Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(932) >>

Dグレ.黒の教団へようこそ!!【2】

 ( なりきり掲示板(D.Gray-man) )
- アクセス(1547) - ●メイン記事(932) / サブ記事 (9) - いいね!(0)

神田・由理香 ★e2hPyOyFQ5_bPS

ここはD.Gray-manの世界で黒の教団に入団し、自由気ままに生活するところです。
ちなみに前回の『Dグレ、黒の教団へようこそ!!』の続きです。
前回のスレにいた方も今回始めましての方の是非お入りください。

では簡単にこのスレのルールを説明しますと・・・・

1.荒らしは止めてくださいね。
2.最低でも1ヶ月に1回は来てください。
  用事などで来れそうにない場合はキャラキープしますので連絡を入れてください。
  連絡無しで1ヶ月以上来られなければスレ主の気まぐれでキャラリセします。
3.一人二役までです、オリキャラもOKです。
  ただしオリキャラ&オリキャラは止めてください。
  本キャラとの兄弟設定もなしです。
4.オリキャラの場合はプロフィールを書いてください。
5.戦闘・恋愛などは自由ですが過激過ぎない程度に自重してくださいね。

次にプロフィールの書き方をしますね。

氏名:(漢字の場合は読み仮名も書くこと)
性別:
年齢:
性格:
容姿:
備考:(経歴・特徴など)
立場:(エクソシスト、ノア、科学班、医療班、鴉など
    エクソシストとノアの場合はイノセンスの形状、能力わかいてください。)

スレ主は神田ユウとオリキャラをしたいと思います。
それではみなさん楽しんでくださいね。

※警告に同意して書きこまれました
7年前 No.0
メモ2011/10/22 18:20 : 神田・由理香★e2hPyOyFQ5_bPS

〜キャラ〜 (スレ主:◎、キャラリセ間近:●)


◎神田 ユウ       :>>1

◎蒼月 由理香       :上と同じ

 アレン・ウォーカー    :>>7

 ラビ           :上と同じ

 ラクア・オーシャン=フロー:>>81

●リナリー・リー      :>>45

●ラルザ・ファイザード   :>>53

●ハワード・リンク     :上と同じ

●連            :>>57

 ルカ           :>>102

 ルナ           :上と同じ

●フェル・ローゼン     :>>188

●シャルル・ペイリン    :>>288

 霧野 恵         :>>309

●氷竜 和波        :>>357

 黒月 瑠璃        :>>360

 仲嶋 くるみ       :>>527>>591(ティキと本体が同じ)

 ティキ・ミック      :>>863(くるみと本体が同じ)

●眞城 癒柚架       :>>546

 コムイ・リー       :>>564

 リーバー・ウェンハム   :上と同じ

 リーナ・フィリア     :>>818

 ロード・キャメロット   :上と同じ


〜カップル成立〜

なし


〜キャラリセ報告〜

…続きを読む(8行)

切替: メイン記事(932) サブ記事 (9) ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10


 
 
↑前のページ (882件) | 最新ページ

ラクア@rakua ★SGO5EeTuBw_U6Q

由里香>
怪訝そうな顔をし、首を傾げる。

「“報酬”?…ちゃんと、俺にとって利益になる物なのか?」

由里香を振り返り、正面から見つめる。


神田>
ニヤリ、と笑うと

「作ってくれるってよ、解毒薬。」

と、神田の肩をポン、と叩く。
そして、由里香に貰った薬の瓶を軽く振ると、

「まあ、お互い頑張ろうぜ。」

ラクアは不敵に微笑んだ。

7年前 No.883

氷竜 和波@rakua ★SGO5EeTuBw_U6Q

【おおっと、キャラリセ間近になるまで放って置いてすみません。
 これからテストなので、11月の20日くらいまで来れません。キャラキープお願い致します。】

7年前 No.884

神田・由理香@reneru ★PSP=0bqQculvZ4

瑠璃>
由理香:「・・・どーゆー心境の変化?
     さっきは自分が献体になる代わりに他の奴らに
     手を出すな的なことを言ってたのに。

     余程物好きかただのドMか・・。」

ラクア>
由理香に解毒薬をかけられたことにより元の姿に戻る神田。
 神田:「あぁ、俺の場合は頑張らなければ
     さっきより悲惨な姿にされるらしいしな。」
由理香:「報酬は・・・・ラクアの表面は嫌がりそうだケド
     本心は喜ぶんじゃないかな?
     利益かどーかは君の想像にお任せするよ。」
あくまでも僕の予想だから、実際あげたときにどう思うのかは
知らないなと付け足す。

和波>【分かりました。】

7年前 No.885

瑠璃@hidoriasuk ★L0Qky0YlfM_EP8

瑠璃「別に、ただの退屈しのぎってところかな。
一応いっておくけれど私はMでもSでもないからね。」

Mといわれてむっとすねたような表情で訂正をし

>由理香

7年前 No.886

ラクア@rakua ★SGO5EeTuBw_U6Q

神田>
神田の言葉に苦笑し、

「じゃあ、死ぬ気で頑張らないとな。」

と、元に戻った神田を見上げる。


由里香>
眼を細め、由里香の言葉の意味を見極めようとするが
由里香相手に無駄なことだと思い直し、普段の仏頂面に戻る。

「分かった、一応期待しておく事にする。」

はぁ、と溜息をつき部屋から出て行く。


コムイ>
何処からかラクアが現れ、コムイの背後に音も無く忍び寄ると
由里香から貰った薬「幻夢薬−苦−」を頭からかける。

「悪いな、文句なら由里香に言ってくれ。」

と、無表情で言うとコムイの視界から姿を消す。

【絡みますねー。】

7年前 No.887

ゴマ ★RpqIvwWJPo_uZ4

ラクア>やっぱり神田の性格をコピーしてる!
してるさ!
神田・由理香>元に戻りましたか、僕らと一緒にご飯を食べませんか?(ニコッ)
俺らと食べようさ

7年前 No.888

神田・由理香@reneru ★PSP=0bqQculvZ4

瑠璃>
由理香:「にゃはは、ごめんごめん。
     でも、退屈しのぎに献体をかってでるなんて
     やっぱり君は物好きだよ。
     危ない劇薬を試されるとかは思わないわけ?」
冗談めかしに言い、笑っているものの
真意を探るような眼で相手を見る。

ラクア>
 神田:「そうだな、ほんとつくづく由理香に振り回されるな。」
由理香:「うん、期待しておいてねラクア♪
     ユウはイマイチやる気になれなそーだし・・・。
     そーだ! やる気になってもらう為にも
     失敗したら腐敗した汚物の姿に変えるからねっ☆」
清々しい笑顔でとんでもない発言をする。
 神田:「今すぐ行ってくるっ!!!!!」
由理香の発言を聞き、顔色を変えてすぐさまリーバー捕獲へ向かう。

リーバー>
リーバーの背後から神田が現れると
突然、リーバーを縄で縛りあげ 猿ぐつわと手錠をはめる。
 神田:「悪いがこれ以上、解毒薬を作らせるわけにはいかない。
     由理香を怨めよ?」
と、言い残して去る。【すみません、絡みますね。】

アレン・ラビ>
 神田:「・・・・俺はいい。」
由理香:「僕は食べるよ♪ 食堂行こっか♪♪」

7年前 No.889

アレン&ラビ ★RpqIvwWJPo_uZ4

由理香>何か女の子なのに一人称は「僕」って言って僕と被りませんか?それとみんな、混乱しませんか?(ニコッ)
確かにそうさね、でもそれはそれでかわいいさ[食べてる]

7年前 No.890

神田ナツキ@tukikami ★RTXgBQTmDC_DMy

とある倉庫(2人ともそこに入れられた)

リーバー「室長!
     どうしてここに居るんですか!?」

コムイ「わー、君は誰だー!
    そして、ここは何処なんたー!」
阿呆がもっと阿呆のなった

リーバー「くそう、たくらみは由理香か
     俺を甘く見るなよ(ニヤリ 」
ポケットからナイフを取り出し縄を解いた

リーバー「あいつにも知らない通路とかあるからな
     隠れながら、これを解決しよう
     ・・・室長は、居てください」
リーバーがコムイを捨てた!!

【すまん、リーバーは逃げ出してこっそり何所かに居るんで】

7年前 No.891

神田・由理香@reneru ★PSP=0bqQculvZ4

アレン・ラビ>
由理香:「僕の一人称のことなんて今更でしょ。
     口調や言動で女ということぐらい普通に識別できると
     思うし、混乱も起きないよ。
     それに僕は敬語で話さないからそうアレンと被らないし
     被ったとしても僕が一人称なのは僕だけじゃない。」
ケーキを食べながら淡々と言う。

インテリーず>
由理香:「チッ。」
とある部屋が写る監視カメラを見つめて盛大な舌打ちをする由理香。
そこにリーバー捕獲の任務から戻った神田が来る。
 神田:「由理香、リーバーは捕獲したから−・・
     ・・・何、舌打ちしてんだよ。」
由理香:「逃げやがったんだよ。」
忌々しそうに吐き捨てる。
 神田:「!!? 縄だけじゃなく、手錠もしたのにか?」
由理香:「安心しなよ、一応リーバーは捕獲したから成功ってことで
     ユウは元の姿のままで構わない。
     問題はリーバーだよ、野放しにしておけない。」
 神田:「どうするんだ?」
由理香:「しらみ潰しにさがしていくローラー作戦で。
     目撃しだい再度捕獲、
     抵抗するなら多少手荒だろうが取り押さえる。」

7年前 No.892

インテリーず@tukikami ★RTXgBQTmDC_DMy

リーバー「たぶん、由理香のことだから監視カメラとかで見てるだろな・・・」

由理香>「おい、見てるんだろ。お前頭おかしくなったんじゃないか
     教団で何したいんだよ(天井に向かって叫ぶ 」

    「とにかく、じゃあな、これで俺の姿はおさまるまで当分見えないだろうよ」
と、言い残してリーバーは消えた

7年前 No.893

神田・由理香@reneru ★PSP=0bqQculvZ4

リーバー>
由理香:「おーおー、リーバーが何か言ってる。
     バカだな、僕の脳は至って正常 これは性格の問題さ。
     僕はただ楽しみたいんだよ、
     教団大パニック的なことを起こしてさ。」
それには解毒薬を製作するリーバーが邪魔なんだよねと一人呟く。
 神田:「リーバー、逃げきる自信ありって感じだな。」
由理香:「無理だね、僕が相手だから♪
     面倒だしイノセンスで片っ端から部屋を消滅させるか。」
部屋と一緒にリーバーも消滅☆という考えらしい。
 神田:「どんだけ損害させる気だ、ヤメロ。」
由理香:「じゃあ、部屋の出入り口なくして袋の鼠にしようか。」

7年前 No.894

ルカ&ルナ ★PadzzTxNwj_EP8

由理香>
ルカ:十年薬α、ねぇ‥‥‥。
   その薬まだある?(興味津々
ルナ:くろの‥‥きょうだん‥‥?
   ふーん‥、変わった名前だn‥ですね。(少し目をそらす

ラクア>
ルカ:ひどっ
   私がラクアにいつも迷惑かけてるみたいな言い方じゃん!(実際かけてるから!
   ‥?私も今から薬ぶっかけるつもりだけど‥‥‥教団の人たちに。
ルナ:‥‥‥‥。
   ちょっと出かけてくる。(巻き込まれたくなかったので、そっこう去っていった
ルカ:え、ちょッッ!‥‥行っちゃった‥。

7年前 No.895

ラクア@rakua ★SGO5EeTuBw_U6Q

由里香>
ん、と空の瓶を由里香に返す。

「コムイの奴に薬、かけてきたぞ。」

由里香の目前に右手を出し、報酬を催促する。


神田(&由里香)>

「全くだ。」

と、一言だけ言い力強く何度も頷く。

「…俺がリーバー捕獲してくるか?」

リーバーが逃げたことを知ると、(由里香に捕獲させると後々面倒なので)自ら捕獲役をかってでる。


ルカ>
暫く考え込むような仕草をすると、

「お前が俺をトラブルに巻き込まない事があったか?」

と、真顔で問う。
本人は至って真面目である。


ルナ>
ルナと二人にされると色々な意味で危険なので、急いで後を追いルナの腕を掴む。

「…待てよ。」

低く呟くと、鋭くルナを睨む。

7年前 No.896

ルカ&ルナ ★PadzzTxNwj_EP8

ラクア>
ルカ:ありました!(こちらも真顔で/うそつけっ
   ‥って、返答の途中でどっか行くのやめてよ!
   ちょ、本気で!!(と、二人のあとを追う

ルナ:‥何で来たんだよ。
   あのまま話しに夢中になっててくれたらよかったのに‥‥(少し不機嫌に言う
   (心中:まあ夢中も何も、あいつと2人きりってのが嫌なんだろうけど‥。)

7年前 No.897

神田・由理香 ★e2hPyOyFQ5_bPS

ルカ・ルナ>
由理香:「勿論、あるよ。 いる?
     今ならもれなく10年後の姿になる十年薬βもついてくるよ♪」
藍色と緋色の液体が入った小瓶を見せて訊く。
由理香:「まぁ、確かに変わってるよね。
     というか・・・どーして、目を逸らすのさ。」

ラクア>
由理香:「報酬だね・・・・はい、どーぞ♪」
淡い黄色の錠剤の入った小瓶を渡す。
由理香:「幻夢薬−楽−だよっ♪
     これを服用して眠れば
     毎日幸せな夢を見られること間違いなしっ!」
 神田:「お前の薬に散々巻き込まれたラクアへの
     報酬が薬ってどうなんだ・・・・・。」
由理香:「全く失礼しちゃうなー、報酬だから服用に強制はしないよ。
     破棄したいならすればいいし、他用で使用も有り。」
ただ・・・と由理香がラクアにしか聞こえない小さな声で続ける。
由理香:「ラクアの精神がユウを望めばユウの夢が見れちゃうよ♪」
と、楽しげに言う。
由理香:「ラクアがリーバーを捕獲してくれるの?
     それは有り難いケド、急にどーしたの?
     別に僕がリーバーを捕獲したところで取って喰いはしないよ。」
 神田:「お前なら・・・・・しそうだ。」

7年前 No.898

ラクア@rakua ★SGO5EeTuBw_U6Q

由里香(&神田)>
渡された小瓶を手の中で軽く弄びながら、由里香の説明を聞く。

「あぁ。これがさっき言ってた“幻夢薬−楽−”か。」

安全なのか?と疑わしそうに由里香を見る。

「な"っ!!///////
 んなもん望まねェよッ!!/////」

耳元で囁かれた言葉に反射的に神田の方を見てしまい、慌てて顔を赤くしながら否定する。

「俺が行って来る代わりに…。」

はい、と右手を差し出し、報酬をねだる。


ルカ>

「…まぁ、とりあえず、リーバーの捕獲に行って来る。」

ルカの言葉を完全無視し、さっさと退散する。


ルナ>
ふん、と拗ねたように顔を背ける。

「…あいつと二人なんて、何されるか分かんねェし。」

忌々しげに呟く。


リーバー>

「おい、コラ。俺から逃げられると思ってんのか?」

いきなりリーバーの目前に現れると抜刀し、壁際に追い詰める。

【すみません、絡みますね。】

7年前 No.899

インテリーず@tukikami ★RTXgBQTmDC_DMy

リーバー「抜刀でもなんでもご勝手にどうぞ?
     いちよう、俺も科学班班長だから
     敵による攻撃が効かないようにする薬だって作れるから(ニッコリ 」

と、突然リーバーがラクアに薬をかけた

リーバー「由理香にこう伝えろ
     『お前だって薬が作れるがな、その薬の効果とかは俺に負けるんだよ』」




リーバーはラクアにこっそりこう言った
これ、もう片一方の薬かけるまで俺を裏切る事はない薬だよ
こっちにも1人くらい見方がいたほうが安全だしな

7年前 No.900

神田・由理香@reneru ★PSP=0bqQculvZ4

ラクア・リーバー>
由理香:「効果と安全性は保証するさ。
     勿論リーバー捕獲が成功すれば報酬は出すよ?」
いってらっしゃい☆ とラクアを見送る。
 神田:「ラクア、大丈夫なのか?」
由理香:「さぁ? どーだろーね。 見てみなきゃ。」
 神田:「様子を見れるのか?」
由理香:「さっきラクアに小型カメラをこっそりつけたの。」
 神田:「・・・・・ほんと抜かりねェよな。」
そして、由理香と神田で事の成り行きを見守る。
由理香:「あーぁ、残念。
     ラクアがリーバーの手駒になっちゃったか。」
ラクア強いからなー、相手にしたら面倒だよねーと一人グチる。
由理香:「しかも、僕の薬の効果がリーバーより劣るなんて
     随分なこと言ってくれんじゃん。」
 神田:「・・・・・・・。」
    (しまった、由理香・・無駄にプライド高いからな。)
さらに暴走しそうだと感づき、焦り出す。
由理香:「あと、頼れるならルカルナ?
     あの子たちも強いし、
     ルカならリーバーの策に掛からなさそう。」
 神田:「俺も協力する代わりにラクアをどうにかしろよ?」
由理香:「うん、敵になると少し厄介だからね。」

7年前 No.901

ラクア@rakua ★SGO5EeTuBw_U6Q

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

7年前 No.902

神田・由理香@reneru ★PSP=0bqQculvZ4

ラクア・リーバー>
由理香:「む!? おぉっ!
     予想外、てっきり何の対策もたてずに行って
     見事にやられたのかと思っちゃった。」
そーいえば、ラクアも薬製作してるみたいだし
考え無しに突っ走るヤツでもないかと、納得するように言う。
 神田:「正直肝が冷えたぜ。
     まぁ、でもラクアだしな・・・当然と言えば当然か。
     ・・・・つーか、自ら由理香の手駒発言するとはな。」
ほっとした後、ラクアの手駒発言に苦笑いを浮かべる。
由理香:「んー、ラクアVSリーバーってゆーのも見物だねぇ。
     この先どう展開するのか楽しみだね、ユウ♪」
 神田:「・・・・・・まぁな。」
由理香:「別にリーバーが解毒薬作らないのなら
     捕獲しないんだケド、あの人作るからなー・・。」
僕の快楽をことごとく邪魔するんだよなーと、不満げな声を漏らす。

7年前 No.903

ルカ&ルナ ★PadzzTxNwj_61Y

由理香>
ルカ:いります!(即答
   てか、貰わない人とか絶対いないよねー。(うんうん、と一人で頷く
ルナ:ボソッ)‥使い道間違えそうだけどね‥‥。

   いや、えっと‥‥‥と、父さんが‥
   ‥知らない人と喋るなって言ってたの思い出したから‥。
(と、何気にバックしている。)

ラクア>
ルカ:無視!?
   え、あー‥‥行ってらっしゃい‥‥。(行くのを見送る
   ‥‥‥てか、何でリーバーさん捕獲するんだろ‥。
   ま、しったこっちゃないけどねー。(フラ〜っとその場から去る

ルナ:確かに‥‥。
   まあ、それがアイツなんじゃないかな‥‥。

7年前 No.904

インテリーず@tukikami ★RTXgBQTmDC_DMy

ラクア>
リーバー「かけるなら、どうぞかければいいじゃないか
     薬の効果で今、俺には薬は効かないから

     ラクアの手下なんだから、それくらい考えるよ。考えないバカはいないよ
     解薬剤を使っても、目的は外れるが後で苦しむから
     苦しむ程度じゃないか。死にはしないけど、体が張り裂けるくらいかなぁ」


立ち去ろうとする ↓
リーバー「あ、ラクア。その苦しみは由理香にも解けないから
     まぁ、少なくとも、1週間かな?(ニヤリ 」

7年前 No.905

ラクア@rakua ★SGO5EeTuBw_U6Q

神田・由里香>
どうやら小型カメラには無線機もくっ付いていたらしく(←え)、
ラクアは無線機を耳に装着する。

「…お前ら、俺が神田みたいな考え無しに突っ走る奴だと思ってんのか?」

と、呆れたように溜息をつく。

手駒発言はその場のノリで言ってしまったものは仕方ないので、弁解を潔く諦める。

「あー、もしも俺がその痛みとやらで動けなくなった場合は神田か誰か派遣してくれ。
 …そんな事にはならないと思うが。」

じゃあ、逃走したリーバー捕獲に引き続き当たる。と言うと早足で廊下を歩き始める。


ルカ・ルナ>
2人の様子に内心面倒くさいと思いながら舌打ちすると、気だるそうに説明を始める。

「あのな、リーバーは解薬剤を作れるんだ。
 で、由里香の数少ない楽しみを邪魔するんでリーバーを捕獲するべく、俺が派遣されてきたというわけだ。」

これより詳しいことは由里香に聞け。と面倒なことは全て由里香に回す。


リーバー>
…馬っ鹿じゃねェの。と内心毒づくが、そんな表情は微塵も出さず淡々と会話を進める。

「お前にかけるんじゃなくて、俺が飲んでたんだよ。
 それでさっきの薬が効かなかったんだ。
 …まあ、たかが俺の作る解薬剤だ。その体が張り裂けそうな痛みとやらは防げねェだろうがな。」

ラクアは会話のスピードを一切落とさず、「でも、」と言葉を続ける。

「痛みなんかは我慢してればいずれ消えるんだよ。」

不敵に微笑むと、リーバーを捕獲するため技を繰り出す。

「斬真剣“波流”っ!!」

リーバーを水で創られた数本の刀がぐるぐると取り巻く。

7年前 No.906

神田・由理香 ★e2hPyOyFQ5_bPS

ルカ・ルナ>
由理香:「じゃあ、あげるっ♪」
ルカに2つの小瓶を躊躇なく渡す。
 神田:「ソイツ・・・絶対ろくな使い方しねーぞ・・・。」
通りがかった神田が口を挟む。
由理香:「大丈夫、ルカなら絶対面白いことに使ってくれる☆」
 神田:「面白いことって・・お前らが・・・・だろ。
     ルナにもさっそく薬かけてるしよ。」
疲れたような思い溜息をつく。
由理香:「そんで、ルナも大丈夫。
     僕達はトモダチ、知らない人じゃないよ!」
人類皆トモダチなんだよと白々しい言葉を吐きながら
ジリジリとルナに近寄る。
 神田:「止めてやれよ・・・。」
由理香:「あ、そーだ。 ルカルナ!
     君達にちょっと協力してほしいことがあるんだ。
     今、教団中の人間に薬掛け捲ってるの♪」
良かったら一緒にしよーよ♪とルカとルナを勧誘する。

ラクア・リーバー>
由理香:「まぁ、ユウならともかく・・ラクアはないか。」
 神田:「お前ら・・・・それどういう意味だ。」
低い声でキレ気味の神田が問う。
由理香:「どーもこーも、そのまんまの意味だよ。
     そんでカメラにの気づいてたんだね〜♪」
気づかれずに貼り付けたつもりだったんだケド
やるなぁ・・・と感心する。
由理香:「痛みとやらの解毒薬なら僕が作って見せるよ。
     僕に作れない薬はない・・まぁ、少し待ってて。
     ルカも薬は作れるからいざとなったら頼ってみたら?」
ラクアに薬がかかり、苦痛という効能を知った後
ふむ・・と3秒ほど考え、たいしたことじゃないように言う。
由理香:「あー・・あと、さっはあげた幻夢薬−楽−。
     僕が解毒薬製作中に苦痛がきて耐えられなかったら飲むといいよ。
     苦痛の効果は消えないケド、痛みは緩和するから。」
まー・・そのかわり感覚が麻痺する上に寝なきゃいけないのが欠点だね
と、仕方なさそうに言う。
 神田:「・・・・由理香のイノセンスで消滅させる方が
     手っ取り早いんじゃねーか?」
何気なしに神田が提案する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
由理香:「あ。」
その手があったか と、いう顔をする。
 神田:「・・・やっぱりな。」
由理香:「じゃあ、耐えられなくなったら僕のとこに来なよ。
     苦痛を消滅させちゃうから。」

7年前 No.907

ラクア@rakua ★SGO5EeTuBw_J4W

由里香>
溜息をつき、呆れたように言う。

「当たり前だろう。
 神田とは違う。似ているとかよく言われるが絶対に違う!!」

本人なりに結構気にしているようで、2度繰り返した。
慌てたように咳払いをし、冷静な表情になると頷きながら話に戻る。

「あぁ。カメラには気が付いていたが、リーバーにバレるとヤバイから黙っていた。
 …少しってどの位かかるんだ?」

そろそろ痛みが襲ってきた、と顔を顰めながら舌打ちする。

「了解した。
 由里香のところまで辿り着けたらそうさせてもらう。
 だが、今はリーバーが先決だ。」

もう一度溜息をつくとその拍子に体が痛み、顔を顰めながらリーバーとの間合いを詰める。


神田>
早くもキレかかる神田に苦笑すると、また体が痛み渋い顔をする。

「どういう意味って、そのまんまの意味しかねェだろうが。」

弱々しい笑みを浮かべると、俺も駄目だな。と自嘲気味に呟く。

7年前 No.908

ルカ&ルナ ★PadzzTxNwj_9Bm

ラクア>
ルカ:ほへー。
   なーんか私、取り残された気分だよ。
ルナ:‥‥‥がんばってー。(他人事
ルカ:でも科学班って色んなもの(危険物)を製造してるから気をつけないとだね。
   教団の引越しの時もそれで大変だったらしいし‥。

由理香・神田>
ルカ:どもー♪♪さーて‥‥誰にかけよっかなー‥(ワクワク
   あ、神田いたの?(さらりと酷いことを言う
ルナ:!?(心中:また変な人がっ‥)
   え。人類皆‥トモダチ‥?‥‥じゃぁ‥
(と、何かいいかけたところで、ルカが口を挟む
ルカ:ねーねー、もうこの人元に戻したい‥‥。
   薬のフぶっ掛け合いにはちょー参加したいけど、相方がチビ姉だと戦力なんないし‥‥。
(と、姉がこんな姿になった原因が自分と言うことを忘れ、こんなことを言う)

7年前 No.909

インテリーず@tukikami ★QeC7vNu8k8_DMy

ラクア>
「・・・カメラ、か。ラクアも用心はするんだ」

リーバーの口からではなく体内から声が聞こえてくる

「ラクア、そこの俺が本当に俺なのか見極めろよな
 それ、人形だぞ上手く出来てるだろぅ(笑
 どうなるかと思ってたけど、まぁ、まんまと引っかかってくれたな」

「じゃあ、そういうことで」

スピーカが切れる音がして、その人形は溶けるように消えていった

7年前 No.910

ラクア@rakua ★SGO5EeTuBw_J4W

ルカ>
気の抜けたような声を発するルカに苦笑する。

「じゃあ、お前も来るか?
 …リーバー捕獲に、だけどな。」

実際俺だけじゃそんな戦力にならなくて困ってたんだよ。と重苦しい溜息を吐く。


ルナ>

「あぁ。由里香に任せたら教団崩壊するし、神田だと突っ走っちゃうし…。
 俺しかマシなのがいないからな。」

せいぜい頑張ってみるか、と自嘲気味に笑う。


リーバー>
目の前で溶けた人形を見て、顔を顰める。

「俺も思ったよりあの薬が効いているんだな。
 注意力散漫もいいところだ。

 …大体、あいつは魔術師か?
 あんだけ色んなもん作れんだったら室長くらいにはなれるんじゃねェのか?」

おそらく誰もが突っ込みたかっただろう事をブツブツと恨みがましく呟き、
舌打ちを一つしながら瞼を閉じると、辺りの気配を探り始める。

7年前 No.911

インテリーず@tukikami ★QeC7vNu8k8_DMy

とある倉庫

コムイ「・・・、今日何日だろ?」

今まで寝てたらしい

コムイ「そろそろここから出るかな〜
    ・・・、リーバー君一人だけで逃げたんだ

コムイはそこら辺の物とか使ってうまく脱出した

コムイ「リーバー君が仕切ってるのかなぁ・・・」

【久々に出した。絡んでやってくれ】

7年前 No.912

ラクア@rakua ★SGO5EeTuBw_J4W

コムイ>
廊下でいきなり痛みが襲ってきたため歩みを止め、必死で耐えているとコムイを発見。
驚き、眼を見開く。

「……は?
 薬は効いてねェのかよ。」

ちっ、と忌々しげに舌打ちする。

【絡みますね♪】

7年前 No.913

インテリーず@tukikami ★QeC7vNu8k8_DMy

ラクア>
コムイ「・・・」

何もいわずに通り過ぎってった

コムイ「さっきの誰だったっけなぁ。まぁ、いいか」

7年前 No.914

ラクア@rakua ★SGO5EeTuBw_J4W

コムイ>
過ぎ去っていく背中を睨み、なんとか痛みをやり過ごすと
潮風を抜刀し何事も無かったかの様に引き続きリーバーの気配を探る。

7年前 No.915

インテリーず@tukikami ★QeC7vNu8k8_DMy

ラクア>
ポンッ(手を叩く

コムイ「あー、ラタアだ、あぁ、あの子か
    苦しんでなかった?まぁいいや」

7年前 No.916

神田・由理香 ★e2hPyOyFQ5_bPS

ラクア>
由理香:「んー・・苦痛、結構キツイっぽいねー。
     あのラクアが必死だしー・・・・これは少しヤバイかな?」
 神田:「ラクアがこっちに来るまで待つ予定だったが
     迎えに行ってやった方がいいだろうな。」
由理香:「仕方ない、元帥様が直々にお迎えにいってあげるか。」
溜息を一つつき、クッキーを頬張りながら部屋を出る。
 神田:「トラブルメーカーのお前が元帥とかほざくなよ。」
俺も迎えに行く と、神田も由理香の後について出る。
由理香:「とりあえずはー、ラクアを回収して・・・・・・・
     コムイどーしよっかなー・・・・。」
忘れてたよ、少し様子見に行こうかな・・ と、ぼんやり呟く。

ルカ・ルナ>
由理香:「元に戻すの? 別に構わないケド・・・・・、
     戻した後で薬をルナにかけたことについてキレられない?」
 神田:「暴れたりしねェだろうな、お前のチビ姉。」

6年前 No.917

ラクア@rakua ★SGO5EeTuBw_J4W

由里香・神田>
舌打ちとともに顔を顰め、ゆっくりと立ち上がると壁にもたれかかる。

「由里香、神田、悪いな。そろそろ限界みたいだ。」

荒い息でずるずると座り込むと、はっ、と自嘲気味に笑う。

「くそっ、俺も駄目だな…。」

その口元からは先程までの笑みは消え、苦しそうに唇を歪めると
もはや痛みで動くのも辛い身体を無理矢理動かし、由里香から貰った「幻夢薬−楽−」を取り出すと
少量口に含み、瞼を閉じてすぐに寝息を立て始める。

6年前 No.918

インテリーず ★iPhone=OjZSCSuhpg

コムイ「そこに転んでるてと薬のまされますよー
誰も居ないけどどしたの?」

ラクアの頭に何かして、
これまでのことを読み解いた

コムイ「大変だねぇ
これ、飲み込んで」

錠剤のようなカプセルのようなものを
ラクアの口に突っ込んだ

6年前 No.919

神田・由理香 ★e2hPyOyFQ5_bPS

ラクア・インテリーず>
由理香:「ラクア発見ー♪ ・・・・・・とコムイ??」
ラクアを見つけて駆け寄ったものの
その傍らで何かしてるコムイを見て、頭に疑問符を浮かべる。
 神田:「コムイじゃねーか。 ・・・何してんだ、そんなとこで。」
同じくラクアを保護しにきた神田もまさかコムイと出くわすとは
思わなかったらしく、驚く。
由理香:「そーだ、ラクア! 大丈夫なわけ??
     とりあえず僕の薬の効果で寝てる間は楽になれるけど。」

6年前 No.920

ラクア@rakua ★SGO5EeTuBw_aVO

コムイ・神田・由里香>
すやすやと定期的な呼吸を続けていたラクアの口に突然異物が混入された。

「…むぐっ、〜〜〜〜ッ!!」

反射的に薬を吐き出し、目を覚ます。
目の前に居たコムイに“他人がこんなに近づいても気付かなかったのか…”
と驚くが、表に出さず冷静に状況を判断する。

横に居た由里香と神田に気付き、瞳を喜びで輝かせるが、それと同時に
突如襲ってきた激しい痛みにうっすらと涙を浮かべ、荒い息で2人の名を呼ぶ。

「……ゆ、りか、かん、だぁ」

“無理みたいだ”と弱々しく首を左右に振ると、
「わ、るい…」と呟き、背後の壁に再び体重を預ける。


【あけましておめでとうございますッ!!
 今年も宜しくお願いしますね^^】

6年前 No.921

神田・由理香 ★e2hPyOyFQ5_bPS

ラクア>
由理香:「何あのカプセル型錠剤は。」
コムイが飲ませようとした薬に目がいき不思議そうな顔をする。
 神田:「由理香、ラクアを頼む。」
由理香:「ん? あ・・・あぁ・・はいはい。もう限界みたいだしね〜。
     イノセンス発動。」
紅蓮のチョーカーが大鎌へと変化し、その鎌でラクアを斬りつける。
 神田:「っ!?」
由理香:「何驚いてんだよ、ユウだって何回も見てるだろ。
     大丈夫、身体は斬れてないし消滅してもない。
     消滅させたのはあくまで"ラクアの苦痛"、心配しすぎ。」
やれやれといった表情でイノセンスを解除する。
 神田:「うるせー、何回見てもヒヤヒヤすんだよ。」
お前なら人ごと消しかねないからな と、ボソッと貶す。
由理香:「ひどいなー・・・あ、ラクア大丈夫??
     今ので苦痛は消えたはずだケド具合はどう?」
 神田:「おい、ラクア。 生きてるか?」
由理香:「だから斬れてないつーの!」

6年前 No.922

神田・由理香 ★e2hPyOyFQ5_bPS

【あ、忘れてました。Σ(゜д゜;)
 明けましておめでとうございますっ!
 今年も宜しくお願いしますね。】

6年前 No.923

ラクア@rakua ★SGO5EeTuBw_aS7

由里香・神田>
振り下ろされた鎌に反射的に目を瞑るも、次の瞬間には消えうせた痛みに安堵する。
立ち上がり、ぐるぐると腕を回してみたり、身体を捻ってみたり…と
痛みが全て消滅したことを確認すると、由里香と神田に向き直り口を開いた。

「さんきゅ、由里香。危なかったぜ。
 …何とか生きているみたいだ。心配掛けたな、神田。」

ふー、と息を吐き身体の力を抜くと、先程まで見ていた夢が脳内に鮮やかに蘇り、
慌てて顔を赤くしながら2人に背を向ける。

6年前 No.924

神田・由理香@reneru ★PSP=0bqQculvZ4

ラクア>
 神田:「無事ならそれでいい・・・・何、背ェ向けてんだよ?
     顔、赤いし・・まだどっか悪いのか?」
慌てて背を向けるラクアを不審に思い、心配する。
由理香:「僕のイノセンスでそれはないよ。
     完璧に苦痛を消滅したはず。
     まぁ、赤面はさっきラクアが飲んだ僕特製の薬のせいかな。」
先ほど自身がラクアにあげた薬が思い当たって
"なるほど 夢のせいか。そりゃあ、顔も赤くなるよな"と、一人納得する。
 神田:「発熱作用でもあるのか?」
由理香:「う〜ん、発熱作用かぁ・・・ないこともないかもね♪
     大丈夫、心配する必要はないよ。
     今のラクアは辛いどころか絶賛幸せ噛みしめ中だから♪」
顔の赤いラクアを見てニヤニヤ笑い、
"一体どんな夢を見たのかなぁ、気になるなぁ☆"と、からかってみる。
 神田:「ラクアが幸せな夢を見たせい・・ということか?」
由理香:「そーそー、たぶんね。
     大方、好きな人の夢でも見たんじゃないかなぁ?
     ねぇ? ラクア?」

6年前 No.925

kw @trueno ★QWTIAqihDf_EP8

ぁぁぁあああああああああああああああぁぁぁあああああああああああああああぁぁぁあああああああああああああああ

6年前 No.926

晃樹 ★PSVita=RVHi0xFK5B

はいっていいですか?

4年前 No.927

GUMI(ノ=´∀`=)ノLOVE♪ ★FagSwxqvdH_dyG

えっと・・・・入っていい・・・・・ですか??

4年前 No.928

晃樹 ★PSVita=RVHi0xFK5B

誰もいないみたいですね

4年前 No.929

GUMI(ノ=´∀`=)ノLOVE♪ ★FagSwxqvdH_dyG

ですね。
一年前から更新ないみたいですし・・・・

あ、すいませんがサブ記事に移動しませんか?

4年前 No.930

晃樹 ★PSVita=RVHi0xFK5B

了解です。

4年前 No.931

GUMI(ノ=´∀`=)ノLOVE♪ ★FagSwxqvdH_dyG

では、私も・・・・・

4年前 No.932
切替: メイン記事(932) サブ記事 (9) ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…進行相談・設定はサブ記事をご利用ください(テスト中)。