Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1) >>

★ホラー短編集★

 ( ホラー小説投稿城 )
- アクセス(152) - ●メイン記事(1) / サブ記事 (3) - いいね!(6)

桃.。 @momo25 ★iPad=N6XgqaJHLS

こんにちは.桃です.
これから、ホラーの一回読み切りの短編集を投稿していきたいと思います.

小説をかくのは初めてです。ましてやホラーなんて笑
怖くないかも?それは言わないお約束でしょ笑


↓ちゅーい↓
*更新スピード遅め
*不定期更新
*表現や言葉がおかしいかも(絶対.)


上に書いてあることを了承した方から、この下を読んでくださいね。


でわ・・・.


すたーと.!

切替: メイン記事(1) サブ記事 (3) ページ: 1


 
 

桃.。 @momo25 ★iPad=OT5uyRiuvX

はなれない


ある警察官からこんなことを聞いた。

十数年まえ、ある日の夕方のこと。
関東のあるところで、死亡ひきにげ事件が発生した。被害者は2人で、横断歩道を渡っていた親子連れだった。
母親は命に別状はなかったが、残念なことに、一緒に手をつないでいた5歳の女の子は即死だった。
すぐに所轄の警察署内に捜査本部が設けられ、化学捜査研究所も乗り出し、徹底した検分が開始された。
ところが.....。
事件発生から約24時間が経過した頃、別の警察署から連絡が入った。
「『親子連れをはねとばした』という男が出頭してきています」
その人物をすぐ捜査本部のある警察署に移送し、厳しい取り調べが始まった。
「人をはねたことは、自分でもすぐにわかりました。一旦は止まろうとしたんですが...怖くて、そのまま逃げ出してしまいました」
それに対しては、全くの同情の余地はなかった。
「でも、なぜ、自分から出動してきたのかね?」
最後に担当警察官が投げかけた質問に、男はある‘‘理由’‘を語り出した。

「お母様の方は先に歩いてたからか、腰のあたりを引っ掛けただけ、と記憶しています。しかし、あの女の子は...真横からはね飛ばしてしまいました。 ブレーキが間に合わず、強くはねた子供がウインドーにつっこんできて、ガラスに大きな穴が空きました。
その様子があまりにもおそろしくて、そこから逃げたのですが...」
「逃げたが、どうした?」
「とにかく人目を避けようと、裏道を通って、いつしか隣の県まで入ってしまってたんです。その辺りには手入れされてない雑草がいっぱいあったけど、土地勘があったもんで、夜中になるまで人気のないこの山の中で、一晩過ごそうかなと考えてたんですよ。
少し広い場所に車を停め、買ってあったお茶を飲もうと助手席に手を伸ばしたんです。すると..なんかこう、もふもふした柔らかいものに触れたのです。
驚いてそれを確認すると、20センチほどのクマのぬいぐるみ...しかも、盛大に血のついた...。
それは事故のとき、被害者の女の子か。持っていたものです。それを見たとたん、急激におそろしくなって、林の中に投げ捨てました。夜中になって、人知れず自宅アパートに戻って、車にシートをかけ、部屋でふとんにくるまってましたが...」
ここまで話すと男は、正に恐怖におののいた特殊メイクでもほどこしたかのような顔だった。

「目をつぶっても全く眠れず、何度も寝返りを打っていました。カーテンごしに、外が明るくなってきたこともわかってたんですけど、ふとんからはそのまま出ずにいました。
するとね、刑事さん......布団の中で、不意に何かをつかんだんです。それを、そのままゆっくり引っ張ってみるとですね...」

それは前日に捨てた、あの血だらけのぬいぐるみだったという。

7ヶ月前 No.1
切替: メイン記事(1) サブ記事 (3) ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)