Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(28) >>

楠瀬掲示板。

 ( ホラー小説投稿城 )
- アクセス(255) - ●メイン記事(28) / サブ記事 (3) - いいね!(4)

@sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB


「ねえねえ!『楠瀬掲示板』って知ってる?」





 その一言から始まったゲーム。

 _____『楠瀬掲示板』


 それは…僕らを絶望に引きこませる。









「…貴方達が悪いのよ。」

2年前 No.0
メモ2015/09/12 17:14 : やみかげ氏☆3iHqb0L3ZCM @sakimaki★Android-6EJpji8dqB

\閲覧ありがとうございます/


倉輝)なんか闇影がよばれたんだけども。ここって出席簿しかかいてないやん?と思って,質問コーナーするらしいよ(

甘霊)しつもんゎ,さぶ記事にどぅぞっ!


丸時雨小学校六年一組出席名簿


一番 有明真弓 A

明るい。嫌われてる。


二番 青柳ひまり A

心がぶりっ子。いい子キャラ。


三番 磐井剣士 B

悪口多い。サッカー出来無い。


四番 依拾葉月 A

黒河の親友。大人っぽくはない。


五番 小川陸 C

めんどくさがり。どうでもよさげ。


六番 革音果菜 B

果物大好き。お化けは嫌い。


七番 倉輝彩希 A

絵が上手い。グロイの大好き。


(八番 黒河影乃)

…続きを読む(79行)

切替: メイン記事(28) サブ記事 (3) ページ: 1


 
 

@sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB

 第一話 『 有明真弓 』

 今日も髪型バッチリ!と得意気にポニーテールを揺らす。そして、時計を見る。まだ七時を回ったばかり。



「よしっ」



 かなり余裕があるので、昨日買ってもらったスマホを拾い上げ、パスワードを打ち込む。


 真っ先に押したのは「フェアリー・イリアルス」と言うアプリ。昨日偶然見つけた、ごく普通の掲示板。




「このサイト可愛いんだよねー♪」





 あたしは、『まゆみん』として、オシャレに関するカテゴリのスレに居る。
 そこで、最新を確認。昨日自己紹介をして友達はこのスレにいる
『リリアン』
『ひめ』
『柚木』
『簓』
という四人。最新は一つ。柚木の書き込みだった。





2015/2/1/22:05 【柚木さんの書き込み】

楠瀬掲示板(クスノキセケイジバン)って知ってる?
分からないなら良いけど…(^_^;)
じゃ、おやすみ(つ∀-)オヤスミー

_






 楠瀬掲示板?なんだろ…友達に聞いてみよ…っとこんな時間じゃん!
 あたしは、急いで家を出た。


2年前 No.1

@sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB


 第二話 『 青柳ひまり 』




 『おっはよー!』




 真弓ちゃんの声がクラス中に響き渡る。真弓ちゃんは元気なのです。




 「おはよう、真弓ちゃん。」




 と、真っ先に微笑みかけ、鞄を持ってあげる。ひまりはいい子キャラなので。
 その時、真弓ちゃんは、ひまりや、クラスの皆に向けて、うるさい程の声で言いました。




 「ねえねえ!『楠瀬掲示板』って知ってる?」




 楠瀬掲示板ですか…存じ上げないなぁ。て言うか然程興味もありません。聞くだけ損でした。皆も知らなーいとか、興味なさそうに応答しています。

 だって…
 真弓ちゃん…いや、真弓は、





 裏のキラワレモノ…だから。



2年前 No.2

@sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB


 第三話 『 磐井剣士 』

 真弓は、いつもうるさい。
 自分が嫌われてるのも分かってない。
 馬鹿だと思う。




 『剣士ー?きーてんのかー?』



 俺の親友、浮田志紀が話しかけている。やばい、話の途中だった。『何ー?』と、返す。
 どうやら、サッカーの試合について。



 「俺は興味ねーし。」



 俺は二年前、足の病気でサッカーができなくなった。だからしないで欲しいのだが、志紀はサッカーの天才だから、しょうが無いと思う。

2年前 No.3

@sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB


 第四話 『 依拾葉月 』

 本当に…あんなののせいで…影ちゃんは死んじゃったんだ…。




 「おはよう。葉月は存じ上げないわ。」




 私は黒河影乃ちゃんの親友でした。影乃ちゃんは、真弓によるいじめで死亡しました。
 本当は、今すぐ叫びたいのですが、そうは行きません。我慢は必要なのです。



「調べておくわね。」

2年前 No.4

@sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB


 第五話 『 依拾葉月2 』

 放課後になった。私は真っ先に教室を出る。
朝話していた掲示板の事が気になって気になって仕方がないからである。




 「なんでだろう…」




そう思い、そそくさと家に帰り、ネットを立ち上げる。
そして検索。検索結果が出た。



 「…え?」





▼『楠瀬掲示板』の検索結果

 ウィルスに感染しました。



ピーーーーーーーーーーーーっ



その瞬間、パソコンの画面が変な映像に切り替わる。その画面には…。




『たす…テ…だレ…か』



血みどろの少女が写っていました。

2年前 No.5

@sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB


 第六話 『 ???? 』

 「どうも皆さま、楠瀬掲示板、楽しんで頂けてるでしょうか?サブ記事にもコメント宜しくお願いします。」



 シルクハットを被る。



 「さて、この話の主人公は有明真弓でもなく、青柳ひまりでもなく磐井剣士でもなく、はたまた依拾葉月でもありません。今回の主人公は、」


 微笑む。



 「このクラス全員です。」



 集合写真をナイフで切りつけている。




 「それでは皆様、楠瀬掲示板。お楽しみください。」



 消える。




2年前 No.6

ありす。 @4444hukit☆oADOS2IVmYU ★Android=6EJpji8dqB


 第七話 『 小川陸 』

 めんどくさい。
 朝から依拾葉月が昨日の有明が言った掲示板を検索したら幽霊がどーの、少女がどーの…そんなに構ってほしいのか?

 そんな事を考えてると、先生が入ってきた…隣のクラスの。



 「…一時間目はPC室で自習だ。整列係、頼むぞ。」




 うえ、自習。しかも移動。その瞬間のクラスの歓喜度はたまったもんじゃない。それにしても、先生の様子。変だ。まあめんどくさいし、知った事でも無いが。

2年前 No.7

ありす。 @4444hukit☆oADOS2IVmYU ★Android=6EJpji8dqB


 第八話 『 革音果菜 』



 「 お化けって…怖いっ! 」



 PC部移動中真弓ちゃんと話す。別に真弓ちゃんが好きな訳じゃないけれど、周りが男子だから。



 「 あんなの嘘でしょ〜葉月もストレスたまってんじゃない? 」



 ムカッ…さっきまで怖いって言ってたよね。葉月ちゃんかわいそう。てか葉月ちゃんは大人系クールキャラなんだから有り得ないんですけど。


 「じゃあPC室で検索しようよ!あたしは果物の事調べたいけれど、面白そうだから!」



そう言うと真弓はそうだね!と返事をした。

2年前 No.8

ありす。 @4444hukit☆oADOS2IVmYU ★Android=6EJpji8dqB


 第九話 『 倉輝彩希 』

 血みどろの少女…ふと妄想してしまう。可愛い。クラスで一番背が低い私は後ろの甘霊(霊ノ崎甘実)と、四月一日くんと話していた。



「真弓、検索するらしぃねぇ?」



甘霊に言われた一言に私は目を輝かせてしまった。これは見るべき。そうしている間にPC室についた。真弓を真ん中に皆はパソコンに注目する。



「じゃあ行くわよ…っ」



カチっ…PC室中に響いた。その瞬間…

ピーーーーーーーーーーーー…………

2年前 No.9

ありす。 @4444hukit☆oADOS2IVmYU ★Android=6EJpji8dqB


 第十話 『 有明真弓2 』




 「…?なにも無いじゃん。」




 画面に映しだされたのは楠瀬掲示板の検索結果。そこには「楠瀬掲示板!皆でゲームに挑戦出来る楽しい掲示板だよ!」とかかれていた。




 「葉月嘘つきだねー☆」




 と、葉月の方を向く。その瞬間、倉輝や四月一日、甘霊が「後ろ!」と叫んだ。何事と思い振り返るとそこには…



 血みどろの少女が、あたしをPCの中へ…
 引き込んでいた。




 「ひっ…キャァァァァッッッ!!」

2年前 No.10

@sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB

 第十一話 『 有明真弓3 』

 ま……み…!……………パチ。



「気がつぃた?真弓ちゃん!」


「え、ああ…ここ、どこ…?」


「四月一日らにもわからないよ。」


「見た目からして…森的な」


「葉月ちゃんも分からないし、ひまりもわからないの。ごめんね?」


「葉月がこんな事…言ったから…」


「僕もわからないよぉ…」


「にゃ、にゃんとかにゃるにゃ!」


どうやら見渡す限りここには私含め十一か十二人…くらいいるのかな…?…ていうか他の皆は…?


『はいはい皆様ご注目━━━━━━!!』


その大きな声に振り向くと、後ろには…





綺麗に着飾った、黒河影乃がいた。





『…皆様、私が誰か、わかりますよね?』








2年前 No.11

@sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB

 第十二話 『 磐井剣士2 』


 ったく。ここどこだよ。めっちゃ壮大な森じゃねーか。とりあえず…志紀が居たから良かったけどなぁ…。他の奴はそんなに親しくねぇし…。


「なあ剣士。これ何だろ?」


と、志紀の手の指す先には、「B」と刻まれた青色の腕時計の様なものを着用していた。


「うわ、ダセーな。それ。」


と、俺が言うと志紀は「は?」という表情をして、俺の手首を指差すと、そこには同じ物があった。


「な…なんだこれ…」



『はいはい皆様ご注目━━━━━━━!!』

2年前 No.12

@sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB


 第十三話 『 黒河影乃 』

 綺麗なネオンカラー赤・青・黄のマニキュア、林檎の様な色のリップにチーク。そしてサーカスのピエロの様な鮮やかなワンピース!


「…ああ素敵!」


今日、私・黒河影乃はやっと理解して貰える!私の漫画の中の世界を!…多分、理解出来無い人もいるだろうけど…。だから何?最初に理解しなかったのは貴方たちでしょう?







「…貴方たちが悪いのよ。」


2年前 No.13

@sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB


 第十四話 『 黒河影乃2 』


「どうも━━━!黒河影乃だよっ?」


みんなぽかーんってしてる。当たり前だよね。あははは!その姿、ダッサ!


「ここは楠瀬掲示板!…の運営している私の理想の世界…かな?あ、ちなみにさー。」



クスクスと笑いながらクラスメイト全員が映るモニターをどーんっ!



「ここから出られるのはねー!最高、10人!他は皆、死んじゃいまーす!」



皆ぼーぜんとしてるよね!やっぱり!…その中で菱田勇気が『さっさと返せよ…めんどくせー…作りもんだろ…あ?』と呟いていた。ならお望み通りにしちゃわないとねっ!



「勇気くん、返してほしいのねー☆いいよいいよぉー?じゃ、目をつぶってて☆」



そしたら勇気くん、素直に目を瞑ってくれたの!さあ!




 『 処刑タ━━━━━━━イム☆★ 』



その瞬間勇気君の上におっきい斧が現れて、きりざんだの!可愛い!



「さあ…第一ステージルール説明だよ!」


2年前 No.14

@sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB

 第十五話 『ルール:森林鬼ごっこ』


1 このゲームでは、ABCのグループに分かれて、グループで競ってもらいます。
2 各グループで『委員長』を男女一人づつ決めてその人に腕時計を渡します。
3 『委員長』が腕時計を他のグループに取られた時点でそのグループは死となります。
4 尚、『殺し』は○『暴力』は×。

2年前 No.15

@sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB

 第十六話 『 猫田実留来 』


 勇気が…死んだ…?第一ステージ?



「意味わからないにゃ…。」


 優は…吐いていた。目の前のモニターに映し出される死体は、悪寒をそそのかせられる。


『ではみなさ━━━━ん!委員長きめてね☆』


 そうだ…ルール。間違えなくこれは残れるのは10人。勇気が証明したから。この『委員長』っていうのは足が女子一速い実留来がやるべき…?



違う。



「真弓。やって欲しいニャ。男子は飴弥。」



 委員長は狙われる。なら実留来の好きな人は守らないと。けれど速さは重視して、学年一速い飴弥に。真弓は正直…

















2年前 No.16

黒翡翠 @sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB

 第十七話 『 倉輝彩希2 』

 …どうしよう。

 …どうしようどうしようどうしようどうしよう!




 すっごい楽しい。



 皆不安げに委員長を決めてる。けど僕ら三人はなぜか『殺す』という字を連発している。甘霊は血が好き。ゆうたん(四月一日)は殺人道具が好き。倉輝はグロが大好き!そんな僕ら三人は密かにこの状況を楽しんでいたんだ。




 「僕は委員長、誰でも良いかな。」




すると猫田さんが『決定ニャ〜』だって。猫田さんの表情…あれっておそらく…



「「恋(こぃ)してる!」」


 甘霊と僕は顔を合わせてだよね!と笑った。
そして影乃さんの言葉と共に…





『スタート!』






ゲームが始まった。


▼,第一ステージ:森林鬼ごっこ
   スタート


2年前 No.17

黒翡翠 @sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB

 第十八話 『 桃刃優 』


 菱田勇気が…死んだ?


 死   ん   だ   ?


 …悪寒がする。立っていられない…。
 "あの時"を思い出してしまう…。



 「ち…ちょっと休む…。」



 と、木にもたれかかる。そういえば…なんで猫田は『委員長』にならなかったんだろ…。
 一番はえーのに…。




 「…そんな事考えたって、俺には理解できねーか。」



そう、考えていると猫田が…



 「実留来、付いとくにゃ。」

 「猫田…」

 「実留来で良いにゃよ!」







 「  …優…………  」

2年前 No.18

黒翡翠 @sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB

 第十九話 『 青柳ひまり2 』



ゲームが始まった。
真弓が「ついてきなさい!」と言ってくるのでひまりはしぶしぶついていくことにしました。




 「まっ…真弓ちゃん!」



呼びたく無い名前な上ずっと走っているので息が切れそう。まったく、なんでこの可愛い可愛いひまりちゃんが走らないといけないのか。朝四時に起きて愛科ちゃんに言われない様、綺麗なツインテにしてたのに…。




「わっ…私、違うルートに行くね!罠とか…あるかもだから…」



 そう言うと真弓『OK!』だって。走って行っちゃった。ばーか。なんて思ってると、クラス一ナルシストな戸久君を発見。…何してんだか。ひまりは学校に秘密でもってくるケータイをスカートのポケットから出す。



「お母さんにかけないと…っ。うっ…うっ…何で…こんな事にっ…。」



 正直あんなやつ死んだってどうでもいいと思うんだ。戸久がいるから演技してるだけ。はやくこんな所からでなきゃ。と…電話をかける。










おかけになった電話番号は現在使われておりません__









「え?」

2年前 No.19

黒翡翠 @sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2年前 No.20

黒翡翠 @sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB


 第二十一話 『 有明真弓 』


 …はぁっ…はあっ…やば…く…苦し…





「休憩しよっ…」




…とその時



『ビービービー!!!』



と、音がなり、ゲーム終了を知らせた。





意外と呆気無。あたしは速く帰りたいのよね。

こんな所で構ってる必要なんて…。







「んで?次のゲームはなんなの?黒河?」

2年前 No.21

黒翡翠 @sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB


 第二十二話 『 ヌルゲー/黒河影乃4 』




 よーく考えたらこれってかなりヌルゲーじゃないか。なんて思ったりしたものなので、ゲームを中断した。





「次のゲームかぁ…これでドウカナ☆」




なーんていってモニターにデータを表示。そこにはね。




 依 存 信 辛




って描いたんだ。




「じゃあ…くじを引いてね…☆」




2年前 No.22

黒翡翠 @sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB


 第二十三話 『依存信辛/真山愛科』

 い、いぞん…なんて読むのこれ。そう思っていると真里亜が『いぞんしんぼうだよ!』って、教えてくれた。
 いや、読めないよね!?…それは置いておき、目の前に設置されたくじを見つめる。




「…これは…何のくじなの?」




 すると影乃はあとで教えるよとか抜かしやがって。こんなんだからいじめで自殺するんでしょ?って、これじゃ真弓とやってる事おなじだし、と心を落ち着かせツインテールを揺らしながら『くじ引き』を引く。





「……ん?」





 そして中を開くと赤い字で



 『 貴方の存在価値はございません。 』



 って書かれてあった。



「あはははは!!!愛科だぁぁぁ!!!まっ、どうせなら真弓が良かったけど、これも有りね…」



 え?



「さあ、堕ちなさい!!」



 何?



 堕 ち る ? い や だ  し

 な ん で こ ん な 事  に

 な っ た の か な ?  た

 ぶ ん あ い つ の あ  く

 と く な こ と を あ  な

 た は し っ た か ら  い


 その瞬間私の下には地面が無く、下に堕ちてしまった。私の人生って…?





_____それから私が目覚めたのは数分後だった。

2年前 No.23

黒翡翠 @sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB

 第二十四話 『マタ一人ト/倉輝彩希3』

 「また1人…マタ一人…死んでいく…シンデユク…」





 流石にこれは引かれているかも知れない。いや、さっきの『ゲーム』で見え無い場所に隠れたから見えない筈…か。
 そして足早に帰ってきてくじを引く。なぜ帰ってこれたかは、この世界のルールだからだろう。私のペアは…




「………『眼門遥』…………!」




この世界の『ルール』には恐らく…いや、必ず定められているルールがある。
これも、ルール?







「サキちゃん………。よろしくね?」

2年前 No.24

黒翡翠 @sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB

 第二十五話『私の過去話/倉輝彩希4』

 『サキちゃん………。よろしくね?』





 背筋がゾクッとする。嫌だ。来ないで。やめて。

 お ね ガ い シ ま す
 コ ろ さ ナ い で


 ___________…。




 『サーキちゃんっ!』




 いつも、いじめられてる私に声を掛けて来てくれたのは、彼だった。




 「私と居ると、君までいじめられるよ。」


 『何言ってるの?サキちゃん、黒魔法とか呪いとか出来そうだよっ!だからそれで懲らしめてあげれば?』


 「……。黒魔法…黒魔術は専門外。私は臓器とかが好きなんでね、」



 そんなやりとりで、私がクスリと笑ってしまった時、いつもテンプレートでこう言ってくれるの



 『____笑ってくれたね。』



 って。そして知らず知らずの内に私は…。


 恋 を し ま し た 。


 じゃあなんで、殺さないで…って?
 それはね…。ある日の事だったの。
 移動教室の時。ビショビショになった制服…まあ私服だけども。それを誰かに見つからないように、学校の裏、通ってたの。そしたら見ちゃったんだ。遥君が…。

いじめられてるのを。

それも私の十倍、百倍酷い物だ。凄い痣が出来ている。そしていじめられっ子はこう言い放っているのを確かに聴いた。



「「お前が倉輝を殺してきたら、いじめはやめてやるよ。」」


は?
私を…殺す?それは小四だからこそ言えた言葉であり、本気では無さそうだった。
だけど、怖くて、恐くて。私は教科書を落とし必死に逃げた。校門を飛び出した瞬間、授業が始まるチャイムが鳴る、流石に追ってこないだろうと、近所のスーパーの路地裏に入り込んだ。



「…な、なに本気になって、ん、の僕っ……しんっ、どっ…」



そう、それはただのお遊び。適当に言ったのだろう。だが学校に戻るつもりは無い。今日はもういいや、殺される学校とか、正直どうでも_______。
ふと、上を見上げると、そこには
ナイフを持った、『 遥 』が居た。

『ご、ごめんね、サキちゃん…。本当にごめんね…?』

「や、やだっ、遥…?」

私は走りだす。足は学校で一番遅いに定評のある私。これはマズい。案の定すぐに押さえつけられた。

「重い…やめて、痛い…。」

上から水…涙が降ってくる。そしてその瞬間ナイフが私の肩の当たりを掠った。痛い。やだ。私まだ___。

「君たち、何をやっているんだ!?」

だ、誰か、来てくれた、おまわりさんかな?その安心で私は安らかに目を閉じ、気絶してしまった。


________………。


 これのせいでいじめは無くなったが、遥へのトラウマは消えなかった。ここは、私の覚悟…。


「闇影モード!!」


少し引かれただろうか、だがしかし、この「闇影モード」こそが私を強くしてくれる。
…ネットアイドル『『闇影』』の底力、見せる!
そしてこのゲーム攻略してあげるよ!!!!











2年前 No.25

黒翡翠 @sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB


 第二十六話『この先ヘ/猫田実留来』

 正直…。桃刃以外はどうなっても良いにゃ。
 私自身も…。そんな事を思いながらくじを引く。相手は『寿有志』これはだめなやつニャ、代わってもらうにゃ。『桃刃優ノくじ引き』を持っていたのは…

 『 霊ノ崎甘実 』だった。

 あの子正直苦手。なんでかというと理由はわからないけど。彼女は『ぇーと、桃刃…優…桃っちかぁ~』と。なんだコイツ小文字厨か。それなら簡単。



 「甘実ちゃん!くじ引き代わって欲しいニャ!」
 「…え?」
 「お願いにゃっ!」




 「そこまでぃぅなら…ぃぃょ…?」
 「ありがとニャ!」



 これで私は彼を守れる。これは確かに愛だよね?
 この先の希望へ、私は彼を…連れて行く!!



 「優ーっ!」
 「…ん?猫田…?」
 「実留来にゃっ!私優と同じペアになったにゃ!」
 「そ、そか。」




 何?この反応?もしかして…嫌われてる?




 『さァ、くじの交換とかは済みましたか!?次のゲームのルール、発表しますよ!?』












2年前 No.26

やみかげ氏 @sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB

【文字色固定しました,】

 第二十七話 『その態度が/黒河影乃5』

 依存信辛。この"ゲーム"は多分,直感で思いついたの.私は,弱かった.私は,辛かった.そんな時『□□□』に依存した。信じて信じて信じて。その結果。倍量の辛いを手に入れた。





このゲームは。そんなゲームだ。




「ルールは簡単!!!!!ペアを信じて辛いを少なくしていくだけです!!!!」




ホラ,みんなはぁ?ッて顔してる.けどね,これはちゃーんと構成されてるの,されてるのに...,
そう言う態度が苛つくの。



「じゃあとりあえずペアの中で1人,この中に入って下さいね!!!」



と、出現させたのは,普通の広めの部屋だった。






2年前 No.27

やみかげ氏 @sakimaki☆3iHqb0L3ZCM ★Android=6EJpji8dqB


 第二十八話 『君が憎くて/倉輝彩希』

 "どちらが入る?"


 そんな質問,聞かないで"彼"はその部屋の中に入っていった。
 それは彼なりの『償い』なのだろうか.
 明らかにきけんなのはその部屋の中だろう,だから皆戸惑ってる.制限時間は十分なので私は暇になってしまった。
 しかし,四月一日君は誰とペアなのだろうか,…いや別にきにしとる訳やないけど…,
 まあそれおいとき,そろそろ準備が出来たみたいだよ、
闇影モードを持続…,それが私が今耐えられる方法!



『さぁ,はじめますよ!!』

2年前 No.28
切替: メイン記事(28) サブ記事 (3) ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)