Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1502) >>

☆『幻想空想島』ゼロから始まる物語 EP6★

 ( なりきり掲示板(フリー) )
- アクセス(4292) - ●メイン記事(1502) / サブ記事 (6) - いいね!(2)

スレ主 ★HFzzOjrDlU_Xty

クリックありがとうございます。ここはALL作品キャラクターでの参加が可能なスレッドです。
ここがアナタにとって記憶に残る場所になりますように…。

【ストーリーの説明】
人々の幻想と空想によって誕生した神秘の島…幻想空想島。ある日、アナタはこの島に偶然足を踏み入れてしまいます。
想像の赴くままに出来事が展開するこの島で、物語を築き上げるのはアナタ自身です。
どのような物語を作り上げ、どのような結末を迎えるのか…それらはすべて、アナタ自身の手に委ねられています。

【ルールの説明】
☆荒らしは禁止です(喧嘩、悪口、暴言、中傷など)
☆参加キャラクターは管理できる範囲であらば何役でも演じることが可能です。
☆メイン・イベントキャラクターのプロフィールは(なりきり設定・相談・募集版)のほうにて書き込みをお願いします。
☆キャラクターの変更はいつでも可能です。
☆戦闘はありですが、死亡などは禁止です。
☆恋愛はありですが、ほどほどにお願いいたします。
☆キャラクターのプロフィールでは無敵など、無理がある設定などは控えてください。
☆キャラクターキープをせずに長期間スレッドに来ていない場合、その本体さんが使用されているキャラクターを使用したいと、
 他の本体さんからのご要望があれば、キャラクターをリセットしてお譲りする形をとらせていただきますのでご了承くださいませ。
☆メビウスリングのルールを守ってください。

それではスタートです!

5年前 No.0
メモ2018/05/16 18:28 : 十六夜リコ&花鈴たち☆/eTm.Mop6gE @naturemoon★1mxEzURZNn_mgE

【なりきり設定・相談・募集版】

http://mb2.jp/_nrs/2647.html


【参加キャラクターメンバーリスト】

《☆/eTm.Mop6gE》

1.花園花鈴(かみちゃまかりん)

2.ペスト(問題児たちが異世界から来るそうですよ?)

3.朝日奈みらい(魔法つかいプリキュア!)

4.十六夜リコ(魔法つかいプリキュア!)

5.花海ことは(魔法つかいプリキュア!)

6.モフルン(魔法つかいプリキュア!)


《☆G8awJ7859Ss》

1.プライマリー(ライブオンCARDLIVER翔)

2.マザードラゴン(ライブオンCARDLIVER翔)

3.天尾ミル(ライブオンCARDLIVER翔)


≪@akuno1414≫

1.ビヒモ=バリーゾール(悪ノ大罪)

2.シルバー・ザ・ヘッジホッグ(ソニック)

3.ブレイズ・ザ・キャット(ソニック)

4.アルル・ナジャ(ぷよぷよ/魔導物語)

5.シェゾ・ウィグィィ(ぷよぷよ/魔導物語)


《☆eTw1LCoiwhU》

1.的場卓(新説ブレイブ・ストーリーオリジナルキャラ)

2.パック(ベルセルク)

3.芦川美鶴(新説ブレイブストーリー)

4.上杉謙信(戦国ランス)

5.ミシェル・サヴァン(オリジナル+ドラクエなどの版権作品)

…続きを読む(21行)

切替: メイン記事(1502) サブ記事 (6) ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16


 
 
↑前のページ (1452件) | 最新ページ

花鈴&リコ☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1452 プライマリー

【聖英学院桜ヶ丘 1−Aの教室】

『プライマリーたちが会話をしていたその時、キンコーンカーコーンと、
 教室のスピーカーから休憩時間が終わりと同時に、次の授業開始を知らせる鐘の音が周辺に鳴り響いた』

花園花鈴(ブレザー)
「あっ! もう休憩時間が終わったみたい。
 そういえばペストちゃん…戻ってこないなあ」

『もう少しプライマリーたちと会話を続けていたかっただけあり、
 途中で中断させられたことを残念に思う花鈴。
 同時に教室に未だ帰還してこないペストのことを、心配そうに思いはじめたりもする花鈴だった』

十六夜リコ(ブレザー)
「まあこの続きはお昼休憩の時にでもいいんじゃないかしら?
 ちょうど次の授業で一息つけそうだしね」

『そう言いつつ、リコは自分の机に戻りながらプライマリーたちに片目ウインクしてみせる。
 もっともリコ本人にとっては、早くも次の授業が楽しみで待ちきれない様子だったのだが』

[所持品]
1…はやぶさの剣×1【武器】{花園花鈴}
2…炎のブーメラン×1【武器】
3…くじけぬ心×1【アイテム、非売品】
4…通行書×1【アイテム、非売品】
5…ラーの鏡×1【アイテム、非売品】
6…パワースター×5【アイテム】

[メモ]
1…珍しい紅茶を見つける(BY:ベアトリーチェ)。

[ゴールド]
3112ゴールド

2ヶ月前 No.1453

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1453
プライマリー
『言われてみればペストちゃんが見当たらないですわね…(すぐ心配して)』

セコンダリー
『某には関係ない…
(無関係だと言っても照れながら)』

マザードラゴン
『セコンダリーさんってば
(無表情ながら優しい微笑み)』


ブラッシュ
『みんなして何ニヤニヤしてんだよ〜
(ブラッシュも無表情なままニヤニヤした声)』

ミル
『みんなしてそんなににやけないでよ〜
(ニコニコして笑い)』

2ヶ月前 No.1454

花鈴&リコ☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1454 プライマリー

【聖英学院桜ヶ丘 1−Aの教室】

花園花鈴(ブレザー)
「あはは…。
 まあ授業のタイムも鳴ったことだしきっと、もうすぐ戻って来ると思うよ」

『ブラッシュたちのやりとりに微笑しながらも、花鈴なりにセコンダリーにフォローしてみせた。
 今までのパターンから見てまず、花鈴は自分に対して真っ先に被害が及びかねないと警戒した素振りを見せながら』

十六夜リコ(ブレザー)
「えっと、次の授業はたしか…」

『いっぽうリコは早くも授業体勢に移行したかのように、
 授業に出る内容を軽く予習しはじめていたのである』


※???
「ねえねえ実際、セコンダリー君はペストちゃんのこと、どう想っていたりするのかな?」

『そして先生が教室に来るまでの間、生徒が互いに会話を続けながら待つ中、
 セコンダリーの背後から何やら興味そうに小声で質問を持ちかけてくる銀髪ショートヘアの少女、
 新条アカネの姿があった』


[所持品]
1…はやぶさの剣×1【武器】{花園花鈴}
2…炎のブーメラン×1【武器】
3…くじけぬ心×1【アイテム、非売品】
4…通行書×1【アイテム、非売品】
5…ラーの鏡×1【アイテム、非売品】
6…パワースター×5【アイテム】

[メモ]
1…珍しい紅茶を見つける(BY:ベアトリーチェ)。

[ゴールド]
3112ゴールド


【イベントキャラクタープロフィール】
名前:新条アカネ(しんじょうあかね)
性別:女
種族:人間
容姿:頭は銀髪のショットヘアー。
   身体には制服の上から赤紫のパーカーを重ね着し、
   更にそれを胸元まで開けていたり、真夏にタイツを履いている。
備考:口調はかなりゆるく、何処か浮世離れした雰囲気を持つ。
   トマトジュースが好きであるらしく学校はもとより、飲食店などに行った際も注文している。
作品:SSSS.GRIDMAN

2ヶ月前 No.1455

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1455
プライマリー
『それにしても、長い時間戻って見ないませんわね(なにやら強気な表情に)』

セコンダリー
『なな…!誰がそのような!//(あからさまな照れ方)』

マザードラゴン
『セコンダリーさんはわかりやすいわね
(クスッと、かなりわかりやすい照れ方)』


ブラッシュ
『みんなわかりやすいんだな〜(あははと笑い)』

ミル
『ブラッシュにもわたしがいるもんね〜!
(いきなりブラッシュに抱き付き)』

ブラッシュ
『ぎゃ〜!!(悲鳴が/笑)』

2ヶ月前 No.1456

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1455
プライマリー
『申し訳ありませんわね、
区切りづらかったのでこれから区切りますわね』


プライマリー
『あら、あなたはどなたかしら…?
(アカネの姿を見かけて話しかけて)』

セコンダリー
『な…!いきなり何をいきなり馴れ馴れしい…この小娘…!/////
(いきなりセクシーなこのアカネの胸元のセクシーな姿を見かけて胸元から視線をそらせて)』

マザードラゴン
(はじめまして、
マザードラゴンと申します(アカネに優しく話しかけ))


ブラッシュ
『ブラッシュだよ、
よろしくな可愛いお姉ちゃん
(可愛いお姉ちゃんとか甘えて)』

ミル
『よろしくね、可愛いお姉ちゃん(ミルはただ甘えて)』

2ヶ月前 No.1457

チームOZ @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

【〜JAPAN・織田家天守閣〜】

※香姫「どうされたのですか?」

急に様子がおかしくなり黙り始めた老人に対して
心配するように近づいていく

※乱丸「香姫様、いけませぬ!」

乱丸は香姫を止めようとするが脇をすり抜けられてしまう

※3G「何が起きているのでしょう?」

※織田信長「………」

信長は現れた筋肉質な老人のじっと様子を見ている

※柴田勝家「香姫様!」

近づく香姫を心配して後から近づいていく勝家。

川田章吾「?おい、どうした?」

自分に何かをしようとしていた不審者の老人が突然麻痺したような動きをしたので困惑していたが
様子がおかしいので呼びかける。

的場卓「どうしたんだ?」

ミシェル「様子がおかしいですね」

さすがの二人も様子がおかしいことに気づき、川田と筋肉質の老人の所に足早に近づいていく。

【ふくろ】

[武器]
 短杖×1(呪文を唱えることで剣に変化する職業専用武具。スグル専用){スグル}
 妖刀ざっくり丸×1(栗のイガで作った刀らしき物){パック}
 杖×1(呪文を唱える事でトライデントになる長い杖。美鶴専用){ミツル}
 姫鶴一文字×1(謙信の愛刀、史実に置いても同じ){謙信}
 レミントン M31×1(ポンプアクション式ショットガンの定番。 レミントン社の製品らしく堅牢な構造となっており耐久性が高い
前回のプログラムで撃ち抜かれた為一部に穴が開いている){章吾}

[防具]

[アクセサリー]
 炎竜の腕輪×1(ブランチと呼ばれる自警団の構成員“高地人(ハイランダー)”の証 )
バードコール×1(川田の恋人が送ってくれた物、とても大切な物)

[回復]
食料の詰め合わせセット×8
(パン、肉類などの食べものが入っている)
・ブルーベリィ×30
(HPを少し回復する)
・ブラックベリィ×30
(MPを少し回復する)
・アクアベリィ×20
(毒を浄化する)
・アルテミスリーフ×19
(異常を回復する)

[食材]
食料の詰め合わせセット×10(パン、肉類などの食べものが入っている)
[その他]
(美鶴&卓共通)旅人の証×2
(卓)宝玉×4(幻界に散らばる宝玉。旅人が手に入れることで、旅人の能力(アビリティー)と許容量(キャパシティー)をアップさせる。5つの玉を集めることで、運命の塔への道が開かれるという)
(美鶴)宝玉×4
・マンドレイク×7
(根に毒を含む植物)
・単三電池×19
(機械などに使用できる)
・ロープ×2
(縄でできている頑丈タイプ)
・ライト×3
(明かりを灯すことができる)
・ライター
(小型で、火を灯すことができる)

[ゴールド]
968990ゴールド
ゴールド
[メモ]
四つ目の宝玉を手に入れた、今後のイベントにて旅人としての目的を思い出して覚醒
手始めにJAPANを織田家の元に統一する事を宣言する。
願いを叶える事の出来る十戒の使徒のタグを知るあるいは手に入れる。

[ストーリーチャート]
JAPAN(秘境グンマー内浮遊大陸)


[判明している魔法]

弾(バウンド)35/(残り可能使用回数)35回 手や杖からバスケットボールくらいの気弾を飛ばして攻撃する魔法。

消影(バニッシュ)6/6回 自身を一定時間、透明にする魔法。姿を消すだけで気配などは消すことはできない。

剣化 ∞/∞ 旅人となって始めて使用できるようになった魔法。武器である杖を、刀身を具現化し
剣に変化させることができる。

癒(トリート)7/7回 幻界人(この場合他の人間)を治療できる

分身(トリックス)4/4回 自分の肉体を何体も出すことが出来る

魔法矢(マギステルボウ)25/25回 爆発したり、突き刺さる魔法で出来た矢を放つ魔法。

流星弾(シューティングスターバウンド)20/20回 流星の如く追尾する気弾。

散弾(スラグバウンド)20/20回 広範囲に渡って散弾状に分裂する気弾。

暗黒弾(ブラックホールバウンド)10/10回 無属性の究極であるブラックホールの気弾。

甲壁(デファンスール)20/20回 目の前に星状のシールドを展開させて、攻撃を防御する魔法。

吸収甲壁(ホールデファンスール)10/10回 相手の攻撃を吸収する黒い星状のシールドを展開する攻撃を防御する魔法。

封印魔法 破天バスターブレイバー1/1 旅人の持つ必殺技

[保有スキル]

(謙信)軍神の威光
戦国ランスに置いてその効果は存在するだけで放たれる威圧により、「敵軍全体の行動回数を−1」そしてさらに「初期の戦果を増やす」である。
これを格ゲー風に説明すると
「相手のパワーゲージの増加速度を遅くする」「ラウンドの開始直後に相手の体力を少し減らす」となる。

(卓)勇者の力
未来を見通すが変えられない呪われた力。
それに至る過程までの細かい部分は見えず、起こるであろう未来がそのまま彼のみに見えるため
見た未来を覆す分岐点も分からない為恐らく変えようがない未来視の能力。

2ヶ月前 No.1458

花鈴&リコ☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1457 プライマリー

【聖英学院桜ヶ丘 1−Aの教室】

※新条アカネ
「あ…そろそろ授業の時間。
 それじゃあね」

『あくまでセコンダリーだけからの返答を待っていたアカネだったがその後、
 わらわらと自分の元へ近寄ってきたプライマリーたちの様子を前に少し困惑した様子を見せる。
 するとプライマリーたちとの絡みをめんどうくさそうに思ったアカネはそのまま教室の時計へと目線を向けはじめ、
 ちょうどチャイムが鳴るタイミングを見計らって呟いた後、
 わざとらしい笑みを浮かべたままプライマリーたちに手を振りながら、
 自分の机へと静々戻って行くのであった』

「キ〜ンコ〜ンカ〜ンコ〜ン♪」

『アカネが机のイスに腰かけたその時、ちょうど学校中に授業開始を知らせる鐘の音が鳴り響く。
 それと同時に周辺で騒いでいた生徒たちも早々と自分の机へと戻って行くのであった』

花園花鈴(ブレザー)
「新条さんってたしか…クラスで人気者の?
 でもどうしてセコンダリーさんに…。
 っていけない!?
 早くイスに座らないと!」

『遠くでアカネがセコンダリーに絡んでいた姿を見ながらふと、首を傾げながら疑問を抱く花鈴。
 もっとも鐘の音を耳にした後、あたふたと自分のイスへと戻るありさまだった』

十六夜リコ(ブレザー)
「…」

『いっぽうすでに授業開始の用意を終えていたリコは静かに目を閉じたまま、
 教室へ訪れる先生を今か今かと心待ちしていたのであった』

[所持品]
1…はやぶさの剣×1【武器】{花園花鈴}
2…炎のブーメラン×1【武器】
3…くじけぬ心×1【アイテム、非売品】
4…通行書×1【アイテム、非売品】
5…ラーの鏡×1【アイテム、非売品】
6…パワースター×5【アイテム】

[メモ]
1…珍しい紅茶を見つける(BY:ベアトリーチェ)。

[ゴールド]
3112ゴールド

1ヶ月前 No.1459

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1459
プライマリー
『あらあら、お忙しいのね(先を急ぐアカネを優しく見守って)』

セコンダリー
『何者なのだか…//
(照れてしまったまま見守って)』

マザードラゴン
『セコンダリーさんってばモテモテですね
(無表情な表情から優しい声で話しかけ)』


ブラッシュ
『また母ちゃんがセコンダリーに嫉妬してんだな〜
(ブラッシュまでマザードラゴンと同じように、
無表情なまま表情のみバラエティにクスクス笑ってからかい)』

ミル
『あまりからかったらだめだよ〜
(そういうミルまでクスクスと)』

1ヶ月前 No.1460

みらい&リコたち☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1458 チームOZ

【〜JAPAN・織田家天守閣〜】

※筋肉体質のサンタクロース
「うぬぬうぅぅ…やはりこの状態ではせいぜい5分間が限界か!
 …無念!!」

『やがてその場で硬直したまま身動きの取れないサンタクロースは、
 自分の体質について恨めしそうに愚痴を吐いてみせた。
 するとその途端、全身から白い煙が発生しみるみるサンタクロースの身体は伸縮しはじめ、
 やがて丸いボールに羽の生えた鳥の姿へと変貌してみせるのだった』

※音速丸
「ピキ〜! ボク、悪い鳥じゃないよ〜♪」

『そして正体を暴露した音速丸はその後、あえて狙ったかのように香姫の胸の中へと勢いよく飛び込んでみせ、
 まるで主人に甘えるペットのように自らを演じてみせるのであった。
 あくまで信長たちからの被害を緊急回避するための作戦として』

朝比奈みらい(橙色の着物)
「い、今…鳥っていいました?
 さ、サンタクロースが鳥に変身するなんてワクワクもんだぁ!」

十六夜リコ(紫色の着物)
「…あ、ありえない。
 ま、魔法使い…じゃないわよね?」

花海ことは(花柄の着物)
「はぁ! 鳥さん鳥さん♪」

モフルン
「モフ…」

『いっぽう離れた場所では音速丸の正体に興味を抱くみらい。
 音速丸の正体について疑問を抱くリコ。
 みらいと同じように音速丸に興味を抱くことは。
 影ながら様子を見守るモフルンたちの姿がそこにあった』

[所持品]

[メモ]

[ゴールド]


【イベントキャラクタープロフィール】
名前:音速丸(音速丸)
性別:男
種族:鳥?
備考:全身が丸いボウル型で黄色く、羽の生えた鷹のような生物…らしい。
   全身をマッスル化させる変身を取得しているが、せいぜい5分間が限界である(オリジナル設定)。
   また本人はとある学校の頭領であるらしいがセクハラキャラでもある。
作品:ニニンがシノブ伝

1ヶ月前 No.1461

花鈴&リコ☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1ヶ月前 No.1462

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1462
プライマリー
『また途中までしか読めないので、
初めまでのお返事のみしますわね』


プライマリー
『どんな中身でしょうね
(プライマリーも中身に興味を抱き)』

セコンダリー
『いったい何を持って来たというのだ?(興味津々に見つめて)』


マザードラゴン
『楽しみになりますね(楽しそうに)』

ブラッシュ
『何だかな〜(ミルと一緒にワクワクして)』

ミル
『うんうん(ブラッシュと一緒にワクワクと)』

1ヶ月前 No.1463

花鈴&リコ☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1463 プライマリー

【聖英学院桜ヶ丘 1−Aの教室】

ペスト(ブレザー)
「…」

※二階堂悠
「はい。それでは4時間目の授業を行いたいと思います」

『ペストが無言で自分の机へと歩きながらイスに着席したのを確認した悠はその後、
 教卓に立ち、生徒達を見回しながら自分が受け持つ科学の授業を開始するのだった。
 今回の授業は電池の力がどのような効果をもたらすのか、
 といった小型の風車みたいな感じの模型を使用しての内容であった』

※二階堂悠
「えー…いいですかみなさん。
 電池の中にあるプラスとマイナスの効果が互いにエネルギーを発生させて…」

花園花鈴(ブレザー)
「えっと…プラスとマイナスがああなって…うぅ」

十六夜リコ(ブレザー)
「…」

ペスト(ブレザー)
「ふうん…」

『悠が教科書を片手に黒板に描いている風車の模型について説明しはじめると、
 生徒たちは黒板と教科書に目を向けながら授業に向き合う。
 いっぽう早くも難しい表情を浮かべながら授業の内容について困惑する花鈴。
 もっともリコとペストは内容をすんなりと理解している感じで余裕の態度を見せていた』

※新条アカネ
「…」

『そんな中、アカネが授業の真っ最中にも関わらず、セコンダリーの背後から机の上めがけてから数枚に折ったノートの紙切れを飛ばしてみせるのだった。
 そして紙切れに書かれていた内容は…
 (ねえ、セコンダリーくんって異世界からやってきたんでしょ?
  だったら私たちの仲間にならない? いっしょにこの世界を作り変えようよ♪)
 といった感じの内容だったのである』

[所持品]
1…はやぶさの剣×1【武器】{花園花鈴}
2…炎のブーメラン×1【武器】
3…くじけぬ心×1【アイテム、非売品】
4…通行書×1【アイテム、非売品】
5…ラーの鏡×1【アイテム、非売品】
6…パワースター×5【アイテム】

[メモ]
1…珍しい紅茶を見つける(BY:ベアトリーチェ)。

[ゴールド]
3112ゴールド

1ヶ月前 No.1464

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

プライマリー
『先ほどは読めないと言い訳して飛ばしてしまい、
大変申し訳ありませんでしたわ、
ライブオンのアニメの種族、
飛翔族のわたくしが代表して謝罪しますわね』


>>1464
プライマリー
『ええと、プラスマイナスの電極を…
(聞き慣れない、見慣れない説明に悪戦苦闘して)』

セコンダリー
『な…?こやつ…
(セコンダリー、ご一行を、
異世界から来た身分という事実をいきなり見破って突き付けて、
仲間にならないかというアカネを信頼できるかと悩み)』

マザードラゴン
『セコンダリーさんに…?
(アカネが紙切れをセコンダリーに投げた瞬間を目撃して気になって説明に集中できない)』


ブラッシュ
『あ、なんだよ〜
またセコンダリーのやつばっかし可愛い姉ちゃんとよ〜
(まだまだ幼い甘えん坊だから可愛い女の子好きだからセコンダリーに嫉妬して)』

ミル
『そういうブラッシュだって〜!
またすぐ可愛い女の子ばっか〜!
(ミルだって冷たいブラッシュに嫉妬して)

ブラッシュにはわたしがいるでしょ〜!
(孤独感漂う、寂しげなブラッシュの背後から優しく抱きしめて)』

1ヶ月前 No.1465

花鈴&リコ☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1465 セコンダリー

【聖英学院桜ヶ丘 1−Aの教室】

※二階堂悠
「はいは〜い。
 ミルさん。今は授業中なのでおとなしくしていてくださいね」

『ミルがブラッシュに抱きしめた後、教科書に目を通していた悠は途中で授業を中断し、
 すぐさまミルに対して注意してみせるのだった。
 その後、何かあったのかと周辺にいた生徒たちはみな一斉にミルに視線を向けた後、
 また何事もなかったかのように授業へと戻るのであった』

花園花鈴(ブレザー)
「あちゃ〜…」

十六夜リコ(ブレザー)
「はぁ…何をやっているんだか」

ペスト(ブレザー)
「…」

『いっぽう離れた場所で、ミルに視線を向けながら心配そうな態度を見せる花鈴。
 教科書に目を向けたままミルの行動に思わず呆れてしまうリコ。
 まるで日常茶飯事のような感じに思い、あえて目を向けないペストの姿があった』

※新条アカネ
「…」

『そしてアカネはセコンダリーが紙切れの文章を読んで反応している様子をまるで楽しそうに観察するように見た後、
 今度はマザードラゴンに視線を向けながらにっこりと笑みを浮かべてみせるのだった。
 すでにマザードラゴンがセコンダリーのことを心配していることを知っている上で、
 あくまでマザードラゴンの反応を見て楽しむという余興のために』

[所持品]
1…はやぶさの剣×1【武器】{花園花鈴}
2…炎のブーメラン×1【武器】
3…くじけぬ心×1【アイテム、非売品】
4…通行書×1【アイテム、非売品】
5…ラーの鏡×1【アイテム、非売品】
6…パワースター×5【アイテム】

[メモ]
1…珍しい紅茶を見つける(BY:ベアトリーチェ)。

[ゴールド]
3112ゴールド

1ヶ月前 No.1466

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1466
プライマリー
『まあ、ミルさんってば…
(まだ幼いミルの、
なんとも可愛らしいあどけない、
ブラッシュへの嫉妬心があまりに可愛いと思って、
思わずクスッと両翼で笑ってしまい)』

セコンダリー
『いったい何を考えているのだ…おまえ…
(マザードラゴンに対した嫉妬心を、
もてあそぶそのアカネの態度に苛立ちながら悩み、
少し睨み付けるように視線を送って)』

マザードラゴン
『あなた…何者なの…?
(ただならぬアカネの強気な態度、視線を感じて、
マザードラゴンさながらな鋭い感性をフル稼働させて)』


ブラッシュ
『ミルってば寂しがり屋だよなぁ〜
(そういうブラッシュこそ、
母親マザードラゴンにべったりしてミル以上に甘えん坊/
うれしそうにミルを優しく抱き止めてあげて)』

ミル
『いいなぁ、ブラッシュはママと一緒にいられて〜
(母親を残して旅立ったミルは、
ママと一緒に行動できるブラッシュをうらやましがり)』

ミル
『二階堂先生にお姉ちゃんたちも〜
(誰にでも甘えん坊なミルはブラッシュだけでは終わらないで、
二階堂先生に、花鈴とリコにも甘えん坊になり甘えん坊に花鈴とリコの手を握りしめて)』

1ヶ月前 No.1467

花鈴&リコ☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1467 プライマリー

【聖英学院桜ヶ丘 1−Aの教室】

十六夜リコ(ブレザー)
「ちょ、ちょっと!?」

花園花鈴(ブレザー)
「あははは…」

※二階堂悠
「いやはや…困りましたねこれは」

※男子生徒A
「いいぞ! ヒューヒュー♪」

※男子生徒B
「ミルちゃん最高♪」

※女子生徒A
「きゃあ〜ん! ブラッシュくん♪」

※女子生徒B
「わたしも抱きしめて〜!」

ペスト(ブレザー)
「…」

『ミルの行動により思わぬ事態に対して、紅葉を散らさずにはいられないリコと花鈴。
 対して悠もミルにはまるで思案に暮れるありさまに他ならない感じである。
 もっとも男子女子生徒たちからはミルの行動に絶賛する者が大半であった。
 そしてその片隅ではペストが、呆れたように覚めた表情を浮かべて様子を眺めていたのである』

※新条アカネ
「…世界変革同盟会会長」

『いっぽうセコンダリー、マザードラゴンと対面していたアカネはノートを片手で持ち上げ、
 ノートに書いていた文字を見せながら不適そうに呟いてみせたのである。
 同時にセコンダリーならず、マザードラゴンが次にどのような態度を見せるのか楽しそうに待つ感じで』

[所持品]
1…はやぶさの剣×1【武器】{花園花鈴}
2…炎のブーメラン×1【武器】
3…くじけぬ心×1【アイテム、非売品】
4…通行書×1【アイテム、非売品】
5…ラーの鏡×1【アイテム、非売品】
6…パワースター×5【アイテム】

[メモ]
1…珍しい紅茶を見つける(BY:ベアトリーチェ)。

[ゴールド]
3112ゴールド

1ヶ月前 No.1468

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1468
プライマリー
『うふふ、お若いお二方がうらやましいですわね
(先ほどからずっとだが、当然プライマリーも幼いミルとブラッシュのカップルに照れてしまい、アカネの正体より気にかけて)』

セコンダリー
『な…だからそれは何なのだ…
(まったく正体不明なアカネが身分を打ち明けた事で、
ますます正体不明、意味深長なアカネの態度、言動、行動に、
アカネに少なからず危機感を覚えて)』

マザードラゴン
『アカネさん…あなたは…味方なのかしら…
(何者かもわからない正体不明なアカネに、もはやかける言葉もなくなって)』


ブラッシュ
『へへ♪//可愛い姉ちゃんばっかで照れるよな♪//
(ブラッシュが一番に好きな女の子、
ブラッシュの彼女という関係のミルと抱きあいながら
可愛い年上女の子に甘えん坊なブラッシュは、
クラスメートの可愛い年上の女の子たちに囲まれて、もうデレデレしてしまい、
もちろんミルが嫉妬してしまい)』


ミル
『もうっ〜!ブラッシュってば本当に年上の可愛い女の子に甘えん坊なのね〜…
(ミルもまだまだ幼いから甘えん坊なのは同じだが、
相変わらず甘えん坊なブラッシュが周囲の男子のみならず、
可愛い年上女子生徒から、ちやほやされているかと思うと、
とても嫉妬しないではいられないで苛立ってしまい)』

1ヶ月前 No.1469

花鈴&リコ☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1469 プライマリー

【聖英学院桜ヶ丘 1−Aの教室】

※新条アカネ
「この世界は不完全な存在だから、修正管理してあげないといけないの」

『アカネはノートを机に置いた後、前の文字を消しゴムで消し、シャープペンで新しい文字を書いてみせた。
 そして片手でノートを持ち上げ、セコンダリーとマザードラゴンに書いた文字を見せながら意味深そうに呟いてみせる。
 案の定、セコンダリーとマザードラゴンが自分が想像していたとおりの反応を見せることに対して、
 どうしようもなく愉快そのものに思えてしまうことがこの上なく快感そのもので』

※二階堂悠
「はいはい! みなさん静かに!!」

※男子生徒たち
「ミルちゃん、ブラッシュより俺でどう?」
「ミルちゃんは俺らのアイドルだぜ♪」

※女子生徒たち
「ブラッシュくん最高♪」
「ミルちゃんの代わりに、お姉ちゃんが彼女になってあげるわ♪」

『いっぽう悠は我に帰り、両手を叩きながら生徒たちを授業に強制的に戻す行動に出る。
 だがすでに男子女子生徒たちはブラッシュとミルに心奪われてしまい、
 一向に授業に戻る様子は見せずにいたのであった』

花園花鈴(ブレザー)
「なんていうか…すっかりブラッシュくんとミルちゃんに授業を奪われた感じ?」

十六夜リコ(ブレザー)
「もう! このままだと授業が受けられないじゃない!!」

ペスト(ブレザー)
「…」

『すっかりブラッシュとミルが授業を独占してしまう中、あっけにとられる花鈴。
 授業を中断させられて気色ばむリコ。
 呆れたように様子を見ているペストの姿が別にあった』

[所持品]
1…はやぶさの剣×1【武器】{花園花鈴}
2…炎のブーメラン×1【武器】
3…くじけぬ心×1【アイテム、非売品】
4…通行書×1【アイテム、非売品】
5…ラーの鏡×1【アイテム、非売品】
6…パワースター×5【アイテム】

[メモ]
1…珍しい紅茶を見つける(BY:ベアトリーチェ)。

[ゴールド]
3112ゴールド

1ヶ月前 No.1470

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1470
プライマリー
『ブラッシュくんに、ミルちゃん、
クラスメートに大人気ですわね〜
(ブラッシュとミルの幼い可愛らしいアツアツコンビに思わず癒されて)』

プライマリー
『はぁ…、
不完全な世の中、ですの…?
よくあるセリフですわね…?
(キャラのよくあるお馴染みなセリフ、展開パターンだからと思いながらも、
セコンダリー、マザードラゴンとともに、アカネに怪しい視線を向けて)』


セコンダリー
『貴様…!姫様とマザードラゴン殿、息子ブラッシュ、それから人間の少女(ミル)に手出しするな…!
(アカネの度重なる幾度の不可解な言動、思考にまたしても疑念を抱き、
近衛兵隊らしくプライマリーたちの前に立ちはだかりガードして)』

マザードラゴン
『それで…あなたはどうしたいというのよ…?
(セコンダリーにかばわれながらもとりあえず何度も繰り返しアカネに聞いてみて)』


ブラッシュ
『いいのかよ〜?♪可愛い姉ちゃんたちよぉ〜♪
(美少女な生徒たちがブラッシュの虜になってモテモテになって、
もっとデレデレしまくり手当たり次第、
可愛いお姉ちゃんたちに抱き付きまくり)』

ミル
『お兄ちゃんたち優しいわね〜♪
(とびきり可愛らしい微笑みで、
ブラッシュとミルがお互いに誘惑させられてお互いの存在を忘れかけて、

ブラッシュは誘惑好きな(?)美少女な生徒たち、
ミルはナンパ好きな(?)美男子生徒にぞっこんに)』

1ヶ月前 No.1471

花鈴&リコ☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1471 プライマリー

【聖英学院桜ヶ丘 1−Aの教室】

※新条アカネ
「あはは。うんうん、いいね。
 キミのそういう頼りになりそうなところ嫌いじゃないかも」

『セコンダリーがプライマリーたちの前に立ちはだかる姿を見たアカネは、手を口に添えながら無邪気そうに笑みを浮かべてみせる。
 自分の言葉に対してセコンダリーがどのような反応を見せるのか、まるで商品を品定めするような感じの態度で』

※新条アカネ
「うん。単調直入にいうとね、同盟を結んでほしいの。
 わたし…わたしたちが世界を変革するための…ね♪」

『そしてアカネは先生や周囲の男子女子生徒たちの前にも関わらず、
 言葉を嬉しそうに口ずさんでマザードラゴンたちに理由を説明してみせるのだった』

花園花鈴(ブレザー)
「世界の変革…かぁ。
 うん。なんか凄くいいかもそれ。
 わたし、アカネちゃんと同盟を結ぶね!」

ペスト(ブレザー)
「ええ、悪くないわね同盟。
 それじゃあ私も…」

※男子生徒たち
「ど…同盟だって!?
 それじゃあオレたちも!」

「世界の変革! 世界の変革! 世界の変革!」

※女子生徒たち
「世界の変革! 世界の変革! 世界の変革!」

※二階堂悠
「ようし…それじゃあ先生も!
 世界の変革! 世界の変革! 世界の変革!」

『いっぽう、アカネの言葉を耳にした花鈴とペストは突然、まるで別人のようにアカネへの同盟を次々と受け入れはじめるのだった。
 それに限らず、男子女子生徒や悠までもが歓声を上げながら次々とアカネの世界変革同盟のメンバーに介入しはじめるありさまで、
 もはや異様な状態で他ならなかったのである』

十六夜リコ(ブレザー)
「な…なによこれ?」

『その中でただ一人、リコだけはアカネに同盟を受け入れず正常な状態で目の前の光景にただ困惑しながら立ち尽くしていた。
 まるで180度、日常生活が変貌してしまったような状態を前にあっけにとられながら』

[所持品]
1…はやぶさの剣×1【武器】{花園花鈴}
2…炎のブーメラン×1【武器】
3…くじけぬ心×1【アイテム、非売品】
4…通行書×1【アイテム、非売品】
5…ラーの鏡×1【アイテム、非売品】
6…パワースター×5【アイテム】

[メモ]
1…珍しい紅茶を見つける(BY:ベアトリーチェ)。

[ゴールド]
3112ゴールド

1ヶ月前 No.1472

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1472
プライマリー
『アカネさんがセコンダリーに同盟を…
(アカネに気に入られたセコンダリーというシチュエーションを受け止められないで、あたふたと戸惑い)』

セコンダリー
『単刀直入だと…!?貴様…!
某を誘惑しようというのか…!
(同盟を求められて、
ただただ単調にそのように思って少なからず照れて)』


マザードラゴン
『同盟ですか…?アカネさんなら信頼できると思ってますので、
ぜひとも協力させていただきますね♪
(アカネを信頼して快く快諾して)』

ブラッシュ
『だけどよ〜おれは母ちゃんみたいに、
リコ姉ちゃんが断った同盟とかってのはなぁ(リコと同意見だと)』

ミル
『わたしもブラッシュと一緒だよ〜
だいたい同盟ってよくわからないし〜
(まだまだ同盟という言葉がわからない)』

1ヶ月前 No.1473

十六夜リコ☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1473 プライマリー

【聖英学院桜ヶ丘 1−Aの教室】

※新条アカネ
「あはは、おもしろいこというんだねセコンダリーくんって。
 でもそれはそれでいいかもしれないかな…」

『アカネはイスから身体を立ち上がらせた後、
 そのままゆっくりとセコンダリーに歩み寄りながら熱い眼差しを向けてみせた。
 そしてそれと同時に指を鳴らす動作を見せる』

※二階堂悠
「ブラッシュくん、ミルさん。
 同盟を結ばないキミたちはさしずめ…イレギュラーな存在に他なりません。
 よってこの場でキミたちを捕獲させていただきますのでご了承ください」

『するとアカネの指を鳴らす音と同時に悠がブラッシュとミルに歩み寄り、
 そのまま素早く手で腕を掴みながら、ブラッシュとミルを捕獲してしまうのだった』

十六夜リコ(ブレザー)
「ブラッシュ! ミル!
 っ!?」

花園花鈴(ブレザー)
「だめだよリコちゃん。
 イレギュラーはこの世界に不要そのものな存在だから」

ペスト(ブレザー)
「リコ、あなたもすぐ世界変革同盟の一員になるべきだわ。
 私たちが求める、気たるべき新世界のために…」

※男性生徒たち
「そうだそうだ!」
「全ては来たるべき新世界のために!」
「オレたちがやらねば誰がやる!」

※女子生徒たち
「不完全な世界は作りなおさなきゃいけないわ!」
「それこと世界変革同盟の使命!」
「新世界に栄光あれ!」

『いっぽうリコはブラッシュとミルの救出に向かうものの、
 あっけなく花鈴とペストに立ち塞がれて妨害を受けてしまう。
 それと同時に男子女子生徒たちからも、
 世界変革同盟を想う気持ちが一斉に口から飛び出るありさまだった』


[所持品]
1…はやぶさの剣×1【武器】{花園花鈴}
2…炎のブーメラン×1【武器】
3…くじけぬ心×1【アイテム、非売品】
4…通行書×1【アイテム、非売品】
5…ラーの鏡×1【アイテム、非売品】
6…パワースター×5【アイテム】

[メモ]
1…珍しい紅茶を見つける(BY:ベアトリーチェ)。

[ゴールド]
3112ゴールド

1ヶ月前 No.1474

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1474
プライマリー
『そこまでセコンダリーに熱い視線を…
(プライマリーにも熱意が伝わって)』

セコンダリー
『何がイレギュラーだと!?子供たちを放せ!
(いきなり捕まえられたブラッシュとミルを救おうと)』


マザードラゴン
『わたしの可愛いブラッシュとミルちゃんを放して!
(可愛い我が子に可愛いガールフレンドを取られてかなり不安に動揺して)』

ブラッシュ
『姉ちゃん〜!先生〜!
なにするんだよ〜!
(捕らえられてかなり暴れて抵抗して)』

ミル
『お姉ちゃん〜!先生〜!どうしてこんな事するのよ〜!
(信頼していたアカネと二階堂先生に捕らえられて、動揺してじたばたして)』

1ヶ月前 No.1475

十六夜リコ☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1475 プライマリー

【聖英学院桜ヶ丘 1−Aの教室】

※二階堂悠
「それはもちろん、キミたちイレギュラーな存在が、
 我々世界変革同盟の妨げとなりうる存在そのものだからさ。
 だからそんなキミたちはこの世界から排除する必要があるんだ。
 ねえ…ブラッシュくんとミルさん?」

『ブラッシュとミルが腕の中で暴れる中、悠は全く動じた素振りを見せずただ、
 イレギュラーな存在は世界変革同盟の敵になる散在であるがゆえ、
 排除する必要があると眼鏡を光らせながら冷酷に説明してみせるのだった』

※男子生徒たち
「そうだそうだ!」
「子供だからといって存在を許すな!」
「おまえたちイレギュラーはオレたちの敵だ!」

※女子生徒たち
「そうよそうよ! わたしたちの邪魔するな!」
「イレギュラーはこの世界から即、排除!」
「排除! 排除!」

『悠が説明を終えた後、男子女子生徒たちは後に続くように威勢よくブラッシュとミルに敵対心を見せる。
 その姿はあきらかに普通ではなく、もはや熱狂的な信者そのものへと変貌を遂げた感じだった』

十六夜リコ(ブレザー)
「く、狂っている…」

花園花鈴(ブレザー)
「ううん。それは違うよリコちゃん。
 だってそう…狂っているのはこの世界そのものだから」

ペスト
「ええ、花鈴のいうとおりよリコ。
 だから…世界変革同盟という存在が必要不可欠なのよ。
 この狂った世界を作り直すために」

『そして悠をはじめ男子女子生徒たちの姿が異常だと気味悪るそうに見ながら言葉を漏らすリコの前に、
 花鈴とペストは互いにリコの肩に手を添えながら優しく耳元に囁いてみせるのだった。
 あくまで世界変革同盟が完全なる善である存在であると理解させるために』

※新条アカネ
「ほら…先生や他のみんなもああいっているでしょ?
 だからセコンダリーくんもブラッシュくんとミルちゃんを許しちゃだめなの」

『いっぽう、ブラッシュとミルの元へ助けに向かうセコンダリーに対してアカネは、
 セコンダリーの背中越しから両腕で優しく抱きしめながら足を止めさてみせるのだった。
 そしてそのままセコンダリーの耳元へと顔をよせながら誘惑するような甘い声で呟いてみせる』

[所持品]
1…はやぶさの剣×1【武器】{花園花鈴}
2…炎のブーメラン×1【武器】
3…くじけぬ心×1【アイテム、非売品】
4…通行書×1【アイテム、非売品】
5…ラーの鏡×1【アイテム、非売品】
6…パワースター×5【アイテム】

[メモ]
1…珍しい紅茶を見つける(BY:ベアトリーチェ)。

[ゴールド]
3112ゴールド

1ヶ月前 No.1476

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1476
プライマリー
『まだこんなに幼い子供たちを人質に取って容赦しないなんて…卑怯者ですわよ!
(怒りに震撼して反抗的に鋭く睨み付け、
相手側から狙われて)』

セコンダリー
『そうだそうだ!卑怯者たち!!
(ブラッシュとミルを救おうとスキをうかがって)』

マザードラゴン
『わたしたちの可愛い子たちを返して!
(怒り狂い、強力な火炎を吹き付けようと)』


ブラッシュ
『母ちゃん〜!
セコンダリー〜!
助けてくれ〜!(泣き叫び)』

ミル
『マザードラゴン〜!
セコンダリー〜!
助けてよ〜!
(ブラッシュと一緒に泣き叫び)』

1ヶ月前 No.1477

セコンダリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1476
プライマリー
『すみませんですわね、セコンダリーのセリフだけ追加しづらかったのでこれから追加しますわ』


セコンダリー
『黙れ貴様!子供たちをどうするつもりだ!邪魔するな!放せ!
(アカネの策略にハマってたまるかと、誘惑などにも踏んばって)』

セコンダリー
『某には、姫様、マザードラゴン殿、子供たちを加護する義務がある!
(改めて決意してアカネに攻撃繰り返し)』

1ヶ月前 No.1478

チームOZ @ergou☆Aao/rdZJ3/w ★IZkIgWZ0cr_b5K

【〜JAPAN・織田家天守閣〜】

※香姫「きゃあ!」

急に勢い良く向かってくる音速丸にびっくりして
香姫の手が滑り超合金シリーズ飛影が偶然にも投げる形になってしまい
胸の内に入る途中で音速丸に向かう。

※織田信長「香!」

※3G※柴田勝家※乱丸「香姫様!」

信長達もびっくりしている香姫を心配して急いで近づく
そして乱丸と柴田勝家は守るような陣形を取る。

ミシェル「大丈夫です、怪我はありません」

的場卓「香ちゃん!お前!」

近づいたミシェルは怪我がないことを確認し
卓は自分の妹同然の香姫に飛び掛った音速丸に対して怒りを露にして短杖を向ける。

川田章吾「コイツ、やっぱりどっかの刺客の回し者だったか!?」

本当の姿を表した音速丸に対しレミントンM31に全弾を装填して確実に殺すつもりで
同じ愚を犯すつもりは無く今度は卓を援護するように銃口を向けた。

【ふくろ】

[武器]
 短杖×1(呪文を唱えることで剣に変化する職業専用武具。スグル専用){スグル}
 妖刀ざっくり丸×1(栗のイガで作った刀らしき物){パック}
 杖×1(呪文を唱える事でトライデントになる長い杖。美鶴専用){ミツル}
 姫鶴一文字×1(謙信の愛刀、史実に置いても同じ){謙信}
 レミントン M31×1(ポンプアクション式ショットガンの定番。 レミントン社の製品らしく堅牢な構造となっており耐久性が高い
前回のプログラムで撃ち抜かれた為一部に穴が開いている){章吾}

[防具]

[アクセサリー]
 炎竜の腕輪×1(ブランチと呼ばれる自警団の構成員“高地人(ハイランダー)”の証 )
バードコール×1(川田の恋人が送ってくれた物、とても大切な物)

[回復]
食料の詰め合わせセット×8
(パン、肉類などの食べものが入っている)
・ブルーベリィ×30
(HPを少し回復する)
・ブラックベリィ×30
(MPを少し回復する)
・アクアベリィ×20
(毒を浄化する)
・アルテミスリーフ×19
(異常を回復する)

[食材]
食料の詰め合わせセット×10(パン、肉類などの食べものが入っている)
[その他]
(美鶴&卓共通)旅人の証×2
(卓)宝玉×4(幻界に散らばる宝玉。旅人が手に入れることで、旅人の能力(アビリティー)と許容量(キャパシティー)をアップさせる。5つの玉を集めることで、運命の塔への道が開かれるという)
(美鶴)宝玉×4
・マンドレイク×7
(根に毒を含む植物)
・単三電池×19
(機械などに使用できる)
・ロープ×2
(縄でできている頑丈タイプ)
・ライト×3
(明かりを灯すことができる)
・ライター
(小型で、火を灯すことができる)

[ゴールド]
968990ゴールド
ゴールド
[メモ]
四つ目の宝玉を手に入れた、今後のイベントにて旅人としての目的を思い出して覚醒
手始めにJAPANを織田家の元に統一する事を宣言する。
願いを叶える事の出来る十戒の使徒のタグを知るあるいは手に入れる。

[ストーリーチャート]
JAPAN(秘境グンマー内浮遊大陸)


[判明している魔法]

弾(バウンド)35/(残り可能使用回数)35回 手や杖からバスケットボールくらいの気弾を飛ばして攻撃する魔法。

消影(バニッシュ)6/6回 自身を一定時間、透明にする魔法。姿を消すだけで気配などは消すことはできない。

剣化 ∞/∞ 旅人となって始めて使用できるようになった魔法。武器である杖を、刀身を具現化し
剣に変化させることができる。

癒(トリート)7/7回 幻界人(この場合他の人間)を治療できる

分身(トリックス)4/4回 自分の肉体を何体も出すことが出来る

魔法矢(マギステルボウ)25/25回 爆発したり、突き刺さる魔法で出来た矢を放つ魔法。

流星弾(シューティングスターバウンド)20/20回 流星の如く追尾する気弾。

散弾(スラグバウンド)20/20回 広範囲に渡って散弾状に分裂する気弾。

暗黒弾(ブラックホールバウンド)10/10回 無属性の究極であるブラックホールの気弾。

甲壁(デファンスール)20/20回 目の前に星状のシールドを展開させて、攻撃を防御する魔法。

吸収甲壁(ホールデファンスール)10/10回 相手の攻撃を吸収する黒い星状のシールドを展開する攻撃を防御する魔法。

封印魔法 破天バスターブレイバー1/1 旅人の持つ必殺技

[保有スキル]

(謙信)軍神の威光
戦国ランスに置いてその効果は存在するだけで放たれる威圧により、「敵軍全体の行動回数を−1」そしてさらに「初期の戦果を増やす」である。
これを格ゲー風に説明すると
「相手のパワーゲージの増加速度を遅くする」「ラウンドの開始直後に相手の体力を少し減らす」となる。

(卓)勇者の力
未来を見通すが変えられない呪われた力。
それに至る過程までの細かい部分は見えず、起こるであろう未来がそのまま彼のみに見えるため
見た未来を覆す分岐点も分からない為恐らく変えようがない未来視の能力。

1ヶ月前 No.1479

十六夜リコ☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1477 プライマリー

【聖英学院桜ヶ丘 1−Aの教室】

※新条アカネ
「きゃあっ!?
 あぐっ…」

『セコンダリーの攻撃で強く後ろに吹き飛ばされたアカネは身体のバランスを崩し、
 そのまま背後にあった机の角へと自分の後頭部を直撃させてしまい、
 あげくの果てに崩れるように座り込んで意識を失ってしまうのだった』

※二階堂悠
「…」

※男子生徒たち
「…」

※女子生徒たち
「…」

花園花鈴(ブレザー)
「…」

ペスト(ブレザー)
「…」

『そしてアカネが意識を失った瞬間、とつぜん悠たちは沈黙してしまい、
 かと思えばまるで糸が切れた人形のように次々と床下へと倒れ込んでしまう。
 その光景はまるで、生徒たちの墓場を象徴しているかのような感じだった』

十六夜リコ(ブレザー)
「ブラッシュ、ミル…もう大丈夫よ。
 二人とも、よくがんばったわね…」

『いっぽう突然の出来事に困惑を隠せないリコだったがブラッシュとミルの元へと駆け寄り、
 倒れている花鈴とペストに動揺しながらもプライマリーを真似るような感じで、
 ブラッシュとミルを優しく両腕で包み込むように抱きしめて安心させてみせるのだった』

[所持品]
1…はやぶさの剣×1【武器】{花園花鈴}
2…炎のブーメラン×1【武器】
3…くじけぬ心×1【アイテム、非売品】
4…通行書×1【アイテム、非売品】
5…ラーの鏡×1【アイテム、非売品】
6…パワースター×5【アイテム】

[メモ]
1…珍しい紅茶を見つける(BY:ベアトリーチェ)。

[ゴールド]
3112ゴールド

1ヶ月前 No.1480

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1480
プライマリー
『ようやく落ち着きを取り戻したのですか…(ひと安心して)』

セコンダリー
『ようやく救出できたか…(ため息)』


マザードラゴン
『ブラッシュとミルちゃんはご無事でしたか…(なんとも言えない感動を)』


ブラッシュ
『リコ姉ちゃん〜!怖かったぜ…!
(怖かったと訴えながら優しく抱きしめてもらってひと安心して)』

ミル
『リコお姉ちゃんも無事なの…?(リコの身を案じて)』

1ヶ月前 No.1481

朝比奈みらいたち☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1479 チームOZ

【〜JAPAN・織田家天守閣〜】

※音速丸
「うえへへへへ…お姉ちゃ〜ん♪
 ぬぐおおおぉぉぉ〜!?
 か、会心の一撃…」

『もはやおやじ顔で勢いよく香姫に接近を試みた音速丸が完全なる勝利を確信したその瞬間、
 香姫が投げた飛影のパンチが不幸にも顔面に激突してしまい、
 そのまま耐えきれず床下へと崩れ落ちてしまうのだった』

朝比奈みらい(橙色の着物)
「ねえリコ、あの鳥さん……助けたほうがいいのかな?」

十六夜リコ(紫色の着物)
「う〜ん…あいにく、なんともいえないわね」

花海ことは(花柄の着物)
「…」

モフルン
「…」

『いっぽう信長たちの背後で音速丸を救出しようかと、小声でリコに相談しはじめるみらい。
 もっともリコは状況が状況なだけに、音速丸を救出していいものかと考えはじめてしまう。
 だがことはだけはなぜか、真剣な眼差しで音速丸を見つめていた。
 そしてモフルンもことはの様子を見ながら、何かを察しはじめていたのである』

[所持品]

[メモ]

[ゴールド]

1ヶ月前 No.1482

十六夜リコ☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1481 プライマリー

【聖英学院桜ヶ丘 1−Aの教室】

十六夜リコ(ブレザー)
「え、ええ…わたしは大丈夫よ」

『ブラッシュとミルを抱きしめたまま、笑みを浮かべて返答してみせるリコ。
 だが状況が状況なだけに心の中ではどこか不安を思う気持ちが強く、
 いっそう夢ならば目を覚ましたいと、
 幾度も心の底から願わずにはいられない心境でもあった』

十六夜リコ(ブレザー)
「と、とりあえず一度、ここ(教室)から出ましょう」

『そして悠たちが倒れている光景はブラッシュとミルには酷だと考えたリコは、
 プライマリーたちといっしょに教室から外に出ることを提案してみせる。
 また、ブラッシュとミルに危険が迫るかもしれないと考えての判断だった』

※新条アカネ
「…」

※男子生徒
「…」

※女子生徒
「…」

花園花鈴(ブレザー)
「…」

ペスト(ブレザー)
「…」

『いっぽう、アカネたちは未だにその場で意識を失ったまま倒れ込んでいる状態であった。
 だが不思議なことにアカネを含む全員から呼吸をする音がまったく聞こえず、
 まるで洋服店に展示している沈黙のマネキン人形を想像させる光景でもあった』

[所持品]
1…はやぶさの剣×1【武器】{花園花鈴}
2…炎のブーメラン×1【武器】
3…くじけぬ心×1【アイテム、非売品】
4…通行書×1【アイテム、非売品】
5…ラーの鏡×1【アイテム、非売品】
6…パワースター×5【アイテム】

[メモ]
1…珍しい紅茶を見つける(BY:ベアトリーチェ)。

[ゴールド]
3112ゴールド

1ヶ月前 No.1483

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1483
プライマリー
『ご無事でなによりですわよ…
(ようやく無事を確認して少し安堵の表情)』

セコンダリー
『リコ殿に感謝するぞ!
(ブラッシュとミルを救ってくれたリコに感謝して)』


マザードラゴン
『リコさんのおかげで助かりましたね
(胸を撫で下ろして)』

ブラッシュ
『ああ、早いとこ逃げようぜ!
(危険な状態に巻き込まれて、
リコの判断に賛同して)』

ミル
『怖いとこだから早いとこ逃げようね!
(リコに連れられてブラッシュと一緒に)』

1ヶ月前 No.1484

十六夜リコ☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1484 プライマリー

【聖英学院桜ヶ丘 1−Aの教室】

十六夜リコ(ブレザー)
「…行きましょう」

『その場で倒れて意識を失っている花鈴たちの姿が目に入るたび、
 未だ霧のように晴れない複雑な心境がリコ自身にに襲いかかるものの、
 リコはプライマリーたちといっしょに教室から出ることを決意するのだった。
 花鈴たちともう一度再開したその時、笑顔で出会えることを心の中で望みながら』

※新条アカネ
「…」

※男子生徒
「…」

※女子生徒
「…」

花園花鈴(ブレザー)
「…」

ペスト(ブレザー)
「…」

『いっぽう、アカネたちは未だにその場で意識を失ったまま倒れ込んでいる状態であった。
 不思議とリコたちが教室の扉を開けて廊下に出るまで誰一人、未だに身動きも取らない状態である。
 そして窓の外ではいつの間か、学校全体が深い霧全体で覆われている現象が発生していた』

[所持品]
1…はやぶさの剣×1【武器】{花園花鈴}
2…炎のブーメラン×1【武器】
3…くじけぬ心×1【アイテム、非売品】
4…通行書×1【アイテム、非売品】
5…ラーの鏡×1【アイテム、非売品】
6…パワースター×5【アイテム】

[メモ]
1…珍しい紅茶を見つける(BY:ベアトリーチェ)。

[ゴールド]
3112ゴールド

1ヶ月前 No.1485

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1485
プライマリー
『気を付けて行きましょう…
深い霧ですね…
(深々と漂う霧に、不安にさらされながらリコに連れられて)』

セコンダリー
『感謝する、リコ殿…

不気味な深い霧か…
(いきなり出現した怪しい深い霧に警戒しながら、
リコに感謝の意向を伝えて)』

マザードラゴン
『もうひと安心していいですよね…
(深い霧が気がかりながらも、
ようやく少なからず安心感を感じられて)』


ブラッシュ
『なんだよ見えづらいな〜
ミルはおれが守ってやるからよ♪
(出現した霧をうっとうしいと思いながらも、
霧を怖がるであろうミルの事を大事に思ってあげて)』

ミル
『なんなのこの霧って…怖いよ〜…
(見通しを遮る深々と出現した漂う霧を怖がり、
プライマリー、セコンダリー、マザードラゴン、ブラッシュの真ん中に囲われて守ってもらい)』

1ヶ月前 No.1486

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1485
プライマリー
『申し訳ありませんわ、あまりレスが思い付けなかったので、
主様の『霧のように心が晴れない』、
というキーワードから霧のシチュエーションを勝手に考えてみました…』


セコンダリー
『もし主殿さえよろしければ、我らの勝手に考えたレスに乗っかっていただけないだろうか…』

1ヶ月前 No.1487

十六夜リコ☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1486 プライマリー

【聖英学院桜ヶ丘 1−Aの教室】

十六夜リコ(ブレザー)
「先生や生徒たちの件もあるから一度、学校から外へ出ましょう。
 まあ…発生した霧は気になるけど、今はそんな悠長なことは言っていられない状況だから。
 さあ行きましょう!」

『リコは職員室へ行くことも考えはしたものの、悠や生徒たちの豹変した件で再度、
 危ない状況に陥りかねないと判断し、あえてこのままプライマリーたちといっしょに学校の外へ出ることを決意する。
 現時点、自分の知らない何かの危機的状況に巻き込まれていることに警戒心を抱きながらも一人、
 先頭をきって学校の玄関へと踏み出す』

[所持品]
1…はやぶさの剣×1【武器】{花園花鈴}
2…炎のブーメラン×1【武器】
3…くじけぬ心×1【アイテム、非売品】
4…通行書×1【アイテム、非売品】
5…ラーの鏡×1【アイテム、非売品】
6…パワースター×5【アイテム】

[メモ]
1…珍しい紅茶を見つける(BY:ベアトリーチェ)。

[ゴールド]
3112ゴールド

【了解しました☆】

26日前 No.1488

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1488
プライマリー
『ではリコさん、
頼みましたわよ
(リコを信頼して)』

セコンダリー
『リコ殿に頼むからな
(すっかり信頼して)』


マザードラゴン
『リコさん、ミルちゃんとブラッシュをお願いします』

ブラッシュ
『お姉ちゃんの事頼りにしているからな♪
(ここぞとばかりにいきなり抱き付き)』

ミル
『クリスマスイブだなぁ♪
(それしか考えられない)』

26日前 No.1489

十六夜リコ☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1489 プライマリー

【聖英学院桜ヶ丘 1−Aの教室前の廊下】

十六夜リコ(ブレザー)
「ええ、まかせ…こ、こらブラッシュくん!?
 あんまりこんなことばっかりやっていると、ミルちゃんに嫌われちゃうわよ!」

『すっかりリーダーとしてみんなの先頭に立ってやる気を見せようとするも束の間、
 とつぜん抱きついてきたブラッシュに不意を付かれたかのように驚いてしまうリコ。
 とりあえずブラッシュの身体を両手で自分の身体から優しく離しながらミルに心配をかけさせてはいけないと、
 ブラッシュの目を見つめながら強気で説得してみることにしたのである』

[所持品]
1…はやぶさの剣×1【武器】{花園花鈴}
2…炎のブーメラン×1【武器】
3…くじけぬ心×1【アイテム、非売品】
4…通行書×1【アイテム、非売品】
5…ラーの鏡×1【アイテム、非売品】
6…パワースター×5【アイテム】

[メモ]
1…珍しい紅茶を見つける(BY:ベアトリーチェ)。

[ゴールド]
3112ゴールド

24日前 No.1490

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1490
プライマリー
『あらあら、
マザードラゴンさんみたいな優しい母親も、
ミルちゃんにリコさんみたいなうら若き女性も、
女性なら誰でも好きなんてブラッシュもお年頃なのですわね
(お年頃で女の子好きなブラッシュに色っぽく苦笑いして)』

セコンダリー
『ブラッシュ殿がうらやましいな
(セコンダリーよりずっと年下な、
無邪気なブラッシュを可愛らしく思い、プライマリー同様に苦笑いして)』


マザードラゴン
『こら、ブラッシュ、リコさんにご迷惑でしょう…?
(お年頃な愛しい息子ブラッシュの、
リコへの甘えん坊な抱き付き行為を何とも可愛らしいと思って優しく叱り付け)』

ブラッシュ
『リコ姉ちゃん可愛いからなぁ〜♪
(リコにもうデレデレして離れない)』


ミル
『ブラッシュの女好き♪
(ミルからもリコに抱き付いている、
ブラッシュに一緒になって抱き付き)』

ミル
『クリスマスもまた来年かぁ、
毎年短いなぁ〜もっと長かったらいいのにね〜
(寂しそうに思って呟き)』

24日前 No.1491

十六夜リコ☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1491 プライマリー

【聖英学院桜ヶ丘 1−Aの教室前の廊下】

十六夜リコ(ブレザー)
「…えっ?
 ち、ちょっと二人とも!?」

『ついプライマリーの言葉に対して耳を疑わずにはいられないリコ。
 もっともブラッシュとミルに抱き付かれているありさまで、
 いつの間か振り回される役になっていたのであった』

『しかしそんな時、あの少女がセコンダリーの背後から唐突に姿を現すのであった』

※新条アカネ(サンタクロース衣装)
「…だったら私が十六夜さんの代わりになってあげるよ?
 遅くなったけど、セコンダリーくんに私からのクリスマスプレゼントだよ☆
 メリークリスマス☆
 ん〜…セコンダリーくんの匂い♪」

『サンタクロースの衣装に身を包んだアカネはセコンダリーの背後から姿を現した後、
 そのまま問答無用でセコンダリーに抱き付き、
 さらにはセコンダリーの羽の匂いまでも嗅ぎはじめる行為に出るのだった。
 たしかに隣の教室で気絶していたはずのアカネが…』

[所持品]
1…はやぶさの剣×1【武器】{花園花鈴}
2…炎のブーメラン×1【武器】
3…くじけぬ心×1【アイテム、非売品】
4…通行書×1【アイテム、非売品】
5…ラーの鏡×1【アイテム、非売品】
6…パワースター×5【アイテム】

[メモ]
1…珍しい紅茶を見つける(BY:ベアトリーチェ)。

[ゴールド]
3112ゴールド

20日前 No.1492

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1492
プライマリー
『リコさんってば、モテ期到来なのでしょうか
(プライマリーまでも楽しそうに、からかい)』

セコンダリー
『実にうらやましいが…って…!//
貴様なにをしている…!//
(気絶していたと思われたアカネにいきなりにおいを嗅がれてぞくぞくして)』

マザードラゴン
『ミルちゃんにブラッシュ、セコンダリーさんがうらやましいです…
(もはやみているしかなくなって)』


ブラッシュ
『セコンダリーもやるじゃんかよ♪
(リコに抱き付きながらセコンダリーを冷やかして)』

ミル
『ブラッシュもセコンダリーもいいなぁ…
(やはりどちらも、
うらやましいと思って)』

プライマリー
『ことしもあとわずかですわね、
来年もよろしくおねがいします』

20日前 No.1493

十六夜リコ☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1493 プライマリー

【聖英学院桜ヶ丘 1−Aの教室前の廊下】

十六夜リコ(ブレザー)
「そんなわけないでしょう!
 そんなことより新条さん、あなた…いつの間にそこに?」

『ブラッシュとミルの抱き付きに苦戦しながらも、
 プライマリーの言葉に対してリコは思わずツッコミを入れてしまうのだった。
 そしてアカネに微かな疑問を抱きながらも問いかけてみせる』

※新条アカネ(サンタクロース衣装)
「あはは、十六夜さんってばおもしろい♪
 私は普通に教室の扉から出てきたんだけど?
 ねえ、セコンダリーくん」

『するとアカネはリコの問いかけに対して、微笑しながらも返答してみせるのだった。
 セコンダリーに抱き付いたままの状態でなお同意を求めさせるように、
 セコンダリーの耳元で甘い誘惑声を呟かせながら』

[所持品]
1…はやぶさの剣×1【武器】{花園花鈴}
2…炎のブーメラン×1【武器】
3…くじけぬ心×1【アイテム、非売品】
4…通行書×1【アイテム、非売品】
5…ラーの鏡×1【アイテム、非売品】
6…パワースター×5【アイテム】

[メモ]
1…珍しい紅茶を見つける(BY:ベアトリーチェ)。

[ゴールド]
3112ゴールド

19日前 No.1494

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1494
プライマリー
『リコさんはミルちゃん、ブラッシュちゃんに大人気ですわね〜(楽しそうに)』

セコンダリー
『貴様…!何を考えている…!
(よくわからないリコに気を付けて)』

マザードラゴン
『そこまでセコンダリーさんが…(もはや言葉をなくして)』


ブラッシュ
『本当によかったな〜
(セコンダリーを冷やかして)』

ミル
『セコンダリーみたいにモテモテになりたいよ
(ブラッシュとミルがセコンダリーを)』


プライマリー
『大晦日ですわね、新年もよろしくおねがいいたしますわね』

18日前 No.1495

十六夜リコ☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1495 プライマリー

【聖英学院桜ヶ丘 1−Aの教室前の廊下】

※新条アカネ(振袖)
「だって…セコンダリーくんには私直属の騎士になってもらいたいから。
 だからセコンダリーくん、改めて世界変革同盟に入ってくれない?
 そうしたらう〜んとかわいがってあげるから♪」

『サンタクロース衣装から振袖衣装に変化したアカネはそのままゆっくりとセコンダリーから離れた後、
 プライマリーとマザードラゴンに笑みを浮かべながら本音を語ってみせた。
 そしてその後、セコンダリーに自分の身体を寄せながら甘えるように同盟を結ばせようとアカネは説得を試みる』

十六夜リコ(ブレザー)
「そ、それってつまり…う〜ん」

『するとリコはセコンダリーがプライマリー直属の騎士だったことを思い出し、
 アカネはプライマリーからセコンダリーを強奪するのが今回の目的だったと改めて理解するのだった。
 もっともセコンダリーの性格から見てリコは、アカネ側に寝返るかもしれないなどと考えはじめてしまう』

[所持品]
1…はやぶさの剣×1【武器】{花園花鈴}
2…炎のブーメラン×1【武器】
3…くじけぬ心×1【アイテム、非売品】
4…通行書×1【アイテム、非売品】
5…ラーの鏡×1【アイテム、非売品】
6…パワースター×5【アイテム】

[メモ]
1…珍しい紅茶を見つける(BY:ベアトリーチェ)。

[ゴールド]
3112ゴールド

【今年もよろしくお願いします♪】

15日前 No.1496

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1496
プライマリー
『わ、わたくしのセコンダリーを何だと思っているんですの?
(負けじと色っぽい誘惑をかけて)』

セコンダリー
『誰がこんな輩など…だいたい、何が直属だ!(かなりムキに)』

マザードラゴン
『セコンダリーさんをめぐって取り合いなんて…
(かえってうらやましいと思って)』


ブラッシュ
『セコンダリーがプライマリーから寝返って離れる訳ないよな…(不安になり)』

ミル
『寝返らないで、プライマリーさん直属の騎士でいてあげて…(ミルもそう思い)』

15日前 No.1497

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

プライマリー
『本年もよろしくおねがいいたしますわね』

セコンダリー
『本年も我らをよろしく頼む』

マザードラゴン
『わたしとブラッシュ、ミルちゃんをよろしくおねがいいたします』


ブラッシュ
『ミルと母ちゃんと一緒だからな(子供らしい)』

ミル
『ブラッシュとブラッシュママと一緒だからね〜(みんな手繋ぎ)』

15日前 No.1498

十六夜リコ☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1497 プライマリー

【聖英学院桜ヶ丘 1−Aの教室前の廊下】

※新条アカネ(振袖)
「だって私、セコンダリーくんのこと…好きになっちゃったんだもの。
 ねっ、セコンダリーくん♪」

『アカネはあえてプライマリーに見せつけるかのように、
 セコンダリーに抱きつきながら全員の前で大胆にも告白してみせる』

十六夜リコ(ブレザー)
「えぇっ!?
 し、新条さんがセコンダリーくんを…」

『するとリコは口を開けたまま驚きを隠せない表情を浮かべてしまい、
 ただひたすらセコンダリーとアカネを交互に見る動作を繰り返し行ってしまう。
 それくらいアカネの告白はリコにとって衝撃的なものだったのである』

[所持品]
1…はやぶさの剣×1【武器】{花園花鈴}
2…炎のブーメラン×1【武器】
3…くじけぬ心×1【アイテム、非売品】
4…通行書×1【アイテム、非売品】
5…ラーの鏡×1【アイテム、非売品】
6…パワースター×5【アイテム】

[メモ]
1…珍しい紅茶を見つける(BY:ベアトリーチェ)。

[ゴールド]
3112ゴールド

12日前 No.1499

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1499
プライマリー
『セコンダリーの事を…!?
わたくしの騎士ですのよ…!?
(アカネにムキになって)』

セコンダリー
『某は、小娘になど興味ない!(アカネの興味などないと)』

マザードラゴン
『あの誘惑のしかた…
(大胆に抱き付いてきたアカネを恥ずかしそうに思い)』


ブラッシュ
『セコンダリーがうらやましいよ
(子供には刺激が強すぎて興奮して)』

ミル
『本当にそうね、セコンダリーがうらやましいわよ…
(セコンダリーに抱き付いてきたアカネを恥ずかしそうに)』

>>1500 行ったよ♪』

12日前 No.1500

十六夜リコ☆/eTm.Mop6gE ★1mxEzURZNn_mgE

>>1500 プライマリー

【聖英学院桜ヶ丘 1−Aの教室前の廊下】

※新条アカネ
「え〜…私の騎士の間違いじゃないの?
 ねっ、セコンダリーくん♪」

『アカネはプライマリーの言葉を否定するような意地悪な態度を見せ、
 未だセコンダリーに甘えるように抱きついたままの状態である。
 もはやアカネの目にはセコンダリーしか見えていないような感じの態度のようで』

十六夜リコ(ブレザー)
「た、たしかに積極的すぎるわよねいくらなんでも…」

『そしてリコもアカネの態度を目の辺りにすると、ミルに同意せざるをない様子であった。
 ただブラッシュの性格から見て今後、女好きが酷くなりそうだと今から心配せずにはいられなかったのである』

[所持品]
1…はやぶさの剣×1【武器】{花園花鈴}
2…炎のブーメラン×1【武器】
3…くじけぬ心×1【アイテム、非売品】
4…通行書×1【アイテム、非売品】
5…ラーの鏡×1【アイテム、非売品】
6…パワースター×5【アイテム】

[メモ]
1…珍しい紅茶を見つける(BY:ベアトリーチェ)。

[ゴールド]
3112ゴールド

【おめでとうございます!】

11日前 No.1501

プライマリー☆G8awJ7859Ss ★DOCOMO=68emtaFkTZ

>>1501
プライマリー
『大きな間違いですわよ…!
(セコンダリーは自分の騎士だと、ムキになって反論して)』

セコンダリー
『いいから近寄るなよ…//
(いい加減に離れてほしいと照れながら)』

マザードラゴン
『セコンダリーさんも、
たじたじですね…
(少し苦笑いして)』


ブラッシュ
『あはは、セコンダリーのやつ本当にうらやましいよ(同じ事ばっか繰り返して)』

ミル
『やっぱセコンダリーも、
人間の女の子に興味あるのかなぁ…
(自分にも興味あるのかと思って)』

ミル
『主様ありがと!(微笑み)』

11日前 No.1502
切替: メイン記事(1502) サブ記事 (6) ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。