Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(602) >>

小説家・絵本作家目指してる人集合!

 ( 小説家掲示板 )
- アクセス(1612) - いいね!(2)

アリス ★iPod=hiXlBGP5wg

小説家・絵本作家目指してる人はどんどん投稿してくださぁい(≧∇≦)

分からないコトとかいろいろ語ろう!

それでは・・・スタート!

2年前 No.0
メモ2015/11/19 14:32 : モルト★AU-k8yAgBwXQT

初めて来た人はここに名前を書いてね(*^^*)

・アリス

・夏樹

・華恋

・みかん

・らくだ

・三回半えびぞり

・snow

・kototokin

・ウタウタイ

・モルト

・何かを書く人

人が増えたら・を増やしてください!

最初の投稿には、プロフィール(年齢・好きな本など)をかいて、どちらを目指してるか教えてください(*^^*)両方の場合は両方って書いてね(≧∇≦)

ページ: 1 2 3 4 5 6 7


 
 
↑前のページ (552件) | 最新ページ

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ウタウタイさんへ

「ハートブレイクネス」面白かったです。
話が軽快で重くなかったですよ。

登場人物の名前も分かりやすくて助かりました。
ときどき作者さんがこだわりすぎて、読めない名前があるんです。
ウタウタイさんの作品はそれがなくて、読みやすいなと思いました。

他の読者さんにネタバレがあったら良くないので伏せますが、
良い意味で不思議さがあり、余韻のある作品ですね。

全体的に良いと思います。


らくだごときのアドバイスをいくつか。
・タイトル
  英語(?)だと、話の内容の特徴が分からない場合があるので、
  ひとの興味を惹きたいときは、外国語は避けたほうがいいかもしれません。
・句読点
  句点等が無いのも、ウタウタイさんのスタイルとして、良い味が出ていると思います。
  ただ、商業本にしたい場合は、合ったほうが良いかもしれません。
・誤字
  「帰る」を「変える」と書き間違えています。
・重複
  同じ文に「奇麗」が重複してあったのが、気になりました。


以上です。
読んでいて疲れない作品で、素晴らしいと思います。
らくだも負けないよう、頑張りたいです。



らくだより

1年前 No.553

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

>>らくださんへ

ぎゃあ!
忘れてました、私の小説を読んで欲しいと言っておられましたよね。

「余り物にも……福がある?」
「サビ付き英雄譚」

これくらいが私の代表作……って言うか、拙作でしょうか。
PNのアッキは重複が多いので、作家名で探すのはあまりお勧めできないかな。
あまり面白みがあるという感想はないんですがね。
ちょっと忘れてました、すいません。

>>ウタウタイさんへ

「ハートネスブレイク」、ですか。
また後で読ませていただきましょう。
らくださんの感想を見ると、軽快そうなので楽しみです。

1年前 No.554

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

三回半えびぞりさんへ

「ハートネスブレイク」でなく、「ハートブレイクネス」ですよ。


「余り物にも……福がある?」は、何故か何度か検索したのですが、
出てきませんでした。


さっそくブックマークつけましたよ!
やっぱり、えびぞりさんは才能ありますね。

感想です。
人間味のある女死神さんの行動が、面白いですね。
ギャグが活かされていると思います。
ラスティードールという独自の存在も、発想が良い感じです。
ちゃんと腕が取れやすいという弱点もあって、ただの強者じゃないところ、ポイントが高いですね。
主人公の正義感も好感持てて、楽しめます。

らくだごときのアドバイステイク2
・口調
  男性の口調にレパートリーが少ない気が、若干します(まだ、三話目しか読んでいませんが)。
・初歩的ミス
  金属の錆は水分などで酸化還元反応で起きるので、水では落ちないらしいですよ。


続きが気になるので、今後も活躍していただければ嬉しいです。



らくだより

1年前 No.555

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

>>らくださんへ

すいません!
「余り物にも……福がある?」ではなく、「余り物には……福がある?」でした!
ごめんなさいね、そりゃ何度やっても出ませんよね……。
とりあえず作家ページに飛べば、色々と読めるので分からなかったらそれを参照してくださいな。

とりあえず感想についての返信。

>>人間味のある死神やラスティードールについて

この辺は自分が好きな分野だからね。
転生とかよりも、こっちの方が面白いかなって書いていて、楽しかったよ。
弱点がある方が、それの成長になって面白そうだ。

>>アドバイスについて

主人公の口調は申し訳ございませんが、ここまでだからね。
あまりやりすぎてもダメかなって思って。

泉については説明不足だったね。
実は魔力が大量にある魔力の水の泉という設定でして、ファンタジーならば「泉=魔力が多く含まれる」で分かるかなって説明不足だったわ。
ごめんなさい、直しておきました。


後、らくださんの「ハートブレイクネス」見たよ。

改行少なくて読み辛かったよ。
人材派遣物というジャンルで、「人の足りない個所を埋める人材」という不思議な世界観を味わう前に、
文章の読み辛さで損をしているような作品と言う印象。

その辺りも考慮した方がより良い作品作りになると思うよ。
作者が書きたいのを書くのが一番だけど、読者にそれが伝わるように書くのも大事だからね。

1年前 No.556

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

三回半えびぞりさんへ

「ハートブレイクネス」は、らくだの作品ではなく、
ウタウタイさんのものです。

紛らわしいコメントをしてしまったようで、
申し訳ないです。



らくだより

1年前 No.557

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

>>らくださんへ

あらら、本当にそうですね。
間違えて本当に申し訳ございませんね。


>>ウタウタイさんへ

と言う訳で、本当に間違えてすいませんでした。

>>556
ここにある「ハートブレイクネス」の感想はウタウタイさん宛てですね。
少し間違ってしまって申し訳なかったですけれども、こう言う感想として受け入れて貰えるとありがたいです。



今はね、新作のアイデアを耕作中なんですが。
私の良くない病気が2つ同時に併発されてしまってちょっと困ってたりする。

一つ目の病気は、アイデアが凄く出るって病気。
その小説のアイデアが出まくって「これ出して!」「これ使って!」と頭の中から私に対して囁いて来る。
それがあるのは良い事なんだけれども、仕事中とかにこれが良く出るから困り物です。
うん、正直嬉しい反面、どう対処すれば良いか分からない。

二つ目の病気は、左右され過ぎ病。
私のアイデア作成はね、基本的には他の作者の作品に読んでそれに影響されやすぎる性質だからね。
今回の新作には魔法が得意な狐耳の娘を出しているんですけれども、
とりあえず元のアイデアとして「fate」のキャスター(狐耳)を元に作っているんですよ。
けれども「明るく空気を壊すような性格」「魔法が得意」とか、色々と影響を受け過ぎてね。
髪の色とか尻尾の本数は違うけれども、カップめん現象(ほぼ影響を受けた事が丸わかりという事)でね。
これを私のオリジナルキャラとしてなるように作り直さないと。
……これが一番難しいんだけれどもね。

はぁ、新作を作るのはこう言う所があるから難しい。
とりあえず二つ目の病気は完全になんとかしないとな。

1年前 No.558

ウタウタイ ★at4LpMw3R7_EP8

らくださんへ

指摘ありがとうございました!

えびぞりさんへ

いろんなジャンルを書きちらして今やっているのですが
難しいです(大汗)
かんこどりが鳴いております!
今ギャグファンタジ―書いているのですが書きたいことが多すぎて困っています
スピンオフ色恋鬱ラブ短編や本編の話や沢山!
読んでくれて飛ぶようにうれしいのですが
クールダウンするべきですね!

ハートブレイクネスの感想ありがとうございます
もうすこし行とか開けてみます
うれしいかぎりです!

1年前 No.559

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

みなさんへ

らくだもお悩み中です。

最近、やっと新作が完成したのですが……(えびぞりさん、ご協力ありがとうございました!!)

家族や周りの人に「詩的」と感想が返ってきます。
それはよいとして、「よく分からない」とも言われるんですね。

「詩的」と「よく分からない」って、何か関係あるのでしょうか?
助言が欲しいです。


三回半えびぞりさんとウタウタイさん、頑張れ!
らくだも闘志を燃やします。



らくだより

1年前 No.560

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

>>らくださんへ

ちょっと遅れて申し訳ございません。
「詩的」と言うのは、私的には物語には見えないという所かな。

物語には、起承転結がある。
勿論、1話で起承転結をする人も居れば、短い1話1話のスパンで起承転結を書きながら数話をまとめて起承転結に持って行くのが得意な方も居ます。

詩も、物語も、作者がなにかのメッセージを伝えたいと言う事は一緒。
けれども、詩の場合はそこに起承転結や物語性がないんですよね。
勿論、物語を題材にした詩もあるけれども、それでもそこに物語性をわざわざ入れる人は居ません。

詩的だと思われる小説を読んだ時には、
「あれ? これはあまり物語っぽくないな」とそう感じます。
つまり、物語の内容が頭に伝わっていない、「よく分からない」って言う事。

よく分からないのだから、物語とは思えない。
物語ではないのだから、詩のように思える場合もある。

関連性は十分にある、かもね。

そうならないようにするには、
〇1つ1つの事象に対して、主観(主人公からの主観)を入れた話にする。気持ちばかり先行していると分かり辛い
〇メッセージはすぐに伝わらなくても良い。まず世界観を理解させて、物語に読者を引き込む
この2点が重要になって来るのではないのだろうか?

趣味でやるならば、そんな事は関係ないし、我流で見出した物こそ本当の価値があるのかもしれませんが。

1年前 No.561

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

三回半えびぞりさんへ

アドバイス、ありがとうございます。
確かに思い当たる節があるので、なるほどと感じました。
すぐには上達しないと思うので、徐々に頑張っていきたいと思います。


他の皆様も何か助言があれば嬉しいです。
とにかく、えびぞりさん毎度ありがとうございます。



らくだより

1年前 No.562

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.563

ゆるぼ @neko123 ★iPhone=Wq7I5UG4Pj

>>563
レベルアップのためということであれば、あまり細かい設定を入れない方が良いんじゃないかと思いました。『老人と海』みたいに、シンプルかつ濃密な戦いを描いてみてはいかがでしょうか。ぱっと思いついたのは、マタギと熊の戦いですが、これはしっかり調べて取り組まないといけないので時間がかかりそう。ファンタジーであれば、空想で補えるので、練習向きかと思います。

1年前 No.564

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

>>ゆるぼさんへ


「老人と海」、ですか。
確かにシンプルではありますが、具体的な奴ですね。
そう言うように、単純なストーリーの方が分かりやすいかもしれませんね。

と言う訳で、構想についてはだいぶ纏まっております。
分かりやすく戦いに至る経緯が出来るのを考えました。

今まで作らなかったんですけれども、「召喚獣もの」と言うのを書いてみようかな、と。
ポ〇モンのように、主人公はモンスターに指示を出すだけじゃなくて、
魔法なんかでサポートをしながらすると言う世界観設定です。
そんな世界観設定の中で、召喚獣もマスター(主人)としても未熟な主人公が、
学園の中で強者への道を歩んでいく……って言う、王道的なストーリーを考えました。
とは言っても、主人公の力への原動力は「妹に兄として認めて貰う」と言うちょっと不純かもしれませんがww


と言う訳で、だいたいのあらすじは決まってます。
舞台は召喚獣を育てる学園、貴族などが多いためにそれぞれの派閥があると言う設定世界観です。
分かりやすく言えば、親の力関係がそれぞれあるために子供同士でもその力関係が影響されてしまっていているという感じですね。

そんな中で、主人公の妹は別の有力家族へと貰われていたため、主人公はおおっぴらに妹を妹と呼べない状況です。
妹の方も未熟な主人公の事を兄として認められないのか、素っ気ない態度を取ります。
「せめて妹にカッコいい兄として思って欲しい」、そう思って主人公は修行をすると言う物語を考えてますかね。
とりあえず、分かりやすいキャラ設定もだいたいは考えてみました。


・主人公
少しバカな、男子学生。家は将軍などの有名な人を守って来た日本の武家の家系を継ぐ由緒正しき家柄で、そのためか魔法のほとんどはスラッシュ系やガード系。
シスコンって程ではないが、心配事や自慢事は大抵「妹が〜」と言うのが非常に多いため、周囲からは妹好きのシスコンだと思われている。
ほとんどの人は召喚獣を鎖などで縛って命令を聞かせているが、主人公は一切行っていなくて召喚獣と仲を深めているため、変人扱いされている。

・雪姫
主人公の召喚獣で、幼い女の子のように見えるがその本性は冬の猛吹雪を具現化したような精霊。
主人公の事が大好きで、逆に妹さんの事が大嫌い。
氷の魔法を使い、頭の少し大きめの氷の王冠がチャームポイント。

・妹
クールな優等生。主人公より2つ年下だが、優秀さ故に主人公と同じ学年。つまり飛び級。
主人公の事は単なるうるさい奴と思っていて、あまり好意的には見ていない。

・ポチ
妹の召喚獣で、外国の伝承にある炎の狼。
非常に思慮深い性格で妹をサポートする。雪姫の事が少し苦手。

こんな感じかな。
後でもう少し考える。

1年前 No.565

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

とりあえず、どう言う作品にするのか決めて書きましたよ〜。
とは言っても、シンプルに戦いって言うのを極めようと思うと難しくて、結局は短編になってしまいましたが。

内容としては、サメと老人が戦う「老人と海」のように、
クマと若者が戦うお話、ですかね?


魔法剣士って単純に見てカッコいい。
魔法という頭が良いエリートの代表格、そして肉体的な武闘派とも言える剣士。
その2つが使えると言う事は、「魔法」と「剣士」の両方が使えると言う、秀才の魔法剣士って良いとは思わない?
それに人間と無機物が合体して生まれた化け物とかもカッコいい。
妹の力を受け継いだ物を使って妹と同じ能力を使えるとかもカッコ良くない?

こう言う、カッコいい要素を色々と詰め込んで生まれたのが今回の作品と言えるでしょうか?
とは言っても詰め込みすぎて、その要素を全て活かしきれているとは言えないんですけれども。


うん、やっぱり難しいものは難しいですね。
小説って言うのは極めれば極めるほど、道を歩めば歩むほど険しい。
どの世界だってそれは当たり前のはずなんだけれども、どうしても物書きはあまりその辺りの厳しさが理解されないな……。
やっぱり芸能人の方が自伝を出せばポンポン売り上げが伸びている傾向にあるのも理由だと思うけどね。

前にこんなニュースがあった。
又吉直樹先生の「火花」が発売されたのを知っていますか?
その裏で1組のコンビが自分達の貧乏時代を書いた自伝小説を発表したのだ。
そして、発表時期が「火花」と重なるなど悪かったのもあって売り上げが悪かったそうだ。

そのコンビがこう言ったのだと言う。

「いやー、貧乏時代の自伝売ればもうかるって思ってたのに。とんだ計算違いですよ。
 けどまぁ、コンビで活躍する時よりも笑える話になっているので皆買ってね」

ニュアンスは違うかも知れないが、意味合いとしてはそう言う事を言っていたのだそうだ。
これは完全に物書きを、出版業界を、小説を書くと言う行為をバカにしているとしか思えないね。


小説を書くにしろ、本業にしろ、頑張った人間のものだからこそ受け入れられるんですよ。
それなのに時期とか、人が足りないとか、そう言った事で誤魔化せれば良い話ではない。
勿論、どうしても頼らざるを得ない状況もある。
恨みたくなる気持ちも分かる。

けれどもお笑いと言うのは基本的にリスキーな職業だ。
良いものが売れるのが当たり前のこの社会において、なにが「良いもの」かが完璧に分かっていない物ほど進むのは困難だ。
困難な道を歩むのには覚悟がいる。


一時期、小説家や絵本作家、漫画家の低年齢化……高校生や小学生のプロが出たりと言った話があったけれども僕から言わせて貰えれば、彼らもまた努力をした人間です。
前に一度、小学生漫画家の描いた作品が読み切りとして載っていたけれども、
普通に漫画学校で「俺書ける〜」と言っていた奴よりも面白いぞ?

要するに覚悟の問題なのだ。


さて、私は覚悟を決めた。
次はリメイク作、それも自分の中ではそれなりに人気のあった作品だ。
これのリメイクを書いてリメイク前よりも盛り上げて見せる!

それが今の私の"覚悟"と言う奴だ。

1年前 No.566

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

皆さん、お久しぶりです。

子供にも好かれ、親にもお洒落だ! と思われるような絵本を描きたいのですが、
絵はらくだの画風として(←苦しい言い訳)、ストーリーが詰まっています。

理想はバムとケロシリーズです。
どなたか知恵を分けていただけないでしょうか。

伏してお願いいたします。



らくだより

1年前 No.567

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

>>らくださんへ

絶対とは言えないけれども、
三回半えびぞりなりに考えてみました。


〇登場人物は動物の擬人化
子供向け絵本では、動物が登場人物の作品が非常に多い。
これは動物の可愛さを描けると言うのもあるからであり、子供が動物が好きと言うのもあるのかもしれない。
有名な作品でも大抵は動物を擬人化したキャラクターが子供に人気(ミッフィー・くまのプーさんなど)であるため、動物を主人公にした方が良いと思う。
また「ツキノワグマ」とか、「ガラパゴスゾウガメ」など固有名詞ではなく、「クマ」「カメ」など大雑把に分類する方が良いだろう。


〇探させるページを作る
子供向け絵本を買うのは、子供を相手とする親や幼稚園・保育園の先生である。
だから語り口調のほとんどは、親や先生が子供に語りかけるような優しい口調が多い。
そして、子供向け絵本の中には手法として、"探させる"ページと言うのが存在する。

例を挙げると、
「クマさんは赤いやねのおうちにかくれてるよ。 さぁ、どこかな?」
と言う事で、赤い屋根の家・青い屋根の家・黄色い屋根の家の3つを並べて、赤い屋根の家を指差すようにするページを作る。
このように子供に考えさせる内容の方が、大人も買いやすいかな。
子供の教育として。


〇現実の社会風刺を意識する
例えば「風船犬ティニー」で、「カメレオンの警察官」と言うキャラクターが出てきました。
このカメレオンの警察官は相手が言った事に対して「そうそう、それそれ」「そうだったよね」など相手の意見に同意して、自分で考えないというキャラクターです。
結果、自分がどんな風船(この作品では全ての動物が風船を付けている)の色だったのかを忘れてしまうと言う、そんな考えさせられるお話でした。

このように、意見に流されて自分が何者か分からなくなってしまう人って居ます。
これはそれを登場人物として、子供達に「こうなっちゃいけないよ」と言う訓戒の意味を持たせている訳ですが、
社会風刺……社会を切り取ったお話だと大人達も納得しやすいのではないのでしょうか?
子供にも、大人にも、愛されようと思ったらキャラクターの可愛さ以外では攻めるのはここでしょう。


〇主人公は2人組
「サラとダックン」「ルルロロ」「ピムとポム」のように、
2人組を主人公にした作品は物凄く多い。
これは片方がそれぞれもう片方の足りない部分を補うと言う設定をしつつ、
お互いにある部分と言うのを出せる。

例えば、「ピムとポム」で言うと。
ピム…おっちょこちょいで、好奇心豊か。
ポム…おませで、大人ぶる。
と言う2人で全然違う事をしながら、どちらも意見が合う時がある。
それとは逆に「ルルロロ」では2人とも双子と言う事で、ほぼ同意見と言う感じである。

もし、1人で魅力的な主人公が出来ないのならば、2人でやってみると成功する確率が上がる気がする。
ただ3人、4人と増えていくと成功する確率は下がるので要注意。



最後に。
〇子供"向け"である事を意識する


こんな感じかな?
参考になると良いんだけれども。

1年前 No.568

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

三回半えびぞりさんへ

ご解答、ありがとうございます。

○登場人物は動物の擬人化
○探させるページを作る
は、割とすぐに実行できそうです。
貴重な意見でした。


他の皆様へ

まだまだご意見募集中です。
頑張って、採用目指します!
たぶんMOEに投稿する予定なので、投稿した際は
また書き込みます。

えびぞりさん、とにかくありがとう!

1年前 No.569

厳し ★iPhone=yH1s53eIcn

自称絵本作家 てぃーたいむ
見ました。痛いですね。

ただ有名になりたいだけの奴。
多分、頭も悪そう。絵は独学で努力もしてない画力。レベルが低すぎるが、口だけの奴。

スターバックスの店に対しても本物の作家に対して失礼極まりないし、呆れますね。

1年前 No.570

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

みなさんへ

西洋風の名前作りが苦手です。
どなたか助言願います。


近況報告
近くの飲食店で似顔絵描きと、学校で講演会に赴くことになりました。
来年は個展を開く予定です。
頑張ります!



らくだより

1年前 No.571

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

>>らくださんへ

西洋風のお名前ですよね。
外国風の名前ってセンスが問われるのもあるので、難しいですよね。

と言う事で、自分なりの作り方をお教えいたしますね。
参考になると嬉しいです。


とりあえず私が使っている方法は次の2つです。

1.名前の最初をア段から始める

平仮名と片仮名は、五十音(あ〜ん)と半濁音(ぱ行が半音、が行・ざ行などが濁音)、そして「−(ハイフン)」の3種類に分けられます。
そして五十音と半濁音はそこから、行と段として分ける事が出来ます。
行と言うのは「あいうえお」などの上から下への5文字、段と言うのは「あかさたな」などの横の列ね。

そして海外に関わらず、名前で一番作りやすいのは、「あ」段から始まる名前が一番作りやすい。
アリア、アラン、アリス、マリア、サリー、カノン、タルト、ナナカ、ハピー、マルスなどなど、基本的には「あ段」から始まる方が作りやすいね。
後、3文字も結構作りやすいのでやってみたらどうでしょう。

また、私の名前の「えびぞり」も、段で言うと「えいえい」ですよね。
「らくだ」さんも「あうあ」、とかね。
「ん」や「−」は例外的にそのままでね。

海外の名前を検索して見つけて、それを段で分ける。
そして適当に同じ段で違う文字をするだけでも別の言葉になるよ。

「えびぞり」も少し変えると、「テキヌシ」と言う名前になる……って、ちょっとこれは強引かな?


2.英単語や片仮名の一文字を変える

「ヒート」「イージー」など分かりやすい英単語。
「モラル」「セオリー」などのカタカナ語。

こう言った言葉は完成しきっているから、これを少し変えるだけでも良い名前になるよ。
「ヒート」だと、「フート」。
「モラル」だと、「モリル」。

このように一文字変えるだけでも、名前っぽくなるからね。


さて、この2つなんだけれども、ちゃんと後で検索してね。
全く普通の創作語だと思いきや、何かの名前になってるかも知れないからね。
ちゃんと確認しておいてね。

まぁ、怪人とかだと2つの単語を組み合わせたりもするけどね。

1年前 No.572

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

三回半えびぞりさんへ

ご返答、ありがとうございます!!
なるほど、ア段…………試してみます。
カタカナも参考になりました。

ちょっとづつ精進していきたいです。

絵本も頑張ります。



らくだより

1年前 No.573

ウタウタイ ★at4LpMw3R7_EP8

らくださんへ

読んでくれてありがとうございます


アドバイス指摘あざす!


今頃ですがお礼です!

1年前 No.574

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

妖怪って好き。
だから、妖怪物を考えている。

それとキツネっ娘も大好きなんです。
けれども、同じような「キツネっ娘好き」だとしても、好みには色々と違いがあるようでして。
私はFateのキャスターのようなモフモフでナイスバディな、魔術の才能がある方が好みです。
けれども、なろうでキツネっ娘が好きと言う大先生はキツネのモフモフ感を大事にしていて、
その代わりと言ってはなんですがスタイルは……まぁ、可愛らしいを大事にしているから、そんな感じでね。

私個人の意見としてはそう言うキツネっ娘もアリだとは思います。
けれども同時にもう少しスタイルが良い方が私としては嬉しい。
こう言うのは本当に好みの話でして、どちらが良いとも、悪いとも、そう言うお話ではないんですけれども。

とりあえず妖怪を倒す陰陽師(あるいは祓い屋?)を主人公にした物語を考案中。
今までは落ちこぼれの陰陽師が新たな力に目覚めたり、最強の陰陽師を主役にしたり、またある時はごくごく平凡な才能を持つ陰陽師を主役にして見たり……最後のはあまり自分の中ではハマらなかったけれども。
けれども全面的に共通していたのは、「良い人」って事なんですよね……。

いや、簡単に言えば「人が困っている時にどうする?」って質問をすれば、「助ける」と即答出来るようなキャラクターにしていて。
最近、不良やヤクザの人がなんだかんだ文句を言いつつ、人を助けるって言うのにハマっていて。

具体的に言えば、不良の男が純真無垢な少女を面倒だと言いつつ助けたりするのも憧れてるし、
詐欺師など真っ当な職ではない人がうっかりで封印を解いてしまって、危ない妖怪との同居生活って言うのも面白い。

どうするかはまだ考えてないんですが、ともかく「世間的には悪い印象を持たれてるキャラが不器用な動作で良い役を演じる」ってどうなるのか考えているんだけれども……。

とりあえず、キツネっ娘って何故か火の魔法の印象が強いイメージなんですが、
キツネって言うとキタキツネのような雪国の印象が強い。
だから「氷の魔術を使うキツネっ娘」をヒロインとしつつ、どうしようか迷っています。

主人公をどうするかが迷ってます……。
でも、頑張ろう。

1年前 No.575

アリス ★iPod=hiXlBGP5wg

わあぁぁぁぁ全然きてませんでした!
一応生きてますよ!?
TwitterはじめたのでずっとTwitterにいましたすみません…>_<…
もしやってる方いたら声かけてやってくださいね!!
くるみふぉるて。という名前でやってます(*^^*)
ですがこちらではずっと名前はアリスでいこうと思っています。

11ヶ月前 No.576

アリス ★iPod=hiXlBGP5wg

でももしかしたら気分で名前は変えるかもしれません…
もし変えるときはいいますね!

11ヶ月前 No.577

アリス ★iPod=hiXlBGP5wg

>>らくださん

なんの個展ですか?
学校に講演…すごいですね!!

もし近ければ行きたいのですがいつ、何県であるのでしょうか…?
日にちと都道府県名を教えてください。
あと、個展名も…!


みなさんへ

これからもっとこれなくなるかもです。
これたらきます。
あと久しぶりにきたので誰にタメ口だったか、誰に敬語だったか忘れてしまったのでタメで話してたよって方は教えてください。
すみません、お願いします…!!

11ヶ月前 No.578

アリス ★iPod=hiXlBGP5wg

ちなみに私は岡山県に住んでいます…!

11ヶ月前 No.579

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

わたしは、滋賀県に住んでいます。
自分の住んでいる県なので、滋賀県とはなにかを少し語ります。


まずは滋賀県といえば、安土城を初めとした織田信長さま。
多分だけれども、本能寺の変で部下に葬(ほうむ)られなければ、我が滋賀県が日本の首都になっていたことでしょう。
戦国時代で有名な安土桃山時代の……豊臣秀吉様が統治した奈良県の「桃山」と並ぶように、織田信長様が統治した滋賀県の「安土」。
皆が知る時代の名前にもなるくらい有名なのだよ。


そして琵琶湖。
日本でも一番大きい湖です。
コンテストに関しましては、鳥人間コンテストという何十年にも及ぶコンテストが開かれています。ここに熱意を傾ける人達がいるくらい、素晴らしい大会です。
それに昔話でも、「天女伝説」という伝説の昔話があるからね。


天女が降り立って、人間に天の羽衣を取られたあの湖。
その湖が実は、琵琶湖だという話なのです。
そう考えれば、琵琶湖の湖岸に二次元の嫁が降り立つ日もあるのかもしれません。
……実際に、そんな形で書かれたライトノベルもあるからね。
確かタイトルは「葉桜が来た夏」だったか。


女性しかいない宇宙人が乗った宇宙船が、地球の琵琶湖に不時着。
そして滋賀県が宇宙人の暮らすための特区になったと言うお話である。
このライトノベルは、「滋賀県の地名が一番出ているライトノベル」として特集があったから知っている。


自分の住んでいる県だもの。
これくらいは余裕で語れるくらいの、饒舌さを持ち合わせましょう(自分に対するプレッシャー)。

※警告に同意して書きこまれました (個人情報)
11ヶ月前 No.580

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

色々な人の作品を見ていると面白い作品や斬新な作品をが多いので、読書と言うのはかなり重要。

例えば、フリーゲーム。
「無料の作品だから、有料のに比べると劣化しているかも?」と考えてプレイすると、絶対に損をする。
そう言う心構えだと、なにも学べないし、身につかないから。
ここではタイトルを言わずに、いくつか紹介。



とあるホラーゲーム。
認知症の兄を介護してヘトヘトな弟は、人生に疲れ切っていた。
「なんで俺がこんな目に?」
「いつも『うー』とか、『あー』とかしか岩内奴に、どうして俺がこんな苦労しなきゃならない?」
困った弟は、悪魔に願った。
こんな兄を生贄にして、自分は楽になるのだと。


ホラーゲームというジャンルながら、ホラーの要素を薄くする工夫がされている。それは、悪魔を可愛らしい女の子にする事。
容姿だけでなく、会話口調や思考も可愛らしく描く事によって、悪魔ではなく女の子という印象を強くする。
そして女の子の過去も描いて、その上で悪魔と兄が実は関わっていて"ある取引"をしたんですけれども、それがまた心に迫るものがある。
"人間の業、人の絆"が良く感じられて面白い作品であった。



悪魔と、夢を絶たれた女の子が主人公のフリーゲーム。
女の子は四肢を奪われ、絶望のどん底に落とされたピアニストだった女の子。
悪魔はそんな女の子と契約を結ぶも、これが実は仕組まれた事と知って怒り爆発。
2人で復讐を誓うお話。

そもそも、四肢を欠損した女性って「可哀想」「気の毒」とかそう言った印象しかなかったので、
これを「すげー良いわ」「最高!」って思うような人が居るだなんて思っても見なかったのです。
改めて、世界は広いなって感じました。


このように、世界は広い。
自分だけの価値観だけで物語を作っていると確実に物語が途中から作れなくなるスランプに陥るから、
情報や作品は出来る限り調べていっぱい知っておくことを心掛けている三回半えびぞりです。

今は「超すげー高校生が異世界を変えていく話」ってのを買ったんですが、とりあえず面白そうなので自分としては満足。

9ヶ月前 No.581

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

10月にタイムボカンシリーズの最新作、「タイムボカン24」が始まります。
その縁でヤッターマン(21世紀リメイク版)を見ていたんですが、やっぱり面白いね!
こう、皆そうかもしれないけれども、ヤッターマンよりもドロンボー一味の方を応援している自分が居ます。

昔からそうなんですけれども、正義対悪の対決もので、正義がテンプレ的に勝つ展開があるとどうしても悪の方を応援しちゃうんです。
普通に主人公達も頑張っている事がちゃんと分かって、その上で敵と正義がちゃんと戦っているのならば別にそんなつもりはないんだけれども、
どれだけ優勢になろうとも最後に一発逆転転して毎回勝つと言う展開は何回もあると……やっぱり、ね。
悪いとは言えないけれども。

特に現代版ヤッターマンは、なかなか見ていて参考になるロボットアイデアがあるから。
選挙をモチーフとした回ではウグイス嬢ならぬ「ウグイスのジョー」とか。
その頃の芸人を意識したクワガタロボット、「オークニャカタ」とか。

色々と面白い。毎回、同じメカで戦うヤッターマンよりかは面白みがある。


昔から「闇」とか「影」、「悪」とかに心惹かれる節はある。後はそれが具現化した存在とも言えるような、「妖怪」とかも。
勿論、そんな事をしたい衝動は抑えてますよ。
そうなりたいと思った事はない。ただ、そういう奴を見たい、書きたい、と思っているだけだ。

なんかそう言った想いだけは漠然とある。
ただ、それをきちんとまだ形におこしてはないんだけれども。いや、何回はやったけどまだまだ……やらねば(使命感)

8ヶ月前 No.582

アリス ★iPod=AzYEnnYBhb

三回半えびぞりさん≫そうなんですね!詳しく知っていて素晴らしいです、勉強になりました。滋賀県は行ったことがないのでもし行く機会があればぜひ琵琶湖に行ってみようと思います…!

読書は小説家の夢に近付く第一歩です
よね(*^^*)

私の読んだことのある漫画の中に「校舎のうらには天使が埋められている」というのがあります。
いじめのお話で、その主犯はまさに天使を装った悪魔。三回半えびぞりさんがおっしゃっていた「ホラー要素を薄くする」に似ている気がしました。確かにその子は見た目も性格も天使なのですが実は皮をかぶった悪魔です(その子はなんと小学4年生で驚きました)。
いじめのお話なので明るくすすめることはできませんがもし暇があればぜひ読んでみてください。

8ヶ月前 No.583

アリス ★iPod=4zwq2nUfiz

そういえば、夏休みの課題で作文を書かなければいけなかったので「市民の童話賞」に応募しました!
題名は「クジラと光の泡沫」です。

単刀直入に言うと、水泳が苦手な女の子が水泳が得意な友達と一緒にプールに行って泳げるようになるお話です。
原稿用紙10枚以内だったので9枚にしました。普通の本に比べたら短いお話です。

題名のクジラはプールの底にあるタイルのクジラのことです。

提出する前にここで書いて評価してもらいたかったのですが、課題がたまっていてできませんでした。。。

急いで書いたお話なので賞をもらえる可能性は低いのですが、もしいい形で帰ってくればお知らせさせてください。

8ヶ月前 No.584

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

「あやとり」――――これは、自分の中で気に入ってる言葉です。


普通に"あやとり"と聞くと紐を使った女の子遊びですが、
これを誤変換すれば「殺(あや)める」と「奪(と)る」と見ると、
「殺め・奪る」という意味にもなって命を奪うという意味にもなって、
二重の意味合いに聞こえるので楽しい。

また、「妖怪」と書いて「あやかし」とも読める。
これと「捕物」と合わせると、「妖怪捕物」という和風らしい言葉が出来る。
これも合わせれば三重? の意味、かな。
こんな形で、考えたのが「妖怪捕物帳」というのが私の代表作が生まれた経緯でしょうか。

第1作では――――"捕物帳"というイメージを強くするために主人公を警察、敵を悪人の犯罪者という意味合いを強くして作り。
第2作では――――1作目の主人公が剣士だったので敵を忍者にして、妖怪の怪異性という部分を出そうとしたり。
第3作では――――「捕物帳」という以外で「〇〇帳」や「〇〇録」を付けると別の派生作品として作れると考えました。
だから第3作目は「捕物帳」から「見聞録」。それだけだと面白くないので、「剣聞録」として"最強の剣を作る話"としました。
結構前に、この3作を作ったんだけど、最近次の4作目と5作目のアイデアが生まれたのでちょっと今製作中。

昔よりかは文章力も上がってるし、
想い出補正もあるので書いていて楽しい。

第4作目はサクッと短めの感じで作って、
速めに第5作目も作ろう。

7ヶ月前 No.585

アリス ★iPod=4zwq2nUfiz

三回半えびぞりさん>>日本語は意味がたくさんあって、言葉遊びができるので楽しいですよね!





小説を書く暇がほしいです。
私はお話はたくさん思いつくのですが、いつも書き出しで終わってしまいます。
正直、一番楽しいのは主人公や他のキャラたちの設定を考えることなのでお話がなかなか進みません□


いくつかお話を考えてるので、続きを考えていただけませんか…?
ざっとあらすじをのせたあと、→で、みなさんにききたいことを書いておきます!

@一年後、世界が滅びるという事実に立ち向かい、運命を変えようとする小学六年生の女の子たちのお話(世界が滅びる理由は人間たちの戦争・環境問題です)。→そもそも、小学六年生がどうやって世界滅亡を止めるのか。
↑は一番重要なところですよね…
ですが思いつかないんです;_;

A森に入った女の子が不思議な図書館を見つけて、本の大切さ、人との関わり方について考えるお話。→なぜ森に入るのか。
これはただ単に森で迷っただけ、という設定にしようかと思ったのですが、普通は森で迷ったのに図書館でゆっくり本なんて読みませんよね。

深く考えすぎると話が進まないです。。

B仲のいいふたりが「看護師になる」という夢を叶えることを決意したとき、そのうちの一人が病気で余命わずかになってしまうお話。→どんな病気にするのか、看護師になるためにすることは何なのか。
その余命わずかの女の子はもともと体が弱く、看護師になりたいと思ったきっかけは「病院に通っているときに出会った看護師さんが素敵だったから」ということにしようと思っています。
もう一人の子はどうしようかな…


もし、案が思いついたら返信お願いします…!!

7ヶ月前 No.586

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

>>アリスさんへ
えぇ、楽しいですよ。
言葉に複数の意味を持たせてあるとかなり楽しい。

という訳で、なんか書いてあったので自分なりの意見を書いておこう。


>>@
う〜ん、かなり難しい。
もし1年後に世界が滅びる理由がなんらかの宇宙生物の仕業で、彼女達しか倒せないという事情ならば。
小学6年生の彼女達が世界を救おうというのも分かるんだけれども、世界が滅ぶ理由は「人間達の戦争・環境問題」であって大人でも止めるのが難しい問題……。
それならば、普通の解決法はあまり意味がないな。

「人間達の戦争」を止めるために、大人と話し合いをしたり。
「環境問題」を解決する為に、環境に優しいクリーンエネルギーを使ったり。
――――そんな根本的なのを、小学生に求めるのは酷かな。

ならば、別の解決策かな。
小学6年生の彼らだけが見える世界、そこの問題を解決する度に世界がより良い方向に進んで行く……そういうファンタジー的な展開を自分なら書くか。


>>A
「森に入る」を「森にて迷う」と取るより、「森に逃げたい」というのが自分の考えかな。
なんらかの理由で家に居たくない、あるいはもっと広げて街に居たくないという理由から、人が来づらい森に入ったと考えると、のん気に図書館に居る理由にもなるかなと。
長く居たいからゆっくり本を読む。


>>B
看護師になるためにならば、「病気などの知識」や「病人に優しくするための心遣い」とかを学ぶべきかな。
後者は学びづらいと思うけど、耳が聞こえない人のために手話を学ぶのも、「病人と関わるため」に手話を学ぶのも一つの方法でしょう。

病気の事なんですけれども、あまり具体的な病名でなくても良いのかもしれない。
「だんだん筋肉が弱くなる病気」や「血管に血が溜まりやすくなる病気」とか、そんなんで良いんじゃないかな。

7ヶ月前 No.587

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

アリスさんへ

ご無沙汰です。
らくだですよ〜。

えびぞりさんには及ばないものの、らくだなりに考えますね。


@はらくだの大好物です!
たとえばノストラダムスの大予言をモチーフとした、
架空の日本を舞台にしたお話。
あとはハリー・ポッター式に表(普通の世界)と裏(魔法の世界)があり、
表で普通に暮らしていた女の子達が、裏の大戦争に巻き込まれる。
実は裏の世界がダメージを受けると、表にも影響が出るとか。
戦う力は誰かに選ばれて、授かったという定番はいかがでしょう?
アリスさんがスパイスをかけたら、オリジナルティが出ると思います。

Aは白昼夢とかはどうですか?
夢の世界にいると思っていたら、なんと現実の不思議世界だった、みたいな。
全部を読んでいるわけではないので、ちょっと矛盾があるかもしれませんが、
雑誌の「なかよし」(漫画)に本と深く関わっているお話があります。
参考として読んではいかがでしょう。
「マホタン」という作品です。

Bはらくだの中で一番、難しいです。
医療関係の知識があまり無いので(汗)
友達が病気で苦しんでいるのを見て、
自分が治そう! と意気込んでいるとか。


三回半えびぞりさんへ

お久しぶりです。
お元気でしたか?

魔法少女の合作、楽しみにしています。
えびぞりさんのペースで待っています。



らくだより

6ヶ月前 No.588

ゆりぃ☆KMJLdA6aaKQ ★iPhone=hHyWS7CgNY

入ってもいいですか?

6ヶ月前 No.589

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ゆりぃさんへ

はじめまして^^


みなさんへ

日常系の小説を書いているらくだです。
が、日常系って、どこで切るか(終わりにするか)で
悩んでいます。

お知恵をお貸しください。


三回半えびぞりさんへ

えびぞりさんが手伝ってくれた作品は、
中盤まで進みました。
ありがとうございます!!
着陸に失敗しないよう、舵をとるのが難しい……。



らくだより

4ヶ月前 No.590

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

何だか全然入れてないなぁ……。ここに書き込むのも、1か月ぶりくらいになる。

チート。
ハーレム。
王道。

余りにも多すぎる王道作品を見ていたせいで、
それに対抗するための資料集め、もとい読書を続けていた結果――――


おじさん萌えというジャンルに辿り着く、わたし。


いや、おじさんって良いよね。
カッコいいよね。

多分来年くらいには主人公の年齢が今の作品だと中高生くらいが主流ですが、
来年はおじさんに上がると思うくらい好き。

おじさんが、
「くそう、俺はいやだって言ったんだからな」と素っ気なくしつつも手を出し、
「ははっ、また生き残ってしまったわ」と笑って周囲を和ませる。

おじさんがヒロインに接するのも、恋人を見守るというよりかは、娘を見守る父親を見るという感覚に近いが、
それもまた良い。

おじさんは良い。
皆もおじさんを広めよう。




おじさんが好きと言う訳ではなく、「歳を取って精神的に大人な空気を出せるようになった男」というのが好きなの。
だから「ノーガンズノーライフ」のような、リボルバー頭のちょっぴり優しいくらいのおじさんも好き。
「アリスと蔵六」のような、魔法少女を叱咤するおじいさんも好き。


やばいな、私、今性癖しか語ってない。

4ヶ月前 No.591

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

3ヶ月前 No.592

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

>>らくださんへ
一か月前の質問ですが、自分なりの回答が出来たので書かせていただきます。
ちなみに質問内容は、「日常系って、どこで切るか(終わりにするか)で悩んでいます。」という質問です。


日常系の結末は他の小説と比べて、かなり難しいです。

推理系は「事件の犯人を突き止める」「事件を止める」などという結末。
冒険系は「一番憎い敵を倒す」「世界平和を叶える(これは戦争を終わらせるも同義)」などという結末。
……とまぁ、こんな風に多くの物語だと「相手」が居ますよね。
"結末を迎えるのに相応しい相手"とでも言うべきでしょうか?
その人物をなんとかする事によって、物語に目途や決着が付けられるそんな相手が居るので作りやすいですよね。
恋愛系もね、異性というヒーロー(男相手)やヒロイン(女相手)を落とす事で結末が出来ます。
長引かせるのもまたまた難しいけれども、けれども2人が結ばれるのなら終わり、だから。

日常系。
その終わりは、どうするべきか。

私の結論としましては、「舞台が終わりそうになる」と言う事。
それが日常系の終わり、なんじゃないでしょうか?

例えば、学園日常系。
4人の女の子がわいわいがやがやと過ごすと言う、そんな作品があったとします。
これの日常系の終わりとしましては、「1人が転校するとか言い出した」とか言い出したりとか、ね。
いや、転校とかは終わりの感じがします。
4人の女の子の間柄も多少変化があるでしょうし。

作品の主な舞台というのが、日常系だとありますよね。
そこから別の場所に行く、とか。
行く・行かないは別として、そこから別の場所に行こうとする・1つの長い間作品中で決着が着かなかった部分。
そこにてなにかしらの雑談や相談を行って、皆がなにかしらの結論を出して。
で、一つの決着が生まれる。
そして「日常」から「非日常」へと変わり、別の「日常」へと続いて行く。
この場合の「非日常」とは、「あり得ない事が起きる」とかいう意味合いではなく、「いつもとは違う事が起きる」という意味で。
恋愛系で「2人が恋しイチャイチャしあう」が「日常」だとして、「非日常」は「2人が喧嘩する」という事態。

少なくともなにかが起きる。

どんな物語でも、なにかが変わる「ターニングポイント」、起承転結でいう「転」など。
「変換点」を迎えて、どういう事を考えて話して、決着するのか。
これが私の考える、日常系の結末と言う物です。


……書いている内に、なんかそれっぽいのが出来た感ある。
全然参考にならなかったらごめん。

3ヶ月前 No.593

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

三回半えびぞりさんへ

ご意見ありがとうございます。
らくだは読んだことは無いのですが
「ズッコケ三人組」も日常系なのかな?
今度、探してみます。

自分なりの変換点を探し行きます!!
ありがとうございました。


アリスさんへ

すみません!!
七ヶ月前のお返事をしてませんでした。
講演会は個人情報があるので、
申し訳ありませんが、お答えしにくいです。
個展はというと合同でモナミという喫茶店の
階と同じフロアで、何回か展示されました。
もしかしたら、今回は終わっているかも^^;



らくだより

3ヶ月前 No.594

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

みなさんへ


できれば、推理のネタをどうやって作るのか教えて欲しい。


次に書きたい小説のネタが、推理小説のネタなんだけれども、
そのトリックを思いつく方法が知りたい。

みなさんはどういった時に、推理のネタを思いつきますか。
また、どういう視点でそのネタを思いつきますか?

どうぞ、よろしくお願い致します。

2ヶ月前 No.595

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

三回半えびぞりさんへ

お久しぶりですね。
お元気でしたか?

らくだのおススメは過去を、最初に複数つくる事です。
一番最後は余韻を残すために、わざと謎を残すのもアリだと思いますが、
もし、書き慣れていないとなれば、タネ明かしを最後尾にして、
焼き鳥のように串(主人公の推理の道)で肉(ネタ)を突き通して味付けです。

参考にならなかったら、すみません。



らくだより

2ヶ月前 No.596

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

>>らくださんへ

返信がかなり(大分?)遅れてしまい、申し訳ございません。
推理ネタに対する思いつき方を教えていただき、ありがとうございます。


>最初に複数つくる事です。

>一番最後は余韻を残すために、わざと謎を残す


そうですね。
例えば刃物を用いた殺人が行った際に、ミスリードとかも大事ですからね。
ミスリードされた推理が《刃物で相手を斬りつける》だとして、本当に犯人が使ったネタが《刃物に肉をぶっ刺して殴る》とかね。
普通ならばこんな奇想天外なネタを犯人が取ったとか思わないから、けっこうインパクトあるかなとは思う。
そんな風に考えるのは楽しいかも。
……まぁ、インパクト重視で頑張ります。

とりあえず、最新のこの作品は16人によるコロシアイという設定なのですが、今は16人出しただけ……。
いや、結構つらい。
16人の名前と姿を書き連ねるだけではなく、
紹介もしないといけないのでかなりの文章量になったので、
読み直してもかなり厳しかったかも。

16人も居るから、1人に長すぎても退屈。
だからといって最低限も……。


兄の引立てとして選ばれた、前向きな性格のスケット;【超逸材のスケット】雪割杏平
クールで冷静なネイリスト;【超逸材のネイリスト】小鳥遊灯里
運動神経がないけど冒険に対する情熱だけはある自称冒険家;【超逸材の自称冒険家】大和歩
イケイケドンドンなサッカー選手;【超逸材のサッカー選手】常盤木十香
お菓子で皆を幸せにしたいパティシエ;【超逸材のパティシエ】ショコラティッシュ・バニラ
臆病でもしっかり仕事はする鑑定家;【超逸材の鑑定家】白神山たける
日本語が少しおかしい猫耳教師;【超逸材の教師】中吉田さゆり
皆の幸せのために行動するカウンセラー;【超逸材のカウンセラー】相川祐樹
絵画を意識した独特な表現のイラストレーター;【超逸材のイラストレーター】倉中りぼん
ウラナイハ、ミンナヲスクウヨーな気象予報士;【超逸材の気象予報士】平和島望海
ダンボールを被って失礼ですが神です;【超逸材の神】久能環
いっっっっも、元気にぃぃぃぃぃ、明るくぅぅぅぅぅぅぅぅなヒィィロォォォォ;【超逸材のヒーロー】御剣緋色
地上では空気が汚いらしく鬼の面を被っている漁師;【超逸材の漁師】鈴木シーサー
小柄で毒舌な配達員;【超逸材の配達員】春日春日
騎士道精神を極めた棋士;【超逸材の棋士】戦場ヶ原桂馬
恋のためなら何でもやる恋人;【超逸材の恋人】橋渡恋歌


……うーん、やっぱり全体として全員の事を的確に表せない。
やはり1行は難しいので、今のまま1人につきしっかりとでいきます。

後、殺す順番も考えないと……。

1ヶ月前 No.597

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

時折、一人称が安定しない。
小説を一作書いている人には分かりづらい感覚かもしれませんが、沢山書いたり、別の作品も合間合間で書いていると一人称が混ざって来るんですよ。
伏線とかも、「あれ、どこまで使ったっけ?」と分からなくなってしまいます。
いや、自分がきちんと管理してないのがいけないのかもしれませんが。

一人称というのは「わたし」「あたし」「ぼく」「おれ」以外にも
「吾輩」「我」「(名前)」「拙者」「自分」……。
自分の呼び方としてはこれくらいなんですけれども、表現としてはただの「おれ」でも、
平仮名の「おれ」。
片仮名の「オレ」。
漢字の「俺」などなど。

結構、一人称1つでも色々と難しい。

一番厄介なのは、長時間喋らない無口キャラが一人称を使う場合とかね。
「……我は」とか書いてたりしても、
「あれ? 本当にこいつの一人称、我でよかたっけ?」なんて思ってしまう。
自分の記憶力に自信がある方だったら持たないような悩みかもしれませんが、人間なんて忘れる方が多いですからね。
稀に完全記憶能力者などという完全に記憶を忘れることなく保有する方もいらっしゃるそうですが、
普通の人間ですと忘れて仕方がないので。

一番悲しいのは、推理物とかですかね。
推理の一番重要なネタを忘れると結構つらいものがあります、はい。

1ヶ月前 No.598

snow @dlunar ★UKtXnUYs60_Of2

お久しぶりなsnowです、こんばんは。

えびぞりさんのお話は「複数の作品を書いていた場合に」ということなので、これから言う件とはまた違うのかもしれませんが、私も似たようなことはあります。

長編を書いていると、そのお話の中で定義付けしたことがどうだったか分からなくなることがあります。

例えば「いくつも」と「幾つも」とか、「〜のはず」と、「〜の筈」などのように、漢字でもひらがなでも良い語句をどっちで書いていたかな、とか。

例えばオリジナルの用語などが初めて出てきたときにはルビを振るのが約束事ですが、一つのお話を大幅に書きかえた時や、一度書くのに詰まってしまって、しばらく振りに書こうとした時、あれこの用語にルビはもう振ってあったかな、とか。

私はwordを使っているのでその語句で検索をすればすぐ分かると言えば分かるのですが、何度も推敲していたりするとオリジナルの語句ももう自分の中では常識的な語句になってしまっていたりして、うっかり書き進めてしまうことなどよくあります。

防止策、と言うには効率が悪いですが、私はお話を書きながらも何度も最初から読み直して文章のバランスをとっていく方法をとっているので、その時に誤字脱字なんかと一緒にそういうものも見つけるようにしています。

24日前 No.599

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

>>snowさんへ


snowさんのお話にありました、「長編を書いていると、そのお話の中で定義付けしたことがどうだったか分からなくなることがあります」は自分も経験したことがあります。
と言うよりも、かなり良くあります。
一口に【魔法】を扱う作品とは言っても、
・精霊に魔力を渡して発動する
・自分のイメージを魔法として発動する
・魔法に対する定型文を基準とした、れっきとした科学らしい魔法
他にも色々ありますよね?

わたしが知っている作品だと
「複数の魔法属性を使う場合、魔法としての才能がそれぞれ分かれてしまうため複数の属性の方が弱くなる」という作品もありましたので。
これは5つくらい属性が合って、同じ水属性を使う魔法使いだとしても
水属性のみ使える魔法使いの才能は「100」、しかし5つ属性がある魔法使いの場合は「20」。
とかでしたっけ?

妖精に魔力を与える。
神に魔力を捧げる。
精霊に魔力を渡す。

……少し考えただけでも、かなり難しそうです。
ちゃんとメモしていない訳ではないんですが、長く続けていると分からなくなってきます。

20日前 No.600

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

ちょっとした疑問、というか相談事です。
あまり他の人の手を煩わせるべきではないんですが……。


次回作の構想の1つとして、「輪廻転生」して六道の力を得た不死者の話を考えております。
六道と言うのは、
〇天道…長寿で神通力を持つ天人と呼ばれる者達が住まう、苦しみもなく、悦びに満ちた世界。
〇人間道…六道の中で一番苦しみが大きい世界ではあるが、楽しみもあって、唯一仏と会える事が許される世界。
〇修羅道…修羅として終始戦って争い、苦しみが自分に帰結する世界。
〇畜生道…牛や馬などの畜生が住まい、ほとんど本能ばかりで生きて誰かに使役されてしまう、救いの少ない世界。
〇餓鬼道…飢えと渇きに悩まされ、いつも飢餓状態で暮らしている餓鬼達が住まう世界。
〇地獄道…人が死んで堕ちる場所であり、罪人に対して罪を償わされるためにある世界。
の6つからなる、6種類の苦しみを味あわせる世界であり、人は死んでからこの6つの世界を輪廻と言う形で廻り巡っているという話です。

今回の主人公はその6つの道を全て通り、その力を得てから、七度目の世界にて不死者となってしまったという話です。
そこで、「主人公はその六道をイメージした力を持っている」という設定なのですが、天道が思いつかないのです。
とりあえず、今の所考えている設定。

・人間道…あらゆる武具や道具を生み出して、扱う能力。その際にその武器を扱えるだけの力を身に着ける。
・修羅道…力を一気に解放し、狂暴化して近接戦における修羅の力を持つ。その際、身体を任意のサイズに巨大化させる。
・畜生道…《門》を開き、自分に服従する獣の畜生を呼び出す能力。
・餓鬼道…相手の力を吸収して、自らの力にする能力。
・地獄道…相手に地獄を心象化させたイメージを、相手の脳内へと映し出す幻術能力。

です。
とは言え、《六道》は結構考えられている能力でありますので、
どこかで見たような能力になっているので、もう少し感が直しますが、
どうしても「天道」という世界に相応しい能力が思いつきません。
回復術ですと天使に思えますし、《天道》の場合は天人という形ですので。

もしよろしければ、なにか良いアイデアがありましたら、
他の六道でも良いので教えて下さると嬉しいです。

5日前 No.601

snow @dlunar ★3DuflsgA9y_Of2

アイディアに乏しいsnowです、こんばんは。
六道を通ったことによって得た力ですか、それでは何となく仏教的な感じがよろしいのでしょうね。

天道というところから、思いついたことを書いていきます。

・十万億土(じゅうまんおくど)
 果てしなく広い土地に相手や自分を送り込むことができる

・浄光(じょうこう)
 柔らかい光で、邪悪なものを浄化できる
 正しくないものを検知する、なんていうのも面白いかも

・甘露(かんろ)
 天上から得た雨水によって、癒しを行える

・悠久の盤目(ゆうきゅうのばんもく)
 自分や相手を、現実の時の流れから外れさせることができる

・神足(じんそく)
 韋駄天の如き足の速さを得ることができる
 もっと強力でもいいのなら、テレポート能力

・多聞(たもん)
 動物の言葉を理解したり、普通では聞き取れないような音を聞くことができる

・天目(てんもく)
 物や人が過去にどうしていたのかを見ることができる

とりあえずこんなところでしょうか。
仏教用語や仙人の逸話などから考えたものですが、いかがでしょうか

5日前 No.602
ページ: 1 2 3 4 5 6 7

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる