Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(4) >>

私の話をきいてください

 ( ホラー小説投稿城 )
- アクセス(116) - ●メイン記事(4) / サブ記事 - いいね!(0)

鈴愛 @moonless ★VNEe8qfMqr_EP8



 紅黒く輝く月が、闇に喰まれ消えていく。


    浮遊する影。


        瞳に落ちる現実。


 鼓膜は聞こえざる声に切り裂かれ。

 全ては闇と隣り合わせ。



 不条理なこの世界の中で真実はどこにあるのか……。

2年前 No.0
メモ2015/09/26 21:34 : 鈴愛 @moonless★LwSNPsecZA_EP8

怖くないです。

文才もないです。

センスもないです。

ないないづくしですがぼちぼち書いていきます。

ページ: 1


 
 

鈴愛 @moonless ★VNEe8qfMqr_EP8

   ――私の話を聞いてください。

2年前 No.1

鈴愛 @moonless ★RrToutZ6lq_EP8

case.1    『覗く影』


 それは道端に真っ赤な彼岸花の花が咲き始めた九月下旬。
 学校からの帰り道でのことでした。

 今にも雨が降り出しそうな暗く厚い雲を遠くの空に見ながら、いつものように友達と別れると私は一人家へと向かい歩き出しました。

 (雨が降りださないうちに早く帰らないと)

 傘を持っていなかったため『濡れないように』と先を急いでいると、不意にどこからか風に混じって嗅ぎ覚えのある香りが漂ってきました。


2年前 No.2

鈴愛 @moonless ★LwSNPsecZA_EP8

 (あれっ、この香りって……)

 もしかして。
 煙のにおいが混じった少し強めの香りに、私の頭の中にある言葉が浮かびました。


2年前 No.3

鈴愛 @moonless ★LwSNPsecZA_EP8

 ある家の前まで来たときです。
 さらに強さを増した香りに私は思わず足を止めてしまいました。
 見るつもりなんてなかったんです。
 けれど何故か私の顔は自分の意思に反して。
 まるで何かに誘われるように。
 そう――。
 ゆっくりと家の方に向きを変えていったのです。


2年前 No.4
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)