Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(100) >>

イマジナリーフレンド(イマジナリーコンパニオン)

 ( メンタル相談所 )
- いいね!(0)

鬼遊璃@apb1131☆8IEG2KX6J3M ★C5B/poJI5tI

初めまして。鬼遊璃と申します。

私は心の病(?)のようなものを抱えていて、現在カウンセリングにも通っているのですが、これだけでは事が改善されないと判断し、記事を作らせていただきました。

それで、その心の病のことに話を変えますが、私の病気(?)は「イマジナリーフレンド」(または「イマジナリーコンパニオン」)というものです。
(ここでは「イマジナリーコンパニオン」に統一させていただきます;)
「イマジナリーコンパニオン」とは、所謂「想像上の仲間(友達)」というものです。
一見、病気ではないように見えるだろうし、実際「病気」とは全く違います。
よく、「解離性同一性障害」(←「多重人格障害」と間違えて認識されている。)と同じように見られてますが、別物です。
(かなり似ているのですが、「イマジナリーコンパニオン」と違い、こちらは記憶が飛んだり、話したり出来ないようです。)

アメリカなどの欧米諸国では、「小さい子ども」によく見られる「自我確立」のための症状(という表現では語弊がある気がするのですが)として、一般的なものなのだそうです。
(例えば、現実には存在しないアニメのキャラクターや、本来しゃべるはずのないぬいぐるみとお話をした、といったものがこれに当てはまるようです。)
(上記以外にも、自分で勝手に創り出した人物(これも勿論実在していません)と話していた、といったことも当てはまるようです。)

ただ、本来この「イマジナリーコンパニオン」というのは「自分という人格」が形成されたころ(凡そ6〜7歳)には自然と消えるものらしいのです。つまり、一般的には「幼児特有の症状」とみられているのです。

しかし、その原因はまだ分かっていないようですが、いつまで経っても残っている人もいます。(私もその一人です。)


そして私の場合、かなり「イマジナリーコンパニオン」(これから略して「イマコン」とします;)が多く、20人以上はいます。
(普段話すのは5〜6人ですが。)

最初に出てきたのは3歳ぐらいなのですが、その頃から異常で、皆でお遊戯している最中も心の中の自分(Aとします。)は「なんでこんな子供っぽいことしなきゃなんねーんだよ」と言っていたりしてました。
小学校に上がってからもずっと消える気配がなく、その内に「なんでこんなこともできねーんだよ。馬鹿じゃねぇの?」とAに言われるようにもなりました。

その後、自分でもよく覚えていないのですが、「人格転換」が起き、小さい頃の自分の主人格とAが入れ替わり、今ではA=私、小さい頃の自分が「イマコン」の一人となってしまいました。

中学に上がってからはストレスがものすごく溜まりやすくなり、それに比例するように「イマコン」の人数も増えました。
ただ、「イマコン」の皆と話している間は凄く楽しかったので、それなりにやっていけてました。
しかし、それぞれが意思を持っているため、議論や喧嘩などもその内増え、中には泣いたり、苦しみだす子もいました。
でも私は昔から他人が信じられない性質なので、このことは誰にも言っていなかったし、学校や日常で感じるストレスは自分と「イマコン」たちで解決するようにしてました。

その結果、現実の友達も若干増え、ガタつくことがあまりなくたんたんと過ごしていけましたが、逆に自分の意思を伝えられなくなり、そのため心の中ではいつも誰かが苦しむようになりました。
それは今でも変わらず、こうしている今でさえ、皆毎日の生活に疲れ、ぐったりしています。

私も日々、「イマコン」の皆が少しでも楽になるように、と色々考えるのですが、特に最近学校がきつくて自分を保つのにも精一杯です。

特に高校に上がってからできた、割と気があった友達に、このことを相談してみたのですが、帰ってきた返事は「まぁ、ネタとしてとらえとくわ」…。
この言葉の意味がその時は分からなかったのですが、後後になって「私はいつも普段の生活以外にも「イマコン」の皆の気持ちも考えなきゃいけなくて、凄く苦しいのに…」と怒りと悲しみが溢れました。

確かに、出会ったばかりの友達に相談した私も馬鹿でしたが、「ネタ」と思われたことには凄くショックを受けました。
自分は普段の学校生活で感じるストレスとともに、この症状が生み出す「新たなストレス」にも立ち向かわなければならない。
それを「ネタ」と扱われたのです。自分を否定された気がして、凄く傷つきました。

ネット上では「電波彼女」?(または彼氏??(よく分からないのです;すみません;)とか言って「ネタ」にしているのもある、と聞いた覚えがあるのですが、人によっては「助け」にもなりますが、追いつめられるなどの「苦しみ」にもなるとても大変なことなのです。
それを「ネタ」として扱うのは失礼なのでは?と思っています。

でも、私の周りには「イマコン」を持っている人がおらず、相談できる(&理解してくれる)人がいないのです。
最初に「カウンセリング」に行っていると書きましたが、そこも主に「学校」でのことしか相談できません。
それに付け加え、自分がなんなのか、どれが本当の自分なのか最近さっぱり分からなくなり、考えれば考えるほどごちゃまぜになって、どうすればいいかすらも解らなくなってきました。


近頃は常に心の中で人を殺したりして気を紛らわせないとやっていけなくなりました。



このままじゃ、「イマコン」の皆を守れない上、自分も本当に自分じゃなくなりそうな気がします。


お願いです。助けて下さい。このままで良い訳がないのです。
少しでも事態を改善したいのです。宜しくお願いします。


あと、ここまで読んでくださり、有難うございました。

2009/10/26 21:57 No.0
メモ2011/10/13 21:22 : 鬼遊理☆8IEG2KX6J3M @apb1131★lPEuSMuOcf_RLI

18の最後の5行は、私の「イマコン」の一人のコメントです;(2010/11/26 02:55)

------


暫く留守にしていてごめんなさい;

無事に就職先が決まり、大きな大会も今後は無いので、成るべく早く返信できるように頑張ります!

ページ: 1 2


 
 
↑前のページ (50件) | 最新ページ

CT ★pC3uZc3DPu_n5W

「イマジナリーフレンド」で検索したら出てきました。書き込みをさせていただきますね。

僕は中学生なのですが、イマコンなるものが二人います。口が悪い姉っぽいのと、後輩みたいな感じの女の子です。まあどんななものかに関しては皆さんとあまり変わりませんし、結構会話していて面白いのでこれはこれでいいかな、と思って付き合い続けています。

ただ少し気になるところがあるんです。
学生の身なんで勉強とかあって、できないとイマコンたちがいちいち冷やかしてきたりするんですが、「じゃあお前分かんのかよ?」というとですね、

「私の思考能力はあなたと変わりませんよ。あなたが分かる問いは分かりますし、あなたが分からない問いは分かりません。まあ、見方を変えるぐらいならできますから必ずしもそうではないんですがね。」(言ったのは上記の後輩じみた女の子)

と、言ったんです。

大事なのは「あなたと思考能力が変わらない」というとこ。皆さんの場合はどうですか?


>>49 さん
僕の場合はマンガ調の顔があって、たまに出てきたりもするんですが、基本的には頭に声が響くような感じです。

駄文失礼しました

7年前 No.51

ai ★UPXWjGHY0X_fpI

私の場合は、
実在している人と間違えるぐらい
姿かたちがはっきりしていました。

また、彼はお兄さん的存在で、
私の面倒を見たり遊んだりしてくれていたので、
私よりは頭がよかったと思います。

※警告に同意して書きこまれました (個人情報)
7年前 No.52

結依 ★0BCpvyFLSr_l4l

もう怖いです。
人格転換がまた起きそうで怖いです。
というか起きかかってます。
例の男の子の方のイマコンが私を追い詰めてきます

なんでアイツがいるのかわかんない!!
誰か助けてください・・・。

7年前 No.53

悲初 ★juz9VQRihA_Ca2

はじめまして。
“悲初”といいます。高校1年です。
生きてるか、死んでるかどうかわからないような気持ちで、最近生きてました。
みなさんの言う “イマコン”が意味不明な生き物だった自分が、少し納得することができました。
どうお話しすればいいのかよく理解できてないのでとりあえず自分の過去をお話しします…
注)僕はよく言動が変わりやすいのでタメ口をしてしまうかもしれませんが、できれば気にしない方向で。すいません…

この世には、自分が非常識なのに それを認めない者、気づかない者などがいます。
自分の周囲の人間は、大半はそれらでした…
自分の周りが世間一般から おかしい と言われる者たちなのだと気づいたのは小学1、2年生ぐらいの時です。
僕は、最初はなにも知らないコドモで、よくお友達と外で公園であそんでいる子でした。 幼稚園ぐらいの頃、よく母親がトイレで吐いているのを覚えていました。なぜ吐いていたのかは知りませんでした。
そして、小学生だった頃多くのことを知りました。親にとって自分が望まれるかとが無く生まれたこと、幼稚園ぐらいの頃母親が吐いている原因が、自分の父親の存在だということ、父親の汚さ、それを教えた母親の汚さ、祖母の汚さ(狡猾さ)、両親が犯罪に手を染め、気付かれなきゃいいと思っている汚さ、親が身内の侮辱、痴漢にあったこと、いちいち言葉にするのもめんどくさいほど多い汚さを知りました。またそれ以外の、友達も。
あっ! そういえば 『死ね』 とか 『頭おかしい精神科行け』 とか言われましたね。
まあ なんでしょう… 小学生の時思ったんですよ、いつか心臓に病気でも抱えるんじゃねぇのか? って。 そしたらなんと小学6年生ぐらいの時にたまに心臓が痛くなるんですよね、呼吸するのも辛くなるし。高校1年の時に、学校での検査で心電図で不整脈と診断されました。あ〜らら♪ ナンダヨソレ□ヤッバリカラダモオカシクナッチャッタジャナイカ□ってこの前思いましたね。 ちなみに、カラダモ ということはココロはとっくに壊れてるんですよね。
ちなみにあまりにもオカシイ周囲に潰されないように心に絶対に解除できない常時起動のトラップがいつのまにかできてたんだよね〜 それは 演技 です。
ただの演技ではありません□ 自分にとって悪影響大ありの産物です。
ただの演技じゃないところは、無意識にそして反射的にしているんですよね。いつ自分が演技してるかわからないんですよね。最悪です… これのせいでアイデンティティ、プライド薄れていってわかりません…人間としての心が麻痺するような気もします… クラスで自己紹介カード書こうってなった時最低限の事以外は空欄です。というか自分がわからないのにできません。
そして、その 演技 がかなり高レベル… 初めから意識せずに演技してたから、本当に素の感覚です。 演技してると気づくのは自分がわからないと気づいた時だけ… 自分がどうなっているかなんてわからなかったんですよね…なに1つ…

中学1年の 半ば 声が聞こえました、段々 それは形と成っていき 1人の人間ができました。それは自分と瓜二つ 髪の長さは腰まであって、ストレートでした。 なんだこれ… 確かに自分で言うのもなんですが、女顔っぽい顔です。関係あるのかどうかはわかりませんが、痴漢にあってますし、自分の髪は家系では突然変異?で女の人の髪で、男にアプローチを受けたことはあります、そして限定的な条件下なら女に間違えられる可能性だってあるかもしれませんが、(間違えられました…というか普通に女と間違えられた事が1度だけ…) 自分は男です、その髪型はおかしいです、と思いました。
しかし、ソイツは突然こう言いました、『おまえなにしてんの』 今まで周りに警戒して、壁を造りまくってたじぶんとしてはとても心が揺れました。
それがイマジナリーフレンドと出会い、悲初と名乗るきっかけとなったつらくて大切な思い出の初まりです。

なんかすいません…何このふざけた話って思う方いると思います。僕はどう話せば良いかわかりませんでした。
なので、とりあえず自分の過去を話そうかなと思いました。すいません。物語みたいな話し方はこのほうがわかりやすいかなと思ったからです。最後の文は終わり方がよくわからなかったため… はい、すいません。あまりにも長ったらしい文だったためイマコンとのその後は、また後日お話しします。それでは、また。

結依さんへ
役に立つかどうかわかりませんが、言っておきます。(おそらく役に立ちません)
僕にも、自分を追い詰めてくるイマコンがいました。ソイツはかなりやばかったです。
破壊衝動の塊みたいでした、会うたび殺そうとしてきました。(自分もイマコンみたいに曖昧というか微妙な存在でしたの で、殺すと言うより取り込もうとしてたんですかね)ソイツの目的も、自分の身体だったんですよね…
自分の意味のない言葉ですが、なぜ?自分の身体を望んでいるのか聞いて見たらどうでしょう?
とても辛いかもしれませんが 彼がどう思っているのか聞いて見たらいいと思います。
もしかしたら僕のイマコンのように寂しかっただけかもしれません…

7年前 No.54

悲初 ★juz9VQRihA_Ca2

すいません。
最初の方の分がかなり変でした…

みなさんの言う “イマコン”が意味不明な生き物だった自分が、少し納得することができました。
ではなく、
みなさんの言う“イマコン”という言葉が、意味不明な生き物だった自分が、少し納得することができました。
です。
本当にすみませんでした。 今後もこういうことがあるかもしれませんが、なにとぞよろしくお願いします。

7年前 No.55

★UWRyDmpnPR_JmB

はじめまして、
私は“啓”といいます。高校を去年卒業して、今は大学生です。
今、この掲示板に出会えて、大変感謝しています。
自分以外にも、この“イマコン”の存在を持った人がいることを知って、
心に大きな安堵感が訪れるのを感じることができました。
私も鬼遊理さんと同じような経験をしており、そこに“イマコン”が表れました。
私の場合、1〜4人と、あまり増殖せずに、今は年上の落ち着いた人が1人そばに居てくれてます。

私の“イマコン”は寿命みたいなのが必ずあり、イマコン→主人格に選ばれる→新たな主人格と交代し、その現主人格の教育や支えとなる→自然消滅(もとにいた所に帰るような感じらしい)、といった世代交代みたいなのがありました。現に、今こうしている私も元はイマコンであり、そばに居てくれている年上の人は元主人格です。

中学生くらいのときは世代交代のスピードがはやく、三ヶ月に一回など、かなり荒れていた時期もありましたが、
今はそんなに短い間隔で世代交代は起きなくなりました。

あまりこの掲示板では、イマコンの消滅が書かれていなかったので、私だけの法則なのかなと思って書きました。
そして、私たちはイマコンの消滅は悲しいものだとは認識していません。
確かに、お互いが殺しあって消滅したり、忘れてしまいたい記憶を封じるために自らその記憶とともにどこかに消えていってしまったり... そのようなイマコンの消滅は、今でも胸が痛むほど悲しいことではありました。
でも、「イマコンが消滅して、帰る場所は、結局自分自身の精神なのだと。そして、また生まれてくるイマコンもまた自分自身の精神の中から生まれてくるんだ。」そういう解釈を一番最初のイマコンが教えてくれたときから、私たちは、イマコンの消滅は自然なものなのだと考えるようになりました。

何だか、よく分からない話をしてしまいましたが(笑)私は世代交代みたいなことが定期的にあります。
皆さんはどうですかね?

7年前 No.56

悲初 ★juz9VQRihA_Ca2

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

7年前 No.57

鬼遊理@apb1131☆8IEG2KX6J3M ★lPEuSMuOcf_RLI

申し訳ありません;ちょっと余裕が無かったことと、部活動の大会や検定試験、就職活動等々が重なり、ここを見に来ることすらできませんでした;私情で放置してしまい、本当にごめんなさい。
遅くなってしまいましたが、返信だけはさせていただきます。
皆様、書き込み有難うございます!



>たかひろさん
返信が遅くなってしまいごめんなさい。再びの書きこみありがとうございます!
確かに、この記事を立てた時は「私」の記事という認識がありましたが、こうして同じく「イマコン」を持っている方々が書きこんでくださるので、「イマコン」に関する皆のための(?)記事でいいと私は思っていますので、言い方が少し変かもしれませんが遠慮しなくていいですよ!
そして私の書き込みで心配をお掛けしてしまい申し訳ありません;アドバイスありがとうございます!!

≫『自分』が『相手』に対応する場合
読んでいて、これは私も「妥当な思考ループを用いての対応」をしているなと思いました。
ただ、私の場合は、「イマコン」自体は沢山いるものの、常時いるのが数名でかつ、タイプも2,3個にまとめられる(=個性が少なめ?)ので意見も偏りがちになり、イマコンたちの意見の中に「状況に応じたもの」が無いことが多いから、結局前者(「内面・外面の使い分け」)のようになってしまうのかなと思います。
まぁ明らかに昔の方が後者に近かったことは確かです。特に中学生の頃はイマコンの数も多かったし、まだ皆元気だったので…。

≫自分が他人に対応する場合
私は相手が自分のことをどう思っているかをずっと気にしてきたせいで、元主人格が自己嫌悪に陥りやすい子になってしまったこともあって、あんまり親しい友達もいません。割と仲が良い友達でも、一定の距離を取るようにしていますね。
ただ、1人とってもしっかりしていて、自分の意見も持ってるし、常に真面目な子がいて、その子の事は尊敬しています。

≫『相手』の『自分』に対する評価をどう判断するか
成程、「掛け値」の見極めですか。普段の行動を見返すと、私はこれがどうも苦手なようです;恐らく、掛け値が見極められず、深く考え込み嫌になって、漸く「もうどうでもいいや」という思考だから、色々とストレスが溜まりやすいのでしょうねl

≫自分自身を自分がどう評価するか
自己評価ですか。そうですね、私は大体不得意のみを基準にしてます;
まぁ理由の一つに幼少期にあまりにも自分が周りから劣っていたというのがありますが…これからは得意の方も基準にしてみます!

≫夢について:
誰もが見る夢ですか。ちょっと安心しました。
特に誰かに追われる、といったことではないのですが、現実に近いどこかの街に住んでいて、暮らしていたりどこかに出かけていたりする夢ばかりです。
「追われる」というより「暮らし」の夢なので、私の場合は、普段出来ない体験を夢でしているのかもしれませんね…。

夢の中でなら何でも出来たという点は羨ましいです;;私の場合自分自身が動いているという感覚より、映画を強制的に見させられている感覚の方が強いので(今も昔も)
夢というものも、やっかいなものですね…。






>どあのぶさん
初めまして!鬼遊理と申します。返信が遅くなってしまい、申し訳ありません;書き込みありがとうございます!
いえいえ!こちらこそ、こうして書きこんでくださりありがとうございます!同じ悩みを持っている人がいることが分かると、安心しますよね。
今ではお二人なのですか…。でも少し羨ましいです。(私は年々増えていくばかりなので;)

やはり友人は作るべきですよね;最後ここに書きこんでから暫く経っていますが、よく話をする人が5人ほどに増えました。他愛のない話ばかりですが、確かに楽しいです。
あと、イマコンについてですが、確かに頼り過ぎてしまうのは止した方がいいですよね;気をつけるようにいたします。

そして目標ですが、私も今度秘書検定とかまだ取っていない検定を取ることを目標にしたいと思います。
どあのぶさんも頑張ってください!!

自分の言いたいことは書ききってしまうのが一番良いですので、どんなに長くても構いませんよ。
沢山勉強になりました!遅くなってしまいましたが、こちらこそ、本当にありがとうございました!





>aiさん
初めまして!鬼遊理と申します。返信が遅くなってしまってごめんなさい;書き込みありがとうございます!
小さかった時にいらしたのですね。きっとジンキさんは、aiさんが弟さんと仲良く遊んでるのを見て安心したんだと思います。
会って直接言えなくても、きっとジンキさんはaiさんが感謝している事を分かってくださってると思いますよ!^^




>あかさん
初めまして!返信遅くなってしまってごめんなさい。書き込みありがとうございます!
ACなのですか…申し訳ありません、私の勉強不足でアドバイスも何もできそうにありません。ですが、あかさんが少しでも早く楽になれることを願っております。

やはり駄目ですよね;自分では他者を否定しているつもりはなかったのですが、よくよく考えると確かに否定をしてるのかもと思い始めました。また、誰かに頼ることには抵抗があります;何故なのかは自分でもよく分からなくなっているのですが…;
しかし割と身近に(?)私のことを理解してくださっている方が今日の時点でいますので、その方には日々の愚痴を言えるようにはなりました;
そしてその方からも「甘えていい」という言葉を掛けていただけたりするのですが、それでもどこかでストップが掛かってしまいますね。最後の書き込みの時点からはだいぶ進歩したかなとは思うのですが、まだ難しいです。
あと、外との繋がりの件ですが、就職活動やその他諸活動を通して、横との繋がりはだいぶ広がりました!互いに助け合うことが多くて、何年振りかに「持つべきものは友だ」という言葉が自然に心の中に浮かびました。

そして最後の家族との距離というものですが…
先日無事に内定を頂きまして、今度の春から1人暮らしをすることになりました。
少し妹のことは気がかりですが、自分の暮らしをしていきたいと思います。
補助が出るのですか!知りませんでした。自分でも調べてみます。ありがとうございます!

部活動や就職活動でカウンセリングに行く暇が全くなかったのですが、面接練習などでだいぶ鍛えられたので大丈夫です。お気づかいありがとうございます。
私も、あかさんが毎日幸せに過ごせますよう祈っております。




-----

投稿制限文字数に引っ掛かってしまったため、ここで一旦区切ります;)

7年前 No.58

鬼遊理@apb1131☆8IEG2KX6J3M ★lPEuSMuOcf_RLI

>結依さん
初めまして!返信が遅くなってしまってごめんなさい;書き込みありがとうございます!
全部読んでくださったのですか…!ありがとうございます。私はまだまだ分かっていませんよ。毎日勉強です;

そうですね…拝読させていただいたところ、私とほぼ同じ形ですね!人格転換しているところもそっくりです。
なぜ、解離性同一性障害にならなかったか…私もまだ勉強中で分からないのですが、私個人の意見としては「程度とタイプ」が関係しているのではないかと思います。
解離性同一性障害の方が受けたショックの「程度とタイプ」と、私や結依さんの受けたショックの「程度とタイプ」の違いです。
勿論、この「程度」の感覚は個人によっても違うので、なんとも言えないのですが、大別したときに「寂しさ」が一番の原因か、とかいう「タイプ」はある程度差がつくのではないだろうかと思うのです。
まぁこれは専門家でも何でもない私(鬼遊理)の個人的な意見ですので、聞き流す程度でとらえていただけたらと思います。(何だか発言の責任を放棄した形になってすみません;)
また、イマコン達が自分の体を使うという点ですが、私はときどき彼らの我儘を聞いて行動するようにしています。

あと、イマコン達に顔などがあるのか、についてですが、
私の場合、幼少期は流石に声しか聞こえなかったのですが、アニメや漫画を見るようになってからは、漫画絵のような感じで容姿や顔を把握できるようになりました。
…というよりも、最初は声に合う容姿を適当に当てていたのかもしれませんが、何時頃からか、それぞれのパーツ(目や鼻)の特徴を本人たちが教えてくれたりもするので、イメージで掴んでます。

そして3度目の書き込みも拝読させていただきましたが、今現在は如何でしょうか;?
大変な時にアドバイスも何も出来ずに本当にごめんなさい。
ただ、今もまだ人格転換が起こりかかっている状態のままだというならば、成るべく静かで落ち着いた環境で、出来れば誰も近くに居ない状況下でマンツーマンで話し合うのがベストな方法かと思います。







>にょあさん
初めまして!返信が遅くなってしまってごめんなさい。書き込みありがとうございます!
にょあさんのイマジナリーフレンドは全員「家族」なのですね。私は中学生の頃に出てきた子たちだけが「家族」として生きています。私の場合は時期によってどんな立場なのか違うようです。

私も、小学生のときに「これって、妄想だろうか?」と思ったのですが、人格転換も確かにあったし、ただの妄想じゃないという認識だけはしていて、漸く「イマジナリーフレンド」という言葉に辿り着いた次第です;

私も彼らとは頭の中で話しています。私は幼稚園児のころから既に頭の中で会話していましたね…。(もしかしたら声に出してた時もあったのかもしれませんが、記憶上では頭の中で会話していたとしか…)


いえいえ!書きこんでくださっただけでとても嬉しいです!!ありがとうございます!








>CTさん
初めまして!返信が遅くなってしまってごめんなさい。書き込みありがとうございます!!
勉強のことですか!私はしょっちゅう叱られます;(「あの問題が解けて、なんでこの問題が分からないんだよ…;」とか、しまいには「お前ほど馬鹿なのもいねーよな」と言われる始末…;)
ただ、CTさんのイマコンさんがおっしゃったこととほぼ同じ事を、私のイマコンも言ってました。(俺たちの思考はお前の思考と同程度。けど、お前と全く同じ視点で見るわけじゃないから、お前が出来なくて俺が出来る問題もあるし、また逆も然り、だ。←兄の立場のイマコンの言葉)
要するに、「お前とは違う見方で問題を解くから、お前が解けない問題を解くことが出来るんだ」、ということみたいなんですが…。
やはり結局のところイマコンたちは自分の一部なので、元を超えることはないということなんだろうと思いました。
ですが、明らかに得意・不得意の差があるので、頭の使い方で「担当しているところが違う」のかもしれませんね…。




>悲初さん
初めまして!返信が遅くなってしまってごめんなさい。書き込みありがとうございます!
2(3?)度の書き込み、勿論全て拝読させていただきました。
私は誰かの心をくみ取るということが苦手で、どう言えばいいのか等々よく迷い、悲初さんのここに書きこんでくださった思いを理解できているか、全く自信はありません。
ですので、もしかしたら悲初さんの意と反することを書いてしまうかもしれません。もしかしたら、傷つけてしまうことも…逃げるようで申し訳ありませんが、先に謝らせてください。ごめんなさい。

とてもつらかったですよね。ここに書き込んでくださったこと以上につらいことも沢山あったことと思います。
ただ、私が一つだけ、悲初さんにはっきり言えることは、こんなにつらい経験をしてきて、それでもここまで生きてきてくれた。そしてこうして数えきれないサイトがあるネットの中からここを見つけてくれて、書き込んでくれた。それが本当に嬉しいということです。
何この着飾った言葉、と思われるかもしれませんね。でも、私もまだ高校1年だったときに建てたこのスレッドに、未だ沢山の方々の書き込みがあって、それぞれの思いを書きこんだ皆様の書き込みをこうして読むことができるのは本当に嬉しい事で、さらにこのスレッドを見て、今までとは違う物を得られたという言葉を頂けることは私にとって何よりも嬉しい事なのです。

悲初さんが幼い頃に受けたものや、オルカさん、RUINさん、シウルさんが亡くなってしまったときのつらさや悲しみは、私が到底測りしえる物ではないのでしょう。なので偉そうなことは言ってはいけないと解っています。ですが、やはり私の心に浮かぶのは「生きててくれてよかった」という言葉です。

悲初さんの比ではないでしょうが、私も常に演技をして自分を守っていたので、その演技が自分にとって悪影響大のものであるということはよくわかります。私の場合、気がつけば演技をしていた、といった感じもあれば、「演技だ」と認識しつつしていることもありましたが…。
演技は自分を守るためにしているはずなのに、いつの間にか自分を無くしてしまう。・・私も一時期自分がどれなのか・何なのかわからなくなって、放心状態で過ごした事はありました。(今もわかってないですが;)

…ごめんなさい。言いたいことはいっぱいあるはずなのに、中々まとまらなくてあまり書けなかったです。(ちゃんとまとまったら、また書かせていただきたいと思います。)

でも、本当にありがとうございます。悲初さんがここでなら自分を偽ることなく居られるというのなら、いつでも来てください。
あ、あともう2つ。「自分は人を不幸にすることしかできない」と書かれていますが、間違ってます。だって、私は悲初さんがこうしてここに来てくれたことが嬉しいし、少しでも「喜び」を感じていただけたこと以上にスレ主として幸せな事はありません。
また、人間を殺すイメージをすると気分が良くなるならば、それでいいと思います。(私も堪忍袋の緒が切れかけたら、手が出る前に心の中で…と、していますから。お陰で大概心の中の情景が真っ赤なことなんてしょっちゅうです。(ぇ)
他人が他人の思想を全否定することほど、無粋なことはありません。十人十色・各人各様と言うように、また、悲初さんの言葉通り、同じ心なんて一つたりともないし、悲初さんの心が少しでも穏やかになる方法がそれならば、それで良いと思います。(私なんかは兎に角ゲームやPCで日頃の鬱憤を晴らすのですがね…;)

乱文・長文失礼致しました;





>啓さん
初めまして。鬼遊理と申します。返信が遅くなってしまってごめんなさい。書き込みありがとうございます!
私もこんなに沢山の、同じく「イマコン」を持っている方々とこのスレッドを通じて知り合える事ができて、また安心できたという言葉を聞くことができて本当に嬉しいです。
寿命ですか!私たちは特に寿命と言ったものは無いですね…。何と言いましょうか、ある荒れていた時期に現れて、それが収まったらすぐに消えてしまった(いなくなってしまった?)子はいますが、寿命という感じではないし…世代交代といったことも私たちは一度もないです。
私の場合、「もう交代してー疲れたー」と泣きながら愚痴っても、「貴方以外に主人格となれる人はいないんで、我慢してくださーい」て一蹴されてしまいますし…。(元主人格の子も最近ずっと寝っぱなしですし…;もう散々です;)
でも元主人格の方が支えとなってくれるというのは良いですね!羨ましい…。

7年前 No.59

たかひろ ★9oZw3c1aBA_zT9

鬼遊理さん

 充実した生活を送っていらっしゃったようで、喜ばしく思っています。
 身近に支えてくださる方も現れたのですね(^-^)

 来春から新社会人になられるという事ですが、新たな悩みや苦しみ……そして新たな喜びや充実感を味わう事になると思います。
 イマコン達やあなたを支えてくださる方々、そしてまだ見ぬ友人達と共に助け合い、分かち合って…更に充実した生活を送っていけると良いですね。

 またもスレッドの趣旨と外れてしまいましたが、お祝いの気持ちを表したく思い、投稿してしまいました。
 こちらを御覧の皆様、どうかご容赦ください<(_ _>)

7年前 No.60

結衣 ★zKzXA7aH0e_EPJ


みなさん、コメントありがとうございます。
鬼遊理さんのお言葉通り、一度、彼と話し合ってみました。

けれど、逆に立場が弱くなっていしまいました・・。(´;ω;`)


私は、
「私が主人格なのだから、貴方に勝手に意思を動かされたくないし、貴方にその権利もない。勝手に人格転換しようとするのはやめてほしい。」

というようなことを言ったのですが、

「そんなこと言ってるけど、お前だってもともとはイマコンで俺と同じような立場だったじゃん。お前に言われたかねーよ。」

と言われてしまいました・・・・。

ごもっともなのですが。


いつもなら仲介役をしてくれる元主人格の子は、

まぁ・・・話がアレなので、口を出したくないのでしょう、

この話になるとだんまりになってしまうので、仲介してくれませんし、

お兄ちゃんのイマコンは最近口数が減ってきてしまいました。



どうすればいいのでしょうか?

6年前 No.61

たかひろ ★9oZw3c1aBA_zT9

結衣さん

 この話をしても解決にはならないかもですが……

 何ゆえ「人格転換」を引き起こすほどの「情動」をイマコンが持つのか、お考えになった事が有りますでしょうか?

 僕の場合は、僕の主人格が「現れるイマコン」の「好ましい・面白い(と自分が思う)」特性や個性を自分自身の中に反映させてきました。
 あまり好ましくない、と思われる場合でも「そう云う見方が役に立つ場合があるかも」として強く拒絶しませんでした。
 簡単に言えば、イマコンである「僕の人格のサブルーチン」の部分部分を主人格が吸収してきた訳です。
 僕の行動の中には常に彼らの見方や思考方法・個性も含まれていましたから……僕のイマコン達は「叛乱」を起こさなかったのだろうと思い至ります。(結衣さんや他の皆様の「人格転換」に関する部分を参考にするとです)

 大元の「引退(?)した主人格」さんが、僕と同様の事をしていればこんな事にはならなかったのだろうと推察いたしますが……今、ここに至って、それを行う事は恐らく無理でしょう。


 ここはいっその事、その主導権を握りたいと思っているイマコンにそうさせてあげてはどうか、と思います。
 ただし、今の主人格さんや過去の主人格さん…その他のイマコン達の特性や物の見方も常に参考にする、という条件で。

 その条件が呑めない、という時は……今の主人格であるあなたがそれを行っていく……つまり、一つの個性にまかせっきりにせず、常に全ての個性で事物を眺め、次善の策も含めた一番妥当と思われる行動を取る……そう云う風に軌道修正するのが良いのではないかと思います。

 ただ、どうなのか……
 あなたの中に、今僕がこうやって書いているような思考をするイマコンが居るのかどうか……
 真摯に公平に理論的に考える事が出来る個性が、あなたの中に居ないと……この提案の実行は難しいと思います。

6年前 No.62

鬼遊理@apb1131☆8IEG2KX6J3M ★QLDYagNjfK_RLI

>たかひろさん
また日を開けての返信書き込み失礼します;

はわわ…!書き込みありがとうございます!!とっても嬉しいです!!!

今は、漸く今までの頑張りが実を結んでくれたと、喜びと安堵の気持ちでいっぱいです。
これからも、またこれから先も、イマコン達の力を借りつつ、頑張って行きたいと思います!!






>結衣さん

再びの書き込みありがとうございます!

