと笑みを浮かべて答えたのだ。何故なら佳鉈の作り出したものはかつて沢芽市に流通していたものではない。今までデフォルトだったインベスをクラックから召喚する機能をオミットして、単にドライバーを装着してロックシードをセットしてからの栄養接種、変身機能のみの"第二世代"だ。これはかつて、今は亡き戦極凌馬が作り上げたロックシードで一部の所持者がインベスを不正に召喚して悪事を働いていたという例が報告にあり、兵器としての利用価値を下げて"緊急時の護身目的の防犯グッズ"としての位置付けにするというプロジェクトによるものだ。大ショッカー、黒の菩提樹、財団Xのような闇の組織ならまだしも、佳鉈の組織は国連レベルの機密組織だ。危害を及ぼす利用は容認できない。その為の次世代開発だった。
目の前の青年がドコまで知っているかは知らない。だが、しかし"The Ark"は国際研究機関で幹部職員となれば情報封鎖のプロテクトは幾重にもかけられている。ハッキングで全て打ち破る前に新たなプロテクトが瞬時に自動構成されて行くシステムを導入している。
恐らく目の前の青年は、正規ではなくドコかの組織がかき集めた情報を手に入れているのだろう。その点に関しては、特に間違った情報でもないので佳鉈はつっこまなかった。
よって、第二世代ロックシードは戦極ドライバーを用いて機能させなければならない。佳鉈のゲネシスドライバーは使用者の認証機能が搭載されていて例え、この場で目の前の青年にゲネシスドライバーを奪われてたとしても、佳鉈以外は佳鉈のゲネシスドライバーは使えない。むしろ、ゲネシスドライバーはエナジーロックシードを装填しなければ本来の力は発揮できないのだ。


佳鉈「ロックシードが欲しいなら私より錠前ディーラーというセールスマンを頼ると良い。―――私の紹介だとでも適当に言えば、二割引きくらいはしてくれるだろう」
佳鉈は自分よりも錠前ディーラーと呼ばれるロックシードのセールスマンを頼ると良いと告げて先ほど目の前の青年に渡そうとしていたペットボトルのフタを空けて中身を飲み始める。本当に未開封で何も混入などしていなかったのだ。あの未開封のペットボトルは、単にリアクションを見るための口実に過ぎなかった。
それよりもなぜ、佳鉈は開発者であるにも関わらず、わざわざセールスマンを勧めたのか。別にこれについては本当にリアクションを確かめるためではない。何故なら、錠前ディーラーの中には次世代より旧世代の方が高く売れるという理由で、沢芽市に流通していたインベスをクラックから呼び出すかつての旧世代ロックシードを販売している者も何人か居るからだ。兵器としての色合いを持つ旧世代が欲しいなら自分よりもセールスマンを頼る方が得策だという、あくまで佳鉈自身の善意だった。ちなみに錠前ディーラーといってもユグドラシルのシドではない別の第三者達だが。


>>臨也、商店街ALL

1年前 No.232

スピリチュアルな先輩 @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【東條希/図書館】
穂乃果と海未が図書館にやって来る少し前――――――――

「あれは…穂乃果ちゃんと海未ちゃん?」

□'sメンバーの大多数もこの島にやって来ているが、希もまたこの島を訪れていた。他のメンバーとは別行動を取っていたが「偶然」通りかかった図書館の前で彼女と同じ□'sのメンバー、穂乃果と海未を目撃した。隠れて見ていたが二人は図書館に入っていった。しばらくすると、二頭身の女の子が図書館に入っていく。すかさず彼女も図書館に入っていった。

―――――そして現在。
大きな図書館だ。ちょっとすれば迷子になってしまいそうな広さであるが、本棚の先にさっき見かけた二頭身の女の子となじみ深い二人を見つめ気を見計らうと

「―――――海未ちゃんと穂乃果ちゃんもここに来てたんやね。それと、この子…お父さんやお母さんと逸れたんかなぁ?」

海未に向け話しかける。穂乃果は寝息をたてているようだ。そして気になるのはこの小さい女の子。両親と逸れたのだろうか?

>>高坂穂乃果・園田海未・土間埋・ALL

1年前 No.233

参加希望 @20001221 ★3DS=QtmwWMFjXs


【西谷夕→体育館】

『おーす!!!ってあれ?
だれもいねぇ。』

と。
勢いよく体育館のドアを開ける。
そう。この小さい少年は
鳥野高校 高校2年
バレー部のリベロ西谷 夕だ。
部員の中で一番小さい体の持ち主。
いつもは、ふざけてばっかで
マネージャーにでれでれしている。
だか、
バレーのことになるとふざけている時
と変わって。
まるで、人が変わったよう。
鳥野高校の守護神とも呼ばれるほど
リベロとして神の領域。

『おいおい、だれもいねぇーじゃん。はぁー、、、、っしゃぁ
一人で練習すっか!』

そういうと。
体育館の中で部活着に着替え
たんたんとウォーミングUPを始める

<キュ キュ キュキュュ キュッ>

体育館にシューズの音が
響きわたる。

『よしっ。そろそろ始めるか。
………………って俺一人じゃ
意味ねえーじゃん!』

自分がリベロだから、
アタックをしてくれる人がいなければ
リベロとして練習ができない。
そのことに気ついた。

そして、体育館のなかを
ひたすらに歩き続ける。
時々響くシューズの音が一人寂しそう

『はぁ〜。だれかこねぇーかな?』

そんなことを大きな声で言うと
その場でボールを受ける
シュミレーションを始める。


……ALL様。

【初心者なので文が少しおかしい点があるかも知れませんがお許しくださいそして、絡み募集です。】

1年前 No.234

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【折原臨也:商店街】

目の前にいる女性、南成佳鉈は資料にあった通りロックシードの関係者らしく

『フフフ、"勉強熱心"なことはとても良いことだ。―――しかし、私からロックシードを貰っても期待外れなだけだぞ。私の持つ物は"第二世代"だからな……』

第二世代かなるほど思っていた以上に多種多様な物があるらしい
そしてロックシードについて語った自分と関連団体との関係性を疑われるのも面白いと言えば面白いが
少し立場をハッキリさせておいた方がよさそうだ彼女と敵対している組織の人間と思われ攻撃などされる危険もある

「そう警戒しなくてもいい俺はただのしがない情報屋に過ぎないし時には君の組織に協力したりもしてるんだぜ」

そうこの言葉には嘘はないだだ抜けているだけだ財団X等の彼女と敵対勢力にも情報提供もしていると言う事が
いわばどちらの味方と言うわけでは無いしいて言えばアーマドライダー達と怪人達の手首にチェーンを巻いてあげている人
そしてそのチェーンデスマッチ一段高い所から観戦しているそんな所だが彼女は本気で俺がロックシードを欲していると思ったらしく

『ロックシードが欲しいなら私より錠前ディーラーというセールスマンを頼ると良い。―――私の紹介だとでも適当に言えば、二割引きくらいはしてくれるだろう』

親切丁寧販売ルートまで教えてくれた思っていたより良くも悪くも善人のようだ

「へぇ〜普通に流通しているか良い事を聞いたよ機会があれば買いに言ってみるとするよ」

そうしているとリボンを付けた少女が自分達に声をかている

『すみませーん』

どこかで見た見た事があるような無いよな子だなと思ったが佳鉈に

「なにか言っているようだけど?ひょっとして君の知り合いかい」

彼女の正体を知っているか佳鉈に聞いてみた


>>佳鉈さん、あかりさん、

1年前 No.235

地雷屋 @even ★Android=32ofqAtABJ

【平和島静雄/商店街】

「ハァ…。」

深く、商店街の入り口に立ちすくむ物静かな青年。

…傍から見ればバーテンダーのような格好をした金髪の男。この商店街においては浮いてる存在であろうし、また…本人―――平和島静雄自身もここに、と言うか本来…この“がっしゅく”と呼ばれるもの自体に来る気なんかサラサラなかった。

筈なのだが―――

「ったく、トムさんも勝手だよな…。」

脳裏に浮かぶは己が就いてる仕事の上司の姿。
まさかこのメールが来た途端に休暇を押し付けられるとは誰が思おうか。
あまりにトントン拍子で話が進むものだから、つい呆気にとられて…反論すら言えなかった。
…こういう事ってあるんだな。漫画だけかと思ってた。

……とは言え、だ。
まるで愚痴のようにこぼしてきたが、今まで休みを必要としてなかっただけで、わざわざ好意で貰った休暇を断るほど働きたいと言うわけでもない。

なので。

「…まっ、せっかく貰った休暇だ。見りゃ面白そうな場所もあるようだし、ゆっくり過ごすと――――」

…ゆっくり過ごすとするか。

その台詞は最後まで言うことはできなかった。
何故なら静雄の視線は真っ直ぐ、ある場所を見つめたまま思考を止めていたから。

「…オイオイ。」

さて…数秒程フリーズした男が、そこから何を思い、何をしたのかは至極簡単。
何とも都合よく、静雄の隣に記されていた止まれを記された一時停止標識。それを“容易く片手で引っこ抜き”。

「なぁーんで…テメェがここにいるのかなぁ?」

それを、大きく振りかぶる事で力を貯め。

「いーざーやーくーん、よぉぉぉ!!!」

知り合い及びその周囲へ向かって“勢い良くぶん投げた”ただ、それだけの話。

【軽く物騒な描写が入っておりますが、静雄なりのスキンシップと思っていただけると幸いです←】

>>臨也様、佳鉈様、あかり様

1年前 No.236

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河「」トラッシュ『』/温泉施設(泡風呂→露天風呂)】

温泉施設の中の泡風呂のコーナーに入ってみると。
…なかなかすごい。

真っ白な泡が湯船にたくさん浮かんでいる。

とりあえず、体を入念に洗い、泡風呂につかる。


…普段がサテラポリスの寮での、何の面白みもない大浴場で済ませていたため、なんだか新鮮な気分だ。


そんな新鮮な気分で入る風呂は、もこもことした泡がいつもの風呂と違ってとても気持ちいい



そうして、数十分後。
泡のついた体をお湯で洗い落とし。


脱衣所で水着に着替えて、露天風呂へ向かう。



「……露天風呂は楽しみだが…問題があるな…」


その問題は、銀河の体にあり。
銀河の体は服を着ているとわからないが、かなり鍛えられており普通の12歳の男子と比べると筋肉質な体だ。
…しかし、問題はそこにあるのではなく、その体についている無数の傷。

無数の傷。
…主に切り傷がたくさんあるのだった。


「…なにか言われたとき…どう説明するかな…」


都合が悪いことに。
…この露天風呂の湯の色は、透明だ。

…なので、傷がばっちり見えてしまう。



…と、そんな時だった。


…炭酸風呂を満喫したのであろう、フェイトが。
露天風呂にやってきたのだった…が。

その姿は…タオルを巻いた姿だった。
…見た感じ、水着はつけて、なさそうな気がする。



「…フェイト。…タオルを湯船に着けるのはNGな行為だ。
…水着を着てるのだったら、タオルを取れ。…水着を着ているのだったら、脱衣所で水着レンタルしてるから、水着に着替えてこい。」


>フェイト、(なのは)、温泉施設ALL

1年前 No.237

雷帝 @andouken ★Android=NxHITw8hsq

【折原臨也:商店街】

南成佳鉈からロックシードに関する情報を得られ更に新しい観察対象を発見し
いい気分でいるところに予期せぬ男が現れる

『いーざーやーくーん、よぉぉぉ!!!』

その声と共に飛来する交通標識!!
いきなりこんな非常識な事をする者は一人しかいないと
突如として飛来してきた標識をらヒラリと跳んでかわしその標識の上に着地して相手を見下ろすし

「オヤオヤ天下の往来に俺がいて何か不都合あるのかな?まったくこれだから財団Xの連中は」

面倒な奴が現れたと見て逃走を考えは閉める臨也は、折りたたみ式のナイフを抜いて見せた
そして南成佳鉈が静雄を財団Xと勘違いしてくれればもうけものぐらいの考えで一言足してみた


>>商店街all

【地雷屋さま:了解です。こちらも逃走するかもです、不揃いの果実さま:ムービー大戦、ライダー大戦は見たのですがガイム単品は未読で間違ってたらすいません】

1年前 No.238

ヒナ @linnvo☆eQLF5/fJvizN ★6O1STZoCNm_M0e

【鷺ノ宮伊澄/温泉施設/露天風呂(裏ルート?)】

綺麗な黒髪の長髪を揺らし、華やかな着物をまとい、まるで昔貴族にいたような風貌の少女……鷺ノ宮伊澄が進んでいるのは、よく分からない森の中。咲夜と一緒に行動していたはずなのだけれど、どうやら咲夜がはぐれてしまったようなので、探しているところなのだ。(実際は伊澄が迷子)
とりあえず、海に出れば見つかるかしら……?と海を目指し、絶対こっちだと思う方へひたすら進む。そしたら……、

「あら……?」

奥に湯気が見えてきたわ。何かしら?
湯気の方へと進んでいくと、そこには温泉があった。ちょうど露天風呂の端の崖の上から見下ろしている形になっている。露天風呂からの景色としての木々の中から伊澄は現れた様子。

「すごいわ。この合宿場……こんな所に秘湯があるなんて(※違います)
でも、もう人がいるのね。ここまで来たなら下に降りてみたいけれど……」

よく見ると、水着を着ている人が多いし、裸を見てしまう危険はないと考えた伊澄は、やっぱり温泉の所に行ってみたいと思った。この崖という障害を越えて秘湯に辿りつく人々があんなにいるなら私だって行けるはず……!
でも、どこからどうやって降りよう、どうしようどうしよう……と崖の縁をうろうろしていた。その時。

ガコッ

なんと伊澄が踏んだ場所が崩れてしまった!

「――――!?」

そのままズザザザザ……と崖を滑るように落ちていき、不時着する直前。バリアみたいな小さな結界で自分を囲むことで、ふわっと落ちる勢いを弱め、無事に着地した。

「ふう、間一髪危ないところだった。さて、ここはどこかしら……」

>露天風呂ALL

【露天風呂乱入的な絡み失礼します(】

【分けます】

1年前 No.239

白い悪魔☆Ibq7BGr7nio ★ZUU7IHHEVa_Iu1

【図書館/うまる(干物妹→美妹)】

図書館にとうちゃーく!さて、地図を探さなきゃ。

「え?」

と、そこで呼び止められて気がつく。うまるフード被ったじゃん!
だ、大丈夫、まだ後ろ姿しか見えてないはず。ゆっくりとうまるは振り向く。

(うまるーん)

「あ、はい。ちょっと地図を探してまして」

今のうまるはもう一つの姿である美妹モードとなる。
この姿だとわがまま言えないのが辛い所なんだけどね。
とりあえず、うまると同じくらいの女子高生に笑みを浮かべながら答えた。

>海未達


【温泉施設(露天風呂)/なのは】

「ふぅー、気持よかった」

ミルク風呂に浸かって数十分後。わたしは二人と合流する為に露天風呂に向かいました。
結構時間が経ってるし、もう夜空くんとフェイトちゃんは先に着いてるかもしれません。

わたしは急いで水着をレンタルして露天風呂に早足で進みます。
因みにわたしが借りた水着は白いスクール水着です。何故か店員さんに勧められたのでそれにしました。

「二人共おまたせー!」

露天風呂に来ると予想通り既に二人の姿が見えたので背後から呼びかけて近寄ります。
あれ?今、変な音が聞こえたけど、なんだろう。湯けむりが強くて何が起こったかわからず首を傾げました。

>フェイトちゃん、夜空くん、(伊澄)

1年前 No.240

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河/露天風呂】


やってきたフェイトの格好に注意をしていたとき、だった。
ふと、新たな気配を感じた。

…なのは、か?

…いや。
なのはにしては…気配が妙だ。

しかもその気配の場所が……


ー ガコッ −


「……?」

ふと、なにかが崩れるような音がして。
そちらの方に視線を向ける。

この音がしたのは……上。

…上?


視線が上に向き、そこに映ったのは……


ー ズザザザザ…… −


「…は!?…な、なんで人が崖の上から…!?」


崖の上から滑り落ちてくるように、着物姿の少女が落ちてきたのだが…
着物姿の少女はバリアみたいなもので自分を多い、勢いを殺して、着地することに成功した。

…とりあえず、その光景にほっとするが。


ー ふう、間一髪危ないところだった。さて、ここはどこかしら…… ー


この少女はここが、どこなのかをつぶやいていた。

…この少女は…天然なのだろうか。


「…ここは温泉施設の露天風呂だ。…ここは施設のものだから、露天風呂に入りたかったらちゃんと受付に行って手続きしてこいよ…」

あまりの衝撃の光景に。
銀河は疲れたような表情で声を上げ、崖から落ちてきた少女に、ここがどこなのかを告げ。この露天風呂に入りたかったら受付に行ってちゃんと手続きして来い、と告げるのだった。



…そんな時だった。



ー 二人共おまたせー! −



「…なのはか。いや、俺は全然待ってないぞ。……なかなかこの露天風呂気持ちいいぞ。」


なのはの声が、聞こえて。
自分は全然待っていない、と告げながら、なのはの方に振り向きながら。
中々この露天風呂は気持ちいいぞ、と告げながらなのはに手招きをした。




>伊澄、なのは、(フェイト)

1年前 No.241

黄昏症候群 @forte10☆NeDCG1Klls. ★ge8mulTLE2_nn8

【降魔 漣音/海】

自分が放った病んだ言葉に対して、少女は小さく相槌を打った。
見たところ、そこまで引いていると言う様子ではないようだ。

そして、話題を変えて目の前の少女に合宿に来たものなのかと問いかけ、
海でイベントがあるのかどうか聞いてみたところ…

“せや!まー実はウチもこの辺のイベントまだ何も知らんのやけど、このまま海で何もせえへんのもつまらんしな。
でも、もし今夜何かやるとしたら、今頃どっかで準備しとるかもわからへんで?
せやから、ほなっ!……ちょっくら探してみようや?”

と、明るく返答された。まるで、面白いことを探しているとでも言わんばかりに。
弟が…弟がまだ生きていてくれたら…。彼が病気なんかじゃなかったら…。
2人仲良く、この合宿に当たっていたら…。きっと、私もこんな風に明るく、そして笑えていたのだろうか。

「…っ!?」

未だにぼんやりとする彼女の思考が突如として途切れる。原因は、少女が自分の腕を取ったという行動だ。
彼女はその真っ白な容姿から、その特異な能力から、一部の人間を除いていつも避けられてきた。
ましてや、弟や両親以外に自分の腕を取ったりするような人物はいなかった。
1人の少女に、一緒にイベントの準備場所でも探してみようと笑顔で誘われている。
今までにない経験から、彼女は目を見開いて赤面し、硬直してしまう。
男だと思われているのならば、きっと初心な奴だろうと目の前の少女は思うだろう…。

「…そ……そう…だな…。」

先程とは打って変わって動揺した態度になり、言葉もどもる。と言っても、表情に殆ど変化がないのは変わらないが。
彼女は腕を取られたまま、少女を連れて歩き出した。そう言えば、まだ名乗っていなかったな…。

「……名乗るのが遅れたな…。私は降魔 漣音(ごうま さざね)だ。名前でも、苗字でも、好きなほうで呼べ…。」

昼時の出会いの時よりややぶっきらぼうな言い方で名乗ると、
彼女は今度は顔を上げて黄金に光る海と、夜の帳が降り始めた空を視界に入れながら、
自分に声をかけてくれた少女と共に歩き出した。悲しみを振り払う何かを、探すために。

>愛沢咲夜 海ALL

1年前 No.242

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=bMdQhQW2Cz

【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/市場】
彼女はきき返す。
龍一「う、うん。ご、ごめん」
真宵「ごめんなさい…」
僕らは彼女に謝った。けんかに見えてしまったのだろう。
真宵「で、ナルホドくん、後いくらのこってるー?」
龍一「300円…」
真宵「え?それだけ?」
龍一「だから真宵ちゃんがあんなにバクバク食べるからっ…」
僕は怒りを抑えた。また彼女に喧嘩してるように見えてしまう…

>アミティ

【USAピョン、未空イナホ/グラウンド】
イナホ「…ね、USAピョン、テツヤさん達さっきから何話してんのかなー?」
走ってる途中で小声でそう尋ねた。
USAピョン「確かに、さっきからヒソヒソ話してるダニ。」
イナホ「うーん、なんなのかなー?
ところでUSAピョーンその宇宙服脱げばー?」
USAピョン「だから大丈夫ダニー」
>テツヤ、みれぃ

【わかりました、タイミングをみて言います】
>雷帝様

1年前 No.243

伊月俊 @mikusaikou ★Android=IjrN9kbzxq

【伊月俊、吉井明久、土御門春虎、黒鉄一輝/体育館】

俊 「さて。練習するか。」

四人組のリーダー格の伊月がバスケのボールを持って体育館にはいってくる。

一輝「僕たちはいつでも準備オーケーだよ。」

春虎 「はやくはじめよーぜ!」

一輝と春虎はいつでも練習できるようだが。

明久 「ごめん!着替えに手間取っちゃって。」

俊「おせーぞ。明久。」

明久が遅れて到着した。

>体育館ALL


【トリコ/港】

「やっと着いたか。」

ジュエルミートと呼ばれているリーガルマンモスの肉がたんまりと入った大きな袋を背負って船から出てくる。

「さて、これをホテルに届けねぇとな。」

>ALL


【最近なかなか来れなくてすみません。蹴らせて頂きます】

1年前 No.244

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

【高坂穂乃果、園田海未/図書館】

〜海未視点〜


背後から声をかけてきたのは希でした。ということは絵里も参加してる可能性が高いのでしょうか。今はそんなことより少女(うまる)のことを考えるべきです。少女は地図を探してるらしいです。地図は確か奥にあった筈。先ずは穂乃果を起こさなければ。

海未「地図なら奥にありますよ。けど先ずは穂乃果を起こさなければ…希!力を貸して下さい。」


希のワシワシMAXは流石の穂乃果にも叶わないと思います。目覚めさせるにはこれが一番手っ取り早いのです。

>希、うまる


【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/温泉施設】

銀河からタオルはNGと言われてフェイトは申し訳なさそうな顔で謝るとタオルを脱ぐ。水着は既に着ていた。色は黒に近い紺。スクール水着だ。

「ごめんなさい…。二人共いるよね。」


点呼を取ると二人がいるかを確認する。そして露天風呂のドアを開ける。


「今何か音がしたような…?」

気のせいよねと自分に言い聞かせる。

>なのは、銀河、(伊澄)


【アミティ/市場】

「あたしは百円かなぁ…。」

苦笑しながら残り百円と告げる。300円あればたこ焼きとか焼きそばくらいなら一つ買えるだろう。此処は反省して我慢することにした。


>成歩堂たち

【南みれぃ/グラウンド】

「宇宙服…?」

走りながら思わず聞き返してしまったみれぃ。宇宙服なら尚更重いのではと思った。余計にUSAピョンが心配になった。

>イナホたち、黒子

【大空あかり/商店街】

知り合い?と聞かれてるらしくて私は首を横に振ります。そして私は皆さんに自己紹介をします。


「今日のお空はどんな空!大空お天気でお馴染みのスターライト学園中等部二年、大空あかりと申します」

ペコリ、と頭を下げるとニコッと微笑む。


>折原、平和島、ヒナギク、アドレーヌたち、all


【江戸川コナン/ホテル】

俺は今合宿で当選したためホテルにいる。合宿と言っても旅行目的だが。博士に連れられて灰原と来ていた。合宿に参加するのは初めてだけど、鈴木財閥の力で当選したと言ってもいいくらいだ。


「ったく…何で俺が"合宿"しなきゃいけねーんだよ…。別に嫌って訳でもねーけどさ。」


(回想)

蘭「合宿…?」

園子「そ!哀ちゃんとコナンに合宿行ってもらうんだ!」


蘭「子供だけで危なくない?」

小五郎「別にいいんじゃねぇの…?たまにはこういう勉強させないとな。」

蘭「……困るよね。いきなり言われても…。」


コナン「大丈夫だよ!」
心の中(ハハハ…)

という訳である。鈴木財閥の力は恐ろしい。


>all

1年前 No.245

欠けた茶碗 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_uyQ

【望月、ゲダツ/移動中→商店街】


望月「食べ歩きっていうのも有りっちゃ有りだねぇ」

いつもは(移動がしんどい)だの(食っちゃ寝こそ至高)等と言っている手合いが何を言うのやら――望月は肩掛け鞄から取り出した(ホテルの“御自由にお取り下さいのコーナー”で貰った物)、旅客向けのパンフレットを開いて二人に見せた。まさしく和洋折衷、中華も洋食も和食もイタリアンなんでもござれ――それだけ沢山の飲食店が有るらしい。

ゲダツ「ふーむ、これは中々迷うな。」

望月「いいねぇ〜いいねぇ〜迷うのもまた楽しみだよぉ。響は何処がいいと思う?あたしは丼物なんかが…いや、エスニック料理も捨て難いかな?」

そうこう話しながら夜道を歩いて行く内に、薄暗くなってきてもまだまだ人通りの多く賑わいを見せる商店街へと辿り着く、周囲には土産を買う人、待ち合わせをしている人――街角の“止まれ”の標識を引き抜いて軽々と投擲する人、それを避けつつ護身用か折り畳みナイフを引き抜く人…

ゲダツ「ほう、面白い。標識を投げるのが流行っているのか?どれどれ己も一つ」

望月「何でそういう発想になるんだか――てかおっさん、アレ真似しようなんて考えてないよねぇ?」

ゲダツ「駄目か?」

望月「…………………駄目でしょ。」

そわそわと付近の電柱辺りに視線を向ける蜘蛛頭の大男(ゲダツ)の服の裾を引っ張り止めて先にそう釘を打って置きつつ…出くわした現状の把握に努める。海上での砲雷撃戦にせよ昼ドラみたいな修羅場にせよちょっとした小競り合いにせよ危機やトラブルに巻き込まれるのを避けるのに大切なのはその場での情報収集だ。何が如何なってこうなったか、というより丁度向かう先でおかしな事になっていたので―――どうしたものかとゲダツと響に顔を向けて首を傾げる。

望月(心※割と物騒な界隈って訳じゃ無いだろうけど――用心に越した事は無いし)


≫平和島静雄、折原臨也、南成佳鉈、大空あかり、商店街ALL


【レト・ルババ/ビーチ(バス停)】


薄暗い空、しかし(聴こえて)来る“音”は穏やかな波の音を彼女に届けていた。――“音”は闇の中で形となり、“波”はそれらに鮮やかな色づけを施し明確な(ビジョン)として“盲目”の彼女へ(景色)を伝えていた。―――点字の読み取り以前に(視覚情報)を得る術を失っていながら極々普通に振舞う、使い古しの盲導ステッキを片手に、包帯で目隠しされている様に己が双眸を幾重にも巻いた、飾り気の無い、悪く言えばややみすぼらしい野良仕事でもしていそうな旅装束にくたびれたリュックサックを背負った褐色の肌に黒のドレッドヘアという出で立ちの少女、遠き異国の地からやって来た――物珍しさ半分、生まれて始めて(視る)様々なモノに好奇心を膨らませていた。

「何度(見て)も海はいいなぁ。」

恐らくは一日眺めていても飽きない…が待っていたバスがやって来て、何処と無く名残惜しげにそれへ乗り込みつつ――ふと、何となく気になった方向を(視)つめる。

「…?」

感じ取るのは急いた気持ちと好奇心。そして不思議な(予感)


≫青山ブルーマウンテン、神楽坂倫花、ALL

1年前 No.246

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【黒子テツヤ:グラウンド】

僕達はグランドを走り込んでいても僕はやはりUSAピョンが気になっている

『確かに…着ぐるみの中って暑いし重いから大丈夫かな…』

どうやら南さんもそれは同じらしくチラチラと見ているが意外にも二人とも

『…ね、USAピョン、テツヤさん達さっきから何話してんのかなー?』

『確かに、さっきからヒソヒソ話してるダニ』

談笑をしながらちゃんとついて来ているイナホちゃんも苦手と言ってわりに頑張っている
そうしている間にも、この運動場にも人が増えてきて、やっぱり合宿所だったんだと安堵している内に
目安にしていた五周が終わろうとしていた

「ハァハァそれにしてもUSAピョンは凄いねその格好で同じように走って」

五周を走り終えた黒子はスポーツドリンクを飲みながらもUSAピョンを称賛しながら体育館入っていく人達に目をやった

「僕達と入れ違いに入った人はダンスにあの人バレーなのかな?……あれは伊月先輩?」

いろんな競技の人がいる中に同じ誠凛の先輩がいる事に驚くしかも一緒にいるのは日向先輩や小金井先輩では無い
伊月先輩が組んでいるストバスチームかと思っていると

『宇宙服…?』

走っている南さんの言葉に改めて心配になるも、きっとかなり屈強な人が中にいるのだろうと心配も多少は薄れてきていた


>>南さん、イナホ達、体育館all

1年前 No.247

VD @recruit ★2wBeFhWWiK_M0e

【神楽坂倫花/→バス停】


>>230,246


 背中に乗った青山さんを背負うために両手を後ろに回す。
 しっかり掴まっていてくださいね、と注意を促しながら、私も何かの拍子で手を離してしまったりしないように。
 体勢もできるかぎり青山さんが窮屈に成ってしまわないように気を付けながら──善し。

「それじゃあ、行きますね──それっ!」

 掛け声と同時に飛び出す。
 跳躍──一直線に少女は突き抜けて行く。
 疾風のようなその一跳びは、その飛距離といい、滞空していられる長さといい、とてもではないが、ただの旅行者であり、一学生にしか見えない神楽坂倫花の身体でできるとは思えないほど人間離れしていた。


 元来の運動神経の良さもさることながら。
 、  、  、
 ヴァルキリーとして鍛えられた類稀なる身体能力。
 それが倫花に只人には不可能な動きを可能としていた。

「青山さん、大丈夫ですか? 気分が悪くなったりとかありませんか?
 もうすぐバス停ですから、もうちょっとだけ我慢してくださいね──っ!」

 合間合間で、おぶっている青山さんの事を気遣うことも怠らなかった。
 小説家さんなら、青山先生、の方がいいかな。

 なんてことをかんがえながら、二度、三度と飛びながら。


「───すっ、すみませーん! そのバス乗ります! 乗せてくださーいっっ!!」

 今にも出発しそうなバスに叫ぶ。
 その中から一人の少女がこちらを視て居ることに、まだ気付かないでいた。

1年前 No.248

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【モッフル:甘木ブリリアントパーク】

次の場所を迷う二人に僕はティラミーの所を推薦したやはりこの甘木ブリリアントパークで働くのであれば知っておかねばならないだろう

『モッフルも来る?』

そう誘われたら断る理由も無いし断る理由を考えるのもめんどくさいと

「そうフモね じゃぁ僕も行くフモ」

いすず達に同行する事にしたが、相変わらず馬鹿なクソガキ共が僕をサンドバックと勘違いしてケリを入れてくる
周りにゲストがいなければ速攻で砂にしてやるのにと思いながらもお客様対応をせざるえない

『花畑…おい、今度こそまともな場所なんだろうな?』

どうやらこれまでのアトラクションへの不満からか次のアトラクションがもともかどうか気にしている
実に失礼な奴だとイライラがつのりだすも胸を張ってまともだとも言えないもどかしさもある

「それは見てのお楽しみフモ……期待してるフモ」

僕がそう言うといすずも相変わらずの、無表情ながら

『勿論楽しいところよ』

そう言うそんないすずに僕の懸念が小声で周りに聞こえないように話した

「さっき霊的な力を感じたフモ……まさかとは思うが、あの魔法使いかもしれないフモ気をつけるフモ」

僕達の魔法の力とは異質の霊的な力を感じた事を告げておいたいすずが居ればラティファは安全だと確信した


>>エドワード、いすず

1年前 No.249

神崎 澪 @20001221 ★3DS=QtmwWMFjXs


【 灰原哀 → ホテル 】

『江戸川くん。旅行まで一緒なんて
やっぱり私たち運命共同体みたいね』

と。
何故かいきなり語る。

(コナンと同じ回想)

『………ふ。
こうなるとは薄々感づいていたけど』

コナンの反応ををみて
いつもの冷静沈着?な様子で。

『それとも…………
蘭姉ちゃんとがよかった??』

と、
わざと少しバカにするように。

『まぁ。せっかく来たんだし。
くつろいでいきなさいよ。』

自分のいえかのように言う。

『博士!博士の食事は私がするから
勝手に食べたらダメよ!
これ以上メタボになったら危ないでしょ!!』

博士の親よう怒る、、、。

スタスタスタ  スタスタスタ スタスタスタ

時分の部屋へ
少しずつ歩いていく

江戸川 コナンくん

1年前 No.250

ジャックドー船長・暁型二番艦 @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【エドワード・ケンウェイ/甘城ブリリアントパーク】
「そうか―――――おいやめろ、その剣とピストルは玩具じゃない。怪我をするぞ。」

聞く分には楽しい場所という。果たして本当だろうか。
――――しかし、ここの子供たちは随分と邪魔…いや、ヤンチャがすぎるな。少し気を逸らせば剣とピストルを奪い取られそうだ。アサシンブレードのことはただの籠手と思っているのか興味を示さないが…親は何をやってるんだ。俺が子供のころは鞭で打たれたり、紐で縛り付けられたり、飯抜きなんて普通だったが…。

―――――――そうこうしている内に件の猫の顔が描かれた看板の付いた建物に到着するが、随分とみすぼらしい…略奪するために押し入った大都市の倉庫の方が立派に思えた。

「まあいい、中に入ってみよう。」

そう言い中に入るが、花の種類が少なく、やはり何とも言い難い微妙さだ。果たして此処で働いてもまともに金が貰えるだろうか。ともすればプランテーションで唐黍を刈っていた時よりも悲惨な結果になりそうだ。

>>千斗いすず・モッフル・ALL


【響/商店街】
「折角たくさん店があるんだ。一つの店に限らなくてもいいと思う。」

食べ放題なんてものはそう滅多に経験出来る物でもない。わざわざ一つの店で使い切るぐらいなら色々な店を巡ってみた方がいいだろう。
それにしても、この商店街には色んな人がいる。でも、一番にその視界に衝撃を与えたのは標識を引き抜いてその標識を投げる若い男と軽々と避けて折り畳みナイフを取り出す若い男だろうか。

「流石にそれは…いよいよ警察沙汰になりそうだよ。」
「…まずはあの二人の近くにいる人たちに話を聞いてみよう。」

蜘蛛頭の男もあの二人に負けじと近くの標識を引き抜かんとするが望月と響によって静止させられる。とはいえあれに巻き込まれると通報されそうだ。
……任務にしても旅行先にしてもトラブルになった場合はまず大切なのは情報共有と収集。彼らの近くにいる人たちに何が起こっているのか聞いてみる必要がありそうだ。
>>望月・ゲダツ・平和島静雄・折原臨也・南成佳鉈・大空あかり・ALL


【分けます。】

1年前 No.251

神出鬼没な小説家・スピリチュアルな先輩 @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【青山ブルーマウンテン/バス停】
背中に乗って僅かな時間だった。僅かな静止があったものの彼女は気が付けば慌てふためいていた砂浜から遠い場所にあったバス乗り場に到着していた。勿論こんな超人染みたものとは無縁の彼女からすればまるでマンガやアニメ・小説の世界のもの。一体何が起こったのか全く分からなかった。数少ない分かる事と言えば間に合わないものと思っていたバスに間に合ったことぐらいか。

「―――――え、ええっと…一体何が起こったんですか?」

果たしてさっきのは何だったんだろう。あまりの出来事に思わず言葉を失っていたが、眼を渦巻のように回しながら質問する。


――――そんな二人の光景をバスの乗客の視線が集中する。その視線はまるで奇怪なものを見る目のようだが、その中にそれとはまた異なる…言い表せば好奇心にも近い感覚で二人を視ている少女がいたが、あまりの衝撃にその視線に気づかない。否、気づけなかった。

>>神楽坂倫花・レト・ルババ・ALL


【東條希/図書館】
「穂乃果ちゃんを起こせばいいんやね?」

すやすやと寝息をたてている。こうなった穂乃果を起こすには根気が必要になる。だが、そんな穂乃果をいとも簡単に目覚めさせる方法がある。
それは希のワシワシ、詰まるところ胸を……するわけだが。

「ほーのーかーちゃん――――早く起きんと……胸をワシワシするよ?」

穂乃果が眠る椅子の後ろに立ち、耳元で囁いた。
>>高坂穂乃果・園田海未・土間埋・ALL

1年前 No.252

矢澤にこ @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

【江戸川コナン/ホテル】

「運命、ね…。ち、ちげーよ!蘭はそんな関係じゃねーし。」

少し頬を赤くしながらそっぽを向くと博士の分は哀が食べると言い苦笑してた。

「"既に"メタボじゃ…。あいつら(少年探偵団)悔しがるだろうな。後で土産でも買うか?」


歩美たちに土産でもと思い、何処かに土産売り場がないか確認する。すると哀の部屋へ案内してくれるようだ。

「別におめーの家じゃねーだろ…。後で俺の部屋にも来いよ。何もねーけど。」

お礼として後で部屋に来いと誘う。大人はみんな勝手だなと思いながら哀の部屋に行く。

【コナンと言えば事件なので軽くホテルで事件起きた方がコナンっぽくなると思うのですがどうでしょうか?】

>哀(本体様)

【南みれぃ/グラウンド】

「疲れたぷり…。」

走り終えたみれぃは少し汗をかきながらも水を飲む。そして汗を拭くと体育館の方を見る。体育館には何人か選手がいた。


「黒子君、話てきていいぷりよ。」

視線が体育館へ向けていた黒子。もしかしたら知り合いがいるかもと思ったため話てきていいと告げる。


>黒子、イナホたち、体育館all

【千斗いすず/甘城ブリリアントパーク】


「じゃあ行きましょ。」

スタスタと歩き始めるいすず。そしてモッフルが何か気にしてる様子だった。それはいすずも気にしていた。

「えぇ…。私も気になってたわ。」

>エドワード、モッフル

【高坂穂乃果、園田海未/図書館】

〜海未視点〜


海未「お願いしますっ!!」

ペコリと深々と頭を下げます。これで起きなかったら穂乃果は凄いです。

穂乃果「うわぁぁ!わしわしはやめてぇぇ…あれ?希ちゃん?」

きょとんとしながら穂乃果は後ろを見ていました。そして私は怒りながらも穂乃果に挨拶をします。にこりと笑顔を絶やさずに。

海未「ごきげんよう、穂乃果。」

穂乃果「ご…ごきげんよう…。」

苦笑しながら穂乃果は挨拶してました。

>希、うまる

【西木野真姫/海】


私は今、バカンスに来てるの。旅行じゃなくてバカンスよ!青い空にキラキラ輝く海。何て素敵なのかしら。このプリティーな真姫ちゃんにピッタリね。サングラスをかけて水着姿って大人っぽくない?パラソルをつけて日焼け対策はバッチリよ。浜辺でビニールシートの上で寝転がりながら海を眺めているわ。太陽がまぶしいけど。そばではメイドたちがバーベキューの準備をしているわ。

「嗚呼、これはそこね。あれはあっち。」


私は勿論準備なんてしないわ。

『準備が整いました。』


「ありがとう。」

あとはみんなが来るのを待つのみね。今から楽しみだわ。

>all

【次レスより時刻は1日目18時になります。】

1年前 No.253

神崎 澪 @20001221 ★3DS=QtmwWMFjXs



【 灰原 哀 → ホテル 】

『そうかしら?
顔に書いてあるわよ、江戸川くん。』

茶化すような声で。

『それもそうだけど。
これ以上は……ボソ』

これ以上は口に出さず。

『吉田さん達には、私が選んどくは
じゃないと、江戸川くんは変なの
買いそうだもの。。。』

真剣な顔で。
コナンの後をついていく。

『あら?誰もあたしの家だなんて言ってないわよ?』

と淡々と告げ。

『なんで、江戸川くんの部屋に
いかなくちゃならないのかしら。』

と。
聞こえない程度で呟く。

【そうですね!事件があると
コナンらしくなりまね!】主様。

 江戸川コナン さま。

1年前 No.254

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河「」翔介『』/温泉施設(露天風呂)】


ー ごめんなさい…。 ー

「別に謝らなくていい。…ただこれからは気を付けような。フェイト」

申し訳なさそうな顔をして謝るフェイトに。
ちょっとこちらも、困ったような顔をして、「これからは気を付けよう」と優しく告げるのだった。

…さて。
その後。…わざわざ点呼を取り、自分となのはがいることを確認したフェイト。

だが。

ー 今何か音がしたような…? −

気のせいだとしてしまったフェイト。
…湯けむりで、その音の原因が分からないのだろう。
…一応、それは気のせいじゃないことを教えておこう


「…フェイト。残念だが、気のせいじゃない。…崖の上から人が、落ちてきた。」


と、
それを告げた時、だった。



『はー……ここの温泉の露天風呂。一度入ってみたかったんだよねー……ってあれ?…銀河隊長?』


別の男湯から。
水着を着てきた、黒髪の、金色の瞳をした少年が。この露天風呂にやってきた。

自分のことを「隊長」と呼んでくるこの少年。


「………なんとなくお前が来ることは予想ついてたよ…翔介。」


銀河は、疲れたようなため息をつきながら。
この黒髪の金髪の瞳をした少年の名前を呼んだのだった。


>なのは、フェイト、(伊澄)、露天風呂ALL


【いい絡み文が思い浮かばなかったため、翔介を露天風呂に投下させました】

1年前 No.255

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【黒子テツヤ:グラウンド】

一足早く走り終えて体育館の方を見ていた黒子に次いで走り終えて南さん

『疲れたぷり…。』

そう言うと黒子の視線にの先に気付いたのか

『黒子君、話てきていいぷりよ』

気を聞かせてくれたのか話してきていいと言ってくるれている
中にいる人達の内一人は確かに高校の先輩だが誠凛の生徒では無い人達と合宿に参加しているみたいだし
邪魔をしても悪いかと思った時に日がだいぶ落ちている事に気付きスマホで時間を見るともう18時すぎ
挨拶はまた後にしてイナホちゃんと南さんをホテルに送った方が良さそうだと思い

「いえ それよりももう18時回っていますし帰りませんか?それに今知ったですがμsのイベントが海であるみたいですし」

どうもこの合宿には学生以外にもイロイロ来てるしイナホちゃんを出歩かせるは良くないと思っているところに入ったイベント情報を話して
ホテルへの帰路につかせようとする南さんに関しては彼女もアイドルだしアイドルのイベントなら興味があるだろうと
スマホのがμsのイベントの画像を見せて話してみた

「僕もあまり詳しくないですが見行ってみようと思うのですが」

そう彼女達に提案してみた

>>イナホ達、南さん


【小中女子と男子高校生なので引率でも無いけど帰宅を進めてみました。コナンの事件いいとおみますよμsイベントが盛り上がってフィナーレて時とかタイミング的にどうですかね?】

1年前 No.256

@20001221 ★3DS=QtmwWMFjXs


【西谷夕→グラウンド】

『はぁー。だれもいねえーなぁ。』

小さく呟き。
トボトボと歩いていると。
遠くに、バスケで有名な人と
可愛らしい女の子が見える……。

『おぉーい!!』

と。
見えた瞬間相手の元へ
走り出す。

『なぁ、おまえってバスケで有名な
黒子っていうやつ!?』

初対面でそうそう
礼儀知らずの口で。

『隣の可愛い女の子はだれだ?』
運動以外に興味がない。
だから、存じ上げない

『おれ、西谷夕!』
親指で自分を指し
大きな声で。

『俺は鳥野高校バレー部のリベロだ!
よろしくなっ。』
初対面でなど関係無く。

『ここ来たばっかでよ、色々わからないんだ、教えてくれ!』

黒子テツヤさん。



【勝手に絡ませてもらいました、
初心者なので変ですが良ければ
絡んでください。】

1年前 No.257

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【沖田総悟:商店街・神社】

「ファ〜ア良く寝たって……ってもう18時回ってんじゃねか」

一瞬感じた嫌な視線もすぐに消えたとは言えそのままと言うわけにもいかず護衛を兼ねて神社に残ったが
知らぬ間に本当に寝てしまっていたまぁ殺気も怒気も感じなかったからだが
それにしてもここに、ついてから18時まで眠りどうしであの子ももういないかと思ったらまだ練習を続けていた

「おい久美子ちゃん 練習熱心なのも結構だがもう18時だぜ」

そろそろ時間的に帰ったらどうだと意味もかねて時刻を告げた幸いホテル内の設備でも練習は出来るだろうしと思った所に
一枚の紙が総悟の顔に飛んできて張り付く

「まったくなんでぇい……合宿所イベントか何か?μsのイベントねぇ……なぁ海でアイドルのイベントがあるそうでさぁ。なんならソイツ(ユーフォ)を持って飛び入りでもするかい」

そんな大胆な事をするタイプには見えないが、からかい半分に焚き付けてみた


>>黄前久美子、商店街all


【ぬし様:次スレから1日目18時言うとあったので文内に入れてみました】

1年前 No.258

地雷屋 @even ★Android=32ofqAtABJ

【平和島静雄/商店街】

臨也殺す臨也殺す臨也殺す臨也殺す…。

「財団Xっつーのが何だか知らねぇし興味もねぇがよぉ…!」

良くも悪くも、一つの思考にまとまり…それを実行しようと標識の上の人物を笑顔で見つめる静雄。…その額にいくつもの青筋さえ浮かばなければ友好的に見えただろう。

「テメェがここに居るっつー事は…俺にぶち殺されても文句ねぇって事だよなぁぁ!?」

瞬間、脚に力を込めて走り出した静雄の目の前には、一台の車が。それを―――サッカーボールを蹴るように軽々しく、再度折原臨也に飛ばしていった。

周囲に人が集まってくる気配を感じるが、今はどうでもいい。
恐らくは自分とあのノミ蟲を変な奴等だと思うだろうが、それもどうでもいい。

今は―――――

「だから死ね、大人しく、今すぐ、俺に殺されろよ…いーざーやァァァ!」

この目の前の事態しか、あの男をぶち殺す事しか頭に入って来ない。それが、“池袋で敵に回しては行けない男”の由来、なのかもしれない…。

>>≫望月様、ゲダツ様、折原臨也様、南成佳鉈様、大空あかり様、響様、商店街ALL

1年前 No.259

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★S0xWjDBvkX_Ony

【江戸川コナン/ホテル】


「そうか…?」

苦笑しながらも否定は出来ない。

「……どうした?」

首を傾げると哀の様子を伺う。もしかして不味いことを言ってしまっただろうかと反省する。


「じゃあ土産選びは灰原に任せる。」

素直に哀に任せることにし、何も文句は言わない。ちょっと引っ掛かるところはあるが。


「別にいいだろ…?理由なんてねーよ。」

少し恥ずかしながらも理由はないと答える。

『キャー』

女性の悲鳴が受付から聞こえてくる。これは事件に違いない。非常ベルが鳴り響き、辺りは騒然としていた。

「灰原、警察を呼んでくれ!」


そばにいた哀にお願いすると悲鳴のほうへ走ってゆく。

>哀、ホテルall

【警察はいつものお馴染みの目暮警部たちです。モブとして警部たちを登場させます!】>all

【ありがとうございます。いいですね!たまたま通りかかった沖田たちが事件に巻き込まれる(詳しく言うならば解決に協力)するのはどうでしょう?】>沖田たち本体様


【南みれぃ/グラウンド】

「そうぷりねぇ。みれぃも行くぷり!」

みれぃ自身も興味があるらしく、行きたいと黒子に告げる。そして本当にいいのかなぁと黒子を気にかける。

>黒子、イナホたち

【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/温泉施設】

「うん…。次からは気をつける」

コクリと首を縦にふると銀河から残念なお知らせが舞い込んでくる。それは、人が落下したということだ。これは事故なんじゃと思い、崖のあるほうへ走って(本当は走ってはいけないけれど)崖の下をのぞき混む。そこには女の子が一人いる。フェイトは助けたいと思ったけど此処で変身するわけにはいかない。なのはと相談する。

(なのは、女の子が一人崖の下にいる。けど此処で私たちが変身したら魔法少女ということがばれる…。どうしよう…。)


>銀河、なのは、(伊澄)

【黄前久美子/商店街(神社)】

「もうそんな時間…。私はホテルに帰るつもりです。」


腕時計を見れば針は18時を差してました。流石に辺りは薄暗く涼しい風が頬を伝わります。ホテルに帰ることを決意した私は立ち上がるとペコリと沖田さんに頭を下げます。

「あの、ありがとうございました!」

>沖田

1年前 No.260

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★S0xWjDBvkX_Ony

【美樹さやか/路地裏】

「さーて!今日もお仕事頑張っちゃいますか!」


あたしは普通の女子中学生兼、魔法少女である。けれどこれは秘密。キラキラした青い宝石を手のひらにのせて魔女探しへと向かう。キラキラした繁華街から一歩離れればそこは薄暗い路地裏。なるべくならば人気の少ないところで魔女は探すべきだと思う。すると大当たり!魔女の結界が現れた。あたしは魔法少女になり、その奥へと進む。

【all文ですがばれること前提の文章にしました。】


>all

1年前 No.261

@20001221 ★3DS=QtmwWMFjXs


 【 灰原哀 → ホテル 】

『否定しないのね……。』

否定しないコナンを見て
少し笑う。

『…………なにでもないわ。』

コナンの反省しているような
顔を見ると慌てて答える。
、じぶんがどんな顔をしていたか
なにもわからないが…。

『あら、
今日はいつもより素直なのね』

すんなりと言うコナンに
少し驚いた様子で。

すると、
じぶんの声が聞こえており

『まぁ。それもそうね。
いってあげるは』

淡々とつげ。
可笑しな様子のコナンを見て。

【キャー】

受付の方から女性の叫び声が聞こえ。
回りは唖然としているなか。
一目散にコナンは走りだし。
警察を呼ぶように頼まれ。

『分かったわ江戸川くん。』

そういうと、
携帯で警察を呼ぶ。

【警察関係のことOKです!目暮警部白鳥警部や佐藤警部ですね】

 江戸川コナン さま。

1年前 No.262

御坂美琴 @electrol5 ★iPhone=DgCF3wYpRg

【商店街/御坂美琴】
「ちょっとあんた何してんのよったく」
何気なく商店街をぶらぶらとしていたら、不謹慎とも取れる言葉を連呼している人を見つけた 。そこで、なんか面白そう。此処で彼を超電磁砲で一撃食らわせたらなどと考えていたら人に危害を加えてる?なら、こいつは超電磁砲喰らわせるしかないと超電磁砲食らわせて
→平和島、商店街all

1年前 No.263

雷帝 @andouken ★Android=NxHITw8hsq

【黒子テツヤ:グラウンド】

黒子の言葉に南さんも

『そうぷりねぇ。みれぃも行くぷり!』

その言葉と裏腹に、どこか暗い表情に見えた僕の知り合い(伊月先輩)が、いる事を気にしてくれているようだ。

「さぁ帰り支度を始めましょう?」

気にしなくてもいいよと微笑を浮かべ黒子も汗を拭きながら体育館に戻ると

『なぁ、おまえってバスケで有名な 黒子っていうやつ!?』

その声にあっけにとられながらも

「はい そうですが貴方は?」

その問いに少年は大きな声で

『おれ、西谷夕!』

と親指で自分を指しながら名乗り南さん達の事を聞いてきた。
西谷君もプリパラとかは詳しくないのだろうか南さんの事を知らないらしい
西谷君は学校名とポジションを言って挨拶をすませると

『ここ来たばっかでよ、色々わからないんだ、 教えてくれ!』

と言われるも僕達は帰るきだったし少し考えて

「申し訳ありませんが、僕らはホテルに帰るところで……なんでも海あるμsのイベントを見よう話していたんですが、良ければ一緒に行きませんか?」

帰り支度するところと話その上で一緒にどうかと誘ってみたが、彼がまだ練習をするのなら無理自はできないなと思った


>>南さん、イナホ達、西谷君

1年前 No.264

不揃いの果実 @tatumi88☆ChU7Z6/SpEs ★DOCOMO=0VZiHrRZuv

【南成佳鉈→仮面ライダーフォーゲルCEA/商店街】


佳鉈→フォーゲルCEA「やれやれ、穏やかではないな……。――変身」
先ほど話していた青年(臨也)は突如現れ標識を投げ付けた金髪の青年(静雄)を"財団X"と呼んだが、これは嘘であると佳鉈は見破っていた。何故なら、財団Xのエージェントは表情に乏しく機械的な人間が多いのが特徴だ。何より、財団Xのエージェントは白い詰襟の服を着ている。恐らく目の前の青年(臨也)が財団Xといったのは何らかのジョークだったのだろう。それにしても、標識を引き抜き、自動車を蹴り飛ばすとは……。ショッカーがかつて開発していたホッパータイプの改造人間・本郷猛などに見られる特徴と酷似している。だが、しかし、金髪の青年はショッカーの改造人間でもワームでもフェムシンムでもない。なぜ、そんなことがわかるのか?The Arkの幹部職以上の構成員は相手を敵対組織の怪人か否かを識別する機能の付いたスマートフォン型の小型電子端末が支給されており、怪人の識別に使用できるのだ。的中率は約七割ほどで黒であればアラートが鳴って所有者に知らせることができる。しかし、金髪の青年には特に反応を示さない。判定は白だった。しかし、これ以上の破壊行為は例え、怪人でないとしても見過ごせない。佳鉈はゲネシスドライバーを取り出して腰にセットする。
続いて、クランベリーエナジーロックシードを解錠。"クランベリーエナジー"の音声と共に空中にクラックが開いてクランベリー型の装甲が出現。続いて、解錠した状態のクランベリーエナジーロックシードをゲネシスドライバーにセットして施錠、"ロックオン"の音声が響き、ゲネシスドライバーのシボールコンプレッサーを押し込み"ソーダ!クランベリーエナジーアームズ!!"の音声と共にクランベリー型の装甲を被り、アーマーが展開され、仮面ライダーフォーゲルクランベリーエナジーアームズに変身する。


フォーゲルCEA「キミ達、これはヒーローショーの見世物ではない。私が誘導するから逃げたまえ」
変身したが、話していた青年(臨也)を助けるわけでもなく、金髪の青年(静雄)を撃破するわけでもなく、近くにいた少女達(望月&ゲダツ、あかり)を危険に巻き込まないために逃がすために声をかけたのだった。一般人の人命救助が最優先、彼らへの加勢や制裁は二の次、三の次だと佳鉈は判断したのだった。


>>臨也、静雄、ゲダツ達、あかり、商店街ALL



【鎧武は後半くらいから虚淵テイストが強くなってきて、平成初期のライダー作品に慣れていないと軽くトラウマ物なので、もし見るのなら龍騎か555で慣らしてから見ることをオススメします。
クウガやアギトは敵が殺○マニアなのでそちらは見るか見ないかはお任せします。】


>>臨也本体様

1年前 No.265

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=hmA2jLw1Ut

【USAピョン、未空イナホ/グラウンド】
USAピョン「はーっ、あっついダニ…」
USAピョンはそう言いながらヘルメットを外した。ちなみにUSAピョンの中は水色の熊のような姿である。
『いえ それよりももう18時回っていますし帰りませんか?それに今知ったですがμsのイベントが海であるみたいですし』
イナホ「へー、行ってみようかなー」
と、つぶやくイナホ
『なぁ、おまえってバスケで有名な 黒子っていうやつ!?』
USAピョン「…なんか暑苦しい奴きたダニ…」

>黒子、南、西谷


【アドレーヌ、リボン/商店街】
アドレーヌ「あ、こんにちは、私はアドレーヌです。この子はリボン」
私は、あかりと名乗る女の子に自己紹介した。
>all


【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/市場】
真宵「あ、そーだっ!割り勘すれば?そうすれば、みんなのお金で食べ物をみんなで食べられるよ!」
龍一「みんなのって…僕と、その子のお金だろ?」
僕の意見を無視して、真宵ちゃんはどうかな?っと女の子に聞く。
>アミティ

1年前 No.266

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.267

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

【大空あかり/商店街】

「アドレーヌさんにリボンさん。可愛いお名前ですねっ!私は実は明後日ここでお祭りがあるらしくて下見に来てたんですよ!アドレーヌさんたちはなにしてたんですか?」


私はお祭りの下見にきたと話します。正確にはお仕事の下見ですが。アドレーヌさんとリボンさんと仲良くお話出来たらいいなあと思っていたら突然喧嘩みたいな声が聞こえました。私は止めたほうがいいのかなと思ったけれど私が行っても何も解決にならないよねと思ってしまいました。

「さっきからあの人たち喧嘩してるみたいだけど…ほっといていいんですか?」

思わず二人に聞いてしまいました。本当は黙っておくべきだけどやっぱりモヤモヤします。


>アドレーヌたち、all


【アミティ/市場】

「割り勘いいねー!けどあたし百円しかないけどいいの?」

確認の為に彼らに聞く。百円しかないため、それでもいいかと。ダメなら諦めるつもりだった。首を傾げると不安そうな表情になる。

>成歩堂たち

1年前 No.268

妃 ゆあ @20001221 ★3DS=QtmwWMFjXs


【西谷夕→グラウンド】

自分が勢いよくいったせいで
相手が困っていた。
その様子を見ると

『あ、わりぃ。いきなり』

と、
少し反省した様子で
手で頭を掻きながら謝り。

『μs??っ。知らねぇけど
ついてってもいいのか?』

さっきのことがあったため
すこし遠慮がちに。
すると、隣の女の子が

[南みれぃ。プリパラでアイドルをやってるぷりぃ。]

と。
語尾が特徴的ですこし
あっけにとられながらも。

『ぷ……プリ…パラ?
なんだそれ!?』

自分は運動(バレー)しか
興味がないため知らなかった。
そして、一緒に同伴してもよいと
いってくれる。

『あ、ありがとな!』

と。
慌てて付け足しながら
口を開く。

『この小さいうさぎらしき人物?は
誰だ??』

と、
見たことのない生き物を見て
少し、目を輝かせながら。
興味津々に。

 南みれぃ。黒子。イナホたち




【*時間がなかったので一つ一つ
分けますね!すいません……。】

1年前 No.269

白い悪魔☆Ibq7BGr7nio ★KeATH86P8l_qfd


【図書館/うまる】

「奥ですね。ありがとうございます」

と、案内してもらえると思ったが、先にやることがあるらしい。
うまるは早く地図持ってお土産買いに行きたいんだけどなぁ。

(というか気持ちよさそうに寝ているねぇ)

女の子二人と一緒に今眠っている女の子を見つめる。
するともう一人の女の子が耳元で囁いた。あ、起きた。

「あはは、起きたみたいですね」

さあ、これで用事は終わったよ。うまるを地図の場所まで案内してもらわなきゃ

>穂乃果達、希


【露天風呂/なのは】

フェイトちゃんがタオルを取るとその下黒いスクール水着でした。
色合いはフェイトちゃんに似合ってるかも。お店の人が勧めたのかな?

(え?崖の下?)

フェイトちゃんんからの念話にこてんと首を傾げます。
じゃあ、今の衝撃って誰かが落ちてきたってことなのかなぁ。
夜空くんに視線を向けるとちょうどそのことを話してたので聞きます

「ふえっ!?」

その時、男の子の声が聞こえて思わず軽く声を上げてしまいました。
それからよく見ると見た目は黒髪で金色の目を持った男の子で…あれ?今銀河隊長って言ったような

>フェイトちゃん、夜空くん達。ALL

1年前 No.270

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=X6zCdOwJvI

【USAピョン、未空イナホ/グラウンド】
『西ノ谷君もイナホとUSAピョンも一緒に来るぷり!』
イナホ「おぉっ!それじゃ行っちゃいますかっ!」
イナホは大賛成である。
USAピョン「ミーはウサギじゃなくて、USAピョン!妖怪ダニっ!」
USAピョンはムキになってそう言う。

>黒子、西谷、南


【アドレーヌ、リボン/商店街】
アドレーヌ「へー、私たちは散歩にきて…」
リボン「それでこれから、あの女の人の相談にのるために、雑貨屋に行くんです」
アドレーヌ達は自分がなにをしていたのか説明した。
アドレーヌ「けんかと言うより、なんかやばい気が…」
>all


【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/市場】
真宵「いーっていーって!じゃ、きまりっ!あ、あたしは綾里真宵!で、いとこのはみちゃんに、助手のナルホドくん!」
龍一「ちょっと勝手に…ま、いいか。ていうか、助手は真宵ちゃんだろ。僕は成歩堂龍一。」
春美「綾里春美です」
僕らは女の子に自己紹介をした
>アミティ

1年前 No.271

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=X6zCdOwJvI

【パティ/露天風呂】
あたしはパティ。今日はあたしの影の存在、シャドーパティことシャティと旅行にきましたっ!で、もしかして素敵な恋をしちゃったり…
「おー、なんか賑やかだなー」
あたしは露天風呂に入った。
ん?目にうつったのは、黒い髪の金色の目の男の子(翔介)…
「ちょっと君ー!なんかビビッときたー!最高!イケメンっ!マイエンジェルっ!」
あたしは男の子に近づき、手をぐっとつかんだ。

>翔介、all


【シャドーパティ/海】
…私は散歩に海に来た。
で、ある女を見かけたが…メイドに準備させ、自分は寝っ転がってる…完全にお嬢様タイプだな
>真姫、all

1年前 No.272

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河「」翔介『』/温泉施設(露天風呂)】

ー うん…。次からは気をつける −

…しっかりと反省しているようだから。
今後は温泉に。湯船にタオルをつけようとすることはないだろう。

「…よし。ならいいんだ。」

フェイトの返事にただ静かに「それならいいんだ」とつぶやいてうなずいた。

…と、その時。
…なのはからの視線を感じる。

が、すぐにそのなのはから、驚いたような声が聞こえた。

…たぶん、たまたまやってきた翔介に驚いたのだろう。


…とりあえず、紹介。しておくか。


「…なのは、フェイト。…紹介しておく。こいつは「彩道 翔介(さいどう しょうすけ)」…俺の所属している組織の俺の部下だよ。」

『銀河隊長のご友人ですか?銀河隊長の紹介通り、僕は銀河隊長の部下の「翔介」です!どんな風に呼んでいただいてもかまいませんよー………!?』


と、そんな時。だった。
突然、翔介の手を握る存在がいたのだった。

ー ちょっと君ー!なんかビビッときたー!最高!イケメンっ!マイエンジェルっ! −


「…は?」

『ふぇ…え…えぇ…!?』


翔介は、自分の手を握る存在に「ポカン」としていて。
銀河も、その光景を見て「ぽかん」とするのだった。

>なのは、パティ、フェイト、露天風呂ALL

1年前 No.273

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★S0xWjDBvkX_Ony

【南みれぃ/体育館】

「μ'sは今流行ってるアイドルユニットぷり。」


最近流行しているアイドルユニットと話す。上下関係が特になくみんな仲良しなグループと噂。同じアイドルのみれぃにとってはライバルになるが何処か応援したくなる。そして遠慮がちな西ノ谷だがみれぃはそんな彼を引っ張るように言う。

「遠慮することないぷり!」

>西ノ谷、黒子、イナホたち


【高坂穂乃果、園田海未/図書館】

〜穂乃果視点〜


穂乃果「その子(うまる)は?」

海未「先程からずっと居ましたよ。」

穂乃果は寝ていたためちっとも気付きませんでした。アハハと笑うしかありません。あの子の名前はまだわからないけれど地図を探してるみたい。なので穂乃果と海未ちゃんは立ち上がると女の子と一緒に地図や資料があるところへ歩いていきます。

穂乃果「地図はここだよ!」

よいしょと言いながら地図を取るとそこには日本地図が書いてあった。もう一枚はこのあたりの地図だった。

>うまる、希

【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/温泉施設】

「…どうしたの?」

二人がポカンとしていた。その視線の先には翔介が手を握られナンパ(?)されていた。更にフェイトもポカン。何も言葉が出ない。ただただ他人事のように翔介を見守るのだった。

>なのは、銀河、パティ


【大空あかり/商店街】

二人は雑貨屋に行くと説明してくれたので私は一緒に行きたいとお願いしてみます。雑貨屋って色んな小物があってきっと楽しいと思うから。

「私も一緒に行きたい!いいですか?」


男性たちの喧嘩は少々ヤバくなってきているため最悪の場合は警察を呼ぶしかないのではと思いました。

「警察…呼びますか?」

>アドレーヌたち、ヒナギク、(折原、平和島、美琴)、all


【アミティ/市場】

「あたしはアミティ!宜しくね!ナルホド君!」


アミティもつられてナルホドと呼んでしまった。そしていいよと言ってくれた真宵さんに「ありがとうございます」とお礼を告げる。

>成歩堂たち


【西木野真姫/海】

「こんにちは。」


目の前を通ったためこんにちはと軽く挨拶を交わす。合宿の参加者かしらと思うものの聞かないことにしたわ。サングラスを頭の上に載せるとにこりと笑みを浮かべる。
夕日が海に沈み始めからそろそろみんな来るかしら。起き上がると私は準備を進める。

>シャドーパティ

1年前 No.274

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=X6zCdOwJvI

【パティ/露天風呂】
「いやー、ごめんごめん、お兄さんがイケメンすぎて、あたしの心がうばわれちゃいましてー」
と、バカみたいにはしゃぐあたし。お兄さん以外に何も見えたない状態なのである。

>all


【狩魔冥/ホテル】
「…さわがしいわね、何かあったのかしら?」
たまたまホテルに来てた検事の狩魔冥は自室で過ごしていて、なにやら騒がしいので、様子を見に来た。
「警察…なにか事件が?」
>all

1年前 No.275

ヒナ @linnvo☆eQLF5/fJvizN ★6O1STZoCNm_M0e

【桂ヒナギク/商店街】

商店街が異様な雰囲気に包まれていく中、ヒナギクは女の子二人を連れて雑貨屋に入ろうとしていた。その前に、この輪に入ってきた女の子と少し談笑。その女の子は、堂々と自己紹介をしていた子で、大空あかりという名前だ。ついでに、大空あかりとの自己紹介で、二人の女の子がアドレーヌとリボンという名ってことがわかった。

「私は、申し遅れたけど桂ヒナギク。白鴎学院という所の高等部二年で、生徒会長をしているの。よろしくね。あと、私の事はヒナって呼んでいいわよ♪」

ヒナギクも三人に向けて自己紹介をした。

「ええ、二人の言う通りで……私が二人にお願い事があって、これからあそこの雑貨屋に行くの。その、お恥ずかしいんだけど……私、可愛い物選ぶのどうも苦手で……」

何してたのかと言う質問に、アドレーヌとリボンの後に答える。そして初対面の女の子三人だけということで、その二人への用件を少しだけ明かした。ここから、二人に雑貨を選ぶのを手伝ってもらおうとしていることが窺えるかもしれない。

「もちろんいいわよっ」

大空あかりも一緒に行きたいと言う。ヒナギクは承諾した。ちゃんとした女の子の意見を参考にしたかったから、仲間が増えるのは嬉しい。

【やや強引ですが話に入らせて頂きました汗】

>大空あかり、アドレーヌ、リボン

【いえいえ!ハヤテネタ自分もやってて楽しいですから笑咲夜のハリセンは人の頭ぶっ叩くのでスレ内で出来るかわかりませんがね……お相手ありがとうございました】

>折原臨也様


【鷺ノ宮伊澄/温泉施設/露天風呂】

一瞬キョロキョロと辺りを見回す伊澄であったが、近くの少年からここがどこなのか教えてくれた。ここは、温泉施設の露天風呂……あれ?

「えっと……ここは秘湯ではないのですか?入るつもりまではないのですが……」

と、少年に尋ねる。そうだ、私はこの秘湯の近くに行きたくて崖を下りてきたはず。でも、ここは秘湯の温泉ではなく、施設の温泉だと言われてしまった。せっかく見つけたと思ったのに……。

すると、少年の周りにどんどん人が集まってきた。でも女の子ばかり……このお方、なんだかハヤテさまみたいね。
――と思ったら、上には上がいたようだわ。少年のお知り合いと思われる方が、今まさに不思議な生き物に求愛されているわ。これは……滅多に見られない光景よー!!

さて、ふざけていないで、これからどうしようか考えないと。と思っていたら、少女(フェイト)がこちらに駆け寄ってきた。少し派手に崖を下りてしまったから、気にされてしまったのかしら?

「あ……私の事なら心配いりません。怪我はしていませんので」

>夜空銀河、彩道翔介、パティ、フェイト・テスタロッサ・ハラオウン、高町なのは


【愛沢咲夜/海】

“せやから、ほなっ!……ちょっくら探してみようや?”

咲夜がそう言ったところ、その人は意外な反応を見せた。何故か赤面しながらどもっている。

「?なんや急に……はっは〜ん、もしかして自分、ウチに誘われたのが嬉しかったんやろー?慣れへんガキんちょにこないな扱いされて、緊張してしもたんとちゃうかぁ?」

と冷やかすように言って、はっはっはと陽気に笑う。本当かどうかはわからないけど、そんなことはどうでもいい。嬉しかったなら結果オーライだけど。別に、赤面したのをバカにするつもりは無い。これは咲夜なりのスキンシップだ。スキンシップ。

この人の名前は降魔漣音というようだ。名前は女っぽいかも。

「ウチは愛沢咲夜や。よろしゅーな、漣音さん。で、ほんまに海で何かやらへんのかなー……って、あれちゃうん?」

名乗った後、ふらふらと歩き出した……と思ったら、浜辺のとある一帯に何かが見えたので指差した。あれ、どーみてもバーベキューの用意やろ?

「漣音さん!あれバーベキューや!バーベキューパーティーするかもしれへんよ?」

単に家族でバーベキューというには規模がデカいから、きっと大人数用のバーベキュー。だとすると、合宿仲間でバーベキューパーティーっちゅーのも有り得る。
咲夜は漣音にこう告げながら、バーベキューの用意をしている所へ向かおうとしている。

>降魔漣音、(西木野真姫)、(シャドーパティ)、海ALL

1年前 No.276

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河「」翔介『』/温泉施設(露天風呂)】


ー …どうしたの? −

「……正直俺も…何が何だか…」

フェイトの疑問の声に。
…銀河は、「何が何だか」と、困惑の声しか上げられなかった。

突然現れた不可思議な生命体(パティ)に、逆ナンパされている自分の部下。
…戸惑いしかでない。

ー いやー、ごめんごめん、お兄さんがイケメンすぎて、あたしの心がうばわれちゃいましてー −

『え…あう…あうあう……ぎ、銀河隊長…HELP!』

…人外とはいえど、自分を好いてくれているというのは明らかで。
翔介は好意を向けられているということに、顔を真っ赤にして「あうあう」と慌てて。
どうすればいいかわからない翔介は。銀河に助けを求め。


「……とりあえず、ナンパは別の場所でやれ。…バトルカード「スマイルコイン」」


ナンパは別の場所でやれ、とパティに告げ。
バトルカード名を宣言。

すると。

パティの頭上から、当たったらかなり痛い。大きなコインがものすごい勢いで。
パティの頭めがけて落下し始めたのだ。


…当たれば、あとは連続ヒットするので。
パティと翔介の方は放っておいて。

…和服姿の少女の質問に返答することにした。


ー えっと……ここは秘湯ではないのですか?入るつもりまではないのですが…… −

「…あぁ、残念だがな。…俺やなのはにフェイト。翔介も「客」としてこの露天風呂にきているわけだからな。」

残念ながら、ここは秘湯ではない、と。
無表情で淡々と。和服少女(伊澄)に告げるのだった。

…ここで、彼女に「ここは秘湯だ」といって、あとで真実が分かって「だましてたのか」と怒られるよりは。
正直に話した方がいいだろう。



>なのは、フェイト、パティ、伊澄

1年前 No.277

スピリチュアルな先輩・方士 @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【東條希/図書館】
「穂乃果ちゃんは相変わらずやね。」

飛び起きた穂乃果を見てそう言う。
さて、問題はこの子…いやおかしい。図書館の前で見た時は2頭身だったはずなのに、今では自分たちとそう変わらない身体つきになっている。一瞬首を傾げたが特に気にすることでもないだろう。

彼女は地図を見るためにここまでやって来たらしい。何か手伝えることがあるかもしれない。そう思っていると穂乃果が二枚の地図を持ってきた。一枚は日本地図、もう一枚はこの島の地図。

「……この島について調べたいならこっちの地図やね。」

多分彼女は日本の事を調べるためにここにやって来たわけではないだろう。ならばこの島が事細かく描かれた地図を見てみようと提案する。

>>高坂穂乃果・園田海未・土間埋・ALL


【左慈/路地裏】
妖の気配を辿りここまでやって来たが、考え通り、やはり此処に何かがいるようだ。
確かに戦乱とは無縁の世界であろう。この老人が肩入れし、既に過去の物となった大徳、劉玄徳がこれを見れば大いに喜ぶであろう。――――だがしかし、火種だけは燻り続ける。たとえばこの妖の気配などがそうだ。

すっかり人気が無いようだが、妖の元に向かうのか。一人の少女を見つける。

「――――そなた、たった一人で妖に立ち向かうかね?そなたが望むならば小生も手を貸そう。」

なるほど人の子に危害を加える妖に立ち向かう勇気もまた必要。しかしてたった一人での勇猛とは即ち蛮勇。何処からともなく現れた老人は少女に語り掛けた。
>>美樹さやか・ALL

1年前 No.278

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

【江戸川コナン/ホテル】

「お姉さんどうしたの?」

たまたま通りかかった冥に声を掛ける。警察関係の人かなと思った。
だとしたら事情徴収に付き合ってもらうことになるけれど。

>冥、哀


【大空あかり/商店街】

「宜しくお願いします!桂先輩!」


私より年上のお姉さん。まるで星宮先輩…というより霧矢先輩みたいな落ち着いた印象の人だな。先輩を名前で呼ぶのはちょっと抵抗があるなぁ。清楚でおしとやかでまるで私には足りないものを沢山持ってるなぁと少しうっとりしてしまいました。


>ヒナギク、アドレーヌたち、all

【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/露天風呂】

「私たちはどうしよう…。」

女の子(伊澄)からは心配いらないみたいな返事が返っきたけれどどうすればいいかわからなくなってくる。両方ほっとくわけにもいかないし。このまま立ち尽くすわけにもいかないし。フェイトは悩んでいた。


>なのは、銀河、伊澄

【高坂穂乃果、園田海未/図書館】

〜穂乃果視点〜

穂乃果「そうだね!じゃあこっちはしまって…。」

日本地図は棚へと返却しました。あの子が調べたいのは此処のことだ。


海未「なるほど…。時間があれば山頂アタックしたいのですが…。」

海未ちゃんは山登りしたいみたい。今回は凛ちゃんがいないからリリーホワイトとしては海未ちゃんと希ちゃんだね。まさか、穂乃果も山頂アタックに巻き込まれないよね…?海未ちゃんはキラキラとした視線を希ちゃんに送ってました。

>希、うまる


【美樹さやか/路地裏】

「あたしは魔女退治のつもりなんですが…。」


声をかけられて思わずこけそうになる。そして一人で行くことに心配されたが「へーき!へーき!」と言い強がる。もう慣れっこのため、一人でも大丈夫…と思う。


>左慈

1年前 No.279

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【折原臨也:商店街⇒?】


上手く南成佳鉈が誤解でもして静雄を撃ち殺してくれればもうけものと言った言葉に

『財団Xっつーのが何だか知らねぇし興味もねぇがよぉ…!』

この反応いやいや興味を持った方がいいそう思っていたその特異な体質から静雄もまた研究対象として狙われているのだからと
もっともそんな事は知った事では無いむしろ消されてくれれば大助かりなぐらいだが今はそれどころでは無いか……

『テメェがここに居るっつー事は…俺にぶち殺されても文句ねぇって事だよなぁぁ!?』

まったく無茶苦茶な理屈で車一つをこちらに蹴り飛ばしてくる始末のうえ南成は静雄と財団Xが関係ない事に気付いたのか
変身こそしたが周りの人間の避難誘導をするだけの様だが、まぁそれはそれでいい

「まったく無茶苦茶だな本当に静ちゃんは 少しは人目も気にしたらどうだい後ろ……何か狙われているよ」

飛んできた車を避けて静雄の後方にいる女子中学生の存在を教えてやった
常盤台の超電磁砲かちょうどいい所に現れ物だと笑みを受けべながら
その時に雑貨店から二、三件先の店に納品していた業者のトラックに運転手が店から出てきたのを見て
その発進間際に荷台に飛び乗っるとそのまま何処かに逃走していった



>>対象無し(すいません一度逃走しますが、またどこかにひょっこり出てきますので)

【地雷屋さま:キャラが臨也と静雄の時は逃走する事が多くなるかもですがご容赦を】

1年前 No.280

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=8MZ6bEmvBW

【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/市場】
龍一「あ、ああ、うんよろしく、アミティちゃん」
この子までナルホドくん呼びか…
真宵「それで、何食べる?」

>アミティ


【アドレーヌ、リボン/商店街】
リボン「決まりですね!」
アドレーヌ「よろしくお願いしますっ!ヒナさん、あかりちゃん!」
というわけで、私たちはあかりちゃん、ヒナさんと雑貨屋に行くことにした。
>あかり、ヒナギク


【パティ(球体)→人間)/露天風呂】
「いででででっ!」
上からコインがおちてきて、あたしの頭に激突した。
「うー、ごめんなさい…」
あたしは人間の姿になって、謝った。
>翔介、all


【シャドーパティ(人間)/海】
「…え?あ、ああ、こんにちは」
私は先ほど目に写った女に挨拶されたので、とりあえず返した。
よくみると…美人だな
>真姫、all


【狩魔冥/ホテル】
「ん?」
私に声をかけてきたのは、子供…?
「ちょっと、この騒ぎが気になったの。何かあったのか、坊やたち、なにか知らないかしら?」
>コナン、哀

1年前 No.281

妃 ゆあ @20001221 ★3DS=QtmwWMFjXs


【灰原哀→ホテル】

『ここにあった物が、誰かによって
とられたのよ。』

と、
小学生の体をして冷静沈着かつ
淡々と話す少女。

『あなたさっき(事件が起きる)とき何処で何をしていたの?』

警察でもないのに、警察らしく
軽く事情調査を始めようとする。
まるで、大人かのよう。

 冥 コナン



【西谷夕→グラウンド】

『U…USAぴょん??』

名前を聞いて
ますます混乱?する
そして妖怪だということを聞くと
たちまち

『おぉー!!すっげぇ。おれ妖怪
みえてるー!!ってか本当にいんのかぁぁ!!!』

さっきまでの静かさとは
うって変わって
ものすごくうるさい。

すると、南さんが

[遠慮することないぷり!]

そういった。
(*おれ、そんなわかるほど態度
変わってたのか??)←心の声
と。
少し不思議に感じたが、そんなことは
関係無く。

『おう!!んじゃこれからはガンガンいくぜっ!』

さっきまでの反省の色は
1ミリも考えれない、。

 黒子 イナホ達 南みれぃ。

1年前 No.282

VD @recruit ★2wBeFhWWiK_M0e

【神楽坂倫花/→バス内】


>>252


「ま、間に合ったぁ……。」

 なんとかバスが出立してしまう前に辿り着くことが出来たみたい、よかったよかった。

「す、すみません、御迷惑おかけしました……。」

 但し、その代わりに其れ相応に目立ってしまい、車内の視線はほとんど釘付け状態に。
 バスの進行にも差支えてしまったし、申し訳ないことをしてしまったか。
 それに。

「あ、あはは──ちょっと、全力で走っただけですよ。驚かせてしまってごめんなさい、青山さん。いま降ろしますね。」

 目を渦巻きのようにくるくるさせている背中の青山さん。
 ゆっくりと彼女がバランスを崩して倒れこんだりすることがないよう、そっと。

1年前 No.283

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【黒子テツヤ:体育館】

『…はーっ、あっついダニ』

僕が西谷君と話している後ろでUSAピョンの声が聞こえる着ぐるみを着て走ればそれは熱いだろうとおみながらも
イナホちゃんはイベントに参加する事は賛成の様だそして南さんは西谷くんの言葉に

『そうぷりね!って黒子君って有名人だったの?』

驚きの声を出すこれでも一応は全中三連覇したした中学出身で1年からでは無いもののそのレギュラーだったわけだし
僕や西谷くんがプリパラを知らないような物かと

「ええ……その一応全中で僕がいた中学は全中でも優勝しましたから……チームメイトに恵まれただけですよ」

自身のチームにいた5人の天才たちの事を思い出し若干表情が沈むが、それもキセキの世代全員出場したウインターカップでの死闘を経て
今はもうそう悪い思い出では無いと表情は元に戻る

『西ノ谷君もイナホとUSAピョンも一緒に来るぷり!』

南さんもμsの事を説明しながら西谷達を誘ってくれているが当の西谷君はUSAピョンの事が
気になっているみたいだがイナホちゃんの前で中の人の話はやめた方が……


『ミーはウサギじゃなくて、USAピョン!妖怪ダニっ!』


えっようかい……ヨウカイ……妖怪……?あの着ぐるみを着て5周を走りきったUSAピョンに何かあると言うか中の人が火神君ではと考えていら矢先に
妖怪発言にビックリするも顔にはあまり出ていないが


「妖怪…それ着ぐるみじゃないんですか?」

しかい反応は人それぞれで西谷君はなにうやら興奮気味の様だ



>>イナホ達、南さん、西谷君

【妃 ゆあ:本来なら西谷先輩orさんとする所ですが、学年を聞いていない事+体格で1年と勘違い中です】

1年前 No.284

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★S0xWjDBvkX_Ony

【アミティ/市場】

「何にしようか…。焼きそばとかいいなぁ!」

たこ焼きは先ほど食べたし焼きそばがいいと提案する。成歩堂たちは何が食べたいかはわからないが。


>成歩堂たち

【大空あかり/商店街→雑貨屋】

「決まりですねっ!お目当ては決まってるんですか?」

雑貨屋に行くことに決まりました。だけど何を目当てかはわかりません。とりあえずウィンドウショッピングをして気にいったものを購入するのかなと思ったのですが。雑貨屋は此処から少し歩いたところにあった筈と思いました。桂先輩やアドレーヌさん、リボンさんに首を傾げました。


>アドレーヌたち、ヒナギク


【江戸川コナン/ホテル】

「なんか盗まれたみたいだよ。僕も詳しくはわからないけどね。」

まだ警部たちが調査中のため詳しくはわからないと苦笑する。


コナン「みんなアリバイアリみたいだな…。」

ふむーと腕を組んで考える。そして調査は進み…。


支配人『何かわかりましたか?』

警部に何か進展はあったかと訪ねる。今のところは特にないようだ。

目暮警部『特にないようだが…。』


>冥、哀

【南みれぃ/体育館】

先程の雰囲気とは変わって明るくなった西ノ谷。妖怪がみえることにも嬉しそうだった。此方も嬉しい気分になる。ニコッと微笑む。

「そうぷり!元気になって良かったぷり!」

>西ノ谷、黒子、イナホたち

1年前 No.285

Ω綾崎ハヤテΩ @linnvo ★iPhone=kvbrPeUbuJ

【鷺ノ宮伊澄/温泉施設/露天風呂】

“…あぁ、残念だがな。…俺やなのはにフェイト。翔介も「客」としてこの露天風呂にきているわけだからな。”

「はあ……そうですか。残念です」

既に誰かに秘湯を奪われて、このように商売をしていたなんて……悔しい限りだわ。
でも、そしたらどうやって戻ろう。崖の上に登れそうな所は見当たらないし……だとしたら道は……あそこしかない!

「秘湯は諦めます。お騒がせしました……では」

少年達に向かってお辞儀をした後、露天風呂の出入り口へと向かっていった。

【一度去りましたが、一応すぐに戻ってきます】

>夜空銀河、フェイト・テスタロッサ・ハラオウン、露天風呂ALL


【桂ヒナギク/商店街/→雑貨屋】

「よろしくね。それじゃあ行きましょっ」

ヒナギクは雑貨屋へ向かい、中に入りながら話す。

「実はその……私、ちょっと男っぽいっていうか、おしゃれとかにあんまり興味なかったんだけど……ほら、生徒の代表だし、このままだと女としてまずいじゃない?だから、ちょっとくらい女の子っぽい物を買おうと思ってこの雑貨屋に来たんだけど、いざ

1年前 No.286

ヒナ @linnvo ★iPhone=kvbrPeUbuJ

【桂ヒナギク/商店街/→雑貨屋】

「よろしくね。それじゃあ行きましょっ」

ヒナギクは雑貨屋へ向かい、中に入りながら話す。

「実はその……私、ちょっと男っぽいっていうか、おしゃれとかにあんまり興味なかったんだけど……ほら、生徒の代表だし、このままだと女としてまずいじゃない?だから、ちょっとくらい女の子っぽい物を買おうと思ってこの雑貨屋に来たんだけど、いざ手に取って見ると恥ずかしくなってきちゃって……それで、あなた達のアドバイスが聞きたいの!」

用件の一部始終を話す。ヒナギクが入った雑貨屋は女の子向けの可愛い雑貨がたくさん売られている所だった。

「もちろん、私が欲しいものを選ぶんだから、あなた達に任せっきりにはしないわよ?時々意見とか聞いて参考にさせてほしいんだ」

>アドレーヌ、リボン、大空あかり

【すみません、下半分だけ書き途中でした】

※警告に同意して書きこまれました (出会い)
1年前 No.287

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=8MZ6bEmvBW

【狩魔冥/ホテル】
…この娘、子供とは思えないほど冷静沈着な態度ね…
「私は自室で読書をしていたわ。それで食堂に行こうと下に降りていたら悲鳴が聞こえて…」
とりあえず、自分が何をしていたのかを話した。
「それで、盗まれたものというのは?」

>コナン、哀


【USAピョン、未空イナホ/グラウンド】
USAピョン「あーもううるさい奴ダニ」
USAピョンは少しイライラしてきた。
イナホ「それにしても、なんでみんなUSAピョンが見えるんだろ?妖怪ウォッチないのに。
あ、私未空イナホですっ!」
>みれぃ、テツヤ、夕

1年前 No.288

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=8MZ6bEmvBW

すいません、ちょっと訂正します。
【USAピョン、未空イナホ/グラウンド】
USAピョン「あーもううるさい奴ダニ」
USAピョンは少しイライラしてきた。
『妖怪…それ着ぐるみじゃないんですか?』
USAピョン「え?ひょっとして、ずっとミーを着ぐるみと思ってたダニ?」
イナホ「それにしても、なんでみんなUSAピョンが見えるんだろ?妖怪ウォッチないのに。
あ、私未空イナホですっ!」

>みれぃ、テツヤ、夕

1年前 No.289

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河「」翔介『』/露天風呂】


ー 私たちはどうしよう…。 −

「…崖から落ちてきた女の子はともかく、翔介とあの球体の方については…ほっといていいと思うぞ。」


フェイトは、和服少女(伊澄)の方と、逆ナンパされている翔介の方のどっちをも気にしている様子だった。
…非常にくだらないことをしている奴の事まで心配とは…フェイトはかなり心優しい子だと、再認識した。

…さて。

翔介と球体の方については…
ほら。

先ほど発動したバトルカード「スマイルコイン」によって、落ちてきた無数のコインが球体の少女に連続で当たっていき。


ー いででででっ! −

ー うー、ごめんなさい… −

と謝ってきたのだが…



「………!!??」
『…ふぇ……え!!??』

あまり感情を外に出さない銀河
そして、翔介も仰天していた。

…先ほどまで球体生命体の姿をしていた者が…いきなり人間の。
ピンクのロングヘア―の少女に変貌したのだから。

いくら非日常になれている銀河や翔介と言えども。…こればかりは仰天するしかなかった。


と、そんな時。


ー 秘湯は諦めます。お騒がせしました……では −


…先ほどの少女(伊澄)は、秘湯はあきらめる、と告げて。
…露天風呂の出入り口に行ってしまった。

…止めることはしない。
…というより、止めてどうしろと?


>なのは、フェイト、パティ、伊澄

1年前 No.290

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=8MZ6bEmvBW

【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/市場】
真宵「いいねっ!焼きそば!」
春美「私、焼きそば大好きです!」
龍一「じゃ、焼きそばでいいかな?」
僕はアミティちゃんにそう確認した

>アミティ


【アドレーヌ、リボン/商店街→雑貨屋】
リボン「わかりましたっ!」
アドレーヌ「私も何か買おうかなー」
と、こんなことを呟いていた。
>あかり、ヒナギク


【パティ(人間)/露天風呂】
なんか、自分が人間になっているので驚いているようだ。
パティ「えーと、なんか、ごめん」
>銀河、翔介、all

1年前 No.291

妃 ゆあ @20001221 ★3DS=QtmwWMFjXs


 【西谷夕→グラウンド】

黒子のバスケの話を聞くと

『おぉ。すげぇーなお前。
俺もまだまだ頑張らなきゃだぜ』

と。
何らかのタイミングで
火がつき。

『あ、そだ。俺2年っす。
言ってなかった……よな?』

自分のことを忘れていた。
すると例のうさぎが
[あーもうるさい奴ダニ]と言われ

『今、俺にいったか?』

と。
怖い形相で言い返す。
本人は特に自覚はない。

すると、うさぎの隣の少女が
少し不思議そうに口を開いた。

『よ…妖怪…ウォッチってなんだ?
しかし、妖怪が本当にいるとは』

意味のわからない単語が出てきた上に
自分が妖怪を見えていることが
まだ、現実として頭が受け要らず
混乱している、。
混乱しているなか、例のうさぎの
隣の少女が名前を名乗った。

『あ、おれ西谷夕。鳥野高校2年。
バレー部のリベロだ。よろしくな。』

自分の胸を親指で指し
元気に答える。

 黒子 イナホ達 南みれぃ



【灰原哀→ホテル】

彼女から自室で読書をしていたことを
聞いて。

『それを証明する人物はいる?』

と、コナンりよりも
次々に質問をする。

盗まれたものは何かと聞かれ
コナンめ分からないと答えたあと

『もちろん、私も知らないわ。
知りたいなら直接聞けば、、。』

無愛想に答えると
コナンの処へ歩みより

『ねぇ、江戸川くん。これだけの人がいてみんなアリバイをっているなんて少し引っ掛からないかしら………。』

と。
少しだけ自分の考えを言って。

 コナン 冥

1年前 No.292

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★S0xWjDBvkX_Ony

【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/露天風呂】


「……じゃあほっとく。」

銀河の言う通りにほっとくと言うと首をコテンと縦に振る。そして少女(伊澄)は諦めた様子だ。

「………。」

流石のフェイトも言葉を失う。細い目で彼らを見守る。


>銀河たち、なのは、伊澄、パティ

【アミティ/市場】

「はいっ!焼きそばの屋台へレッツゴー!」


楽しそうに焼きそばの屋台へと向かうアミティ。ナルホドさんたちに感謝しなきゃと感謝の気持ちを忘れないことにした。

>成歩堂たち

【大空あかり/商店街】

「なるほど…先輩は女の子らしくなりたいということですね!任せてください!私が好きなブランドはドリーミークラウンというブランドで…。アクセサリーとかもすっごい可愛いんです!!デザインが兎に角可愛いんです!あ…ごめんなさい。雑貨屋に行くんですよね…つい自分の話を…。」


私は愛用のブランドドリーミークラウンについて語ります。途中で雑貨屋に行くということを思い出すと自分の世界に入ってしまったことに少し申し訳なさそうに反省します。けどドリーミークラウンは星宮先輩が愛用してるエンジェリーシュガーの天羽先生のお弟子さんであるデザイナー、瀬名さんのブランド。そんなドリーミークラウンが大好きなんです!きっと桂先輩も気に入るかも知れないと思ってついつい話に夢中になってしまいました。

「私も何か買おうかなぁ…。」


まだ買うとは決めてませんがとりあえず何か可愛い雑貨があれば買う予定です。

>ヒナギク、アドレーヌたち

【南みれぃ/体育館】

「妖怪ウォッチぷり?」

きょとんとしながら妖怪ウォッチという初めて聞いた言葉に戸惑う。

「南みれぃ。パプリカ学園中等部二年、風紀委員長ぷり!」


みれぃも西ノ谷に自己紹介する。隣の女の子はイナホちゃん。仲良く出来るといいなと思った。


>西ノ谷、イナホたち、黒子

【江戸川コナン/ホテル】

「妙に引っ掛かるよな…。」

哀に言われれば引っ掛かかると答える。そして何かひらめいたらしい。

(……これだけ人がいてその隙に盗むとか出来るのか。)

するとガラスケースに何か掻いたような傷跡があったため手袋をはめてガラスケースをのぞく。

(……何だ…この傷跡は?電流…?引っ掛けたあと?)


博士「新一、何か分かったか?」

コナン「……まぁな。後で博士には協力してもらうぜ?」

ニヤリとしながら博士に告げる。博士はお決まりの"アレ"じゃのと思ってた。だがトリックがわかっても犯人はまだわからない。


>冥、哀

1年前 No.293

妃 ゆあ @20001221 ★3DS=QtmwWMFjXs


 【西谷夕→グラウンド】

自己紹介を終えると
南みれぃも自己紹介をしてくれた

『2年……それなら同じだな!
これからよれしくよっ!』

いつもの調子に戻ってきた。

『アイドルってのは楽しいのか?』

自分は、バレー(運動)以外
特に頭には無いから、少し興味を持ち
質問を始める。

 黒子 イナホ達 南みれぃ



【灰原哀→ホテル】

『やっぱり江戸川くんもそう
思うわよね………。』

すると、コナンが何か
ひらめいたらしい。

(ケースには妙な掻き傷が残されている)

『ねぇ。江戸川くん。これって、、
あの鍵をこじ開けるときに付くような
傷跡じゃない………。』

そすると、
コナン(新一)は気づいた様子で。

『トリックは分かっても、犯人が分からない……そうゆうところかしら?』

そう。
まるでコナンの心を読み取っている
ように。

『そのことなら少し提案かあるは
もう一度全員集めてもらったら?』

何かしらの提案があるのか
珍しくコナンに指示する。


  コナン 冥

1年前 No.294

主@参加者募集中 @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

【南みれぃ/体育館】

「中等部だけどね…。楽しいぷりよ!ダンスに歌に友チケ交換も!」

苦笑しながらも楽しいよと元気良く告げる。何もかもが楽しいと嬉しそうだ。


>西ノ谷、黒子、イナホたち

【江戸川コナン/ホテル】

コナン「あぁ。何かかいた後のような…けど証拠がつかめないんだ。」

真剣な表情で悩んでると哀の提案にコナンは賛成する。そして警部たちに協力してもらい全員を集める。


>哀、冥

1年前 No.295

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【黒子テツヤ:グラウンド】

『え?ひょっとして、ずっとミーを着ぐるみと思ってたダニ?』

正直この合宿所に来て以来驚く事が多かったが妖怪とは流石におどいた

「ええ出着ぐるみを着ているのにしてはあまりばてる様子も無いし可笑しいと思っていましたが……」

USAピョンと話している間に南さんとイナホちゃんは西谷君に自己紹介をしているのだが、その中で出た言葉(妖怪ウオッチ)どこかで聞いたような

「西谷く…さんは妖怪ウオッチと言う物をご存知ですか?僕は赤司君からそんな話聞いたような……」

西谷さんが2年と知りさん付けで呼ぶつつも妖怪について聞いてみるも

『よ…妖怪…ウォッチってなんだ?しかし、妖怪が本当にいるとは』

知っているようでは無い一体ここは?

「その立ち話もなんですしホテルに行きませんか?海のイベントの事も詳しくわかるかもしれませんし」

そろそろホテルに行こうと誘ってみたのだが、ホテルの方に数台のパトカーが走っていている事が少し気になった


>>イナホ達、南さん、、西谷さん

1年前 No.296

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=8MZ6bEmvBW

【USAピョン、未空イナホ/グラウンド】
『今、俺にいったか?』
なんか、怖い形相で言ってきたので、
USAピョン「い、いえいえ」
と、慌てて首を横に振る。
『よ…妖怪…ウォッチってなんだ?しかし、妖怪が本当にいるとは』
イナホ「説明しようっ!妖怪ウォッチとは人間と妖怪のコミュニケーションツール!この腕時計をつかうことで、普段見ることのできない妖怪が見えちゃうのだっ!ま、私は宇宙人みたかったんですけど」
最後の言葉はボソッとつぶやいた。

>all


【狩魔冥/ホテル】
ぐっ…少し生意気な子ね…大人だったら鞭を振るってるところだわ。
さて…なにやら子供たちがぶつぶつ言ってるみたいね。
「…証明できる人ね、そういえば、さっき、金髪の女の子が『一緒に踊りませんかっ!?』って、すごく期待した目で言ってきたわ。あの子なら見てるはずよ。」
というか、なんで私こんな子相手に尋問されてるの?
警部によって人が集まってるようね。
「警部、よければ、私にも捜査に協力してもらえないかしら?」
>コナン、哀、all

1年前 No.297

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=8MZ6bEmvBW

【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/市場】
真宵「よーし、れっつごー!」
やれやれ、賑やかな子がふえたな…

>アミティ

1年前 No.298

白い悪魔 @kuromomo☆Ibq7BGr7nio ★iPhone=j1fgHOXeFb

【図書館/うまる】

三人の女の子達に案内されてこの周辺の場所が書かれた地図を見せてもらう。
あれ?今強い視線を感じた気がしたけど、うまるの気のせいかなぁ。

「ありがとうございます。此処が今いる場所ですね」

地図を見ながら現在地を確認する。此処が図書館で、商店街は……ええっ!此処から結構近いじゃん!
という事は途中で道を間違えてたのかぁ。ゲームだったら絶対迷わないのに……。この分だとまた迷いそうだよ。

(やっぱりホテルに戻ろうかな。でも、それだとお兄ちゃん達にお土産買えなくなっちゃうし……そうだ!)

「あの、この辺にお土産さんってありますか?よかったら案内してもらいたいのですけど」

案内された女の子達にお願いする。たぶん地元の人だと思うから詳しいよね。でも、この人達の顔何処かで見たような気がするなぁ。

>穂乃果、希


【露天風呂/なのは】

わたしは次から次へと起こる展開に頭が着いて行けず混乱していました。それでもなんとか理解しようと状況を整理してみます。

(えーと、黒髪の男の子が夜空くんの部下?の彩道くんで、その彩道くんが女の子にナンパされてて……)

彩道くん達の方を見ると夜空くんに助けを求めていて夜空くんが対応しているようです。
でも、これでまた夜空くんの謎が深まりました。彩道くんにも後で聞かないとね。

(そして、今の衝撃の正体は女の子はフェイトちゃんが助けに向かった女の子で、その女の子は秘湯を探しに来たって事でいいのかな)

今度はフェイトちゃん達の方に視線を向ける。どうやら、夜空くんが秘湯はないと答えて帰ってしまったみたい。でも、なんで落ちて来たんだろう。

「にゃはは、とりあえずわたし達は……」

ようやく状況をまとめられた直後、急に頭がくらっとして身体に力が入らずゆっくりと倒れて行きました。

>フェイトちゃん、夜空くん、パティ、伊澄








(それで、)

1年前 No.299

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河「」翔介『』/露天風呂】

ー ……じゃあほっとく。 −

自分の言う通りに「ほっとく」と言い首をコテンと縦に振ったフェイト。
…優しいけれど…どこか流されやすいのだろう。少しそれに銀河は苦笑していた。

…ただ、それよりも気になったのは。

…なのはの方だ。

さっきから立て続けにいろいろな事が起きていて。
…見た感じからしても、もはや考えるのがやっと、なところだろう。

…そこで、ふと。
なのはに異変が起きた感じがする。

そして、なのはがゆっくりと倒れはじめる。


「□□□□!!」

思わず、銀河はなのはに駆け寄って、なのはを抱きかかえるようにして、支える。


「…おい、なのは…大丈夫か…!?」


…普通なら、そこまで動揺はしないが。
…なぜだかこの時の銀河は、かなり動揺して「大丈夫か…!?」と焦って尋ねるのだった。


『…銀河隊長がこんなに動揺しているのって…初めて見るかも』

その様子を見ていて、翔介は「こんなに銀河が動揺しているのを見るのは初めてかも」と声を上げるのだった。


>フェイト、なのは、伊澄、パティ

1年前 No.300


切替: メイン記事(1994) サブ記事 (652) ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

 
 
レスが1994件あります。2000件を越えると記事が終了します。
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。