Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>

【ALL+オリ】ALLキャラで合宿しよう!

 ( なりきり掲示板(フリー) )
- アクセス(9560) - ●メイン記事(2000) / サブ記事 (652) - いいね!(25)

@tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★S0xWjDBvkX_Ony

「退屈だなー、何か面白い事ないかなー」

平凡で穏やかな日々を送っていたALLキャラたち。すると携帯に一通のメールが届いた。

『おめでとうございます。貴方様は当合宿企画に当選しました。つきましては下記の指示に従ってください』

???


この合宿が出会いを呼び、そして現在へと繋がるのであった――

【観覧ありがとうございます!ALL+オリで合宿スレです。基本ほのぼのした日常スレです
詳しくはサブ記事へ】

レス禁止

1年前 No.0
メモ2017/04/15 15:06 : ノア @siratuyu01★iPhone-ROVqwRM7iK

〜参加者〜

フェイト・テスタロッサ・ハラウオン(魔法少女リリカルなのはA's/主)222

高坂穂乃果(ラブライブ!/主)320

園田海未(ラブライブ!/主)220

西木野真姫(ラブライブ!/主)025

大空あかり(アイカツ!/主)233

千斗いすず(甘城ブリリアントパーク/主)150

黄前久美子(響け!ユーフォニアム/主)001

南みれぃ(プリパラ/主)310

司波深雪(魔法科高校の劣等生/主)

禁書目録(とある魔術の禁書目録/主)

御坂美琴(とある魔術の禁書目録外伝とある科学の超電磁砲/再参加希望)

美樹さやか(魔法少女まどか☆マギカ/主)

江戸川コナン(名探偵コナン/主)346

赤座あかり(ゆるゆり/主)111

日向咲(二人はプリキュアスプラッシュスター/主)

天ノ川きらら(GO!プリンセスプリキュア/主)

古手梨花(ひぐらしのなく頃に/主)

矢澤こころ(ラブライブ!/主)

栗山未来(境界の彼方/主)

星宮いちご(アイカツ!/主)

両津勘吉(こちら葛飾区亀有公園前派出所/主)

秋元麗子(こちら葛飾区亀有公園前派出所/主)

吹雪(艦隊これくしょん‐艦これ‐/主)

綾崎ハヤテ(ハヤテのごとく!/主)

皐月(艦隊これくしょん-艦これ-/ノア)353

文月(艦隊これくしょん-艦これ-/ノア)353

長月(艦隊これくしょん-艦これ-/ノア)353

明坂芹那(CHUNITHM/ノア)316

小仏凪(CHUNITHM/ノア)316

…続きを読む(11行)

切替: メイン記事(2000) サブ記事 (652) ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21


 
 

VD @recruit ★2wBeFhWWiK_M0e

【神楽坂倫花/港】

>>88


 奇遇。──そう言うと、目の前の女性は自分もまた、招待状がここにやってきた切欠であると話してくれた。
 御手紙という点は私たちと違うけど、ここに来た理由となったものは同じ。
 やっぱり。こういう偶然もあるものなんだなぁ。──などと能天気に考えていると、一つの提案。

「え、ご一緒してもいいんですか?」

 回答は──もちろん、喜んで、だ。
 すっかり一人で島を周ってみるつもりでいたけれど、誰かと供に散策した方が楽しいに決まってるもの。
 断る理由なんてなく、私は笑顔でその案に乗った。

「あ、自己紹介がまだでした!
 ──私、神楽坂倫花です。よろしくおねがいしますね。」

1年前 No.101

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【折原臨也:海】

多くの者は彼がここにいる事に驚くだろう。まして彼の事をある程度知る者ならなおさら
彼の名は折原臨也。池袋で起きる騒動、厄介事の99.9999999999879%が枯れに関係している(某バーテン服の男証言)と言われ男が
なぜこの合宿所にいるのかとうに高校も卒業してましてや在学中の部活も生物部の彼が何の合宿をするのやら

「やっぱりこの合宿は参加しておいて正解だったね……何か面白いものはっと」


あれはあれは確か何かのグループだったような?あ〜ゆう子も参加しているんだと気まぐれに興味を持って接近を試みる
目を付けられた人はご愁傷さまと言った感じだが運が良ければ彼の善意無き救いを受けられ物事か□いい方に好転する事もまれにあるらしいが
彼女達の一団に背後からそっとつかずいて見て気付かれるギリギリの所で声をかけた

「ねぇ君達ってミューツーとか言うグループの子だろ男が大漁に連れてスクープって奴かな」

知っていたがらグループ名を何処かのモンスターの様な言い間違いをしながらスマホのカメラを彼女らに向けながら声をかっけてみた
でんな反応をするか今から楽しみで仕方がない様子だ


>>高坂穂乃果、園田海未、海all

1年前 No.102

花巻貴大@月夜 @konakona7☆EDBVaMSkCiI ★Android=tcs4kcxQRq

( /花巻貴大、羽切奏音→海)

「 穂乃果チャンに、海未チャンか。ヨロシクー 」

自己紹介した2人に改めてよろしく、と笑顔で花巻が言うと奏音もそれに続いて「よろしくね」と笑顔で言った。これは多分及川が羨ましがるだろうなー、後で自慢してやろ。なんて花巻は思いながら少女を見つめた、180cmを超えている為怖がられるだろうなぁ…なんて思っていた

「勿論いいよ、私達も部員を探さなきゃならないからね 」

そう、ここに来た目的は合唱なのだ。バレーは団体競技だから部員達がいないとまともな練習ができない、今も遊んでいれば来るだろうという奏音の提案でこの海に来ていたのだ。しかし待っても待っても部員たちは来ない、ついでに探そうと考えたのだ
…さて、いきなり話しかけてきた自分たちより上だと思われる男性。奏音と花巻はいきなり声を掛けられたことに驚く事無く、寧ろμ'sをミューツーと間違えている方にツボったのか花巻は必死に笑いを堪えていた

「 ミューツーじゃなくて、μ'sですよ。お兄さん
あと花巻うるさい 」
「 だって!!ミューツーって!! 」

にこ、と笑顔でそう指摘すると笑い続けている花巻にうるさいと注意する。花巻はそれでも笑い続けているので奏音がついにべしっ、と花巻の背中を叩いた。花巻は「った!! 」と痛かったのかそう声を上げる、笑いが止まったのかふぅ…と息を吐くと「奏音チャン痛い」と言った

>>穂乃果、海未、臨也、海ALL

1年前 No.103

@tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

【フェイト・テスタロッサ・ハラウオン/喫茶店】

「念話が…通じない…?」

きょとんとすると少し考えをまとめる。そしてなのはの方へと向けると念話を送る。

(なのは…銀河は特殊な能力があるかも)

あくまでも推測だが。もしかしたら何か特殊な能力があるかもとなのはに送る。なのはは銀河のことをどう思ってるのかちょっぴり気になった。

>銀河、トラッシュ、なのは、リボン、黒子、漣音、all

【高坂穂乃果、園田海未/海】

穂乃果「μ'sだよ!石鹸じゃないからねっ!」


某石鹸と間違えられることが多いので予め注意すると隣では花巻が大笑いしてそれを奏音がビシッと突っ込んだ。流石先輩だなぁと思いながら二人は見ていた。

海未「じゃぁ行きましょうか。ところで彼(榎田)もご一緒して宜しいでしょうか?」

穂乃果「榎田君、待たせてごめーん!!」

遠くから大声で穂乃果は声をかける。そして「ちょっと待ってて」と言うと榎田の元へ走ってく。

穂乃果「ジュースありがとうっ!これから人探しするんだけど榎田君も一緒に手伝ってくれるかな?」

>花巻たち、榎田、折原、俊たち、アドレーヌ、all

【千斗いすず/甘城ブリリアントパーク】

「まぁ一通り見て貰ってこんな感じの場所って思ってもらえればと思ってるわ。そのあと、支配人との面談をしてもしその気があれば決めるわ」

とりあえず中を全体的に見て貰いたいといすずはエドワードに告げる。そしてそのあとのことはあとで決めるという流れらしい。


>エドワード、all

1年前 No.104

ティーラ(参加者大募集) @akuno1414 ★iPhone=nfdG2H07v5

【リボン/喫茶店】
「あ、わ、私、リボンです!」
リボンは自分の名を名乗った。
そして、友達のことを言おうと思ったのだが…
『そのトラッシュの事ですがその大人は我慢させれば済むでしょうが、その……せめて小さな子がいる所ぐらいは周りの人も考えてあげてください。』
その言葉を聞いて、思わずテツヤの腕に飛びつき
「トラッシュさんをしまっちゃいやです!」
と、叫んだ。
そして、涙目になり
「あ、あの、怖がっていた私が言うのもあれですけど、トラッシュさんは悪い人じゃないんです…だ、だから!トラッシュさんや銀河さんをあまりせめないでください…!」
そして、今度は銀河にすがりつき
「わ、私、トラッシュさんともっとお話ししたいんです…だ、だから、トラッシュさんをしまったりしないでください…」

>トラッシュ、テツヤ、銀河

1年前 No.105

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=nfdG2H07v5

【アドレーヌ/海】
「あ、ありがとうございます!あ、でも…ホテルからここに向かってて気づかなかったのでどこで置いてきたかわからなくって…」
と、アドレーヌは俯いた。

>穂乃果、all

1年前 No.106

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河/喫茶店】

ー そのトラッシュの事ですがその大人は我慢させれば済むでしょうが、その……せめて小さな子がいる所ぐらいは周りの人も考えてあげてください。 −

ー 貴方にとっては周りが感じる恐怖などどうでもいいかもしれませんが、どうかお願いします −


「…周りの人のことを考えろ、か。…それも確かにそうだな。ではトラッシュは…」


ハンターVGの中に戻そう、と思ったときだった。
…先ほど、トラッシュが話しかけて、怖がっていた妖精(リボン)が黒子の腕に飛びつき。

ー トラッシュさんをしまっちゃいやです! −

「…は?」

突然の妖精…リボンの行動に思わず「は?」と声を上げてしまった。
…さっきまで怖がってたのに?


ー あ、あの、怖がっていた私が言うのもあれですけど、トラッシュさんは悪い人じゃないんです…だ、だから!トラッシュさんや銀河さんをあまりせめないでください…! −

ー わ、私、トラッシュさんともっとお話ししたいんです…だ、だから、トラッシュさんをしまったりしないでください −


「あ、あぁ。分かった。分かった。しまわないから、落ち着いてくれ…な?」


もはや、黒子との会話なんて頭から消えていた。
……とりあえず、今はリボンを落ち着かせよう。

ウィザード「トラッシュ」の実体化を解除させ、ハンターVGに戻す操作「ウィザードオフ」のためにハンターVGのクリスタルディスプレイから手を離し。
縋りついてきたリボンの頭を撫でてやり「しまわないから落ち着いてくれ」と落ち着くようにいった。


そんな時だった。


ー 念話が…通じない…? −


そんな言葉を、フェイトが発した。
……なるほど。

先ほどの電波障壁が反応した「ガァン!」という音は…フェイトの「念話」に反応したからだ。


「…フェイト、念話とはなんだ?」


無意識だろうが、フェイトがこぼした単語「念話」とは何か?と尋ねるのだった。



>黒子、リボン、フェイト、(なのは、漣音)、喫茶店ALL

1年前 No.107

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【折原臨也:海】

彼等の反応を楽しみにしていた臨也にまず反応したのが高校生らしい男子だった
何か笑いをこらえているよに見えたが、次いで彼と親し気な女子が

『ミューツーじゃなくて、μ'sですよ。お兄さんあと花巻うるさい』

と業と間違えた事に親切に教えるてくるあたりで彼女の人柄がうかがえそしてよほどツボだったのか男子……花巻と呼ばれていたか
まだ笑い転げていると当の本人達も

『 μ'sだよ!石鹸じゃないからねっ』

そう言って他の者達と会話を始める彼等といる所を見ず知らずの人間(折原)に撮影される事は意外に気にしないらしいが
人探しか……少し感が混むようなそぶりを見せる

『あ、ありがとうございます!あ、でも…ホテルからここに向かってて気づかなかったのでどこで置いてきたかわからなくって』

そう言っている少女に一枚のピンク色の髪をした羽の生えた少女の映った写真を見せると

「それはこの子の事かい君と同じ様に友達とはぐれたと言っていたが?あっ俺は折原臨也しがない情報屋だよお嬢さん」

そう言ってこの写真に写っている喫茶店の事とその場所を彼女たちに教えてあげて

「子供が一人だといろいろ危険だし早く保護してあげた方がいいんじゃないかな?」

と意味深な笑みを浮かべながらもこれといった行動をするそぶりは見せなかった


>>>高坂穂乃果、園田海未、海all

1年前 No.108

花巻貴大@月夜 @konakona7☆EDBVaMSkCiI ★Android=tcs4kcxQRq

( /花巻貴大、羽切奏音→海)

暫く自分たち以外の人たちのやり取りを見ていると話しかけてきた青年、折原臨也が情報屋と言った。それに奏音が反応を見せる、花巻は本当に情報屋なんているんだーなんて軽く考えていた

「 情報屋とかかっこいー… 」

ぼそっ、と聞こえるか聞こえないかぐらいの声量でそう呟く。花巻は聞こえていたのか奏音に「そう?」と返す、それに対し奏音が軽く頷く。花巻が折原臨也と名乗った男をじぃっ、と見ていると奏音が「あー、まぁ花巻には分からないよネ」と言った。それにいらつきに覚えながらも行き先が決まったので近くに置いた鞄を取りに行き、奏音に渡した。2人共青葉城西バレー部のエナメルバッグで来ている、運動部なので仕方がない

「 にしても、ホント及川達遅過ぎ 」
「 女バレもね、それに及川は大体予想つくでしょ 」

いつまで自分たちは部員達を待てばいいのだろうか、このままでは今日の練習が明日に回されてしまう。花巻はそう考えているのだろう、一方の奏音は純粋にバレーがしたいようだ。穂乃果たちを待つ間2人は少し雑談をする事にした

>>穂乃果、海未、臨也、海ALL

1年前 No.109

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【黒子テツヤ:喫茶店】

正直な所説得の成功率は半々かそれより下手をすればそれより低いかと思っていたが、意外にも

『…周りの人のことを考えろ、か。…それも確かにそうだな。ではトラッシュは…』

素直にこちらの要請を聞き入れてトラッシュを素振りを見せた事に驚い気はしたが深い感謝を覚え

「ありがとうございます」

あえて多くは語らずに感謝の気持ちを言葉にしたのだが、その時事の発端の少女が

『あ、わ、私、リボンです!トラッシュさんをしまっちゃいやです!』

その言葉に驚き自分の腕にしがみつくリボンの視線に合わせてしゃがみ込み話に耳を傾け

『あ、あの、怖がっていた私が言うのもあれですけど、トラッシュさんは悪い人じゃないんです…だ、だから!トラッシュさんや銀河さんをあまりせめないでください…!』

「そうだね。うん人じゃないよね?でもここにはいろんな人が合宿に来ているしいつも銃を抜いてるお巡りさんなんていないだろ」

そうリボンちゃんをなだめようとし銀河またリボンちゃんをも落ち着かせようと

『あ、あぁ。分かった。分かった。しまわないから、落ち着いてくれ…な?』

しまうのをやめてしまい最初の怖がりようから想像したのと違い意外にも強い子だな感心しつつ銀河に視線を戻し

「しいまわないのですね……確かに今リボンちゃんの前でしまうわけにはいきませんよね。しかし兵器の持ち込みがここまで自由だと心配だな」

一応彼は司法組織の人間らしいが、まだ子供の様だきっとリボンちゃんに肯定されて自身に不都合な僕との会話はもう頭から消えているだろう
司法組織の人間と聞いて分別ぐらいはあるかと思ったがきっと彼はこの後もトラッシュを周りを気にせずに放し飼いにする姿が容易に想像できて落胆の表情を見せる
司法組織の人間として必要な装備だという事は理解できるが常に臨戦態勢でいる必要性が理解できずに困惑はするがもはや何を言って無駄だろうと

「それでは僕は食事も終わっていますのでこれで失礼します」

再度頭を下げてその場にいる人に声をかけて払いを済ませて喫茶店を後にした


>>喫茶店周辺all

1年前 No.110

ジャックドー船長・神出鬼没の小説家 @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【エドワード・ケンウェイ/甘城ブリリアントパーク】
「支配人…どんな奴だ。」

ここの経営者か。かつて自分が働いていたプランテーションの経営者は少ない賃金でこき使うロクな奴ではなかった。ここの奴はそんなクソみたいな人間でないことを願うばかりだ。
かといって、性格に問題がある奴や絡みづらい奴もあまり好まないな。

「…いや、ここの経営者に会う前に一通り見させてくれ。」

高台に登り見渡す方が手っ取り早いが今回はそうもいかない。ケンウェイは一通り見学させてほしいと話す。

>>千斗いすず・ALL


【青山ブルーマウンテン/港】
「えぇ、もちろん…倫花さん。」
「――あぁ、自己紹介がまだでしたね。私は――青山ブルーマウンテン…といいます」

一息置いた後自らの名前…正確には小説家としてのペンネームを名乗る。元いた街でも不思議な名前と言われたが、果たしてどんな反応を見せるだろう。

「では、まずホテルに向かいましょうか。」

散策する…とはいってもこの荷物は邪魔になる。まずはこの荷物を置きに近くにあるホテルに向かおう。
>>神楽坂倫花・ALL

1年前 No.111

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★iPhone=lq9a6nupWh

【銀河/喫茶店】

「……兵器、ねぇ。」

銀河は別に怒るわけでもなく。ただ不思議そうに、支払いを終え、喫茶店を出て行く黒子を見送った。

トラッシュのシステムには確かに、オペレーターを危機から守るための手段が存在しているがそれを見てもいないのに何故彼はトラッシュを「兵器」として認識したのだらうか?

「…どこであいつはトラッシュを兵器として判断したんだ?」

確かに、トラッシュはトール・ショットやバルムレット・トラッシュになることはできる。

しかし、トラッシュがこの喫茶店に実体化(ウィザード・オン)してからトラッシュはずっとノーマルモード…つまりはデフォルトの獣型の姿で、ハンターVGのメールや電話のお知らせ機能、それから力仕事の手伝いくらいしかできないモードのままだった。

トールショットやバルムレットトラッシュにも一度も変形したことはない。

それに、トラッシュがやった行為と言ったら…

フレンチトーストを食べるために実体化したこと。
それから、困ってたリボンに話しかけたことだけ。

…兵器として、認識される要素がないのだ。

そもそも、ノーマルモードに兵器要素はない。…外見は怖いけれど。


もし、今の状態のトラッシュが「兵器」として認識されるなら。
…今頃市販のウィザードは全部販売停止になってるはずだ。

「…ふむ?」

兵器としてトラッシュが認識された理由がわからず。
ただ銀河は首を傾げていた。

>喫茶店ALL

1年前 No.112

欠けた茶碗 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_uyQ

【望月、ゲダツ/食堂】


ゲダツ「名前?…おれのか?んーむ、おれの名前」

はっとする様な透き通る白髪に涼し気な眼差しをした少女(響)、彼女に場所を教える前に落ち着いて質問に答えて欲しいと諌められて、問われたのは至極当たり前の事――生まれてこの方まず忘れる筈の無いモノ。

ゲダツ「ゲ…、最初にゲが付いて」

望月「――かなり危うげだねぇ」

何やら頭を抱えるような典型的な(考える人)のリアクションを取りながら途方に暮れた様に悩むゴツイ変な髪形の強面の傍ら、突っ込みどころが多過ぎて何処か諦めた様な表情の望月…から5分ほど時間が経ち…コトは呆気なく終息する。

ゲダツ「ゲ…ゲダ…ゲダツ、そうだ!それがおれの名前」

うおおおおぉ思い出したと嬉しげに望月の片手を掴んでぶんぶん握手をしている、一方の望月は揺さぶられながらポカーンとした顔をしているが…

望月「んぁあ…じゃあさ、その調子で次は此処(食堂)に来る前のコトを思い出してみてよ。」

ゲダツ「此処へ来る前?…うーむ、分からんな。」

望月「あっさり諦めたね…」

ゲダツ「…ああそういえば、白髪の娘よ――先程の質問には答えたぞ、此処が何処か教えてくれぬか?」


≫響

1年前 No.113

@tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

【フェイト・テスタロッサ・ハラウオン/喫茶店】

「念話とは簡単に言えば心の中で会話すること…」


一言で説明し、心の中で会話すると告げる。そしていつの間にか周りはギクシャクしか雰囲気になっていた。

「一旦落ち着いて!」

妖精(リボン)がパニック状態になっているのを見て落ち着いてと思わず声をかける。


>銀河、リボン、黒子、なのは、漣音、all

【高坂穂乃果、園田海未/海】

穂乃果「保護者…?ねぇ、お兄さん一緒に探してくれるかな?」

ダメ元でアドレーヌの友達を一緒に探して欲しいと必死にお願いする。

海未「私からもお願いします」

ペコリと頭を下げる。すると部員たちが来なくて心配する奏音を見て穂乃果は。

穂乃果「部員が来ないと心配だよねぇ…。ことりちゃんたちも遅いなー…」

何処かで迷子になってるのかなと不安になりながら少し俯く。穂乃果は友達として心配してる。

>花巻たち、折原、アドレーヌ、俊たち、榎田、all

1年前 No.114

@tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

【千斗いすず/甘城ブリリアントパーク】

「わかったわ。ついてきて」

先ずは一通りのアトラクションを見て貰おうと思う。中へ入ると一つ目のアトラクションへ到着。

「此処のアトラクションはネズミを退治するゲームよ」

入り口に到着すると簡単に説明し、相手の表情を見る。

>エドワード、all

1年前 No.115

榎田 @light1a ★iPhone=b0hjLE4nGf

【榎田 耀/ビーチ】

「榎田君、待たせてごめーん!!」

そう言うと穂乃果ちゃんはこちらの方に走ってくるので、自由に取っていいよ、の意でお盆をさしだした。

「ジュースありがとうっ!これから人探しするんだけど榎田君も一緒に手伝ってくれるかな?」

人探し、さっきのバレーボール部の部員かな?

「僕は大丈夫だよ。」

まぁ、海で泳ぎたかったのだが、しょうがないか。

「その人探しって、さっきのバレーボール部の部員?」

何か人が増えてるから念の為聞いておいた。

>>主様、花巻様、伊月様、折原様、アドレーヌ様、ALL様

1年前 No.116

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=nfdG2H07v5

【リボン/喫茶店】
みんなになだめられふと我に返った。
「す、すいません!私ったら、ワガママ言っちゃって…」
すると、銀河がトラッシュのこと、をしまわないと言って…
「ほ、ほんと?ほんとにしまわない?」

>トラッシュ、銀河、テツヤ、フェイト


【アドレーヌ/海】
困っていると、リボンを見たという情報が。
「あ、この子だ!リボン…きっと怖がってるだろうな…」
>>花巻たち、穂乃果、折原、俊たち、榎田、all

1年前 No.117

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【折原臨也:海】

『情報屋とかかっこいー…』

花巻がボソとそんな感想を言っていたでもまぁそんな格好いい物では無いだがねと内心思いつつ
待ち人が来ずにイラついている二人を眺めていると

『保護者…?ねぇ、お兄さん一緒に探してくれるかな』
『私からもお願いします』

μ'sの二人からも頼まれれば普通の男性なら二つ返事でOKするだろう
なんせ一般人がアイドルにお願いされれば喜んで協力するだろうが
臨也は両手を広げ目を閉じ首を横に振ると

「残念だけど協力は出来ないな〜俺は情報屋だからね渡せる物は情報だけだよ……まぁサービスで情報ならもう一つあげよう」

瞳孔を拒否しつつも更なる情報提供と言うか聞いたばかりの噂話を一つ話してあげた

「この子はまだ喫茶店にいる様だけど何か兵器で武装した人居たらしいから気をつけてね」

と良い笑顔で漫画の吹き出しなら語尾にハートマークがついてそうな感じに彼女たちに告げた


>>高坂穂乃果、園田海未、花巻貴大、海all

1年前 No.118

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河/喫茶店】

ー 念話とは簡単に言えば心の中で会話すること −

「……ふむ。…魔法みたいな能力だな…。」

念話という…能力?についての説明を受けて。
その能力は…エスパー…というよりも、なぜか銀河は「魔法みたいだ」と考えた。

…念じて会話する、というのであれば「エスパーだ」と言ったかもしれないが…
「心の中での会話」というのが、銀河にはファンタジーな響きに聞こえたらしい。

……と。
フェイトは、パニックになっているリボンを落ち着けようと

ー 一旦落ち着いて! ー

…と声を上げた。
…だが、それにより落ち着いたみたいで…


ー 私ったら、ワガママ言っちゃって −
ー ほ、ほんと?ほんとにしまわない? −


「…トラッシュのエネルギーが切れるまでは、しまわないさ。…でもエネルギー切れを起こしたり、しまわなくちゃいけない時はしまうからな。…まぁ今はしまわなくても大丈夫だろ。」

エネルギー切れ。
もしくはしまわなくちゃいけないときはしまう。…それだけはリボンに告げておいた

…検定試験などで携帯電話の電源などを切ったり、問題集をカバンにしまうのと同じ感じだ。




>フェイト、リボン、喫茶店ALL

1年前 No.119

白い悪魔☆Ibq7BGr7nio ★rfvwbq7iYA_Iu1

【喫茶店→ホテル/高町なのは】

(特殊能力……わたしも同じ意見だよ。魔法とは違う別のなにかだと思うけど)

魔法でなくても夜空くんには何か秘密があると考えます。トラッシュくんがその最もな例で。
更に追求をかけようと思いましたが、夜空くんがフェイトちゃんに指摘してきたので慌てて念話を切ります。
そんな時、トラッシュくんが夜空くんと一緒に同行させて欲しいと言ってきました。

「うん、大丈夫だよ。わたしも夜空くんに聞きたいことがあるからね」

そう答えると会計を終えて出ていこうとしましたが、今度はフェイトちゃんに呼び止められます。
理由はさっきの妖精さんが迷子だからとのこと。いつの間にはいた黒子と名乗ったお兄さんが対応してますが、状況を見ると放っとけません。

(フェイトちゃん、わたしがエリアサーチでその子が探している人を探すから女の子に特徴を聞いて念話で教えて)

再びフェイトちゃんに念話で伝えると喫茶店を出て走り出します。目的地は人気のない場所…ホテルの屋上がいいかも。
屋上からなら全体を見渡せるし索敵にちょうどいい。民間人に魔法の事がバレると不味いので急いで向かいました。

>フェイトちゃん、夜空くん、黒子、リボン、漣音さん、喫茶店ALL

1年前 No.120

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【黒子テツヤ:喫茶店⇒運動場・体育館】

「ここ本当に合宿所……ですよねふぅ〜」

招待状があたり次の大会に向けて特訓するつもりでここに来たのだが、食事に入った店で見た事も無い武器をチラつかせる人と出会い本当に合宿所なのか不安になっていた
少し歩くとグラウンドや体育館が見えてくると、少しホッとすると同時に気合いを入れなおす。

「良かった ここは普通の体育館の様で」

体育館内の更衣室で服を着替えるとボールを用意しアップを開始するが、誰も体育館には来ていなかったバスケやバレーの合宿出来た人はいなのか?
そもそもここは本当に合宿所なのかと言う不安になるグラウンドにもサッカーや野球をする人の姿は見えずにいたが、
今はそんな不安を忘れて無心に練習に励むとはいえ一人ではできる事も限られずが……ドリブルからシュートなどを練習していた


>>運動場all


【銀河さん:合宿スレという事で世界観は日常系寄りと考えてウィザードや(なのは系の)デバイスが市販されている思わず未知のテクノロジーと驚く描写にしましたが、このスレではウィザードは市販されて一般市民も認識している様にしないと駄目ですか?なのは系の方も割とオープンにせずにコッソリと(Asでアリサ、すずかに対してた様に)能力使用しているンみたいですが……

1年前 No.121

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★UPFAV0GEPT_nHx

【銀河「」トラッシュ『』/喫茶店】

…なんだか、どうも自分とトラッシュを見るなのはの目が怪しい。
…なのはのトラッシュを見る目の場合。

…確かにトラッシュは特殊なウィザードで、市販されているものと違い、自分が制作したものであり通常のウィザードにはないある「特殊な機能」が備わってはいるが……

それに自分を見る目。

それはーーーー

ー うん、大丈夫だよ。わたしも夜空くんに聞きたいことがあるからね −

この、聞きたい事と。
自分に向けてくる目に何か関係があるのだろう。

まぁ、とりあえず……

「…ありがとう。なのは。…質問だったら答えられる限り何でも言う…」

なのはに礼を言って、聞きたいことに関しては。
答えられる範囲でなら何でも答える、と告げるのだった。

…そんな時。

…なのはは、突然喫茶店を飛び出し、どこかに出て行った。
……一体何を?……いや。…出会ってすぐの自分がいうのもなんだが…なのはは優しい子だ。
…優しいからこそ…リボンの「迷子」であることを放っておけなくなって、はぐれた相手を探しに行ったのだろう…


>なのは、フェイト、リボン、喫茶店ALL




【できれば一般市民も認識している、という風にしていただけると助かります。

「流星のロックマン」ではウィザードというものは人々に広く認識されており、また年齢問わず一般市民のほとんどが所有しており、ほぼどこにでも存在しているものですので…】>雷帝様

1年前 No.122

ジャックドー船長・暁型二番艦 @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【エドワード・ケンウェイ/甘城ブリリアントパーク】
「ネズミ狩りか。それなら俺も得意だ。」

まずはネズミ退治のアトラクションらしい。
プランテーション内の倉庫や積み荷目当てにジャックドー号に潜り込んだネズミをよく狩っていたのでネズミ狩りは得意な方だ。意気揚々と建物に入っていく。

――――

「…なるほど、こいつで倒すのか。」

説明によればこのピストルのようなもので倒すらしい。扱いは分かっているが、海賊の使うラッパ銃やイギリスやスペイン将校が使うピストルとは違う…見たことのない形のピストルだ。…だが、ピューマやジャガーのような猛獣ならともかく、ネズミ如きに貴重な銃弾を使ってまで狩るべきか…?ナイフで十分だと思うが…そう思いながらスタート地点に立つ。
アトラクションが始まる。だが―――
「クソ、なんてスピードだ!?こいつら本当にネズミか!?」

まさに音速、ネズミとは言えないほどの超スピードで翻弄される。驚いてはいるが持ち前の動体視力でなんとか撃っていくものの、素人ではまともにやれるのか?

>>千斗いすず・ALL


【響/食堂】
質問を投げかけてから五分が立つ。姉の暁であれば確実に我慢できなくなる頃合いであろう時、相手はやっと自分の名前を思い出した。名前はゲダツというらしい。
ゲダツは感謝感激と言わんばかりに望月の手を握りぶんぶんと振っている。そんな望月は此処にやって来た経緯を尋ねる。あんな海藻塗れの姿だったのだ。何か大きな事情がありそうだが、それは思い出せないようだ。

―――さて、相手は自分の質問に答えてくれた。今度は自分が答える番だ。

「―――此処はコロールト(リゾート)…いや、観光地だよ。私とゲダツが手を握っていた娘は此処に旅行で来ているんだ。ここに来るまでに買い物袋を持った人や海で遊んでいる人たちを見なかったか?」

響はここは大きなリゾート地で、多分彼と似たような人もいるかもしれないが、ここに来ている大多数の人は旅行で訪れている。と説明する。
>>望月・ゲダツ・ALL

1年前 No.123

ティーラ(参加者大募集) @akuno1414 ★iPhone=nfdG2H07v5

【リボン/喫茶店】
『…トラッシュのエネルギーが切れるまでは、しまわないさ。…でもエネルギー切れを起こしたり、しまわなくちゃいけない時はしまうからな。…まぁ今はしまわなくても大丈夫だろ。』
リボン「は、はい…」
リボンは銀河達に対して少し申し訳なく思っているが、トラッシュに近づく。

>トラッシュ、銀河、フェイト

【アドレーヌ/海】
『この子はまだ喫茶店にいる様だけど何か兵器で武装した人居たらしいから気をつけてね』
アドレーヌ「武装…リボン無事かな…早く喫茶店にいかなきゃ!」
と、慌てて喫茶店に行こうとする
>>花巻たち、穂乃果、折原、俊たち、榎田、all

1年前 No.124

黄昏症候群 @forte10☆NeDCG1Klls. ★ge8mulTLE2_nn8

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.125

VD @recruit ★2wBeFhWWiK_M0e

【神楽坂倫花/港】

>>111

「青山……ブルーマウンテンさんですね。……あ、あれ? でもそれだと、青山青山さんになっちゃいませんか?」

 ブルーは青。
 マウンテンは山。
 つまり、そのまま訳すと青山。
 苗字と名前が同じになるなんて、ちょっと変わっているような。

「はい、行きましょう、青山さんっ。」

 ともあれ、御互いに自己紹介を終えて。
 行先は第一の目的地であるホテルへと。
 小春ちゃんが先に向かったのを後を追うみたいになっちゃったけど。
 声音を弾ませて、にこりと微笑んで、私は青山さんと一緒の路を進み始めるのでした。

1年前 No.126

@tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

【高坂穂乃果、園田海未/海】

穂乃果「部員じゃないよ。妖精…?っていうべきかな」

部員じゃないと首を横に振ると臨也が同行することを拒否したのに二人は驚いた。どうやら手がかりは教えてくれたらしいので良かった。

海未「良かったですね。早く見つけられそうです。ありがとうございます」


ペコリと臨也にお礼を告げる。

>榎田、臨也、アドレーヌ、花巻たち、俊たち、all

【フェイト・テスタロッサ・ハラウオン/喫茶店】

「そんな感じかな。」

一通り説明を終えるとそんな感じとまとめる。そしてなのはが銀河について話してるとリボンのことについて提案される。

(何か…魔導士かな…?了解。早速調査開始します)

プライベートモードから仕事モードへと切り替えたフェイト。リボンの方を向く。

「リボン、聞きたいことがあるんだけどその子の特徴教えてくれるかな?もしかしたら会えるかも知れないから」


>銀河、なのは、リボン、漣音、all

【千斗いすず/甘城ブリリアントパーク】


「…中々の腕前だわ。」

ふむふむと相手の腕前を見ていると中々ねと呟く。高得点が期待出来る予感といすずは思った。

>エドワード、all

【南みれぃ/体育館】

「疲れたぷり…」

ダンスレッスンをしていて座り込むと水分補給をする。ふと振り向くとバスケットボールを持った少年が練習をしている。

「バスケの練習ぷり?」

声かけようと思い、バスケの練習?と聞く。バスケ部だろうか。一人じゃなくて良かったと少し安心していた。

>黒子、all

1年前 No.127

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河「」トラッシュ『』/喫茶店】

…とりあえず、リボンにトラッシュは「エネルギー切れ」「必要な時」はしまうと告げれば。
…申し訳なさそうな表情をリボンは浮かべながら、理解はしてくれた。

「…理解してくれてありがとう。」

そもそもトラッシュが実体化したのは、あくまでフレンチトーストを食べるだけだった。
一応トラッシュは、実体化前までハンターVGの中でエネルギーは満タンにしてはいたが…

『……リボン?…どうかしました?』

自分に近づいてくるリボンに「どうかしました?」と振り返りながら。
リボンに尋ねるのだった。

…そして、その後軽く漣音の方に振り返り。


『…漣音様。「トラッシュ…大丈夫…。あなたは何も悪いことなんてしていない…。」…そう言っていただけたことがとてもうれしく思います。
…ありがとうございました。』

「…漣音。…俺からもありがとう。…さて…と。」


…誰かの、気配。
…こちらに向かってくる何者かの気配。


「……リボン。…もしかしたら、今こっちにやってくる奴が…リボンが探している奴かもしれないぞ」

少し、考えた様子を見せた後。
リボンに対して「もしかしたらリボンが探している奴はここにやってくる奴かもしれないぞ」と告げるのだった。

何の考えもなしにただそう言っているわけではない。
…ある程度考えがあって「今こっちに向かってくる奴がリボンが探しているものかもしれない」と考えているのだった。


…さて。
…フェイトに念話とは何かということで。…念話は魔法のようなものだ、と告げたら。

「そんなところかな」という返事が返ってきたのだ。


…なるほど。
…まさか本当に魔法のようなものがある、ということか。

…なかなか、自分も知らないことがたくさんあるものだ…



>漣音、リボン、フェイト、喫茶店ALL

1年前 No.128

伊月俊 @mikusaikou ★Android=IjrN9kbzxq

【伊月俊、吉井明久、土御門春虎、黒鉄一輝、小泉花陽、ティオニシア/海】

俊 「取り敢えず、一安心だな。」

明久 「!?」

手掛かりが見つかって一安心する伊月。すると、明久が何かを目にした途端、一気に硬直した。

俊 「どうした?明久。」

明久 「あ、あれ。」

俊 「えっ?えぇ!?」

明久が指差した方向を見ると。

ティオ 「かよちゃーん!はやくはやくー!」

花陽 「ま、まってよぉ。ティオちゃん。」

明久が目にしたのは、花陽と一緒にいる黄色と黒の縞模様のビキニを着用した黒い1本角と金髪褐色肌の200cmを越える身長でモデル体型の鬼人(オーガ)族の女の子(ティオニシア)。

春虎 「お、鬼か?角生えてるけど。」

一輝 「・・・。」

>穂乃果達、海ALL

1年前 No.129

ティーラ(参加者大募集) @akuno1414 ★iPhone=nfdG2H07v5

【リボン/喫茶店】
『四の五の言っていられない状態だな…。九尾<ナインテイル>!出番だ!!
……おっと、リボン…ちゃんだっけ?怖がらなくてもいいよ。この狐は私の使い魔みたいなものだから。
悪さはしない。この子を使って私もはぐれた相手を探すよ。できれば、特徴を教えてくれないかな?』
『リボン、聞きたいことがあるんだけどその子の特徴教えてくれるかな?もしかしたら会えるかも知れないから』
「わ、わかりましたっ!えーと、赤いベレー帽をかぶって、緑の服を着た女の子です。」
リボンは自分の友達の特徴を教えた。

『……リボン?…どうかしました?』
リボンはトラッシュにさらに近づいた。
「ご、ごめんなさい…さっき、私がこわがっていたせいであんなことに…」
どうやら先ほどのことを気にしているようだ。

『……リボン。…もしかしたら、今こっちにやってくる奴が…リボンが探している奴かもしれないぞ』
「ほんとですか!?」
と、パッと顔が明るくなった。友達に会える。ただそれだけが嬉しいのだ。

>銀河、トラッシュ、漣音、フェイト


【アドレーヌ/海→喫茶店移動中】
「ありがとうございましたー!」
アドレーヌはみんなにお礼を言うと、急いでリボンのいる喫茶店へ向かった。
(リボン…無事でいてね…)
>all

1年前 No.130

ジャックドー船長・神出鬼没の小説家 @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【エドワード・ケンウェイ/甘城ブリリアントパーク】
「―――おい、これで終わりか?」

ただネズミを撃つだけというのに、とても疲れた。だが、少なくとも視界にいたネズミはほぼ撃ったはずだ。
だが、こんな滅茶苦茶なルールとはな。できるならあまりやりたくはないな。

―――肝心の点数は上々。海賊としての威厳は保てそうだ。

しかし、部屋の真ん中にあるモノは何だ?―――使い道がありそうだが、よく分からんな。

>>千斗いすず・ALL


【青山ブルーマウンテン/港→ホテル】
「―――まぁ、立派なホテルですね。」

歩くこと数分、ホテルの入口へと到着する。内装も立派で、正にいうこと無し。来てよかったと思った。
―――フロントに向かい自分の名前をサインして部屋の鍵を貰う。彼女の部屋番は287号室だ。

「では一旦荷物を部屋まで置きにいきますね。準備が出来たらこのフロント前で合流しましょう。」

そう言うと荷物を置きに自分の部屋へ向かい始めた。
>>神楽坂倫花・ALL

1年前 No.131

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=nfdG2H07v5

【USAピョン、未空イナホ/運動場】
運動場に、宇宙服を着たウサギのような生物て、メガネをかけた少女が、ラケットを持って立っていた

USAピョン「イナホー!バトミントンやるダニよー!」
イナホ「あーあ、ホテルでDVD見たかったのになー」
やる気のあるウサギのような生物、USAピョンに対して、メガネの少女、イナホはそれほど乗り気ではなかった
USAピョン「ブツブツ言ってないで早くやるダニ!」
イナホ「はーい
…うぉりゃああああっ!!」
USAピョン「ダニィィッ!?」
イナホは力強くシャトルを打ち、シャトルはUSAピョンの横を勢いよく通り過ぎた
USAピョン「危ないダニ!あと少しで当たるところだったダニ!」
イナホ「ごめんごめーん。なんかさ、このラケット、セラピアーズの武器の「スカッシュラケット」に似ててさー」
セラピアーズとは、イナホが夢中になってみているアニメのことである。
USAピョン「またセラピアーズダニか…今度はちゃんとやるダニよ!」
イナホ「わかってるって…
どおぉりゃあああっ!」
USAピョン「ひゃあああっ!!」
また力強くシャトルを打ったイナホ。
USAピョン「てめー!今のは絶対わざとだろ!」
イナホ「今度はちゃんとやるって〜」
USAピョン「ったく…」
イナホ「よっ…うわぁっ!」
USAピョン「ぐぉはあっ!」
今度は普通にシャトルを打ったつもりが、手をすべらせラケットまで飛ばしてしまい、USAピョンの顔にクリーンヒット
イナホ「あ、今のはマジでごめん…」
USAピョン「てめー…」
USAピョンはヘルメットのボタンを押すと、顔が黒い煙に包まれ、赤い糸目が出てきた
≪ベイダーモード≫
そして、光線銃を取り出し、イナホに向かって撃ち始めた
イナホ「わーっ!ごめん、ごめんってばー!」
イナホは慌ててそれをよける

>all

1年前 No.132

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【黒子テツヤ:体育館】

合宿所という事で他行のチームの選手と合同練習したり他の競技の選手の練習も参考に出来るかと楽しみにしていたが
スポーツ選手の少なさにガッカリしていた黒子に一人の少女が声をかけてきた

『バスケの練習ぷり?』

そこに居たのは金髪の少女その格好からも何かしらの運動をしていたのは察しがつく

「え?ぷりですか?……あっそうですバスケの練習です……良かった」

変わった口癖に驚きながらも彼女の言う通りバスケの練習をしていたことを伝えると
彼女が普通の人で少しホッとした顔を見せたがそれを不審に思われないよう

「すいません さっき喫茶店で見た事も無い機動兵器を持った方が居たので君を見たらホッとしてしまって……僕は誠凛高校バスケ部の黒子テツヤと言います」

彼女も何かの選手なのかなと考えながら自己紹介をする黒子は体育館でボールなどを持って事から新体操かなと考えていた


>>南みれぃ、体育館all

【折原臨也:移動中】

同行をお願いされたのにも関わらずそれを断ったがμ'sの二人は情報を提供した事に礼まで言ってアドレーヌの探し人のいる喫茶店を目指していた
そして当のアドレーヌも一緒に

「随分と素直な子達だ……こんな怪しい奴の言葉を真に受けるなんて。まぁ今回は真実だけどね」

初対面のまして情報屋を自称する自分のような物を信用する彼女達の素直さに笑みをうかべ見送った
しかし喫茶店に兵器なんてという思いからスマホのダラーズのページを見る。
どうやらダラーズのメンバーの中にも当選者が数人いたらしく合宿所の書き込みも多少なりともある

……海付近でμ'sの高坂穂乃果を目撃……

「悪いね 俺はさっき会って話したよ」

……ウインターカップ優勝校の選手が参加しているらしい……

「興味ないな」

…リアル魔法少女キター……

「これは遊馬崎か?現実と二次元の区別もつかないようじゃ妄想罪で捕まるのも時間の問題か」

これと言って興味を引く情報は無く同行断っておきながら彼女達の後をつけていく事にした



>>高坂穂乃果、園田海未、アドレーヌ


【銀河さん:メインに書けなかったのでサブには書きましたが、やはりall系の中で一作品の独特な設定を知ってて当たり前で持ってるのが常識といったレベルで定着させるのは行き過ぎだと思います出来れば、なのはの魔法程度に抑えてもらいたいです。あくまで一参加者の意見ですが、サブも見ていただいてご思考いただければ幸いです】

1年前 No.133

@tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.134

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【黒子テツヤ:体育館】

黒子が自己紹介をすると少女も

『大変だったぷりね…。私は南みれぃ。学校では風紀委員長、放課後はプリパラのアイドルぷり!この格好はプリパラ用ぷり。流石にこれで学校に行ったら怒られるから…』

と自己紹介をしてくれた風紀委員長でアイドルか 何か風紀委員ってそう言う活動をしてる人を取り締まってそうなイメージだったけど両立してるのかと

「プリパラアイドル……?すいません。そう言うのに余り詳しくなくて…南さんですね」

自分がみれぃの事を知らなっかた事を謝罪した知らない事自体はお互い初対面である以上謝るような事ではなく寧ろ自然な事だが
アイドルとなれば「え〜私知名度低いのかな」と傷ついてるかもと思い謝罪をする事にしていると
南さんは何かを見つけたらしくそちらに目をやる意外と人が大勢いたんだ普段とは逆に驚いていると

『仲いいぷりねー…』

小学生くらいの女の子とウサギ……なのでろうかおかしな生き物がバトミントンをしている
でも彼はいったい?先に体育館にいた南さん達なら知っているかと

「あれは何ですか……女の子じゃなくその……ウサギの様なアレ?この地域のゆるキャラってやつですか?」

くまもん、ふなっしーと最近はその地域ごとにいろんなゆるキャラがいる事からその一種かと思い南さん達に聞いてみた


>>南みれぃ、黄前久美子、USAピョン、イナホ、all



【折原臨也:海】

喫茶店を目指したかと思った高坂穂乃果達だが誰かに手を振っているあれは

「確か小泉花陽……三人目か?合宿所だけにμ's全員でいるのか?」

スマホを見ながら何気なく彼女達に目をやっていると独り言のように言っていると

『今回はありがとうございました!また何かあったら情報だけでもお願いしていいですか?連絡先を教えて欲しいんですが…』

そう恥ずかしそうに言う穂乃果は可笑しく見えた普通その反応は逆だろ?と君はアイドルなのだから

「それはかまわないが、いいのかい怪しい情報屋と連絡先交換なんかして?こちらは普通に嬉しいけどね」

良い笑顔でアイドルの連絡先をゲットした普通の20代男性の様に振る舞いつつも、それまで二人と同行していた男性陣を観察を楽しんだ
自分より先に接点を持ちながらまだゲットしていないお宝に彼等が送る視線を
そして、もう知ってるよ言わんばかりにスマホをいじり穂乃果にメールを送ると

「それが俺の連絡先だよ まぁ困った事があれば出来る限りでなら力になるよ」

もう一つμ'sのメンバーとその一団に目を向けた彼等にも興味を持ったからだ



>>俊たち、榎田、穂乃果たち、アドレーヌ、花巻たち、all

1年前 No.135

白い悪魔 @kuromomo☆Ibq7BGr7nio ★iPhone=j1fgHOXeFb

【ホテル屋上/→喫茶店方面高町なのは】

誰もいない屋上、吹き荒れる風に髪を揺らされる中、わたしはその中心に立ちます。
そしてタイミングよくフェイトちゃんからの念話が届きました。

(赤いベレー帽に緑の服だね。ありがとうフェイトちゃん)

「お願いレイジングハート」

ポケットから取り出したわたしの大切なパートナー。レイジングハートを上に掲げると赤い光に照らされ光が消えると無数の端末が出現します。
わたしはその端末を広範囲に飛ばすとフェイトちゃんが言っていた人物の特徴を頼りに探索し、すぐに反応がありました。

「見つけた」

(フェイトちゃん、特徴に該当する子がいたよ。今、喫茶店方面に向かってるみたい)

それだけ伝えると端末を解除して特徴の人物の元へと向かいました。

>フェイト、アドレーヌ、ALL

1年前 No.136

VD @recruit ★Android=NGOT4mOLx8

【神楽坂倫花、月影小春/→ホテル】


 暫く歩くと、見えて来るホテル。
 おお、大きい。
 青山さんの言うようにどっち立派な建物だ。
 思わず見上げてしまうくらいに。

「わぁ……私、こういうところで御泊まりするの、初めてですっ。」

 ──素直な感想を言い合いながら、私と青山さんとはホテルの中に。
 お互いに荷物を置いてから、もう一度フロントに集合という話に成った。


 、、、、→125室。



 ──小春ちゃん!

『倫花さん? ああ、そういえば荷物がまだでしたか。
 すみません。此方に来るついでに、私が一緒に運んでおくべきでしたね。』

 え、ええ?
 ううん。そんなことまで頼むのは悪いよ。
 自分の荷物ぐらい、ちゃんと自分で何とかするよ。
 それに、青山さんもホテルに寄るみたいだったし。

『青山さん?』

 うん。
 さっき港で会ったんだ。
 青山ブルーマウンテンって、ちゃんと変わった名前の人なんだけど…一緒に島を回ることになったの。

『青山……ブルーマウンテン……?』

 ? 小春ちゃん?

『いえ。なんでもありません。
 それにしても、倫花さんは流石ですね。
 島に着いて直ぐに、交遊の環を広げる事が出来るんですから。』

 そ、そかな……。
 私、いつも通りでいるだけなんだけどな。

『と……そろそろフロントに行った方が良いのでは?』

 あ、そうだった!
 じゃあ小春ちゃん、またあとでね!

 ────
 ──────……





『……青山ブルーマウンテン。』
『何処かで聞いたことがあるような気がしますが──。』




 、、、、、→フロント


 そんな話をしてから、私はフロントに戻ってきた。
 青山さんは……もう来ちゃってるかな?

1年前 No.137

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河「」トラッシュ『』/喫茶店】

ー 銀河って魔導士? −

…魔導士…たぶんそれが。
フェイトのような「魔法使い」の呼び名なのだろう。
…だが、俺は…特殊能力を持っているとはいえ「魔法使い」とかそういったものではない。

なので。

「…残念ながら俺は魔導士ではない」

それだけ。
一番簡単で、適切な返答だろう。

それを告げた時、だった。


自分が、「もしかしたらこっちに向かってるやつがそのリボンとはぐれた子かもしれない」ということを告げると。
リボンはぱっと明るく、「本当ですか!?」と声を上げたのだった。

だが。

「…あくまで俺の推測だがな。…100%そうとは断言はできない」

これはあくまで推測だ。
…なので100%ではない、と告げた。


その直後に。


『…大丈夫。銀河の推測、今回は当たりますよ。…それとリボン。気に病まないでください。怖がられたのはちょっぴりショックでしたけれどそれでもリボンは悪いことはしていないのですから。』


トラッシュは、謝っているリボンに「気に病まないでほしい」ということを告げ。
リボンの頭を撫でようとしているのか。そっと、その手をリボンの頭に伸ばすのだった。

>フェイト、リボン、(漣音、なのは)、喫茶店ALL

1年前 No.138

黄昏症候群 @forte10☆NeDCG1Klls. ★ge8mulTLE2_nn8

【降魔 漣音/喫茶店(九尾/喫茶店外・店の前)】

“…漣音様。「トラッシュ…大丈夫…。あなたは何も悪いことなんてしていない…。」
…そう言っていただけたことがとてもうれしく思います。…ありがとうございました。”

“…漣音。…俺からもありがとう。”

2人から礼を言われる。しかし、彼女はかすかに微笑して、
まだ何かしてやれなかったのかという思いを抱きつつも

「いや…こちらこそ声をかけることしか出来なくてすまない…。」

謙遜したような言い方で返すが、根が優しい彼女は声をかける以外にも何か出来たのではと模索し続けている。
そして、彼女は再び目を閉じて意識を九尾とリンクさせるのに集中する。
赤いベレー帽をかぶって、緑の服を着た女の子…さあ、九尾…お前の優れたその視力でその特徴を探し出せ。
……見えた!こっちに向かって走ってくる!銀河の予想も当たりだ。

「リボン…。尋ね人はここに来る…。銀河の予想も当たりだ。件の少女が喫茶店に向かってくる。」

何故、外を見ているわけでもないのに分かるのか。スタンドの事を知らないものはそう思うだろう。
しかし、スタンド九尾と五感をリンクさせて見続けていた光景の中に、
確かに赤いベレー帽をかぶった緑色の服を着た少女の姿が映った。
このまま九尾に案内させようかと思ったが、妖怪めいた姿の九尾では怖がられてしまう可能性が高い。
なのはもなにやら手を打ち始めているようだし(どのような手かは分からないが)、
此処は一旦九尾を引かせて皆に任せよう。

「九尾、ご苦労。」

小さく呟けば。半分は彼女の意思で、もう半分は九尾自身の自我で、
ステルス状態を解いて再び喫茶店の壁をすり抜け、九尾は彼女と重なり、消える。
周囲からしたら九尾の女狐が漣音に取り憑いたように見えるだろうが…

>銀河 フェイト・テスタロッサ リボン (高町なのは) 喫茶店ALL

1年前 No.139

花巻貴大@月夜 @konakona7☆EDBVaMSkCiI ★Android=tcs4kcxQRq

( /花巻貴大、羽切奏音→海)

どうやら私たちが少し雑談している間に例の女の子がいってしまった、運動部である私たちは持久力がある為何かあったら走り込みついでにー…と思っていたがこの情報屋である折原臨也が情報提供してくれたお陰で早く見つかったらしい。嘘だと言う可能性も0ではないのに…なんて思いながらも早く見つかればいいなぁ、なんて思っていた

「 解決? 」
「 見たいだね 」

花巻が携帯端末から顔を上げると私にそう聞いてきた、私は逆に携帯端末へと視線を戻すと素っ気なく返した。花巻が「冷た」なんて言っているけれどコイツに構うとろくな事がないのでスルーする、バレー部員に何処にいるかというメッセージを送ると改めてここにいる人たちを見てみる
μ'sのメンバー、運動部員、情報屋、1人の一般人
…まぁなんというカオス、なんだこれ神様の悪戯か?

「 うわ、狡い。私も連絡先知りたいな 」
「 あ、俺も 」

連絡先を交換している折原と穂乃果ちゃんを見て自分も交換したいと言い出す、それに続いて花巻が俺もと言ってきた。コイツただ単に有名人と知り合いたいだけだろ…

>>海ALL

1年前 No.140

@tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

【南みれぃ/体育館】

「まぁ知らなくても当たり前ぷり。女子に人気なんだし…」

女子の間で人気のプリパラ。男の子は興味なくて当たり前だし仕方ないとみれぃは思う。そして、ウサギについて聞かれるがみれぃは首を傾げる。

「ゆるキャラかも知れないぷりねぇ。けど見たことないぷり…」

苦笑するときょとんとする。何処の地方のゆるキャラだろうかと考える。

>黒子、イナホたち、all

【高坂穂乃果、園田海未/海】

穂乃果「ありがとう!お兄さんって優しいね!また困ったことがあったら連絡します!」


素直な穂乃果だから何も考えずにいた。困ったことは余程ないと思うがまた人探しとかの情報提供に協力してもらいたいと思う。

穂乃果「いいよー。海未ちゃん、花陽ちゃんもいいよね?」

海未「私は構いませんよ。」

二人は快く了承した。花陽にも一応聞いてみる。友達が増えるのは穂乃果に取っていいことだ。
二人はスマホを片手に持ち、準備する。

>折原、花巻たち、アドレーヌ、俊たち、all

【フェイト・テスタロッサ・ハラウオン/喫茶店】

「魔導士じゃないなら…能力者?」

腕を組み首を傾げると考える仕草をする。能力者かな?と思い聞いてみる。


「該当する少女一名発見、もう時期こちらへ向かいます。既に見えてきてますが…」

なのはと連絡を取り合って報告するフェイト。窓からは一人の少女の姿が見える。こちらへ向かってるようだ。

>銀河、なのは、リボン、漣音、all

1年前 No.141

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=nfdG2H07v5

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.142

神出鬼没の小説家 @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【青山ブルーマウンテン/ホテル】
「―――――」
――――ホテルの部屋から見える風景は自分が住む街とは違う意味で美しい。青い海に蒼い空…思わず見蕩れてしまいそうだが、今は待ち合わせがある。名残惜しいがもう行かなくては。


少し足早になったがフロントに到着、倫花は既に到着していた。
「―――すみません、景色に見蕩れていたら少し遅くなってしまいました。
―――では気を取り直して、まずはどこに向かいましょうか?」


遅くなってしまったことを謝った後、まずはどこに向かうかを決めるため送られてきた地図を開く。この島は思ったよりも広い。何か小説のテーマになりそうなものが見つかればいいな。と思いつつ地図を広げた。

>>神楽坂倫花(月影小春)・ALL


>>131 にていすず宛ての文を書いているので返信お願いします。】
>>いすずたち本体様

1年前 No.143

白い悪魔 @kuromomo☆Ibq7BGr7nio ★iPhone=j1fgHOXeFb

【喫茶店/高町なのは】

「どうやら無事に会えたみたいだね」

喫茶店に戻るとリボンちゃんとさっき探してたアドレーヌさんが無事に合流していました。
本当によかった。でも、最初から此処に向かってたならわたし達の手助けは必要なかったかな。

「にゃはは。それじゃ、行こうかフェイトちゃん、夜空くん」

ひと段落ついた所で今度こそ喫茶店を後にしようと二人に呼び掛けました。

>フェイトちゃん、夜空くん、リボン、漣音、喫茶店ALL

1年前 No.144

榎田 ★iPhone=ilrLA3rWXR

【榎田 耀/ビーチ】

「今回はありがとうございました!また何かあったら情報だけでもお願いしていいですか?連絡先を教えて欲しいんですが…」

「 うわ、狡い。私も連絡先知りたいな 」
「 あ、俺も 」

「ありがとう!お兄さんって優しいね!また困ったことがあったら連絡します!」

「いいよー。海未ちゃん、花陽ちゃんもいいよね?」

「私は構いませんよ。」

なるほど、皆この有名人の連絡先を手に入れるチャンスを逃さないようにしてるのか。だが、まぁ、僕の最初に手に入れる有名人の連絡先はことりちゃんがいいからな、ここはぐっとガマンだ。ただ、このタイミングでボーッとしていて後で連絡先交換出来なくなる可能性はあるのだが・・・・・・



そんな事は置いといて、とりあえずは目的地は定まってきたようだし、一緒に行動してれば大丈夫なのかな?

>>主様、花巻様、伊月様、折原様、アドレーヌ様、ALL様

1年前 No.145

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河「」トラッシュ『』/喫茶店】

ー 魔導士じゃないなら…能力者? −

能力者。
それが一番、ぴったりだろう。

トラッシュに搭載したシステムなしでも、異常な現象を起こせる自分は能力者だろう。
……能力者であり、「化け物」だ。

「…能力者であり……化け物、だな。」

能力者?と尋ねるフェイトに。
能力者であり、化け物だ。と。

自嘲気味に、そう答えるのだった。


そしてその直後。

ー リボンー! −

ー アドレーヌさん! −


…どうも、二人はしっかりと再会できたらしい。
…銀河はそれを見て、笑みは浮かべない…というより出せないものの。安堵はしたようで静かにうなずいていた。


『…ちゃんと無事に合流できましたね。…私はお邪魔になりそうですし、エネルギーがそろそろ切れそうですのでこれで失礼しますよ?リボン』

トラッシュは、リボンとアドレーヌが無事に合流できたのを、静かに笑みを浮かべてみた後。
自分はお邪魔になりそうだしエネルギー切れになりそうだから、これで失礼するとリボンに告げると。

トラッシュは無数の青色の光の粒子に一瞬で分解され、銀河の左腕のガントレット型端末「古代のハンターVG」の青いクリスタルディスプレイに仕込まれるように消えていった。



さて。


ー にゃはは。それじゃ、行こうかフェイトちゃん、夜空くん −


「…あぁ。行こうか。…で、どこに行こうとかそういうのは、なのはとフェイトの二人にはあるのか?」


今度こそ、この喫茶店を出る。
…そして自分はこの二人の少女に同行させてもらうことになったのだが…。
…彼女たちには「どこに行きたい」とかそういうのはあるのだろうか…?

それが気になり、銀河はなのはとフェイトに問いかけた。


とりあえず外に出よう。
…と、その前に。

心優しい人物である漣音に、あることを伝えるのを危うく忘れるところだった。


ー いや…こちらこそ声をかけることしか出来なくてすまない… −


『いえいえ。あのように声をかけられたことが、私にはとてもうれしかったです。
わたしにとっては声をかけていただいたことがあの場では一番の救いでしたよ』

「……あぁいうぎすぎすした雰囲気の中で、誰かのために声をかけることって…中々できるものじゃない。…すごいことだよ
…漣音。…あんたはすごい奴だよ。」

……それだけを言って出ていこうとは思ったのだが……
…もう一言だけ、言っておこう。

これは、彼女に幸があることを願っての言葉。

…たぶん、この場にいるメンバーでは、彼女くらいしかわからないのではなかろうか。


「Я надеюсь, что ваш отдых является замечательная вещь.(あなたの休暇が素晴らしいものになることを願っています)」


ロシア語で、彼女に「休暇が素晴らしいものになるように」という言葉を送ったのだった。

それだけ告げて。今度こそ。…なのはとフェイトより少し先に。喫茶店から出るのだった

>フェイト、なのは、リボン達、漣音、喫茶店ALL

1年前 No.146

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【黒子テツヤ:体育館】

プリパラを知らない事を告げるも南さんは嫌な顔もせずに

『まぁ知らなくても当たり前ぷり。女子に人気なんだし』

そう言ってくれるがカントクに聞いてみる……いや知らなそうだな
黒子のチームの監督は一年先輩の現役高校生で女子ではあるが知っているかどうかは微妙だと思っていると
ウサギの着ぐるみのような物の事も

『ゆるキャラかも知れないぷりねぇ。けど見たことないぷり…』

南さんも知らない様だ……ウサギで宇宙服?

「この近くに宇宙関連のイベントでもやっているのかな?そこのマスコットかも」

宇宙服を着たウサギという事から予想でしかないのだが、当の本人達が近づいて来た

『こんにちはー』

挨拶を受けた以上黙っているわけにもいかず

「あっこんにちわ 君達も合宿に参加したのかい」

親し気な2人組を見てウサギの中の人のお子さんかなと思い二人(USAピョン達に)聞こえないよう小声で告げた

「南さんここは、やはり中の人には触れるべきでは無いですよね子供の夢を壊さない手目にも」

>>南みれぃ、USAピョン達

1年前 No.147

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【折原臨也:海】

穂乃果の連絡先を手に入れた事をあの少年はさぞ羨ましがるかとかと思いきや意外にも
女子の方が食いついたむしろ男子の方はそれに乗っかってきた感がある
どうやら穂乃果達は老若男女関係なく人気という事らしい

『ありがとう!お兄さんって優しいね!また困ったことがあったら連絡します!』

穂乃果にそう言われてスマホをしまうと

「連絡をもらえるのは良いが、そう言う事態にならない事を願うよ。まぁここは当選した者しか入れない合宿所みたいだし大丈夫だと思うけどね」

情報屋の力が必要になるなんてのはまずロクな状況では無い。と言ってもそう言った事態になる原因である自分が言うのも何だが
ここいる間ぐらいは平和に行くのも悪くはない……そう感じるのは、ここの雰囲気からだろうか?

「おや……さっきの子が、いない様だけど?行先は言うまでも無いか?君達はあの子を追って喫茶店に行くかい?」

迷子と言うトラブルの元が解決したのなら、追う追わないは、個々の自由だろうが

「君達と違ってこの合宿所を戦場と勘違いしてるのか機動兵器を持ちこんだ奴もいるみたいだし、最新情報では喫茶店周辺に幽霊が出て客の一人にとり憑いたなんて噂もある」

もっともこれは情報屋のスキルと言うより島に来ているダラーズのメンバ―からもたらされる噂話で信憑性は低いが
時としてこう言った都市伝説の中に真実が紛れ込んでいる事もある

「まぁ幽霊なんてはただの合宿所の怪談、都市伝説の類だろうけど君子危うきになんとやらって言うしね」

この情報は人の良さげな彼等にはブレーキよりアクセルになったかもしれないかなと彼等の次のアクションを見守った。

1年前 No.148

@tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.149

@tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

【千斗いすず/甘城ブリリアントパーク】

「えぇ。記念撮影も出来るけど如何?」


ゲーム終了後、マスコットと記念撮影サービスがある。如何?と相手に問う。撮るか撮らないかは相手の自由だが此処は相手の返事を待つ。

>エドワード、all

【申し訳ありません!見落としてました;】

1年前 No.150

雷帝 @andouken ★Android=NxHITw8hsq

【折原臨也:海】

『うーん…穂乃果はやめとく!デパート にでも行こうかな?海未ちゃんは?』

どうやらアイドル二人は喫茶店に行くのは止めるらしい

「賢明だね。それがいい噂話も存外馬鹿に出来ないしね」

そうして図書館に行くと言う話だがテスト勉強すると言う海未と範囲を教えくれないかと言う穂乃果
流石にそれは知らないと言うか調べていないから、答えようかない

「流石に調べてもいない事は知らないな。まぁせっかく合宿所に友達と頑張るといいそれもいい思い出になるよ」

笑ってやり過ごす彼女達のような青春とは無縁だった臨也には複雑な思いでいた。


>>海all

1年前 No.151

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=nfdG2H07v5

【リボン、アドレーヌ/喫茶店】
リボン「あ、ありがとうございました!」
アドレーヌ「リボンがお世話になりましたっ!」
と、二人は頭を下げた。
アドレーヌ「あのっ!イケメンさんっ!」
アドレーヌは銀河に話しかけた。
アドレーヌ「あの、ケータイ持ってたら、メアド交換してもらっていいですかっ!?」

>銀河


【USAピョン、未空イナホ/運動場→体育館】
『あっこんにちわ 君達も合宿に参加したのかい』
イナホ「はいっ!たまに旅行に行くのもいいかな〜と、ってあれ?
今、君達って…」
イナホは不思議に思った。何故なら、USAピョンは妖怪なので、他の人にはみえていないはずなのだ
イナホ「あの〜つかぬことをお尋ねしますがひょっとしてUSAピョンがみえるんですか?」
>テツヤ、みれぃ

1年前 No.152

榎田 @light1a ★iPhone=ilrLA3rWXR

【榎田 耀/ビーチ】

「おや……さっきの子が、いない様だけど?行先は言うまでも無いか?君達はあの子を追って喫茶店に行くかい?」

1年前 No.153

榎田 @light1a ★iPhone=ilrLA3rWXR

【榎田 耀/ビーチ】

「おや……さっきの子が、いない様だけど?行先は言うまでも無いか?君達はあの子を追って喫茶店に行くかい?」

「うーん…穂乃果はやめとく!デパートにでも行こうかな?海未ちゃんは?」

「私は図書館に行こうと思います。勉強も大切ですし」

「賢明だね。それがいい噂話も存外馬鹿に出来ないしね」

「うっ…そういえばもうすぐ期末が…!お願いっ!今度の期末で出そうなところ教えてください!!」

「流石に調べてもいない事は知らないな。まぁせっかく合宿所に友達と頑張るといいそれもいい思い出になるよ」

なるほど、アドレーヌちゃんの人探しは終わって、穂乃果ちゃんと海未ちゃんは勉強、バレーボール部は部員との合流待ちか。一瞬穂乃果ちゃんたちと一緒に図書館へ行こうと思ったが、学校も違うし、そもそも歳が違う。僕がいても迷惑だろう。まぁ、海で泳ごうかな。だが、その前に、一応この胡散臭いんだか何だか分からないこの情報屋の男と連絡先を交換しとくか、念の為に。だが、穂乃果ちゃんたちがこの場を去ってからにするか。自分とも交換しよう、と言ってくれるかもしれないから。僕としては嬉しいんだけど、やっぱり1番最初に連絡先を交換する有名人はことりちゃんがいいな(以下略)

>>主様、折原様、花巻様、アドレーヌ様、伊月様、ALL様


【先ほどのは誤送信です。失礼しました。】

>>ALL様

1年前 No.154

ジャックドー船長 @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【エドワード・ケンウェイ/甘城ブリリアントパーク】
「写真…?」
何だそれは?あれを使えば出来る物なのか?
―――まあ物は試しだ。使うだけ使ってみよう。

「ああ、やってみよう。」

どうやら写真はあれの前に立てば作れるらしい。とりあえず立ってみるが何も起きないな…。
「おい、写真はまだ――――」


そう言いかけた時、一瞬強い閃光がケンウェイの視界を奪う。クソ…何の真似だ。そう言いかけた時、眼前の機械から一枚の紙が出ていることに気付いた。

「なんだこの紙は…?俺そっくりの奴が映っているな…。」

この紙きれ、さっきまで立っていた自分と瓜二つの奴が映っている。まるで絵のようだが…これが写真だろうか。

「―――さっきの閃光だけは何とかしてほしいな。…それで、次はどこに行くんだ。」

>>千斗いすず・ALL

1年前 No.155

黄昏症候群 @forte10☆NeDCG1Klls. ★ge8mulTLE2_nn8

【降魔 漣音/喫茶店→商店街】

3人の少年少女は喫茶店を後にしようとする。その背中を見つめながら、彼女は思った。
あの中で、銀河が笑顔を取り戻せるように。淡く願いを込めた。

「じゃあ、私もそろそろ行くよ…。お相手ありがとうな。」

会計を済ませ、自分も喫茶店を出ようと準備を始める。あまり力になってやれなかったなと思いながら。
すると、銀河とトラッシュからこう言葉をかけられた。

“いえいえ。あのように声をかけられたことが、私にはとてもうれしかったです。
わたしにとっては声をかけていただいたことがあの場では一番の救いでしたよ”

“……あぁいうぎすぎすした雰囲気の中で、誰かのために声をかけることって…中々できるものじゃない。
…すごいことだよ…漣音。…あんたはすごい奴だよ。”

ぎすぎすした雰囲気の中で、誰かのために声をかけることって…中々できるものじゃない。
確かに、言葉を発することに躊躇してしまう雰囲気であったことは確かだ。
だけど、彼女はそんな雰囲気など慣れていた。嫌な雰囲気に呑まれた弟を庇う為に、言葉を紡いだ。何度も、何度も。

「私は見た目だけで判断されてしまうのが、それで傷つく人を見るのが…嫌だった。
どんな雰囲気だろうと、私の言葉が何かを変えるのなら、何かの支えになるのなら、躊躇いはしない。」

感謝されても決して鼻を高くすることはなく謙虚な姿勢のままで、
微かに口角を上げて彼女は最後に“ありがとう”と呟いた。
自分も次はどの場所に行こうか…なんて考え始めていると、銀河から言葉を送られた。

“Я надеюсь, что ваш отдых является замечательная вещь.”
“(あなたの休暇が素晴らしいものになることを願っています)”

激励とも言える言葉に、彼女は目を丸くする。そして、彼はそう言い残してこの場を去っていった。
彼女の瞳から熱い涙が一筋零れる。彼女も喫茶店を後にしながら、去ってゆく3人の背中を見つめ…

「Спасибо(ありがとう)…」

ロシア語でありがとうと呟いて、彼女は歩き出す。言葉と言うものは不思議なものだ。
千以上の言葉を並べても言い尽くせないこともある。たった一言で始まることも、終わることもあるのに。
まだ日が落ちるまで時間がある。どこに行こうか?彼女はガイドマップを広げる。
そうだ。商店街に行こう。土産は別として、見る価値はあるだろう。
彼女は歩き出す。自分の心に開いた穴を埋める何かを探すために。


暫く歩いて、彼女は商店街につく。地元では見ないものが色々と売られていて、飽きない。
すると、どこからかユーフォの音色が聞こえてきた。どこだろう?音の主は?
彼女は音色に誘われるように歩みを進めた。たどり着いたのは神社の一角。
そこで少女が1人、楽譜を広げてユーフォの練習をしている。
思わず、その場に立ち尽くしてその音色に耳を傾ける。
ゆったりとしていて何処か重い音色…まるで商店街の賑やかさから切り離されたかのような錯覚に陥る。

「Удивительно!(素晴らしい!)」

気がつけばロシア語で素晴らしいと叫びながら拍手をしていた。
しかし、彼女の表情に変化がなかった。心底素晴らしいとは思っているのだが、笑顔を上手く作り出せないのだ。
笑いたくても、笑えない。それが今の彼女の現状なのだ。

>黄前久美子 (銀河 フェイト・テスタロッサ リボン 高町なのは)

【一旦銀河やフェイト、なのはと絡みが切れますね。お相手ありがとうございました!】

1年前 No.156

白い悪魔 @kuromomo☆Ibq7BGr7nio ★iPhone=j1fgHOXeFb

【喫茶店→温泉施設/高町なのは】

喫茶店を出たわたし達はホテルとは反対方向に歩き出します。
そういえば、トラッシュくんの姿が見えないけど、夜空くんの中に戻ったのかなぁ?

そんな時、夜空くんから何処に行くのか聞かれます。

「うん、フェイトちゃんも言ってたけど、温泉施設にしようかなって。その後に
近くにあるお土産屋さんで買い物って計画を立ててたの」

ホテルにも温泉はあるけどたぶん混み合うと思うので、それなら施設の方にしようと考えてました。どんな温泉があるのか今から楽しみです!

>フェイトちゃん、夜空くん

1年前 No.157

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河「」トラッシュ『』/喫茶店→温泉施設】


ー 化け物…?銀河は化け物じゃない… −

「…その優しさはうれしい。…だが俺は化け物だ。…人として生きるのに大事なものが欠落した俺は…化け物なんだ」

これだけは譲れない。
…別に人として生きたくない、というわけではない。
けれど、自分の肉体。それから自分の持っている能力が、あまりにも異質なものなため。

銀河はもはや自分は「人間ではない」と思っているのだった。

心が人間なら、たとえ姿形が人間ではなくてもそいつは人間だ、と言えるだろう。
…だが銀河は。自分のこの心も、人間のものかどうか、怪しく思えてきているのだ。



少しだけ、悲しい顔を見せてくるフェイト。
…悲しい顔を作ってしまったのは自分だ。…どうしようか。と考えてたら。

…そうだ。さっきの自分の質問だ。
…さっきの自分の質問に、フェイトは…

ー うーん…私は市場か温泉施設行きたい。二人は? −

「…俺はあくまで同行させてもらう身だから、特に行きたいところとかはない」

あくまで自分は同行させてもらっている身。
行きたいところは特にないし、それに行きたいところがあってもそれを言うのは、あまりに立場をわきまえてない状態だ。


なのはは…


ー うん、フェイトちゃんも言ってたけど、温泉施設にしようかなって。その後に
近くにあるお土産屋さんで買い物って計画を立ててたの −


「…なるほど。…だったら温泉施設に決まりだな。」

では早速、温泉施設に向かおう、とした時。



ー あのっ!イケメンさんっ! −
ー あの、ケータイ持ってたら、メアド交換してもらっていいですかっ!? −

……先ほどのベレー帽をかぶってきた少女が。追いかけてきてアドレスを交換してほしい、と言ってきたのだった。
……だが。銀河には致命的な部分があった。

それは。


「…なぁ、イケメンって誰のことだ?…「さん」ってついているから…人名、なんだろ?」


銀河は「イケメン」の言葉の意味を知らなかった。
…トラッシュは、銀河の左腕に装着されているハンターVGから、『あちゃー』と声を上げていた。


『…銀河。…彼女が言っている「イケメンさん」はおそらくあなたの事ですよ。』

「…?…俺はイケメンって名前じゃないぞ。夜空銀河だぞ?」

『…だーかーら。イケメンって言うのは人名じゃなくて俗語です。
若者言葉で「格好いい男性」を意味してるんです。
語源は「イケてる」の「イケ」…つまりは「格好いい」、もしくは「容姿の素敵な」という言葉に「お面」の「面」!もしくは男の「men」をかけてるんですよ!』

「…いや、待て。…「面」はともかく…「men」は無理がないか?…男性を意味するならここでは「man」が正しいだろう?」

『…俗語に正しい英語の用法を求めちゃいけないんですよ。銀河』

「……いろいろと納得いかない部分があったが…わかった………で、アドレスの交換だったな…」


とりあえずハンターVGの中にいるトラッシュから「イケメン」の意味を教えてもらい、その意味が分かった銀河は。
先ほどのベレー帽の少女の方に向き直り、民族衣装から小さなメモ帳とボールペンを取り出し。さらさらと。
「二つ」アドレスを書き込んで、ベレー帽の少女にそのアドレスが記載されたページをちぎって渡したのだった。


「…上に書いてある方が緊急用のアドレス。大変で、どうしても急がなくちゃならない場合のみ、そっちのアドレスを使ってくれ。
…普通の会話だったら…下のアドレスを使ってくれ。…とりあえず下のアドレスに空メール送ってくれたらその時に連絡先には登録しておく」


それだけを告げて。
再び歩き始めて。


なのはとフェイトにある事を尋ねた。


「……なのは、フェイト。…たしか二人は俺に聞きたいことがあるって言ってたよな?」


>アドレーヌ、なのは、フェイト、all


【こちらこそ絡みありがとうございました!】>黄昏症候群様

1年前 No.158

欠けた茶碗 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_uyQ

【望月、ゲダツ/食堂】


ゲダツ「ころるー?ほう、(観光地)。…ううむ、実を言うと(移動)している間の事はあまり良く覚えておらん、だから此処へ到る道中で誰か他人を見たと言う事もない。つまりお前たちは観光客という訳か」

響きから此処が(観光地)であると伝えられ
つまり移動中は先程までの有様(海藻やら海産物塗れ)でほぼ視界不良、誰かしらの姿を見ること以前に此処が何処であるのかも分からないまま――ある“匂い”に惹かれてやって来た。恐らく目撃した人から言わせれば正体不明の(海藻やら海産物の塊)が呻きながら恐ろしい速度で道を這いずって移動していた。とかそんなホラー染みた目撃証言になるだろう。騒ぎになっていないのはある意味奇跡である。

ゲダツ「飲まず食わずで腹が減っていて、美味そうな食事の香りに誘われて来てみれば、おお!美味そうな焼き鯖定食が!ガツガツッ」

望月「えっとちょっそれあたしの!」

不穏なゲダツの言葉に止めに入る望月だが時既に遅し、恐ろしい速度で彼女の定食は骨すら残さず空になり…

ゲダツ「うぉおおお生き返った!」

望月「………なんだかねぇ」

――――

ゲダツ「そういえばお前達の名を聞いていなかったな。」

爪楊枝を口に咥えながら幾分か生気が戻った蜘蛛頭の大男は二人に何の気なしにそう言う。白々しい以前にそういう抗議や突っ込みも馬鹿らしくなった望月はやや機嫌の悪そうな様子ながらも意外と律儀に自己紹介をした。

望月「睦月型11番艦 駆逐艦の望月でーす。…どうでもいいけどあたしの焼き鯖定食…代金はおっさん持ちだからね。」

ゲダツ「手持ちが無い」

望月「………………」


≫響、食堂ALL

1年前 No.159

暁型二番艦 @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【響/食堂】
(………でも、あの格好じゃ騒ぎになってそうだ。)

あの海藻塗れで、呻きながら歩いていた化け物のような見た目をしたモノが騒ぎにならない筈もない。賑わっていた食堂ですら一瞬その賑わいが消え失せたぐらいだから、今頃ビーチでは大騒ぎになっていそうだ。
内心そう思っていると、望月の食べかけであった焼き鯖定食。一目見るや一気にまるでどこかの誰かのようにがっつく。だが、止めようとしてももう遅い。一瞬のうちに骨すら残さずに食べ終えてしまった。

「……望月、ジャーロスト(お気の毒)」

――――

ハプニングはあったが昼食を終えた。その直後にゲダツは彼女たちの名前を聞く。

「私は暁型2番艦、響だよ。―――ところで、お金を持っていないと言っていたけど、どこに泊まるんだい?」

どうやら、彼はお金を持っていないらしい。しかし、昼食を奪われた挙句その代金を払わなければならないとは望月には気の毒と言うしかあるまい。
だが、問題はそこではなくこれからの宿泊場所。そもそもあの手紙が来たかも分からない。

「悪いけどもう一つ質問させてくれないか?―――なにか、手紙やメールを貰ってない?」

ここに来てるものは一通のメールや手紙を受け取っている。響も証拠とばかりに一通の手紙。此処に来るきっかけとなった手紙を見せる。

>>望月・ゲダツ・ALL

1年前 No.160

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【黒子テツヤ:体育館】

『…此処は触れないでおくぷりね。イベントはやってない筈ぷり…』

南さんは僕の提案に乗って着ぐるみの中に追及しないと言ってくれたが

『はいっ!たまに旅行に行くのもいいかな〜と、ってあれ?今、君達って』

どうしたのだろう?何かおかしなことを言ったのかと考えても思いつく事は無いし
どうしたのだろう……

『あの〜つかぬことをお尋ねしますがひょっとしてUSAピョンがみえるんですか?』

USAピョンが見えるのかってひょっとして彼も僕と同じ様に影が薄いのだろうか?
一瞬だけ親近感を彼を感じるも着ぐるみを着ている彼が目立たないわけがない

「えっとUSAピョンって言うのは君といるウサギさんだよね……見えてるけど。ねぇ南さん」

見えることを伝えた後南さんにも確認をとって見た



>>南さん、イナホ達

1年前 No.161

VD @recruit ★2wBeFhWWiK_M0e

【神楽坂倫花/ホテル】


>>143


 青山さんの姿は──まだない。
 どうやら私の方が先に着いてしまったみたい。

「あ。青山さん!」

 少しの間待っていると、向こうから駆け足気味に此方に来る人が──青山さんだ。
 自分が此処に居ることを示す為に大きく手を振ってみた。
 必要性があったかどうかはさておき。

「いえいえ、私の方も友達と話をしてて、さっき来たばかりなんです。」

 景色、かあ。
 私たちの泊まる部屋は一階にある。
 このホテルは五階立てみたいだし、一番高いところからの眺めには興味がある。
 戻って来たら、小春ちゃんと一緒に見に行ってみたいな。
 その時には青山さんも誘って──

「そうですね。……うーん、往きたいところがありすぎて迷っちゃうなあ。」

 その前に、まずは目的地決め。
 マップに記されている施設だけでも結構沢山あり、とても一日では周りきれない。
 歩きながら決めるにしても、ひとまずの行先くらいは決めたいし。

 ───と。

「! じゃあ、キャンプ場に往ってみませんか?」

1年前 No.162

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【沖田総悟:商店街・神社】


「オイ!!どういう事だモブ ここはガキばっかが合宿してるじゃ無かったのか?」

商店街を不愉快そうに数人の同じ服つまりは制服を着てねり歩く男性が後ろの仲間らしき男性に叱責をしていた
男の名は沖田総悟 局長からの命で真選組として当選した招待状で合宿に参加と言うか警備に来たのだが
話の違いにいら立ちを隠せなかった何故なら聞いた話では中高生ぐらいを中心に部活の合宿で来てる奴らばかりと聞いていたので
真面目な学生ばかりなら、せいぜいグラウンドの使用権でサッカー部と野球部がもめる程度の楽な仕事と思い込んでいただけに

「見るからに戦場帰りみたいなのや、武装までしてる奴までいるじゃねーか?何か学生同士の喧嘩の仲裁程度だから刀は逆刃刀で十分だ!!自分がやりたくなかっただけだろ」

ここはに攘夷志士などのいない平和な合宿所だから楽しい空気を台無しにする武器の持ち込みは控えようとなったのだが、それを言いだしたのはあのマヨラーだ
普通の学生相手に真剣がないと不安かなどと言われて苛立ちから置いて来たのは失策だった
そこに低音楽器の音色が聞こえる……合宿所だし吹部かと一応職務として覗くだけ覗いて行くか
ため息混じりに神社に足を踏み入れると先ほどの演奏の続きと自らの演奏への感想だろう演奏者の少女の声

『まだまだだなぁ…』

との声だ確かにまだまだと感じる所もあるが悪くはない……恐らくは学校の先輩か上手い同級生と比較しての言葉だろう
苦手な所を克服しようとしているのだろう出始めの部分とそれ以降では苦戦している様に聞こえた
途中からもたつく感じそこの苦手な部分を克服しようとしているのだろう

「まぁ確かにまだまだだな……だが悪かないぜ。先輩や同級生に天才でも居るのか?俺みたいな」

自画自賛を含めながらも上手くいかずに悩む少女に声をかけた。
彼女もそれなにり吹けているそれでまだまだと感じるのは周りがすごいのだろうと落ち込む少女を励まそうとしてみたが

『Удивительно!(素晴らしい!)』


突然の異国言葉に驚いたが、何だコイツは?まだまだだなぁと落ち込んでる相手に皮肉のつもりか?拍手までしやがって

「オイ外人さん!!この子はまだ練習中だし「まだまだだなぁ…」て反省している所に素晴らしいとか皮肉のつもりか?」

突然の声に変な事を言うなと言う視線を送りつつも、相手はなに校のなに部なのだと観察し始めていたどこか神威と通じる空気を感じる



>>黄前久美子、降魔 漣音、商店街all


【主さま:アニメしか見てない原作未読ですが、久美子は発展途上ポイ感じ(副部長やレイナに比べ)後まだまだと言ってたので演奏はところどころでミスがあったイメージで書きました。ごめんなさい】

1年前 No.163

黄昏症候群 @forte10☆NeDCG1Klls. ★ge8mulTLE2_nn8

【降魔 漣音/商店街→ホテル自室】

素直に感嘆していると、横から男の声が聞こえた。

“オイ外人さん!!この子はまだ練習中だし「まだまだだなぁ…」て反省している所に素晴らしいとか皮肉のつもりか?”

皮肉のつもり?こっちはただ思いのままに感じたことを言っただけなのに。
それに、ここに着いた時にはユーフォを練習している少女がまだまだだと反省している場面は見ていない。
変な事を言うなと言う視線を送られ、苛立ちを感じる。素敵な事を素敵だと言って何が悪い?

「彼女が反省している場面には遭遇していない…故に知らずに賞賛した事は詫びよう。
だが、てめぇは素直に素敵だ。と思ったことを口に出すなとでも言いたいのか?
私が目障りなら消えてやるからそのままその子と話してりゃ良いさ。」

せっかく喫茶店で心温まる言葉をかけられたのに、気分はすっかり台無しだ。
もういい。ホテルに戻って弟との思い出でも思い出そう。
彼女は身を翻して商店街を去った。あんな奴みたいな輩には二度と会いたくない。
彼女は気配を完全に殺し、足早にホテルへの帰路を辿る。


そして、自室につくなり乱暴にドアを開閉し、チェーンをかけて鍵をロックする。
靴を乱雑に脱ぎ捨て、床にリュックを放り投げて彼女はベッドに飛び込んだ。
どうして。どうして素直になってはいけないのだろうか。私はあの子の演奏するユーフォが心に響いた。
ところどころミスがあったかもしれないが、それを感じさせない音色が、素敵だった。
それなのに。感激しただけなのに。あの男は会うなり皮肉かと嫌味を言ってきた。
何様のつもりだ。自分が偉いから人を見下しても良いと思っているのか。

「至音……。…会いたいよ……お前に…。」

唯一の理解者だった双子の弟の名を呟く。彼はもういない。この世に存在していない。
去年、持病の発作で他界してしまった。危篤だと連絡が入ってロシアから急いで帰国したけど…間に合わなかった。
最期の最期に、立ち会ってやれなかった。看取ってやれなかった。
死ぬ直前まで、弟は「姉さん」と呟いていたと両親から聞いた。その時は胸が張り裂けそうになった。

至音……。お前だったら、あんな事を言われたらどうしていた?どうやって自分の真意を伝えていた?
私にはもうわからない。私は、お前を失ってから何かが欠落してしまった。
そう、心すら普通の人間じゃなくなってしまったんだ。心の底から笑うことも出来なくて、
なにをやっても楽しいと感じることも出来なくて、悲しいのに涙は出てこなくて…感情はグチャグチャに歪んでしまった。
そんな私の心を動かした音色を、久々に素直になって賞賛したらこの有様だ。やってられない。
私が讃えたいのは上手いとか下手とか言う概念じゃない。心に響くかどうかを讃えたいのだ。

「……至音…逝かないで……」

一足先に旅立ってた君へ「行かないで」って呟いてみる。
届かないって知ってるから 安心して今日だけは

“泣けるから”

>対象なし (沖田総悟)

1年前 No.164

月夜 @konakona7☆EDBVaMSkCiI ★Android=tcs4kcxQRq

( /花巻貴大、羽切奏音→海)

「 よっしゃ、折原さんも交換いいですか? 」

穂乃果ちゃん達からはOKが出たから次は折原さんに聞いてみる、だって折角知り合ったんだし仲良くしたいじゃん。花巻は私に乗るように聞いてるだけだし、私は有名人とか関係なしに仲良くしたいだけなんだけど花巻はどうか知らない。相手の連絡先を登録する為に登録画面を出した時だった

『 最新情報では喫茶店周辺に幽霊が出て客の一人にとり憑いたなんて噂もある 』

「 あ、ヤバ… 」

折原さんのこの言葉を聞いてぴし、と私の動作が止まる。花巻はやばいとつぶやくと私の方に視線を向けた
そう、私はホラーが苦手なのだ
噂とはいえ怖いものは怖い、暫く固まっていると花巻に名前を呼ばれてやっと我に返る。そして何事も無かったかのように

「 さて、この後どうしようか? 」

と花巻に笑顔で聞いた、花巻は苦笑いをすると「部員探すか」と言った

>>海ALL

1年前 No.165

@tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

【時刻はこのあと1日目夜へと迎えます
1日目夜は真姫ちゃん主催の海でのバーベキュー&花火。2日目夜はホテルのホールでミニパーティー(交流を深めるために)のミニイベントを開催予定です。このレスを境に時刻は1日目午後へと移ります
3日目4日目は丸1日商店街でお祭りを開催予定。
参加される方は主に報告お願いします
あかりはイベント中アイカツ目的なのでアナウンサーとして活動する予定です】


【高坂穂乃果、園田海未/海→図書館】

穂乃果「うぅ…だよねぇ…。」

海未「今回は諦めて勉強あるのみです。」

穂乃果「はーい…。あ!海未ちゃん、花陽ちゃん。真姫ちゃんからメール」

海未「…??」

穂乃果
もー、私を置いてみんなでバカンス?このプリティーな真姫ちゃんを置いてくなんて許さないんだからっ!!とまぁ、前置きはこれくらいにして…。ねぇ、今夜、バーベキューとか花火とかしない?穂乃果たちのことだから寂しいと思って人肌脱いだわよ?ふふっ、感謝してよね?べ、別に穂乃果たちのためなんかじゃ…ないんだからっ!
今夜19時に海岸に集合しなさい!

真姫

穂乃果「真姫ちゃんも来てたんだー」

海未「みたいですね」

メールを閉じると二人で話ていてとりあえず図書館に行ってまた戻るという形でと話した。

穂乃果「あなたたちはどうする?」

彼らを見てどうするかと訪ねる。バーベキューと花火まで少し時間はあるしそれまで自由行動ということでと話する。


>折原、榎田、花陽たち、花巻たち、all

【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/温泉施設】
「……そんなの…」

思わず一つポロリと涙を溢し、強く拳を握りしめるフェイト。その事実をフェイトは受け止められない。すると、なのはが計画した温泉施設のあと土産屋に行く計画にフェイトは賛成する。はやてたちにお土産買おうかなと思っていた。

「賛成!はやてやヴィータたちにお土産沢山買っていこうかな…」

>銀河、なのは、all


【千斗いすず/甘城ブリリアントパーク】

「それが写真よ。光はどうにもならないわね…」

少し苦笑しながらもそれが写真だと告げるとその場を離れて次の場所へと移動する。

「次はミュージカルショーよ。四人の精霊たちによるパフォーマンスよ」

無表情ながらも四人の精霊によるミュージカルをいすずは見ていた。

>エドワード、all

【南みれぃ/体育館】

USAピョンが見えるかと問われた黒子とみれぃ。黒子は見えると答えていた。みれぃの瞳にはUSAピョンがハッキリと映っていたためこくりと首を縦に振る。


「みれぃも勿論見えるぷりよー!もしかして普段は見えないぷり?」


>黒子、イナホたち、all


【黄前久美子/商店街】

「ありがとうございます…。」

外国語のため何言ってるかわからないけど拍手されたということは褒めてくれたのだろう。一言お礼を告げた時、背後から黒い服を着た男性が外人さんが怒られていた。男性は私をかばってくれてるけどそこまで怒る必要もあるのかなと思いました。けど二人の気持ちは凄く有りがたかったです。

「…あの…そんなに怒らないでください!!」

ふと立ち上がり男性に怒らないでと声をかけます。すると男性から上手い同級生や先輩がいるかと訪ねられて答えます。

「はい。れいなやあすか先輩に比べたら私はまだまだで…けど、上手くなりたいと思ってます!」

私は真っ直ぐ男性を見つめていた。悔しい気持ちがこみ上げていました。

>沖田、漣音、all

【私もアニメしか見てません;;大丈夫ですよー
銀魂もアニメしか知識ないです(>_<)】


>沖田本体様

【いえいえー!こちらこそありがとうございました!久美子と絡みよろしくお願いします!】>漣音本体様

【大空あかり/港】

「着いた着いたっ!」


私は今、合宿に来ています。スターライト学園の織姫学園長が勧めてくれたのでアイカツをしにきました。メールをもらった時はすっごい緊張したけど今はわくわくしています。3日目と4日目に開かれるお祭りの取材を担当させてもらいました。明日の大空お天気は此処から生中継でお送りします。今日はオフなのでこれから何処か観光しようと思います。

「観光と言っても何処に行こうかな…?」

>all

【アミティ/市場】

「おじさんもう一個ちょーだい!」

『あいよっ』

元気の取り柄の女の子がたこ焼きの屋台で次から次へと注文していた。この市場では定番から珍しい商品まで並ぶ有名な市場だ。そして女の子はおじさんにありがとうと言うと次の屋台へと向かう。市場はいい匂いがして食欲をそそる。


「あ、焼きそばだー!けどそろそろお小遣いが…」

気づけば財布はたこ焼きにほとんど取られて寂しい状態だった。仄かに涙目になっていた。

>all

1年前 No.166

雷帝 @andouken ★Android=NxHITw8hsq

【折原臨也:海】

『よっしゃ、折原さんも交換いいですか?』

そう運動部らしげな高校生に言われて
まぁコイツ(自スマホ)も合宿所にいる間だしかまわないかと笑顔で応じる

「かまわないよでも君達のノロケ話を延々聞かせるのは勘弁してくれよ」

冷やかしを半分いれながらアドレスを教えるも

『あ、ヤバ…』

どうやら怪談話がよほど堪えたようだ彼女は怪談やオカルトはダメらしい
情報の一つとして記憶しておくと

「所詮は都市伝説だよ。どうしても恐いなら部員探しがてらに商店街にでも行けば良い神社があるみたいだし御守りぐらい売っているだろう」

どの程度御利益があるかは分からないが気休めにはなるだろうと助言しておいた。

花巻貴大、羽切奏音、海all

1年前 No.167

ジャックドー船長・神出鬼没の小説家 @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【エドワード・ケンウェイ/甘城ブリリアントパーク】
「ミュージカルか。たまには観るのも悪くはないな。」

ミュージカルなんてものはヨーロッパの貴族や婦人が観るようなもの。カリブの海賊なんかには到底縁のないものだ。だが、観る機会があるなら観てもいいかもしれない。


――――
劇が始まった。四人の踊り子が舞台で踊っているが、それ以前に客足が少ない。がら空きというわけではないがまともに観ているのはケンウェイらぐらいだ。――だがどうして、居心地がいい場所だ。
「おい…まともに観てる奴の方が少ないようだが…。」

小声で呟く。
中には実際に酒を飲んでいたり大きな鼾をかいている奴までいる。―――踊り子たちは気の毒だが、これではミュージカルではなく、それこそハバナやナッソーのような酒場じゃないか。まさか、酒場のような場所だと思っているから居心地がいいのだろうか?

>>千斗いすず・ALL


【青山ブルーマウンテン/ホテル】
「キャンプ場ですかぁ…いいですね。」

キャンプ場、ここからバスで数分といったところにある場所のようだ。ふと、外に目を向ける。

―――気づけばもう日が傾き、夕方になっていた。

「…キャンプ場まではバスがあるみたいですが、まだ時間はありますね。」
「バスが来るまでに、海を見ておきたいのですが――――」

そう言うと、海の方を見る。まるで太陽が海に沈んでいくように見えると同時に、昼までは蒼かった海は太陽の光に照らされオレンジ色に輝いている。空も薄暗いオレンジ色に変わり、星が出始めている。
>>神楽坂倫花・ALL

1年前 No.168

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★UPFAV0GEPT_nHx

【銀河/温泉施設】

ー ……そんなの… ー

「……」

涙を流させてしまった。
…それに少し、罪悪感が。

でも、自分は化け物だということは…事実なのだ。

人間としての大切な「あるもの」をなくしている自分は、とても人間と自称することはできない。

…それはともかく。

なのはの提案に対して賛成した。
…これで、温泉施設に行くことは確定だ。

…フェイトは土産屋で「はやて」や「ヴィータ」なるものにお土産を買うらしい。


「…お土産…か…サテラポリスの同僚に…買ってやるかな…」


たまには、いいだろう。
…どうせ、渡しても捨てられるのがおちだろうが。
…それでも、まぁ最低限の礼儀としては…

そう考えて「お土産か…」とつぶやくのだった。


>フェイト、なのは、(アドレーヌ)、ALL

1年前 No.169

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【モッフル:甘木ブリリアントパーク】

陽気に甘木ブリリアントパークに似つかわしくない周りを警戒しながら殺気をまき散らす着ぐるみが一体
このパークの人気者モッフルだ。客の噂で武装組織がブリリアントパークで目撃されたと聞き
ラティファに危険が及ばないか職務を半ば放棄して臨戦態勢になってシャードボクシングしている

警備員「モッフルさん大丈夫ですよ警備は我々が責任を持って受け持つので仕事をしてください」

「責任?だったらラティファの身に何かあったら死を持って償ってもらうフモ」

警備員に説得され職務もおろそかに出来ないと渋々ながら受け持ちの場所に戻ろうとした時
いすずが、ゲストを案内しているのが見えた……海賊?
その服装からゲストでは無くバイトか何か?確認に行く

「ここはエレメンタルのショーフモね いすず?そいつは新しいバイトか何かフモか?」


>>いすず、エドワード

1年前 No.170

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=nfdG2H07v5

【リボン、アドレーヌ/喫茶店→ホテル】
『…上に書いてある方が緊急用のアドレス。大変で、どうしても急がなくちゃならない場合のみ、そっちのアドレスを使ってくれ。
…普通の会話だったら…下のアドレスを使ってくれ。…とりあえず下のアドレスに空メール送ってくれたらその時に連絡先には登録しておく』
イケメンの意味が知らない銀河はトラッシュにイケメンの意味を教えてもらい、その後、二つのアドレスを書いた紙をもらった。
アドレーヌ「わあっ!ありがとうございますっ!」

アドレーヌとリボンはその場を後にし、ホテルへと向かった。
アドレーヌ「そういえばリボン、私、あなたが武装してる人と一緒にいるって聞いたんだけど」
リボン「武装してる人?トラッシュさんのことですか?」
アドレーヌ「トラッシュ?」
リボン「ほら、銀河さんと一緒にいた灰色の…」
アドレーヌ「え?あれが?武装要素ないじゃん!
ま、でも、イケメンさんとアドレス交換できたからいっか」
そう言いながらホテルに戻った

>all


【USAピョン、未空イナホ/体育館】
イナホ「え?USAピョンはウサギじゃなくてなめきちですよ?」
USAピョン「そうダニ!ミーはなめき…って、誰がなめきちダニ!」
なめきちというのは、USAピョン似のきのこキャラのことである
イナホ「はい、普段は人の目には見えないはずなんです。
はっ、もしや、普段は地味な青年とアイドルの少女、しかし、その正体は宇宙人…」
USAピョン「って、何気に失礼なこと言うなダニっ!」
なにか感違いするイナホにツッコミをいれるUSAピョン
>テツヤ、みれぃ

1年前 No.171

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【黒子テツヤ:体育館】

黒子の問いに南さんも見えていると答える
どうやら僕だけに見えている幻では無いらしい…

『みれぃも勿論見えるぷりよー!もしかして普段は見えないぷり?』

それは僕もなんだけども存在感が薄い様には見えないのだがむしろ濃い……
暫くウサギの彼の存在について二人は言い合いをするも

『はい、普段は人の目には見えないはずなんです。はっ、もしや、普段は地味な青年とアイドルの少女、しかし、その正体は宇宙人』

その言葉に苦笑いをしながらほほを掻きながら

「地味ですか……まぁ否定は出来ませんが……地味ですよね僕」

彼等の言葉の意味を完全に理解したと言いきれないがバトミントンをやっていたし合宿にきたスポーツ選手同士という事で

「良ければ二人も一緒に練習しませんか?その宇宙人ではありませんが……基礎体力を上げる者なら南さんにとっても無駄じゃないと思いますよ」

ドリブルやシュートなどの練習では自分以外にはメリットが少ないと考え基礎体力アップ的な事を一緒にしないかと誘ってみた


>>南さん、イナホ達

1年前 No.172

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【折原臨也:海⇒路地裏】


神社の御守りがどの程度の気休めになるのか……

『真姫ちゃんも来てたんだ』

嘘から出たなんとやらだ本当にμ'sのメンバーがそろいそうな勢いだが

『あなたたちはどうする?』

そう聞かれても別段興味があるわけでも無いが彼女達目当てにいろんな人間が集まる事を考えれば参加して損はないか
楽しい人間観察が出来そうだと不敵な笑みを受けべて

「それは勿論参加せてもらうよアイドル彼等のお誘いを断ったらばちが当たってしまう。君達のサプライズも期待できそうだしね」

あるかどうか分からないイベントを期待するそぶりを見せるアイドルが人を集めてただ食事を出すだけ?と言いたげな言い回しで
何か楽しませてくれるんでしょ?という目で二人を見ると

「二人は図書館に行くのだろ?せっかくのバーベキュー腹を減らすために、ここをぐるりと見て回るとするよ…じゃ後程に」

いったん彼女達と別れて移動して行った


>>路地裏all

1年前 No.173

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【沖田総悟:商店街・神社】

落ち込んでいる女子高生に先んじて皮肉を言われて注意すると

『彼女が反省している場面には遭遇していない…故に知らずに賞賛した事は詫びよう。だが、てめぇは素直に素敵だ。と思ったことを口に出すなとでも言いたいのか?
私が目障りなら消えてやるからそのままその子と話してりゃ良いさ』

そう逆切れして外人はどこかに去って行ったが少女の方が気を使ってか

『…あの…そんなに怒らないでください!!』

そう止めに入ってくる始末でもぁ止められるまでも無く当の本人は尻尾を巻いて捨て台詞と共にどこかに行ってしまった

「別にそう怒ってやいやせんぜ……なんだったんだ?この陽気だいろんな奴もいら〜気にすんなよ」

彼女の方に歩み寄っていくと先ほどの問いの答えか

『はい。れいなやあすか先輩に比べたら私はまだまだで…けど、上手くなりたいと思ってます!』

たいした向上心だと肩をすくめると目をとして上を見上げ考えるそぶりを見せて

「まぁなれんじゃね〜の?今の自分に満足してなけりゃ」

励ますつもりまでは無かったがそう彼女に答えると腰の刀をわずかに抜き

「そういや名乗って無かったな俺は真選組の沖田総悟だ。腰のコイツは逆刃刀だからそう心配すんな何でも厳正に選ばれた当選者しかいないから過度な武装は必要ないってよ」

恐らく上層部はここに来るのは普通の部活動に励む学生だけと思っているらしいそれ故に学園都市のような場所に過剰な武器は相応しくないとの判断らしい

「おっと逆刃刀何か持ってるからって似非抜刀斎とか呼ばないでくれよマジで」

楽器の少女に微笑を浮かべて彼女に話した

>>黄前久美子


【黄昏症候群さま: >>164 は前半の一部を除いて降魔 漣音の心理描写という事でいいのでしょうか?ホテルにいた第三者視点で分かるのは『自室につくなり乱暴にドアを開閉し、チェーンをかけて鍵をロックする』ぐらいで大丈夫ですかセリフも二つありましたが大声でもなさそうだしホテルもそうそう声が抜ける様な感じでは無いですし
後ついでに確認ですが至音の死は参加者が認識しておかなければならない重要ワードですか?故人の様ですがかなり克明に書いておられますが。すいません一応総悟の名があったので教えていただければと思いまして】

1年前 No.174

欠けた茶碗 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_uyQ

【望月、ゲダツ/食堂】


ゲダツ「ん?、先程の飯はひょっとして貴様のだったのか?」


望月「…いいけどねぇ。どうせ費用は鎮守府持ちだし」

ぐぎゅるるる

普通はキレて当然な仕打ちなのだが…相手(ゲダツ)の悪気以前に(有ったから頂戴した)とでも言うような至極ナチュナルな態度に対しての彼女(望月)の態度は…この場合寛容と言うより諦めと言った方が適切だろう。――開き直った様な口調とは裏腹に腹の虫を鳴らせながら、別に構わないという様な意志表示をする(食べ物の恨みは怖い――もし彼女の姉妹艦である“弥生”辺りが現在の望月の立場だったらそれはそれでおっかない事になっていただろう。)


ゲダツ「モチヅキにヒビキか、…(艦)?――まぁ良い、よろしく頼む。」


望月「なんか変な目で見てるけど…あぃあぃよろしくねぇ」


人の姿をしているのに(艦)を名乗る彼女らに大男は?マークを浮かべながらじっと二人を見つめる。寝巻き(パジャマ)姿の眼鏡の小娘(望月)は兎も角、確かに彼女(響)の場合はそんな要素がある服装(制服)に帽子(略帽)から何となくながら船乗り(水兵)の様なイメージが掴めた。


ゲダツ「む?その点は心配御無用、地面があれば何処ででも寝れる。…めーる?――そういえば」


響からの問いに(野宿)上等と言わんばかりの返事を返す変な髪形の巨漢、だが彼女から続いて問われた事に何かしら心当たりが有ったらしく、黒装束の懐に手を突っ込んでおもむろに何かを取り出す。


ゲダツ「知らぬ間に持っていたが、ひょっとしてコレの事か?」

そう言って響に見せたのはすっかり海水でしわくちゃになった封筒、中身は兎も角(招待状)と銘打たれているので一応この妙な大男も(当選)したのだろう。

望月「そうそう、そういうヤツ(心※ていうか、普通にバカンスに来ただけでこんな風になるって…おっさん何者?)」

―――




ゲダツ「ほう?これで宿を取れる訳か…だが身に覚えが無いモノだな。」

そんな風に首を捻るゲダツ――だが納得した様に封筒(招待状)を懐に仕舞い直しつつ、急に真面目そうな表情を浮かべ…

ゲダツ「それはそうとヒビキよ、色々と教えてくれて助かった。それにモチヅキ、貴様にも一飯の恩がある。」

望月「ぉ…おう(心※また急に今度はなんだぁ?)」

ゲダツ「貴様らの頼み事を一つずつ聞こう、この身で為し得る事ならば何でも言うがよい。何せ恩人なのだからな。」

望月「頼み事?(心※ならさっきの定食代払えって言うべきだろうけど、金無いとか言ってたし――)、ならさぁ…あたしは」

ゲダツ「うむ」

望月「歩くのがしんどいから、おっさんが暫くあたしを運んでくれない?」

先ず考えもしないような変な(頼み)を彼女(望月)は大男にしてみせた、(人力タクシー)なら兎も角…面倒くさがり此処に極まりである。これまた真面目な強面で承知したとゲダツは頷きつつ、貴様はどうする?と響の方に向き直る。

【このキャラクター、空を飛んだりヨガもどきな動きをしたりする面白人間なので多少無理(物理的な)を言っても色々と聞いてくれます。(実際はそれ以前の問題ですが…)】


≫響、食堂ALL


【エドワード・カーンビ/ビーチ→移動開始】


一先ず、騒いでも仕方が無いので落ち着いてこれからの行動指針を立てよう…そう思考を切り替えた私立探偵はジャケットの懐から…使い物にならなくなったPDA(個人携帯端末)の代わりに使い古したメモ帳を取り出して、手早く物事の整理と優先順位を付けて行く。

第一に此処の地理的な情報の把握

第二にこれから必要になるであろう活動拠点の確保

第三に此処へ漂着する前に己の身に起きた事を知る。

最終的に己の疑問を全て晴らす。

防水仕様のペンでさらさらとソレらを纏めつつ、周囲の観光地然とした賑わいを他所に、まるで異界にでも足を踏み入れた冒険者よろしく油断の無い歩調でさっさと足を進めていく。…見方を変えれば場所が場所だけにかなり滑稽な様子でもある。

――それにしても、日差しは照っているし喉が渇く。こんな日は何処かでキンキンに冷えたバドワイザーの一杯でもあおりたい気分だと彼はなんとなく思った。

其処でメモ帳に更にもう一つ追加事項を加える。(補足・何処かの店で先ずは腹ごしらえついでに景気付けに酒も呑む。)

≫ALL


【アリシア/商店街(建物屋上→移動開始)】【元祖実弾系魔法少女?(実際は少女って歳じゃな(rBANG!】

「無粋ね」

何やら一悶着が有ったらしき商店街の一角――小さな土産店の屋上――三階に位置する其処で、貯水槽に凭れ掛かりながらまるで先程までのやり取りを見ていたが如く(実際は商店街全域をカバーできる、とある“魔術的施術”を用いてそれとなく盗み聞きをしていた一人の(魔女)、妖艶な染め模様に鮮やかな真紅が映えるロングワンピースドレス姿に黒の日傘という出で立ちの妖しさ満点のそんな黒い長髪の彼女、まあその内容自体は良くある話ながらもやたらギスギスした手合いも居たモノだと思う…恐らく(観光客)ロシアンな彼は何の気なしに自然と賞賛したのだろう。だが人の感じ方など其々違ったモノだ、奏でる当人から言えばまだまだだなぁと言える出来だとしても――誰かを楽しませる事が出来ていればそれはそれで一つの到達点だというのに。


少なくとも嫌味ったらしくあーだこーだ傍で言うよりは遥かに建設的だ。無論度が過ぎればアレだけれども


(面倒な手合いなど何処にでも居るものだ、現世でも地獄でもな。尤もお前も他人の会話を“盗み聞き”している時点で十分無粋なのだろうがな?)


「あらあら(悪魔さん)にそんな事を言われたら元も子もないわよ? 其処は御愛嬌、耳に瞼は無いんだから、(聞こえる)ものは(聞こえる)ものよ…まぁ、あの警官は兎も角彼は彼で“感じ易い”殿方だったのでしょう。――さて」


――“仕事”を兼ねてこの島へやって来ていた(魔女)は、割かし大した案件では無かったソレ(仕事)を終えて…宿泊先である(ホテル)へ向かう事にした、残りの日数はのんびり観光と洒落込もうと決めた彼女は靡く風に混じってさらさらとその姿を無数の(鴉)に変えて夕闇が迫る空へばらばらと陽炎の様に消えていく。誰かが目撃していればそれは普通に怪談の類になるだろう。

何も今回の(合宿)もとい(旅行)への参加者が、(人間)だけだとは誰も言ってはいない。当然色々と(訳)有りな者達もその中に混ざっているのだ。


≫ALL

1年前 No.175

榎田 @light1a ★iPhone=ilrLA3rWXR

【榎田 耀/ビーチ】

穂乃果ちゃんの携帯電話にメールが届き、夜になったらバーベキューをするとのことだ。もちろん僕は参加するが

「あなたたちはどうする?」

始まるまでは僕はこのまま海にいようかな

「僕はこのまま海で遊んでるよ。時間になったらバーベキューに参加するね」

そうしているうちに、あの情報屋が帰ってしまいそうだ

「二人は図書館に行くのだろ?せっかくのバーベキュー腹を減らすために、ここをぐるりと見て回るとするよ…じゃ後程に」

「じゃあ、僕はトレーをお店に返してくるね。また後で」

穂乃果ちゃんたちに別れを告げ、情報屋の後を追う

「すいません、僕とも番号交換してもらってもよろしいですか?」

>>主様、折原様、花巻様、伊月様、ALL様

1年前 No.176

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【折原臨也:移動中(路地裏)】

穂乃果達とバーベキューの約束を終え別の場所へ行こうとする俺に声をかける声が

『すいません、僕とも番号交換してもらってもよろしいですか?』

いつから自分がこんなに人気者になったのか?池袋では考えられない……いや単に連絡先が知りたい奴は腐るほどいるか……
情報屋と言う職業柄接触を求める者は多いその視線にあるのが好意か敵意かはまぁ別として

「どうして君達が、こんな胡散臭い情報屋の連絡先を知りたがるのか気には、なる所だけど……構わないよ」

両手を広げておどけたそぶりを見せるも、連絡先の交換に応じてアドレスを彼に渡し

「さっきの子達にも言ったけど情報屋に頼らないとまずい状況にならないでくれよ……この合宿所は合宿目的じゃない者もいるみたいだし必要になるかもね」

何かが起きる可能性を示唆すると、そのまま手を振りながら歩いて行った


>>榎田 耀、路地裏all

1年前 No.177

@tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

【千斗いすず/甘城ブリリアントパーク】

「……楽しくないかしら?」

相手の表情を見てきょとんとするとモッフルが声をかける。新しいバイトの人かと聞かれると。


「えぇ、見学してもらってるのよ。」

コクリと首を縦にふり、モッフルに告げる。


>エドワード、モッフル、all

【フェイト・テスタロッサ・ハラオウン/温泉施設】

「ごめんなさい…」

涙をふくと銀河に謝る。そして少し涙後が残りながらも笑みを浮かべる。

「早くいこっ」

二人の手を握ると温泉施設へ真っ直ぐ走って行く。

>なのは、銀河、all

【南みれぃ/体育館】

「普段は見えないのね…。」

苦笑しながら普段は見えないことに驚く。すると黒子から練習の誘いがあり勿論オッケーすると軽く準備体操を始める。

「オッケーぷり!」

>黒子、イナホたち


【黄前久美子/神社】

「はい…ありがとうございます」


励まされたためお礼を告げると男性は名前を教えてくれた。真撰組の沖田さん。真撰組ってあのドラマの人たちなのかなと思い込む私でした。実際に見るとカッコいい人だなと思いつい見とれてしまいそうです。クールながらも何処か優しさもあってまるでれいなみたい。けれどさっきのことに罪悪感がありました。申し訳ない気持ちで一杯です。けど沖田さんは気にしないでと言ってくれたのは嬉しかった。そして私は自分の名前を告げました。

「北宇治高校一年、吹奏楽部ユーフォニアム担当黄前久美子です。」


>沖田、all

1年前 No.178

ヒナ @linnvo ★iPhone=kvbrPeUbuJ

【桂ヒナギク/商店街】

これまで私は、あの人と数々の死闘を繰り広げてきた……が、どれも失敗に終わっている。それは何故か?私の目標は、彼に好きと言わせること。それが一番の勝利。自分から素直に告白とか、努力とかしたら負けだと思っていた。しかし今はどうだ?ほとんど進展もなければ、私が怒ってろくなことにならないばかり。そしてこのまま、出会って一年が過ぎようとしている……うかうかしてると卒業までずっと何も起きないかも……それではまずい!!努力したら負けとかそんなこと言ってる場合じゃない!この合宿の機会に、気分転換として女を磨いてやるー!!

ーーと思ったけど、具体的に何をしたらいいのかしら?
おしゃれ?私おしゃれ詳しくないし……えーと、どうすれば女としての魅力を上げられるんだろう……。
でも、何もしないわけにはいかないわ。外を歩いていれば、きっと何か為になるものに出会うはず……!

女ヒナギク、私が向かうのは、商店街だ!!!

「へー、結構色々あるのねー。洋服屋もあちこちにあるし、この辺名物の食べ物もあるんだ」

あまり大きくなさそうだけど、必要なものを揃えるにはピッタリって感じだ。これは合宿中の間活用したい。

そこでヒナギクは、ある店を見つけてはっとする。

(そうだ、女の子らしいアクセサリーとか雑貨をもう少し増やしてみよう。そうすれば、女子力とかいうのも少しは上がるはず!)

そう思ってヒナギクは雑貨屋に入った。しかし……どれを買ったらいいものか……。
無駄に可愛いもの買ってもイメージ違いすぎて恥ずかしいし、ペンとかそういうのはあまり増やしても使わないし勿体無いから……。

「うーん、なるべく需要のあって目立ちすぎなくて程よく可愛らしい感じの丁度いいグッズないかしら……?」

>商店街ALL


【愛沢咲夜(回想:鷺ノ宮伊澄)/海】

「つまらへん」
『それは雪で学校が潰れなかった事への文句かしら?』
「ちゃうわアホ。最近ウチの周りで面白いことが……なーんも起こっとらんちゅーことや!!」
『それなら、試しに雪でかき氷でも作ってみましょうか』
「ほんまに腹壊すで?……とにかく面白いことがないねん!っちゅーことで伊澄さん!!」
『はい?』
「一緒に合宿行ってみようやないの」
『はあ……でも、どうして私?』
「ワタルは仕事とサキさんとのラブラブで忙しいし、ナギは外出たがらへんやん。せやから、暇人同士面白いもん探しに行こうや?」
『私も割と忙しいのだけど……』
「ハルさんも行くそうやけど、旅のお供がおらんとそれこそつまらへんやん。な?自分にもお誘い来たんやろ?」
『でも咲夜。それは絶対ガセだって……ホイホイ乗ったら負けだって言ってなかった?』
「そーゆーいかにもアホらしいのにわざと乗っかるからこそ面白いもんが落ちてんねん!チャレンジが大事なんや!!」
『はあ……』
「そんなわけで、ほな、合宿行くでー」

……

ーーザッパーン!!

波が押し寄せる浜辺。そこに咲夜は仁王立ちで佇んでいた。
いよいよ合宿が始まった。咲夜は綺麗な海を眺め、面白いことを探すために自らを奮起させていた。
しかし早々に伊澄は消え咲夜は一人取り残されるという最悪のスタートを迎えてしまった!相棒がいなくなった咲夜、果たして無事に目的を達成できるのか!?

「…………さて、さっさと行こか。あのポンコツ迷子がおらへんのは重々承知の上やし」

咲夜は浜辺を一人歩き始めた。

>海ALL

1年前 No.179

白い悪魔☆Ibq7BGr7nio ★mebWy3zfqw_Iu1

【温泉施設/高町なのは】

「うん、そのことについては後で話すよ」

フェイトちゃんと夜空くんの会話が聞こえて気になる事が増えたけど、今はその時じゃない。
聞くチャンスは必ずある。だから、今は普通に合宿を楽しもうとフェイトちゃんと夜空くんの手を握りました。

「あ、フェイトちゃん、夜空くん。あれじゃないかな?」

そうして歩き続けると温泉施設と書かれた看板が見えてきたので駆け寄ります。
他に人はいないように見えるけど、入り口は空いてたので中へと入って行きました。

>フェイトちゃん、夜空くん

1年前 No.180

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【沖田総悟:商店街・神社】

たまたま助けた高校生から

『はい…ありがとうございます』

随分と丁寧に礼を述べらて悪い気はしない総悟であったが何か視線を感じていた目の前にいる少女では無い別の誰かが見ている
何か根拠があるわけでも無いまして写輪眼や邪眼などを持たない総悟の見える範囲には、それらしい影は見えないが直感だろうか?
誰かに見らていると言う嫌な感覚が付きまといその気配の方を睨み付けるも……やはり誰も居なかった

『北宇治高校一年、吹奏楽部ユーフォニアム担当黄前久美子です』

おっと見知らぬ気配に気をとられている間に彼女、黄前久美子が自己紹介をしていた

隊士「沖田さん聞いてました?彼女の名前は久美子ちゃんですよ」

沖田がボーとしていたと感じた隊士が久美子の名を教えると沖田はその隊士にアイアンクローで答えていた
ミシミシと嫌な音が聞こえ始めていると

「すまねーな妙な気配がしたんで、さっきの奴が潜んでるのかもしれねぇーしホテルに変えるなら送ってくぜ久美子ちゃん」

誰かが久美子を見張っているのかも知れないし自分を狙ってるのかもしれない
少し緊張が走るが気配が突然に消えた


>>黄前久美子、(アリシア)

1年前 No.181

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★W2Uloh9HOs_iye

【銀河「」トラッシュ『』/温泉施設】

ー ごめんなさい… −

…謝らなくていいのに。
…こんな時、どう声をかければいいのかわからない。

だけれども、フェイトは涙の跡は残っているけれどすぐに笑顔になって、なのはの手。
…それから自分の手をを握って。

ー 早くいこっ −

まっすぐ。温泉施設へ走り始めたのだ。
それと同時くらいだろうか。




ー うん、そのことについては後で話すよ −

「……わかった。………え?」

なのはは自分に対して聞きたいことは後で話すと、告げてきた。
それについては分かったのだが……自分の手を、なのはも握ってくるとは思わなったので思わず「え?」と間抜けな声を上げてしまった。

…驚きはしたものの。決して不快な感じはしなかった。

「……なのはとフェイトの手…あったかいな…」

久しぶりの、人の手のぬくもりがとても気持ちよくて。
無意識に「なのはとフェイトの手は暖かい」とこぼすのだった。

そんな、なのはとフェイトの手の温かさを感じながら。なのはとフェイトに引っ張られるように歩き続けると。


ー あ、フェイトちゃん、夜空くん。あれじゃないかな? −


「……みたい、だな。…それにしても…まんま「温泉施設」か……」


そう呟きながら。
フェイトやなのはについていくように。
銀河も温泉施設に入っていくのだった。


「それにしても…温泉、か…入るのは…3年ぶり、か?」


>なのは、フェイト、温泉施設ALL

1年前 No.182

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=nfdG2H07v5

【成歩堂龍一、綾里真宵、綾里春美/市場】
真宵「ナルホド君ナルホド君!次はあれ食べたいっ!」
龍一「か、かんべんしてくれ真宵ちゃん…」
春美「ナルホド君っ!真宵様のためですっ!!」
青いスーツの青年と、紫の着物の少女と、もう一人の紫の着物の小さな少女は市場に来ていた。少女達、真宵と春美は、青年龍一にあれを買えこれを買えといっているが、これ以上買うとお金がやばいことに…
真宵「ん?ね、ね、あなた、どうしたの?しょんぼりしちゃって?」
真宵はとある少女(アミティ)に声かけた

>アミティ

1年前 No.183

ジャックドー船長・暁型二番艦 @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【エドワード・ケンウェイ/甘城ブリリアントパーク】
「あぁ、こういうのはやはり合わん。」

実際、ネズミ狩りの時に比べたら退屈だ。終わるまで眠っていよう。そう思っていると何かが入って来て話をしている。視線を向けるとそこには帽子を被った犬だかネズミだかよく分からない二足歩行の生き物が立っていた。流石のケンウェイも驚きを隠せない。

「おい…なんだアイツは?」

いすずもこの得体の知れない生き物に対し友好的に接している。アイツもここの従業員と言う事か?

>>千斗いすず・モッフル・ALL


【響/食堂】
すっかりふやけてしまっているが、手紙を持っている。彼もまたこの島に呼ばれた者の一人なのだろうが、一体何をどうすればあんな姿になってしまうのだろうか。
内心そう思っていると、食事のお礼として何でも一つだけ頼みごとを聞いてくれるという。望月はしばらくの間背中に乗せてほしいと頼んだ。

――――外を見ると、もう日が落ち始めている。これなら、逸れてしまった姉妹たちもホテルに戻っているかもしれない。

「…暁たちも戻っている頃だろうし、ゲダツが泊まれる部屋があるかもしれない。一緒にホテルに向かおう。」

響はまだ頼み事は言わず、そろそろ時間も遅くなってきたのでホテルに戻ろうと提案する。
>>望月・ゲダツ・ALL

1年前 No.184

ティーラ @akuno1414 ★iPhone=nfdG2H07v5

【リボン、アドレーヌ/ホテル自室→商店街】
アドレーヌ「えーっと、上のアドレスだっけ?」
リボン「違いますよ、下のアドレスです」
アドレーヌ「あ、そっか」
アドレーヌは銀河に空メールを送っていた。
アドレーヌ「あーあ、なんか暇だなー」
リボン「そうですねー、」
アドレーヌ「明日、イケメンさん達に会いに行こっかなー」
アドレーヌはこう呟いていた
リボン「あ、アドレーヌさん、散歩でもしません?」
アドレーヌ「あ、うん、そうだね」
アドレーヌとリボンは商店街の方へ向かった

商店街
アドレーヌ「いやー、にぎやかだねー」
リボン「そうですねー」

>all


【USAピョン、未空イナホ/体育館】
USAピョン「あぁっ、イナホが失礼なことを言ってごめんダニっ!」
USAピョンは慌てて青年に謝った。
イナホ「おぉー、いいですねー!
あ、私は未空イナホ。で、こっちは相棒のUSAピョン。桜ニュータウンでイナウサ探偵事務所やってます。はい、こちらチラシ」
USAピョン「て、てめーなんダニそのチラシはーっ!」
イナホは誘いにのり、自己紹介をして自分の探偵事務所のチラシを渡した、そして、USAピョンはそのチラシを見て怒っていた。何故なら、中央にUSAピョンのイラストが描かれているはずが、なめきちに変わっていたからだ
>テツヤ、みれぃ

1年前 No.185

VD @recruit ★2wBeFhWWiK_M0e

【神楽坂倫花/ホテル】


>>168


 空を見上げると、もう陽が傾きつつある。
 此処に着くまで随分と掛かったから───
 何て思いながら、青山さんの言葉に促されるようにバスの運行表を見てみると、確かに時間に余裕があるみたい。

「海かぁ。
 実はさっき、景色の話が出た時、ちょっぴり気になってたんです。」

 なら、いかない理由も特にはない。
 当然の如く頷いて、私はその提案を了承した。
 夕焼け色に染まった世界というのは、なんだかとても神秘的に見えて───

「行こう、青山さんっ。」

 空に煌く星と同じ位、きらきらと輝く少女の瞳は、期待の色に満ち溢れて。

1年前 No.186

ヒナ @linnvo☆eQLF5/fJvizN ★6O1STZoCNm_M0e

【絡みます】

【桂ヒナギク/商店街】

なかなか気に入った雑貨が見つからず顔をしかめていたヒナギク。その時、ふと店内の窓から見えた女子に目が行く……ん?
思わず外に出て、二人組の後ろ姿を眺める。あの二人、一人は背中から羽が生えてたり……で変な子だけど、でもなんだろう。二人とも、可愛い女の子に見える。そう感じたヒナギクは、体が勝手に動いていた。

「ね、ねぇ!」

背後から女の子二人に呼びかける。

「あの……突然ごめんなさい。ちょっとあなたたちに相談したいことが……あるんだけど!」

勢いに任せた反動で少ししおらしくなりながら、相談事を持ちかける。

>リボン、アドレーヌ、周辺ALL


【春風千桜/喫茶店】

千桜は、合宿での生活に心を躍らせていた。なぜなら、この合宿は無料で外泊できるし、周辺の施設も整っていて自然も綺麗だ。こんなの参加しない方がもったいない。咲夜さんも参加してるし、ここでもメイドとして接することが出来るのは嬉しい。あと秋○原に行けないのは不便だが、また行けるようになった時の為にしっかり金を溜めておきたい。その為のバイトも見つけたし、すべていい調子だ。ただ一つ問題なのは、何故かヒナも参加している、ということ。ヒナは私が咲夜さんのメイドとして働いていることを知らない。もしそれを知られてしまったら……とてつもなく恥ずかしい!!ま、まぁヒナは鈍感な方だから気付かれにくそうだけど……念には念を。なるべくメイドの時は顔を合わせないようにしたいものだ。
でも、この不安要素だけを除けば、最高の合宿生活になると期待している。

そんな中、千桜は早速喫茶店でバイトとして働いていた。
この喫茶店、話には聞いていたが、常連が多く客は少なめらしい。確かに、客は来るがそこまで繁盛している感じではない。ホテルの隣にあるから、同じ合宿仲間が来やすいような気もするが……。

「こういう仕事場で合宿の仲間と知り合うのも、楽しそうだな……」

こう呟きながら、あるテーブルを拭いて片付けていた。

>喫茶店ALL

1年前 No.187

欠けた茶碗 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_uyQ

【望月、ゲダツ/食堂→移動(ホテルへ)】

ゲダツ「夕暮れ時か…うむ、そうだな」

望月「そうだね〜皐月達も戻ってるかもだし、ゲダツのおっさんも野宿せずに済むかもしれないしね。んじゃ移動時は約束どおりっと」

んしょっ…と割と身軽な(寝巻き姿なので当たり前だが)動きで体格的にはかなりの差がある蜘蛛頭の大男(ゲダツ)の肩にヒョイッと登りその特徴的なスパイダーヘアーの一本を取っ手宜しく掴んで支えにする形でちょこんと座った望月は、おぉー何時もより目線が高くなって新鮮、とか言いながら周囲を眺めた。二メートル近い巨漢というだけの事はある。一方のゲダツはゲダツでふむ、貴様見た目の割りに結構重いな、とデリカシーの欠片もない様な感想を漏らす。それに対して望月は割かし気にした様子も無く

望月「そりゃあ普通の人とあたしら(艦娘)じゃ身体の造りが違うし…さぁ、響の言うとおりホテルに行った行った!」

ゲダツ「承知、ではその(ホテル)とやらに向かうとしよう。――んむ、記憶に無いのだが…な?」

響と望月に促されるまま、夕闇が迫る屋外へと出た黒衣の大男は一人(望月)を肩に乗せ、一人(響)に先導を任せてまだ多少ふら付いた様子ながらも歩き出した。――そんな道中でも、

望月「…ゲダツのおっさん、白目剥いてちゃ前が見えないと思うけど」

ゲダツ「はっ…うっかり」

望月「――足踏みしてちゃあ延々と進まないよねぇ。」

ゲダツ「はっ…うっかり」

そんなボケと突っ込みの応酬めいたやり取りと――時たまゲダツからの質問。

ゲダツ「そういえば話を聞く限りだと、お前達二人の姉妹達も此処へ来てるそうだな?やはり(招待状)は一人一人個別に送られて来ていたモノなのか?」

割と真面目な疑問らしい。取りあえず知っている限りの事を望月は答える事にした。

望月「んん…あたし達(睦月型の面子)の場合だと、一つの封筒に人数分まとめて送られて来てたね。」

長月と菊月辺りが爆発物が何とやらとか郵便テロがどうとかでワーワー騒いでいたが…差出人不明の怪しいソレ(郵便物)に過剰反応するのも無理も無いだろう、結局その中身の旅券と(招待状)のお陰でこうしてのんびりした合宿と言う名の(休暇)を取る事ができたのだから結果オーライではある。

ゲダツ「成る程、――しかし俺の場合だとやはり前後の経緯が思い出せん…どうしたものか」

望月「焦る事ぁ〜無いさ、のんびり考えてダラダラ出来ればそれで良いんじゃない?」

当然ながら根本的な解決には先ずなっていない。


≫響、ホテル付近ALL

1年前 No.188

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【モッフル:甘木ブリリアントパーク】

いすずと話し込んでいると海賊風のいで立ちの男は朴谷の事に気付いたらしく

『おい…なんだアイツは?』

その反応に穏やかに答えるあの禁句を言われなければ友好的に接してやろうと

「なんだとはご挨拶フモ僕はブリリアントパークのマスコットのモッフルフモよ」

まだ見学中という事もありゲストとして愛想よく応対しておいたのだ


>>エドワード、いすず


【黒子:体育館】

黒子のイナホの言葉に気を使ったのかUSAピョンは

『あぁっ、イナホが失礼なことを言ってごめんダニっ!』

と意外とこの着ぐるみ君は常識はあるみたい見直したそして一緒に練習と言うかトレーニングをしようという話にも

『オッケーぷり!』

『おぉー、いいですねー!あ、私は未空イナホ。で、こっちは相棒のUSAピョン。桜ニュータウンでイナウサ探偵事務所やってます。はい、こちらチラシ』

どうやら了承してくれたみたいで三人に

「じゃ柔軟の後走りますか?ダンスにも体力は必要だし探偵なら逃げる犯人を追ったりするでしょ?」

提案をした後でどこを走るかを考えるもみんなの意見を聞こうと

「一応体育館やグランドもあるけど同じところを回るのが退屈なら商店街だったり海の方とかこの合宿所をぐるりと回りますか?」

プランの二つを提示してみた


>>南さん、イナホ達

1年前 No.189

神出鬼没の小説家・暁型二番艦 @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【響/食堂→ホテル(移動中)】
「じゃあ、私が先導するよ。」

そう言い、食堂を出る。
…思えば、昼頃からこの食堂にいたことになる。最初の一日はこんな形になってしまったが、これもこれで面白かった。


―――――
少女をおぶる蜘蛛頭でぎょろりとした眼をした大男と見た目は子供と大差ない一人の少女が歩いているというのは、とてもシュールな光景に映るだろう。実際、道中でも大男が白目を剥いたり、その場で足踏みしたり…似非関西弁を喋る空母が見たら突っ込みを入れていそうだ。
そんな道中、大男が質問する。招待状は一人一人個別に送られたものなのかと。

「私も他の姉妹の分とまとめて届いたよ。……私たちに限らず兄弟姉妹の多い場所にはまとめて送られてるんだろうな。」

主に暁型や吹雪型で構成される特型駆逐艦や睦月型…姉妹艦の数と規模が多い駆逐艦には、それこそ何十通もの招待状がまとまって送られてきたのを覚えている。そして駆逐艦以外にも送られたので、その時の鎮守府は結構な大騒ぎになっていた。
鎮守府以外であっても、大勢の兄弟姉妹がいる場所や寮のような場所でも似たようなことが起こっていそうだ。
だが、大男は自分の元に送られてきた経緯やここにたどり着くまでの事を覚えていないようだ。

「望月の言う通り、すぐには分からないよ。のんびり思い出していけばいいと思う。」

そんなやり取りが続けていると、その視界にホテルが見え始めた。

>>望月・ゲダツ・周辺ALL


【青山ブルーマウンテン/ホテル→ビーチ】
「はい、行きましょう。」

ホテルを出る。ホテルからビーチは目と鼻の先にあり、バス停もすぐそばにある。
入口から一部分は見えていたが、ビーチから見える景色は昼とはまるで違う。蒼色の海はオレンジ色に輝き、太陽は海に呑まれているかのようだ。空も星が見え始めている。

「とても綺麗ですね…小説の題材に使えるかも…」

彼女が住む街ではまず見られない光景…そして、新たに出会った人とこうして海を見ている。ああ、ここに来て本当によかった。
>>神楽坂倫花・ALL

1年前 No.190

雷帝 @andouken ★BxGXTrkAtu_ZFe

【折原臨也:路地裏⇒商店街】

海で出会ったアイドルや運動部員達と別れ臨也は路地裏を目指していた。
一見として平和で、爽やかな運動部員や可憐なアイドル達が自身を高めようと切磋琢磨する合宿所であったとしても
未知の武装を持ち込む者、人目もはばからず異能の力をひけらかす者……そして裏社会住人たる情報屋など
爽やかないわゆる普通の学生たちとは一線を分かつ非日常の住人は居ないかと路地裏に足を踏み入れようとした時

『ね、ねぇ!』

『あの……突然ごめんなさい。ちょっとあなたたちに相談したいことが……あるんだけど!』

商店街の雑貨屋から一人の少女、桂ヒナギクが、子供たちに相談しようとしていた
なぜ臨也が面識のないヒナギクの名を知っているのかは理由があった

「相談?君の悩みは、そんな小さな子達に相談しても解決しないっじゃないかな……桂ヒナギクさん」

またも不意に背後から声をかける臨也だが穂乃果達と違い見知らぬ男が自分の名を知っていれば反撃が来る可能性がある故声をかけてすぐに距離をとった

「おっと俺が名前を知ってるからって警戒しないでくれよ?合宿に参加する前にATMに行ったらATMを凄い形相で睨んでいた女性がいてさ〜」

と言った所で指を三本立てた右手を振りながら見せて

「俺が合宿参加者と言ったら「うちの学校からも参加する子居るんだけど興味ない可愛い子ばかり」って売り込んで来たから3万渡したらいろいろ教えてくれたよ。何でも参加者の一人は妹さんだとか言ってたな」

と白皇学院の教師とコンタクトをとった事情を話してみた普通は情報源は明かさない物だが彼女達はどうやら姉妹らしいし姉妹仲良くキャットファイトにならば面白いと思い
話してみたそして彼女が声をかけようとした子供達には見覚えがある海で会ったアドレーヌとその探し人だった少女だ

「久しぶり……ってほどでも無いか。どうやら無事に迷い子は見つかったようだね」

そう言ってアドレーヌに微笑を浮かべながら話しかけた


>>アドレーヌ達、桂ヒナギク

1年前 No.191

ティーラ(参加者大募集) @akuno1414 ★iPhone=nfdG2H07v5

【USAピョン、未空イナホ/体育館】
USAピョン「ナルホド、確かにその通りダニ」
イナホ「えー、私走るの苦手〜」
テツヤの言葉に納得するUSAピョンだが、イナホはそんなにやる気ではなかった
USAピョン「なんダニ、イナホ最近運動不足のくせに」

>テツヤ、みれぃ


【リボン、アドレーヌ/商店街】
アドレーヌ「あ、さっきの人。
(あー、この人のおかげでリボンは見つかったけど、なんか胡散臭いよなー)
あ、あなたのおかげでリボンは見つかりました。それじゃ、そういうことで」
アドレーヌはリボンの手をつかみささっと逃げようとした。
リボン「あ、でもアドレーヌさん、あの人の相談が。」
アドレーヌ「あー、あの人の言うように、私達のような小さな子に相談しても解決しませんしー」
アドレーヌはイヤミたっぷりにそう言うが
リボン「で、でも、お話だけでも…」
>ヒナギク、臨也

1年前 No.192

黄昏症候群 @forte10☆NeDCG1Klls. ★ge8mulTLE2_nn8

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.193

ヒナ @linnvo☆eQLF5/fJvizN ★6O1STZoCNm_M0e

【桂ヒナギク/商店街】

“相談?君の悩みは、そんな小さな子達に相談しても解決しないっじゃないかな……桂ヒナギクさん”

「――!?」

ヒナギクは驚いて振り返る。
二人の女の子から返答が来る前に、背後から知らない男に声をかけられた。しかも名前まで。誰?私は男の顔も名前も知らないのに、何で私の事を知ってるの?

「誰!?どうして私の名前を……!」

しかし男はすぐに自分から距離をとってしまう。

“おっと俺が名前を知ってるからって警戒しないでくれよ?合宿に参加する前にATMに行ったらATMを凄い形相で睨んでいた女性がいてさ〜”
“俺が合宿参加者と言ったら「うちの学校からも参加する子居るんだけど興味ない可愛い子ばかり」って売り込んで来たから3万渡したらいろいろ教えてくれたよ。何でも参加者の一人は妹さんだとか言ってたな”

えっ!!?

「まさか、お姉ちゃんに……!?」

偶然か必然か、この男は私の姉……白鴎学院の世界史教師、桂雪路に接触していたようだ。それで私の名前とかを聞きだしたのか?そういえばお姉ちゃんこの前、誰だか知らないけどお金貰ったってウキウキしながら私に話してきたわね。どうせろくでもないことに巻き込まれてて、すぐに酒とかに使い果たしてまた私に泣きついてくるだろうと思ってたけど……まあ、案の定そうなったんだけど。

“久しぶり……ってほどでも無いか。どうやら無事に迷い子は見つかったようだね”
“あ、さっきの人。あ、あなたのおかげでリボンは見つかりました。それじゃ、そういうことで”

この時、女の子は初めて喋った。そしてすぐにもう一人の小さい女の子を連れて行こうとするではないか。っていうか、なんであの子あんなに嫌味ったらしい感じなの……?と少しイラッとするが、声をかけておいてこのままにはしておけない。

「あなたさっき……そんな小さい子達に相談しても解決しないって言いましたよね?だったら、あなたには解決できるんですか?」

男にそう言って、ヒナギクは女の子たちの方を向く。
私の相談事は……私よりも十分女の子度の高そうな女の子だから頼めることだから!!

「待って!!私はあなた達に協力してもらいたいの!だから、まずは……あのお店に一緒に来てもらえないかな?」

去ろうとする女の子達に声をかけて説得する。そしてヒナギクが指差したのは、さっきヒナギクが出てきた雑貨屋。可愛らしい雑貨やグッズが置いてある、女の子向けの雑貨屋だ。
何をしてほしいかは……この男がいるからますます言いづらい!この子達だったら、たぶん少なくとも私よりは可愛いに詳しいはず。それで、恋のためにほんのちょーっとだけでも女としての魅力をアップさせるための今の自分に丁度いいグッズが欲しいけど、何を買ったらいいか分からないから女の子のアドバイスが欲しい……なんて言えない!!男がいる所じゃ恥ずかしくて言えない!!しかも私の知らない所で自分の事を知られてしまうような男なんて信用できない!自分が今まで負けだと思っていたことにちょっとだけ立ち向かおうとしているだけなのに、こんなこと言いふらしてしまったら本当に負けだもん……。

>折原臨也、アドレーヌ、リボン

1年前 No.194

@tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★WILLCOM=S0xWjDBvkX

【フェイト・テスタロッサ・ハラウオン/温泉施設】

「そうだね!いこう」

見えてきた嬉しそうに話すとそのまま店内へ入る。暖かいと言われて真っ赤になり照れる。

『いらっしゃいませー』

定員がこちらに向かい声をかけてくる。紙には露天風呂、泡風呂、ミルク風呂、炭酸風呂、砂風呂など書いてある。フェイトはじーと眺めていた。


>なのは、銀河

【黄前久美子/商店街→???】

「ホテルにはまだ戻らないです。」


もう少しゆっくりしていたいという気持ちがあり、何処かで時間潰しするつもりでした。沖田さんを見ると何かに警戒してるみたいでした。どうしたのかな?と思いました。

>沖田、all

【南みれぃ/体育館】

「うーん。とりあえず此処を五周くらい走るぷり」

黒子の提案に首を傾げては五周と更に提案する。そしてイナホたちは探偵らしい。少し驚いていた。

「探偵ぷりっ?!すごいぷりね」

パチパチと拍手しながら二人を褒める。何か事件があったらお願いしようかなと思ってた。


>黒子、イナホたち、all

【千斗いすず/甘城ブリリアントパーク】

「モッフルは甘ブリのマスコットよ。」

モッフルについて簡単に説明するとモッフルに一言声をかける。

「バイト候補だからお手柔らかにお願いするわね」

>エドワード、モッフル、all

【アミティ/市場】

「買いすぎてお財布が…」

うるうると涙目で彼らを見る。お財布には百円しかなかった。我慢してこのまま帰るかなぁと思っていた。

>成歩堂たち、all

1年前 No.195

銀河 @hydrangea☆R574s/na90g ★UPFAV0GEPT_nHx

【銀河「」トラッシュ『』/温泉施設】

ー そうだね!いこう −

なんとか元気になったフェイト。
…だが、突如顔を赤くして照れる様子を見せてきた。

……何か、恥ずかしくなることでもあったのだろうか?と。
銀河は首をきょとんと、かしげるだけだった。

…さて。

ー いらっしゃいませー ー


店員がこちらにやってきて。
声をかけてきた。

…ふと、フェイトがどこかに視線を向けてたので。
視線をむけている先に銀河も視線を向けてみると。


風呂の種類がいろいろと書かれているわけだが。


「…ミルク風呂は…確か牛乳に含まれるタンパク質や脂肪分が肌に作用して肌をしっとり滑らかにするんだったっけ…
…泡ぶろは…気泡によるお湯の流れで、体の表面や末梢神経が刺激されて熱交換率が増加するんだったな。
炭酸風呂は炭酸に肌の老廃物が吸着されて肌から離れやすくなるから余分なものを取り除き、肌を清潔で健康な状態にする効能があるんだっけな。あとそれから普通の風呂に比べて血行を良くする効果が強い。」

『で、最後は砂風呂!これは日本の元祖の発汗健康法!
神経痛、関節痛、筋肉疲労、肩こり、腰痛、五十肩、冷え性など物凄い種類の効果があるようですよー!』

「…この紙に書いてある温泉の効能といったら…こんな感じか?…まぁ他にも効能はあるんだろうけどな。……泡ぶろに入ったら俺は露天風呂にでも行こうかな」

『…泡ぶろよりも炭酸風呂のほうがいいんじゃないですかー?銀河の体スキャニングしてみたら、おそらくストレスが原因でしょうけども随分血行不良起こしてますし。』


軽く、銀河とトラッシュは。
フェイトに、紙に書かれている温泉の効能について教えておく。
…トラッシュは銀河の左腕に装着されている漆黒のガントレット型端末「古代のハンターVG」越しにだが。

そして銀河は、誰に言うわけでもないが。
泡ぶろに入ったら露天風呂にでも行こうかな?と声を上げるのだった。

すると、古代のハンターVG越しに、トラッシュは「銀河は泡ぶろよりも炭酸風呂入ったらどうだ」と告げるのだった。


「……じゃあ、俺は炭酸風呂入ったら露天風呂だな…」

トラッシュの勧めにより。
銀河は、どの温泉につかるか。決めたのであった。


>フェイト、なのは

1年前 No.196

ティーラ(参加者大募集) @akuno1414 ★iPhone=nfdG2H07v5

【リボン、アドレーヌ/商店街】
アドレーヌ視点
この人、確かにリボンの件ではお世話になった。しかし、結局武装の人なんていなかったし、それに盗み聞きするし、小さい子に解決できないとか失礼なこと言うし。若干苦手だ。
と、いうことで、イラっときたためあの女の人に悪いが、さっさと逃げようとしたんだけど…
『待って!!私はあなた達に協力してもらいたいの!だから、まずは……あのお店に一緒に来てもらえないかな?』
アドレーヌ、リボン「…え?」
私達はキョトンとした。私達に?
…だいたい予想はついた。
アドレーヌ「わかりました。相談にのります!あ、これは女の子同士の問題なので、貴方はついてこないでください」
私は男の人の方を向くと、そう突き放した

>ヒナギク、臨也

1年前 No.197

ジャックドー船長 @mgs56 ★k0ubGyUiLV_UHY

【エドワード・ケンウェイ/甘城ブリリアントパーク】
「口の悪さは昔からでな………ケンウェイだ。」

罵声や品の無い言葉が飛び交う場所で育った。そう言うとこのマスコットと名乗る生き物に手を差し出す。握手をするつもりのようだ。

「マスコット、それにしても……いや―――それよりも劇は終わったようだ。次はどこに向かうんだ?」

―――――言いたいことがあったが、喉まで差し掛かったあたりで言を止める。
…海賊である傍ら、■■■■故か妙に勘がいいケンウェイには何となく分かる。多分コイツは頭に血が上りやすく、怒らせたら色々と面倒だ、と。話題を逸らす形で周辺の様子を見ていると、もうミュージカルは終わっているようだ。観客も既に席を立ち外へと向かっている。
そろそろ次のアトラクションの見学に向かった方がいいんじゃないかと告げる。

>>千斗いすず・モッフル・ALL

1年前 No.198

ヒナ @linnvo☆eQLF5/fJvizN ★6O1STZoCNm_M0e

【愛沢咲夜/海】

浜辺をぶらぶら歩いていると、だんだん日が暮れてきた。日の落ちていく空と海のコンビネーションは、どこか幻想的な雰囲気を漂わせる。この景色もこういった海にも、小さい頃から色んな国で見てきた。だから咲夜にとっては珍しいものではない。でもこんな風に日が暮れていく海を見ながら一人で浜辺を歩くのは、そんなに悪くない。なかなか面白いものが見つからない中でも、そこそこ癒しになる。

どうせならこの辺でパーッとバーベキューとかパーティーして楽しみたいわー。海でやること言うたらそらバーベキューや花火とかやろ。とか考えながら歩いていると、前方に人影を発見。

「……ん?」

それは、日が暮れ始めて人が減ったから……というのもあるが、咲夜の目に映るその人間は、明らかに不自然だった。ここから見ただけでは性別はわからない。その人は咲夜と同じように一人で歩いていた。でも、砂浜を見て歩くその背中はまるで絶望に打ちひしがれるように寂しそうな様子だ。……面白いものを探すのは、ちょっとばかし後になりそうやな。

「そんなに下向いとったら海見られへんで。せっかく綺麗なのにもったいない」

咲夜はさりげなくその人に歩み寄って、海を見ながら話しかける。寂しそうな様子やらには、敢えて触れなかった。

>降魔漣音、海ALL

1年前 No.199

白い悪魔 @kuromomo☆Ibq7BGr7nio ★iPhone=j1fgHOXeFb

【温泉施設/高町なのは】

中に入るとすぐに店員さんが出迎えてくれました。
そしてフェイトちゃんが見てる紙に目を向けます。ミルク風呂に泡風呂に炭酸風呂に砂風呂に露天風呂、温泉施設なだけあって種類が多いので迷っちゃいます。

そう悩んでると夜空くんがそれぞれの温泉の説明をしてくれました。結構詳しかったけど温泉が好きなのかな?

「じゃあ、わたしはミルク風呂の後に露天風呂にしようかな」

他のお風呂も気になるけと、やっぱりお肌が綺麗になるというのに惹かれてしまい最初にミルク風呂に入る事に決めました。

>夜空くん、フェイトちゃん

1年前 No.200


切替: メイン記事(2000) サブ記事 (652) ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

 
 
レスが2000件を超えました。
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>