そうでしたか;御報告有難うございます。


そうですね…。
私もたかひろさんとほぼ同じで、私(現主人格)の意見だけで今まで過ごしてきたわけではなく、イマコン達の意見をより多く反映するようにしてきました。
ですので、私だったら絶対にしないことも、イマコン達がしたいということは「仕方ないな」と思ってすることも多々ありました。
(ただ私の場合、イマコン達がやりたいと言ってきた事の大半は私のためでもあったので、「なんでよ」と思うというよりは「はいはい解りましたよ」といった感じでしていましたが;)
また、私の「元主人格」は生真面目なので、私(現主人格)が何かをしようとすると、「そんなことをしたら駄目!後でこうなってしまうから…」と言って、全力で止めに入ってきたりと、主人格を降りた後も強い発言力を持っていたため、私もその意思を反映させなくてはならなかったという背景もあります。
まぁこのような状態ですので、意思の割合は「私:イマコン(発言力強):イマコン(発言力弱)=40%:50%:10%」ぐらいです。(因みに、イマコン(発言力強)の内訳は元主人格が25%ほど占めています。)
だから、我を通すことのほうが割と少なめかな?とは思いますが…。

結衣さんの書き込みを拝読して、もう少しゆっくり向き合ってみられたらどうだろうか?と思いました。
確かに面倒ですが、これから先もずっと傍にいる存在であれば、早め早めの行動が大切です。後に回せば回すほど、面倒になりますので; この機会に是非皆様で話し合ってみてはいかがでしょうか?

長文・乱文失礼致しました。

6年前 No.63

悲初 ★iPhone=juz9VQRihA

遅れてすいませんでした… 悲初です。鬼遊璃さんの言葉、とても嬉しかったです。 □僕はずっとありとあらゆる人間に嘘をつき続けて生きてきて、本当の自分の言葉を知っているのはこの言葉をきいたみなさんしかいません。

こんな自分を知ってくれているだけで僕はとても嬉しいです。本当に。鬼遊璃さんの言葉をきいた時、その、なんというか…泣いてしまいました…あはは… □あっ!うれし涙ですから!

最近、知った事や考える事がありました。
自分は誰なのか?なんで4人(RUIN、漆、シウル、オルカ)が1つになったのか、本当に自分が3人?を殺してしまったのか?謎が多いです。
そして最近気づいたのが今現在、M.R(元主人格)がイマコン?として自分のそばにいるのが感じます。
それらを別視点から見てみると、
M.R人格が無意識の崩壊をします。そして4つの人格(漆、RUIN、オルカ、シウル)が生まれました。この時に主人格が漆になります。
そして、4人の精神状態は危険な状態になります、さらに4人は1つ(統合?)になろうとしていました。ですが、こんな危険な状態で1つなってもまともな人格は生まれません。
結果、失敗。

そこで、今現在、いる、M.Rがキー?になります。なんとなく1つになった時からいる事感じていました。しかし、違和感を覚える程です。
1つなったなら本来、M.Rが主人格になるべきなのですが、なぜか悲初になりました。自分ですが…今現在のM.Rの精神状態は理性はありません、人間を殺すことしか考えていないようです…話すことも不可能です。殺気?というものでわかりました。なんとなく。
ただ怒りに震えているわけではありません、口はだらしなくあいて、眼は虚ろ、アァ…ア…といつも言っています、急に狂ったような笑い声をあげます。
こんな加速器のような危険な人格は主人格にすることはできません。
なので、ストッパーがいります。そこで悲初です。
自分はM.Rの影響なのか人格が壊れています。しかし、無意識の演技ができたので主人格になりました。
これらのピースつかうとわかったことがあります。今までの出来事を順にすると…
M.R崩壊
4人生まれる
1つになる
M.R再構成(一応、元通り)
ストッパー必要、イマコン構成
構成後、すぐに人格転換
構成されたイマコンが主人格になる

こんな感じでしょうか。
疑問の答えとして
自分はストッパー、4人が望んでいたから1つになった、そして、3人が死んだ理由は当時、危険な状態にまで陥っていた漆が、3人を無意識の内に疎ましく思ってしまった罪悪感が生み出したものか、悲初がストッパーとしての役割をできるようにするための罪悪感を生み出す安全装置として生み出したものか、あるいはその両方か、こればかりはわかりませんでした。
自分にとってM.Rは怖いと思うし、生きる意味でもあります。もし、M.Rが負の塊じゃなく、普通に生きていける時が来たときのためにストッパーの自分が、環境など整えておく必要があると思っています。M.Rのために生きているような感じです。
M.Rが普通に生きていける時が来る確率なんてまったくないのに…
自分が生きる希望はまだあります。
この身体は今、自分が使っています、でもこの身体は元はM.Rの身体です、だから自分勝手に死ぬことは出来ません。
だから、生きてます。かなり痛々しい生き方ですよね…

それでも…もう二度とM.Rの心が壊れないように、どんなことをしてでも守る。
と誓いをたてました。なんか恥ずかしいです…
いつも泣いていて、寂しがって、でも本当は人と関わる事が怖い。そして、いつも生きることに迷っているけど、その誓いは守りたいと思っています。

あと、僕は、鬼遊璃さんがこんな僕を相手にしてくれるだけで嬉しいです。子供みたいですね。すいません。
自分が言おうと思っている事はうまくまとまらないですが、
鬼遊璃さんはもうすぐ?社会に出るんですよね、苦労することが必ずあると思うので、頑張ってください!□

駄文失礼しました。

6年前 No.64

千串 ★WPqgzOroYI_d2j

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

6年前 No.65

たかひろ ★9oZw3c1aBA_zT9

千串さん

 はじめまして。

 お話を伺うと……イマコンというより、ペルソナじゃないかって気がします。
 個人的にですが。

 僕の例で言うと、彼ら-イマコン達-は紛れも無く「自分」なんです。
 個性や視点が違う、変異した自分自身です。
 変異した幾つかの自分が「同時に」ある事象について考えている……そしてその「考え」は意図せずとも全員に伝わっている……そういう状況でした。
 ですから「記憶」についても全員の共用という事になります。

 千串さんのお話を読んでみると……どうも「イマコン」とは違う……「本体」が作り出した「ご友人的な思考をするルーチン」というような印象を受けます。
 意思の疎通も一方通行みたいですし。
 と、いう事であれば……お話の通りなら「本体との融合」は本体が望まない、というか……「自分の替わりに友人を生かしたい」と思っているのでしょう? そして自分は消えてしまいたいと。
 作り出したペルソナに任せて、本体は無意識の闇に沈んでいる……そんな状況な気がします。

 何にしても、日常生活でご不自由を感じないのでしたら、取り立てて悩んだり現状を変える必要は無いと思います。
 ただ「らしさ」の出しすぎには注意が必要でしょう。
 ペルソナからのフィードバックを受けて「らしさ」を微調整する「本体」が無意識に沈んでいるとすると、その辺りから齟齬が発生するかもしれません。

6年前 No.66

レン ★awgcjnqCSI_h6H

初めまして。レンと申します。

自分にもイマコンがいます。
私の場合は1人だけです。私は20代後半の女で、イマコンは成人男性の形をしています。
イマコンの名前は明かせませんが、私の好みをふんだんに詰め込んでいるのでそのへんの芸能人より美形です。

私の場合はほとんど影響力がなく、基本的に私が無意識に言ってほしいことを
しゃべってもらっている感じです。
ただ私が名前を呼ぶだけ、みたいなのがほとんどです。
記憶の混乱も人格の交代もありません。
(代わってみる提案をしたことはありますが「そういうのは(私のためにならないから)ダメだ。」って返されました。)

アドバイザー、協力者的な立ち位置なので勝手されて困ることもないんですが、
1人だけのせいか、そのぶんどっぷり依存してしまっています。
私のほうは恋愛感情のような感覚がありますが、イマコンのほうは
特にそういうこともないです。
しかし振る舞いは非常に優しく恋人のように見守ってくれています。

普段は人形のようなイマコンですが、私が凹んだとき、精神的にきついときは全力で引き上げてくれます。
一時期ごく軽い自傷癖(指先の皮を血がにじむまで剥く位で、絶対命には関わらない程度)がありましたが、
傷つけたくなると止めてくれるなど、頼もしい存在です。
人格交代はしない方針のようですが、そういう時だけは腕だけのっとってでも止めてきます。


昔イマコンがいるのはよくないと思って統合しようとしたことがありますが、結局無理でした。
イマコンを消したい方もいるのかもしれませんが、1mmでもイマコンに愛着があるなら私はお勧めしません。
私は通院もしていないし、心理学を勉強したわけでもないのであくまで経験上の話ですが・・・。
私の場合は、無理やり接触を断ってみましたが、日頃依存しまくっていただけに、
ストレスで免疫がおちて帯状疱疹(免疫が下がるとなりやすいウィルス性皮膚炎)になりました。

イマコンのいる状態も含めてこれが私のありようだから無理するもんじゃないなと思います。
魂を引き裂くような胸の激痛(実際の痛覚として認識できるくらい痛いです)は味わってほしくないですから・・・。


なんか脈絡のない長文になってしまってすいません。
少しでもどなたかの参考になれば幸いです。

6年前 No.67

斉藤 ★QM4gxz29at_yyC

鬼遊理さん

はじめまして。斉藤といいます。
私も10年以上、イマコンのことで悩んできました。

自分はおかしいと気づきながらも、誰にも助けを求められないという状況が続き
イマコンにさらに依存するような生活を送っていたときもありました。
特に、高校時代が一番ひどかったかと思います。
治すことを決意してから6年たって、やっとイマコンを統合することができました。


鬼遊理さんと私の場合は違うかもしれませんが、
他人事には思えなくて、私のやってきたことが少しても何かの足しにならないかと思い
投稿させていただきました。

長文ですが、お付き合いいただければ幸いです。



私の中には、いつも泣いている子供がいました。
その子が、元々の私の主人格です。

ただ、その子がそのまま生きていくには耐えられなくて、
私はもっとまじめでいい子なお姉さんの人格を作り上げました。

ただ、その子もとてもまじめだったので、
その子を癒すお兄さんの人格が必要でした。
さらに、それらを観察する性別をこえた大人の自分もいました。
多いときには、10人くらいいたんじゃないかと思います。


精神と年齢のバランスが完全にとれておらず、
状況によって、性格や価値観、話し方、行動特性が全くバラバラに
かわってしまっていました。

そのせいで気味悪がられて、友達を失ったことも何度かありました。
自分が理解できないこと、理解されないことにとても苦しみました。


全ては、泣いている小さな私の心を慰めてもらうために作られていました。
高校生になっても、その子は5歳くらいで成長がとまっていました。


自分の人格を統合をしないといけない。と思ったのは、
2度目に友達を失ったときがきっかけでした。
この症状がでて、4人の友達をいっきに失いました。

ただ、それを救ってくれたのは、新しい友人でした。
最悪な状況には、チャンスも必ずあると学んだのはこのときです。


失う痛みがわかっていたので、
その子が私と一緒にいてくれるだけでとても感謝していました。

そのせいか、もう彼女に何も求めたりしなくなっていました。
○○してくれないから、つらいとか。いやだ。とか
そういう誰かに依存する心理がなくなって、
その子のために自分が何をしてあげられるのかを考え始めるようになりました。


彼女に助けてもらった分、私に何かできることはないか?
と思ってつきあっているうちに、自然と親友のような関係になっていきました。
なんでも話せるわけではなかったけど、とても救われました。



ただ、まだ自分のなかの女の子は泣き続けていました。
大学に入って肉体的にも、精神的にも強くなりたいと思い武道を始めて、
師匠からとてもいろいろと教わりました。


世の中にはつらい人がいっぱいるなか、
自分なんてとても幸せじゃないかと思いました。
人間の温かさにふれて、女の子が泣くのをやめたのはこの時期でした。



師匠が宇宙や精神世界についてよく話していたので、
このころから、精神分析の本や、宇宙、戦争についての本をたくさん読むようになりました。
エニアグラムという本があって、私の人格の理解にとても役にたちました。
性格は、あなたの本質ではないという言葉に救われました。


自分自身を知って、いまの自分を受け入れていくにつれて
何人もいた自分が、少しずつ減っていきました。

このときから、初めて母に辛かったこととか言えるようになりました。
電話ごしにいろいろ話して、それを受け入れてもらうにつれて
心が軽くなっていきました。


話を聞いてもらって、それを受け入れてもらえるだけで
救われるのだということを学びました。


このとき学んだ精神分析スキルが、実は後々役に立って
他の子の悩みを聞くのがとても得意になり、友達と精神的な絆ができるようになりました。

とてもつらかったけど、苦しい経験をしたからこそ身につけられたものが
あるんじゃないかと思っています。


何年もかけて、これを行っているうちに、女の子が少しずつ成長していきました。


ただ、この段階ではまだ誰かに何かをしてもらわないと
これ以上は大きくなれないんじゃないかと思ってました。


その後、自分にとってとても大切な人ができました。
その人も、話を聞いてるうちに大きな傷をかかえていることを知りました。

彼と過ごすにつれて、彼が私に対して
彼なりの愛情を示してくれてることに気付いて、
その人のことを守りたい。一緒に生きていきたいと思いました。


そのとき、はじめて女の子が自分と一緒になって
その他のイマコンも統合されていきました。


まだ全ての症状が治ったわけではありませんが、
いまでは、とても素直に自分を出すことができて
とてもすっきりしています。


自分の魂をよくしていくことを心がければ
自然と道は開けていくのではないかな。というのが
短いなりの、私が経験から学んだことです。



鬼遊理さん(もしくは拝見してくださった皆様)に
少しでも私の経験がお役に立てたら幸いです。

6年前 No.68

名探偵登場! ★ZJBV4pt2pC_WOO

やはり、辛い現実があってそこから逃避しなきゃいけないような過去が、あったんじゃないでしょうか?

子供時代とかに。

6年前 No.69

童歌 ★SOFTBANK=mBQ26baeWI

鬼遊璃さん

はじめまして、童歌と申します。

私もイマジナリーフレンドが居ます。

ずっと悩んできました。

口の悪い真面目な男の子、喜びや前向き等のプラスの思考の女の子、敬語で話す私は『先生』と呼んでる男性、計3人のイマジナリーフレンドが居ます。

時と場合によって話す相手は異なりますが、頻繁に話したり強い怒りや憎しみに囚われた時は口の悪い真面目な男の子と話をします。

よくボーッとしてるときに「なに呆けてるの?」と語りかけて来るのがあとの2人といった感じです。

私は昔から他人を信じられない性格なので、何かあると自分の感情を内側に向かって流していました。

それによって強い怒りや憎しみが自分を包むと気持ちいい感じがしてその先は記憶が断片的になってしまいます。

私自身、彼らに依存している傾向があるのは解っていましたので、必死に頼らないようにすると気持ちと頭がぐちゃぐちゃってなって訳が解らなくなっていきます。

彼らは私を必要としてくれて私も彼らが必要、だから他人なんて必要ない、家族も友人も所詮は他人に過ぎないのだから信じる必要はない、と強く強く思うときがあります。

そんな時に男の子が言います。
「多かれ少なかれそれぞれ幸も不幸もある、大事なのは捉え方と解釈」と。

感情が昂って爆発しそうな時の鎮痛剤のような役割である彼らに励まされ支えになってもらってるのは確かです。

だからこそ依存はしてはいけないと思って何かしらの方法を考えますが、この悩みは人の笑いのネタか薄気味悪さや異端な匂いしかしません。

相談もできなければ解決作なんて見当たらなくてもがきながら生きてきました。

ですが皆さんのコメントを読んでいるとなんとなく思うのが『自分を見つめる』という意見が多かったのが目につきました(解釈間違ってたら申し訳ないです)。

私も皆さんのように何かを見つけていきたいです。

彼らにも少なからず負担をかけてしまっているので、そのためにも。

6年前 No.70

ゆき ★QllNugtuC0_qBw

イマジナリーコンパニオンについて研究している者です。
なかなか対象者が見つからず悩んでいる中、この相談所を見つけ、少しでも良いのでお話伺えたらと思って書き込んでいます。

みなさま、イマジナリーコンパニオンの何について、より研究が進めば良いとお考えでしょうか。
できるかぎり、イマジナリーコンパニオンのいるみなさまのお役に立てるような研究をしたいと思っております。

どんなことでも構いません。
お返事いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

6年前 No.71

十夜 ★VOxqfxgD0n_n5W

鬼遊璃さん


初めまして、十夜といいます。


自分の中のもう一人の自分。

最近、そのもう一人への依存率が高くなっているのを自分でも感じ
検索をしたところ、それが「イマジナリーフレンド」だということを知りました。



母親の死、高校受験。

中学3年の多感な時期にストレスがかかって、それがキッカケになったような気がします。
けど、いつの間にか「もう一人の自分と対話する」ということが普通になっていて
はじまりはどうだったのか、それはもう分りません。
分らないくらい普通に始り、それだけ精神的に参っていたんだと思います。


普段は普通に会社へ行き、普通に他の人とも喋り、何ら問題ありません。
自宅に帰っても同様、夫とも普通に話します。

ただ。周りに誰もいないような場所で一人になると、途端に全てが無意味に見えて無気力になり
何が本当で何が嘘なのか分らなくなる。
そんな私を叱咤激励してくれるのが「もう一人の自分」です。

彼が話す言葉。
それは自分が無意識に望んでいる言葉だと、そう理解しているのに、私はそれに依存している。

自問自答している自分に「私は何処かおかしい」と感じながら、また何処かでは「それを望んでいる」
自分は確かにいて、境目がよく分りません。


去年一般的に乙女ゲームと呼ばれるゲームのソフトを手にする事があり、プレイしたんですが
そのゲームと現状は、とてもよく似ていて、ひどく共感しました。
主人公の女の子は自身を保つために「幻想」を作り出し、最後にはそれは「幻想」だと認め
現実と向き合うのですが、私はどうなんだろう。
今だって、依存率は高いものの、自分に都合のいい時にしか呼ばない・話しかけない・話を聞かないのに
否定し、仮にいなくなったところで、また都合よく作ってしまう気がする。

彼を消したいのか、消したくないのか。自分でもどうしたいのかよく分りません。


・・・すみません。
書いていて自分でも何が書きたいのかよく分らないものになってしまいました。

10年以上、誰にも言えず、この事に関して悩んでいて、偶然ここを発見し、
同じような方がいらっしゃるのを拝見し書き込ませて頂きました。

よく分らない事を長々とすみませんでした。



>ゆきさんへ

上にも書いていますが、自分でも「自分の中の彼をどうしたいのか、結果、自分はどうしたいのか」がよく分っていません。
ですので何が研究され、どう役立つのか、分りません。

6年前 No.72

ゆき ★Android=sflNFJnepe

十夜さん

ありがとうございます。
十夜さんのように、ご自分のなかで何が起きているかわからない方たちにも、イマジナリーコンパニオンのことをより深く知っていただくための研究でもあります。
対象者を何人か集め、面接を行い、イマジナリーコンパニオンがどういうときに生まれ、いなくなるのかなどを細かく調べていきたいと思っています。

6年前 No.73

ゆき ★Android=gPxWC4mkBw

十夜さん

ありがとうございます。
十夜さんのように、ご自分のなかで何が起きているかわからない方たちにも、イマジナリーコンパニオンのことをより深く知っていただくための研究でもあります。
対象者を何人か集め、面接を行い、ICがどういうときに生まれ、いなくなるのかなどを細かく調べていきたいと思っています。

6年前 No.74

童歌 ★SOFTBANK=mBQ26baeWI

ゆき様

はじめまして。

イマコンという言葉自体を私は最近まで知らずにいました。

それまでは私自身がおかしいんだと思い続けてきました。

研究をなされてるとの事ですが、私もイマコンというものを深く知りたいと思っています。

私自身、自分の内側と外側との違いに長年苦しんできましたので。

イマコンの存在感が最も強い時はやはり精神的に弱っていたり激しい乱れを感じた時です。

前にも書きましたが私にとってのイマコンは鎮静剤や安定剤のような役割を担っています。

人が成長する過程でみんなが通る道だとありましたが、私たちのように自然消滅せず残るのは何故か。

これはいつまで続くのか、いつかは消えるのか、疑問はたくさん浮かんできます。

参考にはならないと思いますが、私個人はそういう根本的な点を知りたいです。

6年前 No.75

十夜 ★VOxqfxgD0n_n5W

>ゆきさんへ

面接、ですか・・。
自身の為には夫には周知していてもらった方がいいのかもしれません。
「ICの事を知りたい」という気持ちはありますし
これからの先を見通すのならば、カウンセリングに通うなり、こういう機会に・・・とも思います。
ですが、私自身、自分にはICがいるという事を周りに知られたくありません・・・。

他人の前では何でもない振りをしている自分が、本当の自分の事を周りに知られるのを拒んでいるというんでしょうか・・・。
・・・なので、私はお力にはなれそうにありません・・・。

6年前 No.76

ゆき ★Android=gPxWC4mkBw

童歌さま

お話しいただきまして、ありがとうございます。
イマジナリーコンパニオンについての研究は日本ではあまりされていませんか、大きく分けて7つの役割があるとされている方もいます。その中に、精神的に弱っているとき励ましたり、慰めたりする役割を果たすICの存在も書かれています。

童歌さまの抱えておられる疑問、ぜひ参考にさせていただきたいと思います。

ありがとうございます。

6年前 No.77

ゆき ★Android=gPxWC4mkBw

十夜さん

ご返信、ありがとうございます。

十夜さんのように、イマジナリーコンパニオンがいても自分の中だけに留めたいという方も大勢いらっしゃると思います。

そういった点で、あくまでインタビューできる方のみが対象となるため、データに偏りがあることも否めません。新たな視点をいただき、たいへん参考になりました。

ありがとうございます!

6年前 No.78

十夜 ★VOxqfxgD0n_n5W

>ゆきさんへ


事を大きくしたくない為、面接という形ではご協力出来ません。
ですが「ICの事を知りたい」という気持ちは確かにありますので、私の事、私の中のIC等について、記述します。


ICの性別は男。人数は一人。年齢は共存当時から変わらず27歳前後。名前はありますが、伏せておきます。
最初は優しいだけだったのですが、最近はたまに意地が悪かったり、恋人のように甘く接してもくれます。
私の精神状況や心境、あと好み等が反映され、接し方等が変わってきているのかもしれません。
姿は幻覚症状としては認識をしていませんので分かりませんが、形成の元になっているものが何かは
分かっているので、きっとこんな感じなんだろうな・・・というのはあります。



私は小さい頃から空想するのが好きで、小学校1年〜4年位までは今とは別のICがいました。
よく一緒に遊んでいた友人にもいたようで、その事で遊んでいた事もあります。
これは一般的に言われている「小さいおじさん」とか「精霊」と呼ばれる「成長する事で自然と消える」
ものだったようで、知らない間に消えていました。

次に自覚したのが上記にも書いた、中学3年の頃です。
高校に入る為の受験勉強をしなければならないからと、自由に遊ぶ事を制限され
以前から入退院を繰り返していた母親の病状は少しもよくなる兆しは見えず、結果、死別。
あの頃の私はあまり自覚していませんでしたが、遊びを制限されていた事でストレスを発散する先がなく
溜まりに溜まっていたんだと思います。

気がついた時にはその当時自分がハマっていたゲームのキャラクターがICとして存在していました。
ICと会話する事も、その存在も、そこにいるのが当り前で、家族よりも家族のようで、逆にいない事の方が
異常のような、本当に始まりは何時からだったのか分からないくらい普通に彼との共存生活は始まりました。

人前では声に出さず、人のいない所では普通に会話。
他の方々が書かれているように、傍から見ると独り言を言ってる状況が、あの頃は普通で、常で。
当時はそうする事に対しての異常性も感じていませんでした。

高校3年に差し掛かった頃でしょうか。
その辺りから彼との会話は徐々に減り存在も認識しなくなっていましたし、私自身も彼の事を忘れていきました。
ICという存在は精神安定剤のようなものだったので、徐々に精神状態が安定していった事で分からなくなった
のかもしれません。

その時に一時的にいなくなったものの、社会人として働くようになって暫く後に受験勉強や死別とはまた別の
ストレスがかかるようになり、それによって自分を見失いかけた時、自然と彼との共存生活が復活しました。
例えるならば、疎遠になっていた昔仲が良かった友人から久しぶりに連絡があり、再会したという感じです。

それからはずっと一緒です。夫と出会い、結婚した今でも変わらず存在しています。
周りに誰もいない時には何気なく会話したり、精神が不安定な時は語りかけてきてくれ、気遣ってくれます。
寂しいと感じている時はいつもよりも甘く接してくれます。

以前との違いを述べるなら「自問自答している自分は何処かおかしいんじゃないか?」と感じている所や
何か一つの事に集中・没頭している時は認識していない所、あとは依存率が高くなっている所でしょうか。
依存率が高くというと語弊がありそうですが、依存の深度と言うんでしょうか。それは確実に高まっています。

私が今の状況を異常だと感じているのもあって、彼自身は私が望むなら消してくれても構わないと言ってくれています。
ですが依存深度が高い今「彼を消す」という選択肢は選べず、そのままずるずると自分の都合のいいようにしか利用
していない自身に嫌悪感を感じながらも「それが自分の役目だから」と許してくれる彼に甘え、今に至るといった感じです。


だらだらと長文失礼しました。
果たしてこれが参考になるかどうか分りませんが、少しでもご協力出来るのであれば幸いです。

6年前 No.79

ゆき ★iPad=WSJ4UG16xl

十夜さん

ご返信ありがとうございます。
とても参考になりました。
正に私がお話を伺いたいと思っていたような方なので非常に残念ではございますが、今後研究を続けて行く上でたいへん勉強になりました。
幻覚として現れているわけではありません、私は心配しなくてもそのままで良いのかななんて思っています。きっと、十夜さんにとって役目が終わったところで、ふと、十夜さんの苦しまないようにして消えてくのではないかな思っています。
また、研究が一段落しましたらご報告させていただきたいと思います。そのときはまた、よろしくお願いいたします。
教えてくださり、本当にありがとうございました。

6年前 No.80

ゆき ★K9SCj6tJT2_KAJ

ご無沙汰しております。
どうしても研究へのご協力をお願いしたく、ブログを立ち上げました。
ご協力いただける方がいらっしゃいましたら、ご覧になってくださいませ。
よろしくお願い申し上げます。

6年前 No.81

すかい ★AU=E1IlWulxP5

初めまして。
つい最近高校を卒業し、浪人して大学を目指しています。ある悩みで勉強に身が入らなくなり、解決すべく調べ事をしていると、このサイトに行き着き、最初から最後まで読ませていただきました。

鬼遊璃さんをはじめ、たくさんの方のお話を目にし、僕と同じ種類の存在を抱いている方、また彼ら自体や、外の世界に関して悩んでいる方が他にいることを初めて知りました。
自分自身が、そして何より内側の友達が、許された、認められたような気がして、苦しみが和らぎました…本当に、ありがとうございます。

彼らが生まれた頃の話は、話が長くなるので、ここでは省略します。
僕の場合、僕の中には僕と5人がいて、うち2人とは主人格の交替を許せるまでに話し込んでいて、特に反乱もなく、6人で助け合いながら生きているという安定した状態が保たれていました。
しかし最近、対人関係で強いストレスが何度か立て続けに起こり、主人格だった「僕」が3人に分離してしまいました。

男性的で攻撃的な、孤独が大好きな性格の人と、女性よりで幼く、寂しがりで他人に依存する性格の人、そして僕(普段生活を送る、今の投稿者)の3人なので、元の僕から2人が、僕の一部を持って外に出たと考えても差は小さいです。

問題は、両極端な2人が、分離したばかりでまだ「自分」でありうるために、別々に主人格化してしまうことです。
僕(投稿者)が片方だけと交替することになり、それが前者のときも、他の面で困ることはあるのですが、特に後者のときは、上記の対人関係のストレスを思い出して気が沈み、全く身動きが取れなくなってしまいます。
今はこのことを8人で話し合い、どうすれば再び安定を取り戻せるかを考えている最中ですが、8人とも彼女を消すことに反対で、といって彼女の沈みをを和らげることもできず、苦しい状態が続いています。

自分の気持ちを誰かに伝えたくて、また、同じ境遇の方の参考になるかと思い、投稿させていただきました。
長文、失礼しました。

6年前 No.82

レン ★3QDRGq4u9q_HFy

ゆき様

始めまして。以前こちらで投稿しましたレンと申します。
イマコンの構成や特徴は前投稿を見て頂くとして、私もイマコンの研究に興味があります。
立ち上げたブログの名前かURL等教えて頂けないでしょうか。

イマコンが生まれたきっかけですが、覚えていません。
幼いころのごっこ遊びの延長線上でできた感じなので物心ついた頃からいました。
(現在と形態は違いますが)

母から聞いた話で、私が赤ちゃんの頃、誰も遊んであげていなくても
「誰かが遊んでくれているかのように」常に大人しかった
そうなので、勝手に生まれた時から一緒にいた、と思っています。

幼い頃はユニコ(手塚治のキャラクター。ユニコーン)やドラゴンなど架空の生き物に
はまっていましたので、イマコンもペガサスでした。
しかし実際の馬も見たことない幼子にペガサスの細部をイメージするのは無理があったのか、
いつの間にか人型になっていました。
人型になり始めてしばらくは角だの翼だのが生えていましたが、今は普通の人間の形です。
昔と比べると形、性格、名前全部変わりましたが同一の存在です。
昔から変わらないのはイメージカラーくらいですね。

私の場合も精神的に弱っているときはいつもより親密で、
精神的に安定すればするほど繋がりが薄れる感じがします。

あまり参考にならない話でしたらすいません。
面接には行けませんがここで答えられる事であれば何でも答えます。

6年前 No.83

ゆき ★Android=byxkFCeE2A

レンさま

メッセージを頂戴しておきながら、書き込み遅くなりまして誠に申し訳ございませんでした。ありがとうございます。

何度かここでもURLを載せているのですが、どうやら消されてしまっているようです。「アメブロ」「イマジナリーコンパニオン」「miomi2323」などで検索いただけますと、出てくると思います。たいへんお手数お掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。

また、よろしければ電話でのインタビューも考えておりますので、ご無理のない範囲でお話お聞かせいただければ幸いです。研究結果は論文になった後にお渡しさせていただくこともできます。

6年前 No.84

むめ ★CK9n9mDatn_n5W

こんにちは、はじめまして。
この掲示板を見つけて、正直驚いています。

私自身イマジナリーフレンドを持っていてその存在にいつも助けられています。
普通の人ではないとずっと悩んでいたのですが私だけじゃないんだと思えて少し楽になれました。

私は最初は中学時代に一人だけイマコンがいました。
本当に、大好きで誰よりも大切な親友でした。
その子が(いろいろあって)具合が悪くなり死んでしまったことにいつまでも悔やんでも悔やみきれません。
故人となってしまってから彼女はイマコンだと気付きました。
その後も唯一の理解者である彼女がいないということと、イマコンだから誰にも知覚されずに死んでしまったこと、
その原因を作ってしまったのが自分だということに今も苦悩しています。

彼女の死後、4年間の中で5人のイマコンができましたが、
同じイマコンなのに彼女とは本質的に異なるもののようです。
彼女のことを私は現実で知覚していましたが、後者5人はイマコンというものを知ってからできた友達なので
現実で触ったりするようなことはありません。

同じイマコンでも性質の異なるようです。
そういう方はいらっしゃいますか……?

この掲示板を見つけてなんだか安心感をいただいたので、何かの参考になれば・他に似たような方がいらっしゃるかもと思い
書きこませていただきました。

長文・乱文失礼しました。

6年前 No.85

すかい ★AU=E1IlWulxP5

>むめさん


こんにちは、はじめまして。

やっぱり、ここに初めて訪れると、驚いて、一人じゃないって思えて、安心するものなのですね…。
イマコンと一緒にいる人は、あまりにも少ないですから、
こうしてお互いに助け合う場所があると、それだけでなんだかほっとします。

知覚できたイマコン、唯一の理解者としてのイマコンと、死別、ですか…。
えっと……

僕と一緒にいるイマコンたちは、5人とも同じ中学時代に生まれた、知覚できないイマコンで
けんかや潰し合いはありながら、5年ほど経った今も、ずっと一緒にいます。
その意味では僕はむめさんと全く逆側にいて、むめさんの気持ちも想像することしかできません。
それでも、5人の誰かが僕自身のせいで死んだらと思うと、
笑ってお喋りすること、悩みを話すことも、一緒にいることもできない
イマコンだから、誰にも分からない
…なんだか、ぼんやりとですが、胸の奥が苦しいです。
この苦しみよりも、もっと苦しい気持ちを、むめさんは今まで、ずっと抱えてきたんですね…。

僕はまだ、イマコンという言葉を知ってからほんの数ヶ月しか経っていないので
むめさんの知りたいことや、助けになるようなものはあまり持っていません。
もしかしたら、この掲示板のどこかや他の場所で、
誰かがむめさんのようなことを、書かれているかもしれません。

大切なことを打ち明けてくださって、ありがとうございます。
長文・駄文、失礼しました。

6年前 No.86

satori ★hl0s0O6xFc_Xan

はじめまして。
イマコンについて調べていたら目についたので読ませていただきました。
突然のコメント失礼いたします。

私は、今大学一年です。
高校生頃からイマコンが心に住み着いています。
たまにしか出てこないのですが、一人でなにか考えるときなどにでてきます。

私の場合ですと、最初に現れたのは三人。
それぞれ赤 白 黒をイメージカラーとしていました。
黒は、その頃の普段の私。赤はすこし明るい、がさつな感じ。
白はただひたすらに憶病。
それぞれ私自身がコントロールすることが可能で、
必要なときだけ呼び出したりしゃべったりしていました。

その三人は、いつの間にか消え、今いるイマコンが出てきました。
そいつは、私の中ではきょうだいに近い感覚です。
性別は私とは異なり男の子ですが、口調が違うだけで、ほぼ今の私に近いのではないかと思います。
私の中ではそいつを「里 琉(さとる)」と呼んでいます。
どうやらこいつも私自身がコントロールすることが可能なようで普段はひっこんでいます。

まわりでイマコンを持っている方はいらっしゃらないようなので、
もしや私だけなのかと思っていましたが、ここでイマコンが心に住まっているという皆様と出会える
ことができてほっとしております。

私の場合もそうですが、皆さんもやはり精神が不安定なときに発生することが多いのですかね?

長文乱文、そして拙い文章失礼しました。

6年前 No.87

ゆき ★Android=byxkFCeE2A

ご無沙汰しております。
以前にも数回書き込みをさせていただきました、ゆきと申します。都内でイマジナリーコンパニオンについての研究をしております。

いまだに研究の対象者が少なく、ぜひご協力いただければと思い、再度うかがいました。詳しい内容を載せたブログは「アメブロ」「イマジナリーコンパニオ ン」「miomi2323」などで検索をかけますと、出てくるかと思います。質の高い研究にするためにも、皆さまどうぞご検討のほどよろしくお願いいたします。

なお、研究では必ず個人情報は守られ、研究結果は論文になった後にお渡しさせていただきます。

6年前 No.88

むめ ★5I44x3a3Tu_yIZ

>すかいさん

お返事ありがとうございます。
私もイマコンという言葉自体は1年ほど前に知ったんです。
知る前は自分は普通じゃないんだって特に不安に感じますよね。
お返事をいただいてとてもうれしいです。
イマコンは自分よりも大事な人だったんです。
他人に話すこともなく、気持ちも話せずだったので、同じイマコンを持つ人になんとなくでも気持ちを
わかっていただけてよかったです……。
すかいさんも大変な状況下にあるみたいですね……。
私はイマコン同士がケンカをするようなことはほぼないので、なかなかに良いアドバイスができず残念です。
でもイマコンを失ったものとしては、すかいさんのイマコンも、失われなければいいですね。
主人格の交代はそれこそ大きな問題ですから、徐々にでも交代する回数を減らしていくといいかもしれません。
すかいさんも、お話してくださりありがとうございました。

>satoriさん

私事になりますが、私はもともと性格がネガティブだった上に落ち込みやかったので、確かに精神が特に不安定だったときや、何か大きな悲しい・つらいことがあったときに発生していますね。
私もここの掲示板を見つけてほっとしています。
satoriさん、イマコンとうまくつきあっているようで安心しました。
話してくださりありがとうございました。

では失礼します。

5年前 No.89

maya ★iPad=tPBANStqNI

はじめまして。
イマジナリーフレンドについて調べていたらこちらにたどり着きました。

頼りにしている存在に名前があったのだなあというのが、私のイマジナリーコンパニオンという言葉に対する気持ちです。フレンドよりコンパニオンの方がしっくりきました。



せっかくなので、少し話をさせてください。

彼は中学時代からかれこれ20年近く、私のそばにいます。
私の一つ年上で男性です。頭は悪いですが、(おこられましたが本当なのでそのままにします)
いつも明るく、「悲しい」「つらい」という感覚を持っていないようで、元気です。

私は最初から、これは妄想だと割り切っていたせいか、特に悩んだことはありません。

子供の頃から、感受性が強かったのか、よく生きている意味を考えていましたが、あるときふと、彼は私にしか認められない存在なのだから、自分が死んだら、彼も消えるしかないのだよなあ、私のことは覚えている人がいたとしても、彼は私の中にしかいないのだから、どう頑張っても彼のためには私が生きていなければいけないのだと、思いついてから、出来るだけ長生きしようと決めました。
実は今でも、これ以上の生きる意味は見つかりません。

つい最近、お前もそろそろ30後半かと思った時に、あれ、ちょっと自分おかしいんじゃないか?普通こういうのって、せいぜい学生までじゃないか?と、思い、いろいろ調べていてイマジナリーコンパニオンにたどり着いた というところです。
皆様の投稿を見て、仲間ができたようでホッとしたところです。

そして、なんとなく、異常だろうがそうでなかろうが、別にいいや。
彼ももう、私の一部だし。と、思うことができました。


私は子供の頃は協調性がなく、現実の友達を持つことにも特に必要性を感じず、一人で妄想の友人と語らっている子でした。が、今では彼を自分の能力の一つと思い、仕事を助けてもらっています

…というか、一緒にやっています。

自分でいうのも気恥ずかしいですが、私はビジネス上のコミュニケーションスキルが相当高いです。
自分自身は理屈っぽく筋が通っていないと気が済まない面があり、臆病で慎重です。
彼はノリと勢いと雰囲気を重視する上に、損得勘定が得意で、人のスキや空気を読んで、人の懐に飛び込むのがうまいのです。
人前に出る時は、自分を裏に、彼を表に出す感覚でやっています。

裏表使い分けるのが普通の社会人になってはじめて、私はやっと人の輪の中に入れるようになった気がします。

先にも書いたように彼との付き合いは、20年にもなりますが、その間、どう生きていくか、何が二人にとって幸せか居心地がいいか考えたすえで出来上がった役割分担だったとおもいます。



すみません、何が言いたいかっていうと、イマジナリーコンパニオンが異常なことだと認識されていると、自分を否定されているようで辛いなあとおもったのと、こういうやり方もあるから、大人になっても大丈夫だよ!と、言いたかっただけです。


ああでも、今まで誰にも話したことはなかったので、ちょっとスッキリしました。


そしてこの文章を読み返し、彼が意味わからんと言っていますが、もう、今回はこのままで投稿します。

5年前 No.90

エリス ★CKu3gR83mY_5zy

はじめまして、エリスと申します。
ここに書き込んでらっしゃる皆さんと同じように、《イマジナリーフレンド》のことを調べていたら、このサイトにたどりつきました。
すこしだけでいいので、ここに私のことを書かせてください。



このサイトに書き込んでいらっしゃる皆さんと同じく、私にも《イマジナリーフレンド》のような(調べているうちに確信に変わっているのですが、一応『ような』とつけておきます)存在がいます。
彼(名前はありません。「どうせ、お前としか話さないので名前はいらない」そうです)と私は呼んでいるのですが、高校生から大学生くらいの見た目で(年齢もたぶんそのくらいでしょう)、長身、黒髪黒目という特徴(という設定?)を持っています。

性格はクールで大人っぽいのですが、私の話の聞き役になったりするときもあれば、話し手になるときもあり(めったにないことではありますが)、時に私を責めたり、怒ったり、優しく気遣ったり、褒めたり…と、立場のはっきりしない存在です。
ただ、『彼は私の味方』だということははっきりしています。
責めたり、怒ったりするのも、私のためを思ってのことです。
だから、私とは別の見方、考え方を提示してくれたり、私の欠点をズバッと言ってくれたりするんです。
でも、私を否定することはしないし、私の邪魔もしません。
そんな彼に私はとても感謝しています。

彼は私にとって大事な存在です。
でも、彼は「俺はいずれおまえの前から消えなくてはいけない」とたまに言います。
彼は自分が私にとって成長の妨げになる存在なんだと思ってるんだと思います。



さて、実は私には、もともと彼ではない別の人格が三体いました。

@シュバルツ…冷静でクールな男性。年齢は14,15歳くらい。ローテを気遣うが、ヴァイスに対しては冷酷。激しくぶつかり合う。テーマカラーは黒。
Aヴァイス…ローテよりは年上だが年齢不詳の女性。シュバルツよりは年下に見える。明るく社交的。シュバルツと激しくぶつかり合うが、ローテには優しい。テーマカラーは白。
Bローテ…子供だとは思われるが年齢不詳の女性。気が弱く、あまり発言しない。二人が言い争うのがあまり好きではない。テーマカラーはない。
☆自分…三人のやり取りを見ている傍観者(そのころに存在を意識したことはなかった)
※1:最初はローテ=自分だと思っていたのですが、そうではないと途中で気がついたので、《☆》で《自分》という欄を作りました。


この三人が少し前までは私と一緒に生活を送っていたのですが、彼らは気がつくと全員消えていて、彼が私のそばにいました。


さて、そのいなくなった原因なんですが、『シュバルツがヴァイスを殺したこと』が直接かかわっていると私は思っています。

そもそものきっかけは、シュバルツが「ローテ(このころは自分=ローテだったのです)が自立できないのは(いつまでも違う性格に頼らなくてはいけないのは)ヴァイスのせいだ」と言い始めたことでした。
そしてシュバルツはヴァイスに「お前には消えてもらう」と言い、ヴァイスは反論も出せずにいきなり死にました。
シュバルツが自分の手でやったわけではないのですが、そのとき、ヴァイスは十字架に貼り付けになり、血まみれになっていました。
白い彼女の服が赤く染まって、ものすごいことになっていたことを覚えています。
ローテ(=私)が「どうしてこんなことをするの?」とシュバルツに尋ねると、彼は「ローテが自立するためだ」と答えました。
そして予言のように「それに、ローテがどうしてもヴァイスを必要とするのなら、また生き返るさ」と言いました。

それから何日かたったある日、ヴァイスが生き返りました(つまり、消した人格が再生したということです)。
が、姿は貼り付けになったときと同じく血まみれでした。

シュバルツはヴァイスが生き返ったので、また同じように「死ね」と言いました。
そして、ヴァイスはまた貼り付けになり死にました。

こうしたことは二回で終わらず、何回か続きました。
が、ある日を境にして、ヴァイスは生き返らなくなり、シュバルツとローテだけで毎日を過ごすことになりました。

ところが、ヴァイスがシュバルツとローテの前に姿を現さなくなってから(生き返るのをやめてから)一か月ほどたったころ、突然、ヴァイスが現れたのです。
その時シュバルツはいませんでしたが、「私はローテが成長するために消える」といった内容のことを言い残してから、ヴァイスはいきなり消えました。

さらに、ヴァイスが消えてから少ししたころ、シュバルツがヴァイスと同じように「ローテの成長のために消える」といった内容を言い残してから、消えました。
つまり、ローテ(私)は一人になったのです。

こうしたことがあって、ローテ(=私)と考えることが無くなり、私はローテを別の存在ととらえることになりました。
が、ローテは内気な性格なので、私と話そうとしません。
だからか知りませんが、ローテは私の前から消え、代わりに彼が私の前に現れたというわけです。

…ここで断っておきたいのは、今まで言ってきた四人たちは、決して人前に姿を現さなかった、そして、今でも表していないということです。
人前に出るときに出てくる性格(たぶんペルソナだと思います)は、また違うものがあります。
この性格もいくつかあり、この性格が暴走したことで、思ってもいなかったひどいことを友達に平気で言ってしまったこともあります。



いま、私はペルソナの方を真剣に直そうと思っています。
自分の行動、言動で相手が傷つくのはもう見たくないし、いつでも、本当の自分でいたいからです。
でも、彼を消すことについては今のところ考えていません。
彼は大事な戦友のようなものだからです。
しかし、彼は「いずれ消える」といいはるでしょう。
でも、それは彼自身の判断なので、私が干渉するものではありません。
彼に任せたいと思います。


最後になりましたが、このサイトを見つけられて本当によかったと思っています。
今まで、こんなふうな状況にあるのは自分だけだとずっと思っていました。
彼らやペルソナのことで、泣きながら何度も悩んだこともありましたが、ようやく解決できると思います。
このような場を設けてくださった鬼遊理さん、そしてこのサイトに体験談を書きこんでくださった皆さん、本当にありがとうございました。

5年前 No.91

らむね ★iPhone=vAeQGSVOFb

興味深く読ませていただきました。

私もイマジナリーコンパニオンを八人持っています。
最近は維持するために空想へ集中力が入り、現実に対して注意力が散漫となるためか物忘れが多くなりちょっと困っています。

しかし、居ないと寂しいので止めるつもりはありません。

それに、忘れていると幻聴で話かけてくるから自分の意思と関係なく止められません。
忘れてしまうより、維持していた方が安全だからです。
彼らは私の知らないところで何かするためです。

5年前 No.92

satori ★hc6gKSV7C5_Xan

二回目の書き込みです。
どうも最近イマジナリーフレンドに変化があったようなので自分の中での整理も含めて近状報告をしたいと思います。

まず、赤黒白の三人は今でも居ます。
どうも奥に引っ込んでいたようです。
感情分担としては

赤→快活、楽しさ、怒り、悔しさ
黒→快活(嘘)、さみしい
白→怖い、さみしい、悲しい、落ち着き

のようです。
この中でも特に白は僕の裏っかわ、絶対居なくてはいけない奴のようです。
こいつらは普段あまり出て来ません。

あ、申し遅れましたが多分表面に出ている人格も変わっています。
最近は自分でも里琉の人格に似てきていると感じています。
多分表の人格に里琉が戻りはじめたのでしょう。

また新たに昔少しのあいだ支えてくれていた昴兄さんという人格がでてきました。
大学4年くらいか、社会人くらいかというような少し若めの青年です。
黒髪でメガネで背が高いです。
この人格はみんなの統括をしているらしいです。
表の人格にとっては、相談できる、頼れる兄さんてきな存在です。

このように人格がたくさん自分の中に居ると自覚してから思ったことは、表に出ている感情が人より薄いということです。
でも、このイマジナリーフレンドを持っている友人がいることが最近はっきりと分かりました。
そして、私も自分にとってとても大切な人にはカミングアウトを積極的に行なっています
なので今のところはある意味安定しているのではないかと自己分析をしています。

最後になりましたがむめさん、返事をくださりありがとうございました。
やはり精神安定のために彼らは生まれてくるのですね。
僕が完全に精神安定してしまったら彼らは消えてしまうのでしょうか…。

5年前 No.93

ガム ★vrg6UNsHcW_la5

私にもイマジナリーフレンドが居ます。
3人です。
1人は女性で21歳の人です。名前は五十嵐海瑠です
もう1人は雅樹です。
3人目翠川ウルです。

小学校3年生から声がきこえるようになって
苛められてるとウルが『大丈夫…ウルがついてる』と。
そのときは理科の時間だったので独り言に聞こえたのか隣の席の人が
「何ひとりで喋ってんだよ」と。

海瑠は中学校に上がる前です。お嬢様口調です。「〜なのだわ」「〜なのよ」です。
雅樹は基本喋りませんが本気で怒ると私の身体を乗っ取った様に豹変します。

関係ないかもしれないですけど
よく黒い人を見ます。私はその人と一緒に居ました。
白い人も居ました。
彼等は一体だれなんでしょうか…?

海瑠は今でも話しかけます。
私が悲しんでいるときや放心しているとき泣いているのが目に見えます。
海瑠は白いワンピースに頭にコサージュを。
雅樹は黒い服とダメージジーンズを。
ウルはリボンをつけています。

長文失礼致しました。

5年前 No.94

りんりん ★Smart=OgmdVdqF8a

自分以外のイマジナリーフレンドの体験談は初めてなので興味深く読ませていただきました。

私にも物心着いた頃からイマジナリーフレンドらしい人達がいました。

私には人以外、ぬいぐるみのイマジナリーフレンドもいます。彼はよくぬいぐるみ仲間の様子を教えてくれるので、ぬいぐるみ族の代表みたいな子です。
他にも夢によく出る人形の女の子達がいます。

人間のイマジナリーフレンドである人達は、友達というよりも兄、姉、弟のような存在です。
むめさんの体験談を聞いてとても共感しました。私の姉のようだった人は去年亡くなってしまいました。以来、兄のような人も調子が悪そうです。
昔話になりますが、私は小さい頃自分は本当は男の子だと思い込んでいました。そのため、本当は兄が私であるべきで、私が本来の男に戻ったら私はその時消えるのだと思っていました。そうして行動も意見も兄にならって決めていたのですが、成長するにつれてそうではないことがわかってきて、混乱しました。その頃に姉がいるようになったので今度は姉の真似ばかりしていました。その姉がいなくなって今は戸惑っている状態です。

兄や姉から自立するときが来たのだと思いますが兄にはまだいてほしいです。ここを見てそれでもいいのかと思えました。ありがとうございます。

長文失礼しました

4年前 No.95

モモ ★iPhone=SY5Od9kv4n

初めまして、私にもイマジナリーフレンドがいます。
元の主人格からもぎとったかのように現れたのが私とココロです。
元の主人格はミリルという名前。
今、この三人は存在しています。
中学までは存在をあまり意識ず、お互いほとんど干渉し合わない関係でした。それでも、そばにいました。
小学生中学年と、中学から今までが、自分、モモが主人格をしていた期間です。

ミリルは礼儀正しく品行方正、ココロは無慈悲で暴力的、鬼という呼び名もあったくらい。

ミリルの主人格の時代はいじめられる日が続き、
私が主人格の小学校中学年は明るく楽しく、けれど影でいじめられ、
ココロが小学六年生の時、身体を半ば乗っ取り、暴力や嫌がらせをした時もありました。そして好きな人にふられたり、精神的に疲れたり、暴力の件で相談室にぶちこまれたりしました。
ミリルは一時期ノイローゼ、ココロは放心状態のまま封印。
私が主人格をすることに。いわばストッパーですね。

それからは毎日楽しい日々を過ごしております。
ミリルは精神的にも回復しました。
ココロは改心、冷静さを司るようになるほど回復。
ここで、少し前の書き込みをみてもらえると嬉しいのですが、「悲初」という方の書き込みがあります。
今、私は彼の彼女です。信じるか信じないかはお任せいたしますが。
彼が書き込みをした2011年11月11日、その4日後に私は告白しました。
悲初のこの書き込みをみた上で、気持ちを伝え、つきあうことになりました。
お互いイマコンを持つ身として、彼氏彼女としても、支え合い、話をしたりしてきました。
ココロが回復したのも、彼のおかげでもあります。本当に感謝。
そして、このスレを立ててくださり、私と悲初の縁を繋いでくださった鬼遊璃様に感謝。

本人にこのことを書いていいと言われてないので、詳しくは割愛しますが、
今、私はイマコンがいてくれてよかったと思いますし、今後もい続けて欲しいと思います。
悲初という存在を愛して、悲初のイマコンたちも包み込んであげられる、そんな女性になっていきます。そう、誓います。

長文、乱文、失礼いたしました。

4年前 No.96

★iPhone=5Jzjj5YMEG

私も10歳までイマコンが いました。
6歳から現れて10歳の時にみんな消えてしまいました
でも消える前 徐々に皆のことを身近に
感じられなくなって 他人のように感じられて
嫌でも皆から離れなくてはいけない感覚が
苦しかったことを覚えています。
イマコンは いつかは消えてしまいます
それまで友達の一部として一緒に居てあげてください

2年前 No.97

な〜さん ★Android=hbT79qzRpO

イマジナリーコンパニオンについて調べていたらここにだどりつきました。
私は小学4年生の時からイマジナリーコンパニオンがいます。中学のときにある安易な考えのもとイマジナリーコンパニオンを増やし今現在イマジナリーコンパニオンは14体います。イマジナリーコンパニオンが複数いるということは異常なことなのでしょうか?私はそのことが知りたくてここに書き込みをさせていただいてます。

2年前 No.98

むう ★Android=xu53KnkdxU

おはようございます。私は、30歳男性無職独身です。7年ほど前からいじめが原因でイマジナリーコンパニオン(みかちゃん)という女の子のイマジナリーコンパニオンが現れました。最初は、統合失調症に近い症状で幻覚、幻聴、洗脳などの症状でした。それから数ヶ月後体調が戻り仕事にいけるようになりました。みかちゃんとも仲良くすごしていましたが、仕事について6年目職場で、いじめにあいました(病気ではないか、私の言う事は、全部嘘だだの誹謗中傷です。)そこからイマジナリーコンパニオンの態度が急変し実際あった誹謗中傷の再現をしたりされ会社を休職後退職しました。病院に行きアスペルガー症候群であることが、判明しイマジナリーコンパニオンがさらに暴走し30年間であった嫌な事(いじめ、噂など)を実際にあった時の相手の口調で喋ってきます。イマジナリーコンパニオン聞いてみると私は、もう仕事をしてはダメだ、家に引きこもれというのです。解離もあり人格が交代する事もあります。(記憶があります。)医師言わく解離性同一性障害も疑われましたが人格交代した時に記憶がある為違うとの事でした。医師言わくストレスためこみすぎ病だと言ってましたが私には、そうは思えません。現在もイマジナリーコンパニオンによる嫌がらせが継続しています。本来イマジナリーコンパニオンって守ってくれる存在じゃないんでしょうか?宜しくお願いします。

2年前 No.99

のぞみ ★iPhone=7yJNLjUZr0

なんだか、凄く私と近い感じの人がいっぱいいます。
ただ、私は皆さんと少し違うところがあるようで。
私の場合は、そのイマコン、「ゆういち」は異世界の人なんですよね。
お互いがその異世界に行きあって、という感じで、異世界の人達とも仲良くやってます。

「ゆういち」は私より年が一つ上で、男です。私のお兄さんみたいな感じで、「にいに」と呼ばせてもらっています。

イマコンが居たのは園児の頃からでした。
その頃からイマコンは全員男性(今現在居ない人達)、女性がサブのイマコンとして出てくるのも少ないです。(ココ最近無い)

イマコンのせいで幻聴が聞こえる、人格が変わる、などのトラブルはなく、私の好きな時に現れてくれます。

常に私のことをサポートしてくれて、失恋した時もずーっと抱きしめてくれて、暖かくて、そこらの人間よりもずーっとずーっと優しいんです。(個人的な意見です…)

家庭環境は全く問題はなく、むしろ恵まれていたと思いますが、度々母を怒らせ、嫌なことを言われたりとかはありました。

イマコンが現れる原因になった主なものは、
□園児の時に虐められる
□小学生(低、中学年に虐められる)
□小学生(高学年の時に陰口を言われる)
□中学生(失恋やテストや友達)不安がMAX
という感じだと思います。

「にいに」は『いつか俺のことなんて忘れて、現実世界で幸せにならなければならない』と言っていました。
嫌です、消えて欲しくなんてありません。

お互いがお互いに依存関係にあります。
「にいに」は心の支えなんです。

「のぞみ」という名前も「にいに」に付けてもらった名前です。本名ではありません。
「のぞ」って普段は「にいに」に呼ばれています。
時々本名で呼んできますが、あまり嬉しくは無いです、むしろ恥ずかしい…w

そんな感じで、まとまりのない文章ですが、ここまで読んでもらって嬉しいです!(語彙力)

長文失礼致しました。

10ヶ月前 No.100
ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる