Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1095) >>

小説家たちが雑談するスレッド

 ( 小説家掲示板 )
- アクセス(7534) - いいね!(1)

人間関係☆VwQKMu57Rcbf ★u8Bf9ekpTe_Ci2

ということで人間関係です。
今まで活動していたスレッドが、雑談に近いことになって初期化されてしまったので、「じゃあスレを作ろうではないか」ということになりました。

ここは、小説化及びそれを目指している人たちが、多岐にわたり相談や小説談議にふけろうという場です。

当然荒らしや悪口は厳禁。意見をぶつけあうだけなら結構ですが、それがただの喧嘩、ひいてはいわれなき中傷に発展するようなら、掲示板トップへどうぞ。

多くの参加者をお待ちします!

4年前 No.0
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12


 
 
↑前のページ (1045件) | 最新ページ

イクラ @ikura39 ★EAZcPDZ1OG_m9i

出版社からー方針にそぐわないから作品修正しろと言われたー!!
やだよ。

というわけで、今回が最後の出版になるかもしれない。
ちょっと譲れない部分だったから!!

そっちが覚悟決めろよ!!
私のあれはそういう話だからっっ!!

そっち系もにおわす程度もダメ、戦闘シーンカットとか、あ゛あ゛あ゛あ゛、それぐらいならもう出版しなくていい!!
ニートに戻ります!!

1年前 No.1046

ウタウタイ ★at4LpMw3R7_EP8

えびぞりさんへ

あまり変わらないのですね

逆にやりたいことを盛り込んじゃうんですね

ありがとうございます

イクラさんへ

いろいろ大変だな

大幅変更とか修正ってすごい体力使うよね

休み休みいれて気長にやるしかないね

1年前 No.1047

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

>>ウタウタイさんへ

そうですね。あまり変わりません。
原作がWEB小説なので、誰でも読めますしね。
けれども、それは自己満足なため、小説に直すと区切りを出版社に告げられるんですよ。
作者本人にしてみれば、ちょっとした山場程度でも、出版社が「じゃあ、ここまでで1巻とします」と言ったら、そこを山場にしないといけません。
ですので、追加修正とかが来るのかな?
後は、本編を書いたのが1,2年前とか、前の話だったら直したいとか思って自分から直したりするという気持ちもあると思います。
結局的にWEB小説家も、普通の小説家と変わらずに、日々面白さを追求している仲間と言う事ですね。


>>イクラさんへ

毎度思いますが、酷いですね。
小説家は自身の小説をより良くするために多少のこだわりを持っても良いと思います。
けれども、担当編集がそのこだわりをバッサリおってはいけないでしょうが。

漫画家の話ですが、漫画家さんのデビューは基本的にはどこかの賞に応募して、
良い結果ならば読み切り、そこでも芽が見えたら連載化に持って行く感じですよね。
それをすっ飛ばすのもありますが、逆になにか輝きを感じたら例え最終選考落ちでも担当が付いたりしませんか?
今後のより良い漫画家活動のために、色々とアドバイスをしたりして、漫画家という職業を世に送り出そうとしている気合を感じられる。

イクラさん的には違うみたいだね。
その担当編集さんが特殊なのか分からないけれども、小説家を単なる物書きとしか見ていない。
こだわりを活かす努力をしていない。
絶対、担当編集さんが悪いと思うわ。
イクラさんが必死にその人に説明する為に顔を合わせて話し合ったりしていない限りは。

文句を言うだけならば、誰にでも出来る。
肝心なのは、それを文句ではなくこだわりという物なのかを説明出来るかどうかなのだ〜。

1年前 No.1048

イクラ @ikura39 ★EAZcPDZ1OG_m9i

うん。
今回はっきりなぜカットされたら嫌なのか説明した。懇切丁寧に。
そして、どこがどうして嫌なのか、はっきり言った。

「裏切られた」と。

詳しくは言えないけど。
今後の作品はどうなるかは要話会い中。
メールでだがな!!

顔付き合わすのは不可能なんで。

しかしなぜかそのメールも届かない場合がある。エラーで随分届いてないメールがあったことが判明している。

バクマンにもあったよね。自分の画かせたいものに拘ってシリアスが持ち味の主人公たちにギャグを強要した担当。
情熱の方向性を間違っている奴。
あんな感じ。

少なくともあと一冊は出すことになりそうです。
最悪でも「その後の話」をネットにあげていいと許可を貰ったんで、話し合いがこじれれば、ネットで最終回まで書ききる。
とりあえず、今回事情でカットされた場面は短編に加工して出版後にネットにあげてやる。

地の文もセリフもさ、作者が最善を考えて書いてるじゃん?
それを変えといて説明もなしってのが多いんだよ。事後承諾?
ふざけんな、って感じです。作者は。

1年前 No.1049

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

>>イクラさんへ

うん、酷い。
と言うか、なんでその編集者さんは仕事出来ているんでしょう?
少なくとも、イクラさんが「そこまでひどい」と思えると言う事は、同じことを考えている作者さんも居る訳ですよね?

「この担当編集についた作品は劣化する」。
「すぐに作者が値を上げる」。
「作品が面白くないと思われる作品ばかり」。
こんなレッテルがついた人、普通は雑誌業界から追放されても可笑しくないと思いますけれどもね。
少なくとも、今後は業界に居づらくなるでしょうね。

作家って色々居るんですよ。
例えば、作品に強いこだわりを持ちすぎている人とか、こだわりを持つ故に作るのに時間がかかってしまう人とか。
作家の個性、って奴ですかね。
それを出版社や編集者は理解すべきだと思います。

ある程度歩み寄ろうとする努力はお互いに必要。
イクラさんの方は、コメントを見る限りは必死に自分の内容を伝えようとしているのは伝わってきます。
問題は担当編集の方ですね。
メールが届かない……つまり連絡手段がないと言うのは本来、あり得ない事です。

出版業界って、ほんとう何も出来ていないと思う。
勿論、作家の中には「休みたいから」、「人気が出ないから」と言う理由で書かなくなる人も少なくはないんですよ?
でも、そもそも喋る土俵にすら上げていないと言う事が狂気を感じます。
こんなの、叩かれて当然ですね。
マスコミかなにかで叩かれまくれば良いんですよ。うん。

1年前 No.1050

ウタウタイ ★at4LpMw3R7_EP8

イクラさんへ

そうゆう担当本当にいるんだね

作家の特徴や得意分野を分かってない担当って

難しいね

私まだ投稿していないから
担当さんに対する礼儀作法とかそうゆうの
教えてくれたらうれしいな

バクマンの場合お茶がでたらまあおkとか
そうゆうのでもいいから

1年前 No.1051

イクラ @ikura39 ★EAZcPDZ1OG_m9i

三回半えびぞりさんへ

ありがとうございます。
そこら辺どうなんでしょう?
割と出版する本数は増えている出版社なんですけど、内部事情はよく知りません。


ウタウタイさんへ。

あいにくそういうのは知りません。
私の場合、読者様からの熱い後押しがあったから出版にこぎつけたんですね。

ネットで小説投稿して、バナーつけたんです。
人気が出て、出版してみたら〜みたいなメッセージを多数頂いたんで、出版申請しました。
一日一人一ポイントで、日刊で1500ポイントあったら申請できるってルールです。
1日1500人以上がアクセスしてくれていたってことなんですけど。

読者さんのポイントがあったから出版してもらえたみたいな……

担当さんから言えば、私はネットでの読者がそのまんまついてきてくれている作者だそうです。

1年前 No.1052

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

>>イクラさんへ

なんとなく、イクラさんが言っている出版社が分かりました。
「小説家になろう」でもその文庫から書籍化されている小説が数多くありますよね?
うん、名誉のために何も言わないで置きます。

あのサイトはWeb小説が多く出版されていますね。
Web小説は最初から趣味嗜好でやっているからそれを彼ら基準で売れるようにするのが難しいんでしょうか?
あそこは色々とうるさいですからね、本当に。
まぁ、彼らも必死なのかも知れませんが、それでも個々人の力量と読者達の反応はきちんと理解して欲しいです。

ネットでの読者がそのまんまついてきてくれている作者であると考えているのならば、
その読者を裏切らせない作品を作るお手伝いをするのが担当としてのサポートの仕方だと思いますがね。
一日一人一ポイントで、1500ポイント以上ってかなり凄いと思いますが。

ともかく、頑張ってください。

1年前 No.1053

ウタウタイ ★at4LpMw3R7_EP8

イクラさんへ

WEB小説みたいなのでポイントを稼いで
本にするんですね

あとで調べてみますね

担当さんって淡々としている人もいるのでしょうか?

担当さん事情も知りたいですね

教えてくれたらたのもしいです

1年前 No.1054

イクラ @ikura39 ★EAZcPDZ1OG_m9i

日刊1500ポイントは人によっては毎日叩きだしているし、そうでない人はなかなか難しいです。
もう、人気は水物だからね。

ある日ふっとアクセス数増えて、なぜかそこから落ちないという日がありました。
本当、なんでかわかりません。

担当さんのことはわからないけど、担当さんと編集長さん二人から作品について「改行(スペースをあける奴)は一行か二行。三行以上は開けないでください」と繰り返し言われた。
ほえ?私の作品はもともとそうですが?
昔のメビウスリングは行間が詰まっていてそのまま載せると読みづらかったんで工夫したけど、改良されてからはやってない。
なろうではそもそもやらなくてもいいんで、ずっとそういう書き方。

なのに、言わずにはいられなかった編集長様&担当様。
なんでだ?
と思っていた時期が私にもありました。
解はネット小説にあり。
うん。言わなくてもわかるよね。スペースの無駄遣いする人多いんだ。
あのやり方、商業誌ではアウトらしい。
応募する人はあれはやめた方がいい。
それを防ぐためか、小説賞の中には字数を指摘するものが出てきた。
100000万字以上って企画。
商業誌の常識とネット小説の常識は違うらしい。
そこら辺は投稿する前に心得ておくべき。

あと、同じくネットから商業誌デビューした人から「縦書きと横書きは感じが違ってくるから注意したほうがいい」というアドバイスもらいました。
私自身は、書く時点で縦書きで書いて、投稿するときに横書きに直る(投稿サイトの仕様)んで全く関係ないんですが、横書きで書く人もいるんですね。
パソコンのワードで縦書きの書式で小説書いて、保存してからコビべで投稿サイトに移しているんですよ、私は。
これやると元が残るんで万が一の時のバックアップです。
こんな感じ。

1年前 No.1055

ウタウタイ ★at4LpMw3R7_EP8

イクラさんへ

いろいろ教えてくれてありがとうございます

やっぱり行をあけるとかだめなんですね

商業小説とネット小説はルールが違う

心得ておきます

1年前 No.1056

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

とある漫画作品で、天使と悪魔の関係を描いた作品がありました。
神様が天使と悪魔を作ったのは良いのだが、お互いに殺し合っていがみあっていた。
互いの関係性を良く思わなかった神様は天使を人間の女性に、そして悪魔を人間の男性に似せて、そしてお互い同士でしか子供が出来ないようにした。
しかも天使と悪魔の一組ずつしか出来ないというね。
天使と悪魔の関係性を、男と女の敵対関係とからめた良い作品だと思います。

あと、それとは関係ないんですけれども、私が個人的に交友している作家さんの一人にオリジナル種族作品を書いている方がいらっしゃいます。
オリジナル種族ってのは、エルフや龍人などの既に多く広まっている者を基盤として自分なりの新しい種族を作るっていうね。
その人は2つ以上を組み合わせて、「機械」と「龍人」を組み合わせて、「龍機族」なんていう感じに作っていましたがね。勿論、「龍機族」は今、私が作った種族ですが、そんな感じでね。

私も、魔法学園物で使い魔が居る作品が作りたいなと思って、こう言う形でオリジナル種族を作る事をやってみたんですがね。
天使と悪魔をイメージした2つの種族を作ったのは良かったんですけれども、これ以上種族を作るのはどうかなと考えました。
正直、この2つの種族さえあれば良いかなと思いましてね。
それか別で、例えば「ペルソナシリーズ」のように精神を具現化させたような存在として考えるのか……。
うーむ、悩み所です。

皆さんはオリジナル種族ってどう思いますか?
後、そう言うのって作品に出しています?

1年前 No.1057

snow @dlunar ★XjVoFJfVNV_K8M

えびぞりさんの天使と悪魔のお話で、漫画の「ああっ女神さまっ!!」を思い出しました。
神と悪魔との間でダブレット制という仕組みがある為に小競り合い以上の争いが起こらない設定で、登場人物の神と悪魔が言ってみればなれあいでしかないコメディーを繰り広げるベースになっていました。
よく考えられたものですね。


オリジナル種族……。

新種族を出すか既知の種族だけを出すかについては、色々考え方があると思いますけれども、一つの考え方として
● 新種族を出すと、○○をちょっと変えただけ、こんな種族は現実的でない
というような反発を芽生えさせる可能性があります。また、
● 既知の種族だけを出すと、無難にまとめたな、どこかで読んだな
というような小さくまとめちゃった感が出てしまうと思います。

私はこの両者を比べた時に、特に「どこかで読んだな」と思われてしまうのがとてもマイナスだと考えています。
それに、新種族を出す事による未知の存在への興味を引きだせる可能性に期待してもいます。

なので私が書くお話では、現代劇のように普通の人間しか登場させられないものを除いては、ほぼ確実に新種族であったり新種であったりが登場します。
※※※あくまで、私の文章力が低いのでその方が書きやすいというお話です。新人賞のような舞台では目新しいアイデアが求められている側面もありますので。
ですから以上のような考え方とは別に、既知の登場人物や世界観をアレンジした設定だけでお話を書いてみたいとも思っています。その方が重厚なお話を書けますので。

1年前 No.1058

snow @dlunar ★XjVoFJfVNV_K8M

あ、自分が書いたもの以外で新種族が出ていた時の事を書き忘れていました。

新種族が出ていますと、そのお話での存在理由は何なのかを考えてしまいます。
たくさん設定があるかないかではなくて、そのお話に新種族が登場しなければならなかった理由がちゃんと考えられているのかどうかです。
それが文章として明記されていなくても、読んでいればある程度分かりますので。

その辺りの必然性が薄いと、その新種族の存在も浮ついたものに見えてしまいます。

1年前 No.1059

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

>>snowさんへ
「ああっ女神さまっ!!」って調べた所、20年以上前の作品なんですよね。
その当時からここまで良く考えられてると思うと、流石ですねぇ〜。
人間の思考って大体20年……もっと言ってしまえば5年くらいでガラッと変化するものです。
なのに、20年かけても今の人達に受け入れられる物語って凄いと思います。
その他にも20年以上の作品と言えば「ゲゲゲの鬼太郎」とか「ルパン三世シリーズ」と長く続くシリーズもありますし、
「花より男子」とか「こどものおもちゃ」とか今でも愛されるようなアニメはありますからそう言った作品は凄いですよね。

オリジナル種族は、確かにそうですよね。
きちんと出来ていませんといけませんし、海や山でもどう言った立ち位置になるのかときちんとしませんといけませんしね。
オリジナル種族を教えてくださった方もその辺はしっかり出来てるとは思えませんし。
もっと言えば、私も出来るとは思えません。
なので、オリジナル種族はあまり出さない方が良いかも知れませんですね。
使い所も考えなければいけませんでしょうか。
必然性がなければいけませんですかね。

うむ、オリジナル種族よりかは自分が好きな物を極めた方が良いですかね。
自分、妖怪の知識は好きだからいっぱい調べまくって、まぁ人並み以上にあると思っていますし、
その上陰陽師や神道などそう言った作品も好きで買いまくってますからね。
やはり自分の"好き"をしっかり出来た作品を考えた方が良いのかな。
まぁ、ただの妖怪物では面白くはないので他にも色々と要素を付け加えますが。
今ハマってるスチームパンクとか、入れられると良いですけれどもね。
相性を考えませんと。

1年前 No.1060

snow @dlunar ★XjVoFJfVNV_K8M

新しいものを取り入れようとすると、それを受け入れられる人とそうでない人とが出て来るのは事実ですので、手堅く作品を作るのであれば自分の持っている既存の知識の中から作るのが良いというのは確かだと思います。

ただまあ、それを覆す強力な武器になるのは、小説の場合であれば「面白ければ勝ち」というのがありますよね。
偉そうな事を言っている私も、どうなんだろうと思いながら手に取った小説が予想外の展開で、設定とかどうでもいいやと思わせてもらった覚えが何度もあります。
そういった作品を書ければ(簡単に言っちゃってますけども)万事解決です。



スチームパンクですか。お好きなようですね。
蒸気機関が発達して〜というお話をスチームパンクというのですよね。
私が思い出すのはやはり古い作品ですけれども「サクラ大戦」でしょうか。
さすがに元ネタであるところのゲームはやったことがないのですが、光武とか轟雷号とか翔鯨丸とか、アンティークなデザインがいかにもな感じがして逆にオシャレに思えます。

あ、そうそう。私も妖怪ものをよく書きますよ。詳しいというほどではないのですけれども、妖怪って日本人が家の片隅やふと見上げた夜の森とか、そういう闇に対して感じた恐怖とかが具現化したもので、そういう昔の方の感性が色濃く出ているものですよね。
なんだかわくわくしますよね。
まあ私の場合は、やはり主役級のキャラクターは新種の妖怪にしてしまうのですけれども(汗

1年前 No.1061

ウタウタイ ★at4LpMw3R7_EP8

SNOWさんへ

妖怪か〜
妖怪とかそうゆうのが出てくる漫画っていえば
「鬼灯の冷徹」だな〜
白澤様かわいくて大好きだしストーリーもなるほどなとか
思ってしまう
(童話好きな私にとって興味深い話が多いし)


最近かなわない恋愛話を作ろうと悩んでたのですが
ラノベ向けの話を作ってみようと方向を変えました
だけどダークな話(ちょっとほっこりあり)

コンセプトは教訓が学べるダークな話です

人材派遣会社と老若男女さまざまな依頼者の話ですね

派遣会社の名前と毎回変わる依頼者と派遣されるキャラクター
は考えてメモったのですが
頭の中で話が完結しているのでそれで満足しちゃて
原稿用紙になかなか書けないのが現状です

この話はぬいぐるみのお洋服作ってた時に
思いつきましたね

原稿用紙に書くのがおっくうな時ってみなさんはどうしてます?

最近PCの調子が悪くてこれませんでした

みなさんおひさしぶり〜!

1年前 No.1062

イクラ ★7c30cTAXOS_nHx

うわああああ、ログインできない!!

パソコンアップデートしたら、データが消えてた!!
困ったね。

1年前 No.1063

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

>>snowさんへ

新しいものはなかなか難しいですからね。
オリジナル種族は今回は諦めます。あまり自分とは向いていないみたいです。
「面白ければ勝ち」と言うのは、真理ではありますが難しいです。自分が面白いと思って書いているものでも、なかなか本当に面白いかと言われると他の人はそうではないというのは良くありますので。
頑張ってそう言う感じを目指します。

スチームパンクは最近、たどり着いたジャンルですのでね。
まだ表面上を緩やかになぞっていると言うのが現状でございますので、ここからさらに踏み込む時に自分がどうなってしまうのかがちょっと不安ではありますかね。自分はスチームなど蒸気を扱う機構に興味はありますが、かと言って蒸気を扱う部品に興味がある訳ではないので。
ガン○ムとか、ロボット作品を見ていると、新しい部品が出てきてそれで威力が上がるのは分かるんですが、歯車やネジ1本1本に愛を捧げて詳しいデータとしてまとめるような人には自分はなれそうにありませんので。今までの私の小説遍歴から考えまして。

妖怪は最終的に「新種の妖怪」に辿り着きますよね。
水木しげる大先生的には鬼太郎・ネズミ男・猫娘などがオリジナルとして有名ではありますが、実は針女など新たに妖怪も何匹か生み出しているんですよ。
妖怪はそう言った既存の妖怪ばかりではなく、自分自身が書いた妖怪とあわせるというのが楽しそうですね。
昔、「あやとり!」という形で妖怪の捕り物帳(アヤカシの捕り物帳だから、「あや」かし「とり」ものね)をやらせていただいたんですが、それでも主人公は創作で作った妖怪だったので、やっぱり妖怪は新作の創作妖怪を出すのが楽しいですよね。


>>ウタウタイさんへ

「鬼灯の冷徹」は私も好きです。
昔話に対する解釈や、現代の問題をに対してきちんと出来ていて面白いんですよね。

かなわない恋愛話、か。
とある作品で「不老不死者のかなわない恋愛」と言うのが良かったですよね。
不老不死である以上、必ず相手とは死別してしまう。そう思うとたかが一時(人間の一生)くらいの短い時間など、不老不死にとっては些細な時であるというコンセプトの話でしてね。
確かに不老不死ならば、そう言う感じが出せて良いよねって。

後、不老不死で一番分かりやすいのは、「吸血鬼」かなって。
吸血鬼が不老不死なのは有名な話であって、さらに吸血鬼は噛んだ相手を吸血鬼にするという話もあるので、「元人間の吸血鬼が吸血鬼の女性と恋を始める前の、一人の少女との悲しき恋物語」とか普通に面白そうじゃない?
これはその作者様のアイデアだからそのままでは使えないにしても、なにかの形で活かしたいなって思ってます。

原稿用紙に書くのが億劫な時か。私は普段、ワープロとしてパソコンで書いているんですが。
書く気力がないときは音楽をかけたりしたり、あるいは歩いたり、お風呂で気分転換したりね。
アイデアとして書けたけれども、それ以上の作品として上手くいかないときはメモとして書いているだけでも良いよ。
メモとして後で別作品にでも活かせれば、それが一番良いよね。


>>イクラさんへ

えっと、どんまい!

1年前 No.1064

イクラ @ikura39 ★7c30cTAXOS_nHx

ログインできました。騒がせました。

いや、本当に……アカウント名一文字違っていたんです……なんてこったい。パスワードもメモしました。

1年前 No.1065

ウタウタイ ★at4LpMw3R7_EP8

えびぞりさんへ
原稿用紙はかさばるのでおっくうですね

最近はぬいぐるみとぬいぐるみ服作りにハマりだしたんで
最近発表されたニーアオートマタの主人公2Bのぬいぐるみ
作ったりして気分変えてますね

で、作成中に浮かんだのが人材派遣会社の黒い話です

気分転換方法教えてくれてありがとうございます!

話は多少それましたけど鬼灯の冷徹は面白いですよね
マニアックな話もあるし参考になりますね

イクラさんへ

私のPCも最近調子悪くなったから
苦労がよくわかるよ

まあなにはともあれ
おひさ〜

1年前 No.1066

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

「小説家になろう」にて、ジャンルの再編があるそうです。
色々と、なろうも考えるようになりました。


ジャンルは以下の通り。

恋愛…「ファンタジー世界」「現実世界」の2つで、なろうでは悪役令嬢が多いので前者が多いですが、後者も増えそうです。
ファンタジー…「ハイファンタジー」「ローファンタジー」の2つ。恋愛と同じで前者が異世界らしい異世界で、後者が現実に異世界要素を付け加えた感じでしょうか。
文芸…「ヒューマンドラマ」「歴史」「推理」「ホラー」「アクション」「コメディー」の6つで、なろうジャンル再編で最大の多さになりましたが、その分多くのジャンルを取り入れました影響が今後どうなるのかが不安。
SF…「VRゲーム」「宇宙」「科学」「パニック」の4つ。VRゲームとファンタジーは結構ごっちゃになってたので、分かりやすくなった印象です。
その他…「童話」「詩」「エッセイ」「リプレイ」「その他」の5つですが、文芸以上にこちらは微妙ですかね。
そして、なろうの代名詞たる「異世界転生/転移」はジャンルから独立するようです。

こう言う改編は、なろうを多く使う私のような作家にとっては、ちょっと今後の創作活動を考えさせられますね。
私も異世界転生や転移をアンチテーゼとしてやらせていただいたり、主人公のライバルを異世界転生者などにしたりするのですが、こう言うのも独立として入るのでしょうか?
この改編は春に行われるみたいなので、それまでに次の作品を考えます。
とりあえず「ローファンタジー」と「VRゲーム」辺りの作品をやってみたいですね。

歴史的な、偽歴史物(歴史物ではありますが自分で考えた設定のお話)のようで、それも良いものかと思っている。
ただ、世界観設定は苦手ですので、難しいのかもしれませんね。

今、新しい言葉を知ったのでそれを活かしたいかもですね。
とは言え、このままですといけませんので、後できちんと調べます。

1年前 No.1067

ウタウタイ ★at4LpMw3R7_EP8

えびぞりさんへ

私も「小説家になろう」に登録しました!

何本か投稿したのですが
人が全くこないっていうね・・・・。

試しに鉄板のチート田舎魔法少女の話書いたのに・・・・・。(ファンタジ―ギャグだけど)
でも自分の小説を宣伝してはいけないっていうね
ルールがあるから難しい

新たなる苦悩が始まってしまった

売れる小説と売れない小説ってどうゆう差があるのか(遠い目)

自分の力量が分かってショックな話

みなさんおひさしぶりです


今年のクリスマスもシングルベルフラグな件

1年前 No.1068

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

小説を書く上において、伝えたい思いと言うのは誰もが持つ事なんですけれども、
「想いを繋げる」と言うのは良いテーマなんじゃないかとは思いますけれどもね。


絆、繋がり、結びつき、関わり。
非常に普遍的なテーマであるため、多くの小説や作品でこのテーマは語り尽くされてるとは思いますけれどもね。
少年向きのヒーロー向けの小説とか、そう言う傾向が非常に強いよね。
やはり一番分かりやすいからだからなのかもしれないけれども。


そして、小説家として決して譲れないものというのはあると思います。
私としては「因果」……いや、「過去からの宿命」と言う言葉があまり好みませんかね。


「俺達が戦ってきた理由は……前世からの、俺達の開祖が生まれる前からの因縁に支配されているんだ」
「だろうな……だが、その戦いもこれで最期だ!」
「あぁ! 因果は俺達が断ち切って見せる!」


……なんなんだろう。
これだけは認めたらいけない気がする。
今までやってきた全ての事が、戦いと言うライバル関係などが全て薄っぺらく見えてしまう気がする。
それを越えるだけの、物語を作り出せるのであれば別なんだけれども、そんな事なんて今の実力では出来ないと思ってる。
気分的な問題なのですが、過去からの因縁で戦う両者が居るのならば、それとはなんの関係もない奴を主人公にして和解させたい。

1年前 No.1069

ウタウタイ ★at4LpMw3R7_EP8

えびぞりさんへ

ゆずれないものか・・・・・。

えびぞりさんは和解させたいタイプなんですね

私はまあいろいろあるけどなかよしこよしな関係が多いですな

ゆずれないのは私のゆずれないものは・・・・・

男性キャラは渋い感じにする

多少若くても男の信念がある感じで

まあおちゃらけた男とか書きますけど

渋い男が好きなので主人公側に一人くらいはいれるな

男は黙って戦うよ的な

1年前 No.1070

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

>>ウタウタイさんへ


和解させたいんではないんですけれどもね。
自分とは全く関係のない、前世での因縁が自分達がこうなった原因であるという考えはあまり推奨したくはない。
勿論、地獄や輪廻が関わってくるような小説ならば積極的にこれを出しておくのが良いのではないかとは思うけれども、普通の小説でそれはあまり出したくはないと言うのが私の考えです。
例えば、バトル学園物において普通に剣と剣で戦う小説が、いきなり「俺達の戦いは前世から定められていた……」とか言われてもあまり進展はしませんよね。


仲良しこよしな関係も非常に良いとは、思いますけれどもね〜。
男性キャラと女性キャラが部活とか学校とかで同じ場所に長時間居るという状況があったら、絶対に恋愛関係にしなければいけないってほどは思ってはいないんですけれども。
それでもいがみ合ってばかりの関係よりかは、仲良しの関係の方が良いと思う。
そりゃあ物語を面白くするための対立関係はしょうがないですけれども、無理矢理ストーリーに関係なく戦い始めたりとかは変に思えるからあまりしたくないですけれどもね。


そしてウタウタイさんの譲れないポイントは、「渋い男性キャラクター」と言う事ね。
確かにダンディとか、クールなキャラクターは憧れはありますから、書いていて本当に面白いよね。
黙って戦う男は、背中で生き様を語っているような形があってすごくカッコいいよね。
そう言うキャラクターには、私はすっごく弱いので出来るだけカッコよく見える武器を与えたい。

銃とか剣とかでも出来うる限りカッコ良く見えるような武器で、
そして異能力とかを与える場合はチャッちい能力なんかではなくて、使い方が一方向にしか使っていない異能力を与えたい。
例えば火炎の能力を与える場合だったら、炎を拳に纏わせるならそれだけ。
炎を剣にしたり、傷を炎で焼いて滅菌したりとかはできない。
ただ炎を拳に纏わせるだけ、範囲を変えたり炎の種類を変えたりはしたりしても、炎を拳に纏わせるという事は共通させる。
そんな感じかな?
若いキャラクターはその柔軟性を見せるために色々な戦い方を模索するんですが、
熱血キャラや渋い男性キャラの場合は一つを極めさせたい。

1年前 No.1071

ウタウタイ ★at4LpMw3R7_EP8

えびぞりさんへ

和解させるわけではない・・・・なるほど

前世からこうでしたああでしたって普通の小説にだしたくないんですね


私の場合普通の小説ファンタジー小説ギャグほのぼの小説だろうが
どこかでリンクさせて読者がストーリー考察してくれそうな状態を作るのがすきですね
CCさくらの作者さんとかそうゆう似たような手法やってるのみておおっなんて
おもしろい世界なんだって思いましたね

私もそんな手法で描かせてもらっています
頭の中は世界の裏設定とかそうゆうことでいっぱいで
キャラ萌え系は二の次で考えています

ストーリーを吟味してくれたらうれしい派ですね

男は黙って戦うんだ!

DODのカイム(契約で声がでないから特殊)とか
ベルセルクやクレイモアの主人公のようなのにあこがれる系ですね

女性がみんなの萌えるとかそうゆうツボを外しています
裏設定も大好物ですね

1年前 No.1072

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

最近の私の小説家の思想について。

小説家って基本的に読めば読むほど小説のアイデアが脳内に入ってきてますけれども、
その代わりに創作の幅がどんどん特化されてしまう気がします。
以前にEエブリスタというサイトにて投稿を良くしていたので、そちらの作品も読んでいたのです。


その中で『与奪の魔導師〜美女も魔王も吸い尽くせ!〜』と言う学園ファンタジーがあったんです。
簡単に内容を説明しますと、魔力ゼロの落ちこぼれ男子生徒がサキュバスと契約して魔力を奪う能力を得て成り上がると言う小説です。
どこにでもあるような、落ちこぼれ小説の典型的パターンなんですが、自分はこう言った小説ですら書けなくなってしまっています。
一種のスランプ、に近いかも知れません。

小説を知れば知るほど、自分が書こうとするとどうしても差異を作ろうとしてしまいます。
のっぺらぼう、どこかで見たような印象ばかり与えてしまうのは避けたいですから。
けれどもあまりに大きな差異を作ると、それはそれで読者が混乱してしまいますから。


自分が書きたい物が書きたい、同時に評価されたい。
この両立が出来れば苦労はないんですが……。
と言う愚痴を少々。

こうやって少しずつ愚痴を吐き出さないと、後で溜まって大変になりますので。
このように雑談できる場は貴重です。

と言いつつ、今は偉人を題材に思案中なりけり。
偉人は調べれば調べるほど面白いですね。

1年前 No.1073

ウタウタイ ★at4LpMw3R7_EP8

えびぞりさんへ

スランプですか〜

偉人というか音楽家だとショパンに最近ハマりましたね

ゲームにショパンがキャラとして出てくるゲームがあってショパンに萌えだして
最近調べています


それはさておき

スランプって愚痴ってナンボだと思うんです
だから今のうちの膿を出してきれいさっぱりになって書いたほうが
いいと思うんです

誰だって有名になりたいとか評価されたい気持ちもあるんです

愚痴ったって別にいいと思うんです

1年前 No.1074

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

スランプ……脱出はまだ出来てません。
いや、小説を書くことは出来てるから完全なスランプ、と言う訳ではないんですが
それでも書こうとすると「本当にそれで良いのか?」とか、「誰か読んでくれるかな?」とかそんな事ばかり考えちゃう。

とりあえず今日は短編を書いたよ。
偉人を調べている最中に『ノアの方舟』を調べていたんですけれども、"全ての動物のつがいを連れて新たな地へと降り立った"とか書いていましてね。
なら、そこが現実世界ではない、別世界の進化を遂げていても可笑しくはないんじゃないか?
そう思って書いてみました。

内容としては、かなりざっくりしたもの。
〇動物が機械や無機物と合体すると言う独自進化を遂げた世界。
〇宝石をその身に宿した少年は、妹の魂が宿っていた宝石をその身に埋め込む。
〇妹の魂が入っていた宝石の力を借りて、この世界初の魔法剣士として名を上げる。

うん、目標としては次に繋げやすい話。
どこにでも着地点を持って行ける話。
少年漫画のような話。
その3点を意識したかな。

とは言え、ベタすぎて2話以降書けそうにないので短編にしたんだけど。
最近だと書けない奴は短編にしてる。
面白いアイデアを短編にして、それでなんか「書いて欲しい」と言う読者が居たら続きを考えると言う、そう言う感じ。

この前も、『サキュバスが愛した靴屋』という小説を書いたよ。
小説家になろうの短編として送ったけど、あれは賛否両論だったかも。
「靴職人という職業への着目点と脚に対する考察」と言う点では褒められ、「革細工師をバカにしている」と言う点では貶され――――。
反応があったから嬉しかったのは覚えている。
反応がないのは悲しいから。

さて、次は何を書こうかな?

1年前 No.1075

あぶら ★I4UBWK18wG_m9i

ここで吐き出し。
菅野よう子の曲(1990)年代を無造作に再生しながらだと筆が進む気がする。
そして最近は起承転結とかキャラクターへの感情移入を考える過程でTRPGのシナリオなんかを書いている。
もうそっちの方が楽しくて小説の方の筆が進まない。

あと、書いていて思ったが正しい視点表現などを用いても簡潔に読み手に伝えられなければ間違った表現技法を用いた小説に人は流れるということ。
その視点移動などについても過去の小説が俯瞰で見降ろし視点が固定されていた初期のバイオハザードだとするなら今の小説は感情移入に重きを置いた主観支店のFPS、又はTPS的な表現と呼ぶことができるだろうか。

1年前 No.1076

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

>>あぶらさんへ

そうだね、人間って書きやすい曲とかあるよね。
自分はそんなに気にしてないんだけど、人によってはゲームのBGMなどでテンションを上げて書かれる方もいるそうで。
確かにノリノリの時はすすっごく気分良くて、小説も凄い書きやすいけどね。

TRPGのノリは諸刃の刃、だと思ってる。
ある程度テンプレートされてるし、その上で重要な場面でサイコロを振る(偶数なら相手の攻撃が当たる、奇数なら相手の攻撃が外れるなど)によって物語に強弱も付けられますし。
けれども、私はどれだけ自分の小説がくだらないとか言われようとも、運に任せるのは嫌いかな。
……元々、今までの人生経験に置いて運に頼って良い結果が出た経験がないので、経験則的に運は怖い。


>あと、書いていて思ったが正しい視点表現などを用いても簡潔に読み手に伝えられなければ間違った表現技法を用いた小説に人は流れるということ。

うん、そうですね。
どんな小説であろうとも読者第一ですし。

それから、カッコよさやロマンなどの作者のこだわりなんかも、リアリティ(現実感)と言う言葉の前で否定されますからね。
例えば、一番有名な話としては『インフィニット・ストラトス』。
この作品はネットなどで「この小説、現実感ない」「ハーレム? 現実考えろ」って言われてます。

『インフィニット・ストラトス』は、女性しか使えないロボット兵器が登場している世界で、唯一男性だけがそのロボット兵器を使えると言うそう言う成り立ち。
この作品で、良く言われてるリアリティ考えていない箇所はこんな感じかな。

・国同士が威信をかけているはずなのに、こんなに仲良く和気藹々としているのが変。
・燃費が悪いのが特徴なのに、こんなに距離を渡って来て動けるのが変。

とか、かな。
他にもあるかも知れないけれども、そう言う風に作品の良しあしよりも物語の粗さに対して読者に感じさせたら失敗よ。
私はそう思ってる。
そう思いながら書いてます。

1年前 No.1077

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

ちょっと新作小説のために書き溜め中。
今回のは一気に毎日更新で観客と言う読者を増やすんだけど、そうとはいうのもこの小説がとある作品から着想を得た物だから。


小説家だから私は本……と言うか、創作物が大好きで色々と使えるネタがあるかどうかを探している。
いつもはそのネタ元が分からないくらいにまで噛み砕いて、
それから小説のネタとして使っているんだけれども、今回はそれをしちゃうとまずい事になるのです。
だから今回は元作品の良い部分を残すために、噛み砕かずに作る事にしてます。
純粋に、その作品をリスペクトしての行動なんですが。


……。
突っ込まれたら勝てないな。
"リスペクト"って、その辺の定義が曖昧なんですよね。


尊敬。
敬意を示す。


これが過去作品の有名な作品を意識して、新たな境地に抱ければ良いんですけれども、なかなかそれは難しくて。
自分が知っている中ですと、
「指輪物語」を意識して新たな結婚×ファンタジーとして仕上げられた「結婚指輪物語」、
「鉄腕アダム」から着想を得たヒューマンストーリーの「鉄腕アダム」、
「金の斧 銀の斧」をラブコメとして作り出した、2人の美少女が主人公に迫って来る「金の彼女 銀の彼女」。


これらはそれぞれ単独でも素晴らしい作品です。
作者の気持ちを確認している訳ではないんですが、リスペクトされてると感じる作品。


私も、そんな風に元のネタを知っている読者に対しても「これはこれで面白い」と思って欲しいと考えながら作っています。
……言っちゃうと怖いので、元ネタを言いませんがww


とりあえず出来たら宣伝! 宣伝!

1年前 No.1078

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

とりあえず新作の目途が立ったのでご報告をば。

とりあえずのタイトル名は「ターニング・ステータス〜トラックに轢かれたら勝ち組人生!?〜」。
今作のタイトルはとりあえず、昨今のライトノベルにあるような興味がひかれるようなタイトルにしてみました。


内容としましては、"ステータス"と"現実"について焦点を当ててみました。
もし仮に、自分が気付かない内にステータスが見えるようになったとします。
けれども、そのステータスを完全に信じる事が、あなたは出来るでしょうか?

説明書があって、それを使えば自身も強くなると分かっているのなら良い。
けれども、そんな確証なんてどこにもない。
その上、どうやってSP(ゲームで言うポイントの割り当て)を増やす方法とか特に明記されている訳ではない。
まさしく、手探りの状態。

もしかしたら、化け物級の強さになって軍に始末されるのかもしれない。
特別な力を持っているからと、研究所とかに連れて行かれるのかもしれない。
あるいは自分が全く考えていなかったところが強化されるかもしれない。

異世界など、まさしく自分達が思い浮かぶような「ゲーム世界」で、まさしくゲームでしか見た事がないような「ステータス」があったら変わるかも知れません。
けれども、現実でそんな力を手に入れても困惑するだけではないでしょうか。

もし、新宿や秋葉に勇者の聖剣があって、それを手に入れようと思いますか?
大阪の地下に魔術を使って自身を変えるかもしれない可能性があるとか、信じられますか?

ゲームや異世界だと、ステータスはあれば良いもの。
聖剣や魔法も、同じく。
でも、現実だとどうだろう?

そんな事を考えて作ってみました。
とりあえず、後1話――――エピローグ、本編の後の1話を完成させればそれで終わりにするかな。

その気になれば何章でも作れるような構成にはしていますが、「何章でも作れる設定」だとしても「何章も作ろうと思う」かどうかはまた別の問題ですので。

とりあえず、これを完成させたらまた新作のアイデアを考えます。
――――という、前向きな小説活動を続ける三回半えびぞりのお話でした。

1年前 No.1079

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

スペースオペラ、というジャンルについてちょっと調べてみました。
スペースオペラとは主に20世紀に流行った、宇宙を物語の主な舞台として活躍する騎士道物語のような宇宙活劇。
宇宙人との対決や人工知能など、SFとバトルを融合したかのような小説ジャンル。

20世紀に流行った1つの要因として、日本の急速な文明の進化が挙げられる。
パソコン。
携帯電話。
テレビ。
このような当時の「夢の科学技術」に胸躍らせた人達は、「科学技術の発展=人類の幸福」に繋がると信じていた。
故に、進んだ科学技術を出しやすい、スペースオペラが流行ったのです。

最も、今の時代だと科学技術が発展してもさほど豊かにならなかったから、
「科学技術の発展=人類の幸福」は方程式として成り立たず、
人々は異世界という、別世界に夢を求めた訳で。

結果として、私が何を言いたいかと言うと
"スペースオペラを書きたい、けど難しい"。

SFのアイデアはあるの。
バトル要素も入れて、「なんで敵が襲って来るか」や「どう言うのを主題モチーフとして取り入れるのか」と言う構想はある。
けれども、「主人公はどういうキャラクターにするのか」、「主人公は戦いを通してなにを伝えるのか」といった部分が抜け落ちてしまっている。
……一応、ヒロインの構想はあるんだけど。

――――もう百合モノとして書いた方が良いのだろうか?

1年前 No.1080

イクラ @ikura39 ★7c30cTAXOS_nHx

どうも、お久しぶりです。本一冊出してやっと手が空きました。

また次の本書かなきゃならないけどっっっ!!

それでも少しは遊べる時間あるかなー?

今恋愛物書いてます。ファンタジーのスピンオフなんですけど、傍から見ていてじれったいほわほわお家デート(笑)
違う、そこじゃない!!というようなところに婚約者を連れていくヒーローとなぜかそれを喜ぶヒロインの天然×2でお送りする予定です。
傍で見ている保護者組の胃を直撃するぜ!!

ラブコメの需要はまだまだありますb
うん、頑張る……_(:3」∠)_:::……サラサラ……

1年前 No.1081

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

妖怪ものを書いています。
妖怪って結構幅が広くて、書きやすい。
元々は妖怪というのは自然現象などに理由があると感じ、なにか理由があると考えて生み出されたのが妖怪ですから。


「こんな大きな音がするなんて可笑しい!」
「うわん、という音がするぞ!」
「変な音だ!」
「可笑しな音だ!」
「きっと妖怪の仕業だ!」
「そうだ、妖怪だ!」
「妖怪うわんの仕業だ!」
(……どうしよう、ただの奇声だったんだけど)
――――こうして妖怪「うわん」が誕生したのである。


こういう話があったかどうかは別としても、
妖怪はそういった、自然現象が元となって生まれたのが多くて、
結局は人間の想像力が、妖怪と言う生き物を作り出したのですから。
極論を言ってしまえば、自分が考えた新しい妖怪とか、今までの妖怪も別の妖怪として作り直しても構わない。
それが結構、楽しくて色々な妖怪を考えるのが楽しい。
今作は後者の、「今までの妖怪を新しい妖怪の形」として作っています。

例えば、狐の妖怪と言えば「炎」を使い、九本の尻尾を持つ「九尾」が結構一般的ですが、
今回は敢えて七本の尻尾を持つ「七尾」。
その上で「炎」ではなく、敢えて「雪」の力を使わせています。
――――ヒロインとしてやっているけど、こういう風に新しい妖怪として考えるのって楽しい。


とりあえず、
火取り魔(昔の人は行燈の灯が消えて暗闇が訪れるのを恐れ、勝手に火が消えたのをこの妖怪のせいにした)を
「妖気を吸い取って炎に変える、完全自立型殲滅機械」
という設定にするのは、流石にどうかなと思案中です。

1年前 No.1082

イクラ @ikura39 ★7c30cTAXOS_yFt

担当さんにメールが届いていなくって、時間がずれた。
半月手が空いちゃったので別の小説書いた。

なんで新しい小説書くのって楽しいんですかね?

今日あたり連絡くれるはずなんですがね。

筆がノるか心配です。


書けるときは書けるんだけど、書けないときは書けないのが小説デスヨネー……

前の恋愛小説は書き終わりました。
なかなか好評でした。


今はBLを書き散らしている。腐の世界の住人であることを忘れたことはない。

1年前 No.1083

イクラ @ikura39 ★7c30cTAXOS_yFt

インセンティブでの払い込みを体験しました。
問題なく振り込まれました。

わお。意欲はわく。ダイレクトに読者の関心を実感できる。

誤字の確認中。日本語ってデリケートですね。後五冊も残っているんだ……(絶望)

早く終わらせて原稿書きたい……(黄昏)

11ヶ月前 No.1084

イクラ @ikura39 ★7c30cTAXOS_yFt

うわおぉぉお!!私の、小説が、コミカライズです!!
いや、マジに!!

えっえっえっ、私どうすればいいの?

メビウスリング出身で、小説が漫画になるんだよぉおおお!!

それもこれも、この掲示板で知り合った皆さまのおかげです。
ここで知り合った方があっちのサイトを教えてくれなければ、小説家デビューできたかどうか。

ありがとうございました!!本当にありがとうございました!!

11ヶ月前 No.1085

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

「和」ってなんなんだろう?

"ファンタジー"や"SF"、"推理"など、
大きな作品分類にはそれに付随する、お約束や決まりごとが存在する。
そのお約束や決まり事を守ったり、あるいは破ったりする事によって、
物語は個性や作者を得るんだと思うのです。

いつもそんな風に小説を書いているので、
あまりにも大きなテーマでは書き辛い。

もうこの辺りになると、線引きになるんだろうけれども
その線引きがかなり難しい。

どこまでを「和」として仕上げるのか。
なにを「和」とするのか。

もうここまでになってくると、かなり考え方が可笑しくなってくる。

テーマは? 「和」にするのに相応しいテーマは?
登場人物は? 「和」を感じさせる登場人物とは?

もういっそ、「和」を一切感じないような作品群から「和」を作ってみようかな。
SFの超科学的な作品から「和」にしてみようかな。


ふむ……。
「全てが電子情報によって統制されたデジタル社会にて、電子を操る悪魔を裏で倒す仕置き人の話」
という、"電子社会"に実は人外が絡んでいるという点から攻めようとしているのですが、これを「和」で攻めるとどうなるだろう?

「電子社会」はそのままに。
「仕置き人」を、和を感じさせる退魔師に。
その上で、電子妖精(いわゆる、主人公を助けるコンピューターバックアップシステム)を、和テイストの妖怪に……。


うーん。
なんか違う気がする。

10ヶ月前 No.1086

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

今日は「ALMOST HUMAN/オールモスト・ヒューマン」という海外ドラマを見ましたよ。
日本語で訳すと「ほとんど人類」とか「だいたい人間」とかでして、
内容としては、SF刑事ドラマ的な作品。
簡単に内容を説明すると……。

近未来の日本。
科学と技術が驚異的なスピードによって、未知のドラッグと武器が横行。
犯罪率は400パーセントも上昇して、狂暴な犯罪に対抗出来るようにロボットの相棒が義務化される。

主人公の刑事――"ジョン・ケネックス"は任務中の事故によって、17か月の昏睡に陥る。
刑事としての復帰を試みるも、任務の時に受けたストレスと片足を義足に変えた事――その2つがストレスとなる。
以前の事件の記憶を思い返そうとモグリの医者に頼んで記憶を取り戻そうとするも、なかなか上手くいかない。
警察に復帰しても、ロボットの相棒を無理矢理つけられる。
最新型の義務的・計算的なロボットを(無理矢理)事故によって壊す。
方法としては、助手席に座ったアンドロイドの相棒を助手席の扉を開けて、そのまま外に。
うわぁ、エグっwww

相棒として旧式タイプの"ドリアン"というロボットをGET。
様々な事を繰り返しながら、
相棒として成長、そして事件の真相に迫って行く。



こう……なんですか。
一人は、2年近く眠って化石扱いされている刑事さん。
もう一人は、最新型のロボットとは違って感情的に動く馴れ馴れしいロボットのドリアン。
ポンコツコンビと揶揄されるようなその2人が大活躍するSF刑事作品。

いやぁ、海外ドラマは面白いねぇ。
普通に日本でもこう言う、カッコいい超大作的なドラマを量産して欲しいものだ。

まぁ、こんなに素晴らしい、完成度が高いドラマだとしても、
一クール(22,3話)で終わりだという悲しい作品だったみたいでして。
(アメリカドラマ界では1クールで終わりはあまり良くないみたい。打ち切りベース)

いやはや、1クールもやっておいて、その扱いとは……。
海外はやはり怖いなぁ。

9ヶ月前 No.1087

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

「芸能関係」。
作品を作る上でおおまかには作れるけれども、細かい裏事情を知らないと作れないジャンル……だと、わたしはそう思っています。
「芸能」とは言えども「芸能界」の「芸と能」だけではなく、「音楽」や「美術」とかその辺りも含めての「芸能関係」。

作るだけなら、けっこう簡単なんですよね。
天才として一世を風靡した人が挫折し、仲間の協力やライバルの励ましなどを受けて、再びその世界の中へと入って行く。
色々な苦難を受けて、それでも楽しいと思えるような経験を胸に……その世界の波の中を進んで行く。

表現としてもけっこう簡単で。
横文字や難読漢字熟語などのその業界の技名を書いて、それを使って
「すっごい良い!」「心に残る(響く)」とか褒められたり。
「これは……」「まさかそんな方法が……」とか心が揺るがされたり。


〇ひとりの人間がなんらかの形で才能を見せる
音楽;例)「1つ1つの音を綺麗に出す」「聞いたものをすぐに覚える」
絵画;例)「色使いが鮮やか」「構図・切り取り方が個性的」
映画;例)「人を惹きつける魅力がある」「こだわりが強い」

〇なんらかの挫折を受けて、その業界から距離を置く

〇仲間の協力を受けて、再びその世界へと入って行く

〇ライバル達との競い合い

〇挫折のきっかけとなったものが襲ってくる

〇主人公のその芸術での才能が芽を出す

〇ラスト


音楽業界に興味がないワタシですが、一回。
短編の音楽小説を書いてみて、それくらい出来るくらいなんですが……いやはや、果てしない。
その業界を詳しく知れば知るほど、書きたい事が増える……。
長編だと多分破たんする。

だから芸能関係を詳しく書けている人は尊敬する。
その業界に興味がない人を惹きつけるだけの才能の作品を書けるって、それだけで羨ましい。

7ヶ月前 No.1088

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

少年漫画や少女漫画は、
昔からある程度の道筋や大筋は決まっているみたいですね。
(何本も漫画を買ったり、読んだりしてようやく得た感想なんですが)

一時期は、王道すぎて顔が見えない小説ばかり読んでいたせいで、
ある種の王道的展開が嫌いになっていたんですが(今でも顔が見えないのはあまり好まないくらい)
まぁ、面白いのはやはり奇抜なんかよりかは分かりやすい方が面白いって事なのかと気付きました。

……で、今は推理小説を執筆中なんですが、
推理小説の王道ってなんなのでしょうね?
今まで知っている推理漫画が、名探偵コナンと金田一少年(金田一の方はちょびっとですが)くらいで、
バトルやファンタジー小説に比べますと全然推理小説の面白い道筋って分からないです。

「もういやだ! こんな犯罪者が居るかも知れない場所に居られるか!」と言って1人で居たら殺されちゃうとか、
「あなたに伝えたい事が〜」と言った後に殺されてしまうとか。
……いや、なんで私の知っている推理の王道的規則(定石というのでしょうか?)は、「人に殺す」に帰結するんでしょうか?
推理小説の大幅が殺人事件を題材としている以上は、仕方ないんでしょうけれども……。

う、うん。
頑張りましょう。

コロシアイの定石、なんだろうかな?

6ヶ月前 No.1089

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

今、「仮面ライダーエグゼイド」が熱い。

自分の中だけなのかは分かりませんが、とにかくすごいんです。
最終回か、物語終盤に近い展開を30話(1年で終わる仮面ライダーにおいて30話はまだ中盤辺り)なのに、
もう最終回に近いノリなんですよ。
最初の方は「なんちゃって病院ドラマ」とか言われてましたが、
今では「熱いバトルゲームドラマ」的な展開になってます。
もう既に患者とか、病気とか、それよりもゲーム性も強い展開ではありますが、
それでもきちんと病気をテーマに組み込めているのが凄い。

平成2期となって少ないフォームで対応するよりかは、
複数の変身形態を使って戦うのが主流となっていて、
であるからちょっとしたフォームだけでもかなりの経費となっているんですね。
30分前にあるキュウレンジャーも戦隊人数が多くて(現時点で11人、全員変身はかなりコストとかかかる)、
敵も色違いや部分違いによって、
そんな制約の中で面白い作品となるようにする脚本家さんが凄いと思います。
本当に。

いや、脚本家さん以外にも
色々な方々の力があると思いますけれども。
とっても面白いです。
盛り上げ所も分かっていて、伏線の張り方もしっかり出来ていて良いです。

毎年、仮面ライダーは別のテーマや見せ方で作っていて、
それで「1つの個別のライダー」として出来上がっているのって本当に凄いと思う。
毎年毎年、「このライダーはこういうところが面白い」「このライダーの展開は良いなぁ」と毎年楽しめて、作家としても勉強になって、
毎年楽しい作品を、東映様ありがとうございます、
と思いながら、毎年楽しませていただいております。

5ヶ月前 No.1090

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

「コピー能力」。
一番有名なのはカービィやロックマンなのですが、
この能力って凄い便利ですよね。

たとえば
炎をコピーすれば、火炎能力を得て。
雷をコピーすれば、雷能力を得て。

ほとんどのモンスターや能力なんかは、得意な能力があるんですが。
コピー能力を持った主人公は、相手をコピーする事が能力。だからどんな相手に対しても、様々な能力を持って対処出来る。

一つを極めて書くことも確かに楽しいですが、
様々な能力による色合いを見せるのも楽しいです。

白と黒のモノクロで美麗な絵を描くのも良いですが、
そこに様々な色を用いて見せるのも楽しい。
うん、本当に楽しいなぁ。

コピー能力、良いなぁ。
本当に楽しいよぉ。

4ヶ月前 No.1091

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

今書いてある作品、
露骨なまでにゲームネタを組み込もうと画策中。
敵は7人で、
そいつらと戦う度に別のゲームとかのネタを組み込もうとしてます。
ゲーム以外などのネタも使おうかなと。



@キングスライム戦
・「スライムは弱い」「いや強い」というネタ
↑最近だとスライムは弱いんじゃなくて強いというネタも多いですが、とある某ゲームでは弱いよという注釈は入れてます

A財産溢れる大男戦
・倒すとお金が落ちる
↑敵を倒すとお金などのアイテムが落ちる
・主人公の能力
↑とある人気ゲームキャラクターと同じ能力

B女同士の戦い
・ライフ制
↑「私は後〇機残ってる」的なネタを入れたくて

C多数の能力保持者戦
・様々な能力
↑ステータスがある作品だと良く見られるような
 あまりにも多いスキル群の多さ。一応ネタにするために
 「こんなに多いの自分でも管理してませんが」と自虐的に言わせたい

D蛇の魔王戦
・四天王戦
↑「そいつは四天王の中でも最弱…」とか使い古したネタでも使おうかなと

Eドラゴン戦
・倒しても倒しても……
↑倒しても似たような名前で別人として復活するタイプ

F《剣王》戦
・サーヴァント?
↑7つのランクを持つ今話題の性質

G最強の王戦
・最強の機械
↑暴走した最強の機械とか楽しそうかなと



最後だけちゃんと真面目にするためにネタとか考えられなかったんですけど、
他のはある程度ネタにしても楽しいかなと思ってこんな事をしてますけれども、
たまにはこういうバカバカしいようなネタも良いかなって。

4ヶ月前 No.1092

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

今、今季始まったアニメの1つ「ひなろじ」という作品を
見させていただいているんですけれども、
可愛い女の子が変身するってそれだけで魅力的ですね。
学園物という所も、ポイント高いですね。

基本的に、私は創作活動の時に
女性キャラばっかりって難しい。
と言うよりも、圧倒的にレパートリーが少ないんですけれども。
一人称とか、髪の色とか、髪型とか、
あまり女性らしい喋り方は知らないんですよね。
と言うより、あまり調べてないだけかもしれませんが。

服装なんかは、
色合いとか、種類とかも調べたりして、
差別化出来るんですが、
喋り方をあまり知らないというのは問題な気がする。

皆さんは女性キャラって、
作品にどの程度出しますか?
なお、モブキャラを除く。

自分は8人(今の所)。

3ヶ月前 No.1093

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

今、古武術を使う男子高校生を主人公とした物語を考えています。
敵として異能を使う女子高生や少女を出すつもりなので、
そんな物語で主人公も異能+古武術だと物語として成立しないのかなぁって。

とりあえずとしまして、
戦う女子高生達は「異能を使う者とする」「容姿が人並み外れて綺麗」「常人と違う部分がある」
以上の3点に注目して作るつもりです。
2番目はまぁ別にどうでも良いんですが、3番は重要かなと。
こう、異能を使う者が常人と違うと言う所を一目で分かるようにした方が
作者としても分かりやすくて良いんじゃないかと思いながら考え中。
一番作りやすいモノとしましては、「光を纏う」が分かりやすいかなと。
こう、異能を使う瞬間や使っている最中は、身体が赤い光や青い光で覆われているとか、
明らかに見て「こいつ、普通じゃねぇ!」と皆さん納得してくれるかなと。

とりあえず、そんな感じで
物語作ってますよぉ、という今の状況を書いてみました。

1ヶ月前 No.1094

三回半えびぞり @m060620 ★iMUT4UJDEK_mgE

色々な小説を読んでるけど、
今はやりは「なろう系」ですよね。



・チートで、オレ無双安定
・甘やかしてくれるハーレム
・基本的に主人公のやる事は成功し、
 失敗したとしても誰かがなんとかしてくれる
・敵が分かりやすいクズ
・相手がどれだけ強そうに見えても、
 主人公が来るだけでなんとかしてくれる
・だいたいのヒロインの好感度が最初から高い、
 もしくは好感度の上がり方が著しい


基本的に読んでいてストレスが溜まる事がほとんどなく、
溜まったとしてもすぐに解消してくれる。
可愛らしいヒロイン達を微笑ましい気持ちで見ながら、
最終的に物凄い所にまで成長する話って、
読んでいると楽しい。


……けれども、作ろうとするととっても難しいです。
「なろう系」が当たり前になりつつある中で、
どうすればオリジナリティを出せて、
どうすれば皆が注目するような、
そういった物語を考えるのも、作るのも難しいです。

みんな、作るのって凄い。
ソンケイしてます。

23日前 No.1095
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる