Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1 2 3 4 5


 
 
呑気症No.97 だけを表示しています。

★pjNWg4w3/yQ_8Q

【呑気症と噛みしめ
 噛み合わせが悪いのではなく、噛みしめることが悪いのです。深呼吸して唇の間から空気を出してそそのまま唇を合わせます。これが顎の筋肉が一番リラックスしている状態(下顎安静位)なのです。舌も上アゴにはついてません。この状態でいるときは飲み込み動作は起こりません。 さらに噛み合わせをしないようにするには薄くて気にならない程度のマウスピースを作ってこれを歯に被せます。これで噛んだときにマウスピースに気付いて噛みしめを止めるようにするのです。これで歯を合わせる癖を直していきます。

呑気症と後鼻漏
 後鼻漏とは鼻水が鼻からのどの落ちてくる病気です。鼻の状態が悪いときは常にのどに違和感があり、それにより頻繁に呑気が起きることがあります。耳鼻科医での治療が必要です 】

少しだけ調べてみました。

*舌を上顎に付けない状態になると飲み込みの回数を減らすことが出来るようですね。自分でも少し取り組んでみましたが、喉が渇くようで咳き込んでしまい、かなりくるしい思いをしました…;…私は1分ももちませんでした…。かなりくるしい状態なのですね。

*そして、やはり空気を溜めない工夫は大事なんだなと感じました。勢いよく唾を飲み込んでしまうとより多く空気が喉の奥に入ってしまうように思います。上記にあるように”深呼吸をして唇の間から空気を出してそのまま唇を合わせる”というのは、より吸う空気を減らす上での工夫なのでしょうか。これも、かなりくるしい作業でした。

発声の練習をしたことがあり、その時に呼吸法も練習してみたことがあったのですが、呑気症の方は、かなりのストレスを抱えている方が多いようですね…。鼻から息を吸い、口から息を吐く、深呼吸もリラックスに最適だとは思いますが、自分がおススメなのは、複式呼吸です。息を限界まで吐くとお腹に息が大量に溜まります。声をより大きく出す為にした呼吸法ですが、酸素をより多く取り入れることが可能でリラックス効果も高いですよ。

他には、音楽を聴く、身体を温める、身体の筋を伸ばす等のストレッチを心がける等されるだけでも、心と身体の緊張をほぐしやすくなると思います。これはかなりおススメなので試されて下さい。よく眠ることも野菜等ビタミンを多く取り、朝の光を浴び、身体の健康を保つこともリラックスには重要なのではないかと思います。


色々考えてはみたのですが、やはり、私は飲みこむ方法を考えるよりも、どれだけ周りに気が付かれないように唾を吐き出してみる方法を探られた方がずっと楽なように感じました。

空気が溜まるだけでもしんどそうなのに、それを我慢する等、冷や汗と緊張との戦いで苦痛でくるしすぎる時間なのではないかと…

…もう少し、考えてみますね。

早くこの症状が治まると良いのですが…、

纏まらない意見を失礼致しました。

*少しでも何か思いついたら此方に書き込みに来ます。

2010/06/17 21:39 No.97

呑気症No.97 だけを表示しています。
ページ: 1 2 3 4 5

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる