Google
    

新着レス ( 小説カテゴリ )

記事投稿者掲示板時刻
長編異世界ファンタジー合作募集( 白熊 )( 募集・告知 )2017/06/28 00:25
何かの理由でクロウルが一瞬神具を手放してそこで孔雀翁に襲われ自分がバルバロスの子だと知らされるも 仲間に助けられてとりあえず殺されずに済んだ 、 とか?
長編異世界ファンタジー合作募集( 白熊 )( 募集・告知 )2017/06/28 00:22
孔雀翁としてはルリのことはどう思ってるのかね 。 母親の娘として護っているのかバルバロスの血を引く娘として命を狙っているのか あと 、 このあとクロウルってどうやって自分がバルバロスの息子だって知るんだっけ?
ラブコメ・ファンタジー学生冒険譚( 三回半えびぞり )( 募集・告知 )2017/06/27 23:51
らくださんと皆さんへ 年齢 、 ですか 。 正直 、 そう言うのは決め辛いんですけれども…… あくまでもイメージとしまして 、 〇七季広大…15歳(170cmという設定のため 、 もしメンバーとして使う場合は年齢を下げるために身長を変化させるべきかと)
長編異世界ファンタジー合作募集( ゴン )( 募集・告知 )2017/06/27 22:43
バルバロスがどうやって過去に自分の子を身ごもった女とその子供を判別したかって話ですが 、 ここでバルバロス海賊団の老人の賢者(孔雀翁)を出してみたいと思ったり 。 つまり 、 この孔雀翁がこの世界一の呪術師で 、 その呪術を使ってバルバロスの肉体を介して呪いをかけ
 詳細は取扱説明書をご覧下さい。( とみや。 )( 書き捨て!小説 )2017/06/27 21:42
「僕は正義のヒーローになりたかったんだ」「では 、 正義とはなんなのか?」「それは自分を殺すことだ」「他者のために生きること 、 それが正義だと僕は思う」「罪を憎み 、 自分の信じたものを貫き 、 民を守り 、 皆から賞賛される」「それが正義であり
魔界王国物語( 闇月 )( 小説投稿城 )2017/06/27 21:31
【第28章 問答と真偽と】 「ダイアよ 。 私の問いに正直に答えよ」 「は 、 はい」 初めて見る闇の魔王は 、 ダイアは内心驚いた 。 ダイアは 、 もっと恐ろしい怪物の姿を想像していたが 、 本当はただの大きな黒猫だった 。 闇の魔王は北風のような小さな声で言った
僕を救ってくれたのは。〜僕らの闘病生活〜 <サブ記事>( アミロイドーシス患者 )( 小説投稿城 )2017/06/27 19:14
面白いね 。 私 、 アミロイドーシスっていう病気で余命宣告受けてて 。 その余命宣告の日付 、 明日なんだあ 。 今 、 入院中で 、 食べるものとか行動範囲とか 、 色々制限されてとってもイライラする事あるけど 、 この小説を読むとなぜか落ち着くんだよねぇ
亡霊の嘘( 遊。 )( 書き捨て!小説 )2017/06/27 18:10
飴色の雲 。 私の嘘が暴かれていく 。 わたがしのような軽やかさはない 。 夜は明けた 。 誰も助けてくれはしない 。 無意味な言葉の羅列に 、 私は少しずつ失われていく 。 いつかこの世界で擦り減った私は 、 空の美しささえ忘れてしまって
やさしいひと( ししくれ )( 書き捨て!小説 )2017/06/27 17:54
「生きることに飽きても 、 俺は死ぬことなどできない」 煙草の煙が私の顔にかかる 。 美しい横顔は 、 もうずっと老いるということを知らない 。 「彼奴はもういない 。 俺に生きる意味などあると思うかい?」 この人はずっと彼を愛し続けている
おとぎ話のような喜劇の物語をあなたに届けます。( ハンドルネーム。 )( 小説投稿城 )2017/06/27 17:24
彼は 、 クラスにすぐ馴染んでいった 。 自己紹介のあと 、 皆の興奮気味の質問に 、 1つ1つ答えてあげていた 。 私の思っていたイメージとは全く違ったから 、 少し内心ビックリしている 。 5年生 。 彼と同じクラスになった 。 嬉しくもなかった…
喰らう人( )( 小説投稿城 )2017/06/27 14:25
奴は初めてのクローンなので 、 まだ調べることがあるらしく 、 数日地下室で過ごさせるらしい 。 「分かってると思うけど 、 一号が生まれからには今まで通りの生活は出来ないと思いなさい 。 二号や三号が現れるのもそう遠くない」
ラブコメ・ファンタジー学生冒険譚( QLL )( 募集・告知 )2017/06/27 13:14
和ですか 、 、 、 ならば銃の方向性を白紙にして 。 五行思想+二種にどれか を選んで武器を絡めて=武器魔法的な考えです? それとも武器は武器 。 五行思想の魔法は魔法で区切って考えるべきです? 魔法の設定はどのように捉えて良いのでしょうか(*゚∀゚*)
ラブコメ・ファンタジー学生冒険譚( らくだ )( 募集・告知 )2017/06/27 10:32
QLLさんへ ごめんなさい 。 らくだの説明不足でした 。 実はこの世界に銃はなくて 、 魔法が主な武器です 。 あとは剣 、 魔闘士など身体を魔力で強化する者がいます 。 ネーミングですが 、 基本和風にしてもらいたいので 、 合わせて頂けると嬉しいです
rrrr( rrrr )( 小説投稿城 )2017/06/27 10:16
≪ 122 続き 「何で?お兄ちゃん」 分からなくて 、 怖くて 、 少年に背を向けた 。 「待ってよ」 少年が近づく砂利の音に 、 咄嗟に走り逃げ出した 。 少年は追いかけず 、 静まり返った公園で呟いた 。 「…何だよ 。 つまんないな」
ラブコメ・ファンタジー学生冒険譚( QLL )( 募集・告知 )2017/06/27 09:04
名前:七不思 屍 (ナナフシ カバネ) 性別:男 年齢16 部活:帰宅部(今は 容姿:濃紫のツンツン頭で体格はほっそり気味 。 しかし隠れ腹筋割れという細マッチョ分類である 。 (意味はない) 身長は166.2p体重62k 。 視力が0.5と悪く普段コンタクトレンズ使用
死ぬまでワガママ。( 貴純。 )( 書き捨て!小説 )2017/06/27 01:06
「溶けた脳みそ 、 それは腐海 。 美しくあればこその 、 人の真髄 。 許せないのは穢された高潔 、 憎らしいのは輝きを失わない唯一の豪傑 。 妬ましく殺したいほどに愛おしく 、 何よりも私を惹きつけるあの方の唯一の罪 。 それが
とっくに恋に堕ちてるよ( 萌愛*MOA )( 恋愛小説投稿城 )2017/06/27 00:27
「瀬那ーー!ファイトー!」 「あとちょっと!がんばれー!」 「ぬかされるな!!」 「後ろ!いるよ!!」 口々に聞こえるアンカー(瀬那)に向ける応援の言葉 。 途中 、 バトンミスがあって一回ぬかされたが 、 七瀬が距離を縮めてくれて
 詳細は取扱説明書をご覧下さい。( とみや。 )( 書き捨て!小説 )2017/06/26 22:37
「僕はあなたに首ったけ!」 「獏センパイってあんまり可愛くないからクロセンパイって呼んでいーっすかね!」 白犬(シロイヌ)/白宮壮太(はくぐうそうた) 生徒No. 0123456789のある意味ラッキーな数字の持ち主 。 思春期真っ只中で異性に関心の高いお年頃