Google
    

新着レス ( 小説カテゴリ )

記事投稿者掲示板時刻
魔人ジークと魔法の腕輪( 魔人ムシン )( 小説投稿城 )2017/01/21 08:49
「怪異って言えばさあ 、 」 ジークがシウに切り出した 。 「電話ボックスに出るの知ってる?」 カケルが生やしたてる 、 「あーそれ 、 知ってる 、 そこのコンビニの近くの電話ボックス 、 電話ボックスのけいらさん」 「昔一回出たけど最近また出るって噂だぜ」
甘い蜜のよう( )( 書き捨て!小説 )2017/01/21 08:43
死にたがりの彼女と 、 それを止める僕の話 。 「彼女」 名前:決めない 容姿:病的なまでに白く 、 それゆえリスカ跡などが赤く目立つ 。 隠すそぶりはない模様 。 身長は平均より少し低いくらい 。 また身体の線が全体的に細く 、
青い色素のとりさん( うたか、 )( 書き捨て!小説 )2017/01/21 08:42
「あたしを抱き締めてもガリガリで気持ち悪いよ 、 」 名前/ 祈宮環夏//いのみやかんな 性別/ 女性 年齢/ 17歳 性格/ 常に完璧主義 。 何に対しても真面目に取り組み 、 勉強は勿論スポーツやお洒落など何から何まで完璧を求める
甘い蜜のよう( )( 書き捨て!小説 )2017/01/21 08:26
「生きてて 、 何になるんですすか 、 」 彼女は腕をかきむしる 。 腕の傷を 、 広げるように 。 腕が赤く染まっても 、 彼女は 気づいてないようだった 。 「だって 、 わたしじゃ 、 」 わたしが生きてたって 、 世界は変わらないのに 。 彼女は涙を零しながら叫ぶ
輪廻転生した僕らは( 千里 )( 恋愛小説投稿城 )2017/01/21 03:11
147話 「うぇっ…… 、 」 結局千里はあの後も寝れなかった 。 眠る度に 、 母と父の亡骸の夢を見るのだ 。 それに段々鮮明になり始めたのだ 。 起き上がる度に吐き気しかしなくて 、 もう寝ることも諦め始めていた 。 そう言えば 、 伊織のあの事件で封印していた記憶が呼び覚まされてのもあるが
Re:Re:Re:Re:おやすみ( メロ )( 書き捨て!小説 )2017/01/21 01:58
私の友人に 、 神楽京という女の子がいる 。 昔から 、 この世ならざる物が見えてしまう私を 、 京は「そうなのかい」と一言何でもないような声を出した 。 否定はしない 、 受け入れてくれるような穏やかな声に私は目の奥が熱くなったことを覚えている
泡沫のイリュジオン( 妃翠 )( 書き捨て!小説 )2017/01/21 01:57
正論と綺麗事を振りかざし 、 君はどんどん他人を傷つけていくのだろう 。 その立場に立ったこともない君の空っぽな相槌は 、 鈍感と言われる僕でさえ 、 中身のないものだということに気づいたのだから 。 「一つ 、 忠告をしてあげる」
輪廻転生した僕らは( 千里 )( 恋愛小説投稿城 )2017/01/21 00:54
146話 しかし 、 会いたい 、 というのもあるが 、 日向は今でも両親が死んだのは千里のせいだ 、 と思っている節もあったのだ 。 だからこそ 、 あってしまえば 、 恨み言が口をついて出てしまうのではないか 、 そもそも会わない方がいいのではないか
恋なんてするはずが無かったのに( 麗華 )( 恋愛小説投稿城 )2017/01/21 00:05
楓side 昼食を食べ終わった後 、 晃が2人ずつで別れようと 、 訳の解らない提案をしてきた 。 しかも鴫原が賛成したせいで… 。 結局 、 やることになった 。 最初は今咲さんとで…… 。 「……」 「……」 気まずい 。 どうしよう 、 話さなきゃ…
輪廻転生した僕らは( 千里 )( 恋愛小説投稿城 )2017/01/20 23:48
145話 七夕の夕方 。 日向は自然といつも集まる飲み屋へと足が赴く 。 一人でぼんやりと飲んでいると 、 「日向!」 「あれ 、 頼じゃないか 。 久々だなぁ…… 。 いつ以来だ?千里は元気にしてる?」 「2ヶ月くらいじゃないか?それで久々とか